議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 二本松市

平成20年  4月 臨時会(第3回) 04月21日−01号




平成20年  4月 臨時会(第3回) − 04月21日−01号







平成20年  4月 臨時会(第3回)



          平成20年4月21日(月曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(28人)

    1番 加藤和信   2番 堀籠新一   3番 佐藤 有

    4番 佐藤公伯   5番 (欠員)   6番 斎藤康晴

    7番 本多勝実   8番 菅野 明   9番 中田凉介

   10番 小林 均  11番 安部匡俊  12番 浅川吉寿

   13番 平 敏子  14番 遠藤芳位  15番 鈴木 隆

   16番 新野 洋  17番 野地久夫  18番 平塚與志一

   19番 斎藤徳仁  20番 斎藤広二  22番 斎藤賢一

   23番 斎藤周一  24番 高橋正弘  25番 鈴木利英

   26番 渡辺平一  27番 平栗征雄  28番 三浦一良

   29番 中沢武夫  30番 市川清純

欠席議員(1人)

   21番 佐藤源市

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長   菅野光夫     議会事務局次長  佐藤俊英

   議事係長     渡辺誠一     庶務係長     塩田英勝

   書記       菅野るみ子    書記       吉田貴志

   書記       阿部史隆     書記       尾形崇裕

   書記       佐藤興一     書記       武藤 聡

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条による出席者

   市長          三保恵一  教育長        渡邊專一

   総務部長        安斎一男  企画財政課長     佐原一彦

   市民部長        渡辺一夫  市民課長       菅野 隆

   国保年金課長      本田光雄

   産業部長        安斎 豊  農林課長       三瓶憲一

   建設部長        三村和好  土木課長       渡辺秀夫

   道路維持課長      渡辺利夫  都市整備課長     平栗定宗

   建築住宅課長      北沢寿夫

   選挙管理委員会事務局長 半澤宣幸

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程 平成20年4月21日(月) 午前10時開会

 日程第1 会議録署名議員指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 議案上程〔市長提案理由説明、議案に対する質疑、委員会付託〕

  会議事件

  〔市長提出報告〕

   第5号 専決処分の報告について

       (損害賠償額の決定について)

   第6号 平成20年度財団法人二本松菊栄会事業計画について

   第7号 平成20年度財団法人二本松市ふるさと振興公社事業計画について

   第8号 平成20年度財団法人安達地域農業振興公社事業計画について

  〔市長提出議案〕

   第70号 専決処分の承認を求めることについて

        (平成19年度二本松市一般会計補正予算)

   第71号 専決処分の承認を求めることについて

        (平成19年度二本松市国民健康保険特別会計補正予算)

   第72号 二本松市手数料条例の一部を改正する条例制定について

   第73号 損害賠償額の決定について

   第74号 工事請負契約締結について

   第75号 平成20年度二本松市一般会計補正予算

 日程第4 議案第70号から第75号までの6件

      〔委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決〕

 日程第5 議案上程〔市長提案理由説明、議案に対する質疑、委員会付託(省略)、討論、採決〕

  会議事件

  〔市長提出議案〕

   議案第76号 二本松市副市長選任の同意について

 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

会議の経過

                    〔開会前机上配付資料 提案理由説明書〕



○議長(市川清純) おはようございます。

 ただいまから、平成20年第3回二本松市議会4月臨時会を開会いたします。

                          (宣告 午前10時00分)



○議長(市川清純) なお、本日、報道機関等から議場内の写真撮影の申し出がありましたので、許可することにいたしました。



○議長(市川清純) 議員の出席状況を報告いたします。

 現在出席議員28人。欠席の届出あった議員、21番佐藤源市君。以上であります。

 よって、会議の定足数に達しておりますので、本会議は成立いたしました。



○議長(市川清純) 地方自治法第121条の規定に基づき、出席を求めた説明員を報告いたします。

          (前記のとおり)



○議長(市川清純) 会議録署名議員を指名いたします。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において25番鈴木利英君、26番渡辺平一君、27番平栗征雄君、以上3人を指名いたします。



○議長(市川清純) 今期臨時会の会議事件を報告いたします。

 市長提出の報告第5号から第8号までの4件及び議案第70号から第76号までの7件であります。



○議長(市川清純) 次に、会期の決定を議題といたします。

 議会運営委員会に、次期議会の会期、日程等に関する閉会中の審査を付託しておりましたので、その結果について議会運営委員長の報告を求めます。

 議会運営委員長、16番新野洋君。



◆議会運営委員長(新野洋) 議長、議運委員長、16番新野洋。



○議長(市川清純) 新野洋君。

          (議会運営委員長 新野 洋 登壇)



