議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 高畠町

平成28年決算特別委員会 本文




2016-09-09:平成28年決算特別委員会 本文

             開            議
委員長(小松政一) おはようございます。ちょっと早いようでございますけれども、皆さんおそろいですので、始めたいと思います。
 ただいまから2日目の会議を開きます。
 ただいまの出席委員は13名であります。よって、定足数に達しております。
 (時に午前9時57分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、昨日に引き続き、各特別会計並びに企業会計報告議題の審査に入ります。
 審査の順序は、各特別会計並びに企業会計決算の説明を一括で受け、終了後、各会計ごとに質疑、採決をいたします。
 それでは、最初に認定第2号 平成27年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第5号 平成27年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件を一括して説明願います。相田上下水道課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第6号 平成27年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について説明を願います。吉田町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第7号 平成27年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について説明願います。佐藤福祉課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第8号 平成27年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について説明願います。吉田町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第9号 平成27年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について説明願います。佐藤病院事務長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第10号 平成27年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第13号 平成27年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件を一括して説明願います。冨樫産業経済課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第14号 平成27年度高畠町病院事業会計決算の認定について説明願います。佐藤病院事務長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第15号 平成27年度高畠町水道事業会計決算の認定について説明願います。相田上下水道課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) この際、暫時休憩いたします。
 再開を午前11時30分といたします。
 (時に午前11時15分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、再開をいたします。休憩前に引き続き、委員会を続けます。
 (時に午前11時27分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 各特別会計並びに企業会計決算に対する質疑に入ります。
 それでは、最初に、認定第2号 平成27年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 304ページの公債ですけれども、今さらながらですけれども、全費用の約7割近く5億5,700万円を占めているという、費用構造としては非常に重い費用構造です。一般会計からの繰入金を入れてもまだ1億円以上不足する大きな金額であります。そんな観点から今後の公債費の推計をどういうふうに見られているのか、5年後、10年後、その背景をお聞かせ願います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 相田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(相田洋一) これにつきましては、担当の青木係長よりご説明を申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 青木係長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課下水道係長(青木 睦) ただいまのご質問の公債費の関係でありますが、まず下水道事業に関しましては、現在49億円ほどの起債残高があります。起債の償還予定につきましては、平成67年度を予定しているものであります。以上であります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 町長。

--------------------------------------------------------------------------

町 長(寒河江 信) 起債につきましては、下水道工事の計画というものは、現在持っておりません。それで、数年前この下水道の起債債務を何とか減らしたいというようなことで、町民の皆さんに議会の皆さんにもお諮りして、水道料金を下げさせていただいて、下水道料金を上げさせていただきました。しかしながら、今もって現在こういうような状況でございます。ご理解をいただきながら、このような中で減らしていくような努力をしてまいりたいというふうに思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) わかりました。この平成67年ですから、あと40年後ということですかね。そこまでの数字的な推移というのは、減っていくのか、同額償還で、すとんと終わるのか、その辺ちょっとこまい数字ありますけれども、考え方、捉え方だけ。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 相田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(相田洋一) 計画書を作成しておりますので、青木係長よりご説明申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 青木係長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課下水道係長(青木 睦) 起債の償還につきましては、年々減っております。ことし、昨年度は5億円程度でありますが、年々5億円から4億円ということで、起債額は減っております。起債の計画につきましては、別途資料がありますので、後でご提示したいと思います。よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 資料のほうは後で提出するということでございます。町長。

--------------------------------------------------------------------------

