議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 高畠町

平成24年決算特別委員会 本文




2012-09-13:平成24年決算特別委員会 本文

             開            議
委員長(二宮隆一) おはようございます。
 ただいまから、決算特別委員会2日目の会議を開きます。
 ただいまの出席委員は15名であります。よって、定足数に達しております。
 (時に午前9時57分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) それでは、昨日12日に引き続き、各特別会計並びに企業会計決算の審査に入ります。
 審査の順序は、まず初めに議第68号及び69号の議案2件についてそれぞれ1件ずつ説明を受け、終了後、質疑、採決をいたします。次に、各特別会計並びに企業会計決算の説明を一括で受け、終了後、各会計ごとに質疑、採決をいたします。
 それでは、最初に議第68号 平成23年度高畠町病院事業会計資本剰余金の処分について説明を願います。斉藤病院事務長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 以上で説明が終わりました。
 これより議案に対する質疑に入ります。質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 以上で質疑を終了いたします。
 それではお諮りいたします。ただいま議題となっております議第68号 平成23年度高畠町病院事業会計資本剰余金の処分について、原案のとおり可決すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議第69号 平成23年度高畠町水道事業会計未処分利益剰余金の処分について説明を願います。金田上下水道課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 以上で説明が終わりました。
 これより議案に対する質疑に入ります。質疑の方ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 質疑ないようでありますので、以上で質疑を終了いたします。
 それではお諮りいたします。ただいま議題となっております議第69号 平成23年度高畠町水道事業会計未処分利益剰余金の処分について、原案のとおり可決すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 それでは次に、認定第2号 平成23年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてより認定第5号 平成23年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件を一括して説明を願います。金田上下水道課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、認定第6号 平成23年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定についてより認定第8号 平成23年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの3件を一括して説明を願います。大橋町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、認定第9号 平成23年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について説明を願います。斉藤病院事務長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ここで暫時休憩をいたします。
 再開を午前11時20分といたします。
 (時に午前11時04分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
 (時に午前11時18分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、認定第10号 平成23年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより認定第13号 平成23年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件を一括して説明を願います。高橋産業経済課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、認定第14号 平成23年度高畠町病院事業会計決算の認定について説明を願います。斉藤病院事務長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、認定第15号 平成23年度高畠町水道事業会計決算の認定について説明を願います。金田上下水道課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 以上で説明がすべて終了いたしました。
 ここで暫時休憩をいたします。
 再開を午後1時30分といたします。
 (時に午前11時49分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
 (時に午後1時26分)
 各特別会計並びに企業会計決算に対する質疑に入ります。
 それでは、最初に、認定第2号 平成23年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) ちょっと質問しづらいんですが。
