議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 日立市

平成17年第2回定例会(第1日目) 本文




2005.06.09 : 平成17年第2回定例会(第1日目) 本文


                   午前10時00分開会

◯議長(永山堯康君) おはようございます。
 御報告いたします。
 ただいま出席議員は44名であります。
 これより平成17年第2回日立市議会定例会を開会いたします。
 今期定例会の議案等は、既に各位のお手元に配布してあります議案第48号から議案第55号まで、及び報告第7号から報告第15号までであります。
 提出議案の説明員の出席を要求しましたところ、お手元に配布してあります説明員出席表のとおり、それぞれ出席通知がありましたので、御報告いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配布してあります議事日程第1号のとおりであります。
 これより議事に入ります。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第1 会期の決定について



◯議長(永山堯康君) 日程第1 会期の決定を議題といたします。
 初めに、今期定例会の運営について、白土議会運営委員長から、委員会での協議の結果を御報告願います。



◯議会運営委員長(白土仙三郎君) ◇登壇◇ おはようございます。議会運営委員長の白土仙三郎です。
 御報告いたします。
 議会運営委員会は、去る6月2日に委員会を開催し、今期定例会の運営について協議をいたしました。その内容につきまして、順次申し上げます。
 今期定例会に提案されます議案等は、予算関係議案1件、条例関係議案2件、契約関係議案1件、その他の議案4件、及び報告9件の計17件であります。
 なお、会期中に人事案件の追加提案が予定されております。
 会期については、本日・6月9日から22日までの14日間とし、日程については、お手元の第2回日立市議会定例会日程表のとおりであります。
 次に、議案審査の方法は、本会議での質疑終了後、各委員会に付託して審査することといたしました。
 また、議事日程につきましては、従来どおり議長に一任することにいたしましたので、御協力をよろしくお願いいたします。
 次に、発言通告書の締切日時について申し上げます。
 市政に関する一般質問は本日・午後1時まで、議案等に対する質疑は6月13日・月曜日・午後1時まで、また、討論につきましては6月21日・火曜日・午前11時までとし、発言の順序につきましては、従来どおり議会運営委員会において抽選により決定することにいたします。
 次に、請願等の締切は6月10日・金曜日までといたしましたので、よろしくお願いいたします。
 なお、過日行われました全国、関東及び茨城県市議会議長会の定期総会において、それぞれの表彰規程に基づく議員表彰がありましたので、定例会最終日の本会議終了後、その伝達を行う予定であります。
 以上が今期定例会運営についての委員会の決定事項であります。今期定例会が円滑に運営されますよう、各位の御協力をお願い申し上げ、報告を終わります。



◯議長(永山堯康君) ただいまの議会運営委員長の報告に対し、質疑はございませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日・9日から22日までの14日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。よって、会期は14日間と決定いたしました。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第2 会議録署名議員の指名について



◯議長(永山堯康君) 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。
 署名議員に
   11番 村田 悦雄議員
   12番 根本 陽一議員
を指名いたします。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第3 諸般の報告



◯議長(永山堯康君) 日程第3 諸般の報告を行います。
 閉会中の一般報告については、お手元に配布してあります平成17年第1回日立市議会定例会における委員長報告の処理方針について、及び事務報告のとおりであります。
 以上で諸般の報告を終わります。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第4 議案第48号から議案第55号まで及び報告第7号から報告第15号までにつ
        いて



◯議長(永山堯康君) 日程第4 議案第48号から議案第55号まで及び報告第7号から報告第15号までについてを一括して議題といたします。
 上程議案等について、提案者からの説明を求めます。



