議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 水戸市

平成14年  6月 定例会(第2回) 06月24日−04号




平成14年  6月 定例会(第2回) − 06月24日−04号









平成14年  6月 定例会(第2回)



         平成14年第2回水戸市議会定例会会議録第4号

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             平成14年6月24日(月曜日)

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               議事日程(第4号)

                      平成14年6月24日午後2時開議

                     (                )

                      第2回水戸市議会定例会

第1 議案第58号=ないし=第63号,

   報告第6号=ないし=第8号

第2 認定第1号

第3 水戸市土浦市競輪事務組合議会議員選挙

第4 請願,陳情

第5 閉会中所管事務調査の件

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 会議録署名議員の指名

 出席説明員の報告

 日程第1 議案第58号=ないし=第63号,

      報告第6号=ないし=第8号

 日程第2 認定第1号

 水道事業会計決算特別委員会の設置及び同委員の選任について

 日程第3 水戸市土浦市競輪事務組合議会議員選挙

 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

 議案の提出について(議員提出)

 議第6号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

 議第7号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

 議第8号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

 議第9号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

 追加議案の提出について(2件)

 議案第64号 水戸市固定資産評価審査委員会委員選任の同意を得ることについて

 議案第65号 水戸市固定資産評価員選任の同意を得ることについて

 議案の提出について(議員提出)

 議第10号 循環型社会の実現を求める要望決議

 議第11号 BSE(狂牛病)対策に関する要望決議

 議第12号 有事法制3法案の慎重審議を求める要望決議

 議第13号 個人情報保護法の慎重審議を求める要望決議

 議第14号 政治倫理及び公正な入札の確立を求めるための要望決議

 議第15号 国際刑事裁判所(ICC)設立条約の早期批准を求める要望決議

 日程第4 請願,陳情

 議員派遣の件

 日程第5 閉会中所管事務調査の件

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出 席 議 員 (35名)

              議   長  3番   須  能  昭  一  君

              副 議 長 18番   田  口  文  明  君

                     1番   五十嵐      博  君

                     2番   加  藤  光  子  君

                     4番   佐  藤  光  雄  君

                     5番   須  田  浩  和  君

                     6番   野  村  眞  実  君

                     7番   渡  邉  久  治  君

                     8番   渡  辺  政  明  君

                     9番   田  中  真  己  君

                    10番   岩清水   昌  子  君

                    11番   本  田  忠  弘  君

                    12番   中  庭  次  男  君

                    13番   田  山   知賀子  君

                    14番   高  橋     靖  君

                    15番   袴  塚  孝  雄  君

                    17番   雨  谷  精  一  君

                    19番   内  藤  丈  男  君

                    20番   小松崎   常  則  君

                    21番   藤  田  精  治  君

                    22番   村  田  進  洋  君

                    23番   大  縄  敬  二  君

                    24番   小  圷  和  男  君

                    25番   伊  藤  充  朗  君

                    26番   真  家     功  君

                    27番   友  部     明  君

                    28番   高  橋  丈  夫  君

                    29番   緑  川  賢  次  君

                    30番   綿  引  喜  男  君

                    31番   福  島  辰  三  君

                    32番   小  林  一  彦  君

                    33番   加  藤  一  嘉  君

                    34番   松  本  勝  久  君

                    35番   木  村     寛  君

                    36番   常  井   成一郎  君

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠 席 議 員 (1名)

                    16番   波  多  昭  治  君

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

                市     長   岡  田     広  君

                助     役   古  橋  貞  夫  君

                助     役   小  泉  芳  治  君

                収  入  役   内  藤  省  三  君

                市長公室長     橋  本     耐  君

                総 務 部 長   猿  田  雄  也  君

                財 務 部 長   平  戸  道  雄  君

                市民環境部長    遠  西  松  美  君

                保健福祉部長    小  川  誠  之  君

                産業経済部長    小田木      進  君

                建 設 部 長   天  野  政  幸  君

                都市計画部長    脇  山  芳  和  君

                下水道部長     住  谷  正  敏  君

                水道事業管理者   江  橋     勇  君

                水 道 部 長   綿  引  貞  夫  君

                教  育  長   吉  田     仁  君

                消  防  長   照  沼  民  夫  君

                監 査 委 員   江  田  俊  樹  君

                連  絡  員   小  林   由紀夫  君

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 事務局職員出席者

                事 務 局 長   出  沢  裕  史  君

                事務局次長兼

                          中  島  知  明  君

                総 務 課 長

                議 事 課 長   岩  渕  静  香  君

                議事課副参事兼

                課長補佐兼     飯  田  克  雄  君

                調 査 係 長

                議 事 係 長   小  嶋  正  徳  君

                書     記   曽  我  哲  哉  君

                書     記   永  井  誠  一  君

                書     記   田  澤  一  憲  君

                書     記   湯  澤  康  一  君

                書     記   棯  崎  芳  明  君

          午後2時15分 開議

     〔議長 須能昭一君議長席に着く〕



○議長(須能昭一君) 定足数に達しておりますので,これより本日の会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(須能昭一君) 水戸市議会会議規則第79条の規定により,会議録署名議員の指名を行います。15番袴塚孝雄君,17番雨谷精一君,19番内藤丈男君,以上3名を指名いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△出席説明員の報告



○議長(須能昭一君) 次に,地方自治法第121条の規定により,説明のため議場に出席を求めた者の職,氏名は,本定例会の開会冒頭報告し,あわせて議席に配付した印刷物のとおりでありますので,御了承願います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) それでは,これより日程に入ります。

 本日の日程は,議案第58号=ないし=第63号,報告第6号=ないし=第8号,認定第1号,以上10件,それに水戸市土浦市競輪事務組合議会議員選挙,請願,陳情,閉会中所管事務調査の件,以上であります。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第58号=ないし=第63号,報告第6号=ないし=第8号



○議長(須能昭一君) それでは,議案第58号=ないし=第63号,報告第6号=ないし=第8号,以上9件を一括上程いたします。

 それでは,ただいま一括上程いたしました9件は,さきの本会議においていずれも各常任委員会に付託になっておりますので,この際,各委員長からそれぞれ委員会の審査の経過並びに結果について御報告を願うことにいたします。

 まず最初に,都市建設委員長の報告を願います。

 24番,小圷和男君。

     〔都市建設委員長 小圷和男君登壇〕



◆都市建設委員長(小圷和男君) 

                 審査決定報告書

                                都市建設委員会

 さきの本会議において,当都市建設委員会に付託されました議案第60号ほか2件の審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。

 これらの案件については,6月19,20日の両日,委員会を開催し,慎重に審査を行いましたが,その結果は下記のとおりであります。

 以下,審査の概要を申し上げますと,

1 議案第60号 市道路線の認定,廃止及び変更について

 本案については,廃止路線の市民生活への影響,自然勾配による雨水処理が困難である道路の市道路線認定,市道路線認定等の議案の提出回数等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「認定路線については,議案提出時においては個人の名義になっているが,市に名義変更をしてから議案として提出するのが望ましいのではないか」等との質疑があり,これに対して執行部から,「市道路線認定等審査会等で検討していきたい」等との答弁がありました。

