議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 泉崎村

平成15年  3月 定例会(第1回) 03月10日−01号




平成15年  3月 定例会(第1回) − 03月10日−01号







平成15年  3月 定例会(第1回)



棚倉町告示第7号

 平成15年第1回棚倉町議会定例会を次のとおり招集する。

  平成15年3月4日

                         棚倉町長  藤田幸治

 1 期日  平成15年3月10日 午前10時

 2 場所  棚倉町役場 議場

     平成15年第1回棚倉町議会定例会議事日程(第1号)

          平成15年3月10日(月曜日)午前10時00分開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

日程第3 諸般の報告

日程第4 町長の提出議案等の一括上程及び提案理由の説明

日程第5 報告第1号 専決処分の報告について

日程第6 報告第2号 専決処分の報告について

日程第7 報告第3号 専決処分の報告について

日程第8 報告第4号 専決処分の報告について

日程第9 議案第1号 専決処分の報告及びその承認について

日程第10 議案第2号 平成14年度棚倉町一般会計補正予算(第6号)

日程第11 議案第3号 平成14年度棚倉町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

日程第12 議案第4号 平成14年度棚倉町老人保健特別会計補正予算(第3号)

日程第13 議案第5号 平成14年度棚倉町介護保険特別会計補正予算(第3号)

日程第14 議案第6号 平成14年度棚倉町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

日程第15 議案第7号 平成14年度棚倉町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)

日程第16 議案第8号 平成14年度棚倉町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)

日程第17 議案第9号 平成14年度棚倉町宅地用地取得造成事業特別会計補正予算(第1号)

日程第18 議案第10号 平成14年度棚倉町霊園整備事業特別会計補正予算(第2号)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20名)

     1番  岡部正男議員      2番  佐藤忠政議員

     3番  面川勝良議員      4番  渡辺義夫議員

     5番  金澤敏男議員      6番  近藤光喜議員

     7番  松本英一議員      8番  立原龍一議員

     9番  一ツ松喬義議員    10番  沼田仁志議員

    11番  鈴木理義議員     12番  甲賀七郎議員

    13番  長田勝重議員     14番  菊地尚平議員

    15番  小林茂樹議員     16番  服部トモ子議員

    17番  鈴木政夫議員     18番  鈴木隆夫議員

    19番  松本喜代秀議員    20番  近藤亥市議員

欠席議員(なし)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  町長      藤田幸治     助役      小松信之

  収入役     塩田 浩     教育長     和知賢示

  総務課長    鈴木清一     企画課長    鈴木政光

  建設課長    藤田敬志     農林課長    安部憲雄

  福祉健康課長  藤田和彦     商工観光課長  鈴木敏光

  税務課長    秦 節夫     教育総務課長  藤田喜作

  生涯学習課長  塩田正通     住民課長    割栢行夫

  体育振興課長  松本則雄     下水道課長   須藤 洋

                   給食

  水道課長    植村直廣             菊池 一

                   センター所長

  農業委員会

          田中三夫     監査委員    金澤政雄

  事務局長

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

  議会事務局長  藤田誠一     係長      小田貴史

  主任主査    角田カツヨ

                         (午前10時00分)



△開会及び開議の宣告



○議長(近藤亥市) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員数は20名です。定足数に達していますので、平成15年第1回棚倉町議会定例会を開会します。

 会議に先立ち、ご注意申し上げます。

 携帯電話をお持ちの方は電源が入っていないことを確認してください。傍聴者の方は傍聴のお願いを必ず守ってください。

 なお、報道機関等に対しては写真の撮影を許可していますので、ご了承願います。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(近藤亥市) 会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第 120条の規則によって、

 13番 長田勝重議員

 14番 菊地尚平議員

を指名します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(近藤亥市) 日程第2、会期の決定を議題とします。

 会期については、去る3月4日に本定例会の招集に当たり、議会運営委員会が開かれています。その審査の経過と結果について、議会運営委員長の報告を求めます。

 鈴木政夫君。

     (議会運営委員長 鈴木政夫議員 登壇)



◆議会運営委員長(鈴木政夫) 議会運営委員会の報告を行います。

 去る3月4日午前10時より議会運営委員会を開催し、平成15年第1回棚倉町議会定例会の議事日程などについて協議をいたしましたので、その結果について報告いたします。

 まず、今回提案される案件は、報告4件、承認1件、平成14年度補正予算9件、条例の制定または一部改正が8件、その他1件、平成15年度一般会計予算など予算関係の議案が10件となっております。

 また、議員発議による議案が1件上程され、さらに特別委員会の報告の後、議員発議による議案が追加上程される予定であります。

 請願は2件でありますが、審査の結果によっては意見書提出などの議案が予定されます。

 また、人事案件が2件、人権擁護委員と助役の選任に関する案件が追加提案される予定であります。

 このような議案を審議する会議の日程は、本日3月10日から3月20日までの11日間の会期といたします。

 次に、議事日程でありますが、第1日目の本日は報告第1号から報告4号まで説明と質疑を行います。その後、議案第1号から第10号まで説明、質疑、討論、採決を行います。

 2日目の3月11日は、議案第11号から議案第20号まで説明を受けます。次に、議案第21号から議案第30号までを説明、質疑の後、委員会に付託いたします。その後、発議第1号を議題とし、説明を受けます。

 なお、今回より、当初予算につきましては予算特別委員会を設置して付託することとなりました。

 3日目の3月12日は、午前10時から一般質問を行います。

 4日目の3月13日は、休会とします。

 5日目の3月14日は、各委員会の開催日といたします。

 6日目の3月15日と7日目の16日は、休会といたします。

 8日目の3月17日は、予算特別委員会の現地調査を行います。

 9日目の3月18日は、午前10時より予算特別委員会を開催し、一般会計当初予算の審議を行います。

 10日目の3月19日は、予算特別委員会を午後1時30分より開催し、各特別会計当初予算の審議を行います。

 11日目の 3月20日は最終日でありますが、午後1時30分より開催し、議案第11号から議案第20号までの質疑、討論、採決を行います。次に、議案第21号から議案第30号までを委員長報告の後、討論、採決を行います。その後、発議第1号について質疑、討論、採決を行います。最後に、町村合併調査特別委員会を初め常任委員会など各委員会の報告を行い、その結果によって追加議案が上程されることとなります。

 次に、一般質問でありますが、9名の議員より通告がありましたが、全員に許可いたします。

 なお、今回より、1議員の質問時間を答弁を含め60分以内とすることに決定しました。ただし、議長が必要と認めた場合は時間を延長することができることとしました。

 以上をもって議会運営委員会の報告といたします。



○議長(近藤亥市) 以上で議会運営委員会の報告を終わります。

 お諮りします。

 本定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおりにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます

 よって、会期は本日から3月20日までの11日間と決定しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 諸般の報告



○議長(近藤亥市) 日程第3、諸般の報告を行います。

 議長からの諸般の報告を申し上げます。

 会議運営に関する基準の第5章第2節54の規定に基づく項目について、お手元に配付してあります諸般の報告一覧表にその概要を記載してありますので、これをもって報告といたします。

 なお、棚倉町、塙町、鮫川村の3町村合併研究会に関しましては、町村合併調査特別委員会の席でその都度報告しておりますので、ご了承願います。

 以上で諸般の報告を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 町長提出議案等の一括上程及び提案理由の説明



○議長(近藤亥市) 日程第4、町長提出議案等の一括上程及び提案理由の説明を行います。

 報告第1号から第4号まで及び議案第1号から第30号までを一括上程いたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

     (町長 藤田幸治 登壇)



◎町長(藤田幸治) 本日ここに、平成15年第1回棚倉町議会定例会が開催されるに当たりまして、去る2月21日に名誉町民でありました前棚倉町長、藤田満寿恵様がご逝去されました。生前、町政に残されましたご功績に改めて感謝をいたし、衷心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、ここに謹んでご報告を申し上げます。

 それでは、町政に関する所信の一端と、今回提案いたします議案の要旨及び平成15年度の主要施策について申し上げ、議員各位を初め町民の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 さて、我が国の経済状況は依然として低迷を続けており、失業率が過去最悪の水準となるなど雇用情勢も厳しい状況であります。このような中で、政府においては平成15年度国家予算を「改革断行予算」と位置づけた平成14年度予算の基本路線を継承し、国債発行額の極力抑制及び歳出全般について平成14年度の水準以下に抑制することを基本に予算案を編成しております。

 平成15年度の「経済見通しと経済財政運営の基本的態度」によれば、今後、日本経済再生のため「改革加速プログラム」を初め税制改革における減税等を含め政府、日本銀行一体となった政策の効果が発現し、さらに平成15年度前半には世界経済も徐々に回復していくことが見込まれることなどから、不良債権の処理の加速に伴う影響等はあるものの、我が国経済は民需中心の緩やかな回復へと次第に向かっていくことが期待されているところであります。政府・国会におきましては厳しい現状を認識されて、真摯な議論と的確な政策の実行を強く望むものであります。

 本町といたしましても、社会経済情勢の変化や新たな行政課題に弾力的かつ的確に対応できるよう一層の体質強化を図るため、昨年12月に第3次棚倉町行政改革大綱を策定したところであります。この大綱を踏まえながら第4次振興計画に掲げられた各般にわたる目標を実現するために努力をしてまいります。

 本町の平成15年度予算案の編成に当たりましては、国の予算編成方針と地方財政計画の内容並びに県の市町村予算編成指針に留意しながら、平成14年度決算見込みに基づき編成したところであり、町税の減収を初め各種交付金の減額や地方交付税の一部の臨時財政対策債への振りかえなど財政環境が一段と厳しさを増す中、本町財政構造改革指針に基づく総人件費、物件費及び補助費等の削減を図りながら、中心市街地活性化対策、上下水道の整備、保健福祉センター完成に伴う健康増進対策、地域福祉及び預かり保育対策等の充実など町民ニーズに的確に対応するとともに、重点推進分野への財源の重点的・優先的配分の徹底に努め、個性豊かで活気あふれる諸施策を展開しようとするものであります。

 次に、平成15年度の主要な施策につきまして、順次説明を申し上げます。

 第1に、「住みよく快適な町を築く基盤づくり」についてであります。

 本町内における国・県道の整備状況につきましては、町が「まちづくり総合支援事業」で整備する予定であった中心市街地の国道 118号高質化整備については、県に対する要望が実り、平成15年度県の「共生のまち推進事業」により整備していただくこととなりました。また、主要地方道黒磯棚倉線の「強梨バイパス」工事につきましては、全長 1,505メートルがこの3月完成し、開通の予定であります。

 次に、国道 118号棚倉バイパス、近津川の宮橋かけかえ工事を含む八槻地内を対象とした第4工区の整備促進については、昨年に引き続き用地買収及び物件補償等が計画されております。このほか、県道矢祭山八槻線の道路改良工事の早期完成のほか、一般県道社田浅川線の「一色バイパス」工事の早期着工に向け、引き続き要望してまいります。

 次に、町道整備につきましては、一般単独事業として「渡戸居伝金線」「祖父岡松原線」等の道路改良工事及び「花園仁公儀線」ののり面保護工事などを予定しておりますが、限られた予算の中で適切な箇所選定を行い、生活関連道路の整備促進に努める一方、道路の維持修繕にも万全を期してまいります。

 第2に、「活力と魅力ある産業づくり」についてであります。

 まず、農業につきましては、国において水田農業・米政策の大転換を図る「米政策改革大綱」が昨年12月3日に決定され、平成22年度までに農業構造の展望と米づくりの本来あるべき姿の実現を目指すこととしています。

 このように国の構造改革が進められる中、自然の守り手でもある地方では、国際化の進展に伴う農畜産物の輸入自由化を初め食品や農産物の偽装・不正表示問題、無登録農薬の使用等による食に対する信頼の失墜、価格低迷や就労者の減少と高齢化の進行、これらに加え消費者ニーズの多様化、産地間競争の激化などの情勢を踏まえ、町といたしましては農業経営基盤強化法の関連事業や、認定農業者を初めとする地域農業の担い手への農地集積による経営規模拡大を促進するとともに、生産組織、後継者組織、農業法人組織等の育成に努め、町の特性を生かした複合経営による安全で安心な農作物の生産と安定した供給に努めてまいります。

 また、農業所得の向上を図るため、県単独補助事業等の導入を継続的に進め、「JA東西しらかわ」との連携を強化し、付加価値の高い野菜等施設園芸作物の作付を促進するとともに、遊休農地の活用と地域特産物の開発など産地としての安定化や周年出荷体制の確立を図り、生産性の高い農業の確立に努めてまいります。

 次に、畜産につきましては、1月23日にBSE感染牛の7頭目が発見されたと発表されましたが、以前のような混乱はなく、順調に信頼回復が進みつつあります。引き続き畜産農家支援のため、優良繁殖素牛導入事業を推進するとともに、各種伝染病の発生予防に努め、食糧の安全確保と生産拡大による経営の安定と環境に配慮した施設の整備や低コスト化を推進してまいります。

 次に、生産基盤の整備につきましては、県営土地改良総合整備事業が平成14年度で完了しますので、補完する事業として平成16年度から土地改良施設維持管理適正化事業の採択に向けた準備を進め、農業用排水路等の整備に努めてまいります。

 次に、水田農業経営確立対策についてでありますが、「米政策改革大綱」が決定されましたが、改革に向けた取り組みは平成16年度からとなり、平成15年度については準備期間として従前どおりであることから、本町への生産調整目標面積は前年度対比 6.2%増の440.29ヘクタールと過去最大規模となる面積が配分されました。限界感が非常に強い中、まことに厳しい数字でありますが、確実に達成することが米価の回復と農家経営の安定に結びつくものと認識しており、去る2月5日に水田農業推進協議会を開催し、町の基本方針についてご意見をいただき、2月18日に農事組合長を通じて各農家に配分したところであります。現在は農事組合を主体とした集落座談会を開催し、町単独助成策等のさらなる周知を図りながら、農家のご理解とご協力を得るべく、生産者団体と一体となって推進してまいります。

 次に、林業の振興につきましては、森林整備地域活動支援推進事業により下刈りや除・間伐などの保育事業を計画的に推進し、林業の活性化に努め、あわせて生産基盤整備の強化を図るとともに、松くい虫の防除につきましても引き続き実施し、森林資源の保全と水源涵養、景観の保持に努めてまいります。

 第3に、「魅力的で快適な生活環境づくり」についてであります。

 中心市街地の活性化対策につきましては、それぞれの市町村の特性を生かしたにぎわいのある市街地づくりが求められております。本町においても平成13年3月に中心市街地の活性化基本計画を策定したところでありますが、国土交通省所管の補助事業である「まちづくり総合支援事業」の採択を受けながら、城跡周辺を核とした市街地整備を平成15年度から積極的に取り組むこととしたところであり、町が事業主体となって進める市街地の整備のための事業として、平成15年度多目的広場の整備を初めポケットパークの整備、シンボルモニュメントの整備などに着手してまいります。さらには、県が事業主体となって進める「共生のまち推進事業」とあわせて、中心市街地の活性化に向け鋭意取り組んでまいります。

