議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 高畠町

平成26年決算特別委員会 本文




2014-09-10:平成26年決算特別委員会 本文

             開            会
委員長(大木 寛) おはようございます。
 ただいまから決算特別委員会を開会いたします。
 なお、審査に当たっては、各委員のスムーズな議事進行にご協力を賜りますようにお願いを申し上げます。
 (時に午前9時58分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ただいまの出席委員は15名であります。よって、定足数に達しております。
 それでは、決算の審査に入ります。
 本委員会に付託になりました案件は、認定第1号 平成25年度高畠町一般会計歳入歳出決算の認定についてより、認定第15号 平成25年度高畠町水道事業会計決算の認定についてまでの認定案件15件であります。
 審査の日程は、本日と明日11日の2日間といたしたいと思います。
 本日の審査は、初めに一般会計歳入歳出決算の説明を一括で受け、終了後、歳入、歳出ごとに質疑を行い、一般会計の採決をいたします。
 2日目におきましては、初めに各特別会計及び企業会計の決算の説明を一括で受け、終了後、各会計ごとに質疑、採決をいたします。
 ご協力よろしくお願いをいたします。
 それでは、認定第1号 平成25年度高畠町一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。
 なお、当局にお願いを申し上げますが、説明は、ページ数、会計、款・項・目を明示して簡明に行ってください。
 最初に、歳入の部分を総務課長から一括して説明願います。横山総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、歳出に入ります。
 最初に、第1款議会費及び第2款総務費について説明願います。横山総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、齋藤企画財政課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、冨樫会計管理者。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、情野生活環境課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、鈴木建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、平間税務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 酒井町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 続いて、第3款民生費及び第4款衛生費について説明願います。佐藤福祉課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、酒井町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、山木教育次長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、石川健康推進課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、情野生活環境課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 続いて、第5款労働費及び第6款農林水産業費について説明願います。高橋産業経済課長。
             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、高橋農業委員会事務局長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ここで暫時休憩をいたします。
 再開を11時10分といたします。
 (時に午前10時56分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 再開をいたします。
 (時に午前11時08分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 続いて、第7款商工費及び第8款土木費について説明願います。高橋産業経済課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 鈴木建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 続いて、第9款消防費及び第10款教育費について説明願います。横山総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、山木教育次長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、村上社会教育課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 続いて、第11款災害復旧費、第12款公債費及び第13款予備費について説明願います。鈴木建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、齋藤企画財政課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で一般会計決算の説明を終了いたします。
 ここで暫時休憩をいたします。
 再開を午後1時30分といたします。
 (時に午前11時48分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、休憩前に引き続き委員会を続けます。
 (時に午後1時27分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 一般会計に対する質疑に入ります。
 質疑については、最初に歳入について一括して質疑を行います。次に、歳出については款単位に区分して質疑を行います。
 それでは、最初に一般会計決算の歳入について質疑に入ります。
 質疑の方ございませんか。2番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 74、75ページですけれども、税の徴収には大変ご努力をされておりますけれども、今回、不納欠損処分ということで、2,000万円ほどですが不納欠損処分されておりますけれども、昨年ですと880万、トータルでそのぐらいだったのですが、随分ふえてきたようですが、特に町民税、ことし420万、前年110万とか、固定資産税なんかも、ことし1,300万、去年387万というようなことでありますけれども、あと都市計画税なども、ことし255万ですか、去年は57万といようなことで大分ふえているわけですけれども、それらの要因といいますか、景気の動向なんかもあったりはしたんでしょうけれども、そういうことではなくて、そういう5年の期間で差とかいろいろあると思いますけれども、その辺の中身についてお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 不納欠損額が昨年度よりも大幅にふえた理由についてご説明申し上げます。
 まず、不納欠損につきましては、大きく2つの理由によって不納欠損処分を行います。1つは、5年の時効が完成しても取れなくなったという意味で不納欠損する部分、あともう一つは、いろいろな理由により早目に不納欠損処分を行うものとあります。
 その主なものは、滞納処分の執行停止というものをかけまして調査を行い、例えば生活が困窮する、あるいは、滞納処分をする財産がないということがわかったものについて滞納処分の執行停止を行い、その条件によって不納欠損処分をするという形になります。今回につきましては、時効完成、5年の時効完成による不納欠損処分、金額の割合でいうと7.6%にしかすぎません。残りの92.4%につきましては、滞納処分の執行停止により不納欠損処分を行ったということでございます。
 それで、執行停止から不納欠損処分を行う場合につきましてもいろいろ条件がございます。まず、第1につきましては、滞納処分の執行停止を行ってから3年を経過するまで、例えば、その納税者の納税環境が好転しないということであれば、3年たった段階で不納欠損処分をすることができるとなります。それから、例えば3年目、4年目に滞納処分の執行停止をかけた場合、3年にならないうちに5年が来てしまいます。そういう場合につきましても、時効完成という意味で、滞納処分をしたけれども不納欠損処分をするということになります。それから、もう一つは、もう倒産して何もない、財産もないということが明確な状況等になった場合、不納欠損処分をして即時消滅ということで、すぐに不納欠損処分とするということができるというふうになっています。
 今回、即時消滅というのは確かにあるんですが、今回、滞納処分で不納欠損処分が多くなったのは、滞納処分の執行停止をして、それぞれの条件にかなう部分が出てきたということです。したがって、不納欠損処分をしてから、例えば時効完成なり3年経過するまで何年かはやっぱりかかります。ですから、この金額が多くなったということは、去年、あるいはおととし、それは、その前に滞納処分の執行停止をして、状況を見て、条件に合って今回不納欠損処分せざるを得なくなったということですので、去年だけということでなくて、ここ何年間か滞納処分の執行停止という調査を強力に行いまして、それが結果として出てきたものであるということで考えているわけでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) わかりました。金額が多かったものですからお聞きしたところです。
 あと76、77ページですが、4款と5款ですけれども、予算額より大分多くなっているわけですが、これは取引が多くなったということかどうかわかりませんけれども、その辺のところの状況について。
 あと、78、79ページの9款の地方交付税ですけれども、ことしは40億6,000万、去年は41億9,800万というようなことで1億3,800万ぐらい減っているわけですが、それらの要因についてお尋ねいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 4款の配当割交付金、あるいは株式等譲渡所得割交付金につきましては、取引が多かったということ、簡単に言えばそういうことでございます。特に配当割につきましては、株式等の配当が例年より多かったと。景気の状況もありますよね、そんなことで動きが多かったというようなことでふえております。
