議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 本宮市

平成21年  3月 予算審査特別委員会 P.195  03月17日−04号




平成21年  3月 予算審査特別委員会 − 03月17日−04号









平成21年  3月 予算審査特別委員会



             予算審査特別委員会

◯議事日程(第4号)

                   平成21年3月17日(火)午前10時開議

     開議宣告

日程第1 付託議案の審査

     議案第31号 平成21年度本宮市国民健康保険特別会計予算審査

     議案第32号 平成21年度本宮市老人保健特別会計予算審査

     議案第33号 平成21年度本宮市後期高齢者医療特別会計予算審査

     議案第34号 平成21年度本宮市介護保険特別会計予算審査

     議案第35号 平成21年度本宮市公共下水道事業特別会計予算審査

     議案第36号 平成21年度本宮市農業集落排水事業特別会計予算審査

     議案第37号 平成21年度本宮市工業用地造成事業特別会計予算審査

     議案第38号 平成21年度本宮市工業用地資産運用事業特別会計予算審査

     議案第39号 平成21年度本宮市水道事業会計予算審査

     議案第30号から議案第39号までの各種会計予算について市長に対する総括質疑(全部長等出席)

     議案第30号から議案第39号までの各種会計予算について討論、採決

     予算審査特別委員会審査報告書の作成

     予算審査特別委員会審査報告書の採決

◯本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

◯出席委員(22名)

     1番  三瓶裕司君       2番  次藤 栄君

     3番  後藤省一君       4番  川名藤太君

     5番  円谷長作君       6番  根本七太君

     7番  山本 勤君       8番  渡辺秀雄君

     9番  渡辺善元君      10番  川名順子君

    12番  遠藤孝夫君      13番  渡辺由紀雄君

    14番  國分義之君      15番  伊藤隆一君

    16番  渡辺喜一君      17番  川名正勝君

    18番  作田 博君      19番  国分民雄君

    20番  島田和夫君      21番  根本善裕君

    22番  増子善勝君      23番  矢島義謙君

◯欠席委員(なし)

◯説明のため出席した者の職氏名

  市長       佐藤嘉重君   副市長      中野一夫君

  教育長      佐久間和夫君  総務部長     渡辺仁一君

  市長公室長    渡辺友衛君   生活福祉部長   伊藤昌男君

  産業建設部長   根本昭吉君   企業局長     村越廣志君

  白沢総合

           三瓶清明君   教育部長     根本昌康君

  支所長

                   総務部次長兼

  会計管理者    叶 栄徳君            移川英也君

                   財政課長

  市長公室             生活福祉部

  次長兼      根本久雄君   次長兼      国分忠一君

  政策推進課長           市民課長

  産業建設部            産業建設部

  次長兼      堀井和廣君   次長兼      渡辺正博君

  建設課長             商工労政課長

  企業局次長兼           教育部次長兼

           国分勝雄君            鈴木 亨君

  上下水道課長           教育総務課長

  主幹兼              国保診療所

           野内秀夫君            鈴木一寿君

  市民課長補佐           主幹

  高齢福祉課長           上下水道課長

           遠藤文芳君            佐原政義君

  補佐               補佐

  商工労政課長

           増子宗一君   税務課長     桑原四郎一君

  補佐

◯職務のため出席した者の職氏名

  議長       高松義行    議会事務局長   立川盛男

  局長補佐兼

           柴田久幸    庶務係長     永田達也

  議事係長

  主査       森川福子    書記       白銀喜美夫



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○委員長(伊藤隆一君) 出席委員が定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 ただいまより本日の会議を開きます。

 本日の欠席、遅刻通告はありません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△答弁保留について



○委員長(伊藤隆一君) 日程に先立ち、委員長より申し上げます。

 予算審査第3日目の議案第30号の歳入、第1款市税、第6項特別土地保有税での質疑におきまして、8番、渡辺秀雄委員の質疑に対する答弁について、答弁の保留がありましたので、ここで改めて答弁を求めます。

 税務課長。



◎税務課長(桑原四郎一君) おはようございます。

 昨日保留いただきました、8番、渡辺議員の質問に対してお答えをいたします。

 ご質問の内容は、特別土地保有税の額でございます。20年度当初、特別土地保有税の収入未済額は2億355万9,000円となります。うち、徴収猶予が142万8,000円となっております。差し引き2億213万円が未納となっております。

 以上でございます。



○委員長(伊藤隆一君) それでは、この件に関してのみ、答弁のみといたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時00分



△再開 午前10時00分



○委員長(伊藤隆一君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第31号 平成21年度本宮市国民健康保険特別会計予算審査



○委員長(伊藤隆一君) 日程に従いまして、議案第31号 平成21年度本宮市国民健康保険特別会計予算について審査を行います。

 説明及び質疑は、事業勘定と直営診療施設勘定に分けて行います。

 担当課長の説明を求めます。

 生活福祉部次長兼市民課長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) おはようございます。

 議案第31号 平成21年度本宮市国民健康保険特別会計予算の概要につきましてご説明申し上げます。

 まず、事業勘定から説明申し上げますが、初めに、積算の基礎となります国保の環境につきましてご説明申し上げます。

 予算資料のナンバー2、特別会計・公営企業会計の資料でございます。8、9ページをごらんいただきたいと思います。

 被保険者数の動向でありますが、20年上半期につきましては、経済の順調な推移のもと企業の業績もよく雇用も順調に伸びておりましたので、被保険者数は4月の8,170人から8月末日に向け減少傾向にありました。その後、年末に向かい7,900人台で推移しておりましたが、年末からの世界同時不況の影響が強まる中、1月末現在で8,051人となっております。厚生労働省の推計方式ですと、過去3年間の平均値となりますが、地域経済の影響を強く受ける国保でありますので、今後、雇用情勢の推移によりましては所得が不安定な方々の加入がふえるものと予測しております。しかし、現段階での予測は極めて困難ですので、直近の被保険者数8,051人をベースに、一般被保険者7,541人、退職被保険者510人と想定したところであります。

 次に、8ページのほうでございますが、医療費の動向であります。4月に65歳以上の退職者医療該当者が一般被保険者にかわりましたので、一般の医療費が大きく伸びております。年間の推移では退職はほぼ横ばいですが、一般は4月と比較しまして1.04倍の上昇となっております。また、高額医療費では退職で多少の乱高下はありますが、落ち着いた推移を見せております。また、一般につきましては、4月と比較しまして1.32倍と大きな伸びを示しております。21年度予算の積算基礎となります医療費につきましては、厚生労働省の推計方式ですと、過去3年間の診療費実績と伸び率から算出いたしますが、20年度に医療制度が大きく変わりましたので、20年度の実績を重視しまして20億2,741万1,000円と見積もったところであります。

 それでは、事業勘定予算の説明を申し上げます。なお、事業勘定予算につきましては、歳出の総額見合いの額を歳入に求めますので、初めに歳出から説明いたします。

 予算書20、21ページとなります。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、説明欄2総務管理事業につきましては、次のページにまたがりますが、福島県国民健康保険団体連合会の負担金、共同電算処理の手数料、データ処理及び機器等の保守点検委託料などでございます。

 22、23ページになります。2項徴税費は、税の賦課及び徴収に要するに経費で、ほぼ電算処理の委託料であります。

 次のページとなりますが、市税等滞納整理対策推進本部を立ち上げまして2年間積極的に滞納対策に努めました結果、一応の成果を得ております。しかし、経済情勢を反映いたしまして21年度はかなり厳しいと危惧しておりますが、国保安定運営の基盤でありますので、引き続き税務課と連携し滞納対策を行うものであります。

 24、25ページとなります。3項運営協議会費は、国保運営に対し第三者機関から意見を伺う国民健康保険運営協議会の運営に要する経費であります。

 次のページとなります。4項医療費適正化対策事業費は、レセプト点検に要する経費で、現在1次審査を国保連合会、2次審査を自前で行っております。レセプトにつきましては、23年度から完全オンライン化となりますので、本市でも21年度から紙から画像による点検に移行する予算を計上しております。これによりましてレセプトデータが数値化されますので、市の疾病状況、さらには個人の診療履歴がデータとして蓄積できますので、後段出てまいります保健事業の基礎とするものであります。

 次に、2款保険給付費、1項療養諸費につきましては、これまでの被保険者負担抑制財源が窮することによりまして、被保険者に求める税負担を考慮しまして、20年度の実績を重視し見積もっております。

 まず、1目一般被保険者療養給付費は20年度比9.3%減の14億1,700万円を、次のページの2目退職被保険者等療養給付費は45.1%減の1億2,626万5,000円を、3目一般被保険者療養費は2%増の1,230万円を、4目退職被保険者等療養費は1.5%減の140万円をそれぞれ見込んだものであります。かなり厳しい見積もりとなっておりますが、今後の医療費動向を精査いたしまして、本算定時に改めて積算するものであります。

 次のページの5目審査支払手数料は、レセプトの1次審査に要する経費であります。

 次に、2項高額療養費につきましては、1項療養諸費と同様に20年度の実績を重視し、積算しております。

 1目一般被保険者高額療養費は14.4%減の1億6,500万円を、2目退職被保険者等高額療養費は6%減の1,800万円をそれぞれ見込んだものであります。

 次のページとなります。3目一般被保険者高額介護合算療養費及び4目退職被保険者等高額介護合算療養費は、新たな負担軽減事業でありまして、国保と介護保険の一部負担の合算額が基準額を超える場合、その超える額を高額介護合算療養費として支給いたしまして、被保険者の負担の軽減を図るものであります。

 次のページとなります。4項出産育児諸費は、出産育児一時金であります。

 次のページとなります。5項葬祭諸費は、死亡に伴う葬祭費であります。

 次に、3款1項後期高齢者支援金等は、後期高齢者医療制度発足に伴い、現役世代の負担金として保険者が負担する支援金及び事務費拠出金で、後期高齢者の医療費のうち医療機関での自己負担を除きました費用額の40%を負担するものであります。

 次のページとなります。4款1項前期高齢者納付金等は、前期高齢者が加入する保険者間の財政調整に係る事務費の拠出金であります。

 次のページとなります。5款1項老人保健拠出金でありますが、老人保健制度は後期高齢者医療制度発足に伴い廃止となりますが、月おくれ請求があること、過去の給付費の精算に3年を要することから、その間存続するものであります。

 6款介護納付金は、介護保険制度への現役世代の負担金で、介護保険第2号被保険者に係る介護納付金を納付するものであります。社会保険支払基金からの概算額により、20年度比9.8%減の1億4,306万円を計上しております。

 次のページとなります。7款1項共同事業拠出金は、医療費の額によりまして高額医療費共同事業医療費拠出金と保険財政共同安定化事業拠出金とに分かれますが、国保財政への影響緩和のために加盟保険者が共同で拠出するものであります。

 8款保健事業費、1項特定健康診査等事業費は、次のページにまたがりますが、20年度から保険者に義務づけられました40歳以上の被保険者に対する健康診査に要する経費であります。20年度の受診率につきましては、現時点におきまして予定の40%に及ばない37.4%と見込んでおりますが、25年度には65%達成とかなり高い目標が国から設定されております。21年度は施設健診の一層のPRと一般健康診査と歩調を合わせました若い世代の受診率向上に努めまして、本宮市国民健康保険特定健康診査等実施計画に基づき、46%を目標とするものであります。

 44、45ページとなります。2項保険事業費は、次のページにまたがっておりますが、節目の日帰り人間ドックを柱に、健康家族表彰に要する経費を計上いたしました。

 9款基金積立金は、利子見込み額の積み立てです。

 10款公債費は、一時借り入れの際の利息の存目であります。

 次のページとなります。11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目一般被保険者保険税還付金及び2目退職被保険者等保険税還付金は、被保険者の資格喪失に伴い税の過年度還付を処理するもので、3目償還金は20年度収入の国庫負担等が事業の確定に伴い超過交付となった場合の償還金で、いずれも存目計上であります。

 次のページの4目一般被保険者還付加算金及び5目退職被保険者等還付加算金は、税の還付に伴い発生する加算金で、存目計上であります。

 次のページとなります。2項繰出金は、一般会計からの超過繰り入れを精算するもので、存目計上であります。

 最後に、12款予備費は、保険給付費の3%相当額を計上しております。

 この結果、5、6ページに戻っていただきます。歳出合計を27億3,671万1,000円と見積もったものであります。

 次に、歳入となります。

 予算書10、11ページとなります。1款1項国民健康保険税は、歳出総額からルールに基づく公費負担分を控除し、その残額を保険税として被保険者の皆様に負担をいただくもので、前年比12.2%増の7億9,417万3,000円を見込んでおります。なお、6月の本算定時に、所得の確定とあわせまして、総医療費の再見積もりを行いますので暫定額ととらえていただきたく存じます。

 次のページとなります。2款国庫支出金、1項国庫負担金は、説明欄の負担金等ごとにルールに基づき積算したものであります。

 以下、14、15ページの6款共同事業交付金まで同様にルールに基づき積算したものであります。

 なお、これらの負担金、補助金等につきましては、療養の給付費総額により変わりますことのご理解をお願いするものであります。

 次に、14、15ページ、7款財産収入は基金利子です。

 次のページになります。8款繰入金、1項他会計繰入金は、一般会計からのルールに基づく繰入金を計上しております。

 9款繰越金は、存目であります。

 10款諸収入も存目計上でありますが、18、19ページ、参考欄最下段の健康診査事業自己負担金につきましては、特定健康診査に伴う受診者の自己負担分を計上しております。

