議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 高畠町

平成26年決算特別委員会 本文




2014-09-11:平成26年決算特別委員会 本文

             開            議
委員長(大木 寛) おはようございます。
 定刻前ではございますけれども、おそろいでございますので開会をさせていただきたいと思います。
 ただいまの出席委員は15名であります。よって、定足数に達しております。
 (時に午前9時57分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、10日に引き続きまして、各特別会計並びに企業会計決算の審査に入ります。
 審査の順序は、初めに各特別会計並びに企業会計決算の説明を一括で受け、終了後、各会計ごとに質疑、採決をいたします。
 最初に、認定第2号 平成25年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第5号 平成25年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件を一括して説明願います。原田上下水道課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、認定第6号 平成25年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について説明を願います。酒井町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、認定第7号 平成25年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について説明願います。佐藤福祉課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ここで暫時休憩をいたします。
 再開を11時10分といたします。
 (時に午前10時54分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、再開をいたします。
 (時に午前11時09分)
 次に、認定第8号 平成25年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について説明願います。酒井町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、認定第9号 平成25年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について説明願います。高橋病院事務長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、認定第10号 平成25年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第13号 平成25年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件を一括して説明願います。高橋産業経済課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、認定第14号 平成25年度高畠町病院事業会計決算の認定について説明願います。高橋病院事務長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、認定第15号 平成25年度高畠町水道事業会計決算の認定について説明願います。原田上下水道課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で説明が終了いたしました。
 ここで暫時休憩をいたします。
 再開を午後1時30分といたします。
 (時に午前11時46分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 再開をいたします。
 休憩前に引き続き委員会を続けます。
 (時に午後1時27分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 各特別会計並びに企業会計決算に対する質疑に入ります。
 それでは、最初に、認定第2号 平成25年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。12番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 295ページなんですけれども、歳出の維持管理費の中でございます。295ページ、工事請負費という項目があるわけでございます。それで、下水道が供用してからもう40年も過ぎるわけでございますけれども、下水道管についても布設がえをする必要があるのではないかなというふうに私感じ取っているわけでございます。そういうことで、この1,100万ですか、これもそういう布設がえに入っているのかどうか、また、耐用年数による布設がえ、これからどのように考えているかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) 今の質問にお答えをしたいと思います。
 下水道、ご指摘のとおり昭和48年から工事を進めておりまして、その後、供用開始をして今に至っているということであります。耐用年数、施設なんかもそれぞれに違うんですが、管渠で50年というふうに言われています。それで、高畠町についてはまだ耐用年数に来るまで至っていないんですが、ぎりぎりの線ということになっていることもありまして、今現在、内部で実施計画に盛り込むべき耐震化とか長寿命化ということで協議をしているというような状況になります。したがいまして、近いうち、断言はできませんが、二、三年後を目安に、そういった具体的な計画書づくり、それから事業の実施ということを、財政計画も絡めながら検討していくというふうなことで考えております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。2番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 296、297ページですけれども、22節の補償補填及び賠償金というのがあります。これが、上の部分が50万で、支出済額がゼロということになっています。それから、中段のところにも特環のやつがありまして、22節これも30万ありますけれども、支出済額がゼロというふうになっています。こういうふうな、なぜゼロになったのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) それでは、鈴木課長補佐から答弁を申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 鈴木課長補佐。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長補佐(鈴木 敏) 上下水道課で下水道を担当しております鈴木と申し上げます。よろしくお願いします。
