議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 高畠町

平成22年決算特別委員会 本文




2010-09-21:平成22年決算特別委員会 本文

             開            議
委員長(安部喜一) おはようございます。
 3日目に入りますが、皆さんお疲れのことと思いますが、最後の決算特別委員会でございますので、よろしくお願い申し上げます。
 定刻前ですが、皆さんおそろいですので、開催いたしたいと思います。
 ただいまから3日目の会議を開きます。
 ただいまの出席委員は16名であります。よって、定足数に達しております。
 本日の審査は、特別会計並びに企業会計決算の質疑、採決を行います。
 各特別会計並びに企業会計決算に関する質疑に入ります。
 それでは最初に、認定第2号 平成21年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方は挙手を願います。11番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(直島義友) 269ページでございますけれども、下水道事業受益者負担金ということで、収入未済額が約1,400万円ほどあるわけでございます。不納欠損額として約29万円となっています。それから、下水道の使用料についての滞納繰り越し分でございますけれども、収入未済額が2,500万円、それで不納欠損額を見ますとこっちは約250万円となっているわけでございますけれども、不納欠損額が受益者負担金の滞納繰り越し分の額と下水道使用料の場合の滞納繰り越し分の金額が、この差が大きいわけでございます。収入未済額に対しての不納欠損額と対比しますと余りにも大きいなという感じがするわけでございます。下水道使用料の方が収入未済額の約10%、250万円になっています。それはどういうふうに違うのかなというような感じでございます。
 それから、収入未済額というのは5年で不納欠損になるのかどうか、この辺もお聞きしたいと思います。
 あと271ページですけれども、4款1項1目繰入金でございますけれども、一般会計からの繰入金、これが充当、充当となっていますけれども、この辺、一般会計の繰入金、いろいろな名称があるわけでございます。課税仕入れへの充当、非課税仕入れへの充当、不課税支出への充当、この辺ちょっとご説明をお願いしたいと思います。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 第1点目については、質問の中身がよくわからなかったんですが、要するに収入未済額と不納欠損額を対比してどういうことかということでしょうか。
 あくまでも収入未済額につきましてはまだ納まっていませんよというような意味でございまして、これは今までの積み重ねということでございます。不納欠損額につきましては、先ほど委員からもありましたように5年が時効となっておりますので、それを基準にして税務課と同じような取り扱いまたは制度の仕方で、どうしても収入が見込めない、無理だというものについては不納欠損で落としていくということでございます。受益者負担金、使用料ともそのような中身でございます。
 次に、271ページの一般会計繰入金の中身でございますが、課税仕入れへの充当といいますと、これは下水道の管理費への充当になります。また、非課税への繰り入れとなりますと、これは公債費の利子に充当になります。一番下の不課税につきましては元金という中身になっております。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(直島義友) 5年で欠損になるということで今は理解したわけですが、未済額と不納欠損額の率といいますか、それがちょっと、下水道使用料の場合だと2,500万円に対して不納欠損額が約10%で250万円になっていると。それに対して下水道の受益者負担金の滞納繰り越し分については額が少ないわけですから、これはどういうことかなと私は考えるわけですけれども、何かここにあるのかどうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) これはあくまでも収入の結果でございまして、率については全然関係ございません。21年度に収入があったものの結果がまだこのくらい収入未済額が残っているという状況になっております。率ではございませんので、よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(直島義友) 大分大きな金額になっているわけでございますけれども、これらの手だてといいますか、滞納者に対しての対応の仕方、どのようにやっているのかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 滞納整理につきましては、21年度より収納員を1名配置いたしまして、とにかく訪問活動に重点を置いて、顔を合わせて相談に乗る、もしくは指導をしていくと。職員の方は2班編成にいたしまして、強化月間を決めまして、夜にお宅を訪問して相談に乗るということで頑張っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) これで質疑は終了いたしました。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第2号 平成21年度高畠町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第3号 平成21年度高畠町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方は挙手願います。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) なかったら質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第3号 平成21年度高畠町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第4号 平成21年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方は挙手願います。13番 二宮 享委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(二宮 享) ページは関係ないんですが、最初にお聞きしたいのは、合併浄化槽の町への寄附採納、21年度で幾らあったのか最初に教えてださい。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 寄附採納につきましては2件でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

