議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 水戸市

平成25年  3月 定例会(第1回) 03月21日−05号




平成25年  3月 定例会(第1回) − 03月21日−05号









平成25年  3月 定例会(第1回)



       平成25年第1回水戸市議会定例会会議録第5号

          平成25年3月21日(木曜日)

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             議事日程(第5号)

                  平成25年3月21日午後2時開議

                 (                )

                  第1回水戸市議会定例会

第1 議案第2号=ないし=第53号,

   認定第1号

第2 請願,陳情

第3 閉会中所管事務調査について

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 会議録署名議員の指名

 出席説明員の報告

 日程第1 議案第2号=ないし=第53号,

      認定第1号

 追加議案の提出について(市長提出6件)

 議案第54号 水戸市教育委員会委員任命の同意を得ることについて

 議案第55号 人権擁護委員候補者の推薦について

 議案第56号 人権擁護委員候補者の推薦について

 議案第57号 人権擁護委員候補者の推薦について

 議案第58号 人権擁護委員候補者の推薦について

 議案第59号 人権擁護委員候補者の推薦について

 議案の提出について(議員提出1件)

 議第1号 水戸市議会情報公開条例の一部を改正する条例

 議案の提出について(議員提出5件)

 議第2号 ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の診断・治療の推進を求める意見書

 議第3号 配合飼料の価格高騰対策を求める意見書

 議第4号 介護職員処遇改善加算の抜本的見直しを求める意見書

 議第5号 衆議院議員選挙における選挙制度改革の推進を求める意見書

 議第6号 賃上げと雇用拡大政策の実施を求める意見書

 日程第2 請願,陳情

 日程第3 閉会中所管事務調査について

 市長挨拶

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(28名)

          議   長  2番   渡  辺  政  明  君

          副 議 長 20番   須  田  浩  和  君

                 1番   安  藏     栄  君

                 3番   小  泉  康  二  君

                 4番   大  津  亮  一  君

                 5番   江  尻  加  那  君

                 6番   田  中  真  己  君

                 7番   田  口  米  蔵  君

                 8番   栗  原  文  隆  君

                 9番   鈴  木  宣  子  君

                10番   高  倉  富士男   君

                11番   飯  田  正  美  君

                12番   中  庭  次  男  君

                13番   木  本  信太郎   君

                14番   細  谷  春  幸  君

                15番   黒  木     勇  君

                16番   五十嵐      博  君

                17番   小  室  正  己  君

                18番   玉  造  順  一  君

                19番   藤  田  精  治  君

                21番   袴  塚  孝  雄  君

                22番   伊  藤  充  朗  君

                23番   小  川  勝  夫  君

                24番   村  田  進  洋  君

                25番   内  藤  丈  男  君

                26番   田  口  文  明  君

                27番   高  橋  丈  夫  君

                28番   松  本  勝  久  君

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員

                               (なし)

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

            市     長   高  橋     靖  君

            副  市  長   橋  本     耐  君

            副  市  長   田  尻     充  君

            市長公室長     秋  葉  宗  志  君

            総 務 部 長   磯  崎  和  廣  君

            財 務 部 長   清  水     修  君

            市民環境部長    三  宅  正  人  君

            保健福祉部長    秋  葉  欣  二  君

            産業経済部長    岡  部  輝  彦  君

            建 設 部 長   岡  部  安  寿  君

            都市計画部長    石  井  秀  明  君

            下水道部長     仲  根  光  久  君

            水道事業管理者   倉  田  喜久男   君

            水 道 部 長   檜  山  隆  雄  君

            教  育  長   本  多  清  峰  君

            教 育 次 長   会  沢  俊  郎  君

            消  防  長   鈴  木  重  之  君

            監 査 委 員   清  水  孝  子  君

            連  絡  員   園  部  孝  雄  君

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

            事 務 局 長   永  井  好  信  君

            総 務 課 長   鈴  木  秀  樹  君

            議 事 課 長   永  井  誠  一  君

            議 事 係 長   吉  田  友  洋  君

            法制調査係長    加  藤  清  文  君

            書     記   鈴  裏  郁  恵  君

            書     記   安  田  理  恵  君

            書     記   村  石  俊  弘  君

            書     記   綱  島  卓  也  君

            書     記   嘉  成  将  大  君

            書     記   木  村  圭  佑  君

            午後2時0分 開議

          〔議長 渡辺政明君議長席に着く〕



○議長(渡辺政明君) 定足数に達しておりますので,これより本日の会議を開きます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(渡辺政明君) 水戸市議会会議規則第79条の規定により,会議録署名議員の指名を行います。9番鈴木宣子君,10番高倉富士男君,11番飯田正美君,以上3名を指名いたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△出席説明員の報告



○議長(渡辺政明君) 次に,地方自治法第121条第1項の規定により,説明のため議場に出席を求めた者の職,氏名は,本定例会の開会冒頭報告し,あわせて議席に配付いたしました印刷物のとおりでありますので,御了承願います。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺政明君) それでは,これより日程に入ります。

 本日の日程は,議案第2号=ないし=第53号,認定第1号,以上53件,それに請願,陳情,閉会中所管事務調査についてであります。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第2号=ないし=第53号,認定第1号



○議長(渡辺政明君) それでは,議案第2号=ないし=第53号,認定第1号,以上53件を一括上程いたします。

 それでは,ただいま一括上程いたしました53件につきましては,さきの本会議においていずれも各常任委員会に付託になっておりますので,この際,各委員長からそれぞれ委員会の審査の経過並びに結果について御報告を願うことにいたします。

 まず最初に,都市建設委員長の報告を願います。

 14番,細谷春幸君。

          〔都市建設委員長 細谷春幸君登壇〕



◆都市建設委員長(細谷春幸君) 

               審査決定報告書

                                都市建設委員会

 さきの平成25年第1回水戸市議会定例会において当委員会に付託されました議案第5号ほか18件の審査の経過並びに結果について,水戸市議会会議規則第101条の規定に基づき報告します。

 これらの案件については,3月14,15,18日の3日間にわたり,委員会を開催し,慎重に審査を行いましたが,その結果は下記のとおりであります。

 以下,審査の概要を申し上げますと,

1 議案第5号 水戸市道路の構造の技術的基準を定める条例

  議案第6号 水戸市道路標識の寸法を定める条例

  議案第7号 水戸市道路の構造に関する移動等円滑化のために必要な基準を定める条例

  議案第8号 水戸市準用河川に設ける河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例

  議案第9号 水戸市特定公園施設の設置に関する移動等円滑化のために必要な基準を定める条例

  議案第20号 水戸市都市公園条例の一部を改正する条例

  議案第21号 水戸市営住宅及び特定市営住宅条例の一部を改正する条例

  議案第22号 水戸市下水道条例の一部を改正する条例

 これらの案件は,それぞれ地域主権一括法による関係法令の改正に伴い,国が定めていた各種基準を新たに市の条例で定めるため,規定の整備を行うものでありますが,条例改正に伴う来年度予算措置の有無,歩道幅員の最低基準を国の基準より縮小することによる歩道未整備路線の解消効果,条例が適用となる公園の種類等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「自転車の危険な運転を防止するため,市独自での対策を検討されたい」,「市民にとってよりよい道路環境整備のため,さらなる予算確保に努められたい」,「道路整備に当たっては,路盤工の耐久性にも考慮されたい」,「条例の運用に当たっては,地域の実情を十分に考慮されたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,いずれも全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

2 議案第27号 平成25年度水戸市一般会計予算中第1表中歳出中第3款(民生費)中都市建設委員会所管分,第8款(土木費)及び第11款(災害復旧費)中都市建設委員会所管分並びに第2表継続費中第8款(土木費)

 本案については,泉町1丁目北地区市街地再開発事業の都市計画決定に向けた来年度の予定及び芸術館との一体整備の可能性,狭隘道路整備の待機路線の縮減に向けた取り組み状況,都市計画道路の計画地内における建築確認要件,(仮称)東部公園における整備の進捗状況等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「都市計画道路が予定されていることにより利用が制限されている土地の有効利用を図るため,長期間未着手となっている路線の廃止等整理に当たられたい」,「狭隘道路整備事業については,地域住民の要望を踏まえた上で整備促進に努められたい」,「都市建設委員会所管部門において,市民要望に円滑に応えられるような人員の適正配置に努められたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,賛成多数をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

