議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 高畠町

平成18年第426回定例会第1号 本文




2006-03-03:平成18年第426回定例会第1号 本文

             開            会
議 長(阿部鶴義) おはようございます。
  ただいまから第 426回高畠町議会定例会を開会いたします。
 (時に午前10時15分)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) ただいまの出席議員は21名であります。よって、定足数に達しております。
 本日の欠席通告者は16番 佐藤 勝議員1名であります。
 これから本日の会議を開きます。
 本日の会議は、お手元に配付してあります議事日程第1号により進めますので、ご了承願います。

             町 長 あ い さ つ

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 議事に先立ち、町長より発言の申し出がありますので、これを許可いたします。渡部町長。
 (渡部町長、登壇)

--------------------------------------------------------------------------

町 長(渡部 章) おはようございます。
 本日、3月定例町議会が開催されるに当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。
 議員各位におかれましては、時節柄何かとお忙しいところご出席を賜りまことにありがとうございます。
 昨年12月上旬からの寒波、山形地方気象台の観測史上、最高の積雪を記録し、年が明けても連日の降雪が続き、過去に本町が経験いたしました三八豪雪にも匹敵する大雪となりました。町では12月22日に雪害対策室を設置し、12月28日には豪雪災害対策本部に切りかえて、豪雪による災害から町民を守り、生活用道路の確保に全力で取り組んでまいりました。幸いにも2月上旬からは寒波も緩み、春の兆しが日を追うごとに強くなりまして、今後は穏やかな天候の中で春を迎えられるようにというふうなことで願っているところであります。
 平成17年度も残すところわずかとなりました。平成17年度は国内外でも事故や災害が多発した年でもありました。特に千葉県北西部で7月に発生いたしましたマグニチュード6の地震、首都圏で13年ぶりとなる震度5を観測し、大都市の脆弱性が浮かび上がりました。
 また、12月25日には庄内町でJR羽越線が脱線し、死者5名、重軽傷者32名の大惨事というふうになりました。この脱線事故では、当町の消防職員も援助活動に当たりまして、市町村間の相互協力の重要性を感じたところであります。
 明るい話題といたしましては、イタリアのトリノ市で開催されました冬季オリンピックに山形県より4名の選手が出場し、それぞれの選手が活躍されたことは県内スポーツ関係者の大きな励みとなりました。
 私は町長に就任以来、対話、創造、実行を政治信条として町政運営を行ってまいりました。就任当初から課題が山積しておりましたが、市町村合併問題においては議員各位のご意見と町民の意見を尊重し、合併しない自主自立のまちづくりを目指すことといたしました。また、町民の念願でありました県立高畠高等学校が県内初の総合学科制高校として改築移転、開校することができましたことは、町民・議会・行政が一致結束しての結果であるというふうに考えております。
 現在、全国の自治体においては国の三位一体改革や地方交付税の削減措置、さらには少子高齢社会の到来によりまして厳しい行財政運営を余儀なくされており、本町では今後4年間が特に財政的に厳しい期間となりますが、今までの4年間の経験を十分に生かしながら今後の町政運営に当たりたいというふうに考えておりますので、議員各位のご協力をお願いいたします。
 さて、本定例町議会におきましては、平成18年度の施政方針について述べさせていただくほか、提案申し上げております案件は人権擁護委員候補者の推薦についての人事案件が1件、平成17年度高畠町一般会計補正予算(第6号)の専決処分の承認についてが1件、平成17年度高畠町一般会計補正予算(第7号)などの各会計補正予算の案件が13件、平成18年度高畠町一般会計予算などの各会計予算案件が16件、高畠町課設置条例の一部を改正する条例の制定についてなどの条例案件が10件、市町の境界変更について、その他の案件が1件、計42件を予定いたしております。
 よろしくご審議をいただき、ご可決くださいますようにお願いを申し上げまして私のあいさつといたします。

  日程第1 議会運営委員長報告

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) それでは、日程第1 議会運営委員長の報告を行います。
 本定例会の運営等について議会運営委員会で協議いたしました結果を委員長より報告願います。二宮隆一議会運営委員長。
 (14番 二宮隆一議会運営委員長、登壇)

