議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 相馬市

平成21年  5月 臨時会(1) 05月12日−01号




平成21年  5月 臨時会(1) − 05月12日−01号







平成21年  5月 臨時会(1)



5月白河市議会臨時会会議録 第1号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             平成21年5月12日(火曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程 第1号

         平成21年5月12日(火曜日)午前10時00分開議

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定

第3 常任委員及び議会運営委員の選任

第4 議案第68号 専決処分の承認を求めることについて

第5 報告第4号 専決処分の報告について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した案件

 日程第1から日程第5まで

 議長辞職の件

 議長の選挙

 副議長辞職の件

 副議長の選挙

 議会報編集特別委員辞任の件

 議会報編集特別委員の選任

 委員会の閉会中継続調査の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯応招議員(30名)

    1番 菅原修一     2番 柴原隆夫     3番 大花 務

    4番 佐川京子     5番 藤田文夫     6番 水野谷正則

    7番 柳路幸雄     8番 縄田角郎     9番 石名国光

   10番 戸倉耕一    11番 飯村 守    12番 高橋光雄

   13番 玉川里子    14番 大竹功一    15番 筒井孝充

   16番 穂積栄治    17番 深谷幸次郎   18番 星 吉明

   19番 深谷政男    20番 須藤博之    21番 山口耕治

   22番 深谷 弘    23番 深谷久雄    24番 藤田久男

   25番 山本忠男    26番 佐川庄重郎   27番 大高正人

   28番 吾妻一郎    29番 伊藤邦光    30番 十文字忠一

◯出席議員

   応招議員のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者

  市長 鈴木和夫           副市長 鈴木憲行

  総務部長 穂積 一         総務部総務課長 藤井勝美

  総務部財政課長 加藤俊夫

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員出席者

  事務局長 根本紀光           事務局次長 小川俊彰

  事務局次長補佐兼庶務調査係長 辺見康弘 事務局次長補佐兼議事係長 坂本敏昭

  副主査 大竹正紀

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時00分開会



○十文字忠一議長 おはようございます。定足数に達していますので、ただいまから平成21年5月白河市議会臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○十文字忠一議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第76条の規定により、議長において高橋光雄議員、玉川里子議員、大竹功一議員を指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○十文字忠一議長 日程第2、会期の決定を議題とします。

 委員長の報告を求めます。筒井議会運営委員長。

     〔筒井孝充議会運営委員長 登壇〕



◆筒井孝充議会運営委員長 御報告を申し上げます。

 本委員会は、去る5月8日に委員会を開き、議長から諮問された今期臨時会の会期について協議を行いました。その結果、今期臨時会の会期は、諮問のとおり、本日1日間とすることに決定いたしました。

 以上であります。



○十文字忠一議長 お諮りします。今期臨時会の会期は、ただいまの委員長報告のとおり、本日1日間とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は、本日1日間とすることに決定しました。

 暫時休憩します。

     午前10時02分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時18分開議



○佐川庄重郎副議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長辞職の件



○佐川庄重郎副議長 先ほど、十文字忠一議長から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りします。議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○佐川庄重郎副議長 御異議なしと認めます。よって、議長辞職の件を日程に追加し、議題とします。

 まず、その辞職願を朗読させます。

     〔事務局長朗読〕



○佐川庄重郎副議長 お諮りします。十文字忠一議長の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○佐川庄重郎副議長 御異議なしと認めます。よって、十文字忠一議長の議長の辞職を許可することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の選挙



○佐川庄重郎副議長 ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りします。議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○佐川庄重郎副議長 御異議なしと認めます。よって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決定しました。

 これより、議長の選挙を行います。

 議場の出入り口の施錠を命じます。

     〔議場施錠〕



○佐川庄重郎副議長 ただいまの出席議員数は30人であります。

 投票用紙を配付させます。

     〔投票用紙配付〕



○佐川庄重郎副議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○佐川庄重郎副議長 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○佐川庄重郎副議長 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番から順次投票を願います。

