議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 本宮市

平成21年  9月 定例会(第7回) P.201  09月17日−04号




平成21年  9月 定例会(第7回) − 09月17日−04号









平成21年  9月 定例会(第7回)



        平成21年本宮市議会第7回定例会会議録(第15日目)

◯議事日程(第4号)

                   平成21年9月17日(木)午前10時開議

     開議宣告

日程第1 委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決

◯本日の会議に付した事件

 日程第1まで議事日程に同じ

追加日程第1 議案第100号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決

       発議第4号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決

追加日程第2 議員派遣について

追加日程第3 閉会中の継続調査申出について

◯出席議員(23名)

     1番  三瓶裕司君      2番  次藤 栄君

     3番  後藤省一君      4番  川名藤太君

     5番  円谷長作君      6番  根本七太君

     7番  山本 勤君      8番  渡辺秀雄君

     9番  渡辺善元君     10番  川名順子君

    11番  遠藤孝夫君     12番  渡辺由紀雄君

    13番  高松義行君     14番  國分義之君

    15番  伊藤隆一君     16番  渡辺喜一君

    17番  川名正勝君     18番  国分民雄君

    19番  島田和夫君     20番  根本善裕君

    21番  増子善勝君     22番  作田 博君

    23番  矢島義謙君

◯欠席議員(なし)

◯説明のため出席した者

  市長       佐藤嘉重君   副市長      中野一夫君

  教育委員長    伊藤滋敏君   教育長      佐久間和夫君

  代表監査委員   渡邉弘一君   総務部長     渡辺友衛君

  市長公室長    叶 栄徳君   生活福祉部長   伊藤昌男君

  産業建設部長   根本昭吉君   企業局長     村越廣志君

  白沢総合

           橋本 東君   教育部長     根本昌康君

  支所長

                   総務部次長兼

  会計管理者    押山勝吉君            佐藤栄恭君

                   総務課長

  総務部次長兼           市長公室

           移川英也君   次長兼      根本久雄君

  財政課長             政策推進課長

  生活福祉部            生活福祉部

  次長兼      国分忠一君   次長兼      佐藤 泰君

  市民課長             高齢福祉課長

  産業建設部            産業建設部

  次長兼      渡辺正博君   次長兼      堀井和廣君

  商工労政課長           建設課長

  企業局次長兼           白沢総合支所

           国分勝雄君   次長兼      渡辺利広君

  上下水道課長           産業建設課長

  教育部次長兼

           鈴木 亨君

  教育総務課長

◯事務局職員出席者

                   局長補佐兼

  議会事務局長   立川盛男             柴田久幸

                   議事係長

  主査       森川福子    書記       鈴木正史

  書記       小木 浩



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(矢島義謙君) 出席議員が定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 ただいまより、本日の会議を開きます。

 本日の欠席、遅刻の通告はございません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(矢島義謙君) 会議録署名議員は、前回同様

    7番 山本 勤君

   17番 川名正勝君

 を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(矢島義謙君) 日程に先立ち、議長より申し上げます。

 本日の日程に追加議案として付議案件及び発議並びに議員派遣、閉会中の継続調査申出書が提出予定であります。議会運営委員会に諮り、本日の日程に追加する予定でありますので、あらかじめ申し添えます。

 次に、市長より諸報告があります。

 市長。

     〔市長 佐藤嘉重君 登壇〕



◎市長(佐藤嘉重君) おはようございます。

 諸報告1件を申し上げます。

 定額給付金等の給付申請受付期間の終了について。

 定額給付金及び子育て応援特別手当につきましては、本宮市定額給付金給付事業等推進チームを設置し、平成21年3月16日から申請の受付を行ってまいりました。定額給付金等給付の申請期限は、申請開始日から6カ月と定められているため、本市におきましては昨日9月16日をもって申請期間を終了いたしました。この間、市といたしましては、申請漏れがないように通知や広報を行うとともに、防犯対策にも努めてまいったところであります。

 つきましては、9月16日までの定額給付金の給付状況でありますが、申請件数は対象件数9,760世帯に対し、9,678世帯、割合にして99.16%となったところであります。また、給付額は4億8,899万6,000円となりました。

