議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 泉崎村

平成15年  3月 定例会(第1回) 03月20日−04号




平成15年  3月 定例会(第1回) − 03月20日−04号







平成15年  3月 定例会(第1回)



     平成15年第1回棚倉町議会定例会議事日程(第4号)

           平成15年3月20日(木曜日)午後1時30分開議

日程第1 議案第11号 棚倉町課設置条例の一部を改正する条例

日程第2 議案第12号 棚倉町振興計画審議会条例の一部を改正する条例

日程第3 議案第13号 職員の給与の特例に関する条例

日程第4 議案第14号 棚倉町手数料条例の一部を改正する条例

日程第5 議案第15号 棚倉農村勤労福祉センター条例の一部を改正する条例

日程第6 議案第16号 棚倉町支援費支給条例

日程第7 議案第17号 棚倉町介護保険条例の一部を改正する条例

日程第8 議案第18号 棚倉町上水道給水条例の一部を改正する条例

日程第9 議案第19号 町道路線の認定について

日程第10 議案第20号 東白川地方広域林業構造改善事業協議会の廃止について

日程第11 議案第21号 平成15年度棚倉町一般会計予算

日程第12 議案第22号 平成15年度棚倉町国民健康保険特別会計予算

日程第13 議案第23号 平成15年度棚倉町老人保健特別会計予算

日程第14 議案第24号 平成15年度棚倉町介護保険特別会計予算

日程第15 議案第25号 平成15年度棚倉町簡易水道事業特別会計予算

日程第16 議案第26号 平成15年度棚倉町公共下水道事業特別会計予算

日程第17 議案第27号 平成15年度棚倉町農業集落排水事業特別会計予算

日程第18 議案第28号 平成15年度棚倉町宅地用地取得造成事業特別会計予算

日程第19 議案第29号 平成15年度棚倉町霊園整備事業特別会計予算

日程第20 議案第30号 平成15年度棚倉町上水道事業会計予算

日程第21 発議第1号 棚倉町ポイ捨てによる空き缶等の散乱及び犬のふん放置防止に関する条例

日程第22 発議第2号 棚倉町議会委員会条例の一部を改正する条例

日程第23 請願第13号 国民の健康保護、食品の安全行政を確保するための食品安全行政確立を求める意見書に関する請願(建設経済常任委員会継続審査分)

日程第24 請願第1号 平和のための日本の基本姿勢の堅持に関する意見書の提出を求める請願(総務常任委員会付託分)

日程第25 請願第2号 福島県最低賃金の引き上げと早期発効を求める意見書の提出の請願(建設経済常任委員会付託分)

日程第26 総務常任委員会における所管事務調査の結果報告について

日程第27 厚生文教常任委員会における所管事務調査の結果報告について

日程第28 建設経済常任委員会における所管事務調査の結果報告について

日程第29 議会運営委員会における所管事務調査の結果報告について

日程第30 棚倉町議会町村合併調査特別委員会の中間報告について

日程第31 委員会の閉会中の継続審査について

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 日程第1から日程第31まで議事日程に同じ

 追加日程第1 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について

   日程第2 議案第31号 助役の選任について

   日程第3 発議第3号 国民の健康保護、食品の安全行政を確保するための食品安全行政確立を求める意見書の提出について

   日程第4 発議第4号 平和のための日本の基本姿勢の堅持に関する意見書の提出について

   日程第5 発議第5号 福島県最低賃金の引き上げと早期発効を求める意見書の提出について

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20名)

     1番  岡部正男議員      2番  佐藤忠政議員

     3番  面川勝良議員      4番  渡辺義夫議員

     5番  金澤敏男議員      6番  近藤光喜議員

     7番  松本英一議員      8番  立原龍一議員

     9番  一ツ松喬義議員    10番  沼田仁志議員

    11番  鈴木理義議員     12番  甲賀七郎議員

    13番  長田勝重議員     14番  菊地尚平議員

    15番  小林茂樹議員     16番  服部トモ子議員

    17番  鈴木政夫議員     18番  鈴木隆夫議員

    19番  松本喜代秀議員    20番  近藤亥市議員

欠席議員(なし)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  町長      藤田幸治     助役      小松信之

  収入役     塩田 浩     教育長     和知賢示

  総務課長    鈴木清一     企画課長    鈴木政光

  建設課長    藤田敬志     農林課長    安部憲雄

  福祉健康課長  藤田和彦     商工観光課長  鈴木敏光

  税務課長    秦 節夫     教育総務課長  藤田喜作

  生涯学習課長  塩田正通     住民課長    割栢行夫

  体育振興課長  松本則雄     下水道課長   須藤 洋

                   給食

  水道課長    植村直廣             菊池 一

                   センター所長

  農業委員会

          田中三夫     監査委員    金澤政雄

  事務局長

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

  議会事務局長  藤田誠一     係長      小田貴史

  主任主査    角田カツヨ

                         (午後1時30分)



△開議の宣告



○議長(近藤亥市) 本日はご苦労さまです。

 会議に先立ち、ご注意を申し上げます。

 携帯電話をお持ちの方は電源が入っていないことを確認してください。傍聴者の方は傍聴のお願いを必ず守ってください。

 ただいまの出席議員数は20名です。定足数に達していますので、これから本日の会議を開きます。

 報告します。報道機関等に対し写真撮影を許可していますで、ご了承願います。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第11号の質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第1、議案第11号、棚倉町課設置条例の一部を改正する条例を議題とします。

 本件は、既に議案の説明が行われていますので、これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 4番目の人権擁護に関することというのが従来の福祉健康課の中で例規集にうたっていなかったということなんですね。それから、新しくできる健康づくり課というところの6番目が新しいということで、まず福祉課の4番の件について、以前のこういうのを今後こういうふうにしていきたいということの説明ですね、これをもう一度質疑でします。

     (「議長、議事進行。説明は終わっています」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 総務課長。



◎総務課長(鈴木清一) 保健福祉課の中には人権擁護に関することにつきましては、行政組織規則の中で定めておりました。これまでですと福祉健康課の中の福祉係が担当していたものを、今回新たに課を分化することによりまして、課の事務分掌の中に格上げしたといいますか、実際事務は行っておりましたので、これらを項目的にはちょっと1つふやしましたが、人権擁護を事務分掌の中でうたったということでございますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 今回の改正について明確にするということですね。

 それとですね、第1条中「福祉健康課」を「福祉課、健康づくり課」にするということで、説明の中で、現在ある課の課長はそのまま1人で内部を2つに分けて福祉課を10名、それから健康づくり課を11名で編成していくということですよね。それで、健康づくり課が今度できる福祉健康センター内に設置されるということで、その職場ですかね、職場の課の働きの中で課長はこれどっち側に課長の席というか、ディスクがつくのかということなんですね。そうしますと、つかない側の課ですね、課というか、職場。これ10名と11名だと、ほぼ規模的に同じですよね。そうすると、管理するときに課長は直接その職場にいない課と、こういうことになると思うんですけれども、その点についてですね、これを改革していこうというときにどういう考え方なのか。



○議長(近藤亥市) 総務課長。



◎総務課長(鈴木清一) 今回、課を2つにするということでございますので、課長は両方に置いて21名体制となります。現在は福祉健康課の場合は20名で課長含めてやっておりますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 今の答弁、質問の趣旨と違うよ。



○議長(近藤亥市) 総務課長。



◎総務課長(鈴木清一) 1つの課でありましたから課長は1人でよかったんですが、今回課を2つにするということは、当然そこを所管する課長は今回新たに1人ふえるということになります。ですから、今までは福祉健康課20名体制でありましたが、課を2つに割ることによって課長1人分ふえて、当然向こうは向こうの管理、こちらはこちらの管理ということになります。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 一ツ松喬義議員。

     (9番 一ツ松喬義議員 登壇)



◆9番(一ツ松喬義) 今回の条例案の改正についてですけれども、まず町長は構造改革指針という中で構造改革していくと。まず、効率化はもちろんですけれども、経費節約という中で大方の自治体が人件費の問題とか議員、職員の数とか、いろいろなこと真剣に取り組んでいるさなかに、当町棚倉町は課長の数を1人ふやすということについて、時代の流れの逆行だということで好ましいことじゃないという考え方を持つわけです。

 そこで、最初私が考えて勘違いしたのかどうかわかりませんが、課の中に設置するという感じに説明を受けたものですから、そうだったんですが、そこで課にしなくても1人の課長が20人の職員の部下を持って管理、指導する能力がなくちゃいかん。係で十分なんです。そういう考え方から、この条例案は採択すべきでない。議会として容認することは、町民に対して説明が難しくなるということで反対する。



○議長(近藤亥市) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 松本英一議員。

     (7番 松本英一議員 登壇)



◆7番(松本英一) 私は、議案第11号、棚倉町課設置条例の一部を改正する条例に賛成の立場で意見を述べてみたいと思います。

 現実には課長が1人ふえたから、課が2つになるということで課長がふえるという意見で非常に圧迫するような、お金を使うというむだ遣いみたいな反対者の討論でしたが、私は住民サービスの観点から福祉課、福祉センターができて住民福祉に対する非常に住民サービスが徹底して充実するという観点から、本条例には賛成の立場で意見を述べてみたいと思います。

 以上でございます。



○議長(近藤亥市) これで討論を終わります。

 採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (賛成者18名、反対者1名、一ツ松喬義)



○議長(近藤亥市) 起立多数であります。

 よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第12号の質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第2、議案第12号、棚倉町振興計画審議会条例の一部を改正する条例を議題とします。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) 本案は第1項中16名を14名に改めようとすることが議題でありますが、これはそもそもは議員から出ていた人を2名減らすというようなことであろうと思うんですが、これらについては民意を反映するというようなことからいいますと、これは人を減らすべきではないというように思います。というのは、今までの協議会、審議会を見ますると、各団体の会長あるいは委員長という立場の人たちが参画していたというように思うんですね。そうした場合に、どうしても会長あるいは委員長という立場の人が複数の協議会、審議会に参画するというような結果を招いていたというように思うんです。

 そういったことから考えましたときに、各組織の中から人選をしていただくというような方法で複数の人を選任していただくという方法もあろうと思うんですが、その辺の取り組みについて、人選の難しさがあるというようなこともあろうと思いますが、14名じゃなくて、むしろ18名ぐらいにすべきだろうと思うんですが、その辺の人選の方法等も含めて見解をただしておきたいと思いますので、ご答弁をいただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 企画課長。



◎企画課長(鈴木政光) お答えをしたいと思います。

 まず、現行の条例上第3条に規定をされております委員16名、今回の改正で14名に改正しようとするわけでありますが、この2名の削減につきましては同条第2項の第5号に規定をされております町職員、この2名の枠を削除しようということでございます。当然、先般の提案の説明の中でもお話し申し上げましたように、町職員については、あくまでも執行機関の職員であるというようなことから今回削除いたしまして、議員の枠であります5名につきましては、そのまま一般町民枠にふやしまして、2名を7名の枠にしたいと、こういう改正内容でございますので、ご理解をいただきたいと思います。

 なお、一般町民の枠につきましては、広く各層から住民の意見を把握をしたいということから、十分任命する際に検討していきたいと、このように考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 次の第7条中「企画商工課」を「企画課」に改めると……