 また、棚倉町商工会におきましても、今年6月を目途に株式会社組織のタウンマネジメント機関(TMO)の設立、さらには国庫補助事業の採択に向けたTMO計画策定事業を計画しておりますので、さらに連携の強化に努めてまいります。

 次に、観光につきましては、長引く景気低迷により個人消費が減少する中、依然厳しい状況にありますが、観光PR活動等をより一層推進し、地域の特性を生かした体験・交流型事業を取り入れながら、ルネサンス棚倉、山本不動等を核として誘客に努めてまいります。

 次に、緊急雇用対策事業についてでありますが、極めて厳しい雇用情勢に対応するため、不法投棄パトロール・除去業務、八溝山遊歩道整備事業、地域住民のIT学習の支援業務に積極的に取り組み、緊急かつ臨時的な雇用の創出を図ってまいります。

 次に、霊園整備につきましては、平成13年度に 100区画を整備し分譲したところでありますが、墓地の需要が多いことから、さらに 130区画の墓地を整備し、年内に分譲開始できるよう工事に着手してまいります。

 次に、公共下水道事業についてでありますが、公共下水道管渠埋設工事については、平成14年度に引き続き国道 118号の古町及び新町地内の整備のほか枝線管渠等を整備してまいる計画であります。

 また、雨水管渠建設工事につきましては、国道 118号の町道北町南通線交差点付近から国道東側を南下して棚倉小学校校庭南側までの既設水路の改良を行い、国道古町花園線から交流先となります根子屋川までを整備してまいる計画であります。工事期間中は通行等に不便をかけることとなりますが、地域の方々のご理解、ご協力を得て下水道施設の整備を図り、住環境の改善及び水環境の保全に努めてまいります。

 なお、平成13年度から3年間の継続事業で進めてまいりました浄化センターの整備につきましては、平成15年度中に汚泥処理施設が完成しますので、完成後、速やかに稼働し、コスト削減に努めてまいりたいと考えております。さらに、未接続世帯には今後とも水洗化を推進してまいりますので、議員各位のご支援をお願いいたします。

 次に、上水道事業につきましては、平成13年度から進めてまいりました堀川ダム受水施設整備事業は、関係機関のご理解とご協力を賜り、計画どおり順調に進捗している状況にあります。今年度末での施行状況は、関辺地区から八幡沢配水池までの送水管布設工事全延長19.4キロメートルのうち、54%に当たる約10.4キロメートルの区間について布設を終了することになり、残る事業についても平成15、16年度の最重点事業として整備を進める計画であります。

 平成15年度は堀川ダム受水施設整備事業関係費用として11億 7,366万 7,000円の送水管布設及び計器装備等設置事業予算を計上しているところでありますが、これにより年度末の事業実施状況は全事業量の約96%の進捗になる見込みであり、平成17年4月からの受水に向け、事業推進に鋭意取り組んでまいります。

 また、八槻高渡地区未給水区域の解消と石綿管等老朽管布設がえ事業につきましては、生活環境の向上や施設の維持からも引き続き拡張や改良工事を進める必要があると考えており、公共下水道管布設や送水管布設等との事業重複区域においては同時施行を行うなど、事業の優先度や費用の削減を基本に、効率的、効果的な水道施設整備に努めてまいります。

 経営面では、堀川ダム受水施設整備事業や石綿管等老朽管布設がえ事業に多額の経費を要し、財政的に厳しい状況にありますが、公営水道として生活用水の確保は極めて重要な事業であり、将来にわたる安定供給の必要性から恒久水源の確保に全力を傾注し、取り組んでいるところであります。特に堀川ダム受水施設整備事業は短期間に多額な投資となるため、事業財源については費用負担の平準化を考慮し、企業債の充当により対応してまいりますが、後年度にかかる経費の増額は必至であり、経営に及ぼす影響は大きく、一段と厳しくなりますが、事業経営に当たりましては一層の経費節減と効率的執行を図り、当面現行料金の維持に努め、必要に応じて一般会計負担や出資等を含めた対応を講じながら今後の経営に取り組んでまいります。

 第4に、「健康で安心して暮らせる保健、福祉づくり」についてであります。

 まず、保健についてでありますが、医療機関等と連携を図りながら、妊産婦、乳幼児及び成人の健康診査及び健康教育、相談指導に努めてまいります。さらに、健康づくりの基本であります疾病予防及び早期発見のため、住民定期健康診査、各種がん検診等を実施するとともに、検診後の事後指導を行い、あわせて疾病予防と健康保持増進を図るために各種の健康教室を開催してまいります。

 町民1人1人が生涯健康を目指して、「自分の健康は自分でつくる」という自覚を持ち、進んで栄養・運動・休養等のすべての面において健康的な生活習慣を身につけることができるよう、単なる疾病の早期発見・早期治療にとどまらず、生活習慣の改善等により健康増進を図り、発病を予防する「一次予防」しての「健康づくり講演会」の開催や1人1人に実践体験していただく「健康づくり教室」などを開催して、だれでも、どこでもできる健康づくりの動機づけを行ってまいります。

 また、新たに建設された町保健福祉センターの機能を十分活用し、健康づくり事業の拠点施設として、さらなる住民サービスに心がけ、「いつでもだれでも気軽に相談できる保健センター」として鋭意努力してまいります。

 次に、福祉についてでありますが、まず母子児童福祉につきましては、少子化が進行する現況に対応した子育て支援として、保育事業運営の充実と特別保育事業の積極的な取り組みを支援してまいります。

 また、これまで年度途中で発生していた待機園児の状況につきましても、平成15年度から始まります幼稚園での預かり保育の延長に伴い、4歳児、5歳児の幼稚園への移行が促進され、定数枠内で本来の充実した保育事業が実施できるものと考えております。

 次に、放課後児童対策事業につきましては、引き続き棚倉小学校において空き教室を使用して実施してまいります。

 また、継続事業であります児童手当、障害児扶養手当の支給及びひとり親家庭医療費の給付を行うとともに、就学前までの乳幼児医療費の支給を継続し、児童の健全育成と子育て支援に努めてまいります。

 さて、障害児及び障害者福祉につきましては、医療費の助成を初め日常生活用具の給付、さらには平成15年度から身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、児童福祉法の3法に基づき新たに始まります「障害者支援費制度」により、「居宅生活支援サービス」であるホームヘルプ、デイサービス、ショートステイ等の事業推進及び「施設訓練支援サービス」である身体障害者更生施設、知的障害者厚生施設等における施設サービスの推進に努めます。

 次に、高齢者福祉につきましては、「高齢者保健福祉計画」及び「介護保健事業計画」の見直しによる第2期の初年度となるため、町に保健福祉センターの福祉部門を活用した介護予防教室を初めとする高齢者に対する閉じこもりや寝たきり等を防止する各種介護予防事業等を積極的に実施してまいります。

 さらに、地域福祉の基幹的役割を担う町社会福祉協議会の事業充実強化及び町社会福祉協議会への委託による「町在宅介護支援センター」の新たな設置を行い、高齢者に対するさらなる相談支援体制の整備拡大の強化を図ります。

 また、町保健福祉センター内に町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会事務局に入っていただき、緊密な連携を図りながら高齢者が要望する事業の推進に努めてまいります。

 また、敬老会の開催につきましては、高齢化が進行しておりますが、元気な高齢者が多くなっており、70歳に到達しても敬老会参加にはまだまだ抵抗があるという意見が多く聞かれ、敬老会招待者のうち会場に参加している方々につきましては、毎年約26%程度にとどまっており、特に70歳前期高齢者については参加が極端に少なく、近隣町村においても同様な状況であり、それぞれ招待者年齢の見直しを進めております。

 このため、町老人クラブ連合会等との意見交換を行った結果、招待者の年齢の引き上げについてご理解をいただきましたので、平成15年度から敬老会招待者年齢を75歳からに改めたいと考えておりますので、ご理解を願います。

 第5に、「ふれあい豊かな教育・文化・スポーツ」づくりについてであります。

 まず、幼児教育については、自我が芽生え、他者の存在を意識し、自己を抑制しようとする気持ちが生まれる幼児期の特性を踏まえて、長期的な視野を持って充実した生活が展開できるよう配慮しながら、保育活動に努めてまいります。平成15年度から少子化の中で保護者の子育てを支援するため、全幼稚園で教育時間を午後2時30分まで延長するとともに、預かり保育を午後5時30分まで実施いたします。

 なお、園児の送迎バスについては、預かり保育の降園時間を除き、これまで同様に運行いたします。

 次に、学校教育については、みずから学ぶ意欲と社会の変化に主体的に対応できる能力の育成を図る学習指導要領の趣旨を踏まえ、新しい学力観に立ち、児童生徒の個性や創造性を伸ばし、さらに新しい時代の流れに沿った国際化・情報化に対応した教育にも力を注ぎ、教育環境の一層の整備を図ってまいります。

 まず、各学校が創意工夫し、特色ある学校づくりを進めるために「総合的な学習の時間」が創設されましたが、町内各小・中学校においては平成12年度から「総合的な学習の時間」を取り入れ、国際理解、自然、環境、体験学習、奉仕などの学習に取り組んでおり、町といたしましても「総合的な学習の時間」に対する支援を初めとして、教育の振興を積極的に進めてまいります。

 次に、小・中学校の児童生徒の学力向上のために基礎学力向上支援推進を図るとともに、IT教育の推進、コンピューターの積極的活用、さらに地域イントラネットを活用して、学校間の交流が深められるよう努めてまいります。国際理解教育推進につきましては、平成15年度も語学指導助手2人体制により英語教育の充実に努めてまいります。

 また、去る1月29日から1月31日まで2泊3日の日程でルネサンス棚倉において実施しました宿泊学習事業につきましては、町内小学校の6年生が集団生活を通して規律を守り、自主的な活動する態度を養い、協力し合う心を育てるとともに、中学校の入学を前に交流の中から望ましい人間関係をつくることに大きな成果を上げましたので、平成15年度においても引き続き実施してまいります。

 次に、学校教育相談につきましては、学校教育相談室「かめの子」、棚倉中学校におけるカウンセラー設置により、適切な指導、援助を行ってまいります。

 次に、学校施設の整備につきましては、社川小学校のプールが昭和47年度に建設以来30年を経過し老朽化したことから、平成15年度においてプール建設することとし、計画を進めてまいりましたが、このたび国の平成14年度補正予算による前倒し採択の内示がありましたので、平成14年度繰越事業として建設を進めてまいります。新しいプールは、体育館の北側に長さ25メートル、幅14.4メートルで6コースの低学年用コース、それに管理棟を予定しております。

 次に、生涯学習の推進についてでありますが、余暇時間の増大、高度情報化、少子・高齢化の進行など社会経済の急速な進展に伴い、健康で生きがいのある生活を求め、生涯を通じた学習活動に対する欲求はますます多様化、高度化しております。このため町としましては、引き続き高齢者学級・寿大学などさまざまな学習ニーズに応じた各種学級、講座を開催してまいりますが、特に高度情報化に対応する講座として、平成15年度においてもパソコン講座を実施してまいります。

 また、次代を担う子供たちが基本的な生活習慣を身につける上で家庭が果たす役割が極めて大きいことから、保育園、幼稚園、小・中学校の保護者を対象とする「子育て学習県民講座」事業を活用すととともに、親子のきずなをより一層深めるために「親子ふれあい教室」などの事業を推進してまいります。

 次に、文化財保護事業につきましては、全国的にも貴重な金銀象嵌鉄剣が出土した流廃寺跡の調査を平成15年度から着手し、廃寺跡の全容解明に努めてまいります。

 次に、図書館につきましては、図書の整備、充実を図り、読書層拡大のために巡回文庫、移動図書館を実施するとともに「こどもとしょかんラビット」事業を推進し、子育て支援を行ってまいります。

 また、文化センターにつきましては、幼稚園、小・中学校の芸術鑑賞教室を開催するとともに、倉美館運営協会と連携を密にし、多様な自主事業の実施に努め、芸術・文化の振興に積極的に取り組んでまいります。

 次に、スポーツの普及、振興についてでありますが、心と体の両面に影響を与えるスポーツは、明るく豊かで活力に満ちた社会の形成や身体の健全な発達に必要なものであり、特に生涯にわたってスポーツに親しむことは、社会の高齢者という人口構造の変化に伴う健康志向の高まりなどから、その必要性はますます高まってきております。このため、町民がいつでも気軽に利用できる施設の整備と運営に努めるとともに、各種スポーツの普及、振興を図るための指導者の養成、スポーツ団体の育成強化、さらには各種スポーツ大会並びに教室の開催などを通じて、町民だれもがいつでも、どこでも楽しく参加できるスポーツの普及に努め、町民相互の親睦と体力の保持、増進を図ってまいります。

 また、ホッケー競技の推進を図るため、引き続き指導者の養成と中学生の指導を行い、さらには小学校の事業の一環としてホッケーを取り入れ、競技人口の底辺拡大を図るとともに、県及び競技団体との連携を密にし、競技力の向上を図り、「ホッケーの町たなぐら」を推進してまいります。本年7月には、東北社会人ホッケー選手権大会がルネサンス棚倉多目的広場を会場に開催が内定したところであり、福島県実行委員会・ホッケー協会等関係機関・団体、さらには町民の方々のご協力を得て円滑な大会の運営に万全を期してまいります。

 次に、国際交流についてでありますが、オーストラリア国レイクマコーリー市とは昨年10月、姉妹都市提携を行ったところでありますが、レイクマコーリー市長を初めとする公式訪問団が今年5月来訪する予定となっております。これらを契機に、より一層の友好親善を深めてまいります。

 第6に、「みんなで築く行財政づくり」についてであります。

 町村合併につきましては、去る2月27日に第8回棚倉町・塙町・鮫川村合併協議会が塙町において開催され、新たに一部事務組合等の取り扱いを初め、合わせて13件の協議事項の説明がなされました。また、継続審議になっておりました特別職の職員の身分の取り扱いについてなど4件について協議、確認がなされたところであります。

 また、3町村とも5月中に住民説明会を開催し、合併に対するご意見をいただきますが、その後においての住民の総意を把握する方法については、3町村とも同じ条件での住民投票によることが確認されました。したがいまして、住民投票条例案等を合併協議会において作成することといたしましたので、ご理解を願います。

 次に、「総合行政ネットワーク」の構築事業につきましては、かねてより平成15年度に総務省所管の国庫補助事業であります「地域イントラネット基盤施設整備事業」による事業採択に向け、事務を進めてまいりましたが、このたび国の平成14年度補正予算による前倒し採択の内示がありました。この事業は、東西白河地方12市町村中、西郷村及び泉崎村を除く10市町村が共同で白河町広域市町村圏整備組合を事業主体として、各市町村役場間を超高速・大容量の光ファイバーによる「広域情報通信ネットワーク」を整備し、電子自治体化に向けた情報基盤として共同での運用管理を行おうとするものであります。

 また、この事業に合わせて本町独自の事業として本庁舎と文化センター、図書館、体育館、学校給食センター、棚倉消防署などの各施設及び各小学校、中学校等を光ファイバーのネットワークで結び、各種行政情報等の提供による地域情報化と小・中学校におけるインターネット環境の充実や教育支援システムの導入等による学校教育の情報化を推進してまいります。

