議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 高畠町

平成27年決算特別委員会 本文




2015-09-17:平成27年決算特別委員会 本文

             開            会
委員長(小松政一) おはようございます。
 ただいまから決算特別委員会を開会いたします。
 (時に午前9時57分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ただいまの出席委員は13名であります。よって、定足数に達しております。
 それでは、決算の審査に入ります。
 本委員会に付託されました案件は、認定第1号 平成26年度高畠町一般会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第15号 平成26年度高畠町水道事業会計決算の認定についてまでの認定案件15件であります。
 審査の日程は、本日と明日18日の2日間といたしたいと思います。
 本日の審査は、初めに一般会計歳入歳出決算の説明を一括で受け、終了後、歳入、歳出ごとに質疑を行い、一般会計の採決をいたします。
 2日目におきましては、初めに各特別会計及び企業会計の決算の説明を一括で受け、終了後、各会計ごとに質疑、採決をいたします。
 ご協力のほど、よろしくお願いを申し上げます。
 それでは、認定第1号 平成26年度高畠町一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。
 なお、当局にお願いを申し上げますが、説明は、ページ数、会計、款・項・目を明示して簡明に行ってください。
 最初に、歳入の部分を総務課長から一括して説明願います。横山総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、歳出に入ります。
 最初に、第1款議会費及び第2款総務費について説明願います。横山総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、齋藤企画財政課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、星会計管理者。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、滝生活環境課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、高橋建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、小野税務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、吉田町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続いて、第3款民生費及び第4款衛生費について説明願います。佐藤福祉課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、吉田町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、山木教育次長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、高梨健康推進課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、滝生活環境課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続いて、第5款労働費及び第6款農林水産業費について説明願います。冨樫産業経済課長。
             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、星農業委員会事務局長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続いて、第7款商工費及び第8款土木費について説明願います。冨樫産業経済課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、高橋建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続いて、第9款消防費及び第10款教育費について説明願います。横山総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、山木教育次長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、村上社会教育課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続いて、第11款災害復旧費、第12款公債費及び第13款予備費について説明願います。高橋建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、冨樫産業経済課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、齋藤企画財政課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 以上で一般会計決算の説明を終了いたします。
 暫時休憩をいたします。
 再開を午後1時30分といたします。
 (時に午前11時33分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、休憩前に引き続き委員会を続けます。
 (時に午後1時27分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 一般会計に対する質疑に入ります。
 質疑については、最初に歳入について一括して質疑を行います。次に、歳出については款単位に区分して質疑を行います。
 それでは、最初に一般会計決算の歳入について質疑に入ります。
 質疑の方ございますか。9番 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 74、75ページの町民税についてお伺いします。平成25年度比較した場合、法人税のほうは景気のトレンドもあって約1,900万円、約14%ほどふえています。ただし、個人の町民税は金額でいきますと2,500万円、約3%ほど減っています。人口減だけでは語れない、景気トレンドからいくと若干でもプラスかなというイメージがあるんですけれども、その辺の要因をお聞かせ願います。それが1点。
 もう1点、同じページでいいんですけれども、不納欠損があります。これは、町税全体の不納欠損で937万3,000円。ここで捉えてもらっているんですけれども、昨年度は2,050万円、平成24年度は880万円ということで、昨年度はなぜふえたという質問があって、それはいろいろ調査して一気に処分したという話がありました。この3年の平均を捉えますと約1,300万円くらいが平均値なんですけれども、その中で特に固定資産税が約3分の2を占めています。固定資産税ですと、いろいろ改善される余地というのは非常に厳しいのかなというのがあって、今後のそういう意味において、不納欠損のトレンドをどういうふうに見られているのか、お聞かせ願います。以上2点、お願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) それでは、まず第1点目の個人町民税に関するご質問からお答えさせていただきます。税務課で保有しております統計といいますか報告書関係では、課税標準というものを県等に報告して、対各市町村の比較をしてまいりますので、実質的な所得の増減、個人所得が伸びているかどうかというものについては、確実に個々を判断することはできません。
 ただ、私どもで見ている中では、当然平成26年中におきましては、その前年、大雨によるブドウ被害があって、農業所得の低減が見られたというのがまず1点ございます。それと、これは私見ではございますけれども、どうも団塊の世代の層といいますか、年齢の高い層、要するに課税標準の高い層が少し減っているというようなことが上げられます。これが個人町民税が低減している原因ではないかと私は捉えております。
 2点目でございます。不納欠損、またこの固定資産税の取り扱いについて今後のということでのご質問でございます。確かに滞納処分、滞納整理を進める上で資産のあり、なしという部分については、その処分について非常に重要な、あるいは悩ましい案件でございます。資産があるわけですから、それを処分して場合によっては税に充てるべしという考えが成り立つわけですが、残念ながら差し押さえを行ってもこれを換価処分できないといった場合については、その滞納税額はいつまでも尾を引いてしまうということになります。
 したがいまして、その資産が処分可能なものなのかどうかということも踏まえながら判断をしていかなければいけない。当然、相続放棄された空き家ですとか、そういったものも含めて調査の対象にしております。額の増減等につきましては、平成18年、19年と山形県からアドバイザー制度ということでこうした滞納整理に関するアドバイスを頂戴しました。そういった中で、平成18年、19年に一気に調査をした結果、3年間という部分については、かなりの額の不納欠損が生じました。しかし、そこでまた調査が少しおくれてきますと、どうしても不納欠損の調査が手抜きというわけではないのですが、額が減ってきてしまう。そしてまたそこに集中的に取り組むことによって今回また前年ふえ、また今回その対象となる資産を洗い出しをかけているという中では、平成26年度は少し減っているというような傾向でご理解いただきたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 2点目ですけれども、大変難しいというのはわかります。1点目の町民税に関しては、今のようなお話ですと、ここ3年くらいの先までどういうトレンドと見られているのか、もう一回ちょっとお話をお聞かせ願いたいということと、あと2番目に関しましては、これもそういう事情の中でいった場合に、ここ3年くらいどういうふうに、過去3年というか平成26年度も入れたものが約1,300万円ですから、それがどんなトレンドというふうに見通しを立てておられるのか。2つ、よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) やはり、トレンドといいますと、これからの流れということになるかと思います。ただ、景気が回復しているという報道がされますが、なかなかその影響というものが、個人所得に影響しているかという部分については、なかなか捉えづらい部分がございます。ただ、先ほど申し上げましたように、個々の所得をどういうふうに増減しているかというふうには税務課の資料の中からは読み取ることができません。ただ、税務課が県等に報告している課税標準と言われる課税所得に対する調査の中では、上位の所得者の数は若干減っているということは確かだと、そういう部分でございます。ただ、ある程度今後、若手の方々を中心とした給与収入が上がるとすれば、また回復基調を上げてくるのではないかと考えております。(「もう1点」の声あり)
 固定資産税ですが、今現在のところ地価については、きょうの新聞報道にもございましたけれども下落傾向にあり、全体として評価は下がっている、当然課税標準も下がるという結果になっております。一方河北は、高畠町では今新造分が年間100件を切っている状態でございます。最高のときは約200件近くあった時代もございました。半減しております、ここ10年くらいの比較の中ではそういったような状況でございます。償却資産という、この3本の中で固定資産税を課税しておりますけれども、先ほど法人町民税というお話がございました。法人町民税については、確かに伸びている。ただ、一方法人税の減税ということもございまして、今回例えば平成27年度でまた下がるのではないかと。と同時にある特定の業種のものが伸びているかということですと、そうでもない。金融や建設業を中心にして、製造業を中心にしてということで、個々の会社が伸びている場合もあるのですけれども、償却資産というようなもので調べてみますと、平成26年、27年対比で約8億7,000万円ほど課税標準が伸びております。
 したがいまして、個人も含め、そうした設備投資に向いているということは言える。法人税が上がれば、その部分を税という形で納める場合もあれば、企業としては設備投資ということでさらに投資をかけるということもございますので、それらの組み合わせの中で固定資産税が推移していくというようなことで私は捉えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほかにございますか。11番 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(近野 誠) 今、島津委員からもお話のあった滞納処分、不納欠損の関係とちょっと関連があるかと思いますけれども、収入未済額の関係についてお伺いをしたいと思います。
 審査意見書の中では、前年度から見ますと0.15ポイント減少しているという内容がございましたけれども、この関係については、長い滞納期間をつくらないという努力が見られるという内容でもあったようでありますけれども、前年比の率で町税だけを見てみますと約103%くらいになっております。そういったことで、その対応について今後どういうふうにお考えになっているのか、また現在どういうふうに対応されているのかお伺いしたいと思います。1点。
 それからもう一点ですが、89ページになりますけれども、総務費の国庫補助金の関係なんですが、がんばる地域交付金について、お伺いをしたいと思います。
 この事業については、国の制度の中で景気回復がはっきりしていない財政力の弱い市町村も含めて地域活性化に取り組めるように支援をするという内容のものでありますけれども、実際これについては、実施計画に基づいた事業に充てるということになっているわけでありますので、この計画の概要と内容について説明をお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) まず、小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) それでは、滞納整理、滞納処分に関する取り組みについてということでのご質問ですが、まず、基本的には当然差し押さえを行いながら、おさまりの悪い部分については、最終手段としてはそういうことも辞さずに取り組んでいるつもりでございます。ただ、あくまでも町民の方々ですから、我々が考えておりますのは、まずその同じ差し押さえであったとしてもまず相談に、その滞納者の方々と接触を持つということを今、重要視しております。相談をする、内情を調べる、どういうような状態なのかというようなことをするための一つの手法として、場合としては給与差し押さえも辞さずということで臨んでおります。先ほども述べましたが、固定資産という部分については、場合によっては確実な資産であるわけなのですが、これが売れない場合、正直申し上げまして、塩漬けという形で滞納が残ってしまう。当然、固定資産を差し押さえの対象とする場合については、かなり強い態度でその資産を処分するというような意志を持った上で臨んでいるというような状況でございます。住まいを押さえてまでというところにまでは至っておりません。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 89ページのがんばる地域交付金、内容はそのようなご指摘のとおりですが、平成26年度のみの特別な措置でございます。具体的な充当先、事業等につきましては、財政係長のほうから説明申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津財政係長。

