議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 白河市

平成19年  6月 定例会 06月14日−01号




平成19年  6月 定例会 − 06月14日−01号







平成19年  6月 定例会



6月白河市議会定例会会議録 第1号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             平成19年6月14日(木曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程 第1号

         平成19年6月14日(木曜日)午前10時00分開議

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定

第3 福島県後期高齢者医療広域連合議会議員の補欠選挙

第4 議案第73号 白河市税条例の一部を改正する条例

第5 議案第74号 白河市国民健康保険税条例の一部を改正する条例

第6 議案第75号 表郷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例

第7 議案第76号 大信村国民健康保険税条例の一部を改正する条例

第8 議案第77号 東村国民健康保険税条例の一部を改正する条例

第9 議案第78号 白河市下水道等事業審議会条例の一部を改正する条例

第10 議案第79号 白河市立小学校及び中学校条例の一部を改正する条例

第11 議案第80号 白河市公共下水道白河都市環境センター建設工事委託に関する基本協定について

第12 議案第81号 平成19年度白河市一般会計補正予算(第1号)

第13 議案第82号 平成19年度白河市小田川財産区特別会計補正予算(第1号)

第14 議案第83号 平成19年度白河市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

第15 議案第84号 平成19年度白河市老人保健特別会計補正予算(第1号)

第16 議案第85号 平成19年度白河市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

第17 議案第86号 平成19年度白河市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

第18 議案第87号 平成19年度白河市介護保険特別会計補正予算(第1号)

第19 議案第88号 平成19年度白河市土地造成事業特別会計補正予算(第1号)

第20 議案第89号 平成19年度白河市水道事業会計補正予算(第1号)

第21 報告第2号 法人の経営状況について

第22 報告第3号 平成18年度白河市継続費繰越しの報告について

第23 報告第4号 平成18年度白河市繰越明許費繰越しの報告について

第24 報告第5号 白河市の国民の保護に関する計画の作成の報告について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した案件

 日程第1から日程第24まで

 休会の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯応招議員(30名)

    1番 菅原修一     2番 柴原隆夫     3番 大花 務

    4番 佐川京子     5番 藤田文夫     6番 水野谷正則

    7番 柳路幸雄     8番 縄田角郎     9番 石名国光

   10番 戸倉耕一    11番 飯村 守    12番 高橋光雄

   13番 玉川里子    14番 大竹功一    15番 筒井孝充

   16番 穂積栄治    17番 深谷幸次郎   18番 星 吉明

   19番 深谷政男    20番 須藤博之    21番 山口耕治

   22番 深谷 弘    23番 深谷久雄    24番 藤田久男

   25番 山本忠男    26番 佐川庄重郎   27番 大高正人

   28番 吾妻一郎    29番 伊藤邦光    30番 十文字忠一

◯出席議員

   応招議員のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者

 市長 成井英夫            副市長 大河原薫

 表郷地域自治区長 滝田国男      大信地域自治区長 渡部泰夫

 東地域自治区長 根本暢三       総務部長 吉田好男

 企画政策部長 入谷正道        市民部長 鈴木憲行

 保健福祉部長 穂積 一        産業部長 吉田友明

 建設部長 岡部文雄          水道事業所長 河野敏夫

 総務部参事兼総務課長 鈴木進一郎   総務部参事兼財政課長 鈴木伸彦

 教育委員 齋須幸司          教育長 平山伊智男

 教育部長 根本紀光          参事兼教育総務課長 高橋利夫

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員出席者

 事務局長 木村全孝            参事兼事務局次長 佐藤俊一

 事務局次長補佐兼庶務調査係長 大田原賢一 事務局次長補佐兼議事係長 坂本敏昭

 副主査 大竹正紀

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時00分開会



○十文字忠一議長 おはようございます。定足数に達していますので、ただいまから平成19年6月白河市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○十文字忠一議長 日程に入る前に諸般の報告を行います。

 議員の会議出席状況については、お手元に配付の印刷物のとおりでありますので、御了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○十文字忠一議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第76条の規定により、議長において大花務議員、佐川京子議員、藤田文夫議員を指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○十文字忠一議長 日程第2、会期の決定を議題とします。