 次に、提出議案についてご説明を申し上げます。

 今定例会に提出いたします議案は、平成15年度一般会計予算を初め条例の制定、一部改正等合計34件であります。

 まず、町政の根幹をなす一般会計につきましては、ただいま予算の編成方針と主要施策についてご説明を申し上げましたとおりでありますが、平成15年度の予算規模は前年度当初に比べ、一般会計で11.4%減の56億 2,900万円となっております。この財源として、町税17億3,955 万 1,000円、地方交付税16億 797万円、国県支出金4億 9,833万 8,000円、町債5億790 万円を充てるほか、財政調整基金及び地域振興基金など合わせて4億 5,804万 8,000円を取り崩すことといたしました。

 なお、一般会計以外の国民健康保険、老人保健、介護保険、簡易水道事業、公共下水道事業、農業集落排水事業、宅地用地取得造成事業及び霊園整備事業など8つの特別会計並びに上水道事業会計につきましても、それぞれ事業目的に沿った予算の編成の結果、15.0%増の60億 6,796万 2,000円を計上したところであります。

 中でも国民健康保険特別会計につきましては、予算総額11億 8,441万 1,000円となり、前年度当初予算対比17.6%の大幅な増となりました。これは前年度の予算が11カ月の予算編成であったため、1カ月分の療養給付費の増額が主な要因であり、12カ月分の平年ベースの予算編成となったものであります。

 国保税額につきましては、療養給付費分が1カ月分増額したことにより、その費用増分の歳入確保のため、税額の増額により前年対比32.7%の増額となったものであります。1世帯当たりでは16万 6,187円、1人当たり6万 8,413円となります。介護分は、ほぼ前年と同程度であり、1人当たり1万 5,518円であります。

 しかしながら、国保税につきましては、現時点において健康保険制度改正に伴う影響などを含めた平成14年度の医療費及び被保険者の所得額等が未確定でありますので、本年6月の本算定時に医療給付費分及び介護納付金分について、それぞれ再計算を行い、付加することになります。また、大幅な保険税の値上げとなる場合は、国保基金からの取り崩しも検討していきたいと考えておりますので、ご理解を願います。

 なお、国民健康保険特別会計の予算案につきましては、去る2月24日の国民健康保険運営協議会に諮問し、原案どおり答申を得ておりますので、ご報告を申し上げます。

 次に、介護保険特別会計につきましては予算総額6億 6,399万 6,000円となり、前年度当初予算対比 8.8%の大幅な増となりました。保険給付費は平成15年度から第2期の介護保険事業計画年度となるため、計画の見直しを行い、今後の給付費等の推計を行ったところ、今後の利用率の向上と介護施設の新たな整備による増加要因等が発生したために、大幅な保険給付費の増加が想定されております。

 このため、歳入財源の確保につきましては、まず国の制度改正により1号被保険者の負担率の改正が行われ、平成15年度から平成17年度までは現在の17%から18%へと1%の増額負担となります。さらに、保険給付費増加見込み分の財源確保分も合わせると、大幅な保険料引き上げが必要となります。このため、大幅な引き上げを極力抑えるために、介護給付費準備基金の取り崩しを行い、引き上げ額を最少限度にとどめたところであります。

 この結果、基準額で推計しますと約30%の引き上げとなったところでありますが、引き上げ後の基準保険料月額 2,639円は、県内市町村のほぼ平均額となる見込みであります。これは施設整備等のサービス水準が上がると、その給付費等も比例して上がることになりますので、これらの財源を確保するためには介護保険料の見直しが行われ、引き上げられることになりますので、ご理解を願います。

 次に、平成14年度補正予算関係でありますが、一般会計では平成14年度国の第1次補正予算に計上されました社川小学校プール建設にかかわる予算計上のほか、事務事業の確定等に伴う計数整理による補正であります。また、各特別会計につきましても事務事業の確定等による計数整理のための補正であります。

 そのほか専決処分の報告に関する案件4件、専決処分の承認に関する議案1件、条例の制定及び一部改正に関する議案8件、町道路線の認定に関する議案1件、協議会の廃止に関する議案1件を提出いたしました。

 以上が提出議案の概要であります。

 ご案内のように財政状況の大変厳しい中ではありますが、行政の停滞は許されず、町民との協働がますます重要になっております。一層町政の透明性を高め、みんなで考え、みんなでつくる活気あふれるまちづくりに職員ともども決意を新たに取り組んでまいる所存であります。

 議案の詳細につきましては、それぞれ主管課長より説明をいたさせますので、慎重ご審議の上ご議決賜りますようにお願いを申し上げ、平成15年度の主要な施策と提出議案の説明といたします。



○議長(近藤亥市) 以上で町長からの提案理由の説明を終わります。

 ここで11時まで休憩します。

                         (午前10時50分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         (午前11時00分)



○議長(近藤亥市) 休憩前に引き続き会議を再開します。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 報告第1号の上程、説明、質疑



○議長(近藤亥市) 日程第5、報告第1号、専決処分の報告についてを議題とします。

 報告内容の説明を求めます。

 総務課長。



◎総務課長(鈴木清一) 報告第1号、専決処分の報告についてご説明申し上げます。

 本報告は、町職員の交通事故に係る損害賠償の額の決定及び和解について専決処分をしたものであります。

 次のページ、専決第13号をごらんいただきたいと思います。

 1、損害賠償し和解する相手方の住所及び氏名、ごらんのとおりであります。

 2、損害賠償の額でございますが、11万 3,652円。

 3、事案の概要であります。平成11年11月30日、役場の北側駐車場におきまして、町職員の運転する町有自動車と町民の方の運転する小型乗用車が出会い頭に衝突し、両車両が損壊があったものであります。

 和解の内容でありますが、本事件については、町が相手方に損害賠償の額11万 3,652円を、相手方が町に損害額11万 200円をそれぞれ支払うものとし、両当事者はともに今後本件に関しての異議申し立てを行わないとのことで昨年12月25日に和解したところであります。

 なお、過失の割合でございますが、町が4、相手の方が6でありました。

 以上、報告いたします。



○議長(近藤亥市) 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 今、説明の中で町有する自動車だけの説明では、どういうところがどういう事故をしたかわからないので、先般教育委員会のバスが事故っているということで、これもバスなのか、それとも何課の所有する車なのかということで、大いに課長が部下の指導に励まなくちゃならないということがわかるので、そこのところの説明まで落ちなく説明いただきたい。



○議長(近藤亥市) 総務課長。



◎総務課長(鈴木清一) 失礼をいたしました。

 建設課の普通乗用車でございます。用事がありまして、外出していて戻りましたところ、直進で入ってきたんですが、町民の方が駐車場から出ていくというとき、駐車場から出るときに衝突をしたということでございます。

 以上です。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 以上で報告第1号を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 報告第2号の上程、説明、質疑



○議長(近藤亥市) 日程第6、報告第2号、専決処分の報告についてを議題とします。

 報告内容の説明を求めます。

 建設課長。



◎建設課長(藤田敬志) 報告第2号、専決処分の報告についてでありますが、この専決処分につきましては棚倉町保健福祉センター新築工事(機械設備工事)請負変更契約締結についてでございます。

 昨年6月定例会でご議決を賜りまして、工事を進めております棚倉町保健福祉センター新築工事の中の機械設備工事についてですが、当初、今回の消火器の設置は備品購入で対応する計画でございましたが、消火器を通路等に備品として置きますと、子供たちが危険であると。また、通路を狭くする等の支障が考えられることから、一部その腰壁部分を手直しいたしまして、壁に格納し設置することとしたことによりまして、今回74万 4,450円を増額いたしまして、請負契約金 7,612万 5,000円を 7,686万 9,450円に変更したものでございまして、契約金額の 100分の5以内であり、町長の専決事項の指定によりまして専決処分いたしましたので、ご報告するものでございます。

 平成15年2月12日専決、棚倉町長。

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(近藤亥市) 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 補正が74万 4,450円ですね、これ。それで消火器を壁の中へ取り込むということ大変結構です。それで、すべての消火器何個分を何カ所工事をしたかという説明までされると万全かなと。お願いします。



○議長(近藤亥市) 建設課長。



◎建設課長(藤田敬志) 一部腰かけ部分の手直し関係をいたしまして、消火器を格納するための木枠を埋め込んだ箇所については9カ所でございます。それに、消火器12本の購入関係の費用も含まれてということでございます。



○議長(近藤亥市) 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) ただいまの説明では、私が聞きたいのは、どの時点で施工している段階で、どの時点でその不都合が生じたというようなことを確認されたのか。図面の段階で確認されたとするならば、施行の段階でそれは設計変更ができたというように思うんですね。したがって、どの時点で変更を余儀なくされたというような確認もして、これは設計変更に伴う施工の変更だというふうに思うんで、その辺の確認もしておきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 建設課長。



◎建設課長(藤田敬志) 消火器の設置箇所関係については、ある程度工事ができましてから、工事が進みましてから消防署の指示によって、ここら辺にということで場所が決まってまいります。そこら辺の関係で状況を見ますと、やはり子供たちに危険とか、そういう関係が先ほど説明しましたように支障が考えられるということで、このような形で設計変更をしたということでございます。



○議長(近藤亥市) 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) 消防署から指摘をされたというようなことでございますけれどもですね、設計基準の中で消防署の基準に見合った設計見積の段階でできたんじゃないかなと思うんですね。その施工が始まって仮にですね、50%施工が進んだというような段階で指摘をされて変更をするというような手順だったとするならば、当初の仕事、作業として、やっぱり落ち度があったんじゃないかなというように指摘せざるを得ないんですが、その辺の見解はどのように認識して実施されたのか。その辺まで説明していただければありがたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(近藤亥市) 建設課長。



◎建設課長(藤田敬志) 当初の段階では、先ほど消防署の関係もお話ししたんですけれども、そういう関係もございましたので、備品購入で対応するという考え方でおりました。しかし、その状況を見ますと、通路に置くといろいろございますので、そういう関係で変更したということでございます。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 関連して引き続いて今の件で質問したいんですけれども、本事業をやるときに、発注のときに分離発注をしていますね。それで、消火器を設置するのは機械設備をやる企業が担当すると、それから本体工事は建築関係の担当企業がやるということで、ここへ来て振り返って考えてみますと、分離発注に対する問題点ではないかという感じがするんですね。それで、最初から公共施設は消火設備をすることは当然のことなんです。それと、確認申請の時点でも設計図面もありますから、これわかるわけですね。それを壁をつくっちゃってから新たな消火器をどうしましょうと。これは、公共施設はセンターにかかわらず学校等も同じだと思うんですね、従来町政を進めている中で。それ幾つも幾つも建設事業をしてきておる中で、今回こういう問題が起こったということは、気がつかなくてちょっと怠慢ですね。

 それと、企業間の調整、連絡、それがスムーズに相談ができていなかったという結果だと思うんです。それで、これは大いに反省材料として教訓で置いて、以降の事業展開にこれ大いにしなくちゃならないと思うんですよね。

 それから、補正を組むときも、消火器をつけるときに組むんでなくて、設計変更するときに補正を組むのが適正ではないかと、こういう考えがしますので、この点どうお考えなのか。



○議長(近藤亥市) 建設課長。



◎建設課長(藤田敬志) 消火器の購入関係の備品購入ということで、当初では備品購入ということで予算計上してございました。それを壁に格納するということもございまして、設計変更いたしまして、このような形で行ったということでございます。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 以上で報告第2号を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 報告第3号の上程、説明、質疑



○議長(近藤亥市) 日程第7、報告第3号、専決処分の報告についてを議題とします。

 報告内容の説明を求めます。

 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) それでは、報告第3号についてご説明申し上げます。

 報告第3号、専決処分の報告についてでありますが、この専決処分につきましては専決第2号、公共下水道汚水管渠建設工事(第1工区)請負変更契約締結についてであります。

 6ページをご覧ください。

 第1工区につきましては、宮下地内を整備しております工区でありますが、給食センターの入り口付近の県道を掘削した結果、道路敷地内に、現在は使用していないんですけれども、コンクリートの暗渠が見つかりました。この構造物の取り壊しと私道内の取りつけ管の布設ということで、今回 179万 6,550円を増額しまして、請負契約金額 5,176万 5,000円から 5,356万 1,550円に変更したものであります。

 なお、契約の相手方については変更ございません。

 平成15年2月12日専決、棚倉町長。

 以上です。よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) ただいまのケースですが、掘削したらばコンクリーの塊が出てきたというようなことですが、そのやつがどのくらいの物量なのかということが明快でないわけでございますから、例えばですね、今の話ですと必ずしも重要な埋蔵文化財が発見されたというようなことでの計画設計の変更というような内容ではないので、簡単なU字溝あるいは埋設物が出たというようなことでは、増額予算を組むのは理解できないですが、その辺のどの程度のものがあって支障を来したというようなことが説明されないでは理解できないので、十分な説明を求めます。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) 大体 600から 800の現場打ちのコンクリートの暗渠側溝が給食センターの入り口から反対側の方まで、そのまま残っていたということになりまして、うちの方ではその部分の半分を壊しまして、下水道管を布設していったということでございます。よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) 最初からそのように説明をされればいいんですが、後になってそういう説明を受けますと、今、下水道事業をやっているわけでございますから、各部署で予定していなかったものが出たというようなことがあるたびに増額予算を組むというようなことになると、じゃ発注の段階で、先ほど私が言いましたように、どうしても重要な問題が出て設計変更を余儀なくされたというようなことならば、増額予算を組んでも差し支えないかなと思いますが、この程度のもので増額予算を組む必要が果たしてあったのかどうかということが大変疑問なんですね。例えばですね、社川地内みたいに掘削しても砂利砂が出てこないというような箇所等については、それじゃ仕事やっていたら安くなりますよというようなことで、大幅な減額予算を組むんですかというようなことになると思うんですね。その辺の見解をどのように担当課長として認識しているのか、その辺を確認をしておきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) 当初、掘削あるいは計画入ります前に、道路の管理者と協議をしながら構造物等を確認して整備を進めていくわけなんですけれども、今回につきましては、それが協議の段階でないというか、協議の席の上になかったものですから、掘削していったらあったということで、どうしてもこれを取り除かないと、全部でなくて片側部分だけですね、全部を取り除かないと工事が進んでいかないというようなことで判断しまして、変更契約ということになりましたので、よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 棚倉町の工事の進め方で、以前にも石の塊のでかいのが出てきたからという理由で補正をしたことがありますね。そのときも質疑をしなかったんですけれども、指名競争入札ですからプロなんで、落札をして受け取ったらば、自然災害とかいろいろなことがない限りは、その企業の責任において完成させることが原則ではないかと、私はこう思うんですよね。それは入札ですので、今回の入札は、ちょっと例は悪いんですけれども、くじだと外れたというようなことになったり、今回は大当たりだったねということは、これ往々にしてあるかなと思うんですね。ですから、一々何事か起きたときに全額町が補正をして補充しているのか。それとも、さっきの事故ではないですけれども、責任の分担ということで企業、町が幾ら幾らという検討をするのかと、そういう問題も公共事業を進めていく上で重要なポイントではないかと、こういうふうに考えるわけです。

