議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 白河市

平成19年  5月 臨時会 05月10日−01号




平成19年  5月 臨時会 − 05月10日−01号







平成19年  5月 臨時会



5月白河市議会臨時会会議録 第1号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             平成19年5月10日(木曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程 第1号の1

         平成19年5月10日(木曜日)

       午前10時開議

第1 議長の選挙

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程 第1号の2

       午前11時開議

第1 副議長の選挙

第2 議席の指定

第3 会議録署名議員の指名

第4 会期の決定

第5 常任委員及び議会運営委員の選任

第6 議会報編集特別委員会設置の件

第7 白河地方広域市町村圏整備組合議会議員の選挙

第8 西白河地方衛生処理一部事務組合議会議員の選挙

第9 白河地方水道用水供給企業団議会議員の選挙

第10 議案第72号 専決処分の承認を求めることについて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した案件

 議事日程第1号の1、第1号の2のとおり

 委員会の閉会中継続調査の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯応招議員(30名)

       菅原修一        柴原隆夫        大花 務

       佐川京子        藤田文夫        水野谷正則

       柳路幸雄        縄田角郎        石名国光

       戸倉耕一        飯村 守        高橋光雄

       玉川里子        大竹功一        筒井孝充

       穂積栄治        深谷幸次郎       星 吉明

       深谷政男        須藤博之        山口耕治

       深谷 弘        深谷久雄        藤田久男

       山本忠男        佐川庄重郎       大高正人

       吾妻一郎        伊藤邦光        十文字忠一

◯出席議員(30名)(仮議席)

   1番(1番) 菅原修一          2番(2番) 柴原隆夫

   3番(7番) 大花 務          4番(4番) 佐川京子

   5番(5番) 藤田文夫          6番(3番) 水野谷正則

   7番(6番) 柳路幸雄          8番(8番) 縄田角郎

   9番(9番) 石名国光         10番(15番)戸倉耕一

  11番(16番)飯村 守         12番(10番)高橋光雄

  13番(11番)玉川里子         14番(12番)大竹功一

  15番(13番)筒井孝充         16番(14番)穂積栄治

  17番(17番)深谷幸次郎        18番(18番)星 吉明

  19番(19番)深谷政男         20番(20番)須藤博之

  21番(21番)山口耕治         22番(22番)深谷 弘

  23番(23番)深谷久雄         24番(24番)藤田久男

  25番(25番)山本忠男         26番(27番)佐川庄重郎

  27番(28番)大高正人         28番(29番)吾妻一郎

  29番(30番)伊藤邦光         30番(26番)十文字忠一

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者

 市長 成井英夫            副市長 大河原薫

 総務部長 吉田好男          総務部参事兼総務課長 鈴木進一郎

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員出席者

 事務局長 木村全孝            参事兼事務局次長 佐藤俊一

 事務局次長補佐兼庶務調査係長 大田原賢一 事務局次長補佐兼議事係長 坂本敏昭

 副主査 大竹正紀

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時08分



◎木村全孝事務局長 おはようございます。本日は、一般選挙後、最初の議会であります。議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。

 出席議員中、大高正人議員が年長の議員でありますので、御紹介申し上げます。

     〔大高正人臨時議長 登壇〕



○大高正人臨時議長 おはようございます。ただいま紹介されました大高正人であります。

 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。何とぞよろしくお願い申し上げます。

     〔大高正人臨時議長 議長席に着く〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前10時10分開会



○大高正人臨時議長 これより平成19年5月白河市議会臨時会を開会します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○大高正人臨時議長 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△仮議席の指定



○大高正人臨時議長 この際、議事の進行上、仮議席を指定します。

 仮議席は、ただいま御着席の議席とします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議長の選挙



○大高正人臨時議長 日程第1、これより議長の選挙を行います。

 議場の出入り口の施錠を命じます。

     〔議場施錠〕



○大高正人臨時議長 ただいまの出席議員数は30人であります。

 投票用紙を配付させます。

     〔投票用紙配付〕



○大高正人臨時議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○大高正人臨時議長 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○大高正人臨時議長 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番から順次投票を願います。

     〔各員投票〕



○大高正人臨時議長 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○大高正人臨時議長 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の出入り口の開錠を命じます。

     〔議場開錠〕



○大高正人臨時議長 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に筒井孝充議員、戸倉耕一議員、及び石名国光議員を指名します。3議員の立ち会いを願います。

     〔開票〕



○大高正人臨時議長 選挙の結果を報告します。

 投票総数      30票

 これは先ほどの出席議員数に符合しております。

 そのうち

  有効投票     30票

  無効投票      なし

 有効投票中

  十文字忠一議員  30票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は8票であります。よって、十文字忠一議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました十文字忠一議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により、本席から当選の告知をします。