◆議会運営委員長(新野洋) 本委員会に付託されておりました今期臨時会の会期、日程等について、4月16日、午前10時から委員会を開催し、審査をいたしましたので、その結果についてご報告申し上げます。

 初めに、今期臨時会の会議事件でありますが、市長提出の報告4件、市長提出の議案7件であり、議案の内容は専決処分の承認2件、条例の制定1件、損害賠償額の決定1件、工事請負契約締結1件、補正予算1件、副市長の選任に関する人事案件1件であります。

 次に、会期等についてご報告申し上げます。

 会期は、本日1日と決定をいたしました。

 日程につきましては、まず市長提出の議案7件のうち、人事案件の1件を除く議案6件を上程し、先議することとし、市長の提案理由説明、議案に対する質疑、質疑の後、委員会付託を行い委員会審査に入ります。委員会終了後、本会議を再開し、委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決を行うことにいたしました。

 続いて、副市長の選任に関する人事案件を上程し、市長の提案理由説明、質疑の後、人事案件についての先例に従い、委員会付託について議長が会議に諮って省略のうえ、討論、採決を行うことにいたしました。

 以上、議会運営委員会の報告といたします。



○議長(市川清純) 以上で議会運営委員長の報告は終わりました。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、議会運営委員長報告のとおり、本日1日とすることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」との声あり)



○議長(市川清純) ご異議なしと認めます。

 よって、今期臨時会の会期は、本日1日とすることに決しました。

 ただいま日程表を配付いたさせます。

          (日程表配付)



○議長(市川清純) 議事日程に従い、議案第70号から第75号までの6件を一括議題といたします。

 これより市長の提案理由の説明を求めます。



◎市長(三保恵一) 議長、市長。



○議長(市川清純) 市長。

          (市長 三保恵一 登壇)



◎市長(三保恵一) 本日、市議会臨時会を招集いたしましたところ、ご多用の中、ご参集を賜りまして誠に恐縮に存じます。

 今臨時会にご提案申し上げました議案及び報告事件につきまして、その概要を申し上げます。

 初めに、報告事件の説明を申し上げます。

 報告第5号専決処分の報告は、議会の指定に基づく損害賠償額の決定の報告であります。専決処分書記載のとおり、消防団出初式出動の際における市有消防車両の事故に関するものでありますが、相手方と協議の結果、損害賠償の額について合意し、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分を行い、示談をいたしましたので、同条第2項の規定により報告するものでございます。ご理解を賜りたいと存じます。

 報告第6号から第8号までの3件は、いずれも地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、財団法人二本松菊栄会、財団法人二本松市ふるさと振興公社及び財団法人安達地域農業振興公社の経営状況を報告する書類として、それぞれ平成20年度事業計画を提出するものであります。お手元の事業計画及び予算書をご覧いただきたいと存じます。

 次に、議案について申し上げます。

 議案第70号及び議案第71号の2件は、専決処分について、議会の承認を求めるものであります。

 議案第70号平成19年度一般会計補正予算は、歳入で県営安達東部地区広域農道整備事業及び道整備交付金事業の起債同意額の変更決定に伴う措置であり、起債増額による事業費充当一般財源の減額分は、予備費に留保したものであります。

 議案第71号平成19年度国民健康保険特別会計補正予算は、事業勘定において、岩代国保診療所の運営に係る特別調整交付金が増額交付されたこと、また、直営診療施設勘定において、受診者数が増加したことに対処した補正措置であります。

 以上の2件につきましては、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、それぞれ平成19年度内措置の必要から、それぞれ専決処分を行ったものであります。ご理解を賜りたいと存じます。

 議案第72号手数料条例の一部改正につきましては、戸籍法の一部改正に伴い、所要の改正を行うものであります。

 議案第73号損害賠償額の決定につきましては、議案第75号一般会計補正予算とも関連いたしますが、昨年8月1日、市道成田町一丁目1号線において、道路の不具合によるバイクの転倒事故が発生したことから、これの損害を賠償しようとするものであります。