--------------------------------------------------------------------------

議会運営委員長(二宮隆一) 私から本日招集されました第 426回3月定例会の運営について、去る28日午後1時30分より議会運営委員会を開催し協議いたしましたので、その結果をご報告いたします。
 最初に、会期について申し上げます。
 本定例会に提案されます案件は、選挙及び人事案件2件、専決処分の承認案件1件、補正予算案件13件、当初予算案件16件、条例案件10件、その他の案件1件の計43件であります。
 当局より町長、助役、総務課長の出席を求め、提出案件の説明を受け、議案数及び一般質問の通告者数並びに請願の審査を考慮し協議いたしました結果、本定例会の会期を本日から24日までの22日間とすべきものと決した次第であります。
 この22日間の会期において、お手元に配付してあります会期日程に従い、本会議、各常任委員会、予算特別委員会を開催し、ご審議くださるようお願い申し上げます。
 それでは、本日の議事日程第1号について申し上げます。
 初めに、表彰状の伝達を行います。
 次に、松川堰組合議会議員の選挙についてを議題とし、選挙の方法は議長からの指名推選にすべきものと決しました。
 次に、議案の審査を行います。
 最初に、人事案件につきましては、提案理由の説明を受け、質疑、委員会付託、討論を省略して直ちに採決すべきものと決しました。
 次に、専決処分の承認案件につきましては、提案理由の説明を受け、質疑を行い、委員会付託を省略して討論を行い、直ちに採決すべきものと決しました。
 次に、補正予算案件13件を一括議題とし、提案理由の説明を受け、質疑を行います。
 次に、議案の委員会付託を行います。
 休憩中に予算特別委員会を開催し、補正予算議案を審査いただき、審査が終了した後、直ちに本会議を再開し、予算特別委員長より審査の報告を受け、質疑、討論を行い補正予算案の採決をすることといたましたので、ご了承願います。
 続いて、2日目の議事日程第2号について申し上げます。
 初めに、平成18年度施政方針の説明を受けます。
 次に、当初予算案件16件を一括議題とし、提案理由の説明を受け、質疑を行います。
 次に、条例案件10件及びその他の案件1件の計11件を議題とし、提案理由の説明を受け、質疑を行います。
 次に、議案の委員会付託を行います。
 次に、請願の委員会付託を行います。
 続いて、議事日程第3号及び議事日程第4号について申し上げます。
 両日程とも町政に関する一般質問を行います。今定例会の通告者は、9名です。2日間にわたる一般質問となりますが、議員並びに執行当局のご協力方、よろしくお願い申し上げます。
 なお、発言の順序は議長より指名することといたします。
 以上、本定例会の運営について議会運営委員会において協議いたしましたので、議員各位のご賛同とご協力を賜りますようお願いを申し上げ、報告といたします。

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 以上で議会運営委員長の報告を終わります。

  日程第2 会議録署名議員の指名

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 次に、日程第2 会議録署名議員の指名を行います。
          18番 菅 野 行 雄 議員
          19番 近 野 耕 一 議員
 両議員にお願いいたします。

  日程第3 会期の決定

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 次に、日程第3 会期の決定を行います。
 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日より24日までの22日間と決定したいと思います。これにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) ご異議なしと認めます。よって、会期は本日より24日までの22日間と決定いたしました。

  日程第4 表彰状の伝達

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 次に、日程第4 表彰状の伝達を行います。
 この表彰は、去る2月17日に開かれました置賜地方町村議会議長会定期総会の席上において、議員在職10年以上の自治功労者として13番 安部励子議員、14番 二宮隆一議員、15番 武田正徳議員、16番 佐藤 勝議員がそれぞれ置賜地方町村議会議長会長より表彰されました。
 また、たかはた議会だより第88号が第11回山形県町村議会広報コンクールにおいて入選し、同日開催された山形県町村議会議長会定期総会の席上において表彰されました。はえある受賞まことにおめでとうございます。これより表彰状の伝達を行います。
 (武田正徳議員へ表彰状の伝達)(拍手)
 (二宮隆一議員へ表彰状の伝達)(拍手)
 (安部励子議員へ表彰状の伝達)(拍手)
 (小松政一議会広報特別委員長へ表彰状の伝達)(拍手)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 以上で表彰状の伝達を終わります。