 そこで、今回はこの約 180万ですね、 180万のコンクリートを砕いて処分するということになるわけですね。そうすると、先ほどの話でいくと立方で何立方になるかとか、ダンプ何台分とかいうのは我々素人では想像もつかないわけなんです。それで、この歳費をここへつぎ込むことが適正であるか適正でないかという判断をするにまだ及ばないんですよ。だから、そういったことで、このコンクリートの塊を取り除く工事の内容から状況からをもう少し詳しく説明して説明が終わりでないと、私はちょっと判断に戸惑うと、こういうことです。そこで、もう一度説明を、その部分をお願いしたい。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) 先ほど説明の中で構造物の取り壊しと私道内の取りつけ管の布設ということで答弁しましたが、コンクリートのこの取り壊しということで大体 100万円、私道内の取りつけ管の布設工事で約80万ですか、そうすると 179万というようなことになりますので、よろしくお願いします。

     (「壊したやつはトラックダンプで何トン車で何台とか何立米とか説明してくれなくちゃわからない。ここが約 180万が適正かどうかを判断するわけで、今の説明じゃわからないでしょう」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) 数量等につきまして、ちょっと手元に資料ないものですから、後で調べまして報告したいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 今の答弁は、この案件を出すに資格ないですよ。どうやってこの単価をはじき出すんですか、そういう資料がわからなくて。これはちょっと議会軽視ですよ。私が知りたいことを質疑しているのに、答弁できなきゃ議事進行できるわけないでしょう。

     (「議長、議事進行」と発言する人あり)



◎下水道課長(須藤洋) 私道内の下水道管の布設でございますが、距離にしまして53メーターでございます。コンクリートの取り壊し数量につきましては5立米と、大体5立米くらいということで、ここで壊しましてダンプで運んだというようなことでございますので、よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) 今の答弁ですと概況はわかりましたけれども、当初の設計の段階でやって、それで落札したわけですから、業者責任というか、施工者責任ということもその範囲内ではあると思うんですね。必ずしも全く障害物がない事業はないと思うんですね、掘削する場合には。ましてや1メーター50とか2メーター掘削する場合には多少の障害物というか、そういったものが出るのが自然の摂理ではあるわけですから、その辺の考え方に立った場合に、どの程度のものまでは補正を組みますよと、対象にしますよというような基準はないと思うんですが、その辺のことについては明快な答弁になっていないというように思うので、もう1回確認をしておきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) 土質など調査しながら設計を組んでいるわけなんでございますけれども、どうしても費用がかかるというようなことになってきますと、協議をしながらですね、軽微なものについてはやってもらったりしているんですけれども、今回に限っては変更せざるを得ないというような判断でございますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(近藤亥市) 松本英一議員。



◆7番(松本英一) ただいまの関連なんですが、 600から 800のコンクリートの管が出てきたと。50何メーターかありましたと。5立方メートルでございましたと。これどう計算しても私合わないんですけれども、どういう計算したんだか、ちょっと計算を的確にお願いいたします。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) 申しわけございませんでした。

 まず、1点目のコンクリートの構造物につきましては、幅が大体 600から 800の現場打ちのコンクリートでした。それを壊したのが量で5立米と、5立方メートルということでございます。

 もう一つ、私道内の取りつけ管布設につきまして、53メーターということでございます。よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 以上で報告第3号を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 報告第4号の上程、説明、質疑



○議長(近藤亥市) 日程第8、報告第4号、専決処分の報告についてを議題とします。

 報告内容の説明を求めます。

 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) では、報告第4号についてご説明申し上げます。

 報告第4号、専決処分の報告についてでありますが、この専決処分につきましては専決第3号、公共下水道汚水管渠建設工事(第2工区)請負変更契約の締結についてであります。

 8ページをご覧いただきたいと思います。

 第2工区につきましては宮下、この役場の前の中居野地内を整備している工区でありますけれども、県道から役場に入ってきます県道の取りつけ部分の舗装復旧の変更、さらにはこの役場前の歩道、現在点字ブロック施工しておりますが、その点字ブロック分が建設課の方で行うということになりますので、復旧舗装の変更に伴います変更でございます。今回23万8,350 円を減額しまして、請負契約 7,749万円から 7,725万 1,650円に変更したものであります。

 なお、契約の相手方については変更ございません。

 平成15年2月12日専決、棚倉町長。

 以上です。よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 補正は補正金額について、やはり説明をきちっとしていただかないと困るんですよね。まず、箇所は今の説明で十分わかります。しかし、減額の23万 8,350円なりますね。その分は入札でやったんですので、補助金出して余った補助金返してくださいということとは違いますので、23万 8,350円がこれこれの内容で減額できますという説明が欲しいですね。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) ちょっと資料手元にありませんので、よろしくお願いします。今調べてまいります。

     (「それについて後でお願いします」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) ほかにありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) ただいまの質問については後から報告させて結構ですか。

     (「了解」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 以上で報告第4号を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第9、議案第1号、専決処分の報告及びその承認についてを議題とします。

 議題の説明を求めます。

 総務課長。



◎総務課長(鈴木清一) 議案第1号についてご説明申し上げます。

 専決処分の報告及びその承認について。

 別紙の議案第1号の棚倉町一般会計補正予算書をご覧いただきたいと思います。

 本議案は、報告第1号でご説明いたしました町職員の自動車事故に係る損害賠償等に伴う補正予算であります。

 1ページをご覧いただきたいと思います。

 専決第14号、平成14年度棚倉町一般会計補正予算(第5号)であります。

 第1条、歳入歳出予算の補正。歳入歳出それぞれ29万 8,000円を追加いたしまして、歳入歳出の総額を歳入歳出それぞれ64億 6,138万 2,000円とするものであります。

 平成14年12月25日専決。

 2枚お開きをいただきたいと思います。

 まず歳入でございますが、19款諸収入、4項3目の雑入でありますが、29万 8,000円の増でございます。説明の欄でございますが、まず町有自動車損害共済金、これは町が掛けております保険の方からの町の車を直すための共済金でございます。7万 4,000円ほど入っております。次に、対物賠償共済金、これは町が相手方への支払う金額でございます。11万4,000 円。それと自動車損害賠償金、これは相手方から町へ入る分のお金でございます。11万円でございます。

 3歳出にまいりますが、8款1項1目の土木総務費でありますが、29万 8,000円の増額であります。節の欄でありますが、11需用費11万 4,000円。これについては建設課所有の町有自動車の修理代でございます。

 22補償補填及び賠償金11万 4,000円、これは相手方への支払い分になります。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(近藤亥市) 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第1号は原案のとおり承認されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第10、議案第2号、平成14年度棚倉町一般会計補正予算(第6号)を議題とします。

 議案の説明を求めます。

 総務課長。



◎総務課長(鈴木清一) 議案第2号、平成14年度棚倉町一般会計補正予算(第6号)をご説明申し上げます。

 1ページをお開きいただきたいと思います。

 第1条、歳入歳出予算の補正。今回 4,341万 9,000円を追加いたしまして、総額を歳入歳出それぞれ65億 480万 1,000円とするものであります。

 第2条、繰越明許費。「第2表 繰越明許費」によるということであります。

 第3条、地方債の補正。これは第3表の地方債補正によります。

 平成15年3月10日提出、棚倉町長。

 2枚お開きをいただきたいと思います。

 まず、第2表の繰越明許費であります。10款教育費、2項の小学校費、事業名、小学校プール建設事業、金額が 9,240万円であります。これらは社川小学校の実施設計、プール建設工事にかかる経費を全額15年度に繰り越しをしようとするものであります。この 9,240万円の内訳ですが、先ほど町長説明のとおり、国の第1次補正予算によりまして1年早く予算がついたということであります。補助金の内訳としましては、国庫補助金 2,179万 2,000円ほど入っています。起債が 6,620万円でありまして、補正予算債を使っております。これは交付税措置額が 100%あるという起債であります。一般財源が 440万 8,000円ほど入っております。

 次のページご覧いただきたいと思います。

 第3表地方債補正でありますが、それぞれ事業費等の確定によります限度額の補正であります。まず変更、起債の目的でありますが、土地改良総合整備事業、今回30万円を増額いたしまして 260万円にしようとするものであります。以下、起債の方法、利率、償還の方法については変わりございません。

 次に、消防施設整備事業、防火水槽の整備でありますが、今回70万円を減額いたしまして590 万円にしようとするものであります。

 次、小学校プール建設事業、今回 8,070万円を増額いたしまして、1億 2,370万円であります。これらは、内訳としましては近津小学校の分が 5,750万円、総額でいきますとそうなります。社川小学校の分が 6,620万円となります。

 なお、 8,070万円の追加の中には、近津小学校分が 1,450万円と社川小学校 6,620万円で8,070 万円が増加ということになります。

 次、住民税等減税補てん債でありますが、今回 260万円を増額いたしまして 2,360万円でございます。元利償還金については充当 100%、交付税措置も 100%であります。

 次に、臨時財政対策債、今回 490万円を増額いたしまして、2億 2,390万円としようとするものであります。こちらについても 100%基準財政需要額に算入されるものであります。

 次のページ、3ページをお開きいただきたいと思います。

 まず歳入でございますが、それぞれ事務事業の確定または見込みによる増減でありますので、主なものを説明させていただきます。

 まず2款地方譲与税、1項1目の自動車重量譲与税でありますが、今回66万 7,000円の減額であります。

 次の1目の地方道路譲与税ですね、 123万 1,000円の減。いずれもこの1番、2番確定見込みでございまして、3月の中旬になりませんと額が確定しないということで、見込みで減額をさせていただいております。

 4款の地方消費税交付金、1項1目の地方消費税交付金でありますが、今回 546万 6,000円の減額であります。これは確定で減額となりました。

 第7款自動車取得税交付金でありますが、今回 686万 6,000円の減、これも確定見込みでございます。3月中旬に確定してまいります。

 次、11款分担金及び負担金、2項2目の民生費負担金でありますが、 219万 2,000円。説明欄にありますように保育所の運営費負担金、確定によるものであります。見込み違いといますか、若干多く負担金を見ておりました関係上、今回減額をさせいただきます。

 次、4ページ。下の方でありますが、13款国庫支出金、1項1目の民生費国庫負担金70万1,000 円の増、10節の保険基盤安定制度負担金 119万円の増であります。国の負担金の確定によるものであります。

 開いていただきまして、5ページ、2項5目の教育費国庫補助金でありますが、今回3,011 万 2,000円の増額であります。説明欄の一番下でありますが、公立学校施設整備費補助金、社川小学校のプールの補助金と近津小学校のプールの補助金の増額によるものであります。

 一番下、14款の県支出金、2項2目の民生費県補助金でありますが、今回 390万 3,000円の減額であります。特に2節の老人福祉費の補助金、介護予防生活支援事業の確定、それと次のページ、上から2行目、軽度生活援助事業費の補助金、事業費の確定見込みによる減額等であります。

 次に、4目の労働費県補助金でありますが、今回 137万 6,000円の減額であります。説明欄にありますように緊急雇用創出基金事業費補助金の確定による減額であります。

 開いていただきまして、7ページご覧いただきたいと思います。

 16款寄附金であります。1項2目の土木費寄附金3万円、説明欄、公園費寄附金でありますが、城跡の石澤壽子さんですか、桜植樹の費用としてご寄附をいただきました。

 4目の総務費寄附金 100万円の増でありますが、財政管理費寄附金としまして、西中居の八幡工業さん、八幡さんから振興基金にということで寄附をいただいております。

 5目の衛生費寄附金でありますが、5万 3,000円、保健衛生総務費寄附金といたしまして、還暦のお祝いにということで山紫会という代表者穂積進さんから保健福祉センターへの経費として充当してくれということでご寄附をいただいております。

 次に、17款繰入金でありますが、まず3目の宅地用地取得造成事業特別会計繰入金 182万3,000 円の減額でありますが、宅地用地取得造成事業特別会計繰入金ということで今年度2区画の分譲を予定しておりましたが、分譲ができませんでした。その関係で一般会計の繰り入れができなくて今回減額をしたところであります。

 5目の財政調整基金繰入金でありますが、 6,610万円の減、財調基金へ繰り戻しをいたしております。これで財政調整基金の残高は現段階で6億 7,325万 3,000円であります。

 次に8ページ、一番上、8目の地域振興基金繰入金 3,286万円の減であります。これは地域振興基金の繰り入れでありますが、近津小学校の補助金が増額で確定したものですから、それと借り入れが増加したということで基金を繰り戻ししたものであります。それと、水資源対策費の方も確定によるものでありまして、これらも 180万ほど減額になっておりますので、それらを基金の方に戻したということであります。

 18款繰越金でありますが、 5,074万 7,000円、前年度からの繰越金を増額をいたしました。

 19款諸収入、4項3目の雑入でありますが、今回 483万 1,000円の減額であります。主なものは、説明欄の上から6行目でしょうか、消防団員の退職報償金の受け入れ、退職金の確定によるものであります。それと下から4行目、福島県市町村振興協会交付金、これは増額分でありますが、オータムジャンボ宝くじの交付金が47万 7,000円増額になっております。これで宝くじの助成総額は 191万 6,000円ということになりました。

 次に、9ページでございますが、20款の町債でありますが、先ほど第3表の地方債の補正でご説明申し上げましたので、省略させていただきます。

 次、歳出にまいります。歳出のまず議会費でありますが、34万 4,000円の増額。今回、会議録作製委託費43万 3,000円が主な増額であります。

 2款の総務費、1項1目の一般管理費でありますが、 552万 5,000円の減額であります。それぞれ事務事業の確定に伴います減額をさせていただいております。

 次のページへまいります。11ページ、2目の文書費でありますが、 206万円の増額ですね。一般事務費でございますが、例規集の加除代が今回増額補正をさせていただきました。

 4目の財政管理費 107万 1,000円の増額であります。これは財調の積み立て等でありますが、主に3行目の地域振興基金積立金、先ほど八幡工業さんから寄附をいただいたものを、まずは基金に積み立てるということで今回積み立てをしたところであります。

 次、6目の財産管理費 842万 7,000円の減でありますが、これは庁舎の維持費等に係る経費でありまして、空調設備の修理等に予定しておりましたが、どうにかことしはもったので減額をさせていただいております。

 それと、7目の企画費 474万 7,000円の減であります。主なものとしまして、説明欄上から4行目、OA対策費。これは地図情報のシステムまたは文書管理システム等の先送りといいますか、今年度やらなくてもいいということで減額をさせていただきました。

 次に、地域交通対策費 111万 3,000円ほど一番下ふえております。これは市町村生活バス、山本不動といいますか、棚倉・山本線に係る増便によりまして 111万 3,000円ほど増額をしたところであります。

 お開きいただきまして、13ページご覧いただきたいと思います。

 12目のルネサンス棚倉費、今回 125万 7,000円の増であります。主なものは一般事務費で73万 7,000円ほど増額しておりますが、ルネサンス棚倉の減免利用といいまして、小学生または中学校の中体連等でスケートまたはテニスコート等の利用については減免措置をしておりましたが、今回会社経営を支援するという意味で減免分を町が補てんするという方式をとらさせていただきました。それと、維持費についてはボイラーの修繕等でございます。

