議事ロックス -地方議会議事録検索-


福島県 福島市

平成17年 6月定例会−06月06日-01号




平成17年 6月定例会

           平成17年6月6日(月曜日)
─────────────────────────────────────────────
出 席 議 員(36名)
   1番  羽田房男        2番  小野京子
   3番  土田 聡        4番  真田広志
   5番  宍戸一照        6番  丹治智幸
   7番  高柳 勇        8番  須貝昌弘
   9番  藤川淑子        10番  大場秀樹
   11番  高木克尚        12番  粟野啓二
   13番  中野哲郎        14番  渡辺敏彦
   15番  大越明夫        16番  目黒恵介
   17番  小熊与太郎       18番  杉原二雄
   19番  菅野芳樹        20番  斎藤朝興
   21番  粕谷悦功        22番  高橋英夫
   23番  山岸 清        24番  小島 衛
   25番  丹治仁志        26番  佐久間行夫
   27番  誉田真里子       28番  佐藤一好
   29番  木村六朗        30番  加藤勝一
   31番  宮本シツイ       32番  阿部儀平
   34番  斎藤 清        35番  佐藤真五
   36番  鈴木好広        37番  横山俊邦
─────────────────────────────────────────────
欠 席 議 員(1名)
  33番   半沢常治
─────────────────────────────────────────────
地方自治法第121条による出席者
  市長        瀬戸孝則     助役        片平憲市
  収入役       菅野 清     総務部長      梅津 裕
  財務部長      長澤多一     商工観光部長    ?橋精一
  農政部長      長谷川秀一    市民部長      山田義夫
  環境部次長     尾形一幸     健康福祉部長    安田徳郎
  建設部長      紺野 浩     都市政策部長    落合 省
  下水道部長     菅野幸一     総務部次長     青木?昭
  参事兼総務課長   清野 薫     秘書課長      鈴木智久
  財政課長      菊池 稔     水道事業管理者   田村 廣
  水道局長      柴田哲郎     教育委員会委員   三宅祐子
  教育長       佐藤晃暢     教育部長      山岸正行
  代表監査委員    菅野昭義     消防長       渡辺淳一
  農業委員会会長   原田光一
─────────────────────────────────────────────
議会事務局出席者
  局長        鈴木周一     次長兼総務課長   紺野啓三
  議事調査課長    半澤 隆
─────────────────────────────────────────────
議事日程
  1 仮議席の指定
  2 会議録署名議員の指名
  3 会期の決定
  4 議席の一部変更
  5 陳情の取り下げ
  6 議案第63号ないし第82号、報告第4号ないし第11号の提出、審議
─────────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
  1 仮議席の指定
  2 会期の決定
  3 議席の一部変更
  4 陳情の取り下げ
  5 議案第63号 平成17年度福島市一般会計補正予算
  6 議案第64号 平成17年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算
  7 議案第65号 平成17年度福島市老人保健医療事業費特別会計補正予算
  8 議案第66号 平成17年度福島市茂庭地区簡易水道事業費特別会計補正予算
  9 議案第67号 福島市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例制定の件
  10 議案第68号 福島市税条例の一部を改正する条例制定の件
  11 議案第69号 福島市手数料条例の一部を改正する条例制定の件
  12 議案第70号 福島市屋外広告物許可申請手数料条例の一部を改正する条例制定の件
  13 議案第71号 福島市農業委員会の部会に関する条例の一部を改正する条例制定の件
  14 議案第72号 福島市営住宅等条例の一部を改正する条例制定の件
  15 議案第73号 福島市地区計画において定められる再開発等促進区地区整備計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例制定の件
  16 議案第74号 福島市火災予防条例の一部を改正する条例制定の件
  17 議案第75号 福島地方土地開発公社定款変更の件
  18 議案第76号 訴えの提起の件
  19 議案第77号 市道路線の認定及び廃止の件
  20 議案第78号 工事請負契約の件
  21 議案第79号 財産取得の件(宮畑遺跡整備事業用地)
