議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 高畠町

平成25年決算特別委員会 本文




2013-09-12:平成25年決算特別委員会 本文

             開            議
委員長(大木 寛) ただいまから2日目の会議を開きます。
 ただいまの出席委員は15名であります。よって、定足数に達しております。
 (時に午前9時58分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、11日に引き続き、各特別会計並びに企業会計決算の審査に入ります。
 審査の順序は、初めに各特別会計並びに企業会計決算の説明を一括で受け、終了後、各会計ごとに質疑、採決をいたします。
 最初に、認定第2号 平成24年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてより認定第5号 平成24年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件を一括して説明願います。原田上下水道課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、認定第6号 平成24年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について説明をお願います。大橋町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、認定第7号 平成24年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について説明願います。冨樫福祉課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ここで暫時休憩をいたします。
 再開を11時15分といたします。
 (時に午前10時56分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、休憩前に引き続き委員会を続けます。
 (時に午前11時15分)
 次に、認定第8号 平成24年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について説明願います。大橋町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、認定第9号 平成24年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について説明願います。高橋病院事務長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、認定第10号 平成24年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより認定第13号 平成24年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件を一括して説明願います。近野産業経済課長補佐。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、認定第14号 平成24年度高畠町病院事業会計決算の認定について説明願います。高橋病院事務長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、認定第15号 平成24年度高畠町水道事業会計決算の認定について説明願います。原田上下水道課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で説明が終了いたしました。
 ここで暫時休憩をいたします。
 再開を午後1時30分といたします。
 (時に午前11時50分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、再開いたします。
 休憩前に引き続き委員会を続けます。
 (時に午後1時27分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 各特別会計並びに企業会計決算に対する質疑に入ります。
 それでは、最初に認定第2号 平成24年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。15番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 下水道事業会計全体の中でお聞きしたいと思いますけれども、当該年度については統合中学校の調査費などを除けば大きな事業は特別なかったわけでありますけれども、そういう中にあって、下水道事業債それから資本費平準化債で合わせて約1億500万円ほどの起債を行っているわけです。この理由、公債費との関係で、例えば繰上償還とか、あるいは借りかえということで起債をしたのか。
 それと関連するかどうかですが、もう一つ、一般会計からの繰入金ですが、常に一般会計からの繰入金というのは問題になっているわけでありますけれども、下水道事業会計については特に、病院会計に次ぐ大きな金額で、4億円を超える金額が繰り入れられています。以前に、この繰り入れの金額を大体4億円ぐらいに抑えるべきだという議論があった時代もあったわけでありますけれども、当該年度については4億3,000万円ぐらいでありますが、これは財政のほうに聞いたほうがいいかもしれませんけれども、一般会計からの繰り入れについては、シーリングというかリミット的な考え方を持っておられるのか。
 その2点についてお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) お答え申し上げます。
 第1点目の質問というかご意見でありますけれども、1億500万円の起債の関係でありますけれども、これについては下水道の鈴木補佐のほうからお答え申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 鈴木課長補佐。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長補佐(鈴木敏一) 上下水道課で下水道を担当しております鈴木と申します。よろしくお願いします。
 起債関係なわけですけれども、先ほど委員がおっしゃるとおりで、今回の内訳としましては公共下水道事業債が1,050万円。これにつきましては、統合中学校絡みで若干増額になっております。あとは、特環につきましては汚水ます設置工事だけということで130万円ほど。あとは、大きいのは流域下水道の公債費でございますけれども、これが丸々起債をお借りしまして3,570万円ほど支払っている。そういう状況でございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 下水道の繰り出しにつきましては、交付税で措置される部分を含めまして、ルール化分を毎年度繰り出しをしているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 15番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 最初の起債の件ですが、今回下水道事業債と資本費平準化債を合わせて1億570万円です。先ほどの説明ですと、統合中学校の関係とか流域下水道の負担金のためにということですけれども、金額的には起債が大きいのではないか。要するに、これで長期資金の返済のほうに例えば借りかえをしているとかそういったことはないのですかということをお聞きしたいんですけれども、その点、もう1回お願いします。
 それから、一般会計の繰入金ですけれども、これは別にシーリング的なものは考えていない、その年その年の事情で判断して繰り入れするということに理解してよろしいんですか。もう1回お願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) 調べまして、後で報告させていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 課長補佐はわからないわけですか。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) 手元に持ってきていないものですから。申しわけございません。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 二宮委員、いいですか。(「はい」の声あり)後でということで。
 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 詳細につきましては柴田財政係長のほうからお答え申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 柴田財政係長。

--------------------------------------------------------------------------

財政係長(柴田賢治) 2点目のご質問につきましては、二宮委員ご指摘のとおりでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 それでは、暫時休憩をいたします。
 (時に午後1時35分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 再開します。
 (時に午後1時44分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 柴田財政係長。