 これらの結果、4ページに戻っていただきます。歳入総額を、歳出総額と同じ27億3,671万1,000円と見積もったところであります。

 以上で、事業勘定の説明といたします。



○委員長(伊藤隆一君) 説明が終わりましたので、事業勘定について質疑を行います。

 なお、質疑でありまして要望ではありませんので、質疑のみでお願いしたいと思います。

 8番、渡辺秀雄委員。



◆8番(渡辺秀雄君) 25ページなんですが、国保ばかりでなく、市全体として市税含めて滞納の整理関係について力を入れるということでございますが、ここに20年度同様、事業として処分事務費が予算化されているわけなんですが、これは滞納ということになりますと、市税、国保税どちらもという方がいらっしゃって、それの市全体としては税目等に区別なく取り扱うということなんでしょうが、予算とか経費の配分関係、ここに普通旅費で1,000円だけの計上で事務事業に力を入れるといっても、その辺の予算的な、1,000円でどういうふうに力を入れるんだという形にもなろうかと思うので、その辺の振り分け、すみ分けというか、経費の、その辺はどういうふうな措置になっているんだか、お聞きしておきたいと思います。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) 議員おっしゃるとおりかもしれませんが、一般会計のほうの課税のものと一緒に税務課のほうで滞納処分等の事務を行っているのが現実でございます。そういったことで、国保のほうでは確かにわずか1,000円でございますが、共通した事務の中での配分というふうなことで、基本的には一般会計のほうで重点的に計上しているというようなことでご理解いただければありがたいと思います。



○委員長(伊藤隆一君) 8番、渡辺秀雄委員。



◆8番(渡辺秀雄君) その前のページに収納事務という形で計上されているんですが、これは電算の処理委託料だということで。税を理解していただくためにも、滞納された場合に、その税の財源がどういうふうに使われているとか、結局そういうふうな説明とか何か滞納整理の際、収納関係で、そういう経費もなくて、ただ単に財源的には一般会計のほうでという話では、そこに力を入れてやるんだという意気込みも感じないんですが、その辺はどういうふうに、見解をお聞きさせてもらいます。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) 非常におっしゃるとおりかと思いますが、国保に限らず、滞納されている方は他の市民税とか、いろいろな税が一緒に滞納されている方がかなり多いというようなことで、今回滞納処分に係る経費については、本来であれば配分するところも必要かと思いますが、現時点では一般会計のほうに重点的に配分させていただいているということでございます。

 以上です。



○委員長(伊藤隆一君) 20番、島田和夫委員。



◆20番(島田和夫君) 私も国保を何だか余り理解しなくなったんですが、保険給付費でそれぞれ今回は当初予算ということで、6月の際にすべて是正しますということですが、それぞれが一般療養給付費等々についても減額されているんですが、19年度、20年度と、19年度ははっきりしていると思うんですが、白沢と本宮での医療費の伸びの状況がどういうぐあいに判断され、さらに20年度はまだ確定はしませんけれども、現時点で見られる判断というのは、どういう形の中であってこの医療給付費というものが出てきたんではないかと思うんですが、その辺の医療費の伸びのぐあい、それについてどのようになっているか。これは、当然白沢、本宮と今回は分けて聞くしかないかと思うんですが、その点をお聞かせ願います。

 そして、今、8番の渡辺議員も聞いていることなんですが、これもあくまでも国保の担当者にすれば6月の本算定のときだと言いながら、国保税が今回の場合は12%増、そして見れば3月補正でいけば、もう残すものが何もないという感じで、実際に12%でないだろうということはそれはわかります。しかし、12%の当初予算で組まざるを得ないほどの状況があるという現実も現実だと思うんです。そうして見た場合に、ほかの税金とまた違うのは、これは滞納すると保険証がもらえないとかなんとかという命にかかわる問題になってくるんです。それを国民健康保険の健康にかかわる部の自体が、この問題について滞納は別なほうで税務課で見るからということだけでいいのかどうか。その辺についてはやはり国保関係、健康関係、こういうところで十分に滞納状況とそれぞれの皆さんの健康管理の状況というのを見きわめながら、滞納の状況をやはり調査していく、また、集めるところは集めていく、滞納者について相談に応じる、その税務課でやるのはあくまでも私は一つのルールに従ったものになってくると思う。そこに、健康という面から見るものは福祉部のこの国保関係のもので私はあるんでないかと。そうでないと、今の現状の中では大変なんじゃないかと思うんですが、その点をひとつお聞かせ願います。

 あと、先ほども一般会計でどなたかも聞いておりましたけれども、今度はレセプト点検については電算になるから非常に一人一人の個人データというのがはっきりしてくるんだと、健康管理もそれに入力すると非常にその人のデータがはっきりしてくるということで、であれば余計に健康診査のアップ率というのが46%にしたいということで、今回国の基準をクリアしていくという方向が今説明されたんですが、従来の方式ではなかなか大変だと、それである程度、総合健診なんかは医療費を安くしてということなんですが、やはりまだ従来の方式にプラスした形の中で何か、単なるPRだけ強めればいいというだけでなくて、健康診査を受けてもらうために何が欲しいんだろうというのが福祉部のほうの、保健福祉課の中でも当然ながら論議されたと思うんですが、その論議された要点として、何が今力を入れるべきかということが論議されているか、お聞かせ願います。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部次長兼市民課長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) 何点かございましたが、まず1点目の医療費の伸び、地区ごとについて積算した上で出しているのであろうというご質問だと思いますが、現在、私どもに入ってきておりますデータにつきましては本宮市1本でございます。19年からそうなってございますので、本宮市全体の動きとしてとらえさせていただいております。今後レセプト等が細かく数値化されますと地域ごと、それこそ大字ごとの単位でもわかるようになりますが、現時点におきましては市1本でございます。

 さらに、19年度と20年度で大きく医療制度が変わりまして、そこに所属します被保険者の数がかなり動いてございますので、19年度から20年度にかけてこのように変わったというところも推測は可能でありますけれども、それによりまして大きく変わることもございますので、今回の給付金につきましては20年度の実績、実際のところまだ終わっていない部分がございますが、20年度の実績を重視しております。

 2点目でございますが、税の収納に関しまして、滞納対策も含めて税務課のほうにだけ任せているのかと、健康の面から滞納者に対して接するべきではないかというご質問かと思います。実際のところ、収納等徴収につきましては税務課のほうに委託している部分が多くございますが、滞納者に対します相談業務等々につきましては、税務だけではなく我々市民課のほうもあわせて一緒に行わさせていただいております。実際、滞納の状況を確認できるデータにつきましては市民課のほうで持っておりますので、それを持ちまして短期の方、さらには資格証の方にそれぞれ通知を差し上げました上で、1カ月から6カ月それぞれに相談業務をさせていただいております。その結果をもって、税務課のほうで最終的な判断をさせていただいているところであります。

 以上であります。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) 3点目の健康管理に関しての受診率の関係でございますが、部内では非常に若年層の方々がやはり受診率が低いというようなことが、一番どうしたらいいのかなというふうなことで論議しております。そういったことでなかなか特効薬というなのがない、いずれの方も健康には自信があるかなと、病気にならないんだろうというふうな思いが強いのかなと、そんなことがあるので、それらをどう健診していただくかというふうなことの意識づけをしていくかということで、当面は、今年度は経済的な負担を軽減しよう、さらには意識を持っていただくためにも40歳の人間ドックの個人負担を軽減して、何とかきっかけをつくっていただいて毎年受診していただくのが、現時点で考えられた方策でございます。なかなか特効薬というものは、現場でも見出せないというなのが現状でございます。

 以上でございます。



○委員長(伊藤隆一君) 20番、島田和夫委員。



◆20番(島田和夫君) 健康診査の受診率が下がってきている、前からもそんなによくないのかもしれませんけれども、私はこう思うのは、昔は若い人から必ず集団健診は受けなくてはならないと、それには若い人の場合ですと結核検診だけは必ず何歳でも、もう二十以上ですか、何歳以上だったかになれば必ず集団検診の通知が来て行くという習慣があったと思うんです。これが、何年前からだったかは、何歳以下としてはもう一切何も受けることがないということになったのが、さらにこの集団健診の低下率につながっているんでないのかなと思ったりもするんですけれども、そういう意味では若いときから必ず集団健診のこれだけはもう受けるんですよというものの中で、年代とともにすべての検査を受けるというものの中で、何かそういう方策というものも考えられないのかどうか。

 それとあと、私は今、確かに国保会計というデータ上の計算上からいけば、1本のデータが計算上出てきて、給付費がこうなって税率がこうなるということなんですが、であれば、福祉部として考えた場合、今の本宮市の現状の中でいって税率というのはどこまでだったらば、今年度これでは12%ですが、ここから下がるだろう、確かに下がると思うんです。しかし、何%がなるであろうというものが、白沢、本宮も同じ比率で上げるということだと思うんです、今のお話を聞けば、率合から考えた場合に。そうしますと、非常に負担感というものが私は出てくる可能性がどうなんだろうか。

 例えば、白沢の場合は今まで医療費が少なかったから国保の保険税も少なくて済んだと、本宮はある意味で医療費が高いから国保税が高かったと、今度一本化になった。同じ比率で税率が上がるとなった場合に、その率合の上げ方はやはり白沢のほうが高くになってくると思います。そうしますと、全体的に見た場合も、この税率の引き上げが今の経済状況の中で、12%までいかなくても、どこら辺までは考えなければならないのかな、どれ以上になったらばどういうぐあいの方法を考えなければならないのかなというのは、福祉部として今回予算を提案するに当たって、もうここまでいったらば、もう市長の裁量に全部聞くしかないなというようなものがあるのかないのか、その辺はどういう感じの中でこの予算を福祉部として、事務的な作業でありますけれども、この事務作業の中の責任というのは私らはもうここまでしかないなというものがあるのかどうか、ひとつお聞かせ願います。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) 1点目のことについて申し上げます。

 確かに、結核につきましては結核予防法が改正されまして結核の患者の関係が変わったと、環境が変わったということで、全員が結核検診というふうな形のものはなくなってきたというふうなことはあります。そういった部分も、確かに受診率低下につながっている部分はあるのかなとは思いますが、いずれにしてもそういった法律の中での県・国全体の対応というようなことでございます。市といたしましては、そこら辺をなくても、本当に健康は自分で守るというようなことの意識づけをするために、土日の受診もできるような機会、さらにはプライバシーを守るような方策も含めながら、何とか受診できるような体制を構築していきたいなというふうに考えております。

 以上でございます。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部次長兼市民課長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) 税率はどこまでという、一言で言えばそういうことだと思いますが、さきの一般質問の中におきましても議員の中から質問、意見がございました、青天井になる心配があるんじゃないかと。当然それは行政といたしましても懸念する大きな材料でありまして、直近に開かれます東北市長会の議案の中でも同様な意見を国のほうに申し上げるように議案として計上させていただいております。

 しからば、じゃ市の税率がどうなるかということでございますが、現時点におきましては医療費そのものも3月末までのやつがそろいますのがもっとおくれますので、その辺の推移を見守りながら、6月の本算定にかけて、財源のこともございますので検討させていただきたいというふうに考えてございます。

 以上であります。



○委員長(伊藤隆一君) 20番、島田和夫委員。



◆20番(島田和夫君) 非常に私は不親切な当初予算の審査なんですね。結局、19年度の医療費のアップ率がどうであったのかとか、20年度もこう予想されるとか、何かすべてが、この当初予算の審議はしなくてもいいですよと、これだったら出さなくていいですよ、今の答弁だったら、本来でいけば。もう6月に出せば、事済むんですよ。これは暫定ですから、全部認めてくださいというんでなくて、やはりそれなりの資料とか何かをもって、医療費がこういうぐあいに伸びております、まだ確定ではありませんけれども読めるまでの昨年の12月までだったらこういう医療費の伸びです、ですから、こういうものが予想されます、そして19年、20年の今度はアップ、2年を考えればこういうものが予想されます、ある程度これは暫定の予想ですとか、こういうことくらい言えるのが本来はこの予算審議なんじゃないですか。

 ですから、そこで青天井にならないためにどうしていくかということは、市長のほうにもこういう部としてはこういうものを進言しているとかということが本当の予算の審議じゃないですか。今のままでいけば、質問だってできないくらいの何にも資料がないですよ、これは。私はそう思うんですけれども、部長、どうなんですか、これ。こういうもので、本来は国保の会計の当初予算の審議、もっと医療費の伸びの状況、こういうものについて資料を提出して、こういう状況に今なっています、こうです、だけれどもこういうことがあったために2年間のやつを6月に出さなくてはならない状況がこういうものがありますということの説明が、大体ここまでいかざるを得ません、ですから当初予算で12%ですという説明があってしかるべきなんじゃないですか、どうなんでしょう。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部次長兼市民課長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) 議員おっしゃるとおりかと思います。ただし、資料につきましては一番最初に説明させていただきましたが、12月までの伸びにつきまして資料をつけさせていただいた上で、12.2%の伸びになる可能性があるということで説明をさせていただいたところであります。

 以上であります。



○委員長(伊藤隆一君) 3番、後藤省一委員。



◆3番(後藤省一君) 34ページ、出産育児諸費の件なんですが、20年度1,750万円、本年度、今度21年度が1,520万円ということでなっておりますが、これは農家、個人経営者等々の出産の38万円を支給するということの手当なんですが、ことし、次年度について減ったという何かデータか何かあったのかどうか、お聞きしたいと思います。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部次長兼市民課長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) 20年度予算につきましては45人の見込みで計上させていただきまして、28名の実績でございました。少なくはなってございますが、今後伸びることを期待いたしまして、40名で積算させていただいております。