 296、297の3目の普及費ですけれども、大変予算というか実績が少なくなって10万5,000円となっています。公共下水道、トッカン下水道ともにもう新しいところは終わって一段落ついたというふうなことでありますけれども、やはり普及するということで両方ともどの程度まだつながれていないかということで、その範囲の中で、普通は3年以内につなぐことになっているわけですけれども、まだ未接続世帯というか、その辺の現況、状況についてお伺いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) それではただいまのご質問でございますが、全体では世帯でいきますと72.05%の普及率ということになっていまして、公共下水道につきましては57%、トッカンのほうは約20%ということです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 2番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 公共の57%がつながっている、つながっていない。(「つながっている」の声あり)つながっている。それだけなんだか。(「そんなもんじゃないべ」の声あり)5%の間違いでなくて57%。もっとつながっていると思いますけれどもね。(「85か90ぐらいになっている」の声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 数値については正確にお願いします。金田課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 整備率ということは、あれですね、面積でいいますと83%が整備になっているということで、そのうち公共下水道については人口でいきますと57%がつながっている、つないでいると。そして、トッカンのほうが20%、全体では72%がつながっているということです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 2番 数馬委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) わかりましたけれども、世帯では、未接続世帯というか、例えば高畠だったら高畠地域の中でどの程度入っていてどの程度まだ入っていないのかなということを聞きたいんです。地区でなくてもいいけれども、全体で。ということは72ということは28%まだ入っていないということかな。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 数馬委員、要するに整備区域の中での接続率ということですか。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) そうです。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 今課長が言っているのは全体でのあれですか、それは。その辺ちょっと。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 私が言いたいのは普及率を上げていかないと、せっかく整備しても、公共投資をかなりしたわけですから、何十億円と。だからそれでやはり普及に力を入れていかなくちゃならないんじゃないですかということを言いたいんですけれども。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) わかりました。暫時ちょっと休憩します。
 (時に午後1時32分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 再開をします。
 (時に午後1時32分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 質疑の意味はよくわかりましたので、町長の答弁を求めますか。寒河江町長。

--------------------------------------------------------------------------

町 長(寒河江 信) 最初からそういう質問をしていただければ、うちの課長も私に振らないで済んだと思いますけれども。ご質問はもっともだというふうに思います。そういう中で普及に対してはしっかりと取り組んでいくように指示をいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) なお後で、数馬委員、詳しい数字、正確なところを後で。課長、後でよろしくお願いします。(「わかりました」の声あり)ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ないようですので、以上で質疑を終了いたします。
 ここでお諮りをいたします。ただいま議題となっております認定第2号 平成23年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。本案は全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 次に、認定第3号 平成23年度高畠町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第3号 平成23年度高畠町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 次に、認定第4号 平成23年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。13番 安部委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) 315ページ。今回21基分の浄化槽を補助事業で行ったということがありますが、これで今までの累計で、その合併浄化槽を利用しながら何基を管理しているかということをお聞きしたいと思います。あと今後に向けての、この補助事業とかそういう形の中で今後も継続的に進めていくためにいろいろ導入に当たっての補助率などを独自に町で考えている面があるのかどうか、その辺もお聞かせいただければと思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 2点について、金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) まず第1点目でございますが、今までの累計では346基、町設置型で設置しております。それから2点目ですけれども、今後の進め方ということになるわけですが、平成24年度、今年度から県で、単独浄化槽から合併に切りかえ、あとくみ取りから合併に組みかえるといった場合に、県単補助が出てまいりました。これは3カ年です。4、5、6と3カ年の県の単独事業が出てまいりましたので、その辺もPRしながら、それから町の浄化槽への補助がありますので、放流先の工事補助とかありますので、その辺もあわせて進めていきたいというふうに思っています。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第4号 平成23年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第5号 平成23年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。12番 直島義友委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 329ページでございます。