議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 本宮市

平成21年  3月 定例会(第3回) P.271  03月19日−05号




平成21年  3月 定例会(第3回) − 03月19日−05号









平成21年  3月 定例会(第3回)



        平成21年本宮市議会第3回定例会会議録(第17日目)

◯議事日程(第5号)

                   平成21年3月19日(木)午前10時開議

     開議宣告

日程第1 委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決

◯本日の会議に付した事件

  日程第1まで議事日程に同じ

追加日程第1 議案第40号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決

       議案第41号の上程、提案理由説明、質疑、討論、採決

追加日程第2 閉会中の継続調査申出について

◯出席議員(23名)

     1番  三瓶裕司君      2番  次藤 栄君

     3番  後藤省一君      4番  川名藤太君

     5番  円谷長作君      6番  根本七太君

     7番  山本 勤君      8番  渡辺秀雄君

     9番  渡辺善元君     10番  川名順子君

    12番  遠藤孝夫君     13番  渡辺由紀雄君

    14番  國分義之君     15番  伊藤隆一君

    16番  渡辺喜一君     17番  川名正勝君

    18番  作田 博君     19番  国分民雄君

    20番  島田和夫君     21番  根本善裕君

    22番  増子善勝君     23番  矢島義謙君

    24番  高松義行君

◯欠席議員(なし)

◯説明のため出席した者

  市長       佐藤嘉重君   副市長      中野一夫君

  教育委員長    伊藤滋敏君   教育長      佐久間和夫君

  総務部長     渡辺仁一君   市長公室長    渡辺友衛君

  生活福祉部長   伊藤昌男君   産業建設部長   根本昭吉君

                   白沢総合

  企業局長     村越廣志君            三瓶清明君

                   支所長

  教育部長     根本昌康君   会計管理者    叶 栄徳君

  総務部次長兼           市長公室

           移川英也君   次長兼      根本久雄君

  財政課長             政策推進課長

  生活福祉部            産業建設部

  次長兼      国分忠一君   次長兼      堀井和廣君

  市民課長             建設課長

  産業建設部            企業局次長兼

  次長兼      渡辺正博君            国分勝雄君

  商工労政課長           上下水道課長

  白沢総合支所           教育部次長兼

  次長兼      菊地善久君            鈴木 亨君

  地域振興課長           教育総務課長

  高齢福祉課

           遠藤文芳君

  課長補佐

◯事務局職員出席者

                   局長補佐兼

  議会事務局長   立川盛男             柴田久幸

                   議事係長

  庶務係長     永田達也    主査       森川福子

  書記       川名隆之



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(高松義行君) おはようございます。

 出席議員が定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 ただいまより、本日の会議を開きます。

 本日の欠席の通告、遅刻の通告はございません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(高松義行君) 会議録署名議員は、前回同様

   3番  後藤省一君

  21番  根本善裕君

 を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(高松義行君) 日程に先立ち、議長より申し上げます。

 本日の日程に追加して付議案件及び閉会中の継続調査申出書が提出予定であります。議会運営委員会に諮り、本日の日程に追加する予定でありますので、あらかじめ申し添えます。

 次に、市長より報告があります。

 市長。

     〔市長 佐藤嘉重君 登壇〕



◎市長(佐藤嘉重君) おはようございます。

 諸報告2件を申し上げます。

 まず、専決処分について。

 平成21年度税制改正に伴う地方税法等の一部を改正する法律案につきましては、今国会において審議中であり、法律の公布は3月末の予定であります。法律が公布されますと、速やかに本宮市税条例及び国民健康保険税条例の一部を改正し、平成21年度課税に対応する必要が生じてまいります。本来でありますと、市議会を開催し、議案として提案すべきところでありますが、時期的に議会を招集する時間的余裕がございませんので、専決処分により関係条例の一部改正をいたしたいので、ご了承賜りますようお願い申し上げます。

 なお、予定される改正の主な内容でございますが、市税におきましては、1つに個人住民税における住宅借入金特別税額控除を創設すること、2つに土地に係る固定資産税の負担調整措置を継続すること、3つに上場株式等の配当、譲渡益に対し軽減税率を延長すること、また、国保税につきましては、介護納付金賦課限度額を9万円から10万円とすることなどの改正となっておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 続きまして、特別交付税の交付決定について。