  日程第5 選第1号 松川堰組合議会議員の選挙について

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 次に、日程第5 選第1号 松川堰組合議会議員の選挙を行います。
 この際申し上げます。本選挙は、米沢平野土地改良区の選挙権を有するもので黒井堰、四ヶ村堰及び糠野目土地改良区の3維持管理組合の中から5人を選挙するものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法は指名推選により行いたいと思います。これにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 被選挙人の指名の方法につきましては、議長において指名することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) ご異議なしと認め、さよういたします。
 それでは、指名いたします。高畠町大字亀岡3607番地の1鈴木吉宏氏、高畠町大字入生田1657番地井上孝一氏、高畠町大字夏茂 903番地長谷川博史氏、高畠町大字福沢 800番地我妻武宣氏、高畠町大字蛇口 314番地渡部 務氏の5人を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました5人を松川堰組合議会議員の当選人と定めるにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました5人を松川堰組合議会議員の当選人と決定いたしました。

  日程第6 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 次に、日程第6 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。渡部町長。
 (渡部町長、登壇)

--------------------------------------------------------------------------

町 長(渡部 章) ただいま議題となりました諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について申し上げます。
 人権擁護委員高畠町大字中島 880番地鈴木久衛氏及び高畠町大字上平柳2104番地の4星 章子氏は平成18年6月30日付をもって任期満了となりますが、引き続き同人を人権擁護委員の候補者として推薦いたしたく、人権擁護委員法第第6条第3項の規定により議会の意見を求めたいので、よろしくご審議の上、ご答申くださいますようお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 以上で説明が終わりました。
 お諮りいたします。本案は人事案件でございますので、この際、質疑、委員会付託、討論を省略して直ちに採決に入りたいと思います。これにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) ご異議なしと認め、さよういたします。
 それでは、採決いたします。
 ただいま議題となっております諮問第1号案は、適任である旨答申するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 満場ご異議ないものと認めます。よって、本案は適任である旨答申することに決定いたしました。

  日程第7 議第5号 平成17年度高畠町一般会計補正予算(第6号)の専決処分の承認
            について

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 次に、日程第7 議第5号 平成17年度高畠町一般会計補正予算(第6号)の専決処分の承認についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。渡部町長。
 (渡部町長、登壇)

--------------------------------------------------------------------------

町 長(渡部 章) ただいま議題となりました議第5号 平成17年度高畠町一般会計補正予算(第6号)の専決処分の承認についてご説明申し上げます。
 このたびの補正予算につきましては、昨年12月から降り続いたこの豪雪のため除排雪経費に不足が生じ、1月の臨時議会において可決いただきました一般会計補正予算(第5号)で増額したところでございますが、これによってもさらに不足が生じる見込みとなったため、地方自治法第 179条第1項の規定により専決処分したものでございます。これによりまして、補正額は 5,000万円の追加となります。当初予算からの累計予算総額は 108億 4,425万 4,000円となるものでございます。
 初めに、歳入の内容についてご説明申し上げます。第17款繰入金におきまして、第1項基金繰入金に 5,000万円の増額計上でございます。
 次に、歳出の内容についてご説明申し上げます。第8款土木費において第2項道路橋梁費に 5,000万円の追加計上でございます。
 以上が平成17年度高畠町一般会計補正予算(第6号)の概要でございます。地方自治法第 179条第3項の規定によりまして承認を求めるため提案するものでございます。
 よろしくご審議の上、ご承認くださいますようお願い申し上げます。以上であります。

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 以上で説明が終わりました。
 これより議案に対する質疑に入ります。質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。本案は会議規則第39条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) ご異議なしと認め、さよういたします。
 討論につきましては通告がございませんので、討論なしと認めます。
 それでは、採決いたします。
 ただいま議題となっております議題5号案を承認と決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 満場ご異議ないものと認めます。よって、本案は承認と決定いたしました。

  日程第8 議第6号より日程第20 議第18号まで計13件

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 次に、日程第8 議第6号 平成17年度高畠町一般会計補正予算(第7号)より日程第20 議第18号 平成17年度高畠町水道事業会計補正予算(第3号)までの13件を議事の都合により一括議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。渡部町長。
 (渡部町長、登壇)

