議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 伊達市

平成21年  3月 定例会(第1回) 03月02日−01号




平成21年  3月 定例会(第1回) − 03月02日−01号







平成21年  3月 定例会(第1回)





 平成21年第1回伊達市議会定例会議事日程(第1号)

                         平成21年3月2日(月)午前10時開会

日程第 1 会議録署名議員の指名について
                                   (議長指名第1号)
日程第 2 会期の決定について
                                   (議長提出第1号)
日程第 3 例月出納検査の結果について
                                      (監査報告)
日程第 4 平成20年度定期監査の結果について
                                      (監査報告)
日程第 5 第六次伊達市総合計画基本構想について(平成20年第4回定例会市長提出議案第2
      5号)
                         (総合計画基本構想審査特別委員長報告)
日程第 6 平成21年度市政執行方針
                               (市長提出行政報告第1号)
日程第 7 平成21年度教育行政執行方針
                            (教育長提出教育行政報告第1号)
日程第 8 胆振支庁管内公平委員会委員の選任について
                                 (市長提出議案第1号)
日程第 9 胆振支庁管内公平委員会委員の選任について
                                 (市長提出議案第2号)
日程第10 第二次伊達市環境基本計画について
                               (市長提出行政報告第2号)
日程第11 診療報酬返還金(未回収金)の不納欠損処理について
                               (市長提出行政報告第3号)
日程第12 職員の不適切な事務処理について
                               (市長提出行政報告第4号)
日程第13 市道の路線の認定について
                                 (市長提出議案第3号)
日程第14 伊達市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例
                                 (市長提出議案第4号)
日程第15 伊達漁港交流広場条例
                                 (市長提出議案第5号)
日程第16 伊達市個人情報保護条例の一部を改正する条例
                                 (市長提出議案第6号)
日程第17 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例
                                 (市長提出議案第7号)
日程第18 職員の分限についての手続、効果等に関する条例の一部を改正する条例
                                 (市長提出議案第8号)
日程第19 伊達市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
                                 (市長提出議案第9号)
日程第20 伊達市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例
                                (市長提出議案第10号)
日程第21 伊達市長等の給与に関する条例等の特例に関する条例の一部を改正する条例
                                (市長提出議案第11号)
日程第22 伊達市火葬場条例の一部を改正する条例
                                (市長提出議案第12号)
日程第23 伊達市生活館条例の一部を改正する条例
                                (市長提出議案第13号)
日程第24 伊達市乳幼児等医療費の助成に関する条例及び伊達市重度心身障がい者及びひとり親
      家庭等医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例
                                (市長提出議案第14号)
日程第25 伊達市介護保険条例の一部を改正する条例
                                (市長提出議案第15号)
日程第26 伊達市水道事業給水条例の一部を改正する条例
                                (市長提出議案第16号)
日程第27 伊達市農業振興基金条例を廃止する条例
                                (市長提出議案第17号)
日程第28 伊達市立季節保育所条例を廃止する条例
                                (市長提出議案第18号)
日程第29 伊達市身体障害者福祉館条例を廃止する条例
                                (市長提出議案第19号)
日程第30 平成20年度伊達市一般会計補正予算(第11号)
                                (市長提出議案第20号)
日程第31 平成20年度伊達市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)
                                (市長提出議案第21号)
日程第32 平成20年度伊達市下水道特別会計補正予算(第4号)
                                (市長提出議案第22号)
日程第33 平成20年度伊達市介護保険特別会計補正予算(第3号)
                                (市長提出議案第23号)
日程第34 平成20年度伊達市霊園特別会計補正予算(第2号)
                                (市長提出議案第24号)
日程第35 平成20年度伊達市簡易水道特別会計補正予算(第3号)
                                (市長提出議案第25号)
日程第36 平成20年度伊達市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
                                (市長提出議案第26号)
日程第37 平成20年度伊達市水道事業会計補正予算(第3号)
                                (市長提出議案第27号)
日程第38 平成21年度伊達市一般会計予算
                                (市長提出議案第28号)
日程第39 平成21年度伊達市国民健康保険特別会計予算
                                (市長提出議案第29号)
日程第40 平成21年度伊達市老人保健特別会計予算
                                (市長提出議案第30号)
日程第41 平成21年度伊達市下水道特別会計予算
                                (市長提出議案第31号)
日程第42 平成21年度伊達市公共用地先行取得特別会計予算
                                (市長提出議案第32号)
日程第43 平成21年度伊達市介護保険特別会計予算
                                (市長提出議案第33号)
日程第44 平成21年度伊達市霊園特別会計予算
                                (市長提出議案第34号)
日程第45 平成21年度伊達市簡易水道特別会計予算
                                (市長提出議案第35号)
日程第46 平成21年度伊達市後期高齢者医療特別会計予算
                                (市長提出議案第36号)
日程第47 平成21年度伊達市水道事業会計予算
                                (市長提出議案第37号)
日程第48 平成21事業年度伊達市土地開発公社事業計画及び予算について
                                 (市長提出報告第1号)



          開 会 (午前10時00分)



△開会の宣告



○議長(小泉勇一) ただいまから平成21年第1回伊達市議会定例会を開会いたします。

                                          



△開議の宣告



○議長(小泉勇一) 直ちに本日の会議を開きます。

 8番、木村議員、11番、原見議員から欠席する旨の連絡がありましたので、出席議員数は20名であります。

                                          



△諸般の報告



○議長(小泉勇一) 議事日程に入る前に、事務局長から諸般の報告をいたします。



◎事務局長(氏家幹男) 諸般の報告をいたします。

 (報告の詳細については以下のとおりである。)


 1 地方自治法第121条及び伊達市議会委員会条例第21条の規定による今会期中の説明員は次の
  とおりである。
   〇説明員
    (市長部局)
     市     長  菊 谷 秀 吉   副  市  長  大 坪 鐵 雄
     副  市  長  阿 部 正 宏   会 計 管 理 者  佐々木   剛
     企 画 財政部長  小 畑 次 男   総 務 部 長  疋 田   洋
     市 民 部 長  横 田   孝   福 祉 部 長  菅 原 健 一
     経 済 環境部長  大 内 壽 幸   経済環境部参与  金 子 三 也
     建 設 部 長  及 川 秀 男   建 設 部 参 与  三 浦   倉
     水 道 部 長  金 丸   進   大滝総合支所長  新 海 良 光

     企 画 財 政 部  的 場 重 一   企 画 財 政 部  宮 澤   豊
     企 画 課 長            企 画 課 参 事
                        (広報広聴担当)

     企 画 財 政 部  本 間 孝 美   企 画 財 政 部  鎌 田   衛
     財 政 課 長            住んでみたいまちづくり課長

     企 画 財 政 部  菊 地 洋 文   企 画 財 政 部  西 村   護
     住んでみたいまちづくり課参事     情 報 政策課長
     (渉外担当)

     総務部総務課長  菊 地 文 雄   総務部職員課長  仁 木 行 彦
     総務部税務課長  赤 木   肇   総務部税務課参事 松 本 達 夫
                        (収納担当)

     市  民  部  武 川 哲 也   市  民  部  星 野 敏 行
     保 険 医療課長            市 民 生活課長

     市  民  部  高 村 誠 司   福  祉  部  佐 藤 伸 一
     保健センター所長           社 会 福祉課長

     福  祉  部  長 沼 留 雄   福  祉  部  佐 藤 弓 雄
     児 童 家庭課長            児童家庭課参事
                         (保育所等再編・少子化対策担当)

     福  祉  部  三戸部 春 信   経 済 環 境 部  佐 藤 哲 廣
     高 齢 福祉課長            農 務 課 長

     経 済 環 境 部  岩 渕 泰 人   経 済 環 境 部  山 崎 博 司
     農 務 課 参 事            商工観光水産課長
     (ペレット担当)

     経 済 環 境 部  竹 内 典 之   経 済 環 境 部  清 野   裕
     商工観光水産課参事          環 境 衛生課長
      (TMO担当)

     経 済 環 境 部  村 田   修   建設部建設課長  森 口 正 章
     環境衛生課参事
      (清掃・リサイクル担当)

     建設部建設課参事 安 藤   明   建  設  部  佐々木 雅 宣
     (技術担当)             都 市 整備課長

     建設部建築課長  山 本 喜久雄   建  設  部  今 井   良
                        カルチャーセンター参事

     水道部下水道課長 高 梨 善 昭   水道部水道課長  佐 藤   嘉

     水道部水道課参事 安 食   恵   大 滝 総合支所  千 葉 静 男
     (簡易水道・温泉担当)         住 民 福祉課長

      大 滝 総合支所  鹿 原 秀 雄   大 滝 総合支所  藤 田 隆 明
     住民福祉課参事            産業建設課参事

     会 計 課 長  香 川 敏 明

    (教育委員会)
     教  育  長  有 田   勉   教 育 部 長  三 浦   倉

    噴火湾文化研究所長 大 島 直 行   教  育  部  篠 原 弘 明
                        学 校 教育課長

     教  育  部  大 森 深 雪   教  育  部  今 井   良
     学校教育課参事            生涯学習推進課長

     教  育  部  下 田 良 徳   大滝教育事務所長 鹿 原 秀 雄
     生涯学習推進課参事

     噴火湾文化研究所 森 田 克 博   図 書 館 長  伊 東 克 己
     文 化 課 長

     さくら幼稚園長  仲 島 輝 夫

    (監査委員)
     代 表 監査委員  菊 池 勝 義   事 務 局 長  河 合 誠 一

    (選挙管理委員会)
     委  員  長  北 郷 孝 司   事 務 局 長  椎 名 保 彦

    (農業委員会)
     会     長  荒   幸 一   農 地 係 長  野 村 一 夫

 2 本会議の事務に従事する職員は次のとおりである。
     事 務 局 長  氏 家 幹 男   庶 務 課 長  及 川   茂
     議 事 係 長  松 下 清 昭   庶  務  係  佐 藤 圭 美
     議  事  係  木 村 雅 和

