議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 高畠町

平成28年決算特別委員会 本文




2016-09-08:平成28年決算特別委員会 本文

             開            会
委員長(小松政一) おはようございます。
 ただいまから決算特別委員会を開会します。
 (時に午前9時58分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) おはようございます。ただいまから、決算特別委員会を開会します。
 ただいまの出席委員は13名であります。よって、定足数に達しております。
 それでは、決算の審査に入ります。
 本委員会に付託になりました案件は、認定第1号 平成27年度高畠町一般会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第15号 平成27年度高畠町水道事業会計決算の認定についてまでの計15件であります。
 審査の日程は、本日とあす9日の2日間といたしたいと思います。
 本日の審査は、初めに一般会計歳入歳出決算の説明を一括で受け、終了後、歳入、歳出ごとに質疑を行い、一般会計の採決をいたします。
 2日目におきましては、初めに各特別会計及び企業会計の決算の説明を一括で受け、終了後、各会計ごとに質疑、採決をいたします。
 ご協力のほど、よろしくお願いをいたします。
 それでは、認定第1号 平成27年度高畠町一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。
 なお、委員並びに当局にお願いを申し上げますが、説明、質疑、答弁は、ページ数、会計、款・項・目を明示して簡明に行ってください。
 最初に、歳入の部分を総務課長から一括して説明願います。山木総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、歳出に入ります。
 山木総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、第1款、第2款を総務について、齋藤企画財政課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、星会計管理者。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、高橋建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、吉田町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、佐藤福祉課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続いて、第3款民生費及び第4款衛生費について説明願います。佐藤福祉課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、吉田町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、村上教育次長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、高梨健康推進課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、滝生活環境課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続いて、第5款労働費及び第6款農林水産業費について説明願います。冨樫産業経済課長。
             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、星農業委員会事務局長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続いて、第7款商工費及び第8款土木費について説明願います。冨樫産業経済課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、高橋建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続いて、第9款消防費及び第10款教育費について説明願います。山木総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、村上教育次長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、金子社会教育課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続いて、第11款災害復旧費、第12款公債費及び第13款予備費について説明願います。高橋建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、齋藤企画財政課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上で一般会計決算の説明を終了いたします。
 暫時休憩をいたします。
 再開を11時35分にいたします。
 (時に午前11時20分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、休憩前に引き続き委員会を続けます。
 (時に午前11時35分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 一般会計に対する質疑に入ります。
 質疑については、最初に歳入について一括して質疑を行います。次に、歳出については款単位ごとに区分して質疑に入ります。
 それでは、最初に一般会計決算の歳入について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 収納対策について、お伺いしたいと思います。74、75ページでありますけれども、今回不能欠損額が全体で1,942万円ということでなっていて、昨年度は937万円ということになっておりまして、今回非常に多いなというふうに思っているわけですけれども、その要因といいますか、時効は5年ということになっているわけですけれども、その辺のところのいきさつというか、内容についてお聞きをしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) ただいまの数馬委員のご質問について、お答えさせていただきます。
 不納欠損処分につきましては、私どもも一定の要綱を定めながら、地方税法に基づく条件を満たしたものという形で、決定し、不納欠損処分とさせていただいております。多くの場合は、当然税は課税されておりますけれども、生活等が急変し、所得、財産がない場合、あるいは行方不明になってしまったと、あるいは調査の結果、換価すべき財産がないというようないろいろな諸要件がございます。ただ、もう一点としては、やはり納めないで終わってしまうというようなことのないように、やはり3年間のそういった生活状況の変化というものも、あわせて調査してございます。
 したがいまして、3年ほどの大体の1つのサイクルというようなことで私ども思っていますけれども、調査を続ける中で、それがなかなか復元しないと。当然3年間の中で分割納付というようなお約束等もいただきながら、滞納整理を進めてまいりますけれども、結果そういった生活状況が全然復元しないというような場合については、残念ながら不納欠損処分というふうな形をとらざるを得ないということがございます。
 今回、前年に比べてふえているということでございますけれども、ただいま申し上げましたように、3年サイクル的な要素で見ていきますと、実はその前々年はまた同じような額くらいの不納欠損処分額がございまして、そうした波の中の一つというふうに私どもは捉えておりますけれども、以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 収納対策については、非常に頑張っておられるということは評価しておりますけれども、今回たまたまそういう時期があったというようなことで、今聞いたわけですが、その中で例えば現年課税分で不納欠損があるというところもあります。例えば固定資産税、2項1目の固定資産税とか、あるいは軽自動車税など、それからあとは都市計画税、76、77ページですけれども、現年課税で不納欠損というのはちょっと考えにくいんですが、それは自己破産とか、行方不明とかいろいろな要件があるのかなとは思いますけれども、その辺のご説明お願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) まず現年課税分の不納欠損の取り扱いでございますが、今ご指摘ありましたように、通常は調査という期間を経ますので、ございません。ただ、近年起こっておりますのは、死亡者、被相続人が死亡され相続放棄というような行為がとられる場合がございます。この部分について、相続財産法人という形で引き継がれるわけなのですが、その管理人も存在しない。あるいはその負債等、多くの場合は負債等でそういったことが起こるわけですけれども、残念ながら処分する財産というのは見合いがとれないというようなことで、落とさざるを得ないというような状況で、現年分の不納欠損という処分をとらせていただいている場合がございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) わかりました。やむを得ずということだと思います。
 それから、あと78、79ページの地方消費税交付金が、26年度は2億5,700万円、今回4億3,100万円ということで、これは5%から8%になったということの意味合いですか。随分1億7,000万円ほどふえているわけですけれども、その要因についてお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 5%から8%にというのが主な理由です。8%になった翌年については、全額、満額影響はなかったんですけれども、27年度につきましては、100%、3%アップ分をいただけるということで、ふえたところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほかにございますか。島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 75ページの上のほう、町民税の法人税ですけれども、2年前と比較しますと約9%ほど減少しております。25年度は1億3,100万円ありました。それで、2年間の経済トレンドからいくと、ちょっと理解できないなというのはありますので、その辺をお聞かせ願いたいということと、あとこの数字に関してもう一つ違う観点からですけれども、財政の10カ年計画では1億5,300万円の横ばいということで、計画されております。相当23%ぐらいのギャップがあります。この1億1,900万円の数字に対して、2つの観点からお答え願います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) ただいまご指摘の法人税額の減少については、私からご説明させていただきます。平成26年の10月から開始されます事業年度の法人につきまして、税率の低減がございました。その結果が27年度につきまして、影響を与え、約税率変更で1,000万円程度の減収分がございました。それと、私どもは法人税、法人町民税につきましては、法人税を課税標準とする税割分というような計算になってございます。この法人税は当然企業さんの好況、不況によって左右されますけれども、もう一方では設備投資が起こることによって、法人税が低減されるなどというようなこともございますので、直接的な景気とイコールにはならない部分がございますので、その辺の解釈も必要かと思います。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津委員いいですか。企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 申しわけありません、もう一度確認させていただきますが、固定資産税等の伸びがこの財政計画に対する影響、法人税等の伸びが。もう一度お願いできますか、済みません。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 2年前でしたか、10カ年計画、財政計画出ましたね。あのときの10年間1億5,300万円の横ばいなんです。それで、私伸びはないんですかと、それから町の産業も発展していくわけですからということであったんですけれども、そのときに今ほど課長がおっしゃった法人税率の引き下げ等いろんなことがあるので、横ばいにしますという答えだったんです。それに対して大幅に開きがあるので、計画に対してどうなんですか。よって10年計画の見通しは今後どうなるんですかというふうな観点です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 2年ほど前に出した10カ年は、あの当時の時点で大幅な増、あるいは減というのはないというふうなことを想定して、横ばいというようなもとで、計画を立てさせていただきました。ただ、今回の状況、あるいは今後の動向を踏まえて3年程度の1回見直しをいたしますので、そのときにそういった考えを入れるかどうか検討させていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほかございますか。菊地委員。