--------------------------------------------------------------------------

財政係長(柴田賢治) 初めに、特別措置3,820万円についてのご説明申し上げます。この起債につきましては、ちょっと長くなるんですけれども、平成17年度以前までに借りた地方債に対して、従来は公共下水道については汚水のみに対する整備ということになっておりましたけれども、平成17年度以降から汚水と雨水を分けて整備するというふうに取り扱いが変わりましたので、その雨水分に対しては交付税措置がございませんので、その分の一部を起債で借りて、一部を交付税措置するということになっておりますので、過去の資本費に対しての一部の資金手当てプラス交付税措置ということになります。
 続きまして、その下の資本費平準化債というものにつきましては、こちらも同様の措置でございまして、実質的な整備の対象はございませんけれども、資金手当的に借り入れをすることができて、その一部については交付税措置されるというものでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) よろしいですか。(「はい」の声あり)
 では、質疑を終了してよろしゅうございますか。(「はい」の声あり)以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第2号 平成24年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。本案は全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 次に、認定第3号 平成24年度高畠町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第3号 平成24年度高畠町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 次に、認定第4号 平成24年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第4号 平成24年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第5号 平成24年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第5号 平成24年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第6号 平成24年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方ございませんか。11番 小松政一委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(小松政一) 全般的なことでお聞きしたいと思います。
 1人平均が33万円ということで、かなり大きくなった、大変になってきたという感じがいたします。そういう中で、減免とか一部減免の方がおいでになると思います。こういう方がどんどんふえるのかと非常に危惧しておりますので、その辺がどういう状況になっているかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 大橋町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(大橋 律) 先ほど私の説明の中で減免対象者ということでお示しさせていただきました。今後も社会情勢の中でふえるということは十分考えられるかとは思います。そのような中で、低所得者であるとかそういう方の手当てにつきまして、国民健康保険事業自体である程度全体を賄っていかなければいけないという状況は当然あるかと思います。まだはっきりしておりませんけれども、消費税がこれから上がるという予測があるわけですけれども、そちらから社会保障費のほうにどの程度入ってくるかという中で、国民健康保険の中の低所得者の方に対する負担分をどのように配分するかはこれからの考え方になると思います。ただ、少なくても今の状況の中で言えることは、それほど変わらないものと考えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかに。3番 島津正幸委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 335ページの繰入金のところですけれども、総額で3億5,200万円ということです。23年度は約この半分程度でした。ただ、24年度は、一方で基金への積み立てが約2億円あります。この2つの項目だけで差し引きしますと1億5,000万円ぐらいが結局必要なお金ということになるんですけれども、そういう見方をすると23年度からはそんなに変わってはいないんですけれども、積み立てと繰り入れのバランスといいますかその辺の扱い方はどういう形、23年、24年は形が違うものですから、その辺をお聞きしたいということと、あと今の小松委員のお話と関連するんですけれども、23年、24年と、25年度の予算はさらに3億5,000万円近く繰入金の予算が組まれております。大分厳しくなってきているのかなというのがあります。その辺の分岐点というか状況をお聞かせ願いたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 大橋町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(大橋 律) 実は、ただいまお話ありました繰入金の第2目の基金繰入金でございますけれども、補正予算時にもご説明しておりましたけれども、これまで当初予算上での処理を行っておりましたけれども、今年度から経理伝票上での取り崩すもの、それから積み立てるものの処理の経過がわかるようにするということで、昨年まではこれはゼロでございました。24年度の決算の中では伝票上ではっきり見えるようにしたということで、ここの基金の繰入金をゼロからプラス1億4,000万円と上げさせていただいたところでございます。
 これは、今までですと基金積み立てが例えば2億円で繰入金が1億7,000万円という場合は、1億7,000万円を相殺して次年度の予算に組み替えをして残分の3,000万円を基金積み立てに計上することにしておりましたけれども、それを伝票上はっきりするようにさせるために、このように昨年ゼロがことしはプラスという形になったものでございます。この部分はそういうことでございます。
 2点目の部分につきましては、担当の冨樫係長のほうから説明させていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 冨樫係長。

