議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 高畠町

平成25年決算特別委員会 本文




2013-09-11:平成25年決算特別委員会 本文

             開            会
委員長(大木 寛) おはようございます。
 本日はご苦労さまでございます。
 委員各位の活発な質疑をお願い申し上げながら、ただいまから決算特別委員会を開会いたします。
 (時に午前9時58分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ただいまの出席委員は15名であります。よって、定足数に達しております。
 それでは、決算の審査に入ります。
 本委員会に付託になりました案件は、認定第1号 平成24年度高畠町一般会計歳入歳出決算の認定についてより認定第15号 平成24年度高畠町水道事業会計決算の認定についてまでの認定案件15件であります。
 審査の日程は、本日とあす12日の2日間といたしたいと思います。
 本日の審査は、初めに一般会計歳入歳出決算の説明を一括で受け、終了後、歳入歳出ごとに質疑を行い、一般会計の採決をいたします。
 2日目におきましては、初めに各特別会計及び企業会計の決算の説明を一括で受け、終了後、各会計ごとに質疑、採決をいたします。
 ご協力よろしくお願い申し上げます。
 それでは、認定第1号 平成24年度高畠町一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。
 なお、当局にお願い申し上げますが、説明はページ数、会計、款、項、目を明示して簡明に行ってください。
 最初に、歳入の部分を総務課長から一括して説明願います。横山総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、歳出に入ります。
    最初に第1款議会費及び第2款総務費について説明願います。横山総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、齋藤企画財政課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、佐藤会計管理者。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、情野生活環境課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、鈴木建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、平間税務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、大橋町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 続いて、第3款民生費及び第4款衛生費について説明願います。冨樫福祉課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、大橋町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、山木教育次長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、石川健康推進課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、情野生活環境課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 続いて、第5款労働費及び第6款農林水産業費について説明願います。高橋産業経済課長。
             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、高橋農業委員会事務局長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 続いて、第7款商工費及び第8款土木費について説明願います。高橋産業経済課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 途中ではございますけれども、1時間も経過いたしましたので、ここで暫時休憩をいたします。
 再開を11時20分といたします。
 (時に午前11時05分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、休憩前に引き続き委員会を続けます。
 (時に午前11時19分)


--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 第8款土木費について説明願います。鈴木建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 続いて、第9款消防費及び第10款教育費について説明願います。横山総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、山木教育次長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、村上社会教育課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 続いて、第11款災害復旧費、第12款公債費及び第13款予備費について説明願います。鈴木建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、齋藤企画財政課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、佐藤会計管理者。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 以上で一般会計決算の説明を終了いたします。
 ここで暫時休憩をいたします。
 再開を午後1時30分といたします。
 (時に午前11時53分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、休憩前に引き続き委員会を続けます。
 (時に午後1時27分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 一般会計に対する質疑に入ります。
 質疑については、最初に歳入について一括して質疑を行います。次に、歳出については款単位に区分して質疑を行います。
 それでは、最初に一般会計決算の歳入について質疑に入ります。
 質疑の方、ございませんか。2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 20、22ページですけれども、税収等の収納対策については大変力を入れて頑張っていらっしゃるわけですけれども、不納欠損で、例えば固定資産税で1款2項1目固定資産税ですけれども、現年課税分での欠損が出ておったり、あと軽自動車税でも現年課税分で出ておったり、あと陰のページにいくと都市計画税も不納欠損が現年度で出ているわけですが、不納欠損というのはいなくなったり会社が倒産したり、あと消滅事項がいろいろあるわけでけれども、ここの現年度分の不納欠損というのはどういう理由でなされたのかお伺いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 数馬委員おっしゃるとおり、通常であれば滞納繰越になって不納欠損というのがあるんですが、現年度分について不納欠損といいますと、具体的に言いますと、例えば会社が倒産して課税したくてもできない、あるいは例えばの話ですが自己破産等で課税したくても納入ができないとか、いわゆる通常の時効とかそういうものでなくて、もともと課税すべき人がもういなくなって、あるいは会社がもうなくなってしまっているものについて、徴収することができないという意味で欠損処分しているということでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) わかりました。それで、今回、不納欠損、全体で800万円ほどにいっているわけですけれども、これは消滅事項とか5年の時効をできるだけしないとお聞きしたんですけれども、その辺の内容についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 不納欠損処分は、先ほど申し上げましたけれども、なるべく欠損処分をしないで収入を図ることにしているわけです。不納欠損をする理由でありますが、当然時効がありまして、5年を過ぎると時効が来てしまうということになりますが、町ではなるべく、5年間何もしないで欠損処分をするということでなくて、その滞納者の状況を見きわめまして、調査をします。その上で、例えば財産があるのかないのか、それから生活状況がどうなのか、そういうことを調べまして、例えば滞納処分をすることによって生活が困難になる、あるいは滞納処分をするような財産がないときにつきましては、積極的に滞納処分の執行停止処分をかけております。滞納処分の執行停止をかけますと、停止中に5年間が来てしまいますとそれで欠損処分ですし、その前になりますと3年何も状況に変化がなければ不納欠損処分になってしまうということになります。できれば、何もしないで不納欠損するということでなくて滞納処分の執行停止をかけて、その間に滞納者の資産状況並びに生活状況を見ながら、改善の余地がないものに対しては滞納処分の執行停止によっても不納欠損処分になると考えています。今のところ時効完成による不納欠損ですが、平成24年度では大体65%程度でありますが、実際は大部分は滞納処分の執行停止をかけてからの時効完成でありまして、何もせず5年経過で時効完成による不納欠損処分というのは約11.5%ということであります。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。13番 安部喜一委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) 105ページのふるさと納税の件なんですが、この状況をお聞かせ願いたい。これを目的として各市町村がいろいろ知恵を絞りながら、幾らかでもふるさとに納税をしてくださいという知恵を絞っていると思うんですが、高畠町ではどのような知恵を働かせて対応しているのか、その辺までお聞かせいただければと思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) ふるさと納税につきましては、このたびの決算では24年度49万100円ほど寄附をいただいております。さまざまな場面、あるいは広報、ホームページ、ことしに入ってフェースブック等で周知を図っているところでございますけれども、なかなかほかの市町村と比べると、これまで下位のほうに甘んじてきたという状況です。今年度に入ってより一層、まほろば会とかそういったところでの周知とか、さまざまなメディア等で周知を図っておりまして、今年度まだ半年しかたっておりませんが既に85万5,000円ほどいただいている状況でございます。今後もこういった部分を頑張ってまいりたいと思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 安部委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) ある町村では、秋になると出来秋のすばらしい新米を贈って、例えば3万円以上だと1俵を年2回にわたって贈るとか。例えば高畠町ですと何万円以上だと商工会で行っている美味玉手箱とかそういうものを贈ってふるさとの味も楽しんでいただける、そういう少しでも宣伝効果があるような方法、えさというのは語弊があるんですが、高畠町のふるさとのおいしいものをそういう方々に贈って喜んでいただける、その見返りが大幅な寄附につながる、そういうことも考えられるのかなと思っておりますが、そういう行動的なことは考える余地はないでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) もちろん、ご寄附をいただいた方についてはお礼状を差し上げた上で回数あるいは金額に応じる今おっしゃられたような特産品等をお上げしております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。6番 近野 誠委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) 80ページですが、11款の1項1目のところなんですが民生費負担金、保育所の他市町村の負担金が23年度から見ますと約倍になっておりますけれども、このことについて説明をいただきたいと思います。
 また、今後の受け入れの考え方等についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) 済みません、今私聞き逃したのですが、81ページの第2節の児童福祉負担金のうちのどこの部分をおっしゃられたのでしょうか。もう1回お願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 6番 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) 民生費負担金の81ページの保育所他市町村負担金というところです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) 基本的に、ほかの町から高畠町の保育施設に入所されている子供たちがふえているということでございます。詳しくは、担当の子育て支援係長からお答えさせていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 竹田係長。

