議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 いわき市

昭和58年  9月 定例会 09月05日−01号




昭和58年  9月 定例会 − 09月05日−01号







昭和58年  9月 定例会



           昭和58年いわき市議会9月定例会会議録

            昭和58年9月5日(月曜日)

議事日程 第1号

  昭和58年9月5日(月曜日)午前10時開議

日程第1 会議録署名議員指名

日程第2 会期決定

日程第3 議案第1号〜議案第36号(提案理由説明)

日程第4 行財政改善特別委員会報告(委員長報告)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

       〔議事日程第1号記載事件のとおり〕

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(47名)

 1番   岩城光英君         2番   斉藤八郎君

 3番   馬目清通君         4番   佐藤芳博君

 5番   樫村弘君          6番   白土和男君

 7番   若松昭雄君         8番   青木稔君

 9番   酒井隆郎君         10番  高萩充君

 11番  政井博君          12番  人見一君

 13番  水野五郎君         14番  永山哲朗君

 15番  菅波庄助君         16番  永井俊正君

 17番  草野正辰君         19番  緑川定美君

 20番  円谷裕一君         21番  宮川えみ子君

 22番  伊東達也君         23番  鹿島清三君

 24番  菅野留之助君        25番  大平多太男君

 26番  斉藤誓之助君        27番  間宮俊彦君

 28番  矢吹康君          29番  蛭田仁君

 30番  安藤正則君         31番  鈴木利之君

 32番  吉田正登君         33番  小野昌太郎君

 34番  木内浩三君         35番  芳賀定雄君

 36番  柳楽孝作君         37番  磯上久美君

 38番  藁谷勝男君         39番  四家啓助君

 40番  市橋武君          41番  渡辺多重君

 42番  斉藤隆行君         43番  鈴木正平君

 44番  大村哲也君         45番  鈴木勝夫君

 46番  佐久間昭君         47番  多賀重吉君

 48番  小林周喜君

欠席議員(1名)

 18番  雨宮幸夫君

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長        田畑金光君    助役       橋本渡君

 助役        池田清君      収入役      坂本平助君

 教育委員長     岡田三栄君    教育長      小泉毅君

 水道事業管理者   村上武士君    代表監査委員   岡田清君

 選挙管理委員会

           勝沼勝応君    企画部長     作山優君

 職務代理者

 総務部長      須永恭平君    財政部長     鈴木栄君

 市民環境部長    近野忠弘君    福祉厚生部長   山野辺益弥君

 農林部長      御所脇八州男君  商工水産部長   松本正盛君

 土木部長      沢田次男君    都市建設部長   古内義光君

 消防長       佐藤広文君    水道局長     杉山保久君

 教育次長      布田功君     秘書室長     杉本大助君

 参事(兼)総務課長 菊地賢一君

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 事務局長     永山巌君      参事(兼)課長  舛田良作君

 課長補佐               主任主査

          鈴木司君               熊谷昭吉君

 (兼)係長              (兼)係長

 主査       鈴木研三君     主査       吉田邦弘君

 主査       芳賀義隆君     主査       薗部公昭君

 主査       楠山智一君     主査       坂本浩之君

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      午前10時0分 開 会



○議長(渡辺多重君) これより昭和58年いわき市議会9月定例会を開会いたします。直ちに本日の会議を開きます。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(渡辺多重君) 議事に入ります前に、諸般の報告をいたします。

 市長より報告第1号をもって専決処分について報告があり、お手元に配付いたしておきましたのでごらん願います。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員指名



○議長(渡辺多重君) これより議事に入ります。本日の議事は、配付の議事日程第1号をもって進めます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議規則第81条の規定により、議長において23番鹿島清三君、25番大平多太男君、以上の2君を指名いたします。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期決定



○議長(渡辺多重君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から9月14日までの10日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

        〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認めます。よって、会期は10日間と決定いたしました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第1号〜議案第36号(提案理由説明)



○議長(渡辺多重君) 日程第3、市長提出の議案第1号から議案第36号までを一括議題といたします。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提案理由説明



○議長(渡辺多重君) 提出者より提案理由の説明を求めます。田畑市長。



◎市長(田畑金光君) 〔登壇〕本日、ここに9月定例市議会を招集し、昭和58年度補正予算案を初め市政執行上必要な条例案等を提出し、御審議を願うに先立ち、当面する諸問題について御報告を申し上げます。