3 議案第29号 平成25年度水戸市下水道事業会計予算

 本案については,事業認可区域外からの流入要件,今後の整備計画等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「今後の下水道事業経営に当たっては,定期的に使用料等の見直しを図り,経営基盤の強化と安定に努められたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,賛成多数をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

 以上のほか,議案第23号 水戸市下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例,議案第34号 平成25年度水戸市東前第四土地区画整理事業会計予算,議案第46号 平成24年度水戸市下水道事業会計補正予算(第2号),議案第49号 平成24年度水戸市東前第二土地区画整理事業会計補正予算(第1号),議案第51号 平成24年度水戸市内原駅北土地区画整理事業会計補正予算(第1号)についても,種々質疑応答を重ねた後,採決の結果,いずれも全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

 そのほか,議案第35号 平成25年度水戸市東前第二土地区画整理事業会計予算,議案第38号 平成25年度水戸市内原駅北土地区画整理事業会計予算,議案第42号 土地の取得について(内原駅北土地区画整理事業用地),議案第44号 平成24年度水戸市一般会計補正予算(第6号)中第1表中歳出中第8款(土木費),第2表継続費補正中第8款(土木費)及び第3表債務負担行為補正中都市建設委員会所管分についても,種々質疑応答を重ねた後,採決の結果,いずれも賛成多数をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

                    記

議案第5号,議案第6号,議案第7号,議案第8号,議案第9号,議案第20号,議案第21号,議案第22号,議案第23号,議案第27号中第1表中歳出中第3款中都市建設委員会所管分,第8款及び第11款中都市建設委員会所管分並びに第2表継続費中第8款,議案第29号,議案第34号,議案第35号,議案第38号,議案第42号,議案第44号中第1表中歳出中第8款,第2表継続費補正中第8款及び第3表債務負担行為補正中都市建設委員会所管分,議案第46号,議案第49号,議案第51号

 以上,原案を認める。

 上記のとおり報告する。

   平成25年3月21日

  水戸市議会議長  渡辺政明様

                              都市建設委員会

                              委員長  細谷春幸



○議長(渡辺政明君) 次に,産業水道委員長の報告を願います。

 1番,安藏栄君。

          〔産業水道委員長 安藏栄君登壇〕



◆産業水道委員長(安藏栄君) 

               審査決定報告書

                              産業水道委員会

 さきの平成25年第1回水戸市議会定例会において当委員会に付託されました議案第12号ほか12件の審査の経過並びに結果について,水戸市議会会議規則第101条の規定に基づき報告します。

 これらの案件については,3月14,15,18日の3日間にわたり,委員会を開催し,慎重に審査を行いましたが,その結果は下記のとおりであります。

 以下,審査の概要を申し上げますと,

1 議案第27号 平成25年度水戸市一般会計予算中第1表中歳出中第5款(労働費),第6款(農林水産業費),第7款(商工費)及び第11款(災害復旧費)中産業水道委員会所管分

 本案については,第5款労働費では,勤労女性センター及び勤労青少年ホームにおいて開設される講座等の参加状況,就職支援事業の内容等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「定住人口の増加を図るため,就職支援のさらなる充実に努められたい」等の意見が出されました。

 次に,第6款農林水産業費では,アグリメイトいきいき農業体験事業の実施状況,青年就農給付金の給付要件,水戸の梅産地づくり事業の現況及び6次産業化推進事業との関連性,人・農地プランアンケート調査の実施方針,地籍調査事業費の減額理由等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「新規就農者に対しては,資金面に加え,技術や人的ネットワーク等の側面を含めた総合的な支援となるよう努められたい」,「地場農産物利用促進事業は,同種の事業を実施している県や民間団体とも連携を図り,利用者の利便性向上に努められたい」,「人・農地プランの原案作成後に実施される検討会のメンバーには,新規及び青年就農者を加え,将来の担い手としての意見についても取り入れるよう検討されたい」,「放射性物質検査員の削減により,緊急時の対応におくれが出ないような体制を保持されたい」等の意見が出されました。

 次に,第7款商工費では,企業立地の促進に向けて誘致交渉等を行う専門職員の配置,プレミアム付商品券発行に関する消費動向の検証,水戸まちなかフェスティバル開催に係る予算措置,空き店舗対策及び中心市街地にぎわい創出に向けた事業の運営,コンベンション事業補助金の内容等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「各業種の情報収集とそれらを企業立地基本計画に反映させることにより,企業立地の促進を図られたい」,「新規起業希望者は資金面を初めとする多くの悩みを抱えており,それらを解消するような積極的な商業施策の推進に努められたい」,「補助金の使途については,費用対効果の検証を行い,それぞれ十分に精査されたい」等の意見が出されました。

 また,総括的な意見として,委員から,「本市の経済成長及び活性化に留意し,各施策の趣旨に基づく適切な予算執行に努められたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

2 議案第31号 平成25年度水戸市公設地方卸売市場事業会計予算

 本案については,施設使用料が減収となる理由,水産・仲卸棟耐震補強工事における耐震補強費の積算根拠,耐震化の推進状況等について,種々質疑応答を重ねた後,本案に関連して,委員から,「耐震補強等の改修事業については,その積算等の適否を判断できる技術職員の育成に努められたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

3 議案第41号 平成25年度水戸市水道事業会計予算

 本案については,営業収益における督促手数料の算出方法,有価証券の内容,未利用財産の活用と固定資産売却収入に係る予算計上の考え方,浄水場運転管理及び設備保守管理業務委託の現状とこれまでの経緯,新たに民間委託を実施した業務に対する検証委員会の設置等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「未利用財産の売却収入については,売却内容が具体化した段階で,随時,委員会に報告されたい」,「既に民間委託を行った業務に対しても,改めてその費用対効果について検証するなど,継続的な事業評価を行いながら,市民サービスに影響を及ぼすことのないよう引き続き努力されたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

 以上のほか,議案第12号 水戸市水道事業における布設工事監督者及び水道技術管理者の資格等に関する条例,議案第19号 水戸市駐車場条例の一部を改正する条例,議案第24号 水戸市水道部企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例,議案第25号 指定管理者の指定について,議案第32号 平成25年度水戸市駐車場事業会計予算,議案第33号 平成25年度水戸市農業集落排水事業会計予算,議案第44号 平成24年度水戸市一般会計補正予算(第6号)中第1表中歳出中第6款(農林水産業費),議案第47号 平成24年度水戸市公設地方卸売市場事業会計補正予算(第2号),議案第48号 平成24年度水戸市農業集落排水事業会計補正予算(第2号),議案第53号 平成24年度水戸市水道事業会計補正予算(第1号)についても,種々質疑応答を重ねた後,採決の結果,いずれも全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

                    記

議案第12号,議案第19号,議案第24号,議案第25号,議案第27号中第1表中歳出中第5款,第6款,第7款及び第11款中産業水道委員会所管分,議案第31号,議案第32号,議案第33号,議案第41号,議案第44号中第1表中歳出中第6款,議案第47号,議案第48号,議案第53号

 以上,原案を認める。

 上記のとおり報告する。

   平成25年3月21日

  水戸市議会議長  渡辺政明様

                              産業水道委員会

                              委員長  安藏 栄



○議長(渡辺政明君) 次に,文教福祉委員長の報告を願います。

 16番,五十嵐博君。

          〔文教福祉委員長 五十嵐博君登壇〕



◆文教福祉委員長(五十嵐博君) 

               審査決定報告書

                              文教福祉委員会

 さきの平成25年第1回水戸市議会定例会において当委員会に付託されました議案第10号ほか13件の審査の経過並びに結果について,水戸市議会会議規則第101条の規定に基づき報告します。