--------------------------------------------------------------------------

医療給付係長(冨樫昌典) 町民課冨樫と申します。よろしくお願いいたします。
 2点目のご質問についてご説明させていただきたいと思います。
 基金の状況なんですけれども、23年度、基金額が2億1,000万円、24年度が2億4,000万円ほどございます。先ほどご質問にありました内容で、基金と繰越金の合計額でご説明させていただきたいと思います。23年度の基金と繰越金の合計額が3億8,600万円、24年度が4億2,600万円となっておりまして、約4,000万円ほど資産としてふえている状況でございます。年々医療費などが伸びる傾向にございまして大変厳しい状況ではございますが、予算としては何とかしのいでいるような状況でございます。
 また、単年度収支の過去3年間の比較をさせていただきたいと思います。平成22年度の決算ですとプラス800万円、23年度ですとマイナス6,500万円、24年度ですと約4,000万円の黒字となっておりまして、3カ年平均の累計をしますとマイナス1,700万円ほどの赤字となっております。引き続き国保財政としては厳しい状況になっているものでございますので、よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 3番 島津正幸委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 最初のお答えに関しては企画財政課長のほうがよろしいか。ほかの会計もそういう考えで会計されていますか。記録を残すために、繰入金は繰入金で記帳していく、積み立ては積み立てでしていくという考え方。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) どなたに。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 財政課長がいいのかなと。私、勝手に言っているだけですけれども。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) お答えできますか。大橋課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(大橋 律) この部分につきましては、他会計と同じような形でやるのが妥当だろうということをお話ししたもので、国保会計につきましてはそれをやってこなかったんですけれども、きちっとその辺のところは明確化するのがいいのではないかということで、させていただいたところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) よろしいですか。3番 島津正幸委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 他の会計はそいうことを既にやっていますということで理解してよろしいんですね。(「はい」の声あり)わかりました。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) では、2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 328、329ページでありますけれども、依然国保財政運営も厳しいわけですが、一番上です、収入未済額が2億8,000万円ほど出ているわけですが、一般会計では2億700万円ほどでしたけれども、2億8,000万円。25年度末では恐らく3億円ぐらいになるのかなと。1,000万円不納欠損すると大体3億円ぐらいになるのかなと思ったわけですが。一般会計よりもかなり大きくなってきているということがありますし。この中身を見てみますと、一般被保険者で退職被保険者が1,700万円ぐらいで少ないわけですが、収納対策一生懸命頑張っていらっしゃるわけですが毎年ふえてきているという状況、3億円ということになってくると財政上も大変なことになるんじゃないかなと思っていますけれども、収入の対策、その見通しというか中身というか、その辺をお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 収入未済額がふえて、大分多くなってきて、将来さらにふえるのではないかというご質問でございますが、実は今から20年近く前からの推移を見てみますと、確かに滞納繰越の調定額、現年度からの未収入が毎年毎年積算されて、それから収入された額とか不納欠損額を差し引いた残りの金額になるわけですが、それはずっとふえておりましたが、実は平成22年度、正確な金額はあれなんですが、約3億円近くになってから大分整理をしまして、今のところは22年度をピークといたしまして減少傾向にあります。したがって、今後とも滞納額については増加はさせないという方向で考えています。
 その対応としましては、まず第1に現年度分の収入をふやして滞納繰越に行く分を減らす。収納率、昨年に比べて増加しております。現年度で言いますと、国保会計で0.69%、1%いかないわけですが、現年度の収納率はふえております。もう一つは、滞納繰越分については、収入をふやすというのは当然なわけですが、不納欠損額、ごらんいただくとおり余りふえていないということです。と申しますのは、ずっと滞納処分をいろいろ調査をしながら、例えば差し押さえするとか、いろいろやってきましたが、なかなか滞納処分ができるような財産もだんだん少なくなってきているというのが現状です。したがいまして、今後は滞納繰越分の収納を、当然従来どおり調査なんかをしてやっていくわけですが、やはり整理するという状況も必要なのかなと。具体的に言いますと、先日の一般会計のところでも申し上げましたが、どうしても取れない、やっぱり資産がない、あるいは生活が厳しい、困窮してしまうというときにつきましては、滞納処分の執行停止を行って、それで法に基づいて整理をかける。具体的に言いますと、不納欠損処分にしていく。それによって昔の分、過去でずっと積み重なっている部分をきれいにして、かつ現年度分に集中して納税を促していく。昔のところは整理しながら新しい滞納額をふやさないというところに集中しながら税の収納をふやしていく、そういう方向に切りかえていく、そういう形で今のところ取り組んでいるところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 2カ年で見ますと、現年課税分で1節、2,800万円ほどの未収入があったり、後期高齢者の分が800万円とか。これから経済状況が好転すれば違ってくるかもしれませんけれども、このままでいきますとそういうのが出てきているということがありまして非常に心配されるということで申し上げましたが、今税務課長の説明でわかりましたけれども、これからもぜひ頑張っていただきたいと言って終わりたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 12番 直島義友委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 344ページでございます。2項の高額療養費でございます。例えば入院する場合は、病院に事前に高額医療療養費限度額保険証といいますか、それを出せば支払いのときには限度額の月15万円とか10万円で済むという制度があるわけでございます。今、高度医療が進んでいますので、100万円単位の医療費が請求になるという状況もあるわけですから、高額療養費が年々ふえるのではないかと考えるわけでございます。それで、この制度があるのを知らない人がいるわけです。そのために医療費を全額支払いしなければならないことになるわけでございますけれども、その後の手続は本人がしなければ戻ってこないという制度にもなっていますが、その手続について本人に通知するのか、それからこの限度額という制度が町民に知られるようにどんなことをやっているか、そんなことをお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 大橋町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(大橋 律) ただいまのご質問の1つ目は町民にお知らせをしているかということでございますけれども、町民の方には町の広報を通じてお知らせをしております。あと、高額医療に該当する方につきましては、最初の1回のときに私のほうから通知を差し上げまして、高額医療に該当しますよということを差し上げております。その後はその方が自分で、申請行為でございますので、申請していただくことになります。高額療養費の支給の要件等については、ご質問なさったからですけれども、なかなか複雑な部分がございますけれども、できる限り窓口等で私のほうから詳しくご説明させていただいて、適切に受給していただくようにしております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 15番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 前の何人かの委員からも質問ありましたけれども、私も一般被保険者国民健康保険税の収入未済なり不納欠損、先ほど税務課長の話もありましたが、私は国民健康保険税の負担感というか、年々高くなっているなと私自身も含めて実感しています。こういう経済情勢の中で払いたくても払えない人がたくさんいるとむしろ思ったほうが正解なのではないかと思っています。もちろん医療費の増大とか理由がありますけれども、もう一つの大きな理由として国庫負担金の減少がここ何年か続けざまにあるということで、一般会計からの繰り入れとか保険税の値上げでそれを埋めなければならないという、そういう制度的な大きな欠陥があるのではないかと思っています。
 そこで、先ほど国保の加入者の人数などもありましたけれども、国保加入者のそれぞれの平均所得に対する国保税額の比率、税金として国保税を幾ら払っているのかという比率でありますが、被用者保険ですと、役場の職員の皆さんのような共済保険のような被用者保険ですと大体所得に対する保険税は四、五%だと言われています。しかし、国保に関してはそれよりはるかに高いと私は思っていますけれども、具体的な町における国保加入者の平均所得に対する保険税の比率について、今ここでわからないとすれば後で委員会のときにでもぜひそういう資料を見せていただきたい。恐らく10%を超えているんじゃないかと。非常に大きい負担感の中で国保税に対する支払いが思うようにできないという加入者がたくさんいるのではないかと思います。ですから、その辺の制度的な、いわゆる国庫支出金の減少にメスを入れないと、この問題はなかなか解決しない。限度額も年々上がっていますし、国保税の額も少しずつ上げざるを得ないという実情がある。ことし4月に成立した国保法の改正の中でも、国庫負担金の引き下げが決定されました。要するに、国の負担が年々減ってきている。かわりに、地方自治体なり個人の負担が大きくなっている、その辺の制度的な問題をぜひ明らかにしていただきたいと思います。
 それから、具体的な質問としてもう1点でありますけれども、ページ数で334、335ページです。今の話ともちょっと関連しますが、一般会計からの繰入金でありますが、1億8,000万円ほどあります。これは、先ほど言いましたように国からの国庫負担が少なくなる中で町としての負担をふやさざるを得ないという実情、ふやさないと国保税の引き上げにつながるという痛しかゆしのところがあると思いますけれども、ただ一般会計の繰り入れについては法定外と法定内という形があると思います。法定外については定率の負担をしなければなりませんから決まっているわけでありますけれども、法定外の繰り入れ、我が町の場合どの程度この1億8,000万円のうちあるのか、教えていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 大橋町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(大橋 律) 私のほうから2点目の法定外、法定内についてご説明させていただきます。その内容については担当の冨樫係長のほうからご説明させていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 冨樫係長。

