議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 高畠町

平成27年決算特別委員会 本文




2015-09-18:平成27年決算特別委員会 本文

             開            議
委員長(小松政一) おはようございます。
 ただいまから2日目の会議を開きます。
 ただいまの出席委員は13名であります。よって、定足数に達しております。
 (時に午前9時59分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、17日に引き続き、各特別会計並びに企業会計決算の審査に入ります。
 審査の順序は、初めに各特別会計並びに企業会計決算の説明を一括で受け、終了後、各会計ごとに質疑、採決をいたします。
 最初に、認定第2号 平成26年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第5号 平成26年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件を一括して説明願います。情野上下水道課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第6号 平成26年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について説明を願います。吉田町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第7号 平成26年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について説明願います。佐藤福祉課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第8号 平成26年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について説明願います。吉田町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ここで暫時休憩をいたします。
 再開を11時10分といたします。
 (時に午前10時52分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、再開をいたします。休憩前に引き続き、委員会を続けます。
 (時に午前11時08分)


--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第9号 平成26年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について説明願います。高橋病院事務長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第10号 平成26年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第13号 平成26年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件を一括して説明願います。冨樫産業経済課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第14号 平成26年度高畠町病院事業会計決算の認定について説明願います。高橋病院事務長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第15号 平成26年度高畠町水道事業会計決算の認定について説明願います。情野上下水道課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上で説明が終了いたしました。
 特別会計並びに企業会計決算に対する質疑に入ります。
 それでは、最初に、認定第2号 平成26年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 295ページの2款の使用料の部分ですけれども、この中で収入の未済額が1,297万1,000円。実は、これはさかのぼって確認したんですけれども、平成24年が1,880万円、平成25年が1,460万円、平成26年が1,290万円ということで、毎年大きく減っております。非常によい傾向にあります。そして、この1,290万円というのが町税額に対しては、約3%に相当します。2年前は、平成24年のときは5%くらいに相当しておりました。それだけ改善されているということです。一方、町税のほうは、そういう計算をしてみますと、平成26年度で7%の未済額です。この差、あとなぜこの3年間で好転したのか、この2つ。町税と約倍の差があるんですけれども、いわゆる徴収方法とか含めてその辺の差はなぜ生じるのか、よくなった点とその差についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 情野上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(情野忠道) 下水道の使用料金につきましては、上水道のほうに徴収のほう、事務を委託しております。上下水道料金あわせまして町民の方から徴収をしているわけですけれども、年々下水道料金の未収金については改善になっております。その原因につきましては、平成21年度から配置しております収納員が滞納者への家庭訪問を小まめにやっておりまして、収納や納入の督促による効果があったと思っております。職員による滞納者への夜間訪問なども平成24年からしておりまして、町外転出者に対する訪問活動なども行っております。それから、水道と一緒に徴収しておりますから、水道のほうの長期滞納者につきましては停水処分なども毎月行っておりまして、それで少しでも入れてもらうということでやっております。その辺のことで未収金が改善したんだと思っております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) その町民税などの差は、いわゆる水をとめられるという危機感が納めていくという、それを一つの例とするならば、町民税でももう少しよい方法があるのかなというそういう参考意見です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「はい」の声あり)
 ほか、ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 同じく295ページの不納欠損の関係ですけれども、次年度と比べて件数は減っていますけれども、金額がふえています。38万円ほどふえていますけれども、不納欠損の内容についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 情野上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(情野忠道) 平成26年の不納欠損処分につきましては、全部で16件ありました。内容につきましては自己破産、それから本人死亡による相続人の相続放棄、それから所有者がどこにいるかわからないということで、所在不明の消費者があったということで、それを不納欠損に行っております。去年よりもふえておりますけれども、前年不納欠損も改善になっているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 徴収については、収入未済額が減っているということで大変よいことだと思っておりますので、これからも頑張っていただきたいと思います。
 304、305ページのところの2目の特定環境保全公共下水道事業費の22節の補償補填及び賠償金、30万円、予算をとっておりますけれども、今回支出がゼロということですけれども、これはどういうことでゼロになったんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 情野上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(情野忠道) これについては今野下水道係長よりお答えします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 今野係長。