 公共、特環それぞれ補償費ということで予算を計上させていただきました。内容につきましては、例えば下水道工事する際に、水道管が支障になったりそういった件がたまにあるものですから、そのために予算計上させていただきましたけれども、最終的はそういった件数が1件もなかったと。ただ、これ例えば3月補正でゼロにしたりしますと、その後、万が一支障物件が出てきた場合にお金がなくなるものですから、このまま残させていただいたということでございます。よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 質疑を打ち切ります。
 お諮りをいたします。ただいま議題となっております認定第2号 平成25年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。本案は、全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 次に、認定第3号 平成25年度高畠町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。2番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 306、307ページですが、中段の中和田の農集排ですけれども、15節の工事請負費、予算100万で支出済額が39万で、不用額として60万が余ったというようなことで、先ほど工事費の減というようなお話あったんですが、100万の見込みであったのが39万になったのか、それとも何本かあって工事の取りやめになったのか、ちょっと大きいものですからお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) この工事費につきましても、特定のものを手当てするというふうな決まったものではなくて、ある程度毎年同じような金額を計上させていただいておりまして、何か事があると、これで該当させていただいて処理をさせていただいくということになっています。結果的に39万3,000円ほどの工事費で済んで、残った金については、先ほど申し上げたとおり年度内に何かあるかわからないという形の中で、保留をさせていただいたというふうなことであります。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第3号 平成25年度高畠町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。本案は、全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 次に、認定第4号 平成25年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。15番 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 1つお聞きをします。ページ数ですが312ページです。使用料の関係でありますけれども、今回の監査委員の審査意見書の中でも指摘されておりますが、特定地域生活再生処理事業の関係で、いわゆる使用料と管理料の関係で、指摘では、その逆転現象で、「今後、設置基数がふえる中で、いわゆる持ち出しといいますか負担がふえてくるという心配がある」ということで指摘されています。
 内容を見てみますと、確かに使用料が1,700万ほどですか、1,800万ぐらいですね、管理費としてあがっているのが大体2,000万ぐらいです。これは、必ずその中でペイしなければならないということはないわけでありますけれども、例えば農集排で見ますと、農集排の場合ですと使用料と管理費それぞれ1,400万ぐらい、大体バランスとして取られているということがあります。理想としては、事業費については当然減価償却、公債費を含めてこれは一般会計の繰り入れというようなことでやっていくわけでありますけれども、維持する中で、いわゆる使用料と管理費がある程度バランスをとった中で維持していくというのが理想ではないかなというふうに思います。
 ただ、この特定地域に関しては、そういう形で管理費のほうが上回る。これは、当然、農集排と比べますと管理する設置場所が散在していますから、当然効率が悪いというようなことで管理費が高くなるということがあると思いますけれども、指摘されている中で、この使用料の中でこれを賄っていくということも、なかなか使用料の平準化の中で難しいと思いますけれども、そういった対策といいますか、考え方として何か方法はないかと。例えば、管理に関してはほとんど業者に委託するという委託料がほとんどだと思いますけれども、そういった中でいろいろ工夫をしていくというようなことで、この管理費の節減、あるいはそういう中で使用料とある程度近づけていくというようなことはできないものか、考え方で結構ですので、お知らせいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) お答えを申し上げます。
 使用料と維持管理費のかかわりでございますが、平成25年度、昨年度の段階で、歳入と歳出で218万何千円程度歳出が上回っておりまして、ご指摘のとおり1基当たりに直しますと、人槽によって違うんですが、平均して1基当たり5,472円ほどマイナスというか、多く管理費を要するというような実態になっております。
 そして、まず歳入ですが、基本としては、公共下水道、農業集落排水事業の料金とのバランスを考えるということで、そもそもにスタートしているというふうなことでありますけれども、なかなか基数がふえていく中でバランスがとれていないということで、一般会計からの繰り出しによって賄っているというふうな実態がご指摘のとおりございます。
 そして、歳出の面で必ずしなくていけないのは法定点検、これ毎年、つくったときに1回する浄化槽法の7条検査というのが一つあって、それから年に1回、その後に11条検査というので年1回しなくていけない検査、これは必ずしなくてはいけない。それから、保守点検ということで、県のほうの指定した業者によって、浄化槽の調整とか保守、消毒剤の補給などを年3回以上しろというふうなことで、これも3回実施しております。
 それから、そのほかに経年劣化もあったりする中で、修繕費も若干上昇傾向にございます。修繕費というのは、逆止弁ということで、水が出てはいくけれども逆流はしないというような弁装置とか代表的にはあるんですが、そういったものも数多く頻度よく交換をしなくてはいけないというような実態も出ておりまして、その辺もかかり増ししている要因にもなっていると。
 それから、そのほかにかかるのは使用料の徴収、水道のほうに依存しておりまして、水道のほうに事務委託をするということで、全体的には22万3,000円ぐらいしかかからないんですが、そういった今言った合計額が歳出としてあるということで、平成21年度にこういった問題が内部的にもいろいろ指摘されて、料金の改定か、もしくは何らかの方法で維持管理費を減らすことができないかという検討をしたわけです。最終的には、年4回やっていた保守点検の回数を1回減らす、法定的にも1回減らして3回でよろしいということになった関係で1回減らして、その中でコストを約160万ほど下げたということで、当面はそれで運営していきましょうというふうなことに22年度からなっております。
