議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 会津若松市

平成21年  9月 定例会 09月03日−目次




平成21年  9月 定例会 − 09月03日−目次







平成21年  9月 定例会




             会津若松市議会9月定例会会議録目次


      第1日  9月3日(木曜日)
 〇出欠席議員……………………………………………………………………………………………………1
 〇会  期………………………………………………………………………………………………………1
 〇本日の会議に付した事件……………………………………………………………………………………1
 〇説明のための出席者…………………………………………………………………………………………3
 〇事務局職員出席者……………………………………………………………………………………………4
     開  会 (午前10時00分)…………………………………………………………………5
 〇開会宣言………………………………………………………………………………………………………5
 〇出席要請………………………………………………………………………………………………………5
 〇会議日程………………………………………………………………………………………………………5
 〇会議録署名議員の指名………………………………………………………………………………………5
 〇会期の決定……………………………………………………………………………………………………5
 〇休会の決定……………………………………………………………………………………………………5
 〇報  告………………………………………………………………………………………………………6
 〇議案の上程(議案第54号乃至同第85号、報告第10号、同第12号乃至同第
        15号、承認第8号乃至同第22号)……………………………………………………6
 〇提案理由説明…………………………………………………………………………………………………6
   ・市長(議案第54号乃至同第85号、報告第10号、同第12号乃至同第
       15号、承認第8号乃至同第22号)………………………………………………………6
 〇議案の上程(報告第11号)、提案理由説明…………………………………………………………10
   ・市長(報告第11号)………………………………………………………………………………10
 〇散会宣言……………………………………………………………………………………………………11
     散  会 (午前10時22分)………………………………………………………………11

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      第2日  9月7日(月曜日)
 〇出欠席議員…………………………………………………………………………………………………15
 〇本日の会議に付した事件…………………………………………………………………………………15
 〇説明のための出席者………………………………………………………………………………………15
 〇事務局職員出席者…………………………………………………………………………………………16
     開  会 (午前10時00分)………………………………………………………………17
 〇開会宣言……………………………………………………………………………………………………17
 〇出席要請……………………………………………………………………………………………………17
 〇会議日程……………………………………………………………………………………………………17
 〇会議録署名議員の指名……………………………………………………………………………………17
 〇施政一般に対する質問(個人質問)……………………………………………………………………17
   ・松 崎   新 議員………………………………………………………………………………17
    (1)平成22年度予算編成方針について
     ?中期財政見通しと平成22年度予算編成の基本方針
      ・中期財政見通しが公表された、平成22年度予算編成にあたり、基
       本方針を踏まえ予算規模に見合った本市重要施策をどのように行う
       のか考え方を示せ
      ・新規事業の実施に対応した事業の終了・統合など選択と集中の徹底
       をどのように具体化するのか示せ
     ?歳入見通し
      ・法人・個人市民税、固定資産税の減少を懸念している。予算編成に
       どのように影響すると予測しているのか示せ
      ・国の予算編成による影響を想定している。どのように認識している
       のか示せ。さらに、現時点で考えられるその対応策を示せ
     ?歳出見通し
      ・平成21年度の中期財政見通しの基本方針、今後の方針で、新たに
       特別会計の経営健全化に取り組むとしている。受益者負担と独立採
       算制の原則に基づき、どのように経営の健全化に取り組み、歳出抑
       制を図るのか示せ
      ・健康増進施策や就労支援の充実により、扶助費を伸び率2%以下へ
       抑制することを目指すとしている。扶助費の抑制という認識でよい
       のか示せ。市当局は、歳出抑制と住民福祉のどちらが重要と認識し
       ているのか示せ。その認識に基づいた予算編成をどのように方針化
       するのか見解を示せ
     ?合併特例事業の見直し
      ・市長は、議員全員協議会の中期財政見通しの説明で、合併前の主要
       事業を合併特例事業としたもので必要なものであるとの認識を示し
       たが、合併が5年を経過し社会状況の変化と本市財政の現状から、
       平成22年度の予算編成に向けて、事業の見直しを検討する時期に
       きていると考える。市当局の見解を示せ
     ?会津若松地方土地開発公社の関係予算
      ・平成22年度、土地開発公社から取得する事業が4件計画されてい
       る。まちなか広場整備用地については、土地開発公社が、平成11
       年4月に事業開始以来、保有年数が10年以上になっている。土地
       開発公社がどのような目的で取得したのかその経過について示せ。
       また、目的が達成されたのかその評価を示せ
      ・市財政が厳しい中で取得する予定事業であるが、まちなか観光を推
       進するための拠点的な施設がよいのか、別の事業を展開するのかも
       含めて、より有効な利活用策を検討すべきと思うが見解を示せ
    (2)平成22年度水道事業会計予算編成方針と市民への説明責任について
     ?水道事業経営の基本方針
      ・景気の後退、企業業績の悪化等により本市の水道水が売れなくなっ
       ている。この事実から安全・安心を継続供給するための水道水、水
       道事業経営についての見直しが必要と考えるが、認識を示せ
     ?歳入見通し
      ・本市の水道水用途別割合の約30%は工場用で、景気の後退、企業
       業績の悪化により次年度水道事業会計へ大きく影響することが予測
       される。どのような基本方針で臨むのか示せ
      ・用途別使用水量・金額の平成20年度当初予算と実績比較で、全体
       で使用水量が96.8%、金額で97.2%の実績率である。景気
       の後退、企業業績の悪化等により歳入見通しをどのように予測して
       いるのか示せ。また、最大の不安要因を示せ
     ?歳出見通し
      ・現在想定される歳入見通しから歳出への影響について示せ。また、
       大きく影響が及ぶと予想される事業とその対応策について示せ
     ?市民への説明責任について
      ・平成21年2月定例会において、陳情第2号は議員総員で一部を採
       択されているが、陳情の一部採択と市民への説明責任をどう認識し、
       かつ具体的にどのように説明してきたのか示せ
   ・渡 部 優 生 議員………………………………………………………………………………28
    (1)農商工連携への取り組みについて
     ?農商工連携の必要性についての考え
      ・市内大手事業所の経営悪化など地域経済に及ぼす影響が懸念される。
       今こそ会津の基幹産業である農業に目を向けるべきであり、農商工
       連携による事業化がより効果を発揮するものと考えるが考えを示せ
     ?本市のこれまでの取り組み状況、実績と評価
      ・農商工連携事業に関し、本市はこれまでどのように取り組んできた
       のか。その内容、実績と評価を示せ
     ?庁内の推進体制
      ・農商工連携は文字どおり、各部各課の連携が必要と考えるが、庁内
       での推進体制はどのようになっているのか示せ
      ・どの部署が主体となり、推進するのか示せ
     ?国・県の助成金の活用
      ・県では、ふくしま産業応援ファンド事業の助成金制度をスタートさ
       せたが、本市ではどのように周知を図り、どのように活用を図るの
       か。また、国の制度活用に関しての考えを示せ
     ?拡大に向けての今後の取り組み
      ・農商工連携促進法による市内事業者の認定に向けての支援対策をど
       のように考えているのか示せ
      ・また、市独自での支援対策などの考えはないか示せ
    (2)不況下における児童生徒の教育環境の支援対策について
     ?このたびの不況がもたらす児童生徒への影響
      ・このたびの不況がもたらす児童生徒への経済的な影響、生活面への
       影響などどのようにとらえているのか示せ
     ?要保護、準要保護の実態
      ・近年、全国的に要保護、準要保護が増加していると聞く。本市にお
       いても増加傾向と聞くが、その実態はどうか示せ
     ?所得格差がもたらす児童生徒への影響
      ・このような中において、所得の格差が児童生徒の学力の差にまで影
       響しているといわれる。このような傾向に対してどのように考え、
       どのように対策を実施しているのか示せ
      ・スクールボランティア制度の拡充などで学力向上を図ることはでき
       ないか考えを示せ
     ?就学援助の周知と拡充
      ・就学援助の要件を満たしながら、制度を知らなかったり、申請をた
       めらったりする方もいると聞く。制度についての周知と支給対象の
       拡充も必要と考えるが考えを示せ
     ?奨学金制度の周知と拡充
      ・本市には各種の奨学金制度が用意されているが、同様に奨学金制度
       に該当していながら、制度を知らなかったり、申請をためらったり
       する方もいると聞く。制度についての周知と金額の拡充など、検討
       すべきと考えるが考えを示せ
    (3)新公会計制度への取り組みについて
     ?新公会計制度による財政分析の必要性
      ・新公会計制度による財政分析と公表が求められている。市は新公会
       計制度による財政分析の必要性について、どのように考えているの
       か示せ
     ?市のこれまでの新公会計制度に基づく財務書類4表の作成状況
      ・新公会計制度に基づく財務書類4表の作成に当たっては、全庁をあ
       げての取り組みが必要であり、相当な労力が必要になると聞く。市
       はこれまでどのように取り組んできたのか示せ
     ?公表の時期、議会、市民への説明責任
      ・いつごろまでに作成し、公表するのか時期を示せ
      ・議会、市民への説明責任をどう果たすのか示せ
     ?今後の事業実施や財政運営等への活用
      ・市の保有する資産状況や売却可能な資産の状況が明らかになるとい
       われる。市としては、今後の事業実施や財政運営等についてどのよ
       うに活用するのか考えを示せ
    休  憩 (午前11時26分)…………………………………………………………………38
                                            
