議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 福島市

平成19年 9月定例会−09月05日-01号




平成19年 9月定例会

             平成19年9月5日(水曜日)
─────────────────────────────────────────────
出 席 議 員(38名)
  1番  小松良行            2番  半沢正典
  3番  尾形 武            4番  村山国子
  5番  羽田房男            6番  丹治 誠
  7番  真田広志            8番  宍戸一照
  9番  中野哲郎            10番  大平洋人
  11番  早川哲郎            12番  西方正雄
  13番  梅津政則            14番  石原洋三郎
  15番  佐藤真知子           16番  ?柳 勇
  17番  後藤善次            18番  渡辺敏彦
  19番  大越明夫            20番  小島 衛
  21番  丹治智幸            22番  小熊与太郎
  23番  佐久間行夫           24番  高木克尚
  25番  粟野啓二            26番  土田 聡
  27番  杉原二雄            28番  小野京子
  29番  誉田真里子           30番  佐藤真五
  31番  佐藤一好            32番  丹治仁志
  33番  阿部儀平            34番  粕谷悦功
  35番  山岸 清            36番  斎藤朝興
  37番  木村六朗            38番  須貝昌弘
─────────────────────────────────────────────
地方自治法第121条による出席者
  市長        瀬戸孝則     副市長       片平憲市
  収入役       梅津 裕     総務部長      ?橋精一
  財務部長      渡辺隆一     商工観光部長    柴田俊彰
  農政部長      阿蘇一男     市民部長      大内 恒
  環境部長      青木?昭     健康福祉部長    冨田哲夫
  建設部長      東海林仁     都市政策部長    氏家主計
  下水道部長     菅野幸一     総務部次長     高木信雄
  参事兼総務課長   菊池 稔     財政課長      渡辺雄二
  秘書課長      斎藤房一     水道事業管理者   落合 省
  水道局長      遠藤加吉     教育委員会委員   芳賀 裕
  教育長       佐藤晃暢     教育部長      八巻 明
  代表監査委員    紺野 浩     消防長       渡辺淳一
─────────────────────────────────────────────
議会事務局出席者
  局長        山岸正行     次長兼総務課長   紺野啓三
  参事兼議事調査課長 半澤 隆
─────────────────────────────────────────────
議 事 日 程
  1 会議録署名議員の指名
  2 会期の決定
  3 議案第27号ないし第83号、報告第11号ないし第14号の提出、審議
─────────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
  1 議案第72号 平成19年度福島市一般会計補正予算
  3 議案第73号 平成19年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算
  4 議案第74号 平成19年度福島市下水道事業費特別会計補正予算
  5 議案第75号 平成19年度福島市介護保険事業費特別会計補正予算
  6 議案第76号 平成18年度福島市各会計歳入歳出決算認定の件
  7 議案第77号 平成18年度福島市水道事業会計決算認定の件
  8 議案第78号 福島市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例制定の件
  9 議案第79号 福島市在宅介護支援センター条例の一部を改正する等の条例制定の件
  10 議案第80号 都市計画法に基づく開発許可の基準等に関する条例の一部を改正する条例制定の件
  11 議案第81号 福島市営住宅等条例の一部を改正する条例制定の件
  12 議案第82号 市道路線の認定及び廃止の件
  13 議案第83号 工事請負契約の件
  14 報告第11号 福島市一般会計予算の継続費精算の件
  15 報告第12号 福島市国民健康保険事業費特別会計予算の継続費精算の件