 当選人のあいさつをお願いします。

     〔十文字忠一議長 登壇〕



○十文字忠一議長 おはようございます。ただいまは議員皆様全員の御推挙によりまして、ここに議長に当選させていただき、不肖私、大変光栄であり、御礼を申し上げたいと思います。

 私は、この議長という重責を肝に銘じ、これから議会活動を続ける中、開かれた議会そして市民に信頼される議会づくりに邁進してまいりたいと思いますので、どうか議員皆様方のより一層の御支援、御指導を賜りますことをお願いいたしまして、私のあいさつとさせていただきます。本日はまことにありがとうございました。(拍手)



○大高正人臨時議長 以上で臨時議長の職務を終了します。

 十文字議長、議長席にお着き願います。(拍手)

     〔大高正人臨時議長 退席、十文字忠一議長 議長席に着く〕



○十文字忠一議長 この際、暫時休憩します。

     午前10時25分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午前11時03分開議



○十文字忠一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長のあいさつ



○十文字忠一議長 市長からあいさつがあります。

 成井市長。

     〔成井英夫市長 登壇〕



◎成井英夫市長 本日、改選後初の市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には御出席を賜り、本議会においてごあいさつを申し上げる機会を得ましたことまことに光栄に存ずる次第であります。

 さて、先般合併後初の市議会議員一般選挙が執行され、議員の皆様方には、各選挙区において激戦の中、市民の絶大なる信頼を受け、晴れて当選の栄誉を勝ち得られましたことに対し、衷心よりお祝いを申し上げます。

 皆様方には、今後市民福祉の向上、そして本市及び当地方の揺るぎない進展のために、御活躍をされますことを御期待申し上げます。

 現在、国による三位一体の改革や地方分権を初めとした制度改革が推し進められるなか、地方自治体は、自らの責任と判断により、計画的かつ安定的な行財政運営に取り組まなければなりません。

 このため、本年度におきましては、新市の将来の目標とその実現に向けた方策を示す「総合計画」の策定に加え、行政改革大綱に基づく「行政改革実施計画」を策定し、効率的な市政運営の実現に努めるなど、引き続き「人 文化 自然 輝き集う県南中核都市」の実現のため、全力を傾注し取り組んでまいりますので、議員の皆様方の特段の御指導、御協力を賜りますようお願い申し上げまして、あいさつにかえさせていただきます。



○十文字忠一議長 ただいま以降の会議につきましては、お手元に配付の議事日程第1号の2の順序により進めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 副議長の選挙



○十文字忠一議長 日程第1、副議長の選挙を行います。

 議場の出入り口の施錠を命じます。

     〔議場施錠〕



○十文字忠一議長 ただいまの出席議員数は30人であります。

 投票用紙を配付させます。

     〔投票用紙配付〕



○十文字忠一議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     〔投票箱点検〕



○十文字忠一議長 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番から順次投票を願います。

     〔各員投票〕



○十文字忠一議長 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了します。

 議場の出入り口の開錠を命じます。

     〔議場開錠〕



○十文字忠一議長 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に伊藤邦光議員、藤田久男議員及び藤田文夫議員を指名します。3議員の立ち会いを願います。

     〔開票〕



○十文字忠一議長 選挙の結果を報告します。

 投票総数      30票

 これは先ほどの出席議員数に符合しております。

 そのうち

  有効投票     30票

 有効投票中

  佐川庄重郎議員  30票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は8票であります。よって、佐川庄重郎議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました佐川庄重郎議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により、本席から当選の告知をします。

 当選人のあいさつをお願いします。

     〔佐川庄重郎副議長 登壇〕



○佐川庄重郎副議長 ただいま皆様方に御推挙いただき、副議長に当選させていただきました佐川でございます。

 この職責は大変重要な職責だなと思い、今、心を新たにしているところでございます。そのような中で、今後議長を補佐しながら、私、副議長としての職務を邁進していきたいと考えているところでございます。これから、いろいろなことがあろうかと思いますが、皆様方と公正公平に議会の運営に努めていきたいと考えております。そのような中で、真摯な心をもって今後の議会運営に努めていくつもりでございますので、どうか皆様方、今後ともなお一層の御指導と御協力をお願い申し上げまして、就任のあいさつにかえさせていただきます。本当にありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○十文字忠一議長 暫時休憩します。

     午前11時19分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後3時00分開議



○十文字忠一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議席の指定



○十文字忠一議長 日程第2、議席の指定を行います。

 議席は、会議規則第3条第1項の規定により、議長においてお手元に配付の議席表のとおり指定します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 会議録署名議員の指名



○十文字忠一議長 日程第3、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第76条の規定により、議長において菅原修一議員、柴原隆夫議員、水野谷正則議員を指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 会期の決定



○十文字忠一議長 日程第4、会期の決定を議題といたします。

 お諮りします。今期臨時会の会期は、本日1日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は本日1日間とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 常任委員及び議会運営委員の選任



