議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 須賀川市

平成21年  6月 定例会 06月04日−01号




平成21年  6月 定例会 − 06月04日−01号









平成21年  6月 定例会



          平成21年6月須賀川市議会定例会会議録

             平成21年6月4日(木曜日)

議事日程第1号

          平成21年6月4日(木曜日) 午前10時 開議

第1 会期の決定

第2 会議録署名議員の指名

第3 報告第6号 平成20年度郡山地方土地開発公社決算について

第4 報告第7号 平成20年度財団法人須賀川市農業開発公社決算について

第5 報告第8号 平成20年度財団法人ふくしま科学振興協会決算について

第6 報告第9号 平成20年度財団法人須賀川市スポーツ振興協会決算について

第7 報告第10号 平成20年度須賀川市一般会計予算及び特別会計予算繰越明許費の繰越しについて

第8 報告第11号 平成20年度須賀川市一般会計予算継続費の逓次繰越しについて

第9 報告第12号 平成20年度須賀川市水道事業会計予算の繰越しについて

第10 議案第72号 監査委員の選任につき同意を求めることについて

第11 議案第73号 須賀川市個人情報保護条例の一部を改正する条例

第12 議案第74号 須賀川市税条例の一部を改正する条例

第13 議案第75号 東北新幹線こ線橋耐震補強工事の協定の変更について

第14 議案第76号 須賀川市手数料条例の一部を改正する条例

第15 議案第77号 須賀川市国民健康保険条例の一部を改正する条例

第16 議案第78号 須賀川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例

第17 議案第79号 平成21年度須賀川市一般会計補正予算(第2号)

第18 議案第80号 平成21年度須賀川市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

第19 議案第81号 平成21年度須賀川市藤沼湖周辺施設運営事業特別会計補正予算(第1号)

第20 議案第82号 平成21年度須賀川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

第21 議案第83号 平成21年度須賀川市老人保健特別会計補正予算(第1号)

第22 議案第84号 平成21年度須賀川市水道事業会計補正予算(第1号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1 会期の決定

日程第2 会議録署名議員の指名

日程第3 報告第6号 平成20年度郡山地方土地開発公社決算について

日程第4 報告第7号 平成20年度財団法人須賀川市農業開発公社決算について

日程第5 報告第8号 平成20年度財団法人ふくしま科学振興協会決算について

日程第6 報告第9号 平成20年度財団法人須賀川市スポーツ振興協会決算について

日程第7 報告第10号 平成20年度須賀川市一般会計予算及び特別会計予算繰越明許費の繰越しについて

日程第8 報告第11号 平成20年度須賀川市一般会計予算継続費の逓次繰越しについて

日程第9 報告第12号 平成20年度須賀川市水道事業会計予算の繰越しについて

日程第10 議案第72号 監査委員の選任につき同意を求めることについて

日程第11 議案第73号 須賀川市個人情報保護条例の一部を改正する条例

日程第12 議案第74号 須賀川市税条例の一部を改正する条例

日程第13 議案第75号 東北新幹線こ線橋耐震補強工事の協定の変更について

日程第14 議案第76号 須賀川市手数料条例の一部を改正する条例

日程第15 議案第77号 須賀川市国民健康保険条例の一部を改正する条例

日程第16 議案第78号 須賀川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例

日程第17 議案第79号 平成21年度須賀川市一般会計補正予算(第2号)

日程第18 議案第80号 平成21年度須賀川市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

日程第19 議案第81号 平成21年度須賀川市藤沼湖周辺施設運営事業特別会計補正予算(第1号)

日程第20 議案第82号 平成21年度須賀川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

日程第21 議案第83号 平成21年度須賀川市老人保健特別会計補正予算(第1号)

日程第22 議案第84号 平成21年度須賀川市水道事業会計補正予算(第1号)

追加日程 議員提出決議案第1号 北朝鮮の核実験に抗議する緊急決議について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(28名)

      1番  鈴木公成       2番  大倉雅志

      3番  関根保良       4番  五十嵐 伸

      5番  相楽健雄       6番  川田伍子

      7番  塩田邦平       8番  広瀬吉彦

      9番  生田目 進     10番  森 新男

     11番  八木沼久夫     12番  佐藤暸二

     13番  加藤和記      14番  丸本由美子

     15番  市村喜雄      16番  大越 彰

     17番  鈴木正勝      18番  鈴木忠夫

     19番  菊地忠男      20番  桐生傳一

     21番  塩田和幸      22番  細谷松雄

     23番  村山廣嗣      24番  橋本健二

     25番  大内康司      26番  水野敏夫

     27番  高橋秀勝      28番  渡辺忠次

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

   市長       橋本克也     副市長      鈴木和寿

   市長公室長    石井正廣     総務部長     酒井茂幸

   市民生活部長   大峰和好     保健福祉部長   山口秀夫

   産業部長     小林正司     建設部長     石澤雄吉

   水道部長     小林 博     会計管理者    渡辺伸一

   長沼支所長    小林良一     岩瀬支所長    國分良一

   総務課長     若林秀樹     教育委員長    深谷敬一

   教育長      坂野順一     教育次長     藤島敬一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