--------------------------------------------------------------------------

町 長(渡部 章) ただいま議題となりました議第6号より議第18号までの平成17年度各会計補正予算13件について一括ご説明申し上げます。
 初めに、議第6号 平成17年度高畠町一般会計補正予算(第7号)についてご説明申し上げます。
 このたびの補正予算につきましては、本年度に執行いたしました重要施策及び各種事務事業の精査等を主な内容として編成するものでございます。これによりまして、補正額は 9,228万円の減額となり、当初予算からの累計予算総額は 107億 5,197万 4,000円、前年同期対比 2.3%の増加となるものでございます。
 初めに、歳入の内容についてご説明申し上げます。
 第6款地方消費税交付金第1項地方消費税交付金におきましては、 3,000万円の減額計上でございます。
 第9款地方交付税第1項地方交付税におきましては、 940万 2,000円の追加計上でございます。
 第11款分担金及び負担金第1項負担金におきましては、 198万 4,000円の追加計上でございます。
 第12款使用料及び手数料におきましては、第1項使用料に63万 2,000円の減額、第2項手数料に8万 6,000円の増額、合わせまして54万 6,000円の減額計上でございます。
 第13款国庫支出金におきましては、第1項国庫負担金に 4,723万 8,000円の減額、第2項国庫補助金に 211万 2,000円の減額、合わせまして 4,935万円の減額計上でございます。
 第14款県支出金におきましては、第1項県負担金に 4,032万 2,000円の増額、第2項県補助金に 776万 3,000円の増額等合わせまして 4,829万 7,000円の追加計上でございます。
 第15款財産収入におきましては、第1項財産運用収入に15万 8,000円の増額、第2項財産売り払い収入に 291万 2,000円の増額、合わせまして 307万円の追加計上でございます。
 第16款寄附金第1項寄附金におきましては、 181万 9,000円の追加計上でございます。
 第17款繰入金におきましては、第1項基金繰入金に 3,275万 6,000円の減額、第3項財産区繰入金に 9,000円の減額、合わせまして 3,276万 5,000円の減額計上でございます。
 第19款諸収入におきましては、第4項受託業務収入に93万 4,000円の減額、第5項雑入に 350万 9,000円の減額等合わせまして 399万 1,000円の減額計上でございます。
 第20款町債第1項町債におきましては、 4,020万円の減額計上でございます。
 次に、歳出の内容についてご説明申し上げます。
 第1款議会費第1項議会費におきましては、66万円の減額計上でございます。
 第2款総務費におきましては、第1項総務管理費に 951万 8,000円の増額、第2項徴税費に58万 6,000円の減額等合わせまして 862万 5,000円の追加計上でございます。
 第3款民生費におきましては、第1項社会福祉費に 3,934万 6,000円の減額、第2項児童福祉費に 924万 4,000円の減額、合わせまして 4,859万円の減額計上でございます。
 第4款衛生費におきましては、第1項保健衛生費に 2,005万 9,000円の減額、第2項清掃費に 494万 2,000円の増額、合わせまして 1,511万 7,000円の減額計上でございます。
 第5款労働費第1項労働諸費におきましては、 6,000円の減額計上でございます。
 第6款農林水産業費におきましては、第1項農業費に 141万 3,000円の減額、第2項林業費に38万 2,000円の減額、合わせまして 179万 5,000円の減額計上でございます。
 第7款商工費第1項商工費におきましては、56万円の減額計上でございます。
 第8款土木費におきましては、第2項道路橋梁費に 282万 1,000円の増額、第4項都市計画費に 2,750万 1,000円の減額等合わせまして 2,550万 6,000円の減額計上でございます。
 第9款消防費第1項消防費におきましては、39万 9,000円の増額計上でございます。
 第10款教育費におきましては、第2項小学校費に 176万 3,000円の減額、第3項中学校費に 167万 1,000円の減額、第4項社会教育費に 224万 7,000円の減額等合わせまして 687万円の減額計上でございます。
 第11款災害復旧費第1項公共土木施設災害復旧費におきましては、79万 8,000円の減額計上でございます。
 第12款公債費第1項公債費におきましては、 520万 1,000円の減額計上でございます。
 第13款諸支出金第1項諸支出金におきましては、 379万 9,000円の追加計上でございます。
 以上が平成17年度高畠町一般会計補正予算(第7号)の概要でございます。
 次に、議第7号 平成17年度高畠町下水道事業特別会計補正予算(第4号)についてご説明申し上げます。
 本案は、歳入歳出それぞれ 2,050万 8,000円を減額し、予算の総額を12億 9,263万 6,000円とするものでございます。
 初めに、歳入を申し上げます。
 第1款分担金及び負担金第2項負担金に39万 2,000円の追加、第5款繰入金第1項繰入金を 500万円の減額、第8款町債第1項町債を 1,590万円減額するものであります。
 次に、歳出を申し上げます。
 第1款総務費第1項総務管理費を45万 2,000円の減額、第2款下水道事業費第1項下水道事業費を 1,895万 6,000円の減額、第3款公債費第1項公債費を 110万円減額するものであります。
 次に、議第8号 平成17年度高畠町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。