 地方交付税につきましては8,000万ほどですか、今回の補正で、26年度の地方交付税の普通交付税、確定いたしましたけれども、昨年と比べると8,000万ほど減っております。それについては、町の借金のほうの返済に充てる起債のほうが毎年減っておるものですから、それに呼応する形で今回は一番大きな要因としては減ったということでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 私の手元の資料がどうだかですが、41億9,800万ほど、前年、24年度決算というか、ことしは40億6,100万というようなことで、1億3,000万ほどふえているというふうに認識しているんですが、どうですか。減っているんですけれども。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 40億の中身は、普通交付税がここの備考欄にありますとおり、普通交付税が36億6,000万ほどです。それから、特別交付税が3億9,000万ほど、震災復興特別税が133万というようなことでございます。今申し上げたのは、普通交付税のほうは8,000万ほど、26年度確定分と比べるとそういった理由で減っているということでございまして、特別交付税、それから震災につきましても、合わせますと6,000万ほど減っているというようなことでございます。特別交付税につきましては、いろいろな要素がございます。災害等もありますし、毎年まず変わりますので、そういった状況で減ったということでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかに。5番 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) 全般的な歳入でありますが、最近コンビニでの収納がなるようになりましたけれども、収納率は、そのコンビニ収納から比べると率的によいものなのか悪いものなのか、ちょっとお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 今回の町税の部分でありますと、収納率につきましては、現年分ですが、全体トータルして98.19%、去年が98.17%ですから、若干0.02%ですがふえました。一般会計ではないんですが、あわせまして、国保会計では0.11%ほどふえているということであります。
 コンビニの影響はどのぐらいあるのかということでありますが、平成25年度、平成26年3月までの状況で申し上げますと、収納額で、コンビニの収納割合は7.12%ということで、それほど大きいわけではありません。率として最も大きいのは軽自動車税、単発の軽自動車税が23%ほどコンビニ収納あるんですが、それ以外ですと国民健康保険税が約10%、金額で約10%等であります。町民税、固定資産税は、それほどコンビニ収納は多くないということです。ただ、納税環境を整備するという意味で、なるべく納めやすい状況をつくるという意味では、コンビニ収納は効果があったものというふうに考えています。現年分、国保税につきましても町民税につきましても、対前年比より伸びていると。滞納のためのいろいろな施策をとる中もいろいろありますが、その中でもコンビニ収納を導入して納めやすくなったということでは、効果があったものというふうに考えているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかに。11番 小松委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(小松政一) 寄附金について、104、105、106ページですね、ふるさと納税についてお聞きしたいと思います。
 24年度を見ましたら39万ぐらいで、25年度は102万という、かなり大きくなっているなと、2.5倍ぐらいになっているのかなと思います。そんなことで、どのような努力をしたからだったのか、その辺まずお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 102万5,000円ほどということで、総体的にはそんなに大きくはないんですけれども、前年と前々年と比べると結構ふえております。いろいろな場面、あらゆる場面を捉えてPRをさせていただいたということが一番大きな要因かなというふうに思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 小松委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(小松政一) なぜ聞きますかといいますと、ある町に行ったとき、ふるさと納税2,000万だというような声を聞いてびっくりしました。それで、なぜそういうことをするのかと聞いたら、自分たちの町の特産物を送ったりしていろいろやっているんだということでございましたので、その辺なんかも含めまして、そういう考えあるのかないか、これちょっとお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 私どもの基本的な考えは、ふるさと納税というものは、いわゆるふるさとに思いをいたす方々が、高畠から出られて東京とかあちらのほう、県外のほうでいらっしゃる方々が高畠のためにというような思いで納税いただくということに対して、幾ばくかの、もちろん特産品等も含めて金額に応じてさせていただいております。
 ほかの市町村のそういった2,000万、3,000万というところにつきましては、そこの市町村の出身者以外の方から相当来ております。やり方としてはいろいろありますけれども、ホームページ等でその市町村のいろいろな特産物を出して、これをおあげできるのでふるさと納税してくださいと、そういうやり方で集めておられるようです。私どもは、本来のふるさと納税の趣旨とは違うだろうというようなことで、そこまではやるつもりはございません。そんなことで、本当に高畠町に思いを持っていただける方に、ぜひというような形で今後とも進めていきたいと、そんなふうに思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかに。3番 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 74ページですけれども、収納率ということで、町民税が個人と法人3%ぐらい差があります。93と96.8ですか、この辺はわかるんですけれども、この町民税と固定資産の収納率が88%ということで5%以上の差があるんですけれども、対象者が大体同じかなと思いますから、それも含めてでいいんですけれども、なぜこの差が出てくるのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 町民税が合計で93.07%、固定資産税が88.06%という、トータルとしての収納率はそのような状況ですが、税務課としてはトータルとしての収納率でどうこうということではなくて、現年分と滞納繰越分というのを分けて、それぞれ収納率がどういう傾向なのかということを分析しております。
 今お話にありました個人町民税でありますと、平成24年度の収納率が、現年分ですが98.53%から平成25年は98.63%と0.1%伸びています。それから、固定資産税も同様に97.47%から97.58%に0.11%伸びています。トータルとしては0.02%という伸びですが、なぜそれでは下がったのかということですが、これは滞納繰越分が下がったということです。具体的な数字で申し上げますと、個人町民税の滞納繰越額の収納率は、平成24年度17.76%から平成25年は12.41%、5.35%下がりました。それから、固定資産税も同様に12.06%から11.94%と0.11%下がりました。
 なぜ滞納繰越分の収納率が下がったのかということでございますが、収納を図るときに、なかなか、滞納をとにかくふやさないと、それを第一番に捉えておりまして、そのためには何をするのかというと、現年分の収納率を高めるというところに力を入れているというのが一つであります。
 あともう一つ、滞納繰越分の収納率が下がったという要因でございますが、ここ何年か収納対策を強化しておりまして、例えば預貯金の調査であったりとか給与の調査であったりとか、そういう調査をかなりやってきております。要は、調査をして預貯金がある、残高がある、給与収入が多いということであると差し押さえをして、それを換価して滞納分に充てるということをやっておりますが、だんだんとそういう部分も少なくなってきていると。要は、預貯金とかそういうのに余裕がある人は調査をして納めていただきますが、だんだん納めるに納められない方の割合がふえてきていると、そういうような状況です。
 不動産についても一部差し押さえをやっていますが、要は押さえただけではだめで、それを換価する、いわゆる公売をしない限り収納率は高くなってきません。なかなか不動産というのは、公売を今やっていますが、手続とか時間とか、あと相手先の話もありますので、そういう意味では今すぐ効果があるというわけではありません。そのような理由で、トータルとしては、収納率は若干下がってきている部分もありますが、現年分の収納率をとにかく高めるという意味であげているというのが1つ。
 あともう一つは、先ほどご質問でもありましたが、早い段階でその方の経済状況を見て、あるいは財産がない、生活困窮という部分については、滞納処分の執行停止処分をすることによって不納欠損処分をすると。そういうことによって、滞納額をとにかく抑えていくということで考えているわけです。
 町民税と固定資産税、それぞれ滞納額は違いますが、町民税についてはあくまでも収入に見合った税額がかかるということで、比較的収納率は高くなります。ところが、固定資産税については、その方の収入、所得状況にかかわらず、財産があればかかるという形になりますから、例えば新築住宅を建てて、ローン返済でもう目いっぱいだという方については税金が高く行くわけです。ところが、ローン返済になって税金までなかなかお金が回らないとか、あるいは、それなりに資産は持っていても、もともと例えば失業して収入がほとんどないとか、そのようないろいろな状況がありまして、あくまでも固定資産を所有していることに伴う税金ですので、所得状況とは関係なく税金がかかってしまうということがあって、どうしても収納率は、固定資産税の場合は町民税に比べて低くなってしまうのかなというふうに考えているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) わかりました。そうした場合、この町民税と固定資産税を納めていない方は、同じ人というのが、対象者というのがどれぐらいなんですか。全くもう違う、全くということはないでしょうけれども。大ざっぱでいいですよ、別に。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) それぞれどの程度の方が納めていないかというのを一つ一つ名寄せをしないと、一つずつ全部突き合わせをしないと出てきません。未納者でいいますと、現年度のみの未納者を申し上げますと、町民税の普通徴収で、平成5年度の未納者、現年度のみで申し上げますと325人います。それから、特別徴収は会社ですから別ですが、固定資産税の未納者は500人います。そのような状況で、それが滞納のほうに落ちてしまっていると、滞納繰越のほうに平成25年度は落ちてしまっていると、そのような形です。ただ、どのように重複しているのか、そこら辺までは一つ一つ突き合わせているわけではございませんので、ちょっとわかりかねるということであります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかに。13番 安部委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) 同じページで、収入未済額が2億300万くらいあるわけですが、課長の話ですと予備群が常にいるということで、1年で不納欠損する場合と3年もしくは5年かけてする場合と。その辺、不納欠損のさじかげんもあると思いますが、5月に出納閉鎖して2億の未済額が出たということは、今年度努力してもかなりの予備群がいるということで、その辺、今回の景気動向も田舎のほうまでは景気が前向きになっていないと、逆に諸物価が値上がりして景気が後退しているような状況にあるということですと、かなり皆さんの徴収に係る意気込みが大事だと思うのですが、その辺の今後の見通しと、あともう1点は、いろいろ蔵出しインターネットとかって、あと押収した物を、そういう形で物納していただいたものを競売とかそういう形で収入にしたというような、そういう割合は、前、走り出したときはいろいろ教えていただいたんですが、このごろなれてしまったか、そういうような事例を教えていただけませんが、その辺の対応はどう今はなっているのか、その辺お聞かせいただければと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 収入未済額2億ということでかなり多額なわけです。収入未済額かなり多額で、どういう見通しなのだということでございますが、実は収入未済額が一番大きいときはいつだったのかというと、平成21年当時、リーマンショック直後、あるいは前後のとき、それから、それより一、二年前、平成19年度当時でした。滞納繰越額の調定額、いわゆる現年だけでなくて滞納繰越額だけで申し上げますと、大体2億5,000万ほどありました。今は2億ちょっという形で、5,000万ほどそれでも減らしているということです。