--------------------------------------------------------------------------

子育て支援係長(竹田敏江) 子育て支援係、竹田と申します。私のほうからただいまのご質問に対してご回答させいただきます。
 保育所他市町村負担金でございますけれども、こちら現在10名ほど去年ですと該当の方がいらっしゃいまして、地区としては米沢市、南陽市が主なものでございます。金額が倍になっているというお話でございますけれども、低年齢、ゼロ歳児、1歳児等の小さいお子さんが多く入っていらっしゃる状況でございますので、保育の負担金がかかるということで金額がアップしている状況でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) よろしいですか。6番 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) 今後の見通し、条例とのかかわりがあると思いますが、その辺の考え方についてどのように考えていらっしゃるかお伺いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) 当町の子供たちが隣接する市町を含め他市町の児童施設で保育をしていただくということもございます。お互いさまでございまして、その辺のところについては需要を見ながら対応してまいりたいと考えているところです。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 15番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 94ページ、95ページの2目民生費県補助金の中で、県からの補助金なわけですが、具体的にどういう使われ方といいますか、どういう事業でなさったのかということをお聞きしたい。2つあるんですが、歳出のほうで具体的にこの名目が出ておりませんので、どこかの事業で使われたと理解して、詳しくお聞きしたいと思います。一つは、95ページのちょうど中段ころですが、社会福祉費補助金の地域自殺対策緊急強化事業56万9,000円について。もう一つは、児童福祉費補助金の中の下のほうですが、児童施設等給食モニタリング事業17万3,000円。この2つの使われ方、事業について、歳出のほうでどのことに当たるのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) それでは、私のほうから社会福祉費補助金の中の地域自殺対策緊急強化事業56万9,000円についてお答えしたいと思います。157ページをごらんになっていただきたいのですが、そちらのほうの精神保健福祉経費の報償費以下、自殺対策の講演会を開催いたしまして、その経費がこの精神保健福祉経費の63万3,000円の中に入ってございます。講師の謝金及び費用弁償及びポスター等の印刷製本費ということでございます。
 ちなみに、昨年度は香山リカさんの講演会で、2月に開催したものでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) 児童福祉施設等給食モニタリング事業につきましては、各児童施設で提供しております給食の放射能の残留物について費用をいただいているものです。詳しい金額等については竹田係長よりご説明申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 竹田係長。

--------------------------------------------------------------------------

子育て支援係長(竹田敏江) 給食モニタリング事業でございますが、これは昨年度、給食の放射能の問題がクローズアップされている事情で、県の10分の10の事業で、保育施設等の幼児施設を対象に、給食の放射能検査を年に2回ほど実施させていただきました経費でございます。昨年度ですと6施設、11回を実施させいただきました。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 15番 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 講演会の報償費については理解しました。
 給食の放射能汚染の検査についてですが、そうしますと歳出のほうではどの部分で使われたのかということと、放射能検査、年に2回、6施設でということですが、検査の依頼先などについて、わかれば教えていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) 竹田係長よりご説明申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 竹田係長。

--------------------------------------------------------------------------

子育て支援係長(竹田敏江) ちょっと……。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) 済みません、ただいまのご質問ですけれども、後ほど、ちょっとお時間をいただいて、お答えさせていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 二宮委員、よろしいですか。(「はい」の声あり)では、後ほどお願いいたします。
 12番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 23年度の町民税と24年度の決算の町民税を比べますと(「ページ数」の声あり)74ページ、75ページ、1款の町税でございます。それで、23年度と24年度の決算を比べますと約300万円ぐらいの差しかないわけでございまして、ほとんど町税に関しては横ばいなのかなというふうに感じとっているわけでございます。それで、サラリーマンなどの給与なども全国的には逆に10年前に比べると450万円から410万円に下がっているときのうNHKテレビでも言っていたわけでございます。そういう中で、歳入を見ますと、個人の町民税ですけれども、予算現額よも調定額のほうがふえている、それから法人の予算現額よりも調定額のほうがふえているということで、決算上では300万円といいますから全体的にはほとんど横ばいなのでございますけれども、予算現額と調定額との差、こういう差が出たのはなぜなのか。
 それから、個人町民税、法人町民税の動向、高畠町の経済はどうなっているのか、その辺を説明いただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 町税全体で見ますと、直島委員おっしゃるとおり、それぞれ現年課税分、滞納繰越分含めても、ほとんど昨年と同様、若干、二、三百万円ぐらいしかふえていないんですがという話でした。まず、全体的なところを申し上げますと、町民税については個人、法人とも昨年は伸びました。理由は後ほど申し上げます。あと、もう一つ、固定資産税が大きく減りました。これは、ご存じかと思いますが、3年に一度評価がえを行う関係で、特に家屋部分、土地も毎年下がっているんですが、家屋が3年に一遍、要は減価部分が出てきましたので、固定資産税は大きく下がりました。そのほかで申し上げますと、たばこ税は若干の伸び、都市計画税は若干の減等々ということで、トータルすると横並びか若干の増というところかと思っているところです。
 最初に個人町民税でございますが、経済動向でいいますと、去年前半を見てみますと円高ということがあって、輸出産業を中心にかなり経済状況が厳しかった。後半になって円安傾向になりましたので若干違ってきたという経済動向がありますが、それではなぜ町民税が伸びたのかといいますと、所得自体でいいますと、ほとんど横ばいです。1.2%ふえてはいますが、ほとんど横ばいです。なぜかといいますと、それは税制改正により扶養控除が大幅に改正されたというところであります。具体的に申し上げますと、15歳未満の年少扶養控除が廃止されました。それから、16歳以上19歳未満の特定扶養控除の控除額が削減されまして、普通の扶養と同じ金額にしかならなかった、それが大きいということです。例えば、15歳未満でいいますと、1人当たり33万円の控除が違います。ですから、税率、町・県民税、町と県合わせて10%の税率ですから、町・県民税、1人当たり3万3,000円の税金が黙って違ってきます。トータルして見ますと、一般扶養控除が平成23年に2,000人から24年度に980人ということで半分以下になりました。扶養の人数が。そういうこともありまして、これは想定ですが、平成23年度から24年度の人数だけで減額されたところを見ると、町民税で約二千数百万円、それだけでも違ってくるのかなと。それだけ税金がふえたのかなと。所得はほぼ横ばいですが、控除額が減ったために税額が個人町民税はふえたということであります。
 次に法人町民税の関係で申し上げますと、法人町民税については、一昨年からのヨーロッパの財政危機をきっかけとした円高基調でかなり大きな影響を受けたわけですが、実は輸出産業については、ご存じかと思いますが、去年の夏に人員整理がかなり大きく行われました。そういう関係もあって、輸出産業が芳しくなかったんですが、いわゆる内需関連、業種によってさまざまですが、それが結構業績がいい企業がございました。ただ、どの業種かというと、それがなかなかこの事業だということはなくて、企業によってかなりよかったり悪かったりと、そういうところが大きかった。全体的には内需関連の業績がいい企業の法人税でふえたところが大きかったというところがあるのかなと考えています。
 今後の動向ということでございますが、個人所得については、まだまだ所得自体は伸びる傾向にはまだありません。一部企業関係では業績がいいという話は聞いていますが、現在、4月から9月までの法人税の税収等を見てみますと、昨年よりも落ちています。法人税だけでいいますと。理由は税率の改正等があって落ちている部分が当然ありますが、全体的に見た場合、昨年ほどではないのかなと。これから企業関係の業績がどうなるのかということを見守っていきたいと思いますが、そのような状況です。
 それから、個人関係でいいますと、ことしに入ってからも大きい企業で人員整理がございました。それから、農業関係もかなり長雨等でそういうところもございましたので、あと企業関係も、先ほど申し上げましたが、なかなか伸びる傾向にはないとなりますと、所得関係は大きく伸びる要素は少ないのかなと。まだ年を半分ちょっと超えただけですので、後半に今後期待していきたいと考えているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) よろしいですか。(「はい」の声あり)
 それでは、先ほどの二宮隆一委員の質問に対しての返答をいたします。山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) 失礼いたしました。改めて申し上げますけれども、160ページ、161ページをお開きいただきたいと思います。3款民生費の中の2項児童福祉費の中の1目児童福祉総務費、そのうちの細目3の児童福祉事務経費の中に役務費手数料として17万3,250円掲載させていただいております。こちらのほうが検査手数料としてお支払いさせていただいたものでございます。
 検査を依頼したところですけれども、山形県の理化学分析センターにそれぞれお願いしているところでございますので、よろしくお願いしたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) よろしいですか。(「はい」の声あり)
 歳入について、そのほかございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ないようでございますので、打ち切ります。
 それでは、次に歳出について審議に入ります。
 第1款議会費及び第2款総務費について質問の方、ございませんか。15番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 135ページですが、前にもお聞きしたかもしれませんのであれですが、細目4の行政財産等管理経費、企画財政課の所管ですが、積立金です。今回、全体的に決算を見ますと目的別の基金への積み増しが結構これまでの年より多いと感じました。金額的に非常に大きいということです。これはある意味では貯金ですから喜ばしいことでありますけれども、その中で1つ、地域振興基金の2,090万2,000円、取り崩しもありますけれども、23年度末で1,300万円ほどが今回取り崩しし、さらに積み立てをした中で、24年度末では2,800万円ほどにふえている。これは喜ばしいことなわけですが、地域振興ですからあらゆるものが目的としては該当するかと思いますが、具体的にどういう使途、使い道を想定しておられるのか、前にも聞いたかもしれませんけれども、改めてお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) ただいまの質問につきましては、財政係長の柴田のほうからご答弁させていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 柴田係長。