 平成20年度の地方交付税のうち、特別交付税の交付額が決定いたしましたので、ご報告申し上げます。

 今年度の当初予算におきましては、1億5,000万円を計上いたしたところでありますが、前年度の交付状況を勘案し、昨年12月、定例市議会において5,000万円の増額補正を行い、予算現額を2億円といたしたところであります。このたび、今年度の交付額として3億7,677万5,000円の通知決定がなされたことにより、1億7,677万5,000円の歳入増となったところであります。この増加分の取り扱いにつきましては、今後、決算において、繰越金繰越額の確定を受けた後、地方自治法第233条の2の規定に基づく法定の積み立てを行うとともに、大変厳しい財政状況の中、今後とも安定した財政運営が継続できるよう配慮するとともに、財政健全化計画の遵守に向けた対応を検討してまいりたいと、このように考えております。

 以上で、諸報告2件を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(高松義行君) それでは、日程に従いまして、委員長報告を行います。

 所管常任委員会及び予算審査特別委員会に付託しておりました議案第7号から議案第18号及び議案第30号から議案第39号までの22件についてであります。

 それでは、総務文教常任委員長に報告を求めます。

 20番、島田和夫君。

     〔総務文教常任委員長 島田和夫君 登壇〕



◆総務文教常任委員長(島田和夫君) 平成21年3月定例会において、当総務文教常任委員会に付託されました議案8件について、3月11日に審査いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 まず、議案第7号 本宮市通園通学支援バス運行に関する条例制定について、現在、白沢地区において、本宮市商工会運営のイクタンバスを通園通学にも利用している状況であるが、平成21年度より市直営で運行する。1回限りの利用は廃止し、利用対象者、運行形態、運行エリアなどは当面は現行のままとするが、今後、保護者と話し合い、21年度の早い時期に方針を出したいとの説明がありました。

 委員より、本事業は合併後の調整すべきものであることから、本条例に運用見直しの時限を定め、早急に実施すべきである。時限を設定できないのであれば、その理由を明確にすべきとの意見が出されました。これに対して、新交通システムへの移行により、4月からのバス運行を先行して進めてきた。21年度の早い時期に方針を定め、その時点において改正すべきところは条例改正で対応したいとの答弁がありました。

 議案第8号 本宮市民プール条例制定については、本宮体育館は本宮第一中学校の体育館として位置づけをし、社会体育団体の利用については登録制としたいとの説明がありました。これに対し、本宮体育館は他の学校体育館よりも施設が充実していることから、社会教育団体の利用が多い。有効活用する上で、また、管理の面からも施設を区切って、本宮第一中学校体育館としての位置づけをすることはできないかとの質疑があり、基本的には学校体育館として利用し、社会体育団体も利用しやすいように、運用の部分ですみ分けをしたいとの答弁がありました。

 次に、議案第9号 本宮市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてでは、対象として、防災会議委員及び国民保護協議会委員を新たに加え、幼稚園長は市職員を配置して小学校校長の兼職を解除し、幼稚園主事及び幼稚園養護教諭は配置義務がないことから、条項から削除したいとの説明がありました。

 議案第10号 本宮市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例については、人事院勧告により、医師の初任給調整手当の限度額を引き上げるものであるとの説明がありました。

 次に、議案第11号 本宮市放課後児童保育条例の一部を改正する条例についてでは、現在、幼稚園施設を利用している放課後児童保育が一部あり、これを学校または公民館を利用するものであるとの説明がありました。

 議案第12号 本宮市保育所条例の一部を改正する条例制定については、3歳未満児の低年齢の入所申し込みが多くなっている現状であり、4歳、5歳児に比べると1クラス当たりの保育人数が少数となる。本宮第二保育所については、長年、定数に対する入所者の割合が下回っていることから、現状に即し、120人から100人と、定数の見直しを行うものであるとの説明がありました。

 委員よりは、待機児童解消についての質疑があり、これに対し、今後も待機児童が出ないよう努めていきたいとの答弁がありました。

 次に、議案第17号 本宮市住宅団地造成事業特別会計条例を廃止する条例制定についてでは、フォーシーズン光が丘団地の事業がほぼ終了したことから、特別会計を廃止するものである。未分譲地6区画については、ホームページなどを利用し、販売促進に努めるとの説明がありました。

 議案第18号 福島県市町村総合事務組合を組織する団体数の減少及び福島県市町村総合事務組合の規約の変更についてでは、構成団体の名称変更及び脱退に伴うものであります。