それで備考の欄で、施設管理委託料として水質検査を毎日行うというような委託をしているわけですけれども、この金額を見ますと毎日にしてはちょっと金額が少ないのかなというような感じもありますけれども、どういう内容をやっているのかちょっとお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 水質検査業務、毎日でございますが、これは金原新田地区のある方に委託をいたしまして毎日その水質を見てもらっているというようなことでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 12番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) だからその見てもらっているという内容はどういうことをやるのかなと思いますけれども。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 内容ですね。わかりました。我妻係長から答弁いたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 我妻係長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課工務係長(我妻和人) 今のご質問なんですが、日々、毎日の水質検査ということで、主に見てもらっているのが遊離残留塩素といいまして、末端家庭については水道法で0.1以上の残塩がないとだめだというふうなことで、その残塩をポータブルの機械で、それで水を入れてもらってスイッチを押してもらってはかってもらっていると。したがいまして、1回当たり、1日当たり150円という単価でお願いしているということでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ないようですので、以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第5号 平成23年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第6号 平成23年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方。14番 大木委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(大木 寛) 332ページの1目一般被保険者国民健康保険税についてお伺いをいたします。ごらんのとおりの、要するに予算現額が5億2,700万円に対しまして調定額が8億2,500万というふうなことで、現額よりも3億円もこの調定額が大きくなっているわけであります。これもとりもなおさず滞納繰越分が3億というこの大きな額になっている原因かとは思うんですが、そこで私がお伺いしたいのは、要するにこの滞納繰越分の取り扱いといいますか、どういうふうな方法で納税につなげていらっしゃるのかなというふうに思うわけです。収入未済額におきましても2億7,600万という未済額になっておりますし、不納欠損額においても1,648万、不納欠損の中では一番の額を示しているというふうなことで、この収入未済額を減らしていくには滞納繰越分をいかに解決していくかということが大切なのではないのかなというふうに思うわけです。現に現年度分に関しては92%の収納率になっておるわけでありますし、それで滞納繰越分が21%というふうなことで大分低くなっておるわけです。その辺のことでその滞納繰越分に対しての対策といいますか、今後の方向性をぜひ示していただきたいなというふうに思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 滞納繰越分でございますが、滞納繰越の調定額が平成22年度末ですと約2億2,800万、平成23年度は2億2,600万ということで、滞納繰越額は22年と23年を比べると若干ではございますが減っています。しかしながら、実は平成の初めのころからずっと今までの経過を見てみますと、滞納繰越の調定額は一貫してふえています。要は次々現年の未収が積み重なって滞納繰越に落ちて、それをなかなか減らすことができなかったと。ようやく二十数年ぶりぐらいでやっと減らすことができたのかなと思っていますが、それについては大きく減らす場合は二つあるのかなと思っています。まず一つは滞納繰越額をどうやって収入に結びつけるかということです。あともう一つは、やはり皆さん御存じのとおり国民健康保険税につきましてはどうしても高額、所得に比べてどうしても高いということ、それから状況からいって無職の人も多いということがありますので、どうしてもやはり生活状況あるいは資産の状況から払うことができない方については不納欠損という形で落とさざるを得ないと。やはりその二つの処理をしないと滞納繰越額は減っていかないということになります。まず1番目の滞納繰越分の収入額をどうやって減らすかということでございますが、納税相談を小まめに行うことにより、1回では払えない場合については分納をしたりしてできるだけ時効にならないように収入をふやしていくということ。あともう一つは、どうしても分納に応じていただけない方とか金額がある程度大きくなった方についてはやはり差し押さえとかいう形で預貯金、給与等の差し押さえをして収入に結びつけていくということかなと思っています。あともう一つ、不納欠損という場合が出てくるわけですが、最初から不納欠損するということでなくて、調査を十分行った上で不納欠損するということが大事だと思いますので、いきなりそういう形の手続ということでなくて、まず調査を行うというのが第1番目です。次に、滞納処分の執行停止の要件に当たるのかどうなのか、要は執行停止にまず一旦して、その滞納者が経済状況がこれ以上よくなる方向にあるのか、そのまま変わらないのか、なかなか苦しい方向になるのかということはある程度余裕を見て、期間を見てその状況を判断して、その上で再度もう1回執行停止を取り消して徴収するのか、あるいはやむを得なくて不納欠損にするのか、その辺を見極めておくということが大事なのかなというふうに思っています。そういう意味では不納欠損は確かに1,000万単位で結構な額が出てきましたが、やはり払えない、生活が苦しい、資産がない、そういう方についてはやむを得ず不納欠損する場合があるということでご理解をいただきたいというふうに思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 14番 大木委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(大木 寛) わかりました。