     (発言する人あり)



◆9番(一ツ松喬義) もう一度言います。第7条中の「企画商工課」を「企画課」に改めると、こういう議案が出ているわけですけれども、これはちょっと記憶が薄いんですけれども、企画課になってから何年たつかということなんですね。それで、今回議会からの要求で議員が委員をやらないということの議長からの話が行って、この議案が出たものと思いますが、ここで私が指摘したいのは、例規集を見ますと企画商工課は既にないのに、例規集には条文が企画商工課になっているんですね。そこで、棚倉町振興計画審議会の条例を一部改正にするに当たって、これがどうしても表に出てくるので、慌てて今回改正しなくちゃならないなということになったと、こういうことですね。

 そこで、これは何かというと、先般も私が言いましたが、怠慢なんですね。例規集の差しかえ、見直し作業がその都度適正になされていない結果が、こういう改正案を今ごろ出さなきゃならない結果を生んだということです。このことについて、何か言うことあるでしょう。どうぞ。



○議長(近藤亥市) 企画課長。



◎企画課長(鈴木政光) 第7条の振興計画審議会を担当します担当課の名称の変更でございますが、議員のおただしのように平成10年4月に、機構改革によりまして「企画商工課」から「企画課」に名称が変更になってございます。この審議会の事務を携わる課といたしましては、企画課で担当してきたところでございます。当然、課名が変更された際に条例の一部改正をやはり提案すべきかなと、このように考えておりますが、変更内容がこの名称だけであったというようなことで、現在までこの名称で来たところでございますが、以後このようなことのないように、変更あれば即条例改正を提案したいと、このように考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第13号の質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第3、議案第13号、職員の給与の特例に関する条例を議題とします。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) 予算書の69ページですが、その2項に一般職の給与に関する明細書がございますが、役場職員の手当の区分が記載されておりますが、特別調整手当 1,223万 1,000円とありますが、今回手当の5%を削減しようというような条例改正のその条例改正をしようとする目的についてでありますが、その主な目的はどういうことで改正しようとしているのか。また、特別調整手当を支給しようとしている対象職員は、説明によりますと32名というようなことが説明されましたけれども、1人当たりのどの程度の支給額になっているのか、その辺も伺っておきたいと思います。

 それと同時に、削減によって生ずる職員の士気に影響はないかというようなことを伺っておきたいと思います。

 さらにですね、見ますると、職員の超過勤務手当の整合性についてですが、予算によると前年度対比で 181万 1,000円の減額予算も計上しておりますが、ちなみに13年度決算及び14年度の決算見込みについて、どのような数値になっているのか伺っておきたいと思います。

 さらにですね、職員手当総額に占める超過勤務手当は率にして……



○議長(近藤亥市) 近藤光喜議員に申し上げます。発言の内容が議題外になっておりますので、内容を変更して質問してください。



◆6番(近藤光喜) そうじゃないでしょう。そういうことでございますので、そういった状況から、この手当を5%削減することは適当でないと思いますので、その辺の見解を伺っておきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 総務課長。



◎総務課長(鈴木清一) まず調整額でございますが、職員の給与の平均でいいますと 9.6%程度になります。課長ですと10%、主幹、課長補佐は給与の8%ということでございますので、職員それぞれ違いますが、平均3万円ちょっとから、月額ですね、4万円前後になるかと思います。それらの5%を今回1年間、4月から削減をしようということであります。

 なお、予算書の差額でございますが、これは昨年度の給与の改定がありまして減っておりますので、その分の差がここにあらわれたということでございます。

 それと職員の士気、いっぱい質問が出たので、ちょっと全部書き切れていないんですが、一応給与の改定ということもありますので、組合とはそれなりに合意をしております。

 カットの理由につきましては、前にご説明申し上げましたように財政構造改革指針に基づいて各団体の補助金もカットしていきますし、総人件費を幾らかでも抑えようということで、財政構造改革指針に基づく削減ということでご理解いただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) ただいまの答弁ですと、一般職の方々も経費削減というようなことでカットしているんで、課長職、課長補佐等についても特別調整手当を5%引くんだというような説明だったと思うんですが、私は全体的に見ますると超過勤務手当等を考えた場合に、その超過勤務手当との整合性をどのように担保していくのかということが大事になってくるだろうと思うんですね。そういう観点から、その超過勤務手当をどのように見ていくのか、そういう視点も考えていくべきじゃないかというように思うので、その辺のことを聞きたいと思ったんですね。

 それと、今、課長が言ったように、確かに 188万 1,000円というのは予算上の前年度対比で、そういう措置が出たということは私も知っておりますので、それはあえて言いませんけれども、超過勤務手当が適当であるかどうかということも検討の一つの方法じゃないかというように思うので、あえて特別調整手当との兼ね合いでどういうふうに見ているのかなというようなことでございますので、その辺の答弁を賜りたいと思います。



○議長(近藤亥市) 発言の内容の超過勤務手当は議題外と認められますので、答弁はいたしません。

 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 本条例に関する目的が人件費の経費節減という今のご答弁ですけれども、近藤光喜議員が心配したのは、多分すべての職員が一生懸命やる意欲に影響を及ぼすんじゃないかなと。それと士気にかかわる問題ということなんですね。そこで、超過勤務手当は関係ないということですけれども、経費節減をひっくるめてみた場合、当然課長は超過勤務手当、既にもらっていないでしょう、対象外だから。そういうことでなくて、人件費を総合的に見たときに、73万 6,000円をあえて今回削減することが総合的に考えて本当の意味での経費節減につながるかどうかという問題なんです。そこが論点じゃないかなと思うんですね。

 それで、当初予算から占める73万 6,000円という金額はかなり小さい金額なんですよ。その影響力の方が、さっき私が言った、近藤議員が言った影響力の方が過多になった場合は、削減しなかった方がよかったんじゃないかと、こういうことになるんですよ。だから、そこのところを町当局としては明確に、職員の士気も前以上力入ってちゃんとできるから心配ないよという答弁がほしいわけです。再度この点についてお伺いをしたいと、こういうことです。



○議長(近藤亥市) 総務課長。



◎総務課長(鈴木清一) 当然給与が下がるということについては、職員の意欲といいますか、そういうものもそぐ可能性もあるかと思いますが、こういう経済情勢の中で民間給与等も引き下げられておりますし、この間もお話がありましたように財政構造改革指針の中では、目的としては収入見合いの収支均衡型の財政構造にしていかなくちゃならないという考え方からすれば、人件費等も削減を図っていかなくちゃならないと。先ほど申し上げましたけれども、各種団体の補助金も今回5%削減させていただいているということも含めまして、幾らかでもカットしていかなくちゃならないということを含めて、全管理職を集めまして了解の上にこういう削減を図ったということでございますので、ご理解を賜りたいというふうに思います。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第14号の質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第4、議案第14号、棚倉町手数料条例の一部を改正する条例を議題とします。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第15号の質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第5、議案第15号、棚倉農村勤労福祉センター条例の一部を改正する条例を議題とします。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 説明によりますと、この事業を廃止して、もし施設を取り壊す場合には、その取り壊し料金も勘案して、ひっくるめて1万 500円で購入するという説明がありましたが、まず1つは、現在ある町民プールが本当になくちゃならないかと、現状の棚倉町の状況下で。まずそれが論点の一つです。

 それから、説明では取り壊し料金が含まれているということになれば、小学校のプール取り壊しなんかで幾ら銭がかかるかなというのも大体想像がつきますので、そこらの金額もわかるんですけれども、ただ1万円で買えるからいいんじゃないのかなと、国の押し売りですね。しかし、これを買わなければ、棚倉町が要らないとすれば、 100%国・県で処理しなくちゃならないという結果になるんじゃないかなと思いますが、その点については現実、実際そうなった場合はどうなるんですか。



○議長(近藤亥市) 体育振興課長。



◎体育振興課長(松本則雄) お答えいたします。

 まず、プールの必要性というおただしでございますが、過日もご説明をさせていただきましたけれども、このプール施設につきましては町の体育振興のために、あるいは町民の健康保持増進のため、そして憩いの場所としても、またルネサンス客の集客等からしても、また小学校の大規模な大会、そういったことを考えますと、町としましてはこれを存続し、有効活用していくんだというような考えに立ったわけでございます。

 さらに、その取り壊しの関係の費用でございますが、これにつきましては雇用能力開発機構ですか、ここから示されたこの条件でもって協議が整わないとした場合につきましては、15年3月31日をもちまして施設の運営委託契約を廃棄しまして、すぐに取り壊しの手続にかかるというような条件のものでございます。したがいまして、取り壊しということになれば、この雇用開発能力機構の方の費用でもって取り壊してかえるというふうなことになるだろうというふうに思います。

 以上です。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 説明によりますと、体育振興で課長の方では必要だと。しかし、昨年も一昨年も私の方で質問したときに、実際の利用者数から、それからそこに常時配置しなければならない指導員、監視員ですか、そういったものにかかるもろもろの諸経費、いろいろあるわけですよ。それで、どうしてもこの町民プールがないといけないんですかという角度から少し言い方を変えて質問してみますと、今言われた小学校規模を大規模でやるときにできませんと。今、小学校プール建設事業をそれぞれ進めているんですよね。だから、これは理由にならない。そうであれば小学校のプールの設計をそういうふうに考えればいいことであって、それから健康保持はルネサンス棚倉のプールを大いに使っていただいて、なお町内のお客さん、外部のお客さんの足の流れがルネサンス棚倉の方向になお一層向いていくということは好ましいことなので、町民プールはそういう角度から見た場合はない方がいいと、私はそう思うんですね。

 それと、憩いの場所を今、課長は言われましたけれども、私も夏場あそこへ行って通るけれども、憩いの場所にはなっていません。これは単なる憩いの場所なら、今ある城跡の方がよっぽどよろしいので、そういった面からすると、その必要性を述べられても、説得力ある必要性の理由にはならない。だから、あえて無理してこれを引き受ける必要はなくて、今の説明ならば、平成14年3月31日を限度として要らなければ即廃棄すると、お願いした方がいいと思うんです。そして、総合体育館グラウンド、運動を利用する場合、駐車場も不便をしているんです。ですから、あくまであの敷地をプールで存続させなくてはならないという説得力ある理由はそんなにないんですね。それよりもスポーツ振興、体育振興においては、あそこを取り払って駐車場に使った方がよっぽど体育館理由者、総合グラウンド利用者にとってはありがたいと思うんです。

 それともう一つは、プールは季節的に開くものなんです。だから、年間を通じて利用する体育館や総合グラウンドの方に力を入れて取り組んだ方が、町としては町民に対する賢明な策ではないのかなと、こう思いますけれども、その点について答弁をお願いします。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員に申し上げます。質疑に当たっては自己の意見を述べることは禁止されています。自分の意見を含めないで質問してください。

 体育振興課長。



◎体育振興課長(松本則雄) お答えいたします。

 まず、小学校関係の大会というふうなお話もありましたけれども、例年ですと郡内の小学校集まりまして、ここで水泳記録会というようなことを開催しております。これはかなり人数も多くなるというふうなことで、ここでの開催というふうなことになるわけでございます。