 委員長の報告を求めます。

 筒井議会運営委員長。

     〔筒井孝充議会運営委員長 登壇〕



◆筒井孝充議会運営委員長 御報告を申し上げます。

 本委員会は、去る6月12日に委員会を開き、議長から諮問された今期定例会の会期等について協議を行いました。その結果、今期定例会の会期は、諮問のとおり本日から7月2日までの19日間とすることに決定しました。なお、会議日程についても、お手元に配付の日程表のとおり決定を見ましたので、あわせて御報告を申し上げます。

 以上であります。



○十文字忠一議長 お諮りします。今期定例会の会期は、ただいまの委員長報告のとおり、本日から7月2日までの19日間とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。

 よって、今期定例会の会期は、本日から7月2日までの19日間とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 福島県後期高齢者医療広域連合議会議員の補欠選挙



○十文字忠一議長 日程第3、福島県後期高齢者医療広域連合議会議員の補欠選挙を行います。

 福島県後期高齢者医療広域連合は、本市を初め県内全市町村で組織し、高齢者の医療の確保に関する法律に規定する後期高齢者医療制度の事務のうち、被保険者の資格の管理、医療給付、保険料の賦課などに関する事務を処理している特別地方公共団体であります。今回の補欠選挙は、広域連合議会の議員の任期満了に伴って行われるものです。

 この選挙は、広域連合規約第8条の規定により、すべての市議会の選挙における得票総数により当選人を決定することになりますので、会議規則第31条の規定に基づく選挙結果のうち、当選人の報告及び当選人への告知は行えません。

 そこで、お諮りします。選挙結果の報告については、会議規則第31条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することとしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、選挙結果の報告については、会議規則第31条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決定しました。

 議場の出入り口の施錠を命じます。

     〔議場施錠〕



○十文字忠一議長 ただいまの出席議員数は30人であります。

 投票用紙を配付させます。

     〔投票用紙配付〕



○十文字忠一議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○十文字忠一議長 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番から順次投票を願います。

     〔投票〕



○十文字忠一議長 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の出入り口の開錠を命じます。

     〔議場開錠〕



○十文字忠一議長 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に山本忠男議員、吾妻一郎議員、星吉明議員を指名します。3議員の立ち会いを願います。

     〔開票〕



○十文字忠一議長 選挙の結果を報告します。

 投票総数      30票

 これは、先ほどの出席議員数に符合しております。

 そのうち

  有効投票     30票

  無効投票      なし

 有効投票中

  佐川庄重郎議員  27票

  斎藤朝興議員    3票

 以上のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第73号〜日程第24 報告第5号



○十文字忠一議長 日程第4から日程第24までの議案17件、報告4件を一括して議題とします。

 提案理由の説明を求めます。成井市長。

     〔成井英夫市長 登壇〕



◎成井英夫市長 おはようございます。それでは、御提案申し上げました議案について御説明をいたします。

 まず、議案第73号白河市税条例の一部を改正する条例についてでありますが、租税特別措置法の一部改正に伴い、関連条項の整備を図るため、所要の改正をしようとするものであります。

 次に、議案第74号白河市国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてでありますが、地方税法施行令の一部改正に伴い、基礎課税額の限度額について改めるため、所要の改正をしようとするものであります。

 次に、議案第75号表郷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例、議案第76号大信村国民健康保険税条例の一部を改正する条例及び議案第77号東村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の3議案についてでありますが、地方税法施行令の一部改正に伴い、基礎課税額の限度額について改めるほか、国民健康保険税の賦課割合を見直すため、税率等について改めるなど、所要の改正をしようとするものであります。

 次に、議案第78号白河市下水道等事業審議会条例の一部を改正する条例についてでありますが、白河市下水道等事業審議会が調査審議をする事項を追加するため、所要の改正をしようとするものであります。

 次に、議案第79号白河市立小学校及び中学校条例の一部を改正する条例についてでありますが、白河市立白河南部中学校の移転改築に伴い、中学校の名称及び位置を変更するため、所要の改正をしようとするものであります。

 次に、議案第80号白河市公共下水道白河都市環境センター建設工事委託に関する基本協定についてでありますが、白河都市環境センター建設工事の委託について、基本協定を締結しようとするものであります。

 次に、報告第2号法人の経営状況についてでありますが、地方自治法第243条の3第2項の規定により、市が出資している白河地方土地開発公社、財団法人白河市都市整備公社及び株式会社ひがし振興公社の経営状況を説明する書類を議会に提出するものであります。