町 長(寒河江 信) もう1点だけお話しさせていただきたいのは、やっぱり老朽化してきますと、いろんなところに支障が生じます。そのたびの工事、その費用がまたかさむということになることは必然だというふうに思いますので、その辺のところはお含みをいただきたいというふうに思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津委員いいですか。ほか、ございますか。直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) ただいま町長からが下水道管の老朽化という話が出たわけでございます。下水道管も布設して、聞きますともう48年ぐらいになると、こういう話があるわけでございます。そういうことでありますので、今後もやっぱりそういう工事費が出てくると感じとられるわけですけれども、このたびの27年度には、そういう工事が入っていないのではないかなと思いますけれども、今後の考え方、進め方についてお聞きしたいと思います。
 それから、304ページなんですけれども、先ほども説明されましたが、公債費、元金と利子とあるんですが、元金には43億円を支出していると、利子には1億2,000万円ですか、支出しているとこうあるわけですけれども、利率については約2%を超える内容ではないかなと考えますけれども、この辺もう少し安い低利の融資にできないのかどうか、その辺についてもお聞きします。
 それから、上水道の使用量を見ますと、年々収量が減っているということで、昨年ちょっと聞いたところが、節水型の住宅設備になっているからだというような理由も聞いたわけですけれども、これらの影響もこの下水道料金にはやっぱり収入には影響してきているんだなというふうに捉えているわけですけれども、事務局のほうではこの辺どのように捉えているのか、お聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 相田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(相田洋一) 初めに、1つ目の下水道の管の更新につきましては、ただいま県と国から要望がございまして、来年から委託業務を計上いたしまして、新たに管の診断等をする予定でございまして、これは県内下水道している市町村一律でございますが、そういったもので、今後の敷設がえというふうなものを、いつごろからどのような形でというものも計画できるような事業を取り組ませていただくというところになっております。
 あと、2つ目でございますが、起債の額について、利子が2%前後ということでございますが、うちのほうでも繰上償還等々を考慮いたしまして、やっております。ただ、やっぱり国の決まりもございまして、簡単に繰り上げたりするようなこともできない起債については、そのまま維持しているという状況でございますので、よろしくお願いしたいと思います。
 あと、3番目でございますが、確かに一番の原因は、水道の量も減っているわけでございまして、これは人口の減少によるものが非常に大きいなというふうに捉えているわけでございます。水道料が減れば、下水道料金も一律減少していくというふうなところでございまして、これをにらんで、今後の事業に参考にしていきたいなというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。ほか、ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 294、295ページでございますけれども、収納対策については水道料金と一緒に懸命に頑張っていただいているというようなことでありますけれども、若干ですが不納欠損額ということで、1款2項1目下水道の受益者負担金と、それから使用料、それぞれほとんど過年度分ということになっているわけですけれども、その辺不納欠損の中身についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 相田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(相田洋一) それでは、内訳についてもう少し詳しくお話しさせていただきたいと思います。1款2項のほうの不納欠損額12万8,350円でございますが、これは1件分の不納欠損でございまして、所有者が土地名義そのものを、所有権を移転してしまいまして、ほかに行ってしまったというふうなことで、所有者の移転に伴うものでございます。もう一つの使用料のほうの33万2,898円につきましては、15件ほどの件数がございまして、内訳を申しますと所有権の変更、自己破産さらには転居先不明というふうなことで15名分の金額を処分するというふうなところに至ったものでございますので、このような金額でございますが、昨年度あと1昨年の額と比べていただきますと、少しずつ少額に減ってまいっておりますので、その辺の努力はしているつもりでございますので、ご理解をよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) わかりました。頑張っていただいていると思っております。
 あと304から305ページなんですけれども、予算に対して不用額が随分出ているのがありますので、お聞きしたいと思います。305ページの上のほうの22節補償補填及び賠償金を50万円予算化しているんですけれども、全部不用額になっておったり、あと真ん中辺では工事請負費が半分不用額になっておったり、あと次の22節、真ん中ですけれども、補償補填及び賠償金、これも支出済み額がゼロということになっておるわけですけれども、この理由についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 相田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(相田洋一) こちらのほうは、事業の特質上、工事費と補償費あわせてでの考え方でございますが、下水道事業を展開しているわけでございますので、いつ新規加入が、お客様が来るかわからない状況でもあります。あと、不測の事態に備えるためということもありまして、年度末までこの金額を補償費と、工事費もそうでございますが、予算化を置いておくということで、下水道につきましては、新規加入者が施主の都合で、例えば2月とか3月とかに加入申し込みが来た場合に、我々はすぐ対処しなければならないというふうなこと、あとは完成は3月いっぱいにしてくださいとか、2月いっぱいにしてくださいとかいうふうな施主の考え方もございますので、なかなか一般会計においてこういった形で不用額を出すというのは、余りにもあれでございますが、事業上下水道の事業とか、水道会計もそうなんですが、こういったものは3月いっぱいまで危機管理に対するあれもありまして、保留になったという理由でございますので、ご理解をよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 普通は、ちょっと予算置いて、支出済み額がゼロというのはあり得ないわけですけれども、今あったように下水道の場合は緊急を要することとか、あるいは3月の補正は大体12月とか1月に要求するということで、その間の費用もとっておかなくてはならないということでありますので、了解をいたしました。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、以上で質疑を打ち切ります。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第2号 平成27年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって本案は、全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 次に、認定第3号 平成27年度高畠町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ないですか。以上で質疑を打ち切ります。