議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 本宮市

平成21年  7月 臨時会(第6回) P.1  07月31日−01号




平成21年  7月 臨時会(第6回) − 07月31日−01号









平成21年  7月 臨時会(第6回)



        平成21年本宮市議会第6回臨時会会議録(第1日目)

◯議事日程(第1号)

                   平成21年7月31日(金)午前10時開会

     開会宣告

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 諸報告

日程第3 会期の決定

日程第4 議案第70号から議案第73号まで一括上程、提案理由説明、質疑、討論、採決

日程第5 常任委員会委員の選任について

日程第6 常任委員会委員長及び副委員長の選任について

日程第7 議会運営委員会委員の選任について

日程第8 議会運営委員会委員長及び副委員長の選任について

◯本日の会議に付した事件

  日程第8まで議事日程に同じ

追加日程第1 議長の辞職について

追加日程第2 議長の選挙について

追加日程第3 副議長の選挙について

追加日程第4 議席の変更

追加日程第5 議長の総務文教常任委員会委員の辞任について

追加日程第6 議会広報特別委員会委員の選任について

追加日程第7 議会広報特別委員会委員長及び副委員長の選任について

追加日程第8 安達地方広域行政組合議会議員の選挙について

追加日程第9 閉会中の継続調査申し出について

◯出席議員(23名)

     1番  三瓶裕司君      2番  次藤 栄君

     3番  後藤省一君      4番  川名藤太君

     5番  円谷長作君      6番  根本七太君

     7番  山本 勤君      8番  渡辺秀雄君

     9番  渡辺善元君     10番  川名順子君

    11番  遠藤孝夫君     12番  渡辺由紀雄君

    13番  高松義行君     14番  國分義之君

    15番  伊藤隆一君     16番  渡辺喜一君

    17番  川名正勝君     18番  国分民雄君

    19番  島田和夫君     20番  根本善裕君

    21番  増子善勝君     22番  作田 博君

    23番  矢島義謙君

◯欠席議員(なし)

◯説明のため出席した者

  市長       佐藤嘉重君   副市長     中野一夫君

  教育委員長    伊藤滋敏君   教育長     佐久間和夫君

  代表監査委員   渡邉弘一君   総務部長    渡辺友衛君

  市長公室長    叶 栄徳君   生活福祉部長  伊藤昌男君

  産業建設部長   根本昭吉君   企業局長    村越廣志君

  白沢総合

           橋本 東君   教育部長    根本昌康君

  支所長

                   総務部次長兼

  会計管理者    押山勝吉君           佐藤栄恭君

                   総務課長

  総務部次長兼           市長公室

           移川英也君   次長兼     根本久雄君

  財政課長             政策推進課長

  生活福祉部            生活福祉部

  次長兼      国分忠一君   次長兼     佐藤 泰君

  市民課長             高齢福祉課長

  産業建設部            産業建設部

  次長兼      渡辺正博君   次長兼     堀井和廣君

  商工労政課長           建設課長

  企業局次長兼           白沢総合支所

           国分勝雄君   次長兼     渡辺利広君

  上下水道課長           産業建設課長

  教育部次長兼

           鈴木 亨君

  教育総務課長

◯事務局職員出席者

                   局長補佐兼

  議会事務局長   立川盛男            柴田久幸

                   議事係長

  主査       森川福子    書記      遠藤勝夫

  書記       川名隆之



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(高松義行君) おはようございます。

 これより平成21年第6回本宮市議会臨時会を開会いたします。

 出席議員が定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の欠席並びに遅刻の通告はございません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(高松義行君) 会議録署名議員を指名いたします。

   6番  根本七太君

  18番  作田 博君

 を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 諸報告



○議長(高松義行君) 会議に先立ち、議長より申し上げます。

 福島民報社、福島民友新聞社より、本日の会議取材のため撮影等の許可申し出があり、本宮市議会傍聴規則第8条の規定に基づき、これを許可いたしましたので、ご了承願います。

 日程に従いまして、諸般の報告を行います。

 まず、議長より申し上げます。

 去る6月29日、安達地方市町村議会議長会総会が二本松の自治センターにおいて開催されました。主なる議案は、平成20年度会務報告について、平成20年度決算の認定についてなど2件であります。いずれも原案のとおり承認をされました。また、総会終了後、役員の任期満了を迎えることから、役員人事について協議され、会長に二本松市議会議長、副会長に本宮市議会議長、監事に大玉村村議会議長が選任をされたところであります。なお、議案書が議員控室にありますので、ごらんいただきたいと思います。

 次に、さきの6月定例議会において、阿武隈川本築堤対策特別委員会が解散されたことに伴いまして、去る7月2日に、私と正副委員長で国土交通省福島河川国道事務所に伺い所長と面談し、阿武隈川本築堤事業着手に対する御礼と今後の事業の更なる推進について要望をしてきたところであります。

 次に、7月8日から7月9日の2日間、安達地方市町村議長会会長によります要望活動を行いました。7月8日には、地元選出の衆・参両議院の国会議員に対し要望活動を行いました。翌日7月9日には、農林水産省を初めとして各省庁に対し要望活動を行ったところであります。

 次に、7月24日、全国市議会議長会の委員会であります第119回地方財政委員会が全国都市会館において開催されました。協議に先立ち、総務省財務局財政課長より、地方財政をめぐる最近の動向と、同じく総務省自治税務局企画課長により、地方税制をめぐる最近の動向についての講演があったところであります。協議内容といたしましては、要望書の案について、今後の運営について、実行運動の方法についてでありました。いずれも原案のとおり決定されたところであります。

 次に、7月27日、安達地方広域行政組合議会7月定例会が二本松市の自治センターにおいて開催さました。主なる議案は、平成20年度安達地方広域行政組合一般会計補正予算(第4号)等の専決処分の承認を求めることについて3件、高規格救急自動車等の財産の取得について3件、平成21年度安達地方広域行政組合一般会計補正予算(第2号)について、平成21年度安達地方広域行政組合安達地方ふるさと市町村圏事業特別会計補正予算(第1号)について、平成21年度安達地方広域行政組合福島地方拠点都市ふるさと市町村圏事業特別会計補正予算(第1号)について、さらに議員提出案件といたしまして、廃溶融炉の稼働に関する決議が提案されたところであります。いずれも原案のとおり決議されました。なお、議案書が議員控室にありますので、ごらんいただきたいと思います。

 次に、議会広報特別委員会委員の辞任についてであります。7月28日付で議会広報特別委員会委員全員より辞任届が提出され、閉会中の辞任でありますので、許可をいたしましたので、ご報告いたします。

 次に、安達地方広域行政組合議員の辞任についてであります。7月30日付で安達地方広域行政組合議員3名より、安達地方広域行政組合議長に辞任届が提出され、安達地方広域行政組合議長より、閉会中の辞任でありますので、議長をして許可をしたとの報告があり、管理者を通じ選任依頼があったところでありますので、ご報告いたします。

