議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 喜多方市

平成21年第2回定例会(9日目) 本文




2009年03月18日:平成21年第2回定例会(9日目) 本文

    午前 9時00分 開議
◯議長(伊藤弘明君) 遅参の届け出は6番、冨田幸雄君、14番、五十嵐吉也君であります。
 菅井教育長、富山教育部長より遅参の願い出がありますので、これを許しました。
 出席議員は定足数に達しております。
 これより本日の会議を開きます。
 上着はご随意に願います。
 本日の会議は、議事日程第9号により進めます。
 昨日に引き続き、議案審議を行います。
────────────────────────────────────────────
 日程第 1 議案第21号 平成20年度喜多方市一般会計補正予算(第14号)


◯議長(伊藤弘明君) 日程第1、議案第21号 平成20年度喜多方市一般会計補正予算(第14号)を議題といたします。
 当局の説明を求めます。
 渡邊財政課長。
 なお、説明は極めて簡潔に願います。


◯財政課長(渡邊俊明君) 議案第21号 平成20年度喜多方市一般会計補正予算(第14号)をご説明申し上げますので、1ページをお開きください。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3億2,693万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ254億2,868万7,000円とするものであります。
 第2項 「第1表 歳入歳出予算補正」につきましては事項別明細書によりご説明申し上げます。
 第2条 「第2表 繰越明許費補正」、第3条 「第3表 債務負担行為補正」及び第4条 「第4表 地方債補正」につきましては、後ほどご説明申し上げます。
 歳出よりご説明いたしますので、56ページをお開きください。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 暫時休憩いたします。
 午前10時20分に会議を再開いたします。
    午前10時08分 休憩
────────────────────────────────────────────
    午前10時20分 再開


◯議長(伊藤弘明君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 議案審議を続行いたします。
 これより質疑に入ります。ご質疑ございませんか。
 2番、坂内鉄次君。


◯2番(坂内鉄次君) 何点か質問させていただきます。
 まず6ページの明許繰越なんですけれども、商工費の観光駐車場経費。れんがの調達がおくれたために工事がおくれてしまったということなんですが、これは20年度の当初予算に計上されてきた工事費なんですけれども、なぜもっと早くからそういった準備ができなかったのか。昨年の当初予算の、あれは補正でしたっけ、審議の中で新しいトイレがいつごろ完成するのかということで私がお聞きしたところ、20年度において秋ころにはつくりたいという担当課長の議会での答弁があったわけですが、それからすれば観光シーズンのシーズンオフにつくるのは大体理解できるんですが、もうじき観光シーズンを迎えますので、今後の見通し、いつころまでに完成できるのか。なぜおくれたのかということとあわせてお聞きしたいと思います。
 二つ目は、その下の土木費の都市計画費。千苅中道上二本杉線の街路事業も8,600万も繰り越しするわけですが、今後の事業の見通しについて教えていただきたいと思います。
 それから、ふるさと納税の寄附金なんですが、1月末で72件の465万いただいたということですが、直近の寄附金の状況についてお聞きしたいのと、使い道。もう早い方については、今説明があったように25万7,000円を基金繰り入れしてそれぞれにお使いになるということですけれども、そのほかの残額については今後の使い方をどうするのか、お聞かせいただきたいと思います。
 以上です。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 菅野企画政策課長。


◯企画政策課長(菅野康裕君) 私からはふるさと納税関係のご質問にお答えいたします。
 まず、ふるさと納税の直近の状況ということでございます。これは3月13日現在で申し上げます。申し込み件数が75件、477万となっております。それから、納入件数でございますが、71件、473万5,000円という状況になっております。
 それで、使い道ですが、今回の20年度の補正では、先ほど説明がありましたように25万7,000円の充当をいたしました。平成21年度の当初予算におきましては、総額30万1,000円の充当を計上してございます。主な中身でございますが、美術館の美術品の購入代、それからグリーン・ツーリズムのホームページの充実、夏祭りのうちわ作成、花マップ作成、喜多方の水のPR経費、チラシの作成経費などになっております。残りにつきましては、寄附者の希望項目によりまして積み立てているわけですけれども、額が少ない部分につきましては積み立てて、一定程度の額になりましたら、また必要に応じて充当してまいりたいと考えております。


◯議長(伊藤弘明君) 樟山観光交流課長。


◯観光交流課長(樟山敬一君) 私からは西四ッ谷の観光駐車場ですが、なぜ繰越明許ということでおくれたのかというふうな内容についてお答えを申し上げます。
 確かに当初予算で計上しておりましたが、その後三ッ谷の登り窯に久々に火入れを入れるというふうなプロジェクトがあるということで、市民の皆さんの間からもそのれんがをぜひ使用していただきたいといういろんな要望などもありまして、ぜひそういった観光駐車場にはその地域の象徴的なれんがを使おうということになりまして、議論を重ねてまいりました。れんがの火入れでれんがが完成したのが12月の上旬でございます。それから、必要な数が1,600ほど必要だということで、果たしてそれが全部できるのかどうか。あるいは非常に形が不均一だということで工事に手間がかかるというふうなこともありまして、おくれてしまったという中身でございます。
 なお、いつころ完成かということでございますが、4月下旬の連休前には完成させたいというふうに思っております。


◯議長(伊藤弘明君) 柴田都市計画課長。


◯都市計画課長(柴田信雄君) 私からは千苅中道上二本杉線街路事業費の繰越についてご説明いたします。
 8,635万円の繰り越しでございますけれども、大きく分けて2点ほど理由がございます。一つには、交通管理者である公安、警察署との協議に時間を要したと。それから、もう1点はJRとの協議に時間を要したと。
 この内容につきましては、あそこの駅前広場に向かって東側のところに、変則なんですけれども、あそこが三叉路の交差点になっております。それが駅前の方に入ることによって、今度は四叉路の交差点になると。向こうから入ってくるところが一方通行で入ってくるものですから、一方通行の終点があの交差点の手前の方まで今現在一方通行の交通規制になっていると。今度四叉路になることによって一方通行の環境をどうするのかというところについて、福島の公安の方とかなり詰めたわけなんですけれども、あそこの線形について一部訂正をせざるを得なくなったというようなことで、最終的には四叉路というような交差点にして、一方通行下の道路敷地の中の部分を一方通行を解除して、右側の駅の方に入れるようにするということになった。あとは、信号処理の問題をどうするのかというようなことも含めて、これに約一月近く時間を要してしまったと。
 それから、もう1点、JRの部分。JRについては土地問題が主な問題だったんですが、旧国鉄の部分については国土調査がなされていなかったと。それでこちらの道路部分については国土調査がしてあるんですけれども、それとの公図の突き合わせが、法務局の図面との突き合わせがどうも整合していないというようなところで、その辺の法務局との公図の調整に時間を要したということで、発注が当初の見込みより2カ月おくれてしまったというようなことでございます。ですので、6月ごろまでには完成したいというふうに考えております。


◯議長(伊藤弘明君) 2番、坂内鉄次君。


◯2番(坂内鉄次君) 再質問させていただきます。
 トイレの話なんですけれども、れんがは市民の声があったということで、それは理解できるんですけれども、先ほど聞き漏らしたんですが、れんがはどこに使うんでしたっけ。そんなにれんがだけで工事そのものの計画をおくらせるというのはいかがなものかなと。それを見越して、あらかじめ入札を早くして工事を進めていてそれに合わせるというのが進め方だったのではないのかなというふうに私は思うんですけれども、れんがが先に来て工事が後に来るのではなくて、まず ── れんがはどこに採用するのかわかりませんけれども、そんなにれんがによって建物の本体工事が左右されるのかどうか。その辺がちょっと疑問なものですから、再度お答えいただきたいと思います。
 私は議会の中で、あそこは喜多方に来る来訪者、観光客の皆様の車から降りる第一歩、喜多方の玄関口だということで蔵のまちの景観にマッチしたもの、さらには観光案内所と併設してはどうか、さらにはオストメイト対応のトイレも設置してはどうかというふうな提案もさせていただいたんですが、トイレのそういった機能、内容、あと外観はどんなふうになるのか、お聞きをしたいと思います。それだけです。


◯議長(伊藤弘明君) 樟山観光交流課長。


◯観光交流課長(樟山敬一君) 坂内議員からの再度のご質問にお答え申し上げます。
 まず、西四ッ谷のトイレのれんがはどこに使うのかというふうなことでありますが、トイレの入り口部分ですね。そこにちょうどアーチ状につくるというふうなことで、ちょうど美術館の入り口のところをイメージしていただければわかるかと思いますが、あのような形でれんがをトイレの入り口部分に使いたいと思います。そのほかの部分については普通の蔵づくり的な形の様式になります。
 それから、れんがだけで工事のおくれということになるのか。前もって準備を進めておいてもいいのではないかというふうなご質問についてですが、設計をして金額も決めて発注するということになりますので、そこの部分が決まらないとなかなか金額的な部分も決まらないというふうなことで、入札もそれ以降になるということでございます。
 それから、オストメイトの機能については今回入れてございます。
 それから、案内所はトイレの北側に併設ということになります。


◯議長(伊藤弘明君) いいですか。ほかにご質疑ございますか。
 8番、遠藤金美君。


◯8番(遠藤金美君) それでは、37ページの林業費補助金の松くい虫防除事業費補助金と政令指定病害虫等防除事業補助金、これはカシノナガキクイムシであります。これに連動して、恐らくそうだと思いますけれども、115ページの業務委託料、先ほども話ありましたけれども、この業務委託料は事業費の確定とあわせてという説明もあったわけでございますけれども、事業内容がどのように変更になったのか、お知らせ願いたいと思います。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 上野農林課長。


◯農林課長(上野光晴君) 私からは林業振興対策経費の中で松くい虫とカシノナガキクイムシ関係の事業についてお答え申し上げたいと思いますが、松くい虫につきましては、まず全体ですけれども当初計画795立方の駆除計画でございましたが、実際に駆除いたしましたのは578.91立方メートルでございます。それから、カシノナガキクイムシにつきましては、当初計画285立方でありましたが、実際に駆除できましたのは90.7立方メートルというふうなことでございます。地区別に若干申し上げたいと思いますが、本庁分、旧喜多方市分につきましては、松くい虫計画535に対して398.25、カシナガについては計画150に対して14.24。熱塩加納においては、松くい虫計画200に対し駆除量が150.66、カシナガが計画50に対して19.97。山都においては、松くい虫計画60に対して30、カシナガ計画35に対して18.9。高郷はカシナガだけでございますが、計画50に対して37.59というふうな結果でございまして、これは市としては当初計画どおりすべて実施したいということで県の方に事業要望はしておったわけなんですが、県の方の財政状況もなかなか厳しい中ですべてにおいて事業が実施できるような状況にはないということで、先ほど言ったような結果の駆除しかできなかったというのが実情でございます。


◯議長(伊藤弘明君) 8番、遠藤金美君。


◯8番(遠藤金美君) 県の財政難については前も一般質問でもしたわけですけれども、実際に山が荒廃しているという現状は、かねがね私も質問した経過で皆さんご存じだと思いますけれども、やはり実態調査、そういう面においてはちょっと不足しているのではないかと。やはりこれらを含めて増額なり、あるいは今回の実績見込みを見ますとまだまだ問題点があったのではないかと。その点について答弁願いたいと思います。


◯議長(伊藤弘明君) 上野農林課長。


◯農林課長(上野光晴君) 再度のご質問にお答えいたします。
 実態調査につきましては市の職員、それから県の職員、それから森林組合の職員と通じまして、全体的な実態調査はしております。その中で松くい虫につきましては松くい虫の防除ができる範囲が決まっておりまして、松の保全林の地域内と周囲2キロまでというような限定がございますので、その中でできる限り防除していきたいということで県の方にはきちんと要望は出してありますし、先ほどおっしゃいましたように健全な山林を維持していくということにつきましては、当然我々としても県に対して我々が思うような事業ができるようなことでの要望は今後ともしてまいりたいと。あわせまして国有林の関係なんですが、なかなか国有林の方は松くい虫なりカシノナガキクイムシの防除が進んでいないということで、これにつきましては管内の市町村が集まる営林署関係、今は森林管理署といいますが、そこの集まる会議の中でもいろいろと国の方には要望を出してありますし、官と民一緒になってこの防除に取り組んでいかないとなかなか効果が上がらないものでありますので、それらについてもあわせて要望はしてまいりたいというふうに考えております。