 ただし、年々戸数が、昨年度の段階で399基ということで、14年度から整備している浄化槽の戸数がふえて、毎年30基ほどふえていくということでもありますし、それから、32年度までに695基というふうな目標数値も掲げておりますので、相当な基数がふえるということもありますから、今後については、いつの段階でということには断言できませんが、再度料金等の見直し等も含めながら、その検討をしていくことも必要ではないのかなというふうな考え方を持っているというのが実態でございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 大変丁寧に説明していただきましてありがとうございます。ただ、私は、この特定地域生活排水処理の手法が大変だと言っているんではなくて、むしろ事業費的には農集排から見ますとずっと事業費がかからないわけで、トータル的には町の持ち出しは少ないというふうに見ていますが、それぞれの手法の中でも、使用料と管理費というようなことのバランスというのは常に考えていったほうがいいんではないかなというふうな視点で申し上げました。
 それで、平成21年ですか見直しをして、その点検をしながら160万ほど節約をしたというようなことですから、それ以上は今の段階では無理だという解釈だと思いますけれども、ぜひ今後、そういう形でいろいろ委託料の部分のことも含めまして工夫をしながら、管理費の節減といいますか節約にぜひ頑張っていただきたいと思いますが、何かあればお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。課長、済みませんが、もうちょっと簡潔にお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) わかりました。大変ご意見ありがとうございます。できる方法も含めて検討しながら、節約に努めていきたいというふうに考えております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第4号 平成25年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第5号 平成25年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。9番 青海川委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(青海川正延) 327ページの中で、細目3、これの委託料というような形で載っているわけでございますが、その委託分の中に水質検査と、それから水質検査業務の中にも放射能というようなことで、2項目の中で載っているわけでございますが、1つは、まず業者がどこであるか、それから、なぜ2つに分ける必要があったのかどうか。というのは、これから説明があるかと思いますが、高畠町水道事業会計の決算の中では、水質業務ですか、検査というようなことで1項目の中で決算額が載っております。そんなことで、ここだけ分けた理由関係について、その辺についてお聞きしたいというふうに思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) 飲料水関係についてはこのように表現させていただいておりまして、これが水道についても同じようにしているんですが、その辺については細いあらわし方していませんでした。ただ、内容的には同じでありまして、放射能につきましては国の厚生労働省、大震災後に指導がございまして、昨年度までは年3カ月ごとに年4回の検査をしなくてはいけないということで、放射能の検査ということで年4回実施をしております。
 そして、かかっている費用については、1回に1万5,000円、水道全体としては、第一水源、第二、和田、金原新田ということで4カ所を年4回実施しているということで、それに消費税を掛けまして全体としては25万2,000円ほどかけています。委託している業者については、米沢に所在しております江東微生物株式会社というところに委託をしております。結果としては、目標値10ベクレル/キログラム当たりの以下ということになっておりまして、今まで、これ以上の数値になったことはないというふうな結果になっております。そして、かかった費用については、後で東京電力のほうから補償金という形で歳入を受けているというふうな内容でございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 青海川委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(青海川正延) その流れはわかったわけでございますが、検査後の内容によって検出というようなことが、基準以上に出た場合というようなことが出てくるかと思いますが、今までそういうようなことは基準以上に出ていなかったというようなことで、報告はしなくてもよいというようなことになっているかと思いますが、もし出た場合については、それを飲料者に対して報告をするというような形になるわけですか。もし出た場合ですけれども。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) 結果的には異常の数値は出ておりませんけれども、出たとすれば、当然県を通じて国に報告をするというふうなこと、あと対策を具体的にとるということになると思いますけれども、ただ、国・県に報告しろというようなことの指導はないというのが実態でございます。数値以下である場合、そういうことになっております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第5号 平成25年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第6号 平成25年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。5番 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) ページ数にいいますと330と331ページになりまして、どちらかというと比率などをお聞きしたいと思っております。まず、目でいいますと、1の一般被保険者国民健康保険税と、それから1項2目の退職被保険者等国民健康保険税とあるんですが、先ほど説明の中で6,390人ほどが対象になっているというふうなことで、人口の25.4%。お聞きしたいのは、もともと本当にずっと国民健康保険税を払っている方と、それから退職者がいるわけです。この退職者の中には、定年で退職された方とか途中で退職された方がいらっしゃるかと思いますが、この辺の割合はどういうふうなことになっているのかちょっとお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 酒井町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(酒井紀子) 退職被保険者に加入できる方というのは条件がございます。中途でというのは、期間が20年以上勤めた方ということになっておりますので、中途で例えば10年くらいで退職国保に入りたいというふうになっても、それは条件で入れない形になります。詳細は冨樫係長のほうからお答えさせます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 冨樫係長。

