議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 いわき市

昭和58年  6月 定例会 06月18日−04号




昭和58年  6月 定例会 − 06月18日−04号







昭和58年  6月 定例会



              昭和58年6月18日(土曜日)

議事日程 第4号

 昭和58年6月18日(土曜日)午前10時開議

日程第1 議案第1号〜議案第43号及び請願(委員長報告〜採決)

日程第2 議案第45号(提案理由説明〜採決)

日程第3 意見書案第1号(提案理由説明〜採決)

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

            〔議事日程第4号記載事件のとおり〕

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(47名)

 1番   岩城光英君   2番   斉藤八郎君

 3番   馬目清通君   4番   佐藤芳博君

 5番   樫村弘君    6番   白土和男君

 7番   若松昭雄君   8番   青木稔君

 9番   酒井隆郎君   10番  高萩充君

 11番  政井博君    12番  人見一君

 13番  水野五郎君   14番  永山哲朗君

 15番  菅波庄助君   16番  永井俊正君

 17番  草野正辰君   19番  緑川定美君

 20番  円谷裕一君   21番  宮川えみ子君

 22番  伊東達也君   23番  鹿島清三君

 24番  菅野留之助君  25番  大平多太男君

 26番  斉藤誓之助君  27番  間宮俊彦君

 28番  矢吹康君    29番  蛭田仁君

 30番  安藤正則君   31番  鈴木利之君

 32番  吉田正登君   33番  小野昌太郎君

 34番  木内浩三君   35番  芳賀定雄君

 36番  柳楽孝作君   37番  磯上久美君

 38番  藁谷勝男君   39番  四家啓助君

 40番  市橋武君    41番  渡辺多重君

 42番  斉藤隆行君   43番  鈴木正平君

 44番  大村哲也君   45番  鈴木勝夫君

 46番  佐久間昭君   47番  多賀重吉君

 48番  小林周喜君

欠席議員(1名)

 18番  雨宮幸夫君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長        田畑金光君    助役        橋本渡君

 助役        池田清君      収入役       坂本平助君

 教育委員長     岡田三栄君    教育長       小泉毅君

 代表監査委員    岡田清君     企画部長      作山優君

 総務部長      須永恭平君    財政部長      鈴木栄君

 市民環境部長    近野忠弘君    福祉厚生部長    山野辺益弥君

 農林部長      御所脇八州男君  商工水産部長    松本正盛君

 土木部長      沢田次男君    都市建設部長    古内義光君

 消防長       佐藤広文君    水道局長      杉山保久君

 教育次長      布田功君     秘書室長      杉本大助君

 参事(兼)

           菊地賢一君

 総務課長

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 事務局長      永山巌君     参事(兼)課長   舛田良作君

 課長補佐               主任主査

           鈴木司君               熊谷昭吉君

 (兼)係長              (兼)係長

 主査        鈴木研三君    主査        吉田邦弘君

 主査        芳賀義隆君    主査        薗部公昭君

 主査        楠山智一君    主査        坂本浩之君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                午前10時45分 開議



○議長(渡辺多重君) これより本日の会議を開きます。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長報告



○議長(渡辺多重君) 議事に入ります前に市長より発言を求められておりますので、これを許します。田畑市長。



◎市長(田畑金光君) 〔登壇〕本会議の席をお借りいたしまして、本日、新聞紙上に報道されました職員の飲酒運転による事故について、おわび方々御報告申し上げます。

 職員の綱紀の粛正と服務規律の確保については日ごろから厳しく指導してきたところでありますが、このたびの飲酒運転による事故は市職員全体の社会的信用を失墜させるとともに市民の皆様の信頼を裏切った行為であり、まことに遺憾であり残念であります。ここに本会議を通じ議員各位を初め、市民の皆様に深くおわびを申し上げる次第であります。市としては、この事故を重視し、事故情況等の調査を行い5月23日市職員懲戒審査委員会を開き、当該職員に対しては厳しく叱責するとともに停職3カ月の懲戒処分に対し自宅謹慎を命じているところであります。なお、行政処分及び刑事処分が確定した時点で、さらに厳重な処分をする考えであります。今後はこのような不祥事を引き起さないよう全職員が市民全体の奉仕者としてのモラルの高揚に努め、市民の信頼にこたえてまいる所存でありますので御了承賜りたいと存じます。