 次に、子育て応援特別手当につきましては、対象件数434世帯すべての申請がなされており、給付額は1,674万円となったところであります。なお、郵送による申請の場合は、申請期間となります9月16日当日の消印が有効でありますので、今後、若干の申請件数の増加も考えられるところであります。今後は速やかに給付事業を完了させてまいりたいと考えております。

 以上で報告とさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(矢島義謙君) それでは、日程に従いまして、委員長報告を行います。

 所管常任委員会及び決算審査特別委員会に付託しておりました議案第76号から議案第99号までの24件についてであります。

 それでは、総務文教常任委員長に報告を求めます。

 16番、渡辺喜一君。

     〔総務文教常任委員長 渡辺喜一君 登壇〕



◆総務文教常任委員長(渡辺喜一君) 平成21年9月定例会において、当総務文教常任委員会に付託されました議案3件について、9月10日に審査いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 まず、議案第76号 専決処分の承認を求めることについて(専決第4号 本宮市白沢総合支所建設(建築主体)工事請負契約の一部を変更する契約について)でありますが、去る7月の第6回本宮市議会臨時会において議決された白沢総合支所建設事業費の補正予算及び継続費補正により、建築主体工事の変更契約締結について専決処分を行ったものであります。

 次に、議案第77号 本宮市役所総合支所及び出張所設置条例の一部を改正する条例制定についてでは、現在建築中の白沢総合支所において計画どおり10月13日より業務を開始できることから、その位置について改正するものであるとの説明がありました。

 委員からは、新庁舎への移動に際し、住民サービスに支障を来さないよう配慮すること、また、防災無線、チラシ、回覧等あらゆる方法を活用し、住民への周知徹底を図るべきであるとの意見がありました。

 次に、議案第90号 平成21年度本宮市一般会計補正予算(第4号)のうち、当委員会付託分についてご報告いたします。

 まず、総務部所管では、普通交付税は、当初予算において国の地方財政計画に基づき生活防衛のための緊急対策等を勘案し、前年度当初予算に対して9.2%の増額計上をしたが、今回額の決定により1億6,379万7,000円を増額補正するものである。

 臨時財政対策債及び補償金免除繰上償還借換債については、普通交付税の算定により、今年度の臨時財政対策債発行額が確定しました。臨時財政対策債の元利償還金は100%基準財政需要額に算入され、また、実質公債費比率の算定からは除外されるため、補償金免除繰上償還借換債の一部を減額し、有利な臨時財政対策債を増額するものである。

 地域情報化推進事業は、地域情報化格差を解消するため、白沢全域及び岩根地区の光ファイバー網の整備を行うものであり、事業費は3億1,500万円で、国の交付金事業、地域情報通信基盤整備推進交付金9,100万円及び地域活性化・公共投資臨時交付金1億2,740万円を財源とするが、地域活性化・公共投資臨時交付金については今般の情勢により国の動向を見守る必要がある。

 整備の手法としては、市が整備し、事業者に対して貸し付けを行う公設民営であり、市の維持管理費用は970万円が必要となる。これを賄うには、整備予定地区の16.5%に当たる530回線の加入が必要であるが、調査による加入見込が糠沢局管内で204回線、事業所が50回線の計254回線で、残る276回線は糠沢地区を除く回線が2,647あることから、目標の530回線を確保できるものと見込んでいる。公設民営の手法は行政の負担が大きくなるが、国の交付金を活用し、地域情報化格差解消に向け、整備を進めたいとの説明がありました。

 委員より、光ファイバー網の整備に関して、市が整備した後に発生するケーブルの移設工事費や災害復旧工事費等の費用については市負担とのことであるが、整備完了後は事業者であるNTTにすべて移管するのが本来の姿であり、それができなければ他の自治体と一体となって交渉するなど、本宮市としての戦略が必要ではないかとの質疑に対し、執行部より、NTTと交渉した経過はあるが、契約形態が全国規模の制度のものであるの回答であった。今後あらゆる機会を通じて自治体の負担軽減など、これらの問題を国へ強く要望していきたとの答弁がありました。

