議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 喜多方市

平成20年第3回定例会(9日目) 本文




2008年03月24日:平成20年第3回定例会(9日目) 本文

    午後 2時31分 開議
◯議長(伊藤弘明君) 佐藤学校教育課長から本日欠席の願い出がありましたので、これを許しました。
 出席議員は定足数に達しております。
 これより本日の会議を開きます。
 お諮りをいたします。
 広域消防本部の統合について、2番、坂内鉄次君から緊急質問の申し出があります。2番、坂内鉄次君の緊急質問に同意の上、日程に追加し、発言を許すことにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。よって、2番、坂内鉄次君の緊急質問に同意の上、日程に追加し、発言を許すことに決定いたしました。
 2番、坂内鉄次君の発言を許します。
 2番、坂内鉄次君。


◯2番(坂内鉄次君) 貴重な時間をいただきまして、本当にありがとうございます。
 それでは、緊急質問をさせていただきます。
 去る3月22日付の福島民報社新聞、民友新聞にも載ったそうですけれども、新聞に載らないとなかなか、先ほどの全員協議会ではありませんが、当局の危機感、議会への説明というのが後手後手になっているのではないかというような、全く先ほどの議員の指摘のとおりでございますが、それによりますと、「県内の消防本部の広域化を検討してきた県の外部委員会は、21日、第4回会合を開き、現在12カ所ある消防本部のうち、福島市、伊達地方広域の両本部、会津若松地方広域、喜多方地方広域の両本部をそれぞれ統合し、県内を10本部体制とするよう求める報告書をまとめた、報告書では、統合を対象とした4本部について、管内の全首長が意向調査で広域化の必要性を認めているとした、委員会は4月初旬には県に報告書を提出する、県は報告書に基づき、早ければ6月にも県消防広域化推進計画を策定し、関係市町村などに広域化の検討を促す」とのことであります。
 さきの一般質問において私は、消防本部統合はデメリットが大変大きいことを考慮し、市長は広域の管理者として統一は絶対しないということを明確に打ち出し、統合反対に立つことが、本市にとって、地域住民、市民にとって最大の利益になることを訴えました。これに対して市長は、「本市としては、消防広域化の条件として、行政の効率化、費用の低下などをねらうことと住民サービスの向上という相反する目的が達成されなければならないと考えており、アンケートにもそのように回答した、これから県が広域化推進計画を策定するので、本市が考えているような条件がクリアできるのか、市民の利益につながるのか、総合的に判断することとなります」と答弁をされたわけでありますが、このたびの報道は統合が決定されたかのような内容でありますが、市長としてどうなされるのか、このまま統合を認めてしまうおつもりなのか、お伺いをいたします。


◯議長(伊藤弘明君) 答弁を求めます。
 白井市長。


◯市長(白井英男君) 坂内鉄次議員の消防本部の広域化に関する新聞報道についてのご質問にお答えいたします。
 3月22日付の福島民報、民友の新聞報道によりますと、3月21日に県消防広域化検討委員会の第4回会議を開催し、現在12カ所ある消防本部のうち福島市及び伊達地方広域消防本部、そして会津若松地方広域及び喜多方地方広域消防本部をそれぞれ統合し、県内10本部体制とするよう求める報告書をまとめたとのことであります。
 県に照会しましたところ、4月初旬に検討委員会からの報告書を受け、関係市町村への説明及び意見聴取ならびにパブリックコメントを実施した上で、早ければ6月にも県消防広域化推進計画を策定する予定との回答でありました。
 本市といたしましては、一般質問において答弁申し上げましたとおり、消防広域化の条件として、行政の効率化、費用の低下等をねらうことと住民サービスの向上という二つの目的が達成されなければならないと考えております。
 今後は、委員会から出された報告を子細に検討した上、市の考えに沿っているかどうか、それらをよくよく中身を子細に検討した上、市の考えを率直に申し上げますとともに、これは喜多方地方広域市町村圏組合を構成している西会津町、北塩原村とも意見の調整を図っていく必要がありますので、意見の調整を図った上で、適切に対処してまいりたいというふうに考えております。


◯議長(伊藤弘明君) 2番、坂内鉄次君。


◯2番(坂内鉄次君) 行政の効率化、費用の低下などをねらうことと住民サービスの維持向上という相反する目的が達成するという条件の中で今後中身を検討すると。西会津、北塩原とも連携が必要だということでありますけれども、本市の場合、この間、法務局の廃止、さらには最近になりますとハローワークの縮小、そして県立病院の統合廃止が間近に控えている、そして大型倒産ということで、大変地域経済が縮小をどんどん、どんどんしているわけであります。そういう意味では、広域本部の統合は全く同じでありまして、本部が統合されますと、約20人くらいの職員が若松の方に行ってしまう。一つの事業所が消えてなくなってしまうというふうな状況でありますので、市長は、はっきり自主性を尊重して、喜多方は喜多方でこの広域でやっていくんだというようなことをはっきりと明言して対応していっていただきたいと思いますが、もう一度お伺いいたします。


◯議長(伊藤弘明君) 白井市長。


◯市長(白井英男君) 先ほども答弁いたしましたとおり、消防広域化の条件としては、行政の効率化、費用の低下、これは必要なことでありますから、それはねらうでありましょうが、しかし、さはさりながら、住民サービスの向上ということが阻害されることがあってはいけないというふうに思いますので、それらがこの委員会の報告の中でどのように検討され、どのような考えになっているのか、よく子細に検討した上で意見を申し上げたいと思います。