○議長(渡辺多重君) 以上で報告は終わりました。

 この際、議長から申し上げます。綱紀粛正が強く叫ばれており、職員のモラル確立のため、信賞必罰が強く要請されている今日、このたびの不祥事はまことに遺憾であり、かつ、その対応に適切さを欠いた当局の態度は十分反省の上、今後かかることのないよう厳重に申し上げておきます。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第1号〜議案第43号及び請願(委員長報告〜採決)



○議長(渡辺多重君) これより議事に入ります。本日の議事は、配付の議事日程第4号をもって進めます。

 日程第1、議案第1号から議案第43号まで及び委員会に付託中の請願を一括議題といたします。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



△厚生常任委員長報告



○議長(渡辺多重君) 直ちに委員長の報告を求めます。厚生常任委員会委員長斉藤誓之助君。



◎厚生常任委員長(斉藤誓之助君) 〔登壇〕厚生常任委員会の御報告を、申し上げます。

 去る14日の本会議より当委員会に付託になりました案件は、条例案2件、補正予算2件、一般議案2件の計6件であります。当委員会は15日、池田助役を初め関係部課長の出席のもとに慎重審査の結果、終了するに至りましたので、その結果について議案番号順に御報告を申し上げます。

 まず、議案第5号いわき市国民健康保険条例の改正について申し上げます。本案は、老人保健法が本年2月1日に施行されたことにより、国民健康保険法の一部が改正されたことに伴い、世帯主が被保険者の資格の取得及び喪失に関する事項についての虚偽の届出、また、保険給付等に必要な文書の提出に従わなかった場合に科する過料が、現行の2,000 円以上から2万円以下に改正されたことにより条例を改正するものであり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第6号いわき市国民健康保険税条例の改正について申し上げます。

 本案は、本年4月1日付で地方税法の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、国民健康保険税に関連する事項について所要の改正をするものであり、その改正の主な内容は、一つに、課税限度額を現行の27万円から28万円に。二つに、保険税の減額の対象となる所得金額の算定基礎額の改正であります。三つに、昭和57年度限りの適用であった減額対象世帯の判定基準額24万円を今年度も引き続き適用するための条例改正であり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第11号昭和58年度いわき市一般会計補正予算(第3号)中当委員会付託分について申し上げます。

 第3款民生費においては、保険者別医療費通知委託料、第4款衛生費においては、県理容競技大会等に交付する今回限りの運営補助金の補正措置であり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第12号昭和58年度いわき市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 今回の補正は、事業勘定においての保険給付費、老人保健拠出金の補正計上であり、当初予算では概数推計により暫定的な予算計上をしたが、今回、前年度の実績数値がまとまり、これが実績に基づき本年度の医療費を推計し補正計上したこと。一方、歳入については、これが補正財源として前年度の決算見込みがほぼまとまったことに伴う繰越金、また、国庫支出金、国民健康保険税の補正計上でありますので、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第23号工事請負契約について申し上げます。

 本案は、磐城共立高等看護学院新築工事に係る請負契約であり、指名競争入札の結果、3億5,400万円で堀江・東部建設共同企業体が落札したものであり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 最後に、継続審査中の請願第7号保育所(園)への入所(園)措置決定については、なお、調査検討を要するため継続審査にすべきものと決しました。

 以上で厚生常任委員会の御報告を終わります。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△総務常任委員長報告



○議長(渡辺多重君) 総務常任委員会委員長磯上久美君。



◎総務常任委員長(磯上久美君) 〔登壇〕総務常任委員会の御報告を申し上げます。

 去る14日の本会議より当委員会に付託になりました案件は、条例案4件、補正予算案1件の計5件であります。これら議案審査のため、去る15日関係部課長出席のもとに委員会を開催し慎重に審査した結果、終了するに至りましたので、その結果について御報告を申し上げます。

 まず、議案第1号いわき市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の改正について申し上げます。

 本案は、国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律が、本年3月25日付で施行され、国の負担基準額が引き上げられたことに伴い選挙長、投票管理者などの報酬を同法の改正内容に準じ改定するものであり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第2号いわき市公有財産価額審議会条例の改正について申し上げます。

 本案は、他市の状況、行財政改善委員会の検討の結果、審議会の効率的運営を図る見地から委員定数を11名から8名に削減するため条例を改正するものであり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第3号いわき市市民会館条例の改正について申し上げます。