 さらには、その必要性でございますけれども、ルネサンス棚倉等におきましては、町民プールよりも料金的には高くつくだろうというふうにも思いますし、さらに平成14年の夏場の実績では 6,637人というような人数もありますし、何せ50メーター8コースというふうな公認のプールでもございますから、その有効活用というのは相当あるだろうというふうに思っております。いろいろな考え方があるとは思いますけれども、町といたしましては先ほど述べましたような考え方に立ちまして、これは有効活用をしていくんだというふうに考えたものでございます。

 以上です。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) それでは、最後に当プールの老朽化状況をお聞きしておきたい。引き受けた後に、また補修工事などで予算がどの程度かかるかなということも大切な問題ですので確認しておきたい。



○議長(近藤亥市) 体育振興課長。



◎体育振興課長(松本則雄) 当施設につきましては昭和51年度建設ということもございまして、26年ほど経過はしておるものでございまして、その都度修理あるいは改修をしながら使っておるものでございます。費用の面もありますけれども、今の時点ではこういった改修をしながら、この施設の稼働をしてまいりたいというふうに思います。耐用年数等からすれば大分経過しているというふうな考え方もございますが、このプール本体施設、それからろ過設備、そういったものも改修しながらまだ使えるというふうな考え方でおります。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第16号の質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第6、議案第16号、棚倉町支援費支給条例を議題とします。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第17号の質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第7、議案第17号、棚倉町介護保険条例の一部を改正する条例を議題とします。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) これ要介護認定1から5までそれぞれ金額がかなり大幅に上がるんですけれども、1つお聞きしたいのは国がやるからですけれども、国・県に対して当町として、この値上げに関してヒアリングというんですかね、町の地方自治体の意見を聞きたいとか、そういったいろいろなことがあったかどうかということなんですね。

 それから、それについてあったとすれば、町はどういう考えとか意見を国・県に述べられたかということをお聞きしたいんです。特に介護保険は、町長は介護サービスのレベルを上げれば上げるほど負担が高くなって当然だという説明をずっとされてきておりますが、介護のメニューを選ぶのは入所者が選ぶということになっているんですよね。だから、ハイレベルのサービスをメニューいっぱいつくっても、現実にそんなに金払うの大変だからということで、例えば半分50%以下の方を選んだ場合、その話が当たらないんです。そうしますと、実際利用する人はそんなに高度なサービスを要求しなくても、介護保険料は高くなったということになるんですよ。だから、従来の説明からすると、そういった面で不都合が生じてくるということになるんです。そこのところがあるので、当町としてはこの件に対して、国・県に対してどういう姿勢を示したか。そういうことです。



○議長(近藤亥市) 福祉健康課長。



◎福祉健康課長(藤田和彦) ご質問にお答えをしたいと思います。

 介護保険の制度そもそもが国・県の意見に基づいて定める料金ではございません。各市町村がそれぞれ保険者として、その保険料、必要な費用を賄うという制度でございますので、国・県のヒアリング等はございませんし、それらの要望等について国・県に市町村が直接申し上げたという経過もございません。

 ただ、全体のサービスの中身について、県全体あるいは県内全体として施設入所等について、今後の施設サービスの計画等についての調整等の協議がございましたが、料金につきましては、それぞれの市町村の今後の費用の見込み額に応じて設定をするということでございますので、県内それぞれの市町村がかなりの幅で設定をしているということでございまして、前に申し上げましたように棚倉町の場合ですと90市町村のほぼ真ん中あたりに位置する保険料の設定になったということでございますので、それぞれの市町村が費用を推計して定めるというのが基本でございます。

 また、メニュー等につきましても、なかなか選べなくて安くなっているんではないかということでございますが、1人1人のメニューが少なくても、全体としての費用はふえております。要するに利用する対象者がふえておりますから、1人が限度額いっぱい使わなくても全体として実績として、そういう状況で12、13、14ということでふえてきているというのが実績として上がっているわけですので、当然利用率は上がっているということになっておりますので、これがさらにその限度額いっぱい使うということであれば、さらなる保険料は値上げをせざるを得ないという、そういうシステムでございますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 今ご答弁の中で90市町村中、中間の位置にあると。それで 2,600円台だということですけれども、先般矢祭町へ行ったらば、平成15年度は 1,000円台で矢祭町はできるよと、そういう努力をしてやりますよという話を町長しました。それで、東白川郡の中で一番身近ですから当然調査されていると思いますが、各町村についての合併云々でなくて、その資料を今もう一度示していただきたい。

 それから、各自治体の努力、考え方によって介護の保険料金を決めるわけですから、棚倉町は棚倉町として、矢祭町に負けない努力をして 2,600円にしないでやれる方法を勘案できないものかと、こういう気持ちなんです。しかしそこのところの答弁をいただきたい。



○議長(近藤亥市) 福祉健康課長。



◎福祉健康課長(藤田和彦) そもそも他町村と比較をするということがいかがなものかなというふうに思いますが、必ずしも上げないことが正しい推計をしている、その町が正しい推計をしているかというと、その辺、私は逆に疑問ではないかなというふうに思っております。実は、ある程度の情報は得ておりますが、そういう保険料の設定では3年間の費用を賄えない状況が必ずやってくるだろうというふうに考えておりますし、ほかの市町村でかなり上がっている。 3,000円以上の市町村もかなりの市町村ございます。それは、それぞれそれだけサービス水準が上がっているということです。料金が高いところは、それなりにサービス水準が上がっていると。逆に、そのままでいいということは、それ以上のサービス水準を上げようとする気がないと、上げる予定がないから料金も上げる必要がないということでありますから、積極的に取り組むか、積極的に取り組まないかによっても、そういう料金の設定が変わってくるんではないかなというふうに思っております。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 今の課長の説明は矛盾しているよ。いいですか。やっぱり答弁としてはよろしくないなというのは何でかというと、最初はサービスがハイレベルになるからでなくて、利用者が多いからでしょう。しかし、最後はそうなってきたんです、今の答弁はね。だから、私が言いたいのは、他町村と比べるのはどうかなという考え方、この棚倉町の執行部の考え方が問題ですよということなんです。私は、議員として近隣市町村に全部比べているんです。町長、議員、課長、その他使用料取ったり何だりするやつ全部比べているんです。だから、その比べることがいかがなものかなと思う、その思う心の意識を改革するのが助役の役目でしょう。あなた、そういうことで来たんだから。だから、そういう……

     (「議長、議事進行」と発言する人あり)



◆9番(一ツ松喬義) 議事進行は終わってからにしてくれ。今の中でそういうことだから、質問しなくちゃならないんですよ。

     (「議長、議事進行」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 松本英一議員。



◆7番(松本英一) 棚倉町会議規則第54条、発言はすべて範囲にするものとし、議題以外にわたり又はその範囲を超えてはならない。

 以上でございます。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 鈴木政夫議員。

     (17番 鈴木政夫議員 登壇)



◆17番(鈴木政夫) ただいまの議案について、反対の立場で討論をいたします。

 ただいまの質疑の中で矛盾があるという話もありましたが、そもそもこの制度は矛盾を抱えたまま発足してきている制度であります。私は別にこの制度そのものを否定するつもりはありませんけれども、本来は福祉の政策の中でやられてきたものが、いわゆる保険制度を導入して保険料を取って、その分については国民のサービスをやろうと、こういう制度。しかもこれを市町村にやらせると、こういう制度で発足したわけでありますから、さまざまな矛盾が出てくる、これは当然の話だろうというふうに思うんです。

 しかし、いずれにしても、ただ一つはっきりしていることは、65歳以上の方々がサービスを受けるということになりますが、年金にしても、そのほかのことにしても、非常に今容易でない状況が続いているんですね。そういう中で値上げをせざるを得ない。したがって、値上げをする。こういう状況はいかがなものか。私は到底やっぱり賛成できない。これは国の政治あるいは行政の中で、ちゃんと対応していくべき問題であろうと、このように考えております。

 以上指摘いたしまして、反対の討論といたします。



○議長(近藤亥市) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 松本英一議員。

     (7番 松本英一議員 登壇)



◆7番(松本英一) 私は、棚倉町介護保険条例の一部改正する条例に賛成の立場で討論いたします。

 この制度はですね、私は非常にお年寄りに優しい条例かなと思うんですね。なぜかというと、寝たきりになったらば自分のところで介護できないのを介護してくれると、これも1つなんです。入所する方法もある。いずれにしても無料でやってくれというのは、これ理想ではありますけれども、現実にはできないと。どういうことかと申しますと、すべてお金がかかることなんですね。だから、やはりこの条例は改正して、サービスを的確に受ける権利を持っているわけですから、それはなったらばその条例に従って的確にサービスを受けると。やはり私は何にも払わないでもらうというの、これは一番理想のことなんです。だけれども、現実に日本は自由主義国家ですから、やはり政府の方は政府の方のやり方、国は国のやり方、県は県のやり方、市町村は市町村のやり方で、これは市町村の条例でございますので、棚倉町としてはこの一部改正をして、住民に限りないサービスを与えたら立派かなと思います。

 以上、賛成の討論といたします。



○議長(近藤亥市) 原案に反対者の発言を許します。

 一ツ松喬義議員。

     (9番 一ツ松喬義議員 登壇)



◆9番(一ツ松喬義) 反対討論いたします。

 今のまず賛成討論を受けて。何事をやるときにもお金がかかるので値上げは当然だという趣旨の討論でございましたが、それを少し意訳して考えますと、銭のない者はほうっておくぞということなんです。だから非常に偏った、すべての町民のためではないんです。間に合っている人、お金の余裕のある人のための介護保険制度では困るんです。だから、知恵を絞って、どういうふうにしようかと、こういうことです。

 それともう一つは、先ほどの当局の説明にもありますが、必要に迫られる状況になったので、その都度上げなくてはならないので上げざるを得ないから上げていくという、こういう手法は、その中に政策的な努力が入っていない。だから、何かいい方法はないのかなという一つの提案もあってしかるべきなんです。議員も20名います。議員の意見を聞けば、私もアイデア出ます。しかし、議会では、あなたの意見は聞く必要ないと、さっきから議長はそう言っています。これでは改革や進歩が議会としては出てこない。そういうことなんです。

 それから、現実に、じゃ棚倉の町民にとって介護保険料がそんなに容易に払える金額であると、本当に町長は信じておられるのかどうか、これも疑問なんです。先ほどの反対討論の中で、介護保険だけでなくて、もろもろの税金を足すとかなりの負担増になっているでしょうということがあるんです。これが問題なんです。そういったことで、議員諸君は判断誤らないように意思表示をしていただきたい。



○議長(近藤亥市) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 岡部正男議員。

     (1番 岡部正男議員 登壇)



◆1番(岡部正男) 私は、本案に賛成の立場で討論いたします。

 今、棚倉町人口は1万六千何百人かおりますけれども、この保険によって皆さんが等しく介護を受けられる問題はこの介護保険であります。したがいまして、いろいろ申し上げませんが、苦心をしてつくったのがこの一部改正の介護保険料であります。今安くして3年後に3倍になったらば町民はどう払っていけばいいのか、長期にわたった問題を検討しながら、この条例の一部改正を上程したわけであると思いますので、本案に賛成の立場で討論といたします。



