議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 須賀川市

平成20年 11月 臨時会(第1回) 11月28日−01号




平成20年 11月 臨時会(第1回) − 11月28日−01号









平成20年 11月 臨時会(第1回)



          平成20年第1回須賀川市議会臨時会会議録

           平成20年11月28日(金曜日)

議事日程第1号

          平成20年11月28日(金曜日) 午前10時 開議

第1 会期の決定

第2 会議録署名議員の指名

第3 議案第101号 議会の議員に対する期末手当支給に関する条例の一部を改正する条例

第4 議案第102号 市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例

第5 議案第103号 須賀川市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例

第6 議案第104号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

第7 議案第105号 平成20年度須賀川市一般会計補正予算(第3号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

日程第1 会期の決定

日程第2 会議録署名議員の指名

日程第3 議案第101号 議会の議員に対する期末手当支給に関する条例の一部を改正する条例

日程第4 議案第102号 市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例

日程第5 議案第103号 須賀川市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例

日程第6 議案第104号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

日程第7 議案第105号 平成20年度須賀川市一般会計補正予算(第3号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(27名)

       1番  鈴木公成       2番  大倉雅志

       3番  関根保良       4番  五十嵐 伸

       5番  相楽健雄       6番  川田伍子

       7番  塩田邦平       8番  広瀬吉彦

       9番  生田目 進     10番  森 新男

      11番  八木沼久夫     12番  佐藤暸二

      13番  加藤和記      14番  丸本由美子

      15番  市村喜雄      16番  大越 彰

      17番  鈴木正勝      18番  鈴木忠夫

      19番  菊地忠男      21番  塩田和幸

      22番  細谷松雄      23番  村山廣嗣

      24番  橋本健二      25番  大内康司

      26番  水野敏夫      27番  高橋秀勝

      28番  渡辺忠次

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(1名)

      20番  桐生傳一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

   市長       橋本克也     副市長      鈴木和寿

   市長公室長    石井正廣     総務部長     酒井茂幸

   職員課長     斎藤直昭     総務課長     若林秀樹

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

                     主幹兼局長補

   事務局長     金澤幸男              宗形 充

                     佐・調査係長

   主任主査兼

            安藤基寛     庶務係長     高橋久美子

   議事係長

   主査       若林伸治     主査       影山美智代

   主任       松谷恵理子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時00分 開議



○議長(大越彰) ただいまより平成20年第1回須賀川市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 欠席通告議員は20番、桐生傳一議員であります。

 出席議員は定足数に達しております。

 本日の議事は、議事日程第1号をもって進めます。

 これより議事に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会期の決定



○議長(大越彰) 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。

 議会運営委員長、鈴木忠夫議員。

          (議会運営委員長 鈴木忠夫 登壇)



◆議会運営委員長(鈴木忠夫) おはようございます。

 当議会運営委員会は、基本条例第3条第3項の規定に基づき、去る25日に会議を開き、今期臨時会の会期運営について協議したところ、次のように決定しましたので、御報告いたします。

 初めに、会期についてであります。

 会期は、本日1日限りと決定いたしました。

 次に、会期運営についてであります。

 この後、直ちに会期の決定、会議録署名議員の指名を行った後、議案5件を一括上程し、当局から提案理由の説明を受け、議案調査のため休憩いたします。

 会議再開後、議案第101号から議案第105号の議案5件について質疑を行い、質疑終結後、所管の委員会に付託し、委員会開催のため休憩いたします。

 会議再開後、所管の委員長の報告を受け、それぞれ委員長報告に対する質疑を行い、討論、表決を行います。

 以上、委員会の決定に対し、御協力を賜りますようお願い申し上げまして、報告を終わります。



○議長(大越彰) お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、委員長報告のとおり本日1日限りといたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(大越彰) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は本日1日限りと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会議録署名議員の指名



○議長(大越彰) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、本会議規則第67条の規定により、議長において24番、橋本健二議員、25番、大内康司議員、26番、水野敏夫議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第101号 議会の議員に対する期末手当支給に関する条例の一部を改正する条例



△日程第4 議案第102号 市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例



△日程第5 議案第103号 須賀川市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例



△日程第6 議案第104号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例



△日程第7 議案第105号 平成20年度須賀川市一般会計補正予算(第3号)



○議長(大越彰) 日程第3、議案第101号から日程第7、議案第105号までの議案5件を一括して議題といたします。

 本案に関し、提案理由の説明を求めます。

          (市長 橋本克也 登壇)