◯市長(樫村千秋君) ◇登壇◇ 平成17年第2回市議会定例会の開会に当たり、御提案申し上げました議案の説明と御報告を申し上げます。
 まず、初めに御報告でございます。
 国指定重要有形無形民俗文化財であります日立風流物と、県指定無形民俗文化財であります日立ささらの公開についてであります。
 去る5月3日から5月5日にかけて、日立風流物4台の山車が7年ぶりに一挙公開となり、あわせて5月4日には、宮田、助川、会瀬の3地区のささらが巡行しながら獅子舞を演じ、期間中はかみね動物園や吉田正音楽記念館などへの入場者も含め、延べ37万人を超える人出となり、県内のイベントでは最高のにぎわいを見せました。
 次に、土曜日、日曜日の市役所の窓口開庁についてであります。
 昨年から実施しております市民課の総合窓口化に引き続きまして、今月4日の土曜日以降、平日市役所に来られない方の利便性の向上を図るべく、土曜日、日曜日にあっても市民課と中部支所の窓口を開き、各種証明書の発行、申請書、届出書などの受理、税などの収納業務を行うことといたしました。依然として厳しい財政状況が続いておりますが、今後も新生日立市の目標であります「活力ある創造、交流、環境都市」を目指し、行財政の効率化、健全化、市民サービスの充実に努めてまいりたいと存じます。
 次に、都市基盤の整備についてであります。
 まず、幹線道路と補助幹線道路のネットワークを形成し、慢性的な交通渋滞を解消するため、かねてより整備を進めてまいりました都市計画道路上の内南台線につきましては、去る3月31日に国道6号から市道24号の交差点まで、900メートルの供用を開始いたしました。
 また、中心市街地活性化事業として整備を進めてまいりました、まえのうち児童公園につきましては、愛称を「さわやかサンパーク」として、5月14日にオープニングセレモニーをひたち国際大道芸とともに行いました。中心市街地におけます市民の憩いの場として活用されることを期待しております。
 続きまして、本定例会に御提案申し上げました案件の概要について御説明を申し上げます。
 まず、補正予算についてでございます。
 主なものといたしましては、文化庁の助成を受け、地域の文化芸術活動の環境づくりなどを進める文化芸術による創造のまち支援事業費を計上いたしました。
 また、消防団運営経費につきましては、消防団員による応急手当普及推進に向け、訓練用の資機材を整備するため、関係経費を計上させていただきました。
 また、学校教育推進事業につきましては、地域の人材を活用し、学校運営及び学校教育の充実を図る地域で支える学校づくり事業を推進するための経費を計上させていただきました。
 次に、条例議案であります。御提案申し上げました条例は、いずれも一部を改正する条例であり、性同一性障害者が置かれている状況にかんがみ、印鑑登録証明書等から性別記載を廃止するための日立市印鑑条例の一部を改正する条例及び関係法令の改正に伴います日立市国民健康保険条例の一部を改正する条例の2件につきまして、御提案を申し上げました。
 契約議案につきましては、大沼小学校校舎大規模改造事業建築主体工事の請負契約を締結するに当たり、議会の議決をお願いするものであります。
 なお、本定例会中に人事案件を追加提案させていただく予定であります。詳細につきましては関係説明員から御説明を申し上げますので、十分なる御審議を賜りますようお願い申し上げます。