 次に、市長より報告があります。

 市長。

     〔市長 佐藤嘉重君 登壇〕



◎市長(佐藤嘉重君) おはようございます。

 議員の皆様方には時節柄何かとお忙しいところ、第6回市議会臨時会にお越しを賜りまことにありがとうございます。

 上程申し上げます議案、よろしくご審議のほどお願いを申し上げます。

 諸報告1件であります。

 右岸地区防災センターの完成について。

 阿武隈川右岸地区における防災活動の拠点施設として、高木地内の国土交通省河川防災ステーション内に建設中でありました右岸地区防災センターが完成し、8月9日に開所式を行う運びとなりましたので、ご報告申し上げます。

 同センターは、県道拡幅事業による市消防団本宮地区隊第7分団屯所の移転に伴い建設をしたものであります。建物の構造は、床面積150.16平方メートル、約45坪の木造平屋建てであります。32畳の待機室並びに消防車両2台、和舟1そうを格納する車庫を備えたものであります。今後は災害時の一時避難場所として、また、市消防団本宮地区隊第7分団の待機場所として利用することとし、消防活動や水防活動などを行うことといたしております。

 以上で緒報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 会期の決定



○議長(高松義行君) それでは、会期及び日程(案)を配付いたさせます。

     〔会期及び議事日程(案)配付〕



○議長(高松義行君) 配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 配付漏れなしと認めます。

 それでは、さきに議会運営委員会において、会期及び日程(案)について作成いたしておりますので、委員長より報告をいたさせます。

 18番、作田博君。

     〔議会運営委員長 作田 博君 登壇〕



◆議会運営委員長(作田博君) ご報告申し上げます。

 第6回本宮市議会臨時会の会期及び日程について、議長より諮問がありましたので、去る7月21日午前10時40分より第4常任委員会室において議会運営委員会を開催し、会期及び日程(案)を作成いたしましたので、ご報告いたします。

     〔第6回本宮市議会臨時会会期及び日程(案)を朗読〕



◆議会運営委員長(作田博君) 何とぞご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げまして、報告といたします。



○議長(高松義行君) ただいま、委員長の報告どおり、会期を決定するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、報告のとおり決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 議案第70号から議案第73号まで一括上程、提案理由説明、質疑、討論、採決



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 議案第70号から議案第73号を一括上程いたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、一括上程をいたします。

 それでは、書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(高松義行君) 提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔市長 佐藤嘉重君 登壇〕



◎市長(佐藤嘉重君) それでは、議案第70号から議案第73号まで一括して提案理由の説明を申し上げます。

 議案第70号 平成21年度本宮市一般会計補正予算第3号について。

 今回の補正につきましては、国庫補助事業並びに地域活性化経済危機対策臨時交付金事業及び緊急雇用対策事業、さらには緊急性の高いものについて補正を行うものであります。

 初めに、歳入補正の主な項目でありますが、1点目につきましては、経済危機対策に示された各種事業に伴う国庫補助金の補正増であります。

 2点目は、新学習指導要領の実施に伴う国庫補助金の補正増であります。

 3点目は、福島県緊急雇用創出基金事業の追加実施に伴う県補助金の補正増であります。

 次に、歳出補正でありますが、1点目は、経済危機対策に示されました女性特有のがん対策事業及びスクールニューディール構想による教育施設の情報環境整備並びに地域活性化経済危機対策臨時交付金によるデジタルテレビの整備、白沢直売所や中学校の施設改修、生活道路等の改修及び安全・安心の施設整備などに係る補正であります。

 2点目は、新学習要領の実施に伴う理科教育教材の整備に伴う補正であります。

 3点目は、福島県緊急雇用創出基金事業の追加実施に伴う臨時職員22名の雇用をするための補正であります。

 4点目は、白沢総合支所建設事業に係る組みかえ並びに市内の中小企業支援のための融資制度の改正などの緊急に措置すべき事業への補正であります。

 次に、第2表、継続費補正でありますが、これは白沢総合支所建設事業におけるブラインド取りつけ工事の建築主体工事の組みかえに係る継続費総額及び平成21年度年割額を補正いたすものであります。

 この結果、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ3億4,420万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ126億3,949万6,000円といたすものであります。

 なお、詳細につきましては、担当部長より説明をいたさせますので、よろしくお願いをいたします。

 議案第71号 平成21年度本宮市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について。

 今回の補正につきましては、議案第70号においても説明を申し上げました地域活性化経済危機対策臨時交付金により、白岩診療所の備品を整備するものであります。

 補正の内容でありますが、歳入につきましては、一般会計繰入金として、経済危機対策費393万6,000円を補正増するものであります。

 次に、歳出につきましては、待合室のテレビを地上テレビ放送対応型に変更するとともに、老朽化しております心電図を解析機能がついた多機能心電計に更新することにより医療施設の充実を図るものであります。

 この結果、直営診療所施設勘定の歳入歳出それぞれに393万6,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を1億1,151万8,000円とするものであります。

 議案第72号 平成21年度本宮市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について。

 今回の補正につきましては、後期高齢者医療制度における保険料徴収の平準化を図るために補正をいたすものであります。本制度における保険料は、均等割と所得割により計算されますが、低所得世帯に配慮いたしまして均等割の軽減措置を設けてあります。制度当初におきましては、被保険者と世帯主の総所得金額等が33万円以下の場合は7割の軽減となり、以下、所得に応じて5割、2割の軽減措置があります。このうち、平成20年度においては、経済状況の悪化から20年度に限り7割軽減を8.5割の軽減に引き上げることとするものであります。平成21年度におきましては、7割、5割、2割の軽減措置に9割軽減を恒久的に設け、さらに21年度においても暫定的に7割を8.5割とすることとなりました。

 さらに、このほど今年度の保険料徴収につきましては、10月から特別徴収が始まることに伴い、被保険者の年間負担の平準化を図るため、8月、9月に普通徴収を併用して納付していただくこととなったところであります。このため納付書作成の委託料を補正するものであります。

 この結果、既定の歳入歳出それぞれに21万円を増額し、歳入歳出予算の総額を2億2,183万6,000円とするものであります。

 最後であります。

 議案第73号 平成21年度本宮市水道事業会計補正予算(第2号)について。

 今回の補正につきましては、議案第70号で説明をいたしました地域活性化経済危機対策臨時交付金事業である市道花掛1号線の道路改良工事に伴い水道管の布設がえが必要となったことから補正をするものであります。

 以上、上程いたしました全議案につきまして、よろしくご審議の上、お認め賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。