◎市長(橋本克也) 皆さん、おはようございます。

 本日ここに平成20年第1回市議会臨時会が招集となりましたところ、議員の皆様方におかれましては、公私とも御多忙のところ御参集をいただき、まことにありがとうございました。

 今議会において御審議いただく議案5件は、職員及び特別職等の給与改定等に係る案件であり、その概要について御説明申し上げます。

 去る10月6日、福島県人事委員会は、職員の給料月額の引き上げと期末手当の引き下げ勧告を行ったところでありますが、その対応について、県及び県内各市の動向なども参考にしながら、慎重に検討した結果、人事委員会勧告制度の趣旨を踏まえ、県人事委員会の勧告に沿った給与改定を行いたく、これに関連する条例の改正並びに補正予算について提案するものであります。

 提案理由の詳細につきましては、この後副市長から御説明申し上げますので、慎重に御審議の上、速やかなる御議決を賜りますようお願い申し上げ、説明を終わらせていただきます。

          (副市長 鈴木和寿 登壇)



◎副市長(鈴木和寿) おはようございます。

 ただいま議題となりました議案第101号から議案第105号までの議案5件につきまして、市長の説明に補足をし、提案理由を御説明いたします。

 去る10月6日、福島県人事委員会は、県内企業の給与支払い状況を調査した結果、県職員の給与月額が県内企業の給与月額を下回っているとし、本年4月にさかのぼりまして0.18%の引き上げ、期末手当は県職員の支給月数が県内企業の支給月数を上回っているとし、12月に支給する期末手当を0.02月引き下げる勧告を行ったところであり、県においてはこの勧告を尊重し、去る25日招集の県議会臨時会に提案をし、議決を得たところであります。

 本市におきましては、ただいま市長から説明がありましたように、その対応について県及び県内各市の動向なども参考にしながら慎重に検討した結果、人事委員会勧告制度の趣旨を踏まえ、県人事委員会勧告に沿った給与改定を行いたく、関連する条例の改正について提案するものであります。

 初めに、議案第101号 議会の議員に対する期末手当支給に関する条例の一部を改正する条例、議案第102号 市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例及び議案第103号 須賀川市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例の3つの条例でありますが、これは議会議員並びに市長、副市長及び教育委員会教育長の12月期の期末手当の支給月数を0.02月引き下げ、現行の1.75月から1.73月に改めるものであります。

 次に、議案第104号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本案は、行政職の給料表を県人事委員会の勧告どおり改定するとともに、職員についても議会議員や市長等の場合と同様に12月期の期末手当の支給月数を0.02月引き下げ、現行の1.55月から1.53月に改めるものであります。

 なお、これら改正条例の施行についてでありますが、議案第104号に係る給料表の改正については平成20年4月1日から適用することとし、それ以外の改正につきましては、いずれも本年12月1日から施行するものであり、これら一連の給与改定による本年度分の所要額は、総額でおおよそ57万7,000円の増額となるものであります。

 次に、補正予算について御説明いたします。

 今回の補正は、ただいま御説明いたしました議案第101号から議案第104号に基づく12月分期末手当支給率の引き下げや給与改定に伴う補正及び本年4月の職員の人事異動により、人件費が科目により過不足が生じますので、これらを調整するため、各款にわたりまして所要の補正をするものであります。

 議案第105号 平成20年度須賀川市一般会計補正予算(第3号)についてでありますが、予算書の1ページをごらんください。

 今回の補正額は、歳入歳出それぞれ7,055万6,000円を減額するものでありまして、これにより一般会計の予算総額は244億1,696万3,000円となります。

 補正の内容につきましては、16ページ以降の給与費明細書に記載しておりますので、ごらんください。

 16ページでありますが、まず、特別職の期末手当について33万6,000円の減額となっておりますが、これは12月期末手当の支給率が1.75月から1.73月に引き下げられることによるものであります。

 一般職の給与費については17ページ以降に記載しておりますが、給与改定に伴う補正は次の18ページの給料の欄中、給与改定に伴う増額分として330万1,000円で、平均給与改定率は0.16%となります。

 職員手当の欄中、制度改正に伴う減額分として309万2,000円、これは期末手当の引き下げによる減額分であります。また、4月の人事異動により人件費の科目間の過不足を調整するため、予算書のとおり各款にわたりまして補正するものであります。