○十文字忠一議長 日程第5、常任委員及び議会運営委員の選任を行います。

 お諮りします。常任委員及び議会運営委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付の常任委員及び議会運営委員名簿のとおり、それぞれ指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名した議員をそれぞれの常任委員及び議会運営委員に選任することに決定しました。

 ただいま選任されました各常任委員及び議会運営委員の皆様は、お手元に配付の通知書のとおり、休憩中に委員会を開き、それぞれ委員長及び副委員長を互選の上、議長まで御報告願います。

 暫時休憩します。

     午後3時03分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後3時38分開議



○十文字忠一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 各常任委員会及び議会運営委員会における委員長及び副委員長の互選の結果を事務局長に報告させます。



◎木村全孝事務局長 御報告を申し上げます。

 総務企画常任委員長に柳路幸雄議員、同副委員長に藤田文夫議員。

 市民産業常任委員長に戸倉耕一議員、同副委員長に深谷政男議員。

 教育福祉常任委員長に高橋光雄議員、同副委員長に玉川里子議員。

 建設水道常任委員長に大花務議員、同副委員長に星吉明議員。

 議会運営委員長に筒井孝充議員、同副委員長に佐川京子議員。

 以上が互選の結果であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議会報編集特別委員会設置の件



○十文字忠一議長 日程第6、議会報編集特別委員会設置の件を議題とします。

 お諮りします。議会広報紙の編集・発行をするため、6人の委員から成る議会報編集特別委員会を設置したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、議会広報紙の編集・発行をするため、議会報編集特別委員会を設置することに決定しました。

 さらに、お諮りします。議会報編集特別委員会は、議員の任期満了まで継続して、議会の閉会中も議会広報紙の編集・発行ができることにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、議会報編集特別委員会は議員の任期満了まで継続して、議会の閉会中も議会広報紙の編集・発行ができることに決定しました。

 続いて、お諮りします。ただいま設置されました議会報編集特別委員会の委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付の議会報編集特別委員名簿のとおり指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名した議員を議会報編集特別委員に選任することに決定しました。

 ただいま選任されました特別委員の皆さんは、直ちに第1委員会室において委員会を開き、委員長及び副委員長を互選の上、議長まで御報告願います。

 暫時休憩します。

     午後3時40分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後3時50分開議



○十文字忠一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議会報編集特別委員会における委員長及び副委員長の互選の結果を事務局長に報告させます。



◎木村全孝事務局長 御報告を申し上げます。

 議会報編集特別委員長に石名国光議員、同副委員長に穂積栄治議員が互選されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 白河地方広域市町村圏整備組合議会議員の選挙



○十文字忠一議長 日程第7、白河地方広域市町村圏整備組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決定しました。

 お諮りします。議長が指名することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、議長が指名することに決定しました。

 白河地方広域市町村圏整備組合議会議員に水野谷正則議員、山口耕治議員、藤田久男議員及び十文字忠一を指名します。

 お諮りします。ただいま指名しました議員を白河地方広域市町村圏整備組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました議員が白河地方広域市町村圏整備組合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により本席から当選の告知をします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 西白河地方衛生処理一部事務組合議会議員の選挙



○十文字忠一議長 日程第8、西白河地方衛生処理一部事務組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決定しました。

 お諮りします。議長が指名することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、議長が指名することに決定しました。

 西白河地方衛生処理一部事務組合議会議員に玉川里子議員、深谷政男議員及び吾妻一郎議員を指名します。

 お諮りします。ただいま指名しました議員を西白河地方衛生処理一部事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました議員が西白河地方衛生処理一部事務組合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により本席から当選の告知をします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 白河地方水道用水供給企業団議会議員の選挙



○十文字忠一議長 日程第9、白河地方水道用水供給企業団議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選によることに決定しました。

 お諮りします。議長が指名することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、議長が指名することに決定しました。

 白河地方水道用水供給企業団議会議員に縄田角郎議員、石名国光議員、星吉明議員、須藤博之議員及び十文字忠一を指名します。

 お諮りします。ただいま指名しました議員を白河地方水道用水供給企業団議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました議員が白河地方水道用水供給企業団議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により本席から当選の告知をします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議案第72号 専決処分の承認を求めることについて



○十文字忠一議長 日程第10、議案第72号を議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 成井市長。

     〔成井英夫市長 登壇〕



◎成井英夫市長 それでは、御提案申し上げました議案について御説明をいたします。

 議案第72号専決処分の承認を求めることについてでありますが、平成19年度地方税制改正に伴い、個人市民税につきましては、個人及び人格のない社団等が法人課税信託の引き受けを行う場合に法人税割額によって課するほか、上場株式等に係る譲渡所得の課税の特例期間を延長することとし、市たばこ税につきましては、税率の引き上げを行うこととし、固定資産税につきましては、高齢者等の住宅のバリアフリー改修に伴う軽減措置に係る手続を規定するほか、関係条項の規定の整備を図るため、白河市税条例の一部改正を緊急に必要とし、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により議会に報告し、承認を求めようとするものであります。