13番(二宮 享) 町の方針としてどうなのかということなんですが、まだまだ寄附採納して町で管理をするということを知らない方がいらっしゃいます。この件について、例えば合併浄化槽を設置するときにしっかりと設置者に対して説明をなさっているのかどうか。それから、町として、できれば新しく設置した、過去に設置したものもできるわけなんですが、それをできるだけ多くの合併浄化槽を町の方で管理する方向に向けようとしているのかどうか、その辺についてお願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 現在、合計307基ございます。これに要する経費がだんだんと負担が大きくなってきているという面もございます。ただし、生活排水対策につきましては重要な仕事でございますので、やはりPRをして、まだ伸ばしていかなければならない、まだそういう時期だと思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ほかにございますか。11番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(直島義友) 303ページでございます。1項1目3節の管理費の中で、右の方に行きますと備考欄ということで委託料として施設管理委託料、浄化槽維持管理ということで約1,500万円ほど委託料としてのっているわけでございますけれども、この委託された業者というのは何社ぐらいでやっているのか、その辺お聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 2社でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(直島義友) どことどこなのか。それから、委託料を支払っているんですが、その世帯というか、浄化槽設置者といいますか、そこのうちの家族の負担というのはあるのかどうかお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 2社でございまして、県南エコサービスが1社、尾形興業有限会社があります。
 自己負担については、担当の鈴木補佐から答弁申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 鈴木補佐。

--------------------------------------------------------------------------

下水道補佐(鈴木敏一) 上下水道課で下水道を担当しております鈴木と申します。よろしくお願いします。
 自己負担につきましては、全部町負担ということで、皆さん方、お客様の負担はございません。町で全部負担しております。以上でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) なかったら質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第4号 平成21年度高畠町特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第5号 平成21年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方は挙手願います。2番 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(鏡 善弘) 307ページ、2款1項使用料、収入未済額ということで4万4,000円ほど滞納水道使用料があるようでございますが、金額的にはそんな大きいものではございませんが、要するに水道料、普通で言う公共料金を当然各口座から引き落としを推奨しておられるかと思いますが、こういうのを推進した上で、例えば残高がゼロで引き落としできなかったとか、全体的なものですけれども、そういうことからこういう収入未済が出てくるのでしょうか、ちょっとお聞きしたいんですが、

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 原因はいろいろございます。やはり口座に少なくなった、ないから引き落としができないとか、やはり一番は経済状況で、家庭の経済状況というのが一番の原因でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 鏡委員。

--------------------------------------------------------------------------

2 番(鏡 善弘) 当然それは十分承知の上なんでございますが、この4万4,000円何がしというのは、大体でよろしいんですが、件数的には何件くらいの方になりますか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 金田上下水道課長。

--------------------------------------------------------------------------

上下水道課長(金田成康) 現年分で2件、過年度分で5件です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ほかにありませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) なかったら質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第5号 平成21年度高畠町飲料水供給事業特別会計歳入歳出決算の認定について原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第6号 平成21年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方は挙手願います。16番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

16番(二宮隆一) 314、315ページです。今、下水道関係あるいは飲料水のことも含めて収入未済額、いわゆる未納の分についていろいろ質疑答弁ありましたけれども、国保に関しても一番の課題は未納といいますか、収入未済があるということだと思います。データを見ますと、若干ずつでありますが、年々、現年度課税分だけでも収入未済がふえているという傾向にあります。現年度課税分だけ見ましても約10%が収入未済ということで、それが滞納ということになって不納欠損を毎年せざるを得ないという大変厳しい状況だというふうに理解をします。収納については推進員などを配置しながら懸命にやっておられるとは思いますけれども、特に最近ふえている未納の家庭、世帯の特徴的なものがあるかどうか、一つお聞きしたいと思います。何といっても経済状況が一番の原因だと理解をしておりますけれども、特にその中でもいろいろ検証する中でどういう世帯が、例えば職業的なもの、あるいは特徴的なものがあるのかどうか、まずお聞きしたいと思います。
 それから、もう一つは、今話しましたように現年度課税分だけで約10%の収入未済があるということでありますが、過年度を含めますと相当のボリュームになるわけですが、この状況、近隣市町なども含めて県内の収納率の平均的なところから比較して我が高畠町の収納率、どの程度の位置にあるのか、これも参考にお聞きしたいと思います。2点お願いします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 収納率の特徴的なところということでございますが、委員ご承知のとおり、昨年につきましては景気が非常に後退していたということがございまして、リストラとか会社倒産とか、そういう非自発的な方がかなり多かったということであります。その場合、どうしても国民健康保険に加入せざるを得ないという状況でございまして、特に昨年度につきましては国主導による所得の軽減もなかったと。今年度に入りまして条例も改正して、給与所得を100分の30、前年度の100分の30、非自発的の方の場合はそういうふうな制度も出てきましたが、昨年度はございませんでした。したがいまして、納税相談等の時点で預貯金がなかったり、失業保険もなかったりというような状況にもなってございました。この場合につきましては分割納付とか、そういうことで対応するということになっているわけですが、なかなかもともとの収入がないもんですから、対応が非常に困難であったということでございます。したがいまして、当面は職につくまで様子を見ざるを得ないというような状況もございまして、残念ながら収入済額が減少するという結果になったということでございます。
 次に、収納率の各市町村ごとの順位ということでございますが、今、手元に数値を持ち合わせておりませんので、国保介護課長から答弁申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 管野国保介護課長。