--------------------------------------------------------------------------

医療給付係長(冨樫昌典) 町民課、冨樫と申します。
 退職国保に入る要件といたしましては、40を過ぎまして10年間以上お勤めになった方、また、社会保険などに20年以上お勤めになった方が退職国保に加入する要件となってございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) それでは、その年数に満たない方はどうされるのでしょうか。(「一般国保」の声あり)なるほど、一般国保。ちょっと勘違いしました。わかりました。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかに。3番 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 一般質問でお伺いして、若干不完全燃焼だったので再度。
 事実というか、ここ四、五年の傾向なんですけれども、保険税が下がっているという、約8%下がっています。逆に、保険からの給付金が8%ぐらい上がっております。逆になっているわけです。その中で、一般会計からの繰入金がほぼ横ばいの状態で回っていると。事業として回っていると。どうも基金の取り崩しが四、五年前から比べるとふえていると。この基金というのは結局自前の力ですから、どういうふうに全体としてなぜ回せるのかなと。今後もそれが継続できるのかなということで、もう一回お答え願いたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 酒井町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(酒井紀子) 冨樫係長よりお答え申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

医療給付係長(冨樫昌典) ただいまの基金の件でございますが、25年度の決算を申し上げますと、357ページの9款1項1目にございますように、1億7,274万6,000円の基金積み立てを行っております。また、取り崩しのほうになりますが、歳入のほうで337ページにございますが、9款2項1目に先ほどと同額の1億7,274万6,000円を取り崩しておりますので、最終的には積み立て、取り崩しが同額になっておりまして、基金保有額は変わりございません。この方法につきましては、平成24年度から実施させていただいておりまして、24年度から積むものは積む、取り崩すものは取り崩すということで、経理伝票を切るような方法に改めさせてもらっておるものでございますので、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) わかりました。基金の積み立てと取り崩しというのはわかりましたけれども、事業規模がふえていて、入ってくる金が少ないという中で、なぜ回っているのかなという疑問なんです。要は、保険税として入ってくるのは少ないのに、出ていくのは多いわけです。一般会計から繰出金がふえているかというと、ふえていない。どういうふうにして回っているんですかねという、ここの疑問です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 酒井町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(酒井紀子) 冨樫係長よりお答え申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 冨樫係長。

