議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 須賀川市

平成21年  6月 定例会 06月18日−05号




平成21年  6月 定例会 − 06月18日−05号









平成21年  6月 定例会



            平成21年6月18日(木曜日)

議事日程第5号

          平成21年6月18日(木曜日) 午前10時 開議

第1 議案第73号 議案第74号

第2 議案第75号 議案第76号

第3 議案第77号 議案第78号

第4 議案第79号 議案第80号 議案第81号 議案第82号 議案第83号 議案第84号

第5 議員提出議案第2号 須賀川市農業委員会委員の推薦について

第6 議員提出議案第3号 議員の派遣について

第7 議案第85号 副市長の選任につき同意を求めることについて

第8 議案第86号 固定資産評価員の選任につき同意を求めることについて

第9 閉会中の継続調査の申し出について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1 議案第73号 議案第74号

日程第2 議案第75号 議案第76号

日程第3 議案第77号 議案第78号

日程第4 議案第79号 議案第80号 議案第81号 議案第82号 議案第83号 議案第84号

日程第5 議員提出議案第2号 須賀川市農業委員会委員の推薦について

日程第6 議員提出議案第3号 議員の派遣について

日程第7 議案第85号 副市長の選任につき同意を求めることについて

日程第8 議案第86号 固定資産評価員の選任につき同意を求めることについて

日程第9 閉会中の継続調査の申し出について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(28名)

      1番  鈴木公成       2番  大倉雅志

      3番  関根保良       4番  五十嵐 伸

      5番  相楽健雄       6番  川田伍子

      7番  塩田邦平       8番  広瀬吉彦

      9番  生田目 進     10番  森 新男

     11番  八木沼久夫     12番  佐藤暸二

     13番  加藤和記      14番  丸本由美子

     15番  市村喜雄      16番  大越 彰

     17番  鈴木正勝      18番  鈴木忠夫

     19番  菊地忠男      20番  桐生傳一

     21番  塩田和幸      22番  細谷松雄

     23番  村山廣嗣      24番  橋本健二

     25番  大内康司      26番  水野敏夫

     27番  高橋秀勝      28番  渡辺忠次

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

   市長       橋本克也     副市長      鈴木和寿

   市長公室長    石井正廣     総務部長     酒井茂幸

   市民生活部長   大峰和好     保健福祉部長   山口秀夫

   産業部長     小林正司     建設部長     石澤雄吉

   水道部長     小林 博     会計管理者    渡辺伸一

   長沼支所長    小林良一     岩瀬支所長    國分良一

   総務課長     若林秀樹     教育委員長    深谷敬一

   教育長      坂野順一     教育次長     藤島敬一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

                     主幹兼局長補

   事務局長     金澤幸男              宗形 充

                     佐・調査係長

   主任主査兼

            安藤基寛     庶務係長     高橋久美子

   議事係長

   主査       鈴木弘明     主任       村上良子

   主事       横川幸枝

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時00分 開議



○議長(渡辺忠次) おはようございます。

 ただいまより本日の会議を開きます。

 出席議員は定足数に達しております。

 本日の議事は、議事日程第5号をもって進めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第73号 議案第74号



○議長(渡辺忠次) 日程第1、議案第73号及び第74号を議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長、鈴木忠夫議員。

          (総務常任委員長 鈴木忠夫 登壇)



◆総務常任委員長(鈴木忠夫) おはようございます。

 今期定例会において、当総務常任委員会に付託となりました議案2件について、当委員会の審査が終了いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 委員会は、去る12日、当局より関係部課長の出席を求め、審査を進めました。

 初めに、議案第73号 須賀川市個人情報保護条例の一部を改正する条例についてであります。

 本案は、統計法の全部改正及び統計報告調査法の廃止を受け、当該条例の引用条項に移動が生じたことから、所要の改正を行うものであります。

 審査の結果、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第74号 須賀川市税条例の一部を改正する条例についてであります。

 本案は、個人市民税の住宅借入金等特別税額控除の創設に伴い、控除しきれなかった額について、翌年度分の個人市民税から減額する制度を当該条例に規定するとともに、地方税法の改正に伴う引用条項等の整理を行うものであります。