 今後の見通しですが、先ほど申し上げましたが、とにかく滞納額を減らすには何らかの形で減らさなければならないわけで、1つは、当然収納額をふやさなければだめだということで、今いろいろ預貯金とかそういう調査を行っていますが、今力を入れておりますのは、納められない方の給与、勤められている方もいらっしゃいますので、給与の所得照会をかけて給与の差し押さえ等を行っております。それから、あと生命保険等も調査いたしまして行っております。それから、条件があれば当然不動産関係の差し押さえ等もやっていますが、不動産関係はなかなか難しいということがあって、実はこちらで強制的な形でなくて、民間のほうで売買をしてもらって、その売却益の中から税金に充てていただくと、そのようなこともやっております。したがって、必ずしも強制的な方法でなくても収納を上げていくという形で考えています。
 あともう一つは、滞納、先ほど申し上げましたが、現年分についてどうしても納めていただかない方について、次々と毎年毎年という形でなってしまう傾向があるものですから、特に近隣の市では、現年分の未納から滞納処分、いわゆる預貯金調査、あるいは給与調査を行って差し押さえを行っております。高畠町はどうしても農家の方が多いものですから、農作物の収入が、売り払って収入になってから納めると。だから、少し年末あるいは年度末まで何とかしてくれと、すぐにでは困るというような方がおりますので、その辺は少し状況を見ながらやっているところありますが、近隣の市町では、もう有無を言わさず、ある程度未納がたまれば現年分でも差し押さえをやって、換価処分をやっているということがあります。税務課といたしましても、そういう状況を見ながら、何でもかんでも強制的に一律にということは考えておりません。ただ、どうしても未納に陥りがちな場合については、先手先手、手を打つということが非常に大事だというふうに思いますので、その辺は今後とも徴収の対策を強化してまいりたいというふうに考えております。
 次に、インターネット公売の関係で、なかなか、前は報告あったんですが、今報告が見られないようだというようなことでした。滞納処分関係で、金額的には一時期に比べれば少なくなっています。前は100万単位でやっていたということですが、平成25年で、動産関係で公売件数につきましては、公売に出した件数で45件、そのうち売れたのが41件、金額で34万5,000円でした。一時期に比べると大分少なくはなってきておりますが、継続して現在もインターネット公売にはかけております。
 それから、先ほど物納という話ありましたが、町では物納を受け付けておりません。あくまでも差し押さえ、動産を差し押さえして換価処分を行うということでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 安部委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) 物納は受けていないということですが、都内ですと、固定資産税などを納めないから物納しているというようなこともありますが、その辺のしないいわれというか、その辺のことは、例えば私の農地を提供するからとか、そういうことをされてもしないという何か理由がありますか、その辺はどうでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) まず、物納といいますと、それに見合う金額で納めるという形になりますから、それをどう評価するのかという問題があります。要は、売ってからでないと金額が確定しないということがありますので、金額が確定しないものを、それではこれで幾ら幾らと、滞納額を完全に完納しましたというわけにいかないということで、まず、それが1つ。
 あともう一つは、実際物納であったとしても、たとえ農地、宅地、あるいは不動産、動産もいろいろあるかもしれませんが、確実に売れるかどうか、これが非常に難しいと。税務課でも不動産の公売を行っておりますが、やっぱり年に1回程度しかできません。なぜできないのかというと、買い手がなかなか見つからないと。見つからないものを幾ら公売しても、滞納額の減少にはつながらないと。公売をする際には、ある程度目星をつけて、それでやらざるを得ないと。当然、公売の場合、金額は下がります。一般的な売買と違って、公売になりますとどうしても売買金額が下がります。そういう不利な条件もあって、なかなか、不動産を売ればいいのではないかということを言われるかもしれませんが、条件的には厳しいということであります。
 なお、先ほども申し上げましたが、なるべく高い条件で売るために、公売という手法でなくて、民間で売買してもらって、普通の民間同士の売買の中で、なるべく高い条件で買ってもらう中で、その幾ばくかといいますか、税金に見合う分を納税してくださいと、そのような交渉をしたり、あるいはお手伝いをしたりということは今もやっております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。12番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 町税についてお聞きします。固定資産税があるわけでございますけれども、土地の部分が非常に伸びているということで、25年度と24年度では12.1%ですか、これが伸びているというような表があるわけでございます。それから、たばこ税も前年度に比べると15.2%伸びていると、都市計画税も、都市計画税の中の土地も18.9%伸びていると、こういう対前年比、収入済額の前年対比ではそういう数字が出ているわけですけれども、なぜ伸びているのか、その辺をお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 固定資産税、それから都市計画税の土地の部分でありますが、実は、毎年毎年地価は下がっております。大体3%、4%前後、毎年毎年地価は下がっておりますから、普通は3年に一遍評価替えをして、評価替えのたびに下げるということをするんですが、土地はそういうわけにいかないので、下落修正ということで毎年毎年土地の評価をして下げています。したがって、そのままであれば当然下がります。ただ、なぜ上がったかということですが、皆さん、委員ご承知だと思いますが、昨年、固定資産税の課税誤りがございまして、宅地についての路線価の部分について課税誤りをしてしまいました。ここでおわび申し上げたということもありますが、改めて申しわけなかったというふうに感じているところでございます。
 昨年、課税額が、過年度の課税額だけで、固定資産税と都市計画税だけで4,300万ありました。プラス、実はこれは過年度だけでありまして、25年度現年度分もまたプラスになります。ですから、都市計画税、固定資産税合わせて5,000万近く新たな課税をしたということですので、当然土地は上がってくるという形になります。したがいまして、普通であれば固定資産税額は下がりますが、平成25年度だけについてで申し上げますと固定資産税の土地は上がったと、実績としても上がったということであります。
 次に、たばこ税であります。たばこ税につきましては2つの理由で上がりました。1つは税制改正です。もう一つは消費量の問題です。税制改正でありますが、実はここ数年、法人税を下げるという方向で出てきております。法人税が改正されまして、法人税の税率が下がりました。ただ、単に下げるだけでなくて、そのかわり財源が必要ですので課税対象を広げると。税率を下げるかわりに課税対象を広げるということをしました。
 どこでそれが影響するかといいますと、当然、法人町民税は法人税額が基礎ですから、法人町民税の税率が同じだとしても、法人税の税額が下がれば全体の税収は下がります。ところが、県税であります事業税あるんですが、事業税は当然税率が同じです。税率は同じですが、実は法人税の税制改正に伴いまして、先ほど申し上げましたが、課税対象を拡大したという影響、逆の影響を受けまして、税収が事業税は上がることになりました。それでは県と市町村がアンバランスだということがありまして、県で税収を上げる、事業税の税収が上がったから、その分、県のほかの税目の税収を下げると、調整を図りました。それがどこでしたかというと、たばこ税であります。同じ税額になるように、県たばこ税の税率を下げ、市町村たばこ税の税率を上げると、そのような措置をとったということであります。
 額であります。たばこ税の税率改正につきましては、平成25年分から上がりました。税率アップ分でいうと、約14%税率アップしています。それから、もう一つ、たばこの消費量であります。この間、たばこについては税率が上がったということがあって、あとは禁煙という、そういう健康の面から禁煙しましょうということで、たばこの消費量はどんどんどんどんずっとこの間減ってきましたが、消費ははっきり言って下げどまりになりました。平成24年と25年の消費量を比較しますと、逆に2.1%ふえています。何といいますか、吸う方は吸う方で、もうこれ以上減らさないという形になったのか、あるいは高くても新たに吸いたいという人がふえたのか、その辺の理由は定かではございませんが、いずれにしましても消費量が2.1%ふえました。その2つの効果、約14%の税率アップ分、それから2%の消費量のアップ分、合わせて16%を超える税額がふえたという理由でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、質疑を打ち切ります。
 次に、歳出について質疑に入ります。
 第1款議会費及び第2款総務費について質問の方ございませんか。15番 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) これは第1款、第2款に限らずですが、歳出全般でお聞きしたいのですけれども、主要施策の成果に関する調書の中で、普通建設事業の内訳というところがあって、要するに県の支出金、あるいは国の支出金、いわゆる財源内訳の明細がそれぞれの事業費ごとに掲載されております。この主要施策の成果に関する調書に載っている事業、補助事業でありますが、この事業費の額と、それぞれ決算書の中のそれぞれの事業費が若干違うものが多いというふうに見ます。中には、全く額として一致するものももちろんありますし、その誤差というのはそんなに大きいものではありませんけれども、例えば、決算書の事業費のほうが多かったり、逆に少なかったりというようなことがあります。
 例えば、総務費でいいますと、147ページの下のほうでありますが、備品購入費の中の338万6,450円、これはいわゆる選挙の票数を数える、自書したものを認識して数えるそういう機械を導入したという事業費でありますが、自書式投票用紙分類機導入事業ということであります。これが、決算書では338万6,450円ですが、こっちの財源内訳では305万ということで、県の支出金、それから一般財源というようなことで出ています。逆に、この場合は決算書の事業費が多いのですが、逆に、物によっては少ないものもあるというようなことで、この辺の違いはどういうふうに理解すればいいのか教えていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 主要施策の成果に関する調書の8ページ、9ページの、具体的な普通建設事業の中のそれぞれの各事業の事業費の総額と、それから内訳が若干ずれているという部分でございますね。(「はい」の声あり)それについては、担当の島津財政係長のほうから説明を申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 島津財政係長。