--------------------------------------------------------------------------

4 番(菊地英雄) 先ほどの数馬委員とちょっと関連するのですけれども、監査の所見などにもありますように、それから先ほどのお答えをいただいているようですが、かなりいろいろ努力を、不納欠損処理についてはされているということで、済みません、74、5ページの部分であります。町税の関係でありますが、ほかにも国民健康保険とか、下水道、簡易保険というふうなことも若干あるわけですけれども、これまでのいろいろ、住んでないうちを何て言うんだっけか、空き家の対策などがいろいろあったりして、その調査等が進んで、結構そういう背景がありながら努力をした結果というようなことで、多分その結果としてこういう金額が大きくなって、不納欠損というのが出てきたんだと思うんですけれども、そういう全体的なほかの部分との兼ね合い、国保とか、それから介護、介護は直接わかりませんが、家庭環境が把握できやすくなっているということがあって、いろいろ進んできている。ですから、これからもある程度そういう方向で、3年に1度ということですから、一概に来年ふえるというふうにならないと思うんですけれども、状況が見えてきて毎年こういう形で不納欠損というのは出てくる見通しになるのか、ちょっとそのことだけお聞きをしたいと思います。
 それから、もう一点ですが、80、81ページであります。民生費の負担金の関係ですけれども、ここでも不納欠損が若干あるわけですが、収入未済額なども出ているようです。毎年出ているわけですが、この中身については、例えば保育所の保護者の負担金等がおくれて、この期間にもらえないということもあるかもしれませんし、それから下の民生使用料の児童館の部分などもございますが、そういうことも中身になっているのか、この未済額の部分についての見通しと、それから状況把握をどのようになされているのか、その対策などについてお聞かせをいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) まず、保険、後段になりますけれども、保険税も含め内容をもう少々詳しくということだと思いまして、ご説明申し上げます。当然納税相談では、いろいろと、失礼しました。滞納案件について、個別にご相談はさせていただいております。ただ、今ここでご質問いただいているところにつきましては、不納欠損という部分で、欠損した金額ということでございますけれども、その前段、私先ほど3年ということで舌足らずになりましたが、滞納処分の執行停止という処分がございます。この間は、これが3年間という期間がございまして、当然この期間については督促、差し押さえ等を差し控える、状況を見るというようなことになります。当然この間は、相談をしたり、我々自力執行権というようなことで、預貯金、あるいは貯蓄性のある生命保険、損害保険とそういった個人資産も調査の対象として調べております。それらが見当たらない、復元しない、そういったことも含め相談をさせていただいております。
 結果、それが3年たち、生活保護同等、あるいは差し押さえ等を行うことによって、生活を逼迫させるような状況というふうに判断されるとすれば、不納欠損とせざるを得ないということでございます。それが選んだ金額というようなことではございませんので、波は当然生じてくるという、事案によってということになるかと思います。
 あと、大変申しわけございません、先ほどちょっと舌足らずの部分で申し上げますと、法人税の関係でございますが、ちょっと全体として1点、1点を上げますと、各企業さんの業績ということになりますので、名称は控えさせていただきますが、やはり町内には優良企業たくさんございまして、1社でかなりの税額を納めていただいているような企業さんもございます。そうした企業さんも、好不調で法人税割というのが非常に影響を受けますので、今回例えば2年前と比べて落ちたという部分が、全体に対して落ちているというようなことではございません。先ほど、税率が影響したのは1,000万円と申し上げましたように、その波は毎年起こりますので、そういった部分も加味していただきたいと思います。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 村上教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(村上 弘) 児童福祉費の負担金等の不納欠損等に関しましては、25年度と26年度の比較などでも若干収納率は下がっている傾向にはございます。それで、滞納者への対応といたしましては、相談や督促はもちろんのこと、子ども手当から充当させていただいて、本人の了解をいただかなければなりませんけれども、そちらから子ども手当等から納めていただくという手続が最も効果的かなということでやっておるところでございます。不納欠損の中身を申しますと、消滅時効が主でございまして、うち昨年は11件中7件は町外転出というようなことの要因等もございました。以上であります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 菊地委員。

--------------------------------------------------------------------------

4 番(菊地英雄) ありがとうございます。ちょっと言い方がよく伝わらなかったのかもしれませんが、まず税務関係ですけれども、町民税とかそういう町税の関係と、それからきょうは出ていませんが、介護保険、国民健康保険の未納の部分の方への対応と、それから今度税務で一括して介護保険もやっているわけですが、そういう連携をする中での利点はあるのかということでありますので、ちょっとそこだけお聞かせいただきたい。
 それから、保育園の関係については、不納欠損はわかりました。収入未済額の状況がどういう方々の背景があるのかなと、一般質問でもちょっと貧困ということも申し上げさせていただいたので、そういう観点の方々が残っていらっしゃるのか、そこおわかりになればお聞かせいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) 大変失礼いたしました。国保、介護については後段というふうにちょっと思ったものですから、税一般ということでお答えしましたが、メリットという部分との考え方から申し上げますと、各税どれを優先するというようなことは、本来すべきではないと思いますが、各個人に影響を与えるものというふうに考えますと、例えば国保はペナルティーではございませんが、相談をする上で短期証を発給するというようなことで、面談の機会を求めるというような手法をとってございます。一方、例えば介護保険でございますが、こちらは未納状態が続くというようなことが起これば、ご本人が受けられるサービスに一部制限が加わるというような制度がございます。そういったようなことを考えますと、やはり納税者の方についての有利性を総合的に考えながら、どの順番で税債権、あるいは料金という部分を解消していくかということを総合的に考える上では、我々税務課で取り扱うことというのは、有効に働いているというふうに思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 村上教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(村上 弘) それでは、羽染補佐からお答えさせていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 羽染補佐。