 この後,採決の結果,全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

2 議案第62号 水戸駅南口自転車駐車場西棟新築工事請負契約の締結について

 本案については,本工事における基礎くいの施工等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「この地区は地盤が軟弱であるため,現地施工に当たっては細かい配慮をするよう努められたい」等との意見が出されました。

 この後,採決の結果,全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

3 報告第7号 専決処分について(平成13年度水戸市一般会計補正予算(第15号)中第1表中歳出中第8款(土木費)

 本件については,当該都市計画道路の地権者との交渉経過,用地買収の専門職員の配置等について,種々質疑応答を重ねました。

 この後,採決の結果,全会一致をもって,承認すべきものと決定いたしました。

                   記

議案第60号,議案第62号

 以上,原案を認める。

報告第7号中第1表中歳出中第8款

 承認する。

上記のとおり報告する。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              都市建設委員会

                              委員長 小圷和男



○議長(須能昭一君) 次に,文教福祉委員長の報告を願います。

 6番,野村眞実君。

     〔文教福祉委員長 野村眞実君登壇〕



◆文教福祉委員長(野村眞実君) 

                 審査決定報告書

                                文教福祉委員会

 さきの本会議において,当文教福祉委員会に付託されました議案第61号ほか3件の審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。

 これらの案件については,6月19,20日の両日,委員会を開催し,慎重に審査を行いましたが,その結果は下記のとおりであります。

 以下,審査の概要を申し上げますと,

1 議案第61号 水戸市精神障害者社会復帰施設建設工事請負契約の締結について

 本案については,水戸市精神障害者社会復帰施設建設工事について,請負人の決定を見たものでありますが,請負金額と議決との関係,入札の経緯と結果,最低制限価格の設定基準,今後の残工事の予定等について,また,議案に関連して,本市における精神障害者の状況,本市の精神障害者支援に関する方針,管理運営の方法,運営を委託する理由,運営の委託先及びその選定方法,運営費の補助と財源等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「最低制限価格の設定については,高どまりにならぬよう市場価格等を考慮し,慎重に当たられたい」,「事務事業の庁内関係各課への執行依頼については,依頼後も主管課としての責任ある管理に努められたい」等との意見が出されました。

 この後,採決の結果,全会一致をもって,下記の意見を付し,原案を可決すべきものと決定いたしました。

 以上のほか,議案第63号 平成14年度水戸市老人保健会計補正予算(第1号),報告第7号 専決処分について(平成13年度水戸市一般会計補正予算(第15号)中第1表中歳出中第3款(民生費),第10款(教育費)),報告第8号 専決処分について(平成13年度水戸市国民健康保険会計補正予算(第3号))についても,種々質疑応答を重ねた後,採決の結果,いずれも全会一致をもって,原案を可決,承認すべきものと決定いたしました。

                   記

議案第61号

 原案を認め,次の意見を付する。

                   意見

 精神障害者社会復帰施設のうち,通所授産施設の運営を委託するに当たっては,設置主体が市であることを踏まえ,偏りのない公平な運営が行われるよう,責任ある指導監督に努められたい。

 また,地域生活支援センターの運営に当たっては,その業務の公益性から市が直営することも視野に入れて,今後十分検討し,その経過を随時委員会に報告されたい。

 さらに,精神障害者の支援については,より一層の充実が望まれることから,今後も専門性を強化し,計画性を持って執行に当たられたい。

議案第63号

 原案を認める。

報告第7号中第1表中歳出中第3款,第10款,報告第8号

 以上,承認する。

上記のとおり報告する。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              文教福祉委員会

                              委員長 野村眞実



○議長(須能昭一君) 次に,総務環境委員長の報告を願います。

 7番,渡邉久治君。

     〔総務環境委員長 渡邉久治君登壇〕



◆総務環境委員長(渡邉久治君) 

                 審査決定報告書

                                総務環境委員会

 さきの本会議において,当総務環境委員会に付託されました議案第58号ほか3件の審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。

 これらの案件については,6月19,20日の両日,委員会を開催し,慎重に審査を行いましたが,その結果は下記のとおりであります。

 以下,審査の概要を申し上げますと,

1 議案第59号 水戸市職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例

 本案は,地方公務員等共済組合法の改正に伴い,関係規定の整備を行ったものでありますが,本市において特定警察職員等に該当する具体的な職員,特定警察職員等の再任用が一般職より6年おくれる理由,今年の定年退職者数と再任用者数等について,種々質疑応答を重ねた後,採決の結果,全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

2 報告第7号 専決処分について(平成13年度水戸市一般会計補正予算(第15号)(ただし,第1表中歳出を除く))

 本件については,繰越明許費で,ごみ処理推進事業経費の具体的内容,繰越理由の適格性,事業における原図など成果品の管理体制,一般市民の方が市の施設を見学希望する場合の市の対応方法等について,種々質疑応答を重ねました。この後,委員から,「本事業に対する工事監査報告書では,不適切事項等が多数指摘されているので,今後,施設をつくる場合には,所管の課は責任を持って関係法令を遵守する立場から,工事には慎重に当たられたい。また,健常者の立場でつくられている施設なので,バリアフリー面の改善を図られたい」との意見が出されました。

 この後,採決の結果,全会一致をもって,承認すべきものと決定いたしました。

 以上のほか,議案第58号 水戸市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例,報告第6号 専決処分について(水戸市市税条例の一部を改正する条例)についても,種々質疑応答を重ねた後,採決の結果,いずれも全会一致をもって,原案を可決,承認すべきものと決定いたしました。

                   記

議案第58号,議案第59号

 以上,原案を認める。

報告第6号,報告第7号(ただし,第1表中歳出を除く)

 以上,承認する。

上記のとおり報告する。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              総務環境委員会

                              委員長 渡邉久治



○議長(須能昭一君) 以上で,各委員長の報告は終わりました。

 これより採決いたします。

 それでは,ただいま上程の議案第58号=ないし=第63号,報告第6号=ないし=第8号,以上9件について,一括採決いたします。

 ただいまの9件については,いずれもただいま委員長報告のとおり,原案を可決,承認することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 総員起立。よって,議案第58号=ないし=第63号,報告第6号=ないし=第8号,以上9件は,いずれもただいま委員長報告のとおり,原案を可決,承認することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 認定第1号



○議長(須能昭一君) 次に,認定第1号を上程いたします。

 それでは,市長から提案理由の説明を願います。

 市長,岡田広君。

     〔市長 岡田広君登壇〕



◎市長(岡田広君) 認定第1号については,平成13年度水戸市水道事業会計の決算について,地方公営企業法の規定に基づき,監査委員の意見を付し,ここに議会の認定を求めるものであります。

 よろしく御審議の上,認定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(須能昭一君) 以上で,提案理由の説明は終わりました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△水道事業会計決算特別委員会の設置及び同委員の選任について