--------------------------------------------------------------------------

財政係長(島津 敏) 企画財政課財政係の島津です。よろしくお願いいたします。
 ただいまのがんばる交付金の関係のご質問ですけれども、この交付金、議員のおっしゃるとおりで、内容については先ほどおっしゃられたとおりの内容になっております。こちらのほうの事業につきましては、地方の単独事業に充てるということになっております。その充当先につきましては、高畠町については、高畠中学校のグラウンド、テニスコートの整備、あとは道路につきましては深沼入生田線、あとは新屋敷線という事業に充当しております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(近野 誠) ありがとうございます。
 75ページの関係の収入未済額の関係なんですけれども、滞納処分云々ではなくて、いわゆる長い滞納期間をつくらないということが基本的に収入未済額を減らしていくということになると思うので、この考え方を現在どういうふうに考えておられるのかということで、ご質問させていただいたんです。2番目は、わかりました。再度、お願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) 大変失礼いたしました。質問趣旨を私、受け取り違えてしまったようでございます。
 収入未済額でございますが、報告書等にもありますように、少しずつではありますが改善の兆しを見せております。今現在、全体では93%程度、これが特に滞納繰越分とあわせて公表されるものですから、ものによっては60%台という収納率ということで公表される場合もございます。ただ、現年度分の収入未済額については、確実に0.何%ですけれども、減っているという状態。当然、私どもは納税者の方々と相談を繰り返し、分納誓約ということで、一気に納めていただくというのは原則ではありますが、その生活状態等々によってはやはり分割して納めていただくというような手法をとりながら、何とか平準化しながら納めていただき、少なくても5年間の中で生活の改善等をしていただきながら解決するような方向で計画を立てているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございませんか。8番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 収支の全体的な指標についてお伺いしたいのですけれども、主要施策の成果に関する調書の20、21ページに載ってございますけれども、財政力指数ということで今回0.02改善になったわけですが、2の経常収支比率、これが95.3ということで上がってございます。これの押し上げた要因というか、監査のほうでもかかっているようですけれども押し上げた要因、前年度は92.1ですからちょっと上がっているということがありますけれども、この要因。それから今年度のレベルはわからないと思いますけれども、平成25年度で92.1という数字は、県内でどの程度の位置にあるのか。悪いほうにのっているのか、よいほうになっているのかわかりませんけれども、その辺の水準を教えていただきたいと思います。
 あと、3の実質公債費比率がありますが、これは年々ずっと下がっていて、平成20年の16という字が17.6ということで喜ばしいわけですが、今後こういうふうなことで上がっていくという懸念があるような気がしますけれども、18を超えるようなことがあるのかどうか、お聞きしたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 初めの実質公債費につきましては、きのうの一般質問のときにもお答えを具体的にしております。いろいろ通常入ってくる収入、町としては交付税あるいは町税等がなかなか伸び悩んでいる中で、歳出としては繰出金でありますとか扶助費、物件費等がやはり伸びていると。そういうことでこの程度のポイントが悪化しているという結果となったところでございます。そこで、きのうの一般質問でも申し上げましたが、財政計画をきちんと管理することによって、伸びたりよくなったり前後はしますが、余り上に行かないような形で適正な管理をしていきたいと思っております。
 それから、公債費につきましても、統合中学校の関係でかなり起債をお借りしたということもあって押し上げておりましたけれども、今後の返済等も計画どおりやるということで、多分突発的なことがない限りは、今の数値を超えないような形で何とか管理ができるのではないかという見通しは立っているところです。(「県内では」の声あり)県内では、悪いほうです。悪いほうから5番目くらいでしょうか。いろいろな、この指標だけ申し上げますと、それほどよいほうではございません。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) この19ページなどを見ていると町債が平成23、24年から、平成23年までは6億くらいでしたけれども、平成24年から二桁台になって平成26年度は23億ということで、だんだんとこう、今回がピークだとは思いますけれどもそういう形になっておりますので、ちょっと心配だったわけです。あと、経常収支比率がやはり95.3というと大分硬直化しているというふうに見えるわけですけれども、今後ですけれども、できるだけ下げるような努力をしていただきたいと思います。
 歳入のほうに戻りますけれども、今不納欠損ということで74、75ページのところですけれども、いろいろ質問があったんですが、ここで現年課税分でも不納欠損が出ているわけですけれども、これは何か行方不明とか自己破産とかそういう要因だったんでしょうか。それから、滞納繰り越し分のほうでは5年の消滅時効とかいろいろあるわけですけれども、そういう様子を、どんな様子で不納欠損したのかというあたりについてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) それでは、まず現年度分の不納欠損ということでございますが、こちらは、1点は相続放棄等による相続人の不存在等々で、これは固定資産税になればまた違うんですけれども、国保あるいは町民税といったものについては、これは相続人が見当たらないという場合については落とさざるを得ないというような状況でございます。あるいは法人税等、今回は法人税はございませんでしたけれども、解散によって財産なしという場合は、これもまた現年であっても諦めざるを得ないような事案でございます。
 滞納繰り越し等々に関する不納欠損でございますが、1つはまず生活保護同等ということで、地方税法の中での一番の眼目の中に、滞納処分によってその生活を逼迫させるような滞納処分は控えるべきであるというような1文がございます。当然、先ほど5年というルールという形で分納誓約等をお願いしているということで私、お答えしましたけれども、その1点はやはり言葉はよろしくないかもしれませんが、知らぬふりをして5年間逃げる、例えば一所懸命役場の税務課に来ていただいてもなかなか解消しない、その中での5年というものについて、ある程度その状況等を捉まえる必要がありますし、こちらの問いかけに対してもお答えしていただけない、要するにある資力はあっても納めていただけないという方については、当然差し押さえもこれは辞せずというような状態で臨んでいるということでございます。
 あと、不納欠損につきましては、1点はその前の段階といたしまして、滞納処分の執行停止という文言がございます。これもやはり資産がない場合、あるいはその差し押さえ等によって、滞納処分等によって生活を逼迫させてしまうような状態になるという場合については、まず一旦、執行停止処分を行います。滞納処分の執行停止という処理でございます。その後、3年間、状況等が変わらない場合については、これは不納欠損の対象になるということで、1点は時効消滅、執行停止後3年間による欠損、あるいは相続人等の不存在、財産なしということでの処分というようなことでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 税務関係では大変頑張っているということが数字には出ているわけですけれども、中身についてはわかりました。