  22 議案第80号 財産取得の件(高規格救急自動車)
  23 議案第81号 財産取得の件(消防ポンプ自動車)
  24 議案第82号 専決処分承認の件
  25 報告第4号 福島市一般会計予算の継続費繰越しの件
  26 報告第5号 福島市一般会計予算の繰越明許費繰越しの件
  27 報告第6号 福島市一般会計予算の事故繰越しの件
  28 報告第7号 福島市水道事業会計予算の継続費繰越しの件
  29 報告第8号 福島市国民健康保険事業費特別会計予算の継続費繰越しの件
  30 報告第9号 福島市下水道事業費特別会計予算の繰越明許費繰越しの件
  31 報告第10号 福島市土地区画整理事業費特別会計予算の繰越明許費繰越しの件
  32 報告第11号 市が資本金を出資している法人の事業計画等提出の件
─────────────────────────────────────────────
              午前10時06分    開  会
○議長(佐藤真五) 定足数に達しておりますので、これより6月定例会を開会いたします。
 この際、ご報告をいたします。33番半沢常治議員より会期中欠席の届け出がありました。
 日程に従い、議事の進行上、仮議席を指定いたします。
 この際、25番ないし28番を仮議席として指定いたします。
 会議録署名議員の指名をいたします。
 12番粟野啓二議員、23番山岸清議員を指名いたします。
 会期の決定をいたします。
 会期は、議会運営委員会の決定のとおり、すなわち本6月6日から20日までの15日間といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     【「異議なし」と呼ぶ者あり】
○議長(佐藤真五) ご異議ございませんので、会期は本6月6日から20日までの15日間と決定いたしました。
 なお、本会議の議事日程、質問通告等の締め切りはお手元に配付の印刷物のとおりでありますので、ご了承願います。
 これより日程に従い、議席の一部変更についてお諮りいたします。
 議席の一部をただいま着席の議席に変更することにいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     【「異議なし」と呼ぶ者あり】
○議長(佐藤真五) ご異議ございませんので、議席の一部をただいま着席の議席に変更することに決しました。
 日程に従い、陳情の取り下げについてお諮りいたします。
 平成16年12月6日受理の福島市と霊山町との合併を進めることについての陳情につきましては、提出者から都合により取り下げたい旨の申し出がありました。この陳情の取り下げを承認することにいたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     【「異議なし」と呼ぶ者あり】
○議長(佐藤真五) ご異議ございませんので、この陳情の取り下げを承認することに決しました。
 議案等の説明を求めるため、会期中、市長以下必要と認める執行機関の職員の出席を求めることにいたします。
 諸般の報告をいたします。
 報告の内容はお手元に配付の印刷物のとおりでありますので、ご了承願います。
 ただいま市長から議案の提出がありました。
 議案はさきにお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。
 日程に従い、議案第63号ないし第82号、報告第4号ないし第11号を一括して議題といたします。
 市長の提案理由の説明を求めます。
◎市長(瀬戸孝則) 議長、市長。
○議長(佐藤真五) 市長。
     【市長(瀬戸孝則)登壇】
◎市長(瀬戸孝則) おはようございます。
 本日ここに、6月市議会定例会の開会にあたり、ご参集を賜り厚くお礼申し上げます。
 本定例会に提出いたしました案件は、平成17年度福島市一般会計補正予算等の議案20件及び報告8件でありますが、これが提案理由を申し上げるに先立ち、市政の近況等についてご報告いたしたいと存じます。
 まず、新庁舎建設事業について申し上げます。
 去る4月25日、福島商工会議所をはじめ4団体から本市に対し、さくら野百貨店跡地への市役所移転に関する署名活動報告書及び約6万7,000人の署名簿の提出があったところであります。新庁舎建設を契機として、多くの市民の皆様に、本市のまちづくりについてさまざまなご意見をいただきましたことに対し感謝を申し上げます。
 新庁舎建設につきましては、これまで長年にわたり、市議会や多くの市民、有識者、専門家から、新庁舎に求められる役割や機能とともに、本市のまちづくりにつきましてもご意見、ご提言をいただいてまいったところであります。
 このような経緯を踏まえ、防災や交通等の観点からも必要となる機能を確保しながら、安心できる市民生活のよりどころとなる拠点として、現在地を含む東側国道4号までの約2ヘクタールを新庁舎敷地と決定し、事業に着手したところであります。
 今後におきましては、あらゆる機会を通し、新庁舎建設についての市民の理解が得られるよう努めてまいる考えであります。
 次に、子どもの夢を育む施設こむこむ館について申し上げます。
 来る7月23日に開館いたしますこむこむ館につきましては、現在、オープン記念イベントをはじめさまざまな事業を企画し、子どもたちが豊かな出会いを通して感動体験を広げ、探究心を高める等、未来に向けて夢を大きく育んでいってほしいという願いを込めて、鋭意開館に向けた準備を進めているところであります。