 3 平成20年12月定例会以降の議会の行事、会議及び議長会等関係については次のとおりである。

  ┌────────┬──────────────────────────────────┐
  │  年・月・日  │        行事又は会議等                    │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │20・12・18│第6次総合計画基本構想審査特別委員会                │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │20・12・19│第6次総合計画基本構想審査特別委員会                │
  │        ├──────────────────────────────────┤
  │        │議会運営委員会開催                         │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・ 6│正副議長近隣市新年挨拶回り(胆振支庁・室蘭市・登別市)       │
  │        ├──────────────────────────────────┤
  │        │平成21年鳩山由紀夫新年交礼会が市内ホテルで開催され副議長代理出  │
  │        │席                                 │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・ 7│平成21年伊達消防出初式がだて歴史の杜カルチャーセンターで開催さ  │
  │        │れ議長出席                             │
  │        ├──────────────────────────────────┤
  │        │平成21年伊達商工会議所「会員新年交礼会」が市内ホテルで開催され  │
  │        │議長出席                              │
  └────────┴──────────────────────────────────┘
  ┌────────┬──────────────────────────────────┐
  │  年・月・日  │        行事又は会議等                    │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・10│(社)伊達青年会議所「新年交礼会」が市内ホテルで開催され議長出席  │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・11│平成21年黎明観刀鍛冶工房初打ちが黎明観で開催され議長出席     │
  │        ├──────────────────────────────────┤
  │        │平成21年伊達市成人式がだて歴史の杜カルチャーセンターで開催され  │
  │        │議長出席                              │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・13│広報特別委員会開催                         │
  │        ├──────────────────────────────────┤
  │        │壮瞥町役場・壮瞥町地域交流センター「山美湖(やまびこ)」完成披露  │
  │        │式が壮瞥町で開催され議長出席                    │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・14│平成21年伊達市建設協会新年交礼会が市内ホテルで開催され議長出席  │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・15│平成21年伊達市老人クラブ連合会新年交礼会が市内ホテルで開催され  │
  │        │副議長代理出席                           │
  │        ├──────────────────────────────────┤
  │        │伊達市体育協会表彰式・祝賀会及び新年交礼会が市内ホテルで開催され  │
  │        │議長出席                              │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・16│平成21年壮瞥町商工会新年交礼会が壮瞥町で開催され副議長代理出席  │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・19│会派(公明党)による行政視察調査(愛知県豊明市・京都府八幡市・埼  │
  │    〜   │玉県川越市)                            │
  │21・ 1・22│                                  │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・20│北海道第一ブロイラー(株)新年会が市内ホテルで開催され議長出席   │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・21│平成21年伊達消費者協会新年交礼会が市内ホテルで開催され副議長代  │
  │        │理出席                               │
  │        ├──────────────────────────────────┤
  │        │平成21年伊達市養護老人ホーム潮香園新年会が同園で開催され議長出  │
  │        │席                                 │
  │        ├──────────────────────────────────┤
  │        │平成21年伊達管工事業協同組合「新年交礼会」が市内ホテルで開催さ  │
  │        │れ議長出席                             │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・23│西胆振心身障がい者職親会新年交流会並びに障がい者永年雇用事業所表  │
  │        │彰式が市内ホテルで開催され議長出席                 │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・29│北海道釧路町議会議員視察来市(産業建設常任委員長挨拶)       │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・30│西胆振消防組合伊達消防団員幹部研修会終了後懇親会が市内ホテルで開  │
  │        │催され議長出席                           │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 1・31│第19回おおたき国際スキーマラソン開会式及び歓迎レセプションが大  │
  │        │滝区内ホテルで開催され議長出席                   │
  └────────┴──────────────────────────────────┘
  ┌────────┬──────────────────────────────────┐
  │  年・月・日  │        行事又は会議等                    │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 2・ 2│北海道網走市議会議員視察来庁(総務企画常任委員長挨拶)       │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 2・ 3│兵庫県姫路市議会議員視察来庁(総務企画常任委員長挨拶)       │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 2・ 4│岡山県笠岡市議会議員視察来庁(総務企画常任委員長挨拶)       │
  │        │伊達飲食店組合新年交礼会が市内ホテルで開催され議長出席       │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 2・13│全員協議会開催                           │
  │        ├──────────────────────────────────┤
  │        │議会改革推進協議会(ナイター議会部会)開催             │
  │        ├──────────────────────────────────┤
  │        │議会改革推進協議会開催                       │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 2・17│議会運営委員会開催                         │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 2・19│平成21年第1回臨時会開催                     │
  │        ├──────────────────────────────────┤
  │        │大高酵素(株)伊達工場新規開発事業室長「東晃平氏」を励ます会が市  │
  │        │内ホテルで開催され議長出席                     │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 2・20│第134回全国市議会議長会産業経済委員会が東京都で開催され議長出  │
  │    〜   │席(事務局長随行)                         │
  │21・ 2・22│                                  │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 2・23│胆振西部市町議会議長懇話会が登別市で開催され正副議長出席(事務局  │
  │        │長随行)                              │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 2・26│議会運営委員会開催                         │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 2・27│伊達火発公害防止対策連絡協議会総会が本庁で開催され議長及び産業建  │
  │        │設正副常任委員長出席                        │
  ├────────┼──────────────────────────────────┤
  │21・ 3・ 1│「鳩山由紀夫国政報告会」が市内ホテルで開催され副議長代理出席    │
  └────────┴──────────────────────────────────┘







△会議日程



○議長(小泉勇一) 本日の議事日程はお配りしたとおりであります。

                                          



△会議録署名議員の指名



○議長(小泉勇一) それでは、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、6番、山田議員、18番、堀議員の両名を指名いたします。

                                          



△会期の決定



○議長(小泉勇一) 次に、日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。議会運営委員会において会期について検討した結果、本日から3月18日までの17日間とすることになりましたが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、そのように決定いたしました。

 なお、会期日程表については、お配りしたとおりであります。

                                          



△例月出納検査の結果について、平成20年度定期監査の結果について                       



○議長(小泉勇一) 次に、日程第3、例月出納検査の結果について及び日程第4、平成20年度定期監査の結果についての以上2案件を一括議題といたします。

 例月出納検査の結果については、監査委員より平成21年2月25日付で一般会計、特別会計、水道事業会計の平成20年度1月分について、また平成20年度定期監査の結果については平成21年2月25日付でそれぞれ報告書並びに監査報告書の提出があり、同日付で受理いたしましたので、報告いたします。

                                          



△平成20年第4回定例会市長提出議案第25号の報告、採決



○議長(小泉勇一) 次に、日程第5、平成20年第4回定例会市長提出議案第25号 第六次伊達市総合計画基本構想についてを議題といたします。

 この案件については、去る12月15日の平成20年第4回定例会において総合計画基本構想審査特別委員会に付託をしておりますので、その審査の経過及び結果について委員会の報告を求めます。

 総合計画基本構想審査特別委員長、12番、大光議員。

          〔総合計画基本構想審査特別委員長 大光 巌登壇〕



◎総合計画基本構想審査特別委員長(大光巌) 総合計画基本構想審査特別委員会の報告をいたします。

 去る12月15日の本会議において審査を要すべきものとして当委員会に付託されましたのは、議案第25号 第六次伊達市総合計画基本構想であります。付託された案件を審査するため、昨年12月18日及び19日に当委員会を開催し、閉会中の継続審査を行ったところであります。

 以上、付託されました案件は、審査の結果、妥当なものと認められ、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしましたので、審査の経過並びに結果について報告いたします。

 平成21年3月2日

 総合計画基本構想審査特別委員長 大光 巌

 以上であります。



○議長(小泉勇一) ただいまの委員長報告については、全議員で構成する特別委員会で審査いたしましたので、質疑及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、委員長報告に対する質疑及び討論については、省略することに決定いたしました。

 それでは、日程第5、平成20年第4回定例会市長提出議案第25号 第六次伊達市総合計画基本構想についてを採決いたします。

 お諮りいたします。平成20年第4回定例会市長提出議案第25号については、総合計画基本構想審査特別委員長報告のとおり原案を可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、平成20年第4回定例会市長提出議案第25号については原案のとおり可決されました。

                                          



△市長提出行政報告第1号、教育長提出教育行政報告第1号の報告                         



○議長(小泉勇一) 次に、日程第6、行政報告第1号 平成21年度市政執行方針及び日程第7、教育行政報告第1号 平成21年度教育行政執行方針の以上2案件を一括議題といたします。

 行政報告を求めます。

 市長。

          〔市長 菊谷秀吉登壇〕



◎市長(菊谷秀吉) 平成21年第1回市議会定例会の開会にあたり、新年度における市政執行の基本的な考え方について所信を申し上げます。

 私は、平成11年に就任して以来、本年で満10年を数え、平成21年度は3期目の折り返し点を迎えることになります。

 改めて、この10年を振り返ってみますと、1期目で有珠山噴火災害を経験し、2期目には地域の将来を見据えた旧大滝村との合併を実現、3期目の昨年には世界の耳目を集めた「北海道洞爺湖サミット」において、この地域の良さを情報発信する機会にも恵まれましたが、なんと言いましても極めて厳しい財政状況の中での市政の舵取りでありました。

 また、国においては、少子高齢化の問題や人口減少への対応、深刻化する地球規模の環境問題、経済のグローバル化など、まさに目まぐるしい変動の渦中にありました。

 このような大きな時代のうねりの中で、地域の様々な課題に直面しながらも、「みんなが知恵を出し合う協働のまちづくり」と「安心・安全に暮らせ、そして活力のある地域社会」の実現に向けて、渾身の努力をしてまいりました。

 さて、このような10年を経た最近の我が国の経済情勢でありますが、昨年の原油、原材料の高騰と、それに引き続く米国発の世界的な金融危機や世界同時不況に伴い、国、地方とも景気と雇用の悪化が長期化、深刻化するおそれが高まっており、本市においても市内の企業や市民生活への影響の大きさが懸念されます。

 国は、「安心実現のための緊急総合対策」、「生活対策及び生活防衛のための緊急対策」として2度にわたり、総額75兆円規模の追加補正予算を編成したところであり、本市においても、これに伴う交付金等を有効に活用した予算編成に努めましたが、国の財政出動にも限界があることから、今後の市政運営については、まさに“予測困難”な時代に突入したといえます。

 このような情勢の中で、本年4月から、向こう10年間のまちづくりの指針となる新しい「第六次伊達市総合計画」がスタートすることとなりますが、私はこのように厳しく、先の見えない時代だからこそ、地方自治の真価が問われており、将来戦略をしっかりと持って、創意工夫とチャレンジ精神で乗り切っていかなければならないと考えております。

 市民の皆さまと共に考え、共に行動しながら、この厳しい経済・社会情勢を乗り越え、子どもたちが伊達市に誇りと希望を持ち、そして、高齢者をはじめ市民が健康で、安心して生活できるまちづくりへ向けて、新年度の市政の舵取りをしてまいりますので、市議会議員並びに市民の皆さまの一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 次に、当面する重要課題について申し上げます。

 旧大滝村との合併により「新伊達市」が誕生して3年が経過し、その間、人の誘致と生活産業の創出をねらいとして、官民一体で取り組んできた「ウェルシーランド構想」をはじめとする施策が功を奏し、本市の人口は微増から横ばいで推移してきましたが、少子化の進行に加え、地域経済の低迷や雇用情勢の悪化等を背景に、最近は再び減少傾向に転じております。

 少子高齢社会、人口減少社会、都市圏への人口と資本の集中に伴う地域間格差の中で、将来への希望が持てる活力のある地域社会をどのようにつくっていくのか、どのように戦略的にまちを活性化していくかと言うことは、極めて大きな課題であります。

 また、国は平成21年度の経済見通しについて、国内総生産の実質成長率を0%程度と見込んでおりますが、「世界の経済金融情勢の悪化によっては、景気の下降局面がさらに厳しくなることに留意する必要がある。」としており、今後の動向は、極めて予測が困難な状況であります。

 しかし、このような状況にあっても、将来にわたって市民の安心で安全な生活を確保することは、市が果たすべき根幹的な役割であり、そのためにも、まずは地域経済・社会を支える施策を優先的に実施していかなければなりません。

 そして、新しい「第六次伊達市総合計画」を着実に推進し、その基本構想に定めた将来像「自然を育み 未来に向かって挑戦する 人にやさしいまち」の実現に向け、以下に述べる三つを基本姿勢として、1年間の市政を進めてまいります。

 まず、一つ目は、効率的な行政運営と健全な財政運営であります。

 本市の財政は極めて厳しい状況が続いており、平成18年から行政改革の基本方針である「伊達市行政改革大綱2002」を柱に「集中改革プラン」による行財政改革に取り組んでいるところであります。

 しかし、現下の経済情勢から、現在の市民サービスを維持し、さらに高度化する行政需要に対応し、責任を果たしていくためには、慣例にとらわれない意識の改革が必要であり、行政の領域や担い手の再検証による行政的経費の縮減など、さらなる発想の転換が必要であります。

 今後も創意工夫を重ね、より一層の事務事業の効率化を図りながら、これまで以上に計画的かつ慎重な財政運営に努めてまいります。

 二つ目は、戦略的なまちづくりを推進するための自治体経営の展開であります。

 生活が豊かになり社会が成熟するにつれて、行政へのニーズは多様化、複雑化してきておりますが、人、モノ、金など、行政の経営資源の現状は厳しく、全てのニーズにきめ細かく対応することが難しくなってきております。