 以上、御提案申し上げました議案につきまして、御審議の上、御賛同賜りますよう、よろしくお願いを申し上げ、提案理由の説明といたします。



○十文字忠一議長 これにて提案理由の説明を終わります。

 この際、議案調査のため暫時休憩いたしますが、上程議案に対し質疑、討論を行う議員は休憩中に御通告願います。

 それでは、暫時休憩します。

     午後3時55分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     午後4時15分開議



○十文字忠一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 上程議案に対する質疑は、通告がありません。

 お諮りします。ただいま議題となっております本案は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題となっております本案は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより、議案第72号に対する討論を行います。

 深谷弘議員。

     〔深谷弘議員 登壇〕



◆深谷弘議員 議案第72号専決処分の承認を求めることについて、専決第2号白河市税条例の一部を改正する条例に、日本共産党白河市議団を代表して、反対の討論を行います。

 本議案は、去る3月23日参議院において可決成立した地方税法の一部改正に伴い、白河市税条例の一部を改正する条例を専決処分したことについて承認を求めるためのものであります。

 今回の地方税法の一部改正では、上場株式等の配当・譲渡益課税に対する優遇措置の延長、住宅のバリアフリー改修に対する固定資産税の減額制度の創設、低公害車に対する自動車取得税減額措置の見直しと延長、新信託法制定に伴う受託者課税などの整備、非課税など特別措置の見直しなどが行われました。

 この中には、高齢者、障がい者が居住する既存住宅について、一定のバリアフリー改修工事を行った場合、翌年度の固定資産税を3分の1減額するという特例措置を創設し、今年度2007年4月1日から3年間と期限が限定されていることや、賃貸住宅は対象にならないことなど、限定的な制度ではありますが改修費用の負担軽減に役立つものであり、評価できる点もあります。

 しかし、上場株式等の配当・譲渡益課税に対する優遇措置、すなわち、株式市場の低迷や金融機関の不良債権問題に対応するため、個人資産の貯蓄から投資へが課題だとして導入され、2003年から5年間の時限措置として本則税率20%のところ軽減税率10%が適用されていたものが、廃止の期限を迎えたにもかかわらず、さらに1年延長することが含まれています。これは、昨年の政府税調答申では、現在の経済状況は大幅に改善しているとの認識のもとに期限が来たら廃止する方針が決められていたにもかかわらず、日本経団連からの働きかけなどを受け、与党税調が1年延長して廃止することを決め今回の改正となったもので、実際には一握りの富裕層に減税の恩恵が集中する金持ち減税であり、直ちに廃止すべきものであります。

 最近の税制改悪により、最低限の生活にかかる費用には課税しないという考えから設けられているはずの個人住民税の課税最低限、非課税限度額が次々に引き下げられてきました。この結果、個人住民税の所得割納税義務者は、この3年間で508万人が新たに課税対象になったことが明らかになっています。ちなみに、白河市でも、昨年度と今年度この1年間に個人市民税の納税義務者数が3318人、12.4%増となりました。

 今回の税制改正は、定率減税の廃止による国民負担増、地方税だけでも4274億円の負担増にはなんの対策もとらず、一方で、バブル期以上の利益を上げている大企業・大資産家には減税という逆立ち税制を進めるものとなっています。

 以上の点を踏まえ、今回の地方税法の一部改正に伴う白河市税条例の一部を改正する条例に反対を表明し、討論を終わります。



○十文字忠一議長 これにて討論を終了します。

 これより採決します。

 本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○十文字忠一議長 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり承認されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○十文字忠一議長 お諮りします。議会運営委員長から委員会の閉会中継続調査の申し出がありますので、これを日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、委員会の閉会中継続調査の申し出を日程に追加し、議題とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会の閉会中継続調査の件



○十文字忠一議長 委員会の閉会中継続調査の件を議題とします。

 議会運営委員長から、現在、委員会において調査中の事件につき、委員会条例第37条の規定により、お手元に配付の申出書のとおり閉会中継続調査の申し出があります。

 お諮りします。委員長から申し出がありましたとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○十文字忠一議長 御異議なしと認めます。よって、委員長から申し出がありましたとおり閉会中の継続調査とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○十文字忠一議長 これにて平成19年5月白河市議会臨時会を閉会します。

     午後4時22分閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

              白河市議会臨時議長 大高正人

              白河市議会議長   十文字忠一

              白河市議会議員   菅原修一

              白河市議会議員   柴原隆夫

              白河市議会議員   水野谷正則