今、課長がおっしゃるように、この国保の収納に関しましては本当に大変だなと、前々からこれはわかっておることでありますけれども、今、課長がおっしゃったようなそういう方法で、やはり幾らかでも前向きに、先に進むようなそういう方策をぜひとっていただきたいものだなというふうに思います。この国保に対しましては、普通町民税とかそういうのは収納員がおられるわけですけれども、これは対象になっているんですか。収納員が回っていらっしゃるんでしょう。そのときにこの国保もその中に含めて催促というか、そういうふうなことで徴収にかかっているわけですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 今現在収納の納税推進員ということで回っていただいております。その予算については2名のうち1名は一般会計から、もう1名は国保会計から人件費、報酬については支払っておりますので、2人で何々税担当ということでなくて、地域を分けたり、あるいはその辺の今までのつながり、その中から総合的に町税全体、国保税も含めた形で訪問徴収をしております。ちなみに昨年、ちょっと古い資料ですが、平成22年の資料しか今手元にないんですが、合計で約4,000万、年間で集金をしておりまして、そのうち国保が約2,000万ほどと、残りはほかの税目ということで行っています。それからもう一つ、せっかく回りますので、ほかの料金、例えば上下水道料とか各種料金等についても、もしいただけるものであればあわせていただきながら、なるべく納めやすいということで推進しております。あともう一つは、税金はあくまでもこちらから集金に行くのでなくて納税者がみずから納めると、やはりそれが大前提だと思っておりますので、納税の推進員の方にはただ単に外に出て集金をするということだけでなくて、分納を行っている方についてきちんと納まっているのか、その辺の管理もあわせてしていただいているというのが現状でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 14番 大木委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(大木 寛) わかりました。いろいろと大変なこともわかりますし、また、でもやはり集めなければならないのが税金であります。ぜひ今後ともご努力いただきまして徴収に力を入れていただきたいものだなというふうに思いまして終わります。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかにございますか。11番 小松政一委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(小松政一) 今、大木委員のほうからもいろいろお聞きしていただきましたけれども、私のほうからも、やはり国保については非常に皆さんから何とかもっと安くならないのかというようなご意見がございます。特に払えなくて資格証明書を多分発行していると思うんですよね。この辺の発行数とか、それからどのクラスと申しますか、年収どのぐらいの人たちが大変なのかなということも、その辺もあわせてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 大橋町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(大橋 律) 今の件について税務課長にお答えしていただいたほうがよろしいかと思いますので。申しわけございません。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) お互いに譲りあっているものですから。平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 資格書関係の発行枚数ということでございますが、暦年9月1日から8月31日までの期間、年度でないので若干違うかと思いますが、資格書が38件、平成23年9月1日からという形になりますが、平成23年が38件、短期証が227件ということであります。特に納税相談を受けて幾らかでも納まっている方については1年ものを発行させていただいておりますが、なかなか納税には行かないという方がありますので、相談を受けた段階でその滞納の状況に合わせながら短期証ということで発行させていただいています。それから、相談日を設けましてぜひ相談をしてくださいということでお願いをしているわけですが、全然接触をいただけない方がいらっしゃいます。そういう方については申しわけないんですがやむを得ず資格書という形で発行させていただいています。それからもう一つ、所得の関係でございますが、どの程度の所得の方が未納かということについてはそういう統計資料は持っておりませんが、ただ、所得が少なくなれば7割、5割、2割のそれぞれの軽減が出てきますので、かなりそういう意味では所得が少なければ金額もそれに応じて平等割、均等割については少なくなっていくのかなということで考えています。所得が少ない方につきましては、全世帯、全被保険者6,906人、平成24年3月31日現在でいらっしゃるんですが、何らかの軽減を受けている方が3,340ということで、約半分近い方が何らかの軽減を受けているという状況ですので、未納の方につきましてはその所得の状況、資産の状況を見ながら懇切丁寧に納税の相談に当たっていきたいというふうに考えているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 11番 小松委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(小松政一) 国保に入っている人6,000人のうち約3,000人ぐらいが軽減を受けているという話でございますけれども、全く国保については私たち自身も高いなというふうに感じますし、町民の方からももう少し何とかならないのかというようなご意見もございます。努力しているとおり大変な状況だなというふうに私自身思います。その辺もなるべく資格証明書などの発行を少なくしていただきたいなということを申し添えまして私の質問を終わります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかにございますか。12番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 監査委員の意見書の資料ですけれども、それを見ますと、18ページでございますけれども、国民健康保険特別会計事業勘定決算ということで決算収支状況というのがあります。それを見ますと、22年度と23年度を比べますと23年度は歳入が少ないと。で、歳出が多いと。それから、単年度収支額では6,500万が赤字だと。こっちのほうでは22年度は2,700万だということで、単年度収支がふえてきているわけです。こういうことについてちょっと中身、どうしてこうなったのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 大橋町民課長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課長(大橋 律) このたびの中身につきましては細部にわたりますので、担当の冨樫係長に説明させます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 冨樫係長。