 初めに、いわきまつり行事と海水浴客の入り込みについて御報告を申し上げます。

 今年のいわきまつりは、新生いわき市観光協会がいわきまつり委員会を設置し、市制15周年を記念して制定いたしましたいわきおどりを昨年に続きいわきまつりに導入し、市民が一体となった市民共通のまつりにする計画で実施したところであります。好天に恵まれ7月31日いわきおどり勿来大会を皮切りに、8月2日の湯本温泉夏まつり、8月3日のいわきおどり常磐大会、8月4日の小名浜大会とそれぞれの地区大会を開催するとともに、8月5日は小名浜港での第22回全国花火競技大会、さらに、8月6日から8日までの平七夕まつり、そして8月10日は平駅前大通りでのいわきおどりコンクールを催したところ、各地区から51連、2,500 人余の踊り手が参加し、昨年と同様の一大まつりに盛り上がり、いわきおどりの市民への定着化が一段と進んだわけであります。さらに8月14、15日は内郷における回転櫓盆踊り大会など、夏まつりは最高潮に達し、まさに市内はまつり一色となった感で大いににぎわったところであります。

 特に本年の夏まつりの入り込み客数は、全国花火競技大会、平七夕まつり等を主に全体で53万7,000人となり、前年度の51万5,000 人を、2万余人上回る盛況でありました。また、海水浴場への入り込み客は、7月16日の海開きから8月14日までの1カ月間のうち前半は雨にたたられましたが、後半は比較的好天に恵まれたこともあり、関東地区や近県等から97万1,000 人と昨年の52万2,000人を大幅に上回る増加があり、海浜地域は、久々に活況を呈した次第であります。

 ただ今年も、海水浴客の安全対策につきましては万全の体制で臨んでいたわけでありますが、残念ながら飲酒の上の事故や監視のとどかない遊泳禁止区域での痛ましい水死事故等がありましたことは、まことに遺憾であります。今後は、関係機関とも十分連携をとり、万全を期してまいる考えであります。いわきまつりを初め、夏の諸行事に対し、議員各位を初め市民の皆さんの御支援御協力に感謝の意を表するものであります。

 次に、稲作の生育状況について報告を申し上げます。

 本年の稲作につきましては、当初、天候不順の影響を受け、発育のおくれが目立ち、4年続きの冷害になるのではないかと心配されておりました。このため市では、関係機関と十分連絡をとり、肥培管理、病害虫防除などの徹底を図るとともに、農家の指導についても対策を講じてまいったところであります。

 その後、幸いにも8月に入り天候が持ち直し、高温多照に恵まれ、生育も順調に回復し、8月25日東北農政局発表の作柄情報によれば、作況指数98となったのであります。心配された山間地域においても回復の兆しが見られ、このまま天候が順調に推移すれば、平年作の収穫を得ることも可能と思われますので、今後ともこれら対策については、万全を期してまいる所存でございますので、御理解を賜りたいと存じます。

 次に、今回提案いたしました議案のうち、補正予算関係について御説明申し上げます。

 今回の補正予算は、第1に公共事業等の内定及び決定に伴う経費、第2に市民生活に直結した緊急に措置すべき事務及び単独事業等に要する経費について補正することといたしたものであります。

 まず、一般会計の主要なものについて御説明申し上げます。第1の公共事業等の内定及び決定に伴う経費の補正でありますが、総務費関係については、電源交付金による集会所建設事業費として3,455万7,000 円を計上したのを初め、コミュニティー助成補助金として200万円を計上いたしました。また、農林水産業費関係につきましては、土地改良事業に係る調査設計委託料として3,015万6,000 円を計上したほか、森林病害虫マツクイムシ防除事業費5,682万1,000円、林道開設事業費2,173万3,000 円を計上し、農林業の整備に努めることといたしたものであります。

 次に、土木費関係につきましては、がけ地近接危険住宅移転事業費として782万4,000円、鉱害住宅復旧事業費として540万円を計上したほか、昭和56年度に着工した玉川橋架替事業の早期完成を図るため、施越工事として1億716万4,000 円を計上いたしました。