  16 報告第13号 福島市農業・農村振興条例に基づく年次報告の件
  17 報告第14号 専決処分報告の件



               午前10時04分    開  会
○議長(山岸清) 定足数に達しておりますので、これより9月定例会を開会いたします。
 この際、申し上げます。議場内がまだまだ蒸し暑いようですので、今会期中、上着を脱いでいただいて結構です。
 会議録署名議員の指名をいたします。
 6番丹治誠議員、36番斎藤朝興議員を指名いたします。
 会期の決定をいたします。
 会期は、議会運営委員会の決定のとおり、すなわち本9月5日から20日までの16日間といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
      【「異議なし」と呼ぶ者あり】
○議長(山岸清) ご異議ございませんので、会期は本9月5日から20日までの16日間と決定いたしました。
 なお、本会議の議事日程、質問通告等の締め切りはお手元に配付の印刷物のとおりでありますので、ご了承願います。
 議案等の説明を求めるため、会期中、市長以下必要と認める執行機関の職員の出席を求めることにいたします。
 諸般の報告をいたします。
 報告の内容はお手元に配付の印刷物のとおりでありますので、ご了承願います。
 ただいま市長から議案及び報告の提出がありました。
 議案及び報告はさきにお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。
 日程に従い、議案第72号ないし第83号、報告第11号ないし第14号を一括して議題といたします。
 市長の提案理由の説明を求めます。
◎市長(瀬戸孝則) 議長、市長。
○議長(山岸清) 市長。
     【市長(瀬戸孝則)登壇】
◎市長(瀬戸孝則) 皆さん、おはようございます。
 本日ここに、9月市議会定例会の開会にあたりましてご参集を賜り、厚くお礼を申し上げるところでございます。
 本定例会に提出いたしました案件は、平成19年度福島市一般会計補正予算等の議案12件及び報告4件でありますが、これが提案理由を申し上げるに先立ちまして、市政の近況等についてご報告申し上げたいと存じます。
 まず、市制施行100周年記念式典についてでございます。
 去る7月1日に、福島市公会堂におきまして、市議会の皆様をはじめ歴代の市議会議長及び交流都市であります荒川区長、宮古市長、そして多くの市民の皆様方にご出席をいただき、盛大に開催することができましたこと、衷心より感謝申し上げる次第でございます。
 また、福島市制施行100周年記念賛歌、ふくしまをてのなかにを将来の福島を担う子どもたちとともに歌い、100年目の節目の年を祝うことができましたことは喜びにたえないところでございます。新たな福島市の飛躍を誓い合うことができたものと考えております。
 次に、飯野町との合併について申し上げます。
 飯野町との合併につきましては、去る8月8日、県知事に対しまして廃置分合の申請を行ったところでございます。
 今後、県議会での議決を経まして、国への届け出などの一連の手続きの後に官報告示がなされ、年内には飯野町との合併が正式に決定することとなりますので、来年7月の合併に向け、これが準備作業に万全を期してまいります。
 次に、新庁舎建設事業について申し上げます。
 新庁舎建設にあたっての基本的な考え方や建物の規模、機能などをまとめた基本設計が7月末に完了いたしました。
 この設計にあたりましては、新庁舎機能に求める重点項目を、まず安全、安心のよりどころとなる防災拠点づくり、次に環境共生への取り組み、そしてユニバーサルデザインの実現の三つとし、まちづくりにも寄与する庁舎の実現を図る内容としたところでございます。
 今後におきましては、基本設計をもとに、より詳細な実施設計を進めるとともに、引き続き市議会をはじめ市民懇談会等からご意見をいただきながら、年度内に拡張用地の整地工事に着手し、平成23年度の完成を目指して建設を進めてまいります。
 次に、中学生の海外派遣事業について申し上げます。
 去る7月29日から8月2日までの5日間、市内の中学生31名とともに北京市海淀区を訪れましたが、海淀区から小中学生あるいは教員などを本市へ派遣することについての話し合いを行い、今後の相互交流に道筋がつき、十分な成果が上がったものと考えております。
 また、具体的な交流を通じてお互いの文化や習慣について理解が図られ、中日友好農場への訪問では、これまでの農業技術研修生受け入れ事業による友好のきずなを再確認でき、さらには中国の歴史や文化に触れることができましたことは大変意義深いものがあったと考えております。
 次に、福島市観光物産協会の設立について申し上げます。
 観光誘客の推進と物産の販路拡張を一体的に取り組み、この相乗効果により一層の観光物産の振興を図るため、去る7月12日に福島観光協会と福島市物産振興協会を統合し、民間活力を十分に発揮できる新たな組織として福島市観光物産協会を設立したところであります。