--------------------------------------------------------------------------

教育総務課長補佐(羽染幸子) 教育総務羽染です。よろしくお願いします。
 未納が生じる要因という質問でございましたが、これにつきましてはやはり、その家庭の経済的困窮というものが一番の原因ではないかと分析をしております。あと、先ほど課長が子ども手当からの充当と申し上げましたが、児童手当からの充当でございますので、若干訂正をさせていただきます。前年度につきましては、一応延べで45件、163万4,000円ほど児童手当のほうから振りかえということで、保護者の方から納入をいただいたところです。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 菊地委員。ほかございますか。
 なかったら、ここで休憩に入りたいと思います。
 再開を1時30分といたします。
 (時に午後0時12分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、休憩前に引き続き委員会を続けます。
 (時に午後1時28分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 午前中で歳入のほうを終わりにしたいということで思っていますけれども、いいでしょうね。
 (「はい」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、歳出について、質問に入ります。
 第1款議会費及び第2款総務費について質問の方ございますか。渡部委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(渡部 栄) 1点だけお聞きしたいと思いますが、置賜広域行政事務組合についてです。(「ページ数」の声あり)ページ数、いっぱいあるけれども、135、とりあえず、135の置広に2,900万円ほどの部分ですが、全体ですけれども、1つが置広の監査委員というのは何人いるのかということが1つ、なぜお聞きするかといいますと、消防が合併されたことで、多分小さい町の予算規模くらいになっているというふうに思うんですけれども、監査委員がどれくらい、何人いるのかということと、その監査委員の前職といったら悪いんですけれども、例えば公認会計士とか、税理士とかそういう方が入っているのかどうかことを、まずお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 置広の監査委員は、2人いらっしゃいますけれども、どういった方がなっていらっしゃるかというのは、ちょっと今資料ございませんので、後ほどでよろしいですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) では、後ほどということで、渡部委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(渡部 栄) 申し上げるのは、1つは置広の職員が例えばプロパーというと言い方変ですけれども、ずっとそうですから、どうしても中で仲良くし過ぎるという部分があるのかなと思いますので、監査はかなり町村よりも厳しくなければならないのかなと思いますので、打ち出の小槌じゃないんですけれども、足りなくなれば市町村から調整すればいいというふうな感覚があるわけですから、その辺のある程度監査も厳しくならなければなと思いましたので、お聞きしましたので、後で結構ですのでその資料をいただきたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 要望でいいですね。後で資料いただいて。ほかございますか。企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 後で資料として提出するということでよろしいですか。(「はい」の声あり)じゃあ、委員会のときにでも提出させていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほかにございますか。直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) 139ページでございます。ここの備考の欄に、山形出会いサポートセンターということで、負担金4万7,000円ほど支出なっているわけでございますけれども、これは大事なことだなと思いますけれども、事業内容は大体わかるんですが、なおどのような事業内容かと、その効果といいますか、なかなか難しいとは思いますが、どのように把握しているのかお聞きしたいと思います。
 それから、143ページの空き家対策経費として、143ページ、あるんですが、これも金額は小さいんですけれども、大きな社会問題になっているということで、これの対策費にしてはちょっと少ないのかなという感じもありますけれども、この辺の実態をお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 滝生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(滝 春彦) ただいまのご質問でありますが、2件とも生活環境課所管のことでございますので、私のほうからお答えをしたいと思います。
 まず、山形出会いサポートセンターの負担金に関しましてのご質問でございますが、このセンターにつきましては平成27年度から設立をして、スタート、活動をしておる団体でございます。県と市町村、あと関係する団体のほうで構成をして、それぞれ負担金を支出しながら運営をしておるものでございます。先ほど委員おっしゃいましたように、活動といたしましては、婚活ということでございますので、結婚サポーターということで、お見合いの支援、イベント情報の発信やら構成団体が実施をします婚活活動について、連携を図りながらやるということに進めておるものであります。登録制でありまして、一応当初1,800人の登録者数を目指して進めておりまして、今現在2,000名を目指してさらにアップをしながら活動をセンターのほうでやっておるわけでありますが、現在ことしの6月現在で1,368人の方がご登録をいただいているということでありました。ちなみにそのうち、高畠町の方は13人の方がご登録をいただいたということであります。あと、成果でありますが、いろいろカップリングがなった、カップルができたということで、いろんな数字も出ておりますが、27年度の実績で結婚まで至った方が21組あったということで、ご報告をいただいております。
 あと、もう一点の空き家の関係でありますが、たしか27年度の支出につきましては、総額でもそう大きくない数字で割っておりますが、もともと応急措置ということで、委託料のほうで補正予算も含めながら68万円ほど見ておったものであります。特に冬場についていろいろと危険な空き家に対する対策が必要になるということで、予算を見ておりましたが、幸いこの間の冬につきましては、雪が少なかったということもあって、町のほうで支出するような場面がなかったということでゼロでありました。ただ、依然として空き家の部分については、増加傾向にございますので、今後とも対策をしていきたいと考えております。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。ほか、ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 124、125ページで、下の文書情報管理費の19節、負担金補助及び交付金ということで1,261万2,000円の支出をしておるわけですが、不用額が586万9,000円ほど出ております。この負担金を見ますと、次のページの127ページの下の部分、負担金が山形電子とか中間サーバーとか、あと通知カードとかということで、関連事務委任ということがあるわけですけれども、この580万円残さなかった理由というか、例えば3月までに残さないとだめなのよとか、あるいは見積もりより本当は少なかったのよとか、何か理由があるでしょうか、お聞きをしたいと思います。
 それから、141ページでございますが、13節の委託料が98万円の予算に対して8万9,000円支出で、不用額89万1,000円出ております。この中で一番上の熊の捕獲業務8万9,000円というのがあるわけですが、そのほかにはなぜこの金額が残ったのか、使わなかったのか、お聞きをしたいと思います。2点です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(山木義昭) それでは、その件につきましては、田村情報統計係長よりご説明を申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 田村係長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課情報統計係長(田村亜紀) 不用額が大変多いということの内容でございますけれども、内容といたしましては、マイナンバーのほうの負担金の部分になるんですけれども、通知カード、あと個人番号カードの関連事務費委託にかかる交付金の部分が大変残っている部分になっております。こちらにつきましては、交付実績に基づきまして、交付の負担というふうになりますので、年度末まで実績が確定しないということで、残額が残っているものになります。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 滝生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(滝 春彦) 生活安全対策経費の中での委託料の部分で、熊対策の絡みで今回8万9,000円支出をさせていただいております。当初予算としまして、30万円ほど見ておりましたので、その差額の21万1,000円ほど不用額と出ておりますが、この経費につきましては昨年熊が比較的、ことしは大分多く発生しておりますが、少なかったということもありまして、町のほうで捕獲を猟友会さんのほうに委託をした際に、発生する委託料でございますので、幸いこの予算額まで満たない数字で完了できたということでございますので、よろしくお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 今滝課長のほうから30万円で8万9,000円使ったということですが、委託料98万円ですか、あと60万円予定されたのではないかというふうに思いますけれども、その辺のところと、それから先ほどと関連して、137ページです。町でも下のほうですが、細目5と細目6ですが、細目5の結婚推進事業ということで60万円ほど予算されておりますけれども、その実績、活動状況、教えていただければと思いますし、あと一番下のふるさとテレワーク実証事業、これは熱中小学校だっけ、その辺の内容についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 滝生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(滝 春彦) 先ほど委託料の部分で、熊の部分については先ほど申し上げた金額がございますが、先ほど直島委員のほうからあった部分が、空き家の部分、これも委託料でありますので、これが68万円ほど使わなくてよかったということで、不用減になっておりますので、この辺を合わせた形でまとまった金額になったものでございます。よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) まちづくり推進経費のまずは結婚推進事業支援事業につきましては、町内の1つの団体、婚活、いろいろやっていらっしゃる団体に対して補助をしているものですが、主な活動としては、昨年度ですけれども、2カ月に1回広報に折り込みで、折り込むというか同封をして、婚活情報紙を発行してそういった情報の提供をやっていらっしゃるとか、さまざまな各種婚活イベントをやっていらっしゃいますので、そういった事業に対して町も補助をしていると、そういうものでございます。
 ふるさとテレワーク実証事業につきましては、昨年度年度途中で、総務省の募集に応募いたしまして、全国15カ所ほど採択をいただきました。いわゆるテレワーク、国が推進しているテレワークの実証をやるということで、熱中小学校の2階を環境整備をいたしまして、テレビ会議システムとか、セキュリティーシステムとかさまざまなそういったものを導入しながら、実際東京から企業が半年ほど移住をして、そういった実証事業に取り組んだということでございます。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 先ほど滝課長のほうから結婚登録とか、カップリングがなったとかとあるわけですけれども、この輝き誇れるまちづくり支援事業の結婚推進事業というのは、そういう成果というか、それについてはどういうふうになっていますか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 全体的な相場というのはあれですけれども、例えばこの間熱中小学校を舞台に、婚活イベントありました。相当参加者が多かったんですが、その結果、6組ほどカップルが出たということをお聞きしていますし、具体的な成果は上がってきているのかなと思っています。年度ごとに実績報告はいただいておりますので、詳しい、もっと詳しい状況等お知りになりたい場合は、後ほど当課のほうにおいでいただければというふうに思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほかございますか。なかったら、次に第5款労働費及び第6款……(「第3款」の声あり)失礼しました。飛んでしまいました。
 次に、第3款民生費及び第4款衛生費について、質疑の方はございますか。島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 171ページの備考の下のほうですけれども、負担金、ここの項目で児童福祉費ですね、3款の中で、日本スポーツ振興センター共済掛金と南陽地区安全と二井宿テレビ共同、これ3つともなぜ児童福祉のところで負担しなきゃいけないのか。特に、あと二井宿テレビ共同受信は243ページの教育費のところでも負担しているんです、同じ額。これはダブル計上じゃないかどうかと、いずれにしても福祉のところでなぜこういう団体に負担金を出さなきゃいけないのか、教えてください。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 村上教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(村上 弘) それでは、日本スポーツ振興センターの共済掛金と、それから二井宿テレビ共同受信ということでございますが、二井宿テレビ共同受信に関しては、二井宿の保育園の分の掛金を納めているということでございますし、安全運転管理者連絡協議会も二井宿の保育所が事業主というようなことで、負担金を納めているということでございます。日本スポーツ振興センターの掛金に関しては、羽染補佐のほうからお答え申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 羽染補佐。