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第3号 平成27年度高畠町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。本案は、全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 次に、認定第4号 平成27年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 324、325ページでございますが、2目の特定地域生活排水処理事業費の中で、工事請負費が2,644万円ということになっております。補正では1,700万円ほど減額になっているわけですけれども、当初見込んだよりも基数が少ないのかどうか、実績についてお伺いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 相田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(相田洋一) 青木下水道係長よりお答えを申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 青木係長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課下水道係長(青木 睦) ただいまの工事請負費の関連でありますが、当初汚水浄化槽設置の要望につきましては、30基程度予定をしております。浄化槽の申し込みについては、各個人からの申し込みでありまして、昨年度は18基の申し込みでありました。1基当たりを平均しますと、工事費が約150万円前後でありまして、18基でありますので掛けますと大体2,600万円程度の工事請負費という形になりますので、よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) わかりました。当初見込んだよりも少ないということで、補正の減になったということですけれども、前にも2回か3回お話し申し上げたと思いますけれども、個人の申し込みで下水道区域以外のところ、浄化槽を整備する、市町村方で整備するということでずっと続けてきたんですが、どうしても個人の申し込みだとなかなか計画どおりといいますか、いかないという実態の中で、何かもう少し面的な整備とか、そういう形でそれぞれの集落、例えば二井宿は何年から何年まで集中的にやるとか、和田は何年から何年まで集中的にやるとか、何かそういうことができないものかなと。せっかくいい制度、1割負担でできるわけですけれども、そういう何か整備の手法を少し検討してみたらどうかなと思うのですが、その辺どうでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 相田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(相田洋一) 青木下水道係長よりお答えを申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 青木係長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課下水道係長(青木 睦) 町設置型の浄化槽を導入するに当たって、当初の時点からそういった話がありました。面的な整備をすれば、やはりすぐ下水、浄化槽につないできれいな水が流れるわけでありますが、どうしても浄化槽の工事の際は、相当な面積を掘るということがありますし、排水設備、浄化槽につなぐ排水設備の経費についても相当な費用がかかります。そういった観点から面整備ではなくて個人の申請で事業を遂行しているものであります。今後についても、検討する余地はあるかと思いますが、なかなか各個人の家庭の事情もありますので、その辺踏まえながら今後検討していければというふうに思っております。以上であります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上で質疑を打ち切ります。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第4号 平成27年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第5号 平成27年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 334、335ページで、1款1項1目管理費の中で、これも工事請負費予算があって、支出済み額がないということでありますけれども、先ほどあったような理由で何かあったとき緊急の対応のためにということの支出が今なかったということで、理解してよろしいのか伺いたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 相田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(相田洋一) そのとおりでございまして、こちらも一般枠でございますが、飲料水の供給事業というものは、1年間続けて蛇口をひねれば水が出るというふうな管理をやっております。施設維持管理工事というふうな名称で、この10万円を計上しておきまして、緊急突発的な工事に対応するため、使用するものでございますので、よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上で質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第5号 平成27年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 ここで、暫時休憩いたします。
 再開を1時30分といたします。
 (時に午前11時50分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 再開いたします。休憩前に引き続き、委員会を続けます。
 (時に午後1時25分)
 次に、認定第6号 平成27年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 339ページの国民健康保険税の収入済み額4億9,900万円、この数字ですけれども、ここ二、三年減少傾向にありまして、2年前の25年と比較すると約12%ほど減っております。この背景と、今後のどういうふうに見込まれているのか。そして、それがこの国民健康保険の会計の収支にどう影響するのか、収入源イコール支出減で済むのか、その辺をお聞かせ願います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 吉田町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(吉田健一) それでは、初めに国保税の減になった理由について、お答えいたします。ここ2年間減っておりますけれども、今年度の減った理由につきましては、昨年度も同じなんですが、1つは被保険者の減少が主な原因でございます。あとは、平成26年の米価下落による農業所得の減少、あるいは制度改正によりまして、税負担軽減の拡充による軽減判定額の引き上げが毎年行われているということで、そんなような要因で減額となっております。
 それで、今の質問でございますが、国保税が減れば、歳出も減っていくのではないかということで、今後の見通しについてのご質問だと思うんですが、確かに被保険者減少という要因もあって、国保税も減っていますので、それに伴い全体的に見れば医療費も減っているような状況でございます。しかし、1人当たりの医療費は医療の高度化などによりまして、年々増加傾向にあります。今後の見通しは、そういうこともあって不透明な部分もありますけれども、実質収支は減っていくということで考えているところでございます。