 審査の結果、本案も原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、当委員会の審査の経過と結果についての報告を終わります。



○議長(渡辺忠次) これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) なければ質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はございません。

 これにて討論を終結いたします。

 これより議案第73号 須賀川市個人情報保護条例の一部を改正する条例、議案第74号 須賀川市税条例の一部を改正する条例の議案2件を一括して採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも可決であります。

 本案については、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第75号 議案第76号



○議長(渡辺忠次) 日程第2、議案第75号及び議案第76号を議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。

 建設水道常任委員長、鈴木正勝議員。

          (建設水道常任委員長 鈴木正勝 登壇)



◆建設水道常任委員長(鈴木正勝) 今期定例会において、当建設水道常任委員会に付託となりました議案2件について、当委員会の審査が終了いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 委員会は、去る12日、当局より関係部課長の出席を求め、審査を進めました。

 初めに、議案第75号 東北新幹線こ線橋耐震補強工事の協定の変更についてであります。

 本案は、平成20年6月19日に東日本旅客鉄道株式会社仙台支社と協定締結したJR東北新幹線にかかる保土原橋、東原橋及び籾山橋の3こ線橋の耐震補強工事の金額に変更が生じたため、議会の議決を求めるものであります。

 変更理由は、耐震補強工事における仮設足場の設置について、協定締結後に仮設足場が工事作業の都度、改築することが求められたことによるものであります。

 審査の結果、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第76号 須賀川市手数料条例の一部を改正する条例についてであります。

 本案は、構造計算書の偽装問題を契機とした平成19年の建築基準法の一部改正に伴う各種手数料の改定及び長期優良住宅の普及促進に関する法律の公布に伴い、所要の改正を行うものであります。

 内容は、建築確認申請等の審査日数の増加に伴う申請手数料の改正と長期優良住宅建設計画の認定に係る手数料規定の追加であります。

 審査の結果、本案も原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、当委員会の審査の経過と結果についての報告を終わります。



○議長(渡辺忠次) これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) なければ質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はございません。

 これにて討論を終結いたします。

 これより議案第75号 東北新幹線こ線橋耐震補強工事の協定の変更について、議案第76号 須賀川市手数料条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも可決であります。

 本案については、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第77号 議案第78号



○議長(渡辺忠次) 日程第3、議案第77号及び議案第78号を議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。

 生活産業常任委員長、八木沼久夫議員。

          (生活産業常任委員長 八木沼久夫 登壇)



◆生活産業常任委員長(八木沼久夫) おはようございます。

 今期定例会において、当生活産業常任委員会に付託となりました議案第77号及び議案第78号の議案2件について、委員会の審査が終了いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 委員会は、去る15日、当局より関係部課長の出席を求め、審査を進めました。

 初めに、議案第77号 須賀川市国民健康保険条例の一部を改正する条例についてであります。

 本案は、1つには医療費無料化の対象年齢について、本年10月1日から小学6年生までの児童に拡大することに伴い、療養給付を受ける被保険者のうち、一部負担金を支払うことを要しない者の年齢を6歳から12歳に引き上げるものであり、本年10月1日から施行するものであります。

 2つには、健康保険法施行令等の改正に伴い、本年10月1日から平成23年3月31日までの間に出産した場合、出産一時金を現行の35万円から39万円に引き上げることになったことから、所要の改正を行うものであり、産科医療補償制度に加入している医療機関で出産した場合はさらに3万円が加算され、42万円が支給されるものであります。

 審査の結果、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第78号 須賀川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてであります。

 本案は、地方税法施行令等の一部改正に伴い、国民健康保険税のうち介護納付金課税額に係る課税限度額を現行の9万円から10万円に引き上げるものであり、また、これに関連して、介護納付金課税額から被保険者均等割額及び世帯別平等割を減額した場合の限度額についても、同様に9万円から10万円に引き上げる改正について、公布の日から施行し、本年4月1日から適用するものであります。

 審査の結果、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、当委員会の審査の経過と結果について報告を終わります。