 今後は、本市の将来を見据え、やるべきことを選択し、限られた経営資源を集中したうえで、最大の効果を上げるような戦略的な経営が必要であります。

 このことから、将来の伊達市を思い描きながら「選択と集中」により、「第六次伊達市総合計画」で掲げた「食」、「教育」、「生きがい」、「環境」の4つの重点政策を集中的、横断的に取り組み、地域経済をはじめ地域社会を支える経営戦略として展開してまいります。

 そして、三つ目が、市民や団体、企業など地域を構成するあらゆる主体との協働による地域経営の展開であります。

 ただ今、申し上げました二つの基本を踏まえたうえで、市民をはじめとする様々な地域づくりの担い手と行政が、本市のめざすべき方向性と様々な情報を共有し、それぞれに役割を分担しながら、地域と行政の協働によるまちづくりを行っていくことが、ますます必要となってきております。

 そして、このように先の見えない時代にあって、今、何よりも求められるのは、地域の連帯とマンパワーであります。

 それぞれの担い手が役割に応じて自主的に参加し、そして主体的に地域の課題を解決していく。そのような地域経営を実現するためにも、市は一層の情報公開を進めるとともに、職員の能力向上はもとより、官民を問わず人材の育成に努め、「地域力」の底上げを図ってまいります。

 以上、申し述べてきました三つを新年度の市政執行にあたっての基本に据え、まちの活性化と持続的な発展へ向けて努力してまいります。

 次に、予算編成についての基本的な考え方について申し上げます。

 先に申し上げましたような現在の我が国の経済情勢の中で、国は平成21年度予算編成にあたっては、「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」等に基づき財政健全化に向けた基本的方向性を維持する観点から、重要課題推進枠の活用などにより予算配分の重点化を行うとともに、世界の金融情勢の悪化を受けた国民生活と日本経済を守るべく「生活対策」への対応を機動的かつ弾力的に行うこととしています。

 また、行政支出総点検会議等の議論を踏まえ、政策の必要性をゼロベースで精査し、行政支出全般を徹底して見直すことにより、財政支出の抑制につなげる考え方を示しています。

 地方財政におきましても、景気後退等に伴い、地方税収入や地方交付税の原資となる国税収入が急激に落ち込む中で、社会保障関係経費の自然増や公債費が高い水準で推移することなどにより、財源不足が大幅に拡大するものと見込まれます。

 平成21年度の地方財政は、地方財政計画の規模の抑制に努めてもなお財源不足が生ずる状況にあり、将来の財政運営が圧迫されることが強く懸念されることから、国の歳出予算と歩みを一にして、定員の純減・給与構造改革等による給与関係費の抑制や地方単独事業費の抑制を図らなければなりません。

 こうした状況のなか、本市の財政状況におきましても、世界的な景気後退の影響を受けるなど、地域経済は低迷しており、歳入の根幹をなす市税の減収が見込まれるところであります。

 また、歳出におきましても、扶助費などの増額や公債償還費が依然として多額となっていることに加え、公共施設の老朽化等による維持管理費の増大や西いぶり広域連合負担金、退職手当組合負担金の増加などにより、極めて厳しい状況にあります。

 このため平成21年度予算編成にあたりましては、集中改革プランに盛り込まれている財政健全化の一層の推進に努め、事務・事業経費等の徹底した節減と合理化を図りながら、限られた財源の重点的かつ効率的な配分を行い、平成21年度から始まる「第六次伊達市総合計画」に盛り込まれた事業をはじめ、市民との協働によるまちづくりを進めるうえで必要な経費を措置したところであります。

 また、世界的な経済危機のなか、市民生活の不安を解消するとともに、地域の雇用を維持するため、国や北海道との十分な連携のもと、地域の実情に応じた適切な対策を講じていくことが必要でありますことから、国の第2次補正予算であります「地域活性化・生活対策臨時交付金」などの活用により、新年度以降の必要事業を前倒しし、実質、平成21年度実施事業として地域経済の底上げや雇用確保等が期待される事業をできる限り盛り込んだところであります。

 なお、臨時財政対策債を含めた市債の発行額については、予算編成基本方針どおり元金償還額の範囲内に抑え、市債残高の減額に努めたものであります。

 この結果、一般会計161億5,170万円、特別会計106億3,383万円、水道事業会計8億5,960万円、合計276億4,513万円となり、前年度予算に比べ、21億671万円、7.1パーセントの減となったところであります。

 以上、私の市政執行の所信の一端について申し上げてまいりました。

 わが国が未曾有の経済危機にあって、本市の行財政環境もますます厳しさを増すであろう中で、明治3年、この地に開墾の初鍬をおろして以降、これまで時代の変化に戸惑い、適応しながらも、今日の伊達市の基礎を築いてきた先人たちの挑戦と労苦を思う時、私たちは、まだまだ恵まれた環境に置かれていると思います。

 「不自由を常と思えば不足なし」という言葉がありますが、現在の与えられた環境を受け入れ、感謝しつつ、先人たちに負けない進取の気質と不屈の開拓魂で、市民が一丸となり試練を乗り越えていかなければなりません。

 新年度を迎えるにあたり、私も市長として、自ら先頭に立ち、将来を見据えた施策を確実に進め、一層の住民福祉の増進と元気な「伊達づくり」へ向けて邁進する決意であります。

 市議会議員並びに市民の皆さまに、改めてご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げ、私の所信表明といたします。



○議長(小泉勇一) 教育長。

          〔教育長 有田 勉登壇〕



◎教育長(有田勉) 平成21年第1回伊達市議会定例会の開会にあたり、教育行政の執行に関する主要な方針について申し上げます。

 今日の経済社会構造の急激な変化や少子高齢化の進行、国際化や情報化の進展の下で、教育を取り巻く環境も大きく変化しております。

 こうした中、すべての人々が生涯にわたって、心豊かに、健やかな生活を営むことができるよう、充実した生涯学習社会づくりを進めていくことが、教育行政に課せられた使命であると考えます。

 また、新しい教育理念の下で、学校、家庭、地域社会がそれぞれの教育機能を発揮し、子どもたちに夢と希望を持たせ、たくましく生きる力を培うことが求められているところであります。

 教育委員会といたしましては、こうした現状を踏まえ、関係機関や関係団体と連携を図りながら、時代の要請や変化に、柔軟に対応した教育行政の推進に努めてまいります。

 以下、主要な推進項目と施策について申し上げます。

 第1は、幼稚園教育についてであります。

 幼稚園教育につきましては、発達段階を踏まえ、人間形成の基礎を確実に身に付けることが基本です。昨年改訂された「幼稚園教育要領」の趣旨を踏まえ、遊びを中心とした生活を通して一人一人が幼児期にふさわしい生活を十分に体験でき、物事に進んで取り組む意欲と自信が身に付くよう努めてまいります。また、小学校との連携により、幼・小の一貫した流れができるよう取り組んでまいります。

 第2は、学校教育についてであります。

 児童・生徒が、変化の激しいこれからの社会をたくましく生きていくために、「確かな学力」、「豊かな心」、「健やかな体」をバランスよく育てる「生きる力」をより一層育んでいく必要があります。

 また、先年の全国学力・学習状況調査や全国体力・運動能力等調査で、北海道は下位グループに位置付けられ、本市も同様の傾向にあり、一層の学力や体力の向上が求められております。さらに昨年改訂され、平成23年度以降完全実施の予定となっている新学習指導要領の円滑な導入に向けた取組も求められているところでもあります。

 こうした状況を踏まえ、「確かな学力」につきましては、「読み・書き・計算」の基礎的・基本的な知識や技能をしっかりと身に付け、活用ができるよう「学校改善プラン」に基づいた学習指導の実践と成果の検証を進めてまいります。また、学力の向上には、家庭でのしつけや基本的な生活習慣を身に付けることが重要でありますので、PTAとも連携を図り改善に向けた取組を進めてまいります。また、本年度から平成18年に改正された教育基本法の下での新しい学習指導要領の移行措置がスタートするため、市内全小学校で英語教育が進められるようAETの増員等体制づくりに努めてまいります。

 「豊かな心」につきましては、道徳教育の充実を図り、子どもたちが思いやりの心や社会生活の基本的ルールを身に付け、社会貢献の精神と豊かな人間性を育んでいくため、地域との交流学習や体験学習などの生涯学習を推進してまいります。

 「健やかな体」につきましては全国体力・運動能力等調査結果の分析を行い、望ましい生活習慣の確立や各学校での日常の体育活動や教科体育での指導の充実など体力の向上に努めてまいります。

 いじめや不登校対策につきましては、問題行動の未然防止、早期対応のため、学校、家庭、地域が連携して情報を共有する体制づくりを進めるとともに、不登校対策アドバイザーを配置し、実態把握や個別訪問など、解消に向けた具体的な取組を進めてまいります。

 食育につきましては、本市の豊穣な食資源を子どもたちに伝えながら、食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けることができるよう、栄養教諭を中心に家庭と連携した食育の推進に努めてまいります。

 環境教育につきましては、昨年、北海道洞爺湖サミットを契機に様々な取組が進められており、引き続き、次代を担う子どもたちが環境問題について自ら考え、主体的に行動する意欲や態度を育むよう努めてまいります。

 特別支援教育につきましては、関係機関の協力による支援体制の下、対象児童に対する面談を綿密に行うなどの取組を進めておりますが、対象者が増加傾向にあることから、支援員を増員して一人一人の教育的ニーズに応じた適切な支援に努めてまいります。

 これからの学校には、家庭や地域と協働して子どもたちを育んでいくことが求められており、それぞれが連携を深め、その役割と責任を十分担い、相互に連携協力して、地域に開かれ、地域とともに子育てをしていく学校づくりの促進に努めてまいります。

 学校施設の整備につきましては、児童・生徒の安全・安心な学習環境を図るため、老朽化している校舎や屋内運動場の改修を計画的に進めてまいります。

 小・中学校の適正配置につきましては、引き続き、有珠・長和・光陵中学校の平成22年度の統合に向けた具体的な協議を進めてまいります。

 隔年で実施している姉妹都市交流につきましては、本年度は10月に大滝中学校の生徒をレイクカウチン町へ派遣し、ホームステイを通して生きた英語体験と親睦交流を推進してまいります。

 第3は、社会教育についてであります。

 市民が生きがいと潤いのある人生を送るために、自ら学び、そしてその成果が地域に還元され、まちづくりに活かすことのできる生涯学習社会の実現を目指す必要があります。

 このため、多様な学習機会の提供や人材の育成、施設の整備充実など、市民が生涯にわたり学ぶことのできる環境の整備を進めてまいります。

 家庭教育につきましては、核家族化が進み、育児力や教育力の低下が指摘されている今日、子育てに不安や負担を抱えている親が増加しており、家庭が自らの役割や責任を自覚して教育を行うことができる支援体制の整備が求められております。このことから家庭教育に関する情報提供や子育てを支援するため、家庭教育学級の充実を図るとともに、児童の健全育成に関するセミナーを開催してまいります。

 少年教育につきましては、「わくわく自然塾」や「親子環境教室」などの自然体験活動を通して、本市の自然環境を学習する機会の提供やふるさと意識の高揚に努めてまいります。また、少子化の下、停滞傾向にある地域子ども会の活動の見直しなど団体活動の充実に努めてまいります。

 青年教育につきましては、引き続き、青年団体の自主的活動を支援し、団体の育成に努めるとともに、各種事業への協力など社会参加を促し、社会の一員として自覚ある行動を取ることができる青年の育成に努めてまいります。

 成人教育につきましては、社会人として生活が安定し、個人の関心や課題に応じた、より高度な学習の場が求められております。このため、市民講座や市民カレッジなど誰もが気軽に参加することができる学習環境の充実に努めるとともに、これまでに培った学習の成果を活かす場として、ボランティア団体、サークル活動の育成や指導者の発掘・養成を進めてまいります。