--------------------------------------------------------------------------

医療給付係長(冨樫昌典) ただいまの件でございますが、医療費が伸びますと、交付金、例えば前期高齢者交付金と呼ばれるものですとか退職者交付金というものなどもございます。そういったものも伸びますので、そういったものを財源としまして運営をさせていただいております。よろしく願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかに。2番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 330、331ページなんですが、きのうは町税の不納欠損のことでお聞きしたんですが、今回、不納決算全体で3,000万ほど上がっていますけれども、昨年1,000万ぐらいだったんですね。ですから、大分3倍ほどふえたんですけれども、考え方として5年の時効とかいろいろあるわけですけれども、町税の考え方と同じなのかどうか、その辺の考え方について、それから、この3,000万になった状況についてお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 不納欠損の考え方でございますが、未納になって支払えない方、経済状況が非常に厳しい方というのは国保税が多いわけです。どうしても金額が大きいということでありますが、そのほかの税も滞納になっている、例えば固定資産税なんかも滞納になっている場合が多い。不納欠損する場合は、1つの税目だけで不納欠損して、残りそのままというわけにいきません。あくまでも納税者単位として、全体の税目を合わせて、果たして払えるのか払えないのか、経済状況はどうなのか、好転するのかあるいは厳しいのか、そこを総体的に判断して不納欠損処分を行うという形になりますので、税としては町税も国民健康保険税も合わせた形で不納欠損処分をしております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) はい、わかりました。それで、今回収入未済が2億7,000万、昨年2億8,000万ですから1,000万ほど努力をさせたというようなことでありますけれども、今お話あったように、未納者については、税とか国保税、あるいは使用料、上下水道の使用料とかいろいろあるわけですけれども、そういう経済的に困っている方については、結局同じ人が多いのではないかというふうに思いますけれども、まず、どこから徴収するかというか、そういうことについてはそれぞれの担当の中でいろいろ連携をして取り決めているのか、その辺のところはどうなんですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 基本的には一番都合が悪いといいますか、例えば、水道料が未納であれば水道の停止処分も出てきます。あと、とにかく医者にかかっている場合、例えば全然ないということであれば短期証であったり、あるいは接触もできないということであれば資格証とかそういうことも出て、そうなってきますと生活をする上で非常に不便になってくるということがありますから、実際は、なるべくこちらのほうとしては、大きい金額の、未納が大きい方に充当したいのはやまやまなんですが、そういう生活状況を考えて生活に差しさわりがあるものを優先せざるを得ないと。そういう考えで、内訳として入れる場合はそのような考えでやっております。(「わかりました」の声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りをいたします。ただいま議題となっております認定第6号 平成25年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第7号 平成25年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。15番 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) ページ数でいきますと378ページです。地域密着型の介護サービスについてちょっとお聞きをしますが、この中で執行率が89.4、それから、次ページの地域密着型介護予防サービスでは79.8ということで、そんな低いわけではないんですけれども、ほかの介護サービスから見ますとちょっと低いかなというふうに思っています。それは、ある程度その事業が拡大をしていくという予測の中で予算も立てられたのではないかなというふうに思いますが、このサービスについては、ご存じのように平成18年から始まったいわゆる地域密着型のサービスのタイプでありますけれども、現在、我が町でいろんなメニューはあるわけでありますけれども、ただ、認知症の専用型デイサービス、それから夜間対応型の訪問介護、あるいはグループホーム、それから29人以下の小規模な老人ホームというようなことのいろいろなメニューがありますけれども、現在、我が町でやっているのはこの中でどれでしょうか。全部はやっていないと思いますけれども、どうでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 佐藤福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(佐藤 健) ただいまご質問ありました地域密着型サービスでございますけれども、当町でサービスを提供していらっしゃる施設につきましては、認知症対応型のグループホームというふうなことで、メニュー的にはこのメニューになります。施設名でいきますと、もも太郎さん高畠とかはやま荘さん、それから三友たかはたさん、この3施設がグループホームとして経営をされているという状況です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) そうしますと、これについては、いわゆる国でも市町村でも、今までのかつての特養といいますか大型の施設のサービスについては、なかなか財政的にも大変だというようなことで、在宅も含めながら、こういった地域密着型のほうに少しずつ移行させたいという思惑の中で出たサービスだというふうに理解をしていますが、なかなかこれが進まないというものも実態としてあるのではないかというふうに考えます。
 例えば、小規模の老人ホームにしても採算がなかなか合わないというようなことで、そういった施設が出てこないというふうにも言われていますし、ただ、今ちょうど我が町では第6期ですか、介護保険計画が今策定中だと思いますけれども、平成27年からスタートする第6期の事業計画の中で、この地域密着型のサービスについてどういうふうに今後捉えて我が町として取り組んでいくのかと。これについては、市町村の認可でその事業ができるというふうなこれまでと違ったタイプでありますので、町の判断でその辺のことが可能になると思いますので、今後、その第6期の中でどういう方向性を持って地域密着型サービスを考えているのか、お聞きをしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 佐藤福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(佐藤 健) ただいま二宮委員のほうからお話がありました、いわゆる定員が29人以下の小規模型の介護老人福祉施設につきましては、いろいろ福祉施設を訪問させていただいてお話を伺ったりすると、経営的になかなか難しいと。いわゆる人件費の問題といいますか、職員を回すサイクルを考えると、なかなか効率が発揮しづらいということがあって難しいというお話を聞いております。
 今後の6期計画の中におきまして、当然、地域密着型についても検討していくことになりますけれども、これから9月の下旬以降、町内の福祉施設を訪問させていただきまして、将来に向けた施設整備等の意向について伺いをする予定でございます。その中で、将来の方向性について固まりましたら、後ほどご報告させていただきたいというふうに思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第7号 平成25年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第8号 平成25年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りをいたします。ただいま議題となっております認定第8号 平成25年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第9号 平成25年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りをいたします。ただいま議題となっております認定第9号 平成25年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第10号 平成25年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第13号 平成25年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件について一括して質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。15番 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 財産区の中で全体的に共通することでありますけれども、特に和田財産区のことでちょっとお聞きをします。