    再  開 (午前11時35分)…………………………………………………………………38
   ・横 山   淳 議員………………………………………………………………………………38
    (1)介護保険事業について
     ?介護認定基準の改定による問題点
      ・介護認定基準の改定により、介護度が低下した人がいるが、その実
       態と認識を示せ
      ・経過措置希望調書により現状維持と認定された人が多いが、それに
       ついての認識を示せ
      ・認定調査員、認定審査会委員から、認定基準について非常識や非合
       理を指摘する声があるようだが、新しい認定基準は実態把握をする
       上で、有効かどうか認識を示せ
     ?認定基準平準化への対応
      ・新たな認定に不満があり、もとの介護度に応じたサービスの継続を
       受けた人と、初めて認定を受けた人は、介護度が同じでも不公平感
       が生じるが、それについての認識を示せ
      ・今年10月に予定されている認定基準の見直しの内容を明らかにせ
       よ。また、見直しによる認定調査員の研修等の対応について示せ
     ?要支援者、要介護者への支援
      ・要介護になれば、指定居宅介護支援事業者との契約になるが、市が
       示しているのは事業者一覧のみで、それぞれの事業者の詳細につい
       てはわからない。利用者が契約するに当たって、事業者の詳細がわ
       かるような情報提供の仕方に改善すべきだと思うが見解を示せ
      ・ケアプラン作成後に、利用者がサービスや事業所を選択できるよう、
       利用者の予算、症状、ニーズに応じたサービスがわかるようなフロ
       ーチャートを市で作成すべきだと思うが考えを示せ
     ?介護保険制度に対しての認識
      ・国の介護保険制度の課題、問題点をどう認識しているのか示せ
      ・本市の実情に合った制度はどうあるべきか考えを示せ
    (2)認知症本人とその家族への支援策について
     ?認知症に対する認識
      ・「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」からは認知症本人の気持ちが伝わ
       ってくる。そこからは認知症への理解、支援する家族のあり方、支
       援する心が見えてくる。市長は、「手紙」から認知症支援の問題点
       をどう認識したか
      ・本市の認知症の実態の特徴を示せ
     ?啓発活動
      ・キャラバン・メイトを生かしたサポーター養成講座の拡大のための
       施策を示せ
      ・応援者という意思表示をするオレンジリングをする人が街にあふれ、
       認知症の人が安心して暮らせる街にしたいと思う。オレンジリング
       着用をサポーターへ要請すべきと思うが考えを示せ
      ・かかりつけ医が正しい対応ができるよう研修機会の拡大充実を図る
       べきと思うが考えを示せ
      ・市の職員及び担当部局がキャラバン・メイトになり、サポーター養
       成講座を開講し、サポーターになった職員はオレンジリングやバッチ
       を着用し、他の認知症支援者の規範となるよう行動すべきである。
       その意気込みを示せ
     ?具体的支援策
      ・家族の相談窓口は、市・地域包括支援センター・認知症の人と家族
       の会などで運営しているが、それぞれの相談内容、体制はどのよう
       になっているか示せ。また、相談を受け、どのように各機関と連携
       を図っていくのか示せ
      ・はい回ネットワークは具体的にどのように進めていくのか示せ
    休  憩 (午後 零時14分)…………………………………………………………………48
                                            