○議長(渡辺忠次) これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) なければ質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はございません。

 これにて討論を終結いたします。

 これより議案第77号 須賀川市国民健康保険条例の一部を改正する条例、議案第78号 須賀川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも可決であります。

 本案については、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第79号 議案第80号 議案第81号 議案第82号 議案第83号 議案第84号



○議長(渡辺忠次) 日程第4、議案第79号から議案第84号までの議案6件を一括して議題といたします。

 本案に関し、委員長の報告を求めます。

 予算委員長、市村喜雄議員。

          (予算委員長 市村喜雄 登壇)



◆予算委員長(市村喜雄) 今期定例会において、当予算委員会に付託となりました議案第79号から議案第84号の補正予算案6件について、委員会の審査が終了しましたので、その経過と結果について御報告をいたします。

 委員会は、6月16日に会議を開き、当局関係部課長出席の上、審査を進めました。

 付託された議案第79号から議案第84号までの議案6件については、全会一致で、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、当予算委員会の審査の経過と結果についての報告を終わります。



○議長(渡辺忠次) これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) なければ質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はございません。

 これにて討論を終結いたします。

 これより議案第79号 平成21年度須賀川市一般会計補正予算(第2号)、議案第80号 平成21年度須賀川市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)、議案第81号 平成21年度須賀川市藤沼湖周辺施設運営事業特別会計補正予算(第1号)、議案第82号 平成21年度須賀川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)、議案第83号 平成21年度須賀川市老人保健特別会計補正予算(第1号)、議案第84号 平成21年度須賀川市水道事業会計補正予算(第1号)の議案6件を一括して採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも可決であります。

 本案については、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議員提出議案第2号 須賀川市農業委員会委員の推薦について



○議長(渡辺忠次) 日程第5、議員提出議案第2号 須賀川市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

 この際、地方自治法第117条の規定により、桐生傳一議員の退席を求めます。

          (20番 桐生傳一 退席)

 本案に関し、提出者から提案理由の説明を求めます。

 23番、村山廣嗣議員。

          (23番 村山廣嗣 登壇)



◆23番(村山廣嗣) ただいま議題となりました議員提出議案第2号 須賀川市農業委員会委員の推薦について、提案理由の説明をいたします。

 本市農業委員会の市議会推薦委員4名のうち1名について欠員が生じ、市長から後任者の推薦について依頼があったことから、農業委員会等に関する法律第12条第2号に定める議会推薦委員について、議案に記載のとおり桐生傳一議員が適当と存じ、推薦するものであります。

 以上で提案理由の説明を終わります。



○議長(渡辺忠次) 議案調査のため、暫時休憩いたします。

          午前10時16分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時23分 再開



○議長(渡辺忠次) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第2号については、本会議規則第28条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はございません。

 これにて討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第2号 須賀川市農業委員会委員の推薦についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 桐生傳一議員の復席を求めます。

          (20番 桐生傳一 復席)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議員提出議案第3号 議員の派遣について



○議長(渡辺忠次) 日程第6、議員提出議案第3号 議員の派遣についてを議題といたします。

 本案に関し、提出者から提案理由の説明を求めます。

 23番、村山廣嗣議員。

          (23番 村山廣嗣 登壇)



◆23番(村山廣嗣) ただいま議題となりました議員提出議案第3号 議員の派遣について、提案理由の説明をいたします。

 議員の派遣については、本会議規則第69条の規定により、議決でこれを決定するとしており、地方分権を推進する議員としての活動の一助とするため、福島県市議会議員研修会への全議員の派遣について承認を求めるものであります。

 なお、日程及び派遣先等の詳細は、議案に記載のとおりであります。

 以上で、提案理由の説明を終わります。



○議長(渡辺忠次) 議案調査のため、暫時休憩いたします。

          午前10時25分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時38分 再開



○議長(渡辺忠次) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第3号については、本会議規則第28条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はございません。

 これにて討論を終結いたします。

 これより議員提出議案第3号 議員の派遣についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり承認されました。