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。本件については,16名の委員をもって構成する水道事業会計決算特別委員会を設置し,これに付託の上,議会閉会中の継続審査を認めることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。ただいま設置されました水道事業会計決算特別委員会委員の選任については,水戸市議会委員会条例第8条第1項の規定により,水道事業会計決算特別委員会委員として,お手元に配付いたしました名簿のとおり指名いたしたいと思いますが,これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            水道事業会計決算特別委員会委員

                              五十嵐   博 君

                              野 村 眞 実 君

                              渡 邉 久 治 君

                              田 中 真 己 君

                              中 庭 次 男 君

                              田 山 知賀子 君

                              袴 塚 孝 雄 君

                              波 多 昭 治 君

                              内 藤 丈 男 君

                              村 田 進 洋 君

                              小 圷 和 男 君

                              高 橋 丈 夫 君

                              緑 川 賢 次 君

                              綿 引 喜 男 君

                              小 林 一 彦 君

                              松 本 勝 久 君

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 水戸市土浦市競輪事務組合議会議員選挙



○議長(須能昭一君) 次に,水戸市土浦市競輪事務組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りいたします。ただいまの選挙は投票の煩を省き,指名推選によることにいたしたいと思いますが,これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,指名推選によることにいたします。

 お諮りいたします。指名の方法については,議長指名推選によることにいたしたいと思いますが,これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 それでは,水戸市土浦市競輪事務組合議会議員として

                          渡  辺  政  明  君

                          内  藤  丈  男  君

                          綿  引  喜  男  君

                          福  島  辰  三  君

                          小  林  一  彦  君

以上5名を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました渡辺政明君,内藤丈男君,綿引喜男君,福島辰三君,小林一彦君,以上5名を当選人と定めることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,ただいま議長において指名いたしました5名が,水戸市土浦市競輪事務組合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました5名に,水戸市議会会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について



○議長(須能昭一君) 次に,お諮りいたします。水戸市農業委員会の選任による委員の任期が来る7月19日に満了となりますので,あらかじめその委員を推薦するため,この際,水戸市農業委員会の選任による委員の推薦についてを日程に追加し,直ちに上程することにいたしたいと思いますが,これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,水戸市農業委員会の選任による委員の推薦についてを上程いたします。

 お諮りいたします。農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により,この際,当市議会から推薦する委員の数は5名とすることにいたしたいと思いますが,これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。推薦する5名の委員のうち,1名については所管の産業水道委員会の推薦する議員を議長から指名し,決定することにいたしたいと思いますが,これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 それでは,友部明君を指名いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の提出について



○議長(須能昭一君) 次に,水戸市議会会議規則第14条の規定により,議員から議案が提出されましたので,議事課長から報告させます。

     〔議事課長,報告〕

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議第6号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

〃第7号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

〃第8号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

議第9号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第6号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。ただいま提出されました議第6号=ないし=第9号,以上4件を日程に追加し,直ちに順次上程することにいたしたいと思いますが,これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,まず初めに議第6号を上程いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議第6号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

  農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により,次の者を推薦する。

      田山知賀子

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                      提出者

                        水戸市議会議員 野 村 眞 実

                           〃    中 庭 次 男

                           〃    小松崎 常 則

                           〃    高 橋 丈 夫

                           〃    福 島 辰 三

                           〃    小 林 一 彦

                           〃    常 井 成一郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 総員起立。よって,議第6号は原案のとおり可決することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第7号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について



○議長(須能昭一君) 次に,議第7号を上程いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議第7号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

  農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により,次の者を推薦する。

      袴塚孝雄

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                      提出者

                        水戸市議会議員 野 村 眞 実

                           〃    中 庭 次 男

                           〃    田 山 知賀子

                           〃    小松崎 常 則

                           〃    高 橋 丈 夫

                           〃    福 島 辰 三

                           〃    小 林 一 彦

                           〃    常 井 成一郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 総員起立。よって,議第7号は原案のとおり可決することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第8号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について



○議長(須能昭一君) 次に,議第8号を上程いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議第8号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

  農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により,次の者を推薦する。

      波多昭治

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                      提出者

                        水戸市議会議員 野 村 眞 実

                           〃    中 庭 次 男

                           〃    田 山 知賀子

                           〃    小松崎 常 則

                           〃    高 橋 丈 夫

                           〃    福 島 辰 三

                           〃    小 林 一 彦

                           〃    常 井 成一郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 総員起立。よって,議第8号は原案のとおり可決することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第9号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について



○議長(須能昭一君) 次に,議第9号を上程いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議第9号 水戸市農業委員会の選任による委員の推薦について

  農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により,次の者を推薦する。

      小圷和男

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                      提出者

                        水戸市議会議員 野 村 眞 実

                           〃    中 庭 次 男

                           〃    田 山 知賀子

                           〃    小松崎 常 則

                           〃    高 橋 丈 夫

                           〃    福 島 辰 三

                           〃    小 林 一 彦

                           〃    常 井 成一郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 総員起立。よって,議第9号は原案のとおり可決することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加議案の提出について



○議長(須能昭一君) 次に,市長から議案が提出されましたので,議事課長から報告させます。

     〔議事課長,報告〕

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             財政第249号

                             平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一様

                             水戸市長 岡田 広

               議案の送付について

 平成14年第2回水戸市議会定例会に追加提案するため,下記議案を送付します。

                   記

市議会議案第64号 水戸市固定資産評価審査委員会委員選任の同意を得ることについて

  〃  第65号 水戸市固定資産評価員選任の同意を得ることについて

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第64号 水戸市固定資産評価審査委員会委員選任の同意を得ることについて



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。ただいま提出されました議案第64号及び第65号,以上2件を日程に追加し,直ちに順次上程することにいたしたいと思いますが,これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,まず最初に議案第64号を上程いたします。

 それでは,市長から提案理由の説明を願います。

 市長,岡田広君。

     〔市長 岡田広君登壇〕



◎市長(岡田広君) ただいま上程いたしました議案第64号 固定資産評価審査委員会委員選任の同意を得ることについて申し上げます。

 酒井四郎委員が平成14年6月24日をもって任期満了となりますので,新たに固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求めるものであります。

 私は,綿引唯男君を選任してまいりたいと存じます。

 綿引唯男君は,昭和23年12月8日生まれ,住所は水戸市元吉田町1444番地の29,経歴は日本大学大学院経済学研究科を修了後,昭和56年11月税理士として開業し,関東信越税理士会水戸支部副支部長を経て,現在,茨城県税理士協同組合副理事長の要職にあります。

 人格,識見ともに優れ,固定資産評価審査委員会委員として適任者であると存じます。

 よって,地方税法第423条第3項の規定に基づき提案するものであります。

 議員各位の御賛同をお願い申し上げます。



○議長(須能昭一君) 以上で,提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり同意を与えることに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 総員起立。よって,議案第64号は原案のとおり同意を与えることに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第65号 水戸市固定資産評価員選任の同意を得ることについて