◯財政部長(庄司勝久君) ◇登壇◇ 予算関連議案について御説明を申し上げます。
 初めに、第1分冊を御覧いただきたいと存じます。
 1ページでございます。議案第48号、平成17年度日立市一般会計補正予算(第1号)でございます。
 第1条で、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,124万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ579億3,024万9,000円とするものでございます。
 続いて、補正の概要について、事項別明細で御説明を申し上げます。
 4、5ページ、事項別明細書でございます。
 国庫支出金、総務費国庫負担金912万2,000円でございます。説明欄でございます。文化庁からの補助金で、文化芸術による創造のまち支援事業負担金として、芸術文化を推進するリーダーや地域文化の推進者となる指導者の人材育成のための経費が10分の10で助成されるものでございます。
 県支出金、教育費委託金60万円でございます。節の欄、小学校教育振興費委託金72万円でございます。説明欄です。学校教育推進事業委託金は、地域の人材を活用して学校運営や学校教育の充実を図るための地域で支える学校づくり事業と、不登校解消対策の実践研究を行うためのスクールライフサポーター事業の2事業に対する委託金でございます。
 このスクールライフサポーター事業は、当初計画では中学校で実施を予定しておりましたものですが、県の方針により中学校ではなく、小学校で不登校に対する早期対応の実践研究を行うことと変更になったため、追加となったものでございます。
 中学校教育振興費委託金12万円減でございます。小学校と同様、新たに地域で支える学校づくり事業が追加になったことと、ただいま申し上げたように、スクールライフサポーター事業を小学校で実施することとなりましたために、その分が皆減し、差し引きで減額となったものでございます。
 諸収入、雑入100万円でございます。説明欄のところ、ふるさと消防団活性化助成金は、財団法人自治総合センターから消防団員の救命講習用蘇生訓練資機材を整備するための経費に対し助成されるものでございます。
 6、7ページでございます。歳出でございます。
 総務費、一般管理費964万9,000円でございます。説明欄、文化芸術による創造のまち支援事業を実施するための事務経費と、実行委員会への補助でございます。
 消防費、非常備消防費100万円でございます。説明欄に記載しましたとおり、消防団員の訓練用の資機材を購入する経費でございます。
 教育費、小学校教育振興費72万円でございます。説明欄、学校教育推進事業費では、スクールライフサポーター事業の経費を追加してございます。豊浦小学校で実施する予定でございます。
 地域で支える学校づくり事業補助は、日立地区では既に類似の事業を実施していることから、十王地区の櫛形小学校が対象となりました。
 中学校教育振興費12万円減でございます。説明欄で、スクールライフサポーター事業関連経費を減額してございます。
 9ページ、説明欄、地域で支える学校づくり事業補助は、小学校と同様の理由で、十王中学校が対象となりました。
 補正予算については以上でございます。
 続きまして、第2分冊を御覧いただきたいと存じます。
 41ページ、議案第55号、専決処分についてでございます。
 42、43ページを御覧いただきたいと存じます。
 平成17年度日立市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、5月25日付けで専決処分をいたしましたので、法の規定に基づき承認をいただくべく御報告させていただきます。