 高齢者教育につきましては、より社会参加やいきがいづくりを行えるよう、長生大学の充実や経験を生かした世代間交流事業への参加を促進してまいります。

 芸術文化の振興につきましては、質の高い舞台芸術や北海道巡回小劇場の招致など、芸術鑑賞機会の拡大に努めるとともに、市民が自主的、主体的に企画運営する文化芸術団体の支援を進めてまいります。

 図書館につきましては、引き続き、基本図書の充実や機能の強化に努めるとともに、「図書館運営協力会」などの協力や支援をいただきながら、市民参加型の図書館運営を進めてまいります。また、大滝分室や潮香園地域文庫などを通して、地域の多くの方々に図書を利用していただく機会の充実に努めるとともに、絵本の読み聞かせや子ども図書館まつりなどの各種事業を開催し、子どもたちの読書意欲の向上に努めてまいります。

 第4は、スポーツ・レクリエーション活動についてであります。

 高齢化の進展とともに体力の維持、向上が大きな課題となっており、スポーツ・レクリエーション活動の健康増進に果たす役割は極めて大きいことから、市民誰もが気軽にスポーツ活動に親しめるよう生涯スポーツの振興、充実に努めてまいります。

 また、体育施設につきましては、安全確保を第一にした施設管理を基本に利便性の向上を図るとともに、大滝区の自然を満喫して楽しめるノルディック・ウォーキングや歩くスキーの普及とコースの整備充実に努めてまいります。

 第5は、噴火湾文化についてであります。

 噴火湾文化につきましては、引き続き、各大学、調査研究機関や研究者の協力の下、調査研究を進めてまいります。

 史跡北黄金貝塚公園につきましては、「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」の一遺跡として世界遺産暫定一覧表に登載されたことから、関係機関との連携、協力を図りながら、講演会やフォーラムを開催するなど世界遺産登録に向けたPRに努めてまいります。

 開拓記念館につきましては、ボランティア団体との連携強化や新たな体験学習メニューの研究に努めてまいります。

 文化財の保護、保存につきましては、善光寺の宝物館建設事業や重要文化財に指定されている資料の修復を進めてまいります。

 だて噴火湾アートビレッジ事業につきましては、「絵画教室」や「ジュニア美術セミナー」、「音楽マスタークラス」の充実を図り、人材の育成に努めてまいります。

 宮尾登美子文学記念館につきましては、展示内容の充実を図り、文学に親しむことのできる環境づくりに努めてまいります。

 以上、平成21年度の教育行政執行方針について申し上げました。

 教育委員会では、その活動内容について効果的な教育行政の推進に資するとともに、市民の皆さまへの説明責任を果たすため、教育行政に関する事務の管理及び執行状況について点検・評価を行い、昨年12月に公表させていただいたところであります。

 また、本市教育の進むべき方向や目標を定め、市民の皆さまとともに次代を担う子どもたちの育成を目指す「新しい教育計画」の策定を進めるなど、教育改革に取り組んでいるところであります。

 今後とも、教育関係者はもとより、家庭や地域と協働して、さまざまな教育の今日的課題に取り組んでまいりますので、市議会議員並びに市民の皆さまの一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。



○議長(小泉勇一) 以上で行政報告第1号及び教育行政報告第1号の報告は終わりました。

 なお、以上2案件については報告として受理することといたします。

                                          



△市長提出議案第1号〜市長提出議案第2号、市長提出行政報告第2号〜市長提出行政報告第4号、市長提出議案第3号〜市長提出議案第37号、市長提出報告第1号の上程、説明、報告                         



○議長(小泉勇一) 次に、日程第8、議案第1号 胆振支庁管内公平委員会委員の選任についてから日程第48、報告第1号 平成21事業年度伊達市土地開発公社事業計画及び予算についてまでの以上41案件を一括議題といたします。

 提案理由の説明及び報告を求めます。

 市長。

          〔市長 菊谷秀吉登壇〕



◎市長(菊谷秀吉) 議案第1号及び議案第2号 胆振支庁管内公平委員会委員の選任について、

関連がありますので、一括ご説明いたします。

 胆振支庁管内公平委員会委員の南繁美氏と?橋健自氏の両氏は、本年3月22日付をもって任期満了となりますので、その後任の公平委員会委員を選任いたしたく、地方公務員法第9条の2第2項及び胆振支庁管内公平委員会規約第4条第1項の規定に基づき、議会の同意を求めるものであります。

 まず、議案第1号でありますが、後藤隆氏は、虻田町商工会に勤務された後、昭和43年4月より虻田町役場に勤務され、税務課長、総務課長などを歴任し、総務部長を最後に平成20年12月に退職された方で、このたび任期満了となる南氏の後任として新たに選任するものであります。

 続きまして、議案第2号でありますが、?橋健自氏は、昭和39年4月に雪印食品株式会社に勤務されて以来、平成15年3月に同社を退職されるまで39年余にわたり民間企業の第一線で活躍され、その間には企業内労働組合の主要ポストも経験された方で、胆振支庁管内公平委員会委員として平成17年3月23日に選任されて以来1期4年間その職務に精励されております。

 両氏は、人格が高潔で、地方自治の本旨及び民主的で能率的な事務の処理に理解があり、かつ人事行政に関し識見を有するなど、公平委員会委員として適任者と考え、選任に同意を求めるものであります。

 なお、両氏の選任に当たりましては、胆振支庁管内公平委員会を共同設置する14の地方公共団体の長が共通の候補者として協議して定めた方であることを申し添えます。

 次に、行政報告第2号 第二次伊達市環境基本計画についてご報告いたします。現在の伊達市環境基本計画は、平成11年3月に市民参加のもと策定いたしましたが、既に10年の歳月が経過すること、また平成18年には自然環境の異なる大滝村と伊達市が合併したこと、さらには同じく18年度に策定しました伊達市地域新エネルギービジョンの中で本市の特性に合った新エネルギー導入の基本方針を決定したことなどの背景から、第二次伊達市環境基本計画を策定いたしました。なお、この計画については、4月に市民に公表する予定であります。今回の第二次伊達市環境基本計画では、環境配慮優先社会の実現を目指す将来像を「ともに学び、環境への配慮が優先されるエコシティだて―はじめよう、環境を知ること、行動すること、続けること!―」といたしました。今後は、この計画に基づき、将来像の実現に向けた具体的な取り組みを進めてまいりますので、議員各位のご支援とご協力をお願い申し上げます。

 次に、行政報告第3号 診療報酬返還金(未回収金)の不納欠損処理について報告いたします。別紙資料に記載しました3医療法人につきましては、それぞれ民事再生手続、または破産手続により本年度債権が整理がなされましたことから、その状況についてご報告するものであります。これら3医療法人にかかわる本市の債権額及びその会計別の内訳並びに配当額及び未回収となった債権額については、それぞれ資料にお示しをしたとおりでございます。この未回収となった債権につきましては、それぞれの医療法人が法的清算行為により債権の整理を行ったことから、市としては今年度末をもって不納欠損処分を行うものであります。

 次に、行政報告第4号 職員の不適切な事務処理についてご報告いたします。本件は、市職員等にかかわる源泉所得税について不納付加算税及び延滞金の納付義務を負ったものであります。源泉所得税につきましては、所得税法第183条第1項の規定により、その徴収の日の属する月の翌月10日までにこれを国に納付しなければならないと定められておりますが、平成20年10月の徴収分を同年11月13日、平成20年11月分の徴収分を同年12月11日に納付したもので、10月分については不納付加算税25万1,500円、延滞税1,900円、11月分については不納付加算税27万5,000円が賦課されました。不納付加算税額及び延滞税額の合計52万8,400円につきましては、会計管理費の補償補てん及び賠償金により支出しましたが、当該職員より自己弁済の申し入れがあったため、全額を弁済金として受納しております。このことについては、法定納期限の確認や審査事務への注意が散漫になっていたことが原因でありますので、今後は審査確認の徹底を図るとともに、組織内における連絡連携の強化を図ってまいります。

 なお、本件にかかわる当該職員、部長職1名、課長職1名につきましては、減給十分の1、1カ月の懲戒処分としております。

 以上、報告といたします。



○議長(小泉勇一) 大坪副市長。

          〔副市長 大坪鐵雄登壇〕



◎副市長(大坪鐵雄) 議案第3号 市道の路線の認定についてご説明いたします。

 本案件は、道路法の規定により、市道の路線の認定について議会の議決を求めるものであります。

 市道の路線を認定する理由でありますが、山下14号線は開発行為により新設された道路が市に帰属されたことにより、新たに認定するものであります。

 次に、議案第4号 伊達市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例についてご説明いたします。本案件は、介護従事者の処遇改善を図るため、平成21年度の介護報酬の改定に伴い第1号被保険者の介護保険料の大幅な上昇を抑制することを目的として本条例を制定するものであります。

 条例の内容につきましては、国から交付される介護従事者処遇改善臨時特例交付金の基金への積み立てに関し、この交付金を適正に管理運営するために基金の額、基金の管理、基金の運用益金の処理、基金の処分に関する規定などについて定めるものであります。

 なお、国から交付される介護従事者処遇改善臨時特例交付金を本年度中に基金に積み立てる必要があることから、この条例の施行日を公布の日とし、またこの条例の施行期間が第4期の介護保険事業計画期間内に限られていることから、この条例の失効日を平成24年3月31日とするものであります。

 次に、議案第5号 伊達漁港交流広場条例についてご説明いたします。本案件は、市民に海や漁業との触れ合いを楽しむ憩いの場の提供とあわせて漁港景観の美化と漁業への理解と振興に資することを目的に、平成18年度から伊達漁港区域内に整備を進めてまいりました交流広場が本年3月に完成し、本年5月から供用を開始することから、伊達漁港交流広場の設置及び管理に関する条例を制定するものであります。

 条例の主な内容につきましては、使用に当たっての行為の制限と禁止、使用料の設定、施設の破損した場合の損害賠償等を定めたものであります。

 なお、この条例の施行日を本年5月1日からとするものであります。

 次に、議案第6号 伊達市個人情報保護条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、統計法が全部改正され、あわせて統計報告調整法が廃止されたことに伴う条例の改正であります。

 改正の内容につきましては、本条例第41条第1項に規定する個人情報の適用除外について、この項の第1号に規定する指定統計に相当する統計が基幹統計と改められ、第2号に規定する総務大臣に届け出られた統計調査が一般統計調査と改められたこと、また第3号に規定する統計報告調整法が廃止となることからこの項を改め、整理するものであります。

 なお、この条例の施行日は、統計法の施行日と同日の本年4月1日とするものであります。

 次に、議案第7号 職員の懲戒の手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例及び議案第8号 職員の分限についての手続、効果等に関する条例の一部を改正する条例について、関連がありますので、一括ご説明いたします。これらの条例は、昭和27年に制定され、当時は伊達町が単独で公平委員会を設置しておりましたので、委任規定を公平委員会規則にゆだねておりましたが、昭和42年に業務の効率化を図ることを目的として胆振支庁管内の町村で公平委員会を共同設置したことから、伊達町公平委員会設置条例が廃止され、本条例の委任規定を整理すべきところその手続を行っていなかったことから、本条例の改正を行うものであります。

 改正の内容でありますが、議案第7号については第5条の、議案第8号については第6条のそれぞれ委任に関する規定を整理するもので、この条例の施行日を公布の日とするものであります。

 次に、議案第9号 伊達市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律が昨年12月26日に公布されたことにより、一般職の国家公務員の勤務時間が短縮されたことから、国に準じて条例を改正するものであります。

 改正の内容につきましては、職員の1週当たりの勤務時間を40時間から38時間45分に改めるほか、これに伴う所要の改正を行うものであります。これにより午前の勤務時間が8時45分から12時までとなり、12時から13時まで1時間の休憩時間を挟み、午後の勤務時間が13時から17時30分までとなるものであります。

