議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 本宮市

平成21年  6月 定例会(第5回) P.185  06月18日−04号




平成21年  6月 定例会(第5回) − 06月18日−04号









平成21年  6月 定例会(第5回)



        平成21年本宮市議会第5回定例会会議録(第9日目)

◯議事日程(第4号)

                   平成21年6月18日(木)午前10時開議

     開議宣告

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 委員長報告、質疑、討論、採決

◯本日の会議に付した事件

  日程第2まで議事日程に同じ

追加日程第1 議案第66号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決

       議案第67号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決

       議案第68号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決

       議案第69号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決

       発議第1号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決

       発議第2号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決

       発議第3号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決

追加日程第2 議員派遣について

◯出席議員(23名)

     1番  三瓶裕司君      2番  次藤 栄君

     3番  後藤省一君      4番  川名藤太君

     5番  円谷長作君      6番  根本七太君

     7番  山本 勤君      8番  渡辺秀雄君

     9番  渡辺善元君     10番  川名順子君

    12番  遠藤孝夫君     13番  渡辺由紀雄君

    14番  國分義之君     15番  伊藤隆一君

    16番  渡辺喜一君     17番  川名正勝君

    18番  作田 博君     19番  国分民雄君

    20番  島田和夫君     21番  根本善裕君

    22番  増子善勝君     23番  矢島義謙君

    24番  高松義行君

◯欠席議員(なし)

◯説明のため出席した者

  市長       佐藤嘉重君   副市長     中野一夫君

  教育委員長    伊藤滋敏君   教育長     佐久間和夫君

  総務部長     渡辺友衛君   市長公室長   叶 栄徳君

  生活福祉部長   伊藤昌男君   産業建設部長  根本昭吉君

                   白沢総合

  企業局長     村越廣志君           橋本 東君

                   支所長

  教育部長     根本昌康君   会計管理者   押山勝吉君

  総務部次長兼           総務部次長兼

           佐藤栄恭君           移川英也君

  総務課長             財政課長

  市長公室             生活福祉部

  次長兼      根本久雄君   次長兼     国分忠一君

  政策推進課長           市民課長

  生活福祉部            産業建設部

  次長兼      佐藤 泰君   次長兼     渡辺正博君

  高齢福祉課長           商工労政課長

  産業建設部            企業局次長兼

  次長兼      堀井和廣君           国分勝雄君

  建設課長             上下水道課長

  白沢総合支所           教育部次長兼

  次長兼      渡辺利広君           鈴木 亨君

  産業建設課長           教育総務課長

◯事務局職員出席者

                   局長補佐兼

  議会事務局長   立川盛男            柴田久幸

                   議事係長

  主査       森川福子    書記      馬場広元

  書記       遠藤勝夫    書記      菅野安彦



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(高松義行君) おはようございます。

 出席議員が定数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の欠席、遅刻の通告はございません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(高松義行君) 会議録署名議員は、前回同様

   5番  円谷長作君

  19番  国分民雄君

 を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(高松義行君) 日程に先立ち、議長より申し上げます。

 本日の日程に追加議案として付議案件及び発議並びに議員派遣が提出予定であります。議会運営委員会に諮り、本日の日程に追加する予定でありますので、あらかじめ申し添えます。

 次に、市長より報告があります。

 市長。

     〔市長 佐藤嘉重君 登壇〕



◎市長(佐藤嘉重君) おはようございます。

 諸報告2件を申し上げます。

 まず、本宮市立岩根小学校耐震補強改修工事に係る入札結果について。

 本宮市立岩根小学校耐震補強改修工事につきましては、建築主体工事及び機械設備工事を総合評価一般競争入札、また電気設備工事を制限つき一般競争入札に付するため、平成21年6月3日に入札の公告をいたしました。