--------------------------------------------------------------------------

財政係長(柴田賢治) それでは、私から申し上げます。このたびの地域振興基金2,090万2,000円につきましては、通常の積立金とは別でございまして、将来高畠町が負担する予定であります米沢平野国営かんがい排水事業の負担金がございますけれども、これが実は前もって特別交付税で措置されているという通常ではない取り扱いがございまして、このたび将来の高畠町の負担分について一旦積み立てをして、将来の負担に備えるという内容のものでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 15番 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) そうしますと、その他いろいろな基金とはちょっと性格が違うものかなというふうに今お聞きして理解しましたが、いわゆる米平に対する負担ということですと、交付税措置がなされているということですから、その分をここに積み立てておくということになろうかと思いますけれども、負担の時期でないときに前もって交付税措置がなされるというのは珍しいケースだと思いますが、その辺の時間的なずれについてはどういうふうに理解をすればよろしいんでしょうか。お聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) 歳入のほうの震災復興特別交付税の中に同じ金額が入ってきております。ということで、今回は震災復興に伴って特別な枠で国のほうで発動いたしました。その中から農林水産省から前もってという形で来ている部分でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 15番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) そうしますと、負担する時期はいつごろになる見通しですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) この部分につきましては、国営2期工事、これをやっていますけれども、これが終了になりまして、その後、据置期間の上で15年返済、ここの部分に充てるという形になりますので、よろしくお願いします。国営2期事業につきましては、今のところ予定は平成26年度完了となっていますけれども、1年間延びるような状況がございますけれども、その後に返済をしていくという資金でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) ページでなくて会計全体でもいいですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 第1款、第2款でなく総体的なことということですか。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 歳入と歳出の関係、全体的に見て。例えば経常収支比率の関係がどうなのかということ。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ちょっと待ってください。(「はい」の声あり)では、いいそうです。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 監査資料の中で2ページのところに決算の概要が出ていますけれども、その下に財政の分析指数というのがございますね、1)、2)、3)ということで。真ん中の経済収支比率ということで、平成20年度は非常に悪かったんですが、21年、22年と改善されてきたわけですが、23年、24年と今度は徐々に悪くなってきて、94.1と24年度の決算ではなってきて、弾力性がだんだんなくなって硬直化するという懸念がされるわけですけれども、今後この辺の改善策をどのように考えていらっしゃるのか。公債費負担比率は非常によくなっているんです。平成20年度は16.7で、だんだん少なくなって平成24年度は12.6ということで改善されてきていますけれども、公債費比率については今度学校を建てますのでまた公債費が負担になるわけですが、その辺のところがちょっと心配されますので、経常収支比率の改善策、その辺の関係についてお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 齋藤企画財政課長。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(齋藤利明) ただいまのご質問につきましては昨日の一般質問のときにもお答え申し上げておりますけれども、16年度から交付税が一気に下げられたという、ああいったところが3年ほど続きました。20年ごろから少しずつ交付税のほう、分母のほうですね、いただく交付税のほうは少しずつ回復しておるんですけれども、それがここに来て2年ほど若干減ってきているという部分と、それから経常経費がなかなか、行政改革等に努めてはおりますけれども、なかなか減らすことが難しいというところで、このような形で若干伸びてきているというところでございます。
 きのうも申し上げましたが、今回の平成25年度の予算編成につきましても経常経費の5%削減、シーリングということでやってはおりますけれども、そういったことをやりながら、歳入もにらみながらやっていくほかはないかなというふうに思っているところです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 2番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 平成17、18年ころですと予算が90億円前後となって、分母が少なかった点で大変経常収支比率が悪くなった時点がありましたけれども、最近は100億円を超えて110億円とかになってきているわけですので、その点から見ると余裕というか、若干予算的にはふえてきたと見るわけですが、自由に使えるお金というか、その辺のところの考え方、これから公共事業、学校とかいろいろなことがありますので、その辺のことも含めて全体的に財政の計画をしっかり立てていただきたいと思っております。これは要望でいいです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、ほかに。5番 鏡 善弘委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) ページ数では144と145ページになりまして、目では衆議院選挙の選挙費であります。細目の一番下になりますが、委託料の投票用紙読み取り点検業務ということで24万円ほど上がっておりますが、当然開票するための読み込み点検のためだとは思いますが、今回の参議院選挙もそうでしたが、エラーが出て、100枚単位だと思うんですが、読み取りがなかなかできないような状態でありますが、これは紙の質にもよるとはお聞きしましたけれども、新しいものとか交換とかなんかないのでしょうか。毎回この点検をされているんでしょうか。お聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 投票用紙の読み取り点検経費24万円ほどでございますけれども、確かに読み取り機の経費の中にはシステム等のプログラムの修正とか、あと点検も含めての経費ということになってございます。ご質問の読み取り機、確かに購入しましてからもう10年近くの機械でございまして、非常に故障とか読み取りミス等もあるということで、実は衆議院のときには間に合わなかったので、ことしの参議院選挙のときには新たな機械に更新させていただいたということで、対応は選挙管理委員会としてさせていただいているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 5番 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) 確かに衆議院のときはあったようですが、参議院になると、いろいろな意味で大変広範囲な氏名の投票用紙がありますので職員の方々も大変だとは思いますが、できるだけ早く開票がわかるよう再度点検のほうもよろしくお願いしたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 返答はいいですか。(「はい」の声あり)
 ほかにございませんか。9番 青海川正延委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(青海川正延) 120ページから123ページにわたりまして、総務費の2款1項1目の内容の中で13の委託料で631万9,887円、それから次のページの電子情報管理費ということで、これの委託料が7,844万4,318円と出ているわけでございますが、委託については、自前でできないということもあって委託をされていると認識しているわけでございますが、その委託の内容の中で人件費と絡んだ中の検索的なものは委託料の中にも含まれているのかどうかですけれども、その辺について今後どういうふうに捉えながら進もうとされているのか。当然、全体的に見ますと、総務ばかりでなくて全体的に委託料が大分あります。自前でできないということもあってそうなっているのかなと、また専門的なこともあるかと思いますけれども、人件費だけではなくいろいろなものを含んでいるという理解はしておりますが、その辺はどうなんでしょう。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 今ご質問のありました、2つ例を挙げまして委託料等の部分がございますけれども、確かに今ご質問がありましたように、いろいろな種類の委託がございます。2款1項1目のほうで、123ページの備考欄の上段のほうに委託料ということで430万円ほど計上させていただいておりますけれども、内容はその下に書いてございますけれども、一番大きなものとしては職員の健康診断の委託料でございますので、これは医療機関、公立高畠病院に委託して検診をしていただいているという部分が1点と、あと人事給与システム関係を電算化しているという部分の中で、制度の改修とか、改正等がありますとそのシステムの改修、あと保守点検ということで、これは職員等ができるような内容でございませんので業者に委託しているという内容になってございます。
 あわせまして、125ページのほうも備考欄に委託料で総額で7,700万円ほど計上させていただいておりまして、その下にいろいろな金額明細がございますけれども、この部分につきましては、これもほとんどが電算化、各町全体の中で行っている電算、住基システムも含めましての電算に係る保守点検、あとシステムの改修という部分を含めた金額でございます。
 このような形の中で、例えば戸籍、あと住民票等も、昔は職員が手書きという部分もありましたけれども、今は機械化になっているという中では人件費等の削減というのは、かなり大きな効果があるものだと思っております。あわせまして、24年度この7,700万円の中には、25年からアウトソーシングということで、小国町を除いた置賜管内の市町村が参加した共同電算化事業を行っておりまして、それの加入するための開発業務ということで約3,300万円ほどが含まれてございます。ただ、24年度は開発をするという部分でその部分がかかっているわけですけれども、共同電算化に入ることによりまして5年間で、5年スパンになりますけれども、大体3,600万円ほどの経費の削減になる。これが5年、10年、15年となりますと、その倍、倍で削減の効果が出てくるという形の中で、人件費の削減ばかりではございませんけれども、経費の削減、あと効率化という部分で見させていただいているところでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 9番 青海川委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(青海川正延) 今後、委託関係については今以上に委託を進めていくというか、これから何年間の中で委託を大いに取り入れて、人件費、そういうものについて削減していく、こういうふうな考えになるんですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 委託料は総務ばかりではありませんで、町全体のいろいろな部門の中で業務委託という部分を予算計上させていただいております。ただ、総務課の部分で考えていますのは、町が何でもかんでも業務をするという部分ではありませんで、当初は民間がまだ育っていないという部分の中で公的に町が行っていた業務であっても、これからは民間のほうでも十分対応できる、そういう業務については積極的に民間のほうに業務委託という部分も必要なのかなと考えているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは次に移りたいと思います。
 次に、第3款民生費及び第4款衛生費について、質疑の方ございませんか。15番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 2つお願いしたいと思います。
 まず1つは、153ページの社会福祉総務費の中の細目7、地域支え合い体制づくり事業費ということであります。これは大部分が県費で行われている県下一斉に取り組まれる事業だと理解をしますけれども、内容を見ますとハード事業なども含まれているようであります。簡単にで結構ですので、事業の内容と、それから県が目指しているこの事業の最大のポイント的なところはどういうところなのか。さらに、モデル集落ということも出ておりますので、もし支障がなければモデル集落も教えていただきたい。まず、その点です。
 それから2つ目ですが、175ページの予防費の中の細目3の委託料です。今も出ましたけれども委託料で任意予防接種業務。恐らくこの中に、県の補助の内容から見ますと子宮頸がんのワクチン接種のことも含まれているんだろうと理解をします。24年度については大体何名ぐらいの方がこれを受けられたのか。そして、今テレビなどでもニュースになっておりましたが、副作用というかどうかわかりませんけれども、この接種によって痛みが伴ったり体の異常を訴えている方が全国に何人かおられるというニュースなどもありました。我が町においては、そういった接種を受けられた方からの申し出、申告があったのかどうか、その辺、お聞きしたい。
 この2つをお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) それでは、私のほうから153ページ、細目7、地域支え合い体制づくり事業経費についてご説明をさせていただきます。
 この地域支え合い体制づくり事業は県費10分の10事業で、23年度から実施されているものでございます。内容的には、地域の支え合いの体制をつくるということで、ハードにつきましては、地域住民の活動の拠点になるような施設、具体的に申し上げますと、二井宿の地区公民館のトイレの洋式化や階段手すりの設置、それから集落の公民館、部落の公民館を地域の住民の活動の拠点ということで、トイレの洋式化などを進め、改善した施設をもとにサロン等の活動を展開するということで実施したものです。
 実績で申し上げますと、昨年改修したところは二井宿の地区公民館、弁天前部落、大町一です。あと、二井宿、屋代の除雪機を購入いたしまして、ひとり暮らしの高齢者等の除雪を地域の中にボランティア等の組織化をして除雪を支援するということで実施したものでございます。
 高畠町につきましては、昨年度940万円ぐらい、今年度この500万円ほどの金額を頂戴して実施させていただいたものでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 石川健康推進課長。