 財産区的には、財産運用収入、売払収入と一般会計の繰り入れと、あるいは基金からの繰り入れというようなことで、その年の費用を賄っているということは共通しているわけでありますが、そういう中で、今回それぞれ見ますと、大体その中で財産造成、例えば新規に造林をしたり、そういう形で整備をしたりというようなことの経費については、一般会計として大体6割から7割ぐらいの繰り入れをしながらそれを維持していくという手法は共通しているようでありますけれども、ただ、和田財産区に関しては、マツタケの収入、雑入が200万以上毎年、年によってこれ少し変動ありますけれども200万、ことしの場合ですと224万ぐらいですから大変大きいわけでございます。これが和田財産区独特の収入源ということで、当然、まつたけ山の管理費として80万から100万ぐらいかかりますから、それも差し引きして和田財産区の場合、ほかの財産区と違って百二、三十万ぐらいは収入としてふえているというふうに理解されます。
 ただ、そういう中で、これ愚問かもしれませんけれども、この決算書の463ページ、一番後ろのいわゆる基金の中で、この財産区の基金をちょっと私見てみましたんですが、4つある財産区の中で和田財産区が一番貯金があるのかなというふうに思って見たんですが、そうではなくて、むしろ少ないほうだなというふうにあります。現在、決算年度末現在高で約3,000万ぐらいですか、和田財産区はね。高畠ですと5,300万ぐらいありますし、屋代ですと3,400万ぐらいの基金が積み上がっているというようなことで、毎年の収入が多い和田財産区でなぜ基金が少ないのか、私は和田なのでちょっと心配なので、その辺、恐らくこれまでの経過を見れば、振り返れば答えは出ると思いますけれども、ちょっと忘れましたので教えていただきたいというふうに思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) 当然、財産区につきましては町村合併によりまして、特に合併の際に財産区の部分については、各町・村の特有の固有の財産だと。そういう部分が、合併するときにそれを絶対維持してほしいと。そういう部分について、当然うちのほうの町については昭和の合併というようなことで、その部分の中で残されたものでございます。当然、それまでの活動がどうだったか、さらには、それ以後の土地の買収があったり、さらには木材の販売、そういう部分の経過を経て、このようなまず一つの基金につながっているというようなことで、細かい点につきましてはその中身まではわかりませんけれども、そういう経過があってこのように基金の残高に差があるというようなことで認識しております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 課長も余りわからないと、こういうことで理解しますが、今、副議長のほうから「上和田分校をつくったからだごで」と、こう言われましたけれども、そういういろいろ地域の事業に援助をしたりというようなことでありますから、それぞれその都度その都度の事情で出入りあるということは理解します。それ以上追及しませんから、これで終わります。いいです、答弁要りません。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第10号 平成25年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第13号 平成25年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、認定第10号より認定第13号までの各財産区特別会計決算の認定についての4件は、全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第14号 平成25年度高畠町病院事業会計決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第14号 平成25年度高畠町病院事業会計決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第15号 平成25年度高畠町水道事業会計決算の認定について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。13番 安部委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) 12ページのところで、置広水のほうが今年度2万立方増加になっていて、自己水源のほうが6万8,000立方減っていると。強制的に置広水からもらわなければならない水量というものはあると思うのですが、なるべく自己水源を使ってコストを図りながら水道事業の収益の増に結びつけるのが基本ではないかなと思っているんですが、なぜ自己水源を使わなかったのか、その辺、水質的に悪くなったのかどうか、何ででしょうか、どうでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) 前々からお話ししているとおり、30%自己水で、70%を置広水に依存するというやり方をとっています。毎日、置広水事務所のほうに連絡をして水量調整をしておりますけれども、そういった若干の調整の程度によって、こういった格差が昨年度は出てしまったということでご理解をお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 安部委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) できるだけ腕のいいオペレーターにしていただいて、なるべく30・70に近づけるようにご努力をお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) そういうふうに教育してまいりますので、よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。3番 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 営業収益のところに該当するかもしれませんけれども、雪国ということで冬の間4カ月間ほどですか推定料金で、春になって水が漏れていて10何万かかったとかなんかという話、私、最近聞くんですけれども、ここ2年で3件ぐらい聞きました。どれぐらい、そうした場合の後で納める金額をある程度免除してもらえるという話も聞いていますから、この水道会計の中で損失が生じていると思います。どの程度の金額なんですか。件数とか参考に。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) 件数は業務係長のほうから後で報告をいたしますけれども、まず、漏水減免ということで、お話しのとおり冬期間は特にですが、冬期間推定水量でいただいていて、そして冬場がかなり寒い日があって、水道管が破裂して春先4月以降発覚する。そして、申請があって処理をするということが多いんですが、どういったところで断水したかによって、3割・7割減免というものを基本として事務処理をしております。通常は、地中で、土の下でわからない部分で漏水したときは7割、それから立ち上がりみたいなところで表面ではわかるけれども、雪があって冬期間にわからなかったというときは3割ということで事務処理をしているというふうなことであります。ただ、傾向として、何か住宅も古くなりつつあるのか、給水装置も相当古くなっておる家もそれに比例してあるようで、近年にわかに増加しています。冬期間以外についても。そういうことで、漏水申請については、かなり上昇傾向にあるというふうな実態です。詳しくは係長のほうから申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 大木業務係長。