 13目活性化対策費 179万 6,000円の減額。説明欄2行目の国際交流推進事業費、オーストラリア友好訪問経費の確定による減額であります。

 お開きをいただきまして15ページ、一番下でございます。3款民生費、1項1目の社会福祉総務費 253万 9,000円の増額であります。説明欄16ページの上から2行目、重度医療費、保険基盤安定事業費繰出金等の確定による増額であります。

 2目の老人福祉費でありますが、 863万 5,000円の増額であります。いずれも事務事業の確定による増減でありますが、ふえる部分といたしましては在宅介護支援センター運営事業費、車購入費等を考えております。 106万 6,000円ですね。それと、そこから4行目、老人保健特別会計繰出金 2,033万 8,000円であります。これは国・県の支出金が精算しなければ来ないということで、一時町がつなぎ資金として繰り出しをするものが主なものであります。

 次、お開きをいただきまして、17ページの2目の児童措置費でありますが、 154万 9,000円の減額であります。説明欄にありますように保育所運営費の精算に伴う減額であります。

 次に、4款衛生費、1項2目の予防費 155万 7,000円の減額であります。説明欄、下から2行目、大きいものとしましては、それぞれ精算によるものでありますが、人間ドック事業費、またはその上の結核予防事業費等が大きく減額となっております。受診者が少なかったということであります。

 次のページ、18ページでありますが、3目の環境衛生費、 266万 1,000円の増額であります。説明欄の3行目、大きなものとしましては合併処理浄化槽設置事業費の補助金であります。今回85基分を見ておりますが、人槽が最初の見込みよりも大きなものが入ってきているということで、補助金も増額されておりますが、支出の方が増額ということであります。そのほかは確定によるものであります。

 次に、5目の簡易水道費 218万 9,000円の減額であります。これは簡易水道事業特別会計の繰出金でございまして、事業費の確定に伴う減額ということになります。

 6目の上水道費でありますが、 177万 7,000円の減額でありますが、水資源対策費、水企業団への負担金でありますが、確定による減額であります。

 お開きをいただきまして、19ページ。6款農林水産業費、1項3目の農業振興費でありますが、 177万 4,000円の減額であります。いずれも事務事業の確定によるもので、それぞれ減額をしております。

 次に、5目の農地費でありますが、 698万 3,000円の減。主なものとしましては、説明欄の上から3行目、県営土地改良総合整備事業費73万 5,000円。事業費の完了、確定に伴うものであります。そのほか農業施設維持管理費、農道等の維持管理をしておりますが、思ったよりかからないということで 204万ほど減額をさせていただきました。一番下でありますが、農業集落排水事業特別会計繰出金 408万 5,000円、確定による減額であります。

 20ページにまいります。

 真ん中辺でありますが、2項林業費の2目林業振興費、今回 257万 7,000円の減額であります。それぞれ説明欄ありますが、大きいのは林道の維持管理費、林道の敷き砂利等の経費が思ったよりかからなかったということでの減額等が主なものであります。

 一番下、7款商工費、1項1目の商工振興費 100万円の減額であります。説明欄にありますように金融対策費、信用保証料を見込んでおりましたが、確定による減額であります。

 次、21ページにまいります。

 8款の土木費でありますが、1項1目土木総務費、今回 204万 9,000円の減であります。主なものとしましては、説明欄3行目の国有財産譲与事業費 169万 6,000円の減額であります。写真撮影業務の委託料の減と確定によるものであります。

 22ページ、ご覧いただきたいと思います。

 4項の都市計画費、2目の公共下水道費 153万 5,000円の減額、説明欄2行目の公共下水道事業特別会計繰出金ということで確定による減額であります。

 4目公園費 210万 1,000円の減であります。これも説明欄2行目あります近隣公園維持管理費、事業の確定による減額ということであります。

 5項の住宅費でありますが、1目住宅管理費、今回 240万 5,000円の減額、住宅維持管理費でありますが、確定による減額が主なものであります。

 一番下、3目の宅地用地造成費でありますが、 1,268万 2,000円の増額となっております。説明欄でありますが、宅地用地取得造成事業特別会計繰出金、今年度2区画を分譲しまして、それによって償還金を払おうという考え方をしておりましたが、1区画も今年度売れなかったものですから、今回補正が出たということになります。今年度で一応償還は、宅地用地取得造成事業の借入金については償還が完了ということになります。

 次に、23ページ、9款消防費、1項1目の常備消防費 352万 3,000円の減額であります。白河広域圏常備消防費の減額でありまして、人件費の確定による減額であります。

 2、非常備消防費 319万円の減。説明欄4行目にあります主なものは消防団員の福祉費ということで、退職報償金の確定に伴う減額が主なものであります。

 3目の消防施設費でありますが、 293万 6,000円の減。消防施設維持管理費ともに確定による減額であります。

 10款教育費にまいります。24ページ。1項で25ページに移っていただきたいと思います。3目の教育振興費、今回 130万 8,000円の減額であります。それぞれ事務事業の確定ということで説明欄にあるとおりであります。

 2項の小学校費、1学校管理費 9,066万 3,000円の増額であります。これは説明欄4行目にございます小学校プール建設事業費 9,161万 3,000円、社川小学校に係るプール建設に係る経費を今回増額をさせていただいております。

 26ページの2目の教育振興費 214万 2,000円の減額でありますが、それぞれ事務事業の確定に伴う計数整理であります。

 3項の中学校費、1目学校管理費、今回 205万円の減額であります。それぞれ説明欄にありますような減額でございます。確定によるものであります。

 27ページ、2目教育振興費でありますが、 194万円の減。同じように確定によるものであります。

 4項の幼稚園費、1目幼稚園費18万 2,000円の増でありますが、下から4行目、預かり保育事業費というのがございます。4月から預かり保育を夕方の5時半までということがございまして、備品購入としましてカーテンまたは午睡マット等、これらを今回整備をするということでの増額計上となっております。

 次に、28ページの5項社会教育費の2目公民館費でございますが、43万 8,000円の減額であります。説明欄の2行目でありますが、管理運営費が 123万 3,000円ほど増額になっております。これらは公民館のトイレのタイルがはがれているといいますか、これの修繕のために、今回 123万 3,000円を増額いたしております。そのほかは事務事業の確定に伴う減額でございます。

 お開きをいただきまして、30ページまで飛ばさせていただきます。

 6項の保健体育費、1保健体育総務費、今回 128万 6,000円の減額であります。それぞれ事務事業の確定によるものでありまして、体育振興費、大会等の参加補助等でございます。それと体育指導員の被服費、ユニフォームでございますが、翌年度以降に見送っております。新たな体育指導員が改選期を迎えるということもありまして、翌年度に送っております。

 31ページ、中段の12款公債費でございますが、1項2目の利子 446万 6,000円の減であります。説明欄にありますように長期債償還利子でありますが、見込みより少なくなったということで確定による減でございます。

 以下、地方債に関する調書、給与費の明細書等を添付をしておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。

 以上で説明終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(近藤亥市) ここで昼食のため、午後1時まで休憩します。

                         (午前11時55分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                         (午後1時00分)



○議長(近藤亥市) 休憩前に引き続き会議を再開します。

 ここで、日程第7の報告第4号に関する答弁の申し出がありましたので、これを許します。

 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) 午前中は失礼しました。

 報告第4号に係ります減額部分の答弁でございますが、歩道部分が 342平方メートルありまして、点字ブロック59平方メートルを行う分が減額になりまして、23万 8,350円の減ということになりますので、よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) 以上で説明を終わります。

 これより日程第10、議案第2号の質疑を行います。質疑ありませんか。

 鈴木政夫議員。



◆17番(鈴木政夫) 補正予算の歳出ですが、ページでいいますと11ページです。総務管理費の中で「広報たなぐら」発行費というのが今回39万 8,000円減額になって 1,378万円ということになりましたが、この減額の理由と、それから「広報たなぐら」の発行は現在どこで発行されておって、どういう手続、1枚当たりどのぐらいの金額になるものなのか、そういうことについてお聞きしたい。



○議長(近藤亥市) 企画課長。



◎企画課長(鈴木政光) 「広報たなぐら」発刊費の39万 8,000円の減の中身でございますが、当初年間の印刷製本費を見込みまして計上しておるわけなんですが、年度当初におきまして、印刷製本の見積合わせをしまして、その差金、減額になったと、安くなったということから39万 8,000円の減額をしたところでございます。

 現在どこに発注をしているのかということでございますが、町内の印刷業者、それから白河の印刷業者の見積合わせをしまして、現在は白河にございますサトウタイプ印刷所に契約をしまして印刷を発注しておるところでございます。単価についてはですね、1ページ当たりの単価契約をしてございまして、現在昨年5月から本年2月までの10カ月間の平均でございますが、1ページ当たり1万 1,118円で発行してございます。発行部数につきましては6,100 でございます。

 以上でございます。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 27ページ、10款教育費ですけれども、説明の欄の一番下で教育指導方法等実践研究委託事業費組替と、ここのところの説明をお聞きしたい。



○議長(近藤亥市) 教育総務課長。



◎教育総務課長(藤田喜作) ただいまのご質問にお答えしたいと思います。

 この事業は幼稚園の道徳関係の事業で教育方法実践研究委託事業という形で実施してございました。1年間そういった事業をやってきまして、委託事業でございますので、その内容、報償費、それから旅費、需用費、印刷製本費等も含めまして、また使用料、備品購入、そういったものの予算の執行に当たりまして、最終的な決算に合わせて予算の節の組み替えをやったものでございます。だから、歳入歳出ゼロということでの組み替えでございますので、ご理解願いたいと思います。



○議長(近藤亥市) 鈴木政夫議員。



◆17番(鈴木政夫) 衛生費、17ページですが、先ほどの説明ですと予防費、健康診断あるいは健康診査事業費ですか、減額になっていると。受診者の減だという説明でありますが、どのぐらい減になっているんですか。そしてまた、これはなぜ減になって……、やっぱりせっかくこういう事業をやっているのにね。そして棚倉は結構無料の面がかなり多いんですね。ほかの町村から比べても、かなりそういう点ではすぐれた面を持っているんですが、減になっているというのは、町民の健康の上からとっても非常に問題点があるというふうに思うんですが、どんなふうに分析されておられるのかお伺いしたいと。



○議長(近藤亥市) 福祉健康課長。



◎福祉健康課長(藤田和彦) 予防費の各種検診等の減についてでございますが、毎年度、対象者については全員が受けるという前提で予算は要求してのせておりますが、結果として、その減分についての今回減をしたということで、決して検診の状況が減っているという状況ではございません。ほぼ横ばいの状況でございまして、各それぞれの検診の内容につきましては現在集計作業中でございますので、詳しい数字については現時点ではまだ申し上げられませんが、全体としては、ほぼ横ばいだということでご理解いただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 16ページ、老人福祉費なんですけれども、町長の所信で老人に対する問題ありました。それから、ここにある備考欄に載っているもろもろですけれども、老人福祉に関する問題が減額してどんどんいくと。しかし、老人医療費が全体的に10億以上になっているということなんですね。

 それで、今の議員の健康診断の件ですけれども、それと交わせて福祉健康センターが今度できると、そっちで健康診断するというような話も先ほどあったんですけれども、私も考えていたのは、私も検診を受けますけれども、個人負担ゼロで受けられる検診なんですよね。そうすると、福祉健康センターで今度検診やるようになったときのかかる経費はどうなのかとか、町が経費を節減していかなくちゃならない時節柄、そういう問題と、あとは一般会計から老人医療費に拠出していく金額というのはありますね。そういうのをちょっと頭に置いて、ここのところちょっと考えてもらいたいんです。

 それで、今の介護保険と老人医療とちょっとあわせて考えてもらって、経営が困難だからどんどん町民の負担が上がっていく傾向にあると。それで、あと国の制度だから国がやるということでありますけれども、この全般的に老人医療費の補正額が 863万 5,000円ですね。これ先ほどの説明の中では特別会計の搬出権ということで、これは国保のあれが来るまでのつなぎとなっていますけれども、これのやるときのいろいろな問題で、今その下にあるもろもろの減額その他の調整あったり、予備費があったり、基金があったり、いろいろしているわけですよね。そうすると、一時借入金みたいな感じのものもあるし、いろいろ運営していくときに、もう少し金の出し入れを頻繁にしなくて済む、そうすると余ったら減額するという傾向のところはかなりあるんですよ、全般的にね。だから、推計して最初に見積もったり、いろいろするときに見積もりが現実と少しかけ離れている部分が多いから減額補正とか、ましてや増額補正をするということになると思うんです。

 それで、毎回私、補正のときに考えるんですけれども、足りなかったらば増額補正して合わせればいいし、余ったらば減額補正して返せばいいよというその考え方なんですよね。そのレベルをこの老人福祉費のところで一番感じたものですから、その指摘をしたかったと。それについて、このそれぞれの老人福祉事業、上から行くように在宅介護支援センター、それから介護予防、それぞれの問題がまだ熟知されていないのかなという感じするんですね。

 そもともう一つは、やっぱり福祉センターができ上がると(聞き取り不明)センターなんかも出る。そういうのを考えると、今回のここの老人福祉費のところの出ている説明が、健康づくりをしているから少なくなったのか、それともみんなが健康で高齢になるから要らないのかという問題があるんですね。そこのところの分析がちょっとわからないんです。



○議長(近藤亥市) 一ツ松議員に申し上げます。質問の発言は簡潔に具体的に行ってください。



◆9番(一ツ松喬義) はい。それから、人間ドックとの絡み、そういったことの検診者の減ですね。それについての分析はどうしているのかということ。

 それから、国保に入っている人が少ないから検診するのが少ないのかとか、いろいろあると思うんです。しかし、この制度をもっと有効に活用するような努力が必要だということなんです。わからないかな。



○議長(近藤亥市) 福祉健康課長。



◎福祉健康課長(藤田和彦) かなり広範囲の質問でございまして、14年度と15年度に絡む内容のおただしの内容もございまして、非常に範囲が広いわけですが、今回の老人福祉費の863 万 5,000円の増額の主なものにつきましては、先ほど総務課長申し上げましたとおりでございます。

 それで、他会計との繰り入れ、繰り出しがここの老人福祉費にのっているわけでございまして、介護保険特別会計繰出金、老人保健特別会計繰出金、これらの大きな 2,000万からの移動につきましては、国・県の補助金の都合によって、こういう金額が毎年年度末に動くということで、本来であれば国・県補助金がそのまま必要補助金どおり入ってくれば動かす必要がないわけでございますが、それらが財源不足等によって入ってこないということで、14年度中、一般会計でとりあえず立てかえて、15年度でまた 2,000万を繰り入れするということで、一時的な数字の動きがあるという。それが2年度にまたがっていると、そういうものが大きな要因で数字が動いているというのが1つでございます。

 それから、その他の介護予防生活支援事業につきましては、介護保険並びに国民健康保険の中で当然ながら健康維持増進事業を行うということを建前にしておりますが、まだPR不足等もございまして、なかなか参加利用率が低いというような状況もございますので、今後の課題として、それらのPRをし、各地域に出かけて行って、それらの事業をやることによって、これらの事業費がこれからふえてくると。その結果によって、健康づくりが行われた結果によって、医療費あるいは介護保険料が下がってくるということを前提に今後も考えてまいりたいというふうに考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 3回目ね。一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 21ページ、今度は土木費ですけれども、道路維持費ですけれども、道路維持補修費ですね。これは場所の説明がなかったんですけれども、どこの補修ですか。21ページ、8款2目。