--------------------------------------------------------------------------

財政係長(島津 敏) 企画財政課の島津です。ただいまの質問についてお答えいたします。
 普通建設事業、主要施策に関する調書につきましては決算統計のほうの数字を使っております。普通建設事業の主要施策に関する調書につきましては、普通建設事業費のほうに事業費支弁人件費ということで、人件費のほうを普通建設事業に充てていいというふうなことになっております。その分を人件費のほうから普通建設事業費のほうに移している関係で、数字が合わないというようなことがあります。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) なるほど、人件費も見てもいいよという、事業によってあると。逆に、少ないものもあるんです。あるいは全く数字的に合致するものもあるんですが、例えば全国瞬時警報システム自動起動装置整備事業、これは消防費の中にありますけれども、これは逆に決算書のほうが、今の答弁ですとあれですね、そういう違い、多かったり少なかったりするんですよ。ですから、人件費を見ているか見ていないかではないというふうに私は理解したんですけれども、いかがでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 島津財政係長のほうからお答えを申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 島津財政係長。

--------------------------------------------------------------------------

財政係長(島津 敏) 先ほどの選挙のほうの備品の関係等からご説明させていただきますと、主要施策につきましては一番大きいものが載っている。普通建設事業については、基本的に100万以上の備品については普通建設事業というような形で捉えておりますので、そちらのほうは載っております。決算書のほうの庁用備品購入費につきましては、ちょっと確認しなければならないんですけれども、この自書式投票分類機以外の備品があるのかもしれないということで、そういうようなことが皆合わさって一つのところになっているので、数字が違うということがあり得ると思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。5番 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) ページ数でいいますと、130と131ページであります。目では庁舎等管理費になっており、細目の中で3番の下のちょうど中間、AEDバッテリーの更新業務が64万3,000円ほどあります。これは、高畠全域にあるAED、中学校とか公的なところにあるバッテリー交換かとは思いますが、そういうふうなところの金額かと思いますが、これは全てのAEDの更新なのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 今回は、25年のAEDバッテリー等の交換につきましては、町内全部にあるAEDではございませんで、特に区別しますと、庁舎(町関係)と教育委員会(各学校)に置いているものがありますけれども、これは教育委員会関係は対象になってございません。町の方で管理しているAEDバッテリー関係の部分を交換したというようなことであります。
 あと、もう一つは、AEDバッテリーにつきましては、町のほうでまとめて購入したものもございますけれども、いろいろ寄附をいただいたりそういう部分で設置しているものもございますので、その辺についてはバッテリーの期限がございますので、それにあわせて交換をしているということで、一斉という形ではございませんので、ご理解いただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) わかりました。それでは、教育関係は教育関係のほうでの予算で行うということになるんですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) そのとおりでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。2番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 132、133ページですけれども、下の企画事務経費7目ですが、例えば11節の需用費というところでは、予算が86万9,000円で、支出済額が39万3,000円、そして不用額が47万5,000円ということで、不用額のほうが多く出ているわけですけれども、その辺の要因をお知らせください。教えてください。
 それから、137ページですが、ここも10の土地対策費ですけれども、委託料についても91万5,000円に対して支出済額が24万1,000円、不用額が67万3,000円出ているんですが、これらの要因についてもお知らせいただきたいと思います。
 それから、11款の諸費の旅費についてもそのような感じがあるんですが、これは行かなかったのかなと思いますけれども。
 それと、それから139ページですが、15節の工事請負費180万円の予算がありますが、全然使わなくて全部不用額になったというようなところがありますけれども、この辺の要因についてお知らせいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 一番最初の企画事務経費の需用費につきましては、備考欄にありますとおり、消耗品費、食糧費、印刷製本費というようなことで、多分、印刷製本費が当初の予定よりもかなり使わなかったというふうに思いますけれども、詳細については金子課長補佐のほうから説明を申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 金子課長補佐。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長補佐(金子昭一) 金子でございます。需用費の執行が少なかったという点につきましては、消耗品類の執行額が多分使わなかったということになろうかと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 鈴木建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(鈴木秀則) 137ページ、土地対策費でございます。委託料、不用額が67万3,000円ほど出ております。委託料の部分ごらんいただきたいと思います。町道の未登記処理とか、そういった部分でかなり数多く町内には存在しますが、これを解決しないと前に進まない、そういった非常事態の部分のみ優先的に処理してございますので、この部分についてそのような対応をしたという形でございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 情野生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(情野忠道) 139ページの工事請負費ですけれども、これは空き家対策等の経費の分であります。危険空き家の応急措置のために、9月補正で工事請負費180万ほど計上させていただきましたけれども、昨年度、修繕や取り壊し等で町で対応した空き家はありませんでしたので、そのまま不用額に残ったわけです。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 最初に、企画事務経費の中で需用費ですが、39万3,766万のうち、今の補佐のお答えですと、消耗品費を使わなかったという話ですが、消耗品費は33万8,000円ほど使われているんですが、印刷製本費は1万5,000円ぐらいしか使っていないということで、課長のほうから印刷製本費でないかということなんですが、その辺のところどうなんですか。
 それから、旅費は、137ページの諸費のほうの旅費は私の見解でよろしいのでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 需用費は総じてそんなことで、何とか間に合わせたのだろうというふうに思いますけれども、詳細につきましては見てみないとわかりませんので、後でお答えをさせていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 情野生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(情野忠道) 137ページの旅費の関係ですけれども、ただいまの空き家対策関係で、町外の所有者等に使途とか相談するためにとった旅費なんですけれども、思ったより回数が少なかったものですから、それで不用額となったものです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。6番 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) 1点だけお伺いしたいと思いますけれども、128ページの財政管理費の中の財政調整基金を計上、ことしなっておりますけれども、平成23年、24年度では、たしか1項10目に記載になっていたかと思います。これは、何か変更した理由はあるんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 多分3市5町の共同アウトソーシング関係で、この予算書全て3市5町同じ様式になりましたので、その折に変更になったかと思いますけれども、多分そう思いますけれども、なお金子課長補佐のほうから説明を申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 金子課長補佐。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長補佐(金子昭一) 旅費につきましては、課長答弁のとおり支出抑制に努めたということになります。あと需用費につきましては……(「ちょっと違う」の声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 済みません、先ほどの質問に対する今は回答だったので、それ後ほどさせていただいて、今の近野委員に対する内容については島津財政係長のほうから説明を申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 島津財政係長。