○議長(近藤亥市) これで討論を終わります。

 採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (賛成者16名、反対者3名、一ツ松喬義、服部トモ子、鈴木政夫)



○議長(近藤亥市) 起立多数であります。

 よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議案第18号の質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第8、議案第18号、棚倉町上水道給水条例の一部を改正する条例を議題とします。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第18号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 議案第19号の質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第9、議案第19号、町道路線の認定についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第19号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議案第20号の質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第10、議案第20号、東白川地方広域林業構造改善事業協議会の廃止についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第20号は原案のとおり可決されました。

 ここで2時35分まで休憩します。

                         (午後2時26分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         (午後2時34分)



○議長(近藤亥市) 休憩前に引き続き再開します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 議案第21号〜日程第20 議案第30号の委員長報告、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第11、議案第21号、平成15年度棚倉町一般会計予算から日程第20、議案第30号、平成15年度棚倉町上水道事業会計予算までの10件を一括して議題といたします。

 議案第21号、平成15年度棚倉町一般会計予算から議案第30号、平成15年度棚倉町上水道事業会計予算までは予算特別委員会に審査を付託してありますので、審査の結果について委員会の報告を求めます。

 岡部正男議員。

     (予算特別委員長 岡部正男議員 登壇)



◆予算特別委員長(岡部正男) 予算特別委員会に付託された経過と結果について報告いたします。

 まず議案第21号及び議案第22号の2件は、質疑、討論の後、起立による採決の結果、賛成者15名による賛成多数により可決されました。

 次に、議案第23号から議案第30号までの8件は、全会一致をもって可決されました。

 以上、報告といたします。



○議長(近藤亥市) 議員は自己の所属委員会の委員長報告に対し質疑ができない規定でありますので、質疑なしといたします。

 これより日程第11、議案第21号、平成15年度棚倉町一般会計予算の討論を行います。討論ありませんか。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 鈴木政夫議員

     (17番 鈴木政夫議員 登壇)



◆17番(鈴木政夫) 平成15年度一般会計予算に対し、反対の立場で討論をいたします。

 反対の理由については過般の予算特別委員会等でも申し上げておりますので、大綱について申し上げておきたいというふうに思います。

 この予算案の中で評価できる点もございます。乳幼児医療費の入学前までの実施とか、あるいは30人学級、長い間懸案でありました幼稚園児の送迎バス、それから健康診断無料化、こういった積極的な面も当然予算の中に盛り込まれております。しかし、今この長引く不況の中で棚倉町の一つの大きな焦点となっております中心市街地活性化の対応については、今回町はTMO構想に基づく施策を打ち出しておりますけれども、第三セクターの会社を設立して、町が整備した後、事業の展開を図ると、こういうことになっておりますけれども、私はこの第三セクターを選択したということについては、非常に賛成できないという立場であります。

 また、水資源対策として、今年度一般会計より1億円を計上しております。これは一般会計を非常に大きく圧迫するものであるというふうに思います。他に方法はなかったのかという点、そしてもっと安くて、そして身近に取水できる方法の検討ということも当然やるべきことではなかったかというふうに考えております。

 最後になりますが、町村合併の問題についても本予算案の中で経費も計上されておりますけれども、この町村合併問題は、まず最初の出発において住民の意向を確認しなかったという点に、やはり大きな問題点があるんではなかろうかと。ただ、ひたすら合併の方向に向かって進んでいるというのが現在の状況ではありますが、これは必ずしも住民の合意がなされていない。そういう意味で非常に私は残念なことであるというふうに考えております。

 以上を指摘いたしまして、反対の討論といたします。



○議長(近藤亥市) 次に、原案の賛成者の発言を許します。

 沼田仁志議員。

     (10番 沼田仁志議員 登壇)



◆10番(沼田仁志) 議案第21号、平成15年度棚倉町一般会計予算に対し、賛成の立場で討論を行います。

 歳入財源が非常に厳しい中で、人件費を初め一般事務経費の削減などの経費の削減を図りながら、町の重点事業である中心市街地活性化事業、水資源対策、介護予防事業や健康増進事業、産業の振興、教育の充実、さらには預かり保育などの子育て支援対策、町民ニーズに配慮した予算編成になっていると考えております。

 したがいまして、私は議案21号、平成15年度棚倉町一般会計の予算に対し賛成の立場で討論を終わります。



○議長(近藤亥市) 次に、原案に反対者の発言を許します。

 一ツ松喬義議員。

     (9番 一ツ松喬義議員 登壇)



◆9番(一ツ松喬義) 平成15年度一般会計に対する反対討論を行います。

 まず今回、予算特別委員会の設置をもって、委員会で集中的に予算の審議ができたことは大変喜ばしいことです。審議を何とか終えて討論に移るわけですけれども、委員会の中でのもろもろをまとめて修正すべき箇所がかなりあると。それで、初めての試みなので、なかなか容易でないなということがあるので、内容の指摘を反対討論としてしていきたいと思います。

 まず、以前に棚倉町が合併協議会に棚倉町の職員が出席するときのその給与手当についての問題、それについて、これは町負担でなくて協議会の方に予算を取ってやるべき問題であるということですね。

 それから、議会のところで1つも質疑がなかったんですけれども、私は1款と9款のところで、議会費と消防費ですね、消防団の出動手当が 1,000円なんです。それで、命がけで町民の命と財産を守るために貢献してくれている消防団員に対して 1,000円は安い。これは高い安いで言うと大変失礼になるんですけれども、そういうことで感謝の気持ちで受け取っていただくという提供の仕方をするのが正解じゃないか。そこで、20人いる議員の費用弁償を削除するという条例の改正をした方がいいという考えがあるんです、まずは。それで、それをとりあえず上乗せすると。次に、ルネサンス棚倉が13年といってずっとやってきておりますが、施設管理に対して年々町の持ち出し分がふえてくると。これは施設が老朽化するので当たり前ですけれども、まず現段階で条例等を見てみますと、ルネサンス棚倉が負担する部分の範囲と、町が負担する場合が明記されていないんですよね。そういったこともきちっとして、町が持ち出す施設維持管理費を定めていく必要があるというところに目をつけていただきたいと。

 それからもう一つは、今回我々議員の選挙があります。選挙で、もちろん選挙違反は決してやってはいけないことでありますが、まず投票率を上げるために公開討論や立会演説会をやる手法をとっていくべきであると。それで、これも自治体で選挙違反にならないような手法を導入してやれている現実がございます。

 それから、今度新しく監査委員に対する質疑の問題ですね。これも出てきているんですが、行政監査を含めた質疑の問題もきちっと明記すべきである。

 それから次に、これも新しくなったんですが、家畜業者に関する支援、これも不十分であると。先ほどのプールの件はそれでありますが、そういったことなんですね。

 それから、従来から約束をしておった社川周辺の排水工事の町の動きが非常におくれている問題、今回の平成15年の予算で詳しく見れない。これもいけません。

 それから、先ほどの福祉健康課の課長1人ふやすということで確認をしたわけですが、そこで課長1人の人件費を想像してください。保健福祉センター維持管理費は 1,034万 2,000円です。果たして、そのほかの人件費を引いた、課長の人件費を引いた部分でどれほどの管理ができるのかなと不審点がここにあります。

 それから、2周期目をまう環境基準ISOの 14001、これも 117万 4,000円のお金がかかります。それで、本来であればその手法がのみ込めたわけですから、次からは独自でやるべきで、経費の節減ができるんです。

 次に、先ほどの水資源対策ですけれども、やはり1億円の繰り出しがあります。これも町長が最初に説明されたときには、水を持ってくる工事費は当町が一切負担しないで県にお願いすると、それでできる話を町長はされたんです。それから、水道料金の値上げも町民に負担をかけないで、県知事にお願いしてやっていきますからと。しかし、平成15年度までに現実は県からゼロ円です。水道料金も11%値上げした後に、また15%値上げを現実にしております。これは町長うそですね。大変うそでは町民幸せになれない。

 それから、米の生産調整です。これも指摘をしているんですけれども、どうも棚倉町は新たな手法を見い出すことができないと。同じく平成15年も、これは見出せないで仕方ないんじゃないかなという感じのイメージが出ている。

 それから、町長が柿の生産出荷に力を入れて農家の所得をふやす策としてやられた事業が、職務怠慢により予定を大幅におくれると、これもよろしくない。

 それから、1つ前向きだと思うのは、松くい虫の問題で、流の問題を調査指導委員会でシンポジウムでやっていくという結果になりましたが、これも修正して松くい虫防除の森林組合の事業の中に織り込むべきであるというような問題が、もろもろ大ざっぱに挙げるとあるわけです。

 そういったことで予算配分に当たり、もっともっと審議を重ねていく必要がある。しかしながら、今回は時間切れの格好で修正案は出せないで終わりそうですけれども、討論として、なお町民の幸せのために予算編成がもっと充実するようにお願いをする気持ちを込めて反対討論を終わらせていただきます。



○議長(近藤亥市) 次に、原案の賛成者の発言を許します。

 菊地尚平議員。

     (14番 菊地尚平議員 登壇)



◆14番(菊地尚平) 私は15年度予算に賛成の立場で討論をしたいと思います。

 まずですね、この予算書の3ページになるわけですが、歳入の方を見ると一目瞭然にご存じのように、非常に前年度と比較してみますというと、ことしは56億 2,900万円と、これは平成5年以来の減額予算なんですよね。もう10年、11年目になるのかな。そんなことで、非常に厳しい財政を町としてはやはり切り詰めながら、いかにしたならば歳入の部分を最大限生み出すことができるか、発掘できるか、そういう努力の跡が非常にうかがえる予算書であると、私は確信するものであります。

 また、その次のページ、歳出の方を見ましてもですね、比較しますというと、主な金額はすべて▲印。非常にこれは厳しいですね。これがこれから15年度、16、17と3年も4年も続いたらば大変なことになるなと。やはりそういう状況のことも十分に町側の考えというものを理解して、そしてやはり対応していく私たち議員の姿勢も必要なんではないかなというふうに私は思うんです。ただ支出が、これはどうなんだ、ああなんだ、金がないのにそっちの方はさっぱり行っていないんじゃないかというようなことにも受けとめられますので、私はあくまでも予算書を基本に、生み出せるところはどこだ、最大限の努力しているわけですから、そういうつもりで、ひとつ私は原案には賛成の立場で討論にかえさせていただきます。

 以上です。



○議長(近藤亥市) これで討論を終わります。

 採決いたします。

 この採決は起立によって行います。

 本案に対する委員長の報告は可決です。議案第21号は委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (賛成者16名、反対者3名、一ツ松喬義、服部トモ子、鈴木政夫)



○議長(近藤亥市) 起立多数です。

 よって、議案第21号は委員長報告のとおり可決されました。

 続いて、日程第12、議案第22号、平成15年度棚倉町国民健康保険特別会計予算を討論いたします。討論ありませんか。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 服部トモ子議員。

     (16番 服部トモ子議員 登壇)