 これにより、一般職員の給与関係補正総額は、17ページに記載のとおり職員数が13人ほど減ったこともありまして7,188万5,000円の減額となります。

 続きまして、これらの財源となります歳入について御説明をいたしますので4ページをごらんいただきたいと思います。

 4ページでありますが、18款繰入金の補正でありますが、今回の人件費の減額補正に伴い、財政調整基金繰入金7,055万6,000円を減額補正するものであります。

 以上、議案5件につきまして提案理由を御説明いたしましたが、よろしく御審議の上、速やかな議決を賜りますようにお願いを申し上げ、説明を終わります。



○議長(大越彰) 議案調査のため、暫時休憩いたします。

          午前10時16分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前10時29分 再開



○議長(大越彰) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議案第101号から議案第105号までの議案5件についての質疑に入ります。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 1番、鈴木公成議員。



◆1番(鈴木公成) それでは議案第104号に対する質疑を行います。

 提案となっております給与の引き上げ、それからボーナスの引き下げでありますけれども、引き上げとなる給与については平成20年4月1日にさかのぼって適用するとなっております。一方、引き下げとなるボーナスについては、さかのぼらずに平成20年12月1日から適用するとなっております。

 これを見ますと、損害は最低限に抑えて、恩恵は最大限に受けるというふうに操作されているように感じるわけでありますけれども、これについての理由ですが、何か法的な根拠があるのか、それとも提出者の考えによるもののみでこのようにしているのか、お尋ねいたします。

 それから、両方とも適用日を同じくするというのが公平の原則であると思うのですが、同じくするということができないのかどうかも一緒にお尋ねいたします。



○議長(大越彰) ただいまの1番、鈴木公成議員の質疑に対し、当局の答弁を求めます。

          (職員課長 斎藤直昭 登壇)



◎職員課長(斎藤直昭) 1番議員、鈴木公成議員の質問にお答えします。

 人事委員会勧告により、4月の勧告の調査では4月時点で調査を行っております。給与については人事委員会勧告によりまして、4月にさかのぼって勧告が出ていますので、そのとおりであります。

 それとあと、法的根拠ということでありますが、法全体の不利益不遡及の原則、そちらに基づいてやっているところであります。

 それとあと、給与と期末手当を4月にさかのぼって時期を同じくしてできないのかということでありますが、勧告全体が4月1日の給与のほうの実施、またあと、人事委員会勧告の調査が昨年の7月から1年間の民間企業を実施し、その結果に基づいて12月1日に改定しなさいという勧告でしたので、その内容に沿ってさせていただきました。

 以上です。



○議長(大越彰) 以上で、通告による質疑は終了いたしました。

 これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第101号から議案第104号まで、議案4件については総務常任委員会に、議案第105号については予算決算特別委員会にそれぞれ付託いたします。

 委員会審査のため、暫時休憩いたします。

          午前10時33分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午前11時08分 再開



○議長(大越彰) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 初めに、総務常任委員会に付託いたしました議案第101号から議案第104号までの議案4件について、委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長、市村喜雄議員。

          (総務常任委員長 市村喜雄 登壇)



◆総務常任委員長(市村喜雄) 第1回臨時会において、当総務常任委員会に付託となりました議案第101号から議案第104号までの議案4件について、当委員会の審査が終了いたしましたので、その経過と結果について報告をいたします。

 委員会は、本日、当局より関係部課長の出席を求め、審査を進めました。

 初めに、関連いたします議案第101号 議会の議員に対する期末手当支給に関する条例の一部を改正する条例、議案第102号 市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例及び議案第103号 須賀川市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例の議案3件についてであります。

 これら議案3件については、いずれも福島県人事委員会の勧告に準拠し、議会議員、市長及び副市長並びに教育長の期末手当について、12月分の支給月数を0.02月引き下げようとするものであります。

 審査の結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第104号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてであります。

 本案についても、県人事委員会勧告に基づき、12月に支給する職員の期末手当の支給月数を0.02月引き下げるものとともに、本年4月にさかのぼり、給料表の引き上げ改定を行うものであります。

 審査の結果、本案についても原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、当委員会の審査の経過と結果についての報告を終わります。



○議長(大越彰) これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(大越彰) なければ、これにて質疑を終結いたします。

 これより議案第101号から議案第103号までの討論に入ります。

 討論の通告はございません。

 これにて討論を終結いたします。

 これより議案第101号 議会の議員に対する期末手当支給に関する条例の一部を改正する条例、議案第102号 市長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例、議案第103号 須賀川市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例を一括して採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも可決であります。

 本案は、いずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(大越彰) 御異議なしと認めます。

 よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議案第104号に対する討論に入ります。

 討論の通告がありますので、順次発言を許します。

 初めに、反対、24番、橋本健二議員。

          (24番 橋本健二 登壇)



◆24番(橋本健二) 私は日本共産党市議団を代表して、議案第104号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例に対する討論を行います。

