議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 いわき市

昭和56年  7月 臨時会 07月21日−01号




昭和56年  7月 臨時会 − 07月21日−01号







昭和56年  7月 臨時会



       昭和56年いわき市議会7月臨時会会議録

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          昭和56年7月21日(火曜日)

         −−−−−−−−−−−−−−

 議事日程 第1号

  昭和56年7月21日(火曜日)午前10時開議

日程第1 会議録署名議員指名

日程第2 会期決定

日程第3 いわき市農業委員会委員の推薦について

日程第4 議案第1号〜議案第8号(提案説明〜委員会付託)

日程第5 議案第1号〜議案第8号(委員長報告〜採決)

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

       〔議事日程第1号記載事件のとおり〕

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(47名)

1番     岩城光英君     2番     斉藤八郎君

3番     馬目清通君     4番     佐藤芳博君

5番     樫村弘君      6番     白土和男君

7番     若松昭雄君     8番     青木稔君

9番     酒井隆郎君     10番     高萩充君

11番     政井博君      12番     人見一君

13番     水野五郎君     14番     永山哲朗君

16番     永井俊正君     17番     田久孝翁君

18番     雨宮幸夫君     19番     緑川定美君

20番     円谷裕一君     21番     宮川えみ子君

22番     伊東達也君     23番     鹿島清三君

24番     菅野留之助君    25番     大平多太男君

26番     斉藤誓之助君    27番     間宮俊彦君

28番     矢吹康君      29番     蛭田仁君

30番     安藤正則君     31番     鈴木利之君

32番     吉田正登君     33番     小野昌太郎君

34番     木内浩三君     35番     芳賀定雄君

36番     柳楽孝作君     37番     磯上久美君

38番     藁谷勝男君     39番     四家啓助君

40番     市橋武君      41番     渡辺多重君

42番     斉藤隆行君     43番     鈴木正平君

44番     大村哲也君     45番     鈴木勝夫君

46番     佐久間昭君     47番     多賀重吉君

48番     小林周喜君

欠席議員(1名)

15番     菅波庄助君

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

市長      田畑金光君        助役      橋本渡君

助役      池田清君         収入役     関内栄三君

教育委員長   御代武光君        教育長     松本久君

水道事業管理者 嶋崎忠好君        代表監査委員  田辺保孔君

企画部長    作山優君         総務部長    小泉毅君

財政部長    坂本平助君      市民環境部長  蛭田喜久男君

福祉厚生部長  須永恭平君      農林部長    佐藤豊君

商工水産部長  真名田重喜君     土木部長    沢田次男君

都市建設部長  古内義光君      消防長     内山栄一君

水道局長    岡田清君       教育次長    鈴木栄君

秘書室長心得  杉本大助君      総務課長    新妻忠男君

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

                   次長

事務局長    永山巌君               坂本英雄君

                   (兼)総務課長

                   課長補佐

議事調査課長  舛田良作君              鈴木司君

                   (兼)議事係長

主任主査

        滝賢一君       議事係主査   鈴木研三君

(兼)調査係長

議事係主査   伊藤正敬君      議事係事務主任 鈴木正一君

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午前10時2分 開会



○議長(渡辺多重君) これより昭和56年いわき市議会7月臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員指名



○議長(渡辺多重君) これより議事に入ります。本日の議事は、配付の議事日程第1号をもって進めます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議規則第81条の規定により、議長において8番青木稔君、39番四家啓助君、以上の2君を指名いたします。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期決定



○議長(渡辺多重君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定いたします。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 いわき市農業委員会委員の推薦について



○議長(渡辺多重君) 日程第3、いわき市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

 いわき市農業委員会委員の任期満了により、市長より農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、学識経験を有する者の推薦を求められております。

 この際、委員の推薦について議長において指名することにいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認め、そのように取り計らうことにいたします。

 この際、地方自治法第117条の規定により大平多太男君を除斥いたします。

       〔25番大平多太男君退場〕



○議長(渡辺多重君) いわき市農業委員会委員として、お手元に配付いたしました推薦者名簿のとおり、草野正辰君、渡辺?君、渡辺榮君、皆川源三郎君、大平多太男君、以上の5君を指名いたします。(末尾登載)