◆16番(服部トモ子) 議案第22号、平成15年度棚倉町国民健康保険特別会計予算に対して、反対の立場で討論いたします。

 昨日の特別委員会の中で申し上げましたように、まず平成15年度当初予算案は歳入で国保税が前年度対比で32.7%の引き上げとなっています。これは1世帯当たりにいたしますと4万 677円、1人当たりにいたしますと1万 6,563円の引き上げとなります。長引く不況の中で、この大幅な引き上げは町民の暮らしにとっては耐えがたいものであり、私はこの予算案に賛成することはできません。

 それに、国保特別会計には1億 5,000万円の基金積立金があります。これは1世帯当たり5万 5,000円の積立金になります。この積立金の一部を例えば1世帯当たり3万 5,000円を現額に回せば、1世帯当たり13万 1,187円とすることが実現できます。そうしますと、昨年の本算定とほぼ同額にすることができます。しかし、今年度の本予算には、これらの点が一切されていませんので、それを表明いたして反対討論といたします。



○議長(近藤亥市) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 近藤光喜議員。

     (6番 近藤光喜議員 登壇)



◆6番(近藤光喜) 私は、賛成の立場で討論をいたします。

 議案第22号、棚倉町国民健康保険特別会計予算についてでありますが、本予算はご指摘のとおり、前年度対比においては課税総額あるいは1世帯当たり、1人当たりの課税額がそれぞれ 36.65%、 32.41%、 31.94%と確実に上昇傾向にあります。それは服部トモ子議員がご指摘のとおりであります。しかしながら、14年度においては11カ月の対応でありましたことから、そのような推計に違いが生じたことは事実であります。

 13年度との比較をいたしますと国保世帯の伸びは顕著であり、主な要因として経済不況による若年層のリストラ等によって国保世帯が増加しているなど国保会計をめぐる問題は多々あります。しかしながら、棚倉町国民健康保険については健全経営に心がけており、また14年度の諸般の事情を考えますときに、まだ14年度の問題が確定していない、そういう状況でございます。したがいまして、6月決算時においては、それぞれ確定するものと考えます。したがって、今、議員がご指摘のように剰余金の繰入額については1億 5,291万 1,430円という国保基金がございますが、それらを調整するというようなことによって、国保税の抑制に努めるものというふうな方針が昨日示されたわけでございますから、そのような状況を考えまして、私は賛成討論といたします。



○議長(近藤亥市) これで討論を終わります。

 採決いたします。

 この採決は起立によって行います。

 本案に対する委員長の報告は可決です。議案第22号は委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (賛成者16名、反対者3名、一ツ松喬義、服部トモ子、鈴木政夫)



○議長(近藤亥市) 起立多数です。

 よって、議案第22号は委員長報告のとおり可決されました。

 ここでお諮りします。

 この後の議案第23号から議案第30号までは全会一致で可決した旨の委員長報告でありましたので、討論を省略して採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、討論を省略して採決することに決定しました。

 続いて、日程第13、議案第23号、平成15年度棚倉町老人保健特別会計予算を採決いたします。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は可決です。議案第23号は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第23号は委員長報告のとおり可決されました。

 続いて、日程第14、議案第24号、平成15年度棚倉町介護保険特別会計予算を採決いたします。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は可決です。議案第24号は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第24号は委員長報告のとおり可決されました。

 続いて、日程第15、議案第25号、平成15年度棚倉町簡易水道事業特別会計予算を採決いたします。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は可決です。議案第25号は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第25号は委員長報告のとおり可決されました。

 続いて、日程第16、議案第26号、平成15年度棚倉町公共下水道事業特別会計予算を採決いたします。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は可決です。議案第26号は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第26号は委員長報告のとおり可決されました。

 続いて、日程第17、議案第27号、平成15年度棚倉町農業集落排水事業特別会計予算を採決いたします。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は可決です。議案第27号は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第27号は委員長報告のとおり可決されました。

 続いて、日程第18、議案第28号、平成15年度棚倉町宅地用地取得造成事業特別会計予算を採決いたします。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は可決です。議案第28号は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第28号は委員長報告のとおり可決されました。

 続いて、日程第19、議案第29号、平成15年度棚倉町霊園整備事業特別会計予算を採決いたします。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は可決です。議案第29号は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第29号は委員長報告のとおり可決されました。

 続いて、日程第20、議案第30号、平成15年度棚倉町上水道事業会計予算を採決いたします。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は可決です。議案第30号は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第30号は委員長報告のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第21 発議第1号の質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第21、発議第1号、棚倉町ポイ捨てによる空き缶等の散乱及び犬のふん放置防止に関する条例を議題とします。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 鈴木政夫議員。

     (17番 鈴木政夫議員 登壇)



◆17番(鈴木政夫) ただいま議題となりました条例制定案について、反対の立場で討論をいたします。

 その反対の理由でございますけれども、現在棚倉町では環境を美化する、こういうことで各行政区単位に環境美化指導員を設置しております。また、そういうところからの意見も寄せられております。さらには、特別事業として不法投棄を収集するそういう事業も実施いたしております。こういう事業によりましてですね、棚倉町の環境問題も徐々に改善はされてきているというふうに思っております。

 しかし、そもそもは、この問題は衛生組合がごみの収集について有料化にしたというところから一気にこの問題が、不法投棄の問題が出てきた経緯がございます。この議会でも、その問題についてはいろいろと議論されてきたわけでありますが、要は最終的には町民のモラルの向上、こういうものが非常に重要なんじゃないかという意見もかなり出てまいりました。したがって、今、条例によって、あるいは罰則によって、こういうものを監視していくというのは、現段階としてはやはり適当ではないんではないかと、こういうことを指摘いたしまして、反対の討論といたします。



○議長(近藤亥市) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 一ツ松喬義議員。

     (9番 一ツ松喬義議員 登壇)



◆9番(一ツ松喬義) 本条例案を提出した提出者の一ツ松が賛成討論をいたします。

 まずですね、今の反対討論を受けまして、だから条例が要るんです。まず、3年前にこの問題を一般質問で取り上げました。町長がその当時「条例を制定する考えはございません」の一言でした。それから月日がたって、今日までに啓蒙活動をされたと思います。しかしながら、今反対討論者が言われたモラルの向上、果たしてどれだけ進みましたか。

 それから、この条例を制定することとごみの有料化になったことをくっつけて討論すること自体間違っている。ごみを有料化にするということは、ごみ処理に対する経費がかかるから有料化なんです。このポイ捨て禁止、それから犬のふんの放置についての条例は、条例を制定せざるを得ない時期と目的が明確に示されているわけです。それは、いつになっても、ごみのないきれいな棚倉町にはならないでしょうということです。

 それから、捨てないようにさせる方法として、初期の段階ではモラルを向上する。そういうところからいくのは初期の問題です。幾らやってもだめだ。しからば法による規制しか道はないんです。これは一番残念な愚かなことだと思います。しかしながら、現状を見るとそうせざるを得ないと。そうしなくてはきれいになりません。それが現実です。それと、この条例を制定することによって、棚倉町民の意識の向上は大いにできます。

 それから、棚倉の町にごみを持ってきて捨てる人が少なくなるのに一番効果的なのが、この条例の制定です。なぜならば、すべての町民の目が監視の目になるわけです。

 それから、すべての町民が条例に基づいて不法を働く投棄者に注意を堂々とできる。こういうことの確立ができるわけで、日本の国は法治国家であります。議会はもちろんのこと法律に基づいて進めなければいけません。日本国民は法律を守って、きちっと襟を正して生きていく、社会秩序を守っていくと。それを反対する、反対討論する人間の心が理解できない。

 そういったことで、本条例案はもっと早く可決すべきでなかったのかなと。しかしながら、町長が制定しないと言うから、仕方なく議員発議で本議案の提案となったわけであります。少しでも早く当町をきれいにするために、20名の議員も大いにこの条例を制定して活用してきれいにしましょうではありませんかと、こういうことです。

 終わり。



○議長(近藤亥市) これで討論を終わります。

 採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (賛成者2名、近藤光喜、一ツ松喬義、反対者17名)



○議長(近藤亥市) 起立少数であります。

 よって、発議第1号、棚倉町ポイ捨て禁止及び犬のふんの放置防止に関する条例は否決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第22 発議第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第22、発議第2号、棚倉町議会委員会条例の一部を改正する条例をを議題とします。

 議案の説明を求めます。

 鈴木政夫議員。

     (17番 鈴木政夫議員 登壇)



◆17番(鈴木政夫) 発議第2号について説明をいたします。

 棚倉町議会委員会条例の一部を改正する条例。

 棚倉町議会委員会条例の一部を次のように改正する。

 第2条第1項第2号中「福祉健康課」を「福祉課、健康づくり課」に改める。

 附則、この条例は平成15年4月1日から施行する。

 平成15年3月20日提出。提出者、棚倉町議会議員、鈴木政夫。賛成者、棚倉町議会議員、松本英一。

 提案理由については、今定例会に提出されました議案第11号、棚倉町課設置条例の一部を改正する条例による課名変更と整合性を保つためであります。

 以上であります。



○議長(近藤亥市) これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 発議第2号、これは先ほどの健康づくり課の設置に関する条例だと思いますが、何でこれが議員発議なのかなという感じがするわけですね。これは先ほどの課の構造を改革していく中での議案の中にあったわけですね。ですから、当然条例を制定するんであれば町当局が条例案を出すのが常識的に筋じゃないかなと。しかしながら、提出者を見てみますと、2人の議員が提出しておるわけです。これどういうわけなんですか。ちょっと理解しがたい。これは町と提出者にお聞きしたい。



○議長(近藤亥市) 鈴木政夫議員。



◆17番(鈴木政夫) 今回改正しようとする条例は、棚倉町議会委員会条例でございますから、議会の権限に属する問題でありますので、議員提案と、議員の発議とさせていただきました。

 以上です。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 今のは説得力がありません。委員会に、しからばこの議案を提出したのはだれですか。一番の問題は、町の組織構成をするのに町長が出さないでどうする。しかしながら、委員会ですので、議会のことですので、これは議会の組織構造をどうするという問題じゃないんですよ。要するに、棚倉町の組織構成をやるときには、議会でどうこうするということは町政執行の干渉でしょう、これは。だから、新しく課長が1人できて、その課を設置して条例をつくるんですから、町がやって当たり前なんです、これは。議会がやるべきじゃない。



○議長(近藤亥市) 法解釈に関しますので、事務局長に見解を求めます。

 事務局長。



◎議会事務局長(藤田誠一) 一ツ松議員さんの質問のとおり、この課名変更の原意は町の課設置条例に根拠しております。当然です。しかし、議会にとって委員会条例、会議規則、この2つの条例、規則については、議員による議員提出の専属性が求められています。

 よって、会議規則及び委員会条例等については議員みずからが発議し、議会で議決する、町長に提出するよりは議員が提出すべきがベターだと、こういう法解釈になっておりますので、ご理解を賜りたいと思います。