 なお、この条例の施行日を法律の施行日と同日の本年4月1日とするものであります。

 次に、議案第10号 伊達市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部が改正されたことに伴う条例の改正であります。

 改正の内容につきましては、育児のための短時間勤務における4つの勤務形態のうち、1日当たり4時間の勤務と5時間の勤務の形態を3時間55分の勤務と4時間55分の勤務にそれぞれ改め、勤務形態に応じた勤務時間を定めたもので、詳細は議案説明資料にお示ししたとおりであります。

 なお、附則につきましては、この条例の施行日を法律の施行日と同日の本年4月1日とし、この条例の改正時における承認請求や改正前に承認を受けていた育児短時間勤務に関する取り扱いについて必要な経過措置を定めるものであります。

 次に、議案第11号 伊達市長等の給与に関する条例等の特例に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、市の厳しい財政状況を踏まえ、財政再建へ導くための責任者としての決意と姿勢を示すため、平成11年10月から特別職の給料の額を減額してきたところでありますが、いまだ厳しい状況から脱したとは言えず、引き続き給料の減額を実施することに伴う条例の改正であります。

 改正の内容につきましては、現在実施しております市長、副市長及び教育長の給料の減額についてその減額する額はこれまでと同様とし、減額する期間をさらに2年間延長し、平成23年3月までとするものであります。

 次に、議案第12号 伊達市火葬場条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。火葬場の利用状況につきましては、市外からの利用が年々増加しており、年間の利用数の約3割を占めるまでになってきております。このため火葬炉の補修等その他維持管理経費が増大し、市民の利用にも影響を及ぼすことが考えられます。このことから本案件については市外からの利用についてその使用料を見直し、応分の負担を求めるための条例の改正であります。

 改正の内容につきましては、市外の利用について年齢10歳以上の火葬を2万4,000円に、10歳未満を1万8,000円に改めるなど、詳細につきましては議案説明資料にお示ししたとおりであり、別表の使用料の欄のうち左記以外のときの欄の使用料、つまり市外に住所を有するときの使用料を改めるものであります。

 なお、附則におきましてこの条例の施行日を本年4月1日とし、必要な経過措置を定めるものであります。

 次に、議案第13号 伊達市生活館条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、黄金生活館及び稀府生活館の用途廃止に伴い、本条例の一部を改正するものであります。新たに黄金地区コミュニティセンターはまなす館が開設されたこと、また今回の定例会に季節保育所条例の廃止議案も提出しておりますが、黄金生活館と稀府生活館に開設していた季節保育所について本年度で廃止する予定としており、黄金生活館と稀府生活館の利用がほとんどなく、今後についても利用が見込まれないことから、この2つの施設の用途を廃止することに伴う条例の改正であります。

 改正の内容につきましては、第2条の表から黄金生活館及び稀府生活館を削るものであります。

 なお、この条例の施行日は、本年4月1日とするものであります。

 次に、議案第14号 伊達市乳幼児等医療費の助成に関する条例及び伊達市重度心身障がい者及びひとり親家庭等医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、北海道医療給付事業において児童福祉法第27条第1項第3号に規定する措置の対象となる児童を医療費助成の対象から除くこととしておりますが、児童福祉法の改正により新たに小規模住居型児童養育事業が創設され、養育者の住居で養育する乳幼児等を医療費助成の対象から除く必要があることから条例を改正するものであります。

 改正の内容につきましては、医療費の助成対象から除く乳幼児等に小規模住居型児童養育事業を行う者に委託された乳幼児等を加えるものであります。

 なお、この条例の施行日は、児童福祉法改正の施行日と同日の本年4月1日とするものであります。

 次に、議案第15号 伊達市介護保険条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件については、介護保険法施行令等が改正され、第4期の伊達市介護保険事業計画の策定に伴い、平成21年度から平成23年度までの3年間の新たな保険料を定めるための条例の改正であります。

 改正の内容につきましては、本条例第7条第1項の保険料率を定めるものであります。また、第7条第1項第4号に規定する第1号被保険者のうち、公的年金等の収入金額と合計所得金額の合計額が80万円以下の者について軽減措置を附則において定めるものであります。

 なお、この条例の施行日は、政令等の施行日と同日の本年4月1日とするものであります。

 次に、議案第16号 伊達市水道事業給水条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件については、水道料金を値下げすることに伴う条例の改正であります。水道事業会計は、平成19年度末決算で利益剰余金合計が7億円を超え、長期財政見込みからも良好な経営状況となっております。このことから、水道料金の見直しについて伊達市上下水道事業経営審議会へ諮問し、その答申を受けて料金の値下げを行うものであります。

 改正の内容につきましては、基本料金と従量料金についておおむね5%を現行料金から値下げした料金に改めるものであります。

 なお、この条例の施行日を本年5月1日とし、改正後の水道料金は本年5月分のメーター点検を行った日の翌日以降に確定される水道料金、いわゆる6月分としてメーター点検を行い、確定された水道料金から適用する経過措置を附則に規定するものであります。また、現行料金との比較など詳細につきましては、議案説明資料にお示ししたとおりであります。

 次に、議案第17号 伊達市農業振興基金条例を廃止する条例についてご説明いたします。伊達市農業振興基金条例は、伊達火力発電所建設の際に北海道電力株式会社から本市の農業振興に必要な事業に要する経費の財源に充てることを目的として農業振興資金の交付を受け、昭和55年9月に制定された条例であります。本案件については、この農業振興基金について本年2月をもって基金残高がなくなったことから、伊達市農業振興基金条例を廃止するものであります。

 なお、この条例の施行日は、公布の日とするものであります。

 次に、議案第18号 伊達市立季節保育所条例を廃止する条例についてご説明いたします。本案件は、現在4カ所ある季節保育所において今後についても入所児童が見込めないことから、その廃止について協議を行い、地元自治会等の了承が得られましたので、本条例を廃止するものであります。

 なお、附則においてこの条例の施行日を本年4月1日とし、この条例の施行に伴い季節保育所運営委員会も廃止することから、非常勤特別職員の報酬に関する条例についてもその一部を改正するものであります。

 次に、議案第19号 伊達市身体障害者福祉館条例を廃止する条例についてご説明いたします。身体障害者福祉館は、身体障がい者の方々の活動拠点でありましたが、平成15年に社会福祉協議会のふれあい福祉センターが開設されてからは障がい者関係の活動拠点がふれあい福祉センターに移っております。また、施設を利用した障がい者関係の事業としては、昭和50年度に児童の心身療育事業つくしんぼ教室が開設され、平成15年度からは児童デイサービス事業あいあいROOMとして継続されてきましたが、本年度に事業が北海道社会福祉事業団に移譲され、身体障害者福祉館での障がい者関係の事業が終了したことに伴い、本施設の用途を廃止し、本条例を廃止するものであります。なお、身体障害者福祉館としての用途廃止後は、自治会への貸し付けを予定しております。

 なお、附則において議会の議決に付すべき重要な公の施設の利用又は廃止に関する条例から身体障害者福祉館を削るものであり、この条例の施行日を本年4月1日とするものであります。

 次に、議案第20号 平成20年度伊達市一般会計補正予算(第11号)についてご説明いたします。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ2億8,715万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ178億4,775万4,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものであります。

 補正予算の内容につきましては、議案説明資料及び予算説明調書のとおりでありまして、主な内容は営農用水取水口復旧工事補助金及び決算見込みに伴う予算整理等にかかわる増減であります。

 継続費の補正につきましては「第2表継続費補正」のとおりとするものでありまして、市営住宅にれの木団地建替事業費の確定によるものであります。

 繰越明許費の補正につきましては「第3表繰越明許費補正」のとおりとするものでありまして、錦中線整備事業費の一部を翌年度へ繰り越すものであります。

 債務負担行為の補正につきましては、「第4表債務負担行為補正」のとおりとするものでありまして、予算整理等に伴う限度額の変更などであります。

 地方債の補正につきましては「第5表地方債補正」のとおりとするものでありまして、予算整理に伴う限度額の変更であります。

 次に、議案第21号 平成20年度伊達市国民健康保険特別会計補正予算(第5号)についてご説明いたします。歳入歳出予算補正につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ3億5,587万円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ53億8,708万4,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものであります。

 主な内容につきましては、予算説明調書のとおりでありまして、決算見込みに伴う予算整理等にかかわる増減でございます。

 次に、議案第22号 平成20年度伊達市下水道特別会計補正予算(第4号)についてご説明いたします。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ3,792万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ33億8,679万7,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものであります。

 補正予算の内訳につきましては、予算説明調書のとおりでありまして、主な内容は決算見込みに伴う予算整理等にかかわる増減であります。

 債務負担行為の補正につきましては「第2表債務負担行為補正」のとおりとするものでありまして、予算整理に伴う限度額の変更であります。

 地方債の補正につきましては「第3表地方債補正」のとおりとするものでありまして、予算整理に伴う限度額の変更であります。

 次に、議案第23号 平成20年度伊達市介護保険特別会計補正予算(第3号)についてご説明いたします。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1,919万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ27億3,862万4,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものであります。

 補正予算の内容につきましては、予算説明調書のとおりでありまして、決算見込みに伴う予算整理等にかかわる増減であります。

 債務負担行為の補正につきましては「第2表債務負担行為補正」のとおりとするものでありまして、予算変更等に伴う限度額の変更であります。

 次に、議案第24号 平成20年度伊達市霊園特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ607万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ604万5,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものであります。

 補正予算の内容につきましては、予算説明調書のとおりでありまして、決算見込みに伴う予算整理等にかかわる増減であります。

 債務負担行為の補正につきましては「第2表債務負担行為補正」のとおりとするものでありまして、予算変更に伴う限度額の変更であります。

 次に、議案第25号 平成20年度伊達市簡易水道特別会計補正予算(第3号)についてご説明いたします。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ100万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億83万2,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものであります。

 内容につきましては、予算説明調書のとおりでありまして、決算見込みに伴う予算整理等にかかわる減額補正であります。

 次に、議案第26号 平成20年度伊達市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ4,565万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ4億2,219万5,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものであります。

 内容につきましては、予算説明調書のとおりでありまして、決算見込みに伴う予算整理等にかかわる減額補正であります。

 次に、議案第27号 平成20年度伊達市水道事業会計補正予算(第3号)についてご説明いたします。

 まず、第2条の業務の予定量につきましては、平成20年度伊達市水道事業会計予算における事業の実績等を勘案し、給水戸数などについて補正するものであります。

 次に、第3条の収益的収入及び支出の補正につきましては、決算見込みによりまして水道事業収益に8,037万9,000円を追加し、7億2,305万円に、また水道事業費用から114万7,000円を減額し、5億333万6,000円とするものであります。

 第4条の資本的収入及び支出の補正につきましては、上水道配水管整備事業債及び工事負担金の減によりまして資本的収入から1,448万1,000円を減額し、4,876万9,000円に、また資本的支出につきましても決算見込みによりまして1,710万円を減額し、3億9,396万7,000円とするものであります。また、本文括弧書き中の資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額、いわゆる補てん財源につきましてもそれぞれ補正するものであります。

 第5条は、上水道配水管整備事業債の限度額から1,000万円を減額し、2,000万円とするものであります。

 第6条は、予定支出の各項の経費の金額の流用の補正でありまして、第3条に対応する金額を補正するものであります。

 第7条は、予算第4条の資本的支出に関連するたな卸資産購入限度額の補正でありまして、1,880万円を減額し、2,074万9,000円とするものであります。

 議案第28号から議案第37号までは、平成21年度予算にかかわる議案でございます。予算内容の詳細につきましては、平成21年度歳入歳出予算事項別明細書及び予算説明資料であります議案説明資料や予算概要に記載してございますので、提案に当たりましては主な項目についてご説明いたしたいと存じます。