◯議長(伊藤弘明君) よろしいですか。
〔8番、遠藤金美君、自席より、「はい」〕


◯議長(伊藤弘明君) ほかにご質疑ございますか。
 3番、田部輝雄君。


◯3番(田部輝雄君) それでは、何点かお尋ねいたします。
 まず、91ページなんですが、保育所の管理運営経費の関係で一番下なんですが、賃金、ここでマイナス167万6,000円の補正になっております。恐らくこれは臨時職員の関係だというふうに思うわけでありますけれども、この臨時職員が167万6,000円のマイナス補正というその背景、具体的に教えていただきたい。具体的に採用しなかったのか、あるいは中途で退職されたのか、そういったやつも含めて、その内容をお聞かせいただきたい。
 それから、もう一つ143ページですが、これも職員人件費の関係でありますけれども、教育総務費の超勤、休日勤務手当108万の追加補正になっております。これはその内容をまずお尋ねしたいということと、あとこの間緊急雇用対策として臨時職員の採用も含めて対応をとられてきたわけでありますけれども、その2月に行われた緊急雇用対策で33名の臨時職員を採用されてきた経過があるわけでありますが、このような超過勤務を含めて発生するのであればその時点で臨時職員として採用して何らかの仕事をしてもらう、そういう対応は取れなかったのか、その辺のところについてお伺いをいたします。
 それから、あとこれはわからないので教えていただきたいのですが、109ページであります。真ん中よりちょっと下の中山間地域等対策経費でありますけれども、中山間地域の直接支払制度が今行われているわけでありますけれども、ここで言っている交付金のマイナス補正になっております。これは額は小さいわけでありますけれども、本来中山間の制度そのものの内容からすれば、各地区への交付金というのはそれぞれ反別も含めていろんなエコ農産物の栽培も含めて額的には、あるいは交付する額というのは決められているはずでありますけれども、マイナスが出てくるその背景についてお伺いをいたします。
 さらに、その下、返還金として発生しているわけでありますけれども、この辺についても先ほどの説明ですと、3集落へ県の基準に沿って返還されるということの説明があったわけであります。具体的にその3集落の内容についてお伺いをいたします。
 それから、もう1点なんですが、119ページであります。会津喜多方中核工業団地整備推進経費16万のマイナスでありますが、額は小さいんでありますが、一番下の使用料及び賃借料として3万3,000円のマイナス補正になっております。これは基本として考えるに、事業訪問とかそういうときの高速料金とかを含めてのマイナス補正になるのかなというふうに思っているんですけれども、この3月31日までの関係でこれから企業訪問する予定は全くないのかどうか、その辺のところを含めてお願いをいたします。
 あわせて、今回補正予算の中に項目として上がってこないんですけれども、新年度の予算の中には修繕費として9万円の計上がされております。今回の補正の中にはその修繕費としての補正が出てこないのですが、その辺の背景についてお伺いをいたします。発生しなかったのかどうか、お伺いをいたします。
 以上、よろしくお願いします。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 山口社会福祉課長。


◯社会福祉課長(山口惠司君) 私からは保育所管理運営経費の賃金の関係、167万6,000円の減額についてお答えいたします。
 今回の減額ですけれども、内容につきましては臨時職員の稼働日数の減並びに賃金の単価改定による増額補正、それらを相殺して今回の167万6,000円の減額になってございます。その内容ですけれども、第一保育所では32万7,236円の減。それから賃金改定で第二保育所、第四保育所。それから塩川と堂島保育所で臨時職員の稼働日数の減が出まして134万4,000円ほどの減。それから、駒形は単価改正による増額ということで、これら9保育所での増減合わせまして167万6,000円の減額ということになってございます。
 あと、山都保育所、臨時職員の稼働日数の減と申し上げましたが、臨時調理員の稼働日数が減でございましたけれども、人数までは今持っていなかったので、あとでもう1回お答え申し上げたいと思います。


◯議長(伊藤弘明君) 上野農林課長。


◯農林課長(上野光晴君) 私からは109ページの中山間地域直接支払関係の内容についてご説明申し上げたいと思います。
 まず、交付金が4万1,000円マイナスになっておりますが、おただしのように当該協定集落において取り組む面積というのは当初から決まっております。ただし、この面積もいろんな理由によって変わる場合がございますが、ほとんどの場合はこの面積は決まっております。あと、これが基本になるんですが、そのほかに担い手に農地を集積した場合に規模拡大加算という形での加算金が交付されることになりますので、当該集落において担い手に農地が集積された場合、当初から比較しますと若干の交付金の増減がある場合がございます。
 今回の4万1,000円の減額につきましては、後で説明いたします3集落におきます返還を伴う面積、要するにこれは規模拡大加算なんですが、その規模拡大加算分の変更の部分が入っていますので、20年度についてはその部分がマイナスになる部分とそれから先ほど言いましたそのほかの集落での規模拡大加算の増減によります全体の中での調整によって4万1,000円が減額になったというふうな内容でございます。
 それから、返還金の内容でございますが、これは3集落ございまして、一つが熊倉の辻集落、それから熱塩の半在家と宇津野集落が今回中山間直接支払の返還となります。これは返還対象年度については17年から19年という形になるんですが、この返還に至った理由についてなんですけれども、まず辻集落におきましては、本来交付金の対象にならない畜舎が交付の対象になっていたということで、これは現地の実態調査で判明いたしまして、この分については3カ年分返還をしなくちゃいけなくなりましたので、これが6万9,552円になります。それから、半在家と宇津野集落の協定においては、規模拡大の加算要件に合致しない農用地が実は含まれておりました。これも実態調査で判明したものでございまして、この部分については半在家が1万3,166円、宇津野集落においては8,058円、3集落合計において9万776円ということで、9万1,000円の返還という形での予算計上をさせていただいたところでございます。


◯議長(伊藤弘明君) 荒川商工課長。


◯商工課長(荒川 洋君) それでは、まず中核工業団地の関係のご質問にお答えいたします。
 使用料・賃借料3万3,000円の減額補正ということでございますが、まずこちらの中身は先ほど田部議員の方からご指摘ありましたように高速道路の料金ということになります。こちらにつきましては、企業訪問しないのかということでございますが、3月中も企業訪問を実施してまいる所存でございます。ただ、高速道路の料金ということで、実際に車を使って回るような場所がないということで、この高速道路を使う場合の使用料の部分を減額ということになってございますが、旅費その他の部分については残してございますので、そういったものを使って対応していくといったことでございます。
 それから、修繕費が減額補正に上がっていないのではないか、これはどういうことかといったような質問のようでございますけれども、修繕費は車の車検の費用でございますので、これは実際に車検としてもう使ってありますので減額補正ということはないということでございます。


◯議長(伊藤弘明君) 荒川生涯学習課長。


◯生涯学習課長(荒川新一郎君) 教育総務費に計上されております超勤の関係でございますが、これは生涯学習課、教育部の中で使用したものでありまして、生涯学習課所管でございました。新宮城国指定に向けまして文化庁に提出する申請書の作成、それから報告書の作成、それから地権者の同意を得なければなりませんので、同意を得るために夜間に各個別に訪問したと。11月末から2月上旬にかけまして休日等も出勤して、あるいは深夜に及ぶ作業を行っていたために超勤が多く発生したということでございます。


◯議長(伊藤弘明君) 3番、田部輝雄君。


◯3番(田部輝雄君) 答弁いただきましたが、最後の超勤の関係で、その仕事にいわゆる臨時職員として採用される雇用対策はできなかったのかどうかということが、まず一つ。答弁がなかったのでお願いします。できないとなればできないでいいですけれども。
 それから、あと中核工業団地の関係でありますけれども、いわゆる高速道路を使っての企業訪問はないと。旅費の関係で十分対応できるということの答弁がありました。具体的に、この前の一般質問の中でも出されてきましたけれども、いわゆる検討いただいている企業があるわけですよ。そこには実際に電車で行くよりも車で行った方がより便利なはずでありますけれども、今回そういう予定はないのかどうかですね。あくまでも東京、神奈川方面なのかどうか、その辺のところを再確認をさせていただきたいと思います。
 それから、あわせて今まで車の車検とかそういうことのようでありますけれども、修繕費という表現を使っていなかったようでありますけれども、この辺をもう少し答弁いただきたいと思います。
 それから、中山間制度の関係でありますけれども、これは内容はわかりました。でも、実際にこれは毎年毎年各地区から事業報告書を提出していただいているわけですよね。平成20年度もこの3月19日までに提出をするということになっていると思うんですけれども。そして3月31日で整理をしていくと思うんですけれども、その内容についてはそれぞれ毎年実態調査、チェックはしているはずであります。それが17年までさかのぼって、3年間にさかのぼって返還するという内容が発生するというのはどういうことなのか。よくわからないので、再度答弁いただきたいというふうに思います。
 それから、あと保育所の関係については、あとで人数等も含めて報告があると思いますので、その辺についてはわかりました。そのほかに答弁の中にありましたいわゆる日数減という表現があったと思うんですけれども、この日数減というのはどういうことで発生するのかお伺いをいたしたいというふうに思います。さらには、賃金改定のことも言われましたけれども、具体的にその賃金改定の内容についてお伺いをいたします。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 上野農林課長。


◯農林課長(上野光晴君) 私からは中山間の返還の内容についてのおただしにお答え申し上げたいと思います。
 交付金の交付要綱につきましては、毎年地区の役員の方々に説明会を開催しながらよく説明しているつもりではあるんですが、今回の返還事由にあるような内容についても、当然そういう事由があれば返還の対象になりますよというようなことでの説明は申し上げているわけなんですけれども、なかなか制度の内容が細かいという部分があって、実際に協定の役員の方々にきちんと周知されていない、理解されていない部分もあったかと思いますし、また市の方の検査等での対応あるいは現地確認での対応の不手際も少しはあったのかなという反省は当然しておりますし、今後このようなことのないように、なお協定の役員の方々との意見交換なり説明をきちんとした上で対応してまいりたいというふうに考えているところでございます。


◯議長(伊藤弘明君) 荒川商工課長。


◯商工課長(荒川 洋君) それでは、再度のご質問にお答えいたします。
 まず、検討いただいている企業の方に今年度中に訪問予定があるのかということを含めてという質問だと思いますけれども、現時点では今年度中、3月中にという形では予定というのは特にはないんですけれども、年明けてからというのは当然あるかと思います。
 また、行き方としては車で行ったり電車で行ったり、それから市内、地元で検討いただいている企業、本社は東京ですが、地元に工場を出していたりということはありますので、高速道路を使わないで行くということも多々ありまして、基本的には電車なりそういったもので行くということが多いことがございますので、3月中については高速道路を使って行くということはまずないだろうと。車を使うということは当然ありますけれども、高速道路の使用というのはないだろうと思っております。
 それから、修繕費についてですが、これは従来から車検等の部分についての費用は修繕費という形で計上させていただいているかと思います。


◯議長(伊藤弘明君) 荒川生涯学習課長。


◯生涯学習課長(荒川新一郎君) 答弁漏れがありました。申しわけございませんでした。
 臨時職員で対応はできなかったのかというご質問でありましたが、歴史報告書の作成でございますので、当然専門家でないとできませんので学芸員が担当しております。


◯議長(伊藤弘明君) 山口社会福祉課長。


◯社会福祉課長(山口惠司君) 保育所管理運営経費の中のご質問にお答えをいたします。
 先ほど私、臨時職員の稼働日数の減と申し上げましたけれども、稼働日数ということでなくて、臨時職員が勤務する日数というふうに訂正させていただきたいと思います。この臨時職員の場合は、職員が休暇した場合等に対応する臨時の保育士であったり、それから調理員であったりというふうなことの賃金でございます。
 それで賃金の体系の内容というようなこともお話ありましたけれども、一番最初、当初については予算不足にならないということで、年齢による一番高い賃金で見積もりをさせていただいています。それらにあわせて今回勤務日数が少なかったというようなことでの減額になってございます。保育所の20年度当初の臨時職員がフルタイムということで29名、それからパートで17名ほどございました。臨時調理員につきましてはフルタイムの方は3名、それからパートで11名。これは時間での対応をする調理員の臨時でございます。そういった内容で運営をしてまいりました。その中で先ほど言ったように、職員の休みが少なかったとかそういったことの勤務日数の減による予算の減額。それからあと、先ほど申し上げましたように、9保育所等でそういった増減がございましたので、それらを合わせた金額で167万6,000円の減額になったということでございます。
 以上でございます。


◯議長(伊藤弘明君) 3番、田部輝雄君。


◯3番(田部輝雄君) それでは、1点だけ。
 中核工業団地の関係でありますけれども、高速道路を使っての予定はないということでありますけれども、3月中にそうすると福島県内の企業訪問は1社も予定されていないということでよろしいのか、再度お願いします。


◯議長(伊藤弘明君) 荒川商工課長。


◯商工課長(荒川 洋君) それでは、企業訪問の県内の予定についてお答えいたします。
 市内含めて、市外の県内につきましても、訪問する場所がありましたら行く予定で、今具体的にどこという予定ではございませんが、回っていく予定となっております。
 なお、県内につきましては、基本的に余り高速道路を使わずに下の道を通っていきますので、高速道路の代金はほとんどかからないという形ですので、県内につきましては高速道路の料金はかからない形で回っていくことが多いので、実際にかかってこないということでございます。