 次に、報告第3号平成18年度白河市継続費繰越しの報告についてでありますが、白河南部中学校校舎建設事業に係る継続費の平成18年度年割り額のうち、年度内にその支出が終わらなかったものがあるので、逓次繰り越しとして使用するため、地方自治法施行令第145条第1項の規定により、継続費繰越計算書により議会に報告するものであります。

 次に、報告第4号平成18年度白河市繰越明許費繰越しの報告についてでありますが、地方自治法施行令第146条第1項の規定により、平成18年度白河市一般会計予算、平成18年度白河市簡易水道事業特別会計予算及び平成18年度白河市介護保険特別会計予算の繰越明許費に係る歳出予算の経費を平成19年度へ繰り越したので、同条第2項の規定により、繰越明許費繰越計算書により議会に報告するものであります。

 次に、報告第5号白河市の国民の保護に関する計画の作成の報告についてでありますが、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第135条第1項の規定により、白河市の国民の保護に関する計画を作成したので、同条第6項の規定により、議会に報告するものであります。

 なお、議案第81号平成19年度白河市一般会計補正予算(第1号)から議案第89号平成19年度白河市水道事業会計補正予算(第1号)までの内容につきましては、所管部所長に説明をいたさせますので、御審議の上、御賛同賜りますようよろしくお願いを申し上げ、提案理由の説明といたします。

 訂正をさせていただきたいと思います。

 報告第5号のうち、国民の保護のための措置に関する「法律第135条」と申し上げましたが、「法律第35条」が正確でございますので、訂正をさせていただきます。



○十文字忠一議長 吉田総務部長。

     〔吉田好男総務部長 登壇〕



◎吉田好男総務部長 おはようございます。

 補正予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第81号平成19年度白河市一般会計補正予算(第1号)について御説明を申し上げます。

 第1条につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億218万円を追加し、歳入歳出予算の総額を239億9518万円と定めようとするものであります。内容につきましては、第1表歳入歳出予算補正によって御説明申し上げます。

 第2条につきましては、地方債の追加及び変更をするもので、内容につきましては第2表地方債補正によって御説明を申し上げます。

 2ページをごらんいただきたいと思います。第1表歳入歳出予算補正の歳入について御説明を申し上げます。

 55款国庫支出金につきましては、国庫負担金、国庫補助金合わせまして2925万9000円を計上しております。内容といたしましては、保険基盤安定負担金2394万9000円、後期高齢者医療制度創設準備事業費補助金531万円であります。

 60款県支出金につきましては、県負担金、県補助金合わせまして1億8097万8000円を計上しております。主な内容といたしましては、保険基盤安定負担金1億7912万5000円、地域ぐるみ大豆生産拡大事業費補助金30万円などであります。

 70款寄附金につきましては、1195万4000円を計上しております。内容といたしましては、集会所改修寄附金100万円、道路整備寄附金1095万4000円であります。

 75款繰入金につきましては、特別会計繰入金、基金繰入金合わせまして9466万円を計上しております。主な内容といたしましては、老人保健特別会計繰入金9327万4000円、地域振興基金繰入金89万2000円などであります。

 85款諸収入につきましては、雑入で852万9000円を計上しております。主な内容といたしましては、地方自治情報センターの助成金471万2000円、一般コミュニティ助成金210万円などであります。

 90款市債につきましては、7680万円を計上しております。

 以上、歳入では4億218万円の増額となり、歳入予算の総額を239億9518万円と定めようとするものであります。

 歳出についてであります。

 10款議会費につきましては、人件費の整理で794万1000円を減額計上しております。

 15款総務費につきましては、総務管理費、徴税費、戸籍住民基本台帳費、選挙費、統計調査費、監査委員費合わせまして1億104万4000円を計上しております。主な内容といたしましては、財政調整基金積立金5000万円、集会所整備事業4987万5000円などであります。

 20款民生費につきましては、社会福祉費、児童福祉費、生活保護費合わせまして2億7920万円を計上しております。主な内容といたしましては、国民健康保険特別会計繰出金2億9394万5000円、後期高齢者医療制度システム開発委託費2857万1000円などであります。

 25款衛生費につきましては、保健衛生費の人件費等整理で882万1000円を減額計上しております。

 30款労働費につきましては、人件費の整理で10万7000円を減額計上しております。

 35款農林水産業費につきましては、農業費で4365万円を減額計上しております。主な内容といたしましては、地域ぐるみ大豆生産拡大事業補助金30万円、担い手育成総合支援協議会負担金71万1000円などであります。