 いずれも予定価格が1,000万円以上の工事であることから、最低制限価格の設定を行い、6月17日に競争入札を執行したところであります。

 その結果、建築主体工事につきましては、本宮市高木字舟場22番地、石橋建設工業株式会社が1億794万円、入札率84.3%となったところであります。

 機械設備工事につきましては、本宮市仁井田字富士内1番地1、有限会社佐藤商会が3,780万円、落札率95.7%であります。

 電気設備工事につきましては、本宮市本宮字中條57番地、株式会社佐々木電気商会が1,428万円、落札率90%で落札をしたところであります。

 以上でご報告とさせていただきます。

 続きまして、東北協同乳業株式会社供給の学校給食用牛乳の使用再開について。

 去る15日に報告をいたしました学校給食用牛乳の件につきましては、東北協同乳業が県北保健福祉事務所に原因と再発防止対策を報告し、6月17日から牛乳の製造が再開できることになったとの報告がありました。

 検査の結果、原因は殺菌した牛乳を貯蔵する1本のタンクに小さな亀裂があり、そこから微生物が混入したことが確認されたとのことであります。

 なお、当該タンクは安全が確認されるまで使用中止とし、他のタンクには問題がないことがあわせて確認されたことであります。

 このことから、市といたしましては、本日から同社の各学校への給食用牛乳の供給を再開することといたしましたので、ご報告いたします。

 以上であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(高松義行君) それでは、日程に従いまして、委員長報告を行います。

 所管常任委員会に付託しておりました議案第51号から議案第65号までの15件並びに陳情第2号から陳情第3号までの2件についてであります。

 まず、総務文教常任委員長に報告を求めます。

 20番、島田和夫君。

     〔総務文教常任委員長 島田和夫君 登壇〕



◆総務文教常任委員長(島田和夫君) 平成21年6月定例会において、当総務文教常任委員会に付託されました議案3件について、6月16日に審査いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 まず、議案第55号 本宮市地域振興基金条例を廃止する条例制定についてでは、地域振興基金は、地域福祉活動の促進及び快適な生活環境の整備を目的とした基金であるが、これらの事業が一般財源により実施している現状から廃止するものである。基金残高は、地域振興基金が約2,227万円で、ふるさと納税基金が445万円となっており、地域振興基金分については、財政調整基金に積み立てて自主的財政健全化計画に基づく安定した財政運営を行うため、効率的活用をしたいとの説明がありました。

 委員より、基金廃止による財源を行政区の地域振興補助の調整財源に活用する検討はしなかったのかとの質疑があり、これに対し、今回は工業用地造成事業償還基金の創設と基金全体の見直しを行い、廃止による財源を財政調整基金に積み立てるものである。地域振興補助の調整案がまとまった段階で、財源的な必要があれば協議をしたいとの答弁がありました。

 議案第59号 福島県市町村総合事務組合を組織する団体数の減少及び福島県市町村総合事務組合の規約の変更についてでは、構成団体の脱退に伴うものであるとの説明がありました。

 次に、議案第60号 平成21年度本宮市一般会計補正予算(第2号)のうち、当委員会に付託分について報告いたします。

 まず、総務部所管では、歳出において、基金廃止に伴う繰りかえ運用元金の増、財政調整基金積立金の増、再任用及び特別採用に伴う人件費の増であります。歳入では、工業用地造成事業償還基金への積立金財源及び繰りかえ運用の繰上償還財源、国民健康保険税の税率統合に伴う激変緩和措置財源として、財政調整基金からの繰り入れを行う。また、固定資産税の補正増については、償却資産については経済情勢の低迷で設備投資が減少しているものの、土地の負担調整措置分が当初見込みよりも増加したこと、新築家屋の増加、鉄骨等の値上がりなどにより国の評価基準単価が引き上げられたことにより4,741万8,000円の負担増であるとの説明がありました。

 委員より、再任用の期間及び業務内容について質疑があり、期間については再任用された年度末までの一年更新で、業務内容については基本的には市長の特命事項としたいとの答弁がありました。

 次に、市長公室所管では、ふるさと納税寄付金に伴う歳入の補正増であります。

 総合支所所管では、総合支所維持管理費及び新庁舎建設事業の補正増であります。新庁舎の市民ホール、ラウンジなどで必要な部品を購入するものであるとの説明がありました。

 次に、教育部所管では、地域振興基金の廃止に伴うふるさと納税寄附金を文化スポーツ振興基金に積み立てるための補正増であるとの説明に対し、委員より、基金積み立てをするのではなく、早期に寄附者の意向に沿った事業に活用し、使途について寄附者へ報告し、感謝の意を示すとともに、市民に対しても公表すべきとの意見がありました。