 別冊の平成21年度各会計の予算及び予算説明書をお開きいただきたいと思います。目次の次のページに予算の総括表がございますので、まず予算全体についてご説明いたします。平成21年度予算は、一般会計が161億5,169万5,000円で、平成20年度の当初予算と比較いたしますと3億677万6,000円、1.9%の減となっております。

 次に、特別会計でございますが、8特別会計を合わせました額が106億3,383万4,000円で、前年度と比較いたしますと17億4,645万3,000円、14.1%の減となりまして、一般会計と特別会計の合計では267億8,552万9,000円となった次第でございます。これを前年度と比較いたしますと20億5,322万9,000円、7.1%の減でございます。

 一般―1ページをお開きいただきたいと存じます。議案第28号は、平成21年度一般会計予算でございます。

 第1条は、歳入歳出予算についてでございますが、総額をそれぞれ161億5,169万5,000円と定め、「第1表歳入歳出予算」のとおりといたしたい。

 第2条は、債務負担行為でございまして、「第2表債務負担行為」のとおりといたしたい。

 第3条は、地方債でございまして、「第3表地方債」のとおりといたしたい。

 第4条は、一時借入金でございまして、借り入れの最高額は30億円と定めたいというのが予算の概要でございます。

 内容につきまして、事項別明細書により歳出から款別のご説明を申し上げます。一般―40ページをお開き願いたいと思います。第1款議会費には1億5,533万円を計上しておりまして、前年度と比較して5万6,000円の増額でございます。主に議場用国旗市旗掲揚台購入費によるものでございます。

 次に、42ページでございます。第2款総務費には40億6,131万4,000円を計上しておりまして、前年度と比較して3,558万円の増額でございます。

 1項総務管理費、1目一般管理費は、前年度と比較して1,887万1,000円の減額でございます。主な理由は、燃料経費の低減などによる庁舎等維持管理費の減額でございます。

 次に、46ページでございます。7目企画費は、前年度と比較して2,234万円の増額でございますが、これは西いぶり広域連合負担金の共同電算分が増額になったことによるものでございます。

 9目IT推進費は、前年度と比較して2,487万6,000円の増額でございますが、これは地域イントラネット関連機器の更新にかかわる経費などによるものでございます。

 次に、52ページでございます。2項職員費、2目職員給与費は、前年度と比較して2,852万2,000円の増額でございます。主に退職手当組合負担金や臨時職員の賃金などが増額になったものでございます。詳細には142ページから145ページの給与費明細書に記載してございます。また、平成21年度一般会計職員給与費款項別の内訳につきましては、160ページから161ページに記載してございますので、後ほどごらんいただきたいと存じます。

 次に、54ページの3項徴税費は、前年度と比較して2,040万1,000円の減額でございます。これは、過年度還付金及び還付加算金が減額となったことによるものでございます。

 64ページでございます。第3款民生費には32億4,406万6,000円を計上しておりまして、前年度と比較して5億1,136万5,000円の減額でございます。

 1項社会福祉費、2目障がい者福祉費は、前年度と比較して7,649万7,000円の増額でございます。障害者自立支援法による自立支援給付費の増額によるものでございます。

 66ページの7目後期高齢者医療費は、前年度と比較して7,665万7,000円の増額でございますが、これは北海道後期高齢者医療広域連合負担金が増額になったことによるものでございます。

 68ページでございます。2項児童福祉費、1目児童福祉総務費は、前年度と比較して8,949万円の減額でございます。これは、やまびこ児童クラブの建設事業の完了などによるものでございます。

 74ページでございます。4項老人福祉費、3目老人ホーム費は、前年度と比較して6億1,002万3,000円の減額でございます。これは、平成18年度から行ってきました養護老人ホーム建設事業の完了によるものでございます。

 次に、76ページでございます。第4款衛生費には10億8,111万6,000円を計上しておりまして、前年度と比較して6,519万8,000円の増額でございます。

 1項保健衛生費、3目健康管理費は、前年度と比較して2,077万9,000円の増額でございます。妊婦健康診査の回数増に伴う事業費の増額によるものでございます。

 そのほかには80ページ、2項清掃費、3目し尿処理費のし尿処理経費の増額、胆振西部衛生組合負担金の減額及び4目浄化槽整備費の浄化槽整備事業の増額によるものでございます。

 次に、84ページ、第5款労働費には2,574万1,000円を計上しておりまして、前年度と比較して395万2,000円の減額でございます。

 次に、86ページ、第6款農林水産業費には4億4,288万円を計上しておりまして、前年度と比較して2,200万1,000円の増額でございます。これにつきましては、主に88ページの1項農業費、4目土地改良費で道営上円山地区畑地帯総合整備事業が増額になったこと、90ページの2項林業費、1目林業振興費で木質ペレットプラント運営管理費の増額及び94ページ、3項水産業費、1目水産業振興費の伊達漁港漁港環境整備事業の完了による減額などでございます。

 次に、96ページでございます。第7款商工費には1億956万1,000円を計上しておりまして、前年度と比較して429万9,000円の減額でございます。

 次に、98ページでございます。第8款土木費には17億351万1,000円を計上しておりますが、前年度と比較して1億2,202万6,000円の増額でございます。

 106ページの4項都市計画費、3目公園緑化費は3億341万7,000円の増額でございます。これは、主に防災公園だて歴史の杜整備事業及びまなびの里公園整備事業によるものでございます。

 また、110ページの5項住宅費、3目住宅建設費は2億4,027万9,000円の減額でございます。これは、主に市営住宅本町南団地建替事業の完了によるものでございます。

 次に、116ページでございます。第9款消防費には7億1,232万4,000円を計上しておりまして、前年度と比較して1,620万円の減額でございます。これは、西胆振消防組合負担金の減額によるものでございます。

 次に、118ページでございます。第10款教育費には7億5,399万8,000円を計上しておりまして、前年度と比較して539万3,000円の減額でございます。

 120ページの1項教育総務費、6目国際理解教育費では814万6,000円の増額でございまして、レイクカウチン中学生派遣事業の増額によるものでございます。

 このほか主な増減は、122ページの2項小学校費、1目学校管理費及び124ページの3項中学校費、1目学校管理費の各学校施設改修工事の増減によるものでございます。

 次に、136ページでございます。第11款公債費には25億1,974万8,000円を計上しております。前年度と比較して1億3,647万円の増額でございますが、主に補償金免除繰上償還に伴う長期債償還元金の増額によるものでございます。

 次に、138ページでございます。第12款諸支出金には13億2,201万6,000円を計上しており、前年度と比較して1億4,689万8,000円の減額でございます。

 1項他会計繰出金におきましては、前年度と比較をしますと1目国民健康保険特別会計では7,501万2,000円、2目老人保健会計では4,130万6,000円、3目下水道会計では6,369万1,000円の減額でございます。また、5目介護保険会計では1,443万2,000円、7目簡易水道会計では1,093万1,000円、8目後期高齢者医療会計1,193万8,000円の増額でございます。

 次に、140ページの第13款予備費につきましては、前年同様2,000万円を計上しております。

 以上で歳出の説明を終わりますが、146ページ以降に継続費に関する調書、債務負担行為に関する調書、地方債に関する調書、負担金補助及び交付金調べがございます。また、全体をまとめたものとして、156ページから159ページまでに款別性質別集計表及び款別節別集計表を掲載してございますので、後ほどごらんいただきたいと存じます。説明は省かせていただきます。

 次に、歳入についてでございます。14ページにお戻りいただきたいと思います。第1款市税は36億9,017万5,000円の計上で、前年度と比較して1,167万7,000円の減額となっております。

 1項市民税では5,967万2,000円の減額を、2項固定資産税では5,441万6,000円の増額を見込んでおります。これは、個人所得割及び法人税割の減額と償却資産課税標準額の増額によるものでございます。

 次に、18ページでございます。第10款地方交付税は57億2,800万円の計上で、前年度と比較して8,000万円の増額でございます。地方財政計画に基づく普通交付税の増額分や特別交付税における合併加算の減少分を見込んで計上したものでございます。

 次に、20ページでございます。第13款使用料及び手数料は5億914万2,000円の計上で、前年度と比較して1億376万6,000円の増額でございます。主に1項使用料の木質ペレット使用料及び2項手数料のし尿処理手数料によるものでございます。

 次に、24ページでございます。第14款国庫支出金は17億7,210万8,000円の計上で、前年度と比較して9,575万5,000円の増額でございます。主に障がい者福祉費負担金及び地域活力基盤創造交付金の増額によるものでございます。

 次に、26ページでございます。第15款道支出金は7,341万7,000円の計上で、前年度と比較して2億8,641万9,000円の減額でございます。主に児童厚生施設等整備費及び養護老人ホーム建設事業にかかわる民生費道補助金の減額によるものでございます。

 次に、30ページでございます。第16款財産収入は2,430万4,000円の計上で、前年度と比較して6,149万9,000円の減額でございます。土地売払収入の減額によるものでございます。

 次に、32ページでございます。第18款繰入金は2億1,714万3,000円の計上で、前年度と比較して195万7,000円の増額でございます。これは、財政調整基金繰入金の減額及び地域振興基金繰入金の増額でございます。

 次に、34ページでございます。第20款諸収入は9億8,300万2,000円の計上で、前年度と比較して8,018万9,000円の減額でございます。主に備荒資金組合支消金の減額によるものでございます。

 次に、38ページでございます。第21款市債は15億9,750万円の計上で、前年度と比較して980万円の減額でございます。起債対象事業の完了に伴う減額分及び補償金免除による繰上償還借換債の増額分による差し引きでありますが、市債発行額につきましては予算編成方針どおり償還元金の範囲内としたものでございます。

 以上で歳入の説明を終わります。

 最後に、予算収支でございますが、3億8,700万円の収支不足となりましたことから、財政調整基金の繰り入れ及び備荒資金の支消により財源措置を行ったところでございます。

 次に、議案第29号についてご説明申し上げます。国保―1ページをお開き願いたいと思います。議案第29号は、平成21年度伊達市国民健康保険特別会計予算でございます。

 第1条は、歳入歳出予算についてでございますが、総額をそれぞれ49億5,183万9,000円と定め、「第1表歳入歳出予算」のとおりといたしたい。

 第2条は、一時借入金でございまして、借り入れの最高額は5億円と定めたいというのが予算の概要でございます。

 内容につきまして事項別明細書により歳出からご説明申し上げます。16ページをお開き願います。第1款総務費は7,298万2,000円の計上で、前年度と比較いたしまして509万4,000円の減額でございます。

 1項1目一般管理費は、前年度と比較して189万2,000円の減額で、職員給与及び共済費の減などによるものでございます。

 なお、給与費の明細につきましては、56ページから58ページに記載してございます。

 次に、24ページでございます。第2款保険給付費は35億2,405万7,000円の計上で、前年度と比較して3億2,858万3,000円の減額でございます。

 1項療養諸費は、一般及び退職被保険者療養給付費について被保険者数の減少などにより減額となるものでございます。

 次に、26ページでございます。2項高額療養費は、高額医療費の動向等を勘案し、一般及び退職被保険者分が減額となるものでございます。

 次に、34ページでございます。第3款後期高齢者支援金は4億6,226万8,000円の計上で、前年度と比較して4,482万8,000円の増額でございます。後期高齢者医療制度に対する支出の増額でございます。

 次に、38ページでございます。第5款老人保健拠出金は2,152万7,000円の計上で、前年度と比較して1億6,497万7,000円の減額でございまして、後期高齢者医療制度へ移行したことによるものでございます。

 次に、42ページでございます。第7款共同事業拠出金は6億2,992万1,000円の計上で、前年度と比較して5,548万5,000円の増額でございます。これは、高額医療費共同事業拠出金及び保険財政共同安定化事業拠出金として国保連合会からの決定によるものでございます。