 第1条で、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億1,884万円を追加し、歳入歳出予算の総額を153億1,705万9,000円としてございます。
 46、47ページ、事項別明細書で御説明をいたします。
 この補正予算は、平成16年度事業について、決算見込みで実績額を算定いたしました結果、実績ベースの総事業費が支払基金交付金等の概算請求時の事業費見込み額を上回ったことにより、収支に不足が生じたため、17年度予算で繰上充用を行ったものでございます。
 順番が逆になりますが、歳出から御説明を申し上げます。
 諸支出金、償還金28万2,000円でございます。ただいま申し上げた実績額算定の結果、県支出金につきましては、概算交付額が実績額を上回ったため、償還するものでございます。
 前年度繰上充用金1億1,855万8,000円でございます。説明欄、前年度の収支不足額を補てんするための繰上充用金でございます。
 歳入に戻ります。
 支払基金交付金、医療費交付金1,761万6,000円は、説明欄、16年度の概算交付時に不足した分の精算交付額でございます。
 国庫支出金、医療費負担金1億55万6,000円でございます。説明欄、国庫負担金の精算交付金でございます。いずれも繰上充用金等の財源となるものでございます。
 専決処分の概要については以上でございます。
 続いて、49ページ、ここからの案件は、いずれも法の規定に基づきまして御報告申し上げるものでございます。
 まず、報告第7号、平成16年度日立市継続費繰越しについてでございます。
 50、51ページでございます。日立市継続費繰越計算書、一般会計でございます。
 総務費以下、そこに記載してございます8事業の継続費の逓次繰越額が確定いたしました。
 事業名、(仮称)中部合同庁舎建設事業、平成16年度継続費予算現額4億2,235万円のうち翌年度への繰越額は、翌年度逓次繰越額の欄、1億8,021万1,906円でございます。補助の内示の遅れ等により、3箇月ほど工事着工が遅れ、年割り分の出来高が達成できなかったものでございます。
 以下、いずれも工事着手の遅れ、契約差金など、未執行分を翌年度に繰り越しするものでございます。
 表の一番下、計の行、翌年度逓次繰越額の欄、繰越額は5億8,292万3,432円でございます。
 下水道事業会計でございます。
 下水道事業資本的支出、流域関連公共下水道第四期整備事業、平成16年度継続費予算現額4億7,003万9,808円のうち、翌年度逓次繰越額は3,430万5,215円でございます。
 53ページ、報告第8号、平成16年度日立市繰越明許費繰越しについてでございます。
 54、55ページ、繰越計算書、一般会計でございます。
 民生費、老人福祉施設等の民間施設整備費補助事業以下19事業の繰越額が確定いたしました。
 中ほど、市道10002号線改良事業は、1,022万4,000円の設定額に対し、1,022万3,905円を繰り越しいたしました。
 合計では、一番下の行、翌年度繰越額の欄、11億6,723万281円の繰り越しでございます。
 57ページ、報告第9号、平成16年度日立市水道事業会計及び下水道事業会計予算繰越しについてでございます。
 58、59ページ、水道事業会計予算繰越計算書でございます。
 水道事業資本的支出、配水管整備事業の翌年度繰越額287万7,000円でございます。
 続きまして、下水道事業会計予算繰越計算書、下水道事業資本的支出、那珂久慈流域下水道建設事業の翌年度繰越額は594万1,000円でございます。
 両事業とも、繰り越し理由は説明欄に記載のとおりでございます。御覧いただきたいと存じます。
 予算関連議案の説明は以上でございます。よろしくお願い申し上げます。