--------------------------------------------------------------------------

医療給付係長(冨樫昌典) それでは、ただいまの一般会計繰入金の法定外の部分についてご説明させていただきます。24年度決算につきましては、金額としては約949万1,222円となってございます。これは福祉医療、身体障害者ですとかひとり親家庭医療、子育て医療の福祉医療実施分によるものなんですけれども、この事業を実施しますと医療費が伸びるということで、国から補助金が減額されております。この減額される分を一般会計から負担させていただくものになってございますので、よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) よろしいですか。15番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 2番目はわかりました。
 最初のですが、先ほども言いましたけれども、ここで具体的に資料は恐らくないと思いますので、もしわかれば大ざっぱで結構ですので、所得に対する国保税の比率、もしわかれば教えていただきたいんですが、わからなければこの次の委員会のときにでも、ぜひそういった資料を提示していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 大橋町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(大橋 律) ただいまの件につきましては、現在手元に数字的なものを持ってございませんので、委員会の席でご説明させていただきます。よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) なければ質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第6号 平成24年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第7号 平成24年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方ございませんか。9番 青海川正延委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(青海川正延) 380と381ページの細目6、介護予防住宅改修費についてお伺いいたします。
 当初予算については360万円そして補正予算については60万円ということで420万円ということで、予算の中で実際に支出済額については395万3,596円ということで公金が支出されておるわけでございますが、利用されている、公金を受けられている方、件数はどのぐらいの件数があったのか。また、申請されたけれども受けられなかった件数などがあるのかどうか、その辺についてお聞きしたい。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) それでは、381ページの介護予防住宅改修経費についてお答えしたいと思います。
 この介護予防住宅改修経費につきましては、要支援の1と2の方が、手すりの取りつけとか段差解消のために小規模な住宅改修をするときに支給されるということで、上限が20万円ということになっております。件数は30件で、この金額となっております。ただ、申請が何件あってという詳細につきましては、介護保険係長の雲井のほうからご説明をさせていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 雲井係長。