 以上です。



○議長(高松義行君) 総務部長。

     〔総務部長 渡辺友衛君 登壇〕



◎総務部長(渡辺友衛君) 命によりまして、議案第70号 平成21年度本宮市一般会計補正予算(第3号)の詳細説明を申し上げます。

 まず、歳出補正からご説明をさせていただきます。

 議案書12、13ページをお開きくださいますようお願いいたします。

 あわせて議案資料1ページからの議案第70号資料をご参照くださいますようお願い申し上げます。

 なお、議案資料の末尾、備考欄に臨交と記載がございますが、このことは国庫補助となる地域活性化経済危機対策臨時交付金と略称させていただきたいと思いますが、これを充当し、実施する事業をあらわしてございます。

 それでは、初めに、1款議会費であります。1目議会費の説明欄4、議会運営事務の18節備品購入費の管理用備品につきましては、経済危機対策臨時交付金により、地上デジタル放送対応のテレビを購入するものであります。

 以下、各款の説明欄に計上いたしました備品購入費のうち管理用備品につきましては、10款教育費の一部を除き、地上デジタル放送対応テレビの購入に係る経費を計上いしたしたものであり、小・中学校、各地区公民館等の施設に119台、その他の公共施設に11台を配置するものであります。

 次に、2款総務費であります。1項3目財政管理費の説明欄1、財政管理事業につきましては、財務会計システム改修委託料であります。これは予算査定に際して総合計画、財政健全化計画及び行政評価結果を一覧できるシステムに改修を行うものであります。

 次に、議案書14、15ページになりますが、10目支所及び出張所費の説明欄4、白沢総合支所建設事業につきましては、ブラインド取りつけ工事を建築主体工事に組みかえて工事を行うことにより、建築主体工事における足場の利用が可能となるなど、経費の節減及び工期等の整合性が図られることから、工事請負費において組みかえをお願いするものでございます。

 次に、12目防犯対策費につきましては、経済危機対策臨時交付金により、防犯指導車を更新するものであります。

 次のページになりますが、3項1目戸籍住民基本台帳費につきましては、経済危機対策臨時交付金により住基ネットカード発行機を設置するものであります。

 次に、3款民生費であります。1項1目社会福祉総務費につきましては、議案資料に記載のとおり、経済危機対策臨時交付金により、白岩診療所に多機能心電計及び地上デジタル放送対応テレビを設置するために393万6,000円を国民健康保険特別会計に繰り出しするものであります。4目老人福祉費につきましては、後期高齢者医療制度の改正に伴い、後期高齢医療事業特別会計に21万円を繰り出しするものであります。

 続いて、18、19ページをお開きいただきたいと思います。

 4款衛生費であります。1項1目保健衛生総務費の説明欄4、がん検診事業につきましては、経済危機対策に基づく国庫補助により、5歳刻みの特定年齢の女性に対し、子宮頸がん検診料及び乳がん検診料を無料化し、女性特有がんの対策を推進するものであります。

 20、21ページをお開きくださいますようお願いいたします。

 5款労働費であります。1項1目労働諸費の説明欄2、地域就労対策事業につきましては、福島県緊急雇用創出基金を活用し、雇用対策の一環として、市の業務補助として臨時職員22名を雇用するものであり、2,225万4,000円の補正をお願いするものであります。

 次に、6款農林水産業費であります。1項3目農業振興費の説明欄3、農産物消費生産拡大対策事業につきましては、経済危機対策臨時交付金によりトイレの改修を含めて、白沢特産物直売所の拡充を行うものであります。

 次のページとなりますが、5目農地費の説明欄1、土地改良関係事業につきましては、経済危機対策臨時交付金により、本年4月に底ひ破損事故が起きました大岩入池の改修工事を行うものであります。

 次に、7款商工費であります。1項2目商工業振興費の説明欄2、商工業経営金融支援事業につきましては、制度改正を図りながら市内の中小企業支援を行うものであり、205万4,000円の補正増をお願いするものであります。3目観光費の説明欄1、観光振興事業につきましては、経済危機対策臨時交付金により、本宮駅前などの観光案内板を整備するものであります。

 24、25ページをお開きくださいますようお願いいたします。

 8款土木費であります。2項3目道路新設改良費の説明欄1、生活道路整備事業につきましては、経済危機対策臨時交付金により、説明欄に記載の11路線について改良等の工事を行うものであります。

 次に、9款消防費であります。1項4目災害対策費の説明欄1、水防事業につきましては、経済危機対策臨時交付金により、水防活動用の和舟3そうを購入するものであります。

 次のページとなりますが、説明欄2、防災通信施設管理事業につきましては、経済危機対策臨時交付金により、デジタル方式にも対応できる防災行政無線の操作卓に改修するものであります。

 次に、10款教育費であります。1項2目教育総務管理費の説明欄2、教育総務管理事業につきましては、スクールニューディール構想に基づく国庫補助金と経済危機対策臨時交付金等により、校内ラン整備工事及び備品購入を行うものであります。

 なお、校内ラン整備工事は、五百川小、岩根小、本宮一中、二中の4校50学級を対象に整備するものであり、備品購入費は小・中学校への地上デジタル放送対応テレビの設置及び小・中学校10校に電子黒板を1台ずつ設置するものであります。

 3目学校教育費の説明欄3、学校教育総務事業につきましては、2目と同じく国庫補助金及び経済危機対策臨時交付金により、教員用となる公務用コンピューター96台を整備するものであります。

 次のページとなります。

 2項2目教育振興費につきましては、国庫補助金により新学習指導要領に基づく理科等の今年度からの早期実施に即して、小学校4校における理科教材の整備を行うものであります。3項1目学校管理費の説明欄4、学校施設維持管理事業につきましては、経済危機対策臨時交付金により、本宮二中グラウンド改修工事及び白沢中グラウンド法面復旧工事を行うものであります。

 次の2目教育振興費につきましては、小学校費と同様に、国庫補助金により、新学習指導要領に即して中学校3校における理科教材の整備を図るものであります。

 30、31ページをお開きください。

 5目公民館費につきましては、国庫補助金及び経済危機対策臨時交付金により、中央公民館、白沢公民館並びに地区公民館5館及び分館6館に地上デジタル放送対応テレビを設置するものであります。

 14款予備費であります。歳入補正予算額と歳出補正予算額等を比較し、73万9,000円の剰余金が生じることから予備費に繰り入れを行うものであります。

 続きまして、歳入補正の説明を申し上げます。

 議案書8ページ、9ページにお戻りいただきたいと思います。

 なお、議案資料につきましては、4ページとなっております。

 14款国庫支出金であります。2目衛生費国庫補助金につきましては、国の経済危機対策に示されました女性特有のがん対策事業への補助金であり、743万8,000円を補正するものであります。4目教育費国庫補助金につきましては、経済危機対策に示されましたスクールニューディール構想により、公民館を含む学校ICT環境整備のための学校情報通信技術環境整備事業費補助金並びに新学習指導要領の実施に向けた理科教育設備整備費等補助金であり、合計1,704万円を補正いたすものであります。5目総務費国庫補助金につきましては、地域活性化経済危機対策臨時交付金として、総額2億4,735万3,000円を補正いたすものであります。