 40款商工費につきましては、人件費の整理で713万5000円を減額計上しております。

 45款土木費につきましては、土木管理費、道路橋りょう費、都市計画費、住宅費合わせまして309万7000円を計上しております。主な内容といたしましては、臨時地方道整備事業1410万4000円、生活用道路整備事業110万円、都市計画基礎調査業務委託料680万円などであります。

 50款消防費につきましては、3107万9000円を計上しております。主な内容といたしましては、消防施設整備事業2769万1000円、自主防災組織育成助成金80万円などであります。

 55款教育費につきましては、教育総務費、小学校費、中学校費、幼稚園費、社会教育費、保健体育費合わせまして766万9000円を計上しております。主な内容といたしましては、児童用ヘルメット贈呈事業報償89万3000円、南部中学校歌作詞作曲報償100万円、信夫二小区連携活動実行委員会コミュニティ助成金210万円、陸上競技場トラック改修工事費1800万円などであります。

 70款予備費につきましては、財源調整で4774万5000円を計上しております。

 以上、歳出では4億218万円の増額となり、歳出予算の総額を239億9518万円と定めようとするものであります。

 次に、5ページから6ページをごらんいただきたいと思います。

 第2表地方債補正について御説明を申し上げます。

 新たに集会所整備事業を追加し、保育園建設事業ほか3事業について事業費の増減等に伴い、それぞれ限度額を変更しようとするものであります。

 以上で説明を終わりますが、細部につきましては、28ページ以降の歳入歳出補正予算事項別明細書によって御審議を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 次に、7ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第82号平成17年度白河市小田川財産区特別会計補正予算(第1号)について御説明を申し上げます。

 第1条につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ49万4000円を追加し、歳入歳出予算の総額を172万3000円と定めようとするものであります。内容につきましては、第1表歳入歳出予算補正によって御説明を申し上げます。

 8ページをごらんいただきたいと思います。第1表歳入歳出予算補正の歳入についてでありますが、75款繰入金につきましては、小田川財産区基金繰入金49万4000円を計上しております。

 以上、歳入では49万4000円の増額となり、歳入予算の総額を172万3000円と定めようとするものであります。

 歳出についてでありますが、15款財産費につきましては、財産管理費の一般会計繰出金で49万4000円を計上しております。

 以上、歳出では49万4000円の増額となり、歳出予算の総額を172万3000円と定めようとするものであります。

 以上で説明は終わりますが、細部につきましては、109ページ以降の歳入歳出補正予算事項別明細書によって御審議を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 失礼します。

 7ページの説明の中で、議案第82号平成「19年度」を「17年度」と申し上げましたので、「19年度」に訂正いたします。



○十文字忠一議長 鈴木市民部長。

     〔鈴木憲行市民部長 登壇〕



◎鈴木憲行市民部長 おはようございます。

 補正予算書の10ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第83号平成19年度白河市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について御説明を申し上げます。

 第1条につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億6944万9000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ61億569万2000円と定めようとするものであります。内容につきましては、第1表歳入歳出予算補正によって御説明を申し上げます。

 11ページをごらんいただきたいと思います。第1表歳入歳出予算補正の歳入について御説明を申し上げます。

 10款国民健康保険税につきましては、7億3624万9000円を減額計上しております。これは国保税の本算定により当初予算に比較して一般被保険者分で7億4103万4000円を減額し、退職被保険者等分で478万5000円を増額するものであります。

 55款国庫支出金につきましては、国庫負担金、国庫補助金合わせまして3744万円を減額計上しております。内容といたしましては、国庫負担金で老人保健拠出金及び介護給付費納付金の額の決定に伴う療養給付費等負担金の変更により4864万1000円を減額し、国庫補助金で財政調整交付金の変更及び後期高齢者医療制度創設準備事業費補助金の追加により1120万1000円を増額するものであります。

 58款療養給付費等交付金につきましては、974万9000円を減額計上しております。内容といたしましては、退職被保険者等にかかわる国保税の本算定に伴うものであります。

 60款県支出金につきましては、995万6000円を減額計上しております。内容といたしましては、老人保健拠出金及び介護給付費納付金の額の決定に伴う調整交付金の減額であります。