 本案は、本年9月下旬に着工する仮称内郷コミュニティーセンター建設事業の進行上、8月1日付をもって内郷公会堂を用途廃止するため条例を改正するものであり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第4号いわき市消防本部及び消防署設置条例の改正について申し上げます。

 本案は、平字正内町地内に建設中の消防本部及び平消防署統合庁舎が近く完成し、本年8月1日から供用開始をすることに伴う、消防本部及び平消防署の位置の変更と、昭和58年3月1日付福島県告示第251号をもって新たに字が画定した洋向台を、小名浜消防署の管轄区域に加えるため条例を改正するものであり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 最後に、議案第11号昭和58年度いわき市一般会計補正予算(第3号)中当委員会付託分についてでありますが、歳入は、各種事務・事業の一般財源に充てるための繰越金、歳出は、名誉市民及び特別名誉市民に係る経費、参議院選挙の執行経費が主なるものでありますが、委員より、選挙費に関連し「公職選挙法の改正に伴い参議院議員選挙は、低調のように見受けるが、啓蒙方法をどのように考えているのか」との質疑に対し、当局より「すでに6月1日付発行の市政だよりに参議院議員選挙の改正と棄権防止の掲載、各支所の玄関に看板の掲示及び広報車による啓蒙活動を行なっている。今後の対応策としては、街頭啓発、市管理職員による事業所啓発、さらにはスーパー、デパート内の業務用放送設備を利用し棄権防止の呼びかけをしていく」との答弁がなされ、これを了とし、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で総務常任委員会の御報告を終わります。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△企画水道常任委員長報告



○議長(渡辺多重君) 企画水道常任委員会委員長緑川定美君。



◎企画水道常任委員長(緑川定美君) 〔登壇〕企画水道常任委員会の御報告を申し上げます。

 去る14日の本会議より当委員会に付託になりました案件は、条例案2件、補正予算2件の計4件であります。これら議案審査のため、15日関係部課長出席のもと委員会を開催し慎重に審査した結果、終了するに至りましたので、その審査の結果につきまして御報告を申し上げます。

 まず、議案第9号いわき市支所及び出張所設置条例の改正について申し上げます。

 本案は、昭和58年3月1日付福島県告示第251号をもって、新たに洋向台一丁目、二丁目、三丁目、四丁目及び五丁目が画定されたことに伴い小名浜支所及び江名出張所の所管区域に洋向台を加えるため改正するものであり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第10号いわき市水道事業の設置等に関する条例の改正について申し上げます。

 本案は、議案第9号と同様の事由により、いわき市水道事業の給水区域に新たに洋向台を加えるため条例別表を改正するものであり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第11号昭和58年度いわき市一般会計補正予算(第3号)のうち当委員会付託分について申し上げます。

 今回の補正内容は、電算事務費として市民情報漢字オンライン・システムの開発、住民マスター作成委託料、市税等賦課及び収納漢字オンライン・システムの開発、システム開発の技術援助等の経費が主な補正であり、いずれも来年8月本番稼動に必要な予算措置であり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 最後に、議案第14号昭和58年度いわき市水道事業会計補正予算(第1号)については、神下川河川改修に伴う平上高久地内配水管移設工事圃場整備事業に伴う遠野町滝地内配水管移設工事費が主な補正内容であり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、企画水道常任委員会の御報告を終わります。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△文教常任委員長報告



○議長(渡辺多重君) 文教常任委員会委員長大平多太男君。



◎文教常任委員長(大平多太男君) 〔登壇〕文教常任委員会の御報告を、申し上げます。

 去る14日の本会議より当委員会に付託になりました案件は、補正予算案1件、一般議案8件の計9件であります。これら審査のため、15日委員会を開催し教育委員長、教育長の出席のもとに慎重に審査した結果、終了するに至りましたので、その経過と結果について議案番号順に御報告申し上げます。

 まず、議案第11号昭和58年度いわき市一般会計補正予算(第3号)のうち当委員会付託分について申し上げます。

 今回の補正内容は、発掘調査及び記録保存等の委託事業、指定文化財、埋蔵文化財保存事業が主なものであり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第16号から議案第22号までの以上7件につきましては、いずれも工事請負契約についてでありますので、一括申し上げます。

