議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 高畠町

平成24年決算特別委員会 本文




2012-09-12:平成24年決算特別委員会 本文

             開            会
委員長(二宮隆一) おはようございます。
 それではただいまから決算特別委員会を開会いたします。
 (時に午前9時59分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ただいまの出席委員は15名であります。よって、定足数に達しております。
 それでは、決算の審査に入ります。
 本委員会に付託になりました案件は、議第68号 平成23年度高畠町病院事業会計資本剰余金の処分について及び議第69号 平成23年度高畠町水道事業会計未処分利益剰余金の処分についての議案2件と、認定第1号 平成23年度高畠町一般会計歳入歳出決算の認定についてより認定第15号 平成23年度高畠町水道事業会計決算の認定についてまでの認定案件が15件の計17件であります。
 審査の日程は、本日とあす13日の2日間といたします。
 本日の審査は、初めに一般会計歳入歳出決算の説明を一括で受け、終了後、歳入歳出ごとに質疑を行い、一般会計の採決をいたします。
 2日目におきましては、最初に議第68号、69号議案2件を1件ずつ説明を受け、終了後、それぞれ質疑、採決をいたします。その後、各特別会計及び企業会計の決算の説明を一括で受け、終了後、各会計ごとに質疑、採決をいたします。
 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 それでは、認定第1号 平成23年度高畠町一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。
 なお、当局にお願い申し上げますが、説明はページ数、会計、款、項、目を明示して簡明に行っていただきたいというふうに思います。
 最初に、歳入の部分を総務課長から一括して説明を願います。横山総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、歳出に入ります。
 最初に第1款議会費及び第2款総務費について説明を願います。横山総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 続いて、遠藤企画財政課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、佐藤会計管理者。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、石川生活環境課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、鈴木建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、平間税務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、大橋町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 続いて、第3款民生費及び第4款衛生費について説明を願います。まず、冨樫福祉課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、大橋町民課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、山木教育次長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、高橋健康推進課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、石川生活環境課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、金田上下水道課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 続いて、第5款労働費及び第6款農林水産業費について説明を願います。まず、高橋産業経済課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、高橋農業委員会事務局長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ここで暫時休憩をいたします。
 再開を11時15分といたします。
 (時に午前10時59分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 (時に午前11時13分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 続いて、第7款商工費及び第8款土木費について説明を願います。まず、高橋産業経済課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、鈴木建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 続いて、第9款消防費及び第10款教育費について説明を願います。横山総務課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、山木教育次長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 続いて、村上社会教育課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 続いて、第11款災害復旧費、第12款公債費、第13款予備費について説明を願います。鈴木建設課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、遠藤企画財政課長。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、佐藤会計管理者。

             〔当局の説明省略〕

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 以上で一般会計決算の説明を終了いたします。
 ここで暫時休憩をいたします。
 再開を午後1時30分といたします。
 (時に午前11時46分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
 (時に午後1時27分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ここからは、一般会計に対する質疑に入ります。
 なお、質疑については、最初に歳入について一括して質疑を行います。次に、歳出については款単位に区分して質疑を行います。
 それでは、最初に、一般会計決算の歳入について質疑に入ります。
 質疑の方、ございませんか。3番 島津正幸委員。