 75款繰入金につきましては、他会計繰入金で2億9394万5000円を計上しております。内容といたしましては、一般会計繰入金で人件費整理等に伴い、職員給与費等繰入金で97万8000円、国保税の本算定による軽減税額を見込んだことなどによる保険基盤安定繰入金で2億7076万7000円、さらには財政安定化支援事業繰入金2220万円をそれぞれ増額するものであります。

 80款繰越金につきましては、歳計譲与繰越金として3億3000万円を計上しております。

 以上、歳入では1億6944万9000円の減額となり、歳入予算の総額を61億569万2000円と定めようとするものであります。

 次に、12ページをごらんいただきたいと思います。歳出についてでありますが、10款総務費につきましては、総務管理費で397万8000円を計上しております。内容といたしましては、人事異動等に伴う人件費の整理で537万2000円を減額し、後期高齢者医療制度に伴う国保保険者システム改修委託料として935万円を増額するものであります。

 15款保険給付費につきましては、財源補正であります。

 20款老人保健拠出金につきましては、拠出金の額の決定により1億2656万2000円を減額計上しております。

 23款介護納付金につきましては、納付金の額の決定により1786万4000円を減額計上しております。

 70款予備費につきましては、財源調整で2900万1000円を減額計上しております。

 以上、歳出では1億6944万9000円の減額となり、歳出予算の総額を61億569万2000円と定めようとするものであります。

 以上で説明を終わりますが、細部につきましては、117ページ以降の歳入歳出補正予算事項別明細書により御審議を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

 次に、13ページをごらんいただきたいと思います。議案第84号平成19年度白河市老人保健特別会計補正予算(第1号)につきまして御説明を申し上げます。

 第1条におきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億317万9000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ58億1905万6000円と定めようとするものであります。内容につきましては、第1表歳入歳出予算補正によって御説明を申し上げます。

 14ページをごらんいただきたいと思います。第1表歳入歳出予算の歳入について御説明を申し上げます。

 55款国庫支出金につきましては、平成18年度医療費国庫負担金の精算交付分として8807万2000円を計上しております。

 60款県支出金につきましては、平成18年度医療費県負担金の精算交付分として520万2000円を計上しております。

 80款繰越金につきましては、歳計譲与繰越金として990万5000円を計上しております。

 以上、歳入では1億317万9000円の増額となり、歳入予算の総額を58億1905万6000円と定めようとするものであります。

 次に、15ページをごらんいただきたいと思います。歳出についてでありますが、15款諸支出金につきましては、償還金、繰出金合わせまして1億317万9000円を計上しております。内容につきましては、平成18年度の精算に伴う支払基金医療費交付金への返納金で990万5000円を、平成18年度の精算等に伴う一般会計への繰出金で9327万4000円を計上しております。

 以上、歳出では1億317万9000円の増額となり、歳出予算の総額を58億1905万6000円と定めようとするものであります。

 以上で説明を終わりますが、細部につきましては、139ページ以降の歳入歳出補正予算事項別明細書により御審議を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○十文字忠一議長 岡部建設部長。

     〔岡部文雄建設部長 登壇〕



◎岡部文雄建設部長 補正予算書の16ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第85号平成19年度白河市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 第1条につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ677万5000円を減額し、歳入歳出予算の総額を18億2543万1000円と定めようとするものであります。内容につきましては、第1表歳入歳出予算補正により説明申し上げます。

 17ページをごらんいただきたいと思います。第1表歳入歳出予算補正の歳入でありますが、75款繰入金で一般会計繰入金677万5000円を減額計上し、歳入予算の総額を18億2543万1000円と定めようとするものであります。

 18ページをごらんいただきたいと思います。歳出でありますが、10款公共下水道事業費で職員の人事異動に伴い人件費677万5000円を減額計上し、歳出予算の総額を18億2543万1000円と定めようとするものであります。

 なお、細部につきましては、147ページ以降の歳入歳出補正予算事項別明細書により御審議を賜りますようよろしくお願いいたします。

 次に、補正予算書の19ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第86号平成19年度白河市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 第1条につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ2110万7000円を減額し、歳入歳出予算の総額を13億9358万1000円と定めようとするものであります。内容につきましては、第1表歳入歳出予算補正により御説明申し上げます。

 20ページをごらんいただきたいと思います。第1表歳入歳出予算補正の歳入でありますが、75款繰入金で一般会計繰入金2110万7000円を減額計上し、歳入予算の総額を13億9358万1000円と定めようとするものであります。