                     主幹兼局長補

   事務局長     金澤幸男              宗形 充

                     佐・調査係長

   主任主査兼

            安藤基寛     庶務係長     高橋久美子

   議事係長

   主査       鈴木弘明     主任       村上良子

   主事       横川幸枝

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時05分 開議



○議長(渡辺忠次) ただいまより平成21年6月須賀川市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 出席議員は定足数に達しております。

 本日の議事は、議事日程第1号をもって進めます。

 この際、諸般の報告をいたします。

 監査委員から、例月出納検査の結果報告書及び平成20年度定期監査の結果についてが提出されております。いずれも印刷の上、お手元に配付いたしておりますのでご了承願います。

 これより議事に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会期の決定



○議長(渡辺忠次) 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 本件に関し、議会運営委員長の報告を求めます。

 議会運営委員長、大内康司議員。

          (議会運営委員長 大内康司 登壇)



◆議会運営委員長(大内康司) おはようございます。

 当議会運営委員会は、去る6月1日、会議を開き、今期定例会の会期運営について協議したところ、次のように決定しましたので、御報告いたします。

 初めに、会期についてであります。

 会期は、本日から6月18日までの15日間と決定いたしました。

 次に、会期運営についてであります。

 この後直ちに会期の決定を行い、会議録署名議員の指名を行った後、市長提出案件20件を一括上程し、提案理由の説明を受け、そのうち報告第6号から報告第12号までの報告7件及び議案第72号については、本日先議することといたします。

 6月5日及び8日は、議案調査であります。

 6月9日は、定刻より本会議を開き、一般質問を行います。

 6月10日も、定刻より本会議を開き、一般質問を行います。

 6月11日は、定刻より本会議を開き、終了しなかった残りの一般質問を行い、一般質問終了後、議案第73号から議案第84号までの議案12件に対する総括質疑を行い、質疑終了後、所管の委員会に付託いたします。

 6月12日は、総務、建設水道の両常任委員会を開き、付託議案等の審査を行います。

 6月15日は、生活産業、教育福祉の両常任委員会を開き、付託議案等の審査を行います。

 6月16日は、予算委員会を開会し、付託議案等の審査を行います。

 6月17日は、事務整理のため休会といたします。

 6月18日は、最終日とし、定刻より本会議を開き、各委員長から付託議案等に係る審査の経過と結果についての報告を受け、質疑、討論、表決をいたします。さらに、議員提出議案、意見書案及び決議案等については、提案理由の説明を受け、質疑を行った後、委員会付託を省略し、討論、表決をいたします。

 次に、追加議案の取り扱いについて申し上げます。

 本日提出された場合は、日程に追加し、提案理由の説明を受けます。

 6月11日までに提出された場合は、日程に追加し、提案理由の説明を受け、質疑を行った後、所管の委員会に付託いたします。

 6月18日の最終日に提出された場合は、日程に追加し、提案理由の説明を受け、質疑を行った後、所管の委員会に付託し、本会議を休憩した上、所管の委員会を開き、委員会の審査が終わり次第、本会議を再開して委員長の報告を受け、質疑、討論、表決をいたします。

 最後に、議員提出議案等の提出について申し上げます。

 議員提出議案、意見書案及び決議案等の提出は、所定の要件を備え、6月16日午後5時までに提出されるようお願いいたします。

 次に、本日先議されなかった議案に対する質疑は、6月9日正午までに通告書により通告されますようお願いいたします。

 以上が、議会運営委員会において決定した今期定例会の会期運営の予定であります。

 委員会の決定に対し、ご協力を賜りますようお願い申し上げまして、報告を終わります。



○議長(渡辺忠次) お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、委員長報告のとおり本日から6月18日までの15日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は15日間と決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会議録署名議員の指名



○議長(渡辺忠次) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、本会議規則第67条の規定により、議長において17番、鈴木正勝議員、18番、鈴木忠夫議員、19番、菊地忠男議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 報告第6号 平成20年度郡山地方土地開発公社決算について