--------------------------------------------------------------------------

介護保険係長(雲井 光) 介護保険係の雲井です。よろしくお願いします。
 それでは、私のほうから状況を説明させていただきます。基本的には、申請者からの申請行為によって該当するかどうかというのを決定しておりますので、申請できない人、できる人というのは介護度によっても決まってきますので、こちらのほうでふるい落とすというよりは、なるべく皆さん申請していただくような形で、指導によって全件申請できるような形でとっておりますので、よろしくお願いしたいと思います。
 件数については30件ということです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) 結局、ふるい落としたりはしていないと。申請どおり受け付けをして、30件対応しているということです。ちなみに、今議員からのお話は介護予防ということですが、そのほかに居宅の住宅改修もございまして、そちらのほうは要介護1から要介護5が対象となりまして、379ページなんですが、そちらについては39件ということになっております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) いいですか。9番 青海川正延委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(青海川正延) それで、高齢化が進んでいるという状況の中で、なかなか施設が利用できないという状況があるかと考えられます。ますますこの資金関係について必要になってくると感じられるわけでございますが、その辺について、当初予算を立てる際にもう少し増額するという考えがおありなのか、それともそう予算は持てないんだというふうな、制度的に。金額を立てる場合にどういうふうな問題が出てくるのかどうか、その辺についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) 住宅改修の費用については、国の介護保険の制度の中で定まっている事業でございます。ですので、対象、例えば今回の介護予防の住宅改修の場合ですと要支援の1から2、それから居宅の場合ですと要介護1から5ということで、対象者が決まっているということ。それから、今回当初予算のほかに補正を1度しております。それは申請の状況を見て補正で対応しましたが、結果として冬期間の利用が少なかったがために不用額も出たという状況で、今現在のところは、必要な、あるいは申請する方々についての対応は、ある程度整っていると考えております。必要な場合については順次補正で対応しているところです。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第7号 平成24年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第8号 平成24年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第8号 平成24年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第9号 平成24年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 6番 近野 誠委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) 1点だけお伺いしたいと思いますけれども、特別会計については基本的にはその会計の中での収支バランスを図ることが望ましいことであると思いますし、この事業についても大変だということは理解をしますが、収支の決算状況を見てみますと、訪問看護の療養費が20年ころですと1,100万円程度あったわけであります。23年度は958万円で24年度については800万円ということで年々減少してきているようでありますので、これは制度的に何か問題があるのかどうかなんですが、その点について教えていただきたいということと、あるいは利用者の減少なのか、もし利用者の減少だということであれば、利用者対策についてどう今後進めていくのかということについてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(高橋新一郎) ただいまのご質問にお答えしたいと思います。
 ご指摘のように、昨年度につきましては利用料それから療養費交付金が減ってございます。毎年、安定経営のために利用者拡大の方策など収入増の事業に取り組んでいるのでございますけれども、実際やっぱり結果として事業費が不足して一般会計からの繰り入れによって運営せざるを得ない状況です。訪問看護ステーション事業の内容につきましては、病院の内科の先生方が特に往診等によって訪問事業を拡大する、それから訪問リハビリを拡大しているというものもございましょうが、なかなか利用者が拡大していかないという状況で、しかしながら事業内容を見ますと職員の人件費が90%を占めるという状況になってございますので、今後利用拡大を図っていく必要があろうと思います。その中で、病院独自だけでは限界がございますので、開業医の先生方とも連携を図りながら、地域の在宅医療等もあわせて検討しながら、この訪問介護のほうを計画していく必要があるのではないかと思っているところです。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) わかりました。そうすると、制度的には別に問題はないと理解をしたいところでありますが、利用者の増対策をどう図るかということが鍵だろうなと今の返答をお聞きしまして感じたところでありますので、そういった意味では高畠町の現況を考えた場合に、今療養を必要とする方々も相当いらっしゃるのかなと思いますので、PRも含めてぜひ拡大に向けてご努力をいただきたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 返答はいいですか。(「いいです」の声あり)
 ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第9号 平成24年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第10号 平成24年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより認定第13号平成24年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件について、一括して質疑に入ります。質疑の方ございませんか。12番 直島義友委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 414ページでございます。1款1項1目の財産貸付収入となっているんですが、21万6,000円ぐらいあるわけですが、どのように貸しているのかということで内容をお聞きしたいと思います。
 それから、財産売払収入というのがあるわけでございます。1款2項1目の不動産売払収入でございます。備考欄には立木売払収入24万4,000円というのがあるわけでございます。立ち木の種類というか、どんな木を売ったのか、それから大体何ヘクタールだったのか、お聞きしたいと思います。
 その下に官行造林分収金があるんですが、49万8,750円、これは財産区の土地を国に貸して、歩合制ですから8対2とか7対3で売ったときの歩合が入ってきた金額がこの金額になっていると思いますけれども、この立ち木を後の造成といいますか、ただ自然に返すのか、それとも造林をする計画なのか、その辺のことをお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 近野産業経済課長補佐。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長補佐(近野富裕) ただいまの直島委員のご質問にお答えさせていただきたいと思います。
 第1番目ですが、財産貸付収入につきましては、森林組合へのキノコとかわらび園の貸し付け、あとは石切り場等の貸し付け、そのほか安久津石庭公園の貸し付け等の貸付金による収入でございます。
 第2番目の伐採した立ち木の種類については、資料を持っておりませんので、後ほどお答えさせていただきたいと思います。
 あと、3番目の官行造林の関係なんですけれども、おっしゃるように国との契約により、歩合により町に代金については納入していただいているという状況でございます。それで、これにつきましては伐採後の例えば保安林であるとかそういった施業の要件がございません。そして、現地が平場でもあるということで、現在のところは自然に任せて、木が今後生えて大きくなるよう見守っていきたいと考えております。ただし、山見聞等でも財産区の方に見ていただいておりますので、必要があれば管理会のほうで協議したいと思っております。
 2番目の関係でございますが、分収林の係長の今井係長のほうからご説明申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 今井係長。