 ただ、このような状況は高畠町に限ったことではなくて、どこの市町村も今抱えている課題のようでございます。しかし、このような課題を解決するために、委員もご存じのとおり、県が財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営を図るため、平成30年度から始まる国保の県単位化に向けて、今準備を進めているところでございます。それまでの2年間は何とか運営できるものと今のところ考えているところでございます。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) ただいまのお答えの中で、実質収支が減ってくるという表現は、収支が苦しくなるという意味なんですね。収支が減っていくという表現はちょっと適切じゃないんですけれども。まあ、いいです。そうですね、わかりました。
 それで、今後の、もう一つ私が質問したのは、この減少傾向というのは今後どういうふうに減っていくのかと、それがどういう背景で推測されておるのか、お聞かせ願います。年齢構成的なものでの団塊の世代が大体終わって、入ってくる人が段々減って、上はなかなか減らないとか、その辺の人口構成の影響とか、よって何年後にはこうなるとか、そういう見立てはどういうふうにされていますかという質問です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 吉田町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(吉田健一) 補足については、税務課長のほうからご報告いたしますけれども、やっぱり国民健康保険、構造的な課題がありまして、年齢が高いということもあって、低所得者が多いということもあります。そんなことで、国保税についてはなかなかこれから伸びていかないのではないかなというふうに思っているところです。あとは、先ほど申し上げましたように被保険者数が年々減ってきているという原因でございますけれども、なお今後の状況等については国保税関係ですので、補足、税務課長よりご報告申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) 今後の動向ということですが、もうちょっと少々詳しく申し上げますと、今回は27年度の決算でございますからですが、28年の既に当初から終わってございます。そうした中で、1人当たりの収入というようなもので比較していきますと、確かに先ほど町民課長が述べましたように、いろいろな所得の減少がありましたが、28年度は26年度並みに回復しているというようなところが見えます。まず一つ所得の関係でございますが、そういったように所得の増減ということで、調定額の増減が一部理由として成り立ってくるということは、当然考えられます。
 それと、加入者の件でございますが、ここのところ調定額が減っているということで、後期高齢者と医療制度への移行という部分で見ますと、28年度は約220名ほど、国民健康保険会計から後期高齢者会計のほうに、失礼いたしました、町全体で220名ほど、後期高齢者の会計のほうに移動してございます。うち100名が国保会計からの移動でございます。というふうに、1つはそういった制度移行によって減少しているという部分が当然出てまいります。
 質問の中で、団塊の世代というお話がありましたが、若干会計は異なりますけれども、逆に介護保険のほうでは、約3年前から、これは料金等の設定もございますが、調定額は随時ふえているという状態でございます。この傾向はやはり団塊の世代が移行している、普通徴収という形で移行しているという、ごめんなさい、普通徴収は特別徴収で料金を払うほうというような形での人がふえているという傾向から、そういった傾向が伺えます。したがいまして、国保の今後そうした制度、年齢層が高まることによって、ある一定時期などは当然団塊の世代の方々が移行すると、今の制度が残る限りということで、全体としての調定額は減っていくということは、十分間違いなく言えることだと思います。
 それと、全体としては保険制度につきましては、皆保険ということがございまして、例えば社会情勢の変更によりまして、平成20年という年、いわゆるリーマンショックがあったときでございますけれども、このときは逆に社会保険、要するに自発的な退職ということではなく、社会情勢、あるいは会社都合により退職ということもあり、一時期国保加入者がふえたというようなときもございました。そういった社会情勢や、年齢構成によって、変動は当然起こってくるものというふうなことで捉えるしかないと思っております。間違いなく今のところ人口は減少傾向にありますので、そのまま産業構造であれば少しずつ減っていく。所得というものの伸びの期待ということしか、ちょっと伸びる要素は今のところ考えられないかなというふうに捉えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「はい」の声あり)
 ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、以上で質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第7号 平成27年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算について、原案のとおり認定するものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第7号 平成27年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。山木委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(山木由美) 401ページの紙おむつ券給付事業について、915万6,000円ということで、決算書のほうに載っておりますが、こちらのほう現在紙おむつ券を給付されている方、今何名ほどいらっしゃるのかお聞きしたいです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(佐藤 健) 紙おむつ券の給付実績でございますけれども、27年度末の時点で399名でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 山木委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(山木由美) ありがとうございます。実は今回介護保険の決算書を見せていただいて、いろんなサービス計画給付費ということで、予備費ということでいつ何時給付対象者が出てくるかわからないということで、3月ぎりぎりまでお金のほうは予備にとっておかなきゃいけないというのは、わかることなんですけれども、随分不用額というところがたくさん残っているところがあります。ちょっと主婦的感覚で申しわけないのですが、おうちの会計となりますと、余っているところからちょっと足りないところにということで、移行させてうちの会計というのはやっている形にはなっていると思うんですけれども、それと同じようなことを考えた場合、ある程度次の予算を組む段階で、不用額になっているところを少し抑えて、例えば今紙おむつ券の給付事業ということで例を挙げて言わせていただいたんですけれども、現在紙おむつを30枚入り1パックを買うと、大体2,200円になります。今1月3,000円の給付をいただいていて、給付金を使うときには3,000円以上じゃないとその給付券は使えないことになっています。例えば1カ月30枚、1日1枚ではちょっとおさまらないので、大体2パックを買ったとします。だと、1月4,400円の出費になります。そこで3,000円の給付券を1枚使うと1,200円の自己負担が発生します。