 あと、80、81ページに児童福祉関係の使用料、民生使用料、児童福祉使用料ということで、収入未済額が330万円と40万円と出ているわけですけれども、これらの対応については、どのようにやっていらっしゃいますか。これは教育委員会ですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 山木次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) ただいまのご質問ですけれども、児童福祉負担金の関係についてどのような状況になっているかという質問でよろしいでしょうか。はい。収納率から申し上げますと、平成26年度の収納率が96.89%という状況になってございます。ちなみに平成25年度を申し上げますと97.59%、平成24年度が97.96%ということで、担当のほうでそれぞれ現年度、過年度分の徴収についてそれぞれ督促をさせていただきながら納めていただけるようにさせていただいているところでございます。
 ただ、最近の傾向といたしまして、通帳口座から引き落とすという取り方をしているわけですけれども、納め方をさせてもらっているわけですけれども、なかなか口座に残高がないということで、現年度分も多少おくれがちという状況にはなっておりますけれども、それぞれ担当のほうでは鋭意努力をさせていただいているところです。以上です。
 もう一つご質問ありましたか。済みません、もう一回教えてください。(「81ページの使用料」の声あり)児童福祉使用料もということですか、はい、承知しました。済みませんでした。児童福祉使用料につきましても申し上げますと、収入済額が、収納率が98.58%という状況になってございます。こちらのほうもあわせて平成25年度を申し上げますと98.9%、平成24年度が99.62%ということで、こちらは児童館を中心としたものでございまして、民間も含めてですけれども、それぞれ納めていただくように鋭意努力をさせていただいているところです。やり方については、同じでございます。ただ状況としては、ただいま申し上げましたような状況だということでございます。(「収入未済の対応について」の声あり)
 収入未済額の対応は、通常電話で督促をさせていただいたり、相談をお受けしたり、あるいはもちろん督促をかけたりということでやっているところでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほかにございますか。直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) 89ページでございます。町道除排雪事業として国庫支出金として6,850万円とあるわけですけれども、(「どこですか」の声あり)町道除排雪事業、国庫支出金、土木費、国庫助成金というのか補助金です、その備考欄に町道除排雪事業6,850万円とあるわけですけれども、この算定方法というのはどういうことになっているのか。それから、国のほうから新たに特別交付金が除雪関係で多くお金がかかったということで来ていると思うのですが、その金額と、どういう算定方法できたのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高橋建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(高橋甚市) それでは、まずは除雪につきましての道路橋梁費の補助金ということでのご質問でございますけれども、初めに町道除排雪事業、この部分でございますけれども、高畠町で除雪延長が114.1キロメートル、この部分については雪寒道路とかそういう部分の補助対象路線でございますけれども、社会資本の整備緊急交付金ということで、1つはそれに基づいて3,200万円来ております。今申し上げました、社会資本です、1つは、それが3,200万円。それから、先ほど言いました114.1キロメートルに対する除雪費用に対して半額の助成、これが3,650万円。合わせまして6,850万円が国庫補助金として来ているという状況でございます。昨年度は、この半分くらいしか来ておりませんでした。ただ、今直島委員がおっしゃったとおり、今回の豪雪に鑑みましてそういう二通りのまずは国庫補助で対応していただいたという状況でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 通常は、そういった豪雪の場合、災害等も含めまして通常の交付税では算定されない特別な事情がある場合に、特別地方交付税という形で国が独自に算定をして県を通して特別地方交付税というものが来ます。今回も決算では4億2,000万円ほど来ておりますが、そこの中に多分豪雪だったわけですから、そういった除排雪に対する経費も措置はされていると思いますが、具体的には金額等はこちらでは承知するところではありませんので、多分入っているだろうというそのような形でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

10番(鏡 善弘) ページ数では83、82ページになりまして、使用料でございます。目的には、それぞれ3、4、5、6とありますけれども、まず初めに4の商工使用料、それから土木使用料で、補正予算が146万5,000円、それから175万6,000円ほど減額されております。相当大きい金額ですので、これはどういうふうな、温もりの湯の使用料が減ったというふうに捉えますけれども、この減った理由。それから、教育使用料につきましては、小学校体育館と小学校、中学校となっておりますが、結構小学校、中学校は部活とかあとはそれぞれの団体が使っているような気はしますが、具体的にどういう方が使ってこれくらいの値段になっているのかお聞きします。(「予算の関係ですか」の声あり)当初予算から決算の……(「補正予算で減にしたって大きいという話だから」「では、もう一回、質問してください」の声あり)では、もう一度、私の言い方が悪かったのかもしれませんけれども、4の商工使用料と土木使用料のほうで、商工使用料のほうは補正予算額的には当初予算よりも146万5,000円減額されております。それから、175万6,000円が土木使用で補正予算額で減額されておりますが、これは相当大きいという金額と見ておりますが、これに対して当然それぞれの温もりの湯とか道路占用料が少なくなったという意味なのか、その辺をお聞きしたいということです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 4目の商工使用料の減額要因についてのご質問だと思われます。内容については温もりの湯の温泉使用料と行政財産目的外使用料ということで、設置してある自販機の使用料を含めてでございますが、ご指摘のとおり入浴者数が平成22年以降5万人あったものがだんだん減ってまいりまして、平成26年度は4万5,000人まで減少しております。そういった入浴者数の減少による減少ということで、対前年比で申し上げますと、平成26年度の決算では95.65%の減少になっております。行政財産目的外使用料、自販機等の料金についても89.46%まで減少しているということで、入浴者の減少にあわせて自販機も利用されている割合が減ってきているというような状況でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 続きまして、高橋建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(高橋甚市) この使用料の減額につきましては、手持ち資料については、まずはその住宅使用料がございます。これが平成25年度と平成26年度を比べますと、約80万円以上減っております。当然その道路占用料、そういう部分について、さらには公園施設使用料、これは年度ごとに違いますので固定の部分はございますけれども、そういう形で件数が減っていることによって額が減ったということで認識をしております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) ただいまの使用料の中で小学校体育館、中学校体育館の使用料の具体的な使用している団体というご質問でございました。社会開放はしておりますので、具体的な団体についてはしておりますが、具体的な団体については担当の鈴木係長からお答えを申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 鈴木係長。