 次に、第2の市民生活に直結した緊急に措置すべき事務及び単独事業等に要する経費の補正でありますが、まず総務費関係については、いわきニュータウン内に取得しております大学用地の造成のため調査費及び基本設計委託料として2,250万円を計上いたしました。また、民生費関係につきましては、ゲートボールコート整備費補助金として333万円を計上したものであり、商工費関係につきましては、好間中核工業団地上水道工事負担金として1億4,160 万5,000 円を計上いたしたものであります。

 次に、土木費関係につきましては、道路新設事業費として1,000 万円を計上するとともに、道路改良事業費8,125万円、道路舗装事業費2,700万円、側溝整備事業費4,000万円、橋梁架替事業費2,107万4,000円、河川改良事業費8,900万円、排水路整備事業費2,500万円をそれぞれ追加計上し、生活関連道路網等の整備促進に努めることとしたほか、いわきニュータウン内上水道配水管布設事業費として1億円を計上いたしたものであります。

 次に、教育費関係につきましては、昭和59年4月に開設を予定しております中央台北中学校に係る教材・教具の整備費として3,800 万円、地域公民館建設補助金として506 万3,000 円を計上いたしました。

 以上が一般会計補正予算の主なる内容でありまして、これらの結果、補正総額は12億8,096 万4,000円となり、現計予算額と合わせますと補正後の予算額は685億2,243万2,000円と相なったわけであります。なお、これが補正財源といたしましては、市税4億3,600万円、地方交付税2億6,000 万円、県支出金8,739万5,000 円、繰越金8,151万3,000円、諸収入3億9,929万7,000円、その他の収入をもって充当いたしたものであります。

 次に、特別会計の主なるものについて御説明申し上げます。

 まず、老人保健会計につきましては、昭和57年度医療費負担金の確定に伴い、社会保険支払基金等に対する精算のため所要の補正を行うものであります。また、土地区画整理事業会計につきましては、平中平窪第2土地区画整理事業等に係る調査費のほか、国・県補助金の決定に伴う所得の補正をいたしたものであります。

 次に、競輪事業会計につきましては、郡山場外駐車場用地を2カ年で取得することとし、本年度分として1億1,149万2,000円を計上いたしました。

 次に、企業会計について御説明申し上げます。

 まず、総合磐城共立病院事業会計につきましては、駐車場の混雑解消を図るため、自動管理装置により有料化で管理することとし、駐車場建設工事費として3,600万円を計上いたしたものであります。また、水道事業会計につきましては、好間中核工業団地配水管施設工事等建設改良に要する経費について計上いたしたものであります。

 次に、予算以外の議案といたしましては、昭和57年度公営企業会計の決算について議会の認定を求めるもの4件、条例制定案3件、改正案7件、その他の議案として、財産取得及び工事請負契約等15件となっており、いずれも市政執行上必要な案件を提案いたした次第であります。

 なお、詳細につきましては、助役から説明いたさせますので、何とぞ慎重御審議の上、速やかなる議決を賜りますようお願い申し上げ、私の提案趣旨説明を終わることといたします。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△橋本助役補足説明



○議長(渡辺多重君) 次に、補足説明を求めます。橋本助役。



◎助役(橋本渡君) 〔登壇〕予算及び決算関係を除く議案の御説明を申し上げます。議案第1号から順次申し上げます。

 議案第1号いわき市予防接種健康調査委員会条例の制定について申し上げます。

 本案は、予防接種による健康被害の適正かつ円滑な処理を図るため、市長の諮問に応じ健康被害の発生について医学見地から調査を行うとともに、当該被害に係る疾病の状況及び診療内容に関する資料の収集、特殊な検査または剖検の実施について必要な助言を行うため付属機関としての委員会を設置するため条例を制定しようとするものであります。

 議案第2号、いわき市老人保健運営協議会条例の制定について申し上げます。

 本案は、昭和58年2月1日に施行された老人保健法の規定に基づき医療以外の保健事業として健康手帳の交付、健康教育、訪問指導等を総合的に実施し市民の健康の向上と福祉の増進を図るため、その企画運営並びに実施計画等の策定について、市長の諮問に応じて協議する付属機関としての協議会を設置するため条例を制定しようとするものであります。