 議案第74号工事請負契約の締結につきましては、(仮称)市民交流拠点施設新築電気設備工事の請負契約締結について、二本松市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の規定に基づき、議決を求めるものであります。工事の発注方法につきましては、特定建設工事共同企業体による制限付一般競争入札により、3月27日に入札を行った結果、大槻電設工業・加藤木電設特定建設工事共同企業体が1億6,390万円で落札し、消費税及び地方消費税を加算し、議案書記載のとおり、3月31日に仮契約を締結したものであります。なお、工期は、議会の議決を得た日の翌日から平成21年3月27日までといたしました。入札結果につきましては、お手元の資料のとおりでありますので、ご覧いただきたいと存じます。

 次に、議案第75号平成20年度一般会計補正予算の内容について申し上げます。今回の予算補正は、急を要する事業として、裁判員名簿調製選挙システム改修業務委託料108万7,000円、道路損害賠償金42万3,000円の措置であり、特定財源を差し引いた不足額6万円は予備費を減額して措置するものであります。

 以上が提案申し上げました議案の概要であります。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(市川清純) 以上で市長の提案理由の説明は終わりました。



○議長(市川清純) これより議案に対する質疑に入ります。

 質疑なさる方ございますか。

          (「なし」との声あり)



○議長(市川清純) 質疑なさる方がございませんので、質疑なしと認めます。



○議長(市川清純) 議案に対する質疑を終結いたします。



○議長(市川清純) これより議案の委員会付託を行います。

 ただいま付託表を配付いたさせます。

          (付託表配付)



○議長(市川清純) この際、お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第70号から第75号までの6件については、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付いたしました付託表のとおり、所管常任委員会に付託して審査することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」との声あり)



○議長(市川清純) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第70号から第75号までの6件については、会議規則第37条第1項の規定により、所管常任委員会に付託して審査することに決しました。



○議長(市川清純) これより委員会審査のため、暫時休憩いたします。

                          (宣告 午前10時14分)



○議長(市川清純) 再開いたします。

                           (宣告 午後1時00分)



○議長(市川清純) 休憩前に引き続き会議を開きます。



○議長(市川清純) 議事日程に従い、議案第70号から第75号までの6件を一括議題といたします。



○議長(市川清純) 本件に関し、所管常任委員会に付託しておりましたので、審査の経過と結果について、委員長の報告を求めます。

 産業建設常任副委員長、25番鈴木利英君。



◆産業建設常任副委員長(鈴木利英) 議長、25番、産業建設常任副委員長鈴木利英。



○議長(市川清純) 鈴木利英君。

          (産業建設常任副委員長 鈴木利英 登壇)



◆産業建設常任副委員長(鈴木利英) 委員長が欠席しておりますので、副委員長の私が報告させていただきます。

 産業建設常任委員会委員長報告。平成20年第3回4月臨時会に当たり、当産業建設常任委員会に付託されました議案第70号ほか3件について、その審査の経過と結果についてご報告いたします。

 当委員会では、関係部課長の出席を求め、慎重に審査をいたしました。

 まず、議案第70号専決処分の承認を求めることについて、平成19年度二本松市一般会計補正予算中、当委員会にかかわる事項については、審査において報告すべき質疑、意見等は特にありませんでした。以上の経過を踏まえ、採決を行った結果、議案第70号については、全員異議なく、原案のとおり承認すべきものと決した次第であります。

 次に、議案第73号損害賠償額の決定について、事故が起きた箇所は、原付自転車が通行可能なのかとの質疑に対し、市道認定路線であり、通行可能であるとの答弁がありました。

 次に、議案第74号工事請負契約の締結について、談合情報に対してどのような対応をしたかとの質疑に対し、事情聴取を行ったが、談合の事実は確認できなかった。慎重を期して公告からやり直したことが、公正取引委員会及び警察には市から連絡したところであるとの答弁がありました。

 次に、議案第75号平成20年度二本松市一般会計補正予算中、当委員会にかかわる事項については、審査において報告すべき質疑、意見等は特にありませんでした。

 以上の経過を踏まえ、採決を行った結果、議案第73号、議案第74号及び議案第75号の3件については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上、産業建設常任委員会の報告といたします。



○議長(市川清純) 次に、生活福祉常任委員長、17番野地久夫君。



◆生活福祉常任委員長(野地久夫) 議長、17番、生活福祉常任委員長野地久夫。



○議長(市川清純) 野地久夫君。

          (生活福祉常任委員長 野地久夫 登壇)



◆生活福祉常任委員長(野地久夫) 生活福祉常任委員長報告を申し上げます。

 平成20年第3回4月臨時会に当たり、当生活福祉常任委員会に付託されました議案2件について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。