○議長(須能昭一君) 次に,議案第65号を上程いたします。

 それでは,市長から提案理由の説明を願います。

 市長,岡田広君。

     〔市長 岡田広君登壇〕



◎市長(岡田広君) ただいま上程いたしました議案第65号 固定資産評価員選任の同意を得ることについて申し上げます。

 遠西松美君が人事異動により財務部長の職を離れましたので,現在財務部長の職にある平戸道雄君を固定資産評価員に選任してまいりたいと存じます。

 よって,地方税法第404条第2項の規定に基づき提案するものであります。

 議員各位の御賛同をお願い申し上げます。



○議長(須能昭一君) 以上で,提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり同意を与えることに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 起立多数。よって,議案第65号は原案のとおり同意を与えることに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の提出について



○議長(須能昭一君) 次に,水戸市議会会議規則第14条の規定により,議員から議案が提出されましたので,議事課長から報告させます。

     〔議事課長,報告〕

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議第10号 循環型社会の実現を求める要望決議

〃第11号 BSE(狂牛病)対策に関する要望決議

〃第12号 有事法制3法案の慎重審議を求める要望決議

〃第13号 個人情報保護法の慎重審議を求める要望決議

〃第14号 政治倫理及び公正な入札の確立を求めるための要望決議

〃第15号 国際刑事裁判所(ICC)設立条約の早期批准を求める要望決議

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第10号 循環型社会の実現を求める要望決議



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。ただいま提出されました議第10号=ないし=第15号,以上6件を日程に追加し,直ちに順次上程することにいたしたいと思いますが,これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,まず初めに議第10号を上程いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議第10号 循環型社会の実現を求める要望決議

 別紙案文のとおり提出する。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                      提出者

                        水戸市議会議員 野 村 眞 実

                           〃    中 庭 次 男

                           〃    田 山 知賀子

                           〃    小松崎 常 則

                           〃    小 圷 和 男

                           〃    高 橋 丈 夫

                           〃    綿 引 喜 男

                           〃    福 島 辰 三

                           〃    常 井 成一郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した案文〕

           循環型社会の実現を求める要望決議(案)

 今日,日本は大量生産・大量消費による廃棄物の増加により,地球環境に悪影響を及ぼしている。焼却施設からNO2 ・ダイオキシン・有害物質が微量ながら排出されている現況から,ごみの焼却や焼却灰の埋め立て処分は可能な限り減少させていく必要がある。これらは地球温暖化防止とともに切迫した環境問題である。

 私たちは,きれいな地球を子孫に残さなければならない使命があり,そのためにも廃棄物の発生を抑制し,廃棄物の処理方法を循環型社会へ一刻も早く転換させるべきである。

 廃棄物対策については,地方自治体においても引き続き全力を挙げて対応していかなければならない。

 よって,政府においては,このような状況を深刻に受けとめ,法律による循環型社会の実現について,下記の措置を早急に講じられるよう強く要望する。

                   記

1 生産者(企業)責任の原則を導入・強化

 ダイオキシン等有害物質の汚染から国民の命と健康を守るために,発生源対策と製造抑制等を早急に実施すべきである。そのため代替素材の技術開発,生産者(企業)は,再使用,再資源化を徹底させ,生産段階から廃棄物に至るまで関係各省庁は強く規制する詳細な法を制定し,責任の所在をはっきりさせるべきである。経済活動を循環させるためには企業責任を明確にすることが資源循環型社会を実現し,原因者負担の原則・賠償責任・危険責任の理念にも合致するものである。

2 リサイクル

 廃棄物の排出量は増大し,廃棄物の排出抑制とあわせて徹底分別・リサイクルの具体策を明確にし,環境問題の先進国であるヨーロッパの国々を教訓に,厳しいリサイクル関連の法律をつくるべきである。また,家電リサイクル法を改め,先払い方式にし,不法投棄を防止しなければならない。

3 教育と権利の保障及びエネルギーの活用

 世界規模で環境汚染が問題になり,資源循環型社会を進めるためには,国民の果たすべき役割が極めて重要である。環境教育を学校,地域社会で学習する制度の整備を早急にすべきである。個々の廃棄物の排出・処分先・地域のごみ問題の実態をつかみ,認識することが大切であり,国民が廃棄物の発生抑制や再資源化などの施策,計画立案,実施,監視に積極的に参加できる権利も保障すべきである。太陽光・風力・水力などの自然エネルギーの活用についても積極的に実施する必要がある。

 上記決議する。

                             平成14年6月24日

内閣総理大臣

厚生労働大臣

環境大臣  あて(各通)

経済産業大臣

衆参両院議長

                              水戸市議会

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 総員起立。よって,議第10号は原案のとおり可決することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第11号 BSE(狂牛病)対策に関する要望決議



○議長(須能昭一君) 次に,議第11号を上程いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議第11号 BSE(狂牛病)対策に関する要望決議

 別紙案文のとおり提出する。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                      提出者

                        水戸市議会議員 野 村 眞 実

                           〃    中 庭 次 男

                           〃    田 山 知賀子

                           〃    小松崎 常 則

                           〃    小 圷 和 男

                           〃    高 橋 丈 夫

                           〃    綿 引 喜 男

                           〃    福 島 辰 三

                           〃    常 井 成一郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した案文〕

          BSE(狂牛病)対策に関する要望決議(案)

 昨年9月に国内で初めてBSE(狂牛病)感染牛が確認されて以来,牛肉や牛乳・乳製品に対する国民の不安の高まりから,畜産農家,肉の卸,小売,焼肉店,関連業者などは大損害をこうむっている。発生以来の牛肉や子牛の価格暴落,牛肉や牛乳の消費減は,畜産農家や関連業者などに深刻な経営危機をもたらしている。

 農林水産省では原因の早期究明と防疫体制の一層の強化を図るため当該牛の導入経路,飼料の給与状況等既に多くの対応を実施しているところであるが,今年5月には国内4頭目のBSE(狂牛病)感染牛が確認されたことから,被害が一層拡大してしまうことも懸念される。

 よって,政府においては,国民の健康と食に対する不安を解消し,消費者の信頼回復のため,安全・安心な牛肉等の供給体制を早期に確立するとともに,畜産農家や関連業者等に対する万全の対策を講じるよう,強く要望する。

 上記決議する。

 平成14年6月24日

内閣総理大臣

厚生労働大臣

環境大臣  あて(各通)

経済産業大臣

衆参両院議長

                              水戸市議会

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 総員起立。よって,議第11号は原案のとおり可決することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第12号 有事法制3法案の慎重審議を求める要望決議



○議長(須能昭一君) 次に,議第12号を上程いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議第12号 有事法制3法案の慎重審議を求める要望決議

 別紙案文のとおり提出する。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                      提出者

                        水戸市議会議員 野 村 眞 実

                           〃    中 庭 次 男

                           〃    田 山 知賀子

                           〃    小松崎 常 則

                        水戸市議会議員 小 圷 和 男

                           〃    高 橋 丈 夫

                           〃    綿 引 喜 男

                           〃    福 島 辰 三

                           〃    常 井 成一郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した案文〕

         有事法制3法案の慎重審議を求める要望決議(案)