今介護されている方、結構ぎりぎりのところで年金でやりくりをしていらっしゃるとか、そういう方もいらっしゃいますので、できればなるべく自己負担金の少ないような形で、そういった形で流用ができたりとか、予算を組むときに流用できないのかなと思いまして、ちょっとお聞きいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(佐藤 健) 予算編成といいますか、基本的なことについてお話をさせていただきたいと思います。介護保険について、今第6期の期間中でございまして、3年間、27年と29年までになっています。この予算編成をする場合には、3年間の給付費の見通しを立てまして、保険料を設定するという形になってきます。今回、いろんな予算のところで不用額は生じておりますけれども、結果要因は介護認定の方が、当初の見込みよりも少なかったと。3年間の推計をする場合には、26年度以降の高齢者の伸びとか、そういった事情を考えながら、認定者数の推計をするわけですけれども、実際ワークシート上推計値に届いていないと。その結果、いろんな居宅サービスが少なかったり、あるいは施設のサービスが少なかったりということにもなっています。それは、あくまで3年スパンで考える必要性がありまして、単年度で余ったからその年度内にほかに執行するというような性格のものでは決してないと考えています。
 27年、28年、29年の推計でいきますと、当然高齢化とか認定者数もふえてくるというふうに見込んでいますので、27よりは28が医療給付は必要、伸びていくでしょうと、28よりも29伸びていくという、そういう推計をしていますので、単純に単年度だけで判断することは困難だというふうに思っています。
 あと、紙おむつ券につきましては、26年までは1,000円ということで、月額1,000円年間1万2,000円ということを、3,000円に引き上げさせていただきました。管内の状況でありますとか、いろいろ参考にしながら引き上げた経過もございますので、現時点で3,000円についてはこのままいきたいなというふうに考えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 山木委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(山木由美) 事情的にはよくわかりました。それで、今紙おむつ券の普及事業ということで、今は紙おむつ券を給付されている方というのが、在宅の方なわけです。在宅で介護をされている方対象ということなんですけれども、以前ちょっとお聞きしたときに、例えば施設に入居された場合には、この紙おむつ券が支給停止になるということで、ちょっとお聞きして、それは介護保険のほうで国からその人にかかっているお金の格差が生じるからということで、紙おむつ券の給付事業ということで一旦そこはとまりますということで、納得はしているんですけれども、例えば実際介護をされている方というのは、本人に国からそれぐらいお金がかかっているにもかかわらず、実際家族が負担しているお金というのは、施設に入所すればその分のお金がかかってくるということで、ここでやっぱりおむつ券を給付、小さい金額ではありますけれども、給付をとめられると非常に苦しいという方もいらっしゃいます。
 それで、施設に入所されている方に、同じような給付、おむつ券の給付をすれば今の介護保険料を高畠町の全員から大体2,000円ぐらい、年間2,000円ぐらいの介護保険料のアップになるというふうなお話もお聞きしました。そういったことも加味して、予算の段階で先ほど3年スパンで考えてこれからどんどん介護保険というか、給付される方がふえてくるということも、十分にはわかりますけれども、そういったかなり給付費というところをシビアに見ていただいて、計画をして予算化していただけるといいなという要望も込めて、そういった計画みたいなのもないのかどうか確認させてください。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(佐藤 健) 施設の入所者の方については、紙おむつ券の支給対象になってございませんで、やはり在宅の方のご家族の負担を軽減するというのが主たる趣旨でございますので、その部分についてはご理解をいただきたいと思いますし、仮に施設のほうで入所されて、サービスを提供する、受けられるという場合には、介護保険の限度額があるわけです。ご家族の方の上限値がありまして、一般世帯では3万7,200円になっていますけれども、その辺の範囲の中でやはり全体的な介護制度の中で、何とかご負担をいただくという形になってくるかと思いますので、今現在で紙おむつ券についてということは、ちょっと考えておりません。
 また、全体的なサービスを提供する場合には、紙おむつ券だけではなくて、いろいろ施設も足りないというふうなご意見もあったり、あるいはさまざまなサービスをもう少し充実してほしいということもありますし、介護予防事業のほうに力を入れるべきだというご意見もありますので、その辺については総合的に検討させていただきながら、介護保険事業については取り組んでいきたいなと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 372、373ページの保険料の関係であります。現年度特別徴収保険料、年金から差し引かれますので、未済額はないわけですけれども、現年度分の普通徴収保険料になりますと調定で3,400万円で、収入未済が366万円ということで、1割強が未済になっているということで、この形は結局年金が低くて普通徴収できない方ということで、非常に生活も大変だという形でこういうふうになっているのか、どうかなんですが、その辺についてと、あと不納欠損も現年度で出ていますけれども、その辺の中身についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(佐藤 健) 税の関係、介護保険料の徴収関係でございますので、税務課長のほうから答弁をお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) 特別徴収、普通徴収ということにつきましては、数馬委員のお見込みのとおりでございますが、1つの基準は、年間の年金受給額、年額18万円以下の場合は、特別徴収ができないという規定になっておりまして、当然全てが18万円以下ということではございません。と言いますのは、年金機構、新たな制度の中で年金を原資に、担保に、借入を起こすことができるという制度もございまして、そういった借り入れを起こしている方については、特別徴収ができないという方もいらっしゃいます。全てが低いということではございません。あと、介護保険につきましては、他の税目と違いまして、生活保護世帯についても、その生活保護費の中に介護保険相当分を上乗せしているというような形で生活保護費が算定されておりますので、生活保護世帯にも介護保険はかかるというような現状もございます。そういったいろいろな組み合わせの中の状態の未納というふうにご理解いただきたいと思います。要は、これは個別的なことになりますけれども、ご指摘のとおり、生活が厳しいという中でもこういったものが起こっているということには間違いないと思います。
 あと、また現年度分の不納欠損ということでございますが、こちらの税の関係のものと同じで、相続放棄等が起こってということで、残念ながら徴収先をこれ以上追求できないということでの欠損の状況でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) わかりました。あと、382、383ページで総務管理費の委託料が、不用額が出ているんですが、これはどういう、下のほうに委託料2つほど共同処理とか、システム変更とかとあるわけですが、この辺の事情についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(佐藤 健) 介護保険制度の改正に伴いますシステム変更業務でございますけれども、当初町単独でシステム改修するわけではございませんで、全国同じなわけですけれども、その中である程度の量的なものがありまして、例えば1から10項目のシステム改修が必要だということで、県のほうからも予算措置をしなさいよということで予算化したのが504万4,000円でございますけれども、結果的に5項目しか改正が必要なかったということになりまして、決算額になっておりまして、3月補正で減額はできませんでしたので、不用額ということで出ているものでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上で質疑を打ち切ります。