○議長(近藤亥市) 建設課長。



◎建設課長(藤田敬志) 道路維持補修費の関係の12万 6,000円の減額の関係かと思うんですけれども、道路維持補修関係につきましては道路の維持補修ですね。あとは除草業務とか立木の伐採とか、あとはすべりどめ関係の砂の設置等を行っておりまして、事務事業が確定したことによる今回の減額ということでご理解願いたいと思います。

     (「場所がない」と発言する人あり)



◎建設課長(藤田敬志) 場所については、町内全般ということで説明させていただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) ほかにありませんか。

 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) 10款の幼稚園費でございますが、説明欄の預かり保育事業費で 151万2,000 円の増というような項目がございます。それと、送迎バス運行事業費53万 7,000円の減というようなことでございますけれども、その2点についてでございますが、預かり保育事業がここのところ評判がよくて、何人ぐらいふえたというようなことで、それらに伴う幼稚園の先生に対する報酬がふえたのかどうかというふうなことだろうと思うんですが、これはどのような内容になっているのかですね。

 あと幼稚園の送迎バス運行事業費が53万 7,000円減額になったというようなことでございますけれども、その要因はどのようなことで減額になったのか。当初予算はかなりオーバーに見積もっていた関係で差し引き残が残ったというようなことなのか、その辺の事務事業の確定に伴う内容について説明を求めたいと思います。



○議長(近藤亥市) 教育総務課長。



◎教育総務課長(藤田喜作) まず、預かり保育事業費の今回の 151万 2,000円の増額内容でございますが、これにつきましては総務課長、説明いただきましたけれども、まず15年度から預かり保育を延長するということで、それに伴って必要な備品等の購入がまず上がっております。まず、(聞き取り不明)マットとか午睡用のマット、それからカーペット、これは要するに子供たちが午睡をすると、睡眠をするためにふとんを持ってきてもらいますので、ご父兄の方から。そのふとんを敷くためのマット、そういったものが必要になってくるということの補正が消耗品関係でまず66万 8,000円でございます。

 また、備品購入関係では、そのために必要な座卓とか、ふとんを収納しておく棚、それから、そのふとん棚のカバー、冷蔵庫、カーテンの設置、そういったものを含めまして 104万8,000 円ほど見込んでございます。これは報酬等による増じゃなくて、その準備のための予算であるというふうにご理解いただきたいというふうに思います。

 それから、送迎バスの減額につきましては、まず業務委託料の関係の減額と自動車保険の任意保険料の減額合わせまして53万 7,000円の減額ということでございますので、大幅な見積もりとか、そういうことじゃなくて、確定に伴う減額というふうにご理解いただければというふうに思います。



○議長(近藤亥市) 松本英一議員。



◆7番(松本英一) 18ページ、衛生費なんですけれども、合併浄化槽設置整備事業で 465万ということで補正のプラスになっているんですが、これ85基分ということで先ほどご説明があったんですけれども、例えば90基が申し込みがあったというときに、それも補正を組んでやっぱりそれ消化するのか。それとも次年度に任せるのか、ちょっとお聞かせ願えればということなんです。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) ただいまのご質問についてお答えいたします。

 年度当初に、ある程度の基数を県の方に補助申請しまして、最終補正が2月上旬のところですね、県の方からまいりますので、それに間に合ったときには補助で対応しながら、その後に出たものは新年度になったときにというふうなことでやっておりますので、よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第11、議案第3号、平成14年度棚倉町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を議題とします。

 議案の説明を求めます。

 福祉健康課長。



◎福祉健康課長(藤田和彦) それでは、別冊の平成14年度議案第3号、棚倉町国民健康保険特別会計補正予算書の方をご覧いただきたいと思います。

 議案第3号、平成14年度棚倉町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

 平成14年度棚倉町国民健康保険特別会計の補正予算(第4号)は、次に定めるところによるということで、歳入歳出の補正、今回につきましては 612万円を追加いたしまして、歳入歳出それぞれ11億 9,750万 9,000円とするものでございます。

 2項につきましては、「第1表 歳入歳出予算補正」によるということでございます。

 平成15年3月10日提出、棚倉町長。

 それでは、2枚お開きをいただきたいと思います。

 2ページの歳入からご説明を申し上げたいと思います。

 2款の国庫支出金、1項国庫負担金、2目の療養給付費等負担金でございますが、今回374 万円の補正増を行うものでございまして、これは現年度分の国民健康保険療養給付費等負担金ということで、主に一般被保険者の療養給付費の増でございます。

 それから、6款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金ということで 238万円の補正増を行うものでございますが、これらは国保基盤安定事業繰入金の補正増でございまして、国庫補助金の一般会計の増の分を、他会計ということで国保会計の方に繰り入れして補正増を行うというものでございまして、これらにつきましては保険料の軽減額についての2分の1について国庫補助で入ってくるものをここに計上するということで、追加計上でございます。

 次の3ページの歳出をご覧いただきたいと思います。

 歳出。1款総務費、総務管理費の1目一般管理費につきましては、組み替え予算でございますので、補正額ゼロとなります。

 2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費ということで 724万 1,000円の補正増を行っておりますが、これらは先ほどの歳入にありますように、同じく一般被保険者の療養給付費の支払い費の更正増ということでございます。

 次に、3款老人保健拠出金、1項老人保健拠出金、1目の老人保健医療費拠出金ということで、83万 3,000円の補正減ということでございますが、これらにつきましては老人保健医療費の拠出金が減ということでございます。

 次に、6款の保健事業費、それから1項の保健事業費、1目の保健衛生普及費20万 3,000円、それから2目の疾病予防費13万 5,000円の減、3の医療通知費が5万円の増ということで、事業確定見込みによるそれぞれの事業費の更正減あるいは増ということでございます。

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(近藤亥市) これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 鈴木政夫議員。



◆17番(鈴木政夫) 先ほど町長の説明の中にも若干あったかと思うんですが、平成14年度の国保の事業の中身として歳出の中に計上されております。3ページですね。保険給付費724 万 1,000円を補正増ということでありますが、結局当初の見込みよりも医療にかかる費用が多くなっているということなのかなというふうには思うんですが、そこら辺のところについて、状況についてですね、金額の面、あるいは人数の面等々わかっておれば説明していただければと思います。



○議長(近藤亥市) 福祉健康課長。



◎福祉健康課長(藤田和彦) では、ご質問にお答えいたしたいと思います。

 保険給付費の状況ということでございますが、現時点で、まだすべての月の請求が来ておりませんので推計ということでございますが、今年度につきましては、対前年度と比較しますと約5%ほどの伸びになろうかと思います。ですから平成13年度、14年度、14年度が11カ月予算ということもございますので、平成13年度で約5%、14年度で5%ということになりますので、平成15年度では平年ベースでいくと約10%程度に最終的にはおさまるのかなということで考えておりまして、医療費そのものは微増ということで、この前も申し上げましたように、県内全体でいきますと県内の平均よりもかなり低い医療費で棚倉町の場合は推移をしているということでございますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 議案第4号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第12、議案第4号、平成14年度棚倉町老人保健特別会計補正予算(第3号)を議題とします。

 議案の説明を求めます。

 福祉健康課長。



◎福祉健康課長(藤田和彦) それでは、平成14年度棚倉町老人保健特別会計補正予算ということで、4号についてご説明を申し上げます。

 議案第4号、平成14年度棚倉町国民老人保健会計補正予算(第3号)

 平成14年度棚倉町老人保健特別会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによるということで、今回歳入歳出の補正につきましては 1,859万 6,000円を減額いたしまして、歳入歳出それぞれ15億20万 2,000円とするものでございます。

 2項につきましては、「第1表 歳入歳出予算補正」によるということでございます。

 平成15年3月10日提出、棚倉町長。

 2枚ほどお開きをいただきたいと思います。

 2ページの2歳入からご説明を申し上げます。

 1款支払基金交付金、1項支払基金交付金の1目医療費交付金でございますが、今回2,891 万 1,000円の補正減ということで、これらにつきましては現年度分の支払基金交付金の減でございます。これらにつきましては昨年10月に法改正、保険法の改正が行われ、それに伴う老人保健法の関連の改正によりまして、毎年9月までの分と10月からの分と年度途中で補助金の負担割合が変わります。これを5年間にわたって、その負担割合を徐々に、こちらの場合は交付率を変更していくということで、そのための減になるわけでございまして、全体的には支払基金の交付金が減ってくるという形になります。それから、国庫負担金、県負担金についても、それらの5年間の調整が行われるということでございまして、当然一般会計の繰入金につきましても、5年間でそのような調整を行うということで全体の数字が動いているというのが今回の補正の主な要因でございます。

 それで、1目の医療費交付金につきましては 2,891万 1,000円の減ということでございまして、今年度の全体の負担金がここで66%のルール分では負担ということになります。

 それから、2目の国庫支出金、1項国庫負担金、1目の医療費負担金が 787万 7,000円の減ということで、国庫医療費負担金ということでございまして、これも9月までは10分の2だったものが 600分の 136ということで率に直すと、全体に直すと22.6%に変わったということで減になったということでございます。

 3款の県支出金、1県支出金、1目の県負担金 197万円につきましては県医療費負担金ということで、同じく率が変わりまして10分の 0.5から 600分の34ということで、全体でいくと 5.7%の負担割合になったと、変わったということでございます。

 それから、4款の繰入金、1項の一般会計繰入金、1目の一般会計繰入金ということで、2,033 万 8,000円の増ということでございまして、率は先ほどの率で入ることになっておりますが、先ほどのご質問にもございましたように国庫負担金と基金等からの正式な補助金が今年度入ってきませんので、一時一般会計からの繰り入れで立てかえるということで、逆にこちらはふえておりますが、実質的な負担は県負担金と同じく 5.7%になります。

 それから、6款諸収入につきましては、預金利子をのせてございます。

 それから、次のページの3ページをお開きいただきたいと思います。

 3歳出。1款医療諸費、1項医療諸費、1目の医療給付費ということで補正額 1,578万7,000 円の減ということでございますが、これらにつきましては説明欄にございますように医療給付費の減ということで、現在の見込み推計による減ということでございまして、最終的な確定という数字まではまだ至っておりません。

 それから、2目の医療費支給費、これも 263万 3,000円の減ということでございますが、現時点での推計による医療費支給費(療養費)の減ということでございます。

 それから、2款諸支出金、2項繰出金、一般会計繰出金につきましては、預金利子等の計上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(近藤亥市) これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第13 議案第5号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第13、議案第5号、平成14年度棚倉町介護保険特別会計補正予算(第3号)を議題とします。

 議案の説明を求めます。

 福祉健康課長。



◎福祉健康課長(藤田和彦) それでは、平成14年度棚倉町介護保険特別会計補正予算書、議案第5号についてご説明申し上げます。

 平成14年度棚倉町介護保険特別会計補正予算(第3号)

 平成14年度棚倉町介護保険特別会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正でございますが、今回 1,203万円を減額いたしまして、歳入歳出総額をそれぞれ6億 1,002万 6,000円とするものでございます。

 2項歳入歳出の状況につきましては、「第1表 歳入歳出補正予算」によるということでございます。

 平成15年3月10日提出、棚倉町長。

 2枚ほどお開きをいただきたいと思います。

 2ページの2歳入からご説明を申し上げます。

 1款保険料、1項介護保険料、1目第1号被保険者保険料ということで 143万円の補正増でございます。これは主に現年度分の特別徴収保険料が 150万円の補正増ということでございまして、これらにつきましては現年度分の特別徴収保険料の増ということになります。それから、現年度分の普通徴収保険料につきましては7万円の減ということでございます。

 それから、2款の国庫支出金、1項の国庫負担金、1目の介護給付費負担金ということで966 万 8,000円の補正減ということでございまして、これらにつきましては現年度分の国庫介護給付費負担金の減ということでございまして、現時点での各種サービスの確定見込み等により国庫補助金等の数値の減ということで、それぞれ以下の国庫補助金、支払基金等も同じような理由で減額をするということでございまして、主な中身といたしましては、施設サービスの給付費が減をして、逆に居宅サービスの給付費は増になっていると。その増減のプラスマイナスの部分の数値が全体としては 966万 8,000円の減という形で出ておりますが、施設サービスが量が減って、居宅がふえているということでございます。

 それから、2款の国庫支出金、2項の国庫補助金、1目調整交付金ということで 130万4,000 円の減ということでございますが、主に現年度調整交付金の減ということで、これらも同じく居宅サービスと施設サービスとの増減の中での減ということで、同じような理由からでございます。

 それから、3款の支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目の介護給付費交付金ということで 663万 5,000円の減がございますが、これらにつきましては支払基金交付金からの確定見込みによる数字の減ということで、本来であればもう少し来る予定でございますが、この辺は基金の方の決定に基づいて歳入が確定してしまいますので、それらの減だということで出てございます。

 それから、4款の県支出金、県負担金、1目の介護給付費負担金でございますが、85万5,000 円の減ということで、県介護給付費負担金減ということで、同じような理由からでございます。

 それから、1枚めくっていただいて、6款の繰入金、1項の一般会計繰入金ということで1目の介護給付費繰入金 134万 2,000円の補正減ということでございますが、これらは一般会計からのサービス部分のサービス費の12.5%分のルールに基づいての調整分の減でございます。

 それから、2目のその他一般会計繰入金ということで 315万 9,000円の減でございますが、これらは一般職員の給与費の関係の繰り入れ減と、それから大きいのが事務費繰り入れということで、認定調査費等の減が主でございます。 269万 4,000円の減ということでございます。

 それから、6款の繰入金、2項基金繰入金ということで1目の介護給付費準備基金繰入金ということで、それらの財源の不足分を一時的に基金から繰り入れするものでございまして、764 万 9,000円を繰り入れをして歳入歳出を合わせるということでございまして、これらにつきましても国庫基金からの補助金等が15年度において入ってきた時点において、また基金に戻すというものでございまして、これらも一時的な調整ということでございます。

 それでは、4ページの歳出の方をご説明申し上げます。

 1款の総務費、1項の総務管理費、1目の一般管理費でございますが、52万 5,000円ということで、一般職員費、事務費等の確定等に伴う減でございます。

 それから、同じく2項の徴収費、1目賦課徴収費についても賦課徴収費等の減ということで22万円の減でございます。

 それから、同じく3項の介護認定審査会の関係でございますが、1目認定調査費等で20万円の減。これは委託料等でございます。それから、認定審査会共同設置負担金ということで34万 8,000円の減。これは白河広域圏の中で審査会を行っています。それらの負担金の減と、件数の減に伴う減ということでございます。

 それから、2款の保険給付費、1項の介護サービス等諸費でございますが、1目の介護サービス等諸費でございますが、 807万 7,000円の減ということでございますが、主なものにつきましては先ほどの歳入の中でも申し上げましたが、居宅介護サービス給付費が 2,815万8,000 円ということでふえておりますが、その1つ下の間を挟んで施設介護サービス、3段目ですね。施設介護サービス給付費が 3,140万 2,000円の減ということで、中身的には大きく数字が動いているわけでございますが、それが主な要因でございまして、以下それぞれのサービス、住宅改修等、それぞれ実績見込みによりまして今回減額を行っているというものでございます。