◯総務部長(小川春樹君) ◇登壇◇ 私からは、予算関係以外の議案等につきまして御説明申し上げます。
 第2分冊でございまして、1ページをお開き願います。
 1ページの議案第49号でございますが、日立市印鑑条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。
 提案説明にございますとおり、性同一性障害者が置かれている状況にかんがみ、印鑑登録原票及び印鑑登録証明書の性別記載を廃止するため、本条例を制定するものでございます。
 3ページを御覧願います。3ページの新旧対照に表がありまして、改正前、改正後とございますが、第5条では、印鑑登録原票にあります性別記載を廃止することと、第15条の印鑑登録証明書中にあります性別の記載を廃止するものでございます。
 条例改正の経緯でございますけれども、本市におきましては、昨年9月の市議会定例会におきまして採択されました陳情内容を受けまして、申請書等の性別記載欄の廃止の可否につきまして全体調査を行い、その結果、対象403件のうち、145件につきまして廃止可能と判断をいたしました。このたびの印鑑登録原票等の性別記載廃止も、廃止可能と判断したものの1つといたしまして、今回条例の一部改正を御提案申し上げた次第でございます。
 続きまして、5ページの議案第50号でございます。日立市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。
 説明にございますとおり、国民健康保険法施行令の改正に伴いまして、一般被保険者に係る基礎賦課総額及び介護納付金賦課総額の算定方法を改めるため、本条例を制定するものでございます。
 8ページを御覧願います。8ページに改正要旨がございますけれども、一般被保険者に係る基礎賦課総額及び介護納付金賦課総額、いわゆる国民健康保険料及び介護保険料の算定におきまして、国民健康保険事業に要する費用のための収入に都道府県調整交付金を加えるものとするものでございます。これまでの国保事業の収入は、その大半を国からの負担金等で得ておりましたけれども、国の三位一体の改革によりまして国の負担金が一部、7%ほどでございますが、減額となりまして、その減額となった部分を県の交付金で賄うというものでございます。
 続きまして、9ページでございます。9ページの議案第51号は、国庫補助事業大沼小学校校舎大規模改造事業建築主体工事の請負契約の締結についてでございます。
 予定価格が1億5,000万円以上であるために、条例の規定によりまして議会の議決をお願いするものでございます。
 下記に工事の名称等ございますが、3番に工事の概要、大規模改造工事及び耐震補強工事並びにトイレ改修工事でございます。
 次の10ページをお開き願います。契約金額は4億5,150万円でございまして、予定価格の98.3%の落札率となっております。
 契約の相手方は、秋山・多賀土木・白土特定建設工事共同企業体でございまして、それぞれ出資割合は、株式会社秋山工務店が50%、多賀土木株式会社が30%、株式会社白土工務店が20%となっております。
 完成の期限が、平成18年8月31日でございまして、2箇年の継続事業でございます。
 契約の方法は、一般競争入札でございます。
 入札結果及び施設平面図が議案資料といたしまして別途ございますが、説明は省略させていただきます。
 また、全体事業といたしましては、当該建築工事のほかに電気設備工事、機械設備工事等がございます。
 続きまして、11ページの議案第52号は、市道路線の認定についてでございます。
 説明にございますとおり、法の定めによりまして下記の6件、6路線の認定につきまして、議会の議決をお願いするものでございます。
 15ページからの図面で御説明をさせていただきます。
 15ページは、日高町1丁目地内の市道路線の認定図でございます。場所は、日高支所の西側で、開発行為により設置された道路の引受けに伴いまして、市道路線の認定をするものでございます。5区画の宅地造成でございます。
 次の16ページでございます。16ページ、田尻町1丁目地内の市道路線の認定図でございます。場所は、市営天神前団地の南側で、道路の寄附受入れに伴いまして、市道路線の認定をするものでございます。
 右側、17ページでございます。西成沢町2丁目地内の市道路線の認定図でございます。場所は、日立地区産業支援センターの北西で、青葉台団地のひがしあおば幼児公園の西側でございまして、道路の寄附受入れに伴いまして、市道路線の認定をするものでございます。
 続きまして、18ページでございます。18ページは、金沢町1丁目地内の市道路線の認定図でございます。場所は、かねさわ保育園東側、国道6号塙山十字路東側でございまして、7区画の宅地造成の区域内道路の寄附受入れに伴いまして、市道路線の認定をするものでございます。
 右側、19ページでございます。東大沼町2丁目地内の市道路線の認定図でございます。場所は、大沼小学校の西側、大沼団地の北側でございまして、4区画の宅地造成の区域内道路の寄附受入れに伴いまして、市道路線の認定をするものでございます。
 続きまして、20ページでございます。大みか町6丁目地内の市道路線の認定図でございます。場所は、茨城キリスト教大学の北側、正門の反対側、真向かい側でございまして、開発行為によりまして設置されました道路の引受けに伴いまして、市道路線の認定をするものでございます。13区画の宅地造成でございます。
 21ページ、議案第53号は、市道路線の廃止についてでございます。
 説明にございますとおり、東多賀町2丁目地内の公用廃止に伴いまして市道路線の廃止をするために、法の定めによりまして議会の議決をお願いするものでございます。