--------------------------------------------------------------------------

財政係長(島津 敏) 財政係島津です。今のご質問ですけれども、科目のほうの整理を行ったというだけのものでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) よろしいですか。近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) 科目の整理ということなんですが、2カ年、23年、24年度では1項10目に記載になっておったのです。今回4目に財政管理費の中に計上になっていたものですから、何か理由があったのですかと、こういう質問です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) ただいま島津財政係長がお答えしたとおり、整理させていただいたということだと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。(「さっきの」の声あり)
 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) それでは、先ほどの数馬委員の質問に対する回答ですが、需用費の部分をお答え申し上げます。金子課長補佐からお答え申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 金子課長補佐。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長補佐(金子昭一) 大変失礼いたしました。企画事務経費のうちの需用費につきましては、印刷製本費1万5,750円の支出になっておりますけれども、当初「暮らしのガイドブック」という全戸配布の物をつくる予定でおりましたが、業者等といろいろ打ち合わせした結果、採算というか金額が合わず、自前印刷というか私どもで印刷をしてお配りしたというものに変わりましたので、この分の支出がされていないということで少なくなっているものでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 一般質問でもご質問したんですが、後期計画の印刷がおくれたというようなことであったんですが、5月ごろだったんですか6月だったんですか、本来ですと、需用費の印刷製本費が25年度事業というようなことで予算化されていたんではないかなというふうに私は思ったんですけれども、その辺はどうなんですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 総合計画・後期基本計画の印刷製本につきましては、そういった事業項目では予算化はしておりませんでした。25年度は。26年度の予算のほうから一旦印刷して、後ほど補正をさせていただいたということでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) それはちょっとおかしいような気もします。25年度事業で、私もこの間の質問であったように、「いつの事業ですか」とお聞きしたときに、25年4月から26年3月までの事業ですよというようなことでお答えがあったわけで、本来ですと26年3月末までに印刷製本ができ上がるような形で予算措置をしてきたのではないかと思ったのですが、それは間違いないですか、そういうことで。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 本来でありましたら、数馬委員おっしゃるとおり、印刷製本を含めて製本した上で3月いっぱいというような数字でございましたけれども、このたびにつきましては、中身については3月いっぱいで全て終わったんですけれども、その後、新年度に入ってから校正等を行いながら、5月ほどに発注して印刷をして6月に配らせていただいたと、そういうことでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 数馬委員に申し上げます。トータルでもう3回の質問の回数が過ぎておりますので。(「そうですか」の声あり)
 質疑を打ち切ってよろしいですね。質疑を打ち切ります。
 次に、第3款民生費及び第4款衛生費について質疑の方ございませんか。15番 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 2つお伺いをいたします。
 まず、159ページの障害福祉費の細目7精神保健福祉経費であります。これは、歳入のほうのいわゆる県からの社会福祉費補助金というようなことで、地域自殺対策緊急強化事業の関連の歳出だというふうに理解をします。県からの補助金の趣旨からいいますと、いわゆる自殺者の対策、自殺者を防ぐといいますか、そういう取り組みをしなさいということで、恐らくここで、歳出のほうでは報償金とか旅費とか印刷製本費に使われたのではないかと思います。まず、その辺の確認を、そうかどうかお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 佐藤福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(佐藤 健) ただいまのご質問は二宮委員おっしゃるとおりでございまして、いわゆる自殺防止といいますか、自殺者防止のための講演活動であるとか、あるいは印刷製本費につきましては啓発のチラシの印刷代、あるいはゲートキーパーの養成関係のいろいろなPRというようなことの経費でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) ただ、金額の少なさもさることながら、非常に難しい取り組みじゃないかなというふうに思います。自殺される方のさまざまな要因も複雑でありますし、それをできるだけ防いでいくというようなこと自体も大変だろうというふうに思いますが、具体的に今町では、年間の我が町の中で、いわゆるみずから命を絶たれる人の数であるとか、あるいは年代別であるとか原因であるとか、そういったことの実態の把握というのはなされていますか、どうでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 佐藤福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(佐藤 健) 具体的に自殺をされる方、自殺された方の人数等については出ておりますけれども、ちょっと今持ち合わせておりませんので後ほど答弁させていただきますけれども、自殺をなされる方の要因といいますか、精神的な面での要因を推しはかるというのはなかなか難しいところがありまして、健康面での悩みであるとか、あるいは精神的な部分での悩みであるとか、さまざまな要因があろうかと思います。結果として、自殺者の方が年々減らない、特に、県内の中でも置賜地方につきましては決して少なくない数字も出ているというふうなこともあろうかと思いますので、いろいろな形の中で啓発活動を行いながら、あるいは先ほど申し上げましたゲートキーパーといいますか、悩みを聞いていただける方の数なんかもふやしていくような取り組みの中で対応していきたいというふうに考えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 最初、2つと言って1つしか聞いていませんでした。申しわけない。別な、4款のほうもいいですよね。質問していいですか、4款の別な件ですけれども。今のは了解しました。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) はい。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 4款ですね、179ページですが、これは、環境衛生費の中の斎場管理経費です。その中で、179ページにある工事請負費と補償補填及び賠償金ということでそれぞれ出されております。これは、修繕費は別に378万5,000円というのが前のページにあるわけですが、それとは別に工事請負費と補償費というようなことでありますので、これどういう事業をなされたのかお聞きをします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 情野生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(情野忠道) 斎場管理経費のほうの工事請負費につきましては、収骨室に今までエアコンがなかったわけですけれども、町民の方から暑くて収骨できないという話がありまして、収骨室にエアコンの設置工事を行いました。これが37万8,000円ほどかかっております。
 あと、補償補填及び賠償金のほうの7万5,000円につきましては、斎場の修繕工事中に斎場が使えないということで、ほかの市町村の斎場のほうに回っていただいた場合に、高畠町の使用料と他市町の使用料との差額分について補填しているというものであります。昨年度は、米沢市のほうに2名、あと南陽市のほうに1名分の補填をしております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。12番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 183ページでございます。これごみの収集なんですけれども、成果に関する調書を見ますと、ごみ処理率となって、59.8%だと。処理率が。こういう数字があるわけでございますけれども、この数字が低いのかどうかはっきりわからないのですが、どのように捉えているのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 情野生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(情野忠道) ごみ処理率の関係について一応59.8%となっていますけれども、ごみの年間総排出量、これは1人当たりのごみの排出量に人口を掛けたものでありまして、これを分母にしまして、あと分子に年間の町の総ごみの収集量でしたものであります。これには、自家処理するごみの分なんかも入っておりますので、実際、町のほうで収集しているごみについては、全体の59%ぐらいということで計上しているものであります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 暫時休憩をいたします。
 (時に午後2時33分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 再開をいたします。
 (時に午後2時33分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 情野生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(情野忠道) 村上係長のほうからお答えしますけれども、今調べておりますので暫時、後でよろしいでしょうか。後ほどお答えします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 資料不足だそうで、後でちょっと。(「はい」の声あり)
 ほかにございませんか。6番 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) 183ページの塵芥処理の件なんですが、置広最終処分場の整備として118万3,000円というふうなことで計上になっているわけなんですけれども、この内容と町が負担した理由についてお伺いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 情野生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(情野忠道) 平成25年度からの置賜地区、置広の最終処分場の整備費用ということで111万ほどあがっておりますけれども、これについては平成31年度以降の最終処分場の事業経費について計上になったものであります。平成25年につきましては丈量測量分、それからごみ処理基本計画の改定、それから施設整備基本計画策定、それから循環型社会形成推進地域計画の作成経費というものがはまっておりまして、これの各市町村の分担としてこの金額がなったものであります。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) そうしますと、これは高畠町だけが負担したということではなくて、それぞれの市町で分担をしたというふうなことでよろしいのですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 情野生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(情野忠道) そのとおりでございます。3市5町で分担したものであります。(「わかりました」の声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、質疑を打ち切ります。
 なお、直島委員の件につきましては、後ほど返答させますので。
 佐藤福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(佐藤 健) 先ほどの二宮委員のほうからのご質問にお答えしたいと思います。
 最近のデータですと平成24年度の数字になりますけれども、高畠町の自殺者数ということで、男性が8名、女性が3名で、11名という結果でございました。その前を申し上げますと、22年が8名、23年が4名というふうなことでありますので、24年度につきましては若干多かったかなと。25年度のデータにつきましては、まだ詳細とれておりませんのでご理解いただきたいというふうに思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 情野生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(情野忠道) 村上係長のほうからお答えします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 村上係長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課係長(村上奈美子) ごみ処理率については、ごみ処理の年間総排出量なんですけれども、これは基準年の人口掛ける365キロで分母を出します。実際に集めた総収集量、これは置広の数字を使いますが、これが分子になります。それで出したのが、25年が59.8という数字になるんですが、他市町と比較をしたことがないので、これが高いか低いかというのはこの場ではお答えできないので、持ち帰らせていただいて調べさせていただきたいと思います。ただ、ごみがいっぱい集まったからいいということではなくて、生ごみなどは自家処理をしていただいたほうが、収集コスト的にもそちらのほうがいいので、全部集めるということでは考えてございません。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 確かに、自分で処理してごみ処理率が下がったほうがいいという考えもあるし、15年度の場合は逆に処理率が70.9%って上がっているんですね。これなどと比べると、どのように理解していいのかなと思ったんですけれども。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 情野生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(情野忠道) 村上係長のほうからお答えします。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課係長(村上奈美子) 分子のほうが置広の数字を使っている関係もありまして、このときは古紙の分なんかも含まれていたので高くなっていると思うのですけれども、あと収集量としては、25年はごみ処理の資源化を図っているという点から減ってきていると。その前は焼却が主でしたので、総収集量というのが上がっているんですけれども、資源ごみとして回収を徹底してきたということもあって、この分は処理率という点では減っているというふうに理解しております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、質疑を打ち切ります。
 ここで暫時休憩をいたします。
 再開を55分といたします。
 (時に午後2時40分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 再開をいたします。
 (時に午後2時54分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、第5款労働費及び第6款農林水産業費について質疑の方ございませんか。2番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 200、201ページで、9目の耕作放棄地対策というようなことで、先ほど局長のほうから詳しく説明があったわけですが、耕作放棄地の実態については今現在ふえているのか、それとも減っているのか、毎年いろいろ対策はしているわけですけれども、その辺の状況についてお聞きをいたします。
 それから、次が、203ページですが、2目の林業振興費です。委託料の中に、細目3の委託料で森林病害虫防除対策事業というふうに入っておりますが、松くい虫とかナラ枯れとか今あるわけですけれども、松くい虫は大分とまってきたような感じはするわけですが、かえってナラ枯れのほうが心配なわけですけれども、そういう病害虫の被害状況と具体的な対策をどの程度やられているのか、お聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋農業委員会事務局長。