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(渡辺多重君) 直ちに採決いたします。

 お諮りいたします。まず、大平多太男君を農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、議会は推薦することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認め、大平多太男君を推薦することに決しました。

     〔25番大平多太男君入場〕



○議長(渡辺多重君) お諮りいたします。次に、草野正辰君、渡辺?君、渡辺榮君、皆川源三郎君の4君を一括して採決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認め、一括して採決いたします。

 改めてお諮りいたします。草野正辰君以下4君を農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、議会は推薦することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認め、草野正辰君、渡辺?君、渡辺榮君、皆川源三郎君の4君を推薦することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第1号〜議案第8号(提案説明〜委員会付託)



○議長(渡辺多重君) 日程第4、市長提出の議案第1号から議案第8号までを一括議題といたします。

     〔議案は別冊参照〕

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長提案理由説明



○議長(渡辺多重君) 提出者より提案理由の説明を求めます。田畑市長。



◎市長(田畑金光君) 〔登壇〕本日、ここに7月臨時市議会を招集し、条例案を初め、市政執行上必要な議案を提出し、御審議を願うに先立ち、去る6月21日から6月24日にかけ、報道された北部浄化センター職員の賭博問題について御報告申し上げます。

 職員の綱紀粛正と服務規律の厳正確保については、再三、再四にわたり注意を喚起してきたにもかかわらず、職場内賭博問題として報道され、公務員の社会的信用を失墜させたことは、まことに遺憾であり全く残念でなりません。

 市といたしましては、直ちに報道された内容の事実解明のため、北部浄化セン夕一に勤務する職員等に対し厳格な事情聴取を行いましたが、賭博の行為があったという確証は得られませんでした。しかしアミダ行為については、その回数、方法についても疑惑を招くようなやり方もあり、公務員倫理に欠ける行為が行われていたことが明らかになったほか、服務規程等違反事項も判明した次第であります。

 このような職場規律の弛緩、乱れは職場規律の確保について率先垂範すべき立場にある当該センター所長が、みずから服務規程等に違反し、さらに、その職責を十分果たさなかったことに起因しているものであるところから、当該職員を減給10分の1、3カ月の懲戒処分とし、また、施設を統括管理する職責を有する監督職員に対しても厳しく文書をもって訓告するとともに、北部浄化センターの職員に対しては厳重注意をし、服務規律の保持を促しました。

 今後は、職員のモラルの向上に一層努力し、市民の信頼にこたえてまいる考えでありますので御了承を賜りたいと存じます。

 次に、中部浄化センター建設工事に伴う常磐バイパスの沈下について申し上げます。

 沈砂ブロアー棟の建設工事につきましては、昨年12月定例市議会において議決を賜り、鋭意施工中でありますが、この工事過程においてウエルポイント(強制地下水位低下工法)及びディープウエル工法(井戸式地下水低下工法)により地下水を排除しながら掘削工事を施工中のところ、供用中の常磐バイパスに圧密沈下を上回る30数センチの沈下が生じたのであります。

 磐城国道工事事務所からの要請もあり、これ以上の沈下を防ぐため、ディープウエル工法による排水を中止し、沈砂ブロアー棟の掘削工事等も中止しております。これが対策につきましては、現在、福島県や建設省と工法などについて検討をいたしておりますが、一日も早い対策工法を決定し、工事の再開に全力を注ぎ、将来計画に支障を来さないよう努力する所存でありますので、議員各位の御理解を賜りたいと存じます。

 次に、議案について御説明申し上げます。

 議案第1号いわき市いわきニュータウン新町名設定審査委員会条例の制定について申し上げます。

 本案は、いわきニュータウンが昭和57年度から第1回の分譲が開始されることに伴い、いわき市の理想郷を目指す新都市形成にふさわしい新たな町名を設定するもので、市民及び県内から広く意見を徴し、公募方法によって実施するため、条例の制定をしようとするものであります。