--------------------------------------------------------------------------

農村林務係長(今井幸隆) それでは、私のほうからご説明させていただきたいと思います。
 先ほど直島委員からご質問ありました立ち木売り払いの種類ということでしたが、間伐による杉材の売り払い分でございます。
 面積は、今回の分につきましては4.26ヘクタールでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第10号 平成24年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより認定第13号平成24年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、認定第10号より認定第13号までの各財産区特別会計決算の認定についての4件は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第14号 平成24年度高畠町病院事業会計決算の認定について質疑に入ります。質疑の方ございませんか。3番 島津正幸委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) ページ数は17ページの給与費でありますが、これは23年度比で3,800万円ほどふえておりますが、人員増を図っておられるわけです。トータル9名ですけれども。そこによるものと理解しますけれども、これは収入を増すための戦略的な人員増であると理解するわけですけれども、人的投資と効果というのはどういう形で確認されておりますか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(高橋新一郎) ご質問の給与費の件でございますけれども、医師は前年比で2名減で、あとリハの職員が6名増ということで、内容的に申し上げますと、リハビリ職員につきましてはリハビリテーションの事業部門における収益の増が図られておりますし、さらに整形外科の先生が就任したことによりまして整形とリハビリのつながりができて、事業的には収益の増につながっている。ただ、医師の給与につきましては、おやめになった先生と新しくなった先生の中で若干1,400万円ほどの減が生じているところです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 3番 島津正幸委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) マクロ的な話はわかったんですけれども、ざっくばらんに言えば、人員増を上回る効果があったかということを確認されていますかということです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(高橋新一郎) 医業収益等においては、医師の先生方については、それは診療科ごとになるわけですけれども、リハと整形については収入増につながっていると思います。確認してございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) いいですか。3番 島津正幸委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 要は投資対効果ということをどういう形で確認しておりますかという質問ですから、昨年比で4,000万円弱の人件費増です。それを十分上回る何千万というふうな捉え方をしていますというふうに答えていただけると安心できるんですけれども。アナログでなくてデジタルで答えていただきたい。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(高橋新一郎) 給与費の総体でいきますと増額になってございますけれども、項目ごとに、給与費では1,400万円の減、ただし賃金で、常勤の先生がいなくなった分、非常勤の先生方の増加によります非常勤の賃金の増、それから先生方の給与が減った分、リハの技師の給与の増加になっているということで、トータル的に減ったのと増加するのがございますが、効果は上がっていると思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 病院経営につきましては、病院改革プランに基づいて一生懸命頑張って成果が出てきておったわけですが、6ページ、下から3行目で、当年度純損失が1億600万円ということで、この要因については11ページのところに概要ということで出ておりますけれども、先生が4名退職した影響によって今回大きく赤字になったということでありますけれども、この概要の(1)の患者数の前ですが、公立高畠病院改革プランの計画数値を下回る結果となったということでありますけれども、21年から27年までの計画達成の見込みというか計画といいますか、その辺のところをどのように考えていらっしゃるか、お伺いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(高橋新一郎) 島津議員の一般質問にもお答えしたわけですけれども、平成21年3月に策定しました病院改革プランにのっとって年次ごとに進めているわけでございますけれども、ここに書いてあるとおり、23年度末で内科の先生3名を含む医師が4名退職したことから入院患者それから外来の患者数も減りまして、赤字にいってしまった。ただ、27年度までは特例債の償還というところについてはきちっと一般会計のほうからいただきながら、あとそのほか病院ができる経営改革を通じまして、最低限必要な診療体制はとっていかなければならないと思っていますし、この前もお話しいたしましたけれども、25年度につきましては今の段階だと病床利用率も90%を超えておりまして、昨年よりも約6,000万円近くまで収益が回復しているという状況の中から、今後、内科の先生を当然増員していただきながら診療体制を強化されるならば、この経営改革プランは達成できるものと思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 1億円という赤字なわけで、挽回するのは非常に大変だと思いますけれども、ぜひ医師の招聘なり、いろいろな改革の中で頑張っていただきたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 寒河江町長。