△日程第4 報告第7号 平成20年度財団法人須賀川市農業開発公社決算について



△日程第5 報告第8号 平成20年度財団法人ふくしま科学振興協会決算について



△日程第6 報告第9号 平成20年度財団法人須賀川市スポーツ振興協会決算について



△日程第7 報告第10号 平成20年度須賀川市一般会計予算及び特別会計予算繰越明許費の繰越しについて



△日程第8 報告第11号 平成20年度須賀川市一般会計予算継続費の逓次繰越しについて



△日程第9 報告第12号 平成20年度須賀川市水道事業会計予算の繰越しについて



△日程第10 議案第72号 監査委員の選任につき同意を求めることについて



△日程第11 議案第73号 須賀川市個人情報保護条例の一部を改正する条例



△日程第12 議案第74号 須賀川市税条例の一部を改正する条例



△日程第13 議案第75号 東北新幹線こ線橋耐震補強工事の協定の変更について



△日程第14 議案第76号 須賀川市手数料条例の一部を改正する条例



△日程第15 議案第77号 須賀川市国民健康保険条例の一部を改正する条例



△日程第16 議案第78号 須賀川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例



△日程第17 議案第79号 平成21年度須賀川市一般会計補正予算(第2号)



△日程第18 議案第80号 平成21年度須賀川市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第19 議案第81号 平成21年度須賀川市藤沼湖周辺施設運営事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第20 議案第82号 平成21年度須賀川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)



△日程第21 議案第83号 平成21年度須賀川市老人保健特別会計補正予算(第1号)



△日程第22 議案第84号 平成21年度須賀川市水道事業会計補正予算(第1号)



○議長(渡辺忠次) この際、日程第3、報告第6号から日程第22、議案第84号までの報告7件、議案13件を一括して議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

          (市長 橋本克也 登壇)



◎市長(橋本克也) 皆様、おはようございます。

 本日ここに、6月市議会定例会が招集となりましたところ、議員の皆様には、公私とも御多用のところ御参集をいただき、本日から15日間の予定をもちまして御精励をいただきますこと、まことにありがとうございます。

 今期定例会におきましては、ただいま一括議題となりました平成21年度一般会計補正予算を初め議案13件、報告7件につきまして、御審議いただくこととなりますが、提出議案などの説明に先立ちまして、3月市議会定例会後における市政当面の主な事項について申し上げます。

 初めに、第一中学校柔道部事故の損害賠償に関する求償等についてであります。

 本件に関する損害賠償につきましては、去る4月22日に開催した第2回市議会臨時会において、議員の皆様の御理解を賜り、関連補正予算の議決をいただいたことを受け、同月24日に、元柔道部女子生徒及び両親に対し、遅延損害金を含めた損害賠償金1億7,838万5,000円余を支払ったところであります。ここに、改めて元女子生徒の一日も早い御回復を心よりお祈り申し上げます。

 また、国家賠償法等に基づく関係者への求償等に関しては、専門的かつ客観的な立場から、求償権行使の可能性や負担割合などを審査していただくため、去る5月1日に、法律の専門家など5名の委員で構成する「須賀川市国家賠償法等に基づく求償審査委員会」を設置し、同月19日に第1回目の審査委員会が開催されたところであります。今後、慎重を期して審査いただき、その審査結果を踏まえ、適切に対応してまいりたいと考えております。

 次に、平成20年度各会計の決算見通しについてでありますが、一般会計及び国民健康保険などの19の特別会計につきましては、去る5月31日に出納閉鎖となり、現在決算事務を進めておりますが、これら会計全体の決算見込み額は、歳入が445億8,300万円余、歳出が413億9,400万円余となり、歳入歳出差し引きは31億8,900万円余となる見込みであります。

 このうち一般会計につきましては、歳入が271億1,100万円余、歳出が244億9,500万円余となりまして、差し引き26億1,600万円余の剰余金となりますが、経済対策など国の補正予算に伴う各種事業や市道等公共事業などの繰越明許費に係る繰り越すべき財源15億9,900万円余を差し引いた10億1,700万円余が一般会計の実質的な剰余金となる見込みであります。

 この剰余金につきましては、平成21年度に全額繰り越すこととし、当初予算に計上いたしました3億5,000万円を差し引いた6億6,700万円余につきましては、今後の補正予算の財源として活用してまいる考えであります。

 また、水道事業会計につきましては、収益的収支は9,300万円余の純利益、資本的収支の不足額は7億円余で、損益勘定留保資金などにより補てんすることといたしました。

 次に、国民健康保険事業についてであります。

 国民皆保険制度の中核として、市民の健康保持と増進に重要な役割を果たしている国民健康保険は、急速な高齢化の進展や医療技術の進歩などにより、医療費は年々増加の一途をたどっており、経済不況による収入の減少やリストラによる失業者の増加などにより、被保険者の税負担能力は低下する傾向にあります。