--------------------------------------------------------------------------

3 番(島津正幸) 114ページですけれども、町債の中の商工債です。補正でゼロになっていますから過去説明があったと思いますけれども、1億8,000円がゼロになったという経緯を再度確認させてください。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) この部分についてはセゾンさんの部分で、ふるさと融資と申しますかそういう部分で計画をいたしましたけれども、事業の進捗によりまして借り入れができなかったというようなことでこれを減額したものでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。ほかに。6番 近野 誠委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) 1款1項の町税の関係でお伺いしたいと思います。(「ページ数をお願いします」の声あり)74ページであります。個人所得割の関係なんですが、平成22年比で1.3%ほど改善をしておるということですが、法人税割が20.5%と大きく減少しておる状況にあるということでありますので、この理由は何なのかお伺いをしたいと思います。それから個人所得割が増加をしておるわけでありますが、この関係についてはどういうふうに分析をされているかお伺いをいたします。反対に法人については収益の減少あるいは資本の設備投資によるものなのかどうかわかりませんけれども、これも減っているというようなことでありますので、この辺についてどう分析をされているかお伺いしたいと思います。
 さらに固定資産税の償却資産が前年対比、年々減少しております。今後の見通しをどういうようにとらえているかお伺いをいたします。
 よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 平間税務課長、4点ほどお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) まず、所得割が若干ふえたにもかかわらず法人税割が大幅に減った理由ということでございますが、まず個人住民税につきましては、平成23年度の課税については平成22年分の所得になります。一方、法人町民税に関しましては事業年度がほぼ平成23年にかかわる部分でございます。したがいまして、大体企業の事業年度は、いろいろありますけれども、ほぼ1年弱やはり違っているのかなというふうに考えているところでございます。個人のほうが課税年度が早く出てきて、その後法人が出てくるという形になります。特に個人住民税の課税の基礎となる所得、平成22年分の所得につきましては御存じのとおりリーマンショックで一旦がたっと所得が落ちたんですが、平成22年につきましては次第に景気がよくなりつつあった時期だというふうに考えているところであります。したがいまして、給与所得等が一定、そんなに大きくはありませんが、若干伸びてきたという状況であります。一方、法人町民税につきましては事業年度が平成23年度に終了する事業年度ですので、ご承知のとおり3.11の東日本大震災の影響、それからそれに伴うエネルギー不足、さらに秋になりますとヨーロッパに端を発しました財政危機からの円高、そういう理由でかなり景気のほうに、特に輸出産業を中心とした企業の業績にマイナスの影響が大きかったと。したがいまして、個人住民税については平成22年分の所得ですので伸びているにもかかわらず、平成23年分を中心とした法人所得が落ちていると、その理由でございます。
 一方、固定資産税につきましては、ご承知のとおりリーマンショック以降、特に企業の設備投資意欲がかなり落ちてきていると。設備投資をしなければ償却資産につきましてはどんどん減価していきます。要は価値が下がっていきます。その価値に対しての固定資産税の償却資産でございますので、設備投資を一定程度しない限りは税収が落ちてしまうと、そういう現象にもなってしまいます。したがいまして、今回、長引く景気後退のために企業の設備投資が差し控えられたということで、償却資産税部分だけですと約900万近くの税収が落ちてしまったということでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 6番 近野 誠委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) おおむねわかりましたけれども、特に固定資産税の償却資産が年々減少しているという部分については企業の設備投資というふうなこともあったようでありますが、個人の部分での関係についてはどういうふうに判断をしていらっしゃいますか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 個人の償却資産税ということでございますが、実は償却資産税の大部分は法人でございます。個人もあることはあるんですが、いわゆる償却残高で150万円が課税の判定という形になりますので、ある程度の償却残高がないと課税の対象にはならないということであります。個人については特に関係するのは営業関係それから農業関係の設備投資でありますが、企業ほどではないにしても、自営業者あるいは農業の方はだんだん数が少なくなっておりますので、それは個人所得のほうからもあらわれておりますが、個人所得のほうも営業所得と農業所得はだんだん減っていく傾向にあります。したがいまして、個人の償却資産のほうも次第に減少している傾向というふうに考えているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。(「はい」の声あり)ほかに、11番 小松政一委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(小松政一) 同じ74ページなんですけれども、町民税。収入未済額は前年度と余り変わりないんですけれども、不納欠損額が相当、128件で約2,000万近くも減っているということなんです。収納係なんかの努力もあると思いますけれども、その辺はどのようなことになっているのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 小松委員のおっしゃるとおり不納欠損額、町税につきましては平成22年2,900万ほど不納欠損したんですが、平成23年については900万程度ということでかなり減少をしているということであります。不納欠損につきましては、要は不納欠損をする理由がないと欠損できないわけで、一番大きい理由としましてはやはり生活の困窮だったり、あるいは会社の倒産だったり、もう一つ一番大きいのはやはり時効が出てくるというようなことでありますが、今回につきましてはなぜ減ったかということについては詳しく分析をしないとなかなか難しいところではありますが、全体としてその不納欠損に関係する部分が少なかったと。一時期にどんと経済状態が落ちたということで、落ちている途中についてはかなりいろいろなマイナス部分がありますが、経済がもう停滞している状況になってしまったと、そういうところではないかというふうに考えているところでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかに。2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 私も75ページの不納欠損を今お聞きしましたのでわかりました。大分本当に少なくなっているようであります。それから法人町民税、法人税の収入未済額はちょっとふえているわけですけれども、その辺、一生懸命頑張っていらっしゃいますのでそれは評価したいと思いますけれども、その辺の要因というのは何だったんでしょうか。1件ですからあれですかね。
 あともう一つは79ページですけれども、9の地方交付税の特別交付金が前年に比べて5,000万ほどふえているわけですけれども、豪雪とかいろいろな要因はあると思いますが、その辺の詳しい要因をお聞かせいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 法人町民税の不納欠損につきましてはちょっと例年になく多かったということであります。その理由といたしましては、実はある法人一つだけなんですけれども、清算中の法人がありまして、その清算の中で、会社を営業しているときにそういういろいろな権利関係、そういうのがあるわけですが、その債務免除を行ってもらったということのようです。その債務免除が法人では利益に相当するということで、法人税の申告が必要になったと。清算中の法人税の申告が必要になったということで、かなりの金額、100万単位の金額で申告が出てきたということであります。その部分が全く未納になっているわけですが、なぜ未納のままかといいますと、要は清算中ですので全部財産等をきれいにしてからでないとどのぐらい法人町民税が、法人町民税だけじゃなくて国税の法人税も県税もありますけれども、その税金が払えるのかが確定しないと。その清算がまだ結了していない段階での法人税の申告だということで、今回納まらなかったということであります。その後ですが、平成24年度になって清算が結了しましたので、全額ではないんですが、ある程度の額、清算ということで収納にはなっております。残り収納ならなかった分についてはもう解散してその法人については財産もないという形になりますので、平成24年度に不納欠損せざるを得ないという状況になっているということでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 遠藤企画財政課長、2点目お願いします。

--------------------------------------------------------------------------

企画財政課長(遠藤寿志) 2点目の地方交付税の関係でございますが、この普通交付税につきましては前年度とほぼ同額でございました。それで、ご指摘のとおりに特別交付税が前年度より4,700万円ほど超えてございます。これは、主な要因といたしまして東日本大震災の関連でいただいたものと、あと豪雪対策の関係で経費増ししたということで交付があったものでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかに。12番 直島義友委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 74ページでございますけれども、町たばこ税についてお聞きします。昨年よりも約2,500万くらいふえているわけですけれども、これはどういうことなのかというか、ふえた理由というか、どのように評価しているのか。それから、コンビニでもたばこが売っているわけですけれども、そういう町内のコンビニのたばこ税に対する申告がきちんとなされているのかどうか、そんな点もお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) たばこ税についてお答え申し上げます。たばこ税につきましては、皆さんご承知のとおり禁煙というのが進んでいまして、毎年毎年たばこの消費本数は減っています。例えばここ5年間を比べてみますと、平成19年度に高畠町で消費したたばこの本数は4,500万本でしたが、平成23年は3,500万本というふうに1,000万本ほど減っていると、かなり大幅な減であります。そのままですとたばこ税の税収は減になるということでございますが、ご承知のとおり平成22年の10月にたばこ税の税率が改正されまして、平均40%ほど税率がアップしました。その結果、当然たばこの消費本数は減っているわけですが、その減り方が思ったより減っていないと。平成22年度では対前年比10%値上げした年では10%ほど減っているんですが、平成23年度では3.8%しか減っておりません。本当は40%も税金が上がったらばかなり減るのかなということでこちらのほうではかなり心配をしていたところだったんですが、税収の意味では減り方が思ったより少なかったと。そういう意味で税額としてはふえているということでございます。(「2点目お願いします。コンビニ」の声あり)コンビニ関係につきましてはあくまでも高畠町の、小売の人がたばこ税を納めるわけでなくて卸のほうで納めますので、そこが高畠町の小売店に卸した段階での課税になりますから、コンビニであろうと普通のたばこ屋さんであろうと高畠町内の販売店であればすべて高畠町のたばこ税として収入にはなります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。ほかにございますか。14番 大木 寛委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(大木 寛) 私もちょっとたばこ税についてお聞きをしますが、私の場合はこれは増収になっているわけですからその件に関しては文句のつけようがないわけであります。ただ、私がお聞きしたいのは、いろいろな資料を見ますと喫煙による損失といいますか、全国的に見た場合に、医療費の増、それから火災の増、いろいろなことを考えますと年間4兆円もの損失になっているというふうなこういうデータを見ますと、一概に増収になったからいいというふうに喜んでばかりもいられない。ということはやはり若い人で最近大分喫煙の方がふえているというふうなことですけれども、将来的に見た場合に、健康を害するというふうな面から見ますと、増収を喜んでいるばかりでなくて、やはり何らかの対策というものを町としても考えていかなければならないのではないのかなというふうにも考えたところです。ちなみに山形県の習慣的に喫煙をしている人の割合を申し上げますと、男性が34.4%、女性が8.3%だそうです。全国的に見ても平均を上回っているというような喫煙のデータが出ておるわけです。そんなふうなことを考えますと、この喫煙に対しての対策というものをもっと真剣に考えていかなければならないのではないのかと思うわけですけれども、今後のこの喫煙対策と、いろいろな将来的な医療費の減というふうな面から考えても、考えておられるかどうかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 関連して、高橋健康推進課長。