 次に、岩根小学校増築に伴う雨水排水処理について、現地調査を行った後、副市長の出席を求めました。増築校舎及び駐車場など約1,000平方メートルの雨水処理については、設置した排水溝で計画どおり排水処理できるが、豪雨時におけるさらなる安全性を考慮し、小学校校庭内にある既存側溝を改修したいとの説明がありました。

 現地調査後に、討論、採決を行った結果、議案第7号 本宮市通園通学支援バス運行に関する条例制定に対し、委員より、白沢地区の遠距離通学者のためには当然必要な通園バス条例であるが、集団登校の重要性と本宮地区との公平性を保つためには、今までの委員会での論議を踏まえ、平成22年度3月31日限り効力を失うと、失効期限を加えた修正動議が提出されました。

 討論の結果、本条例については、合併調整における行政サービスに係るものであり、早急に構築しなければならないものであることから、全委員の一致により修正案どおり、時限を定めた条例を修正可決いたしたところであります。

 その他の7件の議案については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上で、総務文教常任委員会の報告といたします。



○議長(高松義行君) ただいま委員長より報告のありました議案第7号修正案を議会の運営に関する基準第30の規定により配付いたさせます。

     〔議案配付〕



○議長(高松義行君) 配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 配付漏れなしと認めます。

 それでは、ただいまの修正案を含めた委員長に対する質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、生活福祉常任委員長に報告を求めます。

 14番、國分義之君。

     〔生活福祉常任委員長 國分義之君 登壇〕



◆生活福祉常任委員長(國分義之君) 平成21年3月定例会において、当生活福祉常任委員会に付託されました議案3件について、3月11日に関係部課長の出席を求め、全委員出席のもと審査いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 まず、議案第13号 本宮市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、本来、当該制度の助成対象者は18歳までの子を養育するひとり親が前提となりますが、その適用除外範囲として、里親制度委託先や、小規模住居型児童養育事業を行う者について明確化するものであると説明がありました。

 委員から、その他の適用除外ケースとその根拠についてただしたのに対し、生活保護世帯及び児童福祉施設入所者も適用除外され、これらについては他の上位法による公費助成施度が優先されると答弁がありました。

 また、里親制度の受け入れ状況についてただしたのに対し、市内の状況は把握できないが、19年度末の統計によれば、福島県内において里親委託している児童数は46名、その受け手となる里親数は37名であり、ともに増加傾向にあるとの答弁がありました。

 次に、議案第14号 本宮市障害者地域生活支援事業に関する条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、障害者地域生活支援事業において、介護保険に該当しない若年層の障害者で、家庭での入浴が困難な方に対しての訪問入浴サービスの提供が追加拡充されたことに伴う条例改正であるとの説明がありました。

 委員から、訪問入浴サービスの対象者となる障害の程度、個人負担額についてただしたのに対し、サービスの対象となる障害の程度は身体障害者手帳の1級相当の重度障害者が対象となることが想定される。個人負担額については、サービスの負担割合は1割で、1回1,200円程度の利用者負担を予定しているとの答弁がありました。

 次に、議案第15号 本宮市介護保険条例の一部を改正する条例制定についてであります。第4期介護保険計画の策定に基づき、21年度から3カ年の介護保険料の設定が行われるが、国の指針による保険料上昇分とあわせ、旧町村間の不均一課税の統合により、さらに引き上げ幅が上昇する地区が見込まれる。この保険料の財源として、平成20年度末、介護保険準備基金の保有見込み残高約1億2,000万円のうち8,880万円と、介護従事者処遇改善臨時特例交付金からの充当を行うことによって、本来必要となる月額保険料基準額に対して、21年度は100円を軽減し3,000円に、22年度は50円を軽減し3,050円とすることにしたいとの説明がありました。

 委員から、高齢者の増加により今後の介護認定者の増加が予測されるが、保険料の金額の設定は適正であるかとの質問に対し、今までの介護給付実績と被保険者の伸び率を考慮しており、今後の介護給付費の伸びにも対応しているとの説明でありました。

 また、委員から、ふえ続ける介護給付費に対しては、高齢者が介護状態にならないような介護予防事業の充実に努めるべきとの意見があり、介護予防事業及び介護サービスの充実と介護保険料の算定額とのバランスをとりながら、業務を遂行していきたいとの回答がありました。