 この際、お諮りいたします。

 ただいま承認されました議員の派遣については、その日程等に変更が生じた場合の調整等に係る一切は、議長に御一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま承認されました議員の派遣については、日程等に変更が生じた場合、その一切は、議長において調整等を行うことに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第85号 副市長の選任につき同意を求めることについて



△日程第8 議案第86号 固定資産評価員の選任につき同意を求めることについて



○議長(渡辺忠次) 日程第7、議案第85号 副市長の選任につき同意を求めることについて、日程第8、議案第86号 固定資産評価員の選任につき同意を求めることについてを一括議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 市長。

          (市長 橋本克也 登壇)



◎市長(橋本克也) おはようございます。

 ただいま議題となりました議案第85号及び議案第86号の議案2件について、提案理由を御説明申し上げます。

 初めに、議案第85号 副市長の選任につき同意を求めることについてでありますが、副市長の鈴木和寿さんは、6月30日付をもちまして退職されることになりました。

 鈴木副市長には、相楽市政から私への大きな転換に当たって、たすきをつなぐ極めて重要な役割を果たしていただくとともに、昨年来の市政が直面しておりました課題解決に向けましても力を尽くしていただいてまいりました。

 須賀川市は、市制施行から56年目を迎えますが、鈴木さんは私を含めた歴代6人の市長を支え、そのすべての市政に携わってこられた、まさに須賀川市政の歴史そのものと言える存在であります。

 平成11年4月に本市助役に就任されて以来、現在まで10年と3カ月、また職員時代からは通算して52年間にわたり、山積する重要案件や課題について適切に処理され、市政進展のため大変な御尽力をいただいたところでありますが、それを支えてこられたものは、実直なお人柄と卓越した行政手腕は言うに及ばず、地方自治にかける崇高な使命感と須賀川市に対する深い愛情であったのではないかと感じております。

 これまで何度も御無理を申し上げ、御心労をおかけしてまいりましたが、ここに改めて心からの敬意を表しますとともに、深く感謝申し上げるものであります。

 さて、本案は、鈴木副市長の後任といたしまして金澤幸男さんを選任することについて、地方自治法第162条の規定に基づき本議会の同意を得たく、御提案申し上げるものであります。

 金澤さんは昭和24年6月21日のお生まれで、市内矢田野字藤原154番地1にお住まいであります。主な経歴を申し上げますと、昭和48年3月、大東文化大学経済学部を卒業後、須賀川市役所に奉職し、職員課長、市民生活部長、保健福祉部長などを歴任され、現在、議会事務局長を務めております。

 金澤さんにつきましては、議員の皆様方、既に御承知のとおりでありますが、人格高潔にして、豊富な行政経験と卓越した識見を有し、客観的かつ冷静な判断ができる方でありますので、本市副市長として御提案申し上げる次第であります。

 次に、議案第86号 固定資産評価員の選任につき同意を求めることについてでありますが、本案につきましても、固定資産評価員であります鈴木和寿さんが6月30日付をもちまして退任されますので、その後任といたしまして、同じく金澤幸男さんを固定資産評価員に選任することについて、地方税法第404条第2項の規定に基づき本議会の同意を得たく、御提案申し上げるものであります。

 よろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げ、説明を終わります。



○議長(渡辺忠次) 議案調査のため、暫時休憩いたします。

          午前10時44分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時53分 再開



○議長(渡辺忠次) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま一括議題となっております議案第85号及び議案第86号の議案2件については、本会議規則第28条第3項の規定により、いずれも委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案については、いずれも委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はございません。

 これにて討論を終結いたします。

 これより議案第85号 副市長の選任につき同意を求めることについて、議案第86号 固定資産評価員の選任につき同意を求めることについての議案2件を一括して採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案は、いずれも原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案はいずれも原案のとおり同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 閉会中の継続調査の申し出について



○議長(渡辺忠次) 日程第9、閉会中の継続調査の申し出についてを議題といたします。

 この際、各常任委員長から発言の申し出がありますので、これを許します。

 初めに、総務常任委員長、鈴木忠夫議員。

          (総務常任委員長 鈴木忠夫 登壇)



