議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 庄内町

平成25年  8月 臨時会(第4回) 08月15日−01号




平成25年  8月 臨時会(第4回) − 08月15日−01号







平成25年  8月 臨時会(第4回)



          平成25年第4回庄内町議会臨時会会議録

平成25年8月15日第4回庄内町議会臨時会は庄内町役場議事堂に招集された。

1 応招議員は次のとおりである。

 1番 齋藤健一   2番 石川惠美子  3番 齋藤秀紀   4番 日下部勇一

 5番 村上順一   6番 小野一晴   7番 石川 保   8番 榎本秀将

 9番 五十嵐啓一 10番 工藤範子  11番 佐藤 彰  12番 清野 等

13番 小林清悟  14番 上野幸美  15番 石川武利  16番 押切のり子

17番 吉宮 茂  18番 富樫 透

          第1日目(8月15日)

1 本日の出席議員は次のとおりである。

 1番 齋藤健一   2番 石川惠美子  3番 齋藤秀紀   4番 日下部勇一

 5番 村上順一   6番 小野一晴   7番 石川 保   8番 榎本秀将

 9番 五十嵐啓一 10番 工藤範子  11番 佐藤 彰  12番 清野 等

13番 小林清悟  14番 上野幸美  15番 石川武利  16番 押切のり子

17番 吉宮 茂  18番 富樫 透

1 本日の欠席議員は次のとおりである。

  なし

1 本日の議事日程は次のとおりである。

  日程第1 会議録署名議員の指名

  日程第2 会期の決定

  日程第3 町長あいさつ

  日程第4 報告第8号 工事又は製造の請負契約状況の報告について

  日程第5 議案第59号 庄内町副町長の選任について

1 地方自治法第121条の規定により会議に出席した者の職氏名は次のとおりである。

       庄内町長           原田眞樹

       庄内町教育委員長第2職務代理者

                      池田智栄

       庄内町農業委員会会長     阿部一弥

       庄内町代表監査委員      齋藤昌史

       庄内町選挙管理委員長     齋藤 満

1 議事説明のため、会議に出席した者の職氏名は次のとおりである。

 副町長    奥山賢一  会計管理者  齋藤純子   総務課長   樋渡 満

 情報発信課長 長南和幸  環境課長   高梨英勝   税務町民課長 佐藤 繁

 保健福祉課長 水尾良孝  建設課長   石川善勝   農林課長   菅原昭治

 商工観光課長 阿部金彦  企業課長   吉田健一   総務課主幹  上野英一

 保健福祉課主幹 佐藤 繁

 総務課課長補佐 門脇 有

 建設課建設係長 菅原 敦

 教育長     池田定志

 教育課長兼教育総務係長     梅木 明 社会教育課長       本間俊一

 農業委員会事務局長 池田博史

1 本日の議長は次のとおりである。

 庄内町議会議長   富樫 透

1 本日の書記は次のとおりである。

 議会事務局長       吉泉豊一   議会事務局書記      佐々木平喜

 議会事務局書記      佐々木 望  議会事務局書記      丸山 文



○議長 おはようございます。ただいまの出席議員は18人です。定足数に達しておりますので、ただいまから平成25年第4回庄内町議会臨時会を開会します。

                         (9時30分 開議)



○議長 議会運営委員長の報告を求めます。



◆議会運営委員長(村上順一) おはようございます。本日招集されました平成25年第4回庄内町議会臨時会の運営について、去る8月12日、午前9時より委員会室において議会運営委員会を開催しておりますので、協議の結果について報告いたします。

 本臨時会に付議されます事件は議案第59号「庄内町副町長の選任について」の人事案件1件であります。

 次に「町長あいさつ」であります。庄内町議会運営規程第26条により、町長就任の挨拶を行うことにいたします。

 次に諸般の報告であります。議会の議決すべき事件以外の契約の透明性を高めるための条例第2条第1項の規定により、報告第8号を行うことにいたします。

 次に会期日程であります。会期は、本日8月15日の1日限りといたします。以上、議会運営委員会で協議した結果についての報告とします。



○議長 事務局長から諸般の報告をさせます。



◎事務局長 おはようございます。報告いたします。本臨時会開催にあたり、地方自治法第121条の規定によりまして、町長、教育委員会委員長、監査委員、農業委員会会長、選挙管理委員長に議案等の説明のため出席を求めております。

 町長、教育委員会委員長、監査委員、農業委員会会長、選挙管理委員長の出席と、細部の議事説明のため本日配付の議事説明員出席通知のとおり出席する旨通知がありました。

 次に説明員の状況につきまして報告いたします。教育委員長に代わり、委員長第2職務代理者が出席との報告を受けております。

 次に本日配付の資料について申し上げます。「平成25年第4回庄内町議会臨時会会期日程予定表」、「平成25年第4回庄内町議会臨時会議事日程」、「町長マニフェスト2013」、それから「議事説明員出席通知」は、議員の皆さんのみの配付でございます。以上でございます。



○議長 ただいまから本日の会議を開きます。

 議事日程は予めお手元に配付のとおりであります。

 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。会議録署名議員は、庄内町議会会議規則第127条の規定により佐藤彰議員、清野等議員、小林清悟議員、以上3名を指名します。