 次に、議案第2号昭和56年度いわき市一般会計補正予算(第3号)について御説明申し上げます。

 今回の補正予算につきましては、まず、さきの6月定例市議会において御報告を申し上げました、去る5月31日の降霜により農作物に甚大な被害を受けた農家への救済対策に要する経費といたしまして、第1に、樹草勢回復用等肥料購入事業費補助金として、作物の被害率がインゲンについては30%から70%のもの、桑については30%以上のものについて、樹草勢回復をさせるための肥料購入費に対し、県と同額の3分の1を補助するため84万円と、さらに、桑については県の補助基準以外に市単独事業として上乗せ補助をするため33万円、合わせて117万円を計上いたしたものであります。

 第2に、病害虫防除用農薬購入事業費補助金として作物の被害率がインゲンについては30%から70%のもの、葉たばこについては30%以上のものについて、防除用農薬購入費に対し、県と同額の3分の1を補助するため88万6,000 円と、さらに、桑については市単独事業として被害率が30%以上のものについて、防除用農薬購入費に対し3分の1を補助するため25万2,000 円、合わせて113万8,000 円を計上いたしました。

 第3に、種苗等購入事業費補助金としてインゲン作物の被害率が70%以上のものについて、追まき種子購入費に対し県と同額の3分の1を補助するため38万4,000円を計上いたしました。

 第4は、葉たばこ回復促進対策事業費補助金として被害率が30%以上のものについて、脇芽出しの促進を図るための人夫賃に対し、市単独事業として補助するため169万3,000 円を計上いたしたものであります。

 次に、森林災害対策でございますが、昨年12月の豪雪により被害を受けた森林の折損木整理等のため、林道の開設が必要となり、県の補助を受け、6月定例市議会において議決をいただいたところでありますが、今回、さらに県から追加内示がございましたので、1,226万円を追加計上し、事業の早期実施に努めることといたしたものであります。

 次に、先ほど議案第1号で御説明申し上げましたいわきニュータウンの新町名設定審査等に要する経費として137万2,000 円を計上いたした次第であります。

 以上の結果、今回の補正額は1,801万7,000 円となり、現計予算額と合わせますと補正後の予算額は650 億406万5,000 円と相なったわけであります。

 なお、これが補正財源といたしましては、県支出金、諸収入の特定財源と繰越金をもって充当いたしたものであります。

 議案第3号財産取得について御説明申し上げます。

 本案は、消防団員服制規定の一部改正によって新たに作業服が加えられたことに伴い、災害時はもちろん、消防訓練及び災害防御活動用として活動しやすい作業服を貸与するため取得しようとするものであり、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づき提案いたすものであります。

 議案第4号及び議案第5号につきましては、工事請負契約についてでありますので、一括御説明申し上げます。

 これら契約の内容につきましては、それぞれ指名競争入札を実施いたしました結果、議案第4号いわき市立郷ケ丘小学校屋内運動場建設工事については株式会社加地和組に、議案第5号いわき市立鹿島小学校屋内運動場建設工事については常磐土建株式会社にそれぞれ落札いたしましたので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき提案するものであります。

 議案第6号及び議案第7号については、工事請負契約の変更についてでありますので一括御説明申し上げます。

 議案第6号産炭地域開発就労事業南富岡−橋本線舗装新設工事、及び議案第7号産炭地域開発就労事業長子排水路改良工事の工事請負契約につきましては、去る4月30日の市議会臨時会において専決処分の承認をいただき、本年4月1日から工事施工中でありますが、本年度の国庫補助事業費単価の改定に伴い、それぞれ契約金額の増額変更を行おうとするものであり、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき提案するものであります。

 議案第8号専決処分の承認を求めることについて御説明申し上げます。

 専決第3号昭和56年度いわき市―般会計補正予算(第2号)につきましては、いわき市失業者就労事業就労者離職慰労金支給要綱に基づき、一般失業対策事業就業者が本年7月1日から9月30日の間に失業者就労事業から自立引退をした就労者等に離職慰労金を支給するため、専決処分により補正措置をいたした次第であります。