 お諮りしいたます。ただいま議題となっております認定第7号 平成27年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第8号 平成27年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上で、質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第8号 平成27年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第9号 平成27年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上で質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第9号 平成27年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第10号から認定第13号までの各財産区特別会計歳入歳出決算4件について一括して質疑を受けます。
 質疑の方ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 428、429ページで高畠財産区の2目の財産管理費で、委託料20万円上がっているんですけれども、14万円ほど不用額が出ているわけですが、これはどうしてこういうふうになったのか、お聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 当初予算につきましては、20万円の計上をしてございました。各財産区とも同じでございますが、予算化した後に、実際に現場を回って必要な伐採等の管理業務をどう行うかというのを現地で確認しながら、年度の計画を進めてございます。たまたま高畠財産区につきましては、この程度の今回は伐採業務、場所としては小木伐採委託ということで、大沢山のほうでございましたけれども、そちらだけで今回はまず実施ということで、実績となったものでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 補正の機会はいろいろあったと思いますので、本当は9月、12月とかの段階で、3月もあるわけですけれども、おろされればよかったなと思います。
 438、439ページ、それから448、449ページ、あと458、459、同じ2目の財産管理費、これ全く使っていないんですね。ゼロになっています。ですから、今のような理由だとすれば、9月か12月か3月で補正できたのではないかと思うんですけれども、そのほか何か特別事情があったら、ご説明をいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 事情と申しますか、現在立木、材木の価格が非常に低迷しておりまして、できれば収入を上げるために、しっかり管理をして、しっかり売りさばくというようなことで財産区の経営を回して、運営を回していくというのが理想の形でございます。管理会のほうでは、なるべく手をかけずに管理をするというか、そういったことを心がけておりまして、予算化を万が一いろんなことがあるかもしれないので、予算化をしておきますが、最小限の手入れをしながら、推移を見守っているというのが現状でございまして、その結果不用額が全額というところも出てきているという状況になってございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) なかったら、以上で質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第10号 平成27年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算より、認定第13号 平成27年度和田財産区特別会計歳入歳出決算までの4件について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、認定第10号より認定第13号までの各財産区特別会計決算4件は、全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第14号 平成27年度高畠町病院事業会計決算について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(近野 誠) この決算書を見せていただいて、経営改善に努力をされているなということで、足跡を見させていただいているところです。敬意を表したいと思います。ただ、1点だけちょっとお伺いをしたいと思いますけれども、平成26年度に太陽光発電の設置事業を行っておられるわけなんですが、それに付随をしているかどうかわかりませんが、26年から見ますと、資料の25ページです。電気料と重油使用量が26年比で相当減っております。そんなことで、この発電による貢献といいますか、経営に対する貢献度といいますか、そういうことについてはどのように分析をされているか、お伺いをしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(佐藤英樹) ただいまのご質問にお答えをさせていただきたいと思います。太陽光発電ですけれども、30キロワットが容量なんですけれども、それで大体夏場で月5万円から6万円程度、減額されているような状況になってございます。ですので、全体からすると病院の電気料は大体200万円から300万円くらいありますので、その全体からすると貢献度というか、効果についてはわずかなところだというふうにはこちらのほうでも理解をしておるところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(近野 誠) そうすると、電気料のほうにしか貢献はしていないというふうに、今の答えですとなっておりますけれども、重油関係、冷暖房とかそういった部分についての重油までの影響はしていないということで判断をしてよろしいか、それと今後の見通しですが、これも天気次第によっては発電量も変わってくると思いますけれども、今後の見通し、それについてお伺いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(佐藤英樹) 26年当時と比べますと、重油のほうの値段が大分下がってきているというところがございまして、重油そのものの使用量というよりも、値段、費用のほうが下がっているというのが実態でございます。
 それと、あとボイラーのほうにどれだけ貢献しているかというような部分でございますけれども、確かにボイラーを動かすのは、重油が中心になるわけでありますけれども、それに当然電気も使われるということで、太陽光そのものがそこでどれだけ貢献しているかというのは、全体からすると先ほど申し上げましたとおり、わずかな量でございますので、そちらのほうに貢献されているかというのは、わずかであるというふうにしかお答えすることができないのかなと。
 それで、あと今後の見通しということでございますけれども、実は27年度でMRIのほうを更新させていただいておりまして、MRIの新しい1.5テスラという機器でございますけれども、今までは0.3テスラと比べますと、電気の容量が以上に食うというようなものでございます。ただ、それでも選んだものはすごい電気の食わないものを選んだわけでございますけれども、そちらのほうが入ったということによりまして、その利用の回数がふえれば、電気の容量も今までよりはふえていくというようなことになります。