--------------------------------------------------------------------------

健康推進課長(石川庄一) 予防接種の関係の任意予防接種業務でございますけれども、二宮委員おっしゃるとおりに、そこの中には子宮頸がんの予防接種、あとヒブワクチンの接種などが含まれております。24年度、子宮頸がん予防のワクチンの予防接種につきましては、3回接種をするわけでございますけれども、1回目が56人、2回目が51人、3回目が44人という形の中で、中学校の1年生を対象にした予防接種を実施したところでございます。
 6月にですけれども、ワクチンの部分が厚生労働省で話題になりまして、積極的に進めるなというような形の中でございます。6カ月ぐらい後に方向性を出すということでございますので、今積極的には勧奨していないという状況にあります。
 予防接種をされた方については、当日気分を悪くされた方1人はいらっしゃいますけれども、30分ぐらいたって回復されて帰られたという例が1件ございました。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 15番 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) まず、地域支え合い体制づくりですが、お聞きしますと非常に事業の予算の使い方に幅があると感じました。除雪機を買ったりトイレの改修にも使えるということであります。拠点整備みたいな形だと思いますけれども、それを受けるためのソフト的なもの、例えばその集落に具体的に老人の方とか介護を必要とする人たちを支えるような体制づくり、組織づくりみたいなものが条件としてつけられているのかどうか、まずお聞きをします。
 それから、子宮頸がんのほうですが、これについては今後は様子を見てということで、積極的に今後推進するという態勢ではないというふうに理解をしてよろしいんです。
 では、その2つ、改めてお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) 条件ということではございませんが、前提として高齢者の方々を支援するようなこと、例えば除雪機の購入につきましては、支援の必要な方を把握し、そして支援するための組織づくりをお願いしているということです。除雪機を購入した後には、その組織で除雪等を必要な方、いわゆる単身高齢者等の方々の除雪をしていただくということが条件というふうなことになります。
 それから、もう一つは、二井宿地区、あるいは部落の公民館の改修につきましては、改修をした後に高齢者のサロンを開設していただくようにお願いをしているところでございます。そして、実際にその事業を月1回あるいは2月に1回ということで実施していただいているところでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 石川健康推進課長。