 専決第4号財産取得につきましては、去る6月市議会定例会において議決をいただきましたごみ分別収集用ごみ袋1世帯当たり30枚、総数300 万枚を取得したものであり、これらはいずれも急施を要するため、専決処分により対処いたしたものであります。

 以上、提案理由を御説明申し上げましたが、何とぞ慎重御審議の上、速やかなる議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(渡辺多重君) 以上で提案理由の説明は終了いたしました。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺多重君) ここで、午前10時30分まで休憩いたします。質疑の通告は午前10時25分までといたします。

            午前10時18分 休憩

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            午前10時36分 開議



△議案に対する総括質疑



△大村哲也君質疑



○議長(渡辺多重君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案に対する質疑の通告がありますのでこれを許します。44番大村哲也君。



◆44番(大村哲也君) 市長報告の中の綱紀粛正の問題についておただしをいたしたいと思います。

 報告の中にありますように、再三、再四、何度か注意を喚起したということでございますが、遺憾ながら不祥事件が後を絶たないということは44番も深く遺憾の意を表明するものであります。

 そこで市長におただししたいのでありますが、市長は、公約の中で市政の最も基本的な部分で清潔をうたっているわけであります。その市長の意に反して、かかる事件が再三、再四にわたって起こるその問題点は那辺にあるやに市長はお考えになっているのか。

  2点目として、市長は本当にまじめに、朝から晩まで34万市民の幸福を願って一生懸命に活躍をしているわけでございますが、それが裏目に出るわけであります。まことに残念でなりません。市長を支える1人として、私は本当にこのことを声を大きくして申し上げなければなりません。

 表を一生懸命歩くのも大きな市長の役割りでありますが、少なくとも5,000 人の職員と、本当に数多くのいろんな施設がございますので、ひとつ大変であろうと思いますが日程をつくって、その関係職員の皆さんとひざを交えて十二分に市長の真意というものを、働く職員の皆様方に市長の物の考え方をわかってもらう、そういう話し合いの場、一つの運動を大きく推進して、市長みずから働く職場にもぐり込んで、そういう働く5,000 人の職員とひざを交えて話し合うという用意があるかどうかひとつお聞かせを願います。

 総務部長にお尋ねをしたいのでありますが、問題が発生するたびに依命通達ということで、助役名による一遍の通達が数多くの美辞麗句で流されるわけであります。しかしながら、その結果も市民の信頼を裏切るような結果に相なるわけであります。

 そこで私は、勇気ある職員がおればそういう不祥事件というものは起きないのではないかと思います。見て見ぬふりをして、1人の施設の所長がワンマンで、俺の言うことを聞かなければというようなことに相なりますと、長い物に巻かれてしまう、いわゆる事なかれの行き方、考え方が役所の中を覆いつくすとするならば、これは、いわき市政の将来に大きな禍根を残すと思うわけであります。

 そういうわけで、一遍の通達やありきたりの職員研修では、もう問題を解決できないのではないかと私は考えるわけであります。問題解決をするために、ひとつ勇気あるりっばな職員をつくり上げる、何かりっばな処方箋を今回の事件を通じてお持ちになっているかどうか、お聞かせをいただきたいと思います。



○議長(渡辺多重君) 田畑市長。



◎市長(田畑金光君) 大村議員御指摘のように、数ある5,000 名を超える職員でありますだけに、私もできるだけ時間をつくり、支所あるいは施設等を回りまして現場の職員と話し合いを持ちながら、公務員の姿勢、あるいは使命感を持って市民のために奉仕する公務員としてあるべき心構えを、できるだけ対話の中から指導してまいりたいと考えているわけであります。

 また、この種事故の原因は何かということでございますが、お話がありましたように数多くの職員もいることでありますだけに、上司であろうとも市の職員として芳しくない、あるいは望ましくない行為等を見つけた場合はしかるべき進言等、あるいは意見等を申し述べる、そういうような勇気のある行動なども当然これまた必要なことだと思います。そのようなこと等についてもできるだけこれから職員との対話の中から勇気ある職員が行動を起こせるように指導してまいりたいと考えておりますので、御理解を願いたいと思います。