 21ページをごらんいただきたいと思います。歳出でありますが、10款農業集落排水事業費で職員の人事異動に伴い人件費2110万7000円を減額計上し、歳出予算の総額を13億9358万1000円と定めようとするものであります。

 以上で説明を終わりますが、細部につきましては、159ページ以降の歳入歳出補正予算事項別明細書により御審議を賜りますようよろしくお願いいたします。



○十文字忠一議長 穂積保健福祉部長。

     〔穂積一保健福祉部長 登壇〕



◎穂積一保健福祉部長 補正予算書の22ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第87号平成19年度白河市介護保険特別会計補正予算(第1号)について御説明を申し上げます。

 第1条につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ97万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ29億6107万4000円と定めようとするものであります。内容につきましては、第1表歳入歳出予算補正により御説明を申し上げます。

 23ページをごらんいただきたいと思います。第1表歳入歳出予算補正の歳入についてでありますが、75款繰入金につきましては、人事異動に伴い一般会計繰入金の職員給与費等繰入金97万円を増額補正し、歳入予算の総額を29億6107万4000円と定めようとするものであります。

 次に、24ページをごらんいただきたいと思います。歳出についてでありますが、10款総務費につきましては、人事異動に伴い総務管理費の総務職員給与費関係費で97万円を増額補正し、歳出予算の総額を29億6107万4000円と定めようとするものであります。

 以上で説明を終わりますが、細部につきましては、173ページ以降の歳入歳出補正予算事項別明細書により御審議を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○十文字忠一議長 入谷企画政策部長。

     〔入谷正道企画政策部長 登壇〕



◎入谷正道企画政策部長 補正予算書の25ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第88号平成19年度白河市土地造成事業特別会計補正予算(第1号)について御説明を申し上げます。

 第1条につきましては、歳出予算の補正について定めております。内容につきましては、第1表歳出予算補正により御説明を申し上げます。

 26ページをごらんいただきたいと思います。10款土地造成事業費につきましては、第2白鳥ニュータウン及び田園町府ニュータウンの分譲地販売促進費として271万円を増額計上しております。

 70款予備費につきましては、同額の271万円を減額計上しております。

 なお、細部につきましては、185ページ以降の歳出補正予算事項別明細書により御審議を賜りますようよろしくお願いをいたします。



○十文字忠一議長 河野水道事業所長。

     〔河野敏夫水道事業所長 登壇〕



◎河野敏夫水道事業所長 補正予算書の27ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第89号平成19年度白河市水道事業会計補正予算(第1号)について御説明を申し上げます。

 第1条につきましては、総則であります。

 第2条につきましては、予算第2条に定めました業務の予定量中、(4)主な建設事業の概要、改良費を3億2275万2000円に改めようとするものであります。

 第3条につきましては、予算第3条に定めました収益的収入、第1款第2項営業外収益で児童手当に係る他会計補助金として29万円を増額し、その総額として水道事業収益を10億8961万1000円と定めようとするものであります。

 次に、支出でありますが、収益的支出、第1款第1項営業費用で職員の異動等に伴う人件費の整理で70万8000円を減額し、その総額として水道事業費用を10億4114万9000円と定めようとするものであります。

 第4条につきましては、予算第4条に定めました資本的支出、第1款第1項建設改良費で職員の異動等に伴う人件費の整理で7000円を増額し、その総額として資本的支出を5億2162万2000円と定めようとするものであります。

 第5条につきましては、予算第6条に定めました議会の議決を経なければ流用することができない費用のうち、(1)職員給与費を1億4695万1000円に改めようとするものであります。

 第6条につきましては、予算第7条に定めました他会計からの補助金の表中(1)一般会計の金額を1623万2000円に定めようとするものであります。

 なお、細部につきましては、191ページ以降の平成19年度白河市水道事業会計補正予算実施計画等により御審議くださるよう、よろしくお願いをいたします。



○十文字忠一議長 これにて提案理由の説明を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会の件



○十文字忠一議長 お諮りします。議案調査のため、6月15日、18日及び19日は休会することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、6月15日、18日及び19日は休会することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○十文字忠一議長 以上で本日の日程はすべて終了しました。

 6月20日は定刻から会議を開き、一般質問並びに上程議案に対する質疑を行います。

 本日はこれにて散会します。

     午前10時50分散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−