 その後、討論、採決を行った結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上で、総務文教常任委員会の報告といたします。



○議長(高松義行君) それでは、委員長報告に対する質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、生活福祉常任委員長に報告を求めます。

 14番、國分義之君。

     〔生活福祉常任委員長 國分義之君 登壇〕



◆生活福祉常任委員長(國分義之君) 平成21年6月定例会において、当生活福祉常任委員会に付託されました議案6件について、6月16日に関係部課長の出席を求め全委員出席のもと審査いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 まず、議案第51号 本宮市民元気いきいき応援プラザ条例制定についてですが、今年10月にオープン予定の複合施設に係る設置並びに名称等の基本的事項について定める内容でありました。使用許可については、1階を中心とする供用スペース等は許可を要しないが、健康増進広場、会議室、調理実習室等については貸し館ともなることから、専用使用の場合はあらかじめ許可申請が必要となること、使用者の範囲は、保健や福祉目的で活動を行う団体等が中心となるが、その他の利用に関しては、他の公共施設の空き状況や定員の問題等により対応できない場合は、その他市長が適当と認める者として許可する方針であることが述べられました。

 なお、かねてより当委員会にて議論のありました開館時間については、午前9時から午後6時までを原則とするが、会議目的等の諸事情に応じ、午後9時まで利用を認める方針であると説明がありました。

 委員より、施設で提供される子育て相談について、どのような内容を考えているかとただしたのに対し、主に保健師、保育士による健康や育児にかかわる相談とするが、相談の内容に応じて教育、福祉等の関係機関との橋渡し的な役割を担いたいとの答弁がありました。

 次に、議案第53号 本宮市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定についてでは、地方税法の一部改正による市税条例改正に係る改正及び本算定に基づく税率改正であり、国保税の構成をなす後期高齢者支援金並びに介護納付金については国が必要額を定め、税率に反映したもの、利用給付分については市町村の状況に応じた税率等を決定するものであり、平成21年度は、不均一課税の統合を図る観点により本算定を行った。

 なお、統合に際しては、白沢地区の急激な税率上昇を招かぬよう、今年度は1億4,000万円の繰越金と5,000万円の一般会計繰入金を充てながら調整を図ったものであるとの説明がありました。

 委員からは、本算定額について、4月の常任委員会や全員協議会において説明があった金額との差異が生じた理由についてただしたのに対し、試算に用いた額は平成21年度当初予算額を基礎としたものであり、平成20年4月に保険制度の抜本的改正がなされたため、平成20年4月から10月までの約6カ月間の医療費動向を参考に積算した所要額であったことから、本算定額の近似値を導きにくい状況にあったとの答弁がありました。

 なお、今後10年をかけて緩やかな税率調整を図るという基本方針は守りながら、今後も議会の意見を聞き対応していきたいと述べられました。

 次に、議案第54号 本宮市白沢老人福祉センター条例の一部を改正する条例制定についてでは、休館日の取り扱いについて、市長が必要と認めるときは使用を可能とすることとし、周囲に隣接するスポーツ施設の利用者に対する利便を確保するため、休憩所として活用すること等を可能とするものであるとの説明がありました。

 委員からは、他の利用者に貸し出しを行う際は、従来からの高齢の利用者に対して不便を来さぬよう、利用の優先順位は明確にしておくよう要望がありました。

 次に、議案第60号 平成21年度本宮市一般会計補正予算(第2号)では、健康づくり推進事業に対して、委員より、その筋トレ事業はどのように普及させていくかただしたのに対し、当初は大学に所属する2名の専門家を招いて指導に当たってもらうことになるが、その受講者に将来の指導的立場になってもらえるよう考えている。

 なお、指導者を養成する都合上、受講者の募集枠は約40名から50名程度が限度であるとの答弁がありました。

 また、複合設備整備事業に関して、委員より、オープンセレモニーにかかる講師謝礼が計上されているが、講師の養成に際しては、健康問題に関する講師を選定されるよう、また他のイベント等組み合わせるなどの工夫を行い、集客が期待できる内容に努めるよう要望がありました。