 以上であります。



○委員長(伊藤隆一君) 21番、根本善裕委員。



◆21番(根本善裕君) 1款の一般被保険者国民健康保険税ということで、ここに説明の欄で11ページです。説明の欄で一般被保険者給付金、これは旧本宮、旧白沢、全部ずっと下までありますね。一番最初の医療給付金、これを見ますと旧本宮で3億1,600万円、旧白沢で1億円と全部これ、その下は介護給付金の本宮で4億3,000万円、それから、これはちゃんと分けてあるんですね。今度、こういう給付の割合の中を全部もう一律にするというような今説明だったんですけれども、この内容について、じゃ旧白沢は相当の差額が出てくるんじゃないかというような懸念しますから、前にも私は言ったんですけれども、これはやはり段階的に、追ってやはりこれを、これらのデータがちゃんとあるわけですから、これにそうじてやはり掛金率を分散して最終的にまとめるようになるんならいいんですけれども、これはもうことしからずっと一般、全部一律だということなんですか。この説明をちょっとしてください。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部次長兼市民課長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) ただいまのご質問でございますが、20年度現在、不均一課税の状態にございます。しからばどういう形で統合していくかというところの結論が現在まだ出ておりませんので、この時点におきましては、基本的に不均一課税の率を基本に伸びを見させていただいて、計算させていただいております。

 以上であります。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) 若干補足を申し上げますが、療養費、歳出のほうは本宮、白沢のほうは、申しわけないんですが、それぞれ個別にはできるデータがないと。それで、税のほうは今税率が本宮と白沢が違っていますので、その積み上げした結果、本宮のほうは幾ら、白沢村は幾らというふうな形で計算できるということのご理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○委員長(伊藤隆一君) 21番、根本善裕委員。



◆21番(根本善裕君) 今の説明で言うと、一律できない理由がデータがないということなんですか。もう一律課税もこのまましてしまうということでこれをやっていくということになると、相当の今までの、さっきも申し上げましたけれども、旧白沢の税負担が余りにも大きくなってしまうということだから、前からもこれはちょっと段階を追ってやってくださいということを言っているんですけれども、こういうようなことをもう決めてしまうということに対しては、ちょっとやはり予算の中で皆さんに納得でき得ないというふうに思うんですけれども、どうなんですか。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部次長兼市民課長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) 11ページ、12ページの国民健康保険税の旧白沢、旧本宮と分けてあることで段階的な値上げを要望していたということですが、これですと全然そういうことが考慮されていないだろうということかと思いますが、当初予算につきましては税に求める分の総額が出ますので、それにつきまして20年度の税率をベースにおきまして、伸びた分を両方に合わせた額で計上させていただいております。今後の推移の中、また政治的判断の中で、統合方法につきましても議員の皆様方のご意見を聞きながら決めていきたいと思います。その中で考えを示させていただきますとともに、あわせてご意見を賜りたいと思います。

 以上であります。



○委員長(伊藤隆一君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、事業勘定についての質疑を打ち切ることといたします。

 次に、直営診療施設勘定について説明を求めます。

 生活福祉部次長兼市民課長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) それでは、続きまして直営診療施設勘定につきまして説明いたします。

 初めに、診療所の運営状況でありますが、受診者数につきましては1日30から40名で、ほかに在宅患者が30名ほどおります。この在宅患者に関しましては、週2回の訪問診療を行っております。また、受診者の多くが白沢地域の皆さんで、そのほとんどが交通弱者である高齢者であります。このことが当診療所の大きな特徴となっていますとともに、訪問診療を含めまして、地域医療の拠点となっているところでございます。健康づくり元年となります21年度に診療所の役割を明らかにしていくことが、今後の予防医療に大きく反映していくものと考えております。

 21年度の予算規模につきましては、20年度とほぼ同様でありますが、男女共用便所の改修工事を計画いたしましたので、その分、予算規模が膨らんでおります。

 それでは、74、75ページの歳出から説明いたします。

 1款総務費、1項施設管理費は、診療所運営に係る人件費、次のページにまたがりますが、診療所の維持管理経費及び各種負担金を計上しております。

 78、79ページ、2項研究研修費は、医師等のスキルアップを図り、地域医療の向上を図る目的で計上しております。

 2款1項医業費は、医療に要する経費でありまして、1目医療用機械器具費は医療用機械器具の整備、維持管理費用を計上しております。

 次のページ、2目医療用消耗機材費は、医療用の消耗機材や検査手数料等を計上しております。

 3目医薬品衛生材料費は、医薬品の購入経費を計上しております。

 次のページとなります。3款施設整備費に受診者からの要望が最も多い男女共用便所の改修工事に要する経費を計上しております。

 4款基金積立金は、基金利子であります。

 5款諸支出金は、過誤納付が発生した場合の償還金、過年度歳入の精算金及び一般会計の繰出金でありますが、それぞれ存目計上であります。

 6款予備費は、不測の支出に対応するため予算総額の1%相当額を計上しております。

 以上の結果、61ページにお戻りいただきますが、歳出総額を1億758万2,000円と見積もったものであります。

 次に、歳入であります。

 予算書は、66、67ページとなります。1款診療収入、1項外来収入は、医療保険ごとの診療報酬を見込んだものであります。

 次のページとなります。2項その他の診療収入は、健康診査や予防接種及び特定健康診査に係る収入を見込んだものであります。

 2款使用料及び手数料は、診断書の作成の文書料であります。

 3款県支出金は、存目であります。

 4款財産収入は、次のページにまたがっておりますが、主に基金利子であります。

 5款寄附金及び6款繰入金、1項他会計繰入金は、存目計上であります。

 2項基金繰入金は、歳出に対しまして不足する額1,100万円を診療施設財政調整基金を取り崩し繰り入れするもので、取り崩しにより基金現在高は1,515万8,000円となるものであります。

 7款繰越金及び8款諸収入、1項預金利子は、存目であります。

 次のページとなります。2項雑入は、容器代、さらには電話使用料であります。

 以上の結果、60ページに戻っていただきますが、歳入総額は歳出総額と同額の1億758万2,000円を見込んだものであります。

 以上が、直営診療勘定の説明であります。

 最後に、1ページにお戻りいただきます。第1条によりまして、歳入歳出予算の総額を事業勘定27億3,671万1,000円、直営診療施設勘定1億758万2,000円と定めるものであります。

 また、第2条により、一時借入金の最高限度額を事業勘定1億円、直営診療施設勘定1,000万円と定めるものであります。

 さらに、第3条により、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定による歳出予算の流用について、保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用と定めるものであります。

 以上、平成21年度本宮市国民健康保険特別会計予算の説明とさせていただきます。



○委員長(伊藤隆一君) 説明が終わりましたので、直営診療施設勘定について質疑を行います。

 12番、遠藤孝夫委員。



◆12番(遠藤孝夫君) 75ページのほうの診療の人件費なんですけれども、一般の給料よりも手当関係のほうがかなり多いということがあるんですけれども、こういった背景はどういうふうな理由なのか、お尋ねをしたいと思います。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部次長兼市民課長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) この手当のほとんどが、医師に係る手当でございます。

 以上であります。



○委員長(伊藤隆一君) 12番、遠藤孝夫委員。



◆12番(遠藤孝夫君) 当然そういうことだとは理解していますけれども、人件費の中の一般の普通の給与と手当ということでこれは区分けされているわけですから、それは残業とか出張とか、いろいろ細かいものはあるんだかもわからないんですけれども、そういう中身についての関係をお聞きしたわけなんですが。



○委員長(伊藤隆一君) 国保診療所主幹。



◎国保診療所主幹(鈴木一寿君) 特殊勤務関係なんですが、医師の往診手当、それと医師の特殊勤務手当が主になっております。

 以上です。



○委員長(伊藤隆一君) 3番、後藤省一委員。



◆3番(後藤省一君) 68ページ、使用料及び手数料なんですが、この説明の中で文書料の説明は診断書等ということで30万円計上になっていますが、この30万円ほど診断書が出るということで認識してよろしいんでしょうか。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部次長兼市民課長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) 主治医意見書、さらには診断書等でございまして、ほぼことしの実績の額に近い額でございます。

 以上であります。



○委員長(伊藤隆一君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、直営診療施設勘定についての質疑を打ち切ることといたします。

 次に、第2条一時借入金、第3条歳出予算の流用について質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、第2条一時借入金、第3条歳出予算の流用についての質疑を打ち切ることといたします。

 以上をもちまして、議案第31号 平成21年度本宮市国民健康保険特別会計予算についての質疑を終了いたします。

 暫時休憩いたします。再開は11時といたします。



△休憩 午前10時50分



△再開 午前10時59分



○委員長(伊藤隆一君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 委員長より申し上げます。質問に対する答弁は、質問に適切なる答弁を執行部にお願い申し上げたいと思います。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時00分



△再開 午前11時00分



○委員長(伊藤隆一君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第32号 平成21年度本宮市老人保健特別会計予算審査



○委員長(伊藤隆一君) 日程に従いまして、議案第32号 平成21年度本宮市老人保健特別会計予算について審査を行います。

 担当課長の説明を求めます。

 生活福祉部次長兼市民課長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) 議案第32号 平成21年度本宮市老人保健特別会計の内容につきましてご説明申し上げます。

 老人保健制度につきましては、平成20年度から後期高齢者医療制度にかわりましたが、月おくれ請求の処理及び過年度分の医療給付費や医療費支給費並びに歳出の確定に伴う国・県支出金等の精算に3年を要しますので、その間、特別会計を存続するものであります。

 それでは、予算書12、13ページの歳出から説明いたします。

 1款1項医療諸費、1目医療給付費及び2目医療費支給費は、月おくれ請求分及び再審査に係る扶助費を計上しております。

 3目診査支払手数料は、レセプトの診査支払いに要する手数料であります。

 次のページとなりますが、1項1目償還金及び2目還付金並びに2項繰出金は、精算による国・県及び一般会計等への返還、繰出金を措置するもので、存目であります。

 続きまして、歳入でございます。

 予算書8、9ページとなります。老人保健は、老人保健拠出金を診療報酬支払基金に納付しますが、その拠出金につきましては、診療報酬支払基金交付金と国・県・市町村負担金の公費により賄うものであります。この支払基金交付金と公費負担の割合は50対50となりまして、公費負担の国・県・市町村の負担割合は4対1対1となりますので、これによりまして市の負担は全体の12分の1となるものであります。

 以上のルールに基づきまして、1款支払基金交付金、2款国庫支出金、3款県支出金及び4款繰入金を計上したものであります。

 なお、次のページの5款繰越金、6款諸収入につきましては存目であります。

 最後に、1ページにお戻りいただきます。この結果、歳入歳出予算の総額は、第1条により2,682万7,000円とするものであります。

 さらに、第2条により、一時借入金の最高限度額を予算総額の10%相当額の300万円と定めるものであります。

 以上、平成21年度本宮市老人保健特別会計予算の説明とさせていただきます。



○委員長(伊藤隆一君) 説明が終わりましたので、歳入歳出及び第2条一時借入金について質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることといたします。

 以上をもちまして、議案第32号 平成21年度本宮市老人保健特別会計予算についての質疑を終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第33号 平成21年度本宮市後期高齢者医療特別会計予算審査



○委員長(伊藤隆一君) それでは、議案第33号 平成21年度本宮市後期高齢者医療特別会計予算について審査を行います。

 担当課長の説明を求めます。

 生活福祉部次長兼市民課長。



◎生活福祉部次長兼市民課長(国分忠一君) 議案第33号 平成21年度本宮市後期高齢者医療特別会計予算の内容につきましてご説明申し上げます。

 後期高齢者医療制度につきましては、老人保健制度にかわりまして平成20年度に創設されたところであります。財政運営につきましては、福島県後期高齢者医療広域連合が行い、市町村は保険料収納や被保険者からの各種届け出や申請及び相談を担いますとともに、健康診査事業を広域連合から受託し、実施いたしますので、これらに係る経費を計上するものであります。

 初めに、歳出から説明させていただきます。

 予算書12、13ページとなります。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費は、消耗品等の事務的経費であります。

 2項1目徴収費は、保険料収納に係る送料及び納付書等の作成委託の納入通知事務並びに、次のページになりますが、電算機器保守管理委託等の徴収事務経費であります。

 2款後期高齢者医療広域連合納付金は、収納保険料及び保険基盤安定繰入金相当額を納付するものであります。

 次に、16、17ページとなります。3款保健事業費は、健康診査に係る健診機関への健診委託料、広域連合へ納付する健診事業費の市負担及び受診者自己負担分を計上したものであります。なお、広域連合における21年度の受診目標は、約25%となっております。

 4款諸支出金は、資格喪失等により保険料の過年度還付金等を計上したものであります。

 続きまして、歳入となります。

 予算書8、9ページとなります。1款後期高齢者医療保険料は、広域連合が仮算定いたしました保険料で、想定医療費から公費及び窓口負担分を除いた1割相当額を保険料に求めるものであります。昨年比で24.5%減額となっておりますが、20年度途中で負担軽減のための特別措置といたしまして軽減率8.5割、及び所得割5割軽減の暫定措置が講じられておりましたが、21年度におきましては2割、5割、7割に加えまして9割の軽減措置及び所得割の50%軽減が恒久措置されたことに伴います減額であります。なお、それぞれ収入の制限がございます。