◯議長(伊藤弘明君) 22番、齋藤仁一君。


◯22番(齋藤仁一君) まず、7ページの債務負担行為補正の追加分でありますけれども、先ほどの説明では予定どおりできなかったのでというようなことでありました。予定どおりできなかったその理由についてお尋ねをいたします。それで、今回補正予算ということで対応しているわけですけれども、3月補正する分ですね。債務負担行為というふうなことになってくると当初予算での対応でないのかというふうに私は理解しているのですが、なぜ今回の補正になったのか、お尋ねをいたします。それから、今期間が示されておりますけれども、この期間で大丈夫なのかもあわせてお尋ねをいたします。
 2点目でありますけれども、115ページの森林環境交付金の事業でありますけれども、178万円が減額されております。この環境交付金については、そうだとこの減額された額を返還しなければならなくなるのか、お尋ねをいたします。それから、これが事業としては飯豊山の事業に、登山道に使われたということでそのことは理解しているわけでありますけれども、この事業以外に考えることができなかったのかどうかもあわせてお尋ねをいたします。
 最後に、166ページの公債費でありますが、財源内訳を見ますと地方債、過年度債から一般財源に移っている。その過年度債については1年未満のものだったというようなことでの理由の説明があったわけですが、なぜ今になってこの補正なのかということと、なぜ1年未満のものはだめだったのか、その理由についてお尋ねをいたします。
 以上です。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 上野農林課長。


◯農林課長(上野光晴君) 私からは115ページの森林環境交付金事業の関係でお答え申し上げます。
 まず、減額分について返還かというふうなことでございますが、この減額分の内容については県の支出金と市の単独費がございます。県の補助対象分となります142万8,000円につきましては返還という形になります。その他の一般財源であります35万2,000円につきましては不用残という形で今回減額させていただくという形になるものでございます。
 せっかくこんなに減額するのだから、これ以外何かやったらよかったんじゃないのかというふうな二つ目の質問かと思いますが、この森林環境交付金事業といいますのは、前年度におきまして県の方から次年度森林環境交付金事業で取り組むに当たって市町村から提案を求め、その提案の内容について県の審査会において次年度の事業が決まることになっております。喜多方市においては、これは平成20年度の予算ですが、19年度におきまして一つは塩川の「野鳥が来る緑の森」というのがあるんですが、これの森林整備と、それから飯豊山の登山道整備、それから大仏山の山小屋にテーブル、いすなどを置く事業につきまして提案をしてこれが認められたということでございます。あとは小学校、中学校に交付する森林環境教育交付金というのがございますが、これらについては当初から決まっているものでございますので、これらについては提案ではないんですが、先ほど言いました三つの部分が提案をし県から認められたというふうな内容で20年度事業執行に当たってまいりましたが、先ほど財政課長の説明にありましたように、飯豊山の登山道におきまして間伐材を使うわけなんですが、防腐剤を使ったものについては森林公園の中で、やはり飯豊山というのは貴重な自然だということから、防腐剤を使うことによって森林に悪い影響を与えるのではないかというふうなことから指摘を受けまして、防腐剤を使わない間伐材にしてくださいというような指導がございました。そのためにその部分が一番大きな事業費の減額になるんですが、その部分については県の方にお返しすると。あと請差等もございますので、それらも含めて先ほど言いました140万何がしの部分はお返しをし、残りの部分については市費ということで減額計上という形でございます。


◯議長(伊藤弘明君) 渡邊財政課長。


◯財政課長(渡邊俊明君) 私からは債務負担行為の追加の関係と市債の関係についてご答弁申し上げたいと思います。
 まず、債務負担行為の追加ですが、追加をしなければならなかった理由は何なのかということでございますが、毎年度財源調整の中で用地取得費につきましてはそれぞれ償還をしてきているということでございますが、これまでの設定をした期間の中ではすべてについて償還をし切れなかったと。そういった意味では、財源調整があったということでございます。それから、そういったことがございましたので、従来は、3月の補正の時点でそのときの財政状況を見ながら用地取得費等について補正の中で計上してございましたが、21年度からは中期財政計画に基づきながら当初予算の中にあらかじめそれを組み込むというようなことで計画どおり進めたいというふうに考えてございます。
 また、なぜ今なのかということでございますが、今年度までに、3月の整理予算までにできるだけやりたいということで今までやってまいりましたが、結果的に今年度中にはすべて償還ができないということでございましたので、21年度からそれぞれ延長したいということでございます。また、この期間内にできるのかということでございますが、喜多方プラザの用地関係につきましては金額が大きいということがございますので、あるいは開発公社も大きいので今年度負担が少し高まるというふうに考えてございますが、ふれあいパーク関係については22年度までに終わる予定でございますし、そのほかにつきましても現時点では終わる予定で考えてございます。
 それから、市債の関係で1年未満のものということでご説明をしたところでございますが、この1年未満のものということの意味でございますが、この意味は今年度中に償還期限の来るもの、つまり平成20年11月でありますとか21年の2月ごろに償還の期限が来るというようなものにつきましては、高利率で借りているものではありますけれども、それを借りかえをしたとしても利息はほとんど軽減されないということになりますので、そういった意味で今年度中に償還期限の来たものにつきましては借りかえをしなかったということで、その分を減額をしたということでございます。


◯議長(伊藤弘明君) 22番、齋藤仁一君。


◯22番(齋藤仁一君) まず、森林環境交付金でありますけれども、142万が返還しなければいけないというふうなことで、事業確定によっての交付金なのでということでの説明がありました。そのことはわかるんでありますが、だとすると、やはり事業を立てるときの精査というものがそうだと必要になってくるだろうと。精査をしていた段階の中で防腐剤が必要でなくなったというようなことになるわけですけれども、そうではなくて、それでは事業を計画するときの事業の計画の立て方がどうだったのかということになりますので、やはりこういうような交付金の中での事業でありますから、その点については次年度以降、新年度から始まるその事業の取り組み方というのが問われるというふうに思いますので、どのように取り組んでいくのか、そのことをお尋ねをしておきます。
 それから、債務負担について、特にプラザの用地取得のことについては不透明だというふうに私は受け取ったわけでありますけれども、財源調整だというふうにおっしゃっているわけであります。しかし、その財源調整、中期財政計画もきちんと示されながら、同僚議員からも指摘がされているように、適正に運営していかなければいけないというようなときに、こういう債務負担行為というようなことが安易に行われるということは、やはり私は問題であるというふうに思うんです。ですから、財源調整ではなくて、きちんとした中期財政計画の中でこの債務負担も含めてきちんと示していかなければいけないだろうと。安易に取り組む必要はないだろうというふうに私は思います。それで、その辺の考え方、中期財政計画をこれからお立てになるんでしょうけれども、そのことについてどういう考え方なのか、お尋ねをしておきます。
 それから、過年度債について、1年未満のもの、理由はわかりました。ですから、当然3月の段階になって補正になってくる。それも一般財源に転換されてくるというようなことになるわけですね。ですから、この辺についても事務事業を執行していく執行側の過年度債がどうであるのかというような精査をきちんとなされるべきだろうと。もちろん過年度債を使うわけですから、これは国の方からの了解も得なければいけないというふうになるんでしょうけれども、その辺の調整も含めて、であるならば間違った時点ですぐに減額補正をしなければいけないだろうというふうに私は思うんですが、その辺の取り組み方について今一度お尋ねをしておきます。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 渡邊財政課長。


◯財政課長(渡邊俊明君) 債務負担行為の考え方ということでございますが、現在中期財政計画の見直しを行っているところでございますが、その中では、この債務負担行為の期間を延長した期間の間に償還を終わるということを前提として計画をしたいというふうに考えてございます。
 それから、過年度債の関係の再質問がございましたが、この制度ができましたのは19、20、21年度の3年間でできる、18、19、20でしたか、だったというふうに思いますが、19、20、21ですね。その計画をする段階で、既に過年度債の関係について国の方へこのような形で進めたいということで計画を出してございます。その金額につきましては平成20年度につきましては4億6,000万ほどございました。それにつきましては先ほど申し上げましたように、その中で精査をしてまいりました段階では1年未満のものがあるということでございまして、過年度債等を借りますのはこれからになりますので、その中で整理をしたいということでご理解をいただきたいと思います。


◯議長(伊藤弘明君) 上野農林課長。


◯農林課長(上野光晴君) 私からは森林環境交付金事業の関係で事前の調整のおただしだったんですが、当然事前の調整はしておりまして、飯豊山の登山道の関係においては環境省の出先事務所の方とも当然調整はしてまいりました。その段階では当初計画どおりの内容で了解という形をいただいていたんですが、本省に協議した段階で、やはり先ほど言いましたような形で飯豊山の自然を守るという意味では防腐剤については使わないでほしいというような指導がございまして、変更させていただいたというふうなことで今回減額ということになったわけなんですが、当然事業の実施に当たっては事前の調整は必要なことでありますので、それについてはきちんとこれからも取り組んでまいりたいと考えております。


◯議長(伊藤弘明君) 13番、渡部勇一君。


◯13番(渡部勇一君) 2点ほどお聞かせ願いたいと思います。
 先ほどの坂内議員からの質問にあった観光駐車場ですね。これは借地だと思うんですが、この借地の契約内容を教えていただきたいというふうに思います。
 あと、隣7ページのふれあいパーク喜多の郷事業用地取得費、繰越明許ですね。いや、債務負担行為の3,814万円という額はどこの土地なのかということを教えていただきたい。
 それと、あと123ページに公有財産費として、これも喜多の郷という説明があったと思うんですが、土地購入費として572万円というのが上がっているんですが、これはどこの土地なのか。その債務負担行為の中の一部の金額なのか。どこの土地の分なのかということを2点お聞かせ願いたいというふうに思います。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 樟山観光交流課長。


◯観光交流課長(樟山敬一君) まず、観光駐車場の契約内容というふうなことでございますが、これは新道と西四ッ谷観光駐車場でありまして、まず新道の方につきましては平成17年4月1日から平成22年3月31日までという5年間の契約になっておりまして、あそこの土地を固定資産税評価額の算定率でもって出しているというふうな中身でございます。それから、西四ッ谷駐車場につきましては、これも同じく平成17年4月から22年3月までということで新道と同じような契約の内容になっております。
 それから、続きまして今度は繰越明許の方のふれあいパーク喜多の郷の用地の関係でございますが、済みません。債務負担行為の方でございますが、これは八方ため池の北の方、それから蔵の湯の東側、あそこの土地でございます。今回補正予算で、蔵の湯の東側、八方ため池の北側の土地でございます。一部砂利敷きの駐車場になっておりまして、さらにその北側は今林の状態になっております。そこの土地でございます。
 それから、今回補正で123ページの一番上、公有財産の購入費ということで572万上がっておりますが、これはそこの土地、同じ土地の部分でございます。蔵の湯の東側のところですね。そこの土地でございます。今回3月補正で上げましたが、その残りの分が債務負担行為ということで3,814万円ということになりまして、これについては2年間で返済していこうというふうなことで21年度の当初予算に一千九百何十万という形で計上してございます。
 以上でございます。


◯議長(伊藤弘明君) 13番、渡部勇一君。


◯13番(渡部勇一君) 駐車場の件について再質問させていただきます。
 今ほどの答弁で借地の契約期間が17年から22年ということで、22年以降は契約に入っていないということで、これは契約にないわけですから22年以降は返してくれという可能性もあるわけですよね。そんなときに、今回1,800万ですか、西四ッ谷については。新道についても相当なトイレ、金額がかかっていますよね。22年までしか契約がないのにそういうものに投資していいのかなという気がするんです。これは契約上は22年以降は返してくれと言われても何らこちらの方で不服も言えるあれもないですよね。その辺の考え方はどういうふうに考えているのか、お聞かせ願いたいというふうに思います。
 あと、ふれあいパークの土地ですが、先ほど572万でね。それを除いた残額が債務負担行為として上がっているという説明でしたよね。となると、あと3,814万円、この借入額で当初の計画の全部の土地を買える金額なのか。当初取得する予定の面積がありましたよね。それがこの残りの3,814万円で全部買える金額なのか。それをお聞かせ願いたいというふうに思います。2点お願いします。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 樟山観光交流課長。


◯観光交流課長(樟山敬一君) まず、新道と西四ッ谷の駐車場についてですが、22年3月までというふうなことになっております。その先の部分については基本的にまだちょっと議論をしておりませんので、今後早急に考え方を整理してまいりたいというふうに思いますが、ただ返すということになりますと借地権とか ── 土地の上についているのは何でしたっけ。
 それでは、済みません。答弁調整にちょっとお時間ください。