 これらの案件については,3月14,15,18日の3日間にわたり,委員会を開催し,慎重に審査を行いましたが,その結果は下記のとおりであります。

 以下,審査の概要を申し上げますと,

1 議案第10号 水戸市指定地域密着型サービス事業基準条例

  議案第11号 水戸市指定地域密着型介護予防サービス事業基準条例

 これらの案件については,非常災害に対応する計画見直しの内容,災害発生に備えた食糧や水等の備蓄品の想定必要量,サービス提供時に発生した事故への対応,協力歯科医療機関の確保に関するこれまでの取り組み状況や市の定める基準違反に対する考え方,指定地域密着型介護老人福祉施設の多床室におけるプライバシーの確保策等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「今回施行される条例に新たな独自基準を追加したことは評価できるが,特に指定地域密着型介護老人福祉施設入所者の生活介護については,利用者のプライバシーに十分配慮するとともに,より安全安心なサービスの提供に努められたい」,「地域等との連携強化の推進に当たっては,行政の果たす役割が大変重要であり,一事業者に任せるにとどまることのないよう,特段の配慮に努められたい」等の意見が出されました。

 この後,これらの案件を一括採決の結果,全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

2 議案第18号 水戸市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例

 本案については,条例施行後の該当者見込み数,所得制限に対する考え方等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「当該制度の周知に当たっては,市民が容易に理解できるような表現を用いるなど,親切かつ丁寧な対応に努められたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

3 議案第27号 平成25年度水戸市一般会計予算中第1表中歳出中第3款(民生費)中文教福祉委員会所管分,第4款(衛生費)中文教福祉委員会所管分,第9款(消防費)及び第10款(教育費)並びに第2表継続費中第3款(民生費)

 本案については,第3款民生費では,市民センター子育て広場事業の現状と今後の見通し,民間保育施設整備事業の概要,民間学童クラブ支援事業の補助対象となる学童クラブの現状と新たに対象となる学童クラブの数及び所在等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「今後の保育施設の整備に当たっては,本市が子育て世代の親にとって安心して子どもを生み育てやすい環境となるよう,待機児童の早期解消に向け,整備方針の抜本的な見直しを行うなど,より効果的な方策の検討に努められたい」,「開放学級事業については,依然として保護者から受け入れ時間の延長や受け入れ対象児童の学年拡大を望む声が多いことから,さらなる事業の充実に努められたい」等の意見が出されました。

 次に,第4款衛生費では,不妊治療に対する補助の内容及び申請手続,休日夜間緊急診療所における医師の確保策等について,種々質疑応答を重ねました。

 次に,第9款消防費では,非常電源装置の整備状況,第5分団移転改築工事及び防火水槽撤去工事の概要,水槽付消防ポンプ自動車の放水能力などの性能等について,種々質疑応答を重ねた後,「非常電源装置設置工事や水槽付消防ポンプ自動車及び高規格救急自動車の整備に当たっては,予測不能な災害に備え,早期実施に努められたい」等の意見が出されました。

 次に,第10款教育費では,小中一貫教育推進事業「まごころプラン」の効果的な推進方策,いじめ解決推進事業「ふれあいプラン」の内容,更新される学校給食用食器の仕様及び選定方法,吉田古墳及び台渡里官衙遺跡群の整備目標,図書館の資料整備の現状及びその周知方法のあり方,市立競技場駐車場整備事業の概要等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「少年自然の家は,子どもたちが宿泊学習を通して,信頼関係の構築や人とのきずなの体験,助け合う気持ちの醸成など,貴重な学習機会を提供できる施設であり,その有効活用方策について,教育委員会と各学校長が連携し,一丸となって検討されたい」,「(仮称)「水戸マラソン」のコース設定調査に当たっては,本市が水戸黄門ゆかりの地であることから,例えば太田街道を含めることや,市民が夢を抱くようなコース設定となるよう検討されたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,賛成多数をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

 以上のほか,議案第39号 平成25年度水戸市介護サービス事業会計予算,議案第44号 平成24年度水戸市一般会計補正予算(第6号)中第1表中歳出中第3款(民生費),第9款(消防費)及び第10款(教育費)並びに第2表継続費補正中第10款(教育費),議案第45号 平成24年度水戸市国民健康保険会計補正予算(第3号),議案第50号 平成24年度水戸市介護保険会計補正予算(第3号)についても,種々質疑応答を重ねた後,採決の結果,いずれも全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

 そのほか,議案第26号 茨城消防救急無線・指令センター運営協議会の設置について,議案第28号 平成25年度水戸市国民健康保険会計予算,議案第37号 平成25年度水戸市介護保険会計予算,議案第40号 平成25年度水戸市後期高齢者医療会計予算,議案第52号 平成24年度水戸市後期高齢者医療会計補正予算(第2号),認定第1号 平成24年度水戸地方広域市町村圏事務組合決算認定についても,種々質疑応答を重ねた後,採決の結果,いずれも賛成多数をもって,原案を可決,認定すべきものと決定いたしました。

                    記

議案第10号,議案第11号,議案第18号,議案第26号,議案第27号中第1表中歳出中第3款中文教福祉委員会所管分,第4款中文教福祉委員会所管分,第9款及び第10款並びに第2表継続費中第3款,議案第28号,議案第37号,議案第39号,議案第40号,議案第44号中第1表中歳出中第3款,第9款及び第10款並びに第2表継続費補正中第10款,議案第45号,議案第50号,議案第52号

 以上,原案を認める。

認定第1号

 認定する。

 上記のとおり報告する。

   平成25年3月21日

  水戸市議会議長  渡辺政明様

                             文教福祉委員会

                             委員長  五十嵐 博



○議長(渡辺政明君) 次に,総務環境委員長の報告を願います。

 24番,村田進洋君。

          〔総務環境委員長 村田進洋君登壇〕



◆総務環境委員長(村田進洋君) 

               審査決定報告書

                              総務環境委員会

 さきの平成25年第1回水戸市議会定例会において当委員会に付託されました議案第2号ほか12件の審査の経過並びに結果について,水戸市議会会議規則第101条の規定に基づき報告します。

 これらの案件については,3月14,15,18日の3日間にわたり,委員会を開催し,慎重に審査を行いましたが,その結果は下記のとおりであります。

 以下,審査の概要を申し上げますと,

1 議案第13号 水戸市職員定数条例の一部を改正する条例

 本案については,職員定数削減等に係る職員組合との交渉,民間委託の考え方等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「財政の硬直化に対して行財政改革が求められており,限られた職員定数の中,多様化する市民ニーズに応え,市民サービスの向上が図られるよう,職員一体となって職務を遂行されたい」,「東日本大震災からの復興に向け,職員の意識の醸成を図りながら,行政運営に当たられたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,賛成多数をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

2 議案第17号 水戸市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例

 本案については,新型インフルエンザ等緊急事態派遣手当等に関して,派遣期間や支給額の考え方等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「派遣現場の状況等を考慮した派遣手当について検討されたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,賛成多数をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

3 議案第27号 平成25年度水戸市一般会計予算(ただし,第1表中歳出中第3款,第4款中文教福祉委員会所管分,第5款,第6款,第7款,第8款,第9款,第10款及び第11款並びに第2表継続費中第3款及び第8款を除く)

 本案については,歳出中第2款総務費では,みとの魅力発信経費に関して,スマートフォン向けアプリケーションの内容,開発費及び維持管理費,市ホームページなどとの連携等について,基幹業務システム関係経費に関して,災害時の対策等について,市税等のクレジット収納に関して,消費者問題に対する教育や啓発のあり方等について,防災管理経費に関して,導入する設備の内容,災害時以外における活用方針等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「クレジット収納の取り扱いに伴い,消費者問題の発生も懸念されることから,市民に対し利用に当たっての留意事項を説明していくとともに,消費者教育の推進について検討されたい」,「(仮称)水戸市消費生活条例の制定に向けて設置される懇談会については,十分な意見集約を図ることができる構成とし,市民の側に立った,消費者利益の増進を図る条例の早期の制定に向け努力されたい」,「災害情報を初めとするさまざまな情報を発信できるよう,さらなる広報のあり方について検討されたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,賛成多数をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

4 議案第30号 平成25年度水戸市墓地公園事業会計予算

 本案については,今後の墓地の増設計画,返還墓地申込待機者の状況,墓地使用者募集の手続等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「返還墓地申込待機者が発生している状況等に鑑み,墓地返還促進事業,墓地使用者募集の対象者等について,柔軟な対応を検討されたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

5 議案第43号 土地の処分について(メガソーラー事業用地)