 次に、15款県支出金、2項1目総務費県補助金につきましては、福島県緊急雇用創出基金事業による第3次取り組みに伴い2,225万4,000円を補正増するものであります。

 次のページとなりますが、18款繰入金であります。1目財政調整基金繰入金につきましては、歳出補正でご説明申し上げました各種事業を円滑に進めるために、財政調整基金から5,000万円を繰り入れいたすものであります。2目白沢総合支所建設基金繰入金につきましては、総合支所建設に伴う財源として、基金から11万7,000円を繰り入れするものであります。

 続きまして、4ページをお開きいただきたいと思います。

 第2表継続費補正でありますが、白沢総合支所建設事業におきまして、ブラインド設置工事を建築主体工事に組みかえるため継続費の総額及び平成21年度年割額について238万4,000円の増額をお願いするものでございます。

 以上で詳細説明とさせていただきます。



○議長(高松義行君) ここで、議案調査のため暫時休憩をいたします。

 再開は10時45分といたします。



△休憩 午前10時35分



△再開 午前10時45分



○議長(高松義行君) 休憩前に引き続き会議を行います。

 日程に従いまして、議案に対する質疑を行います。

 それでは、議案70号について質疑を行います。

 8番、渡辺秀雄君。



◆8番(渡辺秀雄君) 2点ほど伺いたいと思います。

 まず最初に、15ページなんですが、白沢総合支所建設事業についてなんですが、これはブラインド取りつけ工事、これは単独発注という形で当初あったものを今回建築主体工事に組み入れてということで、今ほどの説明ですと、足場の共用とか、工期の短縮とかという形の理由だということですが、昨今の経済状況からいって分離発注傾向に、やっぱりいろいろな業種の方に受注の機会を持ってもらうというか、そういう機会を与えるためには、そういう傾向が主なのかなと。あえてこの足場の共用とか、そういう形の理由で、その後に電源引き込み工事の補正増、この辺でトータルして9万9,000円の補正増になっておりますけれども、総体的にはこの前段の2つの事業についてはプラマイゼロぐらいの感じなのかなと、そういう中で、なぜこの建築主体工事にあわせてやらなければならないのかということをもう少し詳しく説明方をお願いしたいと思います。

 あわせて、4ページの継続費の補正関係、これも説明ですと、ブラインド工事を建築主体工事にあわせてということの補正だということでございますが、ここの238万4,000円の総額、この辺の兼ね合いちょっとわからないので、もう少し詳しくご説明をお願いしたいと思います。

 もう1点、17ページでございますが、住基ネットカード発行機、これは多分五、六年前の住民基本台帳の住基ネットカードとか、あれの発行機のことかと思うんですが、現在はどのような形で発行されているのか。発行状況ですか、それも、その辺どの程度あるのかお答え願いたいと思います。

 以上です。



○議長(高松義行君) 白沢総合支所長。



◎白沢総合支所長(橋本東君) それでは、14ページと15ページの白沢総合支所建設事業に関するご質問についてお答えをさせていただきます。

 まず、ブラインドの設置工事の関係で、建築主体工事に組みかえた理由はなぜかというようなご質問でございますが、内容的に、先ほど提案理由の説明の中で詳細説明がございましたが、作業効率、それから経費の関係で組みかえさせていただきたいということでご説明があったところであります。

 なお、この作業効率については、先ほど説明の中にありましたように、足場等の利用ということがございます。

 それと、あわせて経費の関係でございますが、プラマイということではなくて、全体的に試算いたしますと、約5%程度軽減されるというふうな試算が出ております。このような理由でございますが、作業効率、それから経費の面を検討いたしまして、忠実に建築主体工事のほうに切りかえたほうがいいということで結論を出させていただいたものであります。

 なお、もう一つでございますが、白沢総合支所の継続費の補正でございますが、これについては、基金事業の純然たる増減ということで計算をさせて、補正をさせていただくものであります。

 以上でございます。



○議長(高松義行君) 生活福祉部次長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) 3点目の住基カードの件でございますが、現在の発行につきましては、住民からの申請に基づきまして、財団法人であります地方自治情報センターのほうに委託しております。でき上がってくるまで約10日から2週間かかっております。

 なお、発行状況ですが、7月現在でございますけれども、総発行数で306件となっております。

 以上であります。



○議長(高松義行君) 渡辺秀雄君。



◆8番(渡辺秀雄君) 総合支所関係の継続費補正関係なんですが、単なる出金関係の増だという、費用の増だということなんですが、今回の補正と継続費との関連というのは全然関係ないということなんでしょうか。その辺あわせてお伺いしたいと思います。



○議長(高松義行君) 白沢総合支所長。



◎白沢総合支所長(橋本東君) 継続費の関係については、工事費等かかりがございます。今回の工事費の増減から算出されているものでございます。



○議長(高松義行君) 副市長。



◎副市長(中野一夫君) 若干補足をさせていただきたいと思います。

 まず、前回お話しされました地元という話でありますが、こういう時世ですから私も当然だと思います。ご承知のように、このブラインドを扱える業者というのは地元数多くないんですね。実態を見ますと2社くらいだと思います。今回、総合支所の下請がたまたま地元の業者ということもございまして本体工事に組み入れたと、あわせて先ほども申し上げましたように、足場も設置してあるということからすれば、今回はその範囲でできるんではないかなというふうに考えました。

 それと、もう一つ、継続費の金額でありますけれども、当初多分二百六十何万円か取っていたと思うんです。今回請負率、90.何%の請負率を掛けていきますと240万円、238万円ですか、4万ですか、金額で今回継続費の補正増をさせていただいたという内容であります。

 以上でございます。



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが……

 1番、三瓶裕司君。



◆1番(三瓶裕司君) 27ページの消防費の中で、防災通信設備ですか、この事業で同報系の卓の改修ということなんですけれども、これは本宮と白沢では多分システムが違って統一性がないと思うんですけれども、これは新しくして互換性があるのかということと。デジタル対応というと、以前、この同報無線をかえると何億円とかかかるという話を聞いたもので、一応デジタルに今後するためにはどういうふうにしていくのかお聞きします。



○議長(高松義行君) 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) まず、第1点目の周波数の互換性、確かに本宮地区と白沢地区は周波数が違っています。それらを今回の機種によりまして本庁のほうで、本宮市役所のほうで放送、白沢地区のほうにも放送できるような操作卓が開発されたということでございますので、それらを、周波数は違うんですけれども、1つの中継といいますか、機械を介したことによって放送できるというふうなもの導入したいと考えておるものでございます。

 それから、デジタル化につきましては、現時点ではまだデジタル化に移行する時期は未定でございますが、これらの将来のデジタル化にも対応できるような機種を今回導入したいというふうに考えておるものでございます。