 日程第2、「会期の決定」を議題とします。おはかりします。今臨時会の会期は本日1日限りといたしたいが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長 ご異議なしと認め、会期は、本日1日限りと決定いたしました。

 日程第3、「町長あいさつ」を行います。

 庄内町議会運営規程第26条の規定により、町長から挨拶したい旨の申し出がありました。これを許可します。



◎町長 おはようございます。ただいま3期目のスタートをした私といたしましての挨拶ということで許可をいただきました。大変お忙しい中、お時間をいただきましたこと、改めて感謝を申し上げたいと思います。

 まずは、3期目をスタートするにあたりまして、どのようなまちづくりをしていくのかということについては、町民に等しく理解を求めながら、これから非常に大きな課題、あるいは国・県、そして本町が抱える課題の整理を行いながら、どのような決断をしながらやっていかなければならないかということについては、これから議会の方々とともに、また等しく行っていかなければいけないという思いでございます。

 そんな中で、先の町の広報にも出させていただいたわけでありますが、3期目、基本的にどのようなまちづくりを中心として行っていくのか、考えていくのかということについてお話を出させていただいたわけでありますので、そのことについて、議会でもお話をさせていただきたいと思っております。

 まずは本町を取り巻く環境も含めてでありますが、これは国が抱える課題と同じものがございます。少子高齢、人口減少という社会をどのような将来像を描きながら庄内町が生き残っていけるのかということが、まずは大前提でございます。これは庄内町として、町として生き残れるだけではなく、これは2040年に人口の統計が出ておるように、庄内全体が非常な落ち込みになっていく、具体的には毎年3,500人余の人口が庄内から流出していく、あるいは減少していくという現状。ということは、2年に三川町の人口レベルの減少がこれから続いていくということですから、いかに危機感を持った中で、我々が人口減少も含めた形で町の活性化を図っていかなければいけないかということは、皆さま方から等しくご理解いただけるものではないかと思います。

 ですから、現状というものをしっかりと捉え、そしてその課題をどのように解決を図っていくか、これしかないわけでありますので、庄内全体における現状、将来構想も含めてでありますが、そういったものをしっかりと押さえた中で、それに対処するような手立てを打っていくということが必要であります。

 特に、庄内は今現在、2市3町ということでありますし、鶴岡・酒田といったような大きな市におきましては、我々とともに合併10年以降の厳しい合併特例の交付税の算定があります。このことによっての影響は未だ現実には住民の方々には具体的にどこにどのような影響が出るかということについてはお知らせはできないわけでありますが、現実問題として金額が減るということ自体は間違いがございません。そして、その金額をどのようにカバーできるのか、サービスを落とさないでどのようにまちづくりを経営していけるのかということについては、非常に矛盾を抱えた大きなものであるということは、これまで何回も申し上げたとおりであります。

 ここにはできるだけ我々としても痛みを伴わない改革というものはどういったものであるかということを考えつつも、ただし、協力はいただかなければいけない。町民等しくご協力はいただかなければいけない状況が生まれてくるのではないかというふうに思っております。

 これは、今、国が抱えております国と地方が1,000兆円の借金を抱えて、これは今現在はまだ国民の方々からの借金であるという認識のもとに、経済、あるいは国の立て直しを図っているわけでありますが、これは当然、いつまでもそのような状況が続かないのが世界の状況を見れば明らかであります。アメリカなり、あるいは西洋といったような先進的に経済の立て直しを図ってきたところの、その過程を日本がいつ踏み出さなければいけないのかということについては、現在の消費税の問題一つをとってもそうでありますし、TPPの課題の解決を鑑みてもそうであります。そして、国内においても大震災の影響、そして原発の未だ先行きが見えない状況、その中には当然エネルギー問題など、大きな輸出・輸入に係わる環境があるわけであります。

 こういった中で、我々ができることというものは限られているかもしれませんが、我々がまずは何を成すべきかということを明確に考え、そして住民の方々にご協力を求めながらやっていかないことには先に行かないということも確かであります。

 そんな中で、合併をして3期目という非常に重要な時期を担わせていただくことになりましたことについては、私としても非常に強い意志を持って、これからまちづくりを経営していかなければいけないという思いでございます。

 具体的な細かいことについては詳しく申し上げることはいたしませんが、これまでまちづくりの三本の柱ということで続けてまいりました「産業振興」、若い者がこの町に住み続けられるための環境整備というものは第一番であろうということであります。

 それから「教育と子育て」ということについては、これについても国を挙げてこれから考えなければいけない少子化対策でありますので、本町としてもまずはこれまで以上に力を入れてまいりたいと思います。

 それから「超高齢社会」でありますが、この「超高齢社会」は、皆さんが元気で生きていっていただく分には、これは何も問題がないわけでありますので、私達は元気で長生きをしていただく環境づくりとともに、その意識を持っていただくための運動を重ねてまいりたいと思います。