 次に、3款繰入金、1節一般会計繰入金は事務的経費及び健診負担金等の経費を、2節保険基盤安定繰入金は保険料軽減に伴う保険基盤安定相当額をそれぞれ繰り入れするものであります。

 4款諸収入のうち、2項償還金及び還付加算金、1目保険料還付金は、資格喪失により20年度保険料に変更があった方への還付金について広域連合から相当額の交付を受けるものであります。

 次のページとなります。受託事業収入、1目後期高齢者健診受託事業収入は、健診事業を広域連合から受託し実施しますので、健診機関への委託料及び事務経費相当額であります。

 他につきましては、存目であります。

 最後に、予算書1ページに戻っていただきます。この結果、第1条により歳入歳出予算の総額を2億2,162万6,000円とするものであります。

 さらに、第2条により、一時借入金の最高限度額を予算額の10%相当額の2,000万円と定めるものであります。

 以上、平成21年度本宮市後期高齢者医療特別会計予算の説明とさせていただきます。



○委員長(伊藤隆一君) 説明が終わりましたので、歳入歳出及び第2条一時借入金について質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 以上をもちまして、議案第33号 平成21年度本宮市後期高齢者医療特別会計予算についての質疑を終了いたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時09分



△再開 午前11時10分



○委員長(伊藤隆一君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第34号 平成21年度本宮市介護保険特別会計予算審査



○委員長(伊藤隆一君) それでは、議案第34号 平成21年度本宮市介護保険特別会計予算について、保険事業勘定と介護サービス事業勘定及び第2条一時借入金、第3条歳出予算の流用について、一括して審査を行います。

 担当課長の説明を求めます。

 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) それでは、平成21年度本宮市介護保険特別会計予算のご説明を申し上げます。

 予算書の、保険事業勘定でございますが、18、19ページ並びに予算資料の17ページをあわせてごらんいただきたいと思います。

 まず、保険事業勘定の歳出でございますが、今回、第4期介護保険事業計画につきまして3年ごとに作成することとなっておりまして、本議会の定例会初日において計画書を配付させていただいたところでございます。この計画をもとにしまして、今後の介護保険事業を円滑に執行してまいりたいというようなことでの予算を編成したところでございます。

 それでは、18、19ページの1款1項1目、説明欄2番の総務管理事業でございます。これにつきましては、介護保険事業関係の消耗品などが主なものでございます。

 続きまして、20、21ページの1款2項1目、1番及び2番の賦課事務費、収納事務費関係につきましては、保険料賦課等の電算処理の委託料を計上したところでございます。

 続きまして、22、23ページの3項1目、説明欄1番でございます。介護認定審査会運営事業でございますが、本宮市と大玉村で共同処理しております南達地域の介護認定に係る審査資料を作成するまでの事務経費、さらに二本松市を事務局といたしまして共同設置しております安達管内の全体の認定審査会の運営に係る負担金の計上が主なものでございます。

 次に、2目、説明欄1番、認定調査等の事務事業でございますが、介護認定審査会の審議にかけるまでの事務処理経費を計上しておるものでございまして、主なものといたしましては、かかりつけ医師の意見書作成に係る手数料、あわせて認定調査員による訪問調査の委託料が主なものでございます。

 24、25ページの4項1目趣旨普及費でございますが、制度の趣旨啓発のパンフレット制作費用となってございます。

 5項1目、説明欄1番介護保険運営協議会につきましては、介護保険の事業運営について意見、提言をいただくため、委員11名から成る運営協議会に係る経費となってございます。

 26、27ページ、2款1項1目の介護サービス等給付費につきましては、要介護者が介護サービスの提供を受けたときに、そのサービス費の9割を保険者である市が給付するものでございまして、要介護認定区分の介護1から5までの方に係るサービスの給付費でございます。

 なお、同様のサービス給付費で認定区分が要支援1及び2の方の予算措置については、別途32、33ページに計上しておりますのでご承知いただきたいと思います。

 続きまして、2項1目、1番審査支払い事務でございますが、介護サービス給付費請求の審査と支払いについて国保連合会に委託しておる経費でございます。支払い事務の適正執行を図るために、それらに支払う手数料を計上しておるものでございます。

 28、29ページをお開きいただきたいと思います。3項1目の高額介護サービス等事業でございますが、介護サービス利用者が1カ月に支払いました一部負担金が世帯の所得区分の上限額を超えた分として支給するもので、利用者の負担軽減を図るものでございます。

 次に、4項1目、1番特定入所者介護サービス等給付事業でございますが、市民税の非課税者の要介護者が介護保険施設を利用した際に支払う食費及び住居費が限度額を超えた場合、その限度額を超えた全額を保険給付し、自己負担の軽減を図るという内容でございます。

 4項2目の特例特定入所者介護サービス等給付事務事業につきましては、次のページにまたがりますが、市民税課税高齢者世帯の片方の方が入所した場合、残された方について生活困窮にならないように給付する事業でございます。

 3目及び4目については、要支援1及び2の方に対するもので、2目の内容と同様の措置となっておるものでございます。

 32、33ページをお開きいただきたいと思います。5項1目の介護予防サービス等給付事務事業につきましては、先ほど申し上げましたように要支援1、2の方の介護予防サービス給付費となってございます。

 次に、地域支援事業費につきましては、前年度まで2款の保険給付費に計上しておりましたが、事業対象者は介護認定を受けない方々を主に展開する事業であるということから、21年度には3款のほうに別途予算措置いたしましたので、今年度はゼロというふうなことに計上したところでございます。

 3款1項1目、介護予防特定高齢者施策事業でございますが、次のページにまたがりますが、介護認定にならない人で健診において要介護予備群として把握した方に対して、状態の軽減と悪化防止を図る事業でございます。

 説明欄2の介護予防一般高齢者施策事業の13委託料において、ふれあいサロンにおける予防事業を行うための委託事業を計上したところでございます。

 36、37ページの4款1項1目、1番財政安定化基金拠出事業でございますが、これについては県の基金への保険者として拠出するものでございます。県において一定の基金残高が保有されたということで、本年度についてはその拠出を要しないとの通知があったものですから、存目を計上したところでございます。

 38、39ページをお開きいただきたいと思います。5款及び6款については、それぞれ存目となってございます。

 40、41ページの第1号被保険者還付事業については、転出や死亡した、さらには保険料が変更になった場合の過年度還付について計上したものでございます。

 続きまして、歳入についてご説明を申し上げます。

 10ページ、11ページをお開きいただきたいと思います。1款1項1目の特別徴収保険料でございます。これについては、介護保険料を年金から天引きにより納付していただくものの収入でございます。

 2目の普通徴収保険料については、年金所得が18万円に満たない方、さらには年度途中で65歳に到達された方、さらには転入者等が該当となるものでございます。年金受給者は、現況届け出の提出を忘れて年金支給が差しとめとなって、その結果、保険料の天引きが不可能となった方も支給月ごとに発生しておるものでございます。

 2款1項1目の認定審査会負担金につきましては、大玉村からの認定審査会運営経費の負担金納付でございます。

 4款1項1目の介護給付費負担金につきましては、国の法定負担分の収入となってございます。

 4款2項1目の財政調整交付金につきましては、全国の介護サービスの水準を同程度に保つための保険給付費に対しての国からの一定割合で交付するものでございます。

 12、13ページをお開きいただきたいと思います。2目の地域支援事業交付金の介護予防事業につきましては、比較的元気な高齢者を対象といたしまして介護予防事業を実施するもので、国からの法定割合が交付されるものでございます。

 3目地域支援事業交付金の包括的支援事業、任意事業につきましては、地域包括支援センターの人件費補助と事業費の法定交付金でございます。

 5款1項1目の介護給付費交付金につきましては、40歳から64歳までの2号被保険者の方が納める保険料で、国の支払基金より交付されるものでございます。

 2目の地域支援事業支援交付金につきましては、支払基金からの介護予防事業に対する法定交付金となってございます。

 6款1項1目介護給付費負担金につきましては、国同様の県の法定負担金となってございます。

 14、15ページにつきましては、2項1目及び2目についても県からの法定の交付金となってございます。

 8款1項1目の介護給付費繰入金につきましては、市が負担すべき法定の繰入金でございます。

 2目1節職員給与費等繰入金につきましては職員給与に係る繰入金、2目2節要介護認定事務費繰入金につきましては介護認定審査会に係る事務費繰入金でございます。

 3目地域支援事業繰入金につきましては、国・県同様の市の法定繰入金となっておるものでございます。

 16、17ページにつきましては、4目の地域支援事業繰入金の包括的支援事業分も同様の繰り入れでございます。

 2項1目基金繰入金の介護給付費準備基金繰入金でございますが、これにつきましては3カ年の給付準備基金取り崩し総額で8,880万円のうち、平成21年度で取り崩す分ということで計上したところでございます。

 2目につきましては、保険料軽減のために介護従事者処遇改善臨時特例基金より繰り入れを行うものでございます。

 以下は、存目の計上となってございます。

 以上、説明を終わります。



○委員長(伊藤隆一君) 説明が終わりましたので、歳入歳出及び第2条一時借入金、第3条歳出予算の流用について質疑を行います。

 8番、渡辺秀雄委員。



◆8番(渡辺秀雄君) 35ページなんですが、介護予防事業委託料として47万3,000円、説明によりますとふれあいサロンにということなんですが、市内に40近くのふれあいサロンがあるということで、その委託の方法、どのようにされるんだか、お伺いしておきたい。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) 今回、社会福祉協議会で実施しておりますふれあいサロン、これが非常に地域での役に立っているということで、市といたしましてもいろいろ生涯学習センターにありますNPO法人とか、そういった形の中での委託を考えて、講師を派遣したり、職員等の人的派遣で対応したいというふうに考えております。

 以上です。



○委員長(伊藤隆一君) 8番、渡辺秀雄委員。



◆8番(渡辺秀雄君) そうしますと、社会福祉協議会かNPO法人のほうに委託して事業を行うということですか。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) 健康を担当しておるNPO法人、社会福祉法人ですか、そういったところ、さらには民間も含めて講師、介護予防になる事業者に対して委託したいというふうに考えております。



○委員長(伊藤隆一君) 12番、遠藤孝夫委員。



◆12番(遠藤孝夫君) 特にページ数はありませんが、今後の高齢化の増加や長寿ということで介護にかかわるサービスの増大は不可欠なんですが、特に施設への入院ですか、なかなか待機があったり、本当に困っているというような状況をつぶさに聞くんですが、なかなかこの辺、いろいろな制度的なもの、いろいろ状況は難しいと思うんですけれども、そういったやはり今後の対策なり対応をどのようにお考えなのか、お伺いをしたいと思います。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) 待機者は、一般質問等々でもお話し申し上げましたが、現実的にはいるのが現状でございます。これらについて、施設をつくって待機者を解消するというふうなことになれば、結果として保険料等々にも影響が出ると。その辺のバランスを勘案しながら、今回保健計画を3年間の間では対応したということで、急激な解消についてはなかなか難しい部分もありますので、それらを加味しながら、どういった形で対応するかというのは今後の検討課題だというふうに思っております。

 以上です。



○委員長(伊藤隆一君) 12番、遠藤孝夫委員。



◆12番(遠藤孝夫君) そういった状況もわかるんですが、今回この条例などでも利用料なり、そういったものの改正等もあった中で、やはり保険料を払っている、そういった方々からすれば、サービス的なものについては当然料金の大小によってもそのサービス内容もあるということと思うんですが、入院をする、あるいはどこも受け入れをしないという部分だけが、本当に家族が今困ってどうなのかというのがいろいろな段階で聞かれるわけです。そういった中で、国のいろいろなそういう方策なり、そういったものも当然あると思うんですが、できる限り市の遊休的な施設をどうしろとは言うことはできませんけれども、いろいろな方面からやはりそういう方向性をいち早く出していくべきじゃないかなと思うんですけれども、再度その辺お伺いをしたいと思います。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) おっしゃる部分は非常にあるかと思います。介護保険制度がより醸成といいますか、より充実しながらの体制も国のほうにも要望しながら、その辺についての対応も市としては、近隣の施設等の状況も加味しながら対応をして、できる限り、在宅というふうな基本原則も含めて、どうしても困っている方の対応については優先順位を決めながら対応をしたいというふうに考えております。

 以上です。



○委員長(伊藤隆一君) 6番、根本七太委員。



◆6番(根本七太君) 私は、26ページ、款2の保険給付費についてお尋ねしたいと思います。前年度と今年度の予算等につきましては、かなり計算しますと大体15.6%くらいアップしているのかなというふうな感じをとっています。その中で、これだけ上がるわけですから、どういった検討の中でこれだけ見込まれたのかなと。例えば、介護を受ける人がふえるという予想の中なのか、それとも1人当たりの介護費が高くなるという予想なのか、その辺を含めてご説明いただきたい。



○委員長(伊藤隆一君) 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) 詳細について、担当の補佐から説明いたさせますのでよろしくお願いします。



○委員長(伊藤隆一君) 高齢福祉課長補佐。



◎高齢福祉課長補佐(遠藤文芳君) お答えいたします。

 議会初日にお配りしました介護保険の次期事業計画書、こちらの63ページ、64ページに、各サービスごとの給付見込み額、こちらの算定積み重ね明細は明記してございますが、考え方といたしまして、国の制度改正で従前給付費の19%だけ負担すればよろしかった1号被保険者の負担割合が1%増になりまして20%になります。あわせまして、今回、介護従事者の処遇改善ということで報酬改定が3%されました。都合、仮に給付の伸びを同じ額だとしても、おのずと4%の増になります。そういうことで、対前年度で比較しますと10%以上の伸びになりますが、制度改正の負担割合の部分とあわせて報酬改定、これがかなり大きいところでございます。