 本案は、歳入歳出それぞれ15万 1,000円を減額し、予算の総額を 7,341万 6,000円とするものでございます。
 初めに、歳入を申し上げます。
 第1款分担金及び負担金第1項分担金に14万 8,000円の追加計上、第2款使用料及び手数料第1項の使用料に4万 8,000円の追加、第3款繰入金第1項繰入金を34万 7,000円減額するものであります。
 次に、歳出を申し上げます。
 第1款農業集落排水事業費第1項農業集落排水事業費を15万 1,000円減額するものであります。
 次に、議第9号 平成17年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。
 本案は、歳入歳出それぞれ 275万円を減額し、予算の総額を 8,506万 8,000円とするものでございます。
 初めに、歳入を申し上げます。
 第1款分担金及び負担金第1項分担金に 155万 8,000円の追加計上、第3款国庫支出金第1項国庫補助金に4万円の追加、第4款繰入金第1項繰入金を 434万 8,000円減額するものであります。
 次に、歳出を申し上げます。
 第1款特定地域生活排水処理事業費第1項特定地域生活排水処理事業費を 275万円減額するものであります。
 次に、議第10号 平成17年度高畠町営農飲雑用水供給事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。
 本案は、歳入歳出それぞれ 972万 5,000円を減額し、予算の総額を 3,977万 1,000円とするものであります。
 初めに、歳入を申し上げますと、第1款分担金及び負担金第1項負担金を6万 3,000円の減額、第3款県支出金第1項県負担金を 967万 5,000円の減額、第4款財産収入第1項財産運用収入に1万 3,000円の追加計上であります。
 次に、歳出を申し上げます。
 第1款営農飲雑用水供給事業費第1項営農飲雑用水供給事業費を 972万 5,000円減額するものであります。
 次に、議第11号 平成17年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。
 このたびの補正予算につきましては、事業の精査を主な内容として編成するものであります。これによりまして、補正額は 2,622万 2,000円の追加となりまして、累計予算総額は25億 1,286万 3,000円となるものであります。
 初めに、歳入について申し上げます。
 第3款国庫支出金第2項国庫補助金に 2,304万 7,000円の追加、第8款繰入金第1項他会計繰入金は 112万 5,000円の減額、第10款諸収入第3項雑入に 430万円の追加計上であります。
 次に、歳出につきましては、第2款保険給付費第1項療養諸費に 1,200万円、第2項高額療養費に 250万円、第5項葬祭諸費に42万円をそれぞれ追加計上、第3款第1項老人保健拠出金に2万円の追加、第6款第1項保健事業費を 111万円減額、第8款諸支出金におきましては第2項繰出金に 809万 2,000円及び第3項貸付金に 430万円をそれぞれ追加計上するものであります。
 次に、議第12号 平成17年度高畠町介護保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。
 このたびの補正予算につきましては、事業の精査を主な内容として編成するものであります。
 これによりまして、補正額は1億 2,538万 5,000円の減額となり、累計予算総額は16億 8,387万 7,000円となるものであります。
 初めに、歳入についてご説明申し上げます。
 第1款保険料第1項介護保険料を 207万円減額、第3款使用料及び手数料第1項手数料に3万 7,000円の追加、第4款国庫支出金におきまして第1項国庫負担金を 2,035万 2,000円及び第2項国庫補助金を 402万円それぞれ減額、第5款第1項支払基金交付金を 4,587万 2,000円の減額、第6款県支出金第1項県負担金を 1,272万円の減額、第7款財産収入第1項財産運用収入に7万 6,000円の追加、第9款繰入金におきましては第1項一般会計繰入金を 1,499万 3,000円及び第2項基金繰入金を 2,547万 1,000円をそれぞれ減額計上するものであります。
 次に、歳出について申し上げますと、第1款総務費におきましては、第1項総務管理費を 168万 1,000円、第3項介護認定費を19万円及び第5項計画策定委員会費を23万 4,000円それぞれ減額、第2項保険給付費におきましては第1項介護サービス等諸費を1億60万円及び第2項支援サービス等諸費を 346万円それぞれ減額し、第4項高額介護サービス等費に 230万円を追加、第4款第1項基金積立金を 2,152万円減額計上するものであります。
 次に、議第13号 平成17年度高畠財産区特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。
 本案は歳入歳出からそれぞれ62万円を減額し、予算総額を 604万 4,000円にするものであります。
 歳入につきましては、第2款第1項基金繰入金を92万 3,000円、第4款第2項雑入を 1,000円それぞれ減額し、第2款第2項一般会計繰入金を30万 4,000円追加計上するものであります。
 歳出につきましては、第1款第1項総務管理費を60万 5,000円、第2款第1項繰出金を 9,000円、第3款第1項予備費を 6,000円それぞれ減額計上するものであります。
 次に、議第14号 平成17年度二井宿財産区特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。