◯議長(伊藤弘明君) 上着はご随意に願います。
 本日の会議は、議事日程第9号により進めます。
 議案第6号から議案第71号まで及び請願、陳情を一括議題といたします。
────────────────────────────────────────────
日程第1 委員会の審査報告


◯議長(伊藤弘明君) 日程第1、委員会の審査報告を行います。
 委員会における審査の経過と結果について、各委員長及び副委員長の報告を求めます。
 6番、総務常任副委員長、冨田幸雄君。


◯総務常任副委員長(冨田幸雄君) 総務常任委員会の審査結果を報告いたします。
                 総務常任委員会審査報告書
 本委員会に付託された事件について慎重に審査をした結果、次のとおり決定したので、会議規則第 103条の規定により報告いたします。
                     記
○予算議案
 1 議案第 6号 平成20年度喜多方市一般会計予算
           第1条第2項第1表 歳入歳出予算
            歳入-全般
            歳出-第1款、第2款、第12款、第14款以上関係部分
           第3条第3表 地方債関係部分
           第4条 一時借入金
           第5条 歳出予算の流用
 1 議案第18号 平成20年度喜多方市駒形財産区特別会計予算
 1 議案第19号 平成20年度喜多方市一ノ木財産区特別会計予算
 1 議案第20号 平成20年度喜多方市早稲谷財産区特別会計予算
 1 議案第22号 平成19年度喜多方市一般会計補正予算(第9号)
           第1条第2項第1表 歳入歳出予算補正
            歳入-全般
            歳出-第1款、第2款、第12款以上関係部分
           第4条第4表 地方債補正関係部分
 1 議案第35号 平成19年度喜多方市駒形財産区特別会計補正予算(第2号)
 1 議案第36号 平成19年度喜多方市一ノ木財産区特別会計補正予算(第2号)
 1 議案第37号 平成19年度喜多方市早稲谷財産区特別会計補正予算(第2号)
 1 議案第68号 平成19年度喜多方市一般会計補正予算(第10号)
           第1条第2項第1表 歳入歳出予算補正
            歳入-全般
            歳出-第2款、第14款
 以上9件は、いずれも原案承認であります。
 なお、他委員会との調整の必要はありませんでした。
○条例議案
 1 議案第39号 喜多方市特別会計条例の一部を改正する条例
 1 議案第40号 喜多方市国民健康保険税条例の一部を改正する条例
 1 議案第57号 喜多方市長の選挙における選挙運動用ビラの作成の公営に関する条例
 以上3件は、いずれも原案承認であります。
○単行議案
 1 議案第62号 喜多方市国土利用計画の策定について
 本件は、原案承認であります。
○陳情
 1 陳情第 2  「非核日本宣言」を求める意見書の採択についての陳情
 本件は、採択すべきものと決定いたしました。
 以上、報告いたします。


◯議長(伊藤弘明君) 文教厚生常任委員長、齋藤仁一君。


◯文教厚生常任委員長(齋藤仁一君) 文教厚生常任委員会の審査報告をいたします。
                文教厚生常任委員会審査報告書
 本委員会に付託された事件について慎重に審査をした結果、次のとおり決定したので、会議規則第 103条の規定により報告いたします。
                     記
○予算議案
 1 議案第 6号 平成20年度喜多方市一般会計予算
           第1条第2項第1表 歳入歳出予算
            歳入-関係部分
            歳出-第2款、第3款、第4款、第9款、第10款以上関係部分
           第3条第3表 地方債関係部分
 1 議案第 7号 平成20年度喜多方市国民健康保険事業特別会計予算
 1 議案第 8号 平成20年度喜多方市老人保健事業特別会計予算
 1 議案第 9号 平成20年度喜多方市後期高齢者医療事業特別会計予算
 1 議案第10号 平成20年度喜多方市介護保険事業特別会計予算
 1 議案第22号 平成19年度喜多方市一般会計補正予算(第9号)
           第1条第2項第1表 歳入歳出予算補正
            歳入-関係部分
            歳出-第2款、第3款、第4款、第9款、第10款以上関係部分
           第4条第4表 地方債補正関係部分
 1 議案第23号 平成19年度喜多方市国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)
 1 議案第24号 平成19年度喜多方市老人保健事業特別会計補正予算(第3号)
 1 議案第25号 平成19年度喜多方市介護保険事業特別会計補正予算(第5号)
 1 議案第68号 平成19年度喜多方市一般会計補正予算(第10号)
           第1条第2項第1表 歳入歳出予算補正
            歳出-第10款
 以上10件は、いずれも原案承認であります。
○条例議案
 1 議案第41号 喜多方市消防団設置条例及び喜多方市消防団員の定員、任免、服務及び給与
          等に関する条例の一部を改正する条例
 1 議案第42号 喜多方市戸籍法関係手数料条例の一部を改正する条例
 1 議案第43号 喜多方市住民基本台帳法関係手数料条例の一部を改正する条例
 1 議案第44号 喜多方市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例
 1 議案第45号 喜多方市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例
 1 議案第46号 喜多方市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例
 1 議案第47号 喜多方市後期高齢者医療に関する条例
 1 議案第58号 喜多方市立小学校及び中学校条例の一部を改正する条例
 1 議案第59号 喜多方市心身障害児就学指導審議会条例の一部を改正する条例
 1 議案第60号 喜多方市学校給食共同調理場及び学校給食センター条例の一部を改正する条
          例
 1 議案第61号 喜多方市体育施設条例の一部を改正する条例
 以上11件は、いずれも原案承認であります。
○単行議案
 1 議案第63号 福島県市民交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の増加及び福島県
          市民交通災害共済組合規約の変更について
 1 議案第64号 福島県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び福島
          県後期高齢者医療広域連合規約の変更について
 1 議案第67号 ボートのまち宣言について
 以上3件は、いずれも原案承認であります。
○請願
 1 請願第 1  障害者自立支援法の抜本的な改正を求める意見書提出の請願について
 本件は、採択すべきものと決定いたしました。
○陳情
 1 陳情第 3  原爆症認定制度の抜本的改善を厚生労働省に求める意見書に関する陳情
 本件は、採択すべきものと決定いたしました。
 以上、報告いたします。