     〔各員投票〕



○佐川庄重郎副議長 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○佐川庄重郎副議長 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の出入り口の開錠を命じます。

     〔議場開錠〕



○佐川庄重郎副議長 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に藤田久男議員、戸倉耕一議員及び山本忠男議員を指名します。3議員の立ち会いを願います。

     〔開票〕



○佐川庄重郎副議長 選挙の結果を報告します。

 投票総数      30票

 これは先ほどの出席議員数に符合しております。

 そのうち

  有効投票     29票

  無効投票      1票

 有効投票中

  十文字忠一議員  26票

  伊藤 邦光議員   3票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は8票であります。よって、十文字忠一議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました十文字忠一議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により、本席から当選の告知をします。

 当選人のあいさつをお願いします。

     〔十文字忠一議長 登壇〕



○十文字忠一議長 まず初めに、皆様方に御礼を申し上げたいと思います。不肖私、2年間、議長という大役を仰せつかり、つつがなくできましたことをこれひとえに議員皆さん方の温かい御支援、御協力のたまものであると深く感謝を申し上げ、御礼といたします。

 さて、ただいまは議員皆さん方の御推挙により、再び議長に当選させていただきました。感謝を申し上げると同時に、まことに身の引き締まる思いであります。私はこの2年間、議長を務めており、その経験を生かしながら、これから我が白河市政発展のために、そしてまた、開かれた議会、そして市民から信頼される議会運営に努めてまいりますので、皆様方のより一層の御支援、御協力を賜りますよう心よりお願い申し上げ、一言ごあいさつとさせていただきます。本当にこれからもよろしくお願いします。(拍手)



○佐川庄重郎副議長 議長、議長席にお着き願います。

     〔佐川庄重郎副議長 退席、十文字忠一議長 議長席に着く〕



○十文字忠一議長 この際、暫時休憩します。

     午前10時37分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前11時14分開議



○十文字忠一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長辞職の件



○十文字忠一議長 先ほど、佐川庄重郎副議長から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りします。副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とします。

 まず、その辞職願を朗読させます。

     〔事務局長朗読〕



○十文字忠一議長 お諮りします。佐川庄重郎副議長の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、佐川庄重郎副議長の副議長の辞職を許可することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の選挙



○十文字忠一議長 ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りします。副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決定しました。

 これより、副議長の選挙を行います。

 議場の出入り口の施錠を命じます。

     〔議場施錠〕



○十文字忠一議長 ただいまの出席議員数は30人であります。

 投票用紙を配付させます。

     〔投票用紙配付〕



○十文字忠一議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○十文字忠一議長 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番から順次投票を願います。

     〔各員投票〕



○十文字忠一議長 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の出入り口の開錠を命じます。

     〔議場開錠〕



○十文字忠一議長 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に吾妻一郎議員、石名国光議員及び穂積栄治議員を指名します。3議員の立ち会いを願います。

     〔開票〕



○十文字忠一議長 開票の結果を報告します。

 投票総数      30票

 これは先ほどの出席議員数に符合しております。

 そのうち

  有効投票     26票

  無効投票      4票

 有効投票中

  山口耕治議員   26票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は7票であります。よって、山口耕治議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました山口耕治議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により、本席から当選の告知をします。

 当選人のあいさつをお願いします。

     〔山口耕治副議長 登壇〕



◆山口耕治副議長 御推挙、大変ありがとうございます。選ばれた以上、十文字議長の御指導のもと、副議長としての職務を全うしてまいりたいと思いますので、議員各位の変わらぬ御支援と御協力よろしくお願いを申し上げます。(拍手)



○十文字忠一議長 暫時休憩します。

     午前11時28分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後2時29分開議



○十文字忠一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 常任委員及び議会運営委員の選任



○十文字忠一議長 日程第3、常任委員及び議会運営委員の選任を行います。

 お諮りします。常任委員及び議会運営委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付の常任委員及び議会運営委員名簿のとおり、それぞれ指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「議長、動議」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 深谷弘議員。