○委員長(伊藤隆一君) 質疑はありませんか。

     〔発言する人なし〕



○委員長(伊藤隆一君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることといたします。

 以上をもちまして、議案第34号 平成21年度本宮市介護保険特別会計予算についての質疑を終了いたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時31分



△再開 午前11時31分



○委員長(伊藤隆一君) 再開いたします。

 大変申しわけありませんでした。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時32分



△再開 午前11時35分



○委員長(伊藤隆一君) 再開いたします。

 大変失礼いたします。

 それでは、介護サービス事業勘定及び第2条一時借入金、第3条歳出予算の流用について一括審査を行います。

 説明を求めます。

 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(伊藤昌男君) それでは、介護サービス事業勘定についてご説明を申し上げます。

 60、61ページをお開きいただきたいと思います。歳出でございますが、1款1項1目の一般管理費でございます。これについては、地域包括支援センターの事務経費、あわせまして、21年度より高齢者虐待防止連絡協議会委員の報償費を計上したところでございます。

 2款1項1目居宅予防サービス事業につきましては、次のページにまたがりますが、要支援1、2のケアプラン作成の業務委託料と電算機器の保守点検、リース料を計上したところでございます。

 以下の費用については、存目の計上でございます。

 次に、歳入についてご説明を申し上げます。

 56、57ページをお開きください。1款1項1目の居宅予防サービス計画費収入につきましては、要支援1と2に該当する方のケアプラン作成の手数料でございます。

 3款1項1目の包括支援センター事務費繰入金につきましては、一般会計からの繰入金でございまして、ケアプラン作成に係るサービス収入が確保されるということで21年度は存目を計上したところでございます。

 続きまして、1ページにお戻りいただきたいと思います。

 この結果、保険事業勘定の歳入歳出予算総額については、歳入歳出それぞれ16億3,390万1,000円、介護サービス事業勘定においては歳入歳出それぞれ529万8,000円とするものでございます。

 第2条の一時借入金につきましては、保険事業勘定においては1億円、介護サービス事業勘定においては1,000万円と設定をするものでございます。

 予算流用につきましては、保険給付費の各項において予算額の過不足を生じた場合において同一款内でこれらの経費の流用をお認めいただきたいということでございます。

 以上でございます。



○委員長(伊藤隆一君) 説明が終わりましたので、介護サービス事業勘定及び第2条一時借入金、第3条歳出予算の流用について質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることといたします。

 以上をもちまして、議案第34号 平成21年度本宮市介護保険特別会計予算についての質疑を終了いたします。

 暫時休憩をいたします。



△休憩 午前11時38分



△再開 午前11時39分



○委員長(伊藤隆一君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第35号 平成21年度本宮市公共下水道事業特別会計予算審査



○委員長(伊藤隆一君) 議案第35号 平成21年度本宮市公共下水道事業特別会計予算について審査を行います。

 担当課長の説明を求めます。

 企業局次長兼上下水道課長。



◎企業局次長兼上下水道課長(国分勝雄君) 平成21年度本宮市公共下水道事業特別会計予算についてご説明させていただきます。

 初めに、歳出から説明させていただきます。

 予算書の14、15ページをごらんいただきたいと思います。1款総務費、1項総務管理費、1目の一般管理費、2の総務管理事業の1節の報酬及び9節の旅費につきましては、1回分、下水道審議会に要する経費でございます。

 次に、説明欄3の下水道使用料徴収事務につきましては、下水道使用者より使用料を徴収するため、料金計算及び収納に係る業務を委託するものでございます。

 次に、16ページ、17ページをごらんいただきたいと思います。主な支出でございますが、13節の委託料の下水道使用料調定事務委託料につきましては、下水道使用の納付書作成のための費用でございます。下水道使用料収納事務委託料につきましては、税務課へ収納事務を委託しているための経費でございます。

 27節の公課費につきましては、消費税申告に伴う納税額を見込んだものでございます。なお、この分につきましては前年度まで3款の維持費に計上された分でございます。

 次に、説明欄5の水洗化普及事業につきましては、下水道の処理区域内にある水洗化を促進するための費用でございます。このうち、19節の負担金、補助及び交付金の水洗化改造資金の貸付金利子補給補助につきましては、くみ取りトイレから下水道に接続する際にその資金を市が融資あっせんし、その貸付金に対する利子を助成するものでございます。

 次に、18、19ページをごらんいただきたいと思います。2款の事業費、1項1目の事業費、説明欄2の下水道建設事業につきましては、汚水処理施設の整備を行い、大雨による浸水被害を未然に防止し、安全・安心なまちづくりと汚水処理施設の整備により生活環境の改善を図る事業でございます。

 次に、20ページ、21ページをごらんいただきたいと思います。14節の使用料及び賃借料のうち、土地借上料につきましては下水道とマンホールポンプ場の賃借料でございます。

 15節の工事請負費につきましては、汚水処理区域のうち整備率の向上が見まれる箇所から優先的に整備を行っているところでございます。事業費が前年度と比較しまして1,700万円ほど減額となったところでございます。

 なお、汚水工事につきましては4地区の枝線設置工事を予定しております。詳細な事業箇所につきましては、平成21年度予算資料特別会計・公営企業会計の22、23ページに記載されているところでございます。また、雨水整備につきましては、高木、戸崎地区及び兼谷平地区の雨水幹線整備と雨水関連工事といたしまして防護さく設置工事を1カ所予定しております。

 説明欄3の流域下水道建設費負担金事業でございますが、19節の負担金、補助及び交付金の流域下水道建設負担金につきましては、県中浄化センターの水処理施設の改築更新工事及び下水道管の耐震補強工事等を行うため、工事費の一部負担の計上でございます。

 次に、23、24ページをごらんいただきたいと思います。3款維持費、1項1目の維持管理費、説明欄1の下水道施設維持管理事業につきましては、舘町排水ポンプ場と各雨水及び汚水の施設について適正な維持管理を行うのための予算の計上でございます。

 このうち、13節の委託料につきましては、上から2番目の水質検査委託料でございますが、県中浄化センターへ流入する汚水の水質を確認するための検査費用の計上でございます。その下の汚水処理施設維持管理委託料及びその下の雨水処理施設維持管理委託料につきましては、舘町排水ポンプ場等の施設の維持管理を行うための費用の計上でございます。なお、平成19年度から3カ年の長期継続契約を締結しているところでございます。

 15節の工事請負費につきましては、昨年アスベストの検査を行った結果、舘町排水ポンプ場ポンプ室の天井にアスベストが確認されましたので、除去作業を行う費用の計上でございます。

 次に、24、25ページをごらんいただきたいと思います。説明欄の2でございますが、県中浄化センター維持管理費負担事業でございます。19節の負担金、補助及び交付金につきましては、一般家庭、企業、工場等から排出される汚水等に適した負担金を計上させていただいたものでございます。

 なお、県との覚書によりまして処理単価が21年度につきましては下がったこともありまして、本年度は今のところ精算金も発生していないということで、前年度と比較しまして2,600万円の減となっているところでございます。

 次に、4款の公債費、1項公債費、1目の元金でございますが、説明欄1の市債元金償還事業、23節の償還金利子及び割引料、長期債元金につきましては、今までの事業を行った際の借入金の元金償還でございます。また、市債繰上償還元金につきましては、金利の高いものについて借りかえして償還を行うための費用の計上でございます。

 2目の利子、説明欄1の市債利子償還事業の23節の償還金利子及び割引料は、下水道事業に伴う借入金利子の償還でございます。

 続きまして、歳入の説明をさせていただきます。

 8ページ、9ページにお戻りいただきたいと思います。1款の分担金及び負担金、1項1目の負担金、1節の都市計画事業負担金、説明欄1の下水道受益者負担金につきましては、下水道管渠を整備しました翌年度から受益面積1平方メートル当たり380円の賦課徴収をしていただくものでございます。

 2款の使用料、手数料、1項使用料、1目の土木使用料、説明欄1の下水道使用料は、利用者から納めていただく使用料金の収入でございます。

 3款の国庫支出金、1項1目の国庫支出金、説明欄1の下水道事業補助金につきましては、21年度に予定しております工事箇所からの補助対象となる事業費の50%、国からの補助金でございます。

 4款につきましては、県のほうから補助の上乗せとしまして1%の補助金でございます。

 10ページ、11ページをごらんいただきたいと思います。5款繰入金、1項他会計繰入金、1目の一般会計繰入金につきましては、説明欄1の基準内繰入金及び2の基準外繰入金は、下水道事業の運営のため一般会計からの繰り入れでございます。

 7款諸収入、2項雑入、1目の雑入、説明欄1の土地賃借料につきましては、万世ポンプ場等の敷地の使用料でございます。

 続きまして、1ページにお戻りいただきたいと思います。4条の一時借入金でございますが、最高限度額を2億5,000万円と定めさせていただくものでございます。

 戻りまして、2条の債務負担行為及び3条の地方債でございますが、4ページをごらんいただきたいと思います。

 第2表の債務負担行為につきましては、水洗便所の改造資金あっせんによる損失補償及び水洗便所改造資金融資あっせんによる利子補給、土木積算システム機器の賃借料でございます。

 第3表の公共下水道に対する地方債につきましては、公共下水道事業、流域下水道事業、資本費平準化債、補償金免除繰上償還借換債等の限度額及び利子を定めたものでございます。

 以上によりまして、歳入歳出予算それぞれ11億9,491万6,000円とするものでございます。

 以上、下水道会計について概要の説明をさせていただきました。



○委員長(伊藤隆一君) 昼食につき暫時休憩いたします。再開は午後1時といたします。



△休憩 午前11時52分



△再開 午後零時57分



○委員長(伊藤隆一君) 休憩前に引き続き会議を行います。

 それでは、議案第35号について質疑を続行します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることといたします。

 以上をもちまして、議案第35号 平成21年度本宮市公共下水道事業特別会計予算についての質疑を終了いたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後零時58分



△再開 午後零時58分



○委員長(伊藤隆一君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第36号 平成21年度本宮市農業集落排水事業特別会計予算審査



○委員長(伊藤隆一君) 次に、議案第36号 平成21年度本宮市農業集落排水事業特別会計予算について審査を行います。

 担当課長の説明を求めます。

 企業局次長兼上下水道課長。



◎企業局次長兼上下水道課長(国分勝雄君) それでは、平成21年度本宮市農業集落排水事業特別会計予算についてご説明させていただきます。

 初めに、歳出から説明させていただきます。

 予算書は、10ページ、11ページでございます。1款総務費、1項総務管理費、1目の一般管理費でございますが、説明欄1、総務管理事業につきましては農業集落排水事業運営審議会の開催に要する経費を計上させていただきました。この予算につきましては、1回分の開催の予算でございます。

 次に、説明欄2の一般会計繰出金につきましては、存目でございます。

 予算書の12、13ページをお開きいただきたいと思います。2款事業費でございますが、農業集落排水事業へ接続希望者があった際の工事請負費で、これについても存目でございます。

 3款の維持費、説明欄1の農業集落排水処理施設維持管理事業につきましては、農業集落排水処理施設の維持管理に要する経費でございます。この中では、処理施設の電気料、施設の修繕料、維持管理委託料等の経費が主な内容でございます。

 次に予算書の14、15ページをお開きいただきたいと思います。4款の公債費につきましては、過年度に借り入れした起債の元金利子の償還金でございます。前年同様の予算を計上させていただきました。

 5款については、予備費でございます。

 続きまして、歳入について説明させていただきます。

 予算書は、8ページ、9ページになっております。1款の使用料及び手数料でございますが、農業集落排水処理施設の使用料でございます。

 2款の繰入金につきましては、一般会計からの繰入金でございます。

 3款繰越金、4款の諸収入につきましては、存目でございます。

 以上によりまして、歳入歳出それぞれ4,921万5,000円と定めさせていただきました。

 以上で、内容についての説明を終わらせていただきます。



○委員長(伊藤隆一君) 説明が終わりましたので、歳入歳出について質疑を行います。

 20番、島田和夫委員。



◆20番(島田和夫君) 1つは、整備率、青田の場合ですと100%、接続率が61.3%ということで、下水道区域よりもさらに農村区域のほうが61%だから低いという中で、これにあるのは水洗化に対する利子補給だけが下水道と同じように農村集落もあるだけなんだろうと思うんですが、これでもう随分長い間来ている、さらに下水道区域についても見直しをせざるを得ないという中で、接続率を61からもっと上げるためのやはり何か、今の水洗化利子補給だけでない、やはりいろいろな方策というものを考えていかないと普及率は上がっていかないんじゃないかと、こう思うんですが、これについてひとつどういう考えがあるかお聞かせ願います。

 あと、今度農業集落排水の公共下水道への接続も視野に入れて検討してまいりたいと考えておりますということで方針が述べられているんですが、これは何年か前もこういう形で、何か私も前からこの話が出されていながら、何か遅々として進まない、仮にいけば農村集落と下水道を接続して、その周辺にいる人が農村集落の荒井の接点の人とかなんかもこの下水に接続できるとか、いい面なんかがいっぱいあるんじゃないかというか、あと経費も安くて済むんじゃないかということでいろいろ話になっていたんですが、これはなかなかできないのが、今度視野に入れて検討してまいりますという文章になったことは、何か大きな障害が取り除かれてほとんどそういう方向が見出されてきたのかどうか、その点をお聞かせ願います。