 このような状況の下、今後の医療費の動向や被保険者の所得状況などの見通しが立ったため、今期の補正予算において本格的な予算を編成したところであります。補正予算の編成に当たっては、被保険者の負担を少しでも軽減するため、現行の税率を据え置きとし、決算見込み剰余金の繰り入れ、さらに国保基金の一部取り崩しなどの措置を講ずることとしたものであります。

 今後とも、財政的に大変厳しい状況が続きますが、国民健康保険事業の健全な運営と被保険者の負担の公平を期するため、なお一層の努力をしてまいる考えであります。

 次に、大型プロジェクトの見直しについてであります。

 大型プロジェクトにつきましては、平成14年度の見直しから既に6年が経過し、この間の社会経済情勢も大きく変化しているため、これまで再度の見直し作業を行ってまいりました。

 具体的には、大型プロジェクトとしての事業の位置づけ及び個々の事業の方針について、庁内の各部長等で組織する「市行財政改革本部会議」での議論をはじめ、市内各界各層の代表者から成る「市総合行政懇談会」や市民の皆様から広く意見を求めるパブリックコメント制度などを通じて議論等を進めてきたところであります。

 今後は、これらの議論や市議会への説明などを踏まえながら、市としての取り扱い方針を決定し、市民への周知を図ってまいる考えであります。

 次に、定額給付金給付及び子育て応援特別手当支給事業の進捗状況についてであります。

 去る3月17日から受付を開始したところでありますが、5月末現在の両事業の給付状況は、「定額給付金」が給付対象世帯2万7,035世帯に対し、給付済み世帯数が2万5,088世帯、率にして92.7%、給付済み金額が11億7,470万4,000円となっており、「子育て応援特別手当」は、支給対象世帯1,208世帯に対し、支給済み世帯数が1,169世帯、率にして96.7%、支給済み金額が4,471万2,000円となっております。

 これら両事業の申請受付期限は、9月17日でありますが、事業実施の趣旨と目的にかんがみまして、いまだに申請されていない世帯については、個別的に申請を行うよう啓発してまいる考えであります。

 次に、議案第72号 監査委員の選任につき同意を求めることについて申し上げます。

 監査委員の廣田勝男様は、5月31日をもって辞任されました。この間の廣田さんの御労苦に対しまして、心から厚く御礼を申し上げます。

 その後任といたしまして、浅川清吾さんを選任することについて、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、本議会の同意を得たく、御提案申し上げる次第であります。

 浅川さんは、昭和15年1月22日のお生まれで、市内八幡町20番地2にお住まいであります。

 主な経歴を申し上げますと、昭和33年3月、福島県立須賀川高等学校を卒業後、須賀川市役所に奉職し、議会事務局長、市民生活部長、市長公室長などを歴任され、平成12年3月に退職されました。

 その後は、平成13年4月から16年3月まで財団法人ふくしま科学振興協会常務理事、16年4月から19年10月まで須賀川商工会議所専務理事を務められるなど、さまざまな分野において市勢の伸展に貢献されました。

 長い行政経験と卓越した識見を有し、人格高潔にして社会経済情勢にも精通されており、本市監査委員として最適任と存じ、御提案申し上げる次第であります。

 以上、市政当面の主な事項及び人事案件につきまして御説明申し上げましたが、今期定例会には、単行議案7件、予算議案6件、報告7件の、合わせて20件を提案しております。

 議案第73号以降の提出議案につきましては、副市長から説明申し上げますので、慎重に御審議の上、速やかに議決を賜りますようお願い申し上げ、説明を終わらせていただきます。ありがとうございました。

          (副市長 鈴木和寿 登壇)



◎副市長(鈴木和寿) おはようございます。

 ただいま議題となっております報告第6号から報告第12号までの報告7件及び議案第73号から議案第84号までの議案12件について、報告第6号から順次提案理由を御説明いたします。

 初めに、報告第6号から報告第9号までの報告4件について御説明をいたします。

 報告第6号 平成20年度郡山地方土地開発公社決算について、報告第7号 平成20年度財団法人須賀川市農業開発公社決算について、報告第8号 平成20年度財団法人ふくしま科学振興協会決算について及び報告第9号 平成20年度財団法人須賀川市スポーツ振興協会決算についての報告4件につきましては、それぞれの理事会におきまして、平成20年度の決算が認定されたところであります。

 これら4つの法人から決算関係書類の提出がありましたので、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、議会に報告するものであります。

 その内容につきましては、お手元に配付の決算書のとおりであります。

 次に、報告第10号 平成20年度須賀川市一般会計予算及び特別会計予算繰越明許費の繰越しについて御説明いたします。

 本件は、平成20年度事業のうち、国の経済対策などに伴い補正予算に計上した各種事業や用地交渉に日数を要した公共事業など、年度内完了が困難な事業につきまして、繰越明許費を設定しておりましたが、繰越額が確定いたしましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき、報告するものであります。

