議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 須賀川市

平成21年  2月 臨時会(第1回) 02月20日−01号




平成21年  2月 臨時会(第1回) − 02月20日−01号









平成21年  2月 臨時会(第1回)



          平成21年第1回須賀川市議会臨時会会議録

            平成21年2月20日(金曜日)

議事日程第1号

          平成21年2月20日(金曜日) 午前10時 開議

第1 会期の決定

第2 会議録署名議員の指名

第3 報告第1号 専決処分の報告について

第4 議案第1号 平成20年度須賀川市一般会計補正予算(第6号)

第5 議案第2号 平成20年度須賀川市水道事業会計補正予算(第3号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1 会期の決定

日程第2 会議録署名議員の指名

日程第3 報告第1号 専決処分の報告について

日程第4 議案第1号 平成20年度須賀川市一般会計補正予算(第6号)

日程第5 議案第2号 平成20年度須賀川市水道事業会計補正予算(第3号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(28名)

      1番  鈴木公成       2番  大倉雅志

      3番  関根保良       4番  五十嵐 伸

      5番  相楽健雄       6番  川田伍子

      7番  塩田邦平       8番  広瀬吉彦

      9番  生田目 進     10番  森 新男

     11番  八木沼久夫     12番  佐藤暸二

     13番  加藤和記      14番  丸本由美子

     15番  市村喜雄      16番  大越 彰

     17番  鈴木正勝      18番  鈴木忠夫

     19番  菊地忠男      20番  桐生傳一

     21番  塩田和幸      22番  細谷松雄

     23番  村山廣嗣      24番  橋本健二

     25番  大内康司      26番  水野敏夫

     27番  高橋秀勝      28番  渡辺忠次

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長       橋本克也   副市長      鈴木和寿

 市長公室長    石井正廣   総務部長     酒井茂幸

 市民生活部長   大峰和好   保健福祉部長   山口秀夫

 産業部長     小林正司   建設部長     石澤雄吉

 水道部長     小林 博   長沼支所長    小林良一

 岩瀬支所長    國分良一   総務課長     若林秀樹

 教育長      坂野順一   教育次長     藤島敬一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

                 主幹兼局長補

 事務局長     金澤幸男            宗形 充

                 佐・調査係長

 主任主査兼

          安藤基寛   庶務係長     高橋久美子

 議事係長

 主査       若林伸治   主査       影山美智代

 主任       松谷恵理子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時00分 開議



○議長(大越彰) ただいまより平成21年第1回須賀川市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 遅参通告議員は、23番、村山廣嗣議員であります。

 出席議員は定足数に達しております。

 本日の議事は、議事日程第1号をもって進めます。

 これより、議事に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会期の決定



○議長(大越彰) 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。

 議会運営委員長、鈴木忠夫議員。

     (議会運営委員長 鈴木忠夫 登壇)



◆議会運営委員長(鈴木忠夫) おはようございます。

 当議会運営委員会は、去る17日に会議を開き、今期臨時会の会期運営について協議したところ、次のように決定しましたので、御報告いたします。

 初めに、会期についてであります。

 会期は、本日1日限りと決定いたしました。

 次に、会期運営についてであります。

 この後、直ちに会期の決定、会議録署名議員の指名を行った後、報告1件、議案2件を一括上程し、当局から提案理由の説明を受け、議案調査のため休憩いたします。

 会議再開後、初めに報告第1号について質疑を行います。

 次に、議案第1号並びに議案第2号の議案2件について質疑を行い、質疑終結後、議案2件については、所管の予算決算特別委員会に付託し、委員会開催のため休憩いたします。

 会議再開後、付託議案に対する予算決算特別委員長の報告を受け、委員長報告に対する質疑を行い、それぞれ討論・表決を行います。

 以上、委員会の決定に対し、御協力を賜りますようお願い申し上げまして、報告を終わります。



○議長(大越彰) お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、委員長報告のとおり本日1日限りといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(大越彰) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は本日1日限りと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会議録署名議員の指名



○議長(大越彰) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、本会議規則第67条の規定により、議長において2番、大倉雅志議員、3番、関根保良議員、4番、五十嵐伸議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 報告第1号 専決処分の報告について



△日程第4 議案第1号 平成20年度須賀川市一般会計補正予算(第6号)



△日程第5 議案第2号 平成20年度須賀川市水道事業会計補正予算(第3号)