◯議長(伊藤弘明君) 産業建設常任委員長、齋藤勘一郎君。


◯産業建設常任委員長(齋藤勘一郎君)
                 産業建設常任委員会審査報告書
 本委員会に付託された事件について慎重に審査をした結果、次のとおり決定したので、会議規則第 103条の規定により報告いたします。
                     記
○予算議案
 1 議案第 6号 平成20年度喜多方市一般会計予算
           第1条第2項第1表 歳入歳出予算
            歳入-関係部分
            歳出-第2款、第4款、第5款、第6款、第7款、第8款以上関係部分
           第2条第2表 債務負担行為
           第3条第3表 地方債関係部分
 1 議案第11号 平成20年度喜多方市公有林整備事業特別会計予算
 1 議案第12号 平成20年度喜多方市都市計画事業喜多方西部土地区画整理事業特別会計予
          算
 1 議案第13号 平成20年度喜多方市都市計画事業塩川駅西土地区画整理事業特別会計予算
 1 議案第14号 平成20年度喜多方市農業集落排水事業特別会計予算
 1 議案第15号 平成20年度喜多方市下水道事業特別会計予算
 1 議案第16号 平成20年度喜多方市山都簡易水道事業等特別会計予算
 1 議案第17号 平成20年度喜多方市高郷簡易水道事業特別会計予算
 1 議案第21号 平成20年度喜多方市水道事業会計予算
 1 議案第22号 平成19年度喜多方市一般会計補正予算(第9号)
           第1条第2項第1表 歳入歳出予算補正
            歳入-関係部分
            歳出-第2款、第4款、第5款、第6款、第7款、第8款以上関係部分
           第2条第2表 繰越明許費
           第3条第3表 債務負担行為補正
           第4条第4表 地方債補正関係部分
 1 議案第26号 平成19年度喜多方市公有林整備事業特別会計補正予算(第1号)
 1 議案第27号 平成19年度喜多方市一郷地区牧野管理事業特別会計補正予算(第1号)
 1 議案第28号 平成19年度喜多方市都市計画事業喜多方西部土地区画整理事業特別会計補
          正予算(第1号)
 1 議案第29号 平成19年度喜多方市都市計画事業塩川駅西土地区画整理事業特別会計補正
          予算(第3号)
 1 議案第30号 平成19年度喜多方市農業集落排水事業特別会計補正予算(第5号)
 1 議案第31号 平成19年度喜多方市下水道事業特別会計補正予算(第5号)
 1 議案第32号 平成19年度喜多方市熱塩加納簡易水道事業特別会計補正予算(第5号)
 1 議案第33号 平成19年度喜多方市山都簡易水道事業等特別会計補正予算(第6号)
 1 議案第34号 平成19年度喜多方市高郷簡易水道事業特別会計補正予算(第5号)
 1 議案第38号 平成19年度喜多方市水道事業会計補正予算(第6号)
 1 議案第68号 平成19年度喜多方市一般会計補正予算(第10号)
           第1条第2項第1表 歳入歳出予算補正
            歳入-関係部分
            歳出-第6款、第8款
 1 議案第69号 平成19年度喜多方市農業集落排水事業特別会計補正予算(第6号)
 1 議案第70号 平成19年度喜多方市下水道事業特別会計補正予算(第6号)
 1 議案第71号 平成19年度喜多方市水道事業会計補正予算(第7号)
 以上24件は、いずれも原案承認であります。
○条例議案
 1 議案第48号 喜多方市都市農山村交流施設条例
 1 議案第49号 喜多方市農業振興基金条例を廃止する条例
 1 議案第50号 喜多方市牧野条例の一部を改正する条例
 1 議案第51号 喜多方市営住宅条例等の一部を改正する条例
 1 議案第52号 喜多方市営住宅条例の一部を改正する条例
 1 議案第53号 喜多方市租税特別措置法関係手数料条例の一部を改正する条例
 1 議案第54号 喜多方市農業集落排水処理施設維持管理運営基金条例を廃止する条例
 1 議案第55号 喜多方市水道事業経営等審議会条例
 1 議案第56号 喜多方市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例
 以上9件は、いずれも原案承認であります。
○単行議案
 1 議案第65号 市道路線の認定について
 1 議案第66号 市道路線の廃止について
 以上2件は、いずれも原案承認であります。
○請願
 1 請願第 2  福島県最低賃金の引き上げと早期発効を求める意見書提出の請願について
 1 請願第 3  自主共済制度の保険業法の適用除外を求める意見書提出の請願について
 以上2件は、いずれも採択すべきものと決定いたしました。
○陳情
 1 陳情第 1  「鳥獣被害防止特措法」関連予算を、鳥獣捕殺ではなく自然林復元と被害防
          除に使うこと等を求める意見書提出に関する陳情
 本件は、不採択すべきものと決定いたしました。
 1 陳情第 4  米価の安定と生産調整に関する陳情書
 1 陳情第 5  ハローワーク喜多方の縮小に反対する陳情書
 以上2件は、いずれも採択すべきものと決定いたしました。
 以上、報告いたします。


