議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 いわき市

昭和56年 12月 定例会 12月12日−04号




昭和56年 12月 定例会 − 12月12日−04号







昭和56年 12月 定例会



        昭和56年12月12日(土曜日)

議事日程 第4号

 昭和56年12月12日(土曜日)午前10時開議

日程第1  会期の延長

日程第2  議案第40号〜議案第51号(提案理由説明〜議案に対する総括質疑・委員会付託)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

      〔議事日程第4号記載事件のとおり〕

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(47名)

1番     岩城光英君      2番     斉藤八郎君

3番     馬目清通君      4番     佐藤芳博君

5番     樫村弘君       6番     白土和男君

7番     若松昭雄君      8番     青木稔君

9番     酒井隆郎君      10番     高萩充君

11番     政井博君       13番     水野五郎君

14番     永山哲朗君      15番     菅波庄助君

16番     永井俊正君      17番     田久孝翁君

18番     雨宮幸夫君      19番     緑川定美君

20番     円谷裕一君      21番     宮川えみ子君

22番     伊東達也君      23番     鹿島清三君

24番     菅野留之助君     25番     大平多太男君

26番     斉藤誓之助君     27番     間宮俊彦君

28番     矢吹康君       29番     蛭田仁君

30番     安藤正則君      31番     鈴木利之君

32番     吉田正登君      33番     小野昌太郎君

34番     木内浩三君      35番     芳賀定雄君

36番     柳楽孝作君      37番     磯上久美君

38番     藁谷勝男君      39番     四家啓助君

40番     市橋武君       41番     渡辺多重君

42番     斉藤隆行君      43番     鈴木正平君

44番     大村哲也君      45番     鈴木勝夫君

46番     佐久間昭君      47番     多賀重吉君

48番     小林周喜君

欠席議員(1名)

12番     人見一君

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

市長        田畑金光君     助役        橋本渡君

助役        池田清君      収入役       関内栄三君

教育委員長     御代武光君     教育長       松本久君

水道事業管理者   嶋崎忠好君     代表監査委員    田辺保孔君

企画部長      作山優君      総務部長      小泉毅君

財政部長      坂本平助君     市民環境部長    蛭田喜久男君

福祉厚生部長    須永恭平君     農林部長      佐藤豊君

商工水産部長    真名田重喜君    土木部長      沢田次男君

都市建設部長    古内義光君     消防長       内山栄一君

水道局長      岡田清君      教育次長      鈴木栄君

秘書室長心得    杉本大助君     総務課長      新妻忠男君

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

                    次長

事務局長      永山巌君                坂本英雄君

                    (兼)総務課長

                    課長補佐

議事調査課長    舛田良作君               鈴木司君

                    (兼)議事係長

主任主査

          滝賢一君      議事係主査     鈴木研三君

(兼)調査係長

議事係主査     伊藤正敬君     議事係事務主任   鈴木正一君

調査係主査     青山靖男君

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

         午前10時 1分 開議



○議長(渡辺多重君) これより本日の会議を開きます。本日の議事は、配付の議事日程第4号をもって進めます。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会期の延長



○議長(渡辺多重君) 日程第1、会期の延長を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日までと議決されておりますが、議事の都合により、会期を12月14日まで2日間延長いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認めます。よって、会期は12月14日まで2日間延長することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第40号〜議案第51号(提案理由説明〜議案に対する総括質疑・委員会付託)



○議長(渡辺多重君) 日程第2、市長から追加提出になりました議案第40号から議案第51号までを一括議題といたします。

        〔議案は別冊参照〕

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提案理由説明



○議長(渡辺多重君) 提出者より提案理由の説明を求めます。田畑市長。



◎市長(田畑金光君) 〔登壇〕ただいま上程されました議案第40号から議案第51号までにつきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 議案第40号いわき市職員の給与に関する条例の改正につきましては、去る8月7日、国家公務員の給与に関し人事院の勧告があり、一般職の職員の給与改定の取り扱いが11月27日の閣議において決定され、また、福島県の職員の給与改定についても、県人事委員会の給与に対する勧告に基づいて12月8日、県議会に給与条例の改正案が追加提案されたことに伴い、当市においても国家公務員等に準じ所要の改正を行おうとするものであります。

 改正の内容といたしましては、給料表の全部改正による給料月額の引き上げ及び扶養手当、住居手当、並びに通勤手当について、それぞれ引き上げを行おうとするものでありますが、昭和56年度の期末、勤勉手当については、現行の給料等を基準に算定した額に凍結しようとするものであります。