--------------------------------------------------------------------------

健康推進課長(高橋新一郎) ただいまのご質問にお答えをさせていただきたいと思います。確かに大木委員おっしゃるとおりたばこに関する害については医療費の増大やら肺がんの増加とか、そういう面では確かに損失のほうが大きいというような考え方もございます。全国的に喫煙習慣そして県内でもそれらの対策をとって、がん対策と相まって喫煙対策をとっているような現状であります。さらに町としましても健康増進計画の中で喫煙者を減らすというふうな対策をとりながら、健康づくりの一環の中で喫煙の防止と。ただ、まだご自身の考えのもとで吸ってる方もいらっしゃるわけですので、その辺は自己責任の中でやはり対策をしていただくのが肝要というふうに思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 町長にもお聞きしますか。いいですか。14番 大木 寛委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(大木 寛) それで、個々に対策をしろと、それはもちろん当然のことでありますけれども、やはり私は健康推進課あたりが中心になって町民に対して喫煙による害といいますか、そういうものをアピールしながら禁煙したほうがいいですよと、将来的なことを考えてもそうなんだというふうなことをぜひアピールしたいと思いますし、せっかくこの機会でございますので、病院としてはこれをどういうふうに考えておられるか、もしいい案でもございますればぜひお聞かせをいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 斉藤病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(斉藤利明) 病院としましては禁煙外来を常時開けておりますので、気持ちのある方は60%成功なさるそうですので、ぜひそちらのほうでご周知していただければと思います。以上です。(「ぜひアピールしてください。終わります」「ちなみに私も成功しましたので」の声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ないようですので、次に移ります。
 次に、歳出について質疑に入ります。
 まず第1款議会費及び第2款総務費について質疑の方、挙手をお願いします。ございませんか。2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 121ページの一番下ですけれども、総務費の一般管理費で補償補填及び賠償金、予算額が50万、支出がゼロとなっていて全額不用額になっていますけれども、これはどういうことになっているんですか。わかりますか、場所。121ページの一番下段、補償費。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 今ご質問がありました22節の補償賠償金等の予算ですけれども、これは一応50万ということで当初予算を計上させていただいておりますけれども、今いろいろ行政関係の問題等とか、あと訴訟とかいろいろな部分がございますので、そういう場合について対応するということで当初予算で計上させていただいている予算でございまして、23年度についてはそういう事例、支払う事例がなかったということで支出がなかったというようなことでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 済みません、ちょっと前段のほうが聞こえなかったので、もう1回済みません。はっきりお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 例えばなんですけれども、今、全国的にもいろいろな町のほうに損害賠償請求とかそういう事項等が、町の責任でそういう損害賠償とかを支払う場合が、裁判等を経た上で発生する場合がありますけれども、そういう部分に対応するための当初予算として町としては50万を計上させていただいていると。ただ、23年度についてはそういう事例がございませんでしたので、支出はなかったというようなことでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。(「わかりました」の声あり)ほかにございますか。6番 近野 誠委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) 2款1項7目、131ページになります。(「何ページですか」の声あり)131ページになります。情報化推進経費の委託料の件なんですが、非常に、金額的に6,000万弱ぐらいになっておるわけでありまして、このうち住民基本台帳等にかかわる経費というのが相当の金額であるようであります。この関係での交付税の措置というのはどういうふうに補完になっているのかお伺いしたいと思います。
 また、委託先の選定についてはどのように行っているのかお伺いしたいということで、特に金額が大きいものについては、委託先の関係についてのその契約のあり方についてはどういうふうにされておるのかお伺いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) まず交付税措置の関係、総務課長いいですか。横山総務課長、お願いします。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 最初のご質問の交付税措置でございますけれども、これは全額町費の支出になってございます。
 あと2点目でございますけれども、契約等、確かに住基関係の保守とかデータの処理業務という部分で多額の費用を要してございますけれども、ただ、契約先等につきましては、新たな契約とかシステム等の開発等につきましては基本的には入札というような形での契約先の選定をしてございます。ただ、このシステム等の維持管理等の管理業務、あとそれをバージョンアップするという部分の業務等につきましては最初に契約したその知的財産を持っている会社がどうしても安価で発注することができるということと、あとそのシステム全体の知識等も持っているという部分で、場合によっては随意契約という部分もありますけれども、これは町の指名審査委員会等にも付議した上で決定をさせていただいているというような状況でございます。
 以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 6番 近野 誠委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) この委託業務については総務関係だけじゃなくて、全般的に見ますと業務費が相当金額としてはあるというふうになろうかと思います。それでやはり随契も当然そのシステムの関係からオープン化をするよりもというふうなお話でありますが、そうなりますとどうしても1社集中になるといいますかそういう傾向になってきて、どうしてもそのとおりにせざるを得ないというふうな考え方にもなるのかなと思いますけれども、その辺の歯どめ策といいますか、その辺についてはどのように考えていらっしゃるかお伺いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 先ほども申し上げましたけれども、新たなシステム等の発注等につきましては基本的には入札をさせていただいて、より安価で技術力のある業者を選定させていただいております。先ほど申し上げました一旦入れたそのシステムを、一般的にいうカスタマイズをするということで使いやすいようにそのシステムを改修するという部分については、当初やはりそのシステムを構築した会社が一番内容等も把握をしておりますし、あとそのカスタマイズする技術等も高いというようなことで、場合によっては随意契約をさせていただいていると。ただ、入札なり、あと数社からの見積もり合わせという部分に対応できるものについては極力そちらのほうも一緒にさせていただいているような状況でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 6番 近野 誠委員。