 次に、議案第3号いわき市行政機構改革審議会条例の制定について申し上げます。

 本案は、市の事務・事業の効率的な執行と市民福祉の向上を図るため、現行行政機構の改革について市長の諮問に応じ調査審議するため、議案第1号及び議案第2号と同様に地方自治法第138条の4・第3項の規定に基づき付属機関としての審議会を設置しようとするものであります。

 議案第4号、いわき市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の改正について申し上げます。

 本案は、議案第1号及び議案第3号により、本会議に提案申し上げておりますいわき市予防接種健康被害調査委員会条例及びいわき市老人保健運営協議会条例の制定に伴いまして、それぞれの条例に規定する委員の報酬等について定めるため条例の別表を改正しようとするものであります。

 次に、議案第5号、障害に関する用語等の整理のための関係条例の改正について申し上げます。

 本案は昭和57年7月16日をもって障害に関する用語の整理に関する法律が公布され、同年10月1日から施行されたことに伴いまして、同法の改正趣旨を踏まえて、平市職員恩給条例を初めとする障害用語に係る関係条例について所要の改正を行うとともにあわせて、それぞれの条例中の不的確な用語及び誤用されている用字、用語、その他条文の整理を行おうとするものであります。

 次に、議案第6号いわき市税条例等の改正について申し上げます。

 本案は、銀行法等が改正され、昭和58年8月1日から金融機関が毎月第2土曜日を休業日とする週休2日制を実施することになったことに伴いまして、いわき市税条例を初め、いわき市牧野管理条例、いわき市農業土木事業分担金徴収に関する条例、いわき市営土地改良事業の経費の賦課徴収に関する条例及びいわき市県営土地改良事業分担金徴収に関する条例に係る納期限について所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第7号いわき市教職員住宅条例の改正について申し上げます。

 本案は、錦町飯盛町地内の錦中学校敷に設置してある教職員用住宅1戸が老朽化が激しいので用途廃止するため条例別表を改正しようとするものであります。

 議案第8号いわき市病院事業の設置等に関する条例の改正について申し上げます。

 本案は、総合磐城共立病院の駐車場が自家用自動車による来院者の増加に伴い、常に混雑し駐車が困難な状況にあることにかんがみまして当該駐車場について外来診療のため使用する場合とその他の使用の場合に区分いたしまして、昭和59年1月1日から一定時間を超過した場合に使用料を徴収し、回転率を高めることにより、来院者の駐車を容易にすることを目的として条例の改正をしようとするものであります。

 議案第9号いわき市農村生活環境整備施設条例の改正について申し上げます。

 本案は、新林業構造改善事業の一環といたしまして、農林業従事者の体力の向上と健康維持増進を図るため、三和町上三坂地内に設置しておりました上三坂運動広場が昭和58年10月1日から供用開始されることになりましたので同施設の名称、位置及び管理の委託先等を定めるため、条例の改正をしようとするものであります。

 議案第10号いわき市営住宅条例の改正について申し上げます。

 本案は、別表第1に定める公営住宅法による市営住宅のうち平北目町、ほか18団地、119戸について及び別表第3に定める公営住宅法によらない市営住宅のうち小名浜吹松団地のほか2団地の8戸について昭和58年5月11日付をもって用途廃止についての建設省承認が得られましたので、条例別表の改正を行おうとするものであります。

 議案第22号新たに生じた土地の確認について及び議案第23号字の区域の変更につきましては、関連する議案でありますので一括御説明を申し上げます。

 本案は、小名浜港港湾区域内に石油精製業関連用地並びに緑地用地として造成されました泉町下川字大剣1番及び大畑159番、163番に隣接する公有水面埋立地を地方自治法第9条の5の規定により確認するとともにこの土地を同法第260条の規定によりいわき市泉町下川字大剣に編入しようとするものであります。

 議案第24号字の区域の変更及び画定について申し上げます。

 本案は、いわき都市計画平東部土地区画整理事業の換地計画に基づき平字三倉、字倉前の各一部、平北白土字原後ほか8字の各一部及び平北白土字五反田ほか10字の全部をもって字の区域の変更並びに字の新設をしようとするものであり、地方自治法第260条第1項の規定に基づき所要の手続きを行おうとするものであります。