    再  開 (午後 1時10分)…………………………………………………………………48
   ・樋 川   誠 議員………………………………………………………………………………48
    (1)中学校における制服のリユース(再利用)事業について
     ?中学校における制服のリユース事業
      ・公立中学校の管理運営全般に責任を持つ教育委員会は、公立中学校
       で着用を義務付けている制服の値段についてどのような認識を持っ
       ているか。市民からは学校によって制服の値段に差があることはお
       かしく、値段を統一すべきとの声があるが見解を示せ
      ・市には就学援助制度はあるが、義務教育の一環から制服購入代とし
       て一部助成することはできないか、見解を示せ
      ・教育委員会が主体となって各中学校もしくはPTAと連携し、不要
       になった制服のリユース事業を展開すべきと思うが見解を示せ
    (2)市民と市役所の接点として最も多く、かつ数少ない接点の一つである窓
     口業務の改善について
     ?総合窓口の構想
      ・全庁的な組織見直しの動きがあるが、総合窓口を設けることを考え
       ているのか。例えば引っ越しで本市に転入届を提出する場合、転入
       届だけではなく、水道の開栓や学校の転入等の手続きなどがすべて
       一つの窓口で行える体制にすべきと考える。また、納税課と国保年
       金課を隣接させ、現在の本庁舎1階に移動すべきと思うが見解を示
       せ
     ?高齢者・障がい者に対する窓口業務のあり方
      ・市民課窓口での各種手続きは複雑である。手続きの流れを集約した
       表を渡しているが、あちこちと移動が必要である。一般の方もそう
       であるが、特に高齢者や障がいをお持ちの方にとっては、移動する
       ことが困難である。一緒に回ってサポートしてくれる人がいればと
       の声をよく伺う。このような市民サービスの提供が必要と考えるが
       見解を示せ
     ?窓口業務の受付順番整理機の設置
      ・市民課窓口業務の中で受け付け終了後に待合室で待っているが、時
       間がどのくらいかかるのか見当がつかない、また氏名を呼ばれるこ
       とに懸念を感じるとの声を伺う。銀行等で導入している受付順番整
       理機を導入し、番号管理制を導入すべきと思うが見解を示せ
     ?生活保護費の支給窓口のあり方
      ・毎月行われる生活保護費支給日があるが、毎回栄町第2庁舎の1階
       ロビーがあふれる状態になる。その他の用件で訪れる市民の方への
       配慮を考えるなら、支給窓口を変更すべきと思うが見解を示せ
   ・斎 藤 基 雄 議員………………………………………………………………………………56
    (1)少子化及び子育て支援の対策について
     ?次世代育成支援行動計画後期計画策定の視点
      ・策定スケジュールを示せ
      ・少子化の一層の進行や、社会経済情勢の悪化という新たな厳しい現
       状の下で、後期計画では前期計画以上に経済的支援を強化したもの
       にすべきと考えるが、後期計画をどのような視点に立って、策定し
       ようとしているのか示せ
      ・後期計画策定に当たってのニーズ調査の結果分析について、現状と
       調査結果にあらわれた子育ての経済的負担に対する特徴を示せ
      ・ニーズ調査の結果を受け、市長の平成21年度施政方針で示した基
       本的方針の具現化を後期計画の中で発展的に見直す施策があれば示
       せ
     ?子供の医療費無料化対象年齢の拡大
      ・県内59市町村においては、年々子供の医療費無料化対象年齢の引
       き上げが進み、本年4月1日現在で無料化を就学前に止めているの
       は、本市を含め21団体しかない。本市も無料化年齢の拡大を段階
       的にでも行うべく検討すべき時期にきていると考えるが見解を示せ
     ?保育の充実
      ・ニーズ調査においても、「保育料が高い」「保育料を引き下げてほし
       い」との保護者の声が多い。保育料引き下げを検討すべきと思うが
       どうか見解を示せ
      ・公立保育所の役割をどのように認識しているのか示せ
      ・北会津、河東両地区における公立保育所は、公立のまま存続させる
       べきと考えるが見解を示せ
     ?こどもクラブの充実
      ・ニーズ調査にあらわれた意見を見ると、こどもクラブがまだまだ充
       足していない状況があらわれている。新たなこどもクラブの設置に
       ついての考えを示せ
      ・こどもクラブ利用対象学年の拡大を社会的要請と受け止めて行うべ
       きと考えるが見解を示せ
      ・こどもクラブ利用料に受益者負担の原則を持ち込むことは、少子化
       対策あるいは子育て支援の方針と矛盾するものであり、利用料の今
       後の引き上げは行うべきではないと考えるが見解を示せ
    (2)国民年金保険料収納事務における市の対応について
     ?国民年金手帳の管理の経過
      ・国民年金手帳の管理について、本年6月定例会での私の質問に対し
       て、健康福祉部長は「昭和40年代後半においては、手帳が個人個
       人の管理とされた」と答弁しているが、それに間違いないか認識を
       示せ
     ?過去の市の対応に対する疑義についての認識
      ・「国民年金手帳における住所変更記録が、本人が住所変更する以前
       に変更されている事例がある」と指摘した本年6月定例会における
       私の質問に対し、健康福祉部長は「住所の異動届に基づき、適正に
       処理されたと考えている」と答弁したが、資料を精査し、改めて認
       識を示せ
      ・当該年度と翌年度12カ月分を合わせて、15カ月分の免除申請が
       行われたとの進達が、市より社会保険事務所になされた事実がある。
       制度を度外視したようなかかる対応には、何らかの作為が働いてい
       ると考えざるを得ないが、これをどのように認識するか示せ
      ・進達についての本年6月定例会での私の質問に対し、「昭和40年
       代がどのように行われていたか不明だ」と答弁しているが、免除期
       間について、後日保険料納付を受けてから、1年以上、または2年
       近く経過してからの進達がある。ここにもやはり作為的なものを感
       じざるを得ない。このことに対する見解を示せ
     ?求められる市の責任ある対応
      ・不正があったと疑われる過去の行政対応については、年金加入者の
       立場に立ち、社会保険事務所の協力も得ながら精査をし、非があれ
       ばそれを素直に認め、謝罪を含めて市として当然取るべき責任を果
       たすことが市民の信頼確保につながると思うが、そのような対応を
       する決意があるかどうか示せ
    休  憩 (午後 2時23分)…………………………………………………………………65
                                            