 本案については,メガソーラー事業に係る税収,事業完了後の土地利用計画等について,種々質疑応答を重ねた後,委員から,「メガソーラー施設の設置及び運用等に関し,地域住民へ十分な説明を実施するよう,事業者へ要請されたい」等の意見が出されました。

 この後,採決の結果,賛成多数をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

 以上のほか,議案第2号 公の施設の広域利用に関する協議について,議案第3号 水戸市新型インフルエンザ等対策本部条例,議案第4号 水戸市一般廃棄物処理施設の技術管理者の資格に関する条例,議案第14号 水戸市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例,議案第15号 水戸市情報公開条例及び水戸市個人情報保護条例の一部を改正する条例,議案第16号 市長等の給料の特例に関する条例の一部を改正する条例,議案第36号 平成25年度水戸市公共用地先行取得事業会計予算についても,種々質疑応答を重ねた後,採決の結果,いずれも全会一致をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

 そのほか,議案第44号 平成24年度水戸市一般会計補正予算(第6号)(ただし,第1表中歳出中第3款,第6款,第8款,第9款及び第10款並びに第2表継続費補正並びに第3表債務負担行為補正中都市建設委員会所管分を除く)についても,種々質疑応答を重ねた後,採決の結果,賛成多数をもって,原案を可決すべきものと決定いたしました。

                    記

議案第2号,議案第3号,議案第4号,議案第13号,議案第14号,議案第15号,議案第16号,議案第17号,議案第27号(ただし,第1表中歳出中第3款,第4款中文教福祉委員会所管分,第5款,第6款,第7款,第8款,第9款,第10款及び第11款並びに第2表継続費中第3款及び第8款を除く),議案第30号,議案第36号,議案第43号,議案第44号(ただし,第1表中歳出中第3款,第6款,第8款,第9款及び第10款並びに第2表継続費補正並びに第3表債務負担行為補正中都市建設委員会所管分を除く)

 以上,原案を認める。

 上記のとおり報告する。

   平成25年3月21日

  水戸市議会議長  渡辺政明様

                              総務環境委員会

                              委員長  村田進洋



○議長(渡辺政明君) 以上で,各委員長の報告は終わりました。

 この際,討論の通告がありますので,これを許します。

 5番,江尻加那君。

          〔5番 江尻加那君登壇〕(拍手)



◆5番(江尻加那君) 日本共産党水戸市議団の江尻加那です。

 本定例会に提案された議案と認定合わせて53件のうち,議案第13号,第17号,第26号,第27号,第28号,第29号,第33号,第35号,第37号,第38号,第40号,第41号,第42号,第43号,第44号,第52号,認定第1号の以上17件について反対いたします。

 反対理由の第1に,議案第28号,第29号,第33号における来年度の国民健康保険税と下水道料金,農業集落排水使用料の値上げに反対します。

 4月からの値上げは,国民健康保険税が9.2%で6億550万円の値上げ,下水道料金は12.7%で3億5,000万円の値上げ,農業集落排水使用料の値上げを合わせますと総額約10億円もの市民負担増をもたらすものです。暮らしと企業経営に大きな影響を与え,市民生活をますます苦しめるものであり,値上げは中止すべきです。一般会計の今年度末財政調整基金は68億7,000万円の現在高を見込んでおり,一般会計から繰り入れをすれば値上げは必要ありません。

 また,国民健康保険の保険証の切りかえに当たって,昨年4月は5期以上滞納した6,100世帯に対して半年間しか有効期限のない短期保険証を発行し,資格証明書も発行いたしました。保険証がなければ,医療費は全額,10割が負担となり,病院にかかることができません。全国では重症化して手おくれとなり,死亡した例もあります。短期保険証や資格証明書の交付,及び市役所窓口でのとめ置きをやめて,直ちに全員に正規の保険証を郵送交付するよう求めます。

 第2に,議案第37号,第40号,第52号における介護保険料と後期高齢者医療保険料について,介護保険料は今年度17%,総額5億9,555万円も値上げとなり,来年度予算においてもその高い保険料が継続されて,年金から天引きとなります。保険料や利用料の減免制度の拡充こそ求められております。

 第3に,議案第27号,一般会計予算において,税金や公共料金の徴収にインターネットでのクレジット収納を導入することに反対いたします。クレジット収納は便利な反面,手元に現金がなくても決済できるために,カードローンによる借金地獄や自己破産に市民を追い込むことになりかねません。県内でも4つの自治体しか導入しておりません。

 また,茨城租税債権管理機構への徴収業務の委託をやめ,納税者の生活実態に応じた分割納付を水戸市で進めるとともに,生活困窮者への対策を求めます。

 大工町1丁目地区市街地再開発事業では,来年度も補助金や管理者負担金として4,360万円が投入され,これまでの補助金総額は40億2,269万円に上ります。莫大な税金を特定企業に補助することは認められません。業務等テナントビルは4月末オープンを目前にしながらオフィスや医療,店舗フロアの6割しか出店テナントが決まっていません。ホテルは地上10階建て,客室161室,大宴会場や結婚式のチャペル,レストランなどを備えた大規模なホテルとなり,既存ホテルの経営を圧迫するものです。

 また,泉町1丁目北地区市街地再開発事業について1,030万円の予算が計上されていますが,伊勢甚など特定企業支援の開発計画は中止と見直しを求めます。

 国が行う那珂川沿岸農業水利事業について,来年度も水戸市の負担金5,729万円が予算化されており,このままいけば負担総額は約19億円に上ります。この国が進める事業は,御前山ダムを水源として,農業用水を供給するものですが,当初の事業費495億円が782億円まで膨らんでいますが,農業用水の開発は必要ありません。土地改良区を組み込んだ計画変更は事業破綻のあらわれであり,税金の無駄遣いです。重い農家負担をもたらすだけの那珂川沿岸農業水利事業は中止して,農家への直接支援を求めます。

 第4に,議案第13号,第17号における水戸市職員定数の削減と給与引き下げに反対いたします。

 市長が掲げる,4年間で100名削減の方針のもと,今年度の30名削減に続いて,来年度は21名削減し,職員定数を2,018名とするものです。削減の中身は,清掃事務所で10名,土木補修事務所で2名,水道部料金課で6名,学校給食共同調理場で4名削減など,行財政改革における職員削減ありきで,特に市民サービスに密着する現業労働部門等の削減が中心です。

 清掃事務所の燃えないごみの運搬処分業務の民間委託化による定数削減については,職員組合が今年2月に茨城県労働委員会にあっせんの申し立てを行っており,労使合意のないまま削減を強行するものです。

 学校給食では,柳河小学校と上大野小学校の単独調理場を廃止して,給食調理員を減らします。さらに,来年度の給食調理員の新規採用に当たっては,雇用期間を初めて3年間とする有期雇用を行うものですが,やめるべきです。

 正職員を減らす一方で,臨時職員,嘱託員がふえ続け,全体の3人に1人となっていることから,正職員化と処遇改善を求めるものです。

 第5に,議案第26号の茨城消防救急無線・指令センター運営協議会の設置については,県内34自治体にまたがる21の消防本部の救急・指令センターを水戸市内原庁舎内に設置するセンターに一本化して,34自治体住民からの119番通報を1カ所で受けるものです。

 広大な地域を対象にして,水戸の指令センターから遠く離れた,地理も不案内の地域で起きる火災や救急患者の通報を受けて,現地の状況を的確に把握して各部隊に指令を出すという,1分1秒を争う指令,出動に支障を来すものです。東日本大震災時には,県内の119番通報が1時間で最大485件に上りました。こうした緊急事態の際,今度設置される9台の指令台で対応できるでしょうか。

 また,県内各地に無線中継局が整備されますが,遠く離れた地域ほど多くの中継局を経由することとなり,震災や事故などで中継が機能しなくなれば,通信できない危険性もあります。

 さらに,指令センターが設置される内原庁舎は東海第二原発から30キロメートル圏内に位置し,過酷事故の際にはその機能が果たせません。こうした事態に対応するための,バックアップ機能を備えた代替施設の計画さえありません。

 指令センターの概算整備費は総額約117億円に上り,水戸市の負担は12億円という大変なものであります。通信のデジタル化は21の消防本部ごとに単独で行い,常態化している消防職員の不足こそ改善して,救急・防災力を高めることです。