 次に、市長公室所管では、県の合併市町村支援交付金は平成18年度から22年度の5年間、毎年度4,000万円を交付されることとなっているが、県の厳しい財政状況により21年度は交付額の8割、3,200万円が交付され、残る800万円については、交付最終年度である来年度に交付されるとのことでありました。

 集会所整備支援事業は、荒井地区の朝日会館のトイレ水洗化工事に伴う費用について、市の集会所整備費負担金交付要綱に基づき、2分の1を負担するものである。

 委員より、指定管理者制度を導入した際、集会所整備負担金の基準について行政区の理解を得ているのかとの質疑に対し、管理協定締結の際に説明し、理解をいただいているとの答弁がありました。

 次に、教育部所管では、本宮小学校第3校舎解体工事は当初平成22年度に計画していたが、現在進めている改築校舎に児童たちが年内に移動できること、また、校舎改築にあわせて解体工事を行えば国庫補助が受けられることから、計画を前倒しして実施したいとの説明がありました。

 文化財・史跡保存事業は、市の指定天然記念物樹木を病虫害等から守るため、樹木医に診断業務を委託するものである。また、市の指定天然記念物であった白山のクロマツが枯れたため、伐採を委託するものであるとの説明がありました。

 委員より、指定天然記念物に係る診断業務等については、当初予算に計上されるべきものであり、文化財、天然記念物保存に対する認識を高めるべきとの意見がありました。

 その後、討論、採決を行った結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 また、議案審査の後、本宮市自主的財政健全化計画の実施状況について、本宮市男女共同参画基本計画案について、並びに通園通学支援バスについて、執行部より説明があり、通園通学支援バスについては、さらに所管事項調査を行うことといたしました。

 以上で、総務文教常任委員会の報告といたします。



○議長(矢島義謙君) それでは、委員長の報告に対する質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、生活福祉常任委員長に報告を求めます。

 19番、島田和夫君。

     〔生活福祉常任委員長 島田和夫君 登壇〕



◆生活福祉常任委員長(島田和夫君) 平成21年9月定例会において、当生活福祉常任委員会に付託されました議案6件について、9月10日に関係部課長の出席を求め、全委員出席のもと審査をいたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 まず、議案第78号 本宮市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定についてですが、現行の出産育児一時金制度においては、一時金35万円に産科医療補償制度の3万円を加算した計38万円が給付されているが、国の子育て支援策により平成21年10月1日からさらに4万円引き上げ、計42万円とするものであります。なお、分娩入院に要する費用の全国平均は約43万3,000円とのことであり、引き上げの後の給付額の範囲内で一般的な分娩費用のすべてが賄われる状況である。また、当該措置は、平成23年3月31日までの時限適用になるとの説明がありました。

 委員より、市民の年間出生数についての質疑があり、年間約250人、うち国保加入者が約40人との答弁がありました。

 また、委員から、市内医療機関を活用した分娩件数の低下が顕著となっており、将来にわたって医療の確保を図る観点からも、地域の医療資源の活用促進について考えていくべきとの意見がありました。

 続いて、議案第90号 平成21年度本宮市一般会計補正予算(第4号)であります。生活安全課所管の債務負担行為として計上されている福島県総合情報通信ネットワーク更新工事の機器設置等費用負担金については、災害情報や気象情報等の伝達のため、県と市町村間を結ぶ衛星系ネットワーク機器の老朽化に伴い、県内一斉に機器類の更新を図るための負担金計上であり、市町村分として2分の1の費用負担を求められたものであります。

 委員からは、現有機器の更新が必要となった理由について質疑がありました。説明によると、老朽化による故障等の問題が生じる可能性も否定することができないことから、災害時時等の情報を一切に送受信するため、より信頼性の高いネットワークの整備が必要であるとの答弁がありました。

 次に、保健福祉課所管の住宅・生活支援対策事業でありますが、国の緊急経済対策として2年以内の離職者であって、住居を喪失、または喪失するおそれのある世帯に対し、6カ月間を限定として月額単身者2万9,000円から世帯者3万8,000円の住宅手当を助成するものとの説明がありました。また、助成を受ける世帯は、月に2回の面接調査に応じる義務が生じるとのことであります。