 政府は,「武力攻撃事態対処法案」,「自衛隊法改正案」及び「安全保障会議設置法改正案」の有事法制3法案を国会に提出し,今国会での成立を目指している。

 法案は,すべての国民に戦争協力の義務があるとし,NHKなどの指定公共機関や医療,輸送,建築・土木などの関係者も強制的に協力・動員を求められる。国民は,戦争に必要だと判断された土地,家屋,物資などを差し出すよう要求され,協力を拒んだ場合には罰則が与えられる。

 加えて,有事法制を発動するかどうかを決定するのも,自治体や国民の動員を発動するのも首相であり,首相に全権限を集中する体制をつくるものである。

 これらは,戦争放棄や基本的人権,地方自治を定めた日本国憲法に係る重要法案である。

 よって,水戸市議会は平和を守り,国民の自由と権利を守る立場から,有事法制3法案について,政府においては慎重審議を期すよう強く要望する。

 上記決議する。

                             平成14年6月24日

内閣総理大臣

外務大臣

防衛庁長官 あて(各通)

総務大臣

衆参両院議長

                              水戸市議会

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 起立多数。よって,議第12号は原案のとおり可決することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第13号 個人情報保護法の慎重審議を求める要望決議



○議長(須能昭一君) 次に,議第13号を上程いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議第13号 個人情報保護法の慎重審議を求める要望決議

 別紙案文のとおり提出する。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                      提出者

                        水戸市議会議員 野 村 眞 実

                           〃    中 庭 次 男

                           〃    田 山 知賀子

                           〃    小松崎 常 則

                           〃    小 圷 和 男

                           〃    高 橋 丈 夫

                           〃    綿 引 喜 男

                           〃    福 島 辰 三

                           〃    常 井 成一郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した案文〕

         個人情報保護法の慎重審議を求める要望決議(案)

 政府は,個人情報保護法を今国会に提出し,成立させようとしている。

 報道関係者,作家,ジャーナリストなど多くの人々が,表現の自由,報道の自由を規制するものとして厳しい批判の声が出されている。

 日本ペンクラブ,日本新聞協会,日本新聞労働組合連合会など関係団体も反対を表明している。

 この法案には,個人情報の取り扱いに関する「基本原則」の中で「本人への適切な関与」を求められており,政治家や官僚の疑惑が数多く問題となっている中で,それらの追及を妨げるおそれがある。

 よって,政府において,個人情報保護法案の慎重審議を強く要望する。

 上記決議する。

                             平成14年6月24日

内閣総理大臣

文部科学大臣あて(各通)

衆参両院議長

                              水戸市議会

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 総員起立。よって,議第13号は原案のとおり可決することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第14号 政治倫理及び公正な入札の確立を求めるための要望決議



○議長(須能昭一君) 次に,議第14号を上程いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議第14号 政治倫理及び公正な入札の確立を求めるための要望決議

 別紙案文のとおり提出する。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                      提出者

                        水戸市議会議員 野 村 眞 実

                           〃    中 庭 次 男

                           〃    田 山 知賀子

                           〃    小松崎 常 則

                        水戸市議会議員 小 圷 和 男

                           〃    高 橋 丈 夫

                           〃    綿 引 喜 男

                           〃    福 島 辰 三

                           〃    常 井 成一郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した案文〕

      政治倫理及び公正な入札の確立を求めるための要望決議(案)

 昨年,国会議員らが公務員に対してあっせん行為を行い,その対価として報酬を受け取ることを禁じたあっせん利得処罰法が制定され施行された。この法律は,国会議員らのみならず,公設秘書も処罰の対象となっている。有罪になると懲役に処されるほか,5年間,選挙権・被選挙権が停止されるという厳しい罰則規定が設けられている。

 しかるに,本年に入って,国会議員の私設秘書のあっせん疑惑を初め悪質な事件が多発,政治家と金をめぐる問題が改めて大きく問われている。国会議員ら政治家や秘書の自己規律を強く求めるとともに,早急に事件の再発防止の仕組みを確立することが必要である。

 また,近年,国,地方公共団体等の職員が入札談合等に関与している事例,いわゆる官製談合が多発している。平成8年以降,公正取引委員会が摘発した事件のうち,実に10件が官製談合であったが,現在の法体系では,公正取引委員会にこれらの事件に有効に対処する権限がないなど,官製談合を排除及び防止するための法的整備がなされていない状況である。

 よって,政府においては,政治倫理及び公正な入札を確立するため,下記の事項を内容とする法律を速やかに制定するとともに,所要の措置を講じ,政治に対する国民の信頼を回復するよう強く要望する。

                   記

1 あっせん利得罪の再発防止の強化を図る観点から,私設秘書まで対象範囲を拡大した「あっせん利得処罰法の一部改正案」の早期制定を図ること。

2 官公需分野における競争の促進や予算執行の適正化を図る観点から,「入札談合等関与行為の排除及び防止に関する法律案」の早期制定を図ること。

3 政治と行政に対する国民の信頼を回復するために,国民に対する説明責任を果たすとともに,不祥事の再発防止に万全を期すこと。

 上記決議する。

                             平成14年6月24日

内閣総理大臣

法務大臣

経済産業大臣あて(各通)

総務大臣

衆参両院議長

                              水戸市議会

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 総員起立。よって,議第14号は原案のとおり可決することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第15号 国際刑事裁判所(ICC)設立条約の早期批准を求める要望決議



○議長(須能昭一君) 次に,議第15号を上程いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議第15号 国際刑事裁判所(ICC)設立条約の早期批准を求める要望決議

 別紙案文のとおり提出する。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                      提出者

                        水戸市議会議員 野 村 眞 実

                           〃    中 庭 次 男

                           〃    田 山 知賀子

                           〃    小松崎 常 則

                           〃    小 圷 和 男

                           〃    高 橋 丈 夫

                           〃    綿 引 喜 男

                           〃    福 島 辰 三

                           〃    常 井 成一郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した案文〕

     国際刑事裁判所(ICC)設立条約の早期批准を求める要望決議(案)

 戦争犯罪や大量虐殺(ジェノサイド),人道に対する罪などを犯した個人を裁く常設の国際刑事裁判所(The International Climal Court)が来年度中にオランダのハーグに設置される見通しとなった。1998年のローマ会議で採択されたICC設立条約(ローマ条約)の批准国が本年4月11日までに66カ国となり,条約発効の条件である60カ国を突破し,本年7月1日の条約発効が確定したからである。

 世界各国に対し,同条約の批准と発効に向けて粘り強い説得と運動を続けてきた世界のNGO(非政府組織)等の努力に対し,深い敬意を表する必要がある。

 ICC設置の国際法史上の重要な意義は,これまでの国際司法裁判所が領土問題など国家間の紛争を裁く裁判所であるのに対し,ICCは,個人の戦争犯罪等を問う初めての権威を持った国際法廷であることである。