 第6に,議案第38号,第42号について,内原駅北土地区画整理事業に来年度6,400万円を一般会計から繰り入れ,これまでの総額は17億1,574万円に上ります。いまだ10億円を超える未処分保留地が売れていません。

 誘致したイオンモールは昨年秋に1万2,000平米も増床して,周辺には大型商業施設が立ち並ぶなど,集客力の一極集中化がさらに進み,既存商店は大きな打撃を受けております。

 また,内原駅北土地区画整理事業用地として,1万1,000平米を1億4,027万円で土地開発公社から買い戻しますが,購入時と比べ、利息などの上乗せによって3,840万円も高くなっています。目的もないまま先買いした公社の塩漬け土地を,今度は水戸市の塩漬け土地とするものです。

 第7に,議案第41号,水道事業会計予算において,茨城県中央広域水道用水供給事業からの受水に反対いたします。

 水戸市の開江浄水場から常澄浄水場への送水量をふやす工事が先月,2月に完了したことによって,県からの受水は必要なくなり,水戸市自前で賄うことができるようになりました。にもかかわらず,来年度も1億5,954万円の県からの受水費が計上されています。必要もないのに全国一高い水を県から買うことは,適正かつ能率的な運営が義務づけられる水道事業に反するものであり,県受水はやめるべきであります。

 第8に,議案第42号,第43号について,水戸ニュータウンにおいてメガソーラー事業を行う東京のメガソーラー合同会社に,水戸市の土地を売却するものです。

 売却用地には,十万原住宅団地開発に伴う都市計画道路・十万原環状線の道路用地として,2002年と2003年に県住宅供給公社から水戸市が買った土地がありますが,当時の購入価格が8,965万円だったのに対し,今回,合同会社への売却価格は約半分の4,338万円です。差額4,627万円も安く売り払うものです。売れる見通しのないまま1,700戸の大規模な住宅開発を推進した茨城県と水戸市の責任は重大であり,既に暮らしている住民の生活環境を守り,向上させていくことは行政の責任です。

 第9に,議案第35号,東前第二土地区画整理事業に反対いたします。

 保留地は2010年度以降全く売れず,事業は完全に頓挫しております。区画整理事業は土地の値段が上がることが前提のものであり,もはや成り立っておりません。事業を中止して,区画内の道路は単純買収によって整備すべきでありますが,あくまでも区画整理方式を継続させるとして計画変更の委託と実施設計で予算2,225万円が計上されていますが,無駄な支出となることは明らかです。

 最後に,水戸地方広域市町村圏事務組合の決算認定について,総合老人保健センター「ひぬま荘」の廃止に伴うものですが,福祉施設として存続すべきであり,高齢者福祉の後退になるものであり,反対をいたします。

 以上で,討論を終わります。



○議長(渡辺政明君) 以上で,討論は終わりました。

 これより採決いたします。

 それでは,ただいま上程の議案第2号=ないし=第53号,認定第1号,以上53件のうち,議案第42号を除いた52件について,まず一括採決いたします。

 ただいまの52件については,いずれもただいま委員長報告のとおり,原案を可決,認定することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 起立多数。よって,議案第2号=ないし=第53号,認定第1号,以上53件のうち,議案第42号を除いた52件は,いずれもただいま委員長報告のとおり,原案を可決,認定することに決しました。

 次に,議案第42号について採決いたします。

          〔6番 田中真己君,7番 田口米蔵君,14番 細谷春幸君,22番 伊藤充朗君,28番 松本勝久君退場〕



○議長(渡辺政明君) 本案については,ただいま委員長報告のとおり,原案を可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 起立多数。よって,議案第42号は,ただいま委員長報告のとおり,原案を可決することに決しました。

          〔6番 田中真己君,7番 田口米蔵君,14番 細谷春幸君,22番 伊藤充朗君,28番 松本勝久君入場〕

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加議案の提出について(市長提出6件)



○議長(渡辺政明君) 次に,市長から議案が提出されましたので,議事課長から報告させます。

          〔議事課長,報告〕

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                             財政第53号

                             平成25年3月21日

水戸市議会議長 渡辺政明様

                              水戸市長 高橋 靖

               議案の送付について

 平成25年第1回水戸市議会定例会に追加提案するため,下記議案を送付します。

                    記

市議会議案第54号 水戸市教育委員会委員任命の同意を得ることについて

市議会議案第55号 人権擁護委員候補者の推薦について

  〃  第56号 人権擁護委員候補者の推薦について

  〃  第57号 人権擁護委員候補者の推薦について

  〃  第58号 人権擁護委員候補者の推薦について

  〃  第59号 人権擁護委員候補者の推薦について

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第54号 水戸市教育委員会委員任命の同意を得ることについて



○議長(渡辺政明君) それでは,お諮りいたします。ただいま提出されました議案第54号=ないし=第59号,以上6件を日程に追加し,直ちに順次上程することにいたしたいと思いますが,これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,まず最初に,議案第54号を上程いたします。

 それでは,市長から提案理由の説明を願います。

 市長,高橋靖君。

          〔市長 高橋靖君登壇〕



◎市長(高橋靖君) ただいま上程いたしました議案第54号 教育委員会委員任命の同意を得ることについて申し上げます。

 川上美智子委員が平成25年3月24日をもって任期満了となりますので,教育委員会委員の任命について同意を求めるものであります。

 私は,川上美智子君を再任してまいりたいと存じます。

 よって,地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき提案するものであります。

 議員各位の御賛同をお願い申し上げます。



○議長(渡辺政明君) 以上で,提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。

 本案は,原案のとおり同意を与えることに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 総員起立。よって,議案第54号は原案のとおり同意を与えることに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第55号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(渡辺政明君) 次に,議案第55号を上程いたします。

 それでは,市長から提案理由の説明を願います。

 市長,高橋靖君。

          〔市長 高橋靖君登壇〕



◎市長(高橋靖君) ただいま上程いたしました議案第55号 人権擁護委員候補者の推薦について申し上げます。

 棯崎薫委員が平成25年6月30日をもって任期満了となりますので,人権擁護委員候補者の推薦について同意を求めるものであります。

 私は,棯崎薫君を再推薦してまいりたいと存じます。

 よって,人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき提案するものであります。

 議員各位の御賛同をお願い申し上げます。



○議長(渡辺政明君) 以上で,提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。

 本案は,原案のとおり同意を与えることに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 総員起立。よって,議案第55号は原案のとおり同意を与えることに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第56号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(渡辺政明君) 次に,議案第56号を上程いたします。

 それでは,市長から提案理由の説明を願います。

 市長,高橋靖君。

          〔市長 高橋靖君登壇〕



◎市長(高橋靖君) ただいま上程いたしました議案第56号 人権擁護委員候補者の推薦について申し上げます。

 山田宏光委員が平成25年6月30日をもって任期満了となりますので,人権擁護委員候補者の推薦について同意を求めるものであります。

 私は,山田宏光君を再推薦してまいりたいと存じます。

 よって,人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき提案するものであります。

 議員各位の御賛同をお願い申し上げます。



○議長(渡辺政明君) 以上で,提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。

 本案は,原案のとおり同意を与えることに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 総員起立。よって,議案第56号は原案のとおり同意を与えることに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第57号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(渡辺政明君) 次に,議案第57号を上程いたします。

 それでは,市長から提案理由の説明を願います。

 市長,高橋靖君。

          〔市長 高橋靖君登壇〕



◎市長(高橋靖君) ただいま上程いたしました議案第57号 人権擁護委員候補者の推薦について申し上げます。

 小池貞委員が平成25年6月30日をもって任期満了となりますので,新たに人権擁護委員候補者の推薦について同意を求めるものであります。

 私は,廣田明子君を推薦してまいりたいと存じます。

 廣田明子君は,昭和28年10月3日生まれ,住所は水戸市双葉台4丁目19番地の14,経歴は京都女子大学短期大学部を卒業後,財団法人日本不動産研究所等への勤務を経て,現在,水戸地区保護司の要職にあります。