○委員長(伊藤隆一君) 企業局次長兼上下水道課長。



◎企業局次長兼上下水道課長(国分勝雄君) それでは、2点の質問でございます。まず1点目につきましては、接続率の関係でございます。現在ありますのは、下水管が整備してから3年以内にはそういった補助制度があるということで、それ以降については補助といったものはございません。

 あと、もう1点でございますが、公共下水道のほうに農業集落排水を接続できないかということでございますが、確かに接続できれば維持費のほうもかなり安くはなるのかなと思います。そういったことで、そのためには許可をもらう必要があると思うんですけれども、それぞれ農業集落排水、公共下水道、目的を持ってつくられている施設でございますので、それらについては今後、県のほうとも含めまして調整を図って、接続できるような調整を図っていきたいと、そのように思います。



○委員長(伊藤隆一君) 企業局長。



◎企業局長(村越廣志君) 2点目、接続の関係でございますが、これにつきまして新たな展開といいますか、そういったものがあるかということなんですが、いわゆる国の省庁間での協力といいますか、そういった部分で、昔の縄張りといいますか、そういったものが解け始めているというのが現状でございます。例としまして、郡山市にもあるかと思うんですが、いわゆる流域関連ではなくて独自に整備を行っている下水と農集排につきましては一緒に整備をするというようなことも可能になってきているということでございます。

 ただ、本市の場合なぜなかなか難しいかといいますと、今まで、平成7年から始まった事業でございますが、つまり既に投資をした部分が省庁が違うということで、例えば浄水場の建物土地につきましては農林水産省からの補助が入っております。これが、まだ償却が済んでおりません。その辺の措置がなかなか難しいということで、現在いろいろ相談をしているという段階でございます。ただ、先ほど言いましたように、だんだん省庁間の雪解けは始まっておりますので、その辺でできれば来年度中くらいにその方向性だけでも見出したいと考えております。

 以上でございます。



○委員長(伊藤隆一君) 20番、島田和夫委員。



◆20番(島田和夫君) 1つは、そうでしたね、水洗の補助規定は3年以内の場合にこれは該当するということでしたね。ですから、予算措置も非常に少ないんでしょうけれども、下水道のときに。ただ、これは毎回同じことが言われながら毎回同じように、ある意味で下水道、農村環境整備、このあれにしても普及率を毎年上げます、上げますと言いながら、結局上がらないのが現状なんです。そうすると、やはり別な方式、特に青田地域にすればその面積が非常に広いために私有地の引っ張る率が非常に高いとか、うちが大きいために改造費がいっぱいかかるとか、いろいろのものの構造があるということはわかっていながら、こういう形になっている、同じことだということですから、何か下水道課なりでもこういうものについての論議の対象、論外なんですか、これは、毎年同じことしか出さない。

 さらに、審議会をせっかく開いても、下水道料金審議会を開いてもこういうものに対する意見が出されないんでしょうか。結局、料金だけの審議会でなくて、料金が適切かどうかとあわせて、利用者が多くなればこれは安くなるかとかは別にしても、非常に回転はよくなるわけですから、本来はそこまで、なぜ普及が悪いのか、そのために何をしてもらったらいいのか、何を求めているのかということまで諮問しても当然いいことだと思うんですが、そういうことまではないのかどうか、ひとつお聞かせ願います。

 あと、これは前から、今、企業局長もしゃべったんですけれども国の管轄が解けてどうのこうのと、これは何か前も同じようなことを聞いたんです、何年か前だかね、やはり一歩も進まない。これはもう市のほうで具体的に動かないから進まないんじゃないですか、もう書類を県のほうに申請するとか何かしてみたらどうなんですか。何か県のほうにちょっとさわってみて、農林水産省の管轄と下水道の管轄がだめだからこれはだめだなんていう話ばかりされていたんで、いつまでも私は進まないんでないかと。ただ、国のほうにしても、今度は環境の問題からして合併浄化槽推進とか、今度の第2次補正の中で下水道推進とか、いろいろそういうものを出していると思うんです。何か口火を切るのに、行動をしない限り問題は解決しないんじゃないかという気がするんですけれども、どうなんでしょうか。



○委員長(伊藤隆一君) 企業局長。



◎企業局長(村越廣志君) 普及率を上げる方法等につきましては、今回、係のほうで全戸を回らせていただきました。それの結果を、次長のほうから後ほど説明させていただきます。

 それから、審議会でございますが、審議会につきましてはおっしゃるとおり値段を決めるだけの会ではありません。したがいまして、その中でいろいろ方策等についてもご相談は申し上げた経過はございます。ここにつきましても、後ほど次長から答弁がございますが、やはり戸々に、ご家庭に事情があるということでなかなか進まなかったということでございます。

 それから、3つ目でございますが、これにつきましては、より少し前向きなのは国土交通省でございます。一方、農林水産省のほうにつきましては、県のいわゆる農集排の担当とも先日お話をさせていただきましたが、やはり先ほども申しましたような既にある施設をどうするんだというお話がまず来ます。そういったことで、進めてはおりますが、さらに21年度で協議を進めまして何らかの方向性は見出したいなと考えておるところでございます。



○委員長(伊藤隆一君) 企業局次長兼上下水道課長。



◎企業局次長兼上下水道課長(国分勝雄君) それでは、接続の状況でございます。農集の場合60%ちょっとということで、約60世帯くらいがまだ未接続でございます。そういったこともありまして、一戸一戸ちょっと訪問させていただきました。その関係でございますが、単独浄化槽の設置世帯数が約半分入っております。そのほかにはくみ取りでございますが、接続が進まない理由としましては経済的に大変だというのが大半でございます。その中で、二、三戸の家庭については近いうちにやりたいということで、あとは予定しているという家庭もございました。全体的に見ますと、生活が大変で現状では下水まで余裕がないということでございます。

 そういったことで、先ほど議員もおっしゃっていましたが、下水道につなぐ場合には、まず台所の改善、それからふろ場の改善、そしてトイレの改善もあるんですけれども、そういったことに大変お金がかかるということもございまして、今はなかなか推進に行っても現状ではちょっと難しいのかなということを感じてきた状況でございます。

 以上でございます。



○委員長(伊藤隆一君) 8番、渡辺秀雄委員。



◆8番(渡辺秀雄君) 島田委員のほうからも話があったと思うんですが、私はちょっと理解できないので関連して質問いたしますが、公共下水道のほうに水洗便所改造資金貸付金利子補給という形の予算措置がされていますが、農排のほうを見ますとそういうものがないと。加入率が61.3だと、今、次長のほうから説明がありましたが、なかなか大変な状況の中に、内容的には同じような推進というか、加入促進を図るような方策があってもしかるべきかと思いますが、何か3年とかどうかという話もちょっと聞いたんですが、その辺の関係についてご説明をお願いしたいと思います。



○委員長(伊藤隆一君) 企業局長。



◎企業局長(村越廣志君) 若干、説明が漏れて大変申しわけございませんでした。いわゆる、水洗化のための資金の利子補給につきましては、下水道ももちろんやっておりますが農集排もやっております。ただ、その中で当初の目的がつなげるようになったら3年以内につないでいただくということがあったものですから、制約としては3年以内の接続については利子補給をしますという制限はございます。

 以上でございます。



○委員長(伊藤隆一君) 8番、渡辺秀雄委員。



◆8番(渡辺秀雄君) そうしますと、今回予算措置していないということは、農排の区域関係はもう整備されて3年以上たっていると、だからこれからやろうとしてもそういうことで利子補給の対象にならないということなんですか。そうだとすれば、61.3の加入実績であって、3年以内促進というんじゃなくて、当然そういうことであればその制度は残しておくべきもの、何の縛りも別にないわけでしょう、これ、補助とか何かの絡みの国の縛りとか何かがないんだから、市単独的なものなんだから、そういうものは当然残しておいてやるべきであって、職員がいくら戸別に行って、今金ないからできないんだという、じゃ、こういう制度がありますなんても言えないし、そういうことで促進を図れといっても、ちょっと職員にそういうことをさせることも無理な話であってと思いますが、どういう、ご見解は。



○委員長(伊藤隆一君) 企業局長。



◎企業局長(村越廣志君) ご指摘でございますが、つまり本市の場合ですと、もう下水も、さらには農集排も改修をしてから大分時間がたっているということを考えれば、委員ご指摘の点もうなずけると思います。これにつきましては、部内で検討させていただきたいと思います。つまりは3年の制限を撤廃できるかということでの検討でございます。



○委員長(伊藤隆一君) 21番、根本善裕委員。



◆21番(根本善裕君) これは1戸の家庭に40万円を一般会計から応援していると、補助を出しているということになってしまうんですね。もう14年経過しているから、100戸ですから約500万円も既に個人に一般会計から負担している、援助しているということ、これは税制の公平から言ったら非常にやはり不公平ですね。こういうことが長く続いていると。

 もう一つは、何メートル、公共下水道から配管がどれくらい離れているんですか、何か短い200メートルくらいしかないみたいな話をちょっと聞いたんですけれども。これはやはり既にもう10年も過ぎているんですから、これは厚生労働省か、下水道は厚生労働省そして農林水産省、この辺にやはり本宮市独自でも、こういう状態なんだと、これはどうにかやはりここをつないでくれませんかとか、こういうアクションを起こしていかないと、いつも聞いているんですけれども同じなんです、予算書を見ると、毎年。私は言いたくないんですけれども、もう3年こんなこと同じことを言っているんですけれども、ある程度はやはりこの辺で国にも、あるいは県にも、こういう状況ですよということはやはり言ってこないと、いつまでたっても同じですね。ですから、大きな目で、やはりこの辺で、これは全国にも農集排はありますけれども、やはりそこもこういうことで困っていると思うんです。ですから、このことはやはり独自でもまず政治的な判断を持って、そして国にもこういうことの解決のために努力していただきたいなというふうに思うんですが、この辺についての考え方はどうなのか、ちょっとお伺いしておきたいと思います。



○委員長(伊藤隆一君) 企業局次長兼上下水道課長。



◎企業局次長兼上下水道課長(国分勝雄君) 集落間の距離がどのくらいあるのかということのおただしでございますが、その場所場所もありますので、どのくらいということはちょっとはっきりはしていないんですけれども、ただ公共下水道に比べまして農集の場合は点在がありますので、距離的にはそちらのほうがちょっと長いのかなと思います。

 以上です。



○委員長(伊藤隆一君) 企業局長。



◎企業局長(村越廣志君) 繰り出しの件でございますが、おっしゃるとおり事業は終わっておるんですが、当初の借り入れの残金が残っているという状況でございます。現時点で約4億円の残金がございます。これにつきましては、平成38年度までの返済を予定しておるところでございます。こういったこともございますので、できるだけ接続率を上げて、少しでも一般会計からの繰り出しが減るような努力を重ねてまいりたいと考えております。

 それから、いわゆる下水道と農集排の接続につきまして、もっと努力が足りないんじゃないかというお話でございますが、確かに窓口であります県の下水道課あるいは県のいわゆる農集排の担当、そういったところとの協議に今は終始している状況でございますので、ご指摘のようなアクションも起こしていきたいと考えております。

 以上でございます。



○委員長(伊藤隆一君) 21番、根本善裕委員。



◆21番(根本善裕君) 集めたところがありますね、1カ所にね、農集排のね。あそこはもう全部集まっているわけですから、今は100戸ね。それとすぐに農集排の今の集めた浄化槽からさらに公共下水道のほうにつないだらいいんじゃないかということなんです。一戸一戸じゃなくて、そのほうが電気料も、いろいろ人件費とかもそれで済むわけですから、それが一番いいんじゃないかというふうに思った次第でありますが、この点と、ちょっとあと4億円も返さなくてはならないということでありますから、こういうのもでれきばもう一遍に返してしまうか、そしてやるか、やはりそういう考えはどうなのかな。



○委員長(伊藤隆一君) 企業局次長兼上下水道課長。



◎企業局次長兼上下水道課長(国分勝雄君) それでは、第1点目の質問でございます。農集排の施設から公共下水道まで延長はどのくらいあるのかということでございますが、大体500から600メートルというところでございます。

 以上です。



○委員長(伊藤隆一君) 企業局長。



◎企業局長(村越廣志君) 2点目、4億円一括返済できないかというお話でございます。農集排につきましては、特別会計ということで独立採算まではいきませんけれども、入ってくる中での会計処理ということになっておりますことから、なかなか一括ということは難しいとは考えております。一般会計にどうしても世話にならざるを得ないということもありまして、なかなかその辺は難しいかと考えております。



○委員長(伊藤隆一君) 20番、島田和夫委員。



◆20番(島田和夫君) 今の答弁を聞いていると、いつまでもできないということになるんじゃないですか。全体的に借金返済をどうしたらいいかと、そして農集排のほうが4億円残っていて、仮にこれを全部一括返済して下水道と一緒になったほうが維持経費も先ほどは安いと、こう言っているんです。そしたら、安い方向をとれるんであれば、ほかのやつの返済を待ってもらって、農集関係の4億円を先に返してしまったほうが何もいいんじゃないですか。それをやらないで、いや、この青田農集は独立採算でやっているから、そのみつ合いを見ながらちょっとずつしかもらわないんだといったら、これまた5年も10年もかかってしまうんじゃないですか、この今の答弁でいったらば。やはり、それは全体の中で論議して、どこが利益があってどうなのかという判断をしてもらわないと、これは同じことが毎年もう根本さんから聞かれることになるんです。これはやはり、解決するという方向をひとつ言っていただきたいと思うんですが。