--------------------------------------------------------------------------

町民課医療給付係長(冨樫昌典) 町民課冨樫と申します。よろしくお願いいたします。
 平成23年度の約6,500万の赤字の原因でございますが、これは前期高齢者交付金と呼ばれます65歳から74歳の方の保険者間の費用負担調整に対しての交付金が国の試算によりまして、約2年前に約8,000万円ほど多く交付されていたものが、平成23年度返還しなくてはいけなくなったために、約6,500万ほどの赤字となったものでございます。なお、平成22年度のほうに関しましては約2,700万の赤字となっておりますが、実際は3,500万ほど基金を積んでおりまして、単年度としては約800万ほどの黒字となっているものでございます。
 以上になります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。12番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 収入が減っているわけです。それから、歳出では多くなっているわけです。この違い、22年度と比べますとこの内容、どうしてなのかお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 今、説明があったとおりです。今、冨樫係長から説明がそのことであったはずです。よく聞いてください。聞いていましたか。もう一度答弁してもらいますか。(「下のほうだけのあれだと思ったから。わかりました」の声あり)ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第6号 平成23年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第7号 平成23年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方。ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ないようですので、以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第7号 平成23年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第8号 平成23年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第8号 平成23年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第9号 平成23年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ないようですので、以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第9号 平成23年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 満場ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第10号から認定第13号までの各財産区特別会計歳入歳出決算の認定について一括して質疑を受けます。質疑の方。5番 鏡 善弘委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) ページ数417ページで、雑入の項目の中に51万1,130円ほどございます。同じく和田財産区のほうですが、同じように447ページにはしっかりとまつたけ山入山料と書かれておるんですが、この417ページの高畠財産区の雑入の内訳、どのようになっているのか教えてください。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) この雑入につきまして、青木係長のほうから説明申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 青木係長。しばらくお待ちください。今、向かっておりますので。青木係長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課農村林務係長(青木 睦) 農村林務の青木です。よろしくお願いします。
 この雑入につきましては、蛭沢の用水路工事に伴いまして高畠財産区の土地の使用料、あとは立木伐採、あとは耕作物の移転損失で51万1,130円を計上するものであります。
 以上であります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。5番 鏡 委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) 最初から載せていただければ大変ありがたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかにございますか。13番 安部喜一委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) 463ページに各財産区の基金の積み立てがあります。今後この積み立てについての各財産区の見通しはどのように推移をするのか、その辺の展望はどうなっているのかお聞かせいただければと思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) 今ご質問の件でございますけれども、463ページをごらんいただいているとおり、毎年減っている部分もございます。あとは売り上げの関係でこれにプラスになる部分もございますが、現在山林というのはやはりその山林の売払単価とかそういう部分でなかなか収益の上がらない事業になっております。その維持管理上としましては当然人件費とかそういう部分はやはりかかるわけですので、これが少しずつ減っていくというような見通しに立つわけです。