◯議長(伊藤弘明君) 暫時休憩いたします。
    午前11時32分 休憩
────────────────────────────────────────────
    午後 1時00分 再開


◯議長(伊藤弘明君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 昨日の議案審議において19番、佐藤一栄君より提供の申し出のありました資料を配付いたしました。ご了承願います。
 議案審議を続行いたします。
 先ほどの13番、渡部勇一君の再質疑に対する答弁を求めます。
 樟山観光交流課長。


◯観光交流課長(樟山敬一君) 答弁調整に時間を要しまして大変申しわけございませんでした。
 西四ッ谷駐車場のトイレ建築に際しては地権者との了解のもとに進めております。なお、その了解事項につきましては、新道駐車場においてトイレ建築の際に地権者と取り交わした協議書の前例がありますので、西四ッ谷駐車場のトイレについても速やかに協議書を取り交わしていきたいと考えております。
 また、先ほど契約期限を平成22年3月までと答弁いたしましたが、契約書には「甲乙双方から特に申し入れのない場合は、この契約は引き続き同一条件により自動的に更新するものとする」という規定がございます。これは更新を前提とした規定でありますので、平成22年度以降も契約が継続するものと認識しております。
 次に、喜多の郷の用地取得費についてですが、現在共有地の取得率は88.6%でございます。この88.6%分の用地取得にかかる経費は喜多方地方土地開発公社を通じて支払っており、今回の債務負担行為分3,814万円で全額でございます。なお、残りの契約が結べない11.4%分につきましては、今後契約が成立すれば喜多方地方土地開発公社を通じて購入することとなります。
 以上でございます。


◯議長(伊藤弘明君) よろしいですか。
 13番、渡部勇一君。


◯13番(渡部勇一君) 再々質問させていただきます。
 トイレの件を先に質問します。今ほど答弁がありましたが、契約内容に双方の特別なものがない限りは自動的に継続されるというふうにありますが、裏を返せば、双方に何らかのことがあれば契約は打ち切られるという意味でもあるんですよね。ですから、本来であるならば、一番ベストな状態、ベストな契約というのは、今回のトイレも補助金を使っていると思うんですね。恐らく国の補助金を使っている以上は30年間壊しちゃいけないとかどうのこうのという制約があるんではないかなと思うんです。そうであるならば、本来であるならば、30年であるならば、30年間の借地契約は交わさなければならないというふうに私は解釈するんですけれども、なかなかそれができなくても、やはりそういうリスクがあるということに対して市がどのような考えを持っているのかということなんです。5年5年で契約更新しているということは、必ずリスクが伴うわけですよね。これだけ2,000万、3,000万の投資をしたものが、5年だったら5年でパーになる可能性がありますし、取り壊されるようになるような可能性だってあるわけですよ。相手方の状況に応じては。それは相手方においてもいろいろ相続だとかいろんなことがあると思うんです。あの土地に関して返還要求しなければならない、要するに契約を更新できないような要件が出てくる可能性は往々にしてあると思うんです。ですから、そのリスクを行政としてはどういう考えがあるのか。どういう考えのもとにそのリスクを考えているのかということをお聞かせ願いたいというふうに思います。
 それと、新道の駐車場のトイレの件で、建てるときにいろいろ契約、約束事があったと。それと同じような契約、約束事を早急に西四ッ谷についてもやりたいというお話でしたが、新道に関してはトイレを建てるときにどのような約束事をしたのか。そして、どのような形の書類に残されているのかということをお聞かせ願いたいというふうに思います。
 それと、ふれあいパーク喜多の郷の共有地でありますが、残り11.4%。これももう10年近くなると思うんですよね。一時これで大変議論が交わされたと、問題視されて議論が交わされたという経緯があります。もう10年近くの間に何をなさってきたのかなと。どういう形でこの問題解決に対して100%取得に向かってどのような行動をしてきたのかということを教えていただきたいというふうに思います。それと、今後100%になるにはどの程度の期間を見越しているのかと。いつになれば100%になるのかという見通しがあればお聞かせ願いたいというふうに思います。


◯議長(伊藤弘明君) 喜古産業部長。


◯産業部長(喜古克広君) 再々質問にお答えいたします。
 西四ッ谷駐車場の自動更新の先ほどの条項のことをご説明申し上げました。西四ッ谷駐車場の今の建物は補助金云々ではなくて、市の単独事業で実施をしております。5年ごとの自動更新というふうになりますけれども、先ほど申し上げましたように甲乙双方の協議というふうになりますから、一方的に契約破棄ではなくて、そのときそのときに双方が真摯に話し合いを進めていくというふうになりますので、そこの部分がある意味ではリスクを回避するというふうになろうかと思います。一般的に賃貸借契約、期限の定めのないものももちろんありますけれども、通常は期限をつくって、そしてそこに自動更新の条項を入れるというのが一般的だと思いますし、今回の契約についてもそれに基づいてやっているということでありますから、全然リスクがないのかということではなくて、リスクはもちろんありますけれども、そこは双方協議をして進めていくということになります。市の方の観光行政の中に地権者の方が協力いただいて、今回そういうトイレと案内所を併設する、建物を建てるということで同意をいただきましたので、今後についても更新はしていただけるというふうに認識しております。
 それから、新道の方の協議書、これはトイレを設けることに同意をしますというふうな協議書になっております。ですから、ある意味では建てる前に協議書をもちろん結ぶ条項でありましたけれども、今回についてはそこの部分は口頭の了解のもとにやってきたということになりますから、そこの部分をきちんと文書に残そうということで先ほど答弁を申し上げたところでございます。
 ふれあいパークのその後の取り組みの状況については、観光交流課長から答弁させます。


◯議長(伊藤弘明君) 樟山観光交流課長。


◯観光交流課長(樟山敬一君) ふれあいパーク喜多の郷の用地取得の関係で、問題解決に向けてどのような努力をしてきたのかという質問でございますが、昨年、昨年の2月でしたが、不同意の方1名に同意をしていただいて契約を結んだと。そして、所有権移転の登記もかけてきたというふうなことが最近だとございます。それから、3年ほど前に一つ登記の関係を整理したというふうなことがありますが、あとは率直に言いましてなかなか問題が面倒でといいますか、なかなか交渉の相手方が、実は明治時代の古い登記になっているものですからかなり分散してしまってなかなかまとまらないというふうな状況で、相手方を捜す状況に今現在なっております。そういったことでできる努力についてはやってきたんですけれども、今後に向けてはなかなか相手方との交渉というよりは、むしろ相続人が一筆に対しまして、一つの共有地に対して1人の方がいるとすると、その方の子孫がもう大きく広がってしまっているというふうな土地ばかりでございまして、率直に言ってなかなか100%の見通しは現在立たないというのが今の状況でございます。


◯議長(伊藤弘明君) ほかにご質疑ございますか。
 25番、庄司 弘君。


◯25番(庄司 弘君) ふるさと寄附に関連してお尋ねをいたします。
 16款の寄附金には、一般寄附とその他の寄附があって、ふるさと寄附という形で4種類当初で上がっておりますが、この違いというのは税の控除だけなのかどうか。一般寄附というのは使途が自由だと、指定寄附というのは使途が制約されるということになりますと、ふるさと寄附にもそういう2種類の位置づけがあるのかどうか。その辺を教えていただきたい。
 それから、2番目には、ふるさと寄附をする人というのは本市では結構額が多かったというふうに市長は言っておりましたが、県内で4番目でしたっけか、そのぐらいだろうと思いますが、地元出身だけなのかどうか。その辺のところを教えていただきたい。
 次に、そういう寄附をもっと多くしていくというふうに市長はおっしゃっておられましたが、当初においては390万ですか、昨年度の実績よりも少なく計上しているわけで、啓蒙PRがされるのかどうか。ある意味、他市町村を見てみますと、こういうことをするのでふるさと納税という形で寄附をしてほしいというようなことを書いた冊子ができていたりしております。そういう意味では、本市もリーフレットをいろいろな場所、例えば市長の出身省庁である農林省であるとか、あるいは企業であるとか、喜多方会であるとか、いろいろな場所にこれを置いた方がいいのではないかと。その際ですけれども、こういうものに使いますよと。ふるさと納税をしてくださいではなくて、喜多方市でこういうことをしますから、皆さん協力してくださいというような冊子にした方がいいのではないかと。もしつくるのであればですが。これはほかでもそういうふうにしてつくっているところがあるようでありますから、そういう考えがあるのかどうかをお尋ねしたいと思います。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 菅野企画政策課長。


◯企画政策課長(菅野康裕君) ふるさとの寄附金の関係についてお答えいたします。
 まず、最初の寄附の違いということでございます。この寄附の違いは、昨年の税法改正上、地方自治体に寄附をした場合は、一般寄附であってもふるさと納税であっても控除の制度は全く一緒になりました。5,000円が自己負担になるということと、住民税の1割を限度として控除されるということですので、そのような制度で違いはございません。
 それから、寄附の状況で地元出身者だけかということですが、これはなかなか出身地までの把握は難しい状況であります。中には、地元何とか町出身なのでそちらの地域振興のためにお使いくださいというふうな寄附者の指定する事業がある場合は出身地がわかるんですけれども、今の寄附申込書には出身地をお書きくださいというところまで反映されていませんので、出身者でなくても広く寄附を呼びかけている関係から余り出身地にこだわった申込書ではない方がいいだろうということで、そんな考えで取り組んでおります。なお、コメントを添えて寄附をしていただける方もいます。前に飯豊山に登ってすごく感動したというふうなことで、地元出身ではないけれどもというふうなコメントを寄せて寄附をしてくださる方もいらっしゃいます。
 次には、寄附を喚起するPRでございます。喜多方市は昨年7月からスタートしましたので、チラシをつくってPRはしておりますが、ただいまのおただしはリーフレットをつくって市外の各所に置いてPRしてはどうかというおただしでございますので、これについては非常に効果的な考え方かなというふうに感じておりますので、なお検討したいというふうに思っております。


◯議長(伊藤弘明君) 25番、庄司 弘君。


◯25番(庄司 弘君) 再質問をいたします。
 これは市長にお尋ねをしたいのは、やはり今の課長のお話ですと、出身地の把握まではなかなかできないということなんだそうです。私も東京都の納税とか静岡県の富士市でしたか、そこを見てみますと、要するに地元でなくて自分たちの環境整備あるいは目的を達成するために協力できる人は全部に声をかけるというような仕組みで使っているところがあるわけですね。そうすると、本市に置きかえて考えてみますと、例えば川前の釣り場を環境浄化をしながらヘラブナの釣り場を温存するんだというようなところにふるさと寄附金を使うとか、あるいはまだ計画の段階でしょうけれども、雷神山の桜の山をつくるところにふるさと納税で皆さんで第2のふるさと花見山をつくってみませんかとか、そういうようなメニューをたくさんつくって、最終的にそれに協力したい人は喜多方市のふるさと納税に寄附をしてほしいというような形でもって、メニュー別に、テーマ別にリーフレットを作成した方がいいのではないかというふうに、これはお金もかかりますから、メニューを1個にまとめてもいいんでしょうけれども、できるかどうかわかりませんが、そういう手法でやられた方がいいのではないかと。現実、さっきも申しましたように、他市では環境整備あるいは湖水の整備等にそれをやっていきますよと。富士五湖をきれいに保ちますよ。あるいは富士の樹林を守っていきますよとか、そういう環境保全のためにはそういうものをたくさんメニュー化しているところもあるようでありますから、検討してみたらいかがかなというふうに思っているわけですが、どのように考えておられるか。
 それから、先ほど答えをいただけなかったんですが、やはりふるさと納税をするのであれば、過小に予算化しないで目標値をつくった方がいいと私は思っております。やはり喜多方市の観光あるいはいろいろなイベントを実施する場合にお金がないとできないというような状況ですから、企画政策の方でも、ふるさと納税は次は1億円を目標にやっていくんだとか、1,000万を目標にするんだというふうなポジティブに考えていかないと。ただなれば現実的にお金ができた、400万だからいい、300万だから少なかった、現実論で論評するのではなくて、このためにこのぐらい集めたいというような思いがあった方がいいとは考えているのですが、その辺はどのようにお考えなのか、お尋ねをしたいと思います。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 白井市長。