○委員長(伊藤隆一君) 総務部長。



◎総務部長(渡辺仁一君) ただいまのご質問にお答え申し上げます。

 さっき、企業局長のほうは、特別会計の今の状況ということでお話を申し上げたところでございます。今、委員からお話しあったとおり、市の全体の中で、いわゆる農業集落排水事業の償還をどうあるべきか今検討すべきであろうというご質問でございます。市の財政計画も含めた中で、どういうふうな形で償還ができていく可能性があるのかどうか、その辺については今お話しあったような内容で全体的な中での検討を、担当部署とともに、一般財政も含めながら考えさせていただきたいというふうに思いますので、ご理解をいただきたいと思います。

 以上でございます。

     〔「了解」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 以上をもちまして、議案第36号 平成21年度本宮市農業集落排水事業特別会計予算についての質疑を終了いたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後1時27分



△再開 午後1時28分



○委員長(伊藤隆一君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第37号 平成21年度本宮市工業用地造成事業特別会計予算審査



○委員長(伊藤隆一君) 次に、議案第37号 平成21年度本宮市工業用地造成事業特別会計予算について審査を行います。

 担当課長の説明を求めます。

 産業建設部次長兼商工労政課長。



◎産業建設部次長兼商工労政課長(渡辺正博君) 商工労政課が所管をいたします議案第37号 平成21年度本宮市工業用地造成事業特別会計につきましてご説明をさせていただきます。

 まず、歳出より説明をさせていただきます。

 予算書10ページ、11ページをお開きをいただきたいと思います。第1款事業費、第1項事業費、第1目事業費の事業詳細説明に入る前に、第1目事業費につきまして前年対比1,416万9,000円の減額となっております。この減額の主なものといたしましては、県土地開発公社からの借り入れ金利が0.26%下がったことによるものでございます。

 事業説明に入らさせていただきます。説明欄1の工業団地維持管理事業につきましては、工業用地の適正な維持管理に要する経費で、主なものといたしましては工業団地内の除草作業に係る手数料及び調整池管理委託料でございます。

 説明欄2の工業団地用地取得事業につきましては、福島県及び安達地方の両土地開発公社への償還金となります。内訳でございますが、福島県土地開発公社より借り入れのうち、金利及び手数料といたしまして1億8,170万2,815円、元金4億2,335万3,185円となります。また、安達地方土地開発公社への償還につきましては1,500万円となり、うち金利につきましては448万7,958円となりますので、公有財産購入費の総額は6億2,005万6,000円となるものであります。これによりまして、21年度末の未償還総額は70億9,508万7,641円となりまして、うち福島県土地開発公社が62億6,438万9,792円、安達地方土地開発公社よりの借入金1億7,965万5,958円及び据え置きとなります福島県土地開発公社立てかえ分といたしまして6億5,104万1,890円となるものでございます。

 続きまして、第2款諸支出金、第1項繰出金、第1目一般会計繰出金、説明欄1の一般会計繰出金事業につきましては、次ページ、12、13ページをあわせてごらんをいただきたいと思います。平成15年に企業進出を見込んで利子償還を計画しましたところ、県の許認可の関係で企業進出が後年度にずれ込んだことによりまして償還金に不足を生じました。その利子相当額を一般会計から借り入れたものの返済金であります。総額4,400万円の借り入れを平成18年度から返済をさせていただきまして、平成21年度400万円の返済をもちまして返済完了となるものでございます。

 第3款予備費、第1項予備費、第1目予備費につきましては、後段説明をさせていただきます歳入と歳出の差額につきまして財源を留保させていただいたものでございます。

 続きまして、歳入の説明に移らさせていただきます。

 予算書8、9ページにお戻りいただきたいと思います。第1款財産収入、第1項財産売払収入、第1目不動産売払収入であります。前年対比3,729万7,000円の増額となっております。この増額に当たります収入につきましては、平成18年に分譲の契約をいたしましたあいづダストセンターから本年7月をもって完済いたします分割分譲代金と、21年度に本宮北工業団地の3,005平米の分譲予定をしております分譲収入を見込んだものでございます。

 第2項財産運用収入、第1目財産貸付収入につきましては、工業用地資産運用事業に売り払いをいたしました資産を除きます事業用定期借地権に基づく賃貸料1件、短期・中期の自動更新賃貸契約に基づく賃貸料4件分でございます。

 次に、第2款繰入金、第1項他会計繰入金、第1目一般会計繰入金につきましては、償還計画に基づきまして一般会計から繰り入れをするものでございます。前年対比1億1,217万5,000円の減額となっておりますが、減額の主な理由といたしましては県土地開発公社からの借り入れ金利が下がったことに伴う償還額の減額及び本宮北工業団地の分譲代金を見込ませていただきましたことで、一般会計からの繰入金額が減額となったものでございます。

 次に、第3款繰越金、第1項繰越金、第1目繰越金につきましては、決算が確定してございませんので、存目で計上させていただいたところでございます。

 次に、第4款諸収入、第1項雑入及び第2項預金利子につきましては、それぞれ存目で計上させていただいたものでございます。

 次に、予算書14ページをお開きをいただきたいと思います。債務負担行為で平成21年度以降にわたるものについての平成20年度末までの支出額または支出額の見込み及び平成21年度以降の支出予定額等に関する調書でございます。平成19年度に協議が調いました償還計画に基づきます債務負担行為等でございます。なお、1段目の本宮北工業団地用地取得及び造成事業につきましては、全額東邦銀行本宮支店分であります。さらに、2段目以降の本宮市工業等団地用地取得事業につきましては、上からみずほ銀行福島支店分、中段が東邦銀行県庁支店分、下段に償還期間満了まで繰り延べとなります福島県土地開発公社立てかえ分を計上させていただいたものでございます。

 予算書1ページにお戻りをいただきたいと思います。その結果、歳入歳出の総額は歳入歳出それぞれ6億2,785万7,000円となったものであります。

 以上をもちまして、商工労政課が所管をいたします平成21年度本宮市工業用地造成事業特別会計予算の説明とさせていただきます。



○委員長(伊藤隆一君) 説明が終わりましたので、歳入歳出について質疑を行います。

 12番、遠藤孝夫委員。



◆12番(遠藤孝夫君) 3.7ヘクタールですか、残りというような状況でございますけれども、1点目は、旭硝子の部分が当初より半分、いろいろな景気の状況により売れなくなったという報告はあったんですけれども、当時、一定の面積を買う、あるいは地元に雇用するということで大分価格の面、いろいろな優遇を含めた中でやってきたと思うんですが、3.7ヘクタールがまだ残っているという中で、若干そういう売れる部分が売れなくなったということで、若干いわくのついた土地になったのかなというふうに私も思うんですが、今後の考え方としては、前に旭硝子で提示したやつですか、土地の価格、そういったものはこの3.7ヘクタールの部分について同じように交渉していくのか、あるいはそういったものだから少し安くしたり、いろいろ検討するのか、その土地の状況もあると思うんですが、今後3.7ヘクタールに対する販売、そういったものの考え方、さらにはこういった経験が今後はやはり教訓にしなくてはならないというふうに思うんですけれども、それらの対応などありましたらば、1点目お願いをしたいと思います。

 あと、もう1点はこの恵向の工業団地、かなりトラックの駐車なりごみの放置なんかで、私もちょっと前に見てきたときがあるんですけれども、非常にそういった工業団地のその部分でごみやらそういう駐車なんかがあるんですけれども、そういった対策なり、その辺はどのようになさっているのか、その辺をお伺いをしたいと思います。



○委員長(伊藤隆一君) 産業建設部次長兼商工労政課長。



◎産業建設部次長兼商工労政課長(渡辺正博君) まず、1点目の旭硝子に分譲させていただいたものに対する返還といいますか、戻ってきた関係の土地の取り扱いというふうなおただしでございます。旭硝子につきましては、その当時、委員おっしゃったとおり雇用の創出等々の関係もございまして、4万円強の坪当たりの値段ということで破格の値段の提示の中で契約をさせていただいた経緯がございます。今現在、そこの場所につきましては、その周辺の工業団地の販売価格同様の値段を、現在7万円から8万円というふうな坪当たりの値段を提示させていただきながら企業の誘致をさせていただいているところであります。しかしながら、現在の景気の落ち込みの状況がありまして、なかなか契約に結びつかないというふうな実態はあるわけなんですけれども、今後引き続き、こういう不況の中でも優良企業というところもございますので、そういう企業を中心にしながら推進をさせていただきたいというふうな考えを持っているところでございます。

 あと、2点目の恵向の公園周辺あるいは工業団地のトラックの不法駐車、あるいはごみの不法投棄といいますか、その対策というふうなことでのおただしでございます。これにつきましても、なかなか市だけでは対応できかねない部分もありますので、警察署のお力をおかりしながら現在定期的に市のほうからも情報を提供させていただき、なおかつ定期的に警察署のほうで見回り等も重点的にしていただくというふうなことで協力体制をとらさせていただきながら、現在実施をさせていただいているというふうな状況でございます。

 以上であります。



○委員長(伊藤隆一君) 12番、遠藤孝夫委員。



◆12番(遠藤孝夫君) 3.7ヘクタールの考え方ということで、坪7万円、8万円という考え方があったわけですが、その辺についてはいろいろ担当課のほうでも状況を見ながら設定をされていると思うんですが、先ほども言いましたように、そういった経過があった土地だということは、やはりこれから新しく来る企業なり、あるいはそういうところでも周りの情報なども当然入手したり、あるいは聞いたりするのかなということなので、できる限り、そういう部分については市のほうもやはり説明をきちんとしながら、当時の価格といろいろな価格情勢もあるわけですけれども、その辺はしっかりやってもらいたいと思うんですが、ちょっと答弁漏れがあったんですけれども、そういった旭硝子との契約がこういう形であったんですけれども、そういうことが今後ないような形での対応なり対策というものをどのようにお考えになって、大筋考えていることがあると思いますので、その辺についてご報告をお願いしたいと思います。



○委員長(伊藤隆一君) 産業建設部長。



◎産業建設部長(根本昭吉君) 旭硝子への分譲、当時の経済状況、それから工業団地の残地の問題、それと旭硝子からのその当時の協議の中での今後の工場整備、それから増設の考え方等々の流れの中であのような対応をさせていただいたわけでございますけれども、こういう経済情勢でございますので、そのような企業は今後は出てはこないだろうということの中で、やはり基本に戻りまして、ある程度地価に合わせた単価を企業さんと協議しながら、分譲の促進に努めてまいりたい。

 なお、先ほど次長のほうからもお話がありましたけれども、こういう経済情勢の中でも優良企業がございますので、そのような企業を見つけながら促進を図ってまいりたいと、そのように考えております。



○委員長(伊藤隆一君) 12番、遠藤孝夫委員。



◆12番(遠藤孝夫君) 当然、販売にかかわる部分ではそうだと思いますが、端的に言えば、そういう契約の覚書とか、そういう中身のことで今回のそういったものを教訓にしながら、残されている3.7ヘクタールがあるわけですから、そういったものを慎重に、かつ同じことを繰り返さないということで、何かそういう措置なり、そういう契約の仕方について考えているものがあればということだったものですから、その辺についてもう一度お伺いをしたいと思います。



○委員長(伊藤隆一君) 産業建設部長。



◎産業建設部長(根本昭吉君) 旭硝子の例は、非常に教訓になった内容でございます。今後はそのような事例が発生しないような慎重な対応をしてまいりたいと、そのように考えております。



○委員長(伊藤隆一君) 副市長。



◎副市長(中野一夫君) 若干、説明を補足させていただきたいと思います。

 これは仮契約とか覚書いろいろ、企業が立地するまでにはいろいろな手続があります。まず1つ考えられますのは、当然覚書にしても仮契約にしても、市としてかかる費用というのは最低限あるはずです。そういうものについては、やはりきちんと明記していくとか、本契約でないので2割とか3割増しとか内金とか、そういうものはなかなか難しいのかなと。最小限でも、かかる経費は負担をいただくという対策はやはり講じていかなくてはならないかなというふうには考えております。



○委員長(伊藤隆一君) ほかに質疑ございませんか。

 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることといたします。

 以上をもちまして、議案第37号 平成21年度本宮市工業用地造成事業特別会計予算についての質疑を終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第38号 平成21年度本宮市工業用地資産運用事業特別会計予算審査



○委員長(伊藤隆一君) 次に、議案第38号 平成21年度本宮市工業用地資産運用事業特別会計予算について審査を行います。

 担当課長の説明を求めます。

 産業建設部次長兼商工労政課長。



◎産業建設部次長兼商工労政課長(渡辺正博君) 商工労政課が所管をいたします議案第38号 平成21年度本宮市工業用地資産運用事業特別会計につきましてご説明を申し上げます。

 本会計につきましては、工業用地資産運用事業の債務償還に当たり、長期的かつ安定的に償還財源を確保することを目的とするものでございます。

 まず、歳出より説明をさせていただきます。

 予算書10ページ、11ページをお開きをいただきたいと思います。

 第1款事業費、第1項事業費、第1目事業費につきましては、前年対比1,151万2,000円の減額になっております。減額の主な理由といたしましては、ダイユーエイトに対する貸し付け額の減額をさせていただいたことによるものでございます。

 事業の説明に入らさせていただきます。説明欄1の資産運用益拠出事業につきましては、平成19年度に一般会計からの出資金をもとに工業用地造成事業特別会計より購入をいたしました31億7,513万2,000円の資産から得る賃貸収入を、出資元であります一般会計へ繰り出すものであります。