--------------------------------------------------------------------------

下水道係長(今野寿一) 下水道を担当しております今野と申します。よろしくお願いいたします。
 ただいまのご質問についてですが、工事等を行う際の補償ということで、万が一ということなんですが、水道管等があったりとか、移設が必要になった場合の補償ということで、最終的な3月まで減らすことができないという費用となっておりますので、執行率はたまたま実際なかったということでゼロということになっております。よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「はい」の声あり)
 ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第2号 平成26年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。本案は、全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 ここで暫時休憩をいたします。
 再開を1時30分といたします。
 (時に午前11時46分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 再開をいたします。休憩前に引き続き、委員会を続けます。
 (時に午後 1時27分)


--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、認定第3号 平成26年度高畠町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第3号 平成26年度高畠町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。本案は、全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 次に、認定第4号 平成26年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、質疑を終了いたします。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第4号 平成26年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第5号 平成26年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 質疑を終了いたします。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第5号 平成26年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第6号 平成26年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 339ページですけれども、ここで収入未済額が2億4,300万円、大体調定額の約3割くらいを占めているという。先ほどの未済額とは同じ土俵ではもちろん語れないんですけれども、この額というのが一般会計からの繰入金が多分2億円を超したのは平成26年度が初めてかなと、間違っていたらごめんなさい、初めてかなと思います。平成27年度も2億円を超す、一般会計からの繰入金を当てにしなければならない。収入未済額がそれを上回っているという非常に厳しい数字であるということで、今後どういうふうな見通しを、対策を立てておられるのか。
 あと、これに絡むといいますか、県単位の事業に持っていくという方向の話があって、多分当初の話ですと平成29年度からという話があったと思います。その辺に関して高畠の受けるインパクト、あと、現段階でそこまでその辺の情報はつかんでおられるのかお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 吉田町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(吉田健一) 初めの質問でございますが、収入未済額については国保税関係でございますので、後ほど税務課長より答弁しますので、よろしくお願いしたいと思います。
 あともう一点なんですが、国保の県単位化ということで、平成29年4月ではなくて平成30年の4月から県単位化になります。ことしの5月27日ですが、ようやく国保関連法案が成立をしまして、県単位化ということで決定したところでございます。それで、今までの経過でございますけれども、ようやく今月の上旬にその制度改正についてブロックごと、置賜、村山、県内……4つのブロックがあるわけなんですが、置賜地区については、今月3日にようやく担当主管課長会議が開催されたところでございます。その会議の中では、改正の内容の確認とか、現在の検討状況の国の状況の説明でした。これから町が県へ納付する分布金、保険料でございますけれども、その算出方法とか、あるいは保険者の規模による収納率の区分等が検討されることになっております。ですから、やっと検討段階に入ったということですので、ある程度決まって、ある程度イメージが出ましたらご報告させていただきたいと思います。
 もう一点については、税務課長よりご報告いたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) それでは国保税の未収額2億6,263万円というその対応の方法ということでございます。こちらでございますが、常々これは私の私見でございますけれども、国保税につきましては前年所得とそれ自体は益を生まない固定資産税というものが、まず課税ベースになっておりまして、平成20年、21年、リーマンショック等の影響で、一時期非常に国保税に人が流れてきた時代がございました。その間徴収対策等を強化してまいりましたけれども、残念ながら前年所得から見た場合に一気に職を失ってしまって、支払い能力を失ってしまった等々の方の累積額も当然この中に入ってございます。非常に国保というのはそういった意味で逆進性が高いために、我々も小まめな相談を進めなければこうしたものはなかなか解決できないというような税目と理解しております。当然目的税でございますので、安易に不納欠損というようなことで落とすことなく、相談を進めながら分割等々で対応してまいりたいと考えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「はい」の声あり)
 ほか、ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 339ページですけれども、私は不納欠損のことについてお聞きしたいと思いますけれども、昨年と比較しますと件数、金額とも少なくなっているわけですが、一般会計の町税ですと今回900万円ほど不納欠損になっているんですが、今回2,000万円ということで大分多額になっているわけですけれども、徴税のときの要因というか理由をお聞きしたんですが、国民健康保険税の2,000万円の欠損の内容についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) 基本的には、町民税も国保税もその不納欠損の対応については同じでございます。やはり生活困窮、差し押さえるべき資産がない、当然預貯金、貯蓄性のある生命保険等も全て財産調査を行い残念ながらこのままでは生活を逼迫させてしまうという案件に関しては、違憲審査で不納欠損という処分をさせていただいております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) わかりました。大体同じような理由でということですね。それで、この収入未済額についても税とかいろいろな使用料とか今回の国保税とかあるわけですけれども、傾向が同じというか、結構同じ人がいるのではないかと思いますけれども、そういう庁内での情報交換というか、どちらが先にお願いするとか、あるいは計画的にどう納めてもらうかとか、そういう連携した対応というのはどういうふうになっているのでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) 高畠町では町税等収納率対策向上委員会という組織をつくり、税だけではなく料金収入に関しても横軸で連携がとれる組織立てをしております。