 次に、48ページでございます。第10款公債費は100万円の計上で、前年度と比較して530万円の減額でございます。これは、北海道の広域化等支援基金への保険財政広域化支援事業償還終了によるものでございます。

 以上で歳出の説明を終わりまして、次に歳入について申し上げます。8ページをお開きいただきたいと思います。第1款国民健康保険税は8億4,787万6,000円の計上で、前年度と比較して5,576万円の減額でございます。これは、被保険者数の減少などによるものでございます。

 次に、10ページでございます。第3款国庫支出金は11億1,085万8,000円の計上で、前年度と比較して5,483万1,000円の増額でございます。これは、療養給付費等国庫負担金のうち、療養諸費分の増額などによるものでございます。

 次に、12ページでございます。第4款療養給付費等交付金は2億8,266万6,000円の計上で、前年度と比較して1億6,490万1,000円の減額でございます。これは、65歳以上の退職被保険者が一般被保険者へ移行したことによるものでございます。

 第5款前期高齢者交付金は12億7,423万1,000円の計上で、前年度と比較して2億9,182万9,000円の減額でございます。

 第6款道支出金は1億9,948万9,000円の計上で、前年度と比較して1,229万1,000円の増額でございます。これは、道財政調整交付金の増額によるものでございます。

 第7款共同事業交付金は6億4,562万円の計上で、前年度と比較して2,783万円の減額でございます。これは、保険財政共同安定化事業及び高額医療費共同事業対象費用の動向を勘案し、所要額を見込んだことによるものでございます。

 第9款繰入金は3億1,293万円の計上で、前年度と比較して8,058万8,000円の減額でございます。これは、保険基盤安定分、人件費等分、国保財政安定化分及び医療費波及分の減をそれぞれ見込んだものでございます。

 次に、14ページでございます。第11款諸収入は2億7,775万5,000円の計上で、前年度と比較して1億5,104万5,000円の増額でございます。これは、雑入で計上していた歳入不足見込み額が増加したことによるものでございます。

 以上で議案29号の説明を終わります。

 次に、議案第30号についてご説明申し上げます。老健―1ページをお開き願います。議案第30号は、平成21年度伊達市老人保健特別会計予算でございます。

 歳入歳出予算についてでございますが、総額をそれぞれ152万3,000円と定め、「第1表歳入歳出予算」のとおりといたしたいというのが概要でございます。

 内容につきましては、事項別明細書により歳出からご説明申し上げます。10ページでございます。第1款医療諸費は152万3,000円の計上で、前年度と比較しまして5億1,995万2,000円の減額でございます。

 1項1目医療給付費は100万円の計上で、前年度と比較して5億89万2,000円の減額でございます。

 2目医療費支給費は50万円の計上で、前年度と比較して1,750万円の減額でございます。

 3目審査支払手数料は2万3,000円の計上で、前年度と比較して156万円の減額でございます。

 以上で歳出の説明を終わりまして、次に歳入について申し上げます。8ページをお開き願いたいと思います。第1款支払基金交付金は77万1,000円の計上で、前年度と比較して2億7,211万1,000円の減額でございます。

 第2款国庫支出金は49万9,000円の計上で、前年度と比較して1億6,522万8,000円の減額でございます。

 第3款道支出金は12万5,000円の計上で、前年度と比較して4,130万7,000円の減額でございます。

 第4款繰入金は12万5,000円の計上で、前年度と比較して4,130万6,000円の減額でございます。

 なお、歳入歳出とも後期高齢者医療制度への移行に伴いまして、すべて減額となっているものでございます。

 次に、議案第31号についてご説明申し上げます。下水―1ページをお開き願いたいと思います。議案第31号は、平成21年度伊達市下水道特別会計予算でございます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額についてでございますが、総額をそれぞれ24億6,981万1,000円と定め、「第1表歳入歳出予算」のとおりといたしたい。

 第2条は、債務負担行為でございまして、「第2表債務負担行為」のとおりといたしたい。

 第3条は、地方債でございまして、「第3表地方債」のとおりといたしたい。

 第4条は、一時借入金でございまして、借り入れの最高額は5億円と定めたいというのが予算の概要でございます。

 内容につきまして事項別明細書により歳出からご説明申し上げます。14ページをお開き願います。第1款下水道事業費は11億4,928万5,000円の計上で、前年度と比較して7億7,257万9,000円の減額でございます。

 1項下水道管理費、1目一般管理費は、前年度と比較して1,892万9,000円の減額でございます。主に職員給与等及び消費税等納付金の減によるものでございます。

 なお、給与費の明細につきましては、26ページから28ページに記載してございます。

 2目管渠費は、汚水管渠及び雨水管渠の維持管理経費でございますが、前年度と比較して525万5,000円の増額でございます。主に道路工事等に伴う補償工事の増額によるものでございます。

 3目施設管理費は、前年度までのポンプ場費及び処理場費の目をあわせたものでございますが、前年度と比較して5,752万2,000円の増額でございます。これは、し尿等処理にかかわる処理場維持管理費の増額によるものでございます。

 18ページでございます。2項1目下水道建設費は、前年度と比較して8億1,308万4,000円の減額でございます。これは、公共下水道事業では増額となっておりますが、汚水処理施設共同整備事業完了による減額が大きいことによるものでございます。

 次に、20ページでございます。第2款公債費には13億602万6,000円の計上で、前年度と比較して1,752万9,000円の減額でございます。主に補償金免除繰上償還に伴う長期債利子の減額によるものでございます。

 以上で歳出の説明を終わりまして、次に歳入について申し上げます。10ページをお開き願いたいと思います。第1款分担金及び負担金は3,665万5,000円の計上で、前年度と比較して2,877万4,000円の減額でございます。主に汚水処理施設共同整備事業負担金等の減額によるものでございます。

 第3款国庫支出金は3億1,364万2,000円の計上で、前年度と比較して3億9,505万8,000円の減額でございます。公共下水道事業費補助金の減額によるものでございます。

 第4款繰入金は4億3,259万円の計上で、前年度と比較して6,369万1,000円の減額でございます。主にその他分の減額によるものでございます。

 次に、12ページでございます。第6款諸収入は6,757万2,000円の計上で、前年度と比較して5,726万6,000円の増額でございます。これは、3目受託事業収入のし尿等処理業務受託収入によるものでございます。

 第7款市債は9億6,320万円の計上で、前年度と比較して4億1,830万円の減額でございます。下水道整備事業債の減額によるものでございます。

 次に、議案第32号についてご説明いたします。公共―1ページをお開きいただきたいと思います。議案第32号は、平成21年度伊達市公共用地先行取得特別会計予算でございます。

 歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,148万4,000円と定め、「第1表歳入歳出予算」のとおりといたしたいというのが概要でございます。

 内容につきましては、事項別明細書により歳出からご説明申し上げます。10ページをお開きいただきたいと思います。第1款基金繰出金は、土地開発基金繰出金として71万7,000円の計上で、前年度と比較して6,000円の増額でございます。これは、土地開発基金の運用益金を一度公共用地先行取得特別会計に計上し、同基金に積み立てるために繰り出すものでございます。

 次に、12ページでございます。第2款公債費は2,076万7,000円の計上で、前年度に比較して468万1,000円の減額でございまして、公共用地先行取得事業債の償還元金及び利子の減額によるものでございます。

 以上が歳出でございまして、次に歳入についてご説明申し上げます。8ページをお開き願います。第1款財産収入は、土地開発基金の積立金利子及び土地売り払い収益として71万7,000円の計上で、前年度と比較して6,000円の増額でございます。これは、前段申し上げました歳出の基金繰出金と同額でございます。

 第2款繰入金は2,076万7,000円の計上で、これも歳出で申し上げました公共用地先行取得事業債の償還にかかわる経費を一般会計から繰り入れるもので、公債費と同額でございます。

 次に、議案第33号についてご説明申し上げます。介護―1ページをお開き願います。議案第33号は、平成21年度伊達市介護保険特別会計予算でございます。

 第1条は、歳入歳出予算についてでございますが、総額をそれぞれ26億5,972万6,000円と定め、「第1表歳入歳出予算」のとおりといたしたい。

 第2条は、一時借入金でございまして、借り入れの最高額は5億円と定めたいというのが予算の概要でございます。

 内容につきまして事項別明細書により歳出からご説明申し上げます。14ページをお開き願います。第1款総務費は8,497万4,000円の計上で、前年度と比較して452万4,000円の増額でございます。

 1項1目一般管理費は、前年度と比較して608万9,000円の増額でございます。主に職員給与等の増額によるものでございます。

 なお、給与費の明細につきましては、44ページから46ページに記載してございます。

 次に、16ページの2項1目賦課徴収費は、前年度と比較して171万4,000円の減額でございますが、保険料の賦課徴収事務経費の減額によるものでございます。

 次に、22ページでございます。第2款保険給付費は25億470万円の計上で、前年度と比較して7,807万円の増額でございます。

 1項2目介護予防サービス等諸費は、前年度と比較して6,456万円の増額となっております。主に介護予防サービス給付費の増額によるものでございます。

 26ページの3項高額介護サービス等費は、前年度と比較して700万円の増額でございます。主に1目高額介護サービス費の高額医療合算介護サービス費の増によるものでございます。

 次に、30ページでございます。第3款地域支援事業費は6,680万円の計上で、前年度と比較して318万3,000円の増額でございます。主に介護予防特定高齢者施策事業の増額によるものでございます。

 以上で歳出の説明を終わりまして、次に歳入について申し上げます。8ページをお開きいただきたいと思います。第1款保険料は4億4,198万6,000円の計上で、前年度と比較して1,307万5,000円の減額でございます。

 第4款国庫支出金は5億8,646万7,000円の計上で、前年度と比較して2,816万9,000円の増額でございます。これは、介護給付費負担金及び調整交付金の増額によるものでございます。

 第6款道支出金は3億9,911万6,000円の計上で、前年度と比較して962万6,000円の増額でございます。これは、1項1目介護給付費負担金の増額によるものでございます。

 次に、10ページでございます。第8款繰入金は4億5,222万7,000円の計上で、前年度と比較して5,753万2,000円の増額でございます。これは、介護給付費準備基金繰入金及び介護従事者処遇改善臨時特例基金繰入金の増額などによるものでございます。

 次に、議案第34号についてご説明申し上げます。霊園―1ページをお開き願います。議案第34号は、平成21年度伊達市霊園特別会計予算でございます。

 歳入歳出予算の総額をそれぞれ1,294万4,000円と定め、「第1表歳入歳出予算」のとおりといたしたいというのが概要でございます。

 内容につきまして事項別明細書によりまして歳出からご説明申し上げます。10ページをお開き願います。第1款霊園事業費は193万7,000円の計上で、前年度に比較して15万1,000円の増額でございます。これは、霊園の維持管理費の計上となっております。

 次に、12ページでございます。第2款基金積立金は70万5,000円の計上で、前年度に比較して741万4,000円の減額でございます。これは、減債基金及び霊園管理基金への積立金の減額によるものでございます。

 次に、14ページでございます。第3款公債費は1,030万2,000円の計上で、前年度と比較して808万6,000円の増額でございまして、霊園整備事業債の長期償還元金及び利子を計上したものでございます。

 以上が歳出でございまして、次に歳入についてご説明申し上げます。8ページをお開き願います。第1款使用料及び手数料は863万8,000円の計上で、前年度に比較して229万5,000円の減額でございます。これは、墓地使用料等の減額によるものでございます。

 第3款繰入金は420万1,000円の計上で、前年度に比較して310万3,000円の増額となっておりますが、これは霊園維持管理等に要する経費について一般会計から繰り入れるものでございます。

 次に、議案第35号について説明申し上げます。簡水―1ページをお開き願います。議案第35号は、平成21年度伊達市簡易水道特別会計予算でございます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ7,213万1,000円と定め、「第1表歳入歳出予算」のとおりといたしたいというのが概要でございます。