--------------------------------------------------------------------------

健康推進課長(石川庄一) 積極的に推進をしないということでございますので、集団接種とかそういうふうな部分については行わない。ただ、医療機関に個別に、24年度もあったんですけれども、行って接種されるという方については、医療機関が状況をご説明されて、それでもお受けになられるという方については予防接種をするという仕組みになっておりますので、ご理解をいただきたいと思います。
 先ほど、では状況はどうなんだということで30分休んで帰られて、特に継続的に悪いということではございませんので、全国的にいろいろと症例に挙げられるような部分ではないということでご理解いただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) なければ、次に移ります。
 次に、第5款労働費及び第6款農林水産業費について質疑の方、ございませんか。2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 195ページですけれども、4目の畜産業費で貸付金です。250万円に対して支出済額が31万8,000円になっていますけれども……、わかりますか、どこだか。予算の場合ですと、これは貸付金ですけれども、県の肉用繁殖牛導入資金ということですけれども、見積もりで、ことしどのぐらい借りる予定かということで見積もりを立てて予算要求をして、この予算が確定になってくるわけですけれども、途中で情勢が変わったりなんかした場合ですと12月とか3月に減額補正になるわけですけれども、何か特別な事情があって31万8,000円そのままというか、状況の見直しとかはしなかったのでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) ここの部分につきましては、貸付金でございます。肉用繁殖牛と乳牛という2つがあります。ここの部分については、予算を計上させていただく場合についてはもちろん要望をいただいて、この予算を計上させていただいた。あと、正直言いまして、3月でなければ落とせばよかったというご指摘でございますけれども、ぎりぎりまで希望者の方の動向を調査したわけですけれども、なかなか実行に移せなかった、それを早目にしなかったという部分につきましては、うちのほうでもうまくない点があったわけですけれども、ぎりぎりまで待って手続が少しおくれてしまったということでご容赦いただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 2番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) そういうふうに貸付金の場合はいつ借りるかわからないということもあることはあるわけですけれども、余裕を持って例えば100万円とか50万円とか用意しておくとか、弾力的に運用していかなければ不用額がかなり大きく出てしまうということになるので気をつけていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 答弁はいいですか。(「はい」の声あり)
 ほかにございませんか。6番 近野 誠委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) 193ページの農業振興費のところで、交付金ということなんですが、環境保全型農業直接支払いの関係でお聞きしたいんですけれども、この事業については当初は農地・水の中でいろいろ対応されてきたかと思いますけれども、単独になりましてこの事業になったわけなんですが、取り組んでおられる農業者の数と、どのぐらいの面積になっているのか、お伺いしたいと思います。
 それとあわせて、有機栽培されている方の人数、面積でも結構なんですが、おおよそ何%ぐらいの方が加入して申請されているのか、お伺いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) それでは、環境保全型農業直接支払いにつきまして、この取り組み面積につきましては134ヘクタールほどございます。人数にして77名分でございます。直接支払いの登録につきましては5種類ほどあります。5割軽減とカバークロップ、それからリビングマルチ草生栽培とか冬期湛水の部分がありますけれども、その部分については高畠町では取り組んでおらないわけです。
 それで、有機農業の取り組みということで、全部その部分について取り組んでいる内容になっておりまして、有機農業の取り組み面積につきましては全体で先ほど申しましたとおりですけれども、その中では水稲が117ヘクタール、飼料米とか大豆とか枝豆等々ございます。そういう形の中で有機農業に取り組んでいる方がこの人数で、補助金をいただいているという状況でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 6番 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) 134ヘクタール、77名ということなんですが、実際申請をしなくても有機農業に取り組んでおられる方もいらっしゃるのではないかと思いますけれども、その辺の把握はされていらっしゃいますか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) もちろん、この部分につきましては水田農業推進協議会、それが再生協議会に変わりましたけれども、その説明の中で、こういう部分についての取り組みがございますということで、2月に各地区を回り、全農家を対象にこれを全部周知させていただいております。さらには去年の実績とかそういう部分も含めながら、ことしはどうなんですかと、どうしても申請がない場合については、そういう部分について一軒一軒詳細なやりとりをしながら、その上でこのように申請をしていただいているという状況でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 6番 近野委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) わかりました。ただ、有機農業に取り組んでいる方が全て申請をしているのかというと、そうではないと私は思っているんですけれども。事務的に非常に大変な部分があるのではないかということが想定されるわけなんですが、その辺についての指導も含めて、ぜひこれを拡大できるような形で取り組んでいただければと思ったところですので、よろしくお願いしたいと、要望であります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。15番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 第6款で2つお願いします。
 まず、191ページの3目農業振興費の中の細目3、農業振興経費のちょうど中段ころですが、これも前に質問したことがあると思いますけれども、ちょっと納得いかないものですから改めてお聞きします。南奥羽鳥獣害防止広域対策協議会の負担金ですが、278万4,520円。大変金額的には大きいと私は思っています。これは県なり国からの補助金は入っていないということで町単独で支出しているのかなと理解しますが、毎年このぐらいの金額をしている。事業の内容は、前にお聞きしたときは、猿とかそういったものに発信機をつけたり、南奥羽一帯の鳥獣の生態調査、そういった事業をやっているんだということでありますが、事業の成果が果たして本当に具体的に各地域の鳥獣被害対策に役立っているのかと非常に疑問を感じます。300万円近い金を負担しながら、どれほど鳥獣被害対策に対して我が町にとって恩恵があるのかというふうに感ずるところであります。
 このぐらいの金額をかければ、パトロールの専門の方を頼んで毎日回っていただいても、むしろそっちのほうがいいのではないかと思ったりしておりまして、この事業の成果といいますか恩恵といいますか、その辺どういうふうに理解して負担なさっているのか。義務的なものだと思いますけれども、改めてお聞きします。
 それからもう1点ですが、195ページの畜産業費の中の緊急県産稲わら確保対策事業。これは放射能で汚染地域から購入した稲わらを使おうとしている人に待ったがかかって、それの購入費の補助とかなんかではないかと思いますけれども、改めてこの事業の内容についてもお聞きしたい。
 2つお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) 初めに、南奥羽鳥獣害防止広域対策協議会の負担金という部分でございますけれども、この部分につきましては、委員ご存じのとおり、山形県、宮城県、福島県がこういう協議会を組みまして、組んで国の補助をいただくわけなんです。ですから、一旦支出しておりますけれども、雑入でその部分は返ってきているんです。全部ではないんですけれども。雑入で返ってくる部分が、113ページを見ていただきたいと思います、中段から下、南奥羽鳥獣害防止広域対策協議会ということで183万円ほど返ってきております。実際の負担は、支出した部分からこの183万円を引いた部分が負担ということになっておりまして、この部分については補助金が後から入ってくるものですから、初めから見込めないものですから後で雑入で受けているというような一つの状況でございます。
 それで、この部分の加盟については、3県で20数団体になっています。そういう部分で、数が大きければ国としても採択できる、広域的ですから採択順位が上がるということで、このような結成をしています。
 それで、取り組んでいる内容でございますけれども、1つは受信機の設置、さらには花火の資材とか、24年度ですと、それから研修会等々をやっておりまして、この中では、19年からやっていますけれども、毎日、今現在パトロールをやっておりますけれども、その際に発信機を補助でつけまして、それを毎年調査することによって生息調査ができます。生息調査ができるということは、保全管理計画も含めます、あと防止対策も含めます、そういう部分のメリットが出てきまして、それによって猟友会に委託して、今度は捕獲とか駆除ができる。そういう点では、これなしに対策は組めなかったということでは最大の効果を生んでいる。町として保全管理計画を組みますので、テリトリーとかそういう部分の発信機とか受信機とかそういう部分を買わせてもらって、毎日群れの移動とか群れの数とかそういう部分を把握することによって管理計画とか防止対策を組めるようになるわけです、初めて。それで年間通して捕獲とかそういう部分ができるようになったわけです。19年からの積み上げがあるからこそ、そういうことができる。そういう点では大きな成果という形で町としては捉えております。
 続きまして、稲わらの部分でございますが、委員おっしゃるとおり、震災以降、放射能を含んだ稲わらを使って肉に出た、そういう部分の防止をするために、地域内で稲わらの増設を図った場合、そういう部分についての補助、さらにはそのために必要な機械、器具の導入を図った場合の補助、そういう部分について3分の1以内で補助を受けられるという状況でございまして、24年度につきましては入生田わら組合さん、それから糠野目の機械利用組合さんということで2団体から申し込みをいただきまして、稲わらの収集面積の増加と、あとはロールベーラーとかフロントローダとかそういう部分の機械の購入に補助をさせていただいているところでございます。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 15番 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) わかりました。南奥羽鳥獣対策については、雑入で国から入っているとは思いませんでしたので、そこはわからなかったんですが。ただ、差し引き100万円近い金は町から出ているわけで。課長はその効果は十分大きいという答弁ですけれども、そう言われればそうかなとも思いますが、これは任意加入ですか。南奥羽3県で幾つかの市町村が加盟しているということでありますけれども。そこだけちょっとお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) これはもちろん任意加入でございますけれども、当初は福島県のJAが事務局を務めておりました。ただ、震災以来、福島県の場合は相当の被害を受けたということで、JAさんとしてはもう事務局を受けられないということで。取りまとめするわけですね。各町であったり農協さんの取り組みを取りまとめて、それを総合的に国庫補助の申請をするわけです。その後の進捗管理あと完了届まで全部事務局でやっておったわけですけれども、それができない。宮城県も被災を受けたということで、山形県でその事務局を務めてくださいということになりました。初め、上山市さんがやりました。その後、東根さんがやりました。その後、現在高畠町がやっております。これは、事務費は持ち出しで。この取りまとめは大変です。ただし、そういうメリットがある。助け合ってやっぱりそういう対策をしなければいけないという趣旨もございますので、やっている状況でございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 15番 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 課長が力を入れて効果があると言ったので、最後にわかりました。事務局をやっているということですので、頑張っていただきたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。5番 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) ページ数で言いますと209ページになります。これは前ページの観光費になっておりますが……