    再  開 (午後 2時40分)…………………………………………………………………65
   ・相 田 照 仁 議員………………………………………………………………………………65
    (1)国際的ふるさと会津創生基金事業について
     ?基金運用の考え方
      ・現在まで具体的事業の検討がされていないまま基金が積み立てられ
       ているが、それでよいと認識しているのか考えを示せ
      ・市長の任期中に基金の運用会議を開催し、運用の方向性を示すべき
       だと考えるが認識を示せ
      ・現在は、ふるさと緑化美化推進事業に特化して事業を行っているが、
       今後も基金が底をつくまでふるさと緑化美化推進事業に特化して事
       業展開していくのか示せ
    (2)一箕古墳群の歴史解明について
     ?発掘調査の現状と整備計画
      ・県道会津若松裏磐梯線から大塚山古墳への案内板整備の考えについ
       て示せ
      ・大塚山古墳の墳丘の調査が実施されていないために正確な知見が得
       られていないが、学術的に問題はないか見解を示せ
      ・堂ヶ作山古墳の埋葬主体部の調査が実施されていないため大塚山古
       墳との因果関係を含め正確な知見が得られていないが問題はないか
       見解を示せ
      ・飯盛山古墳の保存活用のために調査が必要と考えるが見解を示せ
      ・一箕古墳群の保存の範囲と発掘の実績、進ちょく率について示せ
      ・一箕古墳群の全容解明のため整備保存計画を策定し、具体的に取り
       組むべきと考えるが見解を示せ
     ?古墳サミットの開催
      ・古墳サミットの開催に対する研究の成果と実施に向けての具体的方
       針を示せ
    (3)会津藩保科家江戸中屋敷跡について
     ?出土遺物の活用
      ・福島県文化財センター「まほろん」において開催されている「発掘
       されたふくしまの江戸藩邸」巡回企画展が本市の文化センターと二
       本松市で開催されるが、企画展の内容をどのように認識し、市とし
       てどのような協力ができるのか示せ
      ・埋蔵文化財管理センターで開催するのが本来の姿であると考えるが
       見解を示せ
      ・会津藩保科家江戸中屋敷跡から出土した遺物を巡回企画展で活用し、
       その後文化センターに常設できないか見解を示せ
     ?説明板の整備
      ・会津藩保科家江戸中屋敷跡に保科正之公ゆかりの地として説明板を
       整備することについて、具体的に検討する考えはないか見解を示せ
   ・成 田 芳 雄 議員………………………………………………………………………………73
    (1)本年6月定例会一般質問の「市民の底力を掘り起こし、活用した活気あ
     る市民との協働によるまちづくり」に対する答弁の不明な点について
     ?市民の底力を支援する事業への取り組み
      ・市民の底力を支援する事業への取り組みは、他団体だけに頼り、今
       後本市独自で事業費の一部、または全額を補助金としての交付や必
       要な支援はしないと認識してよいのか示せ
      ・市民が持つ底力への対応を示せ
     ?創業者や新規事業者、事業転換者の底力を支援する事業への取り組み
      ・創業者や新規創業者、事業転換者の底力を支援する事業への取り組
       みについては、他機関だけに頼り、今後、本市独自で補助金の交付
       や必要な支援はしないと認識してよいのか示せ
      ・中小企業振興条例や企業立地促進条例の対象とならない市内事業者
       が持つ底力への対応を示せ
     ?隠れた地域資源の底力を活用する事業への取り組み
      ・隠れた地域資源の一つとして、遊休農地や耕作放棄地の情報を行政
       で一元的に収集、管理し、活用したい方へその情報を公開する仲立
       ち事業へ取り組むべきだが、見解を示せ
      ・後継者で悩む商店や企業経営者についても同様であり、その取り組
       みについての見解を示せ
    (2)法定外公共物の売却促進について
      ・純粋な法定外公共物は何カ所あるか示せ
      ・そのうち場所や形状等により売却できる可能性がある箇所数を示せ
      ・売却価格の設定はどのように決定しているのか示せ
      ・資産総額はどのくらいと見積もっているか示せ
      ・庁内組織を立ち上げ、売却を促進すべきでないか考えを示せ
    (3)選挙公報の配布について
      ・選挙公報は全世帯に配布すべきものだが、8月30日の衆議院議員
       選挙や最高裁判所裁判官国民審査の選挙公報紙が、8月27日の新
       聞朝刊の折込で各家庭や企業等に配布されたが、その配布数を示せ
      ・それは、市の住民世帯数の何%に配布されたか示せ
    (4)中期財政見通しについて
      ・平成22年度から24年度まで3カ年の中期財政見通しを、本年8
       月26日の議員全員協議会で説明されたが、歳出の投資的経費のう
       ち、確定している経費と、また合併特例事業費として見込んで計上
       した金額を年度ごとに示せ
      ・旧北会津村との合併特例事業は平成26年度までに22件、旧河東
       町とは平成27年度まで19件の計41件である。本年度まで着工
       したあるいは着工する事業数を示せ
      ・中期財政見通しで示した各年度の歳出の投資的経費から各年度で確
       定している経費を差し引いた金額は、その年度において投資的事業
       に着手できるものである。議員全員協議会での答弁では、「毎年の
       行政評価に基づき事業に着手する」とのことだが、なぜ3カ年の中
       期財政見通しで年度ごとでなくてもよいが、3カ年以内に着工した
       い合併特例事業名を示せないのか見解を示せ
    休  憩 (午後 4時05分)…………………………………………………………………85
                                            