 次のページの5ページの方お開きいただきたいと思います。

 同じく2款の保険給付費、2項の支援サービス等諸費、1目の支援サービス等諸費でございますが、補正額が 238万 9,000円の減ということでございまして、これらにつきましては、それぞれサービス給付費から高額居宅支援サービス費まで、それぞれ精算見込みに基づく減ということでございます。

 それから、その他諸費、積立金等につきましては、それぞれご覧のような手数料等の減ということでございますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以下、給与費明細書等を添付しておりますので、ご覧いただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 鈴木政夫議員。



◆17番(鈴木政夫) 歳出4ページ、ただいまの説明ですと居宅介護サービスがふえて、施設介護サービスが減っているということ、数字上にもそんなふうにあらわれているんですが、この内容は人数の問題なのか、それともその中身の問題なのか。どういう事情によってこういう現象が出ているのかという点をご説明いただきたい。



○議長(近藤亥市) 福祉健康課長。



◎福祉健康課長(藤田和彦) 現在の介護保険の15年1月現在の認定者の状況でございますが、現在の状況が 419名認定されている方がおります。そのうち先ほどの施設サービス部門であります特老、それから老健、介護療養型施設等に入っている方が94名ということでございます。

 それから、先ほどの在宅サービス等であります訪問介護、入浴、訪問看護、通所介護、通所リハビリ等につきましては 256名ということでございまして、13年度と比較しますと施設サービスにつきましては1名の増ということで、ほぼ横ばいの人数ですね。それから、訪問介護につきましては14年度が 247という数字で動いていますから、その施設サービス以外の訪問等についてはふえつつあるというふうな状況で推移をしているものでございます。

 そのほか福祉用具等の貸与につきましては、ほぼ同じような数字で推移していると。それから、短期入所等につきましては逆にふえておりますね。そういう状況で推移をしているという結果が予算の中に出てくるということでご理解いただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 鈴木政夫議員。



◆17番(鈴木政夫) 施設サービスの場合は施設がなければサービスが受けられないと、こういうことになるわけですが、現在の待機者というのは町内で何人ぐらいいるんですか。



○議長(近藤亥市) 福祉健康課長。



◎福祉健康課長(藤田和彦) 正確な数字を、ちょっと記憶があいまいかもしれませんが、棚倉の寿恵園で 130ぐらい全体でいると思います。そのうち棚倉町の待機者が50数名だというふうに記憶しておりまして、その50数名のうち病院等に入院しているのが25名だったと思います。

 それから、塙の医療系の保険の関係で適用されている方が20名近く多分医療系でいたというふうに思いますので、実質的な待機待ちは10名前後、本当に自宅で在宅でだれも見る人がいないひとり暮らし、家庭での介護も受けられないというのは、恐らく10名程度だというふうに記憶しております。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 3ページの認定調査費の減ですけれども、今の説明も関係しますが、施設に入る人は施設がなくて入れませんけれども、その認定1から5までの割合ですよね。それから、認定調査費が減ということは、毎年の認定を受けたいという人が減っているのかどうかですね。これ何で減なのか。

 それからですね、しかし待機者がいるので、みんなもう認定してしまっているのか、現状ね。新しく誕生してくる認定の方が少ないのかということなんです。

 それから、今の施設介護サービス給付費が大幅に減っていると。この理由として、人数の変動は余りないと。しからば、大幅に減る理由は何ですかとなるんですね。例えばサービスの低下とか、著しく施設の効率化が進んだとか、いろいろあるわけですね。しかし、今の説明の中では、平成13年、14年、15年と見ても、施設介護サービスを受ける方の人数の変化もさほどないということなんですね。それから、居宅サービス、介護サービスを受ける方がふえているということですけれども、これは質の向上かなと思うんですけれども、そこのところはどうかなという質問です。



○議長(近藤亥市) 福祉健康課長。



◎福祉健康課長(藤田和彦) まず、第1点の認定調査関係の事務費の減ということで、認定調査分が 269万 4,000円の減でございますが、これらにつきましてはですね、当初は半年間で更新をするということでスタートいたしましたが、その後ある程度固定しているものについては1年更新ということになっておりますので、今まで2回調査をするものが1回になってきている。その傾向がかなり大きな数字になってきておりますので、その影響の部分が大でございます。

 それから、居宅介護サービスでございますが、これらにつきましては、もうほぼ数字が横ばいだということでございまして、それらにつきましては単価等、あるいはショートステイ等の利用等もかなり利用しています。待機待ちの方もショートステイ等も利用しておりまして、そういう伸びもございます。

 それから、施設介護サービスにつきましては、認定者等数字はふえておりますが、その限度額いっぱい使うかどうかによって、その数字が大きく変わるわけでございまして、ほぼ対象者が同じであっても、その利用度合いが高いか低いかによって、当初見込んだ数字より上がってくるというような結果になっているということでございますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 施設利用者の関心事ですけれども、介護を受けるときのメニューができますよね。そのメニューが大体何段階ぐらいになっていて、私はそんなに親切に至れり尽くせりやっていただかなくても結構で、この程度ということで判断してやる人が多くなっているので、減額が多いんだということの今解釈かなと思うんですけれども、そのメニューの作成は何段階ぐらいに寿恵園はやられているのかなということなんですが。



○議長(近藤亥市) 福祉健康課長。



◎福祉健康課長(藤田和彦) 具体的なメニューの中身までについては、ちょっと今承知してございませんが、メニューを選ぶのが少ないということではなくてですね、そのサービスの回数が少ないということで、この数字が減額になっているということがございまして、メニューを多く選んでいないということではございません。利用のサービスの回数、例えばホームヘルパーですとその回数を限度額まで使っていない、そういう状況の減が大きいというふうにご理解いただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 議案第6号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第14、議案第6号、平成14年度棚倉町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題とします。

 議案の説明を求めます。

 水道課長。



◎水道課長(植村直廣) それでは、別冊の棚倉町簡易水道事業特別会計補正予算書をご覧いただきたいと思います。

 議案第6号、平成14年度棚倉町簡易水道事業特別会計の補正予算(第3号)

 平成14年度棚倉町簡易水道事業特別会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正でございますけれども、歳入歳出それぞれ 143万 9,000円を減額し、歳入歳出それぞれ総額 3,542万円とするということでございます。

 内容につきましては、2枚めくっていただいて説明書の2ページをご覧いただきたいと思います。

 2ページの2歳入でございますけれども、1款使用料及び手数料、1項使用料、1目簡易水道使用料を75万円補正増し、合計 1,133万 1,000円とするもので、増額の内容は山岡簡水30万円、高野西部簡水33万円及び瀬ケ野簡水12万円であります。それぞれ使用料増加に伴うものでございます。これによりまして、使用料の合計がそれぞれ山岡 683万 9,000円、高野西部 312万 8,000円、瀬ケ野簡易水道 136万 4,000円となります。

 2款繰入金、1目一般会計繰入金 218万 9,000円の補正減につきましては、使用料の増加及び歳出の減額に伴います調整減でございます。

 次に、歳出でございますけれども、1款簡易水道費、1目簡易水道管理費 143万 9,000円の補正減でございます。13委託料で53万 9,000円の減、15工事請負費で90万円の減でございます。

 なお、委託料につきましては、山岡簡易水道の貯水槽施設設計委託費用でございます。現在山岡浄水場には 100立方メートルの容量の貯水槽1基を設置してございますが、山岡地区で使用する1日当たりの平均水量が98立方メートル、最大で 188立方メートルになることがございまして、給水量が不足がちでございます。また、沢水からの取水等しているため、雷雨等により、濁りがひどいときには取水できない状況になる場合がございますので、これらを補うために貯水槽1基を増設するような計画でございます。平成14年度でそのための設計費用を計上しておきましたので、その設計費用の確定に伴うものでございます。

 なお、工事請負費につきましては瀬ケ野簡易水道の取水口に係る改善工事費用でございますが、取水口につきましては土砂等の流出による目詰まりなど心配されましたので、取水量が少なくなることが予想されておりましたので、蛇かごの布設がえを予定しておりました。しかしながら、取水の状況や経過から見て水量の確保が十分であると判断したために、今回工事費全額を減額したものでございます。

 以上が補正予算の内容でございますので、よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第15 議案第7号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第15、議案第7号、平成14年度棚倉町公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題とします。

 議案の説明を求めます。

 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) それでは、別冊の公共下水道事業特別会計補正予算書をご覧いただきたいと思います。

 議案第7号 平成14年度棚倉町公共下水道事業特別会計補正予算書(第3号)

 平成14年度棚倉町公共下水道事業特別会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 第1条歳入歳出予算の補正でございますが、今回の補正につきましては、歳入歳出それぞれ 135万円を減額しまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6億 8,501万 7,000円とするものでございます。

 2枚ほどお開きいただきまして、事項別明細書により補正内容についてご説明申し上げます。

 まず、歳入でございます。1款1項1目の下水道受益者負担金、今回補正額86万円の増でございます。下水道受益者負担金として 113万円、滞納繰越分として今回27万ほど減額ということでございます。合わせまして86万円の補正ということになります。

 2款1項1目の下水道使用料、今回補正額58万 9,000円でございます。現年使用料で61万円、滞納繰越分の方で2万 1,000円の減ということになっております。

 5款1項1目の一般会計繰入金、今回補正額 154万 2,000円の減額でございます。これらにつきましては、一般会計からの繰入金の減額ということでございます。

 7款3項の1目雑入でございますが、今回 125万 7,000円の減ということでございます。右側の説明欄にありますが、下水道管渠工事に伴います水道配水管の布設費用分が 250万円ほど減額になっております。これらにつきましては、古町地内の水道課の配水管の布設管の確定に伴いまして 250万円の減というようなことでございます。それから、その次の次の行ですね。福祉センター給水管工事同時施工分の工事費用分ということで 120万円ほど増額になっております。合わせまして今回 125万 7,000円の減額ということになります。

 次に、歳出に移ります。

 1款1項1目の一般管理費、今回補正額50万 1,000円でございます。一般職員費で5万円、一般管理費で45万 1,000円の減額となっております。

 2目の浄化センター管理費、今回補正額 129万 5,000円の増額でございます。主なものとしまして、需用費 132万 8,000円の減額でございますが、これらは電気料、薬品等の減額でございます。13節の委託料、今回 266万 5,000円の増額でございますが、流入汚水量の増加に伴いまして、汚泥処分料の方が増額になっております。浄化センター合わせまして今回129 万 5,000円の増額ということになります。

 2款1項1目の公共下水道事業費、今回 109万 9,000円の減額でございます。主なものは22節補償補填及び賠償金ということで 101万 5,000円の減額でございます。管渠埋設工事の各工区の水道移設補償費の確定によるものでございます。

 次のページでございますが、3款1項2目の利子ということで、今回 104万 5,000円の減額ということで、長期債の償還利子で3万 6,000円、確定によります減でございます。一時借入金の利子 109万円の減、これらは一時借入金がございませんでしたので減額となるということでございます。

 以下、次ページに給与費明細書を添付してありますので、ご覧いただきたいと思います。

 以上で補正予算内容の説明を終わります。よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) 歳入の部で1款1負担金の下水道事業受益者負担金ということで、説明の欄に下水道事業受益者負担分というようなことで 113万ほどなっておりますけれども、これはかなり努力をされて接続件数がふえたのかなというふうに思いますが、どの程度接続する件数がふえたのか、それとも分担金という形で……、失礼しました。分担金の方ですから共用升をつくった折に受益者である町民の皆さんから平米 500円の徴収をしたというようなことだろうと思いますが、件数で何件で、面積にしてどのぐらいが該当したのかということを聞いておきたいと思います。

 その下の欄でございますが、下水道事業受益者負担滞納繰越分ということで27万ほど減額になっておりますけれども、これらの徴収見込みというものについては、どのように考えているのか伺っておきたいと思います。

 続いてですが、歳出の部でございますが、1款総務費の2目浄化センター管理費ということで、今、担当課長の方から説明がございましたけれども、汚泥処理に伴う増額ということで、節の欄で委託料 266万 5,000円というような説明であったわけでございますが、汚泥の絶対量は当初見込みで予定された数と量ですね。量と、今汚泥処理をしている絶対量というのはどのくらいの量で、単価はどのくらいに見込んでいるのかというようなことを聞いておきたいと思います。

 それで、一概に委託料と言っても、その部分だけではないだろうと思うので、委託料の中身はどのようになっているのかということを聞いておきたいと思います。

 それから、説明の欄に浄化センター管理費ということでのっておりますけれども、それだけがすべてではないというように思うんですね。というのは、確かに補正額が 129万 5,000円ですけれども、先ほど担当課長説明したように、事業費と委託料の差額がかなりの金額差がございますので、その差額分がそういうふうな形で使用されたのかなというふうに思いますので、その辺の説明をしていただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) ただいまの質問にお答えいたします。

 まず、受益者負担金関係 113万円の関係でございますが、当初で歳入を見込んでおりますけれども、14年度賦課分としまして、大体7万 1,400平方メートルの賦課面積がございました。その中で一括納付を大体3万 5,700平方メートルくらいを見込みまして、残りを分割納付ということでやっておりました。分割納付につきまして訪問徴収というような形でやっておりまして、分割納付の約90%見ていたわけなんですけれども、訪問徴収をした結果、今回113 万円の増額になったということでございます。

 それと、滞納繰越分につきましては、53万 4,000円ほど滞納繰越ということでおったわけなんですが、14年度にそれらのうちから26万 4,800円ほど入りまして、27万円の減額というようなことになりました。

 次に、浄化センターの委託料の関係でございますが、流入汚泥量につきまして、ことし2月と前年2月を比較しますと、約1万立方メートルほど増加しております。それらに伴いまして、補正を組まなければならないということになりました。汚泥処分量の単価についてでございますが、1立方メートル当たり1万 7,500円とプラス消費税になります。

 次に、委託料の中身の今回の 266万 5,000円の中身でございますけれども、委託料、今回のこの汚泥の増加に伴う委託費と、汚泥量が増加することに伴いまして 481万 7,000円、施設の維持管理が確定しまして 215万 2,000円の減額ということで、今回13節で 266万 5,000円の増ということになります。

 11節の需用費でございますけれども、これらにつきましては電気料の減額と浄化センターの脱臭剤ということで予算に計上しておりましたが、脱臭剤の方がまだ使えるというようなことで、脱臭剤の減額について、脱臭剤の方が 100万程度減額になりましたものですから、132 万 8,000円の減額ということになりました。

 以上です。



○議長(近藤亥市) 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) 下水道の歳入の方ですが、受益者負担滞納分でございますが、受益者である町民の方が公共下水道に参画するということで、公升といいますか、共用桝をタンク内に設置したと。その設置に伴う負担でございますから、当然お支払いしますよということで加入されたんだなというふうに思うんですが、その辺の説明の中で受益者とどのような話し合いが持たれたのかなというようなことが非常に疑問なんですね。そういう立場から考えますとですね、やはりそこに十分な説明がされなかったのかなというふうに思うんですね。その辺で、具体的にどのような話し合いをされて滞納になっているのかということを聞いておきたいと思います。