 内容につきまして事項別明細書によりまして歳出からご説明申し上げます。10ページをお開き願います。第1款簡易水道事業費は3,416万7,000円の計上で、前年度と比較して2,849万1,000円の減額でございます。

 1項1目一般管理費は、前年度と比較して307万5,000円の増額でございます。主に職員給与等の増額によるものでございます。

 なお、給与費の明細につきましては、18ページから20ページに記載してございます。

 2目維持管理費は、前年度と比較して350万8,000円の減額でございます。簡易水道維持管理費の減額によるものでございます。

 なお、区域拡大による簡易水道事業が平成20年度で終了したことにより、簡易水道建設費が減額となっております。

 第2款公債費は3,746万4,000円の計上で、前年度と比較して254万5,000円の増額となっております。

 以上で歳出の説明を終わりまして、次に歳入についてご説明申し上げます。8ページをお開き願います。第1款使用料及び手数料は3,685万7,000円の計上で、前年度と比較して590万7,000円の減額でございます。

 第2款繰入金は3,527万2,000円の計上で、前年度と比較して1,093万1,000円の増額でございます。主にその他分の増額によるものでございます。

 第4款諸収入は1,000万円の計上で、前年度と比較して392万円の減額となっておりますが、これは消費税等還付金の減額によるものでございます。

 次に、議案第36号についてご説明申し上げます。高医―1ページをお開き願います。議案第36号は、平成21年度伊達市後期高齢者医療特別会計予算でございます。第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ4億4,437万6,000円と定め、「第1表歳入歳出予算」のとおりといたしたいというのが概要でございます。

 内容につきましては、事項別明細書によりまして歳出からご説明申し上げます。10ページをお開き願います。第1款総務費は736万3,000円の計上で、前年度と比較して272万9,000円の増額でございます。

 1項1目一般管理費は227万7,000円の増額でございまして、医療事務経費の増額によるものでございます。

 14ページでございます。2款後期高齢者医療広域連合納付金は4億3,600万3,000円で、前年度と比較して2,671万7,000円の減額でございます。主に北海道後期高齢者医療広域連合保険料等負担金の減額によるものでございます。

 以上が歳出でございまして、次に歳入についてご説明申し上げます。8ページをお開き願います。第1款後期高齢者医療保険料は3億3,362万2,000円の計上で、前年度と比較して3,592万7,000円の減額でございます。

 第3款繰入金は1億1,023万円の計上で、前年度と比較して1,193万8,000円の増額でございます。主に保険基盤安定分の増額によるものでございます。

 次に、議案第37号についてご説明申し上げます。水道―1ページをお開き願います。議案第37号は、平成21年度伊達市水道事業会計予算についてでございます。

 まず、第2条は業務の予定量でございますが、これは給水戸数を1万4,403戸、年間総給水量を352万4,886立方メートルと見込んだものでございます。また、主要な建設改良事業といたしましては、施設整備事業に2,173万5,000円、配水管整備事業に2億5,427万7,000円、地上式量水器整備事業に5,455万円を見込んでおります。

 次に、第3条は収益的収入及び支出でございます。収入につきましては6億405万2,000円を、支出につきましては5億695万4,000円を計上してございます。

 第4条は、資本的収入及び支出でございます。収入につきましては5,235万円を、支出につきましては3億5,264万6,000円を計上してございます。また、ここで生じます不足額の3億29万6,000円は、消費税及び地方消費税資本的収支調整額、過年度分損益勘定留保資金、当年度分損益勘定留保資金、減債積立金、建設改良積立金で補てんしようとするものでございます。

 次に、第5条は企業債でございまして、起債の目的、限度額等を表のとおりとするものでございます。

 次に、第6条は一時借入金でございまして、限度額を8,000万円と定めるものでございます。

 次に、第7条は予定支出の各項の経費の金額の流用でございまして、営業費用を3億5,913万5,000円に、営業外費用を2,033万2,000円と定めるものでございます。

 次に、第8条は議会の議決を経なければ流用することができない経費でございます。これは、流用禁止項目でございまして、職員給与費1億2,321万9,000円を流用禁止と定めるものでございます。

 次に、第9条はたな卸資産購入限度額でございまして、その限度額を3,647万9,000円と定めるものでございます。

 以上が平成21年度伊達市水道事業会計予算の概要でございます。

 次に、内容につきまして事項別明細書によりご説明申し上げます。26ページをお開き願います。(3)、収益的支出でございます。第1款水道事業費用、1項営業費用は4億8,235万4,000円で、前年度と比較して729万8,000円の増額となっております。

 1目原水及び浄水費は1億1,217万6,000円を計上いたしております。前年度と比較して781万4,000円の増額となっておりまして、主として施設管理に係る工事請負費の増額でございます。

 次に、28ページでございます。2目配水及び給水費は3,906万4,000円を計上いたしております。前年度と比較して121万8,000円の減額となっておりまして、主として配水管維持に係る修繕費の減額でございます。

 3目受託工事費は338万1,000円を計上しております。前年度と比較して433万円の減額となっておりまして、主として受託工事に係る工事請負費の減額でございます。

 次に、30ページでございます。4目業務費は2,881万6,000円を計上いたしております。前年度と比較して65万円の減額となっております。

 5目総係費は1億4,094万6,000円を計上いたしておりまして、前年度と比較して614万5,000円の増額となっておりますが、主として職員の異動等による給与費の増額によるものでございます。

 次に、32ページでございます。6目減価償却費は1億4,488万5,000円を計上いたしておりまして、前年度と比較して225万9,000円の減額でございます。

 7目資産減耗費は1,308万6,000円を計上いたしておりまして、前年度と比較して179万6,000円の増額でございます。

 次に、34ページでございます。第2項営業外費用は2,033万2,000円で、前年度と比較して403万4,000円の減額となっております。

 1目支払利息及び企業債取扱諸費は1,598万円を計上いたしておりまして、前年度と比較して304万6,000円の減額となっておりますが、前年度の補償金免除繰上償還による利息の減によるものでございます。

 2目雑支出は20万円を計上いたしております。

 3目消費税及び地方消費税は415万2,000円を計上いたしております。

 次に、3項予備費は100万円を、4項特別損失は326万8,000円を計上いたしております。

 以上で収益的支出の説明を終わります。

 次に、少し戻りますが、24ページをお開き願いたいと思います。(2)、収益的収入でございます。第1款水道事業収益、1項営業収益は6億303万1,000円で、前年度と比較して3,846万4,000円の減額となっております。

 1目給水収益は、前年度の決算見込みなどを勘案し、年間総有収水量を305万1,772立方メートルと見込み、水道料金5億3,610万円を計上いたしておりまして、前年度と比較して3,348万5,000円の減額となっております。

 2目受託工事収益は379万1,000円を計上いたしております。

 3目その他営業収益は6,314万円を計上いたしております。

 次に、2項営業外収益は102万1,000円を計上いたしております。1目受取利息は102万円を、2目雑収益は1,000円を計上いたしております。

 次に、資本的収入及び支出についてご説明申し上げます。まず、38ページの(5)、資本的支出でございます。第1款資本的支出、1項建設改良費は3億3,219万7,000円でございまして、前年度と比較して1,021万円の減額となっております。

 1目固定資産取得費は5,618万5,000円を計上いたしております。

 2目施設整備費は2,173万5,000円を計上いたしておりまして、前年度と比較して415万8,000円の増額となっております。

 3目一般配水管設備費は2億5,427万7,000円を計上いたしておりまして、前年度と比較して1,921万4,000円の減額となっております。

 次に、2項1目企業債償還金は2,044万9,000円で、前年度と比較して4,731万4,000円の減額となっております。

 以上で資本的支出の説明を終わりまして、36ページにお戻りいただきたいと思います。(4)、資本的収入でございます。第1款資本的収入、1項1目企業債は、上水道配水管整備事業債の2,000万円でございます。

 次に、2項1目工事負担金は、配水管移設工事負担金の735万円を計上いたしております。

 次に、3項1目補助金は、水道未普及地域解消事業補助金の2,500万円を計上いたしております。

 以上で資本的収入及び支出の説明を終わります。

 なお、5ページから19ページまでの実施計画、資金計画、給与費明細書、その他財務諸表等につきましては、法の定めに従いまして調製してございますので、説明は省略させていただきます。

 以上で水道事業予算の説明を終わります。

 次に、報告第1号 平成21事業年度伊達市土地開発公社事業計画及び予算についてご説明いたします。この報告につきましては、地方自治法第243条の3第2項の規定により議会に報告するものであります。

 報告1―2ページの平成21事業年度伊達市土地開発公社事業計画からご説明いたします。1の土地の取得、造成でありますが、公有地取得事業につきましては泉の沢公園事業用地等の取得、造成、また土地造成事業につきましては長和工業団地の造成でありまして、合計は面積660平方メートル、金額3,365万6,000円であります。

 2の土地の処分でありますが、公有地取得事業につきましては浜町線整備事業等の処分、また土地造成事業につきましては長和工業団地等の処分でありまして、合計は面積2万4,032.71平方メートル、金額3億1,305万7,000円であります。

 次に、報告1―3ページ、平成21事業年度伊達市土地開発公社予算についてご説明いたします。第2条の収益的収入及び支出でありますが、まず収入、第1款の事業収益につきましては、第1項の公有地取得事業収益といたしまして浜町線整備事業等の売却を、また第2項の土地造成事業収益としまして長和工業団地等の売却を見込んだものであり、事業収益合計は3億1,305万7,000円であります。

 第2款の事業外収益につきましては、受取利息といたしまして1万円、雑収益といたしまして2万4,000円を計上し、事業外収益合計は3万4,000円となり、収入合計といたしまして3億1,309万1,000円であります。

 次に、支出、第1款の事業原価につきましては、収入の事業収益に対する費用でありまして、事業原価合計2億5,775万9,000円であります。

 第2款の販売費及び一般管理費につきましては、旅費、需用費等といたしまして210万4,000円を計上しております。

 第3款の予備費につきましては50万円を計上し、支出合計といたしまして2億6,036万3,000円であります。

 次のページに移りまして、第3条の資本的収入及び支出についてご説明いたします。収入、第1款の資本的収入でありますが、第1項の借入金は借入金利息分であり、収入合計といたしまして533万6,000円であります。

 次に、支出、第1款の資本的支出でありますが、第1項の公有地取得事業及び第2項の土地造成事業につきましては、土地の取得や管理に必要な支出及び借入金利息分であります。

 第3項は借入金の償還金となり、支出合計といたしましては2億9,109万2,000円であります。また、第3条に記載のとおり資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額2億8,575万6,000円は、当年度損益勘定留保資金2億5,778万2,000円及び前期繰り越し準備金2,797万4,000円により補てんするものであります。

 第4条の借入金につきましては、土地開発公社事業の進展のための借入金の限度額を5億5,000万円と設定するものであります。

 以上で提案理由の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(小泉勇一) 以上で提案理由の説明及び報告は終わりました。

 なお、行政報告第2号 第二次伊達市環境基本計画についてから行政報告第4号 職員の不適切な事務処理についてまでの以上3案件の質疑については、9日の会議において行うこととし、報告第1号については地方自治法に基づくものでありますので、報告として受理いたします。

                                          



△次会日程の報告



○議長(小泉勇一) 以上で本日の日程はすべて終わりました。

 お諮りいたします。明日から3月4日までは議案調査等のため休会にしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小泉勇一) 異議ないものと認め、明日から3月4日までは休会とすることに決定いたしました。

 3月5日は午前10時から会議を開きます。

                                          



△散会の宣告



○議長(小泉勇一) 本日はこれをもって散会といたします。

 ご苦労さまでした。

          散 会 (午後 0時16分)