--------------------------------------------------------------------------

農業委員会事務局長(高橋眞一) それでは、ただいまの数馬委員の御質問についてお答えをいたします。
 耕作放棄地の現況ということで、ふえているのか、あるいは減っているかということでございますけれども、この件に関しましては、ことしの6月10日の産業厚生常任委員会のほうで、資料を出しながらご説明はしましたけれども、再度お話ししたいと思います。
 平成21年度に高畠町の耕作放棄地対策協議会を立ち上げまして、当時調べたところ、平成21から23までですと、町全体で約222ヘクタールほどございました。町全体の農地面積としては4,700ヘクタールくらいございますので、約4.8%ほどあったわけなんですが、25年度に大分農地の再復活事業というか、それぞれ荒れていた農地をブドウ園に戻したとか、あるいは荒れていた田んぼをきちんとした田んぼに戻したとか、それから耕作放棄地利用再生事業などを活用しながら、約66町3反くらいの再生面積などが生じたとか、そういうことなどで25年度は約48ヘクタールほど減りました。現在ですと、25年度末で約180ヘクタールになっているというのが現在の状況でございます。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) それでは、ナラ枯れ対策、そういう部分につきましてご説明を申し上げたいと思います。
 決算書に示しております森林病害虫防除対策事業、ここの部分につきましては、被害が拡大しておりますカシノナガキクイムシ、ナラ枯れですね、駆除及び防除を実施するというような事業でございます。補助事業では、特定ナラ林、景観や観光地を優先に重点的に行っております。交付金事業では、町内で被害が深刻な箇所というようなことで特定をいたしまして、病害虫を薬剤薫蒸で殺虫しまして、被害木を倒し、さらには被害を防ぐために健全木に対して薬液注入を行って、虫を死滅させる方法というようなことでやっておりまして、特に25年度につきましては、竹森山、それから亀岡の文殊山、そして安久津八幡山というようなことで、交付金対策事業の中で約1ヘクタールほどやっておりまして、町内の被害木については1,068本、処理被害木については326本というようなことで、調査の実績と対策の実績が出ております。ただ、ナラ枯れ被害につきましては、1ヘクタール程度を処理しておりまして、縮小傾向にあるというような状況でございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 2番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 耕作放棄地対策はわかりました。特に最近あれです、農地・水・環境保全事業、今は多面的機能の事業があるわけですけれども、それでも結構耕作放棄地防止というようなことで、草刈りとかそういうのもやったりして、それでも、結構それで活用もされているのではないかなというふうに思っておりますので、今後もひとつ期待をしたいと思います。
 あと病害虫の関係ですが、今ナラ枯れの話があったのですが、松くい虫の現状はどうですか、もうおさまっているという感じで理解してよろしいのですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) 当然、初めは松くい虫というような対策をしてまいりましたけれども、それがある程度継続した駆除、対策を組みました。その後、ナラ枯れが顕著になったというようなこともございますし、あとは、ナラ枯れを駆除している中でどんどん松くいも減ってきているというような状況で捉えております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 質疑を打ち切ります。
 次に、第7款商工費及び第8款土木費について質疑の方ございませんか。5番 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) ページ数でいいますと、210ページ、211ページになりまして、備考では5番観光振興経費になります。デスティネーションキャンペーンも、もう今週いっぱいで終了というようなことでイベントも催されるようでありますが、今回、デスティネーションキャンペーンの有効性というか実績はどうだったか、判定、まだ終わっていませんけれども、どうだったのかと。
 それから、今回、キャラクターで、たかっき、はたっきが出て、今ゆるキャラの2014グランプリにエントリーしております。山形県からは10の自治体から出ておりますが、これについてもう少し詳しくお聞きしたいというふうなことであります。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) DCの関係は、昨年度の事業ですとプレDCの対応というような形に、という部分ではございませんか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 今回のDCについてだべ。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) ここに載せています実績報告というか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 25年度、そういうことだな。齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) いわゆるゆるキャラグランプリというようなことで、今大々的にたかっき、はたっきもエントリーをして、今2カ月間にわたる投票の期間にあります。12月1日に名古屋で、全国のキャラクターが集まって、そこで審査も含めて大会があるわけですけれども、前段、何とか100位以内に投票で入って、そういった審査会を迎えたいというふうに思っておりますが、現状1週間程度たちましたけれども、今のところ県内で、山形県内だけで申し上げますと、10種類のキャクラターが出ていますけれども、たかっき、はたっきは今のところ4位とか5位とかそんな状況ですので、毎日1人1票ずつ投票できますから、そこらの促進について今ポスターをつくったり、いろいろフェイスブック、あるいはホームページ等で周知を図っているところでございます。ぜひ1票よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) 私も「いいね」を押しております。それで、要するに、我々も押したいのですが、どうやったら投票できるかということで、まず、フェイスブックとかいろいろなことをやっていない方についてはですか、とにかくインターネットの環境でゆるキャラの部分を開いていただいて、そこからできるということでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 質問のちょっと内容が。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) 投票のやり方です。(「決算だ、今」の声あり)決算だ、わかりました。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 8番 佐藤委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(佐藤仁一) 207ページでございますけれども、上段のほうの町製造業経営革新事業、これ当初予算が1,000万だったと思うのですけれども、今回やっぱり1,500万というような計上ということは、セゾンさんと三和さんですか。そのほかに、もう1件どこだったんですか。
 それと、あともう1件、その下のところですけれども、町中小企業振興資金制度、これ何件ぐらいの方が利用されたのか、あわせてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) それでは、初めに、製造業経営革新事業につきましてご説明を申し上げます。実績といたしましては、今おっしゃったとおりセゾンファクトリー、それから三和漬物食品株式会社、株式会社トライアールの3件でございます。当初は予算が1,000万しかなかったわけですけれども、当然3件のご申請いただいたものですから、町として十分に対応させていただいたところでございます。
 続きまして、町中小企業振興資金制度です。この部分につきましては、それでは、この部分につきましては庄司係長からお答えします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 庄司係長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課係長(庄司知広) 産業経済課の庄司でございます。
 高畠町の中小企業振興資金融資制度の貸付金につきましては、25年度は新規分といたしまして21件、年度末の残高では66件の実績でございます。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 佐藤委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(佐藤仁一) この経営革新事業でございますけれども、最近、経済が少しずつ上向いていると言われますけれども、なかなか投資が少ないというような状況の中で、大変利用度のある事業かなと思っております。今年度は、予算を見てみますと約2,000万というような計上があるんですけれども、今現状はどのような形で推移なっているのか。あわせて、来年度もこういう事業というものは持たれるのか、あわせてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) この製造業経営革新事業につきましては、当然1カ年で完了するというような性格ではございませんので、前年の10月まで申し込みをいただきまして、それに基づいて来年度の予算計画にのせさせていただくというようなことでございます。
 平成26年度事業につきましては、9件ほど申し込みがございました。それで、その部分についてお応えしたいというようなことがあったわけですけれども、やはり町としての財政状況もございますし、そういう中でできるだけの予算措置をしたと。当然、満額で応えられない部分がございましたけれども、満遍なく申し込んで申請に適格な企業さんについては全部交付をさせていただくと、そういう状況になっております。
 ただ、経済情勢がこのように上がってきますと、設備投資の方が相当ふえてきます。今お話ししたとおり、町の財政についても限りがございますので、これがまだ倍々なんてふえていくようではなかなか対応が難しくなってまいりますので、その辺につきましては、来年度の部分についてはこれから応募の時期も迎えますけれども、その辺を検討しながら、まずは町の財政を見ながら、そして状況を見ながら対応していくという考えでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 佐藤委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(佐藤仁一) 今、課長のほうから、9件というような申し込みがあったそうでございますけれども、本当にわずかな呼び水といいますか補助金で、このような大きい投資をしていただくということは大変結構なことだと思います。9件もあるとすれば、あくまでも500万に限らず、300万でも200万でも少し減らしても、平等というか、もう少し多くに渡るようにしたらば、いま少し効果が出るのではないかなと思うのですけれども、その辺どうでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) この制度につきましては、あくまでも基本が申請額の10%でございます。それで、上限が500万というようなことになっておりまして、該当要件については人員を採用すると、そういう部分があれば1,000万以上の事業投資でオーケーと。さらには、そういう部分がなければ3,000万以上の投資があるということについての該当要件がございますので、それに基づいて、500万でなくて、やっぱり100万以下でも決定している部分もありますし、それは臨機応変にそういう制度にのっとってまずは交付をさせていただいているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。9番 青海川委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(青海川正延) それでは、223ページの第8款土木費についてお伺いしたいと思いますが、細目3公園管理の経費というようなことで、委託料が513万3,000円ほどあがっているわけでございますが、その中で都市公園管理業務、そして一般公園管理業務というふうに二手に分かれているわけでございますが、その委託先について教えていただきたいし、また、主な公園の管理されている公園名を、昨年もお聞きした経過がございますが、その辺についてお聞きしたいというふうに思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 鈴木建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(鈴木秀則) 委託料の相手方ということですが、一番金額的に多いというものについてはシルバー人材センターでございます。いわゆる樹木の一部剪定から始まりまして、草刈り、あるいは雪囲いとかそういった部分が出てきますので、一番多いのはシルバー人材センターということになります。