--------------------------------------------------------------------------

業務係長(大木 統) 業務係の大木です。よろしくお願いいたします。
 ただいまのご質問にお答えさせていただきます。なお、私のほうで押さえている平成25年度の漏水減免の状況についてお知らせいたします。件数については91件、この減免水量ですが、8,192立方であります。金額にすると164万円ほどになります。なお、給水収益に占める減免金額の比率ですが、0.35%となっております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 済みません、今の0.35というのはもう一回教えてください。0.35というのは何。割って掛けて、ちょっとわからないです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) 大木係長から回答申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 大木業務係長。

--------------------------------------------------------------------------

業務係長(大木 統) 繰り返しお答えいたします。給水収益に占める減免金額の比率が0.35%となります。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) わかりましたか。(「はい」の声あり)
 ほかにございませんか。6番 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) 平成25年度の損益計算書の中なんですけれども、過年度損益修正損というようなことで、昨年の倍に金額的にはなっているわけなんでありますけれども、この関係についてお伺いをしたいと思いますけれども、修正損であるというふうなものについては、減価償却費が過少であった場合とか、あとは棚卸資産の評価額が修正損になるというような場合だというふうに思いますけれども、今回、倍になっている修正損の理由といいますか原因というのは何なんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) 大木係長のほうから答弁申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 大木係長。