 まずは、今、3期目に向かうにあたりまして、現状というものをしっかりと捉え、そして将来どのような姿になるのかということを住民の方々に広く訴え、そしてともに歩まなければいけないということを「参画と協働」という言葉のもとにさらに強く推し進めながら頑張ってまいりたいという思いであります。是非、皆さん方からもそのことをご理解いただきながら、さらにこれまでの本町の町と、それから議会という両輪の歩みを止めない形で頑張っていっていただければ幸いだというふうに思います。

 皆さま方からのさらなるご支援・ご協力を心からお願い申し上げて、私からの挨拶に代えさせていただきたいと思います。これからもよろしくお願い申し上げます。



○議長 これで「町長あいさつ」を終わります。

 本職からも3期目のマニフェスト実現のための合意形成、町長の政治手腕を期待するものであります。

 日程第4、報告第8号「工事又は製造の請負契約状況の報告について」を議題とします。

 本件について、内容の報告を求めます。



◎町長 報告第8号「工事又は製造の請負契約状況の報告について」であります。

 これにつきましては、庄内町議会の議決すべき事件以外の契約の透明性を高めるための条例第2条第1項の規定によりまして、別紙のとおり報告するものでございます。

 詳細につきましては担当をしてご説明申し上げますので、よろしくお願い申し上げます。



◎総務課長 おはようございます。それでは報告第8号につきまして、町長に補足いたしましてご説明申し上げます。

 今回の報告対象件数は新規契約1件のみでございます。

 契約名は、防災・安全社会資本整備交付金事業町道大釜西田線防雪柵設置工事でございます。

 町内土木Aランク12社により入札を執行しております。

 概要等については掲載しておりますのでご覧いただければと思います。以上でございます。



○議長 これより質疑を行います。



◆4番(日下部勇一議員) おはようございます。この地図からいくと、役場の立川庁舎、あの近くのところだと思うのですが、新規、2期工事になるのかよく分かりませんが、これまでもあそこは工事をやっておるわけですが、これまで何メートル工事を行って、あと何メートル残っているという理解でいるのか。全長も含めて、進捗率はどのくらいなのか伺っておきたいと思います。



◎建設課長 それでは、私の方から説明申し上げたいと思います。

 昨年度の工事で約130mほどの1期工事をさせていただきました。それの継続工事ということで、今年度発注をいたしますが、予定としては今年度でこの部分は完了させるということで、この工事を発注しております。

 総延長で450mということになってございます。以上でございます。



○議長 他にございますか。

     (「なし」の声あり)



○議長 これで、報告第8号「工事又は製造の請負契約状況の報告について」の質疑を終わります。



○議長 暫時休憩します。

                         (9時45分 休憩)



○議長 再開します。

                         (9時45分 再開)

 日程第5、議案第59号「庄内町副町長の選任について」を議題とします。

 本案について、提案者より提案趣旨の説明を求めます。



◎町長 今回の臨時会に提案をいたします人事案件でございます。議案第59号「庄内町副町長の選任について」申し上げます。

 地方自治法第162条の規定によりまして、平成25年8月21日をもって任期が満了する本町副町長奥山賢一を引き続き副町長に選任するために提案するものでございます。

 住所   庄内町余目字沢田150番地3

 氏名   奥山賢一

 生年月日 昭和31年2月21日

 以上でございますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長 おはかりします。本案は人事案件でございますので、質疑、討論を省略し、ただちに採決したいが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長 異議なしと認めます。

 議場整理のため暫時休憩します。

                         (9時47分 休憩)



○議長 再開します。

                         (9時48分 再開)

 議案第59号「庄内町副町長の選任について」を採決します。

 本案の採決は、庄内町議会会議規則第82条の規定により、無記名投票で行います。

 議場の出入口を閉じます。

     (議場閉鎖)



○議長 ただいまの出席議員は議長を除き17人です。

 次に、立会人を指名します。

 庄内町議会会議規則第32条第2項の規定により、佐藤彰議員、清野等議員を指名します。

 投票用紙を配付します。

     (投票用紙の配付)



○議長 念のために申し上げます。

 本案に賛成の方は賛成と、反対の方は反対と記載願います。

 投票用紙の配付漏れはございませんか。

     (「なし」の声あり)



○議長 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

     (投票箱の点検)



○議長 異常なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。齋藤健一議員から順に投票願います。

     (投票)



○議長 投票漏れはございませんか。

     (「なし」の声あり)



○議長 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 開票を行います。

 佐藤彰議員、清野等議員、立会いをお願いします。

     (開票)



○議長 開票の結果を報告します。

 投票総数17票、有効投票17票、無効投票0票。

 有効投票のうち、賛成13票、反対4票、以上のとおり賛成多数です。

 したがって、議案第59号「庄内町副町長の選任について」は、原案に同意することに決定いたしました。

 議場の出入り口を開きます。

     (議場を開く)



○議長 以上をもちまして、本臨時会に付議されました案件の審議は終了いたしました。



○議長 平成25年第4回庄内町議会臨時会を閉会いたします。ご苦労さまでした。

                         (9時56分 閉会)

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

平成25年8月15日

  庄内町議会議長

  庄内町議会議員

  庄内町議会議員

  庄内町議会議員