 あと、都市公園というのは5つございます。中央公園緑道から始まって、糠野目河川敷公園ということで、そんなところですし、一般公園という部分については、それから外れた公園というふうにご理解いただきたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 青海川委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(青海川正延) それで、管理関係については徹底はなっているかというふうに思いますが、当地区の13号線にかかる糠野目橋のちょうど真下から河川敷を踏みまして水辺の楽校というようなことで、窪田のほうにも水辺の学校があるわけですが、そんな施設がございまして、当初は非常に管理が徹底されまして、小さい子供の利用者がおったというような記憶をしているわけでございますが、最近はその場所まで行けないような、そんな管理状態になっているなというふうに思っておるわけでございます。先ほども、前にも小学校4年生ですか、最上川200キロというふうなことで、バトンしながら最上川を下りながら勉強しておったというような、そういうふうな報道もされております。
 そしてまた、その水辺の楽校については、河川愛護ですか愛護デー、その中で一集落が草刈りを1回、2時間ほどやっていると。こんなことで、この辺も非常に問題のあるところだなと。というのは、糠野目地区全体の水辺の楽校であり、一集落でやるというものについて、その場所についての考え方が薄らいでいくと、こういうふうに感じているところでございます。これについて、ぜひこの場所、区画について、建設課が携わるかどうかわかりませんが、一応ご検討いただきたいというふうに思うわけであります。
 はっきり言いますと、私の集落がそこの担当を何年もされていると、こういうことでございまして、なかなか厳しい状況になってきております。そんなことで、どうせやるのであれば糠野目地区全体で、そして、私たちの集落に求めているのは、ちょうど町の管理する川がうちの集落から流れております。その中で、管理関係については宮町の集落が下手のほうで管理をしておるわけでありますが、中間が管理をされていないというようなこともありまして、かかわりのある、関係のある町の管理の河川について、うちのほうの集落にお願いしたいものだというふうに思うわけでございます。これは即答できないと思いますが、ぜひご検討いただきたいというふうに思います。答えをいただければ。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 鈴木建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(鈴木秀則) まず、いわゆる水辺の楽校の関係をおっしゃられているようでございます。公園維持管理費ということで、実際、水辺の楽校、直接あの辺に投資した額等々についてなんですが、40万3,000円ほど投資をさせていただいております。いわゆる洪水時の監視業務、こういった部分も一部入りますが、あずまやの屋根塗装、あるいはベンチの設置、せせらぎ水路の通路補修ということでは、ただいまの金額を投資させていただいている。
 そのほかとして、都市公園管理業務委託ということで、シルバー人材には、監視と清掃業務1週間に2回ほど実施をしていただいていると。園内の草刈り1回ということです。また、職員が直接出まして、直営で2回ほど草刈りをやっているという状況があります。これで十分なのかと言われますと、委員仰せのとおりまだまだ不十分なのかなというふうに思います。限られた予算内ではありますが、今後とも目いっぱい管理のほうについてはやっていきたいなというふうに思います。
 それとですが、せせらぎ水路、いわゆる水辺の楽校周辺等々もあわせてですが、今、国土交通省でかわまちづくりというものを進めております。今現在、当地区、いわゆる糠野目のほうでやるかやらないか、そういった部分から始まりまして、これ住民の皆さんの多大なご協力、いわゆるどのように河川もあわせて整備していくのか、あるいは観光地、こういったものも含めてやっていくのか、ちょっとその事業等について長くなりますので、お話についてはまた日を改めて行いたいと思いますが、こういった部分で、例えば水辺の楽校、あの辺をもっと管理しやすい体系に国交省で整備してください、取水を今現在砂川から取っておりますが、そこについてもう少し工夫した、ある程度の水量にも耐えられるような、そういったものにしてくださいというようなことも初め、砂川堤防には桜の堤もございますし、高畠ワイナリー、高畠駅には温泉、浜田広介、こういった部分も全部ネットワークを組みまして、いろいろ壮大な計画もあります。
 そういった部分につきましては、ことしの3月なんですが、糠野目地区事業運営委員会がございます。これは、まちづくりでいろいろご検討いただいている部分ですし、5月には観光協会理事会のほうにもこういった部分のお話をさせていただきながら、ぜひあの辺の資源を利用する、あるいは交流人口も、あの場所に来ていただけるようなシステムづくりはできないかということで、いろいろ話をさせていただいております。やるかやらないか、そういった部分についてもまだまだお話をさせていただくということになろうかと思いますので、また、時あらば、こういった事業の展開状況についてもご説明を申し上げたいと思います。
 また、委員仰せの定川の関係をおっしゃられているのかなというふうに思います。委員にもお願いをいたしまして、定川の期成同盟会あるいは協議会をつくっていただいて、今後どのように整備を進めていったらいいのかという部分を、行政と関係住民の方々も交えていろいろ協議をさせていただきたいということでお話を申し上げてきております。そういった部分も十分踏まえながら、段階的にぜひ環境整備も必要だろうというふうに思っておりますので、今後ともよろしくお願いしたいと思っております。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 質疑を打ち切ります。
 次に、第9款消防費及び第10款教育費について質疑の方ございませんか。12番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 231ページでございます。災害対策費の備考の説明の中に、事務事業委託料ということがあるわけです。627万9,000円ですか、全国瞬時警報システム自動起動装置整備業務というのは委託料なんですが、これらの内容についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 今ご質問の部分でございますけれども、全国瞬時警報システム自動起動装置整備業務、これにつきましては、簡単に申し上げますと、今、町の総務課のほうにあります警報システム「Jアラート」という機械があるんですけれども、24年度までは、それは町のほうには24時間体制で国からそういう情報が入ってくるわけでございますけれども、ただ、それを今度一旦町民の方に知らせるとなりますと、パソコン等を使いながら、NTTドコモ、あとau、ソフトバンク、そういう会社のシステムのほうに接続をしながら文字を入れ込んで、結構手間がかかった作業が必要で瞬間的にはいかないと。これが真夜中だったりしますと、なかなかそういう情報伝達ができないということがありまして、25年度、国のほうで全額100%の補助でこのシステムといいますか、簡単に申し上げますと、自動的に例えば真夜中の12時ごろにそのJアラートにそういう情報伝達が入った場合に、その機械、コンピューターの中で自動的に、先ほど申し上げましたNTTドコモとかauとかソフトバンクの機械に自動的にもう文面等が作成されて送信されるということで、瞬時に携帯電話を持っている方についてはエリアメールという形の中で情報が伝達されるというような、24時間体制でそういうふうに町民の方に危険の部分を伝達できるという部分で、特に金額的には600万以上の金額がかかってございますけれども、コンピューターのシステムでそういう配信システムがございまして、その基本システムを購入して、それを今現在町にあるJアラートのシステムとあとハブを購入して、その部分にまた送信できるような部分にするということで、物を買うというよりも、IT関係のシステムを購入して、それをセッティングしたと、そういう事業でございますので、よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。3番 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 227ページの消防費の細目3の常備消防経費ですけれども、この中で置賜広域行政組合の負担金として3億1,385万ということになっていますけれども、今までの単独でやってきたときと比較して増減がどうなのか、あと、この金額というのはおおよそ今後も推移するものなのか、初期的な数字が入っているかどうか、それをお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 今ご質問がございました置賜広域行政事務組合の消防関係の負担金になりますけれども、総額的には25年度3億1,300万ほどの負担ということでございましたけれども、実は25年度につきましては、当初予算のほうで計上していた場合で3億4,000万ほど予算を計上しておりましたけれども、今、消防本部の中では広域合併をしたというようなことで、1つは機械設備関係の更新等を進めてございます。あわせて、今現在設計に入っておりますけれども、27年度建設の高畠消防庁舎の建設というような、そういう施設関係の更新等についても今着手をしているところでございまして、そういう部分を踏まえていきますと、今後10カ年の中で結構な、各自治体の負担は今よりはふえていくというような状況になってございます。
 ただ、反面、幸いというとおかしいのですけれども、3・11の災害、あと最近の、去年、ことしあたりの豪雨という災害が全国的に出ておりまして、消防庁のほうでも非常に有利な起債関係、あと補助関係が今出ておりまして、本来ですと27年度あたりで終わるものが1年とか2年延期になっているというような状況でして、今、消防本部の中でもそういう有利な補助とか起債事業を有効に活用するというようなことで、25年に作成をした消防整備10カ年計画を約1年か2年前倒しをしながら、有利な事業を使って整備をしていこうというようなことにしております。
 質問趣旨の、実際合併する前と合併した後の経費と負担という部分になりますけれども、これにつきましては正確な数字は持ち合わせてはございませんけれども、合併する前よりも、消防署員の人件費関係、あと実際的な装備品の更新という部分を考えますと、数千万円単位で軽減されているというようなことでございます。ただ、将来的には、一時的にそういう庁舎等の建設等もめじろ押しに予定されておりますので、一時的には負担金がふえるという部分があるかとは思いますけれども、ある程度想定した範囲の中で運営を進めていくというような形で、今、消防本部のほうでは検討しているようでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかに。1番 武田委員。