◆深谷弘議員 それでは、動議の内容を説明したいと思います。

 今、提案のあります各委員会の構成ですけれども、その中の議会運営委員会にすべての会派が参加できないというか、少数会派、2名の会派が議会運営委員会から締め出されたと、数が少ないからというふうになったようであります。経過をお聞きしますと。その根拠としては、議会運営委員会は現在8人なんですが、その配分のときに議員の数でやるという形にはなっておりますが、そうすると、最低3.75人いないと議会運営委員会には参加できないということになるわけですね。ところが、一方で2人以上の会派を認めているということになるわけです。そうすると、何のために会派を認め、会派として行動させるのかというのが、ほとんど意味をなさないということがあります。

 しかも、例えば国会を見ていただくとわかりますけれども、国会の中で少数会派、いわゆる議員の今、数で割っていけば、議会運営委員会などに参加できないといいますか、国会の場合はまた別だという考え方もあるかもしれませんけれども、各政党ですね、国会の場合は。その参加があって、初めて議会運営が円滑に進むと。いわゆる少数意見を尊重するという、これがやはり議会制のルールの根本だと思うんですね。それを数で割り振っただけで、一定数以外は認めないということになれば、これはもう少数意見を尊重するという議会制民主主義そのものが問われるということになるんですね。

 ただ、説明を聞きますと、合併のときの確認事項になっていたとか、配分は議員の数でやっていたということがあるのでと。あるいは、議会事務局のお話を伺うと、議会運営委員会に参加しなくても、後で意見を述べる場もあるし、あるいは傍聴みたいな形でもできるというふうなことなので、問題はないというふうなことを言われたわけですけれども、私は、これは、先ほど申し上げましたように、議会制民主主義のルールを考えれば、そういう機械的なやり方で少数会派を排除するということには賛成できないし、むしろそういう規則や申し合わせがあるのであれば、改めてそれを直して、その上で議会運営委員会の人数をふやすとか、その他、いわゆる会派としては3人以上認めないとか。それは私は望みませんけれども、やはり整合性のつくような形で整理をしないと、何で議会運営委員会は8人なのかということになるわけなので、その辺をちゃんと説明していただかないと、この配分では納得ができませんし、世間にといいますか、全国に向かって何でこういうことをしたんだという意味では、私は説明のつかないやり方だと思うんで、それに対する考え方を明らかにしていただきたいと思いますし、もし必要なのであれば、もう一度再検討していただきたいという意味で動議を出しました。

 以上です。(拍手)



○十文字忠一議長 暫時休議いたします。

     午後2時33分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後3時35分開議



○十文字忠一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほどの深谷弘議員の動議は取り下げられました。

 改めてお諮りします。常任委員及び議会運営委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付の常任委員及び議会運営委員名簿のとおり、それぞれ指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名した議員をそれぞれの常任委員及び議会運営委員に選任することに決定しました。

 ただいま選任された各常任委員及び議会運営委員の皆さんは、お手元に配付の通知書のとおり、休憩中に委員会を開き、それぞれ正副委員長を互選の上、議長まで御報告を願います。

 暫時休憩します。

     午後3時37分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後4時04分開議



○十文字忠一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 各常任委員会及び議会運営委員会における正副委員長の互選の結果を報告します。

 総務常任委員長に水野谷正則議員、同副委員長に柳路幸雄議員。

 市民産業常任委員長に縄田角郎議員、同副委員長に石名国光議員。

 教育福祉常任委員長に玉川里子議員、同副委員長に高橋光雄議員。

 建設水道常任委員長に星吉明議員、同副委員長に深谷政男議員。

 議会運営委員長に須藤博之議員、同副委員長に菅原修一議員。

 以上が互選の結果であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会報編集特別委員辞任の件



○十文字忠一議長 先ほど、石名国光議員、穂積栄治議員、大花務議員、柳路幸雄議員、戸倉耕一議員及び高橋光雄議員の6人から、議会報編集特別委員の辞任願が提出されました。