 人格,識見ともにすぐれ,人権擁護委員として適任者であると存じます。

 よって,人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき提案するものであります。

 議員各位の御賛同をお願い申し上げます。

 訂正させていただきます。住所は水戸市双葉台4丁目でございます。失礼いたしました。



○議長(渡辺政明君) 以上で,提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。

 本案は,原案のとおり同意を与えることに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 総員起立。よって,議案第57号は原案のとおり同意を与えることに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第58号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(渡辺政明君) 次に,議案第58号を上程いたします。

 それでは,市長から提案理由の説明を願います。

 市長,高橋靖君。

          〔市長 高橋靖君登壇〕



◎市長(高橋靖君) ただいま上程いたしました議案第58号 人権擁護委員候補者の推薦について申し上げます。

 菅谷好美委員が平成25年6月30日をもって任期満了となりますので,新たに人権擁護委員候補者の推薦について同意を求めるものであります。

 私は,浜中あき子君を推薦してまいりたいと存じます。

 浜中あき子君は,昭和32年9月30日生まれ,住所は水戸市東前3丁目79番地,経歴は千葉敬愛短期大学を卒業後,昭和54年4月鹿島郡大洋村立白鳥東小学校に教諭として奉職し,平成24年3月東茨城郡大洗町立大貫小学校を最後に退職され,現在に至っております。

 人格,識見ともにすぐれ,人権擁護委員として適任者であると存じます。

 よって,人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき提案するものであります。

 議員各位の御賛同をお願い申し上げます。



○議長(渡辺政明君) 以上で,提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。

 本案は,原案のとおり同意を与えることに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 総員起立。よって,議案第58号は原案のとおり同意を与えることに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第59号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(渡辺政明君) 次に,議案第59号を上程いたします。

 それでは,市長から提案理由の説明を願います。

 市長,高橋靖君。

          〔市長 高橋靖君登壇〕



◎市長(高橋靖君) ただいま上程いたしました議案第59号 人権擁護委員候補者の推薦について申し上げます。

 木名瀬修一委員が平成25年6月30日をもって任期満了となりますので,新たに人権擁護委員候補者の推薦について同意を求めるものであります。

 私は,遠藤俊弘君を推薦してまいりたいと存じます。

 遠藤俊弘君は,昭和45年6月24日生まれ,住所は水戸市宮町1丁目5番1−605号,経歴は明治大学を卒業後,平成15年10月に弁護士として登録し,茨城県弁護士会副会長の要職を経て,現在に至っております。

 人格,識見ともにすぐれ,人権擁護委員として適任者であると存じます。

 よって,人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき提案するものであります。

 議員各位の御賛同をお願い申し上げます。



○議長(渡辺政明君) 以上で,提案理由の説明は終わりました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。

 本案は,原案のとおり同意を与えることに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 総員起立。よって,議案第59号は原案のとおり同意を与えることに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の提出について(議員提出1件)



○議長(渡辺政明君) 次に,地方自治法第112条及び水戸市議会会議規則第14条第1項の規定により,議員から議案が提出されておりますので,議事課長から報告させます。

          〔議事課長,報告〕

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議第1号 水戸市議会情報公開条例の一部を改正する条例

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第1号 水戸市議会情報公開条例の一部を改正する条例



○議長(渡辺政明君) それでは,お諮りいたします。ただいま提出されました議第1号を日程に追加し,直ちに上程することにいたしたいと思いますが,これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,議第1号 水戸市議会情報公開条例の一部を改正する条例を上程いたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議第1号 水戸市議会情報公開条例の一部を改正する条例

 上記の議案を地方自治法第112条及び水戸市議会会議規則第14条第1項の規定に基づき別紙のとおり提出します。

   平成25年3月21日

  水戸市議会議長 渡辺政明様

                          提出者

                          水戸市議会議員 中庭次男

                             〃    五十嵐 博

                          水戸市議会議員 袴塚孝雄

                             〃    内藤丈男

                             〃    田口文明

                             〃    高橋丈夫

                             〃    松本勝久

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した条例〕

          水戸市議会情報公開条例の一部を改正する条例

 水戸市議会情報公開条例(平成13年水戸市条例第1号)の一部を次のように改正する。

 第7条第6号オ中「,国」を削る。

  付則

 この条例は,平成25年4月1日から施行する。

(提案理由)

 国有企業の運営のための国有林野事業特別会計が廃止され,一般会計において実施されることとなったことに伴い,関係規定の整備を行うものである。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺政明君) お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。

 本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 総員起立。よって,議第1号は原案のとおり可決することに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の提出について(議員提出5件)



○議長(渡辺政明君) 次に,水戸市議会会議規則第14条第1項の規定により,議員から議案が提出されましたので,議事課長から報告させます。

          〔議事課長,報告〕

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議第2号 ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の診断・治療の推進を求める意見書

〃第3号 配合飼料の価格高騰対策を求める意見書

〃第4号 介護職員処遇改善加算の抜本的見直しを求める意見書

〃第5号 衆議院議員選挙における選挙制度改革の推進を求める意見書

〃第6号 賃上げと雇用拡大政策の実施を求める意見書

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第2号 ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の診断・治療の推進を求める意見書



○議長(渡辺政明君) それでは,お諮りいたします。ただいま提出されました議第2号=ないし=第6号,以上5件を日程に追加し,直ちに順次上程することにいたしたいと思いますが,これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,まず最初に,議第2号 ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の診断・治療の推進を求める意見書を上程いたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議第2号 ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の診断・治療の推進を求める意見書

 上記の意見書を水戸市議会会議規則第14条第1項の規定に基づき別紙のとおり提出します。

   平成25年3月21日

  水戸市議会議長 渡辺政明様

                          提出者

                          水戸市議会議員 中庭次男

                             〃    五十嵐 博

                             〃    袴塚孝雄

                             〃    内藤丈男

                             〃    田口文明

                             〃    高橋丈夫

                             〃    松本勝久

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した意見書〕

    ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の診断・治療の推進を求める意見書

 脳脊髄液減少症とは,交通事故,スポーツ外傷,落下事故,暴力等,頭頸部や全身への衝撃により,脳脊髄液が漏れ続け,頭,首,背中及び腰の痛み,目まい,吐き気,視力低下,耳鳴り,思考力低下等のさまざまな症状が複合的に発症する疾病と言われている。

 医療現場においては,このような症状の原因が特定されない場合が多く,患者は,怠け病あるいは精神的なものと判断されてきた。また,この疾病に対する治療法として,ブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入療法)の有用性が認められつつも,保険適用外であり,診断・治療基準も定まっていないため,患者本人の肉体的,精神的苦痛はもとより,患者家族の苦労もはかり知れないものがある。

 平成23年度の厚生労働省の研究班による脳脊髄液減少症の診断・治療法の確立に関する研究の報告書には,交通事故を含め外傷による脳脊髄液の漏れは,決してまれではないと明記され,このことにより,外傷による脳脊髄液漏れはあり得ないとの医学界の常識を覆す結果となった。

 さらに,脳脊髄液減少症の一部である脳脊髄液漏出症の画像診断基準が定められ,昨年5月に,治療法であるブラッドパッチ療法が先進医療として承認され,7月から平成26年度の保険適用を目指し,ブラッドパッチ療法の治療基準づくりが開始された。

 また,研究班による世界初と言われる脳脊髄液減少症の周辺病態の研究も並行して行われることになっているが,脳脊髄液減少症患者の約8割は脳脊髄液漏出症の診断基準には該当しないため,脳脊髄液減少症の周辺病態の解明に大きな期待が寄せられている。

 よって,政府においては,以上の現状を踏まえ,下記事項について,適切な措置を講じられるよう強く要望する。

                    記

1 ブラッドパッチ療法の治療基準を速やかに定め,平成26年度に保険適用とすること。

2 脳脊髄液減少症の診断・治療法の確立に関する研究を平成25年度以降も継続し,診療ガイドラインの早期作成とともに,子どもに特化した研究及び周辺病態の解明を行うこと。

3 脳脊髄液減少症の実態調査を実施し,患者,家族に対する相談及び支援体制を確立すること。

4 ブラッドパッチ療法に関する先進医療認定施設を各都道府県に最低1カ所設けること。

 以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成25年3月21日

 内閣総理大臣

 総務大臣

 文部科学大臣

         宛て(各通)

 厚生労働大臣

 国土交通大臣

 衆参両院議長

                           水戸市議会議長 渡辺政明

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺政明君) お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。