 あと歳出ですが、確かに汚泥処理の量が、絶対量が予想できなかったというような部分があっただろうと思うんですね。それは接続量との兼ね合いがございますから、きちんとしたデータが出なかったと。単価契約はしておりましたというような説明であったわけでございますが、ただ予想されるであろう需用費についてはですね、電気料等については年間稼働しているというようなことでございますから、余りに増減はないのかなというふうに思っておったんですが、その辺が減額になったというようなことなんで、そうしたものを含めて浄化センターの契約については細部にわたって委託契約をされているというように聞いているわけですが、その内容等について差し支えなかったらご説明をお願いしたいと思います。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) ただいまの質問にお答えいたします。

 まず受益者負担金関係なんですけれども、翌年度工事が始まりますときにですね、例えば本年ですと7月に工事の説明会を開催しまして、まずそこでいろいろ受益者負担金なり、使用料なりを説明いたします。受益者負担金については翌年度にかかるものですから、5月の連休明けたころに、今度は受益者負担金の説明を行いまして、理解を求めながらやってきております。現在、滞納の分については日にちとか電話をしながらですね、徴収に歩いておりまして、現在どうしても1件の方が入っていないというようなことで、根気よく徴収に努めているところでございますので、ご理解願いたいと思います。

 次に、委託の内容でございますが、公共下水道事業費で浄化センターの維持管理費、電気工作物の安全管理、消防設備の保守点検、水質検査、産業廃棄物処理ということで、これは汚泥になります。あと沈砂溶出試験ということで、中にたまっている沈砂物の水質、その形状の検査の試験費、さらには沈砂池の堆積土砂類の運搬の委託費、あとその沈砂池の堆積土砂類の処分費等が委託料として計上してございます。

 以上です。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 今の質問の中で下水道使用料についての説明をいただきたい。加入状況から伸び率、それから何件入って使用料がこうなりましたという問題ですね。

 それからですね、6ページなんですけれども、給与費明細書について見ておいてくださいと言うので見ましたが、今度補正前であってなくなっていると、この内容の説明をお願いします。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) ただいまの質問にお答えいたします。

 使用料につきましては、まず14年度の当初でございますけれども、約 420件で14年度内に接続見込みということで55件ほど見込んでやっておりましたが、それらで当初予算を編成してございます。その中で実際、現在60数件の接続というような状況になっておりますので、それらと、あと自然増に伴います使用料の増加というようなことだと思っております。

 次に、給与費明細書、6ページの関係でございますけれども、これらにつきましては下水道事業の運営審議会の委員さんの報償ということでとっておりましたけれども、14年度については諮問するような案件もなかったものですから、審議会の方の予算を今回削除したということでございますので、ご理解願いたいと思います。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 下水道使用料のところで現在の参画率は、パーセントで。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) ただいまの質問にお答えいたします。

 現在加入率でございますが、平成13年度末で 742個の公共升に対しまして 346個で46.6%の状況でございましたが、本年度、現在のところ60ちょっとの接続がありますから、さらに分母となります升の設置については今最終的に確認しておりませんので、ご理解願いたいと思います。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第16 議案第8号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第16、議案第8号、平成14年度棚倉町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を議題とします。

 議案の説明を求めます。

 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) それでは、別冊の農業集落排水事業特別会計補正予算書の方をご覧いただきたいと思います。

 議案第8号 平成14年度棚倉町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)

 平成14年度棚倉町農業集落排水事業特別会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 今回の補正につきましては、歳入歳出それぞれ 360万円を減額しまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ 5,384万 7,000円とするものでございます。

 では、2枚お開きください。

 事項別明細書により補正内容についてご説明申し上げます。

 まず歳入でございます。2款1項1目農業集落排水施設使用料、今回補正額48万 5,000円の増額でございます。

 3款1項1目の一般会計繰入金ですが、今回 408万 5,000円の減額ということでございます。これは一般会計からの繰入金の減額ということでございます。

 次に、歳出の方に移ります。

 1款1項1目一般管理費、今回補正額90万 6,000円でございます。一般管理費の方の更正減ということでございます。

 2目の施設管理費なんですが、今回補正額 259万 3,000円ということで、委託料 217万9,000 円の減額ということになっておりますけれども、大きなものとしては汚泥処理の運搬業務の委託料の更正減ということで 147万 6,000円ほどございます。維持管理費の確定に伴います維持管理料の減額ということで、70万 3,000円ほど減額になっております。

 2款1項2目の利子でございますが、今回補正額10万 1,000円の減ということで、一時借入金はございませんでしたので、全額10万 1,000円更正減ということでございます。

 以下、給与費明細書を添付してありますので、ご覧いただきたいと思います。

 以上で補正内容の説明を終わります。よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) 歳入歳出一括して質問いたしますが、歳入ですね、使用料の部で 781万 5,000円というような歳入がございますが、しかしながら一般会計の繰り入れが 4,049万5,000 円というようなことで、実に使用料、手数料の5.17倍というような数字になるわけでございます。そうした状況がいつになったら改善の見込みがあるのかということをまずお聞きしたいと思います。言うなれば、収支バランスがいつになったらとれるのかわからないような事業が展開されてきたわけでございます。現に 100%の方が接続しても収支バランスがとれないというようなことが、この農業集落排水の大きな欠陥ではないかなというように思いますので、今後の財政計画等も含めて考えを聞きたいと思いますので、ご説明をお願いしたいと思います。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) ただいまの質問にお答えしたいと思います。

 使用料の件でございますけれども、使用料がなかなか上がらないということで現在農業集落排水の接続戸数については50%ちょっと上回ったくらいというような状況にあります。これらの使用料が今ここにのっているわけでございますけれども、今後、今のところ値上げというようなことは考えておりませんで、このまま収支バランスということでございますけれども、この歳入の不足分につきましては元利償還金の50%が返ってくるというようなことで、この会計の中にはございませんけれども、現在交付税措置で現在まで使ったお金の平成12年度くらいでは大体 1,500万ほど交付税措置がなっているのかというようなことを考えますと、それらによりまして、極力接続率を上げながらですね、収支バランスをとっていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(近藤亥市) 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) 今の説明ですと、なかなか私には理解できないところがあるわけです。というのはですね、まだ担当課長になってから事業を展開したわけではないわけですから、一概に言えないところがあるかと思いますが、この事業を展開するときにですね、逆川の十字路から南に向かって来ますると、かつてプラスワンがございました。その周囲に4軒、機械屋さんまぜると5軒ほどあるかと思いますが、そこまで接続管を持ってくると、延長するという経費は、私は専門家じゃございませんからわかりませんけれども、おおむね四、五千万はかかったのかなというふうに思うんですね。そうするとですね、仮に1戸当たり合併浄化槽を 100万補助金を出したとしても 500万で済むわけですね。そうしたことを考えた場合に、無理な事業ではなかったのかな、その時点で見直す必要があったのではないかなというふうに思うんですね。そうすると、今、担当課長が言われたようにですね、起債が農業集落排水の起債が、数字ちょっと記憶にあるのは定かじゃないですが、7億数千万は残高があると思うですね。それらの……



○議長(近藤亥市) いいですか、ただいまの議題は14年度補正予算ですので、その内容について質問してください。



◆6番(近藤光喜) そういうような状況を踏まえていった場合にですね、今の接続率を 100%にしても、バランスがとれないことは明らかなわけですから、それはもう別な形で対応すべきことではないかというように考えるんで、その辺の取り組み方。今、担当課長が言ったように使用料を一気に上げるわけにいかないということであるならば、そういうことを反省しながら次の仕事に取りかかっていただきたいということを申し上げているわけですから、確かに一般質問でございませんから、そういうことを申し上げては失礼かと思いますが、しかしながら私が言いたいのはそういう点でございますので、説明をお願いしたいと思います。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) ただいまの質問でございますけれども、鋭意接続率の向上の方に努めまして、一般会計からの繰入金を極力少なくするように今後とも努めてまいりますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) 近藤光喜議員。



◆6番(近藤光喜) 私が言っているのはですね、 100%接続しても今の料金体系から見ても収支バランスがとれないということは明らかなんですから、別な形で取り組んでいただきたいと。だから、そういうことを踏まえて、次の仕事については取り組んでいただきたいと言っているんです。



○議長(近藤亥市) 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 今回の補正ですので、補正をやって聞きます。

 まず、このようにどうしても採算が合わない事業をやっているということで、一般会計からの繰り入れを、今回の補正は減額が出ておりますけれども、毎回毎回お願いして面倒見てもらって農業集落排水をやっていくということは、もうわかり切っているわけですね。だから、先ほどの質問も多分、向こう何年こういう状況を続けるんですかということだと思うんです。

 それと、今回のこの内容で50%強の算入でこういう状況と。それで使用料が、手数料が781 万 5,000円ですね。そうすると、これは使う量によって違いますので違いますけれども、単純計算すると、これを2倍にすれば大体 1,500万ということですね、全部入れば。そうしますと、先ほどの交付税措置額のある償還分が 1,500万ですね。そうしますと足して 3,000万ですね。

 そうしますと、将来に向かってですよ、今それを頭に入れておいてもらって、次に1ページの農業集落排水費というのが 1,936万 1,000円かかっていますね。それから、次にですよ、2ページの使用料、手数料今ここに書いた。その下に繰入金書いていますね。そうしますと、これで総額が 4,045万ですね。そうしますと、今の単純計算でいきますと、大ざっぱに言って 1,000万くらいありますね。その 1,000万を毎年一般会計に当てにしているということをこれから察せられるんですよね。そのことについて、町当局はどういうふうに考えているのかと。すると、今回の補正は減額ですけれどもということなんです。

 もう一度言います。どんなあがいても入ってくるお金が 3,000万と。それで、ここにかかるのが 4,000万要ると。だから 1,000万は一般会計にずっと頼るんですかということなんです。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) ただいまのご質問にお答えいたしたいと思います。

 今後 100%云々ということで 1,000万ほど不足するということでございますが、平成18年度に償還のピークを迎えますと、それ以降、地方債の残高の方も徐々に減ってまいりますので、極力接続率を向上させながら対応してまいりたいというように考えておりますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。



○議長(近藤亥市) 鈴木政夫議員。



◆17番(鈴木政夫) 補正予算らしい質問したいと思うんですが、50%の加入率なんですね。あとやっぱり50%、せっかくつくった施設でありますから 100%加入していただきたいというのがみんなの願いだと思うんですが、何がネックになっているのか。しかし、今のこの世間の状況からいうとですね、下水道整備というのは、これはだれもやっぱり考えていることなんじゃないかなと思うんですが、あとの50%何がやっぱりそのネックになっているのかと、実際仕事やっていて感じておられる点をひとつお聞かせいただきたいなと思います。



○議長(近藤亥市) 下水道課長。



◎下水道課長(須藤洋) ただいまのご質問にお答えいたしたいと思います。

 昨年11月に下水道課内2人1組で4班に分かれまして推進に歩いたわけでございますが、中には息子さんが帰ってくるまで待ってくれとか、あとは今の状況がちょっと苦しいから待ってくれというようなお答えが結構、趣旨には賛同していただいているんですけれども、先立つものというような形と、あと家庭の事情というようなこともありまして、なかなか接続率が上がっていかないというような状況になっております。よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第17 議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第17、議案第9号、平成14年度棚倉町宅地用地取得造成事業特別会計補正予算(第1号)を議題とします。

 議案の説明を求めます。

 建設課長。



◎建設課長(藤田敬志) それでは、議案第9号をご説明申し上げます。

 別冊の補正予算書をご覧いただきたいと思います。

 今回、歳入歳出それぞれ 182万 3,000円を減額いたしまして、歳入歳出総額をそれぞれ1,276 万 4,000円とするものでございまして、内容につきましては2ページ後をお開きいただきたいと思います。

 まず歳入についてでございますが、1款1項1目不動産売払収入において、現在7区画が残っておりまして、当初2区画の販売を見込んでおりまして、それで販売するための各種のPR活動を展開してまいりましたが、補正時において売却が見込めないということで、今回1,458 万 5,000円を減額計上させていただきました。

 さらに、4款の繰入金といたしまして、ただいまの不動産売払収入が減額することにより、これの補てんといたしまして一般会計からの繰入金 1,268万 2,000円を増額補正するものでございます。

 その他に2款の繰越金といたしまして、13年度決算の繰越金を全額計上してございます。

 次に、歳出でございますが、宅地用地取得造成事業費ですが、これについても不動産売払収入の減額によりまして、一般会計への繰出金を 182万 3,000円を減額するというような内容でございます。

 以上、よろしくお願いします。



○議長(近藤亥市) これより質疑を行います。質疑ありませんか。

 一ツ松喬義議員。



◆9番(一ツ松喬義) 2ページの一番下ですけれども、 1,268万 2,000円ですけれども、これ一般会計から入ってきますけれども、一般財源の内容で減額、これであと7区画残ですよね。そうすると、売れないということですね。それで、先ほど説明の中では償還は一切完了したというのは間違いないのかな。そうしますと、残っているのは売れれば全部あと一般会計に入ってくるのかなという感じになりますけれども、そこのところの説明をいただきたい。

 それで、歳出の方の宅地用地取得造成事業費のこの1目の説明をもっと詳しくしてください。



○議長(近藤亥市) 建設課長。



◎建設課長(藤田敬志) 償還関係についてご説明申し上げます。

 平成11年1月29日に白河地方土地開発公社から借り入れいたしまして、借入利率につきましては年利率1.18%ということで、借入金額が2億 6,161万 3,032円でございました。それで、平成10年から平成14年まで年2回の償還で償還してまいりまして、平成14年9月で全額償還ということになりましたので、今後土地の売却等がございまして、不動産の売払収入がございましたらば一般会計へ繰り出しという形になります。もちろん諸経費を除いてです。その分については繰り出しという形になります。

 以上でございます。



○議長(近藤亥市) これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第18 議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(近藤亥市) 日程第18、議案第10号、平成14年度棚倉町霊園整備事業特別会計補正予算(第2号)を議題とします。

 議案の説明を求めます。

 建設課長。



◎建設課長(藤田敬志) それでは、議案第10号についてご説明申し上げます。

 別冊予算書をご覧いただきたいと思います。

 今回、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ 109万 5,000円を減額いたしまして、歳入歳出それぞれ 470万 8,000円とするものでございまして、内容については第2次霊園整備に伴う測量設計業務が終了いたしまして、その額が確定したことに伴うその整理でございます。

 歳出については、霊園整備事業費の委託料 109万 5,000円を減額いたしまして、それに伴いまして歳入の一般会計からの繰入金 109万 5,000円を減額するという内容でございます。

 なお、今回の補正は事務事業の確定に伴う計数整理でございますので、第2次霊園整備の内容等については当初予算の中で説明させていただきたいと思います。



○議長(近藤亥市) これより質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と発言する人あり)



○議長(近藤亥市) 異議なしと認めます。

 よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(近藤亥市) これで本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでした。

                         (午後2時40分)