 以上です。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 法の解釈には解釈の仕方がいろいろあるんですよ。議会が出さなければならない、出すべきであるという指摘のある解釈ができる法であれば、それはそれで一つの方法なんです。しかし、そうじゃないんですよ。これはどっちがやっても、どっちでなくちゃならないという指摘じゃないんです。だから、先ほどから言っているように、何で議会がそこまで出しゃばるんだということなんですよ、早い話は。町がしっかりして自分で決めろと、議案は。そういうことを言っているんです。調子のいいときだけ議員を使うなと、こういうことです。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、発議第2号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第23 請願第13号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第23、請願第13号、国民の健康保護、食品の安全行政を確立するための食品安全行政確立を求める意見書に関する請願を議題といたします。

 建設経済委員長の報告を求めます。

 沼田仁志議員。

     (建設経済常任委員長 沼田仁志議員 登壇)



◆建設経済常任委員長(沼田仁志) 日程23、建設経済常任委員会に付託されました請願を審査した結果について報告をいたします。

 付託件名、国民健康保護食品の安全行政を確保するための食品安全行政確立を求める意見書に関する請願でございます。付託年月日、平成14年12月17日。審査年月日、平成14年12月17日及び平成15年3月4日。

 審査の意見及び結果でありますが、当委員会において慎重に審査したところ、食品の偽装表示、残留農薬、食品衛生法違反が連続している中、食品の安全に対する信頼を積極的に回復することは重要なことであるため、全会一致をもって採択すべきものと決定したので報告をいたします。



○議長(近藤亥市) これから委員長の報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 本請願は委員長報告のとおり採択することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、請願第13号は採択することに決定しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第24 請願第1号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第24、請願第1号、平和のための日本の基本姿勢の堅持に対する意見書の提出を求める請願を議題といたします。

 総務常任委員会の報告を求めます。

 松本英一議員。

     (総務常任委員長 松本英一議員 登壇)



◆総務常任委員長(松本英一) 日程24、総務常任委員会に付託された請願を審査した結果について報告いたします。

 付託件名、平和のための日本の基本姿勢の堅持に関する意見書の提出を求める請願。付託年月日、平成15年3月10日。審査年月日、平成15年3月12日。

 審査の意見及び結果でありますが、当委員会において慎重に審査したところ、武力による紛争解決に反対し、国際平和解決に向け貢献を果たすことは重要であるため、全会一致をもって採択すべきものと決定しましたのでご報告いたします。

 以上です。



○議長(近藤亥市) これから委員長の報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 本請願は委員長報告のとおり採択することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、請願第1号は採択することに決定しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第25 請願第2号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第25、請願第2号、福島県最低賃金の引き上げと早期発効を求める意見書の提出の請願を議題といたします。

 建設経済常任委員長の報告を求めます。

 沼田仁志議員。

     (建設経済常任委員長 沼田仁志議員 登壇)



◆建設経済常任委員長(沼田仁志) 日程25、建設経済常任委員会に付託されました請願を審査した結果について報告をいたします。

 付託件名、福島県最低賃金の引き上げと早期発効を求める意見書の提出の請願。付託年月日、平成15年3月10日。審査年月日、平成15年3月12日。

 審査の意見及び結果でありますが、当委員会においては慎重に審査したところ、一般労働者の最低賃金を引き上げることにより、中小零細企業に働く者の生活改善を図ることは重要であるため、全会一致をもって採択すべきものと決定しましたので、ご報告を申し上げます。



○議長(近藤亥市) これから委員長の報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 本請願は委員長報告のとおり採択することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、請願第2号は採択することに決定しました。

 ここで3時35分まで休憩します。

                         (午後3時25分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         (午後3時31分)



○議長(近藤亥市) 休憩前に引き続き再開いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第26 総務常任委員会における所管事務調査の結果報告について



○議長(近藤亥市) 日程第26、総務常任委員会における所管事務調査の結果報告についてを議題とします。

 総務常任委員会の報告を求めます。

 松本英一議員。

     (総務常任委員長 松本英一議員 登壇)



◆総務常任委員長(松本英一) 総務常任委員会の所管事務調査の行政調査について、その概要をご報告いたします。

 当委員会は去る1月21日、22日、23日、埼玉県児玉郡上里町、まちづくりについてと山梨県北巨摩郡小淵沢町、町村合併、入札契約について状況調査を実施してまいりました。

 上里町は埼玉県の北部に位置し、町の人口は3万 923人、首都圏のベッドタウンとして年々人口が増加しております。また、上里町は「いつまでも住み続けたい町をつくります」を掲げたまちづくりや、男女共同参画都市宣言をして、これを町の顔としており、全国へその町名が知られたところでありました。平成14年度一般会計予算は75億 9,000万円となっており、町の面積は 29.21平方キロメートルで、産業の形態は第1次産業が10.2%、第2次産業が44.2%、第3次産業が45.6%となっておりました。

 さて、今回の調査の目的でありますが、まちづくりについて、ハイウエーオアシス構想についてと男女共同参画社会を目指してについての2点、最初にハイウエーオアシス構想についてでありますが、概要は次のようになっております。

 上里サービスエリア周辺地区整備事業、目的、上里サービスエリア周辺地域と高速道路利用者との交流と憩いの場を整備し、地域活性化を図る。上里サービスエリア周辺事業として事業面積17ヘクタール、上り車線、全部で17ヘクタール、上り車線6ヘクタール、下り車線11ヘクタール、ふるさとづくり事業の一環と位置づけて随時、国・県、道路公団、地元団体等と協議しながら、構想段階から計画へと進める段階で今後の上里町発展に期待したいと思います。また、当町としても参考とすべき課題であると感じてきたところであります。

 次に、男女共同参画社会を目指してについてでありますが、男女共同参画都市宣言を平成13年11月3日に行い、男女がお互いに人権を尊重し、平等、自立、平和を基本理念として心豊かな活力あふれる上里町の実現を目指し、取り組んでおります。

 また、共同参画社会実現に向けて学習、情報、交流、支援の各機能を備えた施設を平成11年に約3億円で敷地面積 4,114平方メートル、鉄骨づくり平屋建て1,309.31平方メートルの敷地を建設し、ウィズユー上里の名称で多彩な活動の拠点として展開しており、当町としても上里町の事例を参考に、男女共同参画の件について検討すべき課題ではないかと思考するものであります。

 次に、小淵沢町は山梨県最北端に位置する八ヶ岳南麓の町で人口 6,000人の町で標高 850メートルの台地に広がる、空は広く、北は八ヶ岳、南には南アルプス、東には富士山や秩父連峰と標高 3,000メートル級の山々に囲まれ、その山並みの景観は日本一を誇っております。交通の便にも恵まれ、現在はホテル、ペンション、美術館、温泉施設、また多くの乗馬クラブや馬術競技場があり、馬の温泉やトレッキングコースも整備され、馬の町として注目されております。

 さて、町村合併についてでありますが、結論から申し上げますと、2度にわたる住民アンケートの結果を尊重し、昨年9月議会に議員発議で峡北地域7町村で構成する合併協議会へ加わらない決議がされました。

 以上、小淵沢の合併問題取り組みの概要でありますが、当町でも参考として検討する課題であると思考されますので、積極的に取り組む必要があると思います。

 次に、入札についてであります。小淵沢の入札についての認識は以下のようです。

 政官業の癒着の構造改革、納税者の視点に立っての競争性向上、公正の確保、透明性、業者・役所の対等性、役所の可能な限りの権限放棄、地域産業振興における育成論、これらの検証や見直しがなされない限り、入札制度の改革はありません。平気で繰り返す再入札を入札1回限りとすべきです。業者が最大の努力で入札した価格が予定価格に届かなくても、役所の見積もり書が検証しないままで再度入札を強要したとすれば、対等性を欠くものとなります。

 次のように視察資料には明記されております。小淵沢の視察資料の内容をこれから申し上げます。

 過去の入札制度では99%に集中する落札率。過去の入札結果データを調査すると、積算価格から1・2%減額した金額が予定価格であり、予定価格と落札価格の差は1%にも満たないことが判明する。

 問われる役所の責任。建設業界に談合が恒常化しているのは、すべて役所の責任であると考えられる。談合するのは業者なのだから、業者のモラルが問題だなどという役所があるが、無責任にもほどがある。また、最近特に気になることの一つに、あちこちの県や市町村で予定価格の公表が発表されているが、一体何の論議なのか知りたいものである。まさかと思うが、情報公開と勘違いしていたら恥ずかしい。

 談合させない工夫。一般競争入札、制限つき一般競争入札の導入で談合を難しくする。指名競争入札であっても、多くの業者を参加させ、指名業者をわからなくする。自社指名、追加指名を行う。参加業者を特定できなくするために、郵送、電子入札を行う。業者を2組に分け、時期をずらして同一工事2度入札・同時開封をする。談合に参加しない確信の持てる業者を1ないし2社を加えるなどの工夫がそれほど難しくはない。要するに防止する姿勢があるかないかである。

 以上の入札改革を実践して落札率80%に随意契約も激減し、小淵沢町の入札改革が大成功していると思考されますが、当町でもぜひご検討くだされますようご報告いたします。

 詳細については、議長あて報告書を提出しておりますので、よろしくお願いいたします。

 以上、報告といたします。



○議長(近藤亥市) 以上で委員会からの報告を終わります。

 これより委員長に対する質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これで総務常任委員会における所管事務調査の結果報告についてを終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第27 厚生文教常任委員会における所管事務調査の結果報告について



○議長(近藤亥市) 日程第27、厚生文教常任委員会における所管事務調査の結果報告についてを議題とします。

 厚生文教常任委員会の報告を求めます。

 鈴木理義議員。

     (厚生文教常任委員長 鈴木理義議員 登壇)



◆厚生文教常任委員長(鈴木理義) 厚生文教常任委員会における所管事務調査の結果についてご報告いたします。

 厚生文教常任委員会において、去る平成15年1月23日、神奈川県大井町にあります大井町保健福祉センターの行政視察を実施いたしましたので報告いたします。

 当日10時より、大井町役場内の大井町保健福祉センター会議室において、大井町事務当局から保健福祉センターの運営全般にわたり詳細に説明を受けました。

 まず、大井町は神奈川県の西部、足柄平野の東部に位置し、横浜市から約50キロメートルの距離にあります。町は東西5.62キロメートル、南北に5.18キロメートルという狭く、総面積で 1,441平方メートルの小さな町であります。しかし、人口は平成14年11月現在で1万7,291 人あり、世帯数が 5,826世帯になっております。町は近隣都市部のベッドタウンとなっており、合併時からは人口が毎年増加しております。町では新しい総合計画、夢おおい21プラン大井町第4次総合計画を策定し、まちづくりの目標を足柄環境と調和と健康の町と定め、事業を展開しております。

 健康分野におきましては、自主的な健康づくりを支援し、生涯にわたる保健対策を進めるとともに、地域医療の充実に努めていると言います。特に生活習慣病を防ぐため、各種の教室やセミナー、健康相談を実施しています。

 また、乳幼児の健康を守るため、健康診断や保健事業を実施しています。これからの事業拠点であります大井町保健福祉センターは平成9年に完成し、総面積 1,493平方メートル、鉄骨コンクリートづくりの2階建て、延べ床面積が 2,454平方メートルであります。利用時間が月曜日から金曜日の午前9時から午後5時までです。土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始は休館となっております。