--------------------------------------------------------------------------

6 番(近野 誠) わかりました。ただ、今後置広の中でシステム化の検討をされているということになっているようでありますから、その辺の経費等の今後の支出部分といった部分についてシミュレーションされているかと思いますけれども、こういった部分についての危機管理をあわせてどの程度のコスト低減化を図っていこうというふうに考えていらっしゃるか、もし計画があればお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 置広関係の部分につきましては、高畠町も部分的に財務会計等は既に加入してございますけれども、全体的なシステム等につきましては今、来年の、25年の4月1日から全面的に置広の電算の共同アウトソーシングのほうに参加をするということで今、準備を進めております。当初このアウトソーシングを導入する部分については、議会のほうにもご説明をさせていただきましたけれども、町単独でそのシステムを運用するよりも置広全体でした場合のほうが、具体的な数字は今持ち合わせてはございませんけれども、何割かは安く上がるというようなことでございまして、今手持ちにはございませんけれども、当時の置広のほうで検討したその数字、計画等については後でお示しをさせていただきたいと思っております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかに。13番 安部喜一委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) ただいまの関連なんですが、今回置広でデジタル無線化をするに当たりまして無線の入札で富士通が入ったと。それに伴ってデジタル無線も富士通1社でないとできないというようなことで、置広で今回取り組もうとしているこのデジタルの住基関連の対応なんですが、やはり1社が例えば入札が安く、昔などは1円で入札してこのとおりの毎年業務、ソフト関係が膨大な金額になるというようなことがありますが、その辺の対策というものをとられているのかということを私はお聞きしたいんです。1社で最初に入札した中においてその会社がすべて随意契約でしなければならないというような弊害がありますが、その対策というものはあるかどうか、その辺はどうなんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 安部委員、今の件ですが、この決算とは直接結びついておりませんで。決算に基づく随意契約の形で質問なさってそれに関連してということだと思いますけれども、デジタル化の問題については決算とは直接かかわりませんが。特別、横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 今ご質問がありました広域消防のほうで今年度と24年、25年、デジタル無線を導入するということで、既に契約等も終わっておりますけれども、総事業費で約13億弱という部分で、安部委員もご承知のとおりでございます。この背景なんですけれども、通信システムとこの無線デジタルシステムという部分は一体的に導入するというのが一般的なようなんですけれども、置賜広域の場合ですと広域消防の広域合併がちょうどことしの4月にあったということで、最初に通信システムの整備をしたと。そして一旦そのシステムの整備をした後にこの無線デジタルを導入するということを合併してから決定したということでございまして、どうしても通信システムとその無線デジタルシステムというのは関連性が非常にある機械器具でございますので、置広のほうでも熟慮した上で通信システムを受注した会社のほうに随意契約をしたというような説明をいただいております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 13番 安部委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) デジタルでそういう失敗をしましたので、今後広域でこの住基関係をした場合のそういう対策をとられていますかという私の質問なんです。決算だからそういうのはできないということですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 質疑の意味がちょっと。もう1回お願いします。(「わかりました」の声あり)答弁いいですか。(「後でするから」の声あり)ほかにございますか。12番 直島義友委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 146、147ページでございます。高畠町議会議員選挙費のことですけれども、補正額で480万ほど当初予算よりも減額しているわけですが、少なくなったのはいいことですが、どうして少なくなったのかなという感じがあるわけでございます。お聞きしたいと思います。
 それから147ページの細目のポスター掲示板作成等の業務で400万ほど使われているわけですけれども、町民の人からのポスターの掲示板をもっと少なくしてもよいのではないかなというような声を私なりに聞いているわけでございますけれども、今後その点についてどう考えているかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 横山総務課長。