 契約内容は、いわき市立御?小学校校舎増改築(第2期)工事、いわき市立中央台北中学校校舎新築工事、いわき市立中央台北中学校屋内運動場建設工事、いわき市立植田中学校校舎増築工事、いわき市立勿来第二中学校校舎改築(第2期)工事、いわき市立川前中学校校舍移転増改築工事、いわき市立勿来公民館建設建築主体工事であり、当局より入札状況等について詳細なる説明を聴し審査した結果、いずれも異議なく以上7件については原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第40号工事請負契約の変更について申し上げます。

 本案は、いわき市美術館新築工事請負契約の変更であり、当核工事のうち、昭和58年度分の第2期工事の杭打ち工事、内装及び付帯工事等の一部設計に変更が生じたため、工事請負契約金額を変更するもので、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 最後に、継続審査中の請願第2号いわき市立高坂小学校校舎改築に係る校地(土地)確保について及び請願第6号いわき市の幼児教育振興についての以上2件につきましては、なお調査検討を要するため、引き続き継続審査にすべきものと決しました。

 以上で文教常任委員会の御報告を終わります。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△建設常任委員長報告



○議長(渡辺多重君) 建設常任委員会委員長斉藤隆行君。



◎建設常任委員長(斉藤隆行君) 〔登壇〕建設常任委員会の御報告を申し上げます。

 去る14日の本会議より当委員会に付託された案件は、補正予算案2件、一般議案18件の計20件であります。これらの議案審査のため15日、橋本助役を初め関係部課長の出席のもとに委員会を開催し審査した結果、終了するに至りましたので、その経過と結果について審査順に御報告申し上げます。

 まず、議案第15号字の区域の画定についてでありますが、常磐水野谷土地区画整理事業の換地計画に基づき常磐水野谷町亀ノ尾、錦沢、干代鶴、竜ケ沢、黄金沢の各一部を常磐水野谷町東に字の区画を画定、新設するものであり、異議なく原案のとおり可決するものと決しました。

 次に、議案第24号から議案第39号までは、工事請負契約でありますので一括御報告を申し上げます。

 議案第24号、第25号及び第26号の3件は、中央台第1団地に公営住宅第1種及び第2種中耐4階建1棟を、久之浜西部団地に第1種中耐4階建1棟をそれぞれ建築するための工事請負契約であります。

 また、議案第27号から議案第39号までの13件は、公共下水道北部1号汚水幹線、中部幹線バイパス、鹿島1号汚水幹線の管渠築造、北白土ポンプ場沈砂設備の設置、御?ポンプ場ポンプ設備の設置、東部浄化センター沈砂管理棟の建築、空調、給排水衛生設備、放流渠等管路施設、水処理設備の設置、中部浄化センター住吉ポンプ場の土木工事、梅香町・四軒町地内及び船戸地内の管渠築造並びに高坂都市下水路築造工事に係る工事請負契約でありますが、本議案中、数件の随意契約があるため、入札の方法と経緯をただしたのに対し「財務規則に基づき指名競争入札により3回の入札を実施したが落札に至らなかったため、下位入札業者3社から見積書を提出させ、随意契約により契約相手を決定した」との当局の答弁を了とし、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第41号の工事請負契約の変更については、中部浄化センター沈砂棟建設に係る工事請負契約の変更であり、埋戻土の一部が隣接の住吉ポンプ場建設工事のため、不必要となったもので、工事の手戻し防止と経費の軽減を図るため、請負契約金額6億8,621万4,000円を6億7,681万3,000円に変更するものであり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第11号昭和58年度いわき市一般会計補正予算(第3号)のうち当委員会付託分についてであります。

 その主な内容は、第8款土木費のうち第2項道路橋りょう費については、道路パトロールを強化するためのパトロール・カーの購入費及び国庫補助金の内定による交通安全施設整備事業費の補正であり、第3項河川費については、工業再配置促進費国庫補助金の確定に伴う排水路整備事業費の補正であります。第5項都市計画費については、内郷駅−平線、ニュータウン幹線など街路事業、泉都市下水路ほかの都市下水路事業及び吉野谷公園ほかの都市公園整備事業の国庫補助金の内定に伴う補正並びに公共下水道事業に係る下水道事業会計への繰出金の補正予算であり、当局の説明を了とし、原案のとおり可決すべきものと決しましたが、第3項河川費の排水路整備事業に係る補正予算については、工業再配置促進法に基づく補助事業として、小名浜臨海工業団地周辺環境整備のため旧宝珠院川の排水路を整備するものであり、企画部から当該事業の委託を受け施行するものであるため、企画部担当課職員の出席を要請し、説明を求め審査したところであります。