 いまだに国家間の戦争や紛争,そして,民族,人種,宗教等を理由とした紛争が絶えない中で,戦争犯罪や大量虐殺,そして人道に反する犯罪と称されるものがいくつか指摘されている。そうした犯罪行為の中心となった者を裁く国際刑事法廷の存在は,多大な犠牲を伴い,あるいは違法な戦争,武力行使等への抑制力となるとともに,取り返しのつかない戦争犯罪等への抑止力としても機能することが期待される。何よりも武力による支配から「法による支配」へと,世界を大きく前進させることが期待されている。

 よって,我が国は,この条約に関して捕虜や戦争犯罪人等の取り扱いについての国内法が整備されていないという理由で批准をしていないが,政府においては,早急に必要な国内法を整備し,その上に立って,この条約を早急に批准し,ICCがその役割を発揮し,戦争抑止と国際平和への貢献を適切に果たせるよう強く要望する。

 上記決議する。

                             平成14年6月24日

内閣総理大臣

外務大臣  あて(各通)

衆参両院議長

                              水戸市議会

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) それでは,お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 総員起立。よって,議第15号は原案のとおり可決することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 請願,陳情



○議長(須能昭一君) 次に,請願,陳情に入ります。

 さきの本会議において関係委員会に付託いたしました請願,陳情について,各委員長からそれぞれ委員会の審査の経過並びに結果について御報告を願うことにいたします。

 まず最初に,都市建設委員長の報告を願います。

 24番,小圷和男君。

     〔都市建設委員長 小圷和男君登壇〕



◆都市建設委員長(小圷和男君) さきの本会議におきまして,当都市建設委員会に付託されました請願,陳情につきまして,慎重に審査いたしました結果,次のとおり決定いたしましたので,御報告申し上げます。

 なお,内容につきましては,既にお手元に配付してあります報告書のとおりでありますので,朗読を省略させていただきます。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              都市建設委員会

                              委員長 小圷和男

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した委員長報告〕

            都市建設委員会請願陳情審査報告書

1 継続審査とすべきもの

 請願第2号   都市計画道路7・5・9芸術館西通り線の拡幅反対に関する請願

 (平成13年)    水戸市泉町1−7−6

           大貫 英 外34名提出

 請願第1号   大工町交叉点地下の下水道の整備に関する請願

            水戸市大工町2丁目3−27

           水戸市栄町連合会

           会長 松枝誠一 提出

 陳情第10号  下国井町舟渡市道整備(市道国田75号線他)に関する陳情

 (平成13年)    水戸市下国井町46−4

           根本順一 外52名提出

 陳情第15号  桜山駐車場より偕楽園内に架かる陸橋の建設計画見直しに関する陳情

 (平成13年)    水戸市常磐町2丁目13番41号

           大金和夫 提出

 陳情第6号   偕楽園及び偕楽園公園の整備・景観整備の見直しに関する陳情

            水戸市常磐町2丁目13番41号

           大金和夫 提出

 上記の請願,陳情については,いずれもなお検討を要するため,継続審査とする。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              都市建設委員会

                              委員長 小圷和男

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) 次に,産業水道委員長の報告を願います。

 11番,本田忠弘君。

     〔産業水道委員長 本田忠弘君登壇〕



◆産業水道委員長(本田忠弘君) さきの本会議におきまして,当産業水道委員会に付託されました請願,陳情につきまして,慎重に審査いたしました結果,次のとおり決定いたしましたので,御報告申し上げます。

 なお,内容につきましては,既にお手元に配付してあります報告書のとおりでありますので,朗読を省略させていただきます。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              産業水道委員会

                              委員長 本田忠弘

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した委員長報告〕

            産業水道委員会請願陳情審査報告書

1 継続審査とすべきもの

 請願第6号   米の投げ売りをすすめる水田営農新期対策に反対する意見書の提出を求める請願

 (平成11年)    茨城県東茨城郡茨城町上飯沼626

           茨城中央農民組合

           山根祥雄 提出

 請願第5号   地域経済と農業経営を守るためにセーフガードの本格発動と対象品目の拡大を求める請願

 (平成13年)    茨城県東茨城郡茨城町上飯沼626

           農民運動茨城県連合会

           会長 横田千之 提出

 請願第6号   「狂牛病」について万全な対策を求める請願

 (平成13年)    茨城県東茨城郡茨城町上飯沼626

           農民運動茨城県連合会

           会長 横田千之 提出

 陳情第1号   木葉下町金山地区の生活道路拡幅並びに森林公園内「森の交流センター」に通ずる道路建設に関する陳情

 (平成12年)    水戸市木葉下町368

           木葉下自治会

           会長 川崎富美男 外15名提出

 陳情第10号  「働くルールの確立を国に要請する意見書」採択の陳情

 (平成12年)    水戸市見川5−127−281

           茨城県労働組合総連合

           議長 田中宗男 提出

 上記の請願,陳情については,いずれもなお検討を要するため,継続審査とする。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              産業水道委員会

                              委員長 本田忠弘

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) 次に,文教福祉委員長の報告を願います。

 6番,野村眞実君。

     〔文教福祉委員長 野村眞実君登壇〕



◆文教福祉委員長(野村眞実君) さきの本会議におきまして,当文教福祉委員会に付託されました請願,陳情につきまして,慎重に審査いたしました結果,次のとおり決定いたしましたので,御報告申し上げます。

 なお,内容につきましては,既にお手元に配付してあります報告書のとおりでありますので,朗読を省略させていただきます。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              文教福祉委員会