    再  開 (午後 4時15分)…………………………………………………………………85
   ・清 川 雅 史 議員………………………………………………………………………………85
    (1)生涯学習政策について
     ?生涯学習活動の支援・促進
      ・平成20年度に開催された全国生涯学習フェスティバルの成果を示
       せ。また、その成果を生涯学習活動にどのように反映しているのか
       示せ
      ・生涯学習出前講座については一定の実績と成果を上げているように
       思われるが、市民の要望により講師として市職員等の派遣や専門員
       の紹介を行うことが必要ではないか見解を示せ
     ?(仮称)生涯学習総合センターの運営
      ・センター全体及び図書館の運営については市民の理解と協力が必要
       であると考えるが、その方針及び方法を示せ。また、それらを決定
       していくまでの過程を示せ
      ・既存の各公民館との連携のあり方、役割分担を示せ
    (2)保健予防政策について
     ?乳幼児を対象とした集団予防接種及び集団健康診査の実施
      ・平日の日中だけでなく、夕刻や土日にも実施できないか、今後の方
       針を示せ
      ・新たに4歳児、5歳児健康診査を実施することへの見解を示せ
 〇散会宣言……………………………………………………………………………………………………93
     散  会 (午後 4時50分)………………………………………………………………93

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      第3日  9月8日(火曜日)
 〇出欠席議員…………………………………………………………………………………………………97
 〇本日の会議に付した事件…………………………………………………………………………………97
 〇説明のための出席者………………………………………………………………………………………97
 〇事務局職員出席者…………………………………………………………………………………………98
     開  会 (午前10時00分)………………………………………………………………99
 〇開会宣言……………………………………………………………………………………………………99
 〇出席要請……………………………………………………………………………………………………99
 〇会議日程……………………………………………………………………………………………………99
 〇会議録署名議員の指名……………………………………………………………………………………99
 〇施政一般に対する質問(個人質問)……………………………………………………………………99
   ・木 村 政 司 議員………………………………………………………………………………99
    (1)消費者行政の推進について
     ?消費生活センターの展望
      ・今年9月に設置される消費者庁に伴う関連3法の中の消費者安全法
       に基づく消費生活センターの設置について、どのように具体化して
       いく考えか示せ
     ?消費生活相談の充実
      ・消費生活相談と国民生活センターや関係機関との連携を強化すべき
       でないか、その考えを示せ
      ・新たに開設された法テラスの活用や顧問弁護士等相談体制の充実を
       図るべきでないか、その考えを示せ
     ?消費者教育の推進
      ・消費者教育の推進のためにも、さらなる学校教育との連携を図るべ
       きであると認識するが、これまでの消費者行政窓口と教育委員会そ
       れぞれの取り組みと今後の展開についての考えを示せ
      ・さまざまな消費者被害を防止する観点から若者を対象とした消費者
       教育の充実を図るべきと考える。特に企業への出前講座などを充実
       すべきであると思うが考えを示せ
    (2)特別支援教育について
     ?特別支援教育のあり方
      ・市の教育行政の中で、特別支援教育についてはどのように位置づけ
       られているか示せ
      ・特別支援教育を進めるに当たり、校内支援体制はどのように構築さ
       れているか。校長、担任、特別支援教育コーディネーター、教育委
       員会の役割を示せ。また、市の特別支援員の役割を示せ
      ・それぞれの資質向上の取り組みについてどのような対応をしている
       か示せ
      ・特別支援教育を進めるに当たり、関係機関(会津養護学校、会津児
       童相談所、障がい者地域自立支援協議会等)との連携をどのように
       図っているか示せ
      ・中学校における特別支援学級の改善について、請願が採択されたが、
       その後どのような取り組みがされてきたのか示せ
   ・荒 井 義 隆 議員……………………………………………………………………………109
    (1)銀山街道伝承と道路整備について
     ?軽井沢銀山から城下町に至る沿道
      ・歴史と文化のまちである本市は、街道の存在と由来を後世に伝える
       ために何ができるか見解を示せ
      ・碑文に残すとか道標を整備すべきと思うが見解を示せ
      ・その土地その土地には歴史があり、誇りがあってよい。郷土愛のか
       ん養こそまちづくりの原点ではないかと考えるが見解を示せ
     ?狭あいで通行者に恐怖を感じさせる箇所や渋滞の原因となる箇所もあ
      る沿道
      ・主要地方道会津若松三島線の新横町交差点付近の車の渋滞は日常的
       であり、その改善が必要と考える。県との協議も含め、対応に係る
       見解を示せ
      ・この付近の都市計画の現状はどうなっているのか見解を示せ
    休  憩 (午前11時06分)………………………………………………………………114
                                            