--------------------------------------------------------------------------

施設管理係長(鈴木 剛) 施設管理係の鈴木でございます。私からお答えいたします。
 小学校につきましては、サッカーのスポーツ少年団のような組織に貸し出しが多くございます。また、中学校については、バレーボールのチームなどに貸し出しをしております。主に小学校のほうが、そのサッカーチームは減免団体になっておりませんので、使用料が多く収入として上がったということでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

10番(鏡 善弘) 商工使用料、それから土木使用料のほうはわかりました。それから、今の教育使用料の小学校サッカーとかバレーというお話でしたが、ちょっと気になったのは、今答弁ありましたけれども、減免措置がなっていないということでしたけれども、これはなぜなんでしょうか。それだけお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) ただいまお答えの中でスポーツ少年団のようなという説明をさせていただいたようですけれども、スポーツ少年団ですと100%減免になりますので、使用料は発生をいたしません。ですが、クラブチームのような、あるいはママさんバレーのような団体ですと使用料が発生する。使用料条例の中では、減免措置の項目がございまして、50%使用料を減免するというような制度がございます。したがって、残りの50%については、実費負担をいただいているので発生してくるという状況です。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「はい」の声あり)
 ほか、ございますか。渡部委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(渡部 栄) 二、三点お伺いしたいと思います。
 第1点目が税収の部分でありますけれども(「何ページですか」の声あり)、先ほど税務課長からもありましたけれども、地価公示価格、昨日発表になりました。高畠町も0.6%程度下がっております。それから見ますと評価がえのたびにというふうになると思いますが、今後地価公示が上がるということはないだろうと思いますし、そうしますと固定資産税、土地の部分については今後下がっていくと思いますし、河北も年間100件といいますと相当固定資産税が下がってくるのかなと思います。あと、町民税につきましてはこういう景気ですから上がってくるということは、ちょっと考えにくい。そういう部分で言いますと、税収の未済額の徴収に力を入れていくという部分が、1つは税収確保の方法かなと思いますし、そのほかに税収を確保する、あるいは次世代に確保するという意味では、どんな方法を考えておられるのかお聞きしたいと思います。
 第2点でありますけれども、入湯税が当初予算で40万円、2万9,000円もふえているという状況ですけれども、これは課税の標準が適正なのかということと、今後これは伸びるのかどうかということをまずお聞きしたいと思います。
 次に、先ほど数馬委員もお聞きになりましたけれども、81ページでありますが、児童福祉費の負担金、それから一番下の児童福祉使用料でありますけれども、これは毎年このくらいあるのかわかりませんでしたけれども、納めなくて得をするといいますか、逃げ得というと変ですけれども、納めなくて得をしたということがないのかどうか。例えば、学校給食ですと学校で独自にしていますから、そういう話はよく聞くわけですけれども、これはないのかどうか。あったとすれば、そういう対策はどうしているのかということをまずはお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 小野税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(小野久和) また、固定資産税等に関するご質問でございますけれども、1点は、まず昨日報道になりましたが下落の関係でございます。ただ、こちら今現在、施政方針の中でもうたっておりますけれども、全町路線価方式ということで町内をまず一斉に評価がえにあわせながら再度調査をしております。土地は全体的には下がっているということなんですが、実は一方では工業団地、まだ農用地でしたけれども、ソーラーパネル等での事業で雑種地課税になる部分とがまず出てくる。当然、そこには土地の所有者に対する税の上昇とソーラーパネルに関する償却資産税の増分というものも当然出てまいります。そういったことで先ほど述べましたように当初比で償却資産は8億7,000万円も課税標準が上がっているということがまず1点ございます。
 それと、河北は100件程度にとどまっているということで申し上げましたが、こちらも課税標準上では対前年と比べますと伸びております。結果、やはり単純に住宅というものだけではなく、工場等々での非木造の建物等での設備投資が起これば、当然そこでは伸びというものは出てくると思っております。必ずしも下がる要因ばかりではないと考えております。
 あともう一点、未収対策に力を入れるべきではないかということは、おっしゃるとおりでございます。今後もその部分に対してきめ細かな相談、場合によっては申しわけない、これは強硬な手段ということも当然取り入れながら、未収対策には取り組んでまいりたいと考えております。自主財源はという部分については、税務課について言えば、あくまでも税法上にのっとった形でございますので、税務課からお答えするというよりも、こちらは税法にのっとった部分ではそういった努力をしてまいるという考えでございます。
 もう一点、入湯税の関係でございますが、こちらは例年見込み客、宿泊、日帰り等々も含めながらおおむね40万円程度の見込みで予算計上をさせていただいております。こちらにつきましては、実は3年前の震災の影響で一旦減少もございましたけれども、ようやくその数が戻ってきたという状況でございます。今後もそうしたお客様の売り込みにご期待したいと思っております。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) ただいまのご質問でございますけれども、恐らく委員おっしゃるとおり、負担金あるいは使用料については税と異なりますので、そういう意味で納めないで得をするという逃げ得ということはないのかということをおっしゃられたんだろうなと思いますけれども、おっしゃるとおり納めないで時効が過ぎて不納欠損処理をするということのないように、我々も納めていただけるように具体的に先ほど申し上げたような対応をさせていただいているところですけれども、その対応の仕方については、担当の竹田子育て支援係長より答弁を申し上げたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 竹田係長。

--------------------------------------------------------------------------

子育て支援係長(竹田敏江) 子育て支援係の竹田でございます。私のほうからお答えさせていただきます。
 使用料及び負担金等につきましては、先ほど次長も申し上げましたとおり、逃げ得等のないように督促なりご請求なりを日々させていただいておりますけれども、その中で大変な方につきましては、分納なりをして少しでも納めていただくような努力をさせていただいております。さらに、年3回の児童手当等の時期には、なるべくそのお金を未納のほうに充てていただく等、委任状をいただきましてそこから頂戴をしているという状況にございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほかございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、次に歳出について質疑に入ります。
 第1款議会費及び第2款総務費について質問の方ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 136、137ページの10目の土地対策費の中ですけれども、13節の委託料ですが、予算減額が52万8,000円で出したのが23万9,000円。残ったのが28万8,000円ということで執行率が極めて悪いのですけれども、この辺の要因についてお伺いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高橋建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(高橋甚市) もう一度ちょっとお伺いしますけれども、土地対策費の13節の委託料ですか。(「はい、そうです」の声あり)この部分につきましては、未登記とかそういう部分での……それでは、猪野係長から回答申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 猪野係長。