 次に、議案第61号 平成21年度本宮市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)では、議案第53号に関連する予算所要額の計上でありました。

 議案第62号 平成21年度本宮市介護保険特別会計補正予算(第1号)については、職員人件費にかかる調整予算の計上であり、特に報告すべき質疑はありませんでした。

 その後、討論、採決を行った結果、すべての議案に対して全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上で、生活福祉常任委員会の報告といたします。



○議長(高松義行君) それでは、委員長の報告に対する質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、産業商工常任委員長に報告を求めます。

 15番、伊藤隆一君。

     〔産業商工常任委員長 伊藤隆一君 登壇〕



◆産業商工常任委員長(伊藤隆一君) 平成21年6月定例会において、当産業商工常任委員会に付託されました議案3件、陳情2件について、6月16日に審査いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 初めに、陳情第2号 農地法の「改正」に反対する陳情書に係る審査の経過と結果について、ご報告申し上げます。

 本改正の内容は、第1には、制度の基本を所有から利用に再構築するもので、一部衆議院の審議の中で耕作者によるの文言が復活しました。第2には、農地の賃借規制の大幅な緩和や農地の面的集約の促進、遊休農地対策の強化があります。第3には、優良農地の確保のため、農地転用規則の厳格化や農用地区域内農地の確保があります。

 これらの法改正に伴い、農業にかかわらない大企業や一般企業の農地の利用が可能となり、それにより、従来の家族的な農業経営が圧迫され、現在の農業の継続が困難になると危惧されるものでもあります。さらに、企業が農地を所有した場合、倒産等の事情により農地が放棄され、持続的で安定的であることを求められる農業とは相入れないものであります。また、農業は地域に根差し、環境保全にも寄与していますが、企業の参入により今までの慣習が崩壊し、地域の影響も大なるものがあると懸念されます。

 一方、世界の食糧需給が逼迫緊張で推移すると見込まれる中、食料の多くを海外に依存している我が国においては、国内の食料供給力を強化し、食料自給率の向上を目指していくことが喫緊の課題となっております。このため、国内の農業生産の重要な基盤である農地について、優良な状態で確保し、最大限に利用されるようにしていくことが求められています。

 しかしながら、農業従事者の減少、高齢化等が進む中で、我が国の農地については耕作放棄地の増加に歯どめがかからない現状にあります。また、経営する農地が分散している状態にある中で、転用期待等により農地価格が農業生産による収益に見合う水準を上回る傾向にあるなど、効率的な利用に必要な集積が困難な状況にあります。このような農地をめぐる課題を克服し、将来にわたって食料の安定供給を確保していくために、今回の農地法の見直しがされているところでもあります。

 このような現状を踏まえ、本陳情の取り扱いについて諮りました。企業の参入が進み、地域の疲弊のおそれのあることや耕作者の保護と農地を守るためには、法の改正は危険性があるなどがありました。一方、法改正は農地の荒廃の対応策や食料自給率の向上に期待できること、さらには衆議院での法案通過の状況にあるなどの意見がありました。

 審議の結果、議会は採択すべきとの委員の意見の一致を見た次第であります。

 なお、今回提出された本陳情は、6月17日に参議院で可決された法案に対するものでありますが、本委員会としては、陳情の内容のとおり法案に反対をするものであり、委員会の意向として意見書を提出したいとするものであります。

 次に、陳情第3号 政府が自ら決めた備蓄ルールに基づいて、20万トン規模の政府米買い入れを求める陳情書に係る審査の経過と結果について、ご報告申し上げます。

 本陳情は、米価の安定を図るため、政府がみずから決めた備蓄ルールに基づいて、20万トン規模の備蓄米の買い入れを求めるものです。

 09年産の米価は、需要の落ち込みや汚染米事件の影響、さらには量販店での値下げ販売により価格への重大な影響が予想されることを踏まえ、本陳情の取り扱いについて諮りましたところ、協議の結果、議会は採択すべきとの委員全員の意見の一致を見た次第であります。

 続いて、議案第52号 本宮市工業用地造成事業償還基金条例制定については、財政健全化計画に基づく工業用地造成事業特別会計における工業団地償還について安定化を図る目的で制定されるものであります。