 当委員会では、関係部課長の出席を求め、慎重に審査いたしました。

 議案第71号専決処分の承認を求めることについて、平成19年度二本松市国民健康保険特別会計補正予算について、並びに議案第72号二本松市手数料条例の一部を改正する条例制定についてですが、特に報告すべき質疑や意見等はありませんでした。

 以上のような審査のあと、討論、採決を行った結果、議案第71号については、全員異議なく、原案のとおり承認すべきものと決した次第であります。

 次に、議案第72号については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上、生活福祉常任委員会の報告といたします。



○議長(市川清純) 次に、総務常任委員長、19番斎藤徳仁君。



◆総務常任委員長(斎藤徳仁) 議長、総務常任委員長、19番斎藤徳仁。



○議長(市川清純) 斎藤徳仁君。

          (総務常任委員長 斎藤徳仁 登壇)



◆総務常任委員長(斎藤徳仁) 総務常任委員会委員長報告。

 平成20年第3回4月臨時会に当たり、当総務常任委員会に付託されました議案第70号ほか1件について、関係部課長等の出席を求め、慎重に審査をいたしましたので、その経過と結果についてご報告を申し上げます。

 初めに、議案第70号専決処分の承認を求めることについて、平成19年度二本松市一般会計補正予算のうち、当委員会にかかわる事項については、審査において特に報告すべき質疑、意見等はありませんでした。

 次に、議案第75号平成20年度二本松市一般会計補正予算のうち、当委員会にかかわる事項については、今回の裁判員名簿調製選挙システムは全市民が対象となるのかとの質疑に対し、選挙人名簿が前提であり、20歳以上の有権者が対象となるとの答弁がありました。また、候補者名簿の作成方法の質疑に対しては、本市においては現時点で対象裁判件数を考慮すると94名程度を無作為に抽出し、候補者名簿を作成することとなるとの答弁がありました。

 以上の経過を踏まえ、討論、採決を行った結果、議案第70号のうち当委員会にかかわる事項については、全員異議なく、原案のとおり承認すべきものと決し、議案第75号のうち、当委員会にかかわる事項については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以上、総務常任委員会の報告といたします。



○議長(市川清純) 以上で委員長報告は終わりました。



○議長(市川清純) これより、ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑なさる方ございますか。

          (「なし」との声あり)



○議長(市川清純) 質疑なさる方がございませんので、質疑なしと認めます。



○議長(市川清純) 委員長報告に対する質疑を終結いたします。



○議長(市川清純) 続いて、議案に対する討論に入ります。

 討論なさる方ございますか。

          (「なし」との声あり)



○議長(市川清純) 討論なさる方がございませんので、討論なしと認めます。



○議長(市川清純) 議案に対する討論を終結いたします。



○議長(市川清純) これより議案に対する採決に入ります。

 議案第70号から第75号までの6件について、順次採決いたします。



○議長(市川清純) 初めに、議案第70号及び第71号の2件について、採決いたします。

 ただいま議題となっております議案第70号及び第71号の2件については、これを原案のとおり承認することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」との声あり)



○議長(市川清純) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第70号及び第71号の2件については、原案のとおり承認されました。



○議長(市川清純) 次に、議案第72号から第75号までの4件について、採決いたします。

 ただいま議題となっております議案第72号から第75号までの4件については、これを原案のとおり決することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」との声あり)



○議長(市川清純) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第72号から第75号までの4件については、原案のとおり可決されました。



○議長(市川清純) 以上で議案第70号から第75号までの6件に関する議事は終わりました。



○議長(市川清純) 続いて議事日程に従い、議案第76号二本松市副市長選任の同意についての1件を議題といたします。



○議長(市川清純) 議案を書記をして朗読いたさせます。

          (書記朗読)



○議長(市川清純) 朗読は終わりました。



○議長(市川清純) これより市長の提案理由の説明を求めます。



◎市長(三保恵一) 議長、市長。



○議長(市川清純) 市長。

          (市長 三保恵一 登壇)



◎市長(三保恵一) 提案させていただきました議案第76号二本松市副市長選任の同意についての提案理由をご説明申し上げます。

 今月1日より空席となっております副市長につきまして、熟慮検討を重ねた結果、先月末まで社会福祉法人二本松市社会福祉協議会常務理事兼事務局長を務めておりました、表二丁目の斎藤隆さんを選任いたしたく、提案申し上げるものでございます。