ただし、やはり何らかの施策を講じながら何とかその財産収入を得ていただいて、そしてここの今現在基金として残っている部分について幾らかでもプラスになっていくような一つの施策を展開していきたいというようなことで考えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 13番 安部喜一委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) 亀岡などはいち早く察知いたしまして財産区を町のほうに返上しながら町で管理をしていただいていると。それに見習って糠野目もそういう方向で来ていると。私が今お聞きしたのは、そういう見通しがあればそれなりの、例えば合併をするなり、またこの基金を各地区に振り分けながら総合的に高畠町1本の財産区として対応するような、そういう将来にわたっての、当然この各財産区にも一般会計の補填がなされておりますので、その辺の対応を考えるべきときではないかなと思っておりますが、その辺の考えはあるのかどうか、その辺はどうでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) 今回四つの財産区の会計がございますけれども、前課長のほうからいろいろアドバイスを受けまして、その会計上はまずはもう1本にできるのではないか、そういう検討も必要ではないかという部分も検討しているというようなところでございます。ただし、高畠、二井宿、和田、屋代、これは財産区管理人の方が一生懸命、今のところ財政的には積み立てのほうには向いておりませんけれども、ただ一生懸命管理をやっていただいておりますので、その地区地区の管理委員会の中で検討していただいてその合意であれば一緒にするという方向性も立つのでしょうけれども、今現在としては一生懸命やっていることでございますので、各財産区のその辺の考え方にならいたいと、その辺を支援していきたいと思っております。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 13番 安部委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) 将来ともに負の財産がふえることがあるようであれば、やはり考えるときは、今、政治の中でも決断を求められているときもありますので、ずるずるといかないようにお願いしていただければなと思っておりますので、これは要望でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 答弁いいですか。ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ないようですので、以上で質疑を終了いたします。
 それではお諮りいたします。ただいま議題となっております認定第10号 平成23年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより認定第13号 平成23年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。よって、認定第10号より認定第13号までの各財産区特別会計決算の認定についての4件は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第14号 平成23年度高畠町病院事業会計決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。3番 島津正幸委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 26ページですけれども、財務分析に関する調べということで一覧表がありますけれども、その中で一番下の10番目、職員給与費対医業収益比率ということで。これは一般企業では売上高生産性とか出来高生産性という指標に多分近いと思いますけれども、最もリアルに改善効果がわかるということで。そういう意味でこの10番の実績が57.7%という数字があって、22年度からいきますと約4.5ポイントほど改善されております。その辺の要因等がわかればお教えいただきたいということと、今年度、目標なりを持っているのであれば教えていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 斉藤病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(斉藤利明) 職員給与費対医業収益比率、おっしゃるとおりこれは非常に大事な比率でございます。昨年からかなり改善をしておりますけれども、実は実質、一昨年、22年度の計算どおりにやりますと、大体横ばいの状況です、23年度につきましては。ただ今回このような形で60%を切って57.7%になったという理由は、この欄外にちょっと付記があります。職員給与費には報酬、賃金、退職手当負担金及び児童手当を含まないと。これは従来は報酬、それから賃金という部分はありませんでした。実はそこを含んで計算しておったんですけれども、23年度から公営企業法の、改正ではないんですが、総務省からの通達もございまして、ほかの病院もあわせて報酬、賃金も抜くということで計算した結果このような57.7%になったところでございます。ですから実質は22年度と余り変わってはおりません。
 今年度の目標はもちろんございます。改革プランに掲げておりますので、63%程度を目指しております。
 以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。3番 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) そういうコメントを、前年度はとか何かあれば。せっかく私、今ほめようとしたのに残念でした。