◯市長(白井英男君) ふるさと納税のご質問にお答えいたします。
 前段の喜多方出身ではない方、結構寄附していただいていますね。身近なところでは坂内ラーメンのかかわりで中原さんという方がおられますね。あの方がこの間寄附していただいたりしていますし、結構喜多方と関係のある方がいろいろ寄附をいただいていますので大変うれしく思います。今後もそれは拡大していきたいなと思っております。
 それから、目標を定めてそれに協賛してくださいと、一緒になってやりましょうということは、私は大変いいことだと思います。この間から言われているんですけれども、何か飯豊山も相当汚れていると。谷の方に相当ごみが捨てられたりして、非常にきれいだきれいだといっている割には汚れているので、これをきれいにするには大変だと。そうするとやはり飯豊山を大好きな人たちが呼びかければ、そういう人たちがじゃあ使ってくれというようなことは言っていただけるのではないかと思いますから、パンフレットにするのかどういう形にするのかは別にして、ご提案ですのでそれらについてはぜひ考えていきたいなと思っているんです。
 それから、目標を定めて、数字目標を定めてそれに向かってというのは、現実問題としてはなかなか難しいと思いますよ。ただ私はこう言っているんです。松山の公民館を改築すると地元の人たちが言っているんですが、皆さん、そんなにおっしゃるのであれば、自分らである程度寄附するのはもちろんですけれども、そうじゃなくてふるさと納税制度がありますから、それを使って皆さんが声をかけられて松山出身の方々に寄附してもらったらどうですかと。それが一つの引き金になって市もやらざるを得なくなるというようなことはありますよ、というようなことは申し上げているんですけれどもね。そうしたらば、いろいろと考えて何か動き始めたようです。というようなことがありますので、そういうのはいいと思いますけれども、1億円を集めましょうというと、これは何年かかるかわからない話になりますので、現実問題としては大変だと思います。せっかくのそういうお話もございましたので、各地のやっている様子もよく調査した上で前向きに対応していきたいというふうに思います。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁漏れがございました。答弁したい旨の申し出がございましたので、答弁させます。
 菅野企画政策課長。


◯企画政策課長(菅野康裕君) 先ほど最初の質問で21年度予算についてお答えいたします。
 この予算額につきましては、昨年7月から1月までの実績、月平均が約9件でございました。ですので、その平均値の9件と12カ月を掛けますと大体110件というふうなことで、それの平均寄附額を、一番高い金額は削除して平均的な金額を掛けた予算計上とさせていただきました。


◯議長(伊藤弘明君) ほかにご質疑ございますか。
 28番、物江和一君。


◯28番(物江和一君) 1点お尋ねをいたします。
 先ほど、我が同志である金美議員から質問があったことについての関連でございますが、115ページでございます。
 林業振興費、林業振興対策経費につきまして、約1,000万くらい今回減額をされたわけでございます。その中身については松くい虫なりカシノナガキクイムシの防除について相当額減額したんだと。その理由について、先ほど農林課長の答弁ですと、県の補助事業の関係で県の予算が非常に窮屈だというようなことでせざるを得なかったというような、何か県の都合によってこの事業が縮小せざるを得なかったというふうに聞こえたわけでございます。できるならば、予算をとった部分を全額有効に活用して事業効果を上げるというのが役目だろうと思うんですが、何か県の都合によってこれを縮小せざるを得なかったというようなことについて非常に気になるわけでございますが、それで37ページにお戻りいただきたいんですが、ここに林業補助金、林業費補助金、今回1,025万3,000円の減額をしてございます。松くい虫については当初1,023万の補助金であったものが、変更後494万3,000円。520万の減額をしたと。何だかんだで800万くらいこれは減額するわけですか。そこで疑問があるのが、この林業補助金の当初の20年度の予算設定をする際に、県との協議というものはどうしたのかなと。当然県との協議をした中で20年度の予算設定をしたはずだと私は理解するんですが、こちらの方で勝手に積算して上げたわけではないと思うんですが、県とのその協議はやったのかやらないのか。仮にやったとすれば、やはりこれは約束した補助金でありますから、どのような県の方で金がないとか理由付けを増すのはちょっとおかしいのではないのかなと。やはり約束どおり補助金はちょうだいするというようなのが本来の姿ではないのかなというふうにちょっと疑問が生じたものですから、その辺について予算設定に当たっての県との協議があったのかどうなのか。さらに、また減額された理由についてもう1回お願いをいたします。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 上野農林課長。


◯農林課長(上野光晴君) 物江議員の林業振興対策経費の中での松くい虫、カシノナガキクイムシの防除事業費の関係でお答え申し上げたいと思います。
 今回、林業振興費の方で減額しておりますが、37ページの方で歳入の林業補助金の減1,000万ほどありますけれども、この中で松くい虫に関係する部分が520万、政令指定病害虫等防除事業、これはカシノナガキクイムシの防除事業でございますが、300万ほどなんですが、この減額の中には予算の組みかえも実はございます。同じ歳入の51ページの方に雑入の関係で農林課分がございますが、97番に県森林病害虫等防除事業損失補償金261万4,000円ということで、これは逆に県の方から歳入されるものでございまして、この内容は松くい虫の知事命令、100%の補助によります知事命令分の駆除の分がここに歳入されることになります。知事命令に当たりましては損失補償ということでありますので雑入の方に入れさせていただいているんですが、先ほど言った37ページの850万ほどの減額の中から260万が逆に歳入されることになりますので、37ページにあります減額すべてが松くい虫とカシノナガキクイムシの減額ではございませんということをまずご理解いただきたいと思うんですけれども、今回の減額理由に当たりましては先ほど遠藤金美議員にお答え申し上げましたように、市といたしましては当初計画どおり事業を実施したいということで県の方には要望を出してあったわけなんですが、やはり県の財政状況が厳しい中で全部市の要望どおりの駆除はできないということで、予算の範囲内での内示額ということで、今回計上いたしましたような内容での減額をしなければいけなかったというふうなことでございます。
 なお、この当初予算を計上するに当たりましては、当然市内の松くい虫、カシナガの被害量の調査をし、補助対象経費となるものについて県の方に前年度に要望量を出してありますし、県の方でもそれをもとにして県の財政当局の方と予算折衝をするという形になるわけでございますので、当然我が方といたしましては、県と協議の上その内容で出してよかろうという範囲内で県の方に数値を出しているということでございます。きちんと協議をした上での内容でございますので、その辺については理解をいただきたいと思うんですが、なかなか松くい虫とカシナガの駆除に当たりましては事業費も事業量も大変な数字になりますから、これをすべて県の補助分を市の単独費して振りかえて事業を実施するということは不可能でございますので、今後もできるだけ県の方にこの部分の予算確保についてはお願いをしながら、実効の上がる駆除をしてまいりたいというふうに考えているところでございます。


◯議長(伊藤弘明君) いいですか。
 28番、物江和一君。


◯28番(物江和一君) これは県と市町村との信頼関係だと思うんですが、県の補助事業を導入するに当たって、当初約束をするというようなことについては、やはりいかなる理由があっても県の方ではそれを市町村の方に交付するというのが基本的な考えじゃないのかなと思うんですね。そうでなければ、県の補助事業を導入して事業をやるというようなことはできなくなってしまう。つまり当てにならないというようなことになってしまうと、これは大変なことになるものですから、そこら辺についてはこれからの大きな課題だと思うんですが、その辺について強く、補助金の予算化をした場合には100%もらえるような努力をしてもらうように、ぜひ市長の方からも強い姿勢をもって県の方に当たっていただきたいとご要望だけ申し上げておきたいと思います。


◯議長(伊藤弘明君) ほかにご質疑ございますか。
   (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご質疑なしと認めます。
 議案第21号は、お手元に配付いたしてあります付託案件表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託をいたします。
────────────────────────────────────────────
 日程第 2 議案第22号 平成20年度喜多方市国民健康保険事業特別会計補正予算
              (第6号)
 日程第 3 議案第23号 平成20年度喜多方市老人保健事業特別会計補正予算(第
              3号)
 日程第 4 議案第24号 平成20年度喜多方市後期高齢者医療事業特別会計補正予
              算(第2号)
 日程第 5 議案第25号 平成20年度喜多方市介護保険事業特別会計補正予算(第
              5号)
 日程第 6 議案第26号 平成20年度喜多方市公有林整備事業特別会計補正予算
              (第2号)
 日程第 7 議案第27号 平成20年度喜多方市都市計画事業喜多方西部土地区画整
              理事業特別会計補正予算(第2号)
 日程第 8 議案第28号 平成20年度喜多方市都市計画事業塩川駅西土地区画整理
              事業特別会計補正予算(第3号)
 日程第 9 議案第29号 平成20年度喜多方市農業集落排水事業特別会計補正予算
              (第5号)
 日程第10 議案第30号 平成20年度喜多方市下水道事業特別会計補正予算(第5
              号)
 日程第11 議案第31号 平成20年度喜多方市山都簡易水道事業等特別会計補正予
              算(第5号)
 日程第12 議案第32号 平成20年度喜多方市高郷簡易水道事業特別会計補正予算
              (第6号)
 日程第13 議案第33号 平成20年度喜多方市駒形財産区特別会計補正予算(第2
              号)
 日程第14 議案第34号 平成20年度喜多方市一ノ木財産区特別会計補正予算(第
              2号)
 日程第15 議案第35号 平成20年度喜多方市早稲谷財産区特別会計補正予算(第
              2号)
 日程第16 議案第36号 平成20年度喜多方市水道事業会計補正予算(第8号)


◯議長(伊藤弘明君) 日程第2、議案第22号 平成20年度喜多方市国民健康保険事業特別会計補正予算(第6号)から日程第16、議案第36号 平成20年度喜多方市水道事業会計補正予算(第8号)までを一括議題といたします。
 本15案に対する当局の説明を順次求めます。
 坂内保健課長。
 なお、説明に当たっては極めて簡潔に願います。


◯保健課長(坂内孝夫君) 議案第22号 平成20年度喜多方市国民健康保険事業特別会計補正予算(第6号)をご説明申し上げますので、1ページをお開きください。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,621万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ57億3,169万6,000円とするものであります。
 2項 「第1表 歳入歳出予算補正」は事項別明細書によりご説明申し上げます。
 歳出からご説明申し上げますので、23ページをお開きください。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。
 次に、議案第23号 平成20年度喜多方市老人保健事業特別会計補正予算(第3号)をご説明申し上げますので、49ページをお開きください。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ7,633万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億4,013万6,000円とするものであります。
 2項 「第1表 歳入歳出予算補正」につきましては事項別明細書によりご説明申し上げます。
 歳出からご説明申し上げますので、65ページをお願いいたします。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。
 次に、議案第24号 平成20年度喜多方市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)をご説明申し上げますので、67ページをお開きください。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ5,197万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億8,732万7,000円とするものであります。
 2項 「第1表 歳入歳出予算補正」は事項別明細書によりご説明を申し上げます。
 第2条 「第2表 繰越明許費」につきましては、後ほどご説明を申し上げます。
 歳出からご説明申し上げますので、78ページをお願い申し上げます。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、高橋高齢福祉課長。


◯高齢福祉課長(高橋 信君) 議案第25号 平成20年度喜多方市介護保険事業特別会計補正予算(第5号)についてご説明申し上げます。
 82ページをお開きください。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億7,656万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ36億3,116万3,000円とするものであります。
 第2項 「第1表 歳入歳出予算補正」については事項別明細書によりご説明申し上げます。
 歳出からご説明申し上げます。104ページをお開きください。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、上野農林課長。


◯農林課長(上野光晴君) 議案第26号 平成20年度喜多方市公有林整備事業特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。
 122ページをお願いいたします。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ12万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ456万7,000円とするものであります。
 第2項 「第1表 歳入歳出予算補正」につきましては事項別明細書により説明いたします。
 歳出から説明いたしますので、134ページをお願いいたします。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、柴田都市計画課長。


◯都市計画課長(柴田信雄君) 議案第27号 平成20年度喜多方市都市計画事業喜多方西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。
 136ページをお開きください。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億7,242万5,000円とするものであります。
 2項 「第1表 歳入歳出予算補正」につきましては事項別明細書によりご説明いたします。
 第2条 「第2表 地方債」につきましては、後ほどご説明いたします。
 歳出からご説明いたします。149ページをお開きください。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。
 続きまして、議案第28号 平成20年度喜多方市都市計画事業塩川駅西土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明をいたします。
 154ページをお開きください。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ82万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億7,665万8,000円とするものであります。
 第2項 「第1表 歳入歳出予算補正」につきましては事項別明細書によりご説明いたします。
 第2条 「第2表 地方債補正」につきましては、後ほどご説明いたします。
 歳出からご説明いたします。167ページをお開きください。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、中川下水道課長。