                              委員長 野村眞実

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した委員長報告〕

            文教福祉委員会請願陳情審査報告書

1 採択すべきもの

 陳情第3号   公民館設備更新についての陳情

            水戸市東前町1029−2

           稲荷第一地区まちづくり会

           会長 前田 頌 提出

 本陳情については,教育委員長に送付し,その処理の経過並びに結果の報告を請求すべきものと審査決定した。

 よって,次の意見を付して報告する。

                   意見

 本陳情については,願意に沿うよう努力されたい。

1 継続審査とすべきもの

 請願第4号   介護保険制度・高齢者福祉に関する請願

 (平成11年)    水戸市堀町1147−125

           茨城高齢期を考える会

           会長 柳原善男 外3名提出

 請願第7号   道徳教育の強化と教科書の採択に関する請願

 (平成12年)    水戸市三の丸1丁目6番4号

           神道政治連盟茨城県本部

           会長 塙 東男 外1名提出

 請願第1号   道徳教育の強化と教科書の改善に関する請願

 (平成13年)    水戸市東前3丁目165番地

           小山田六郎 外67名提出

 請願第2号   元吉田地区に老人福祉センターの設置を求める請願

            水戸市元吉田町2316−1

           大森佳一 外3,072名提出

 陳情第10号  「ゆきとどいた教育を求める意見書提出」に関する陳情

 (平成11年)    茨城県西茨城郡友部町鯉渕6520−43

           藤田嘉昭 提出

 陳情第22号  「茨城朝鮮学園に対する教育助成金の支給,増額について」の陳情

 (平成11年)    水戸市千波町2846

           学校法人茨城朝鮮学園

           理事長 李 相大 提出

 陳情第23号  水戸市の介護保険の改善を求める陳情

 (平成11年)    水戸市元吉田町764−3

           介護保険をよくする水戸の会

           代表 田中英男 外2,235名提出

 陳情第9号   介護保険の実施を受け,改善・充実を求める陳情

 (平成12年)    水戸市城南3−15−17

           介護保険をよくする水戸の会

           事務局長 長谷川和夫 提出

 陳情第5号   水戸市における小中学校の教科書採択制度のいっそうの改善を求める陳情

 (平成13年)    水戸市堀町1042−1

           子どもと教科書茨城ネット21

           世話人 神林 昇 提出

 陳情第8号   水戸市常磐公民館移転建設に関する陳情

 (平成13年)    水戸市上水戸1丁目3番8号

           市原 毅 外20名提出

 陳情第2号   「医療制度改革案」に対する意見書提出を求める陳情

            水戸市城南3−15−24

           茨城県民主医療機関連合会

           会長 山川文男 提出

 陳情第9号   水戸市消防署職員に対する顕彰制度新設についての陳情

            水戸市大塚町1908−1−105

           松尾秀雄 提出

 上記の請願,陳情については,いずれもなお検討を要するため,継続審査とする。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              文教福祉委員会

                              委員長 野村眞実

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) 次に,総務環境委員長の報告を願います。

 7番,渡邉久治君。

     〔総務環境委員長 渡邉久治君登壇〕



◆総務環境委員長(渡邉久治君) さきの本会議におきまして,当総務環境委員会に付託されました請願,陳情につきまして,慎重に審査いたしました結果,次のとおり決定いたしましたので,御報告申し上げます。

 なお,内容につきましては,既にお手元に配付してあります報告書のとおりでありますので,朗読を省略させていただきます。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              総務環境委員会

                              委員長 渡邉久治

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した委員長報告〕

            総務環境委員会請願陳情審査報告書

1 継続審査とすべきもの

 請願第7号   地域住民の足を守る利用しやすい安全なタクシーの確立をめざす政府への意見提出に関する請願

 (平成11年)    茨城県ひたちなか市稲田1428−3

           自交総連茨城地方連合会

           執行委員長 中嶋 好 外2名提出

 陳情第6号   国立医療機関の統廃合・経営移譲・廃止・独立行政法人化に反対し,存続と機能強化を求める意見書提出に関する陳情

 (平成11年)    水戸市見和3−616−1 会神原アパート6−34

           小室和久 提出

 陳情第9号   「デポジット法の制定を求める意見書提出」に関する陳情

 (平成11年)    東京都千代田区飯田橋3−3−3−301

           デポジット法制定全国ネットワーク

           事務局長 井口 博 提出

 陳情第17号  小吹町のごみ処理場の解体撤去に関する陳情

 (平成11年)    水戸市小吹町1063

           小吹町環境整備促進協議会

           会長 小林宗仁 外772名提出

 陳情第4号   「地方分権の推進と自治体財政確立のため地方税財政改革を求める意見書決議」に関する陳情

 (平成12年)    水戸市桜川2−3−30

           自治労茨城県本部

           執行委員長 矢田部興治 提出

 陳情第2号   国立大学の独立行政法人化に慎重に対処し,茨城大学を地域に根ざした高等教育・研究機関として発展させることを求める陳情

 (平成13年)    水戸市文京2−1−1

           茨城大学教職員組合

           委員長 徳江和雄 提出

 陳情第3号   陪審制度の改良・復活を求める政府への意見書の提出に関する陳情

 (平成13年)    大阪府大阪市北区西天満3丁目8番13号

            大阪司法ビル401 樺島法律事務所内

           陪審制度を復活する会

           代表 下村幸雄 提出

 陳情第6号   水戸芸術館運営の改善を求める陳情

 (平成13年)    水戸市五軒町1丁目4番23号

           田口邦生 外7名提出

 陳情第9号   国民本位の公共事業の推進と常陸工事事務所の執行体制等の拡充を求める陳情

 (平成13年)    茨城県常陸太田市木崎ー町700の1

           国土交通省全建設労働組合関東地方本部常陸支部

           支部長 金田正紀 提出

 陳情第12号  「霞ヶ浦導水事業」の中止等を要請する意見書を求める陳情

 (平成13年)    茨城県土浦市中高津1−3−9 柏村気付

           市民オンブズマンいばらき

           代表幹事 柏村忠志 外1名提出

 陳情第13号  国民の知的自由確立とリユース運動の推進を求める意見書の採択を要望する陳情

 (平成13年)    茨城県日立市旭町2−4−1

           七井敬弘 提出

 上記の請願,陳情については,いずれもなお検討を要するため,継続審査とする。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              総務環境委員会

                              委員長 渡邉久治

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) 次に,議会運営委員長の報告を願います。

 36番,常井成一郎君。

     〔議会運営委員長 常井成一郎君登壇〕



◆議会運営委員長(常井成一郎君) さきの本会議におきまして,当議会運営委員会に付託されました陳情につきまして,慎重に審査いたしました結果,次のとおり決定いたしましたので,御報告申し上げます。

 なお,内容につきましては,既にお手元に配付してあります報告書のとおりでありますので,朗読を省略させていただきます。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              議会運営委員会

                              委員長 常井成一郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した委員長報告〕

             議会運営委員会陳情審査報告書

1 継続審査とすべきもの

 陳情第11号  水戸市議会本会議場内に,国旗掲揚を求める陳情

 (平成12年)    水戸市大塚町1908−1

           松尾秀雄 提出

 陳情第5号   「国民の健康,食品の安全性を確保」するための食品の安全に係わる包括的法律(食品安全新法)制定と新行政組織設置,食衛法抜本改正を求める陳情

            水戸市梅香1−5−24 財団法人水戸鉄道会館内

           茨城県生活協同組合連合会

           会長理事 飯村義雄 提出

 陳情第7号   有事法制関連法案に反対する陳情

            水戸市大工町3丁目4番24号

           茨城平和擁護県民会議

           会長 小林啓一 提出

 陳情第8号   有事法制反対等に関する陳情

            水戸市見川5−127−281

           有事法制に反対する茨城県連絡会

           代表 山川文男 提出

 上記の陳情については,いずれもなお検討を要するため,継続審査とする。

 平成14年6月24日

水戸市議会議長 須能昭一殿

                              議会運営委員会

                              委員長 常井成一郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) 以上で,各委員長の報告は終わりました。

 これより採決いたします。

 それでは,ただいまの請願,陳情は,いずれもただいま委員長報告のとおり決することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 総員起立。よって,ただいまの請願,陳情は,いずれもただいま委員長報告のとおり決しました。

 次に,今議会に提出されました請願は,お手元に配付いたしました請願文書表(?)のとおりであります。

 それでは,本請願については,文書表のとおり,所管の文教福祉委員会に付託の上,議会閉会中の継続審査を認めることにいたしたいと思いますが,これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員派遣の件