--------------------------------------------------------------------------

総務課長(横山孝一) 町議会議員選挙費でございますけれども、これにつきましては当初予算で1,680万ほど計上させていただいたという部分で、補正で480万ほど減額をさせていただいております。実質的には1,200万ほどの支出ということでございますけれども、これについては町議会議員選挙ということがございまして当然町の単費から支出をせざるを得ないという部分でございますので、選挙管理委員会としましても必要最小限の経費で対応させていただいたというのが1点でございます。あとそのほか選挙に携わる職員とか一般の方等がございますけれども、特に職員関係の選挙事務をする場合の時間外手当とかそういう部分いついても職員の方にご協力をいただきながら振りかえをさせていただいたということで、経費がかからないように努力をさせていただいた結果でございます。
 あとポスターの掲示板の数でございますけれども、これにつきましては選挙管理委員会の中で高畠町の地域を見て、町民の方が常に目にとまりやすい場所という部分で今現在の掲示板数を設置させていただいておりますけれども、その辺につきましては今後の選挙管理委員会なり、あといろいろな場で町民の方のご意見を伺いながら、数が多いのか少ないのか適正なのかの部分を判断させていただきたいと考えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) それでは次に移ります。
 次に、第3款民生費及び第4款衛生費について、質疑の方ございませんか。2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) 161ページですけれども、目で国民年金費の上です。備考の最後に負担金補助及び交付金、法令に基づかない負担金ということで31万2,000円、置賜地区地域自殺対策緊急強化事業というものがございますけれども、最近社会問題化というか、非常に自殺が、3万人だったか、相当大きくなってきて、経済関係とかあるいは悩んでとか精神的なとか、あるいはいじめとかいろいろあるわけで、非常にタイムリーな事業だと思いますけれども、その辺の具体的な活動なり成果と教訓なり、その辺があればお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) 今の置賜地区地域自殺対策緊急強化事業についてお答えをしたいと思います。こちらにつきましては心の健康づくり、それから自殺予防対策というふうなことで置賜広域で自殺対策の啓発講演会の開催をしたというふうなこと、それから役場等に相談の窓口の職員あるいは民生委員、児童委員向けの研修会を開催したというふうな事業でございます。昨年度はまほらのほうで自殺対策の講演会を開催してございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 2番 数馬治男委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(数馬治男) この協議会だか何だかわかりませんけれども、そういうそのメンバーというか、どういうふうな方でその対策を練られているんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) 協議会ではございませんので、置賜管内の市町村の自殺対策の担当窓口が共催というふうなことでこの講演会の事業や、あるいは担当窓口の職員の研修会を開催したというふうなことでございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかにございますか。14番 大木 寛委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(大木 寛) 153ページ、細目7の地域支え合い体制づくり事業経費というようなことで、先ほど課長からも新しい事業であるというようなお話がございました。この中身を見ますといろいろな項目にわたっての体制づくりが明記なっておりますが、もうちょっと詳しくご説明いただければと思いますので、よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) 地域支え合い体制づくり事業につきましては、県の10分の10事業の地域支え合い体制づくり事業を頂戴しながら実施をしております。昨年度の事業の内容について、遠藤係長のほうから答弁をさせていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 遠藤係長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課地域福祉係長(遠藤千夏子) 私のほうから地域支え合い体制づくり事業についてご説明を申し上げたいと思います。こちらの事業につきましては県からの補助金というふうなことで10分の10の金額でいただいているところです。一つは地域支え合い体制づくりの活動拠点整備事業というふうなことで、集落の公民館で高齢者向けのサロンを開催するというふうな場合に、その初期の改修費用を補助するというふうなことで100万円ずつ2集落に補助を差し上げております。それからもう一つが高齢者はつらつ元気サロンの拠点整備事業というふうなことで、こちらのほうも高齢者のスポーツサロンを開催するというふうなことで社会福祉協議会の集会室、これまで和室だったところをフローリングにいたしまして、そちらのほうでスポーツを中心にしたサロンを開催する準備のための補助金を交付しております。それから、もう一つが高齢者生きがい活動拠点整備事業というふうなことで、上和田のいきいきデイサービスを開設するための準備ということで、上和田の分校のほうで今、いきいきデイサービスをしておりますが、そちらのほうの備品購入費に充てさせていただいております。最後に高畠町の地域支え合い体制づくり事業というふうなことで、こちらのほうにつきましては町の直営の事業というふうなことで災害時の要援護者の対策の仕組みづくりというふうなことになりまして、台帳の作成ですとか集落での支え合い体制を構築するための補助金の交付などをさせていただいております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 14番 大木委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(大木 寛) 大体わかったわけでありますけれども、そうしますとこの公民館等々に高齢者向けのサロン等々の助成として交付しているというふうなことでございますけれども、これは要するにここに明記になっておりますモデル集落助成事業というふうに理解していいのかなということと、今お聞きしますと結局地元の方々のこの事業に対しての参画といいますか、かかわり合いといいますか、そういうものは特別ないように聞こえるわけですけれども、そんなふうなことなんですか。助成事業を主なんだというふうに理解していいんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) 詳細につきましては遠藤係長のほうで述べさせていただきますが、集落自体に1集落100万上限の事業につきましては地域支え合い活動拠点の整備事業の補助金のほうでございます。そして、地域支え合い体制づくりモデル集落助成事業というのが集落の中に仕組みをつくるということで実際に町民の方に参加していただいておりますが、具体的には遠藤係長のほうから申し述べさせていただきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 遠藤係長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課地域福祉係長(遠藤千夏子) 集落モデル事業につきましては災害時の仕組みづくりの一環というふうなことで、昨年度4集落を募集して防災福祉マップづくりに取り組んでいただくというふうなことでさせていただきました。4集落ですが、実際は自治会がまとまって応募されたところもありますので、全体では12自治会が参加されております。町のほうからの助成としましては補助金を差し上げるほかに町の職員ですとか講師を派遣いたしまして、地域の中で地域の住民の方々がみずからその地区の安全点検とかをしていただいて、防災福祉マップづくりに取り組んでいただくと。それをもとに地域の支え合いの仕組みをつくっていただくというふうな内容になっております。具体的な集落を申し上げますと、大字亀岡で1集落ということで亀岡1、2、3、それから二井宿地区につきましては全自治会が半分ずつに分かれまして2回、それから高畠地区の元町三でされております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 14番 大木委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(大木 寛) 今お聞きしますと、これからの事業としては本当に大切な事業なのかなというふうに思いますし、やはり地元も方々を交えてのこういう事業は今後とも継続してぜひやってほしいというふうに思うわけですけれども、この事業自体は今後ともずっと続けていかれる事業なのかどうか、最後にその辺をお聞きいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) 今年度につきましても引き続き継続して事業を実施しております。ただ、県の10分の10事業につきましては基本的に23年度、24年度については一部追加というふうなことがございましたのでことし本町でも手を挙げましたが、来年以降については補助は難しいというふうにお聞きしております。町としてはここ3年間については町が中心で、それからそれ以降につきましては社会福祉協議会等いろいろな関係機関で取り組んでいけるような体制づくりも検討しながら進めていきたいというふうに考えております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかにございますか。12番 直島義友委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 183ページでございます。備考の欄に環境フェアというのがあるわけでございますけれども、その二つがあるわけでございます。一つは木質廃棄物バイオマス変換業務、これはどういう内容だったのか再度お聞きしたいと思います。
 それから、その下に木質エネルギー可能性調査業務ということで105万ほど決算になっているわけでございますけれども、この調査の結果どういう方向にいくのか、その可能性についてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 石川生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(石川庄一) ただいまご質問の部分でございますが、環境フェアにつきましては昨年10月12日を中心に、弁当の日ということで文化ホールで講演会などをさせていただいたものでございます。おかげさまで講演会に600人ほどお集まりをいただいて、いろいろな方から反響をいただいた事業でございます。
 あと続きまして木質廃棄物バイオ変換の業務でございますが、これにつきましては木材をエネルギーに変えていくというような事業でございまして、県のほうから補助金をいただきまして二井宿の入集落で取り組んでいただきました。集落林を伐採してエネルギーに変えていくというふうな部分の事業に80万円委託というようなことでさせていただいたところでございます。
 あと3点目の木質エネルギー可能性調査業務ということでございますが、木質を使っていろいろな電気、そういうふうな部分のところに転換をしていくというような部分の可能性調査でございまして、浜田広介記念館のほうに木質ボイラーを導入できないかというような部分のところで調査検討をさせていただいた内容でございます。
 以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。12番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) その結果、どういう方向性なのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 石川生活環境課長。