--------------------------------------------------------------------------

用地係長(猪野隆一) それでは、私のほうからご説明申し上げます。
 この委託料につきましては、未登記等の発生した場合、迅速に対応しなければならないという性格でありまして、3月の補正予算が納期月から決算までタイムラグがあります。その期間において出てきた案件につきまして、対応できるように予算を確保していたものであります。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「はい」の声あり)
 ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、次に移っていいですね。
 次に、第3款民生費及び第4款衛生費について質疑の方ございますか。近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(近野 誠) 3款2項3目、173ページになりますけれども、児童福祉施設費ということで、保育料の県営事業1,000万円ほどあったわけなんですけれども、これの内容等についてお知らせをいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 山木次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) 保育料軽減事業につきましては、町単独の事業でございまして、少子化対策の一環として18歳未満の子供がいる家庭の第3子の子供さんが保育園に入園をされている場合、半額を補助するという制度です。ちなみに平成27年度は半額ではなくて全額ということになっておりますけれども、その人数等々については担当の竹田係長からご説明を申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 竹田係長。

--------------------------------------------------------------------------

子育て支援係長(竹田敏江) ただいまのご質問についてお答えいたします。
 保育料軽減事業につきましては庁内の保育園、こども園、幼稚園、あと町外の保育施設に通っているお子さんも対象にしておりますので、全体で平成26年度ですと、82名が該当していたところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいでしょうか。(「はい」の声あり)
 ほか、ございますか。数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) 162、163ページですけれども、20節の扶助費ですが、金額が多いようなのでお聞きしたいと思います。不用額4,190万円ほど出ておりますけれども、支出済み額から見ますと1割強くらいでありますけれども、これはやはりいろいろ予算要求から2月、3月、2カ月くらいの余裕を見てこういうふうになったのかどうか。関連して、166、167ページの20節の扶助費、これも2,000万円ほど不用額が出ているわけですけれども、これも中身を見てみますと福祉医療費ということでありますので、若干余裕を見て補正減をしなかったということに考えてよいのかどうかお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐藤福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(佐藤 健) まず163ページの扶助費でございますけれども、主な内容につきましては、総合支援法におきます介護訓練等の給付等で決算額が3億4,500万円ほどあります。当然扶助費でありますので、居宅における給付事業でありますとか、施設におけるサービスでありますとか、不足したような対応というのはとれませんので、ある程度予算を確保しながら事業実施に臨んでいるという状況の中で4,000万円ほど不用額が出たとご理解いただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 吉田町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(吉田健一) それでは、私のほうからお答えいたします。
 この扶助費につきましては、身体障害者の関係の医療費、あるいは子育て医療費、あともう一つはひとり親の医療費でございます。子育て医療費は、実はご存じのことと思いますが、平成25年度は年度途中から行いました。それで、平成26年度は1年間まるっとなるということで、その辺を見てとったわけなんですが、結果的にこのような不用額が出たということです。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) わかりました。
 それから、190、191ページのちょうど真ん中ころですけれども、資源ごみ分別収集運搬業務1,468万円というのが委託料のところにありますけれども、これの歳入部分で113ページに雑入の真ん中ころに資源ごみ分別収集事業費資源売上金353万円ということで出ておりますから、そういう意味ではそういう歳入もあるということですけれども、この辺の売り上げの状況、ふえてきているのか、それとも減ってきているのか、その辺おわかりになったらお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 滝生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(滝 春彦) ただいまの資源物の関係のご質問でございますが、先ほど歳入のほうで350万円くらいの収入があったということで支出のほうでもこちらの項目のほうで歳出をしておるわけでございますが、ちょうどこの資源の関係の回収にかかった経費につきましては、このうち1,440万円ほどかかっております。そのうちの350万幾らが収入として補填になったという関係になるものでございます。全体の量としてはふえる傾向にありまして、収入についてはすぐさま金額にはね返ってくる分については連動しない部分もございますが、全体としては資源回収については増加の傾向にあるということで考えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

10番(鏡 善弘) ページ数が191ページ、数馬委員と同じページなんですけれども、191ページの備考の上の委託料の中で、不法投棄回収とかいろいろあります、そのほかに動物死体処理業務が61万7,760円と結構な大きい値段になっておりますが、この委託は具体的にはどういうふうなものなんでしょうか、お聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 滝生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(滝 春彦) 犬・猫が主なものになるんですが、道路でそういった死骸といいますか、そういった連絡があった場合について、町のほうで業者に連絡をしてそれを回収いただくというようなことで、1件当たり幾らということでお支払いをしているものであります。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

10番(鏡 善弘) 私もそういった事例を見て連絡をした覚えがございますが、61万円ということですと、この委託の決め事だと思いますが、例えば犬とか猫とか1体当たりどれくらいになるんでしょうか。そうすると相当な頭数となるんですが。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 滝生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(滝 春彦) 1件当たり3,000円でお願いをしているものでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