 事業名及び繰越額は、別紙繰越計算書に記載のとおりであります。

 次に、報告第11号 平成20年度須賀川市一般会計予算継続費の逓次繰越しについて御説明いたします。

 本件は、平成20年度において、継続費を設定しておりました第三小学校校舎改築事業については現在施工中でありますが、平成20年度の年割額のうち、当該年度に支出の終わらなかった経費について平成21年度に繰り越して使用することといたしましたので、地方自治法施行令第145条第1項の規定に基づき、報告するものであります。

 詳細につきましては、別紙繰越計算書に記載のとおりであります。

 次に、報告第12号 平成20年度須賀川市水道事業会計予算の繰越しについて御説明いたします。

 本件は、平成20年度水道事業のうち、国の第2次補正予算に伴い補助対象となり、現在施工中の石綿セメント管更新工事につきましても、報告第10号で御説明いたしましたように年度内に完了できなかったことから、これを平成21年度に繰り越して使用するため、地方公営企業法第26条第3項の規定に基づき、報告するものであります。

 詳細につきましては、別紙繰越計算書に記載のとおりであります。

 次に、議案第73号 須賀川市個人情報保護条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本案は、公的統計の体系的整備等を図るため、本年4月1日に統計法が全部改正され、また統計報告調整法が廃止されたことに伴い、本条例第4条の適用除外規定に係る引用条項に移動が生じましたので、これらの整理を行うものであり、公布の日から施行するものであります。

 次に、議案第74号 須賀川市税条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本案は、地方税法の一部改正に伴う市税条例の改正でありますが、4月1日施行の緊急を要するものにつきましては、あらかじめ専決処分を行い、4月22日開催の第2回臨時会において報告し承認をいただいておりますので、今回はそれ以外の改正について提案するものであります。

 改正の主なものは、附則第7条の3及び第7条の3の2の個人市民税の住宅借入金等特別税額控除、いわゆる住宅ローン特別控除の創設であります。これは、平成21年分以後の所得税の住宅ローン控除の適用者のうち、平成21年から平成25年までに入居した者に対しまして、当該年分の住宅ローン控除額が所得税額を上回った場合、その差額について、9万7,500円を限度に、翌年度分の個人市民税額から減額する特例制度を創設するものであり、平成22年1月1日から施行するものであります。

 なお、本制度に係る個人市民税の減収額は、全額国費により補てんされるものであります。

 その他につきましては、地方税法の改正に伴い、引用条項等の整理を行うものであります。

 次に、議案第75号 東北新幹線こ線橋耐震補強工事の協定の変更について御説明いたします。

 本案につきましては、JR東北新幹線に係る保土原橋、東原橋及び籾山橋の3つのこ線橋の耐震補強工事について、東日本旅客鉄道株式会社との協定により施工中でありますが、協定金額が増額となることから、この変更協定を締結するに当たり、議会の議決を求めるものであります。

 今回の変更は、新幹線運行の安全性確保のため、工事用仮設足場の存置期間や構造を変更するなどの必要が生じたことから、協定金額を4,987万5,000円増額し、2億8,098万円に変更するものであります。

 次に、議案第76号 須賀川市手数料条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本案は、1つには、構造計算書の偽装問題を契機とした平成19年の建築基準法の一部改正により、建築確認申請等における検査項目等が拡大され、審査日数が従前に比べ3割から5割程度増加したことに伴い、これに見合ったその申請手数料の改正を行うとともに、これまで手数料を徴していなかった道路の位置指定に関する申請についても、審査に係る労力や全国の状況等を踏まえ、新たに手数料の項目に加えるものであり、本年7月1日から施行するものであります。

 2つには、長期優良住宅の普及の促進に関する法律が昨年12月に公布され、長期優良住宅建築等計画の認定制度が設けられたことに伴い、これに係る審査や認定に要する手数料の規定を追加するものであり、公布の日から施行するものであります。

 なお、今回の改正に係る金額等の詳細は、お手元に配付の「参考資料」に記載のとおりでありますが、いずれも県における手数料と同様の取り扱いとなっております。

 次に、議案第77号 須賀川市国民健康保険条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本案は、1つには、医療費無料化の対象年齢について、本年10月1日から小学6年生までの児童に拡大したことに伴い、療養給付を受ける被保険者のうち、一部負担金を支払うことを要しない者の年齢を6歳から12歳に引き上げるものであり、本年10月1日から施行するものであります。