--------------------------------------------------------------------------

生活環境課長(石川庄一) 木質エネルギー可能性調査につきましては、いろいろな方法、方式があるようでございます。その中で3案ほどご提案をいただいております。いわゆるペレットボイラーを用いましてエネルギーを変換していくというような部分のところでございます。ペレットストーブを用いて冷暖房システムをつくっていくというような可能性のある調査をいただいております。具体的には設備更新をするときにまた国の補助制度、そういうふうな部分を見据えながら実際に基本設計、実施設計、そういうふうな部分のところに入るというような前段の調査業務でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかにございますか。5番 鏡 善弘委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) ページ数でいきますと157と161になるんですが、まず初めに157の細目5番の中にあります一番下の紙おむつ支給事業、これは補正予算のほうでもちょっとお話しさせていただきました。この部分は256万ほど老人福祉費としてとられておりまして、その老人福祉費の紙おむつ支給に使われていると当然思っております。もう一方で、161ページは障害福祉費として紙おむつ支給費が12万4,000円ほど出ております。もう1点、その上にちょうど障害者タクシー助成事業にも86万ほど使われているわけですが、この前補正予算のときにお聞きもしたんですが、県からの事業費が全く少なかったというふうな話を聞いておりますが、ここに出ております一般会計の老人福祉費のこのおむつ事業費の値段、特にそうなんですが、これは在護者だけに支給されているものを指しているのかちょっとお聞きしたいんですが。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) 紙おむつ支給事業につきましてお答えをさせていただきたいと思います。紙おむつの給付事業につきましては常時紙おむつを利用する要介護1以上の方というふうなことで、在宅の方を中心に支給をしております。ちなみに、この157ページのほうの紙おむつ支給事業については要介護1以上の方というふうなことで、身体障害者のほうに記載をさせていただいている紙おむつの給付事業につきましては常時失禁の状態にある重度の心身障害者に対してというふうなことで、基本的に1、2級の重度の障害者に対して支給されている紙おむつ事業というふうにご理解をいただきたいと思います。
 ちなみに、鏡 委員のほうから補正予算のほうでご質問がありました件で再度お話をさせていただきますが、県の総合交付金事業の対象になる対象者というのが身体障害者のほうの紙おむつ事業の中で特に寝たきり等の身体障害者1、2級で、なおかつ所得税非課税世帯に属する方が総合交付金の対象になります。23年度の身体障害者で紙おむつ支給事業の対象というのが11人でしたが、そのうち県の総合交付金の対象者となる方がお二人しかいらっしゃいませんでしたので、そのために総合交付金のほうが非常に少なかったというふうなことでございます。
 以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 5番 鏡 委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) 直接後ほどお聞きしてその辺はわかったのでありますが、老人福祉費に対する要介護1以上の方の支給、現にこのぐらい支給されているかとは思いますが、もう少し拡大する予定はないものかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 冨樫福祉課長。

--------------------------------------------------------------------------

福祉課長(冨樫とみよ) 今のご質問でございますが、今私どものほうで考えておりますのはあくまでも在宅介護を支援するというふうなことで要介護1以上の方、なおかつ所得制限をなしというふうなことで考えております。置賜管内の中でもいろいろな考えがございまして、所得要件をつけたり、あるいは重度の3以上の方というふうなことだったり、あるいはお隣の南陽市のように介護保険料の中に入っていて1割負担をしながら紙おむつ支給を受けるというふうなこともございます。本町につきましては23年度まで一般会計の中で置いておりますが、24年度から介護保険料の見直しに合わせましてこの紙おむつの給付事業につきましては介護保険事業というふうなことで考えて今実施しているところでございます。ですので、この3カ年につきましては在宅の方というふうなことで考えて実施をしていきたいというふうに思っています。ただ、その後につきましてはまたそのときにいろいろご要望や、あるいは検討は重ねていきたいというふうに思っております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 5番 鏡 委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) わかりました。あくまでも在宅が対象者だというのはわかりましたけれども、やはりほかの市町村にもあるように要介護の本人の立場になって支給していただきたいという声がありましたので、なおまた検討のほうをお願いします。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかになければ、今少し続行します。
 次に、第5款労働費及び第6款農林水産業費について質疑の方、ございませんか。7番 竹田修一委員。

--------------------------------------------------------------------------

7 番(竹田修一) 195ページと199ページの創意工夫プロジェクト支援事業と、195ページ一番下段の畜産規模拡大支援事業についてお尋ねいたします。創意工夫においては2,700万ほど、畜産拡大では540万、199ページのプロジェクトで700万ほど決算されているわけですけれども、今、農家自体が減っている、また特に酪農家が減っている中で、どれほどの効果があったのかまずお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) それでは私のほうから、まず初めに195ページの創意工夫プロジェクト支援事業2,736万1,000円の部分について説明を申し上げます。この部分につきましては、プロジェクト名としまして高畠ぶどう振興プロジェクト、事業実施主体としましては高畠ぶどう振興会、事業内容についてはハウス関連の整備、機械整備、それから有害鳥獣対策等に支出しているわけでございますけれども、ここの部分については高畠ぶどうの振興というようなことで取り組んでいただいております。御存じのとおりやはりブドウにつきましては高畠町の当然特産品というようなことで長年続けていただいているわけですけれども、そのハウスの更新とか、さらにはやはり有害鳥獣対策という部分で必要不可欠な部分での対応というようなことなものですから、この部分についてはそのような対策をして生産額を上げるというような目的で進めていただいております。この部分についての効果につきましては目標設定がございます。具体的には幾らから幾らという部分については今現在資料はございませんけれども、それに向かって鋭意努力していただいているというようなことで認識をしております。ただ、毎年この実績報告もございますし、これに伴いまして、これは県の補助金になりますので、その部分についても毎年県のほうに報告をしているというふうな状況でございます。目標値を達成しなければこれはこの事業の効果がございませんので、この部分については達成するまで鋭意努力をしていただくというような形で進めさせていただいております。
 それから、199ページの部分の創意工夫プロジェクトでございますけれども、これは委員ご説明ありましたとおり畜産関係でございます。事業実施主体としましては高畠町酪農組合が一つ、さらには酪農振興会高畠支部さんが二つ目というようなことで、この部分については初妊牛の導入を図りまして生産額のアップを図っていく事業でございます。これは両者ともそのような目的で進めていただいておりますけれども、初妊牛を高畠町酪農組合では18頭導入しまして生産額を上げると。さらには酪農振興会高畠支部におきましては初妊牛17頭の導入を図り生産額の増額を図るというようなことで進めていただいております。二つの団体があるわけですけれども、一つはやはり順調にその目標値に近づいた、目標以上の成果を出していただいております。ただ、もう一つの団体につきましてはやはり初妊牛の死亡等そういう事故等もございまして目標値までいかなかった部分もありますし、この部分についてはある程度の、3カ年から5カ年の計画の中でやっていただいておりますので、その計画期間内においてやはり目標達成いただくように町としても指導しているところでございます。
 以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) いいですか。ほかにございますか。12番 直島義友委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 197ページでございます。備考の欄で下段のほうですけれども、事務事業委託料として540万ほど支出になっています。それで指定管理料とあるわけですが、ゆうきの里・さんさんもこの中に含まれていると思います。そういうことで、観光事業といいますか観光施設にもなっているんでないかなと私は思いますけれども、東京電力の事故によりまして風評被害で利用者も減ったというようなことが考えられるわけでございますけれども、これについて町のほうではそういう損害を請求する考えはあるのかどうかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) ゆうきの里・さんさんの運営管理について指定管理をさせていただいているわけですけれども、それで、昨年度の利用状況についてご説明をさせていただきます。三つあるわけですが、一つとしまして和田民俗資料館、これは資料館の利用者が昨年は2,647人ございました。ただ一昨年は2,456人というようなことで、これはふえております。それから交流促進施設でありますが、これは23年1,435人利用しております。一昨年は1,376人、ふえております。それから加工体験交流施設でございますけれども、昨年は576人、一昨年は266人ということで、これはふえておりますので、やはりいろいろな面で風評被害はあるとは思いますけれども、損害賠償請求には至らないというようなことでございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) なければ、ここで暫時休憩をいたします。
 再開を2時50分といたします。
 (時に午後2時32分)