 以上でございます。



○議長(高松義行君) 6番、根本七太君。



◆6番(根本七太君) お手元の資料、ページ28、29を見ていただきたいと思いますが、10款の教育費の中で、ページ29ページになりますが、説明の中で、工事請負費、白沢中学校グラウンド法面復旧工事というふうな形でうたわれておりますが、この予算化されたということで、大変学校関係者並びに地元の人たちは喜んでおられるというふうに思いますし、私も長年あそこを見ておりましたから、いつ復旧するのかなというふうな感じでおりました。大変ありがたく思うんですが、ただただ、あの法面の崩れ等につきましては、一、二度崩れているのかなというふうな感じをしておりますので、今回施工するに当たって、その原因調査、そういったものはどのようになされたのか。そして、原因が何だったのか。例えば設計が悪かったのか、工事施工業者がおかしかったのか、何かどこかに原因がないと二度崩れるということはなかったんではないかというふうな感じしております。税金を費やすという面からいって、その辺ちょっとお尋ねをしておきたいと思います。



○議長(高松義行君) 教育部長。



◎教育部長(根本昌康君) 白沢中学校のグラウンド法面の復旧工事の関係でございますけれども、現在白沢グラウンドの法面につきましては、測量設計業務を発注しておるところでございまして、その結果が12月ごろに出る予定で今進めさせてもらっておるところでございます。工事につきましては、その結果を見ながら判断をさせていただくというふうになると思います。

 原因調査につきまして、二度ほど崩落しているということで、原因調査につきましては、前の段階でご報告させていただいておりますが、施工業者等に責任があるという結論にはなっております。

 以上でございます。



○議長(高松義行君) 6番、根本七太君。



◆6番(根本七太君) ただいまのお答えをいただいたわけでございますけれども、いずれにしても住民の方々がやはり普通と違う、1回崩れて直せば大体終わるところですけれども、二度ということで、非常にやっぱり関心を持っておられて、税金を費やすからやっぱりしっかりとつくらないと、また崩れたらば、また税金使うのかという、そういうものも声として聞こえておりますので、ぜひ今設計の段階かもしれませんが、そのときにぜひとも原因を究明されて、それを精査しながら今度は全く崩れないよという、それくらいな自信を持った施工をお願いしたいというふうに要望も含めてお願いいたします。



○議長(高松義行君) 教育部長。



◎教育部長(根本昌康君) 議員がおっしゃるとおりでございまして、今後絶対崩れることのないような工事をしていきたいということで、ただいま測量設計をさせてもらっております。その結果を見ながら二度、三度とそういうことのないように十分配慮して進めてまいりたいというふうに思っておるところでございます。



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、議案第71号について質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、議案第72号について質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切りたいと思います。

 次に、議案第73号について質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 お諮りいたします。

 議案第70号から議案第73号につきましては、会議規則第37条第3項の規定に基づき委員会付託を省略いたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、委員会付託を省略することに決しました。

 それでは、日程に従いまして、議案の採決を行います。

 お諮りいたします。

 議案第70号 平成21年度本宮市一般会計補正予算(第3号)については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

 次に、議案第71号 平成21年度本宮市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

 次に、議案第72号 平成21年度本宮市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

 次に、議案第73号 平成21年度本宮市水道事業会計補正予算(第2号)については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

 以上で市長提出議案の採決は終わりました。

 それでは、これより議会構成のため執行部の退席を求めます。

 暫時休憩をいたします。

 再開は11時05分といたします。



△休憩 午前11時00分



△再開 午前11時03分



○副議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(矢島義謙君) 先刻、高松義行君から議長の辞職願が提出されました。

 議長辞職の件を日程に追加し、日程の順序を変更し議題といたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、議長辞職の件を日程に追加することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第1 議長の辞職について



○副議長(矢島義謙君) それでは、議長の辞職についてを議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、除斥の対象となりますので、高松義行君の退席を求めます。

     〔高松義行君退席〕



○副議長(矢島義謙君) 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時04分



△再開 午前11時04分



○副議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議を行います。

 それでは、辞職願を書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○副議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 高松義行君の議長の辞職を許可するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(矢島義謙君) 異議なしと認めます。

 よって、高松義行君の議長の辞職を許可することに決定いたしました。

 ここで、高松義行君の除斥を解きます。

     〔高松義行君復席〕



○副議長(矢島義謙君) 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時05分



△再開 午前11時05分



○副議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議を行います。

 それでは、高松義行君に申し上げます。

 提出されました議長の辞職願は、ただいま許可されましたので、申し伝えます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長辞職あいさつ



○副議長(矢島義謙君) 次に、規定により、登壇の上、高松義行君よりあいさつをお願いいたします。

 24番、高松義行君。

     〔24番 高松義行君 登壇〕



◆24番(高松義行君) ただいま辞表を受理いただきました前市議会議長の高松義行でございます。

 議員の皆様方におかれましては、この2年間本当に微力ではございますけれども、皆様の温かいお心と大きなご協力をいただきまして務めさせていただくことができました。とてもありがたいと思っておるところでございます。皆様のご厚情に心より感謝を申し上げまして、この2年間至らなかった点々等々心よりおわびを申し上げ、あいさつとさせていただきたいと思います。

 ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(矢島義謙君) ただいま議長が欠けました。

 お諮りいたします。

 議長の選挙を日程に追加し、日程の順序を変更し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、議長の選挙を日程に追加し、日程の順序を変更し、直ちに選挙を行うことに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第2 議長の選挙について



○副議長(矢島義謙君) これより議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法は指名推選と投票による方法がありますが、いかがいたしますか、お諮りをいたします。

 17番、川名正勝君。



◆17番(川名正勝君) 投票でお願いします。



○副議長(矢島義謙君) ただいま投票によりたいとの発言がありましたので、議長選挙を投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○副議長(矢島義謙君) お諮りをいたします。

 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に1番、三瓶裕司君、22番、増子善勝君を指名いたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、ご両人を指名いたします。

 ただいまの出席議員数は23名であります。

 それでは、投票用紙の配付をいたさせます。

     〔投票用紙配付〕



○副議長(矢島義謙君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○副議長(矢島義謙君) 配付漏れなしと認めます。

 次に、投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○副議長(矢島義謙君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。また、同じ姓が2人以上いる場合に、姓のみを記載したものなど被選挙人を確認できないものは無効であります。

 それでは、事務局長の点呼によって順次投票をお願いいたします。

 なお、投票は議長席に向かって右のほうより登壇し、投票の後は議長席に向かって左のほうより降壇願います。

 それでは、投票を行います。

 事務局長。

     〔点呼・投票〕



○副議長(矢島義謙君) 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○副議長(矢島義謙君) 投票漏れなしと認めます。