 あと、ことしの状況でございますけれども、それでMRIを更新してからの電気料の推移につきましては、若干伸びているという状況にはなってございます。今後につきましても、当然あと天候等にもかなり電気の容量というのは左右されることになるわけでありますけれども、病床の稼働率にも影響はしてくるというふうになりますが、とにかく今現在のようなある程度高い稼働率を維持していくということになれば、電気の容量については電気代が下がらない限り、今後も同じような量か、若干伸びていくというふうに考えてございます。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「はい」の声あり)
 ほか、ございますか。島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 27ページの財務分析の中で、5番目の医業収益対医業費用比率、一般的な民間企業で言えば、いわゆる営業利益率ということでいいと思うんですけれども、先ほどの近野委員からもあったように、相当努力された数字が見えます。2年間で約4%ぐらい課税されています。95%ぐらいでしたから、民間企業でいって、2年ぐらいで4%というのは相当努力しないと出てこないスコアでありまして、いわゆる最初の2ページの費用構造の見方からすると、医業収益が2,000万円、ちょっと下がったんですけれども、費用がさらにというか、それを大きく上回る9,600万円の費用減ということですから、多分費用減に関してのいろんな改善策、努力があったんだろうなと思います。そういういい意味で、どういうふうな具体的な努力をされたのか、ぜひお聞かせ願いたいと。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(佐藤英樹) 収益面につきましては、病床稼働率を上げるために、その病床管理のほうを徹底させていただいたというところに尽きるというふうには思います。それと、費用面でありますけれども、費用面につきましても、ほかの民間の病院さん等の取引価格等々の情報なんかも仕入れながら、ベンチマーキングをしながら、そして費用を引き下げるような努力というものをしてきたというところが大きな要因かというふうには思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) わかりました。もう少しちょっと具体的に話を後でお聞かせ願います。ちなみに、4%というと、この営業の規模からいきますと約9,000万円ぐらいに相当するんですね。相当な金額だと思います。ぜひこれからも乾いたぞうきんを絞っていただいて、頑張っていただきたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 同じく27ページです。今収支状況を見てみますと、今回初めて1億円を超えて、1億6,869万円の黒字というようなことで、ご努力に大変評価をしたいと思います。ただ、私心配したのは、1番、2番、3番の自己資本構成比率がマイナスになっているというようなことがございます。それから、固定資産対長期資本比率、これも100%を超えているということで、過大投資というのが見られる。MRIなんかが導入したからかなと思いますけれども、それから流動比率、支払い能力ということになりますけれども、これは2桁になっているということでありますけれども、この辺の改善策というか、今後の見通しというか、どんなふうに捉えて分析をしていらっしゃるか、それについてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(佐藤英樹) 今数馬委員ご指摘のとおりでございます。1番、2番、3番の数値については、特に1番、2番についてはマイナスというような状況になっていると。この状況については、やっぱり大変重く受けとめてございます。ただ、前年度と比べますと改善はさせていただいているところではございますが、27年度の単年度収支だけを見ますと、非常にいい成績を上げているところでありますけれども、過去の業績というものが非常に厳しい状況で来たというところ、その負の財産の部分がここに大きくのしかかってきているというような状況になってございます。
 一番大きなところでは、累積の欠損金でありますけれども、今現在約27年度末で2億7,000万円強あるわけでございますが、この数字をまずなくして、そして現金が詰めるようになれば、ここの数字についてはおのずと改善はしていくというふうに考えておるところでございます。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか。直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) 28ページ、経営分析に関する調べでございます。2番目の患者数ですね、これ職員1日当たりの患者数、医師と職員数で割っているんですが、入院の場合は医師の場合は11.6人を見ていると。外来の場合は25人見ていると。あと、看護婦といいますか、こういう部門では入院の場合1.5人、外来の場合は3.3人だとこうなっているんですが、高畠町と同じような規模でのこの数字を比較しないとわからないんですが、そういうふうに見た場合に、この数字はどうなのかなという、その辺をお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(佐藤英樹) ただいまの質問でございますが、平成26年度の同規模の黒字病院との比較の状況でございますが、例えば入院、医師1人当たりでいきますと、同規模黒字病院の場合7.7、入院が7.7、外来が13.7で介護職員については、入院が1.1、外来が2.0という状況でございますので、いずれも高畠病院の場合は、それを上回っているというような状況になってございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 直島委員、いいんですか。じゃあ、直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) 黒字経営の病院のほうが逆に患者さんが少ないという感じで、意外と思ったんですが、普通は1人当たりの医者で患者さんを多く見れば、黒字に結びつくのかなという感じがするんですけれども、これだとそうでないような原因があるような気がしますけれども、これのなぜ患者さんが少なくて、黒字になっているのか、その辺の分析どのように考えているか、お聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(佐藤英樹) 27年度の成績でございますが、公立高畠病院の決算におきましても、黒字になってございます。黒字額もほかの病院と比べましても非常に多くなってございますので、ほかの黒字病院と比べても、1人当たりの患者さんを多く見て、それで利益のほうにつながったというふうにご理解をいただければというふうに思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 直島委員、いいんですか。(「はい」の声あり)ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上で質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第14号 平成27年度高畠町病院事業会計決算について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第15号 平成27年度高畠町水道事業会計決算について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 決算書の18ページですが、監査委員のほうの意見書にもありますように、人口減、用途別給水状況で、人口減とか、景気の問題とかということで家庭用、園芸用、工業用、それぞれ減っているわけですけれども、団体用だけふえているわけですが、この要因の分析についてお聞きしたいと思います。