--------------------------------------------------------------------------

1 番(武田 修) 10款の教育費の中で、243ページの小学校の教育振興経費、それと251ページの中学校の教育振興経費の中で、24年度からの繰越明許費として、小学校で298万3,963円、それと中学校の備品購入費として194万8,432円それぞれ支出されておりますが、ほかの会計と比べると大変金額が多くなっております。これはどのような理由からなっているんでしょうか、お聞かせください。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) ただいまのご質問でございますけれども、24年の末に現在の政権に交代をしたという時期になっていると思います。そのときに、年が明けて、国のほうで1次補正予算を組まれたと。いわゆる24年度と25年度にかけて、切れ目のない予算編成をしながら経済の活性化を図るというようなことで、1次補正予算をたしか3,000億円だったと思いますけれども組まれたと。
 その中で、文部科学省関連の予算の中に、同じ243ページの中に出ておりますけれども、上段のほうの細目6の施設整備事業費で、糠野目小学校の耐震補強工事も同じように24年度から繰り越されております。24年度の1次補正予算の中で、耐震補強工事であったり、あるいは、もう一つは理科強化、理科教育の振興を図るというようなことで、そのための備品購入を生むための補正をつけますよというようなことがあって、それぞれ、通常はこんな大きい額にはならないわけですけれども、小学校で委員言われるとおり300万近い金、中学校で200万近い金、合わせて500万近いお金を補正として掲載させていただいたという結果になってございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 武田委員。

--------------------------------------------------------------------------

1 番(武田 修) 理科の振興を図るために購入されたのはわかりますが、できましたら具体的にどのようなものを整備して、現在どのように活用されているのかお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) 具体的なことにつきましては、担当の鈴木施設管理係長のほうからお答えをいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 鈴木施設管理係長。

--------------------------------------------------------------------------

施設管理係長(鈴木 剛) 施設管理係の鈴木でございます。ただいまのご質問に答えさせていただきます。
 まず、具体的にどのような品物を購入しているかというご質問ですけれども、小学校におきましては、金額の大きいものでまいりますと、天体望遠鏡、それから液晶モニターつきの顕微鏡、そして天体投影機(プラネタリウム)、そういった金額の張るものを今回は購入しております。
 中学校につきましては、電子顕微鏡が非常に多いんですけれども、そのほかには電流と磁界の実験などを行うための誘導コイルですとか静電気の高圧の発生装置、そういったものが金額の大きなものとしては購入したものであります。
 実際にどのように活用しているかということでございますけれども、もちろん理科の授業用に購入したものでございますので、理科の授業を中心に活用しております。購入直前に購入希望品を聞き取りまして購入しておりますので、購入配備後すぐに活用されているものと考えております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 質疑を打ち切ります。
 続いて、第11款災害復旧費、第12款公債費及び第13款予備費について質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 質疑を打ち切ります。
 以上で一般会計決算に対する質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第1号 平成25年度高畠町一般会計歳入歳出決算については、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」「保留します」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 暫時休憩をいたします。
 (時に午後3時33分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 再開をいたします。
 (時に午後3時57分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、改めてお諮りをいたします。
 ただいま議題となっております認定第1号 平成25年度高畠町一般会計歳入歳出決算については、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。本案は、全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。

             散            会

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 本日の委員会はこれまでとし、明日11日午前10時より、引き続き各特別会計及び企業会計決算の審査を行いますので、ご承知の上、ご出席くださるようお願いを申し上げます。
 本日はこれをもって散会いたします。
 ご苦労さまでございました。
 (時に午後3時58分)

--------------------------------------------------------------------------