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) まだそこまで……

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) 済みませんでした。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 9番 青海川正延委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(青海川正延) 193ページの6款、細目6の中で、事業委託料ということで540万円。これは指定管理料という形で運営していると思いますが、その内容等について、私ちょっと忘れたかどうかわかりませんが、報告についてなかったと感じているわけでございますが、その辺の報告ということについては、する必要がないのかどうか。また、観光協会ですと総会のときに出席しますといろいろお聞きするわけでございますが、この場合ですとどういうふうな報告……、必要なのか必要でないのか。それは求めた中でというようなことであれば報告しますよと、こういうことになるんですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) 報告という部分がちょっと理解できないんですけれども、することはないということになっています。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 9番 青海川委員。

--------------------------------------------------------------------------

9 番(青海川正延) 最近、皆さんもご承知のとおり、2020年に東京オリンピックが開催されるということが決まったわけでございます。その内容等を見ますと、日本人がオリンピックが開催されることによっていろいろな活力となって、いろいろな面でよい方向に進むだろうということについて調べた内容等をちょっと確認させていただいたわけでございますが、まず日本人は温泉に入ることが好きだ。それから、安全な食についてということで、非常に外国の人たちが注目をしている。日本人がやっていることについて、全てそこに触れ合いをしたい、ぜひやりたいという考えがあるようでございまして、これと関係あるかどうかわかりませんが、委託関係を受けて指定管理者の中で町と一緒になってその辺について観光的な形で取り組んでいただけば、高畠町としてもいろいろな面で実績的なものも上がって来るんじゃないかと思われましたので、その辺は農林水産関係の中でどういうふうに考えられているかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ページ数はわかりますが、細目で言うと……。では、高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) 先ほどの部分で補足させていただきますけれども、この指定管理につきましては町の財政援助団体になっております。当然町の監査も受けているという状況になっているところでございますので、先ほど言いましたとおり報告の義務はないということでご確認をお願いしたいと思います。
 また、「ゆうきの里さんさん」、3施設がございますが、その運営管理を指定管理をしているわけです。その中では、都市との交流、この細目にもございましたとおり、そういう観光的な部分、さらには有機農業の発信、そういう部分の中で皆さんに来ていただくような手だてをして利用していただいているということがまず第1点。さらには、産業経済課としては、観光、農業、その辺を結びつけるということで、JRと、さらには地元の企業さんと、そういう施設を使っていただきながら発信して地域産業の発展につなげる、そういう部分につきましても大きく担っていただいているところでございますので、町としましてもそこら辺は、今後オリンピックという部分があれば、そこにつなげるような事業展開も検討していきたいと思いますので、よろしくお願いします。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 青海川委員、納得できましたか。(「はい」の声あり)
 それでは、ここで暫時休憩をいたします。
 再開を3時5分といたします。
 済みません、今の5款、6款について、あと質問の方いないんですよね。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) では、休憩に移ります。
 (時に午後2時46分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) それでは、休憩前に引き続き委員会を続けます。
 (時に午後3時02分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 次に、第7款商工費及び第8款土木費について、質疑の方ございませんか。5番 鏡 善弘委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) 先ほどはフライングをしてしまいまして申しわけありませんでした。
 ページ数で言いますと209ページになります。観光費であります。ちょっとわからないところがあるのでお聞きしたいと思います。備考欄のちょうど真ん中、補助金に町観光協会に1,886万円ほど出ております。その下の細目4の観光施設管理経費のまたちょうど中間のほうに、先ほどちょっと説明あったんですが、総合観光案内施設等の指定管理料ということで、ここには約1,200万円ほど出ております。この関係性でありますが、結局どういうことになっているのか、総合観光案内とはどこの施設のことを示すのか、それをお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) 総合観光案内施設につきましては、道の駅等の部分を総括して総合観光案内施設と言っておりまして、この指定管理料の部分については当然総合観光案内施設の部分の指定管理料。例えば太陽館の補助金につきましては、町の観光に関する部分についての発信とかそういう部分のお願いをして補助金を差し上げているということで、この部分についてはきちっとすみ分けをして、補助さらには委託しているところでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 5番 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) ということは、観光協会は協会で全然別で、要するに道の駅のほうを総合観光案内という位置づけをしているということですか。わかりました。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) いいですか。(「はい」の声あり)ほかにございませんか。11番 小松政一委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(小松政一) 8款土木費について、225ページの住宅リフォーム支援事業ということでお聞きしたいと思います。先ほど質問の中で66件、1億9,200万円、こういう効果があったという話であります。非常にいいことだと思っているし、私自身も一般質問でも聞いたことがありますし、非常にいい傾向であると思います。これは県の補助金も1,000万円ほどありますし、高畠町としてはまだまだ普及していきたいと思いますけれども、今後どの程度あるかという点と、もう一つ、若者定住促進事業250万円ありますけれども、これは何件ぐらいなんですか。そこは聞いていなかったので、教えていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 鈴木建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(鈴木秀則) 補助金の中の住宅リフォーム支援事業でございます。これ、ことしで3年目ということで、県のほうでは3年間という期限を切っているようなんですが、各市町村から非常に要望が強くございまして、25年度まではありました。25年度以降について、3年の期限つきということですが、これからも続くだろうというふうに思っております。毎年、約六十数件ございます。まだまだ多いのかなというふうに思いますし、24年度の決算でございますので、これまたフライングで申しわけございませんが、消費税等の絡みもございまして、これからどんどん需要が出てくるのかなと。
 1億九千何百万円の対象事業費でしたので、町内事業関係者についてはかなり波及になったものと捉えております。今後もぜひ県のほうにも強く要望していきたいと思っております。
 若者定住促進事業でございます。1件50万円でございますので5件でございました。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。8番 佐藤仁一委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(佐藤仁一) ページで言いますと207ページの商工振興費でございますけれども、全体的に大分潤った振興費なのかなと思っております。特に保証協会の補給金とか、さらには振興資金なども前年より伸びているような感じもありますし、またことしから製造業経営革新事業1,000万円は新たな事業、そしてもう一つの立地促進事業資金なども大幅にふえているわけでございますけれども、特に保証協会の補給金とか振興資金は何社ぐらいで借りられているのか、またその成果といいますか効果というものをお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) 初めに、県の信用保証協会保証料の補給金につきましての実績を申し上げます。ここの部分につきましては、平成24年度累計になりますけれども、697件を補給しているという状況になっておりまして、年間、ここに載せてあるとおり、1,768万1,637円となっております。この部分につきましては、内容は委員ご存じですから、そういう点では昨年よりは90件ほど伸びておりまして、ここ最近はずっと90件、一番厳しかった平成20年については800件ほどありましたけれども、21年から少なくなりまして、順次またふえまして700件近くなってきたということでは、その部分について利用いただいている効果は再度出てきたのかなと思っております。
 また、振興資金の部分については中小企業振興資金の部分でございますけれども、ここの部分については昨年度、年度当初から相当の利用率がございまして、途中で1,000万円ほど増額補正をさせていただきました。中間までは相当伸びてきたんですが、その後、伸び悩んだ。トータル的には7,400万円まで落ちたわけですけれども、ただ平成23年には5,200万円、その前は4,200万円ということで、そういう部分では昨年度、伸びをかなり示したという状況で、ご利用いただいているということをうちのほうでは把握させていただいておりまして、効果も上がっているということで確認しているところでございます。
 件数でございますけれども、新規としましては25件ございまして、年度末残高としては40件ほどございます。そのような状況で、ふえているという状況でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。8番 佐藤仁一委員。