 第2款予備費につきましては、存目での計上でございます。

 続きまして、歳入につきましてご説明をさせていただきます。

 予算書の8ページ、9ページにお戻りをいただきたいと思います。

 第1款財産収入、第1項財産運用収入、第1目財産貸付収入につきましては、前年対比1,151万2,000円の減額となっております。主な減額の理由は、歳出でもご説明をさせていただきましたダイユーエイトに対する貸し付け額の減額に伴い、貸付収入を減額させていただいたところによるものでございます。

 事業の説明に入ります。説明欄1の運用事業用地土地貸付収入につきましては、本会計の資産からの収入であります事業用定期借地権に基づく賃貸料7件を計上させていただいたものであります。なお、地価の低下及び景気の低迷等総合的に判断をさせていただき、ダイユーエイトに対する貸付金額を年額1,200万円の減額、また、本年2月に貸し付け会社の変更によって新たな契約をさせていただきました豊里運輸への増額貸し付けによりましたことから、総額で前年対比1,151万2,000円の減額の予算を計上させていただいたものでございます。

 2款繰越金、3款諸収入につきましては、いずれも存目での計上をさせていただいたものでございます。

 予算書の1ページにお戻りをいただきたいと思います。

 その結果、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億1,461万9,000円となったものでございます。

 以上をもちまして、商工労政課が所管をいたします平成21年度本宮市工業用地資産運用事業特別会計予算の説明とさせていただきます。



○委員長(伊藤隆一君) 説明が終わりましたので、歳入歳出について質疑を行います。

 8番、渡辺秀雄委員。



◆8番(渡辺秀雄君) ダイユーエイトのほうから賃貸料の見直しというか、そういう話があって、今般1,200万円ほど減じたということなんですが、流れとして今こういう経済状況であって、そのほか定期借地権を設定している企業等から同じような話が出てきているのか、きてないのかどうか、その辺の状況等をお聞かせいただきたいと思います。



○委員長(伊藤隆一君) 産業建設部次長兼商工労政課長。



◎産業建設部次長兼商工労政課長(渡辺正博君) ただいまのダイユーエイト以外の企業さんからの賃料減額の関係があるのかというふうなおただしでございます。今現在、北海工業というところ、これはスパンションジャパンの関連の半導体をつくる機械のメンテナンスをしている企業なんですけれども、もとのスパンションジャパンのほうが今、会社更生法というふうなことでの取り扱いをしているというふうなことがありまして、現在、賃料の関係について協議をしている状況にあります。

 以上であります。



○委員長(伊藤隆一君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることといたします。

 以上をもちまして、議案第38号 平成21年度本宮市工業用地資産運用事業特別会計予算についての質疑を終了いたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後1時53分



△再開 午後1時54分



○委員長(伊藤隆一君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第39号 平成21年度本宮市水道事業会計予算審査



○委員長(伊藤隆一君) 次に、議案第39号 平成21年度本宮市水道事業会計予算についての審査を行います。

 担当課長の説明を求めます。

 企業局次長兼上下水道課長。



◎企業局次長兼上下水道課長(国分勝雄君) それでは、平成21年度水道事業会計予算について説明させていただきます。

 予算資料につきましては、資料の22、23ページをごらんいただきたいと思います。この部門につきましては、水をつくり、つくった水を売るという予算でございます。収益的収入及び支出でございますが、収入の部から説明させていただきます。

 1款の水道事業収益、1項の営業収益、1目の給水収益、1節の水道料金につきましては、昨年の夏あたりから経済不況の影響からか節水傾向が見られたため、20年度より1,538万4,000円少ない8億8,600万3,000円とさせていただくものでございます。

 2項の営業外収益、2目の他会計繰入金、7節の繰入金、説明欄一番下の高料金対策繰入金につきましては、石綿セメント管の改修に係るまちづくり交付金事業等の調整を図り、20年度より2,500万円少ない6,500万円の繰り入れを見込むものでございます。

 次に、少し飛びまして26、27ページをごらんいただきたいと思います。

 収益的収入及び支出のうち、支出の部から説明させていただきます。

 1款の水道事業費用、1項の営業費用、1目の原水及び浄水費の16節委託料の説明欄、上から2番目の汚泥ケーキ運搬委託料及び上から5番目になります小山浄水場汚泥運搬委託料につきましては、最終処分場まで運搬処理するための費用を計上させていただきました。

 上から3番目の浄水場等維持管理委託料につきましては、立石山、小山、東禅寺・平田石の各浄水場の維持管理委託について、平成19年度より長期継続契約を締結しておりますので、安全で安心した水道水の供給を行うため予算の計上でございます。

 17節の手数料、説明欄の一番上になりますが、水質検査手数料につきましてはダイオキシン分析を初めとして、水道水の安全を確認するための予算を計上したものでございます。

 次に、28、29ページをお開きいただきたいと思います。24節の負担金、説明欄の水路維持管理負担金につきましては、立石山浄水場の水源の1つでありますイシムシロ川からの取水について、日影沢から浄水場までの区間、安積疎水の水路を利用させていただいておりまして、水路の管理を行っていただいているその維持管理費の一部負担でございます。

 2目の配水及び給水費、16節の説明欄の量水器交換委託料につきましては、計量法に基づき8年間の計量期間を満了したメーターについて交換を行う予算の計上でございます。

 次に、30、31ページをごらんいただきたいと思います。19節の修繕費、説明欄の各修繕料につきましては、漏水時の修繕、維持管理等による修繕料でございます。

 次に、34、35ページをお開きいただきたいと思います。24節の負担金、説明欄一番下になりますが、三春ダム負担金につきましては三春ダムの水利使用権があることからダムの維持管理に係る費用負担を行うものでございます。

 次に、また少し飛びまして40、41ページをごらんいただきたいと思います。施設の整備に伴う予算でございます。

 資本的収入及び支出のうち、収入から説明させていただきます。

 1款の資本的収入、1項1目の企業債の1節、説明欄の水道事業費債につきましては、立石山上水道沈殿池の改修工事のための起債と、公的資金補償金免除繰上償還に伴う2本の借換債を行う予定でございます。

 3項の補助金、1目の国庫補助金、4節の簡易水道等施設整備費国庫補助金、説明欄の水道未普及地域解消事業補助金は、白沢地区の高松地内に予定しております送配水管布設工事が補助事業の対象となるための予算の計上でございます。

 7節の水道水源開発等施設整備費国庫補助金、説明欄の緊急時給水時拠点確保等事業補助金につきましては、白沢地区へ給水のための東禅寺浄水場までの連絡管工事及び東禅寺浄水場の電気計装設備が補助対象となるための予算計上でございます。

 42、43ページをごらんいただきたいと思います。資本的収入及び支出の、支出の部でございます。

 1款資本的支出、1項建設改良費、2目の改良費、1節の委託料につきましては、平成21年度予算資料のナンバー2、特別会計・公営企業会計の資料の23ページに事業の概要がございますが、2の委託料に記載されているところでございます。立石山浄水場の沈殿池改修工事施工管理委託ほか、5事業の委託費の計上をさせていただいております。

 3節の工事請負費につきましては、説明欄に記載の配水管布設工事、配水管布設がえ工事、立石山浄水場の沈殿池の改修工事などを予定しているところでございます。なお、詳細につきましては21年度予算資料の23ページの3の工事請負費に記載されているところでございます。

 4節の負担金、説明欄に記載の河川横断工事負担金につきましては、白岩根岸地内で実施しております大山・松沢線工事で白岩側を横断する構造物がございまして、そちらに水道管を添架させるための負担金の計上でございます。

 3目の固定資産購入費、5節の土地購入費につきましては、立石山浄水場の沈殿池工事に伴い用地の取得を行う予算の計上でございます。

 それでは、1ページのほうに戻っていただきたいと思います。

 それでは、第2条の事業の予定量でございますが、給水戸数につきましては1万250戸を予定しております。年間総配水量につきましては562万9,000立方、1日平均給水量につきましては1万5,400立方でございます。

 (4)の主要な建設事業につきましては、立石山浄水場の改修及び配水管の布設がえ工事等、配水管布設及び東禅寺の浄水場の電気計装の工事等でございます。

 3条の収益的収入及び支出の予定額につきましては、第1款で水道事業収益で9億7,087万8,000円を見込み、支出でございますが、第1款の水道事業費用では8億7,488万3,000円を見込んだところでございます。

 第4条の資本的収入及び支出の予定額でございますが、資本的支出に対し不足する5億6,107万3,000円につきましては、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,826万5,000円、それから当年度分損益勘定留保資金3億7,228万4,000円及び建設改良積立金1億7,052万4,000円で補てんをするものでございます。

 収入でございますが、第1款の資本的収入につきましては3億7,014万7,000円を見込むものでございます。

 次に、2ページをお開きいただきたいと思います。2ページの支出でございます。第1款の資本的支出につきましては、9億3,122万円を見込むものでございます。

 第5条の継続費の総額及び年度割でございますが、資本的支出建設改良費の事業名でございますが、立石山浄水場の改修事業の沈殿池改修工事といたしまして、総額5億6,154万円を見込むところでございます。年度割につきましては、平成21年度では1億6,846万2,000円、平成22年度では2億8,077万円、平成23年度では1億1,230万8,000円とするものでございます。

 第6条でございます。起債の目的、限度額、起債の方法、それから利率及び償還の方法につきましては、浄水場の改修工事でございますが、限度額として1億4,900万円、起債の方法としては証書借り入れ、年利につきましては7%以内でございます。

 補償金免除繰上償還につきましては、限度額1億9,610万円といたしまして、起債の方法、利率については同額の内容とするものでございます。

 第7条でございます。一時借入金の限度額につきましては、3億円と定めるものでございます。

 第8条につきましては、次に掲げる経費についてはその経費の金額をそれ以外の経費の金額に流用し、またはそれ以外の経費をその経費の金額に流用する場合は議会の議決を得なければならないということで、職員給与費と交際費でございます。

 第9条の棚卸し資産の購入限度額につきましては、600万円と定めるものでございます。

 以上、予算の内容について説明させていただきました。



○委員長(伊藤隆一君) 説明が終わりましたので、収入支出全般について質疑を行います。

     〔発言する人なし〕



○委員長(伊藤隆一君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることといたします。

 以上をもちまして、議案第39号 平成21年度本宮市水道事業会計予算についての質疑を終了いたします。

 暫時休憩いたします。再開は2時25分といたします。



△休憩 午後2時07分



△再開 午後2時23分



○委員長(伊藤隆一君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第30号から議案第39号までの各種会計予算について市長に対する総括質疑



○委員長(伊藤隆一君) 日程に従いまして、議案第30号から議案第39号までの各種会計予算について、一括して市長に対する総括質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、市長に対する質疑を打ち切ることといたします。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時24分



△再開 午後2時25分



○委員長(伊藤隆一君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第30号から議案第39号までの各種会計予算について討論、採決



○委員長(伊藤隆一君) 日程に従いまして、付託案件についての討論、採決を行います。

 議案第30号 平成21年度本宮市一般会計予算は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、採決を行います。

 本案を原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、本案は原案のとおり可決することに決しました。

 議案第31号 平成21年度本宮市国民健康保険特別会計予算は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、本案は原案のとおり可決することに決しました。

 議案第32号 平成21年度本宮市老人保健特別会計予算は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、本案は原案のとおり可決することに決しました。

 議案第33号 平成21年度本宮市後期高齢者医療特別会計予算は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、本案は原案のとおり可決することに決しました。

 議案第34号 平成21年度本宮市介護保険特別会計予算は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、本案は原案のとおり可決することに決しました。

 議案第35号 平成21年度本宮市公共下水道事業特別会計予算は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、本案は原案のとおり可決することに決しました。

 議案第36号 平成21年度本宮市農業集落排水事業特別会計予算は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、本案は原案のとおり可決することに決しました。

 議案第37号 平成21年度本宮市工業用地造成事業特別会計予算は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、本案は原案のとおり可決することに決しました。

 議案第38号 平成21年度本宮市工業用地資産運用事業特別会計予算は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、本案は原案のとおり可決することに決しました。

 議案第39号 平成21年度本宮市水道事業会計予算は、討論を省略して決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、本案は原案のとおり可決することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△予算審査特別委員会審査報告書の作成



○委員長(伊藤隆一君) 以上をもちまして、付託案件の審査すべてを終了いたしました。

 特別委員会の審査経過と結果について報告書を作成するため、暫時休憩いたします。

 再開は、2時45分といたします。



△休憩 午後2時31分



△再開 午後2時44分



○委員長(伊藤隆一君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△予算審査特別委員会審査報告書の採決



○委員長(伊藤隆一君) 当特別委員会報告書(案)が作成されましたので、配付をいたさせます。

     〔報告書案配付〕



○委員長(伊藤隆一君) 配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 配付漏れなしと認めます。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○委員長(伊藤隆一君) ただいま朗読のとおり報告書を決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(伊藤隆一君) 異議ありませんので、報告書は原案のとおり決することといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○委員長(伊藤隆一君) 本特別委員会の日程全部を終了いたしました。

 長い間のご協力、またご指導、まことにありがとうございました。

 これをもって本宮市議会予算審査特別委員会を閉会といたします。

 ご苦労さまでございました。ありがとうございました。



△閉会 午後2時50分

以上会議の経過を記載し、相違ないことを証するためにここに署名する。

 平成21年3月17日

    本宮市議会予算審査特別委員会

              委員長

              副委員長