◯議長(伊藤弘明君) 以上で各委員長及び副委員長の報告は終わりました。
 ただいまの委員長及び副委員長の報告に対する質疑に入ります。ご質疑ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご質疑なしと認めます。
 これより逐次決定を行います。
────────────────────────────────────────────
日程第2 議案第6号 平成20年度喜多方市一般会計予算


◯議長(伊藤弘明君) 日程第2、議案第6号 平成20年度喜多方市一般会計予算を問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本案に対する委員長及び副委員長の報告は原案承認であります。本案は委員長及び副委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (起立全員)


◯議長(伊藤弘明君) 起立全員であります。
 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────────
日程第 3 議案第 7号 平成20年度喜多方市国民健康保険事業特別会計予算
日程第 4 議案第 8号 平成20年度喜多方市老人保健事業特別会計予算
日程第 5 議案第 9号 平成20年度喜多方市後期高齢者医療事業特別会計予算
日程第 6 議案第10号 平成20年度喜多方市介護保険事業特別会計予算
日程第 7 議案第11号 平成20年度喜多方市公有林整備事業特別会計予算
日程第 8 議案第12号 平成20年度喜多方市都市計画事業喜多方西部土地区画整
             理事業特別会計予算
日程第 9 議案第13号 平成20年度喜多方市都市計画事業塩川駅西土地区画整理
             事業特別会計予算
日程第10 議案第14号 平成20年度喜多方市農業集落排水事業特別会計予算
日程第11 議案第15号 平成20年度喜多方市下水道事業特別会計予算
日程第12 議案第16号 平成20年度喜多方市山都簡易水道事業等特別会計予算
日程第13 議案第17号 平成20年度喜多方市高郷簡易水道事業特別会計予算
日程第14 議案第18号 平成20年度喜多方市駒形財産区特別会計予算
日程第15 議案第19号 平成20年度喜多方市一ノ木財産区特別会計予算
日程第16 議案第20号 平成20年度喜多方市早稲谷財産区特別会計予算
日程第17 議案第21号 平成20年度喜多方市水道事業会計予算


◯議長(伊藤弘明君) 日程第3、議案第7号 平成20年度喜多方市国民健康保険事業特別会計予算から日程第17、議案第21号 平成20年度喜多方市水道事業会計予算までを一括問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本15案に対する委員長及び副委員長の報告は、いずれも原案承認であります。本15案は委員長及び副委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (起立全員)


◯議長(伊藤弘明君) 起立全員であります。
 よって、議案第7号から議案第21号までは原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────────
日程第18 議案第22号 平成19年度喜多方市一般会計補正予算(第9号)


◯議長(伊藤弘明君) 日程第18、議案第22号 平成19年度喜多方市一般会計補正予算(第9号)を問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本案に対する委員長及び副委員長の報告は原案承認であります。本案は委員長及び副委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (起立全員)


◯議長(伊藤弘明君) 起立全員であります。
 よって、議案第22号は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────────
日程第19 議案第23号 平成19年度喜多方市国民健康保険事業特別会計補正予算
             (第5号)
日程第20 議案第24号 平成19年度喜多方市老人保健事業特別会計補正予算(第
             3号)
日程第21 議案第25号 平成19年度喜多方市介護保険事業特別会計補正予算(第
             5号)
日程第22 議案第26号 平成19年度喜多方市公有林整備事業特別会計補正予算
             (第1号)
日程第23 議案第27号 平成19年度喜多方市一郷地区牧野管理事業特別会計補正
             予算(第1号)
日程第24 議案第28号 平成19年度喜多方市都市計画事業喜多方西部土地区画整
             理事業特別会計補正予算(第1号)
日程第25 議案第29号 平成19年度喜多方市都市計画事業塩川駅西土地区画整理
             事業特別会計補正予算(第3号)
日程第26 議案第30号 平成19年度喜多方市農業集落排水事業特別会計補正予算
             (第5号)
日程第27 議案第31号 平成19年度喜多方市下水道事業特別会計補正予算(第5
             号)
日程第28 議案第32号 平成19年度喜多方市熱塩加納簡易水道事業特別会計補正
             予算(第5号)
日程第29 議案第33号 平成19年度喜多方市山都簡易水道事業等特別会計補正予
             算(第6号)
日程第30 議案第34号 平成19年度喜多方市高郷簡易水道事業特別会計補正予算
             (第5号)
日程第31 議案第35号 平成19年度喜多方市駒形財産区特別会計補正予算(第2
             号)
日程第32 議案第36号 平成19年度喜多方市一ノ木財産区特別会計補正予算(第
             2号)
日程第33 議案第37号 平成19年度喜多方市早稲谷財産区特別会計補正予算(第
             2号)
日程第34 議案第38号 平成19年度喜多方市水道事業会計補正予算(第6号)


◯議長(伊藤弘明君) 日程第19、議案第23号 平成19年度喜多方市国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)から日程第34、議案第38号 平成19年度喜多方市水道事業会計補正予算(第6号)までを一括問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本16案に対する委員長及び副委員長の報告は、いずれも原案承認であります。本16案は委員長及び副委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (起立多数)