 議案は、去る10月6日に出されました県人事委員会勧告等に基づいて、職員の給与を民間給与との格差を埋めるために改定するものでありますが、その内容は、1つに条例中にあります別表を、いわゆる給料表を改めるということが1つであります。2つ目には、先ほど報告がありましたように職員の期末手当、ボーナスを0.02カ月分引き下げるという改定でございます。

 私は、次の理由によって本条例の改定に反対をするものであります。

 反対する第1の理由は、10月6日に出された県人事委員会の勧告は民間給与との格差を埋める内容で、給与月額を格差分0.18%引き上げるものであります。職員の給与月額については、2006年から民間との比較対照企業規模を100人以上から50人以上規模に変更されており、その民間企業と比較しても格差が出ていることから見れば、給与月額を引き上げる今回の提案は当然であると思います。

 しかし、今回の市職員の給与改定は、先ほど言いましたように、ボーナスの0.02カ月分の引き下げ、総額で約310万円ほどになるわけでありますが、この引き下げをすることによって職員の皆さんはもちろんのこと、公務員準拠で行っている民間の職員にも大きく連動することは明らかであります。さらに、地域経済への影響も大きいこと、さらに何といっても、これまで市のために、住民のために働いておられる職員の皆さん方の労働意欲が低下する懸念もあるだろうと思いますし、さらには、この職員の皆さん方を支えてこられている御家族の皆さん方が、今厳しい経済情勢のもとで必死のやりくりをされているこの実情を見るにつけて、この今回の上程議案の期末手当引き下げに反対するものであります。

 議員各位の皆さん方の御賛同を心からお願いを申し上げまして、討論とさせていただきます。



○議長(大越彰) 次に、賛成、13番、加藤和記議員。

          (13番 加藤和記 登壇)



◆13番(加藤和記) ただいま議題となっております議案第104号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、賛成討論を行います。

 これまで市職員の給与等の決定については、国・県の指導に基づき福島県人事委員会の勧告に準じて実施してまいりましたが、今回の改正も県人事委員会が独自に県内企業の実態調査を行い、その結果に基づく勧告が出されたことにより、所要の改正を行うものであります。

 したがいまして、これまで同様、県内の他地方公共団体並びに民間企業従事者の給与等を考慮したものであり、給与均衡の原則及び情勢適応の原則に合致する適切なものであります。

 よって、議案第104号については原案に賛成するものであります。

 議員各位の御賛同をお願い申し上げ、賛成討論を終わります。



○議長(大越彰) 以上で、通告による討論は終了いたしました。

 これにて討論を終結いたします。

 これより議案第104号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

          (起立多数)



○議長(大越彰) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、予算決算特別委員会に付託いたしました議案第105号について、委員長の報告を求めます。

 予算決算特別委員長、大内康司議員。

          (予算決算特別委員長 大内康司 登壇)



◆予算決算特別委員長(大内康司) 第1回臨時会において、当予算決算特別委員会に付託となりました議案第105号 平成20年度須賀川市一般会計補正予算(第3号)について、委員会の審査が終了いたしましたので、その経過と結果について報告いたします。

 委員会は、本日、当局より関係部課長の出席を求め、審査を行いました。

 本案は、議案第101号から議案第104号に基づく12月分期末手当支給率の引き下げや給与改定及び本年4月の人事異動等に伴う人件費の補正であります。

 審査の結果、本案は原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、当予算決算特別委員会の審査の経過と結果についての報告を終わります。



○議長(大越彰) これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          (「なし」の声あり)



○議長(大越彰) なければ、これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はございません。

 これにて討論を終結いたします。

 これより議案第105号 平成20年度須賀川市一般会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 お諮りいたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」の声あり)



○議長(大越彰) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大越彰) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 この際、市長が発言を求めておりますので、これを許します。

          (市長 橋本克也 登壇)



◎市長(橋本克也) 平成20年第1回市議会臨時会が閉会するに当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 今議会におきましては、単行議案4件、予算議案1件を提出いたしましたところ、いずれも原案どおり議決を賜り、厚く御礼申し上げます。

 いよいよ来週から師走に入り本格的な寒さを迎えます。議員の皆様方にはくれぐれも健康に十分御留意の上御活躍され、市政に対し、なお一層の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げ、閉会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(大越彰) これにて、平成20年第1回須賀川市議会臨時会を閉会いたします。

 御苦労さまでした。

          午前11時22分 閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成20年11月28日

       須賀川市議会 議長  大越 彰

              議員  橋本健二

              議員  大内康司

              議員  水野敏夫