 その後、討論、採決を行った結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上で、生活福祉常任委員会の報告といたします。



○議長(高松義行君) それでは、委員長の報告に対する質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、建設水道常任委員長に報告を求めます。

 22番、増子善勝君。

     〔建設水道常任委員長 増子善勝君 登壇〕



◆建設水道常任委員長(増子善勝君) 平成21年3月定例会において、当建設水道常任委員会に付託されました議案1件について、3月11日に関係部課長の出席を求め、根本善裕委員を除く委員出席のもと審査をいたしましたので、その経過と結果についてご報告いたします。

 議案第16号 本宮市水道事業給水条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、執行部より、現在、本市の水道料金について、本宮地区と白沢地区では不均一であるため、平成21年度から3年間で段階的に調整を図り、平成23年度から本宮地区の水道料金に統合するため、今回、条例の一部改正を行うものであるとの説明がありました。

 委員から、市内の各公共施設における水道料金の優遇措置についての質疑があり、執行部からは、水道会計については企業会計原則に基づき独立採算方式をとっているため、各公共施設においての水道料金の優遇措置は行っていないとの答弁がありました。

 また、水道料金統合における段階的な調整方法について、年度ごとに見直しをする考えはないかとの質疑に対し、執行部から、今回の調整方法は本宮市水道事業基本計画に基づき、将来の水道事業経営を考慮した上で調整を図っているため、年度ごとに見直しをすることについては、現在のところ考えていないとの答弁がありました。

 以上の1案件について採決を行った結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上、建設水道常任委員会の報告といたします。



○議長(高松義行君) それでは、委員長の報告に対する質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、予算審査特別委員長に報告を求めます。

 15番、伊藤隆一君。

     〔予算審査特別委員長 伊藤隆一君 登壇〕



◆予算審査特別委員長(伊藤隆一君) 第3回本宮市議会定例会第8日において、本特別委員会に付託されました議案第30号 平成21年度本宮市一般会計予算から、議案第39号 平成21年度本宮市水道事業会計予算までの10件の予算案件について、3月12日から3月17日までの4日間、特別委員会を開催しましたので、その経過と結果について報告いたします。

 付託案件の審査に当たっては、副市長、教育長及び担当部課長等の出席を求め、各会計予算ごとに審査を行い、その後、市長の出席を求め、各種会計予算について、市長に対する総括質疑を行いました。

 各種会計予算についての審査結果は、各案件とも原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 以上、予算審査特別委員会の報告といたします。



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 当特別委員会は、議長を除く全員で設置されておりますので、議会の運営に関する基準第97に基づき、特別委員長に対する質疑を省略することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を省略することに決しました。

 ここで、先ほど総務文教常任委員長より提案のありました、議案第7号修正案に対する討論通告のため、暫時休憩をいたします。

 再開は10時35分といたします。



△休憩 午前10時24分



△再開 午前10時35分



○議長(高松義行君) 休憩前に引き続き会議を行います。

 それでは、日程に従いまして、各常任委員会及び予算審査特別委員会に付託いたしました議案第7号から議案第18号及び議案第30号から議案第39号までの22件についての討論、採決を行います。

 まず、議会の運営に関する基準第106に基づき、修正案が提出されたときは、まず修正案を採決した後に修正議決した部分を除く原案について採決することとなりますので、総務文教常任委員会より提出されております議案第7号の修正案について採決を行います。

 本案に対する討論の通告がありませんでしたので、採決を行います。

 本案を修正案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は修正案のとおり可決確定いたしました。

 次に、ただいま修正可決をした部分を除く原案、議案第7号について採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

 それでは、議案第8号から議案第18号及び議案第30号から議案第39号までの21件については、討論の通告がありませんでしたので、一括採決することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、一括採決を行います。

 議案第8号から議案第18号及び議案第30号から議案第39号までの21件については、原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、議案第8号から議案第18号及び議案第30号から議案第39号までの21件については、原案のとおり可決確定いたしました。