 議案第25号字の区域の画定について申し上げます。

 本案は、赤井土地区画整理事業の換地計画に基づき平赤井字不動堂のほか3字の各一部をもって字の新設をしようとするものであり、地方自治法の第260条第1項の規定に基づき所要の手続きを行おうとするものであります。

 議案第26号及び議案第27号は財産取得についてでありますので一活御説明申し上げます。

 議案第26号模写電送装置の機器更新については、昭和56年度から3カ年計画で整備するもので、今回、最終年度分として送信機17台、受信機6台を取得しようとするものであります。

 議案第27号地域経済並びに湯本温泉郷の振興対策を図るため新設する石炭・化石館の建設用地として、今回常磐湯本町向田地内の土地1万9,497.31平方メートルを常磐炭礦株式会社及びほか1名から取得しようとするものであり、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定に基づき提案するものであります。

 議案第28号から議案第32号までは、工事請負契約についてでありますので一括御説明申し上げます。

 これらの契約内容につきましては、それぞれ指名競争入札を実施いたしました結果、議案第28号いわき市内郷コミュニティーセンター新築工事については、いわき市内郷コミュニティーセンター新築工事加地和・常磐開発建設共同企業体に議案第29号いわき市石炭・化石館新築工事については、いわき市石炭・化石館新築工事常磐開発・渡辺組建設共同企業体に議案第30号いわき市石炭・化石館新築電気設備工事については常磐興産電機工事株式会社に議案第31号いわき市石炭・化石館新築空気調和設備工事については、東北設備株式会社に議案第32号いわき市公共下水道中部浄化センター建設工事(管理棟建築)については、いわき市公共下水道中部浄化センター建設工事(管理棟建築)竹中土木・福浜工業建設共同企業体にそれぞれ落札いたしましたので議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき提案するものであります。

 議案第33号工事請負契約の変更について申し上げます。

 本案は、玉川橋橋梁整備(上部工)工事についてでありますが、去る4月の臨時市議会において議決を受け、現在本橋上部工を施工中のものでありますが、追加工事としてPC桁一連の架設の増工事をするため、今回、工事請負金額を増額変更しようとするものであります。

 議案第34号事業委託契約について申し上げます。

 本案は、三崎公園施設整備事業(展望台)委託についてでありますが、三崎公園の中央に市制20周年と都市公園法施行30周年を記念して展望台(59.5メートル)を昭和61年を目標に完成させようとするもので、建設に当たっては高度な技術と構造構築の広範な知識を要することから高度な技術と深い経験を持つ住宅・都市整備公団に事業委託をしようとするものであります。また事業の性質上随意契約によるものであり、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条の規定に基づき提案するものであります。

 議案第35号和解及び損害賠償の額を定めることについて申し上げます。

 本案は、いわき都市計画泉地区第1土地区画整理事業の施行の過程で生じた清算金の損失を補てんするものであり、換地計画書に定める清算金については、事業完了後にあわせて評価しているが、当事業は事業開始の昭和40年7月に清算金を確定し、縦覧に供したため、事業が完了した昭和55年3月に清算金を交付しようとしたところ確定後、長期間を経ていることから、現状にそぐわないことを理由に関係地権者から増額要求がなされていたもので今回、いわき市泉町滝尻字上原青田弘人氏外112名に支払った清算交付金に対し、期間8年、利率年6%復利で計算した額をそれぞれ補てんしようとするものであります。

 議案第36号福島県市民交通災害共済組合規約の変更について申し上げます。

 福島県市民交通災害共済組合事務所が、福島県自治会館の移転新築に伴い同会館内に設置してある事務所の位置を変更するもので、福島県市民交通災害共済組合管理者から当組合規約の一部を変更するため、県知事の許可を得るに当たり、議会の議決を求められたので、当該規約の一部変更に関する議案を地方自治法第290条の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。

 以上、一般議案36件について御説明を申し上げましたので、よろしく御審議のほどお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△池田助役補足説明



○議長(渡辺多重君) 次に、池田助役。



◎助役(池田清君) 〔登壇〕引き続きまして私から、補正予算並びに決算関係の議案につきまして市長の提案理由説明を補足して申し上げます。

 まず、議案第11号昭和58年度いわき市一般会計補正予算(第4号)について御説明申し上げます。お手元にお配りいたしました昭和58年度予算説明書(9月補正、企業会計を除く)をごらんいただきたいと思います。