○議長(大越彰) 日程第3、報告第1号及び日程第4、議案第1号並びに日程第5、議案第2号の報告1件、議案2件を一括して議題といたします。

 本件に関し、提案理由の説明を求めます。

     (市長 橋本克也 登壇)



◎市長(橋本克也) 皆さん、おはようございます。

 本日ここに、平成21年第1回市議会臨時会が招集となりましたところ、議員の皆様には、公私とも御多用のところ、また悪天候の中、御参集いただき、まことにありがとうございました。

 今議会におきまして、御審議をいただく案件は3件でありますが、このうち国の第2次補正予算に伴う平成21年度一般会計補正予算に係る議案について、その概要を御説明申し上げます。

 昨年秋、アメリカ社会の金融不安に端を発しました世界経済の大変動は、日本経済にも大きな影響を及ぼし、急速な景気悪化に伴う製造業を中心とした工場の閉鎖やリストラ、派遣社員の解雇など、雇用情勢とともに、地域経済にも大きな影響を及ぼしております。

 本市においては、昨年10月以降の急速な経済の悪化に伴い、地域経済及び雇用情勢が厳しくなったことから、去る12月26日、須賀川市経済・雇用対策本部を庁内に設置するとともに、今後の経済・雇用対策について検討し、当面の緊急的な措置として、中小企業の資金円滑化策としての融資相談窓口の休日開設や緊急雇用対策として、企業の業績不振などにより解雇または雇い止めされた市内に住所を有する方を優先に、これまで住民窓口案内や埋蔵文化財遺物整理業務など9事業において臨時職員23名を直接雇用するとともに、6名を委託雇用したところであります。

 また、急速な景気後退による解雇などにより、社員寮などから退去を余儀なくされ、住居を失った人を対象に支援するため、市営住宅を期限つきで入居できる住居支援を行ったところであります。

 こうした中、国では緊急景気対策を掲げ、地域活性化・生活対策臨時交付金事業、ふるさと雇用再生特別交付金事業及び緊急雇用創出事業などの、雇用・経済対策や地域活性化に資する対策として定額給付などを盛り込んだ第2次補正予算が1月27日に成立したことから、本市におきましても国の関連法案の成立をまって、国・県に呼応した経済対策事業を迅速に行いたく、これに関連する補正予算について提案するものであります。

 提案理由の詳細につきましては、この後、副市長から御説明申し上げますので、慎重に御審議の上、速やかに御議決を賜りますようお願い申し上げ、説明を終わらせていただきます。

 失礼をいたしました。訂正をいたします。先ほど、平成21年度補正予算と申し上げましたが、平成20年度補正予算でありますので、訂正させていただきます。

     (副市長 鈴木和寿 登壇)



◎副市長(鈴木和寿) おはようございます。

 ただいま議題となりました報告第1号並びに議案第1号及び議案第2号について、順次提案理由を御説明いたします。

 初めに、報告第1号 専決処分の報告についてであります。

 専決処分をいたしました案件は、専決第1号から専決第3号までの3件であります。

 まず、専決第1号 損害賠償の額の決定及び和解についてでありますが、本件は、平成20年11月13日に市内諏訪町66番地1の須賀川市保健センター敷地内において、庁用自動車を駐車しようとしたところ、隣地にお住まいの降籏恂さんが所有するブロック塀に接触し、その一部を損傷させたものであります。

 相手方と損害の賠償につきまして協議を進めてまいりましたところ、本市が修理代として相手方に対し12万3,900円を支払うことで協議が調ったものであります。

 なお、この事故による人身の負傷等はなく、損害賠償額については、市が加入する自動車損害共済から全額補てんされております。

 次に、専決第2号 損害賠償の額の決定及び和解についてでありますが、本件は、平成20年12月27日に市内矢沢字大山地内の須賀川市大山墓地内において、松くい虫被害による松が風で倒れ、市内北横田字石の花在住の佐藤弘さん所有の墓碑の一部を損傷させたものであります。

 相手方と損害の賠償について協議を進めてまいりましたところ、本市が修理代として相手方に対し21万円を支払うことで協議が調ったものであります。

 なお、この事故による人身の負傷等はなく、損害賠償額については、市が加入する市民総合賠償補償保険から全額補てんされております。

 次に、専決第3号 福島県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び福島県市町村総合事務組合規約の変更についてでありますが、本件は、会津若松地方水道用水供給企業団が本年3月31日をもって同組合を脱退すること及び本年4月1日から公立岩瀬病院組合の名称が公立岩瀬病院企業団に変更されることに伴い、同組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合の規約の変更について協議がありましたので、異議ない旨を回答したものであります。