 委員より、助成額の範囲内で入居できる賃貸住宅の実態についての質疑に対し、家賃2万9,000円で入居できる民間住宅を探すことは困難な状況であるために、現時点においては市営住宅2戸分を確保しているとの答弁がありました。

 また、委員からは、25世帯分の計上がなされている中、市営住宅の確保が少ない実情を考慮し、助成に際しては、民間物件入居等の側面的支援も必要であるとの意見がありました。

 次に、複合施設開設準備室所管の複合施設管理運営事業のマイクロバス運転業務委託については、委員より、運行内容の詳細及び当初予算で見込まなかった理由についての質疑に対し、施設を効果的に活用してもらうため、子供や高齢者等の交通弱者に対し交通手段を提供することが必要と判断した。対象は、市内の各幼稚園、保育所、ふれあいプラザ利用者等を想定しており、必要に応じて随時運行する単価契約方式としたいとの説明がありました。

 なお、マイクロバス購入に県交付金を充てるため、県との協議を要したことから補正予算での対応に至ったとのことでありました。

 続いて、議案第91号 平成21年度本宮市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてであります。直営診療施設勘定への繰入金に関して、委員より、経営状況の動向についての質疑に対し、基本的に直診勘定は国保会計内の独立会計で運営している。経営状況については、和木沢診療所の廃止以降、患者数が減少したことや患者の高齢化や固定化などにより、単年度収支は赤字経営に転じており、基金を充当しながら運営しているとの説明がありました。

 議案第92号 平成21年度本宮市老人保健特別会計補正予算(第1号)、議案第93号 平成21年度本宮市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、議案第94号 平成21年度本宮市介護保険特別会計補正予算(第2号)の主な内容は、前年度事業確定に伴う繰越金及び繰出金の補正並びに国庫負担金等精算にかかわる費用が計上され、その経過と内容についての説明がありました。

 その後、討論、採決を行った結果、すべての議案に対して全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上で、生活福祉常任委員会の報告といたします。



○議長(矢島義謙君) それでは、委員長の報告に対する質疑を行います。

 3番、後藤省一君。



◆3番(後藤省一君) 今ほどお聞きしたんですが、複合施設の件なんですが、10月1日オープン、開所予定ということで、中の設備に関しましてちょっとお聞きしたいんですが、市長がおっしゃっておられますように、子供からお年寄りまでということなんですが、高齢者向けの施設というかそういうものが中にも少ないというふうに聞いておりますが、いかがなんでしょうか、お伺い申し上げます。



○議長(矢島義謙君) 3番、後藤議員に申し上げます。ただいまは委員長に報告に対する質疑でございますので。

     〔「はい、わかりました」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) よろしいですか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、産業商工常任委員長に報告を求めます。

 15番、伊藤隆一君。

     〔産業商工常任委員長 伊藤隆一君 登壇〕



◆産業商工常任委員長(伊藤隆一君) 平成21年9月定例会において、当産業商工常任委員会に付託されました議案3件について、9月10日に審査いたしましたので、その経過と結果についてご報告いたします。

 初めに、議案第90号 平成21年度本宮市一般会計補正予算のうち、当委員会付託分について審査を行いました。

 農政課所管では、立ち木伐採業務は、市有地にあり民地に影響を与えている桜の枝葉の伐採を行うものである。松くい虫防除は、高木地区において実施するものであり、伐採後の樹木処理については、散歩コースなど市民の利用には支障のないよう実施するとの説明がありました。

 グリーンツーリズム地域推進事業にかかわる普通旅費については、東京方面への特産物販路拡大のための市職員の旅費である。具体的には、とれたて村の打ち合わせを初め町内会のイベント、さらにはグリーンツーリズム事業の打ち合わせに充てるものであり、トップセールスにより販路拡大を目指しているものである。委員からは、成果があらわれるよう努力してほしいとの意見がありました。

 上板橋地区へ給食食材としてのキノコと里芋を提供することについては、株式会社福舞里を通して手配を行っており、今後、販路の流れが整えば、他の品目への販路拡大も検討するものである。一方、給食センターや直売所の活用により、地産地消も同時進行で進めたいとの説明がありました。