 計画では、万が一分譲収入が見込めない場合に備え、平成22年度から平成26年度の償還費を確保し、工業団地償還の安定化を図るもので、基金は予定分譲収入を2億円と想定し、不足分の5億5,000万円を積み立てるものであります。

 委員からは、工業団地の販売状況について質問がありましたが、現在のところ有力な引き合いはないとのことでありました。

 続いて、議案第60号 平成21年度本宮市一般会計補正予算(第2号)のうち、当委員会付託分について審査を行いました。

 住民組織活性化支援事業における支援内容についての質問に対し、白沢加工グループにおいて新商品の開発や販路拡大、研修などを実施するとのことであり、第三者による指導、助言も行うとのことであります。

 ふるさと雇用再生特別基金事業については、農家レストラン経営のための支援を行うもので、白沢直売所の食堂を再開するものであります。地産地消を原則とし、最長3年の支援を行い、黒字化を目指すとの説明がありました。

 委員からは、他の直売所を参考に、本宮市においても主要道路への設置を検討すべきではないかとの意見がありました。現在のところ計画はないが、将来構想として検討したいとの説明がありました。

 緊急雇用による臨時職員が、道路の除草や補修等を行っているが、シルバー人材センター事業への影響はないかとの質問に対し、シルバー人材センターへの委託業務との重複する作業はなく、影響はないとの説明がありました。

 最後に、平成21年度本宮市工業用地造成事業特別会計補正予算については、議案第52号における基金への積立金の補正であり、報告すべき質疑や意見はありませんでした。

 委員会付託の3議案について採決を行った結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上、産業商工常任委員会の報告といたします。



○議長(高松義行君) それでは、委員長報告に対する質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、建設水道常任委員長に報告を求めます。

 22番、増子善勝君。

     〔建設水道常任委員長 増子善勝君 登壇〕



◆建設水道常任委員長(増子善勝君) 平成21年6月定例会において、当建設水道常任委員会に付託されました議案6件について、6月16日に関係部課長の出席を求め、全委員出席のもと審査をいたしましたので、その経過と結果についてご報告いたします。

 初めに、議案第56号 本宮市緑化基金条例を廃止する条例制定について及び議案第57号 本宮市道路愛護基金条例を廃止する条例制定についてでありますが、今回廃止する基金については、ともに果実運用型基金であり、現在低金利時代で運用益が減少していること、また現在実施している事業については、一般財源で対応可能であることから基金を廃止して、元金を財政調整基金に積み立てるとの説明がありました。

 委員から、緑化基金設置当時の基金の目的について質疑があり、当時は生け垣を設置する方法に補助金を助成し、公園化構想を目指していたとの答弁がありました。

 また、委員から、緑化基金を廃止することにより、市公園化構想が希薄化するのではないかとの質疑に対し、生け垣建設助成事業については本宮市緑化推進に関する補助金交付要綱で整備されており、構想が希薄化しないように、今後も事業内容等、広報や本市のホームページを活用しながら啓蒙活動に努めていきたいとの答弁がありました。

 次に、議案第58号 道路路線の認定についてでありますが、本路線は本宮駅前東口広場整備事業に伴い、事業の円滑な推進を図るとともに、市が整備、維持管理することが適正であることから、本宮字九縄地内において延長62.3メートルを市道に認定するものであるとの説明がありました。

 次に、議案第60号 平成21年度本宮市一般会計補正予算(第2号)のうち、当委員会に付託分について、まず産業建設部所管についてでありますが、人事異動に伴う職員人件費の組み替え等の基金廃止に伴う財源調整であるとの説明がありました。

 続いて、企業局所管についてでありますが、浄化槽設置整備事業補助金の制度改正により、単独浄化槽及びくみ取り便所の撤去費用が助成対象となったため、補正増、また、公共下水道事業特別会計の基準内基準外操出金の組み替えによる補正であるとの説明がありました。

 委員から、浄化槽等の設置について台帳整理を行っているかとの質疑に対し、合併浄化槽補助申請の際に随時台帳を整理しているとの答弁がありました。

 委員からは、今後も設置状況を十分把握しながら住みよい環境を確保するために各自が浄化槽の定期点検等怠らないように維持管理の指導に努めるべきであるとの意見が出されました。