当然優先順位というのがございますけれども、やはり場合によっては一つの財布というような中からそれぞれの料金を頂戴しなければいけないこともある。当然、先ほど申し上げましたが、税務課としては単一目的である保険税をまず最優先ということで考えておりますけれども、一方では水道課さん、あるいは保育料というような形でそれぞれが重なり合う場合、特に介護保険等もございますけれども、こちらの場合、滞納が続けば国保は短期消になったりというような給付の一部制限が起こったり、県内では事例はないと言われておりますけれども、介護保険の未納が続けばサービスの一部停止がある、料金自己負担がふえるというようなこともございますので、そうした個人にかえるものの多寡というものを考えながら滞納整理は進めているつもりでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) なければ質疑を終了いたします。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第6号 平成26年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定するものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第7号 平成26年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 371ページでここも不納欠損が出ていますけれども、今回、前年度と比較して相当多く、平成25年度が26件で今回71件ということで45件ほど多くなっているわけです。それから、現年度分の普通徴収のほうも不納欠損が出ているということがあるのですが、その辺の要因についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(佐藤 健) お答えをしますが、介護保険会計につきましても、保険料の賦課徴収関係は税務課のほうにお願いをしておりますので、税務課長のほうから答弁を申し上げたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) 引き続きまして介護保険の関係でございますが、介護保険はあくまでも料金収入でございます。期間的には2年で同じ国税徴収法にのっとりながら徴収いたしますが、2年で時効を迎えてしまうという性質を持っております。ただ、こちらにつきましては、特に65歳を過ぎた方、年金特別徴収を中心にしながら徴収をするわけなんですが、これが年金額が18万円以下あるいはその額が年金の2分の1を超えてしまうという場合については特別徴収をお願いすることができません。全て普通徴収ということで、個人でお支払いいただくというような内容になってございます。結果、先ほど申し上げましたように当然、ご家族へのご協力等を求める場合もございますが、納税義務はあくまでも個人でございますので、その資力等がなければ、やはり欠損という方法をとらざるを得ないというようなことでございます。(「現年度分は」の声あり)大変申しわけございませんでした、現年度分につきましては、これも相続放棄等、相続人不存在ということでこれ以上追及できないという性質のものでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、以上で質疑を終了いたします。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第7号 平成26年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第8号 平成26年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 408、409ページなんですが、参考までにお聞きします。2款の後期高齢者医療広域連合納付金ということで、支出済額2億565万円ほどで不用額が634円ということでありますけれども、国保とか介護とかだと少し余裕をもって、少し残しておくということがあったのですが、これはきぱっとなんですけれども、やはり確定してから1カ月とか2カ月とかそういうふうに何カ月後かに払うので、きちんと100%近くで予算が使えるということに仕組み上はなっているんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 吉田町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(吉田健一) ただいまのご質問でございますが、数馬委員おっしゃるとおり、後期高齢者広域連合のほうからきちんと決まった段階ではっきりした金額が来ますので、こういう状態です。ただ、過年度分の保険料負担金、備考の一番下にありますけれども、これはルール上3、4、5月まで前年度の分はここで納入するということになっています。でも、決まっていますので、このようにきちんとなった数字でなっています。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、質疑を終了いたします。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第8号 平成26年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第9号 平成26年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 質疑を終了いたします。
 お諮りをいたします。ただいま議題となっております認定第9号 平成26年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第10号 平成26年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第13号 平成26年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件について一括して質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) 4つの財産区があるうち、和田のほうは雑入の中でマツタケ入山料という収入があるんですけれども、あとその他の財産区ではマツタケ山を守っているのかどうか、その辺をお聞きしたいと思います。守っているのかどうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) もちろん和田財産区のほうは正式になってございますが、二井宿財産区、屋代財産区にも多少マツタケを管理している部分がございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) 雑入がゼロですから、その収入はなかったということでいいんですね。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 収入として計上するようなマツタケの売り払い収入はなかったということで、二井宿、屋代ともそういう結果でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほかにございませんか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 440、441ページの屋代財産区で1款2項1目の不動産売払収入の中に2節の土地売払収入というのがございます。111万円ほどありますが、これは公共事業とか何かにかかったんですか、その内容についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) ただいまのご質問は屋代財産区の土地売払収入についてのご質問のようでございますので、土地売払いについては山形県の下有無川河川改修工事に伴う土地の売り払いの収入ということで計上してございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 下有無川って高畠でしたか。高畠でも屋代財産区はある……