 以上をもちまして投票を終了いたします。

 それでは、直ちに開票を行います。

 立会人の方は立ち会いをお願いいたします。

     〔開票〕



○副議長(矢島義謙君) 大変お待たせをいたしました。

 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数   23票

  有効投票   23票

  無効投票    0票

 有効投票のうち

   矢島義謙君   13票

   高松義行君   10票

 以上であります。

 この選挙の法定得票数は6票であります。

 よって、不肖私、矢島義謙が議長に当選されました。

 それでは、議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○副議長(矢島義謙君) 不肖私、矢島義謙が議長に当選いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長就任あいさつ



○議長(矢島義謙君) 議長当選承諾及び就任のあいさつを申し上げます。

     〔議長 矢島義謙君 登壇〕



○議長(矢島義謙君) それでは、一言ごあいさつを申し上げます。

 不肖私、このたび議長選挙によりまして、皆様方の特段のご配慮、ご協力を賜りまして、本宮市議会議長に就任することになりました。今後は、円滑な議会の運営、融和、かつまた市政進展のために、今後細心努力を重ねる所存でございます。皆様方の温かいご指導、ご協力を申し上げますとともに、高松前議長におかれましては、名議長として立派な功績を残されました。その功績を受け継ぎながら、さらに努力、精進してまいりたいとかように思う次第でございます。皆様方の温かいご指導を心からお願いを申し上げまして、議長就任のごあいさつとさせていただきます。

 皆様、どうぞよろしくお願いを申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(矢島義謙君) ただいま副議長が欠けました。

 お諮りいたします。

 副議長の選挙を日程に追加し、日程の順序を変更して直ちに選挙を行いたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、副議長の選挙を日程に追加し、日程の順序を変更して直ちに選挙を行うことに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第3 副議長の選挙について



○議長(矢島義謙君) これより副議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法は指名推選と投票による方法がありますが、いかがいたしますか、お諮りをいたします。

 17番、川名正勝君。



◆17番(川名正勝君) 投票でお願いします。



○議長(矢島義謙君) ただいま投票によりと発言がありましたので、副議長選挙を投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○議長(矢島義謙君) お諮りをいたします。

 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に1番、三瓶裕司君と、22番、増子善勝君を指名いたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、ご両人を指名いたします。

 ただいまの出席議員数は23名であります。

 投票用紙の配付をいたさせます。

     〔投票用紙配付〕



○議長(矢島義謙君) 配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 配付漏れなしと認めます。

 次に、投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○議長(矢島義謙君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。また、同じ姓が2人以上いる場合に、姓のみを記載したものなど被選挙人を確認できないものは無効であります。

 それでは、事務局長の点呼によって順次投票を行います。

 なお、投票は議長席に向かって右のほうより登壇し、投票の後は議長席に向かって左のほうより降壇願います。

 それでは、投票を行います。

 事務局長。

     〔点呼・投票〕



○議長(矢島義謙君) 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 投票漏れなしと認めます。

 以上をもちまして投票を終了いたします。

 それでは、直ちに開票を行います。

 立会人の方は立ち会いをお願いいたします。

     〔開票〕



○議長(矢島義謙君) 大変お待たせをいたしました。

 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数   23票

  有効投票   20票

  無効投票    3票

 有効投票のうち

   作田 博君   17票

   島田和夫君    1票

   國分義之君    1票

   川名順子君    1票

 以上であります。

 この選挙の法定得票数は6票であります。

 よって、作田博君が副議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○議長(矢島義謙君) ただいま副議長に当選されました作田博君が本会議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長就任あいさつ



○議長(矢島義謙君) それでは、副議長当選の承諾及び就任のあいさつを登壇の上、お願いをいたします。

 18番、作田博君。

     〔副議長 作田 博君 登壇〕



○副議長(作田博君) 副議長就任に当たりまして、ごあいさつを申し上げます。

 議会運営全般につきましては、公正・公平、不偏不党を心し、議長を補佐し、円滑な議会運営に努めてまいりたいと思います。

 今後ともご指導よろしくお願いを申し上げまして、就任のあいさつにかえさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(矢島義謙君) それでは、議席変更等の手続のため暫時休憩をいたします。

 再開は11時50分といたします。



△休憩 午前11時43分



△再開 午前11時45分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 議席の変更を日程に追加し、日程の順序を変更して直ちに議席の変更を行いたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、議席の変更を日程に追加し、日程の順序を変更して直ちに議席の変更を行うことに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第4 議席の変更



○議長(矢島義謙君) それでは、議席の変更を行います。

 また、昨年より欠員となっておりました議席につきましても、今回変更をいたします。

 それでは、会議規則第4条第1項及び議会運営に関する基準12及び13の定めるところに従い、議長は23番、副議長は22番となっておりますので、議席23番を私とし、議席22番を作田 博君といたします。

 事務局より議席の変更について報告をいたさせます。

 事務局長。



◎議会事務局長(立川盛男君) それでは、命によりまして報告をいたします。

 変更された議席のみの報告とさせていただきたいと思います。

 それでは、

   11番  遠藤孝夫議員     12番  渡辺由紀雄議員

   13番  高松義行議員     14番  國分義之議員

   15番  伊藤隆一議員     16番  渡辺喜一議員

   17番  川名正勝議員     18番  国分民雄議員

   19番  島田和夫議員     20番  根本善裕議員

   21番  増子善勝議員  副議長22番  作田 博議員

 議長23番  矢島義謙議員

 以上でございます。



○議長(矢島義謙君) 事務局長報告どおり議席を変更することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ありませんので、そのように決しました。

 それでは、直ちに変更されました議席に着席をお願いいたします。

 なお、お手数でも氏名標も一緒にお願いいたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時49分



△再開 午前11時50分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 常任委員会委員の選任について



○議長(矢島義謙君) それでは、日程に従いまして、常任委員会委員の選任を行います。

 委員会条例第2条及び第8条第1項並びに議会の運営に関する基準111、112に従い、各常任委員会の定数は総務文教常任委員会6名、生活福祉常任委員会6名、産業商工常任委員会6名、建設水道常任委員会6名とし、議長は総務文教常任委員会に所属することになっております。

 常任委員会委員の選任については、志望調書により調整いたしたいと思いますので、志望調書の用紙の配付をいたさせます。

     〔志望調書配付〕



○議長(矢島義謙君) 配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 配付漏れなしと認めます。

 それでは、記入の間、暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時51分



△再開 午前11時53分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

 それでは、志望調書の回収をいたさせます。

     〔志望調書回収〕



○議長(矢島義謙君) それでは、議会の運営に関する基準111により、志望調書の調整をいたしますので、正副議長に一任とすることに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、そのように決しました。