 今後におきましては、新組織を核として、観光と農業、商業の連携に十分意を用いながら、本市の地域特性を十分に踏まえた総合的な事業の展開に努めてまいります。
 次に、農作物の生育状況について申し上げます。
 本年の農作物の生育状況につきましては、春先に市内の広い範囲において凍霜害による被害が発生したものの、その後の天候にも恵まれ、水稲、果樹、野菜等につきましてはおおむね順調に生育しております。
 特にモモは糖度も非常に高く、7月下旬に実施いたしました北海道でのトップセールスをはじめ、8月上旬の京浜、大阪地区及び九州地区での重点消費地キャンペーンにおきましても好評を得たところでございます。
 今後も、気象情報に十分留意し、農業団体、関係機関等との連携を密にしながら、農作物の生育に支障が生じないよう、対策に万全を期してまいります。
 次に、有害獣対策について申し上げます。
 ニホンザルによる農作物への被害防止対策を推進するため、福島県ニホンザル保護管理計画に基づき、個体数調整等に関する本市の実施計画となる福島市ニホンザル保護管理事業実施計画を策定し、去る8月3日、県知事から承認を得たところであります。
 本計画の承認に伴い、捕獲許可権限が県から本市に移譲されましたので、福島市有害鳥獣被害対策協議会をはじめとする関係機関、団体等との連携を密にしながら、総合的な被害防止対策に努めてまいります。
 次に、新潟県中越沖地震被災地への支援について申し上げます。
 去る7月16日に発生した新潟県中越沖地震で被害を受けられた皆様に対しまして、衷心よりお見舞いを申し上げる次第でございます。
 市といたしましては、直ちに備蓄しておりました簡易組み立てトイレを提供するなど物的支援を行ったのをはじめ、保健師や被災建築物の応急危険度を判定するための建築技師を派遣するなど人的な支援活動を行ったほか、去る8月10日には本市からの見舞金などを新潟県災害対策本部へお届けしたところであり、被災地の皆様の一日も早い復興を切に願う次第でございます。
 次に、市総合防災訓練について申し上げます。
 去る8月25日、信夫地区において、福島県沖を震源とした震度6強の地震を想定し、総合防災訓練を実施いたしました。
 特に今回は、防災関係機関が情報を共有し、的確な活動調整を行う現地調整所設置訓練、災害時相互応援協定都市でありますさいたま市との応急救援物資受け入れ訓練などを行うとともに、荒川区及び隣接する飯野町、川俣町などの参観もいただき、800名を超える参加と協力を得て住民参加型のより実践的な訓練を実施することができました。
 今後におきましても、迅速かつ的確な防災体制の確立と住民の防災意識の高揚を図りながら、安全で安心して暮らせるまちづくりに努めてまいります。
 次に、歩いて暮らせるまちづくり福島地区社会実験について申し上げます。
 これまでの車中心のまちから、人と車が共生し、人と人とがふれ合う人中心のまちを目指し、それにふさわしい公共交通やにぎわい創出のあり方等を検討するため、社会実験を行うことといたしました。
 この実験を進めるにあたりまして、市民団体、交通事業者、商工団体及び行政機関等の関係者から成る実行委員会を設立し、実験期間や内容について検討を行ってまいりましたが、来る10月20日から11月18日まで、駅前通り、パセオ通り等においてイベントやまちなか循環バスの運行などを実施いたします。
 今後におきましては、この社会実験の検証結果を踏まえながら、まちづくり三法の改正に伴う新たな中心市街地活性化基本計画の策定など、本市の実情に即したコンパクトで持続可能なまちづくりを進めてまいります。
 次に、古関裕而記念音楽祭について申し上げます。
 音楽を通した都市間交流によるまちづくりを推進するため、来る11月2日に川崎市において、さらに11月11日に本市音楽堂において、それぞれ記念音楽祭を開催いたします。
 今回、川崎市においても開催することにより、古関裕而氏と川崎市出身の作詞家、佐藤惣之助氏のコンビによる六甲おろしの合唱など、古関メロディーが結ぶ本市と川崎市の新しい文化のきずなを深め、首都圏におられる福島にゆかりのある方々にも音楽祭を鑑賞していただき、音楽祭を契機とした交流のまちつくりにつなげてまいりたいと考えております。
 また、川崎市での音楽祭開催に先立ち、10月27日から11月2日まで川崎駅前地下街において、観光PRや本市特産品の販売などを内容とする花もみもある福島フェアを開催し、本市の魅力を首都圏に発信してまいります。
 次に、今回提出いたしました議案について申し上げます。
 議案第72号平成19年度福島市一般会計補正予算は、まず総務部におきましては、住民情報オンラインシステム運用費を追加するものであります。
 財務部におきましては、財産管理費を追加するものであります。
 商工観光部におきましては、企業立地促進費及び工業団地関連整備費等を追加するものであります。