◯議長(伊藤弘明君) 起立多数であります。
 よって、議案第23号から議案第38号までは原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────────
日程第35 議案第39号 喜多方市特別会計条例の一部を改正する条例
日程第36 議案第40号 喜多方市国民健康保険税条例の一部を改正する条例
日程第37 議案第41号 喜多方市消防団設置条例及び喜多方市消防団員の定員、任
             免、服務及び給与等に関する条例の一部を改正する条例
日程第38 議案第42号 喜多方市戸籍法関係手数料条例の一部を改正する条例
日程第39 議案第43号 喜多方市住民基本台帳法関係手数料条例の一部を改正する
             条例
日程第40 議案第44号 喜多方市ひとり親家庭医療費の助成に関する条例の一部を
             改正する条例
日程第41 議案第45号 喜多方市重度心身障害者医療費の助成に関する条例の一部
             を改正する条例
日程第42 議案第46号 喜多方市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正
             する条例
日程第43 議案第47号 喜多方市後期高齢者医療に関する条例
日程第44 議案第48号 喜多方市都市農山村交流施設条例
日程第45 議案第49号 喜多方市農業振興基金条例を廃止する条例
日程第46 議案第50号 喜多方市牧野条例の一部を改正する条例
日程第47 議案第51号 喜多方市営住宅条例等の一部を改正する条例
日程第48 議案第52号 喜多方市営住宅条例の一部を改正する条例
日程第49 議案第53号 喜多方市租税特別措置法関係手数料条例の一部を改正する
             条例
日程第50 議案第54号 喜多方市農業集落排水処理施設維持管理運営基金条例を廃
             止する条例
日程第51 議案第55号 喜多方市水道事業経営等審議会条例
日程第52 議案第56号 喜多方市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する
             条例
日程第53 議案第57号 喜多方市長の選挙における選挙運動用ビラの作成の公営に
             関する条例
日程第54 議案第58号 喜多方市立小学校及び中学校条例の一部を改正する条例
日程第55 議案第59号 喜多方市心身障害児就学指導審議会条例の一部を改正する
             条例
日程第56 議案第60号 喜多方市学校給食共同調理場及び学校給食センター条例の
             一部を改正する条例
日程第57 議案第61号 喜多方市体育施設条例の一部を改正する条例


◯議長(伊藤弘明君) 日程第35、議案第39号 喜多方市特別会計条例の一部を改正する条例から日程第57、議案第61号 喜多方市体育施設条例の一部を改正する条例までを一括問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本23案に対する委員長及び副委員長の報告は、いずれも原案承認であります。本23案は委員長及び副委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第39号から議案第61号までは原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────────
日程第58 議案第62号 喜多方市国土利用計画の策定について
日程第59 議案第63号 福島県市民交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数
             の増加及び福島県市民交通災害共済組合規約の変更につい
             て
日程第60 議案第64号 福島県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の
             数の減少及び福島県後期高齢者医療広域連合規約の変更に
             ついて
日程第61 議案第65号 市道路線の認定について
日程第62 議案第66号 市道路線の廃止について
日程第63 議案第67号 ボートのまち宣言について


◯議長(伊藤弘明君) 日程第58、議案第62号 喜多方市国土利用計画の策定についてから日程第63、議案第67号 ボートのまち宣言についてまでを一括問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本6案に対する委員長及び副委員長の報告は、いずれも原案承認であります。本6案は委員長及び副委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、議案第62号から議案第67号までは原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────────
日程第64 議案第68号 平成19年度喜多方市一般会計補正予算(第10号)


◯議長(伊藤弘明君) 日程第64、議案第68号 平成19年度喜多方市一般会計補正予算(第10号)を問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本案に対する委員長及び副委員長の報告は原案承認であります。本案は委員長及び副委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (起立全員)


◯議長(伊藤弘明君) 起立全員であります。
 よって、議案第68号は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────────
日程第65号 議案第69号 平成19年度喜多方市農業集落排水事業特別会計補正予
              算(第6号)
日程第66号 議案第70号 平成19年度喜多方市下水道事業特別会計補正予算(第
              6号)
日程第67号 議案第71号 平成19年度喜多方市水道事業会計補正予算(第7号)


◯議長(伊藤弘明君) 日程第65号、議案第69号 平成19年度喜多方市農業集落排水事業特別会計補正予算(第6号)から日程第67、議案第71号 平成19年度喜多方市水道事業会計補正予算(第7号)までを一括問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本3案に対する委員長の報告は、いずれも原案承認であります。本3案は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (起立全員)


◯議長(伊藤弘明君) 起立全員であります。
 よって、議案第69号から議案第71号までは原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────────
日程第68 請願の決定


◯議長(伊藤弘明君) 日程第68、請願の決定を行います。
 請願第1 障害者自立支援法の抜本的な改正を求める意見書提出の請願についてを問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本請願に対する委員長の報告は採択であります。本請願は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、本請願は委員長報告のとおり採択と決しました。
 請願第2 福島県最低賃金の引き上げと早期発効を求める意見書提出の請願についてから請願第3 自主共済制度の保険業法の適用除外を求める意見書提出の請願についてまでを一括問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本2請願に対する委員長の報告は採択であります。本2請願は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、本2請願は委員長報告のとおり採択と決しました。
────────────────────────────────────────────
日程第69 陳情の決定