--------------------------------------------------------------------------

8 番(佐藤仁一) 状況的に伸びていると。私もお世話になったことがありますので大変ありがたい補給金だと思っています。この中で、今回の製造業経営革新事業1,000万円でありますけれども、背景には雇用の確立とか税収のアップなど裏の効果も非常に大きいのではないかと感じますので、来年度も、来年の話をするのはおかしいんですけれども、来年もこういった事業をさらに拡大して続ける必要があるのではないかと考えるんですけれども、この辺のお考えはどうでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 寒河江町長。

--------------------------------------------------------------------------

町 長(寒河江 信) おかげさまで大変喜んでいただいて使っているというふうに認識をいたしております。今委員からお話ありましたように、ぜひそういう中でさらに強化を図りながら取り組んでまいりたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかに。13番 安部喜一委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) 高畠ブランド推進の中ですが、高畠には「まほろば」という商標登録、多分完了していると思うんですが(「207ページでいいですか」の声あり)207ページの中の関連なんですが、今回の一般質問でも高畠の名称の統一を図ったらいいのではないかという話もあったようで、「まほろば」という名称、高畠で管理している名称の使い道とか、これからどうお考えになっていくのか、ブランド品との一体化を図るのか、その辺の関連はどういうお考えなのかをお聞かせいただければと思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) 一般質問でも町長からご答弁させていただきましたけれども、ブランド認証商品につきましては、まずは高畠をつけていただきたい、そして高畠を発信するという部分で取り組むという一つの方針がございます。あと、今お話ありました「まほろばの里」、これも知的な部分として権利として持っております。ただ、この部分についても商品名に「まほろば」という部分はついておりますから、こちらも使用の届けをいただいて認証している、そういう部分もやっております。ただ、「まほろば」「高畠」なのかという部分になってきますと、町長が申しましたとおり、高畠をまずは前面に出したブランド品ということで進めていきたいと考えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 13番 安部喜一委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) その辺の商標の捉え方なんですが、どういう形で、ある程度こういうことで使ってもいいですよとか、品目とか何かの明示はなされているのかどうか。
 あともう1点は、あれは10年ごとの多分更新に当たると思うんですが、それをずっと高畠で持ち続ける意思があるのかどうか、その辺もお聞かせいただければと思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) その部分の権利、知的な部分の財産でございますので、これは分野が相当決まっています。当初とった部分について、この場で詳しい部分はお話はできませんけれども、そのとった範囲内での使用を承認していくという方針でございます。
 あと、この先の方針については、「まほろばの里」という部分もございますので、そこら辺の有効活用をできるようにしていきたいとあわせて考えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 13番 安部喜一委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) ひとつ、いち早くお知らせいただければと思っております。使い道が決まっているということですので、使い道の決まっているのを私たちに提示していただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) 私も詳しく説明できませんけれども、権利が及ぶ範囲が決まっているわけなんです。「まほろばの里」という部分については、どういう部分で(「後で教えてください」の声あり)では、後でその辺につきましてはお知らせしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) なければ、次に移らせていただきます。
 次に、第9款消防費及び第10款教育費について、質疑の方ございませんか。12番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 235ページの備考の欄でございます。特色ある学校づくりの支援事業で100万円ほど予算になっているわけですけれども、どういう事業を支援したのかお聞きしたいと思います。
 それから、237ページですけれども、その備考の中段ですけれども、小・中学校の学力向上経費というので320万円ほど予算が上がっているんですけれども、全国学力テストは山形県はかなり成績が低いといいますか悪かったような報道もあったわけでございますけれども、この向上経費が少なかったから学力が下がったのか、何か問題があったのかどうか、その辺どのように分析しているのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) まず、235ページの特色ある学校づくり支援事業についてでございますけれども、直島委員もご承知のとおり、今現在小学校で6校、中学校で4校ございます。合わせて10校ございます。1校当たり10万円ずつ助成をさせていただきながら、それぞれの学校が特色あるということで、いろいろな学校づくりをしていただいています。例えば二井宿小学校で申し上げますと、自分たちでお米をつくったり、あるいは大根をつくったり野菜をつくったりして、食育事業を推進したりしてございます。こういった10校がそれぞれ特色を出した学校経営づくりをするということで助成させていただいている事業でございます。
 2点目でございます。237ページ、力のつく授業づくり推進事業でございます。こちらのほうは、今学力調査のことについて触れられましたけれども、それとはまた別でございまして、4年ほど前から高畠町が独自に、子供たちが一人一人いろいろな能力を持っていますけれども、能力を引き出すための授業づくりをしていきたいということで、4年前から取り組んでいる事業でございます。具体的には、それらのことを実践するために、こちらのほうも1校当たり6万円ほどでございますけれども、10校分確保しながら、それぞれ独自に取り組んでいただいているところでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 12番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 特色ある学校づくりということで、具体的に二井宿小学校では食育に力を入れているという説明があったわけでございます。10万円の予算ですから限られている予算の中で特色ある学校づくりというのはちょっと厳しい現状かなという感じもあるわけでございますけれども、人間形成にとって、特に低学年については、そういう魅力あるといいますか、小学生にも魅力ある教育の内容が子供の心といいますか、そういうことにつながっていくというような感じもしますので、ぜひこの新事業を続けていただきたいと感じ取っているわけでございます。
 それから、一人一人の能力を向上するためということでこれを4年前からやっているという話でございますので、全国学力テストにも反映するのかなと思っていますと、なかなかそうではないようなこともあるわけでございますけれども、その辺、県内の学力テストの成績、高畠町は特によかったと言えるのかどうか、この辺の関係もお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 山木教育次長。

--------------------------------------------------------------------------

教育次長兼教育総務課長(山木義昭) 全国学力基本調査の件につきましては、この後、総務文教常任委員会が13日に予定されておりますけれども、そちらのほうで国の平均値を示しながらご説明をさせていただければと思っております。
 こちらのほうの力のつく授業づくりにつきましては先ほどお答えさせていただいたとおりでございますけれども、もう少し詳しく指導係長のほうからご説明させていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。半田指導係長のほうから説を明申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 半田指導係長。

--------------------------------------------------------------------------

指導係長(半田俊一) 教育総務課の半田でございます。よろしくお願いいたします。
 力のつく授業づくりでございますが、各学校において、例えば子供たちの力に合わせたワークブックとか問題集の準備、作成、そして専門的な知識をお持ちの外部講師を招聘しまして授業研究会におけるアドバイスなどをいただいております。さまざま学校において力のある子供さんから時間をかけて教える子供さん、さまざま幅があります。その子たちに丁寧に対応するために、さまざまな手だてをとるために、このような形で予算を上げております。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。3番 島津正幸委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 267ページの7目、郷土資料館ですけれども、実は以前同じような質問をさせてもらったんですけれども、430万円費用をかけています。利用価値をどう生み出していくかということで、以前もいろいろなイベント等をやって価値を高めていきたいという話がありました。実績として入館料が6万7,000円ぐらいですから、どのくらいの入館者数かわかりませんけれども、その辺は目標に対してどうであったのか、430万円の価値をどういうふうに評価されているのか、今後どうしようとされているのか、以上、お聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 村上社会教育課長。

--------------------------------------------------------------------------

社会教育課長(村上 弘) ご承知のように、郷土資料館は高畠町の民具等の展示をしているところでございまして、高畠町の歴史を知る上では大変貴重なものでございます。特に小学校の子供の授業や地域の皆さんからは来館いただきながら、学習の場となっているものでございます。一時、閉館になったこともございまして、その閉館になったときには地域の方々からもボランティアで何とか開館にこぎ着けたという経過がございまして、今現在は4月から11月まで開館し、冬場には閉館となってございます。確かに6万円ということで入館料等は大変低うございますが、貴重なものを展示しているということから今後も継続して、もっともっと有効な利用を考えなければならないと思っておりますが、活用してまいりたいと思っています。
 特に去年などは企画展なども考古資料館と連携しながらやっているということなどもございますし、考古資料館、それから歴史公園、安久津八幡神社、または道の駅等とも連携させながら活用できればということを考えているところです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 3番 島津正幸委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) そういうお答えからいきますと、十分に利用価値はあると評価しているわけですね。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 村上社会教育課長。