 運営にあたっては、創造性豊かな子どもを育む教育文化施設として、市民の強い期待にこたえられるよう、ボランティア団体や地元商店街等との協働を基本に幅広い事業展開を図り、中心市街地の新しいにぎわい創出にも寄与できるよう努めてまいる考えであります。
 次に、あらかわクリーンセンター焼却炉建替事業について申し上げます。
 本事業は、設計、建設、維持管理、運営を一体的に扱うことにより、民間の高い技術的能力を活用し、効率的な焼却炉の建設を推進することを目的として、PFI・DBO方式、いわゆる公設民営方式により進めておりますが、総合評価一般競争入札を実施し、本年4月に事業者審査委員会において事業者を選定したところであります。
 今後におきましては、事業者と建設等に向けた契約締結のための作業を進めるとともに、環境影響評価書の作成及び公告・縦覧を行いながら、本年度内の着工を目指してまいる考えであります。
 次に、中国北京市との交流事業について申し上げます。
 都市間交流の推進を図るため、4月に予定しておりました中国北京市への訪問につきましては、反日デモなどの中国国内事情を考慮し延期をいたしましたが、夏休みに予定しておりました同市への中学生派遣事業につきましても、準備期間の制約から、本年度はこれまで同様マレーシア・シンガポールに派遣することといたしました。今後、北京市訪問につきましては、状況を見きわめながら検討してまいります。
 次に、4月の低温などによる被害状況について申し上げます。
 本年の農作物の生育状況につきましては、作物全般にわたり順調な生育経過をたどっていたところでありましたが、霜注意報が発令された去る4月17日及び18日の早朝、余目及び飯坂地区ほか市内の広い範囲にわたり、凍霜害のため、リンゴ、オウトウに大きな被害が生じたところであります。また、去る5月27日には、ひょう害により、大波、飯坂及び松川地区ほか市内の広い範囲にわたり、モモ、リンゴなどの農作物にも大きな被害が生じたところであります。
 被害を受けられました農家の皆様に対し、心からお見舞いを申し上げますとともに、今後におきましては、農業団体等と連携し、営農指導等に努めながら、対策に万全を期してまいる考えであります。
 次に、市総合防災訓練について申し上げます。
 例年実施しております本市総合防災訓練につきましては、本年度は、福島県総合防災訓練との合同により、来る9月2日を実施日としたところであります。現在、都市型災害を想定しながら県と協議を重ね、その準備を進めているところでありますが、住民参加型による、より実践的な訓練となりますよう努めてまいります。
 次に、国民健康保険事業について申し上げます。
 国民健康保険事業につきましては、長引く景気低迷により保険税収入が伸び悩む一方で、急速な高齢社会の進展などによる医療費の増嵩等から、その運営は引き続き厳しい状況にあります。
 本年度は、国保財政安定化支援事業等の地方財政措置により、一般会計からの繰り入れを行うとともに、繰越金を充当することにより、医療分の保険税税率を据え置くものであります。また、介護分の保険税につきましても、繰越金を充当することにより、介護分の保険税税率を据え置くものであります。
 今後も、医療費の適正化や保険税収納率の向上など、国保財政の健全な運営に努めるとともに、医療保険制度の抜本的な改革について、引き続き国をはじめ関係機関に要望してまいる所存であります。
 次に、飯坂町地域再生計画について申し上げます。
 本計画は、飯坂温泉を地域づくりの核として、摺上川と摺上川ダム周辺との連携を図りながら、飯坂地区の再生を目指すものでありますが、本年1月に内閣府に対し地域再生計画の認定申請をしてまいりましたところ、去る3月28日に内閣総理大臣より認定をいただいたところであります。
 今後におきましては、国の支援措置であるまちづくり交付金の活用を図るため、地域の皆様との協働により都市再生整備計画を策定し、事業実施に向けて取り組んでまいります。
 次に、自動体外式除細動器の配備について申し上げます。
 これまで、心肺機能停止患者の救命率の向上を図ることを目的として、除細動器を装備した高規格救急車を配備してまいりましたが、今般、未配備でありました標準型救急車4台にも自動体外式除細動器を配備することにより、本市が有する救急車10台の全車両に配備を完了したところであります。
 今後とも、救急体制の充実強化に努めながら、本市が目指す安全で安心して暮らせるまちづくりの実現に努めてまいる考えであります。
 次に、平成16年度の決算概要について申し上げます。
 本決算は、所定の期日に出納を閉鎖し、計数整理中でありますが、一般会計においてはおおむね順調な決算となる見通しであります。
 水道事業会計につきましては、収益的収支において純利益を得ることができましたが、資本的収支においては、収入不足を損益勘定留保資金及び建設改良積立金等をもって補てんし、決算した次第であります。
 国民健康保険事業費特別会計、下水道事業費特別会計、その他の特別会計につきましても、それぞれ順調な決算となる見通しであります。
 次に、今回提出いたしました議案について申し上げます。
 議案第63号平成17年度福島市一般会計補正予算は、まず農政部におきましては、農業委員会委員報酬及び園芸畑作等産地強化事業費を追加するものであります。