◯下水道課長(中川善一君) 議案第29号 平成20年度喜多方市農業集落排水事業特別会計補正予算(第5号)についてご説明いたしますので、178ページをお開きください。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ299万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億7,313万8,000円とするものであります。
 第2条 「第2表 債務負担行為補正」及び第3条 「第3表 地方債補正」につきましては、後ほどご説明申し上げます。
 歳出よりご説明いたしますので、197ページをお開きください。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。
 次に、議案第30号 平成20年度喜多方市下水道事業特別会計補正予算(第5号)についてご説明いたしますので、211ページをお開きください。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,081万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ17億2,605万6,000円とするものであります。
 第2項 「第1表 歳入歳出予算補正」につきましては事項別明細書によりご説明いたします。
 第2条 「第2表 地方債補正」につきましては、後ほどご説明申し上げます。
 歳出からご説明いたしますので、232ページをお開きください。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、遠藤水道課長。


◯水道課長(遠藤彰弘君) 議案第31号 平成20年度喜多方市山都簡易水道事業等特別会計補正予算(第5号)についてご説明いたします。
 247ページをお開き願います。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ137万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億989万4,000円とするものであります。
 第2項 「第1表 歳入歳出予算補正」は事項別明細書によりご説明いたします。
 第2条 既定の地方債の変更は「第2表 地方債補正」により後ほどご説明いたします。
 歳出よりご説明いたします。260ページをお開きください。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。
 続きまして、議案第32号 平成20年度喜多方市高郷簡易水道事業特別会計補正予算(第6号)についてご説明いたします。270ページをお開き願います。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ98万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億5,317万9,000円とするものでございます。
 第2項 「第1表 歳入歳出予算補正」は事項別明細書によりご説明いたします。
 第2条 既定の地方債の変更は「第2表 地方債補正」により後ほどご説明いたします。
 歳出からご説明いたします。285ページをお開きください。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、渡邊財政課長。


◯財政課長(渡邊俊明君) 議案第33号 平成20年度喜多方市駒形財産区特別会計補正予算(第2号)をご説明申し上げますので、290ページをお開きください。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ988万9,000円とするものであります。
 第2項 「第1表 歳入歳出予算補正」につきましては事項別明細書によりご説明申し上げます。
 歳出からご説明しますので、298ページをお開きください。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。
 次に、議案第34号 平成20年度喜多方市一ノ木財産区特別会計補正予算(第2号)をご説明申し上げます。303ページでございます。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4,416万2,000円とするものであります。
 第2項 「第1表 歳入歳出予算補正」につきましては事項別明細書によりご説明申し上げます。
 歳出からご説明します。313ページをお開きください。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。
 次に、議案第35号 平成20年度喜多方市早稲谷財産区特別会計補正予算(第2号)をご説明申し上げます。318ページをお開きください。
 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,905万9,000円とするものであります。
 第2項 「第1表 歳入歳出予算補正」につきましては事項別明細書によりご説明申し上げます。
 歳出からご説明いたしますので、326ページをお開きください。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、遠藤水道課長。


◯水道課長(遠藤彰弘君) 議案第36号 平成20年度喜多方市水道事業会計補正予算(第8号)についてご説明を申し上げます。1ページをお開き願います。
 第2条 平成20年度喜多方市水道事業会計予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものであります。
 収入でありますが、第1款第2項営業外収益を866万2,000円追加補正するものであります。
 支出でありますが、第1款第1項営業費用を3,196万7,000円減額補正し、第3項特別損失を55万円追加補正するものであります。
 第3条 予算第4条本文括弧書き中、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額7億2,156万2,000円を6億6,458万3,000円に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものでございます。
 収入でありますが、第1款第3項補助金を3万3,000円、第4項負担金を108万7,000円それぞれ減額補正するものであります。
 支出でありますが、第1款第1項拡張工事費を4,950万5,000円、第2項建設改良費を859万4,000円それぞれ減額補正するものであります。
 第4条 予算第6条に定めた議会の議決を経なければ流用することのできない経費、職員給与費を28万追加補正するものでございます。
 明細につきましては、補正予算実施計画によりご説明申し上げます。
 2ページをお開き願います。
   (以下、予算に関する説明書により説明した)
 以上で説明を終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 暫時休憩いたします。
 午後2時40分に会議を再開いたします。
    午後 2時29分 休憩
────────────────────────────────────────────
    午後 2時40分 再開


◯議長(伊藤弘明君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 議案審議を続行いたします。
 これより質疑に入ります。ご質疑ございませんか。
 8番、遠藤金美君。


◯8番(遠藤金美君) それでは、平成20年度喜多方市介護保健事業特別会計補正予算の中で、93ページに介護従事者処遇改善臨時特例交付金が交付されております。そして、113ページに基金として積み立てるわけでございますけれども、この交付金の内容と、そして基金の運用はどのようにされるのか、お尋ねします。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 高橋高齢福祉課長。


◯高齢福祉課長(高橋 信君) 遠藤金美議員のご質問にお答えいたします。
 介護従事者等処遇改善臨時特例交付金の件でございますけれども、これにつきましては今般の介護保険の改正によりまして、平成20年度におきまして国から介護従事者処遇改善臨時特例交付金が交付されます。この交付といいますのは、介護事業の従事者に対します処遇を改善するということで、それを進めるために介護給付費の方ですが、福島県の場合2.8%、それによりまして改善されるということになっております。その処遇改善された場合介護保険料が上がる、介護給付費が上がりますと必然的に介護保険料の方に転換されてまいりますので、その転換分を下げて介護保険料の上昇を抑えると。そのために国の方で各市の方に交付をすると。その辺につきましては計算があるんですが、結論から申し上げますと2,387万7,000円ほど喜多方市の方には参ります。それを3年間、喜多方市の場合におきましては3年間毎年795万9,000円、今年度につきましてはそこに介護保険の保険料が第4期で変わりますので、その収支関係で84万事務費別に参りますけれども、この分で行きますと795万9,000円ですね、改善分としましては。それを3カ年この事業費の方に繰り入れをしまして、介護保険料の上昇を抑えるという形で運用していくというものでございます。


◯議長(伊藤弘明君) よろしいですか。
〔8番、遠藤金美君、自席より、「はい」〕


◯議長(伊藤弘明君) ほかにご質疑ございますか。
 2番、坂内鉄次君。


◯2番(坂内鉄次君) 1点だけお尋ねをします。
 187ページの農集排の関係なんですが、今回施設使用料で171万5,000円の減額というふうなことで、加入者減だということの説明でありますが、建設中あるいはこれから建設するそういう農集排事業の中で加入者減になっていくというのはちょっとショッキングな話なので、どのくらいどこの地区で減っているのか、お尋ねをしたいと思います。
 また、加入率を引き上げていく必要があると思うんですが、現在の加入率はどのくらいになっているのか。あわせまして、今後の農集排事業の見通しについてお伺いしたいと思います。


◯議長(伊藤弘明君) 中川下水道課長。


◯下水道課長(中川善一君) 坂内議員のご質問にお答えいたします。
 農集排の使用料の関係でどこが減っているんだというようなお話ですが、一番減っているのは高郷分でございます。高郷で6戸が空き家になったという現状がございます。それで、あとはふえているところもございます。これは塩川の大田木地区でございますが、これにつきましては逆に7戸が新たに加入したということでございまして、高郷の使用料の料金が一番高いわけでございますので、やはりその分が非常に響いているということで、トータルしますと計上のとおり161万6,000円の減額ということになります。
 それで、加入率のお話だと思うんですが、まず喜多方地区、これは天井沢でございますが、19年度末現在で100%。塩川につきましては、これは大田木地区でございますが、63.8%。熱塩加納、これは宮川地区でございますが、74.3%。山都地区、これは4カ所の合計で96.7%。高郷につきましても4カ所なんですが、93.6%となっております。
 それで、今後の農集排の計画はどうなっているんだというようなお話でございますが、これは小林議員の一般質問にお答えしたように、非常に高齢化・少子化が進んでいるということでございますので、今後の計画、11地区ですか、これからまだ計画地区はございますが、休止も含めた検討を今現在やっています。
   (「休止」の議員の声あり)


◯下水道課長(中川善一君) 休止。はい。ということで一般質問の方でもお答えしたとおりに考えておりますので、ご了解願います。


◯議長(伊藤弘明君) よろしいですか。ほかにご質疑ございますか。
   (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご質疑なしと認めます。
 議案第22号から議案第36号までは、お手元に配付いたしてあります付託案件表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託をいたします。
────────────────────────────────────────────
 日程第17 議案第37号 喜多方市乗車券類発売受託業務財源調整基金条例を廃止す
              る条例
 日程第18 議案第38号 喜多方市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償
              に関する条例の一部を改正する条例
 日程第19 議案第39号 喜多方市戸籍法関係手数料条例の一部を改正する条例
 日程第20 議案第40号 喜多方市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例の一部を
              改正する条例
 日程第21 議案第41号 喜多方市介護従事者等処遇改善円滑化基金条例
 日程第22 議案第42号 喜多方市社会福祉施設整備基金条例を廃止する条例
 日程第23 議案第43号 喜多方市介護保険条例の一部を改正する条例
 日程第24 議案第44号 喜多方市国民健康保険条例の一部を改正する条例
 日程第25 議案第45号 喜多方市牧野条例を廃止する条例
 日程第26 議案第46号 喜多方市営住宅条例の一部を改正する条例
 日程第27 議案第47号 喜多方市改良住宅条例の一部を改正する条例
 日程第28 議案第48号 喜多方市農業集落排水処理施設及び小規模集合排水処理施
              設条例の一部を改正する条例
 日程第29 議案第49号 喜多方市農業集落排水事業及び小規模集合排水事業分担金
              条例の一部を改正する条例
 日程第30 議案第50号 喜多方市立高郷中学校寄宿舎条例の一部を改正する条例
 日程第31 議案第51号 喜多方市心身障害児就学指導審議会条例の一部を改正する
              条例


◯議長(伊藤弘明君) 日程第17、議案第37号 喜多方市乗車券類発売受託業務財源調整基金条例を廃止する条例から日程第31、議案第51号 喜多方市心身障害児就学指導審議会条例の一部を改正する条例までを一括議題といたします。
 本15案に対する当局の説明を順次求めます。
 田中総合政策部長。
 なお、説明に当たっては極めて簡潔に願います。


◯総合政策部長(田中幸悦君) 議案第37号 喜多方市乗車券類発売受託業務財源調整基金条例を廃止する条例についてご説明をいたします。
 合併時に旧塩川町の乗車券類発売受託業務財源調整基金と旧山都町の山都駅簡易業務受託運用基金を合わせまして喜多方市乗車券類発売受託業務財源調整基金として運用してまいりましたが、3月31日の現金の見込みが21万8,498円となりますので、この全部を乗車券類発売業務に要する資金に充て、本条例を廃止しようとするものであります。
 なお、この条例は公布の日から施行するものでございます。
 以上です。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、長谷川総務部長。


◯総務部長(長谷川広一君) 議案書の5ページをお開きください。
 議案第38号 喜多方市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。
 行政区長の報酬につきましては、合併協議会において現行のとおりとし、3年を目途に統一するとされてございます。そのため行政区長報酬等検討委員会を3回開催し、統一案が示されましたので、それを受けて改正したいとするものでございます。
 まず、現行を申し上げますと、世帯割につきましては低いところが770円、高いところが2,900円でありましたが、これを770円に統一すると。あとは、均等割がございましたが、これは5万円から8万9,000円の開きがございました。これは8万9,000円に統一したいとするものでございます。
 なお、特別豪雪地帯であります熱塩加納町、山都町、高郷町につきましては、冬期加算としてそれぞれ2万円を加算した額を報酬として支給したいとするものでございます。
 なお、この条例は平成21年4月1日から施行したいとするものでございます。
 以上で説明を終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、遠藤市民部長。