             休            憩

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
 (時に午後2時47分)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 次に、第7款商工費及び第8款土木費について、質疑の方。7番 竹田修一委員。

--------------------------------------------------------------------------

7 番(竹田修一) 215ページ、補助金のげんきな高畠イベント開催事業ということで230万ほどなっているわけですけれども、どのような内容で行ったのか。本当に元気なイベントとなれば230万では足りないのではないかと思うんですけれども、その辺はどうなんでしょうか。お聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) このげんきな高畠イベント開催事業につきましては、地域の伝統を生かしまして地域の連携と活性化を図るため開催するものでございます。中身としましては高畠夏祭り、それから高畠秋祭り、そして高畠冬祭りというようなことに助成をしたものでございます。ここの部分につきましてはやはり観光協会、商工会、そして町が一体となりまして、そして町民を交えて一生懸命やったというようなことで、ことしも議員の皆様には参加をしていただきましたけれども、間違いなく元気になっていただいたというようなことで認識をしております。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 7番 竹田委員。

--------------------------------------------------------------------------

7 番(竹田修一) 課長が言うのはわかるんですけれども、やはりもうちょっと元気をつけるために予算をつけて、もっともっとがっちり元気になるようにしていったほうがいいんじゃないかと思うんですが、どうですか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 高橋産業経済課長。(「町長。課長予算つけられないから」の声あり)失礼しました。寒河江町長。

--------------------------------------------------------------------------

町 長(寒河江 信) 大変貴重なご意見ありがとうございました。これはそういう予算でもお示ししておりますから、そのときもっとぎっきと言っていただければありがたかったなと思っているんですけれども。ただ、課長から答弁いたしましたけれども、実行委員というのはすべて観光協会、商工会、そういうことにお任せをして、そして町と町民が一丸となってということであります。ですからもっと実行委員の方々に、本当に竹田委員がおっしゃるように、毎年毎年足りない部分はどこかというようなことを反省会なりそういうものをやっているんですから、そういう中でさらにいいものをつくろうというときには私たちにはそれは何ら異存はないわけであります。本当に町民に喜んでいただけるような、あるいは活力が出るような、そういうイベントにしていきたいなというふうには思っているところであります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。7番 竹田委員。

--------------------------------------------------------------------------

7 番(竹田修一) わかりました。ただ、ほかのところも高畠以上に元気な祭りがテレビ等々に映っているようでありますので、それに負けないように高畠も取り組んでいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 答弁いいですか。もらいますか。

--------------------------------------------------------------------------

7 番(竹田修一) できれば答弁はいただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 寒河江町長。

--------------------------------------------------------------------------

町 長(寒河江 信) ですからその企画については町が全部やっているということではないんです。これだけご理解をいただきたい。ですから、私なんかはもっと、例えば夏祭りのパレードで中学生らしい、同じ花笠音頭でなくて、やはり中学生らしい躍動感のあるものを出してもらいたいということを常々思っています。だから例えば一例でありますけれども、じゃあほかのお祭りの1団体を招待して、あるいはそういう交流などもしながら、やはり活性化を図るためにもいろいろな手法があるんじゃないかなというふうには思っております。ただ、やはり実行委員会のほうに重きを置かせていただいて今やっておりますので、ぜひそういうものがあったらば積極的に町のほうからもお話をさせていただいて、いいやつをつくっていきたいなというふうに思っています。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。ほかにございますか。5番 鏡 善弘委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) ページ数211です。デマンド交通についてお伺いいたします。920万ほど補助を出して補助金でやっているわけですが、当初から見ると相当何か利用者が少なくなってきたという話を聞きますし、現実に今、委託で3社のタクシー会社になっているわけでございますが、現実的に今、本当にどの程度まで少なくなってきているのかちょっとお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) デマンド交通につきましては、委員おっしゃるとおり年々乗客のほうは少なくなってきております。事業費のほうも少なくなってきておりますけれども、これにつきましてはそのデマンドタクシーの部分が償還期間が過ぎまして買い取りをしたというようなことで、そういう部分での経費が削減になっております。またその乗降客が少ないという一つの原因としましては、これは年齢的な部分のやはり進行が一つはございます。また、昨年度につきましては東日本大震災というようなこともございました。またもう一つは、前日予約に変わったという部分がございます。デマンド交通につきましてはやはり、商工会さんのほうにお願いしてやっているわけですけれども、ここの部分で利用者をいかに拡大をしていくかという部分についてもいろいろな検証というか、そういう部分をつけ加えながら利用拡大も図っているところでございます。ただやはりまだ利用拡大を図る余地はございますので、高畠町内の予算もございます。町の予算もまだ残っておりますので、その辺をアピールしながら利用拡大につなげていきたいと思います。そして今申しましたとおり耐用年数は過ぎていると、20万キロくらい乗ったものですから、これから10万キロ程度、3年程度まだ使えるというようなことがございましたものですから、その辺を協議会と協議をしながら、その中である程度今後どのように図っていくのか。やはり高畠病院とそういう部分についての利用者が9割近いというようなデータも出ておりますので、その辺を参考にしながら今後デマンドのあり方について検討していきたいというようなことで考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 5番 鏡 委員。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) わかりました。これは私も聞かれるんですが、ぜひ町外にも行ってほしいなんていう話がございまして、いやそれは無理でしょうという話をさせていただいておりますが。今現在例えば米沢高畠間の山交バスがちょうど庁舎前から行くわけですが、そういうふうな交通と連動したらいいのではないかなというふうな感じもします。まずはデマンド交通に関しましては町内というふうなことで相談される方には言っているんですが、やはりいろいろな場面で、余り時間が遅くなったりすると普通のタクシーにも影響があるということもございますので大変かと思いますが、今後いろいろな策を練っていただきたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 答弁はどうですか、もらいますか。