 この事業個所設定に関し、臨海工業団地周辺整備だけに補助金を使用することは望ましくなく常磐鹿島工業団地造成の際に地権者との協定があるはずであり、これら協定の整備を早急に行うよう委員からの要望があったことを付言しておきます。

 次に、議案第13号昭和58年度いわき市下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、本案は公共下水道建設事業に係る国・県補助金の増額内示に伴う下水道建設工事及び浄化センター建設工事に要する経費の補正であり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で建設常任委員会の御報告を終わります。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△経済常任委員長報告



○議長(渡辺多重君) 経済常任委員会委員長鈴木正平君。



◎経済常任委員長(鈴木正平君) 〔登壇〕経済常任委員会の御報告を申し上げます。

 去る14日の本会議より当委員会に付託されました案件は、条例案2件、補正予算案1件、一般議案2件の計5件であります。これら議案審査のため現地調査を含めながら15、16日関係部課長出席のもと委員会を開催し審査した結果、終了するに至りましたので、その結果につきまして御報告を申し上げます。

 まず、議案第7号いわき市農業委員会の選挙による委員の選挙区の設定に関する条例の改正についてであります。

 本案は、昭和58年3月1日付福島県告示第251号をもって新たに洋向台一丁目から同五丁目まで画定されたことに伴い農業委員会の選挙による委員のうち第4選挙区の区域に新たに洋向台を加えるため、条例を改正するもので、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第8号いわき市農村生活環境整備施設条例の改正について申し上げます。

 本案は、山村地域農林漁業特別対策事業として農林業従事者の社会的、経済的地位の向上と農林業の振興に寄与するため、三和町上市萱地内に設置した上市萱生活改善センターが、近く供用開始されることに伴い、同施設の適正な管理運営を図るため施設の名称、位置及び管理の委託先等を定めるため、条例を改正するもので、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第42号、第43号の公有水面の埋立てに係る意見については一括申し上げます。

 議案第42号は、小名浜港港湾整備計画に基づき船揚場用地並びに護岸用地のため小名浜港港湾区域内の公有水面埋め立て、また議案第43号は、小浜漁港整備計画に基づき船揚場用地、野積場用地及び道路用地等のため、小浜漁港区域内の公有水面埋め立てであり、いずれも公有水面埋立法の規定により福島県知事から諮問があったものであり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第11号昭和58年度いわき市一般会計補正予算(第3号)のうち当委員会付託分について申し上げます。

 まず、農林水産業費ですが、農山漁村振興特別対策事業費補助金、果実共同選果施設合理化促進事業補助金、土地改良事業費及び4月初旬の降雨により乾草供給センター内沈砂池が土砂流入の災害を受けたので、早急に整備を要するため応急工事費として1,187万円計上したものが主なる補正であります。

 次に、商工費ですが勿来の関の国民宿舎施設整備工事に要する補正でありますが、委員より、「乾草供給センター応急工事費の中で、土砂上げをするが、土砂をどこに捨てるのか、また防災工が多くあるが今回何カ所取り除くのか」との質疑に対し、当局より、「乾草センターの土砂については公共災で粘土層の土を取り除いたので、その跡地に土砂を捨てることにしており、また、防災工は今回2カ所取り除く予定ですが、その他予算の範囲内で実施していきたい」との答弁を了とし、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 最後に、継続審査中の請願第10号食肉流通センター設置についてでありますが、なお調査検討を要するため、引き続き継続審査にすべきものと決しました。

 以上で、経済常任委員会の御報告を終わります。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△企業誘致特別委員長報告



○議長(渡辺多重君) 企業誘致特別委員会委員長永井俊正君。



◎企業誘致特別委員長(永井俊正君) 〔登壇〕企業誘致特別委員会の御報告を申し上げます。

 去る14日の本会議より当委員会に付託になりました案件は、議案第11号昭和58年度いわき市一般会計補正予算第3号中第7款商工費、第1項商工費、第3目企業誘致対策費であります。