 暫時休憩をいたします。

 再開は調整でき次第再開といたしますので、ご了承を願います。

 なお、その間昼食時間も含むものといたします。



△休憩 午前11時56分



△再開 午後1時20分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

 それでは、常任委員会委員の選任については、これより名簿を配付いたします。

     〔常任委員会名簿配付〕



○議長(矢島義謙君) 配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 配付漏れなしと認めます。

 ただいま配付いたしました名簿により、事務局長より報告いたさせます。

 事務局長。



◎議会事務局長(立川盛男君) それでは、常任委員会委員の選任について、命により報告をいたします。

 総務文教常任委員会。

   渡辺秀雄議員  高松義行議員  渡辺喜一議員

   国分民雄議員  根本善裕議員  矢島義謙議員

 生活福祉常任委員会。

   根本七太議員  山本 勤議員  遠藤孝夫議員

   島田和夫議員  増子善勝議員  作田 博議員

 産業商工常任委員会。

   三瓶裕司議員  円谷長作議員  渡辺善元議員

   川名順子議員  渡辺由紀雄議員 伊藤隆一議員

 建設水道常任委員会。

   次藤 栄議員  後藤省一議員  川名藤太議員

   國分義之議員  川名正勝議員

 以上のとおりであります。



○議長(矢島義謙君) ただいま報告のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 常任委員会委員長及び副委員長の選任について



○議長(矢島義謙君) 次に、常任委員会委員長及び副委員長の選任を行います。

 委員長、副委員長の選任については、委員会条例第9条第2項の規定により、委員会において互選することになっております。

 委員長、副委員長の互選については、委員会条例第10条第2項の規定により、年長の委員が臨時に委員長の職務を行います。

 それでは、総務文教常任委員会は第1常任委員会室、生活福祉常任委員会は第2常任委員会室、産業商工常任委員会は第3常任委員会室、建設水道常任委員会は第4常任委員会室においてお願いいたします。

 暫時休憩いたします。

 再開は各委員会が終了した時間をもって再開といたします。



△休憩 午後1時23分



△再開 午後1時35分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

 常任委員長及び副委員長の選任の結果について、事務局長より報告いたさせます。

 事務局長。



◎議会事務局長(立川盛男君) それでは、命により報告いたします。

 総務文教常任委員会委員長 渡辺喜一議員

         副委員長 国分民雄議員

 生活福祉常任委員会委員長 島田和夫議員

         副委員長 遠藤孝夫議員

 産業商工常任委員会委員長 伊藤隆一議員

         副委員長 渡辺由紀雄議員

 建設水道常任委員会委員長 國分義之議員

         副委員長 川名正勝議員

 以上であります。



○議長(矢島義謙君) 常任委員長及び副委員長の選任については、ただいまの報告どおりと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議会運営委員会委員の選任について



○議長(矢島義謙君) 次に、議会運営委員会委員の選任を行います。

 委員会条例第4条第2項の規定により、議会運営委員の定数は8名であります。委員会条例第8条第1項に基づき、委員の選任について、議長一任ということで異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ありませんので、選任については議長一任と決しました。

 暫時休憩いたします。

 再開は1時45分といたします。



△休憩 午後1時36分



△再開 午後1時43分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

 議会運営委員の選任について、事務局長より報告いたさせます。

 事務局長。



◎議会事務局長(立川盛男君) それでは、命によりまして、議会運営委員会委員の選任について報告をいたします。

   渡辺由紀雄議員 高松義行議員  國分義之議員

   伊藤隆一議員  渡辺喜一議員  川名正勝議員

   島田和夫議員  根本善裕議員

 以上、報告申し上げます。



○議長(矢島義謙君) ただいま報告のとおり選任するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議会運営委員会委員長及び副委員長の選任について



○議長(矢島義謙君) 次に、議会運営委員会委員長及び副委員長の選任を行います。

 委員長、副委員長の選任については、委員会条例第9条第2項の規定により、委員会において互選することになっております。

 委員長、副委員長の互選については、委員会条例第10条第2項の規定により、年長の委員が臨時に委員長の職務を行います。

 それでは、委員の方は第1常任委員会室においてよろしくお願いいたします。

 暫時休憩いたします。

 再開は2時05分といたします。



△休憩 午後1時45分



△再開 午後1時59分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

 委員長及び副委員長の選任の結果について、事務局長より報告いたさせます。

 事務局長。



◎議会事務局長(立川盛男君) それでは、命により報告いたします。

 議会運営委員会委員長 根本善裕議員

       副委員長 渡辺由紀雄議員

 以上であります。



○議長(矢島義謙君) ただいま報告のとおり選任することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、そのように決しました。

 暫時休憩いたします。

 再開は2時20分といたします。

 議長より申し上げます。

 これより、正副議長・委員長会議を行いますので、各常任委員長、議会運営委員長は正副議長室にご参集願います。

 よろしくお願いいたします。



△休憩 午後2時00分



△再開 午後2時18分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

 この際、ご報告いたします。

 私、議長職であるがゆえに、議会運営基準111に基づき、選任されました総務文教常任委員会の委員を辞任したいと思います。

 よって、この取り扱いについてお諮りいただきたいため、議事の都合上、副議長と交代し、退席をいたします。

 暫時休憩いたします。

     〔議長退席〕



△休憩 午後2時19分



△再開 午後2時20分



○副議長(作田博君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

 議長にかわり、私が議長職を行いますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(作田博君) 先ほど矢島義謙議長から、総務文教常任委員会委員の辞任願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の総務文教常任委員会委員の辞任の件を日程に追加し、直ちに議題とすることに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(作田博君) 異議ありませんので、議長の総務文教常任委員会の辞任の件を日程に追加し、直ちに議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第5 議長の総務文教常任委員会委員の辞任について



○副議長(作田博君) お諮りいたします。

 矢島義謙議長の総務文教常任委員会の辞任については、同意することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○副議長(作田博君) 異議ありませんので、矢島義謙議長の総務文教常任委員会の辞任については、同意することに決しました。

 ここで、議長と交代するため、暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時21分



△再開 午後2時22分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(矢島義謙君) 次に、議会広報特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、議会広報特別委員会委員選任についてを日程に追加し、直ちに議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第6 議会広報特別委員会委員の選任について



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 議会広報特別委員会委員選任については、委員会条例第8条第1の規定により、議長が選任することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議ありませんので、そのように決しました。

 暫時休憩いたします。

 再開は2時30分といたします。



△休憩 午後2時24分



△再開 午後2時28分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

 それでは、議会広報特別委員会委員の選任について、事務局長より報告いたさせます。

 事務局長。



◎議会事務局長(立川盛男君) それでは、議会広報特別委員会委員の選任について、命により報告いたします。

   次藤 栄議員  後藤省一議員  円谷長作議員

   根本七太議員  渡辺秀雄議員  渡辺善元議員

   川名順子議員  作田 博議員

 以上であります。



○議長(矢島義謙君) 議会広報特別委員会委員の選任については、ただいま報告どおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、議会広報特別委員会委員の選任については、ただいまの報告のとおり決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(矢島義謙君) 次に、議会広報特別委員会委員長及び副委員長の選任ついてを日程に追加し、直ちに議題とすることに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、議会広報特別委員会委員長及び副委員長の選任についてを日程に追加し、直ちに議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第7 議会広報特別委員会委員長及び副委員長の選任について