○議長(渡辺多重君) 小泉総務部長。



◎総務部長(小泉毅君) 市長がただいま勇気ある職員の御意見にも触れてございますが、具体的な方策につきまして申し上げたいと思います。

 御指摘のように部長会議、支所長会議、あるいは通達−−依命通達の形が多いわけですがそのほか、あらゆる研修の機会をとらえまして注意の喚起をしたところでございますが、そういった再三、再四にわたる指導教育にもかかわらず今回のような事態が発生しましたことにつきましては、まことに遺憾でございまして、申しわけないと考えております。

 今後とも御指摘のような勇気のある職員の養成につきましては、特に職場研修、自己研修、こういった研修を強化いたしまして、いわゆる勇気ある職員の養成のために職員の資質、自立意識、あるいは問題意識の涵養、養成ということにつきましてさらに積極的に努力してまいりたいと考えておりますので、御理解いただきたいと思います。以上でございます。



○議長(渡辺多重君) 44番大村哲也君。



◆44番(大村哲也君) 市長に再度お尋ねをいたします。この報告の中では監督者に対して文書で戒告したということでございますが、市政の最高責任者である市長、助役、関係部長、この方々に対するみずからの処分をいかように考えているのかお聞かせを願います。



○議長(渡辺多重君) 田畑市長。



◎市長(田畑金光君) 厳重注意をいたします。また、私自身もみずから深く反省しながら、今後行動してまいりたいと思っております。



○議長(渡辺多重君) 以上で質疑は終結いたしました。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託



○議長(渡辺多重君) ただいま議題となっております議案第1号から議案第8号までについては、お手元に配付の議案付託表のとおり、それぞれの所管常任委員会に付託いたします。

 付託事件のある委員会は、休憩中に委員会を開催されて、審査を終了するようお願いいたします。

 ここで午前11時30分まで休憩いたします。

          午前10時42分 休憩

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後0時10分 開議



△日程第5 議案第1号〜議案第8号(委員長報告〜採決)



○議長(渡辺多重君) 休憩前に引き続き会議を開きます。日程第5、議案第1号から議案第8号までを議題といたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



△文教常任委員長報告



○議長(渡辺多重君) 直ちに委員長の報告を求めます。文教常任委員会委員長菅野留之助君。



◎文教常任委員長(菅野留之助君) 〔登壇〕文教常任委員会の御報告を申し上げます。

 先刻の本会議より当委員会に付託になりました案件は、議案第4号及び議案第5号の2件であり、これらはいずれも工事請負契約についてでありますので、一括御報告いたします。

 契約内容は、いわき市立郷ケ丘小学校屋内運動場建設工事、いわき市立鹿島小学校屋内運動場建設工事であり、当局より入札状況等の説明を聴し審査をした結果、いずれも異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で文教常任委員会の御報告を終わります。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△厚生常任委員長報告



○議長(渡辺多重君) 厚生常任委員会委員長大村哲也君。



◎厚生常任委員長(大村哲也君) 〔登壇〕厚生常任委員会の御報告を申し上げます。

 先刻の本会議より当委員会に付託になりました案件は、議案第8号専決処分の承認を求めることについてのうち、専決第4号財産取得についてであります。

 本案は、4月1日から開始した分別収集事業も市民の皆さんの協力により非常な成果を上げていることから、成果の一部を市民の皆さんに還元するため、1世帯当たり30枚ずつごみ袋を無料配布するためにごみ袋の取得を専決処分したものであり、異議なく万場一致承認すべきものと決しました。

 以上で厚生常任委員会の御報告を終わります。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△経済常任委員長報告



○議長(渡辺多重君) 経済常任委員会委員長藁谷勝男君。



◎経済常任委員長(藁谷勝男君) 〔登壇〕経済常任委員会の御報告を申し上げます。

 先ほどの本会議から当委員会に付託されました案件は、議案第2号昭和56年度いわき市一般会計補正予算第3号中の所管部分についての1件であります。

 本案は、凍霜害による樹草勢回復及び病害虫防除事業等の農業災害対策事業、並びに雪害による森林災害対策としての林道開設事業に要する経費の補正であり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で経済常任委員会の御報告を終わります。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△総務常任委員長報告