--------------------------------------------------------------------------

業務係長(大木 統) ただいまの質問についてお答えいたします。
 24年度と比較するとその金額は倍となっており、362万1,403円となっておりますが、この内訳についてですが、不納欠損によるもので、回収の至らなかった金額となっております。水道料金の回収と至らなかった料金であります。なお、この件数については36件、34個人、2法人の不納欠損の総額がこちらの362万1,403円となっております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) そうしますと、実質的に不納欠損の料金をこの項目であらわしているというようなことになるんでしょうね。したがって、私申し上げた減価償却の関係についての損というふうな部分について、何もないというふうに理解をしてよろしいんですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) 大木係長から答弁申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 大木係長。

--------------------------------------------------------------------------

業務係長(大木 統) 不納欠損と、あと1件、済みません今手元に資料がなかったんですが、端数だったんですが、メーターの交換に伴う修正損、これが発生しております。金額については手元に詳しいものがありませんが、少額ですが発生しております。こちら不納欠損とそのことになります。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。12番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 22ページでございますけれども、ちょっと勉強不足なんですが、賃借料として共同アウトソーシングAPSサービス利用料という言葉があるわけですけれども、その内容についてお聞きしたいと思います。
 それから、23ページ、保険料として水道賠償責任保険というのがあるんですが、この内容についてもお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) 1点目は、22ページの賃借料、アウトソーシングですが、共同電算化の関係でございます。
 それから、23ページの保険料の水道賠償責任保険は、これ日本水道協会のほうでやっています保険に加入しているということでありまして、字のごとくというか、賠償責任が問われるに至った場合に備えるための保険というふうなことで加入しているものでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) そうすると、例えばこの賠償責任保険については、飲料水を供給した場合に、事故が発生した場合はこの保険から出るということで、賠償保険ということで、そういう理解をしていいのかどうかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) そういった場合も含まれますが、水道検針員ということでお願いしている方6名ほどいますが、そういう方が犬にかまれたり、検針中にけがしたりというような類いの内容も含まれております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。2番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 決算書の16ページに給水状況というのが書かれておりまして、9番に有収率ということでありまして、24年度89.9から90%台、90.5%に伸びたということで大変努力されて大変いいなというふうに思っていますけれども、この要因についてはどういうふうに捉えられておりますか。そして、増減、これミスプリントではないですか。89というのは。
 それから、あとイの用途別給水状況なんですが、工業用が大分減っていますね。2万4,000トンぐらい減っているわけですけれども、これはどういうふうな、企業がいなくなったとか節約したとかいろいろ分析されていると思いますけれども、その辺どうでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) 有収率については、25年度は上昇を率的にはしております。これは、配水した水が料金徴収につながった率というふうな内容でございまして、おわかりのとおり、この要因として考えておりますのは、緊急事態に備えた協力体制、施工業者との協力体制、危機管理体制、そういうところが十二分に機能しているということと、うちのほうの技術スタッフ、それがすぐれた能力を有しているというふうに私は捉えております。
 それから、率が、済みません、これはご指摘のとおり、大変申しわけないんですがミスプリントで、プラス1.6ということにご訂正をお願いしたいと思います。
 それから、用途別給水状況ということで、工業用の減少が大きいというふうなご指摘ですが、これについての捉え方としては、景気動向があるのだろうというふうなことにまず考えています。具体的に一番大きいのはASEジャパンさんということでありますけれども、詳しい内容はちょっといまいちわからないのですが、全体的に工業用の景気が影響しているというふうに判断しております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第15号 平成25年度高畠町水道事業会計決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。

             閉            会

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上をもちまして決算特別委員会の審査は全て終了いたしました。
 決算特別委員会で決定を見ました付議事件の報告につきましては、正副委員長に一任してくださるようお願いいたします。
 以上をもちまして決算特別委員会を閉会といたします。
 大変ご苦労さまでした。ご協力ありがとうございました。
 (時に午後2時33分)

--------------------------------------------------------------------------