--------------------------------------------------------------------------

5 番(鏡 善弘) 町外に関しての考え方。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) 今申し上げましたとおり当然町内の中での運行でやはり対応していきたいというようなことで考えております。これは陸運局の許可とかそういう部分もございますので。あと、ただ、今申しましたとおりやはり9割が高畠病院とかそういう部分のご利用をしていただいているものですから、その辺で商工の振興に当たるのかとそういう部分もいろいろご意見もちょうだいしていますし、その辺も検討しながら福祉的な部分もございますし、そういう部分もあわせまして今後その3年間の中で検討していきたいと思っておりますので、ご理解お願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかに。14番 大木 寛委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(大木 寛) 211ページの中段の貸付金についてちょっとお伺いをしたいんですが、その貸付金の内容云々じゃないんですが、予算の組み方についてちょっとお聞きをしたいんです。区分の21で貸付金1億で支出額が5,180万円だというふうなことで、執行率が60%ぐらいなのかな。昨年を見ましても8,000万の計画に対して4,000万弱ぐらいの貸し付けしかしていないというふうなことで、やはりそれも執行率50%に満たなかったのかな。そんなふうな状況の中でどういうふうな組み方といいますか、をなされているのか。無理にそれはもちろん押しつけて貸すんだというふうなことはできないわけでありますけれども、この辺もうちょっと柔軟な予算の立て方といいますか、できないものかどうか、その辺の中身についてちょっとご説明いただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 高橋産業経済課長。

--------------------------------------------------------------------------

産業経済課長(高橋甚市) この1億円の部分でございますけれども、中小企業振興資金融資制度貸付金でございます。これにつきましては原資を金融機関に預託いたしまして金融機関等による有利な運用をしてもらうことで貸付利率が借入者にとって有利に利用できるようなシステムの資金でございます。町内の中小企業さんが元気になるための一つの手法でございます。これを借りやすくしていただいて、これを利用されればされるほどやはり企業活動が活発だという一つのバロメータになるのではないかと思います。過去ずっとこの1億円の部分の予算を預託しておりまして、平成18年には約9,000万ほどの利用をしていただきました。その後だんだん利用額は減ってございますけれども、平成22年4,200万から平成23年は約5,200万、そして今年度につきましては正直言いまして9月本議会で補正予算で増額をさせていただきました。そういう企業がその時代の流れによりましてどんどん活発になってくる部分もございますので、やはり最低限1億円を確保して中小企業の発展につなげたいということで考えておりますので、ご理解をお願いしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 14番 大木 寛委員。

--------------------------------------------------------------------------

14番(大木 寛) わかりました。ということは、それじゃあ多少借りる人がいるいないにかかわらず、この1億円といいますか、この預託を金融機関にしておかなければならないというふうなことでしょうね。わかりました。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ないようですので、次に移ります。
 次に、第9款消防費及び第10款教育費について質疑の方、挙手をお願いします。13番 安部委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(安部喜一) 275ページ、埋蔵文化財調査ということになっておりますが、その結果等が私たちに見えないというようなことで、できれば年1回くらいの状況などを判断していただければと思うんですが、その辺の状況はどうなっているのか、その辺はお聞かせいただければと思います。というのは今回庄内のほうでビーナスが国宝になったなんていうことで話題性がありますので、やはり高畠町の歴史なども1年に一遍くらい発表していただければなと思っておりますが、いかがでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 村上社会教育課長。

--------------------------------------------------------------------------

社会教育課長(村上 弘) ただいまご質問がありました埋蔵文化財の調査事業でございますが、ただいまは高畠小学校近辺の大在家遺跡の調査をここ何年かしてございます。中世といいますか、伊達家、織田家等の城跡のというふうなことで今現在やっておるわけですが、大きなと申しますか、国宝級のようなものは発掘は出ておりませんが、確かに大事な遺跡等の調査というようなことで現在も進行しております。ちなみに国宝と今お話がございましたが、高畠町の国の史跡が四つございます。御存じのように日向、一の沢、大立、火箱岩というようなことで、全国的にも四つの史跡を持っているというのは千葉県千葉市に次いで高畠町は2番目だなんていうこともございますし、今、安部委員がおっしゃったように大事な発掘調査の結果がどうしても見えないというようなことでございますので、何とか広報やらいろいろな媒体を通じてなるべく皆様にお伝えできるように努力してまいりたいというふうに思ってございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。ほかにございませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ないようですので、次に移ります。
 続いて、第11款災害復旧費、第12款公債費及び第13款予備費について、質疑の方ございませんか。12番 直島義友委員。

--------------------------------------------------------------------------

12番(直島義友) 283ページでございます。ここまでなっているね。
 283ページの備考の欄に、先ほども説明があったわけでございますけれども、道路橋梁災害復旧ということで竹森時沢線の道路が陥没したといいますか、地震によって流動化してひびが割れたといいますか陥没といいますか、そういう状態があったわけでございます。今は立派に復旧になっているわけでございます。ありがたいわけでございますけれども。それで、私ちょっと考えるのは、あの部分は山のそばで、なぜあそこだけ陥没したのかなと。日向前であれば軟弱地盤だからいろいろ支障があっても不思議ではないんですが、なぜあの山のすその道路があの部分だけ陥没、そういう災害にあったのかなというふうに思っているわけでございますけれども、その辺どういうように分析しているのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 鈴木建設課長。

--------------------------------------------------------------------------

建設課長(鈴木秀則) 私も地質学者でございませんので専門的なことはわかりませんが、ちょっと私の知り得る部分でお話をさせていただきたいと思います。俗に言う流動化というものについてはご案内のとおり砂地盤が多うございます。砂全体に間隙が水で満たされている、それが揺すられることによって水が上昇してくると、一番わかりやすくいうとそれが流動化現象というふうに言ってございます。あの部分につきましては粘性土及び腐植土での堆積層というふうに思っております。そうするとそれが揺れたことによってどのような状況になるのかということなんですが、砂質系よりは少ないだろうと思います。ただ、あそこのところが極端に表面化したというものについては、下に岩盤がありますから、そこからの一部ずれかなというふうに見解せざるを得ないのかなと思っています。とりわけ、理由が何であれ災害復旧ということで認定になったということでございます。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) よろしいですか。ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ないようですので、以上で一般会計決算に対する質疑を打ち切ります。
 ここでお諮りいたします。ただいま議題となっております認定第1号 平成23年度高畠町一般会計歳入歳出決算については、原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) ご異議ないものと認めます。本案は全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。

             散            会

--------------------------------------------------------------------------

委員長(二宮隆一) 本日の委員会はこれまでとし、あす13日午前10時より引き続き各特別会計及び企業会計決算の審査を行いますので、ご承知の上、ご出席くださいますようお願い申し上げます。
 本日はこれをもって散会いたします。
 大変ご苦労さまでした。
 (時に午後3時05分)

--------------------------------------------------------------------------