--------------------------------------------------------------------------

教育総務課長補佐(羽染幸子) 日本スポーツ振興センター共済掛金の質問でございますが、これにつきましても、二井宿保育園、和田保育園に在籍している児童の分の掛金となってございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 済みません、243ページ、飛ぶんですけれども、同じ項目ダブってはいないんですね、それはそれで負担しているということでよろしいんですね。共同アンテナの。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 村上教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(村上 弘) 委員おっしゃるとおりでございます。二井宿、243ページのほうは学校の分ということでの掛金でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか、ほか、ございますか。渡部委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(渡部 栄) 4款もいいんですね。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) はい、4款も。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(渡部 栄) 183ページ中心でありますけれども、高畠町では健診業務に約1億円以上投資といいますか、歳出しているわけですけれども、数字的には合わないというふうに思いますけれども、効果という意味でどういうふうに捉えていらっしゃるのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高梨健康推進課長。

--------------------------------------------------------------------------

健康推進課長(高梨麗子) 健診についての効果ということでございますが、健診センター業務につきましては、公立高畠病院のほうに委託をしまして行っているわけですが、身近なところで検診を受けやすい体制づくりということで、健診の受診率も年々少しずつではありますけれども、伸びてきておりますし、特定保健指導率の就労率なども大変高い就労率になっております。そのことがひいては早期に対応することができて、町民の健康づくりには大いに貢献しているのではないかなと感じております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 渡部委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(渡部 栄) 例えば、具体的に国民健康保険が減っているとか、そういうふうなのはつかまえにくいものでしょうね。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高梨健康推進課長。

--------------------------------------------------------------------------

健康推進課長(高梨麗子) 医療費については、ちょっとそのおかげでどのくらいということは、ちょっとつかんでおりません。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 181ページ分、19節の負担金補助金交付金で、予算が20万5,000円6万8,000円だけしか使っていなくて、不用額が倍出ているわけですけれども、よく見てみますと183ページのウイッグ購入費の助成事業というのがあるんですけれども、そこのところが少なかったのかどうかということと、あと185ページの3目の母子保険事業費の20節の扶助費の150万円予算とっているんだけれども、30万9,000円しか使わなかったというふうなことになっていて、この辺ところについて扶助費で未熟児養育医療費と出ていますけれども、予算に対して大幅に使っていないというところについて、お聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高梨健康推進課長。