 以上で、市長提出議案の採決は終わりました。

 ここで暫時休憩をいたします。

 再開は10時50分といたします。

 休憩中に議会運営委員会を開催いたしますので、第1常任委員会室にご参集願います。



△休憩 午前10時37分



△再開 午前10時50分



○議長(高松義行君) 休憩前に引き続き会議をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員長報告



○議長(高松義行君) それでは、休憩中に議会運営委員会を開催しておりますので、日程の追加について委員長より報告をいたさせます。

 18番、作田博君。

     〔議会運営委員長 作田 博君 登壇〕



◆議会運営委員長(作田博君) ご報告申し上げます。

 休憩中に議会運営委員会を開催いたしまして、議長より諮問のありました件について協議をいたしました。

 その内容は、市長提出の議案第40号 財産の処分について、議案第41号 平成20年度本宮市一般会計補正予算(第11号)について、議会運営委員会並びに各常任委員会の閉会中の継続調査申出書5件であります。

 協議の結果、この際、日程に追加して審議すべきであろうとの結論に達しましたので、何とぞご賛同くださいますようお願いを申し上げまして、報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 ただいま委員長報告のとおり、本日の日程に追加し、直ちに上程することにしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、上程することに決しました。

 それでは、議案並びに閉会中の継続調査申出書案を配付いたさせます。

     〔議案並びに閉会中の継続調査申出書案配付〕



○議長(高松義行君) 配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 配付漏れなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託の省略



○議長(高松義行君) ただいま配付いたしました議案第40号から議案第41号につきましては、会議規則第37条第3項の規定に基づき委員会付託を省略いたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、委員会付託を省略することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第1 議案第40号及び議案第41号の一括上程、提案理由説明、質疑、討論、採決



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 議案第40号から議案第41号まで一括上程いたしたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、一括上程をいたします。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(高松義行君) 提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔市長 佐藤嘉重君 登壇〕



◎市長(佐藤嘉重君) それでは、議案第40号と議案第41号、一括して提案理由の説明を申し上げます。

 議案第40号 財産の処分について。

 本議案につきましては、昨年8月の議会全員協議会でご協議を申し上げましたが、本市に進出を希望いたしております株式会社吉川油脂より、工業団地分譲の申し込みがありましたので、本宮北工業団地の下台工区B区画の一部について、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき、議会の議決をお願いするものであります。

 なお、企業の概要につきましては、お手元に配付いたしました議案第40号資料をご参照くださいますようお願いいたします。

 また、進出いたします企業の業務内容につきましては産業廃棄物処理施設に該当いたしますが、地区内における住居者等の同意が取得できたこと、また、県に対する産業廃棄物処理施設事業計画についても申請が受理されたことに伴い、今回分譲いたすものであります。

 さらに、分譲単価につきましては、1平米当たり1万8,530円、1坪当たり6万1,256円、総額5,569万7,288円といたすものであります。

 続きまして、議案第41号 平成20年度本宮市一般会計補正予算(第11号)について。

 今回の補正につきましては、緊急性があるものについて補正をお願いするものであります。

 補正の内容でありますが、まず、歳入につきましては、ふるさと納税寄附金の申し込みがありましたので、補正をお願いするものでございます。

 次に、歳出の内容でございますが、1点目は、歳入でご説明いたしましたふるさと納税寄附金について、地域振興基金に積み立てをするため、補正を行うものであります。

 2点目は、定額給付金及び子育て支援特別手当支給に伴う銀行への振り込みについて、現在協議中ではありますが、手数料の発生が予想されることから、必要額を現行予算の組みかえにより対応するため、補正をするものであります。

 3点目は、岩根小学校校庭の排水整備に伴う工事費を補正するものであります。

 次に、第2表の繰越明許費につきましては、今回の岩根小学校校庭の排水路整備につきましては、工期が平成21年度にわたることが予想されることから、地方自治法第213条第1項の規定により、繰越明許費を設定したものでございます。

 この結果、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ128億8,922万4,000円とするものであります。

 なお、詳細につきましては、副市長に説明をいたさせます。

 以上、上程いたしました追加議案につきまして、よろしくご審議の上、お認め賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。