 そして、翌年度から建物へ入居したのは、まず1階の福祉ゾーンには町の組織であります福祉部の中の福祉課と健康づくり課、社会福祉協議会、生きがい対応型デイサービス、高齢者生きがい事業団、障害者地域作業所があります。

 2階は健康ゾーンとして、母子保健事業、成人保健、予防施設事業などの対応の場としております。このほかにボランティアグループの活動の場を加え、保健福祉の総合的な施設としております。町民の健康管理や在宅福祉の事業活動がより充実されていくものと推察してまいりました。これらは棚倉町で建設した保健福祉センターと非常に似ており、保健と福祉部門の一体として取り組むことが大いに効果があるのではないかと感じてまいりました。

 次に、伊奈町の研修なんですが、2日目の研修は茨城県南西部に位置する筑波郡伊奈町に場所を移し、学校給食センターを視察研修してまいりました。

 伊奈町は人口2万 6,000人を有し、町は南西部の水田地帯と、都心から50キロメートル範囲内の地を生かした施設園芸などが盛んな畑地帯が北東部に分かれており、農業の盛んな町であり、近年は常磐自動車道、JR常磐線、国道6号線から近いという地理的な条件に恵まれた田園都市であります。

 伊奈町の学校給食は、県下に先駆け昭和37年に開始し、児童生徒数の増加に伴い昭和49年に建てかえ運営されておりましたが、老朽化と米の炊飯可能な施設として平成7年7月から再度建てかえ、同年5月より供給開始している給食センターであります。

 学校給食センター施設概要は、敷地面積 4,935平方メートル、建築面積 1,392.8平方メートル、1階が 1,176.1平方メートル、2階が222.19平方メートル、鉄骨づくりの一部2階建て、建築費が計画及び準備到達含めて約7億 6,000万円の建設であります。1階には事務所、調理室、洗浄室、地下処理室、研修室、米保管庫、食品庫、冷蔵庫、冷凍庫、中間処理室、野菜くずなどの処理室、ボイラー室などがあり、2階には1階の調理作業が臨める見学ギャラリーのほか、父兄のおやつづくりが可能な調理実習室、会議・休憩室、洗濯室がありました。

 また、野外施設はガスボンベ室、電気室、雑水処理施設室、倉庫、車庫、ごみ置き場、駐車場であります。

 調理方法は食材研修室、下処理室、調理室、炊飯ベース、洗浄室などの作業員が直接行き来できないよう仕切りを設け、さらには汚染菌の繁殖源となる水の使用量を抑えた衛生管理を徹底追求した完全ドライ方式であります。

 給食内容能力は自己炊飯 4,000食でありますが、平成14年度5月1日現在の給食数は幼稚園2園で 359、小学校6校で 1,391食、中学校2校で 776食、給食センターが32食の合計2,558 食であります。本町の約 1.2倍食であります。排水施設は浄化槽設置で対応され、熱源のボイラーは重油燃料で2基設置し、並行稼働により非常時の対応備えた設備であります。

 施設の運営状況についてですが、職員数は36名勤務しておりますが、町職員が8名、所長、係長、職員6名の調理員です。栄養係長が2名、県職員、運転手4名は運送会社の委託職員、その他調理員として臨時職員21名、清掃作業員としてシルバー人材派遣職員が1名おり、本町の 2.1倍でありました。給食費は1食当たり幼稚園が 195円、小学生が 207円、中学生、職員、給食センター職員が 238円で、本町の給食費、幼稚園 250円、小学校 260円、中学校310 円に比べて約22%安い状況にあります。

 献立における内容として、本町でも希望献立、セレクト給食、かみかみ献立やお握り給食の日を設定しておりますが、伊奈町においても、学校、幼稚園の給食主任会議の開催により献立内容の検討を行いながら、リクエスト献立と称し、児童生徒による献立を月1回実施するとか、児童生徒に給食を選択させる選択給食の導入により、食事の楽しさや喜びを味わうとともに、自己管理能力を育成させたいなどの実施をしているそうです。

 地産地消の取り組みとしては、本町の場合は、地元生産者が農協に出荷したりにより、町青果組合経由で購入可能なのかどうかを調査しておりますが、伊奈町は産地産米や地産野菜を農協から一括購入し、新鮮で低廉、安い野菜使用により、地域農業に対する理解が深められる給食づくりに努めているところであります。

 最後に、感想でありますが、本町においても平成16年度において給食センター建設の計画をしておりますが、調理体系の完全ドライ方式は、仕切りは煩雑のように感じられますが、床がとても清潔で衛生面を重視すれば、こうしたあり方がしかるべきと思います。

 ただ、調理作業が見学できる場所の設置は、子供ばかりか父兄の理解を得るために必要でありますが、平成13年度に本町が実施した建設基本計画には、こうした内容が取り組まれていると聞いておりますが、ぜひ実行してほしいと思っています。

 それから、給食費の違いには驚きましたが、安値原因とは飯米の自己炊飯や給食調理員の増員による賄い材料からの給食づくり、さらには野菜などの農協一括購入によるものと考えていますが、いずれにいたしましても、その町その町の事情があることは承知しておりますが、施設整備や調理人員の確保に要する町一般財源の負担や賄い材料の調達方法を検討など、対応可能なことがあるか検討すべきであると思いましたが、以上で厚生文教常任委員会の視察研修の報告といたします。

 終わります。



○議長(近藤亥市) 以上で委員会からの報告を終わります。

 これより委員長に対する質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これで厚生文教常任委員会における所管事務調査の結果報告についてを終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第28 建設経済常任委員会における所管事務調査の結果報告について



○議長(近藤亥市) 日程第28、建設経済常任委員会における所管事務調査の結果報告についてを議題とします。

 建設経済常任委員会の報告を求めます。

 沼田仁志議員。

     (建設経済常任委員長 沼田仁志議員 登壇)



◆建設経済常任委員長(沼田仁志) 建設経済常任委員会の行政調査でございますが、建経の皆さんはとても頭がよくて、私まとめるのに皆さんにご意見をしっかりと聞いてまとめたので、短いながらも勉強はしっかりしてまいりましたから、ひとつよくお聞きください。

 建設経済常任委員会の所管事務調査報告を行います。平成14年10月15日に第2委員会室において中心市街地の道路など整備計画の推進について議題として所管事務調査を行いました。その結果、町は城下町としての風情を残す中心市街地の機能強化と歴史、現代性の融合するまちづくりとして棚倉町まちづくり事業策定計画調査報告書を取りまとめていました。

 その概要について申し上げますと、1に国道18号高質化整備、2に北町城跡北裏道整備、3に城跡入り口道路整備、4に城跡北側駐車場の整備、5にシンボルモニュメント整備、6にルネサンス連携道歩道整備、7に多目的広場、にぎわい広場整備、8に亀ケ城シンボル道路整備、9に城ポール整備の12事業であり、総事業費は8億 4,340万のうちの5カ年計画で整備しようとするものであります。

 この事業の推進のため、さらに先進地の視察研修調査が必要であると考え、棚倉町議会規則第74条の規定により委員会派遣承認要求書を議長に提出し、許可され、平成14年11月20日、群馬県沼田市において中心市街地の道路整備事業の推進方策について調査研究をしてまいりました。沼田市は、群馬県の北部に位置し、東京から約 150キロ、県庁所在地である前橋からは約30キロメートルのところにあり、市街地は利根川、薄根川、片品川浸食により形成された河岸段丘の上に広がった人口4万 7,288人の市であります。

 しかし、昭和40年以降の車社会の出現、特に関越自動車道や上信越新幹線の開業など高速交通網の発展により、中心部から郊外へ人口や消費者の流出が容易になり、中心市街地の空洞化が進行しているところでありました。

 このため、沼田市は平成11年1月に中心市街地活性化基本計画を策定し、平成10年12月1日より平成23年3月31日までの13年間の年次計画で、国道 120号に面する中心市街地のおよそ 8.4ヘクタールにおいて群馬県の単独支援事業や国のまちづくり総合整備支援事業、道路特別会計などの財源により土地区画整理事業に当たり、中心市街地の活性化を図るため、都市整備課において道路整備計画や下水道や上水道の整備、用地買収や商工会議所等のTMOの連携や都市計画事業を包括的に進めていました。特筆すべきことは、都市整備課が本庁を離れ、中心市街地の空き店舗跡地などにプレハブ事務所を建て、積極的に地域住民とかかわり、比較的長期間にわたり空き地や工事が発生することから工事の商店街のイメージダウンによる衰退や苦痛について対応するため、群馬県の町村再生総合支援事業や商店街まちづくり総合支援事業を活用し、イベントやチャレンジショップを率先して開催し、原価保証による用地の先行回収を行っているところでありました。

 以上の調査の結果により、本町における中心市街地の道路整備事業の計画の推進について結論は、棚倉町における中心市街地の道路など整備事業は、まちづくり総合支援事業は建設課、TMO推進については商工観光課、雨水対策については下水道課とそれぞれ事務が分かれておりますが、中心市街地活性化のさらなる円滑な推進のために、今後はこれらの事務を一元的に取り扱う中心市街地活性化対策室なども設置し、国・県との連絡や整備やTMO等のイベントの共同開催、地元商店街の対応などが必要であると考えられます。

 以上で報告終わります。



○議長(近藤亥市) 以上で委員会からの報告を終わります。

 これより委員長に対する質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これで建設経済常任委員会における所管事務調査の結果報告についてを終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第29 議会運営委員会における所管事務調査の結果報告について



○議長(近藤亥市) 日程第29、議会運営委員会における所管事務調査の結果報告についてを議題とします。

 議会運営任委員会の報告を求めます。

 鈴木政夫議員。

     (議会運営委員長 鈴木政夫議員 登壇)



◆議会運営委員長(鈴木政夫) 平成15年2月6日、議会運営委員会における所管事務調査を実施いたしましたので、その結果について報告いたします。

 調査は奈良県斑鳩町役場で行われました。調査の内容は、年間の会議運営について、土曜議会開催の経緯と結果について、各常任委員会の活動状況についての3点について調査を実施いたしました。斑鳩町は人口2万 8,971人の町でありますが、議員定数は16名、昭和30年の合併で16名としましたが、その後、人口は増加したが、定数はそのまま今日に至ったとの説明でした。斑鳩町の年間を通しての議会運営については、昨年の3月定例会は会期25日間で、予算審議は審査特別委員会を設置して審議しておりました。また、一般町民の傍聴の利便を図る目的で、土曜日曜に一般質問を開催し、町民には好評であったが、現在は中止しているとのことでした。理由は、町民から再開の要望がないことと、職員の超過勤務手当など財政的な面でも意見が出ているとのことでした。

 一般質問は一問一答方式で実施しております。持ち時間は答弁含めて60分で、自席からの質問であります。この方式の利点は、回数に関係なく質問できる点でありますが、欠点として答弁が長いと時間がなくなる点であるとの説明がありました。同時に、定められた時間内に聞きたい点をどう引き出すのか、議員として努力と勉強のしどころであるとの意見もありました。