 農政部におきましては、有害獣被害防止対策費及び農業施設改修費等を追加するものであります。
 市民部におきましては、国民健康保険事業費特別会計繰出金を追加するものであります。
 健康福祉部におきましては、自立支援医療費及び高齢者福祉施設整備費補助金等を追加するものであります。
 建設部におきましては、交通安全施設整備費、道路維持費、道路新設改良費及び河川改良費等を追加するものであります。
 都市政策部におきましては、矢剣町─渡利線改良工事費及びあぶくま親水公園整備事業費等を追加するものであります。
 消防本部におきましては、県市町村総合事務組合負担金等を追加するものであります。
 教育委員会におきましては、小中学校の施設改修費及び北信学習センター開館準備費等を追加するものであります。
 以上の補正による追加額は16億5,086万6,000円でありますが、これが財源には、歳出補正に関連する国県支出金等3億1,372万3,000円及び市債4,730万円を追加し、差し引き12億8,984万3,000円には繰越金等を充当するものであります。
 地方債の補正は、事業費の変更等に伴い、道路橋りょう整備債等の限度額を変更するものであります。
 議案第73号平成19年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算は、過年度分の精算に伴い、国庫負担金返還金等を追加するものであります。
 議案第74号平成19年度福島市下水道事業費特別会計補正予算は、確定申告に伴い、消費税額等を追加するものであります。
 議案第75号平成19年度福島市介護保険事業費特別会計補正予算は、介護給付費準備基金積立金及び過年度分の精算に伴う国庫負担金等返還金を追加するものであります。
 議案第76号平成18年度福島市各会計歳入歳出決算認定の件及び議案第77号平成18年度福島市水道事業会計決算認定の件は、それぞれの決算の認定について議決をお願いするものでありますが、監査委員の審査意見書のほか、各会計における主要な施策の成果等につきましては附属書類のとおりであります。
 議案第78号福島市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例制定の件は、郵政民営化法の制定等に伴い、所要の改正を行うものであります。
 議案第79号福島市在宅介護支援センター条例の一部を改正する等の条例制定の件は、福島市陽光園在宅介護支援センター等を廃止するため、所要の改正等を行うものであります。
 議案第80号都市計画法に基づく開発許可の基準等に関する条例の一部を改正する条例制定の件は、都市計画法の一部改正に伴い、所要の改正を行うものであります。
 議案第81号福島市営住宅等条例の一部を改正する条例制定の件は、暴力団員による市営住宅等の使用の制限等を図るため、所要の改正を行うものであります。
 議案第82号市道路線の認定及び廃止の件は、笹谷─南矢野目線ほか127路線について、一般公共の用に供するため認定するとともに、南一本松線ほか27路線を認定がえ等により廃止するものであります。
 議案第83号工事請負契約の件は、市道沢小谷─南沢線道路災害復旧工事について請負契約を締結するものであります。
 次に、報告について申し上げます。
 報告第11号福島市一般会計予算の継続費精算の件及び報告第12号福島市国民健康保険事業費特別会計予算の継続費精算の件は、それぞれ平成18年度において継続年度が終了した継続費について精算の報告をするものであります。
 報告第13号福島市農業・農村振興条例に基づく年次報告の件は、条例の規定により、農業及び農村の動向並びに振興に関して講じた施策について報告するものであります。
 報告第14号専決処分報告の件は、専決処分いたしました損害賠償の額の決定並びに和解の件等について報告をするものであります。
 以上が提出議案及び報告の概要でありますが、詳細につきましてはご質疑または委員会等において申し上げたいと存じますので、よろしくご審議の上、ご議決を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、会期中に人事案件を追加提案いたしたいと存じますので、ご了承をお願い申し上げます。
○議長(山岸清) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 この際、お諮りいたします。
 明6日、7日、10日は議案調査のためそれぞれ休会といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     【「異議なし」と呼ぶ者あり】
○議長(山岸清) ご異議ございませんので、明6日、7日、10日は議案調査のためそれぞれ休会とすることに決しました。
 なお、8日、9日は土曜日、日曜日のためそれぞれ休会とし、11日は午前10時より本会議を開きます。
 本日はこれをもって散会いたします。
              午前10時30分    散  会