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 大沢山のほうに屋代財産区の持ち分がございまして、そちらのほうのであります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第10号 平成26年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第13号 平成26年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、認定第10号より認定第13号までの各財産区特別会計決算の認定についての4件は、全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第14号 平成26年度高畠町病院事業会計決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 27ページの財務分析に関する件ですけれども、この中で2番目の固定資産対長期資本比率、3番目の流動比率、それぞれ大幅に平成25年度から比較して悪化していますので、その要因と今後の見通しについてお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高橋病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(高橋新一郎) 佐藤経営企画主幹からお答え申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤主幹。

--------------------------------------------------------------------------

病院経営企画主幹(佐藤英樹) ご指摘いただいたとおりでございますけれども、改善に向けて今後努力させていただくということしかお答えすることはできません。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 意味深なお答えで、要因を表に出せないということですか。そういうことだと思うんですけれども、この2つに関連性はないですよね。固定と流動ですから。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤主幹。

--------------------------------------------------------------------------

病院経営企画主幹(佐藤英樹) 実は平成26年度から会計制度が改正になってございまして、流動負債のほうに引当金と1年以内の償還を迎える企業債の建設改良に伴う分と、あとうちの病院の場合ですと特例債の償還分、その1年以内に償還を落とせる金額が計上されることになりました。それに伴いまして流動比率のほうが悪化したということがございます。それと、固定資産対長期資本比率の部分につきましても、会計制度の変更に伴いまして、数値のほうが悪化するような形にはなったんですけれども、一応これは民間のほうと同じような指標で捉えるということになりますので、今まではどちらかというと、状況については公営企業だということで少し優遇されていたような状況であったわけですけれども、その実態がより民間に近いように明らかになったということがございまして、それで悪化してきたものでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 実際、特に流動比率の場合ですけれども、実態は変わっていないということですか。要は、実態もそういうふうに制限されてきてお金が足りないという状態が生じるということではないということでよろしいですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤主幹。