 それから、24ページの水道事業収益の営業外収益の雑収益で、その他雑収益に原発事故による損害賠償金というのがあるわけですけれども、これについての中身というか、どういう賠償金なのか、お聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 相田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(相田洋一) 1つ目の24ページ、原発事故に係る損害賠償金につきまして、私のほうからご説明申し上げます。
 こちらは、国の指導によりまして、原発の水質の検査を26年度までは年に4回、27年度からは年に2回しなければならないというふうなことで実施しているものでございまして、そちらの水質検査に及ぼす放射能検査を実施しているわけでございますが、その補償金といたしましてこの額をいただいているというものでございます。
 もう一つでございますが、用途別の給水状況によります水量のものでございますが、団体用が昨年と比べましても103.4%と伸びを示しております。この経過を見ますと、団体用の水量が少しずつ毎年上昇はしている状況でございます。あと、家庭用、営業用、工業用につきましては、若干ではありますが、少しずつ減少しているというふうなところでございます。団体用の伸びにつきましては、やっぱり会社の特に近年和田のセゾンファクトリーさんあたりが、非常に多く使っていただいているということで、そちらの伸びがあるのかなというところでございます。それと、団体用ですので、プール、幼稚園とか小学校のプールも団体用に入れておりますので、そちらのほうの気候的なもので、多く使用していただいているのかなと見ているところでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) わかりました。26ページなんですが、私も意外だなと思ったんですが、4目の総係費の17節の手数料、コンビニ収納サービス利用料というのが67万7,000円ほど上がっていて、出納時の取扱手数料に84万円ということで、口座振替とか切符による収入だと思うんですけれども、コンビニというのは切符というか、納付書による収納ということで、大分コンビニ収納が普及してきたのかなと思いますけれども、その辺担当課ではどういうふうに考えていらっしゃいますか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 相田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(相田洋一) こちらは業務を担当しています大木業務係長に答弁をいたさせます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 大木係長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課業務係長(大木 統) 業務係大木です。よろしくお願いいたします。
 ただいまの質問について、お答えいたします。コンビニ収納サービスの代行手数料がふえてきているということで、お客様の利便性を考えると、今まで金融機関でのお支払い、または役場窓口でのお支払いに伴うものが24時間営業しているコンビニで払えるということは、お客様にとって非常に利便性の高いもので、かつ時間に拘束されず払えるということがやはりふえている要因の一つではないかと思われます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 口座振替と納付書による納付と割合というのはどのぐらいになっているんですか、今は。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 相田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(相田洋一) 大木係長より答弁します。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 大木係長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課業務係長(大木 統) 月平均の割合で申し上げますと、おおよそ納付書による月の払う件数ですが、約1,700件、口座振替による件数については約5,500件が大体月の平均となっております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。武田委員。

--------------------------------------------------------------------------

7 番(武田 修) 私の委員会の所管ではないので、ちょっとお聞きしますが、水道未普及地域解消事業として、和田地区の水道整備が6カ年計画で行われてきました。今年度が最終年度ということでお聞きしておりますが、現在の進捗状況をお聞きしたいと思います。それにあわせて、最終工期はいつごろになるのか、ぜひお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 相田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(相田洋一) 上和田地区の水道事業につきましては、今定例会の初日の町長挨拶でもございましたけれども、平成23年度より町の重要事業の一つとして位置づけていただきまして、28年度で全域完了という予定になっておるわけでございます。平成27年度末までの進捗状況につきましては、担当しております高橋水道係長よりご説明を申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高橋係長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課水道係長(高橋弘樹) 上和田地区上和田水道整備未普及地域解消事業の進捗状況につきまして、申し上げます。事業の進捗率につきましては、平成27年度末現在で、事業費ベース84.2%ということになっております。今年度着手している上和田第一、大石田地区、上和田第三の浅森・田谷地区、川北下の鈴地区も整備が完了いたしますと、全て完了になります。以上でございます。
 失礼しました。工期につきましては、今年度12月中旬までで全ての工事が完了する予定になっております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 武田委員いいですか。(「はい」の声あり)ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上で質疑を打ち切ります。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第15号 平成27年度高畠町水道事業会計決算について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。

             閉            会

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上をもちまして決算特別委員会の審査は全て終了いたしました。
 決算特別委員会で決定を見ました付議事件の報告につきましては、正副委員長に一任してくださるようお願いいたします。
 以上をもちまして決算特別委員会を閉会いたします。
 ご協力ありがとうございました。
 (時に午後2時20分)

--------------------------------------------------------------------------