 市民部におきましては、国民年金事務費を追加するとともに、国民健康保険事業費特別会計繰出金を減額するものであります。
 環境部におきましては、あらかわクリーンセンター焼却炉建替事業費等を追加するものあります。
 教育委員会におきましては、安全で安心な学校づくり推進事業費等を追加するものであります。
 以上の補正による追加額は609万5,000円でありますが、歳入において、歳出補正に関連する国・県支出金610万6,000円を減額するほか、老人保健医療事業費特別会計繰入金1億3,038万4,000円の計上に伴い、歳入歳出差引超過額1億1,818万3,000円は予備費に調整計上するものであります。
 議案第64号平成17年度福島市国民健康保険事業費特別会計補正予算は、歳出において、執行見込みにより保険給付費等を減額するものであり、歳入においては、国・県支出金、療養給付費交付金及び繰越金を追加するほか、国民健康保険税等を減額するものであります。
 議案第65号平成17年度福島市老人保健医療事業費特別会計補正予算は、歳出において、過年度の医療費等の精算に伴い、過年度支払基金交付金返還金等を計上するとともに、歳入においては国庫支出金等を追加するものであります。
 議案第66号平成17年度福島市茂庭地区簡易水道事業費特別会計補正予算は、維持管理費を追加するものであります。
 議案第67号福島市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例制定の件は、地方公務員法の一部改正に伴い、条例を設けるものであります。
 議案第68号福島市税条例の一部を改正する条例制定の件は、地方税法等の一部改正に伴い、個人市民税の所要の改正を行うものであります。
 議案第69号福島市手数料条例の一部を改正する条例制定の件は、建築基準法等の一部改正等に伴い、所要の改正を行うものであります。
 議案第70号福島市屋外広告物許可申請手数料条例の一部を改正する条例制定の件は、福島県屋外広告物条例の一部改正に伴い、所要の改正を行うものであります。
 議案第71号福島市農業委員会の部会に関する条例の一部を改正する条例制定の件は、農業委員会等に関する法律の一部改正に伴い、所要の改正を行うものであります。
 議案第72号福島市営住宅等条例の一部を改正する条例制定の件は、公営住宅新町団地を設置するため、所要の改正を行うものであります。
 議案第73号福島市地区計画において定められる再開発等促進区地区整備計画区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例制定の件は、福島駅周辺地区計画の変更に伴い、所要の改正を行うものであります。
 議案第74号福島市火災予防条例の一部を改正する条例制定の件は、消防法等の一部改正に伴い、所要の改正を行うものであります。
 議案第75号福島地方土地開発公社定款変更の件は、公有地の拡大の推進に関する法律施行令の一部改正に伴い、所要の変更を行うものであります。
 議案第76号訴えの提起の件は、市営住宅の明け渡し及び滞納家賃等の支払いを求めるため、訴えを提起するものであります。
 議案第77号市道路線の認定及び廃止の件は、川岸町3号線ほか41路線について、一般公共の用に供するため認定するとともに、沖町・土入線ほか14路線を認定替え等により廃止するものであります。
 議案第78号工事請負契約の件は、都市計画道路小倉寺─大森線田部屋橋架替工事について請負契約を締結するものであります。
 議案第79号ないし議案第81号財産取得の件は、宮畑遺跡整備事業用地、高規格救急自動車及び消防ポンプ自動車を取得するものであります。
 議案第82号専決処分承認の件は、専決処分をいたしました平成16年度福島市一般会計補正予算等の案件について、それぞれ承認を願うものであります。
 次に、報告について申し上げます。
 報告第4号福島市一般会計予算の継続費繰越しの件ないし報告第10号福島市土地区画整理事業費特別会計予算の繰越明許費繰越しの件は、各会計における逓次繰越し等について報告するものであります。
 報告第11号市が資本金を出資している法人の事業計画等提出の件は、福島地方土地開発公社ほか5法人の経営状況を説明する書類を提出するものであります。
 以上が提出議案及び報告の概要でありますが、詳細につきましてはご質疑または委員会等において申し上げたいと存じますので、よろしくご審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、会期中に工事請負契約の件及び人事案件を追加提案いたしたいと存じますので、ご了承をお願い申し上げます。
○議長(佐藤真五) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 この際、お諮りいたします。
 明7日ないし9日は議案調査のため休会といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
     【「異議なし」と呼ぶ者あり】
○議長(佐藤真五) ご異議ございませんので、明7日ないし9日は議案調査のため休会とすることに決しました。
 10日は午前10時より本会議を開きます。
 本日はこれをもって散会いたします。
              午前10時33分    散  会