 次に、議案第63号 平成21年度本宮市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、人事異動に伴う職員人件費の組み替えと地方道二本松・金屋線道路改良事業の着手に伴う公共下水汚水ますの敷設がえによる補正であるとの説明がありました。

 次に、議案第65号 平成21年度本宮市水道事業会計補正予算(第2号)についてでありますが、下水道と同様に、地方道二本松・金屋線道路改良事業の着手に伴う配水管の移設工事、また昨年水道管布設がえ工事を実施した高木字辻地内における舗装復旧工事、さらに平成20年度に実施した公的基金補助金免除繰上償還金の借りかえ債と財政融資及び公営企業金融公庫からの借り入れが確定したことによる補正であるとの説明がありました。

 以上、6議案についての質疑後採決を行った結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきと決した次第であります。

 以上、建設水道常任委員会の報告といたします。



○議長(高松義行君) それでは、委員長報告に対する質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 それでは、日程に従いまして、各常任委員会に付託いたしました議案第51号から議案第65号までの15件について、並びに陳情第2号から第3号についての討論、採決を行います。

 議案第51号から議案第65号までの15件については、討論の通告はありませんでしたので、一括採決することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、一括採決を行います。

 議案第51号から議案第65号までの15件については、原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、議案51号から議案第65号までの15件については、原案のとおり可決確定いたしました。

 以上で、市長提出議案の採決は終わりました。

 続いて、陳情についての採決を行います。

 陳情第2号 農地法の「改正」に反対する陳情書は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、採決を行います。

 本陳情は、産業商工常任委員長報告のとおり採択とするに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本陳情は、産業商工常任委員長報告のとおり採択と決しました。

 次に、陳情第3号 政府が自ら決めた備蓄ルールに基づいて、20万トン規模の政府米買い入れを求める陳情書は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、採決を行います。

 本陳情は、産業商工常任委員長報告のとおり採択とするに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本陳情は、産業商工常任委員長報告のとおり採択と決しました。

 ここで暫時休憩いたします。

 再開は10時50分といたします。

 休憩中に議会運営委員会を開催いたしますので、第1常任委員会室にご参集願います。



△休憩 午前10時36分



△再開 午前10時50分



○議長(高松義行君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員長報告



○議長(高松義行君) それでは、休憩中に議会運営委員会を開催いたしておりますので、日程の追加について、委員長より報告をいたさせます。

 18番、作田博君。

     〔議会運営委員長 作田 博君 登壇〕



◆議会運営委員長(作田博君) ご報告申し上げます。

 休憩中に議会委運営委員会を開催いたしまして、議長より諮問のありました件について協議をいたしました。

 その内容は、市長提出の議案第66号 本宮市議会議員の議員報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第67号 本宮市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第68号 本宮市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第69号 本宮市複合施設建設(建築主体)工事請負契約の一部を変更する契約について、次に、議員提出の発議第1号 ミニマムアクセス米の輸入見直しに関する意見書について、発議第2号 農地法の「改正」に反対する意見書について、発議第3号 政府が自ら決めた備蓄ルールに基づいて、20万トン規模の政府米買い入れを求める意見書について、議員派遣についであります。

 協議の結果、この際、日程に追加して審議すべきであろうとの結論に達しましたので、何とぞご賛同くださりますようお願いを申し上げまして、報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 ただいま委員長報告のとおり、本日の日程に追加し、直ちに上程することにいたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、上程することに決しました。

 それでは、議案及び発議並びに議員派遣について配付をいたさせます。

     〔議案及び発議並びに議員派遣について案配付〕



○議長(高松義行君) 配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 配付漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託の省略



○議長(高松義行君) ただいま配付いたしました議案第66号から議案第69号につきましては、会議規則第37条第3項の規定に基づき委員会付託を省略いたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、委員会付託を省略することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第1 議案第66号から議案第69号まで一括上程、提案理由説明、質疑、討論、採決



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 議案第66号から議案第69号まで一括上程いたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、一括上程をいたします。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(高松義行君) 提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔市長 佐藤嘉重君 登壇〕