 本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 総員起立。よって,議第2号は原案のとおり可決することに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第3号 配合飼料の価格高騰対策を求める意見書



○議長(渡辺政明君) 次に,議第3号 配合飼料の価格高騰対策を求める意見書を上程いたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議第3号 配合飼料の価格高騰対策を求める意見書

 上記の意見書を水戸市議会会議規則第14条第1項の規定に基づき別紙のとおり提出します。

   平成25年3月21日

  水戸市議会議長 渡辺政明様

                          提出者

                          水戸市議会議員 中庭次男

                             〃    五十嵐 博

                             〃    袴塚孝雄

                             〃    内藤丈男

                             〃    田口文明

                             〃    高橋丈夫

                             〃    松本勝久

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した意見書〕

          配合飼料の価格高騰対策を求める意見書

 畜産,酪農は国民の重要な食料の供給源であるとともに,我が国の重要な産業として地域経済にも大きく貢献をしている。

 畜産物生産に不可欠な配合飼料のほとんどは輸入に依存しており,その価格は米国やオーストラリアを初めとする輸入国における収穫量の増減に左右される。平成20年の異常高騰以降,配合飼料価格は高どまりで推移しているが,昨年,米国での記録的な干ばつの影響により,トウモロコシの生育状況が悪化,収穫量が減少したことで国際穀物価格が再び急騰し,配合飼料価格も大幅な値上げとなっている。

 政府においては,昨年9月,異常補填の発動基準の引き下げや異常補填から通常補填への無利子貸し付け等を行う配合飼料価格高騰対策,11月には,異常補填基金への積み増し等の飼料価格高騰等への緊急対応など,価格高騰に対処すべく施策を講じてきたところであるが,配合飼料価格安定制度による補填をもってしても生産者実質負担額は増加しており,こうした生産コストの増加による畜産経営の急激な悪化が危惧されている。

 よって,政府においては,我が国の畜産,酪農にとって深刻な事態となっていることから,下記事項について,実現するよう強く要望する。

                       記

1 畜産農家,酪農家に対して,制度上算定された補填金を満額交付するため,政府の責任により万全の財源確保措置を講ずること。

2 配合飼料価格の高どまりにより畜産農家,酪農家の生産者負担額が増加していることから,肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)及び養豚経営安定対策事業による補填金の確実な交付や牛乳・乳製品の需要確保対策など,経営安定対策に万全を期すこと。

3 輸入飼料穀物の価格が高騰する中で畜産経営の安定,向上を図るため,国産飼料の生産や流通等の機能強化による自給飼料増産対策及び草地整備や草地の生産性向上対策等による生産基盤拡大対策を充実,強化し,飼料の自給率向上を図ること。

 以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成25年3月21日

 内閣総理大臣

 農林水産大臣  宛て(各通)

 衆参両院議長

                           水戸市議会議長 渡辺政明

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺政明君) お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。

 本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 総員起立。よって,議第3号は原案のとおり可決することに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第4号 介護職員処遇改善加算の抜本的見直しを求める意見書



○議長(渡辺政明君) 次に,議第4号 介護職員処遇改善加算の抜本的見直しを求める意見書を上程いたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議第4号 介護職員処遇改善加算の抜本的見直しを求める意見書

 上記の意見書を水戸市議会会議規則第14条第1項の規定に基づき別紙のとおり提出します。

   平成25年3月21日

  水戸市議会議長 渡辺政明様

                          提出者

                          水戸市議会議員 中庭次男

                             〃    五十嵐 博

                             〃    袴塚孝雄

                             〃    内藤丈男

                             〃    田口文明

                             〃    高橋丈夫

                             〃    松本勝久

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した意見書〕

          介護職員処遇改善加算の抜本的見直しを求める意見書

 政府は,平成24年度介護報酬改定において,介護職員の処遇改善の取り組みとして,平成21年10月から実施されていた介護職員処遇改善交付金相当分を,例外的かつ経過的な取り扱いとして,平成27年3月31日までの間,介護職員処遇改善加算を創設した。

 しかし,このことにより,これまで国の交付金で財政措置されていたものを保険給付費で補うこととなり,結果として,保険給付費や65歳以上の第1号被保険者の介護保険料を上昇させてしまっている。

 また,介護職員処遇改善加算は,介護サービス種別ごとの所定単位数に加算率を乗じて算出されることや介護職員のキャリアパス要件も算出の対象となることから,介護事業者によって給付される金額が異なっている。

 さらに,毎月の保険給付費としての請求が必要であり,新たな事務負担が生じていることや介護に直接従事する職員以外は対象となっていないことなど,さまざまな課題が生じている。

 超高齢社会を迎えて,介護職員の処遇はいまだ改善されておらず,離職者が依然として多い状況が続いており,介護事業者は,介護職員の確保に苦慮している。もはや介護事業者の経営努力だけでは,地域に必要な介護を支えることが困難な状況にあり,深刻な人材不足を打開し,介護職員を確保するためには,他産業との賃金格差の改善などの処遇改善が不可欠である。

 よって,政府においては,これらの状況を踏まえ,介護職員の処遇改善のため,介護職員処遇改善加算を見直し,介護保険料に影響を及ぼすことなく,政府の責任において財政措置を行う制度を創設するなど,抜本的な制度の見直しを強く要望する。

 以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成25年3月21日

 内閣総理大臣

 総務大臣

 財務大臣

         宛て(各通)

 文部科学大臣

 厚生労働大臣

 衆参両院議長

                           水戸市議会議長 渡辺政明

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺政明君) お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。

 本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 総員起立。よって,議第4号は原案のとおり可決することに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第5号 衆議院議員選挙における選挙制度改革の推進を求める意見書



○議長(渡辺政明君) 次に,議第5号 衆議院議員選挙における選挙制度改革の推進を求める意見書を上程いたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議第5号 衆議院議員選挙における選挙制度改革の推進を求める意見書

 上記の意見書を水戸市議会会議規則第14条第1項の規定に基づき別紙のとおり提出します。

   平成25年3月21日

  水戸市議会議長 渡辺政明様

                          提出者

                          水戸市議会議員 中庭次男

                             〃    五十嵐 博

                             〃    袴塚孝雄

                             〃    内藤丈男

                             〃    田口文明

                             〃    高橋丈夫

                             〃    松本勝久

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した意見書〕

          衆議院議員選挙における選挙制度改革の推進を求める意見書

 衆議院議員選挙は,平成6年の公職選挙法の改正以降,小選挙区比例代表並立制で実施されている。本制度は,責任ある政治が行われるために政権が安定するようにすることや,政策本位,政党本位の選挙を実現するために導入されたものであるが,むしろ国民の政治不信,無関心は高まっている。

 特に,小選挙区制は,政権の選択についての国民の意思が明確な形で示されることや,二大政党を柱に政権が安定することなどの特性がある一方,有権者の投票行動が議席獲得に結びつかない,いわゆる「死票」が多くなって少数意見が選挙に反映されにくいこと,有権者と候補者の距離が近くなる分,選挙対策として大衆迎合的施策に走りやすいことなど,従前から問題が指摘されてきたところである。

 このことは,さきに行われた第46回衆議院議員総選挙において,投票率が戦後最低を記録し,また,小選挙区候補者の全得票に占める死票率が56.0%と,前回の46.3%と比べ9.7%も増加し,全300小選挙区の合計で3,730万票にも上ったことでも明らかである。

 よって,政府においては,このような状況を真摯に受け止めるとともに,時代の変化に即応する政治が行われるためには,一票の格差是正など民意の正確な反映と同時に,民意の集約,政治における意思決定と責任の帰属の明確化,少数意見の国政への反映にも配慮する必要があることを十分考慮した上で,衆議院議員選挙における小選挙区比例代表並立制を見直し,選挙制度改革を推進するよう強く要望する。

 以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成25年3月21日

 内閣総理大臣

 総務大臣   宛て(各通)

 衆参両院議長

                           水戸市議会議長 渡辺政明

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺政明君) お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。

 本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 総員起立。よって,議第5号は原案のとおり可決することに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第6号 賃上げと雇用拡大政策の実施を求める意見書