○議長(須能昭一君) 次に,お諮りいたします。この際,議員派遣の件を日程に追加し,直ちに上程することにいたしたいと思いますが,これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,議員派遣の件を上程いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した案文〕

                 議員派遣の件

                             平成14年6月24日

 次のとおり議員を派遣する。

1 茨城県市議会議長会東南アジア行政視察団

 (1)派遣目的 東南アジア2カ国の実情を視察し,見聞を広め,今後の自治運営と都市行政の推進に資するとともに,行政担当者,議会関係者等との意見交換を行い,相互の理解と認識を深め,あわせて国際親善に寄与する。

 (2)派遣場所 ベトナム,タイ

 (3)派遣期間 平成14年6月30日から7月6日まで(7日間)

 (4)派遣議員 内藤丈男議員,小松崎常則議員,友部明議員

2 全国市議会議長会欧州都市行政調査団

 (1)派遣目的 高齢化,高度情報化,国際化時代の到来により,都市を取り巻く現況は急速に変化している。これらの変化に対応すべく各自治体は,住民の多様なニーズに適応した自主的,合理的な経営と活力あるまちづくりが求められている。このような視点から,欧州の都市を訪問し,地方自治の実態及び行政施策の実情を調査するとともに都市行政の責任者との交流や意見交換を行う。

 (2)派遣場所 イギリス,ドイツ,フィンランド

 (3)派遣期間 平成14年7月1日から7月12日まで(12日間)

 (4)派遣議員 藤田精治議員,村田進洋議員

3 県北鹿行市議会議長会定例会

 (1)派遣目的 各市議会に共通する事項の円滑なる運営と研究を行う。

 (2)派遣場所 茨城県常陸太田市

 (3)派遣期間 平成14年7月19日

 (4)派遣議員 田口文明議員

4 親善都市高松市との交流訪問

 (1)派遣目的 さぬき高松まつりへ参加し,一層の親善と友好を深める。

 (2)派遣場所 香川県高松市

 (3)派遣期間 平成14年8月14日から8月15日の2日間

 (4)派遣議員 2名

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(須能昭一君) 本件については,地方自治法第100条第12項並びに水戸市議会会議規則第151条の規定により,議員派遣には,議会の議決を要するものでございます。

 本件につきましては,討論の通告がございますので,これを許します。

 12番,中庭次男君。

     〔12番 中庭次男君登壇〕(拍手)



◆12番(中庭次男君) 日本共産党の中庭次男でございます。

 公費による議員の海外派遣について反対討論を行います。

 今回の提案された全国市議会議長会欧州行政視察は,7月1日から12日までの12日間行われ,イギリス,ドイツ,フィンランドの3カ国の視察となります。水戸市議会では2名派遣され,1人80万円の公費が予算化されております。さらに,茨城県市議会議長会東南アジア行政視察では,ベトナム,タイの2カ国を6月30日から7月6日までの7日間,水戸市議会から4名派遣され,1人25万円の公費が予算化されております。

 日本共産党はこれまでも議員の公費による海外視察には反対してまいりました。水戸市議会では1999年度,2000年度の2年間は欧州行政視察に参加する議員はおりませんでした。

 反対の理由の第1は,今,戦後最悪の不況の中で,最悪の失業率,倒産件数の増大で市民が苦しんでいるときに,1人当たり80万円に上る公費による海外視察には反対であります。海外視察の費用は市民の福祉向上に充てることを求めます。

 第2の理由は,議員の当選回数によって視察の場所や費用が違うなど,議員の慰労的な意味を持っております。水戸市議会の先例・申し合わせ事項では,2期以上は東南アジア,3期以上はヨーロッパとなっています。

 第3の理由は,今回の欧州視察は,12日間のうち市議会の公式訪問は2カ所だけであります。市民の中からは観光旅行だとの批判が出ております。今回の欧州視察に参加する議員の中で,市議会産業水道委員会の視察は観光旅行的なものであると批判しながら,みずから欧州視察に参加するのはおかしいとの批判も出されております。

 以上で,反対討論を終わります。



○議長(須能昭一君) 以上で,討論は終わりました。

 それでは,お諮りいたします。ただいま上程の議員派遣の件については,お手元に配付いたした印刷物のとおり,それぞれ派遣することに賛成の方は御起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(須能昭一君) 賛成多数。よって,議員派遣の件については,お手元に配付いたしました印刷物のとおり決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 閉会中所管事務調査の件



○議長(須能昭一君) 次に,閉会中所管事務調査の件を上程いたします。

 本件は,お手元に配付いたしました印刷物のとおり,各常任委員会及び議会運営委員会から閉会中所管事務調査の申し出があったものであります。

 お諮りいたします。本件は,各常任委員会及び議会運営委員会の申し出のとおり決定することにいたしたいと思いますが,これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(須能昭一君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              閉会中所管事務調査一覧表

                     (平成14年第2回水戸市議会定例会)

◯総務環境委員会

 1 総合企画及び文化行政について

 2 行政事務の改善,能率化及び情報公開について

 3 工事契約及び検査業務について

 4 財政運営状況について

 5 住民事務及び公聴広報活動について

 6 環境保全及び防災行政について

 7 環境衛生行政について

 8 市民会館,男女文化センター運営について

◯文教福祉委員会

 1 社会福祉施設の整備,障害者(児)福祉及び保護対策について

 2 高齢福祉・介護保険及び児童福祉対策について

 3 国民健康保険及び老人保健事業の運営について

 4 保健予防行政について

 5 消防及び救急業務について

 6 学校教育の運営について

 7 教育施設の整備及び維持管理について

 8 社会教育,施設の整備及び管理運営,文化財保護対策について

 9 青少年の健全育成対策について

 10 運動施設の設置及び管理運営について

 11 図書館及び博物館について

 12 学校給食の管理運営について

 13 生涯学習の推進について

 14 少子化対策について

 15 ボランティア活動について

 16 全国高等学校総合体育大会について

◯産業水道委員会

 1 農業,林業,畜産業,商工業の振興対策について

 2 土地基盤整備事業について

 3 観光資源の開発,整備について

 4 中小零細企業育成と金融対策について

 5 市場における流通対策について

 6 駐車場について

 7 水道事業及び水資源対策について

◯都市建設委員会

 1 道路及び橋りょうの整備について

 2 河川の管理及び整備について

 3 住宅の建設及び管理について

 4 都市計画施設の整備について

 5 面整備及び市街地再開発事業について

 6 都市公園及び緑化事業について

 7 下水道及び都市下水路の整備について

◯議会運営委員会

 1 議会運営に関する事項

 2 議会の会議規則,委員会に関する条例等に関する事項

 3 議長の諮問に関する事項

 4 次期定例会等の会期及び議事日程等に関する事項

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会



○議長(須能昭一君) 以上をもちまして,今期定例会に付議されました事件は,すべて議了いたしました。

 よって,平成14年第2回水戸市議会定例会を閉会いたします。

          午後2時57分 閉会