10番(鏡 善弘) ということは、この値段を3,000円で割れば頭数が出るということですよね。(「はい」の声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) なければ次に移ります。
 次に、第5款労働費及び第6款農林水産業費について質疑の方ございますか。島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) 209ページの10目農地中間管理事業費。先ほど58%の理由が説明になったんですけれども、人件費を除きますと私の計算ですけれども、いわゆる農地の集積の事業の執行率が25%くらいかなと思います、金額ベースですけれども。その確認と、そうした場合、相当低い執行率であるということ。もう一つは、金額はこうなんですけれども、いわゆる実態ベースでの指標、面積なのか件数なのかわかりませんけれども、これら実態ベースでの実施率といいますか、これがどうであろうか。いずれにしても今後、いわゆる二次的要因、先ほど一時的要因は既にありましたから、それにつながっていく二次的要因がどう見られているのか。それを来年度以降、今年度以降どうしようとしておられるのか、お聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 先ほどのご質問の中でもうまくマッチングが行えなかったということを最大の原因に上げてございます。農地中間管理事業については、皆様ご存じの方もいらっしゃると思いますが、昨年度から始められた事業でございまして、当初は県のほうでうまく進めていただけるのかなというところから後退しまして、市町村に結果的には丸投げという形になったものでございます。先ほどは出し手がなかなかいないということの説明をさせていただきましたが、もう少し詳しく申し上げると、出したい方はいらっしゃる、つくられなくなって借りてほしいという方はいらっしゃるようなんですが、どうしても耕作条件が悪くて受け手側との話し合いがうまくつかないという、そういうマッチングが成立しない案件がかなりございまして、数字的にはなかなか伸びなかったというような状況になってございます。実質的な件数としましては、25件の成立で面積としては28.7ヘクタールほどの中間管理事業の実績となっております。今後の耕作ということも含めてご質問でございますが、やはりその耕作条件をもう少しよりよいものに整備しながら、そのマッチングに寄与できるように条件整備の手助けも、支援も必要ではないかということで、前任者も含めてそのような産業経済課としては見解をしております。できれば、国営とか県営の事業を利用しながら、あるいは利用しなくても新しく国のほうで施策を打ち出してきておりますので、そういった新規の補助を利用しながらやっていきたいと思っておりますが、なかなか高額な負担額という形で農家の方々が求められると、そこまで決断がなかなかできない場面がございます。そういった部分は、簡易な事業費でも基盤整備等、町単独で行いながらやっていくのも一つの手だてかなと私自身は考えております。そういったもろもろのことを考えながら、中間管理事業をもう少しPR不足の部分も、昨年から始まったものでございましたので、例えばことしの耕作が終わった段階で、しっかりと話し合いを重ねながら取りまとめをしていきたいと思っています。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(島津正幸) わかりました。
 1点だけ、件数と面積、おっしゃいましたけれども、目標というか契約に対して何%くらいの達成率だったのですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) それは、金額ということではなくて面積とかそういった目標でしょうか。(「面積と件数、先ほど回答なさいましたよね。それは目標に対して何%くらいの達成率なんですかという質問です」の声あり)高畠町単独での数字を持ち合わせているかと問われますと、なかなかそこまでではございませんで、実は担い手の農地集約の目標を県単位で目標設定をしております。担い手については、9割まで集約をしていきたいという目標を10年後までに達成したいと。そちらにあわせて高畠町もその構想の中で進んでいきたいと思っているところです。現在、高畠町としての担い手の農地集約の数値としては、62年末で52.6%ということでまだ半数ちょっと超えたばかりというところで、10年間の中でなるべく90%近くまで進めていきたいと思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「はい」の声あり)
 ほか、ございますか。近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(近野 誠) 195ページになると思うんですけれども、労働諸費の関係で地域人づくり事業という事業に1,000万円ほどあるんですが、この事業についても緊急雇用創出事業の一環だと思います。この事業については、雇用拡大プロセスあるいは処遇改善プロセスということで、いろいろ社員の方々の賃金の上昇等も含めて展開をするという内容の事業のようでありますけれども、具体的にどのような事業展開をされたのか、さらにその成果はどうだったのかということで、お伺いしたいと思います。委員会で報告があったんでしょうけれども、お願いしたいと思います。
 それからもう一点ですが、211ページの林業振興費の中で、森林病害虫防除対策事業ということで、平成26年で171万円とありますけれども、平成25年度は250万円、今年度の予算も220万円ということでほぼ同じくらいの予算できているんですが、その状況を非常に概観的に見ますとふえているのではないかと、いわゆるナラ枯れ、松くい虫、それぞれ被害がふえているのではないかと散見されるわけでありますけれども、どのような対策だったのか。あわせてその成果について、評価というのですか、どのようになされているのかお伺いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 前段の緊急雇用対策事業にかかわる地域人づくり事業についてでございますが、成果については担当係長のほうから後ほど申し上げたいと思います。
 こちらの事業内容については、おっしゃるとおり雇用拡大プロセスに関する事業ということになってございます。内容としては、地域において雇用創出に資するような委託事業が実施されていれば、それに応じて緊急雇用事業のほうから補助が出る、支援がされるという内容になっております。年度途中から追加が認められて3事業ほど追加がございまして、この金額になったところでございます。後ほど成果については、庄司係長から申し上げたいと思います。
 それから、病害虫防除対策事業でございますが、ナラ枯れについては、ある程度落ちついてきていると、全体としては減少してきているということで見られているところでございます。ただ、松くい虫については、重点的にやってございまして、手の出しようがないということで、観光地域あるいは重点防除地域を設けながら計画的に対応をしているというところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 庄司係長。

--------------------------------------------------------------------------

商工振興係長(庄司知広) 商工振興係の庄司と申します。よろしくお願いいたします。
 緊急雇用創出事業の成果でございますが、地域人づくり事業につきましては、雇用拡大プロセスということで、平成26年度は6事業を行わせていただいております。このときに新規に雇用された方が9人でございます。具体的に事業の内容といたしましては、1つは地域ブランド化推進事業ということで、地域の観光資源や特産品の掘り起こしをブランド化を担う人材を育成するというものでございます。もう一つが学習サポーター育成事業ということで、不登校の生徒さんを学習支援、教室内におけるチームティーチングなどを支援するというサポーターさんを育成いたしております。もう一つが廃棄物処理人材育成事業といたしまして、人手不足で廃棄物処理において業務に人材を確保するということで、こちらのほうもお一人雇用しております。もう一つが教育関連事務補助員育成事業といたしまして、図書館とかそういった教育機関の事務ということで補助員の人材を育成しております。もう一つが障害児保育支援人材育成事業ということで、保育事業を拡大しておりますけれども、そういったことに意欲のある人材を雇用いたしまして、障害児保育の担い手ということで育成をしております。最後に、スポーツ振興の担い手育成事業ということで、各種スポーツ大会、地域に密着したスポーツ振興を担う人材を育成しております。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(近野 誠) いろいろ事業をされて、成果があったという評価をしているというふうに判断をさせていただきました。
 森林病害虫の関係なんですけれども、松くい虫が増加をしているということで防除地域を指定しているということのお話があったわけなんですが、具体的に教えていただければ大変ありがたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 具体的な場所ですが、私も一部耳にしていますが勉強不足で、詳しい部分は担当の係のほうから、佐々木係長より申し上げたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐々木係長。

--------------------------------------------------------------------------

農村林務係長(佐々木 晋) 産業経済課農村林務係の佐々木です。
 具体的な場所を申し上げますと、竹森山と文殊山を指定してございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(近野 誠) わかりました。竹森山ということなんですが、これについては平成24年度も実施されているように思うんですが、同じところを指定してやられているということなんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 済みません、ナラ枯れと松くい虫のほう、いろいろ重複しておるようですが、松枯れの防除関係については上和田地内ということで実施をいたしました。それから、ナラ枯れのほうですが、地域を申し上げますと、大字亀岡地内、それから大字時沢地内、もう一つ大字竹森地内ということで駆除をしている実績がございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(近野 誠) わかりました。ありがとうございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) 195ページでございます。5款1項1目の備考欄でございますけれども、町雇用対策協議会というのがあるんですが、これは年何回くらい開催しているのか。メンバーというのは、どういうメンバーなのか。それから、どんな意見が出たのか、その辺をお聞きしたいと思います。
 それから、東置賜シルバー人材センターということなんですが、これは登録人数がふえているのか、仕事量もふえているのか、その辺もお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 第1点目の町雇用対策協議会については、後ほど詳細な部分について担当係長のほうからお答え申し上げたいと思います。
 もう一つのご質問であるシルバー人材センターの内容でございますが、こちらについては、メンバーは恐らく減少傾向ということでご報告上がってございます。この負担金の内容については、山形県と高畠町と川西町で折半しながら、折半といいますか、県が2分の1、高畠と川西で残り2分の1をそれぞれ負担しながら、私どもは川西町から負担金分を収入させていただいて、川西分を一緒にこの金額でお支払いをシルバーさんのほうにしているものでございます。高畠町の分担率としては、49.2%の分担をしているところでございます。
 業務内容については、シルバーさんの高齢者の雇用促進という意味合いでは、経営的にはだんだん確立してきているということもございまして、生きがいを持って高齢者の皆さんがお仕事を確保される状況がどんどん安定化してきているとお聞きしております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 庄司係長。