--------------------------------------------------------------------------

町 長(寒河江 信) 27年度までのご質問がありましたけれども、赤字の分につきましては、ご説明をさせていただいたとおりです。今、管理者、事務長を初め、内科の先生の要請に全力を挙げております。この先生に来ていただければ赤字は解消できるんです。これははっきりと申し上げておきます。ですから、その部分について今全力で取り組んでおりますし、その成果をぜひ出したいということでありますので、ご理解をいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 大浦病院事業管理者。

--------------------------------------------------------------------------

病院事業管理者(大浦利延) 町長が全て話をしていただきましたけれども、責任上、私にも補足をさせていただきたいと思っております。
 私は皆さんの前で、今回赤字が出るのは一過性のもので、私は最初から予測をして24年度は臨んでおる、こういう話をさせていただきました。皆さんには大変申しわけないんですけれども、予定どおり1億という赤字を出してしまいました。これは私は本当に一過性のものだと思っておりますし、これにかわるものは何だというふうにも、この前もこの話をさせていただきました。これにかわるものは何なのかということであります。これにかわる1億の見返りは、金ではなくて、今いる先生方の心というものをどうこれから取り込んでいくのか、こういう部分が私はあると思いました。
 今、町長がどうしても内科の先生をというふうに言っていただいて、本当に最大の努力を町長にも払ってもらっております。しかしながら、高畠病院には9名の常勤医、つまり10名はおりますけれども、ご存じのように女医の神部先生は日勤でありまして、当直などはしません。入院も診ていないということで、本当の常勤は9名であります。これは内科が3名でありますけれども、それ以外の先生で9名を組織しているわけでありますが、高畠病院はこの9名で130のベッドを管理するのに本当に大変なのかと、こういうふうに考えたときに、今の医療全体の中で考えれば、今の先生方は専門臓器で診てみますから、なかなかオールマイティーの先生で診てくれるというのは非常に少ないということは皆さんもご存じのとおりだと思っております。しかしながら、この部分、先生方で話をしていただき、何とか9名の今の常勤の先生でこの内科の先生を補うことができないかという話をしていただいておりますし、今それに取りかかって、その行動を今の仕事に移してもらっております。
 おかげさまで、きょうの入院数は125名おります。130ベッドの中に125名おります。これは、言うまでもなく、内科の先生だけでなくて小児科の先生、あるいは整形、あるいは麻酔、外科、そういう先生が一丸となって内科の先生をバックアップしているたまものだと、こういうふうに思っております。
 ただ、残念なことに、一番の問題は救急の問題であります。この問題を解決するのは、今町長がおっしゃったように内科の先生。どうしてもいま1名いなければ、皆さんが要望する夜中に、あるいは午後から入ってくる救急というものをいま少し円満に受けられるように我々はしなければならないということをくんでおりますので、この点、今町長が申し上げましたように、万全を期しながら我々は努力をしていかなければならないと思っております。
 約束をした改革プラン、これは十分私もやっていかなければならないと思っていますし、やれるだろうと思っております。違ったのは、今までの高畠病院の姿勢あるいは先生方との取り組み方が、本当に違っております。看護師さんも今本当に一生懸命取り組んでおります。今、皆さんからもクレームというまで、多少皆さんの言葉としてクレームはあるけれども、前にもあったようにペンであそこの中に投書という形で入れていってくださる方は、いなくなりました。そんなことを見ても、少しは高畠病院、皆さんの今までのご恩に報いているのかなと、こういうことでありますので、せっかく今までこの病院、歴史を守りながらこれまで病院でありますし、去年は赤字であったとしても、その前の年と初めて単年度の黒字というものが出たその実績というものは病院が肌で感じている部分がありますので、職員全部肌で感じておりますので、どの程度の仕事をすれば黒字になるのかということは皆さん十分に理解をしておりますので、この点は皆さんもご理解をいただき、そして今まで皆さんにも温かい目で叱咤激励をしていただきながらここまで来ている病院でありますから、いましばらく待っていただきながら、全力で医師招聘に今取りかかっております。今も1名の先生、何とかできるのかなというところまで来ていますけれども、これも相手のあることでありますので、決定するまではなかなか町長にも報告できなくているわけでありますけれども、精いっぱい頑張っております。
 そんなところで、いま少し皆さんにもご心配あるいはご指導いただかなければならない日数はあろうかと思いますけれども、そんな状況の中で頑張りますので。前年の赤字に対しては私に全責任があるわけでありますので、ここで改めておわびをしながら改めてスタートをしたい。こんなふうで約5カ月間過ぎておりますけれども、曲がりなりにも順調に来ておりますので、ひとついましばらくの間、時間をいただきたいということをお願いしながら、そしておわびにかえながら、今後よろしくお願いしたいということであります。よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 12番 直島義友委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 管理者のお言葉、ありがとうございました。