    再  開 (午前11時19分)………………………………………………………………114
   ・佐 野 和 枝 議員……………………………………………………………………………114
    (1)高齢者福祉事業について
     ?高齢者が地域で暮らすための介護支援の充実
      ・元気に暮らしている高齢者世帯、障がいを持っている方や介護を必
       要としている方に対して、介護福祉事業のサービスが生かされてい
       るのか。各家庭の経済的不安、精神的不安、体力的不安など、心労
       の負担軽減を図る必要がある。安全・安心で暮らしやすい環境づく
       りと、わかりやすい、利用しやすいサービス内容にするための周知
       についての見解を示せ
      ・在宅支援の充実を図ること、またこれからの高齢化社会を支えてい
       くためには、現状以上の介護職員の人員配置が必要と考える。今後
       において適正な人員配置の見直しが必要と考えるが計画を示せ
      ・介護職員の方の負担軽減と地域で暮らす高齢者への福祉サービスが
       行き届いたものにするためには、現在の地域包括支援センターが抱
       える範囲割を見直すべきと考えるが見解を示せ
      ・在宅の高齢者やその家族などが、どこに相談したらいいのかわから
       ないという問題がある。不安とその問題解消のため、地区ごとに医
       療・福祉・行政の連絡先を書いたカードを作成して各家庭に配布す
       ることで、不安や困りごとがあればすぐに相談できる体制を整備す
       べきと考えるが見解を示せ
     ?介護職員の人材育成と有資格者の登録制度
      ・介護職を退職される方が毎年多数いる。この現状を踏まえ、今後の
       高齢化社会に向けた介護職への人材育成もますます必要であり、介
       護職の資格取得に向けた取り組みに力を入れるべきと考えるが見解
       を示せ
      ・介護有資格者の登録制度を設け、登録後は優先して介護施設等に派
       遣する制度にし、即戦力として現場で活躍していただける場所の提
       供と、雇用拡大につなげる対策をとるべきと考えるが、これからの
       介護職員の雇用確保についての見解を示せ
    (2)子育て支援対策について
     ?子育て支援に対する保護者ニーズへの対応
      ・潜在的待機児童をゼロにするための対策が必要であると考えるが今
       後の対策は何か見解を示せ
      ・幼稚園の利用者数は減少傾向にあり、保育所の充足率と比べてゆと
       りがある。子育てをめぐる環境の多様化に対応するため、幼稚園の
       保育内容や機能の特徴を活用し、ゼロ歳児から受け入れてほしいと
       いう保護者のニーズにこたえるべきと考えるが見解を示せ
      ・就労のありなしにかかわらず、乳幼児を預けることを必要としてい
       る親もいる。その保護者ニーズにこたえ、子育てしやすい環境にす
       るべきと考えるが見解を示せ
      ・勤務時間が不規則な就労者のニーズにこたえるために、保育時間の
       さらなる延長を考えてはどうか見解を示せ
    (3)健康づくりについて
     ?郵送による健診制度のあっせんと助成金制度
      ・若年層の健診率向上につながる対策は何か、認識を示せ
      ・いつでも自宅でできる郵送による健診をPRし、健診率向上につな
       げてはどうか見解を示せ
      ・郵送による基本健康診査を受けた人に対し、助成金を出す制度を設
       けてはどうか見解を示せ
    休  憩 (午前11時54分)………………………………………………………………122
                                            
    再  開 (午後 零時59分)………………………………………………………………122
   ・土 屋   隆 議員……………………………………………………………………………122
    (1)いっ水対策について
     ?平成21年2月10日発表のいっ水対策事業の経過と今後の整備方針
      ・いっ水対策として、短期・長期の整備計画だけで十分と考えている
       のか見解を示せ
      ・選択と集中というのであれば、10年間という年月を少しでも前倒
       ししてやるべきではないか考え方を示せ
      ・今後、乱開発を防ぐため開発許可の基準の見直しをすべきと考える
       が見解を示せ
      ・側溝のない道路で降雨時、道路そのものが川になってしまう箇所で
       は道路に側溝を設けるなど救済策を講じるべきではないか考え方を
       示せ
    (2)米の生産調整について
     ?生産調整の必要性
      ・生産調整の必要性について見解を示せ
      ・生産調整を進めるためには、どうすればよいと考えているのか見解
       を示せ
     ?今後の進め方
      ・転作目標割合に格差が存在する理由を示せ
      ・転作目標割合の格差を廃止すべきではないかと考えるが見解を示せ
    (3)本市の核兵器廃絶平和都市宣言について
     ?宣言を告示してからの取り組み状況についての総括
      ・今までの取り組みに対する総括として、どう考えているのか示せ
      ・総務部総務課が担当してきた理由と問題点を示せ
      ・教育委員会としてどのようなかかわり方をしてきたのか示せ
     ?今後の展望
      ・映像と活字による新たな反核展を企画し、実施すべきではないか見
       解を示せ
      ・平和の文化を学ぶ平和教育の必要性があると思うが見解を示せ
   ・伊 東 く に 議員……………………………………………………………………………130
    (1)生活保護行政について
     ?制度としてのあり方と課題
      ・2008年と2009年の2回の改正があったが、国の制度を活用
       し、セーフティネットとして市民の救済のために成果が上がってい
       るのか。その成果をどのように評価するのか、具体的な事例を挙げ
       て示せ
      ・雪国の東北地方にあり、地方都市である本市にとって、地域生活の
       実態とあわず、市民生活に困難を強い、社会情勢と矛盾を生じさせ
       ていると考える。地域の実態にあわせて制度を柔軟に運用すること
       ができないのか見解を示せ
     ?福祉事務所の抱える問題とケースワーク
      ・「なぜ生活保護に至ったか」というデータは、本市の実態を知る上
       で大切な情報であり、その情報を生かして行政は生活保護受給に至
       らないための策を講じる必要があると考えるが、認識を示せ
      ・ケースワーカーは指導と援助を行うが、その中でつらい思いをした
       受給者がいる。ケースワークについての研修や、軽度の精神障がい
       ・知的障がいを持つ方に援助ができる専門家の配置が必要と考える
       が、認識を示せ
    (2)学校給食について
     ?食育の推進とのかかわり
      ・学校給食に地元農産物を使用したり、学校菜園で野菜を収穫したり、
       農業体験で農作物を収穫したりすることによる子供たちへの教育的
       効果を示せ
      ・自校方式では地元農産物を学校給食に使用できているが、新センタ
       ーでは使用されていない。新センターでは今後、地元農産物の使用
       についてどのように考えているのか見解を示せ
    休  憩 (午後 2時10分)………………………………………………………………138
                                            