--------------------------------------------------------------------------

健康推進課長(高梨麗子) ただいまの扶助費の未熟児養育医療の医療費についてですが、昨年度の実績は8名でしたが、26年度は8名でしたが、27年度につきましては2人ということで、対象者が少ないことによるものです。未熟児養育医療につきましては、2,000グラム以下で生まれた子供に対して、医師が入院養育を必要と認めた者に対して、入院費、治療費、全額公費負担するものでございます。1人について400万円から900万円くらいの医療費がかかるということで、1人、2人の人数の減が大きく不用額に反映しているものでございます。(「最初の質問」の声あり)
 負担金につきましても、補助金、妊婦健康診査の里帰り分ですとか、ちょっと3月までに見込めないものがございましたので、不用額として結果として残ったものでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 医療費なんかは、3月まで残しておかないと困るということがあったということで、理解しました。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。
 次に、第5款労働費及び第6款農林水産業費について質疑の方はございますか。近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(近野 誠) 農業振興費199ページと201ページでありますけれども、猿の被害防止という業務と、農作物被害防止支援事業という事業があるんですが、どのような効果といいますか、成果を得たのかお伺いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) ご質問は、農作物被害関係の防止、まずは199ページの細目3の農作物振興経費委託料にある猿による農作物被害防止被害対策業務と、次のページにある201ページ2段目の農作物被害防止支援事業、この2つの違いということでよろしいでしょうか。1点目が、最初の199ページによる猿による農作物被害防止対策業務は、緊急雇用の時代からJAさんに委託をしながら、猿出没のパトロール、花火など追い払い等を含めて、JAさんに委託をしながら、防止活動をしたものでございます。逆に、次のページの農作物被害防止支援事業というものについては、電気柵を農家の方々に申請に基づいて助成をする事業ということで、県のほうと町とで4分の1ずつ支援して、補助をする事業となってございます。
 実績としては、おかげさまで猿被害については、昨年大きく前年度よりも出没件数は少なくなっておりまして、これは猟友会の皆さんによる駆除ももちろんそうですけれども、大きく効果が出ているのかなというふうに考えております。電気柵につきましては、実績として12名の方々に昨年度は支援しております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいでしょうか。ほかございますか。再度ですか。近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(近野 誠) ありがとうございます。確かに猿の被害というのは少なくなっているかと思いますけれども、電気柵の関係でやっているところと、やらないところの差が相当あるというふうにお聞きしているんですが、そういう実態等については、把握されていますか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 申請をされて、電気柵を設置された方々については、地域から言いますと高畠地区、和田地区、屋代地区の方々が多ございます。昨年27年度についてはそういった方々になっています。特に、昨年度は半数の方々が和田地域の方々ということで、ただこの事業につきましては、昨年度だけではなくて、以前からやっておりまして、それ以前はもちろん二井宿の方々も申請されて、取りつけられた方もいらっしゃいますし、特に皆さんおわかりのとおり、山間地、山に近い方々がやられていらっしゃるという状況になっておるようです。ただ、費用を自己負担分があり、必要でございますので、そういった個人個人の負担感ももちろんございますが、猟友会さんに防除をお願いする場合に、自分で何もしない方々は、自衛の手段を特にとっていただきたいというのは、町でも考えておりますし、皆さんのほうにお願いをしているところでございます。そういった自己防衛をしながらの、それでも発生する場合は、猟友会へという順序を考えながら、PRをしているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) 195ページでございます。補助金として東置賜シルバー人材センターに900万円ほど補助金を出しているわけでございます。それで、このシルバー人材の仕事量は、どういう運営になっているのか。それから、建物も老朽化しているわけでございまして、2階部分が事務所で、私も行ってみますと階段も急で大変だなという感じがあるわけであります。それから、駐車場もどこに駐車したらいいんだかなという感じもあるわけでございますけれども、何かこの場所とかそういう建物についてのシルバー人材センターからの要望というのは、町のほうに来ているんでしょうか。それをお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) こちらシルバー人材センターへの補助金につきましては、県が2分の1、それから高畠町と川西町で4分の1ずつ、正確には多少高畠と川西、分担率ちょっと違うんですけれども、割合としてそのような、失礼しました。県が、ごめんなさい、今間違いでございます。高畠町の補助の分担率は、川西とちょっと差がございますが、高畠町としては49.3%の27年度は分担をしながら補助を出してございます。県と川西分合わせて、高畠の分をお支払いしている金額が195ページにある金額でございます。あくまでも運営補助として、この補助金支援をさせていただいておりまして、シルバー人材センターさんのほうから、建物全体あるいは駐車場を含めて、この助成いただきたい、支援をいただきたいという具体的な中身としては、伺ってございません。あくまでも運営の補助ということで、全般的な支援ということで、要望をいただいているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) 運営状態といいますか、仕事量などについては、どのように把握しているのかお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) ちょっと手元に総会資料を持ってきておりませんので、詳しい資料はもし必要であれば、委員会のほう等で配付させていただきたいと思います。仕事の中身はご存じだと思いますが、高齢者の方々の就労機会、賃金、お小遣いですか、確保するためにあわせて生きがいも選ぶようなということで、働く機会をあっせんをしていると、そういう事業となってございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) 仕事量といいますか、それは十分あるというふうに、そういう状況なんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 状況、詳細な部分は庄司係長のほうよりお答えしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 庄司係長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課商工振興係長(庄司知広) 産業経済課の庄司でございます。よろしくお願いいたします。
 東置賜シルバー人材センターの決算報告書を見せていただきますと、事業実績といたしまして1億2,097万8,000円ということでの実績でございます。前年比では2.5%の減でありましたが、受注件数につきましては1,738件で、前年対比では7.7%増加してございます。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 直島委員いいですか。ほか、ございませんか。伊澤委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(伊澤良治) 217ページのフーデックスジャパン出展料ということで、20万円出しているんですけれども、このフーデックスジャパンに出している企業数、商品数、それが年々ふえているのかどうか、そこら辺なども含めて教えていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 産業経済課長。7款だよね、これね。217は7款です。5款、6款ですので。(「済みません」の声あり)ほか、ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 210、211ページの10目の農地中間管理事業費ということで、当初180万円とったんですが、140万円減額して、36万4,000円だったけれども、26万円しか使わなかったということでありますけれども、いろいろ農林課で担当して、なかなか農地に関係があって、ことしからは一元化して宮城県にするよという形になったわけですけれども、発足して2年目なんだっけ、まだ発足して間もないわけですけれども、1年目だね、町として農地中間管理事業の1年間やってきてみて、どんな感じだったのか、そして農地のやりとりなんかがちゃんと企業を通してうまくいったのか、いかないのか、そしてどんなふうに県のほうに改善というか、要望とかそういうことが必要なのかどうか、その辺わかりましたらお聞かせいただきたい。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 詳細な部分は二宮係長のほうから後ほどお答えしたいと思いますが、高畠町が農地中間管理事業はなかなか実績が伸びなかったという背景でございますけれども、やはり農地の区画整理がなかなか進んでいないという状況があって、県内でも低い数字でございますし、置賜でも最下位のほうであると、そういった耕作条件的になかなか借り手がいない状況が多く発生してきているというふうなお声をひしひしと農家の皆さんからお聞きしてはございます。そういった部分を町として今後に向けて、国へ要望するなり、そういったマッチングの際には、農業委員会と一緒になって、産業経済課としても今後とも力を入れて支援してまいりたいなというふうに思っているところでございます。詳しい状況は、二宮のほうより。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 二宮係長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課企画農政係長(二宮栄市) 産業経済課企画農政の二宮と申します。よろしくお願いします。
 農地中間管理事業につきましては、昨年臨時の賃金等予算計上させてもらって、事業を進めていくというふうな当初の予定でございましたが、実際に出し手と借り手の部分で、件数がそれほど多く出てこなかった形で、職員の部分で対応ができたということから、不用額ということで予算のほう削減してございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいでしょうか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) わかりました。いろいろ農業委員会のほうであっせんをしたり、いろいろやっているわけですけれども、もう少し県単位のそういう事務所というか、その辺のところもう少し強化をしてとか、町にだけ全部押しつけるのではなくて、そういうふうなこともちょっと要望として上げてやる必要があるのではないかなと私もちょっと考えたところです。
 それから、あと別な質問ですが、215ページの委託料です、13節、2目の商工振興費の13節委託料で、1,000万円ほど余ったと、不用額が出ているということなんですけれども、