◯議長(伊藤弘明君) 日程第69、陳情の決定を行います。
 陳情第1 「鳥獣被害防止特措法」関連予算を、鳥獣捕殺ではなく自然林復元と被害防除に使うこと等を求める意見書提出に関する陳情を問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本陳情に対する委員長の報告は不採択であります。本陳情は委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (起立多数)


◯議長(伊藤弘明君) 起立多数であります。
 よって、本陳情は委員長報告のとおり不採択と決しました。
 次に、陳情第2 「非核日本宣言」を求める意見書の採択についての陳情を問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本陳情に対する副委員長の報告は採択であります。本陳情は副委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (起立多数)


◯議長(伊藤弘明君) 起立多数であります。
 よって、本陳情は副委員長報告のとおり採択と決しました。
 次に、陳情第3 原爆症認定制度の抜本的改善を厚生労働省に求める意見書に関する陳情から陳情第5 ハローワーク喜多方の縮小に反対する陳情書までを一括問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本3陳情に対する委員長の報告は採択であります。本3陳情は委員長報告のとおり決することにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、本3陳情は委員長報告のとおり採択と決しました。
 追加議案配付のため暫時休憩いたしますので、そのままお待ちください。
    午後 3時09分 休憩
────────────────────────────────────────────
    午後 3時11分 再開


◯議長(伊藤弘明君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 議案の配付漏れはございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) 配付漏れなしと認めます。
 お諮りいたします。
 本日付をもって市長提出議案2件、議会案7件が提出されました。この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、本9案を日程に追加し、議題とすることに決しました。
────────────────────────────────────────────
日程追加
 議案第72号 副市長の選任について
 諮問第 1号 人権擁護委員の推薦について


◯議長(伊藤弘明君) 議案第72号 副市長の選任について及び諮問第1号 人権擁護委員の推薦についてを一括議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
 白井市長。


◯市長(白井英男君) 本日追加提案いたしました議案についてご説明申し上げます。
 初めに、副市長の選任についてでありますが、現副市長の斎須秀行氏が県に復帰することから、後任といたしまして玉井 章氏を選任いたしたく、ご提案申し上げる次第であります。
 同氏は、福島市出身で、東北大学経済学部を卒業し、昭和54年福島県職員となり、会津大学学生部学生課長補佐、人事領域人事グループ主幹等を歴任し、現在、市町村領域市町村行政グループ参事の職にあります。人格、識見高く、行政経験豊かで、リーダーシップにすぐれ、適任と存じます。
 次に、人権擁護委員の推薦についてでありますが、人権擁護委員である鈴木栄一氏が任期満了となるため、法務局より次期候補者の推薦依頼がありましたので、その後任として同氏を推薦いたしたいと存じます。
 氏は、識見豊かで、地域の信望も厚く、適任と存じます。
 なお、氏の経歴等につきましては、省略させていただきます。
 追加議案としてご提案いたしました議案について概略を説明申し上げましたが、慎重にご審議くださいまして適切なるご議決を賜りますよう、よろしくお願いいたします。


◯議長(伊藤弘明君) 議案第72号 副市長の選任について、これより質疑に入ります。ご質疑ございませんか。
 29番、山口和男君。


◯29番(山口和男君) 議案第72号について質問いたします。
 市長が市長に就任されましてから10年になります。この間、喜多方市の助役並びに副市長は常に福島県から派遣をされてきました。そういう意味では、福島県の職員は優秀なのかもしれませんけれども、喜多方市には人材がいないのかと、こう一般の市民はほとんど口をそろえて言っております。私もそのとおりだろうと思います。特に、人をつくるというのが市長の仕事であるならば、この10年間、白井市長は助役並びに副市長に市内から育つような人材を育ててこなかったのかどうか、このことが問われるだろうというふうに思います。市長の人事に対する考え方をお伺いをいたします。
〔25番、庄司 弘君、自席より、「議長、議事進行について」〕


◯議長(伊藤弘明君) 25番、庄司 弘君。
〔25番、庄司 弘君、自席より、「議長にお尋ねをしたいと思います。間違っていたら指摘をいただいて結構でございますが、当市では人事案件については質疑、討論等を省略したように思います。質疑、討論……、討論はこれからですからわかりませんが、質疑を許すのであれば委員会付託をすべきだというふうに私は思いますが、議長の所見をお伺いいたします」〕


◯議長(伊藤弘明君) 暫時休憩いたします。
    午後 3時16分 休憩
────────────────────────────────────────────
    午後 3時49分 再開


◯議長(伊藤弘明君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 あらかじめ時間を延長いたします。
 暫時休憩いたします。
    午後 3時50分 休憩
────────────────────────────────────────────
    午後 5時16分 再開


◯議長(伊藤弘明君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 ただいまは本会議を長時間にわたり中断いたしてしまい、まことに申しわけございませんでした。調整のためにかようなことになったことを陳謝いたしたいと思います。
 先ほどの25番、庄司 弘君の議事進行に対し申し上げます。
 人事案件に対し質疑を許したので委員会に付託しなければならないのではないかとの議事進行でございましたが、議長の議事整理権に基づき、委員会付託は必要ないと判断いたしましたので、ご了承願います。
 答弁を求めます。
 白井市長。