 2つには、健康保険法施行令等の改正に伴い、本年10月1日から平成23年3月31日までの間に出産した場合、出産育児一時金を現行の35万円から39万円に4万円引き上げることとなったことから、所要の改正を行うものであります。なお、産科医療補償制度に加入している医療機関で出産した場合は、さらに3万円が加算されますので、今回の改正により42万円が支給されることになります。

 次に、議案第78号 須賀川市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本案は、地方税法施行令等の一部改正に伴い、国民健康保険税のうち、介護納付金課税額に係る課税限度額を現行の9万円から10万円に引き上げるものであり、また、これに関連して、介護納付金課税額から被保険者均等割額及び世帯別平等割を減額した場合の限度額についても、同様に9万円から10万円に引き上げる改正について、公布の日から施行し、本年4月1日から適用するものであります。

 引き続き、補正予算について御説明をいたします。

 予算書のほうをごらんいただきたいと思いますが、初めに、議案第79号 平成21年度須賀川市一般会計補正予算(第2号)についてでありますが、予算書の1ページをごらんください。

 今回の補正額は、歳入歳出それぞれ2,186万6,000円の追加でありまして、これにより一般会計の予算総額は259億1,858万円となり、当初予算に比べ0.8%の伸びとなります。

 初めに、歳出の主なものにつきまして御説明いたしますので、5ページの事項別明細書総括をお開き願います。5ページでございます。

 まず2款総務費1,739万5,000円の補正でありますが、1つには、小倉区民館の新築工事と同施設の掲示板設置工事及び弘法坦会館の屋根ふきかえ工事に対する集会施設整備事業費補助金として1,109万5,000円を補正するものであります。

 2つには、「財団法人自治総合センター」が宝くじの益金をもとにコミュニティ助成事業を実施しておりますが、今回「八幡町町内会」、「三丁目町内会」、「吉美根区」のお祭り用具整備事業が助成対象として決定しましたので、それらに要する経費630万円を補正するものであります。その内訳は、11ページ上段の説明欄に記載のとおりであります。

 次に、3款民生費1,179万2,000円の減額補正でありますが、これは低所得者に対する保険税軽減相当額を公費で補てんする保険基盤安定繰出金の減額など国民健康保険特別会計への繰出金の補正であり、詳しくは国民健康保険特別会計で御説明いたします。

 次に、5款労働費419万3,000円の補正でありますが、これは失業者の就業機会の創出を目的に、ふるさと雇用再生特別基金事業費県補助金を活用し、長沼城址、道谷坂陣跡の環境整備事業を行うもので、この業務委託に要する経費を補正するものであります。

 その内訳は、11ページの下段から13ページ上段の説明欄に記載のとおりであります。

 次に、6款農林水産業費922万円の補正でありますが、1つには、米の生産調整を図るため、すかがわ岩瀬農業協同組合が事業主体になり肉用牛などに対する稲の発酵粗飼料を生産するための専用機械購入に対する補助金として557万円を補正するものであります。

 2つには、農業集落排水事業地内の木之崎地区に管路を布設するための経費として、農業集落排水事業特別会計への繰出金365万円を補正するものであります。詳しくは、農業集落排水事業特別会計で御説明いたします。

 その内訳は、13ページ中段の説明欄に記載のとおりであります。

 次に、9款消防費164万円の補正でありますが、これは災害時及び平常時の情報伝達のために整備されている福島県総合情報通信ネットワークの老朽化が著しいことから、県において本年度から平成24年度までの4カ年で更新することとしておりますが、この事業費を県と市町村が折半することから本年度分の本市負担分を補正するものであります。その内訳は13ページの下段の説明欄に記載のとおりであります。

 次に、10款教育費121万円の補正でありますが、1つには、奨学資金への篤志寄附金について、須賀川市奨学資金基金へ積み立てるため100万円を補正するものであります。

 2つには、東京須賀川会から20万円の寄附がありましたので、これを財源として須賀川アリーナへ卓球台1台を配置することとし、その購入経費として21万円を補正するものであります。

 その内容は、15ページの説明欄に記載のとおりです。

 続きまして、財源となります歳入について、その主なものを御説明いたしますので、隣の4ページをごらんください。

 初めに、15款県支出金3,043万2,000円の減額補正でありますが、これは低所得者の国民健康保険税軽減相当額が見込み額より下回ることから、国民健康保険基盤安定県負担金の減額、ふるさと雇用再生特別基金事業及び強い農業づくり県交付金の補正であり、その内容は6ページ、7ページに記載のとおりであります。

 次に、17款寄附金120万円の補正でありますが、これは奨学資金基金に対する寄附金及び東京須賀川会からの寄附金であります。

 次に、19款繰越金4,339万8,000円の補正でありますが、これは平成20年度からの繰越金のうち、今回の補正財源として4,339万8,000円を充当するものであります。