--------------------------------------------------------------------------

社会教育課長(村上 弘) はい、そう考えているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 寒河江町長。

--------------------------------------------------------------------------

町 長(寒河江 信) 島津委員もご存じだと思いますけれども、皆さんご存じだと思いますけれども、奥まった場所にあるわけです。あそこまで足を運んでいただくのは、なかなか厳しいのかなと、今の現状で。そういう中で、地域の方々とお話をさせていただきまして、周辺をぜひ環境整備をしたいということで今話し合いをさせていただいております。もっときれいに整備をして、今島津委員からご指摘ありましたように、やっぱり総合的に見直しをかけないと、なかなか魅力的なものにはならないのではないかと思いますし、ぜひそういうようなときに一緒にかかっていければいいなというふうには思っています。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。5番 鏡 善弘委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) 同じページ、267ページであります。文化振興費の中の細目3の下の積立金の話でありますが、300万円ほどの積み立て、文化振興ということであります。これは当然積み立てですから目標があるかと思いますが、300万円を文化振興の基金に積み立てて目的が何かあるんでしょうか、お聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 村上社会教育課長。

--------------------------------------------------------------------------

社会教育課長(村上 弘) 名前のとおりでございます。芸術文化振興のために幅広く使わせていただくということでございますが、去年の例を見ますと、中学校の芸術鑑賞等に使わせていただいているというのが実態でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 5番 鏡 善弘委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) わかりました。その上に中学校芸術鑑賞教室とありまして32万5,000円ぐらいあるんですが、そのままだと思いますが、文化振興事業が総額で476万円になっていますが、そのための基金ということになるんでしょうか。全体的に文化振興事業が467万円になっていますが、その積み立てという考えでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 村上社会教育課長。

--------------------------------------------------------------------------

社会教育課長(村上 弘) 積立金に関しましては全体で昨年は300万円を積み増しいたしましたので、24年度末は485万円ほどになってございます。つまりは300万円を積み足さないと185万円ほどだったということでございますが、そのために今回は300万円を積み増ししたということです。今おっしゃったように、中学生の文化振興会や小・中学校の芸術鑑賞教室などはそれぞれ個別に補助金はおあげしているものの、それだけでは足りないものがあったり、例えば音楽鑑賞の場合、ギャラの関係とか出演者の関係とか、あと演劇などもどういうものを見るかということによって大きく金額等も変わるということもございまして、その分をこの振興基金から拠出していることもございますので、芸術文化振興のため全般のという意味合いでありますので、文化振興事業費の予算のほうに充当するのかと、そういう考えではございません。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかに。15番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 226、227ページの消防費についてお聞きします。
 2市2町の統合によって24年度決算では統合後初めて100%決算の中身がなされているわけですけれども、この中で負担金、補助及び交付金の常備消防の置広の負担金3億1,435万4,927円という金額です。これは我々が置広に負担するわけでありますが、この金額を見ますと、統合前、その前年の23年度決算ではちょうど統合に向けてのいろいろな準備があって、置広へ別枠で3,000万円の負担がありました。それにもかかわらず総額で、単独消防のうち常備消防のときはその3,000万円を含めても2億9,000万円ほどの支出で済んでいたわけです。それから見ますと、統合してかえって負担金が大きくなったなと私は感じます。さらにさかのぼっていろいろ調べてみますと、消防費については、常備消防だけ見ますと、統合前については我が町では大体2億五、六千万円の支出で今までやってきたという形であります。統合したとたんに3億を超える置広の負担ということで、もちろん施設整備なども関連しますから一概には言えませんが、ただ金額としてかえって統合によって大きくなったという印象を持っています。統合前のいろいろな財政シミュレーションの説明などの中でも、経費の節減、持ち出しの節減が図られるという説明の中で、主に人件費の削減なども含めて、全体的な施設整備なども含めて、削減が図られるというシミュレーションを示されましたが、まだ1年目ですからここだけでは判断ができませんが、経費の節減に向かっているのかどうか。町長は理事として置広の消防組合にも出ていらっしゃるわけなので、24年度決算の常備消防、置広の負担金の金額についてどういうふうに見られておるのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 寒河江町長。

--------------------------------------------------------------------------

町 長(寒河江 信) ご指摘のとおり、走ったばかりであります。そういう中で、理事会においてもいろいろな議論を重ねてきたところであります。そして、この結果につきましては、置広議員の皆様にもしっかりと説明をさせていただいてご理解をいただいたところでもあります。私は将来については、今ご指摘あったような中で取り組んでいけるという確信を持っております。
 そのほかについては横山課長から答弁を申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 消防の負担金は、今二宮委員が申されましたように、2市2町で人口割、平等割も含めまして比率がございまして、それに伴いまして負担金が算定されるという制度になってございます。確かに23年、24年という部分で単独消防署があった場合、あと広域とありますけれども、1つ大きな要因としましては、合併前から2市2町の合意によりまして消防通信施設関係のデジタル無線化事業等については前の年から取り組みをさせていただいている。これは議会にも委員会にも報告をさせていただいておりますけれども、これも2年がかりで総額で12億円近くの設備投資が必要になってくるという部分と、反面、統合したばかりでございますので将来的な装備等の10カ年計画とかそういのはございますけれども、今現在は、4つの消防本部があった時代の消防人員体制、あと自動車ポンプ等の設備関係がございます、これを高性能のものに買いかえていくという部分とあわせまして、多過ぎる消防自動車、機械設備等をある程度これから整理していくという部分の中では、当然統合したメリットが出てくるのかなと思っております。
 ただ、この負担金につきましては、二宮委員もご承知のとおり、デジタル無線等の設備を高機能化にするという部分の投資が新たに出てまいりますし、あわせまして2市2町で持っている消防署の建物等につきましても、建設がいずれも昭和40年代ですので、その建設等が整備計画の中でも検討されている状況でございますので、一時的にはなるかと思いますけれども、ある程度負担についてはふえていくのかなとは考えております。ただ、単独で高畠町が消防本部を持っていた場合でも、当然必要な経費という部分の中で消防署の建設とかデジタル無線化は必要になってくるものでございますので、そういう部分を考えますと、広域合併して効果がこれから目に見えてくるのかなと考えているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかに。15番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(二宮隆一) 今答弁いただいた町長並びに総務課長のお話は私も理解をするところでありまして、まだ走ったばかりだということで、そういう意味では経費的にもかかり増している部分があるだろうと思いますし、具体的にはデジタル無線などの話もありました。そういうことも含めれば、そういうことかなと理解をするところであります。
 ただ、統合の問題に関しては議論する中で、もちろん機動的なメリットもありますし、一番大きなのは財政的な負担がメリットということを強調されてこれまで統合されてきたということもありますので、少し長い目で見ながら、そのメリットをぜひ今後出していくような形でよろしくお願いしたい。
 なおさら、今ちょっと触れられましたが、我が町にとっては新庁舎の建設もお願いしなければならないところもありますので余り強くは申しませんので、その辺も含めて、ぜひ今後メリットを出せるような態勢で町長よろしくお願いしたいと思います。要望で結構です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) なければ、次に進みます。
 続いて、第11款災害復旧費、第12款公債費及び第13款予備費について、質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ないようですので、以上で一般会計決算に対する質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第1号 平成24年度高畠町一般会計歳入歳出決算については、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) ご異議ないものと認めます。本案は全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。

             散            会

--------------------------------------------------------------------------

委員長(大木 寛) 本日の委員会はこれまでとし、明日12日午前10時より引き続き各特別会計及び企業会計決算の審査を行いますので、ご承知の上、ご出席くださるようお願い申し上げます。
 本日はこれをもって散会いたします。
 大変ご苦労さまでございました。
 (時に午後3時39分)

--------------------------------------------------------------------------