◯市長(白井英男君) 私の人事についての考え方についてのご質問でございますので、お答えいたします。
 喜多方市は自己財源が30%強、ある意味では3分の1の自治体でございます。この自治体をいかにして経済力を富ませ、いかにして発展させるかと考えたときに、県という存在は大変大きいものでございます。予算規模が 9,000億円、職員の数が 6,000人、ある意味で言えば、私どもから見れば、シンクタンク的な存在ではないかと思います。喜多方を発展させるのに、この県をいかに活用するかということは一つの大きなキーポイントであろうというふうに考えてまいりました。したがいまして、県とのつながりをいかに密にするかという有効な手段として、県との人事交流、特に副市長、前は助役ですね、を派遣していただくということは有効な手段であろうということで今まで提案申し上げ、ご承認いただいてまいりました。
 最近になりまして、さらにどうしても大きな課題として残っておりますのは中核工業団地でございます。この中核工業団地が一つの喜多方を発展させるかなめであるというふうに考えまして、これをやっぱり解決するのに産業部長まで県から人材の派遣を依頼したということで、これによって大きな懸案事項を解決し、かつ県との人的パイプをつくることによって、財政的とは言いませんけれども、人的パイプができたことで、いろいろな意味で情報も入るし、県とのいろいろな意味での風通しもよくなるというふうに考えてきたところでございます。


◯議長(伊藤弘明君) ほかにご質疑ございますか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。
 本案は委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。
 議案第72号 副市長の選任についてを問題に供します。
 討論を省略し、直ちに採決いたします。
 この採決は無記名投票で行います。
 議場の閉鎖を命じます。
  (議場閉鎖)


◯議長(伊藤弘明君) ただいまの出席議員は27名であります。
 投票用紙を配付いたさせます。
  (投票用紙配付)


◯議長(伊藤弘明君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
  (投票箱点検)


◯議長(伊藤弘明君) 異状なしと認めます。
 念のために申し上げます。本案に同意する諸君は「賛成」と、同意しない諸君は「反対」と記載の上、点呼に応じ、順次投票願います。
 なお、重ねて申し上げます。投票中、賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、否と見なします。
 点呼を命じます。
 事務局長。
  (投 票)


◯議長(伊藤弘明君) 投票漏れはありませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたしました。
 議場の閉鎖を解きます。
  (議場開鎖)


◯議長(伊藤弘明君) これより開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に1番、小林時夫君、10番、渡部孝雄君を指名いたします。
 よって、両君の立ち会いを願います。
  (開 票)


◯議長(伊藤弘明君) 投票の結果を申し上げます。
 投票総数27票
 これは、先ほどの出席議員数に符合しております。
 そのうち
 賛成21票
 反対 6票
 以上のとおりであります。
 よって、議案第72号は原案のとおり同意することに決しました。
 次に、諮問第1号 人権擁護委員の推薦について、これより質疑に入ります。ご質疑ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。
 本案は委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。
 諮問第1号 人権擁護委員の推薦についてを問題に供します。
 討論を省略し、直ちに採決いたします。
 本案は原案のとおり同意することにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、諮問第1号は原案のとおり同意することに決しました。
────────────────────────────────────────────
日程追加
 議会案第1号 障害者自立支援法の抜本的な改正を求める意見書
 議会案第2号 福島県最低賃金の引き上げと早期発効を求める意見書
 議会案第3号 自主共済制度の保険業法の適用除外を求める意見書
 議会案第4号 「非核日本宣言」を求める意見書
 議会案第5号 原爆症認定制度の抜本的改善を厚生労働省に求める意見書
 議会案第6号 米価の安定と生産調整に関する意見書
 議会案第7号 ハローワーク喜多方の出張所降格に反対する意見書


◯議長(伊藤弘明君) 次に、議会案第1号 障害者自立支援法の抜本的な改正を求める意見書から議会案第7号 ハローワーク喜多方の出張所降格に反対する意見書までを一括議題といたします。
 提出者の説明を求めます。
 5番、大川原謙一君。


◯5番(大川原謙一君) 議会案第1号 障害者自立支援法の抜本的な改正を求める意見書。
 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出いたします。
 この提案理由については記載のとおりでありますので、省略させていただきたいと思います。
 皆様方のご賛同をよろしくお願いします。


◯議長(伊藤弘明君) 次に、18番、齋藤勘一郎君。


◯18番(齋藤勘一郎君) 議会案第2号 福島県最低賃金の引き上げと早期発効を求める意見書。
 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。
 提案理由につきましては、記載のとおりであります。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。
 議員各位の皆様方の満場のご賛同をお願い申し上げます。


◯議長(伊藤弘明君) 産業建設常任委員長、議会案の第3号も続けてお願いいたしたいと思います。


◯18番(齋藤勘一郎君) それでは、議会案第3号 自主共済制度の保険業法の適用除外を求める意見書。
 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。
 自主共済制度の保険業法の適用除外を求める意見書ということで、これにつきましては記載のとおりであります。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。
 議員各位の皆様方の特段のご賛同をお願い申し上げます。


◯議長(伊藤弘明君) 次に、6番、冨田幸雄君。


◯6番(冨田幸雄君) 議会案第4号 「非核日本宣言」を求める意見書。
 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。
 「非核日本宣言」を求める意見書でありますけれども、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。
 なお、内容につきましては記載のとおりでございます。
 議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。


◯議長(伊藤弘明君) 次に、22番、齋藤仁一君。


◯22番(齋藤仁一君) 議会案第5号 原爆症認定制度の抜本的改善を厚生労働省に求める意見書。
 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出いたします。
 意見書の内容については、記載のとおりであります。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。
 議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。