 本案は、歳入歳出それぞれ10万 7,000円を減額し、予算総額を 416万 5,000円にするものであります。
 歳入につきましては、第2款第1項基金繰入金を16万 1,000円減額し、第2項一般会計繰入金を5万 4,000円追加計上するものであります。
 歳出につきましては、第1款第1項総務管理費を9万 6,000円、第3款第1項予備費を1万 1,000円減額計上するものであります。
 次に、議第15号 平成17年度屋代財産区特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。
 本案は、歳入歳出それぞれ16万 7,000円を減額し、予算総額を 206万 2,000円にするものであります。
 歳入につきましては、第1款第2項財産売払収入を29万 9,000円、第2款第2項一般会計繰入金を1万 8,000円それぞれ減額し、第2款第1項基金繰入金を15万円追加計上するものであります。
 歳出につきましては、第1款第1項総務管理費を16万 1,000円、第3款第1項予備費を 6,000円それぞれ減額計上するものであります。
 次に、議第16号 平成17年度和田財産区特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。
 本案は、歳入歳出それぞれ35万 9,000円を減額し、予算総額を 442万 5,000円にするものであります。
 歳入につきましては、第1款第2項財産売払収入を10万 7,000円、第2款第1項基金繰入金を23万 1,000円、第2項一般会計繰入金を2万 1,000円それぞれ減額計上するものであります。
 歳出につきましては、第1款第1項総務管理費を35万 2,000円、第2款第1項予備費を 7,000円それぞれ減額計上するものであります。
 次に、議第17号 平成17年度公立高畠病院事業特別会計補正予算(第4号)についてご説明申し上げます。
 最初に、収益的収支でありますが、病院事業収益の既決予定額を 696万 5,000円を増額し、収入総額を20億 2,399万 9,000円とするものであります。
 主な内容を申し上げますと、第1款第2項の医業外収益に経営合理化等の補助を中心といたしまして 564万 1,000円を増額補正し、第2項その他の医業外収益に取り扱い手数料等として 122万 2,000円を増額するものであります。
 また、病院事業費用に 1,509万 1,000円を増額し、支出総額を24億 8,353万 8,000円とするものであります。
 主な内容は、第1款第1項1目の給与費に、2月末から眼科の診療体制が週2日から週3日にふえたことなどから非常勤医師の派遣賃金等として 360万円、第3目経費に重油の高騰などによります燃料費として 570万円、第3項2目過年度修正損に過年度未収金に係る返戻・査定などによります減収分として 504万 8,000円を計上するものであります。
 次に、資本的収支でございますが、資本的収入既決予定額から 583万 6,000円を減額し、収入総額を1億 481万 7,000円とするものであります。
 内容といたしましては、当初に眼圧計の購入整備を予定しておりましたが、厳しい予算執行の中で修繕して使用することにしたことによります減額と、国保調整交付金の決定により精査したものでございます。
 なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額1億69万 4,000円は、当年度分損益勘定留保資金で補てんし流動負債でするものであります。
 最後に、議第18号 平成17年度高畠町水道事業会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。
 本案は、収益的収支と資本的収支の補正をするものであります。
 初めに、収益的収支の収入において第1款水道事業収益第1項営業収益を 320万円減額し、水道事業収益の総額を5億 3,451万 1,000円とするものです。
 支出においては、第1款水道事業費用第1項営業費用を 630万円の減額、第2項営業外費用に 290万円増額いたしまして、水道事業費用の総額を4億 6,311万 4,000円とするものであります。
 次に、資本的収支の収入において第1款資本的収入第1項工事負担金を 250万円減額し、資本的収支の総額を 9,043万 3,000円とするものです。
 支出においては、第1款資本的支出第1項建設改良費を 1,502万円の減額、第2項企業債償還金を53万円減額し、資本的支出の総額を3億 5,244万 7,000円とするものであります。
 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2億 6,201万 4,000円は、過年度分及び当年度分損益勘定留保資金、減債積立金、そして建設改良積立金をもって補てんするものであります。
 以上、補正予算案件を一括ご説明申し上げました。よろしくご審議の上、ご可決くださいますようお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 以上で説明が終わりました。
 これより議案に対する質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。11番 渡部 一議員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(渡部 一) ちょっとお聞きしますが、この本冊平成17年度補正予算書の 214ページ、最後になりますけれども、高畠町飲料水供給事業特別会計歳出事項別明細書、これを載せている意図についてちょっとお聞きしたいと思います。これは補正になるんでしょうか、お聞きいたしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 渡部町長。