--------------------------------------------------------------------------

病院経営企画主幹(佐藤英樹) 委員おっしゃるとおり、実態については特段変わってはございません。むしろ前の状態ですと改善はされているとこちらのほうでは認識しているわけでございますけれども、ただ、今申し上げましたとおり、会計制度が変更になったということに伴って数値のほうが悪化したということでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 参考までにお聞きします。12ページですが、建設工事がいろいろありますけれども、今回太陽光発電の設備工事ということで6,100万円ほどかけてやったわけですけれども、それで光熱水のほうにある程度の貢献がされたのかどうかということと、13ページの一時借入金、前年度末残高が1億500万円ほどで、今年度末残高が1億700万円ということでふえていますけれども、その辺の要因についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高橋病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(高橋新一郎) ただいまの太陽光パネルの設置工事に伴いまして光熱水費が前年度に比較してよくなったかということですけれども、太陽光パネル自体の設置費用、相当高額になるわけですけれども、これについては普通の民間に上がっているパネルと違いまして、屋上に上げるという大がかりな工事、さらには下の土台の関係についても補強するための経費がかかっているということで、金額自体大きくなっていますが、電気の供給自体については今の1日当たりの病院の電気消費量の約2%程度しか供給されない。また、それを蓄電池を一緒にあわせて導入しましたので、それが30キロワットアワーの蓄電池にためまして緊急時、いわゆる災害緊急時に非常用発電とあわせて蓄電池のほうから供給していくということで、特に病院全体の電気料について経費的に節減がなったかといいますと、100万円程度の節減ということでご理解いただきたいと思います。
 次の、一時借入金については主幹のほうから、交代いたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤主幹。

--------------------------------------------------------------------------

病院経営企画主幹(佐藤英樹) 資金繰りの関係でございますけれども、一時借入金の額がふえたというのは決算のとおりでございます。状況といたしましては、収益的収支におきましては今年度初めて経常黒字を出させていただいたわけですけれども、資本的収支のほうが若干悪化している状況でございます。これは企業債の病院の建設当時に借り入れしたものが元利均等償還となってございまして、これまでは利息の償還を中心にずっとやってきたわけでございますけれども、今現在はその元本のほうの割合がふえてまいりまして、それで資本的収支の不足する額の金額が若干多くなってきているという状況になってございます。ですので、一時借入金につきましては、これまでの事業の累積でここまで膨らんできたということでございますけれども、今後営業努力を行うことによりまして、少しでもこの金額のほうを減らしていくよう努力させていただきたいと考えてございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) なければ、質疑を終了いたします。
 お諮りします。ただいま議題となっております認定第14号 平成26年度高畠町病院事業会計決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第15号 平成26年度高畠町水道事業会計決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) 経営の状況を見ますと、当年度の純利益の推移を見ますと、(「ページ数を言ってください」の声あり)11ページ。審査意見書の資料を見ているんですけれども。(「審査意見書ね」の声あり)11ページです。最近5カ年の純利益の推移を見ますと、年々下がってきているわけですけれども、この理由は何なのか。それから、工業用の給水量が減少しているわけでございますけれども、これについてもどのように考えているのか、お聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ちょっとわからないそうなので、もう一度お願いします。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) 平成26年度、監査委員の審査意見書の中身です。水道事業とあるのですけれども、経営の状況、11ページに棒グラフがあるわけです。(「水道会計の11ページですね」の声あり)はい、いいでしょうか。あと、決算書の中の18ページ、用途別給水状況。工業用の給水が減ってきているわけですけれども、これについてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 情野上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(情野忠道) 水道の給水の収益につきましては、平成22年度に前年対比580万円ほど増収になっております。その後毎年減収しておりまして、平成26年までの4年間で2,150万円ほど減収しております。要因については、人口減少とか空き家の増加、それから節水機器などがかなり普及になっていることで減少傾向にあると思っております。これから水道事業の大きな課題と捉えているわけなんですけれども。それから用途別の給水状況ですけれども、家庭用、営業用、団体用については、ほとんど給水量は減少しているもののそれほど減少率はわずかであります。ただ、工業用の減少率が非常に大きくなっております。平成22年から平成26年までの5年間で25.3%減少しております。理由は、はっきりしたことはわからないのですけれども、大量に使っている製造業関係の節水にかなり気を使っているということと、経済上からよくなっているんですけれども、それに対して水量が比例していないという状況になっております。以上であります。


--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第15号 平成26年度高畠町水道事業会計決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。

             閉            会

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上をもちまして決算特別委員会の審査は全て終了いたしました。
 決算特別委員会で決定を見ました付議事件の報告につきましては、正副委員長に一任してくださるようお願い申し上げます。
 以上をもちまして決算特別委員会を閉会いたします。
 ご苦労さまでございました。
 (時に午後2時02分)

--------------------------------------------------------------------------