    再  開 (午後 2時25分)………………………………………………………………138
   ・大 竹 俊 哉 議員……………………………………………………………………………138
    (1)合併特例事業について
     ?合併特例事業の見直しの必要性
      ・合併特例事業の前期事業の進ちょく状況と見通しを示せ
      ・前期事業の評価について見解を示せ
      ・前期事業の中間総括について見解を示せ
      ・現在計画中の事業を見直し、後期事業に新たに取り入れる必要性の
       ある事業はないのか見解を示せ
      ・情勢の変化により、取り止めたほうがよいと思われる事業はないの
       か見解を示せ
      ・政権の交代により、政府方針の変更が懸念されるが、計上されてい
       る事業は執行できるのか。またその影響についての認識を示せ
      ・合併特例事業が今年6月現在で41事業中21事業が着手され、
       20事業が未着手である。この事業を平成26年または27年まで
       に着手するのか見解を示せ
      ・すべての未着手事業ができるとは思えないが、特に鶴城小学校、行
       仁小学校、統合幼稚園、統合保育園の各整備事業は重要と考えられ
       る。これら事業の着手時期を示せ
   ・浅 田   誠 議員……………………………………………………………………………144
    (1)第2次人材育成基本方針について
     ?職場ミーティングの定着促進
      ・今次方針に新規に計画された項目の背景と導入の目的及び目指すべ
       き姿についての考え方を示せ
      ・第2次人材育成基本方針に基づく人材育成推進プランにおいて、平
       成21年度に調査、22・23年度に検討と計画されている取り組
       みがあるが、具体的な調査・検討の取り組み内容について示せ
      ・今次プランで実施までに至らない取り組みについて、実施に至らな
       い理由と時間を要することについての考えを示せ
      ・職員意識の高揚、職場の活性化、連帯感の醸成並びに一体化の強化
       の面からも期待度は高いことから、早期に実施時期を前倒しすべき
       と考えるが見解を示せ
      ・全庁的に同時導入が難しいことも想定されるが、可能性が高い職場
       から先行して順次、段階的に導入されることも考えられるが見解を
       示せ
     ?職員提言制度の推進
      ・これまでの提言状況や今次プランに盛り込むまでに至った調査結果
       とその総括を示せ
      ・平成21年度に検討し、22年度から実施するとの計画であるが、
       具体的な取り組み内容を示せ
      ・これまでにも何度となく、本制度の早期導入を求めてきた経過にあ
       り、業務の効率性向上の面からも、さらなる早期導入を図るべきと
       考えるが見解を示せ
      ・「提案を出す」という意識、職場環境が本制度推進の大きな原動力
       となることから、当面はトップダウンとしながら、究極はボトムア
       ップの制度推進とすべきと考えるが見解を示せ
     ?各職場における基本理念・目標の明確化
      ・これまでの調査結果を踏まえて現在の各職場における基本理念や、
       目標に対する考え方、取り組み状況についての見解を示せ
      ・平成21年度に検討し、22年度から実施との計画であるが、具体
       的な取り組み内容について示せ
      ・職場の基本理念とする目標管理型の組織運営のイメージは、ISO
       14001推進事業への取り組みの中でも、この種の取り組みがな
       されている。これらのシステムを活用して取り組むことで早期導入
       が可能と考えるが見解を示せ
      ・組織文化の向上面からも、重要性・期待度は高く、職場マネジメン
       トの強化が求められるところであり、各職場間での取り組みを評価
       し、推進を図るべきと考えるが見解を示せ
    (2)商工行政について
     ?「城下町が物産館」事業
      ・行政評価において平成20年度の活動指標では7.8%、成果指標
       では30%の達成となっており、低調であると思うが見解を示せ
      ・行政評価においては今後、効率化を図るために外部委託を検討する
       としているが、どのようなことを検討していくのか示せ
      ・当事業の行政評価結果は、事業規模が「維持」、事業手法が「継続」
       となっているが、この事業の必要性は高く、拡充すべきと考えるが
       どうか、見解を示せ
      ・参加店舗の声を聞くと対象範囲の拡大、PR活動、意見交換の場の
       設営等の面で取り組み不足を痛感するが、今後の対応について見解
       を示せ
     ?支援制度(イベント事業補助金及び空き店舗対策事業補助金)
      ・2つの支援制度について最近の支援の状況と傾向に対する見解を示
       せ
      ・近年の景気低迷、中心市街地の空洞化等の現状を受けて、本支援制
       度を広くPRし、活性化等の一助にすべきと考えるが見解を示せ
      ・最近の100年に一度の経済不況と言われていることにかんがみ、
       当該制度の対象内容及び範囲並びに予算枠を拡充すべきと考えるが
       見解を示せ
    休  憩 (午後 3時34分)………………………………………………………………153
                                            
    再  開 (午後 3時43分)………………………………………………………………153
   ・渡 部   認 議員……………………………………………………………………………154
    (1)鶴ケ城周辺公共施設利活用構想(素案)について
     ?鶴ケ城周辺公共施設利活用構想策定プロジェクトチーム
      ・市職員で構成されたチーム編成は、人選を含めてどのようにして決
       められ、その役割と責任の範囲、任期についてどう考えているか示
       せ
      ・既定計画との整合性をチーム内でどのように図り、作業が進められ
       たのか示せ
      ・昨年の7月から今年1月までの間、5回の会議で(素案)がまとめ
       られているが、それぞれの会議後、所管課や関係プロジェクトの職
       員等との協議を重ねた内容は一体どのようなものか。また、その結
       果は会議や(素案)にどう生かされたのか具体的に示せ
     ?市内16カ所地区別懇談会の総括
      ・市長は地区別懇談会の主催者として、地区ごとの懇談会をどのよう
       に総括しているか
      ・地区別懇談会の開催は、どのような成果があったのか、反省点はな
       いのか示せ
      ・地区別懇談会の開催により、(素案)に対しての意見集約はどう図
       られ、今後の構想そのものや事業計画にどのように生かされるもの
       なのか示せ
     ?市民からの意見や要望、優先順位とその再検討
      ・今まで3回開催されている、鶴ケ城周辺公共施設利活用構想策定市
       民懇談会でも多くの意見が出されているようだが、回を重ねるごと
       に(素案)自体の見直しを指摘されているように思えるが、市長は
       どのように受け止めているか示せ
      ・この(素案)にも優先順位があってしかるべきと思うが、市長は構
       想の確立に向けて、優先順位の位置づけをどのように考えているの
       か示せ。また、市民要望をどこまで、どういった手法で取り入れて
       いく考えなのか、優先順位の再検討の必要性があるのかないのか、
       その見解を示せ
    (2)文化財を生かした町並み整備について
     ?国・県・市指定文化財の現状と管理・保存状況に対する市の認識
      ・市内には数多くの指定文化財があるが、その現状を示した上で、各
       指定文化財の管理状況をどう把握しているのか現状を示せ
      ・指定文化財の中には劣化しやすいもの、き損しているものなど、保
       存状況に差があると思われるが、良好な保存環境を整備するために
       どのような指導や予算措置をしているのか示せ。また、課題は何か
       を示せ
     ?保存と活用、公開に向けた新たな施策の必要性
      ・文化財の保存と活用の新たな施策は「歴史と文化のまち」を標ぼう
       する本市にとっては、どうしても必要不可欠なものであると認識し
       ている。そこで、保存施設のあり方や文化財の活用に向けた今後の
       方向性を示せ
      ・文化財行政の中で市民の目に触れられず、眠っている文化財は、ま
       さに宝の持ち腐れであり、個人所蔵のものであっても協力を得て、
       広く一般に公開していく努力が必要であると思う。そこで、施設整
       備を含めた新たな施策の必要性について、見解を示せ
     ?観光誘客と文化財を生かした町並み整備への考え方
      ・本市に残る文化財は市民にとっても大きな財産であるが、この貴重
       な文化財が観光誘客に今のところうまく生かされていないと感じて
       いる。これからの観光は本物志向が主流であるため、文化財を生か
       した町並み整備が本市の魅力アップにつながり、ひいては観光客の
       入り込み増につながるものと確信しているが、今後の街中の文化財
       を生かした町並み整備についての取り組みや考え方を示せ
 〇散会宣言…………………………………………………………………………………………………167
     散  会 (午後 4時39分)……………………………………………………………167