◯議長(伊藤弘明君) 次に、18番、齋藤勘一郎君。


◯18番(齋藤勘一郎君) 議会案第6号 米価の安定と生産調整に関する意見書。
 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。
 米価の安定と生産調整に関する意見書、内容につきましては記載のとおりでありますので、議員各位の皆様方の満場のご賛同をお願いいたします。
 続きまして、議会案第7号 ハローワーク喜多方の出張所降格に反対する意見書。
 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出いたします。
 ハローワーク喜多方の出張所降格に反対する意見書。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。
 議員各位の皆様方のご賛同をお願いいたします。


◯議長(伊藤弘明君) これより本7案に対する質疑に入ります。ご質疑ございますか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。
 本7案は委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、本7案は委員会付託を省略することに決しました。
 議会案第1号 障害者自立支援法の抜本的な改正を求める意見書を問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、議会案第1号は原案のとおり可決されました。
 議会案第2号 福島県最低賃金の引き上げと早期発効を求める意見書から議会案第3号 自主共済制度の保険業法の適用除外を求める意見書までを一括問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本2案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、議会案第2号から議会案第3号までは原案のとおり可決されました。
 次に、議会案第4号 「非核日本宣言」を求める意見書を問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 議会案第4号は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  (起立多数)


◯議長(伊藤弘明君) 起立多数であります。
 よって、議会案第4号は原案のとおり可決されました。
 議会案第5号 原爆症認定制度の抜本的改善を厚生労働省に求める意見書から議会案第7号 ハローワーク喜多方の出張所降格に反対する意見書までを一括問題に供します。
 これより討論に入ります。ご意見ございませんか。
  (「なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご意見なしと認めます。
 これより採決いたします。
 本3案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、議会案第5号から議会案第7号までは原案のとおり可決されました。
 ただいま議会案が決定されましたが、その字句、その他整理を要するものについては、その整理及びこれら取り扱いを議長に委任されたいと思います。これにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、これら取り扱いについては、議長に委任することに決しました。
 次に、議員の派遣についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、議員の派遣についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。
────────────────────────────────────────────
日程追加
 議員の派遣について


◯議長(伊藤弘明君) 議員の派遣についてを議題といたします。
 お諮りいたします。
 来る4月10日、郡山市において開催される福島県市議会議長会定期総会への議員の派遣については、議員の申し出のとおり派遣することにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、議員の派遣については議員の申し出のとおり派遣することに決しました。
 ただいま決定されました議員の派遣については、その派遣の内容に変更が生じた場合は、これら取り扱いを議長に委任されたいと思います。これにご異議ございませんか。
  (「異議なし」の声あり)


◯議長(伊藤弘明君) ご異議なしと認めます。
 よって、その派遣の内容に変更が生じた場合は、これら取り扱いを議長に委任することに決しました。
 以上をもって本定例会の日程は全部終了いたしました。
────────────────────────────────────────────


◯議長(伊藤弘明君) この際、市長及び副市長から発言を求められておりますので、これを許します。
 白井市長。


◯市長(白井英男君) 平成20年第3回喜多方市議会定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 今定例会では、平成20年度一般会計予算など62議案と追加提案いたしました補正予算4議案及び人事案件2件についてご審議をお願いいたしましたが、それぞれ慎重ご審議賜りましてご議決をいただき、まことにありがとうございました。ご議決をいただきました事項につきましては、今後適正に執行してまいる所存であります。また、本会議及び委員会を通じて種々賜りました各位のご高見につきましては、今後、予算執行や市政への取り組みの中で十分踏まえてまいりたいと存じます。
 議員各位におかれましては、ますますご自愛くださいまして、市勢進展のため、より一層のご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げ、閉会のごあいさつといたします。ありがとうございました。


◯議長(伊藤弘明君) 斎須副市長。


◯副市長(斎須秀行君) この3月31日付をもちまして退任させていただくことになりました。2年1カ月ではありますが、新生喜多方市の建設に参画できましたことはこの上ない光栄であり、市長のリーダーシップのもと職員の皆さんとともに全力で事に当たることができ、今はさわやかな心の充足感でいっぱいであります。この間、議員の皆様には公私にわたりご指導、ご厚情をいただきました。心より感謝を申し上げます。また、市民の方々にも大変お世話になりました。
 喜多方市の限りない発展をご祈念いたしまして、退任のあいさつといたします。大変ありがとうございました。(拍手)


◯議長(伊藤弘明君) この際、私からも一言ごあいさつを申し上げます。
 今定例会は去る3月6日から本日までの19日間にわたり、平成20年度当初予算を初め、平成19年度補正予算及び一連の条例、単行議案など、さらには請願、陳情について精力的にご審議をいただき、それぞれ適切なるご議決を経て閉会に至りましたこと、まことにご同慶にたえません。理事者各位におかれましては、議会の意見を十分尊重され、今後の市政執行に万全を期していただくよう要請をいたすものであります。
 終わりに、本定例会中に賜りました議員各位並びに理事者各位さらには報道機関各位のご協力に対し衷心より御礼を申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。
 これをもって平成20年第3回喜多方市議会定例会を閉会いたします。
 ありがとうございました。
    午後 5時44分 閉会


地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成20年3月24日

      議  長     伊   藤   弘   明

      副議長      佐   藤   昭   大

      議  員     佐   藤   一   栄

      議  員     生   江   和   雄