 以上です。



○議長(高松義行君) 副市長。

     〔副市長 中野一夫君 登壇〕



◎副市長(中野一夫君) それでは、命によりまして、補正予算の詳細について、若干説明をさせていただきたいと思います。

 補正予算の10ページ、11ページをお開きいただきたいと思います。

 この中で、ただいま市長の説明がございました口座振替の手数料について、若干説明をさせていただきたいと思います。

 当初、これについては無料ということで協議をしてまいりました。しかし、先週、東邦銀行からこれについては有料にしたいということで、その金額につきましては、1件当たり105円を手数料として納入してほしいという要望書が出てまいりました。市といたしましては、当初無料ということもございましたし、これについては納得できないということで、早々に東邦銀行に申し入れもしましたし、県の市長会を通じまして、これについては制度の趣旨上、やはり無料がいいのではないかというお話をしてまいりました。これについては、ほかの市も同じように有料という文書が行っているようであります。ほかの市とこれからも、これについては無料化されるように要請をしていくということに確認はしてありますけれども、本市の今回の支払いにつきましては、年度内に支払いをしたいということでございますので、この決着前でありますけれども、歳出の予算を組ませていただいたということで、ご理解をいただきたいと思います。これについてはこれからも引き続き交渉していくと。

 なお、最悪、これについては有料になった場合であっても、総務省のほうへ確認しましたらば、これについての財源措置はできるということでございますので、これについては申し添えておきたいと思います。

 それから、次ページをお開きいただきたいと思います。

 12ページになりますが、岩根小学校の校庭の排水路整備について、今回、緊急に80万円の補正増をさせていただくものであります。

 これについては岩根小学校の増設工事に伴いまして、雨水が予想以上に排出されるということで、グラウンド側に水が流れるのではないかということで、さきの議会の協議の中でも出されました。内部でいろいろ検討しまして、校庭に水がたまっては事業に支障があるということで、緊急に校庭内にある、いわゆる排水施設を整備をしたいということで、80万円の予算を上程いたすものであります。

 よろしくお願いいたします。



○議長(高松義行君) 暫時休憩します。



△休憩 午前11時03分



△再開 午前11時03分



○議長(高松義行君) 再開いたします。

 それでは、議案第40号に対する質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 次に、議案第41号に対する質疑を行います。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 質疑を打ち切りたいと思いますが、異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ありませんので、質疑を打ち切ることにいたします。

 それでは、採決を行います。

 議案第40号 財産の処分については、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

 次に、議案第41号 平成20年度本宮市一般会計補正予算(第11号)は、討論を省略して採決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議ないものと認め、採決を行います。

 本案を原案のとおり決するに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決確定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第2 閉会中の継続調査申出について



○議長(高松義行君) 次に、閉会中の継続調査申出についてを議題といたします。

 議会運営委員長から、会議規則第104条の規定により閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、議会運営委員長申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

 次に、総務文教常任委員長から閉会中の事件について、会議規則第104条の規定により閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 総務文教常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、総務文教常任委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

 次に、生活福祉常任委員長から閉会中の事件について、会議規則第104条の規定により閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 生活福祉常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、生活福祉常任委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

 次に、産業商工常任委員長から閉会中の事件について、会議規則第104条の規定により閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 産業商工常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、産業商工常任委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

 次に、建設水道常任委員長から閉会中の事件について、会議規則第104条の規定により閉会中の継続調査申し出があります。

 書記をして朗読いたさせます。

     〔書記朗読〕



○議長(高松義行君) お諮りいたします。

 建設水道常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高松義行君) 異議なしと認め、建設水道常任委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(高松義行君) それでは、市長に発言があれば、これを許します。

 市長。

     〔市長 佐藤嘉重君 登壇〕



◎市長(佐藤嘉重君) 一言御礼を申し上げさせていただきます。

 議員の皆様方には何かとお忙しいところ、第3回本宮市議会3月定例会にお越しを賜り、まことにありがとうございました。

 上程申し上げました議案、満場一致でお認め賜りましたことに、心から御礼申し上げます。

 ご意見を賜りました項目につきましては、誠心誠意努力をすることを約束させていただきたいと思います。

 いよいよ新年度を迎えるわけであります。この21年度は本当に今までにない大変難しい、厳しい環境になるものと予想いたしております。議員の皆様方のご指導をいただきながら、何とかこの21年度をくぐり抜けていきたいと、このように考えております。

 議員の皆様方もさらなるご自愛の上、ご活躍されますことをお祈り申し上げまして、御礼のあいさつとさせていただきます。

 本当にありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(高松義行君) 以上をもちまして、本議会の日程全部を終了いたしましたので、第3回本宮市議会定例会を閉会いたします。

 長期間、まことにご苦労さまでございました。



△閉会 午前11時12分

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

   本宮市議会議長

   本宮市議会議員

   本宮市議会議員