◎市長(佐藤嘉重君) それでは、議案第66号から議案第69号まで、一括して提案理由の説明を申し上げます。

 議案第66号 本宮市議会議員の議員報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について。

 本議案につきましては、議会議員の期末手当の額を算定する際、報酬月額に乗ずる加算割合の上限を一般職に準じて100分の15から100分の20に、100分の5引き上げる内容であります。

 なお、改正に当たりましては、合併協議で統合された懸案事項がおおむね調整されたことや、県内他市の加算割合などを考慮いたしたところであります。

 また、本議案のほか、議案第67号及び議案第68号におきましても、同様の議案を提案いたすものであります。

 なお、今回の3議案で提案いたします100分の20の加算割合で、本年6月の期末手当を支給する場合、議員全員で約51万4,000円、私、副市長及び教育長で約16万4,000円、合計で67万8,000円が必要額となりますが、暫定凍結分を含めた現行予算内で措置したいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 詳細につきましては、議案第66号資料をご参照くださいますようお願いたします。

 続きまして、議案第67号 本宮市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例制定について。

 本議案につきましては、私及び副市長の期末手当の額を算定する際に、給与月額に乗ずる加算割合の上限を一般職に準じて100分の15から100分の20に100分の5引き上げる内容でございます。

 なお、提案の理由は、議案第66号で申し上げました内容と同様でございます。詳細につきましては、議案第67号資料をご参照くださいますようお願いいたします。

 議案第68号 本宮市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定について。

 本議案につきましては、教育長の期末手当の額を算定する際に、給与月額に乗ずる加算割合の上限を一般職に準じて100分の15から100分の20に100分の5引き上げる内容でございます。

 なお、提案の理由は、議案第66号で申し上げました内容と同様でございます。詳細につきましては、議案第68号資料をご参照くださいますようお願いいたします。

 最後になります。

 議案第69号 本宮市複合施設建設(建築主体)工事請負契約の一部を変更する契約について。

 本議案につきましては、複合施設建設主体工事請負契約の契約金額を3億8,680万50円から、4億1,279万9,100円に変更の上、佐藤工業株式会社と請負変更契約を締結したく提案するものであります。

 このほど複合施設みどりの広場に隣接する土地につきましては、農地転用の許可がおりましたので、土地売買の契約を締結いたしたところであります。つきましては、取得した土地を駐車場として利用するための造成及び整備のための追加工事並びに北側正面のモニュメントアプローチシンボル、みどりの広場のシンボル、さらには市章と市の花・木・鳥の設置工事等について、建設主体工事と一体的な施工を要することから変更契約を行うものであります。

 なお、詳細につきましては、ただいま申し上げました内容につきまして、担当部長より説明をいたさせます。

 以上、上程いたしました追加議案につきまして、よろしくご審議の上お認め賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。

 以上です。



○議長(高松義行君) 生活福祉部長。

     〔生活福祉部長 伊藤昌男君 登壇〕



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) 命によりまして、詳細の説明をさせていただきます。

 工事請負契約の変更の内容でございますが、お手元の資料をご参照いただければと思います。

 まず最初に、おわびを申し上げますが、金額の訂正をお願い申し上げたいと思います。

 裏面のほうの諸経費の欄でございますが、614万8,959円となっておりますが、614万6,038円というふうにご訂正いただければと思います。

 合計の方もご訂正いただければと思います。3,210万9,079円となっていますが、3,216万9,079円となってございます。

 なお、これについて請負額比率を掛けたのが2,599万9,050円というふうになっております。

 これについては、多数の整理をしておりますのでご了承いただければと思います。

 内容につきましては、前の方の駐車場造成工事のほうから申し上げますが、今回土地が新たに取得されたということで、今般駐車場を新たに造成工事をするものでございます。これらについてが金額的に896万円の金額になってございます。

 盛り土造成、かご枠工等々の工事、さらにはアスファルトの舗装工事が主なものでございます。さらに通路工といたしまして現設計を変更して通路を設けるというようなことでの184万8,000円となっておるものでございます。