 常任委員会の活動については、委員会中心主義をとっておりましたが、議員定数が16名の中で欠員2名、委員会の構成そのものが困難を来しているとの説明がございました。

 以上が所管事務調査の内容でありますが、参考となる点を我が町の今後の議会運営にも生かしていくことを申し上げ、報告といたします。



○議長(近藤亥市) 以上で委員会からの報告を終わります。

 これより委員長に対する質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これで議会運営委員会における所管事務調査の結果報告についてを終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第30 棚倉町議会町村合併調査特別委員会の中間報告について



○議長(近藤亥市) 日程第30、棚倉町議会町村合併調査特別委員会の中間報告についてを議題とします。

 委員会の中間報告については、会議規則第47条第2項の規定により、議会の承認を必要とします。

 お諮りします。

 中間報告をすることについてご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、中間報告することは承認されました。

 町村合併調査特別委員会の中間報告を求めます。

 松本英一議員。

     (町村合併調査特別委員長 松本英一議員 登壇)



◆町村合併調査特別委員長(松本英一) 日程30、棚倉町議会町村合併調査特別委員会の中間報告をいたします。

 会議規則第47条第2項の規定により、当該委員会の審査の経過について中間報告を申し上げます。

 第1回招集日、平成14年12月17日。場所、正庁。

 審議の経過と結果でありますが、委員長及び副委員長の互選について。委員長、松本英一。副委員長、鈴木理義。

 第2回招集日、平成14年12月19日。場所は正庁。

 審議過程と結果、当面する問題について協議し、具体的な項目については継続審査とする。委員会は月1回開催とする。

 第3回招集日、平成15年1月16日。場所、正庁。

 審議経過と結果、1、棚倉町における町村合併のあり方。2、町村合併に対する住民意向の把握の仕方。3、町村合併の是非の判断するに必要な事項。以上3項目について審議することを全会一致で決しました。

 第4回招集日、平成15年2月21日。場所、正庁。

 審議経過と結果、住民投票に関する条例を議員発議で提出すること、条例素案作成を委員長に一任し、次の委員会で審議することを賛成多数で決しました。賛成者15名、反対者1名。

 第5回招集日、平成15年3月6日。場所、議員控室。

 審議経過と結果、委員長から住民投票条例素案が示され、説明の後、質疑を行った。次に、この条例案の提出方法については各委員により意見交換があった後、最終的に一ツ松喬義委員の発言が議題となり、一ツ松委員の意見のとおり全会一致で決しました。

 なお、一ツ松委員の意見の要旨は次の2点であります。

 1、議案提出者等をだれにするか等の論議は、委員長が提出者となり賛成者3名は私が募りますということで結構でしょうという意見でありました。

 2、条例案の提出は議員発議となるので、賛成者及び提出者をだれにするか等、当委員会で決める必要はない。

 以上で当委員会の審査の結果について中間報告といたします。



○議長(近藤亥市) 以上で説明を終わります。

 なお、質疑については特別委員会に所属していない議員だけが行うことができます。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これで棚倉町議会町村合併調査特別委員会の中間報告についてを終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第31 委員会の閉会中の継続審査について



○議長(近藤亥市) 日程第31、委員会の閉会中の継続審査についてを議題とします。

 本件については、町村合併特別委員会から、目下当該委員会において審議中の事案について会議規則第75条の規定による閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。

 町村合併調査特別委員会の申し出書のとおり、閉会中の継続審査を承認することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、継続審査の申し出は承認されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加について



○議長(近藤亥市) ただいま町長と議員3名から、それぞれ議案等の提出がありました。提出されたのは諮問第1号、人権擁護委員候補者の推薦について、議案第31号、助役の選任について、発議第3号、国民の健康保護、食品の安全行政を確保するための食品安全行政確立を求める意見書の提出について、発議第4号、平和のための日本の基本姿勢の堅持に関する意見書の提出について及び発議第5号、福島県最低賃金の引き上げと早期発効を求める意見書の提出についてであります。

 お諮りします。

 これらの5件の議案等を日程に追加し、それぞれ追加日程第1から追加日程第5までとし、議題にしたいと思います。ご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、諮問第1号、議案第31号、発議第3号、発議第4号及び発議第5号は、それぞれ日程に追加し、追加日程第1から追加日程第5までとし、議題とすることに決定しました。

 ここで追加議案の配付をしますので、暫時休憩します。

                         (午後4時12分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         (午後4時14分)



○議長(近藤亥市) 休憩前に引き続き再開します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第1 諮問第1号の上程、説明、採決



○議長(近藤亥市) 追加日程第1、諮問第1号、人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。

 議題の説明を求めます。

 町長。



◎町長(藤田幸治) 諮問第1号、人権擁護委員候補者の推薦についてでありますが、このたび推選を申し上げます人権擁護委員につきましては、平成15年5月31日をもって任期満了となる湯座敏子委員の後任委員であります。湯座委員は平成12年から1期3年間、人権擁護委員として、また平成7年から2期6年間、民生委員として精励され、人格、識見ともに高く、地域の人望も厚く、適任者であると存じますので、さらに経験を生かしてご活躍をいただきたく、再度棚倉町大字棚倉字鉄砲町4番地、湯座敏子氏、昭和12年8月27日生まれを推薦しようとするものであります。

 何とぞ全会一致のご同意を賜りますようお願いを申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(近藤亥市) 説明を終わります。

 質疑は省略します。

 本件は人事案件です。したがって、討論を行わないで採決いたします。

 お諮りします。

 本件は原案に同意する意見とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、諮問第1号はこれに同意する意見とすることに決定しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第2 議案第31号の上程、説明、採決



○議長(近藤亥市) 追加日程第2、議案第31号、助役の選任についてを議題とします。

 議案の説明を求めます。

 町長。



◎町長(藤田幸治) 議案第31号、助役の選任についてでありますが、本議案は、平成13年4月1日から助役として町政の振興にご尽力をいただきました小松信之氏が福島県に復帰することとなり、本年3月31日をもって退職することになったことから、新たな助役の選任をしようとするものであり、地方自治法第 162条の規定に基づき議会の同意を求めるものであります。

 小松氏におかれましては助役就任以来、行財政改革、中心市街地活性化事業、保健福祉センターの整備、市町村合併の課題など多様化するニーズに対応する事業に積極的に取り組んでいただき、深く感謝を申し上げる次第であります。つきましては、これまでの事業をさらに推進し、町民の福祉の向上を図るため、棚倉町大字関口字四辻7番地、塩田浩氏、昭和21年1月13日生まれを助役に選任したいので、議会の同意を求めるものであります。

 塩田氏は昭和40年奉職以来、町職員として職務に精励し、長年にわたってすぐれた行政手腕を発揮してきたところであり、平成14年第2回棚倉町議会定例会において収入役の選任についてご同意をいただき、平成14年7月1日から職務を遂行しているところであります。

 なお、塩田収入役の助役選任に当たりまして、収入役の職務は当面空席とし、出納室長がその職務を代理し、事務に当たることといたします。

 塩田氏のすぐれた識見と人柄は私を補佐し、本町の発展に寄与する適任者であると存じますので、何とぞ全会一致のご同意を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(近藤亥市) 説明を終わります。

 質疑は省略します。

 本件は人事案件です。したがって、討論を行わないで採決いたします。

 お諮りします。

 本件は原案に同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第31号は原案に同意することに決定しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第3 発議第3号の上程、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 追加日程第2、発議第3号、国民の健康保護、食品の安全行政を確保するための食品安全行政確立を求める意見書の提出についてを議題とします。

 本件に関する趣旨説明は会議運営に関する基準第63に該当しますので、提案者の説明を省略します。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、発議第3号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第4 発議第4号の上程、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 追加日程第4、発議第4号、平和のための日本の基本姿勢の堅持に関する意見書の提出についてを議題とします。

 本件に関する趣旨説明は会議運営に関する基準第63に該当しますので、提案者の説明を省略します。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、発議第4号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第5 発議第5号の上程、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 追加日程第5、発議第5号、福島県最低賃金の引き上げと早期発効を求める意見書の提出についてを議題とします。

 本件に関する趣旨説明は会議運営に関する基準第63に該当しますので、提案者の説明を省略します。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、発議第5号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△助役あいさつ



○議長(近藤亥市) 以上で本定例会の会議に付された事件は全部終了しましたが、ただいま3月31日をもって退職することとなりました小松助役から退任のあいさつの申し出がありましたので、発言を許可します。

 助役。

     (助役 小松信之 登壇)



◎助役(小松信之) 晴れの本会議場におきまして、私の退職のあいさつの機会をお与えいただきましたことにつきまして、議長さん初め議員の皆様方にまずもって厚く御礼を申し上げます。

 私は、このたび3月31日をもちまして助役の職を辞し、県に復帰することになりました。平成13年4月1日に着任して以来2年という私の在職期間は、まことに短いものでありましたが、地方自治体を取り巻く状況が大きく変化している中におきまして、藤田幸治町長のもと助役として、安心して暮らせる町、住んでよかったと思える町の実現に向けた諸般の行政に参画してまいりました。その間、常に町議会の皆様方の温かいご指導をいただいてまいりましたが、若輩者の私にとりましては手に余る厳しい試練の連続でありまして、職員が常によく頑張って私を助けてくれました。

 かくいたしまして、藤田幸治町長並びに町議会の皆様方の温かいご指導のもと、職員とともに2年の間棚倉町の行政に参画できましたことは、私にとりまして生涯の光栄であり、終生忘れ得ぬ思い出となるものと存じます。今日までご指導いただきました皆様方に対し、改めて厚く御礼を申し上げる次第であります。

 退職をするに当たり、翻って考えますに、私たちはこの時代に自分たちの子孫のために何をなしたのかという将来の世代に対する説明責任を有していると存じます。この責任を全うするためには、今こそ棚倉町の将来を考える最も重要な時期にあるのではないかと思うものでございます。

 また、本町は中心市街地活性化水道水源確保に伴う財政負担など多くの課題にも取り組んでいるところでありますが、国、地方を通ぜず財政状況の悪化、高齢化の進行等をかんがみますと、今後とも町政はなお厳しい試練の中に置かれるものと考えられるのであります。どうか町議会と執行部との関係が従来にも増して、より緊密に協調の実を上げられ、棚倉町の理想実現に向かってご努力をいたされますよう、まことに僣越ではございますが、この際、心からお願いを申し上げる次第でございます。

 私は本定例会をもって議員の皆様ともお別れしなければなりませんが、今日までのご縁をご縁として、今後とも相変わらずご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。県に復帰をいたしましても、福島県と棚倉町の発展のために微力を尽くす覚悟でございますので、今後とも一層のご指導とご鞭撻をお願い申し上げます。

 最後に、謹んで棚倉町の限りない発展をご祈念いたしますとともに、皆様方がいつまでもご健康で本町発展のためにご活躍くださいますことを心からお願い申し上げまして、甚だ意を尽くしませんが、退職のあいさつといたします。本当にお世話になりました。ありがとうございました。(拍手)



○議長(近藤亥市) 以上で退任あいさつを終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(近藤亥市) これで本日の会議を閉じます。

 平成15年第1回棚倉町議会定例会を閉会いたします。

 大変ご苦労さまでした。

                         (午後4時25分)

地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。

 平成15年  月  日

     議長        近藤亥市

     署名議員      長田勝重

     署名議員      菊地尚平