 斎藤さんの略歴は、議案書記載のとおりでございますが、旧二本松市の福祉部長、総務部長を務め、合併後も新市の初代総務部長を務めるなど、公務員生活41年の豊富な行政経験と卓越した識見の持ち主で、副市長として適任者と考えた次第であります。何とぞ、満堂のご賛同を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(市川清純) 以上で市長の提案理由の説明は終わりました。



○議長(市川清純) これより議案に対する質疑に入ります。

 質疑なさる方ございますか。

          (「なし」との声あり)



○議長(市川清純) 質疑なさる方がございませんので、質疑なしと認めます。



○議長(市川清純) 議案に対する質疑を終結いたします。



○議長(市川清純) この際、お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第76号については、人事案件でありますので、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」との声あり)



○議長(市川清純) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第76号については、委員会付託を省略することに決しました。

 重ねてお諮りをいたします。

 議案第76号については、討論を省略のうえ、直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」との声あり)



○議長(市川清純) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第76号については、討論を省略のうえ、直ちに採決することに決しました。



○議長(市川清純) これより議案に対する採決に入ります。



◆10番(小林均) 議長、10番小林均。



○議長(市川清純) 小林均君。



◆10番(小林均) 無記名投票でお願いいたします。



○議長(市川清純) 議案第76号二本松市副市長選任の同意についての1件について採決いたします。



○議長(市川清純) 小林均君。



◆10番(小林均) 単記の無記名投票で採決をお願いいたしたいと思います。



○議長(市川清純) ただいま無記名投票という発言がございました。

 ただいま10番小林均君から、議案第76号の採決については、無記名投票によられたいとの発言がございましたが、投票による表決の要求は、会議規則第71条第1項の規定により、3人以上とされております。

 よって、本要求に賛成の方の挙手を願います。

          (3人以上挙手)



○議長(市川清純) 所定の賛成者がおられますので、会議規則第71条第1項の規定に基づき、本議案の採決は無記名投票をもって行います。



○議長(市川清純) 投票準備のため、暫時休憩いたします。

                           (宣告 午後1時18分)



○議長(市川清純) 再開いたします。

                           (宣告 午後1時21分)



○議長(市川清純) 休憩前に引き続き会議を開きます。



○議長(市川清純) これより議案第76号を採決いたします。

 この採決は、無記名投票をもって行います。

 議場の閉鎖を命じます。

          (議場閉鎖)



○議長(市川清純) ただいまの出席議員数は議長を除いて27人であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

          (投票用紙配付)



○議長(市川清純) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          (「なし」との声あり)



○議長(市川清純) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

          (投票箱点検)



○議長(市川清純) 異常なしと認めます。

 念のため申し上げます。本議案を可とする諸君は賛成と、否とする諸君は反対と記載のうえ、点呼に応じ、順次投票を願います。

 繰り返します。本議案を可とする諸君は賛成と、否とする諸君は反対と記載のうえ、点呼に応じて順次投票願います。

 なお、重ねて申し上げますが、投票中、賛否を表明しない投票及び賛否の明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 点呼を命じます。

          (点呼に応じ1番から順次投票)



○議長(市川清純) 投票漏れはありませんか。

          (「なし」との声あり)



○議長(市川清純) 投票漏れなしと認めます。



○議長(市川清純) 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

          (議場開鎖)



○議長(市川清純) これより開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に4番佐藤公伯君、14番遠藤芳位君、24番高橋正弘君、以上3人を指名いたします。

 よって、3人の立会いをお願いいたします。

          (開票)



○議長(市川清純) 投票結果を報告いたします。

 投票総数27票。これは、先ほどの出席議員数に符合しております。そのうち賛成7票、反対20票であります。

 以上のとおり、賛成少数であります。

 よって、議案第76号については、同意しないことに決しました。



○議長(市川清純) 以上で、議案第76号に関する議事は終わりました。



○議長(市川清純) 以上で、市長提出議案の採決は終わりました。



○議長(市川清純) 以上で、今期臨時会の日程は全部終了いたしました。

 これをもちまして、平成20年第3回二本松市議会4月臨時会を閉会いたします。

                           (宣告 午後1時30分)

 上記、会議の次第は事実と相違ないことを証明するためここに署名する。

  平成20年4月21日

     二本松市議会

                     議長   市川清純

                     議員   鈴木利英

                     議員   渡辺平一

                     議員   平栗征雄