 第2款総務費第1項総務管理費第1目一般管理費2,620万円の補正につきましては、ニュータウン区域内の大学用地の測量及び造成の基本設計委託料として、2,250万円を計上いたしましたが主なるものでございます。

 次に、第3目広報広聴費200万円でございますが、コミュニティー助成事業といたしまして、財団法人自治総合センターから補助の配分がございましたので、これを自由ケ丘自治会に助成するものであります。

 第7目企画費3,478 万7,000 円の補正につきましては、平鉄北地区及び久之浜・大久地区に電源立地促進対策費補助金を充当して地区集会所を建設するための所要額を計上いたしたものでございます。

 第3款民生費第1項社会福祉費第1目社会福祉総務費1,426万4,000 円の補正でございますが、老人向けゲートボールコートの整備につきましては、当初予算で16カ所を予定しておりましたが、予定を上回る設置が見込まれますので、今回9カ所を追加することとし、所要の補正をいたすものであります。また、本年10月には、当市において第5回全国ゲートボール大会が開催されますので、補助金として100万円を計上いたしたことなどが主なるものでございます。

 第4款衛生費第1項保健衛生費第4目隔離病舎費711万円につきましては、去る6月下旬に発生した集団赤痢の対策経費のうち緊急に措置を必要とした469 万9,000円は予備費により充当し、今回その不足額を計上いたしたものでございます。

 第5款労働費につきまして御説明申し上げます。

 第1項失業対策費第4目産炭地域開発就労事業費2,150万円につきましては、道路改良事業に伴う家屋移転等の所要経費を計上いたしたものでございます。

 第6款農林水産業費第1項農業費第3目農業振興費2,206万4,000円の減額補正につきましては、平赤沼地区の集落農業構造改善事業が国庫補助の関係で昭和59年度へ見送られたための減額4,356万円、平・好間両農協の合併に対する農協育成強化対策補助金700万円、水田利用再編対策事業費は対象事業面積の増加による事業費増755万9,000 円等を計上いたしましたが主な内容でございます。

 第7目畜産業費1,211 2,000 万円につきましては、家畜導入資金供給事業の58年度分頭数配分に伴う所要の補正が主なるものでございます。

 第9目農地費3,065万6,000 円につきましては、土地改良事業に係る調査設計委託料でございまして、県補助の内示に伴う所要の補正でございます。

 第2項林業費第2目林業振興費5,765万7,000 円につきましては、マツクイムシ防除対策が主なるものでございまして、これは当初見込みより防除面積が拡大したこと等による所要経費を計上した次第でございます。

 第3目林道治山費2,273万3,000 円でございますが、林道開設事業につきましては変更として広町入藪線ほか4線、林道整備事業といたしましては変更として14線につきまして県補助の確定に伴う所要の補正をいたすのが主なる内容でございます。

 次に、第7款商工費について御説明申し上げます。

 第1項商工費第1目商工総務費110万円につきましては、石炭・化石館建設事業に係るものでございまして、化石類の展示資料について当初計上の備品購入費から委託料への組み替え及び同館完成後の管理主体の設立準備に要する経費を計上したのが主な内容でございます。

 第2目商工振興費832万円につきましては、平駅前市街地再開発事業の推進を図るため、各種調査委託料450万円を含めまして市街地再開発調査費に750円を計上いたしたのが主な内容でございます。

 次の第3目企業誘致対策費1億4,235万5,000 円につきましては、好間工業団地上水道工事負担金1億4,160万5,000円が主なるものでございまして、地域振興整備公団の負担分を計上いたしたものでございます。

 第8款土木費について申し上げます。

 第1項土木管理費第2目建築指導費782万4,000円につきましては、勿来酒井地内のがけ地近接危険住宅3戸の移転事業について所要の補正をいたすものでございます。

 第2項道路橋りょう費第3目道路新設改良費1億2,190 万7,000 円につきましては、国庫補助の内定による所要の補正と市単独事業として本年度緊急に措置を要する個所の整備費を計上いたしまして、事業の進捗を図るものでございます。