○議長(矢島義謙君) 議会広報特別委員会委員長及び副委員長の選任については、委員会条例第9条第2の規定により、委員会において互選することになっております。

 委員長、副委員長の互選については、委員会条例第10条第2項の規定により、年長の委員が臨時に委員長の職務を行います。

 それでは、議会広報特別委員会を開催するため委員の方は第1常任委員会室にお願いいたします。

 暫時休憩いたします。

 再開は2時40分といたします。



△休憩 午後2時30分



△再開 午後2時39分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

 それでは、議会広報特別委員会委員長及び副委員長の選任の結果について、事務局長より報告いたさせます。

 事務局長。



◎議会事務局長(立川盛男君) それでは、命によりまして報告をいたします。

 議会広報特別委員会委員長 川名順子議員

         副委員長 渡辺善元議員

 以上であります。



○議長(矢島義謙君) 議会広報特別委員会委員長及び副委員長の選任については、ただいま報告どおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、議会広報特別委員会委員長及び副委員長については、ただいまの報告どおりと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(矢島義謙君) 次に、安達地方広域行政組合議会議員の選挙の件についてであります。

 報告にありましたとおり、安達地方広域行政組合議会議員から辞任願いがあり、安達地方広域行政組合議会議長より、安達地方広域行政組合議会議員が欠けた旨の報告がありましたので、本件を日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、安達地方広域行政組合議会議員の選挙の件を日程に追加することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第8 安達地方広域行政組合議会議員の選挙について



○議長(矢島義謙君) これより、安達地方広域行政組合議会議員3名の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、選挙の方法は指名推選で行うことに決しました。

 お諮りいたします。

 推選の方法については、議長が指名することにいたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、議長において指名することに決しました。

 安達地方広域行政組合議会議員に、8番、渡辺秀雄君、17番、川名正勝君、21番、増子善勝君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました渡辺秀雄君、川名正勝君、増子善勝君を安達地方広域行政組合議会議員の当選人と決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました3名の方々が安達地方広域行政組合議会議員に当選されました。

 ただいま安達地方広域行政組合議会議員に当選されました方々が本会議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 登壇の上、就任のあいさつをお願いします。

 まず、8番、渡辺秀雄君。

     〔8番 渡辺秀雄君 登壇〕



◆8番(渡辺秀雄君) ただいまは議長のほうより引き続き安達広域行政組合の議会議員としてのご指名を受けました。本宮市議会を代表いたしまして、安達地方広域行政組合議会運営の発展のため、微力ながら尽くしてまいりたいと思います。

 どうぞ皆さん、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(矢島義謙君) 続いて、17番、川名正勝君。

     〔17番 川名正勝君 登壇〕



◆17番(川名正勝君) ただいま議長から指名を受けました川名正勝でございます。安達地方広域行政組合の議員は一度辞任して2回目ということでございますが、1期目の経験を生かしながら広域議会のために努力してまいりたいと思います。

 よろしくお願いします。



○議長(矢島義謙君) 続いて、21番、増子善勝君。

     〔21番 増子善勝君 登壇〕



◆21番(増子善勝君) ただいま議長より指名をいただきました増子善勝でございます。前にも一度安達広域圏のほうの議員としてやってまいりましたが、時代がかわりまして、また、1年生と思って一生懸命頑張っていきたいと思います。また、本宮市発展のためにも、安達郡の広域のためにも一生懸命頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げまして、あいさつにかえさせていただきます。



○議長(矢島義謙君) ここで暫時休憩いたします。

 再開は3時05分といたします。

 休憩中に議会運営委員会を開催いたしますので、第1常任委員会室にご参集願います。



△休憩 午後2時45分



△再開 午後3時02分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

 お諮りいたします。

 ここで、市執行部の出席を求めることに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) それでは、市執行部の出席を求めることにいたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後3時03分



△再開 午後3時04分



○議長(矢島義謙君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員長報告



○議長(矢島義謙君) それでは、休憩中に議会運営委員会を開催いたしておりますので、日程の追加について、委員長より報告をいたさせます。

 20番、根本善裕君。

     〔議会運営委員長 根本善裕君 登壇〕



◆議会運営委員長(根本善裕君) ご報告申し上げます。

 休議中に議会運営委員会を開催いたしまして、議長より諮問のありました件について協議をいたしました。

 その内容は、議員提出の各常任委員会の閉会中の継続調査申出書の4件であります。

 協議の結果、この際、日程に追加して審議すべきであろうとの結論に達しましたので、何とぞご賛同をくださるようお願いを申し上げまして、報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 ただいま委員長報告どおり、本日の日程に追加し、直ちに上程することにいたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、上程することに決しました。

 それでは、閉会中の継続調査申出書案を配付させます。

     〔資料配付〕



○議長(矢島義謙君) 配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 配付漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第9 閉会中の継続調査申し出について



○議長(矢島義謙君) それでは、総務文教常任委員長から、閉会中の事件について、会議規則第104条の規定により、閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 総務文教常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、総務文教常任委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

 次に、生活福祉常任委員長から、閉会中の事件について、会議規則第104条の規定により、閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 生活福祉常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、生活福祉常任委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

 次に、産業商工常任委員長から、閉会中の事件について、会議規則第104条の規定により、閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 産業商工常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、産業商工常任委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

 次に、建設水道常任委員長から、閉会中の事件について、会議規則第104条の規定により、閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(矢島義謙君) お諮りいたします。

 建設水道常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(矢島義謙君) 異議なしと認め、建設水道常任委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(矢島義謙君) それでは、市長に発言があれば、これを許します。

 市長。

     〔市長 佐藤嘉重君 登壇〕



◎市長(佐藤嘉重君) 一言御礼を申し上げます。

 議員の皆様には何かとお忙しいところ、第6回の市議会臨時会にお越しを賜りまことにありがとうございました。

 上程申し上げました議案、全議案、原案どおりお認めを賜りました。心から御礼を申し上げます。

 議会構成も新しくなりました。今後ともよろしくご指導のほどお願いを申し上げます。

 最後に、議員皆様方の更なるご活躍、ご健勝をお祈り申し上げまして、御礼のあいさつとさせていただきます。

 どうもありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(矢島義謙君) 以上をもちまして、本臨時会の議事日程は全部終了いたしました。

 これをもって平成21年第6回本宮市議会臨時会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。



△閉会 午後3時08分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

   本宮市議会議長

   本宮市議会副議長

   本宮市議会前議長

   本宮市議会議員

   本宮市議会議員