 当委員会は、17日、橋本助役を初め関係部課長出席のもと審査した結果、終了するに至りましたので、その審査結果について御報告を申し上げます。

 今回の補正予算は、企業誘致の積極的な推進を図るための調査委託料及び県東京事務所駐在職員の旅費等の補正措置であり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で企業誘致特別委員会の御報告を終わります。



○議長(渡辺多重君) 以上で委員長の報告は終了いたしました。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺多重君) この際、発言の通告がなければこのまま会議を進めたいと思いますが、通告はございませんか。

               〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 通告がないようですので、会議を続行いたします。

 これより質疑及び討論に入りますが、通告がありませんので、質疑及び討論は終結いたしました。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(渡辺多重君) 直ちに採決いたします。

 まず、議案第1号いわき市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例のの改正についてから議案第43号公有水面の埋め立てに係る意見についてまで、以上43件を一括採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決であります。各案を委員長報告のとおり可決することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認めます。よって、各案は原案どおり可決することに決しました。

 次に、請願について一括採決いたします。各請願をそれぞれ委員長報告どおり決するに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認め、そのように決しました。

 なお、継続審査と決しました各請願については、当該委員会の閉会中の審査として付託いたします。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第45号(提案理由説明〜採決)



○議長(渡辺多重君) 日程第2、市長より追加提出になりました議案第45号固定資産評価員選任の同意を求めることについてを議題といたします。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提案理由説明



○議長(渡辺多重君) 提出者より提案理由の説明を求めます。田畑市長。



◎市長(田畑金光君) 〔登壇〕ただいま上程いたしました議案第45号につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 議案第45号固定資産評価員選任の同意を求めることについてでありますが、固定資産を適正に評価し、市長が行う価格の決定を補助させるため地方税法第404条第2項の規定に基づき、固定資産評価員を設置しておりますが今回、布田功の後任として小泉陽一郎を選任するものであり、議案経歴記載のとおり適任者であると考えますので慎重御審議の上、御同意下さるようお願い申し上げ提案理由の説明を終わります。



○議長(渡辺多重君) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(渡辺多重君) お諮りいたします。本案を直ちに採決することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認め、採決いたします。

 改めてお諮りいたします。本案については、小泉陽一郎君に同意することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認め、小泉陽一郎君に同意することに決しました。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 意見書案第1号(提案理由説明〜採決)



○議長(渡辺多重君) 日程第3、議員提出の意見書案第1号食品添加物の規制に関する意見書を議題といたします。

               〔意見書案は未尾登載〕

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由説明



△吉田正登君提案理由説明



○議長(渡辺多重君) 提出者より提案理由の説明を求めます。32番吉田正登君。



◎32番(吉田正登君) 〔登壇〕社会党の吉田でございます。意見書案第1号についてお手元に配付の案文の朗読をもって提案理由の説明にかえさせていただきます。

 食品添加物の規制に関する意見書。

 食品添加物の安全性は消費者にとって、最も重要な事柄の一つであり、食品衛生法にも、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し公衆衛生の向上及び増進に寄与することがうたわれている。

 しかるに、現在国におかれては、食品添加物に関する規制緩和等のため、同法の改正を準備中と聞き及んでいるが、改正は新たな食品添加物の増加につながり、ひいては消費者の摂取総量の増加をもたらすものと思量される。

 よって政府は、公衆衛生の向上及び増進に寄与するため、食品添加物に対する規制を強化されるよう要望する。

 以上、会議規則第14条により提出いたします。

 以上でありますが、何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。



○議長(渡辺多重君) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(渡辺多重君) お諮りいたします。本案を直ちに採決することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認め、そのように取り計らいます。

 改めてお諮りいたします。本案を原案どおり決するに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認めます。よって、意見書案第1号は原案どおり可決されました。

 なお、ただいま議決されました意見書に対する字句の整理、その他処理については議長に委任されたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認め、そのように決しました。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会



○議長(渡辺多重君) これをもって本日の日程は全部終了いたし、今期議会に付議された事件は全部議了いたしました。

 よって、これにて昭和58年いわき市議会6月定例会を閉会いたします。

                午前11時27分 閉会

            −−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

          いわき市議会議長  渡辺多重

              同 議員  宮川えみ子

              同 議員  間宮俊彦