 次に、20款諸収入630万円の補正でありますが、これは「財団法人自治総合センター」からのコミュニティ助成事業交付金の補正であります。

 最後に、21款市債140万円の補正でありますが、これは総合情報通信ネットワーク更新事業に係る起債であり、その内容は8、9ページに記載のとおりであります。

 次に2ページ前に進んでいただきまして、2ページの債務負担行為の補正について御説明をいたします。

 これは、福島県に対する総合情報通信ネットワーク更新事業負担金につきまして、4年間でその限度額を1,474万円に設定するための補正であります。

 続きまして、特別会計について御説明いたしますので、19ページをお開き願います。

 議案第80号 平成21年度須賀川市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)であります。

 歳入歳出それぞれ9,000万円を追加し、総額を10億9,495万8,000円とするものであります。

 その内容でありますが、24ページから27ページに記載のとおりでありますが、これは国庫補助金が当初予算に比し増額の内示がありましたので、木之崎地区の管路布設工事及びマンホールポンプ1基の設置工事に要する経費を補正するものであります。

 続きまして、29ページをお開き願います。29ページであります。

 議案第81号 平成21年度須賀川市藤沼湖周辺施設運営事業特別会計補正予算(第1号)であります。

 歳入歳出それぞれ484万7,000円を追加し、総額を9,389万5,000円とするものであります。

 その内容は、32、33ページに記載のとおりでありますが、これは平成20年度事業費の決算において、剰余金が見込まれますので、これを空調設備修繕工事及び基金に積み立てるための補正であります。なお、今回の基金積み立てにより藤沼湖周辺施設整備基金の総額は3,916万7,000円となる見込みであります。

 次に、35ページをお開きください。

 議案第82号 平成21年度須賀川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)であります。

 歳入歳出それぞれ2,976万5,000円を減額し、総額を82億3,458万4,000円とするものであります。

 その内容につきましては、38、39ページの総括により御説明をいたします。

 初めに、39ページの歳出についてでありますが、2款保険給付費1億8,716万2,000円の減額補正でありますが、これは当初予算の医療費については概算で計上しておりましたが、平成20年度の医療費が確定したことに伴い、これらをもとに本年度の医療費を再算定したところ、保険給付費が当初予算に比べて減額見込みとなりますのでその所要額を補正するものであります。

 なお、出産育児一時金については、先ほども議案第77号で御説明しましたように、緊急の少子化対策の一環として、本年10月より出産育児一時金が4万円引き上げられることとなり、その所要額280万円を補正するものであります。

 次に、3款老人保健拠出金から6款前期高齢者納付金等までの補正でありますが、これはいずれも福島県社会保険診療報酬支払基金への概算拠出金等の通知に基づき補正するものであります。

 続きまして、38ページの歳入についてでありますが、国民健康保険税については、平成20年度の医療給付費が確定したことに伴い、これらをもとに平成21年度保険給付費等を試算したところ、一般被保険者給付費等に係ります現年度分の所要税収入額は約23億4,300万円の見込みとなり、現行のあん分率で試算した税収に対し3億8,600万円程度の不足が見込まれますが、可能な限り被保険者の負担軽減を図ることとし、これらの不足額は、平成20年度からの繰越金約3億1,900万円及び国民健康保険基金から約6,700万円の繰り入れ等によって補てんすることとし、国保税のあん分率は据え置くことといたしました。

 この結果、現年度分国保税の所要額を19億5,674万8,000円とし、5億908万4,000円を減額するものであります。

 その他につきましては、医療費の再算定との関連から、療養費や拠出金等に係る国庫負担金等の特定財源の補正であります。

 続きまして、55ページをお開き願います。

 議案第83号 平成21年度須賀川市老人保健特別会計補正予算(第1号)であります。

 歳入歳出それぞれ1億5,892万9,000円を追加し、総額で1億7,978万3,000円とするものであります。

 その内容は、58、59ページに記載のとおりでありますが、これは平成20年度老人医療費の確定に伴い、国・県や社会保険診療報酬支払基金に対して、償還する必要が生じましたので、所要額を補正するものであります。

 続きまして、61ページをお開き願います。

 議案第84号 平成21年度須賀川市水道事業会計補正予算(第1号)であります。

 その内容は、資本的収入を1,640万1,000円、資本的支出を1,540万円それぞれ補正するものであります。これは64、65ページに記載のとおりであり、農業集落排水事業に係る志茂地域の管路布設工事に関連した送水、配水管移設工事に要する経費の補正であります。