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 7款です。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 7款、済みません。申しわけありませんでした。
 もう一つ、さっき企画課長が、詳しいことは聞きに来いということですけれども、そういうことではないと思うので、やっぱりほかの人は詳しい資料を出すと言っていたので、人によってそういうことじゃなくて、ちゃんと資料出すことは出す、こういうふうにちゃんとしていただかないと、認定するかしないかで話をしているわけですから、そういう態度をしてください。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 大変失礼しました。急なあれでしたけれども、そこはきちっと資料を出させていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。山木委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(山木由美) 201ページの上のほうにあります戦略的園芸地拡大支援事業とありますが、1,265万7,000円ほどのお金が動いているわけですが、これぐらいのお金を動かして戦略的に園芸地が拡大できたのか、どれくらいの成果が上がっていたのか、教えていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 戦略的園芸産地拡大支援事業の中身でございますが、こちらJAの高畠ブドウ振興部会20戸のブドウ農家に対して、ハウス施設、それからかん水施設、冷蔵庫一式、樹木粉砕器、等々の機会施設を補助支援する中身でございます。もう一点が、ブドウ部会農家にもう1団体ございまして、高畠町花木部会ということで、こちらもJA関係でございますけれども、促成施設ということで促成準備施設一式、促成室、施設の建物ですね、そういった促成栽培する施設とあと薪ストーブということで、こちらも支援をしているところです。花木部会のほうは3戸の農家向けにこの事業を行ってございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。山木委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(山木由美) それによって、高畠町にどれぐらいの潤いがあったかとか、そういった感じのデータ的なところというのは出てきていないということでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 済みません、お答えが漏れまして申しわけございませんでした。
 数字的には、山木委員おっしゃるように、これぐらいの効果が出ましたというのはつかんでございませんけれども、こちら補助の中身は当然生産者の方々からのご要望に基づいて、高畠町ではこういったブドウとか、花木とか、その都度申請されていただく内容に応じて、この作物は戦略的にやっぱり支援していきたいという部分がございましたら、申請にこぎ着けると。山形県全体でこの事業を行っておりまして、特に産地によりまして村山のほうはサクランボ中心だったりとかということで、庄内は枝豆とか、そういったようなことでの使い道のいい補助事業となってございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。ほか、ございますか。
 なかったら、次に、第7款商工費及び第8款土木費について質問の方ございますか。伊澤委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(伊澤良治) 高畠ブランドの、