 なお、改正条例の規定は、昭和56年4月1日から適用するものとし、公布の日以降において規則で定める日から施行することとするものであります。

 次に、補正予算案について御説明申し上げます。

 まず、議案第41号昭和56年度一般会計補正予算案についてでありますが、職員給与費の引き上げに伴う経費のほか、さきの提案説明で御報告申し上げました仮称「小名浜埠頭株式会社」に対する出資金として、今回1,100 万円を計上いたした次第であります。

 次に、議案第42号から議案第47号までの特別会計補正予算案並びに議案第48号から議案第51号までの企業会計補正予算案につきましては、職員給与費の引き上げに伴う補正のほか、特に、議案第48号の総合磐城共立病院事業会計につきましては、緊急に必要とする医療機器の購入費4,000 円を計上いたしたものであります。

 この結果、一般会計の補正額は6億7,754万3,000 円となり、現計予算額と合わせますと、補正後の予算額は691億1,147 万円と相なったわけであります。

 また、特別会計の補正予算額は4,255万2,000 円、企業会計の補正予算額は3億2,667 万円となった次第であります。

 以上、追加提案の御説明を申し上げましたが、何とぞ慎重御審議の上、速やかなる議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。



○議長(渡辺多重君) 以上で、提案理由の説明は終了いたしました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺多重君) この際、質疑の通告がなければこのまま会議を進めたいと思いますが、通告はありませんか。

      〔25番大平多太男君「議長」と呼ぶ〕



○議長(渡辺多重君) 通告の申し出がありますので、午前10時25分まで休憩いたします。

 質疑の通告は午前10時10分までといたします。

           午前10時 7分 休憩

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           午前10時40分 開議



△議案に対する総括質疑



△大平多太男君質疑



○議長(渡辺多重君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより議案に対する質疑を行います。質疑の通告がありますので発言を許します。25番大平多太男君。



◆25番(大平多太男君) ただいま追加提案になりました職員の給与に関する条例の改正に関連して、市長のお考えをおただしするわけであります。

 当市の財政の厳しいことについては、本議会の質疑応答の中で明らかであります。昭和57年度は、さらに臨調がらみもあって厳しい予算編成が予想されるのであります。その中で、職員給与について自治省は、ラスパイレス指数の高い福島市、いわき市、郡山市、白河市に対して賃上げを見送るよう指導通達があったように新聞報道がありましたが、いわき市の場合はそのようなことがあったのかどうかお伺いいたします。

 また、12月5日の新聞報道によりますと、福島市は、給与是正を図るため定期昇給期間を9カ月延長したようであります。確かに福島市はラスパイレス指数112.2であり、東北一高い市と言われておりますが、いわき市においては109で、福島市に次ぐ数であります。当市の場合、今後福島市のように何らかの方策を考えているのかどうか。この2点について市長のお考えをおただしする次第でございます。よろしく御答弁お願いいたします。



○議長(渡辺多重君) 田畑市長。



◎市長(田畑金光君) 第1の御質問でございますが、自治省から指導があったかどうかという点でございますが、自治省の指導といたしましては、国家公務員の給与に比較して著しく高い153団体について、個別指導に乗り出す考えを先般来打ち出しているわけでございますが、著しく高い団体の目安としては、おおむねラスパイレス指数が115を超える程度の自治体とされておるわけでありまして、自治省はその団体名を12月11日公表しておるわけであります。きょうの新聞にもよく出ておるわけであります。東北には該当する自治体はないようでございます。

 さて、当市のラスパレス指数は、御存じのように昭和56年4月1日現在109でございまして、特に自治省から直接の行政指導を受けておるというような実情ではございません。そういう実情で今日に来たということを御理解願いたいと思います。

 次に、このような厳しい背景のもとで、市としては職員給与等についてどう考えておるのかという御質問でございますが、当市の給与制度は、基本的には国に準じて定めておりますし、また、今日まで県の給与のあり方等に準じて行ってきたという運用でございまして、残念でありますが、先ほど申し上げましたようにラスパイレス指数が国を上回る109の給与水準になっておるわけであります。

 そこで、これの適正化につきましては、制度の運用化、当市合併以来の経過もあるわけでございますし、また、職員の重大な勤務条件の変更を伴うことにもなるわけでございますから、職員組合との協議の中から是正すべき点については是正を図り、市民の理解と納得が得られるよう給与制度の確立を期してまいりたい考えでおりますので、御理解願いたいと思います。



○議長(渡辺多重君) 以上で議案に対する総括質疑は終結いたしました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託



○議長(渡辺多重君) ただいま議題となっております議案12件は、配付の議案付託表の区分に従い、それぞれの常任委員会に付託いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会



○議長(渡辺多重君) 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

 本会議は、委員会開催日程等を勘案の結果、来る12月14日午後1時から再開の上、議案等に対する各委員長の審査結果の報告等を行います。

 本日はこれにて散会いたします。

       午前10時45分 散会

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−