 なお、財源については、農業集落排水事業特別会計からの負担金を充てることといたしております。

 以上、議案12件、報告7件につきまして提案理由を御説明いたしましたが、よろしく御審議の上、速やかな議決を賜りますようにお願いを申し上げまして、説明を終わります。



○議長(渡辺忠次) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております案件のうち、報告第6号から報告第12号までの報告7件及び議案第72号については、本日先議いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、報告第6号から報告第12号までの報告7件及び議案第72号については、本日先議することに決しました。

 この際、議案等調査のため暫時休憩いたします。

          午前10時57分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前11時13分 再開



○議長(渡辺忠次) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 初めに、報告第6号 平成20年度郡山地方土地開発公社決算についての質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 本件については、これにて了承願います。

 次に、報告第7号 平成20年度財団法人須賀川市農業開発公社決算についての質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 本件については、これにて了承願います。

 次に、報告第8号 平成20年度財団法人ふくしま科学振興協会決算についての質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 本件については、これにて了承願います。

 次に、報告第9号 平成20年度財団法人須賀川市スポーツ振興協会決算についての質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 本件については、これにて了承願います。

 次に、報告第10号 平成20年度須賀川市一般会計予算及び特別会計予算繰越明許費の繰越しについての質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 本件については、これにて了承願います。

 次に、報告第11号 平成20年度須賀川市一般会計予算継続費の逓次繰越しについての質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 本件については、これにて了承願います。

 次に、報告第12号 平成20年度須賀川市水道事業会計予算の繰越しについての質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 本件については、これにて了承願います。

 次に、議案第72号 監査委員の選任につき同意を求めることについての質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第72号については、本会議規則第28条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はございません。

 これにて討論を終結いたします。

 これより議案第72号 監査委員の選任につき同意を求めることについての採決をいたします。

 お諮りいたします。

 本案については、これに同意することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案についてはこれにて同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(渡辺忠次) 本日、24番、橋本健二議員から、議員提出決議案第1号 北朝鮮の核実験に抗議する緊急決議についてが提出されました。

 決議案を配付いたします。

          (資料配付)



○議長(渡辺忠次) お諮りいたします。

 この際、本案を日程に追加し議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 議員提出決議案第1号 北朝鮮の核実験に抗議する緊急決議について



○議長(渡辺忠次) 議員提出決議案第1号 北朝鮮の核実験に抗議する緊急決議についてを議題といたします。

 なお、本案については緊急を要しますので急施事件と認め、本日先議することとしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって本決議案については、本日先議することに決しました。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 24番、橋本健二議員。

          (24番 橋本健二 登壇)



◆24番(橋本健二) それでは提出者を代表して、議員提出決議案第1号に対する提案理由の説明を行います。

 御案内のように北朝鮮は5月25日、2回目の核実験を強行いたしました。それは、北朝鮮に対して「いかなる核実験または弾道ミサイルの発射もこれ以上実施しないこと」を要求した2006年10月の国連安保理決議1718や、北朝鮮が「一切の核兵器及び現在の核計画を放棄」すると合意した2005年9月の6カ国協議共同声明に違反する暴挙であります。

 北朝鮮のロケット発射を非難した今年4月の国連安保理議長声明が自分たちの意に沿わないからといって、北朝鮮が世界に明らかにしてきた公約を一方的に破棄することは、許されるものではありません。

 しかも、世界の中では核兵器廃絶に向かう新たな機運が生まれつつあるこの時期に行われた今回の核実験は、そうした動きに対する乱暴な挑戦であり、北東アジアの平和と安定への重大な逆流であり、世界唯一の被爆国である日本としては、決して許すことのできないものであります。

 須賀川市議会は、北朝鮮の行動に対し、厳しく抗議し、これ以上の核実験を厳に慎むこと、核兵器及び核兵器開発計画を放棄すること、無条件で6カ国協議に復帰することを強く求める必要があります。

 決議の内容は、配付された議案のとおりであります。よろしく御審議のほどお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(渡辺忠次) ただいま追加提案されました議員提出決議案第1号の調査のため、暫時休憩いたします。

          午前11時21分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前11時28分 再開



○議長(渡辺忠次) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議員提出決議案第1号の質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議員提出決議案第1号については、本会議規則第28条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はございません。

 これにて討論を終結いたします。

 これより議員提出決議案第1号 北朝鮮の核実験に抗議する緊急決議についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに御異議ございませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(渡辺忠次) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺忠次) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 6月9日は定刻より本会議を開き、一般質問を行います。

 また、先ほど説明のありました議案第73号から議案第84号までの議案12件に対する質疑は、本会議規則第43条の規定により、6月9日正午までに通告願います。

 本日はこれをもって散会いたします。

          午前11時29分 散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−