--------------------------------------------------------------------------

町 長(渡部 章) 担当の方から説明をさせていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 高橋総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(高橋正壽) 議題とならないということで事項別明細書だけを添付させていただいたということでございます。

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 質疑を終了いたします。

  日程第21 議案の委員会付託

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 次に、日程第21 議案の委員会付託を行います。
 お諮りいたします。議第6号案より議第18号案までの13件を内容審査のためお手元に配付しております付託表第1号のとおり予算特別委員会に付託したいと思います。これにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) ご異議ないものと認めます。よって、付託表第1号のとおり予算特別委員会へ付託と決定いたしました。
 それでは、予算特別委員会において審査が終了されるまで、暫時休憩いたします。
 (時に午前11時08分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 (時に午後4時00分)

  日程第22 議第6号より議第18号まで計13件

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 先刻予算特別委員会に付託しました案件の審査が終了した旨、予算特別委員長より報告がございました。
 それでは、日程第22 議第6号 平成17年度高畠町一般会計補正予算(第7号)より議第18号 平成17年度高畠町水道事業会計補正予算(第3号)についてまでの13件を議題といたします。

             予算特別委員長報告

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 議案の審査の経過と結果について委員長の報告を求めます。渡部 一予算特別委員長。
 (11番 渡部 一予算特別委員長、登壇)

--------------------------------------------------------------------------

予算特別委員長(渡部 一) 予算特別委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。
 本特別委員会は、本日午前11時21分より本会議場に委員20名の出席のもと、当局より町長初め関係課長等の出席を得て開会し、各予算の詳細な説明を徴し、活発な質疑を行い、詳細にわたり審査を行いました。
 本特別委員会に付託になりました案件は、平成17年度各会計補正予算13件であります。
 なお、本特別委員会は議長を除く全議員で構成されておりますので、審査の経過等については省略させていただき、結果のみを報告させていただきます。
 議第6号 平成17年度高畠町一般会計補正予算(第7号)、議第7号 平成17年度高畠町下水道事業特別会計補正予算(第4号)、議第8号 平成17年度高畠町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)、議第9号 平成17年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計補正予算(第3号)、議第10号 平成17年度高畠町営農飲雑用水供給事業特別会計補正予算(第2号)、議第11号 平成17年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)、議第12号 平成17年度高畠町介護保険特別会計事業勘定補正予算(第3号)、議第13号 平成17年度高畠財産区特別会計補正予算(第3号)、議第14号 平成17年度二井宿財産区特別会計補正予算(第3号)、議第15号 平成17年度屋代財産区特別会計補正予算(第3号)、議第16号 平成17年度和田財産区特別会計補正予算(第3号)、議第17号 平成17年度公立高畠病院事業特別会計補正予算(第4号)、議第18号 平成17年度高畠町水道事業会計補正予算(第3号)、以上の補正予算案13件は、当局の説明を了承し、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、本特別委員会に付託になりました案件の審査の経過と結果について報告を終わります。

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 以上で予算特別委員長の報告が終わりました。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 質疑なしと認めます。
 討論につきましては通告がございませんので、討論なしと認めます。
 それでは、採決いたします。
 予算特別委員会付託にかかわる議案は、ただいまの委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) 満場ご異議ないものと認めます。よって、予算特別委員会付託にかかわる議案は、ただいまの委員長報告のとおりそれぞれ決定いたしました。

             散            会

--------------------------------------------------------------------------

議 長(阿部鶴義) これで本日の日程がすべて終了いたしました。
 次の本会議は来る6日午前10時となっております。ご承知の上、ご出席くださいますようお願いを申し上げます。
 本日はこれをもって散会いたします。
 ご苦労さまでございました。
 (時に午後4時05分)

--------------------------------------------------------------------------