 23ページをお開き願います。東多賀町2丁目地内の市道路線の廃止図でございます。場所は、日立メディカルセンターの東側で、個人からの市道の公用廃止申請によりまして、市道路線の廃止をするものでございます。
 廃止後の道路敷につきましては、お二人の申請者へそれぞれ有償払下げをするものでございます。
 続きまして、25ページでございます。25ページ、議案第54号は、市道路線の廃止及び認定についてでございます。
 説明にございますとおり、法の定めによりまして下記5件、6路線の廃止及び7路線の認定につきまして、議会の議決をお願いするものでございます。
 30ページからの図面で説明をいたします。
 30、31ページは、十王町友部東1丁目、十王町伊師本郷、十王町伊師地内の廃止及び認定でございまして、場所は、伊師浜地区生活改善センターの北側でございます。都市計画道路十王北通り線の改良に伴いまして、1路線を廃止し、2路線を認定するものでございます。現在の路線10096号線を廃止いたしまして、改良計画路線を10096号線として再認定するものでございます。これに伴いまして、廃止いたします旧10096号線のうち、新10096号線と重複しない部分を10095号として認定をするものでございます。
 続きまして、32、33ページでございます。宮田町5丁目地内の廃止及び認定でございます。場所は、仲町小学校の東側で、市道の公用廃止申請によりまして市道路線の廃止をするものでございます。廃止後の道路敷、これは宮田葬祭場跡部分でございますが、申請者代表人の所有地の私道ののり敷と交換をするものでございます。
 続きまして、34、35ページでございます。滑川町2丁目地内の廃止及び認定でございます。場所は、県営滑川アパートの南西側でございまして、開発行為により設置されました道路の引受けに伴いまして、2路線を廃止し、1路線を認定するものでございます。9区画の宅地造成でございまして、開発行為により既存の3806号線と3818号線の間が結ばれましたので、この2路線を廃止いたしまして、新たに3806号線といたしまして認定をするものでございます。
 続きまして、36、37ページでございますが、大久保町4丁目、大久保町地内の廃止及び認定でございます。場所は、大久保中学校の南西側でございまして、県道日立笠間線の用地買収に伴う地権者との協議によるものでございまして、市道の公用廃止に伴い、1路線を廃止し、1路線を認定するものでございます。廃止後の道路敷につきましては、申請者へ有償払下げをするものでございます。
 続きまして、38、39ページでございます。諏訪町4丁目、末広町4丁目、5丁目地内の廃止及び認定でございまして、場所は、諏訪コミュニティセンターの南西側でございます。都市計画道路金沢諏訪線の改良計画に伴いまして、1路線を廃止し、2路線を認定するものでございます。既存の4816号線につきましては、金沢諏訪線と一部重複するため廃止をし、重複しない部分、諏訪コミュニティセンターの西側でございますが、それを4816号線といたしまして再認定するものでございます。また、新たに認定いたします4820号線につきましては、金沢諏訪線の事業区間といたしまして、本年度より用地買収に入るものでございます。
 続きまして、少し飛びますが、61ページを御覧願います。61ページ以降の報告第10号から報告第15号までは、5つの財団法人等の決算状況などの説明書でございまして、法の定めによりまして報告をするものでございます。
 61ページの報告第10号につきましては、日立市土地区画整理協会に係る平成16年度の経営状況に関する説明書の提出についてでございます。
 続きまして、62ページ、報告第11号は、日立市公園協会に係る平成16年度の経営状況に関する説明書の提出についてでございます。
 63ページの報告第12号は、日立市土地開発公社に係る平成16年度の経営状況に関する説明書の提出についてでございます。
 続きまして、64ページ、報告第13号につきましては、日立市土地開発公社に係る平成17年度の経営状況に関する説明書の提出についてでございます。
 65ページ、報告第14号は、日立市科学文化情報財団に係る平成16年度の経営状況に関する説明書の提出についてでございます。
 最後のページになりますが、66ページ、報告第15号につきましては、日立地区産業支援センターに係る平成16年度の経営状況に関する説明書の提出についてでございます。
 それぞれ別冊がございますけれども、説明の方は省略させていただきます。
 予算関係以外の議案の説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 以上で提出議案等の説明は終わりました。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第5 休会について



◯議長(永山堯康君) 日程第5 休会についてを議題といたします。
 お諮りいたします。明10日から12日までを議案調査等のため、休会にいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。よって、明10日から12日までを休会とすることに決しました。
 以上で本日の議事日程全部が終了いたしました。
 次回の日程を申し上げます。次回は、6月13日・月曜日・午前10時、本議場で本会議を開き、市政に関する一般質問を行います。
 次に、発言通告書の締切日時について申し上げます。一般質問は本日・午後1時まで、議案質疑は13日・月曜日・午後1時まで、また、討論については21日・火曜日・午前11時までであります。
 本日はこれをもって散会いたします。御苦労さまでございました。

                   午前10時37分散会