 委員からは、市と株式会社福舞里との役割分担やすみ分け、さらには今後の市のかかわり方について検討が十二分に必要である。また、販路拡大には特産物のブランド化が必要であるとの意見がありました。

 特産物直売所における農産物については、食品の生産から加工、流通、販売までの過程を明確に記録し、商品からさかのぼって確認できる生産履歴管理システムいわゆるトレーサビリティへの対応を進めているものの、浸透率は生産者の高齢化から高くない状況である。

 予算執行について、国からの補助金等により影響が発生した場合の処置については、県からの情報により対応し、事業執行の具体的な指示があり次第、迅速な着手ができる状況を保持するという考えで進めているとの説明がありました。

 商工労政課所管では、工場等設置奨励金については、工場等立地促進条例に基づき、工場の償却資産の増加に伴い奨励金を増額するものである。なお、稲沢地区の桑田地区工業団地に立地協定をした企業については、企業立地促進法に基づく集積地域における不均一課税により対応するとの説明がありました。

 続いて、議案第97号 平成21年度本宮市工業用地造成事業特別会計補正予算並びに議案第98号 平成21年度本宮市工業用地資産運用特別会計補正予算について審査を行いました。両議案とも繰越金の確定に伴うものであり、これに対する質疑については、特に報告すべきものはありませんでした。

 以上、3議案について採決を行った結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上で、産業商工常任委員会の報告といたします。



○議長(矢島義謙君) それでは、委員長報告に対する質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、建設水道常任委員長に報告を求めます。

 14番、國分義之君。

     〔建設水道常任委員長 國分義之君 登壇〕



◆建設水道常任委員長(國分義之君) 平成21年9月定例会において、当建設水道常任委員会に付託されました議案4件について、9月10日に関係部課長の出席を求め、全委員出席のもと審査いたしましたので、その経過と結果についてご報告いたします。

 初めに、議案第90号 平成21年度本宮市一般会計補正予算(第4号)のうち、当委員会付託分について審査を行いました。

 まず、企業局所管についてでありますが、執行部より、平成20年度決算額の確定に伴う公共下水道事業及び農業集落排水事業特別会計からの繰入金の補正増であるとの説明がありました。

 続きまして、産業建設部所管についてでありますが、主な補正内容として、河川管理事業の報償費と市道孫市・青田原線を含む計4路線の維持修繕工事費に係る補正増であるとの説明がありました。

 委員から、河川管理事業について質疑があり、この事業については、県からの委託事業であり、今回の補正については、今まで地域住民のボランティアによって浄化作業が行われていた安達太良川の県道須賀川・二本松線から市道下町・馬場線の区間約75メートルが新たに作業区域に加わったことによるものであるとの説明がありました。

 次に、議案第95号 平成21年度本宮市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、執行部より、まず歳入については、受益者負担金の一括納付に伴う分担金及び負担金の補正増と平成20年度決算額の確定に伴う繰越金の補正増、歳出については、平成20年度借り入れ分の償還計画確定に伴う元金償還額の補正増と利子償還額の補正減を行うものであるとの説明がありました。

 委員から、受益者負担金の一括納付者の人数について質疑があり、一括納付者の人数については、今回8名であるとの答弁がありました。

 次に、議案第96号 平成21年度本宮市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、平成20年度決算額の確定に伴う繰越金などの補正であるとの説明がありました。

 次に、議案第99号 平成21年度本宮市水道事業会計補正予算(第3号)についてでありますが、執行部より、昨年実施した荒井字青田原地内の石綿水道管布設がえ工事に伴う舗装本復旧を、建設課が施工する市道孫市・青田原線の改良工事とあわせて行うことにより経費の節減が図られることから、工事請負費から工事負担金へ予算組み替えすることと、本宮警察署周辺の配水管布設がえ及び千代田橋水管橋の配水管の老朽化に伴う布設がえ工事により補正増するものであるとの説明がありました。

 委員から、千代田橋については狭隘であるため、今回の千代田橋配水管布設がえ工事にあわせて建設課と連携を図りながら、歩道などを設置する考えはないのかとの質疑に対し、千代田橋配水管布設がえにあわせた歩道などの設置については、水管橋の構造が歩道を設置する構造になっていないこと、また、配水管の老朽化に伴う布設がえであるため緊急を要することから、今回は水管橋の布設がえのみの工事を行うものであるとの答弁がありました。