○議長(渡辺多重君) 総務常任委員会委員長緑川定美君。



◎総務常任委員長(緑川定美君) 〔登壇〕総務常任委員会の御報告を申し上げます。

 先刻の本会議より当委員会に付託になりました案件は3件であり、委員会を開催し慎重に審査した結果、終了するに至りましたので御報告を申し上げます。

 まず、議案第2号昭和56年度いわき市一般会計補正予算第3号中当委員会付託分について申し上げます。

 本案は、雪害、凍霜害の対策費の一般財源として繰越金を充てるための補正であり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。。

 次に、議案第3号財産取得について申し上げます。

 本案は、消防組織法の規定に基づく消防団員服制の一部改正によって新たに作業服が加えられたたことに伴い、消防訓練及び災害防御活動用として全団員に作業服を貸与するための財産取得であり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 最後に、議案第8号専決処分の承認を求めることについてのうち、専決第3号昭和56年度いわき市一般会計補正予算第2号中当委員会付託分について申し上げます。

 本案は、失業者就労事業就労者自立引退特例援護措置に伴う離職慰労金の財源措置として繰越金を補正したものであり、異議なく承認すべきものと決しました。

 以上で総務常任委員会の御報告を終わります。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△建設常任委員長報



○議長(渡辺多重君) 建設常任委員会委員長間宮俊彦君。



◎建設常任委員長(間宮俊彦君) 〔登壇〕建設常任委員会の御報告を申し上げます。

 先刻の本会議から建設常任委員会に付託されました案件は5件であります。関係職員出席のもとに詳細なる説明を受け、慎重に審査した結果終了するにいたりましたので、議案番号順にその経過と結果について御報告いたします。

 まず、議案第1号いわき市いわきニュータウン新町名設定審査委員会条例の制定についてであります。

 本案は、いわきニュータウンが昭和57年度に第1回の分譲をするに伴い、新たな町名を設定するのに公募方式を導入するため、その新町名の選考審査に当たるための審査委員会を設置しようとするものであり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第2号昭和56年度いわき市一般会計補正予算第3号のうち当委員会付託分については、いわきニュータウン新町名設定にかかるまでの諸経費の補正でありますので、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第6号及び第7号の工事請負契約の変更については、いずれも産炭地域開発就労事業で、昭和56年度補助就労事業で、昭和56年度補助事業単価引き上げに伴う工事請負契約の変更であり、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 最後に、議案第8号専決処分の承認を求めることについてのうち、専決第3号昭和56年度いわき市一般会計補正予算第2号中当委員会付託分についてであります。

 本案は、失業者就労事業就労者自立引退特例援護措置に伴う離職慰労金に係る6,000 万円の補正を専決したものでありますが、今回の引退特例援護措置については、一部にこの趣旨が正確に伝わっていない節があるので、これらを正確に十分周知徹底を図るよう要望して、本案は承認すべきものと決しました。。

 以上で建設常任委員会の御報告を終わります。



○議長(渡辺多重君) 以上で委員長の報告は終了いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(渡辺多重君) この際、特に発言の通告がなければこのまま会議を進めたいと思いますが、通告はありませんか。

       〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 通告がないようですので、会議を続行いたします。

 これより質疑及び討論に入りますが、通告がありませんので、質疑及び討論を終結いたします。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(渡辺多重君) 直ちに採決いたします。

 議案第1号いわき市いわきニュータウン新町名設定審査委員会条例の制定についてから議案第8号専決処分の承認を求めることについてまで、以上8件を一括して採決いたします。

 各案に対する委員長の報告は可決及び承認であります。各案を委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(渡辺多重君) 御異議なしと認めます。よって、各案は原案のとおり可決、専決処分は承認と決しました。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会



○議長(渡辺多重君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 これをもって、昭和56年いわき市議会7月臨時会を閉会いたします。

        午後0時22分 閉会

      −−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

   いわき市議会議長   渡辺多重

    同    議員   青木稔

    同    議員   四家啓助