 それで、私もちょっとテレビを見たところ、自治体病院の約60から70%が赤字経営だ、こういう報道があったわけでございます。それで、やっぱり赤字を解消するには、管理者が常々言っている町民に信頼される医療を目指すということが何よりだという報道もあったわけでございます。その中身を見ますと、2つ3つ、こんなことをやっていますという話があったわけでございます。一番先には、挨拶をすることとなっています。患者さんと看護師さんでもなんでもいいですから挨拶をすること。それから、経営内容を事務局だけでなくてオープンにするという話もあったわけでございます。そういうことで、今管理者の言葉にもありました救急患者に対してはなかなか対応ができないということで、その辺が町民としてもちょっとサービスに欠けているのかなという感じがあるわけでございますけれども、内科医の医師が来ればそういうことも解消されるという話を聞きましたので、ぜひ町の中心医療センターとしての役割、救急患者、入院、設備があるのは高畠町では公立高畠病院ただ1つでありますので、ぜひ町民に信頼される医療に頑張っていただきたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 返答はいいですね。(「はい」の声あり)
 ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第14号 平成24年度高畠町病院事業会計決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第15号 平成24年度高畠町水道事業会計決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 水道事業会計は非常に順調になっておりますけれども、2点ほどお伺いします。
 決算書の12ページの概況の中で、経営状況ということで、置広水と自己水源が大体7対3ということになっておりまして、自己水源を持っている強みで、この間の豪雨のときにも自己水源で何とか7割ぐらい対応できたという答弁があったわけですが、ただ村山広域水道を見た場合に、こういう集中豪雨によって何日間も断水があったわけですが、置広水の場合、そういうことが起こり得るのかどうか、そして村山広域水道の場合ですと対応策ということでそれぞれ集まって協議していると新聞に出ていましたけれども、そういう対応策なんかを考えていらっしゃるのかどうか、お伺いしたいと思います。
 それからもう一つは、16ページですが、給水状況の9の有収率というのがあります。去年までは非常に有収率がすばらしかったんです。お金になる率が92%ということであったわけで、非常に高いんです。今回も89.9ですから高いほうなんですが、下がった要因というか、今、古い水道管を更新しながら有収率を高めているわけですけれども、下がったポイントというか、そういうものがつかめていらっしゃったら教えていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 原田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(原田久夫) それでは、お答えします。
 1点目の関係なんですが、高畠町、自己水源3割ということで、7割を置広水に依存しているということで、自己水源の能力は3割以上持っておりますが、前段の申し合わせというか約束の中で7対3ということになっているわけであります。それで、置広広域水道、村山広域水道のように、非常時にそういう事態が起こり得るのかどうかということ、それから対策を持っているのかということでありますけれども、実際的に県の置広水、同じような経営の考え方をしてきましたので、実際的には起こり得るリスクは高いものと思っています。起こった場合の対応ということについては、日本水道協会等を通しながら、7割水が不足するということになれば、そこに協力要請しながら、近隣市町村並びに他県からの協力を仰いで、一時的にしのぐという方法になるかと思います。当然将来的に、村山も実際起こったわけですから、置賜も起こるという危機感を持って、今後置賜広域水道のほうと協議する場を設けながら積極的にその辺、協議をしてまいりたいと考えていますが、そこまでには今至っていないという状況であります。
 それから、2点目の有収率の関係なんですが、これは実際的な話を申し上げますと、電算の移行が今年度から行なわれました。それで、過年度分について電算という形でやっていたわけですが、それにちょっとミスがあったということがわかりまして、正式なものにしたところ、有収率がこのように90%を若干割るような数字になったということであります。ちなみに、有収率については、委員おっしゃるとおり、相当高いものというお話がありましたけれども、近隣の自治体もしくは県のほうと比べてもトップクラスの有収率になっているということで、その辺はご理解をお願いしたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) リスクがあるというお答えだったわけですので、村山広域水道のほうで一生懸命検討会を開いてやっているようですので、ぜひああいうところも学んでいただいて、ゲリラ豪雨というか集中豪雨なんかがあったときに混濁して給水に使えないということがあるわけですので、ぜひそういう対応策などを学んでいただいて、そういう災害時に備えていただきたいと思います。
 有収率については、だんだん老朽管を更新していくのだから本当はよくなるはずが下がっているので、どうかなと思ったんですが、ミスということで、わかりました。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 答弁はいいですか。(「はい」の声あり)
 ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第15号 平成24年度高畠町水道事業会計決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。

             閉            会

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上をもちまして決算特別委員会の審査は全て終了いたしました。
 決算特別委員会で決定を見ました付議事件の報告につきましては、正副委員長に一任してくださるようお願いいたします。
 以上をもちまして決算特別委員会を閉会いたします。
 大変ご苦労さまでした。また、ご協力ありがとうございました。
 (時に午後2時58分)

--------------------------------------------------------------------------