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      第4日  9月9日(水曜日)
 〇出欠席議員………………………………………………………………………………………………171
 〇本日の会議に付した事件………………………………………………………………………………171
 〇説明のための出席者……………………………………………………………………………………172
 〇事務局職員出席者………………………………………………………………………………………172
     開  会 (午前10時00分)……………………………………………………………174
 〇開会宣言…………………………………………………………………………………………………174
 〇出席要請…………………………………………………………………………………………………174
 〇会議日程…………………………………………………………………………………………………174
 〇会議録署名議員の指名…………………………………………………………………………………174
 〇議案等に対する総括質疑………………………………………………………………………………174
   ・木 村 政 司 議員……………………………………………………………………………174
    (1)議案第54号 平成21年度会津若松市一般会計補正予算(第3号)
            歳出の部 第10款教育費 第5項文化費 第1目文化
            振興費 会津能楽堂管理費
    (2)議案第72号 会津能楽堂条例
   ・松 崎   新 議員……………………………………………………………………………182
    (1)議案第69号 会津若松市印鑑条例の一部を改正する条例
    (2)議案第73号 会津若松河東工業団地用地取得費の助成に関する条例
    休  憩 (午前10時57分)………………………………………………………………189
                                            
    再  開 (午前11時09分)………………………………………………………………189
   ・伊 東 く に 議員……………………………………………………………………………189
    (1)議案第54号 平成21年度会津若松市一般会計補正予算(第3号)
            歳出の部 第7款商工費 第1項商工費 第2目商工業
            振興費 産業人材養成事業費
    (2)議案第73号 会津若松河東工業団地用地取得費の助成に関する条例
   ・斎 藤 基 雄 議員……………………………………………………………………………198
    (1)議案第54号 平成21年度会津若松市一般会計補正予算(第3号)
            歳出の部 第10款教育費 第5項文化費 第1目文化
            振興費 会津能楽堂管理費
    (2)議案第72号 会津能楽堂条例
    休  憩 (午前11時58分)………………………………………………………………202
                                            
    再  開 (午後 零時58分)………………………………………………………………202
   ・成 田 芳 雄 議員……………………………………………………………………………202
    (1)承認第 8号 平成20年度会津若松市一般会計歳入歳出決算の認定に
            ついて 歳入の部 第13款使用料及び手数料 第1項
            使用料 第7目土木使用料
   ・坂 内 和 彦 議員……………………………………………………………………………209
    (1)議案第54号 平成21年度会津若松市一般会計補正予算(第3号)
            歳入の部 第18款繰入金 第2項基金繰入金 財政調
            整基金繰入金
    (2)議案第73号 会津若松河東工業団地用地取得費の助成に関する条例
    (3)議案第74号 会津若松市特別用途地区内における建築物の制限に関す
            る条例
 〇議案等に対する総括質疑(報告第11号)…………………………………………………………219
 〇請願の紹介理由説明……………………………………………………………………………………219
   ・斎藤基雄議員(請願第9号)……………………………………………………………………219
 〇決算特別委員会委員選任………………………………………………………………………………219
 〇議案等各委員会付託……………………………………………………………………………………220
 〇報告第9号及び同第10号、同第12号乃至同第15号…………………………………………220
 〇報告第11号……………………………………………………………………………………………220
 〇議案の上程(承認第23号及び諮問第1号)………………………………………………………221
 〇提案理由説明……………………………………………………………………………………………221
   ・市長(承認第23号及び諮問第1号)…………………………………………………………221
 〇承認第23号及び諮問第1号に対する質疑、討論、採決…………………………………………221
 〇散会宣言…………………………………………………………………………………………………222
     散  会 (午後 2時19分)……………………………………………………………222

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      第5日  9月16日(水曜日)
 〇出欠席議員………………………………………………………………………………………………225
 〇本日の会議に付した事件………………………………………………………………………………225
 〇説明のための出席者……………………………………………………………………………………225
 〇事務局職員出席者………………………………………………………………………………………226
     開  会 (午前10時00分)……………………………………………………………227
 〇開会宣言…………………………………………………………………………………………………227
 〇出席要請…………………………………………………………………………………………………227
 〇会議日程…………………………………………………………………………………………………227
 〇会議録署名議員の指名…………………………………………………………………………………227
 〇報  告…………………………………………………………………………………………………227
 〇各委員会審査報告………………………………………………………………………………………227
   ・総務委員会委員長    目 黒 章三郎 議員……………………………………………227
   ・文教厚生委員会委員長  小 林 作 一 議員……………………………………………232
   ・産業経済委員会委員長  長谷川 光 雄 議員……………………………………………234
   ・建設委員会委員長    石 田 典 男 議員……………………………………………236
   ・決算特別委員会委員長  浅 田   誠 議員……………………………………………242
 〇各委員会審査報告に対する質疑、討論、採決………………………………………………………243
 〇閉会宣言…………………………………………………………………………………………………244
     閉  会 (午前11時19分)……………………………………………………………244