◯市民部長兼福祉事務所長(遠藤 寛君) まず初めに、議案第39号 喜多方市戸籍法関係手数料条例の一部を改正する条例でありますが、これにつきましては犯罪被害者給付金の支給等に関する法律の一部改正に伴いまして規定の整備を行うため、所要の改正を行うものであります。
 これにつきましては、附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。
 次に、議案第40号でありますが、喜多方市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例でありますが、これにつきましては小規模の住居型児童養育事業を行う者に委託されている児童に係る医療費の助成を対象としないこととするため、所要の改正を行うものであります。
 これにつきましては、ファミリーホームとか里親として預かっている場合とか、そういう公費負担となるということで、こちらの方の医療費の助成からは削除するということであります。
 附則といたしまして、この条例は平成21年4月1日から施行するものでございます。
 次に、議案第41号でありますが、喜多方市介護従事者等処遇改善円滑化基金条例。
 今ほど説明申し上げましたが、これにつきましては平成20年度におきまして国から介護従事者処遇改善臨時特例交付金が、先ほど補正予算に計上しましたが、交付されるためにこの条例をつくるものでございます。
 第1条で設置。第2条で積立て。第3条で管理。第4条で繰替運用。第5条で運用純益金の処理。第6条で運用収益等を計上すべき予算。第7条で委任。
 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行する。
 2でありますが、この条例は平成24年3月31日までを限りにその効力を失う。この場合において、基金に残余があるときは当該残余の額を国庫に納付するものとされております。
 次、続きまして、議案第42号でございますが、喜多方市社会福祉施設整備基金条例を廃止する条例でございます。
 これは廃止するということで、社会福祉施設の整備に関する資金に充てるということで、この条例は公布の日から施行するということでございます。
 続きまして、議案第43号 喜多方市介護保険条例の一部を改正する条例でございますが、これにつきましては、保険料率を改正するため所要の改正を行うものでございます。
 これにつきましては、平成21年度より第4期介護保険事業計画に基づく介護保険料が改正となりますことから今回提案するものでございまして、以前までの第3期分までは6段階で保険料を算出しておりましたが、第4期介護保険料からは7段階で保険料を算出するというものでございます。
 これにつきましても、この条例は平成21年4月1日から施行したいとするものでございます。
 続きまして、議案第44号でございます。
 喜多方市国民健康保険条例の一部を改正する条例でございますが、これにつきましては小規模住居型児童育児事業を行う者に委託された児童であって、扶養義務者のない者を国民健康保険の被保険者としないこととするため、所要の改正を行うものであります。
 これにつきましては、この条例は平成21年4月1日から施行するものでございます。
 以上で説明を終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、喜古産業部長。


◯産業部長(喜古克広君) 議案第45号 喜多方市牧野条例を廃止する条例についてご説明を申し上げます。
 これにつきましては、平成15年から休牧をしております市営梨木平牧場を廃止をすると。喜多方市牧野条例には梨木平牧場のみが規定されているということで、それに伴い牧野条例を廃止をするというものでございます。
 なお、梨木平牧場の廃止につきましては、受益者、畜産関係団体からなる牧野管理委員会に答申をし、廃止を承認する旨の答申をいただいております。
 附則において、牧野条例の廃止に伴い、喜多方市特別職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例に規定する喜多方市牧野管理委員会委員の報酬の規定を削ることとしたということでございます。
 以上であります。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、真部建設部長。


◯建設部長(真部久男君) 15ページをお開きください。
 議案第46号 喜多方市営住宅条例の一部を改正する条例についてご説明をいたします。
 公営住宅法施行令の一部改正に伴い、規定の整備を行うとともに、市営北原団地の一部解体4戸、「24戸」が「20戸」になります。及び市営松が丘団地の増設1棟2戸でございます。「16戸」が「18戸」になります。この所要の改正をするものであります。
 附則でございますけれども、この条例は平成21年4月1日から施行するものでございます。
 17ページをお願いいたします。
 議案第47号 喜多方市改良住宅条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。
 やはりこれも公営住宅法の施行令の一部改正に伴いまして規定の整備を行うものでございます。
 附則でありますが、この条例は平成21年4月1日から施行するものでございます。
 19ページをお願いいたします。
 議案第48号 喜多方市農業集落排水処理施設及び小規模集合排水処理施設条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。
 現在施工中の山都町早稲谷地区につきまして、平成21年度中に供用開始の予定でありますことから、追加をするものでございます。
 施行期日でございますけれども、この条例は規則で定める日から施行するということでございます。
 続きまして、20ページをお開きください。
 議案第49号 喜多方市農業集落排水事業及び小規模集合排水事業分担金条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。
 第5条の分担金の額につきまして新たに2項を加えるものでございます。分担金の額は別表に定める額とするとなってございますが、2項の方で、財産区の財産等から事業経費に充当した場合はその額を控除した額とするとしたいとするものでございます。
 附則といたしまして、この条例は公布の日から施行するものでございます。
 以上で終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、富山教育部長。


◯教育部長(富山勝美君) 議案第50号でございます。21ページであります。
 喜多方市立高郷中学校寄宿舎条例の一部を改正する条例でありますが、平成21年4月から供用を予定しております施設等の目的外使用に係る使用料の額を改定するため、所要の改正をしようとするものであります。
 内容でありますが、第7条の見出しを「使用料の徴収」に改め、第1項を次のように改めるものであります。
 「地方自治法第238条の4第7項の規定による許可を受けて施設等を使用するもの(以下、使用者という)から、別表に定める額の使用料を徴収する」と改めるものであります。
 また、第8条中「利用者」を「使用者」に改め、附則の次に、次の別表を加えるものであります。
 別表については記載のとおりでございます。
 附則といたしまして、平成21年4月1日から施行したいとするものでございます。
 次に、議案第51号でありますが、喜多方市心身障害児就学指導審議会条例の一部を改正する条例でありますが、学校保健法の一部改正に伴い規定の整備を行うため、所要の改正をしようとするものであります。
 内容につきましては、第2条第1項第1号中「学校保健法」を「学校保健安全法」に、第4条を第11条に改めるものでありまして、平成21年4月1日から施行したいとするものであります。
 以上でございます。


◯議長(伊藤弘明君) これより質疑に入ります。ご質疑ございませんか。
 10番、渡部孝雄君。


◯10番(渡部孝雄君) 議案第38号 区長報酬についてお伺いをいたします。
 今、減額増額になるわけですが、大幅な減額になる集落、かなりの数あります。今3月に入り決算、それから予算を組む場合において、当該地域では非常に苦慮しているところであります。したがいまして、次の質問をいたします。
 一つには、これまで検討委員会の説明がありましたけれども、地域の区長会等にどのような説明をしてきたのか。その説明の内容はどうであったのか、お伺いをいたします。
 二つ目には、当該集落で大幅な減額になるというような集落においてはどのような状況が生まれているのかを把握しておられるのかどうか、お伺いします。
 三つ目については、逓減・逓増の措置が検討されたのかどうか、お伺いをいたします。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 長谷川総務部長。


◯総務部長(長谷川広一君) 行政区長の報酬につきましては、合併後から検討に入ってございまして、平成19年度に区長報酬の統一ということで、行政区長連合会の方に区長の報酬案を提示いたしました。このときには暫定措置ということで3年を掲げて統一したいという案を示したところでございますが、行政区長連合会としては予算総額を目いっぱい使ってほしいというような要望がございまして、再度検討を重ねまして、第三者機関を入れまして検討を重ねてまいりました。
 平成20年度につきましては、10月から検討を重ねてまいりまして、3回目で統一案を示されたところでございます。
 なお、この行政区長の報酬案につきましては、12月の全員協議会でお示しし、ことしに入りまして1月から各行政区長さんへ説明し、理解を得たところでございます。
〔10番、渡部孝雄君、自席より、「議長、済みませんが、質問全部に答えていただけませんか」〕


◯議長(伊藤弘明君) 斎藤総務課長。


◯総務課長選挙管理委員会事務局長併任(斎藤勝富君) 渡部議員の区長報酬の中で若干経過は先ほど総務部長の方から申し上げましたが、検討委員会等の意見、あと区長会への説明につきましては、先ほど申し上げました内容でございます。
 それで、区長会への説明につきましては、先ほどありましたように19年度においては行政区長会の連合会、代表区長が15地区それぞれ2名ずつですから30人いらっしゃいますが、代表行政区長会の方と直接的に市の原案を示しながら19年度はやってまいりました。結果、先ほど部長の方から答弁ありましたように、合併協議の中で調整方針の中で3年を目途に、それから上限が3,991万円というふうな当時の区長報酬総額の枠の中で検討していくということの命題がございましたので、それに沿って19年度において世帯割、均等割ということで5市町村、旧市町村がやってございましたので、そういう内容での提示ということで申し上げましたが、結果として19年度においては上限枠いっぱいというふうな形ではなくて、600万ほどの減額措置という形で1回提示したものですから、最終的に区長会の方から要望がございまして大きな2点、上限枠でやっていただくということとあわせて、地域性も考慮してほしいというふうなことがございました。
 それを受けまして、市といたしましては20年度において庁内の検討会、それから外部の第三者委員会、これにつきましては各旧5市町村から代表者1名とあと各種団体から5名、合計10名の方の区長報酬統一の検討委員会を立ち上げまして3回ほどその検討委員会の中でご検討いただきました。内容的には、19年度から各行政区長の代表者会の方からの要望がございましたので、それとあわせてそういうようなことを踏まえながらこの内容を検討してまいりました。
 それで、この報酬の算出方法の基本的な考え方といたしましては、ルール的には先ほど申し上げましたように、旧5市町村が世帯割と均等割による手法として行っておりましたので、この手法を用いるというふうなこと。それから、総額について、先ほど申し上げましたように合併調整方針の中で総額を3,900万の中で定めておりましたので、この中での調整を図るというふうなこと。それから、地域性についても考慮してくれというふうな要望がございましたので、この辺を検討委員会に諮ったところ、それらについて検討委員会の方でも委員の方から地域性ということも出されまして、この地域性の部分について検討し、最終的に冬期加算というふうな形で2万円の加算をしていくというふうなことで提言がなされてございます。それで……
   (「雪降んなかったら何するんだというの」の議員の声あり)


◯総務課長選挙管理委員会事務局長併任(斎藤勝富君) この部分につきましては、ある程度、地域性というような部分は十分に参酌すべきだというようなことがございましたので、そのような形で提言を受けたところでございます。検討した経過の中で、確かに県内の市のレベル、要するに13市の状況の部分を参酌しながらやってきた部分と、旧町村の部分で大きな開きがございました。先ほど言っておりますように世帯割で770円から2,900円までの大きな乖離がございました。これで均等割が5万から8万9,000円ということで乖離がございました。そういうことでいろいろ検討した結果につきましては、6割を占める旧喜多方の世帯の人数がございますので、それで、結果として世帯割の方で770円で、均等割を8万9,000円という形にして、地域性を考慮した中でプラスした10万9,000円という形になって提言を受けたところでございます。
 それで、区長会の方にはことしの12月25日に庁外の第三者の検討委員会の提言のまとめができまして、21年2月3日に提言をいただきましたので、代表行政区長会の方を21年2月6日に開催をいたしまして、そこで検討状況をお話を申し上げ、それで結果として了解をいただいたというのが状況でございます。


◯議長(伊藤弘明君) 玉井副市長。


◯副市長(玉井 章君) 渡部議員のご質問の中でいわゆる激変緩和措置を講じることの考えはなかったのかというご質問がございました。外部委員会で3回の議論をしていただいていますが、外部委員会に提案するために庁内検討委員会がございまして、そこの中で私、議長をしておりましたので……。その庁内検討委員会の中では、その激変緩和措置というのがどうだろうという議論はございました。ただ、そこの中で結論としましては、市からいろいろお願いをしている業務に対するある意味での手当てということを考えますと、なおかつ市からは1年1年での更新、行政区長さんへの委託ということになっていますので、いわゆる激変緩和措置というのは該当しないのではないか。あるいはそのお願いしている業務に見合った対価ということを考えると、その年その年の予算措置や何やらを考えた中で、一定の期待感はあるのかもしれませんが、十分な説明をすれば理解をいただけるのではないかということから、いわゆる激変緩和措置には当たらないだろうということで、そういう措置はとらないということに結論としてなりました。


◯議長(伊藤弘明君) 10番、渡部孝雄君。


◯10番(渡部孝雄君) 答弁がなかったやつを再度申し上げますけれども、現状で大きく変わる集落において、今の現状がどんなような状況かというのを把握していますかという質問をしたと思います。これが抜けていましたので、答弁をお願いします。
 今の逓減措置に対する副市長の説明でありますが、果たして、私も何かよくわからないのでありますが、当該区長がそれを理解できるのかなと。庁内で検討する場合、その結論を出す場合は、市民がわかる結論を出さなきゃいけない。そういう意味で果たしてわかるのかなと。
 それから、説明をしたということでありますが、区長会の連合会、代表者に話をしたと。代表者は特別各集落の区長に説明する義務はありませんから、多分説明していないと思います。だから、だれもわからないという状況にあるわけです。うわさの中で、新聞報道なんかで見て、それに基づいて、じゃあ予算をどうするのかという話をしているわけですが、その中で副市長がちょっと触れましたけれども、現段階で示された報酬が本当に公平性という面で納得できるものなのか。もう一つは、業績に見合った報酬であるのか。これを示さないと、区長あるいは集落で減額になった部分を補てんするのかどうかという議論をしたときに、果たして今の報酬はどうなんだという話をしなきゃいけない。そういう場合には、今回の改訂する場合は公平性と業績への見合い分、その部分を明確に示さなきゃいけない。ただ単に限度があってそれを平らにするために苦渋の判断でこんな形にしたでは、なかなか市民の信頼は得られない改正になると。ただ合併のためにそうなったというだけの理由になってしまうということで、その辺の工夫は必要だったというふうに私は思うわけですが、見解をいただきたいと思います。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 長谷川総務部長。