--------------------------------------------------------------------------

商工振興係長(庄司知広) 高畠町雇用対策協議会について、お答えをさせていただきます。
 町の雇用対策協議会につきましては、年1回の総会と、新規学卒者の方を、高畠町に就職された方にお集まりいただきまして歓迎激励会を行っております。あと、雇用促進など取り組むべきものについて、置賜の雇用対策協議会とも連携しながら会議などに参加しております。雇用対策協議会のメンバーといたしましては、町内の企業さんにつきましてはもちろんですけれども、商工会会長を雇用対策協議会の会長といたしまして組織をさせていただいております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ほか、ございますか。直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(直島義友) シルバー人材の働く人というか希望者というのは、ふえているのかどうかお聞きしたいと思います。
 それから、町雇用対策協議会の実質の雇用をするための話し合いというのは、内容がちょっとないような気が感じもするのですけれども。新規に高畠町内に就職した人の歓迎会が主な行事かなという感じがするんですけれども、その辺どうでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 先ほどのご説明の中で触れさせていただきましたが、登録されている会員数自体は減少傾向にございます。ただし、いろいろな普及啓発、こういった事業を行っておりますということで普及啓発活動をした結果、仕事の受注件数及び契約金額とも前年を上回った実績を残されておるようでございます。
 あと、2点目の質問の町雇用対策協議会の中で、もっと深い議論を行っていないのではないかというご質問でしょうか。機会を捉えまして年1回ではございますが、いろいろ課題になっている情報交換を関係機関集まっていただきながら交換をしているというふうに認識をしております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「はい」の声あり)
 次、数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(数馬治男) それでは、198、199ページですけれども、3目農業振興費の15節工事請負費ということで90万円予算が上がっておりますが、3分の1くらい使って32万9,000円、不用額が57万円となっているわけですけれども、203ページのところに、これは細目6の都市農村交流促進の中の工事請負費32万9,400円上がっておりますけれども、取りやめになったとか何か事情があるんですか。大分執行率が少なくなっているわけですけれども。
 もう一つ、済みません。あと、206、207ページですが、6目の経営所得安定対策事業費の中の207ページの上のほうから、真ん中からここです、現地確認業務246万円入っています。今までは農協とか役場とか関係機関から今度は地元農家のほうに移ったわけですけれども、何かそういうことでスムーズにいっているのか、何か問題点とか課題などがおありになったのかどうか、その辺をお伺いしたいと思います。
 最後ですが、先ほども出ていましたけれども、210から211ページで、2目の林業振興費の森林病害虫防除対策事業費171万円というのが上がっています。それで、歳入で99ページを見ていただきたいと思うんですけれども、99ページに2節の林業費補助金、森林病害虫防除対策事業費78万5,000円、それからナラ枯れと森林被害対策事業31万8,000円というのが2本上がっているわけですけれども、これがここに一本化になったのか、あるいはナラ枯れはナラ枯れで別に事業があるのかどうか、その辺お伺いしたいと思います。多分一本化になったのかと思いますけれども、以上3点です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) まず、3点目のナラ枯れと病害虫の2本に分けて載せている部分は、後ほど担当のほうからお答えさせていただきます。
 1点目、203ページに出てまいります工事請負費、細目6の都市農村交流促進費の中の工事請負費が32万9,400円ということで、当初予算から大幅に減っている部分でございますが、当初90万円の確かに予算措置をしてございました。これはゆうきの里のさまざまな施設の維持管理費用ということで、突発的にいろいろなことが出てまいるということで、余裕を見て予算措置をしているところでございます。平成26年度については階段とか手すりの工事、あんずの棟、それからもう1カ所、滑りどめとか手すりの取りつけ等で12万9,000円ほどということで、2カ所の工事を行って32万9,000円という実績になってございます。
 2点目の転作の現地確認でございますが、ページ数で言いますと207ページの委託料、現地確認業務246万1,850円という部分でございますが、こちらのほうは、それぞれの集落にまだお願いをしながら委託をやっておるわけですが、一応均等割で1集落……(「うまくいっているかどうか」の声あり)うまくいっているかどうかですか。詳細については担当の落合係長よりご報告いたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 落合係長。

--------------------------------------------------------------------------

農業振興係長(落合明子) 農業振興係の落合です。
 転作の現地確認につきましては、数年前から集落のほうに完全に委託ということでお願いをしておるわけですが、期間を約1カ月くらい設けまして、その間で集落の方の都合に合わせて現地の確認をしていただいております。集落のほうでわからない箇所については、こちらの職員のほうが直接確認に行ったり、町外については現在も職員のほうで確認を行っております。各集落では、やはり集まる機会もなかなか少なくなっているということもありまして、この現地確認を機に集まって話をしていただく機会にもなりますので、スムーズにいっていると思っております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 佐々木係長。

--------------------------------------------------------------------------

農村林務係長(佐々木 晋) 先ほどの歳入の森林病害虫防除対策事業とナラ枯れ等森林被害対策事業費のほうが歳出の森林病害虫防除対策事業費の補助になっているのかというご質問でしたが、この歳入の2つともこちらの病害虫防除対策のほうに充てさせていただいております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「わかりました」の声あり)はい。
 菊地委員。

--------------------------------------------------------------------------

4 番(菊地英雄) ありがとうございます。199ページでありますけれども、一番下段の南奥羽鳥獣害防止広域対策協議会、こちら229万8,600円ほどの負担金を支出しているようですけれども、歳入のほうでもありますように119万円ほど雑入に入っておりますが、対策協議会に拠出をして、そしてまたそれぞれの該当する市町村に配分をしているという形なのかなと思っているんですが、このページのその上にも当然ながら猿の被害の農作物の対策とかそういうのも出ていますので、直接関連する部分があるかわかりませんけれども、多分宮城、福島、山形、高畠あたりも含めて何市町かで対策協議会ということで、ちょっと中身、現在の状況をどういうふうになっているかお聞きしたいと思うのは、猿まであるのかわかりませんが、例えば熊とかイノシシとかそういう被害が結構出ているように聞いていますけれども、今そういうふうにうまく対策協議会としてやっている効果といますか、現状などもお聞かせいただきたいと思います。
 それから、そのときに例えばとったイノシシとか熊もですか、肉などを処分して食うという場面などがもしかしてあるのかもしれませんが、少なくとも放射能の汚染されている状況なども確認されていると思うんですが、そういう状況はどうなっているのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 南奥羽鳥獣被害防止広域対策協議会の詳細な内容について申し上げます。委員おっしゃるようにこちらは山形県、宮城県、福島県の3県の合計27団体が組織化されておりまして、山形県では置賜を初め、高畠町を含め米沢、南陽、上山、山形、天童、村山、東根、尾花沢それから農協さんも含めて団体を加盟してございます。組織の協議会の設立目的は、日本猿の個体数の調整、増加あるいは調査ということで、個体の活動域を調査しながら被害防止の対策に充てていくということで、おっしゃるとおりそれぞれの団体が負担金を負担しながら、割り返しで今度は逆に市町村に対策費用として押してくるというようなものでございます。事業の中身としては生息状況の調査とかマップの作成、被害防止活動それから総合的防除体系の実証確立というような、そういった内容になってございます。イノシシとか熊はそこまでの組織化はされておりませんで、単独での市町村での対応ということです。ただ、現在ほかの都道府県、地域でも被害がふえてございまして、熊、イノシシも含めニホンジカの被害も大分入ってきているようでございます。猿被害に加えてまた頭の悩ましい問題だなと思ってございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 菊地委員。