◆総務常任委員長(鈴木忠夫) 総務常任委員会では、新しい委員会構成後、最初の委員会となった5月28日の第4回臨時会時の委員会において、付託案件の審査のほか、当委員会で取り組むべき具体的調査項目について、委員会でテーマを考え、次回委員会で協議することとしたところであります。

 これを受けて、去る12日の総務常任委員会において、当委員会で取り組むべき具体的調査項目について協議いたしました。

 協議の中では、所管の事務の一覧、施策と主要な事務事業の体系一覧表、及び昨年度の委員会活動報告書などの資料をもとに意見交換を行った結果、改選前の委員会から当委員会への要望項目でもあり、また、本市の行財政運営の最重要項目の1つでもあります行財政改革の推進についてを当面の課題とし、引き続き継続調査事件として取り組むこととしたところであります。

 次回委員会においては、行財政改革についてを調査項目とし、今後の委員会の具体的活動計画等について協議するとともに、行財政改革実施計画の具体的項目の1つであります庁舎の空きスペースの有効活用について、実態を把握するため長沼・岩瀬両支所の現地調査を予定しているところであります。

 なお、協議の中では、行財政改革実施計画の各項目のほか、合併後5年経過したことによる合併効果の検証や、まちづくり・コミュニティづくりの推進、土地利用、特に遊休地の有効活用等についても、当委員会の調査項目として取り組むべきとの意見が出されました。

 これらについても、今後の委員会活動の中で協議してまいりたいと考えているところであります。

 つきましては、総務常任委員会としては、行財政改革に関すること及び所管の事務の執行について調査を続けるため、閉会中の継続調査事件として申し出るものです。

 よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺忠次) 次に、建設水道常任委員長、鈴木正勝議員。

          (建設水道常任委員長 鈴木正勝 登壇)



◆建設水道常任委員長(鈴木正勝) 当建設水道常任委員会では、さきの委員会において、これからの委員会の調査研究課題として取り組むべき事務事業等について協議を行い、都市計画マスタープラン及び上下水道事業経営と運営に関すること、並びに当委員会所管の事務の執行についてを継続調査事件として取り組むことといたしました。

 協議の中で委員から提案された意見は、都市計画マスタープランに関することとして、合併に伴う都市計画区域の枠組み及び設定と公園整備のあり方について。

 上下水道事業経営と運営に関することとして、水道10カ年計画に関する件、水道料金の見直しに関する件、企業体及び費用対効果から見た経営、運営のあり方、将来を見据えた公共下水道事業及び集落排水事業のあり方、下水道使用料等の見直しに関する件についてであります。

 また、前委員会における政策提言に関するものとして、市道の管理及び新設に関する件では、道路の付加価値施策のあり方、道路10カ年計画について、いわゆる4けた市道の整備と安全確保について。

 住宅マスタープランに関する件では、住宅マスタープランによる整備計画等々について取り組むべき課題として挙げられました。

 これらにつきましても、所管の事務事業の調査として調査研究していくことといたしました。

 さらに、市民の皆さんの安心・安全、利便性や満足度及び行政経営による運営を目指し、これらのほかにも随時、調査研究すべき課題については委員会で確認しながら協議検討を進めてまいりたいと考えております。

 今期定例会における継続調査事件については、都市計画マスタープラン及び上下水道事業経営と運営に関すること並びに所管の事務の執行についてといたしたく、申し出ることといたします。

 よろしくお願い申し上げます。



○議長(渡辺忠次) 次に、生活産業常任委員長、八木沼久夫議員。

          (生活産業常任委員長 八木沼久夫 登壇)



◆生活産業常任委員長(八木沼久夫) 生活産業常任委員会では、当委員会で取り組むべき具体的調査項目について各委員でテーマを考え、出してもらったところ、市民生活に密着したテーマが多数挙げられました。

 例えば、現在深刻さを増している雇用対策、当市の基幹産業である農業と製造業の強化・育成策、観光対策、市民生活における安全・安心の確保策、女性の参画機会の拡大策などであります。