 裏面のほうでございますが、モニュメント等工事ということで、今回正面のほうへ施設のシンボルというふうなことで、施設のふさわしいものを設置したいというふうなことでアプローチのシンボルを設置するということにしたいと考えたところでございます。それらがここに記載のとおり1,111万6,850円、これはあくまで設計額でございますのでご了承いただきたいと思います。

 さらに、施設の南側のみどりのひろばにもシンボル的なものを木製で設置したいというような考え方で87万円を契約したいというふうに考えたものでございます。

 これらに伴いまして、植栽の駐車場関係が減額ということで、左側の直前設計数量について▲を付させていただきましたが、変更数量からこれらの合計66万2,649円になるわけですが、植栽駐車場を引いて直接工事費で2,449万1,041円となるものでございます。これらに諸経費、消費税を足してさらに請負比率を掛けた金額が今回増額の2,599万9,050円となるものでございます。

 以上で、詳細の説明とさせていただきます。



○議長(高松義行君) ここで暫時休憩をいたします。

 再開は11時40分といたします。



△休憩 午前11時28分



△再開 午前11時38分



○議長(高松義行君) それでは、休憩前に引き続き会議を行います。

 それでは、議案に対する質疑を行います。

 議案第66号について質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、議案第67号について質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 議案第68号について質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 議案第69号について質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 それでは採決を行います。

 議案第66号 本宮市議会議員の議員報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

 次に、議案第67号 本宮市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例制定については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

 議案第68号 本宮市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

 議案第69号 本宮市複合施設建設(建築主体)工事請負契約の一部を変更する契約については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第1号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決



○議長(高松義行君) 次に、発議第1号を上程いたします。

 書記をして朗読いたさせます。

 なお、朗読については件名のみ朗読し、意見書案の朗読を省略するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、そのように決しました。

     〔書記朗読〕



○議長(高松義行君) 発議第1号 ミニマムアクセス米の輸入見直しに関する意見書は、採択された陳情第1号の意見書でありますので、提案理由の説明、質疑、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第2号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決



○議長(高松義行君) 次に、発議第2号を上程いたします。

 書記をして朗読いたさせます。

 なお、朗読については件名のみ朗読し、意見書案の朗読を省略するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、そのように決しました。

     〔書記朗読〕



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 発議第2号 農地法の「改正」に反対する意見書は、採択された陳情第2号の意見書でありますので、提案理由の説明、質疑、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第3号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決



○議長(高松義行君) 次に、発議第3号を上程いたします。

 書記をして朗読いたさせます。

 なお、朗読については件名のみ朗読し、意見書案の朗読を省略するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、そのように決しました。

     〔書記朗読〕



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 発議第3号 政府が自ら決めた備蓄ルールに基づいて、20万トン規模の政府米買い入れを求める意見書は、採択された陳情第3号の意見書でありますので、提案理由の説明、質疑、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第2 議員派遣について



○議長(高松義行君) 続いて、議員派遣についてを議題といたします。

 それでは、議員派遣計画書について、書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(高松義行君) 本件については、会議規則第160条第1項の規定に基づき議決を求めるものであります。

 お諮りいたします。

 本件については、質疑、討論を省略し、直ちに採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、採決を行います。

 議員派遣については、原案のとおり派遣するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、そのように決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(高松義行君) それでは、市長に発言があれば、これを許します。

 市長。

     〔市長 佐藤嘉重君 登壇〕



◎市長(佐藤嘉重君) 一言、御礼を申し上げたいと思います。

 議員の皆々様には、お忙しいところ第5回本宮市定例議会にお越しを賜り、まことにありがとうございます。上程申し上げました議案、すべて原案どおりお認めをいただきました。心から御礼を申し上げたいと思います。

 いろいろ変化の年でありますが、着実に一歩ずつ前進をさせていきたい、このように思っています。今後とも議員各位の皆さん方のご指導、ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げまして、御礼のあいさつとさせていただきます。

 どうもありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(高松義行君) 以上をもちまして、本議会の日程全部を終了いたしましたので、第5回本宮市議会定例会を閉会といたします。

 ご苦労さまでした。



△閉会 午前11時46分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

   本宮市議会議長

   本宮市議会議員

   本宮市議会議員