--------------------------------------------------------------------------

4 番(菊地英雄) わかりました。別に食べなくていいんですけれども、放射能、そうか、とらないんですか、調査だけでしょうか。確保をしないということですか。(「各市町村で」の声あり)各市町村ですか。わかりました。はい。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「はい」の声あり)
 ほか、ございますか。山木委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(山木由美) お聞きいたします。207ページの地域担い手育成事業費ということで、5,200万円ちょっと、かけられているようですが、具体的な事業内容と、この事業を行ったことによって育成されている方々といいますか、どのような事業なのか内容が詳しくわかりませんので、その内容でどれだけ高畠町に貢献されている方が育成されているのかというところを教えていただきたいです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) 207ページの細目3地域担い手育成事業費の事業、概要的なものでよろしいでしょうか。こちら言葉のとおり地域の担い手をぜひ育成していこうという事業でございまして、大きな事業としては、下段のほうに補助金ということで2つ大きな金額が載せてございます。1つが経営体育成交付金という補助金でございますが、こちらは農家の皆さんのパイプハウスとか乾燥機、コンバイントラクターなどを導入する際に補助を交付するものでございまして、16経営体に対して今回平成26年度は補助をさせていただいたところでございます。
 次の青年就農給付金、こちらも大きな金額2,500万円ほどございますが、こちらは新しく就農された方々に対して生活的な支援をしていくということで、その取り組みの何年目かによって金額等、それから条件によって変わってくるわけなんですが、平成26年度の実績としては、22経営体に対して支援しておりまして、この金額になるものでございます。そのほか、上のほうにある非常勤職員の報酬というのは、私どもの課のほうに専門的な職員を置いて、その対応に当たっているような中身になっております。大まかにはそのような中身になっております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいでしょうか。山木委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(山木由美) 地域担い手育成費ということでもありますので、この担い手の方たちが実際この育成費を使われて、具体的に高畠町にどのような貢献をされているのかというところも具体的な事業内容としてもちょっと一例で結構ですので挙げていいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 冨樫産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(冨樫雅彦) それぞれ担い手の皆さんについては、町全体というよりも個々で経営の目標を立てていただきながら、いろいろな手だてをしていただく計画を樹立されておられます。町としてもそういった部分を個人的にも、あるいはグループとか組織的にももしチャンスがあれば支援をしていきたいということで、さまざまな事業メニューを通してやっておるわけですが、具体的にと言われますとなかなかどちらを事例に挙げていったら申しわけございませんが、非常にそうやって申し出られる方は意欲的に事業を進展していらっしゃいますので、経営的にもこちらの補助等の対策については効果を上げていると認識しております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次、伊澤委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(伊澤良治) 161ページの単身高齢者等除雪支援事業、あ、終わったんですか。(「5款と6款です」の声あり)まだ。わかりました。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 5款と6款を終了いたします。
 それでは、暫時休憩に入ります。20分から再開します。
 (時に午後3時02分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、休憩前に引き続き委員会を続けます。
 (時に午後3時19分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に、第7款商工費及び第8款土木費について質疑の方ございますか。4番 菊地委員。

--------------------------------------------------------------------------

4 番(菊地英雄) 233ページですけれども、住宅費の中の若者定住促進事業425万円の部分でありますが、予算の段階からいないものですからちょっと事業の内容を詳しく把握しておりませんのでお聞きしたいんですが、この事業の中では持ち家住宅建設購入の補助なども入っておられると思いますし、これまでもいろいろな実績が数々あるというふうに聞かれていますが、国庫補助も168万円ほど入っているようです。この事業の中には持ち家住宅ということで町外から、町内の皆さんも対象になるようですけれども、40歳ということで若い人をぜひ高畠町に呼び込もうという事業だと思いますが、住宅の部分だけそのほかにももう少しあるのか、そういう事業の結果の概要をお聞きしたいということと、その中で求められているこちらに住みたいという方で、今空き家が結構あるので、程度のいいといいますかそういう住んでもいいという状況が今後見通しとして可能なのかどうか、その辺少しわかる範囲でお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高橋建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(高橋甚市) それでは、持ち家住宅支援事業につきまして、ご説明を申し上げます。
 この事業の趣旨につきましては、若者の定住を促進いたしまして、活力に満ちた地域づくりを推進するため、定住する意思を持って町内に住宅を取得する若者、家族世帯に対して助成金を交付するということになっております。目的としましては、若者の定住促進による地域の活性化、さらには移住、定住による人口の増加、原発事故による避難者への支援ということが挙げられます。まず、制度概要でございますが、町外からの移住者、世帯については、1世帯50万円、東日本原発事故による避難者世帯についても50万円、町内貸家等からの定住世帯については25万円ということでございますから、もちろん空き家を購入していろいろ改築をするという等々についても該当になってくるということになっております。平成26年度の実績でございますけれども5世帯で250万円、町外からの移住です。それから、原発避難者が1世帯で50万円。町内貸家からの定住が5世帯で125万円で、425万円を補助しているということでございます。過去の実績につきましては、平成23年度から平成25年度までの3カ年で11世帯40名ということになっておりまして、今年度についても相当に応募をいただいているような状況でございます。ただ、貸家という部分の把握につきましては、これは生活環境課で捉えておりますけれども、そこら辺も含めながら定住を促進するということで、この事務については推進していきたいということで考えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 菊地委員。

--------------------------------------------------------------------------

4 番(菊地英雄) ということは、この若者定住促進事業イコール持ち家住宅建設購入補助事業というふうに捉えてよろしいですね。それで、入ってこられる方と具体的に接触をして、例えば自分が全部決めて家を建てるから補助を欲しいということだけでなくて、いろいろな相談に乗ったりして、例えばこういう住宅、住宅といっても人のものだから勝手にいえるかわかりませんが、その辺を把握して少し空き家の解消といいますか有効な活用というのは今後可能なのかどうかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 高橋建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(高橋甚市) 当然その申し込みの方法と手続の流れという部分についてもこのホームページで示しておりますけれども、当然初めに申込者については、相談も含めまして窓口に来ましたら、もちろんそういう新たに新築をしたいとか、そういう空き家とか何かあればということになれば、課の連携で生活環境課との連携をとったりしてそういう部分についてはご提供申し上げたり、当然そういう申請者の意向に沿った、添えればですけれども、そういう形で対応しているというのが現状でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) いいですか。(「はい」の声あり)
 次、ございますか。なかったら次に進んでいいですか。(「はい」の声あり)
 次に、第9款消防費及び第10款教育費について質疑の方ございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 次に進ませていただきます。
 次に、第11款災害復旧費、第12款公債費及び第13款予備費について質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) それでは、以上、一般会計決算に対する質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第1号 平成26年度高畠町一般会計歳入歳出決算については、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) ご異議ないものと認めます。本案は全会一致をもって原案のとおり認定するものと決しました。

             散            会

--------------------------------------------------------------------------

委員長(小松政一) 本日の委員会はこれまでとし、明日18日午前10時より、引き続き各特別会計及び企業会計決算の審査を行いますので、ご承知の上、ご出席くださるようお願いを申し上げます。
 本日はこれをもって散会いたします。
 ご苦労さまでした。
 (時に午後3時26分)

--------------------------------------------------------------------------