○議長(渡辺政明君) 次に,議第6号 賃上げと雇用拡大政策の実施を求める意見書を上程いたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議第6号 賃上げと雇用拡大政策の実施を求める意見書

 上記の意見書を水戸市議会会議規則第14条第1項の規定に基づき別紙のとおり提出します。

   平成25年3月21日

  水戸市議会議長 渡辺政明様

                          提出者

                          水戸市議会議員 中庭次男

                             〃    五十嵐 博

                             〃    袴塚孝雄

                             〃    内藤丈男

                             〃    田口文明

                             〃    高橋丈夫

                             〃    松本勝久

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔朗読を省略した意見書〕

          賃上げと雇用拡大政策の実施を求める意見書

 デフレ不況が続く中,労働者の賃金の低下と労働条件の悪化に歯どめがかからず,昨年の労働者の平均賃金は,1990年以降で最低となり,ピーク時の1997年より年収で約70万円も減っている。非正規雇用が,労働者の3人に1人,若者と女性では2人に1人にまで広がり,年収200万円にも満たない労働者が1,000万人を超えている。

 低賃金で不安定な働き方の非正規雇用の拡大は,正規雇用の労働者の賃金と労働条件の悪化,長時間労働に拍車をかけている。この10年余の間に,平均で月給の2カ月分程度の収入がなくなり,ローンや教育費を初め,労働者とその家族の暮らしの悪化は深刻であり,賃上げと安定した雇用の実現が切実な課題となっている。

 このような中,政府においては,賃上げと雇用拡大を促進する政策を大胆に進めることが必要となっている。

 まず,大企業における巨額の内部留保を,社員の給与として,それぞれの企業が使う方向に動き出すよう,本腰を入れて経済界に要請することである。麻生太郎副総理兼財務大臣も国会において,企業側が内部留保を活用し賃上げできる条件にあると答弁している。大企業の内部留保は,この10年間で100兆円積み増しされ,260兆円にも達し,500億円以上の内部留保を持っている約700の大企業グループでは,その1%程度を取り崩せば,8割の企業で月額1万円の賃上げが実施できる。賃上げと安定した雇用の拡大によって,内需を活発にすることこそ余剰資金を生かせる道であり,日本経済の好循環をつくり出す突破口となる。

 また,非正規雇用で働く労働者の賃金と労働条件を改善し,正社員化を促進し,均等待遇を図ることも重要である。

 よって,政府においては,賃上げと安定した雇用の拡大こそ,デフレ不況を打開し,経済も産業も立て直すことにつながるものであることから,賃上げ目標を持ち,それを実現するためにこれらの政策を実行するとともに,地域経済を支え,労働者の7割が働いている中小企業に対しても,賃上げした場合の支援策を抜本的に拡大するよう強く要望する。

 以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成25年3月21日

 内閣総理大臣

 財務大臣

         宛て(各通)

 厚生労働大臣

 衆参両院議長

                           水戸市議会議長 渡辺政明

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺政明君) お諮りいたします。本案については,提案理由の説明を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 お諮りいたします。本案については,委員会の付託を省くことに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 これより採決いたします。

 本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 起立多数。よって,議第6号は原案のとおり可決することに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 請願,陳情

 請願,陳情の閉会中継続審査について



○議長(渡辺政明君) 次に,請願,陳情に入ります。

 それでは,請願,陳情の閉会中継続審査についてを上程いたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          閉会中継続審査請願陳情一覧表

                     (平成25年第1回水戸市議会定例会)

◯総務環境委員会

平成23年陳情第3号 飼育動物の管理責任に関する陳情

平成24年陳情第1号 住民の安全・安心を支える公務・公共サービスの体制・機能の充実を求める陳情

 平成24年陳情第7号 家族従業者の人権保障のため「所得税法第56条の廃止をもとめる意見書」採択についての陳情

◯文教福祉委員会

平成25年請願第1号 教科書の開かれた採択の推進に関する請願

平成24年陳情第6号 介護職員処遇改善加算の継続,拡充を求める陳情

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺政明君) 本件は,お手元に配付いたしました閉会中継続審査請願陳情一覧表のとおり,各常任委員会から議会閉会中の継続審査の申し出があったものでございます。

 お諮りいたします。ただいま上程いたしました申し出のうち,平成24年陳情第6号を除いた請願,陳情については,各常任委員会の申し出のとおり決定することにいたしたいと思いますが,これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

 次に,お諮りいたします。平成24年陳情第6号に関する継続審査の申し出については,さきの議第4号 介護職員処遇改善加算の抜本的見直しを求める意見書の可決により,介護職員処遇改善加算に関する水戸市議会の意思が決定いたしましたので,継続審査の申し出については,議決不要とすることにいたしたいと思いますが,これに賛成の方は御起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(渡辺政明君) 起立多数。よって,平成24年陳情第6号に関する継続審査の申し出については,議決不要とすることに決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 閉会中所管事務調査について



○議長(渡辺政明君) 次に,閉会中所管事務調査についてを上程いたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          閉会中所管事務調査一覧表

                     (平成25年第1回水戸市議会定例会)

◯総務環境委員会

 1 総合企画及び文化行政について

 2 行政事務の改善,能率化及び情報公開について

 3 工事契約及び検査業務について

 4 財政運営状況について

 5 住民事務及び広聴広報活動について

 6 環境保全及び防災行政について

 7 環境衛生行政について

 8 男女平等推進について

 9 市民会館,市民センター運営について

◯文教福祉委員会

 1 社会福祉施設の整備,障害者(児)福祉及び保護対策について

 2 高齢福祉,介護保険及び児童福祉対策について

 3 国民健康保険の運営及び医療福祉費助成事業について

 4 保健予防行政について

 5 消防及び救急業務について

 6 学校教育の運営について

 7 教育施設の整備及び維持管理について

 8 社会教育,施設の整備及び管理運営,文化財保護対策について

 9 青少年の健全育成対策について

 10 運動施設の設置及び管理運営について

 11 図書館及び博物館について

 12 学校給食の管理運営について

 13 生涯学習の推進について

 14 少子対策について

 15 ボランティア活動について

◯産業水道委員会

 1 農業,林業,畜産業,商工業の振興対策について

 2 土地基盤整備事業について

 3 観光資源の開発,整備について

 4 中小零細企業育成と金融対策について

 5 市場における流通対策について

 6 市営駐車場について

 7 水道事業及び水資源対策について

◯都市建設委員会

 1 道路及び橋梁について

 2 河川,都市下水路及び排水路について

 3 住宅の建設及び管理について

 4 都市計画施設について

 5 面整備及び市街地再開発事業について

 6 都市公園及び緑化事業について

 7 下水道について

◯議会運営委員会

 1 議会運営に関する事項

 2 議会の会議規則,委員会に関する条例等に関する事項

 3 議長の諮問に関する事項

 4 次期定例会等の会期及び議事日程等に関する事項

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺政明君) 本件は,お手元に配付いたしました印刷物のとおり,各常任委員会及び議会運営委員会から閉会中所管事務調査の申し出があったものでございます。

 お諮りいたします。本件は,各常任委員会及び議会運営委員会の申し出のとおり決定することにいたしたいと思いますが,これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺政明君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長挨拶



○議長(渡辺政明君) この際,市長から発言を求められておりますので,これを許します。

 市長,高橋靖君。

          〔市長 高橋靖君登壇〕



◎市長(高橋靖君) 平成25年第1回水戸市議会定例会議了に当たりまして,一言御挨拶を申し上げます。

 このたび,平成25年度予算を初め,重要な案件を提案をさせていただきましたところ,議員各位におかれましては,活発かつ慎重な御審議をいただき,全議案を御議決いただきましたこと,改めて御礼と感謝を申し上げます。

 御議決をいただきました予算につきましては,議員各位の御提言も踏まえ,職員一丸となって適切な執行に努めてまいりたいと考えております。

 議員各位におかれましては,引き続き,御指導,御鞭撻をいただきますように,よろしくお願いを申し上げまして,御礼の御挨拶にかえさせていただきたいと思います。

 ありがとうございました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会



○議長(渡辺政明君) 以上をもちまして,今期定例会に付議されました事件は,全て議了いたしました。

 よって,平成25年第1回水戸市議会定例会を閉会いたします。

            午後3時19分 閉会