 第5目橋りょう新設改良費 2,107万4,000 円につきましては、新規に堰下2号橋外1橋、変更として両郡橋ほか2橋のかけ替事業費を計上いたしたものでございます。

 第3項河川費第2目河川維持改良費1億1,400万円につきましては、河川改良事業費としていわきニュータウン関連の草ケ谷川護岸工事費に3,000万円ほか4河川に5,500万円を計上し、排水路整備費といたしましては堆砂除去を重点的に行なうこととして、新規に北目排水路外5排水路、変更として中田排水路について所要の事業費を計上いたしたものでございます。

 次の第5項都市計画費第1目都市計画総務費1億円につきましては、ニュータウン内上水道配水管布設事業費でございまして、地域振興整備公団からの受託事業として実施するものであります。

 第3目街路事業費1億816万4,000円につきましては、玉川橋橋りょう整備事業として、1億716万4,000円を計上いたしましたが、これは地域住民の利更を考慮し現在通行止めとなっているものを年度内完成といたすため措置したものでございます。

 第6項住宅費第3目鉱害住宅復旧費540万円につきましては、勿来関根地区の住宅1戸について石炭鉱害事業団からの受託事業として復旧整備をするものでございます。

 第10款教育費について御説明申し上げます。

 第3項中学校費第1目学校管理費6,321万4,000円につきましては、明年度開校予定の中央台北中学校に係る備品等整備費として3,800万円を計上いたしたのが主なる内容でございます。

 第5項社会教育費第2目公民館費759万円につきましては、地域公民館建設事業として当初予算におきまして5館を予定しておりましたが、地域の建設気運が強く2館を追加建設することとして、506万3,000円の補正をいたすのが主な内容でございます。

 第6目文化財保護費1,320 万円につきましては、埋蔵文化財収蔵施設として、旧平消防庁舎を利用することといたしまして、その改修経費1,200万円を計上いたしたのが主なる内容でございます。

 以上が一般会計の歳出予算の主なる内容でございまして、この結果、補正額は12億8,096万4,000円となり、既定予算と合わせますと補正後の予算額は685億2,243万2,000 円と相なる次第でございます。

 以上で一般会計の説明を終りまして次に特別会計の各議案について御説明申し上げます。

 議案第12号いわき市老人保健特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 第2款諸支出金第1項償還金第1目償還金4,734万2,000円につきましては、昭和57年度の医療費確定に伴う交付金の返還金を計上いたしたものでございます。

 次に、議案第13号いわき市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 第1款土地区画整理費第1項総務管理費第3目調査事業費1,980万円でございますが、勿来錦第1土地区画整理事業につきましては原形測量を実施することといたし、中平窪第2土地区画整理事業につきましては、測量事業計画作成等の所要経費を計上いたすものでございます。

 第2項事業費第3目泉地区第2土地区画整理費1,186万4,000 円の減額は、上水道工事負担金の減額に伴う所要の補正でございます。

 第4目植田東部土地区画整理費2,914万2,000 円につきましては、国庫補助の内定に伴います所要の補正でございまして、道路舗装、側溝、宅地整地費及び建物移転補償費等を計上し、事業の進捗を図るものでございます。

 次の第5目平南部第2土地区画整理費1,187万6,000 円の減額及び第6目平南部第3土地区画整理費1,084万3,000円の減額につきましては、国庫補助の確定に伴いまして事業費の減額補正をいたすものでございます。

 次に、議案第14号いわき市競輪事業特別会計補正予算(第1号)につきまして御説明申し上げます。

 第2款競輪事業費第1項競輪総務費第2目施設管理費1億1,149万2,000円につきましては、現在借地をしております旧郡山場外車券売場3,316平方メートルを駐車場用地として購入することについて、地権者の合意を得ましたので、総額2億2,216 万4,000円の土地を債務負担行為を行ない、2カ年で取得することといたしまして、今回は初年度分1億1,108万2,000 円の用地購入費及び建造物の補償料を計上いたしたものでございます。

 次に、議案第15号いわき市磐崎財産区特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 第2款財産費第2項受託事業費第1目森林開発公団受託事業費904 万円につきましては、公団造林の保育事業として除伐、技打ち等の所要経費について補正をいたすものでございます。