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 何ページですか。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(伊澤良治) 217ページです。高畠ブランドの推進経費ということの中に、フーデックスジャパンには出展して何年目になりますか。そして、その中で企業数、出展数などの増加度を教えていただきたいというふうに思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 鈴木観光交流係長のほうよりお答え申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 鈴木係長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課観光交流係長(鈴木 享) 産業経済課鈴木でございます。フーデックスのほうの出店につきましては、町単独で昨年から平成26年度から出展をしておりまして、今回で2年目となります。そちらのほうにつきましては、企業さんにつきましては、6企業、もう一つ高畠ブランドの事業所協議会として、出展をしていますので、合わせまして7団体という形で出展をさせていただいております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(伊澤良治) 7社出展するとありますが、大体商品はどういうものをどのくらいの数出しているんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 鈴木観光交流係長よりお答え申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 鈴木係長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課観光交流係長(鈴木 享) 中身につきましては、各企業さんがいろいろでございますが、ジャム等だったり、あとワインだったり、ソーセージだったりという形のお品物になります。あくまで新しい品物ということでの商品開発の部分での出店という形で、各ほかの事業所さん、企業さんなりとの商談会等を通じて、いろいろとPRをさせていただいているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。ほか、ございますか。渡部委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(渡部 栄) 同じページの217ページでありますけれども、プレミアム商品券、あと旅行券、合わせて4,400万円ほどになっているんですけれども、これの効果はどういうふうに捉えていらっしゃるか、お聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 26年度は国の肝いりでの交付金事業となりました。高畠町の特にプレミアム商品券のほうは、地元の本来のお店、小さなお店でお使いになるのを割合として半分入れさせていただいたということで、ちょっとお待ちください。実績についての議会の委員会のほうでもお知らせしたと思いますが、大型店を含めて共通券を含めて、地元でお使いになった方々が8割程度いらっしゃったということで、お金については地元の商店街に非常に効果があったのではないかなというふうに思ってございます。あと、プレミアムの旅行券のほうでございますが、こちらのほう宿泊券とツアーの助成部分も含めての事業となってございます。各高畠町の冬祭りイベントを中心に、こちらの事業を展開させていただいたわけですが、特に宿泊券のほうは熱中小学校の講師の皆さん、学生の皆さんがお泊まりになる際、結構お使いいただいたという実績がございますし、イベントのほうにも各エージェントさんからマイクロバスを動員していただきまして、各イベント冬祭り、わらじ神輿もそうですし、冬咲きボタン祭りについても、冬咲きボタン祭りは7台ぐらい大型バスが停車しておりましたので、結構高畠町をPRするよい機会になったなと、いい事業になったなと思ってございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 先ほどは失礼しました。215ページなんですが、委託料が5,800万円ほどが1,000万円ほど不用額が出ているということですけれども、これについてどこの委託料がそのぐらい上がってしまった、不用額が出てしまったのか、お聞きしたいと思います。
 8款もいいんだよね。230、231の一番下の花と緑費ですけれども、年々予算が少なくなってきているわけですけれども、地域の中にもそういうボランティアというか、老人クラブとかいろんなそういうところでご活躍されていた方々が少なくなってきたのかなということもありますけれども、やはりほかの市町さんなんかでは結構花いっぱいで、いろいろ沿道にずっと植えていたり、寒河江なんかに行くと、かなり大がかりにやっているようですけれども、そんな形もあるんですが、この花と緑、今後どのように考えていかれるのか、お聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 最初に、冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 1,550万円ほどの不用額ということが出ておりますが、実はプレミアム商品券関係で、プレミアムの名物券というのが実は国で、それも対象にしてございました。高畠町でもお取り組みになる企業さんいらっしゃいますかということで、お声がけはしてみたんですが、高畠ブランドを強く打ち出してやっておりますし、物を安売りするような企画はちょっと自重したいというようなことで、1,000万円ほどする予定があったわけなんですけれども、そちらの取り組みは高畠町としては今回控えたという形になってございます。
 残り50万円の分については、旅行券のほうの残った部分ですか、換金されなかった分も含めて50万円ほど残額が出ているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、花いっぱい事業のほう、建設課ですね。高橋建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(高橋甚市) ここで示しております今の予算につきましては、確かに減っております。ただ、舞ロード事業とか、そういう部分では継続的に二井宿が中心でございますけれども、やっておりますし、あとは役場でもフラワーサポーターとかそういう部分は一生懸命やっていただいております。そういう部分もやはりきちっと継続した上で、そういう部分については今後も姿勢としては伸ばしていきたいと、そういう部分を啓蒙していきたいということで考えております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。ほか、ございますか。
 なかったら、次に進みます。第9款消防費及び第10款教育費について質疑の方ございますか。武田委員。

--------------------------------------------------------------------------

7 番(武田 修) 241ページの備考欄の上段になります。自主防災組織育成事業に18万2,000円とありますが、これは自主防災組織を立ち上げるときに、支援する制度だと思いますが、この制度の内容を教えてください。また、補助金を支給した対象品目、それと自治区名を教えてください。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 山木総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(山木義昭) ただいまのご質問でございますけれども、ご承知のとおり、自主防災組織をつくるという場合において、必要な物品を整備をするというときに、2分の1の範囲内で助成をするというものです。具体的な部落名と組織名と内容については、担当の鈴木係長のほうからご説明を申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 鈴木係長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課地域防災係長(鈴木洋之) 総務課地域防災係の鈴木と申します。高畠町自主防災組織育成事業、昨年度の実績におきましては、2集落実績ございました。1つ目は、糠野目の駅前自治区でございます。こちらのほうにおきましては、内容としましては主にはヘルメット、ヘッドライト、メガホン、投光機そういったものの購入がございました。もう一つは、高畠地区飯ノ森集落でございます。こちらにおきましては、ヘルメット、ヘッドライト、あとは簡易テント、そういった主な購入がございました。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 武田委員。

--------------------------------------------------------------------------

7 番(武田 修) 現在の自主防災組織の組織率はどのくらいになっていますか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 山木総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(山木義昭) 最新の組織率のところでは、80.8%、約8割ぐらいの組織率になってございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 武田委員。

--------------------------------------------------------------------------

7 番(武田 修) じゃあ、最後にお聞きしますが、今年度同報系行政無線が整備されることになっておりますが、これは有効に活用するには、自主防災組織の存在が欠かせないものと思われます。今後、自主防災組織の組織率を上げるに当たって、今後どのような方策をとっていかれるのか、教えてください。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 山木総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(山木義昭) ただいま私8割の組織率ということを申し上げましたけれども、二井宿地区と和田地区は100%です。一方で、組織率の低いところは亀岡地区が50%をちょっと超すぐらいの割合になってございます。ことしになって3つの集落において組織化されたのですが、それぞれが8割だということで、できる限り早期に組織化をしていただくよう、今個別に当たっているところです。今検討していただいているところは、亀岡地区の中で船橋と亀岡4のそれぞれ集落に対してお願いを、検討されているところです。それ以外のところにおいても、個別に今お願いをしているところです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。ほか、ございますか。
 なかったら、次に進みます。次に、第11款災害復旧費、第12款公債費及び第13款予備費について質問の方ございますか。鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

10番(鏡 善弘) 287ページです。細目3の一番下になります。補助金、駒ヶ岳登山道整備と中の沢登山道整備事業の3万円なのですが、大変ありがたい補助金ですが、この補助金の……