 お諮りします。議会報編集特別委員辞任の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、議会報編集特別委員辞任の件を日程に追加し、議題とします。

 お諮りします。ただいまの6人の議員の議会報編集特別委員の辞任を許可することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、ただいまの6人の議員の議会報編集特別委員の辞任を許可することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会報編集特別委員の選任



○十文字忠一議長 ただいま議会報編集特別委員が6人欠員となりました。

 お諮りします。議会報編集特別委員の選任を日程に追加し、選任を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、議会報編集特別委員の選任を日程を追加し、選任することに決定しました。

 これより議会報編集特別委員の選任を行います。

 お諮りします。特別委員の選任につきましては、委員会条例第7条第1項の規定により、戸倉耕一議員、佐川京子議員、水野谷正則議員、縄田角郎議員、玉川里子議員及び星吉明議員を指名したいと思います。御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました6人の議員を議会報編集特別委員に選任することに決定しました。

 ただいま選任されました議会報編集特別委員の皆さんは、直ちに第1委員会室において委員会を開き、正副委員長を互選の上、議長まで御報告を願います。

 この際、暫時休憩します。

     午後4時08分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後4時24分開議



○十文字忠一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議会報編集特別委員会における正副委員長の互選の結果を報告します。

 議会報編集特別委員長は戸倉耕一議員、同じく副委員長は佐川京子議員であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第68号及び日程第5 報告第4号



○十文字忠一議長 日程第4及び日程第5の議案1件、報告1件を一括して議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 鈴木市長。



◎鈴木和夫市長 説明の前に、午前中行われました議長並びに副議長選挙におきまして、十文字議長並びに山口副議長さんが就任をされました。衷心より祝福を申し上げます。

 そしてまた、議会と執行部は市政運営の両輪でありまして、議会の存在はこの分権時代にあって、その重要性を一層増しているわけであります。議長、副議長並びに議員各位におかれましては、今後とも市政運営に対し御理解と御協力を賜りますようお願いを申し上げます。

 それでは、説明を申し上げます。

 まず、議案第68号専決処分の承認を求めることについてでありますが、地方税法等の一部改正に伴い、土地に係る固定資産税の負担調整措置を平成23年度まで延長するため、白河市税条例の一部改正を緊急に必要とし、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したので、同条第3項の規定により議会に報告し、承認を得ようとするものであります。

 次に、報告第4号専決処分の報告についてでありますが、市道の管理瑕疵に伴います損害賠償について、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分したので、同条第2項の規定により議会に報告するものであります。

 以上、御審議の上、御賛同賜りますようお願いを申し上げます。



○十文字忠一議長 これにて提案理由の説明を終わります。

 上程議案に対する質疑は、通告がありません。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会への付託を省略することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題となっております議案は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 討論の通告はありません。

 これより採決します。

 議案第68号は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、議案第68号は原案のとおり承認されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会の閉会中継続調査の件



○十文字忠一議長 お諮りします。議会運営委員長から委員会の閉会中継続調査の申し出がありますので、これを日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、委員会の閉会中継続調査の申し出を日程に追加し、議題とします。

 議会運営委員長から、現在、委員会において調査中の事件につき、委員会条例第37条の規定により、お手元に配付の申し出書のとおり、閉会中継続調査の申し出があります。

 お諮りします。委員長から申し出がありましたとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、委員長から申し出がありましたとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○十文字忠一議長 以上で本臨時会の日程は全部終了しました。

 これにて平成21年5月白河市議会臨時会を閉会します。どうも御苦労さまでした。

     午後4時29分閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

              白河市議会前議長  十文字忠一

              白河市議会前副議長 佐川庄重郎

              白河市議会議長   十文字忠一

              白河市議会議員   高橋光雄

              白河市議会議員   玉川里子

              白河市議会議員   大竹功一