 以上、3件につきまして、いずれも地方自治法第180条第1項及び「市長の専決処分事項の指定について」に基づき専決処分をいたしましたので、同条第2項の規定により報告するものであります。

 続きまして、補正予算について御説明いたします。

 今回の補正は、国の第2次補正予算の成立を受け、「定額給付金給付事業」、「子育て応援特別手当給付事業」、そして地域の活性化等に資するきめ細かなインフラ整備の促進を目的とする「地域活性化・生活対策臨時交付金事業」について、所要の補正をするものであります。

 初めに、議案第1号 平成20年度須賀川市一般会計補正予算(第6号)についてでありますが、予算書の1ページをごらんください。

 今回の補正額は、歳入歳出それぞれ17億8,280万3,000円を追加するものでありまして、これにより一般会計の予算総額は266億14万7,000円となり、当初予算に比べ11.7%の伸びとなります。

 初めに、歳出の主なものについて御説明いたしますので、10ページ、11ページをお開き願います。

 3款民生費でありますが、1つは、市民への生活支援と地域の経済対策として、2月1日現在において本市の住民基本台帳もしくは外国人登録原票に登録されている者のおおよそ8万人に対し、一人につき1万2,000円、65歳以上の者や18歳以下の者にはそれぞれ2万円を給付する定額給付金給付事業に要する経費として、9目定額給付金給付費12億7,923万2,000円を補正するものであります。

 2つには、一番下の欄でありますが、3歳以上18歳以下の子供が2人以上で、第2子以降の3歳から5歳までの小学校就学前の子供、おおよそ1,700人を給付対象とする、子育て応援特別手当給付事業費として6,400万5,000円を補正するものであります。

 3つには、国の地域活性化・生活対策臨時国庫交付金を活用して実施する事業でありますが、各款にわたり全体で25事業でありますので、順次説明いたします。

 3款民生費でありますが、2目社会福祉施設費の説明欄に記載のとおり、老人福祉センターの本館屋上防水改修に要する経費950万円、市民温泉の浴室屋上防水等改修に要する経費410万円及び第三保育所の外壁塗装及び公共下水道接続に要する経費970万円をそれぞれ補正するものであります。

 次に、12ページ、13ページをお開き願います。

 4款衛生費については、長沼地域の志茂桙衝配水本管が石綿セメント管であることから、今回改修する経費の約半分4,000万円を、水道事業会計へ出資するものであります。

 次に、5款労働費でありますが、これは離職者の雇用促進と企業人材育成を目的として、資格の取得等を実施する事業所に対して、事業費の2分の1を補助する経費として125万円を補正するものであります。

 次に、6款農林水産業費でありますが、その主なものは、1つはJAを窓口として、農作業に必要な就労者を雇用した農家に対し、賃金の3分の1相当額を補助する経費281万6,000円を補正するものであります。

 次に、14ページ、15ページになります。

 菜の花プロジェクト事業を推進するためのコンバイン等の機械購入費や倉庫改修などの整備費用を須賀川市農業開発公社へ補助する経費900万円を補正するものであります。

 3つには、仁井田字西原地内の農道、約150mを舗装する経費260万円を補正するものであります。

 次に、7款商工費でありますが、これは商店街の活性化を目的に、プレミアム商品券事業を実施する商工会議所及び商工会への補助に要する経費として500万円を補正するものであります。

 次に、14ページから19ページに記載されておりますが、8款土木費について御説明いたします。

 その主なものは、1つには、生活道路のうち緊急に補修を必要とする5路線の修繕経費として4,120万円、道路改良、舗装新設、簡易舗装及び側溝整備を必要とする19路線分の経費8,680万円を補正するものであります。その詳細につきましては、26ページから27ページの箇所別調書に記載のとおりであります。

 2つには、市内前田川地内の準用河川、深田川の整備に要する経費1,200万円の補正であります。

 3つには、森宿地内の北向狐石線の排水路整備に要する経費に2,130万円、翠ヶ丘公園の駐車場工事など、都市公園の整備に要する経費500万円の補正であります。

 4つには、市民スポーツ広場の園路の整備に当たり、地権者との用地協議が調ったことから、用地取得並びに工事費として2,900万円を補正するものであります。

 5つには、市営和田池団地の外壁改修に要する経費990万円を補正するものであります。

 次に、9款消防費でありますが、これは、18ページ、19ページの一番下になるわけでありますけれども、市内牛袋地内の卸団地に、内水排水ポンプ場を整備するもので、その所要額1,350万円を補正するものであります。