 去る15日の生活産業常任委員会において、出されたそれらの調査項目について協議したところ、いずれも重要かつ急を要する課題として、調査を続けていくべきものであるとして確認されたものであります。

 このことから、当面はそれらを包括した調査項目を掲げ、今後調査を進めていく中で調査項目がより具体化され、さらに研究を深めていけるよう委員会活動を進めていきたいと考えております。

 なお、以上の調査項目とあわせて、事務事業評価シートに基づいて計画的に政策評価の検証を行いたいとの意見も出されたことから、これらについても取り組むこととしたところであります。

 つきましては、生活産業常任委員会として、安全・安心のまちづくり、地場産業の強化・育成、所管事務事業についての行政評価の検証及び所管の事務の執行について調査を続けたいため、閉会中の継続調査事件として申し出るものであります。

 よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺忠次) 最後に、教育福祉常任委員長、加藤和記議員。

          (教育福祉常任委員長 加藤和記 登壇)



◆教育福祉常任委員長(加藤和記) 今期定例会においては、教育福祉常任委員会への議案の付託がありませんでしたので、去る15日、当常任委員会では継続調査事件の審査のみを行いました。

 継続調査事件として、年間を通じて調査をするための具体的調査項目について協議を行いました。

 各委員から、日ごろ感じている課題を事前に提出していただき、課題として取り上げた背景等の説明を受けた後、意見交換を行いました。

 教育委員会関係では、年齢層に応じた幼児教育のあり方、家庭教育と学校教育のリンク、幼保一元化・一体化施策に関する取り組み方、また青少年の健全育成については、携帯電話による学校裏サイトが子供たちに与える影響と対策や、プロフ対策等の課題が出されました。

 保健福祉部関係では、保育内容の充実、高齢化社会に向けた今後の取り組み、元気高齢者の支援のあり方、地域医療制度の充実強化、また、介護保険制度に関する周知方法や実態調査等の課題が出されました。

 協議の結果、教育面では幼稚園、小学校、中学校の連携を踏まえた幼児教育の充実について、福祉面では安心できる介護保険制度の実現についてを取り組みの課題とし、当面は、安心できる介護保険制度の実現についてを具体的調査項目とすることに決定いたしました。

 今後は、本市の介護保険制度について、当局との意見交換や委員会での実態把握のための調査等を重ね、安心できる介護保険制度の姿を目指し、提案していきたいと考えております。

 つきましては、教育福祉常任委員会として、安心できる介護保険制度の実現に関すること及び、所管の事務の執行について調査を続けたいため、閉会中の継続調査事件として申し出ることといたします。

 よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺忠次) ただいまの各常任委員長報告を含め、目下、委員会において調査中の事件について、委員会規則第20条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺忠次) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 この際、市長が発言を求めておりますので、これを許します。

          (市長 橋本克也 登壇)



◎市長(橋本克也) 本日ここに、6月市議会定例会が閉会されるに当たりまして、ごあいさつを申し上げます。

 今期定例会は、去る6月4日から本日までの15日間にわたりまして、平成21年度一般会計補正予算をはじめ、市政当面の重要案件である単行議案15件、報告7件につきまして、慎重な御審議を賜り、いずれも原案どおり議決をいただきましたことに対し、衷心より厚く御礼申し上げます。

 本日成立を見ました平成21年度須賀川市一般会計補正予算などによりまして、市民生活に密着した諸施策を積極的に推進するとともに、会期中、議員の皆様方から賜りました御意見、御要望につきましても、今後の市政運営に資し、自治のさらなる充実と市民協働のまちづくりに全力を傾注してまいります。

 終わりに、梅雨に入り、うっとうしい気候の中、議員の皆様方には何かと御多忙のことと存じますが、くれぐれも健康に御留意をされまして、市政に対し、なお一層の御指導、御協力を賜りますようお願い申し上げ、閉会に当たりましてのあいさつといたします。

 ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺忠次) これにて、平成21年6月須賀川市議会定例会を閉会いたします。

          午前11時09分 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成21年6月18日

       須賀川市議会 議長  渡辺忠次

              議員  鈴木正勝

              議員  鈴木忠夫

              議員  菊地忠男