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 済みません、ここ10款じゃないですか。

--------------------------------------------------------------------------

10番(鏡 善弘) 済みません、いいです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 11款と12款と13款ですので、よろしくお願いします。ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 288、289ページですけれども、1項2目河川災害復旧費ということで上がっているんですけれども、これに関連してお伺いをしたいと思いますけれども、近年本当に集中豪雨というか、そういう局所的な雨、豪雨が入ってきて、和田川とか、屋代川とか、結構水位がすれすれまで来ているという状況の中で、何て言ったらいいか、今は県の河川なんですけれども、河床を下げるとか、堤防を上げるとか、そういう工事を早急にしていかないと、北海道とか岩手とかああいう災害が来ないとも限らないわけで、大体50年とかそういうスパンで、かさは見ているということなわけですけれども、毎年すれすれのところに来ているという状況の中で、やっぱりこれも真剣に考えていく時期になってきているんじゃないかなというふうに思うわけですけれども、その辺町当局としてはどういうふうに考えていらっしゃいますか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高橋建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(高橋甚市) 町としましては、毎年15事業を県、国に対して強く行っております。1つは、最上川、西町、西工業団地の部分ですけれども、ちょうど脇ですけれども、そこの右岸が無堤になっております。その部分については、継続して強く要望してきました。そうしたところ、今年度用地調査に入って、そういう整備に向けた取り組みが出てまいりました。そういう点で、やはり1つのポイントを整備をしていると。さらには、屋代川におきましては、皆さんご存じのとおり、25、26年、避難勧告しております。その部分については、やはり一ノ関の取水口の部分が河床が高いと、そういう部分で水位が上がるものですから、これは早急にしていただきたいと。この部分については同じく県に強く言っておりまして、今年度早期の工事がなされるようなお話もございます。これは少なくとも、数年の間には完成をするという部分になっております。
 あと、もう一つ問題点は、やっぱり和田川、今屋代川についても要望事業で挙げております。あと、和田川につきましては、津久茂橋の上流側、この部分がどうしてもネックになっていると。この部分については国道13号、さらには和田川の直轄、それから県の管理ということで2つ重なりまして、相当大変な部分がありますけれども、今年度国、そして県、町が一緒に現場を見ながら、ハード、さらにはやっぱりソフトの対策でこの部分も解決していこうと、同じテーブルについております。そういう重要な部分については、町として強く要望しまして、解決に向けた取り組みを進めているという状況でございます。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 一生懸命取り組まれているということでありますので、ぜひこれからも力を入れて行っていただきたいと、本当に災害はいつ何時くるかわからないということでありますので、よろしくお願いしたいと思います。
 あと、12款の公債費でありますけれども、成果に関する調書の18ページにグラフが出ています。地方債現在高ということで出ていまして、23年からずっと伸び続けているわけですけれども、これから図書館とかいろんな大きい事業が入ってくるわけですけれども、地方債在高のピークといいますか、それから大分下がってくるというふうに計画的になると思いますけれども、ピークはいつごろに見ていらっしゃるんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 昨年度まで統合中学校、相当事業費を費やしましたので、1つのピークは昨年度までだったんですが、今後も図書館でありますとか、やっぱり大きいのは小学校の大規模改修、これが年次計画で始まるということを考えると、平成30年ごろがピークかなというふうには考えております。33年ごろがピークというふうに考えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「わかりました」の声あり)
 ほか、ございますか。鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

10番(鏡 善弘) さっきは済みませんでした。別の方向でまた質問させていただきます。ページ数は289のページの細目的には、それぞれの災害復旧費でございます。当然災害復旧費は、道路も河川も林業もそうなんですが、どの程度から災害と呼ばれる復旧費を使われるのか、ちょっとお聞きしたいと思います。というのは、当然過去2年前か3年前、屋代川氾濫とかあったんですが、そういうのはわかりますが、そのほかにもこの前の台風何号かで山林がちょっとほじくれてしまったということもございますが、どの程度災害復旧と考えておられるか、質問します。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高橋建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(高橋甚市) 災害につきましては、このページにも書いてありますけれども、公共災害、これ言います。公共災害の補助事業採択基準、これがございます。一見ちょっと手元にありませんけれども、40万円。ただ、公共災害をとるためには災害として認められるような気象条件もないとだめなわけです。日量何ミリ以上降った場合とか。そして、区域が指定されます。その中の部分については、補助の公共災害が該当すると、そういう部分の公共災害と。あとはやっぱり、それに該当しなくても豪雨とかそういう部分の中で、河川が決床したとか、道路の路面が流れたとか、そういう部分があれば災害として取り組む場合と、当然普通の維持作業で取り組む場合がありますけれども、全体的にそういう場所ができたという場合については、災害という形で取り組ませていただいておりますし、あとは単年度でできない部分については維持費で対応したり、そこら辺を現場と豪雨の状況によりまして、検討してその部分についての予算を主幹課としては要求、それに基づいて事業をさせていただいているという現状でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

10番(鏡 善弘) もちろん災害ですから、それなりの規模やいろんな条件があろうかと思いますが、先ほど本当は言おうとしたんですが、ちょっと款が過ぎてしまったので、整備事業とか山道の登山整備なんかにやっているわけで、補助金をいただいたわけですが、そういう道路が雨とか台風によってほじられて、大変支障を来すと。それから、これからの事業に関して、小学校や大人の方が登山するにも、大変支障を来すと、こういった場合には当たらないということでしょうか。ちょっとお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高橋建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(高橋甚市) 基本的に、建設課としましては管理する道路、河川について、そういう災害が起きた場合について仕事をさせていただく、復旧工事をさせていただくと。ですから、道路とか山の所有者とか、そういう部分に今度なってくるわけですね、補修するのは。あと、山道であれば林道に該当するのであれば、林道債という形で捉える場合ありますし、管理者によって災害の出し方が違ってくるかと思いますし、復旧しなければならない管理者という部分がおのおの違ってくるかと思いますので、その辺については一概に今鏡委員がおっしゃった部分については、正直言いまして我々の担当課ですべき事項ではないと考えております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

10番(鏡 善弘) 確かに、さっきの10款のほうは社会教育課のほうの事業の中の予算でありますし、社会教育関係の方にはなかなかそれなりの分野の方がいらっしゃいますし、そこからも要望があると思いますし、その辺臨機応変にぜひ今後も取り組んでいただければなと思っているところです。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 要望ですか。

--------------------------------------------------------------------------

10番(鏡 善弘) この節では土木関係なので、建設課になるとは思いますが、やはり全て横断的にやっていただければありがたいと思いますが、いかがでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 山木総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(山木義昭) 状況がどういったところかというところについては、今対象となるところについては、建設課長から答弁を申し上げたとおりでございまして、それ以外のところの例えば大雨で崩れたとかということについては、個別具体的なところで検討させていただかないと、それぞれやれと言われてもなかなかできないのかなというふうに思いますので、そのときはご相談をいただければというふうに思います。ただ、全てできるというふうことではございませんので、ご承知おきいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいでしょうか。(「はい」の声あり)
 ほかに、ございますか。なかったら、以上で一般会計決算に対する質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第1号 平成27年度高畠町一般会計歳入歳出決算については、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。本案は全会一致をもって原案のとおり認定するものと決しました。

             散            会

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 本日の委員会はこれまでとし、あす9日午前10時より、引き続き各特別会計及び企業会計決算の審査を行いますので、ご承知の上、ご出席くださるようお願いを申し上げます。
 本日はこれをもって散会いたします。
 ご苦労さまでした。
 (時に午後2時20分)

--------------------------------------------------------------------------