 次に、20ページから23ページに記載されておりますが、10款教育費について御説明いたします。

 1つは、長沼東小、長沼小の各教室に設置されているポット型暖房設備の老朽化に伴い、強制排気型暖房設備へ更新する経費3,620万円を補正するものであります。

 2つには、長沼中学校の屋内運動場の窓枠の腐食が激しいことから、アルミ製の窓枠に改装する経費1,670万円を補正するものであります。

 3つには、中央公民館の外壁塗装や図書館入り口のブロック舗装改修工事に要する経費1,050万円、文化センターの直流電源装置や冷暖房循環ポンプなど、経年劣化に伴う改修に要する経費2,140万円を補正するものであります。

 4つには、市民スポーツ広場のフェンス設置工事に要する経費に1,440万円、並木町運動場のスクリーニング舗装工事に要する経費に2,690万円、長沼水泳場のプールサイド改修工事に要する経費1,080万円をそれぞれ補正するものであります。

 続きまして、これらの財源となります歳入について、その主なものを御説明いたしますので、6ページ、前に戻りまして、恐縮ですが6ページをごらんください。

 初めに、14款国庫支出金17億926万9,000円の補正でありますが、これは定額給付金給付事業費国庫補助金、子育て応援特別手当国庫交付金及び地域活性化・生活対策臨時国庫交付金などの補正であります。

 次に、19款繰越金の補正でありますが、これは、平成19年度決算剰余金のうち、今回の補正財源として7,353万4,000円を充当するものであります。

 次に、前に戻りまして、4ページをお開き願います。4ページでございます。

 第2表「繰越明許費」でありますが、今回補正計上いたしました老人福祉センター改修事業など25の事業費並びに定額給付金及び子育て応援特別手当の給付等については、平成21年度にまたがることから、繰越明許費を設定するものであります。

 続きまして、29ページをお開き願います。29ページでございます。

 議案第2号 平成20年度須賀川市水道事業会計補正予算(第3号)でありますが、その内容は、資本的支出において3,988万9,000円を補正するものであります。

 これは、一般会計において御説明いたしましたとおり、地域活性化・生活対策臨時交付金事業に基づき、一般会計からの出資を受け、長沼地域の配水本管の石綿セメント管更新工事に要する経費を補正するものであります。

 今回の補正による事業費は、おおよそ8,500万円程度を見込み、事業費の一部につきましては、既定予算を充てることとしております。

 以上、報告1件及び議案2件につきまして御説明いたしましたが、よろしく御審議の上、速やかな議決を賜りますようにお願いを申し上げます。説明を終わります。



○議長(大越彰) 議案調査のため、暫時休憩いたします。

          午前10時27分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時48分 再開



○議長(大越彰) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 初めに、報告第1号 専決処分の報告についての質疑に入ります。

 質疑の通告はございません。

 これにて質疑を終結いたします。

 本件については、これにて御了承願います。

 次に、議案第1号及び議案第2号の議案2件についての質疑に入ります。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 10番、森新男議員。



◆10番(森新男) それでは、議案第1号について質疑をさせていただきます。

 これから、予算決算特別委員会の中で審議されますので、私の場合は、この目的について聞きたいと思います。

 その中で、先ほど副市長のほうから説明がありましたように、今回の補正の中身としては、定額給付金の給付事業、子育て応援特別手当関係、あと地域活性化・生活対策臨時関係と3つになっているわけですが、このうち、地域活性化・生活対策臨時交付金についてであります。

 私は、この補正の予算書を手元にもらいまして見させてもらったときに、単純に地域活性化・生活ということもありましたので、生活を重視したこともかなり組み込まれてくるのかなと、こんなふうな期待をしたわけでありますが、中身を見ますと、そのほとんどが地域活性化ということに関連したインフラ整備事業に費用が割かれていると、こういう内容になっておりますので、この臨時交付金について国のほうからはどのような通達、通知があって、この交付金が交付されているのか。まず、このことについてお聞きをしたいと思います。



○議長(大越彰) ただいまの10番、森新男議員の質疑に対し、当局の答弁を求めます。

     (総務課長 若林秀樹 登壇)