 以上で特別会計の各議案について説明を終わらせていただきまして、次に、企業会計の補正予算について御説明申し上げます。別冊の昭和58年度予算説明書(9月補正、企業会計)をごらんいただきたいと思います。

 議案第16号いわき市総合磐城共立病院事業会計補正予算(第1号)から御説明申し上げます。

 資本的収入及び支出第1款資本的支出第1項建設改良費5目駐車場建設費3,600万円につきましては、病院駐車場の混雑緩和を図るため第1期工事として駐車台数100 台の駐車自動管理装置設置工事費を計上いたしたものでございます。

 次に、議案第17号いわき市水道事業会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。

 支出の第1款水道事業資本的支出第1項建設改良費第3目その他の拡張工事費2億6,471万9,000円でございますが、いわきニュータウン配水管布設工事費9,609万5,000 円につきましては、地域振興整備公団の受託事業として行うものであり、好間中核工業団地配水管施設工事費1億8,222万4,000 円につきましては、所要額を計上し、事業の進捗を図るものでございます。

 次の第4目改良工事費2,606万3,000円につきましては、上釜戸地区基盤整理地工事外3件の所要経費について、補正をいたすものでございます。

 以上で予算関係の各議案について説明を終わりまして、次に、議案第18号昭和57年度いわき市総合磐城共立病院事業会計決算の認定から議案第21号昭和57年度いわき市水道事業会計決算の認定までの4議案について一括御説明申し上げます。

 本議案は、各企業会計の昭和57年度の決算の認定でございまして、監査委員の監査も終了いたしましたので意見書を添えて御提案申し上げた次第でございます。

 以上、予算関係の主なる内容並びに企業会計の決算認定につきまして説明申し上げましたが、よろしく御審議のほどをお願い申し上げまして説明を終わります。



○議長(渡辺多重君) 以上で提案理由の説明は終了いたしました。

 なお、議案に対する質疑の通告は、9月8日午後4時30分までといたします。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 行財政改善特別委員会委員長報告



○議長(渡辺多重君) 日程第4、行財政改善特別委員会より選挙区に関する調査について報告を求めます。行財政改善特別委員会委員長四家啓助君。



◎行財政改善特別委員長(四家啓助君) 〔登壇〕行財政改善特別委員会より御報告を申し上げます。

 当委員会は昨年11月の臨時会で市行財政改善に関する事項の調査を目的に全会一致で設置されて以来、調査事項として8項目を設定し、今日まで委員会を10回、協議会を3回開催し、鋭意調査検討中でありますが、このうち「いわき市議会議員選挙の選挙区のあり方」については、結論を出す時期を失しなうよう配慮し、5月12日以来、5回にわたり審議した結果、調査を終以いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 選挙区については、これまで選挙の都度、議会での論議、各種団体からの陳情など市政の大きな課題となっており、審議に当っては慎重を期し、審議の都度、各会派の意見集約を依頼しながら進めたところ、当初の意見としては、1選挙区、ブロック制及び12選挙区の3案に分かれましたが、しかし1人区は廃止すべきであるという意見もあり、さらに調整を図った結果、「1市1選挙区が法律上の原則」「ブロック制は定着しない」という理由からの1選挙区と「地域性から1選挙区は、なじまず時期尚早」「1選挙区を前提とするが現状では実現が困難である」という理由からの6選挙区の2案となったわけでありますが、この2案をこれ以上に集約、すなわち一つにすることは、これまでの論議の経過から不可能であり、終局的には1選挙と6選区の2案に集約されたわけであります。

 以上で行財政改善特別委員会の御報告を終わります。



○議長(渡辺多重君) 以上で委員長の報告は終了いたしました。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺多重君) この際、発言の通告がなければこのまま会議を進めたいと思いますが、通告はございませんか。

        〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 通告がないようですので、会議を続行いたします。

 以上で、選挙区に関する調査報告については御了承願います。

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(渡辺多重君) お諮りいたします。明6日及び明後7日は、議案調査のため休会することに御異議ありませんか。



○議長(渡辺多重君) 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認め、そのように決定いたしました。本会議は9月8日午前10時より再開の上、市政一般に対する質問を行います。

 本日はこれにて散会いたします。

            午前10時46分 散 会

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−