◯総務部長(長谷川広一君) まず、行政区長の報酬の統一に当たりましては、世帯数が全体で1万7,000世帯あるうち、旧喜多方市が1万1,000世帯ということで大多数を占めてございます。したがいまして、この世帯割770円を上げますと旧喜多方市だけ行政区長の報酬がかなり引き上げになるというような考え方から、旧喜多方市の引き上げをなるべく抑える方策をとろうということでの検討を行いました。その結果、世帯割につきましては770円で統一するということと、あとは旧町村の行政区長の報酬の引き下げにできるだけ配慮するために、均等割につきましては一番高い高郷町の8万9,000円を使ったということでございます。
 なお、そのほかに特別豪雪地帯であります熱塩加納町、山都町、高郷町については冬期加算ということで2万円の加算ということになったものでございます。
 それで、あと行政区長の報酬のもらい方といいますか、それぞれの行政区で違いがありまして、町内会から行政区長さんの方に報酬のほかに補てんされている行政区もありますし、それだけで賄っている行政区長さんもおります。それぞれ行政区の成り立ちが違ってございますので、これはご理解を願いたいと思いますが、なお、この統一によりまして50%以上削減になる行政区が2地区、あと40%以上削減になる行政区が9行政区ということになってございます。
 あとは、1月から行政区長会の方に説明を申し上げましたというふうに説明を申し上げましたが、行政区長会長さんの方から各行政区長さんの方に説明をお願いしたいというふうな説明をしてございますので、それぞれの区長さんは個々の行政区長の報酬案につきましては周知しているものというふうに理解しておるところでございます。


◯議長(伊藤弘明君) 10番、渡部孝雄君。


◯10番(渡部孝雄君) もう1回お聞きしますけれども、当該集落で今3月の切りかえ時期にこの改正に伴ってどういう状況になっているのか。それを把握していますかと聞いておりますので、お答えください。
 それから、今総務部長はその報酬のもらい方がいろいろあるんだと。もらい方はいろいろありますけれども、報酬の出し方の考え方は一つであります。もらい方には関係ないと思います。そこで、その報酬の公平性と、市が依頼した業務に対する見合い分、市が期待する見合い分ということで、それが妥当なものであるかどうかというのをこの機会にしっかりと説明するべきであったと私は思いますが、その二つの件について見解をお願いいたします。


◯議長(伊藤弘明君) 長谷川総務部長。


◯総務部長(長谷川広一君) 再度のおただしにお答えいたします。
 行政区長さんの現状の把握についてでございますが、これにつきましては正確に把握しているとは申し上げることはできません。ただし、それなりの引き下げになる行政区の報酬についてはそれなりの対応策、それなりの措置はしているものというふうに考えてございます。
 あと、報酬につきましては、行政区長につきましては非常勤の特別職でありますので、これにつきましては県内類似都市との均衡を図る必要がございます。検討委員会につきましても、類似都市の行政区長の報酬につきましても示してございますので、それを参考にされてこの統一案が示されたものというふうに理解しているところでございます。


◯議長(伊藤弘明君) 29番、山口和男君。


◯29番(山口和男君) 38号についてお伺いをいたします。
 今ほどでも大体明らかになったんですが、この検討委員会の表を見て感じたことをまず申し上げたい。この小さい村というか、世帯数が小さなところ、これが大幅に増加率が高いというのがあるわけです。例えば、喜多方市の三城目、1組で9世帯、この増加率が68.5%。同じく山都町の川吉、これも1組9世帯。1組9世帯というのはこの二つしかないみたいです。これが上がりますけれども、13.5%の増加率。こういう形でこの表を見てまいりますと、小さい村ほどどーんと上がっていくというのが明らかでありますが、ここで問題なのは区長の仕事というのは一体何なのかと。先ほど副市長は業務に見合った対価だと、こう答弁をされました。業務に見合った対価。行政区長設置規則。一つ、市から住民に対する連絡。二つ、文書広報の配布。三つ、各種調査及び報告に関すること。四つ目で市長が認める事項と。この四つだけであります。ここで一番大きいのは、2番目の文書広報の配布であります。それでお伺いいたしますが、文書広報、月1回の広報でいいですね、この広報が1回仮に新聞折り込みをやった場合幾らになりますか。全世帯計算をして明らかにしていただきたい。
 それから、例えば私の住んでいる綾金というところでありますが、これは市からの区長報酬のほかに区として供出する区長報酬、農業委員会の定める賃金の9日分がこれに加算をされます。5万7,500円。これが1年間のうちの方の区長の報酬であります。ただし、この文書広報の配布のほかに、例えば導水路の管理。あるいは村の行事、新年会、お祭り、あるいは斉の神等々いろいろございますけれども、コミュニケーションを図るさまざまな行事。それから、神社・仏閣・観音堂の管理等も含まれます。こういう仕事の方が文書広報配布よりもはるかに比重が高いと。こういう状況が恐らく農村部の区長の実態ではないのかなというふうに考えられます。だとするならば、文書広報配布だけがほとんどこの仕事であるならば、私は先ほど言ったようにすべて文書広報などは新聞折り込み配布でいいと、そういうふうに思って、区長報酬は単なる事務組織の一つでありますからずっと削減できるだろうと思います。見解をお聞かせ願いたいというふうに思います。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁できますか。
 あらかじめ時間を延長いたします。
 答弁整理のため、暫時休憩いたします。
    午後 3時29分 休憩
────────────────────────────────────────────
    午後 3時57分 再開


◯議長(伊藤弘明君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 議案審議を続行いたします。
 先ほどの29番、山口和男君の質疑に対する答弁を求めます。
 玉井副市長。


◯副市長(玉井 章君) 山口議員のご質問にお答えをします。
 先ほど渡部孝雄議員の質問に対する答弁の中で、区長の仕事に対してその業務に見合った対価というふうな発言があったのではないかということでありますが、厳格な意味での労働対価ということではございませんで、当然そういう積算もしておりませんし、先ほどの答弁の中では市からお願いしている業務、仕事に対する手当というような表現を使ったと思いますが、厳格な意味での労働対価ではないということがございます。
 あと、市からお願いしている業務の大きな部分としては行政区内の要望のとりまとめということもございまして、それは当然対価としてどういうふうに積算するかというのが大変難しい業務でございますので、改めてご説明をしますと、市からお願いをしている業務に対していろいろ検討を加えた中で一定の報酬額を決めているということでございます。
 なお、今回の行政区長の報酬の統一に当たりましては、旧合併前市町村において区長さんにお願いしている業務がばらばらなところがございましたので、報酬の統一に当たっては業務内容についても統一できるものについては統一をしたところでございます。あわせて、旧高郷村では月4回の配布、市の広報とか市のチラシを毎週配布をしておりましたが、それにつきましても他の地区と合わせ月2回というふうに統一を図ったところでございます。


◯議長(伊藤弘明君) 長谷川総務部長。


◯総務部長(長谷川広一君) 私からは新聞折り込みした場合幾らになるのかというようなことでありますが、これにつきましては広報誌につきましては毎月1回、チラシにつきましては毎月2回、1日と15日ということで配布してございます。この折り込み料金はB4版で1枚4.4円というようなことになってございます。これは単純計算で申し上げますと、1世帯当たり1,795円かかる計算になります。したがいまして、1万7,503世帯がありますので、合計しますと3,141万7,000円強かかることになりますが、新聞紙は各世帯で購読紙が違いますので、この3,100万円の数字よりも以上かかるという計算になります。あとは新聞紙をとっていない家庭もいらっしゃいますので、新聞折り込みの方法は本市ではいかがなものかというふうに考えているところでございます。


◯議長(伊藤弘明君) ほかにご質疑ございませんか。
 3番、田部輝雄君。


◯3番(田部輝雄君) 1点だけ。議案第43号。喜多方市の介護保険条例の一部を改正する条例ということで、この説明は保険料率を改訂するために所要の改正をしようとするものであるということで、それぞれここに(1)から(6)までの内容が記載されているわけでありますけれども、この数字、金額といいますか、保険料の内容でありますけれども、福島県内の他市との状況についてはどのようになっているのか、お伺いをしたいというふうに思います。
 さらには、関連して、県内だけでもいいですけれども、県内他市の12市の状況についてはどのような改正状況になっているのか、あわせてお伺いをしたいと思います。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 遠藤市民部長。


◯市民部長兼福祉事務所長(遠藤 寛君) 介護保険条例の一部を改正する条例という形で、今回保険料率、保険料の金額が変わるわけでありますが、それで県内他市との比較だと思うんですが、比較で申し上げますと、6段階、7段階という形で平均的に標準値というのは第4段階を使っております。それで、喜多方の場合は第4期という今度新しく平成21年からなるもので月当たり3,230円という形で、県内13市のうち安い方から3番目であります。一番安いところが本宮市、その次が南相馬市。本宮市が3,050円、南相馬市が3,052円という形で、喜多方市が3,230円。それで、保険料の設定の仕方でありますが、喜多方初め8市におきましては3年間、21、22、23年と同一の保険料にすると。あと5市につきましては毎年見直しをしていくという形でありますので、来年の4月の段階では喜多方は安い方から3番目という状況でございます。


◯議長(伊藤弘明君) 3番、田部輝雄君。


◯3番(田部輝雄君) それでは、下から3番目というのはわかりました。
 それで、私がいろいろお聞きしてきているのは、会津若松市、それから須賀川市、それから白河市、この3市についてはどのような取り組みになっているのか。再度お伺いをいたします。


◯議長(伊藤弘明君) 遠藤市民部長。


◯市民部長兼福祉事務所長(遠藤 寛君) 先ほど申しました金額につきましては、今各市も議会に提案しているという段階でありますので、2月19日の調査した段階の金額で申し上げました。今ほど、会津若松市、須賀川市、白河市はどのくらいの金額になるんだということでありますが、会津若松市は平均第4期の基準額という形で月額3,900円。あとは須賀川市につきましては3,918円。あと白河市は3,500円ということで、2月19日の調査ではそのくらいの金額になっておりますが、これも議会の議決を得てからの決定になりますので、今はそういう形で提案されているものと考えております。


◯議長(伊藤弘明君) いいですか。ほかにご質疑ございますか。
   (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご質疑なしと認めます。
 議案第37号から議案第51号までは、お手元に配付いたしてあります付託案件表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託をいたします。
────────────────────────────────────────────
 日程第32 議案第52号 福島県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の
              減少及び福島県市町村総合事務組合規約の変更について
 日程第33 議案第53号 市道路線の認定について


◯議長(伊藤弘明君) 日程第32、議案第52号 福島県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び福島県市町村総合事務組合規約の変更について及び日程第33、議案第53号 市道路線の認定についてを一括議題といたします。
 本2案に対する当局の説明を順次求めます。
 長谷川総務部長。


◯総務部長(長谷川広一君) 議案書の23ページをお開きください。
 議案第52号 福島県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び福島県市町村総合事務組合規約の変更について、ご説明を申し上げます。
 この規約の変更につきましては、まず一つに会津若松地方水道用水供給企業団が平成21年4月1日から会津若松地方広域市町村圏整備組合に統合されることに伴い、同組合から脱退すると。あともう一つは、「公立岩瀬病院組合」の名称を「公立岩瀬病院企業団」に改めたいとする内容でございます。これらにつきまして、福島県市町村総合事務組合管理者から地方自治法第286条第1項の規定に基づき協議がございましたので、同法第290条の規定により議会の議決を得たいとするものでございます。
 以上で説明を終わります。


◯議長(伊藤弘明君) 続いて、真部建設部長。


◯建設部長(真部久男君) 24ページをお願いします。
 議案第53号 市道路線の認定についてご説明をいたします。
 2路線ございまして、開発行為により築造されました1路線、これは慶徳道下4号線でございます。それから、もう1路線が江添中央線ということで、これにつきましては県の方から本市に移管となる1路線を市道認定とするものでございます。
 位置関係については25ページが慶徳道下4号線でございます。都市計画道路の坂井四ッ谷線のちょうど寺町の交差点の南部に位置してございます。もう1路線が26ページでございまして、主要地方道の北山会津若松線でございまして、旧県道部の認定ということでございます。
 以上です。


◯議長(伊藤弘明君) これより質疑に入ります。ご質疑ございますか。
   (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご質疑なしと認めます。
 議案第52号及び議案第53号は、お手元に配付いたしてあります付託案件表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託をいたします。
────────────────────────────────────────────


◯議長(伊藤弘明君) 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。
 午後4時30分より各常任委員会を開きます。委員長におかれましては、よろしくお取り計らい願います。
 なお、各常任委員会の開催場所は、総務常任委員会が議員協議会室、文教厚生常任委員会が保健センター大会議室、産業建設常任委員会が保健センター第2会議室において開催いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
    午後 4時11分 散会