◎総務課長(若林秀樹) おただしの地域活性化・生活対策臨時交付金の目的でございますが、地域活性化等に資するきめ細かなインフラ整備などを進めるために交付するということが目的でございます。

 なお、事業選択につきましては、地域経済の振興に資する事業、地域の雇用の創出を図れる事業、幹線交通を中心とした道路の整備、安心・安全のための施設整備等をその熟度・緊急性の高い事業を事業選択の基本事項として選定したものでございます。

 以上です。



◆10番(森新男) ただいまの説明で内容についてはわかりました。

 そこで、私もそういう中身であれば、これは市長にお尋ねしたいんですが、私は今度の地域活性化・生活対策の臨時交付金、これについて私なりに考えているのは、市長が選挙に出たときに公約しました10の政策がありましたけれども、非常にこの10の政策、私いいと思っているんです。これらも1つ1つ、それぞれ10の政策を見ていきますと、非常に地域の活性化あるいは生活対策に直接結びついているような政策が多いと、こんなふうなことも考えましたので、今回参考までに、この臨時交付金の使途について、内部で協議する際に、そういったことを協議をしたというか、いろいろこう話し合いの中に出されてきたのか、こないのか、それをお聞きして私の質疑は終わりたいと思います。



○議長(大越彰) ただいまの10番、森新男議員の再質疑に対し、当局の答弁を求めます。

     (市長 橋本克也 登壇)



◎市長(橋本克也) 森議員の質疑にお答えをいたします。

 今回の緊急対応につきましては、緊急性にかんがみまして編成をさせていただいたところであります。産業経済分野、道路、そして教育環境の整備等に重点を置かせていただいたというふうに御理解をいただきたいと思いますが、私の政策につきましては、当初予算にその重きを置いて、今回取り組ませていただいたところでありますので、今回の本日御提案をさせていただいた内容等については、先ほどの答弁のとおり、緊急性に重点を置いて編成をさせていただいたところでございますので、御理解をいただきたいと思います。



○議長(大越彰) 以上で、通告による質疑は終了いたしました。

 これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております、議案第1号及び議案第2号の議案2件については、予算決算特別委員会に付託いたします。

 委員会審査のため、暫時休憩いたします。

          午前10時56分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前11時28分 再開



○議長(大越彰) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第1号及び議案第2号の議案2件について、委員長の報告を求めます。

 予算決算特別委員長、大内康司議員。

     (予算決算特別委員長 大内康司 登壇)



◆予算決算特別委員長(大内康司) ただいま第1回臨時会において、当予算決算特別委員会に付託となりました、議案第1号 平成20年度須賀川市一般会計補正予算(第6号)及び議案第2号 平成20年度須賀川市水道事業会計補正予算(第3号)の議案2件について、委員会の審査が終了いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 委員会は、本日、当局より関係部課長の出席を求め、審査を行いました。

 本案は、いずれも国の第2次補正予算に対応した、生活支援と経済対策を行うための補正予算であります。

 その詳細は、議案書に記載のとおりであります。

 審査の結果、本案はいずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、当予算決算特別委員会の審査の経過と結果についての報告を終わります。



○議長(大越彰) これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

     (「なし」の声あり)



○議長(大越彰) なければ質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はございません。

 これにて討論を終結いたします。

 これより、議案第1号 平成20年度須賀川市一般会計補正予算(第6号)、議案第2号 平成20年度須賀川市水道事業会計補正予算(第3号)の議案2件を一括して採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも可決であります。

 本案は、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(大越彰) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は、いずれも原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大越彰) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 この際、市長が発言を求めておりますので、これを許します。

     (市長 橋本克也 登壇)



◎市長(橋本克也) 平成21年第1回市議会臨時会が閉会するに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 今議会におきましては、予算議案2件、報告1件を提出いたしましたところ、いずれも原案どおり議決を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 暦の上では立春を過ぎたとは申せ、まだまだ寒い日が続いておりますので、議員の皆様方には、健康に十分御留意の上、御活躍をされ、市政に対し、なお一層の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げ、閉会に当たりましてのあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大越彰) これにて平成21年第1回須賀川市議会臨時会を閉会いたします。

 御苦労さまでした。

          午前11時33分 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成21年2月20日

       須賀川市議会 議長    大越 彰

              議員    大倉雅志

              議員    関根保良

              議員    五十嵐 伸