 以上の4議案についての質疑の後、採決を行った結果、全委員異議なく、原案どおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上、建設水道常任委員会の報告といたします。



○議長(矢島義謙君) それでは、委員長の報告に対する質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、決算審査特別委員長に報告を求めます。

 14番、國分義之君。

     〔決算審査特別委員長 國分義之君 登壇〕



◆決算審査特別委員長(國分義之君) 第7回本宮市議会定例会第7日において、本特別委員会に付託されました議案第79号 平成20年度本宮市一般会計歳入歳出決算認定についてから議案第89号 平成20年度本宮市水道事業会計決算認定についてまでの11件の決算案件について、9月11日から9月15日までの3日間、特別委員会を開催いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 なお、付託案件の審査に先立ちまして、過日、監査委員会より報告のありました決算審査意見書の「審査の意見」について、執行部の出席を求め審議を行ったところであります。

 付託案件の審査に当たっては、副市長、教育長、代表監査委員及び担当部課長等の出席を求め、各会計決算ごとに審査を行い、その後、市長の出席を求め、各種会計決算について市長に対する総括質疑を行いました。

 各種会計決算についての審査結果は、各案件とも原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 以上、決算審査特別委員会の報告といたします。



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 当特別委員会は議長を除く全議員で設置されておりますので、議会の運営に関する基準第97の規定に基づき、特別委員長に対する質疑を省略することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ありませんので、質疑を省略することに決しました。

 それでは、日程に従いまして、各常任委員会及び決算審査特別委員会に付託いたしました議案第76号から議案第99号までの24件についての討論、採決を行います。

 それでは、議案第76号から議案第99号までの24件については討論の通告がありませんでしたので、一括採決することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ありませんので、一括採決を行います。

 議案第76号から議案第99号までの24件については、原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、議案第76号から議案第99号までの24件については、原案のとおり可決確定いたしました。

 以上で、市長提出議案の採決は終わりました。

 ここで暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時37分



△再開 午前10時40分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員長報告



○議長(矢島義謙君) それでは、休憩中に議会運営委員会を開催しておりますので、日程の追加について委員長より報告をいたさせます。

 20番、根本善裕君。

     〔議会運営委員長 根本善裕君 登壇〕



◆議会運営委員長(根本善裕君) ご報告申し上げます。

 休憩中に議会運営委員会を開催いたしまして、議長より諮問のありました件について協議をいたしました。

 その内容は、市長提出の議案第100号 財産の取得について、次に、議員提出の発議第4号 「2010年度教育予算の充実と教職員定数の改善を求める意見書」についてであります。議員派遣について、各常任委員会の閉会中の継続調査申出書4件であります。

 協議の結果、この際、日程に追加して審議すべきであろうとの結論に達しましたので、何とぞご賛同得るようお願いを申し上げまして報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 ただいま委員長報告とおり本日の日程に追加し、直ちに上程することにいたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、上程することに決しました。

 それでは、議案並びに発議及び議員派遣、閉会中の継続調査申出書案を配付をいたさせます。

     〔議案並びに発議及び議員派遣、閉会中の継続調査申出書案配付〕



○議長(矢島義謙君) 配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 配付漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託の省略



○議長(矢島義謙君) ただいま配付いたしました議案第100号につきましては、会議規則第37条第3項の規定に基づき委員会付託を省略いたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、委員会付託を省略することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第1 議案第100号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決



○議長(矢島義謙君) それでは、議案第100号を上程いたします。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(矢島義謙君) 提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔市長 佐藤嘉重君 登壇〕



◎市長(佐藤嘉重君) それでは、議案第100号 財産の取得について。

 本議案につきましては、市内の小学校及び中学校における備品を整備するために上程申し上げるものであります。

 まず、本宮小学校につきましては、改築により必要となるテーブルやロッカーなどの備品を購入するものであります。さらに、五百川小学校を初めとする5校につきましては、年次計画に基づき机やいすなどの備品を購入するものであります。これらを合わせて発注するため、指名競争入札の方法により去る9月4日に6社を指名し、9月14日に入札を執行いたしました。