 目標が63%という数字ですけれども、22年度が62.2%ですね。目標は63%というのはちょっと悪化するんですけれども。よろしいんですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 斉藤病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(斉藤利明) ご訂正申し上げます。62%を目標にさせていただいております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。3番 島津委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 62.2に対して62というのは誤差範囲の横ばいかなと思いますので、頑張ってください。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 答弁いいですか。ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第14号 平成23年度高畠町病院事業会計決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第15号 平成23年度高畠町水道事業会計決算の認定について質疑に入ります。質疑の方、ございませんか。時間はまだありますから、どうぞ。14番 大木委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(大木 寛) ないようでございますので。ちょっと1点お聞きします。上和田の上水道布設に関しまして、24年度、震災によりまして材料の入荷がちょっと遅れぎみだというふうなことでのお話をお聞きしておったんですが、現状の進行状況といいますか、どのようになっていますか。お聞きいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 平成24年度分の工事ということでよろしいでしょうか。(「はい」の声あり)もう既に配水管の設置工事については終わりまして、残すのは舗装のみというふうな区間にもなっております。詳しいことは我妻工務係長からご答弁申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 我妻係長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課工務係長(我妻和人) 今のご質問ですが、上和田整備事業につきましては昨年度、平成23年度から平成28年度の6カ年事業で行っておりまして、今年度については24年度2カ年目というふうなことで、進捗状況につきましては去年とことしで約20%弱、ですから6年間で終わらせる上では整備率については2年間では少し上がっていないというふうに思われますが、来年度いよいよ真ん中の集落、上和田1、2、3部落及び川北上、下の地区の中心部に整備が入ります。その時点で送水ポンプ、配水池等金額のかかるものの整備を来年度予定しておりますので、今のところ順調に進捗しているというふうなことでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかにございますか。13番 安部喜一委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) 時間があるようですので。
 このまま毎年大体8,000万前後の収益は上がっているような見通しであると思いますが、そういう中においてやはりこういう企業会計というのはとんとんでいいというようなことを伺っております。そういう形になればすれすれの余剰金でいいのかなと思っておりますが、その辺で、例えば水道料金の値下げなどを考える場合に、大体とんとんというのはどの程度、やはり8,000万程度がとんとんなのか、その辺はどういう考えでいるのか、その辺はどうなんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 剰余金が8,000万という決算で23年度を締めくくったわけですけれども。今後、まず石綿セメント管更新事業が来年あたりで終わります。次に、上和田整備に入りました。次に、今度大きいもので水源池と配水池の老朽化が問題になっておりまして、それに多額のお金がかかる予定でございます。そのためにこの収益を積み立てなりしているわけでございますが、金額的にはとんとんといいますけれども、やはり積み立てていかなければ今後の老朽化対策がなっていかないというのが第1点でございます。それから料金につきましては、19年度に県水の値段が下がりまして、そこで水道料金を下げたわけですが、これは県ではやはり10年スパンで考えているというようなことであります。ですからまだ5年経過しております。ですから今後、県水のほうの値段が下がってもらいたいと。つまり、私たち広域水道には受水団体協議会という組織があるんですが、そこをもって県の企業局のほうにことしから、もっと安くしてくださいというふうな運動をやっております。ですからその圧力をもって県の値段が下がれば料金のほうも考えていきたいというふうに思っています。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 13番 安部委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) じゃあそういうことで町長が先頭になって値段を下げるようにご努力をしていただければと思いますが、その考えはあるでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 寒河江町長長。

--------------------------------------------------------------------------

町 長(寒河江 信) 私、下げましたでしょう。下げたんです。その他にやはり今申し上げたように上和田の未普及整備をやらなければならないというようなことに今対処させていただいているところであります。もう水道水というのは本当に人間が生きる上での最も重要なものだと思っていますし、何回も申し上げますように上和田地区の方々には今まで我慢をしていただいたということでありますので、しっかりと整備をしていきたいと。まずそこに全力を傾注していきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ないようですので、以上で質疑を終了いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第15号 平成23年度高畠町水道事業会計決算の認定について、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。

             閉            会

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 以上をもちまして決算特別委員会の審査はすべて終了いたしました。
 決算特別委員会で決定を見ました付議事件の報告につきましては、正副委員長に一任してくださるようお願いいたします。
 以上をもちまして決算特別委員会を閉会といたします。
 大変ご苦労さまでした。
 (時に午後2時18分)

--------------------------------------------------------------------------