 その結果、本宮市本宮字万世214番地1、株式会社ノジリが2,830万5,900円、落札率89.8%で落札いたしましたので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき議決を求めるものであります。

 詳細につきましては、議案第100号資料をご参照くださいますようお願いいたします。

 ご審議の上、お認め賜りますようよろしくお願いを申し上げ、提案理由といたします。

 以上です。



○議長(矢島義謙君) ここで議案調査のため休憩を入れるところでありますが、議案1件でございますので、休憩をとらないで質疑に入ってよろしいでしょうか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) それでは、議案第100号に対する質疑を行います。

 8番、渡辺秀雄君。



◆8番(渡辺秀雄君) 本案件につきまして、入札を執行したということでございますが、指名競争入札で執行したというその経過というと、本来ですと一般競争入札ではないのかなというふうに感じるんですが、その辺ご説明方お願いしたいと思います。



○議長(矢島義謙君) 総務部次長。



◎総務部次長兼財政課長(移川英也君) ただいまのご質問でございますが、工事並びに工事に関する委託については、入札制度の改革によりまして一般競争入札を行っているところでございます。物品につきましては、現在のところ指名競争入札を行っているという現状でございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(矢島義謙君) よろしいですか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) ほかにございませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ありませんので質疑を打ち切ることにいたします。

 それでは、討論を行います。

 議案第100号 財産の取得については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第4号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決



○議長(矢島義謙君) 次に、発議第4号を上程いたします。

 書記をして朗読いたさせます。

 なお、朗読については件名のみ朗読し、意見書案の朗読を省略することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ありませんので、そのように決しました。

     〔書記朗読〕



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 発議第4号 2010年度の教育予算の充実と教職員定数の改善を求める意見書は採決された陳情第4号の意見書でありますので、提案理由の説明、質疑、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第2 議員派遣について



○議長(矢島義謙君) 続いて、議員派遣についてを議題といたします。

 それでは、議員派遣計画書について書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(矢島義謙君) 本件については、会議規則第160条第1項の規定に基づき議決を求めるものであります。

 お諮りいたします。

 本件については、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、採決を行います。

 議員派遣については、原案のとおり派遣するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ありませんので、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第3 閉会中の継続調査申出について



○議長(矢島義謙君) 次に、閉会中の継続調査申出についてを議題といたします。

 総務文教常任委員長から閉会中の事件について、会議規則第104条の規定により閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 総務文教常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、総務文教常任委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

 次に、生活福祉常任委員長から閉会中の事件について、会議規則第104条の規定により閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 生活福祉常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、生活福祉常任委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

 次に、産業商工常任委員長から閉会中の事件について、会議規則第104条の規定により閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 産業商工常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、産業商工常任委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

 次に、建設水道常任委員長から閉会中の事件について、会議規則第104条の規定により閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 建設水道常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、建設水道常任委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(矢島義謙君) それでは、市長に発言があれば、これを許します。

 市長。

     〔市長 佐藤嘉重君 登壇〕



◎市長(佐藤嘉重君) 一言御礼申し上げます。

 議員の皆々様には大変お忙しいところ、第7回市議会定例会にお越しを賜り、まことにありがとうございます。

 上程申し上げます議案、全議案提案どおりお認めを賜りました。心から厚く御礼を申し上げるところであります。

 本市も合併をして3年目という大事なときを迎えております。いつも話させていただいておりますが、今後とも健康、子育て、そしてまた農家が元気になれば商店街の活性化ができると、あるいは駅利用5,000人突破をすることによって地域のにぎわい、観光地を含めた本宮市のにぎわいを取り戻そうと、こういうことに向かっていろいろ計画を進めさせていただきたいと、このように思っております。

 今後とも議員各位のご指導、ご協力のほどお願い申し上げ、議員各位のご活躍とご多幸をお祈り申し上げまして、御礼の言葉とさせていただきます。

 本当にありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(矢島義謙君) 以上をもちまして、本議会の日程全部を終了いたしましたので、第7回本宮市議会定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。



△閉会 午前11時05分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

   本宮市議会議長

   本宮市議会議員

   本宮市議会議員