--------------------------------------------------------------------------

国保介護課長(管野 明) 収納率でありますが、20年度につきましては一般被保険者分と退職被保険者分を合わせまして91.76%でございまして、市町村平均が91.27%ということで、26位になっております。県内では下の方、収納率については下位の方になってございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

16番(二宮隆一) わかりました。今、税務課長からもありましたように、傾向として失業あるいはリストラということの背景がかなり影響しているということなわけなんで、これはもはや単独町だけの努力で収納率を上げようとしてもなかなか限界があるということも理解しますし、制度的あるいは今ありましたようにいろいろ猶予策あるいは減免策ということで、国の制度として絡めながらやるしかないんだろうと思います。一つ、先ほど下水道の料金などもありましたけれども、あと一般町税も含めて国保税それぞれ未納するような世帯については、どれもといいますか、なかなか納めるのが大変だという状況があるんだろうと思いますけれども、収納に当たってはその辺の家庭ごとのいわゆる内容性をしながら対策、相談ということをやっておられると思いますが、その辺どうでしょうか。
 それから、もう1点、国保税の口座振替を推進しながら未納を防ぐということでこれまでもやってこられたと思いますけれども、口座振替の状況と未納の関係について関連があるのかどうか、その辺もさらにお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 平間税務課長。

--------------------------------------------------------------------------

税務課長(平間信行) 収納状況についてでございますが、まず一つは、町税務課につきましてはほかの徴税と合わせて、国保税だけということでなくて、滞納状況についてはすべて一括して納税の相談に当たっております。例えば、なかなか納められないという方につきましては、先ほども申し上げましたが、分納誓約を行いまして、幾らかでもとにかく納めていただくと、そのようなことを中心に行っております。例えば上下水道とか、ほかの料金等との関係でございますが、町の方で収納対策のチームをつくりまして、ほかの税目とも合わせまして、滞納者、大口の滞納者あるいは長期の滞納者等につきまして情報交換を行いながら個々具体的な対応をとっております。年に数回、会議を開きまして、そのような対応をとっておるところでございます。
 次に、口座振替でございますが、現在、国民健康保険税の口座振替率につきましては、加入率につきましては41.3%でございます。実は以前、平成19年度までは45.3%ございました。なぜ5%近く落ちたかといいますと、後期高齢者医療が入りまして、口座振替をしていた前の老人医療の世帯の方が後期高齢者に移行したために国保から外れてしまったと。したがって、口座振替されていた方も少なくなったと。そのような関係がございまして、なるべく口座振替を推奨しているところでございますが、平成19年度から20年度にかけて5%ほど減ってしまったということであります。ほかの税目と比較しますと、固定資産税が44%程度ございまして、町県民税や軽自動車税よりも加入率としては高いということです。なるべく口座振替を推奨いたしまして、年8回、毎月毎月に納める形になりますので、なるべく納めやすい方法でしていただきたいということで推奨してございますが、特に先ほど申し上げました非自発的な方などにつきましては初めて国保に入られる方もいらっしゃいますので、次の再就職のことも考えますと、すぐ口座振替とはなかなかいかない場合もございます。ただ、税務課としては口座振替につきましては推奨しながら、あと収納に当たりましても個々の家庭の経済状況、すべて相談させていただきながらできるだけ分納していただいて、再就職に当たっていただくとか新たな職業を見つけていただくとか、あるいは必要によっては滞納に当たっての処分等もせざるを得ない場合もありますので、そのような個々具体的な対応をとってまいりたいと思っております。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ほかにございますか。11番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(直島義友) 国庫補助金とか県の補助金なんかも大分減っている、減額が、補正予算額で減っている割には最終的な決算は。(委員長より「何ページですか」との声あり)318ページ、3款2項1目国庫補助金の財政調整交付金ですか、これなども6,000万円ほど減っているわけでございます。それから、県の支出金も見ますと、320ページですか、6款、県の支出金も減っている、補助金も減っているわけで、減額されているわけでございますけれども、最終的には歳入が約28億円、歳出が25億円ということで黒字決算になっているわけでございますけれども、普通だったら国保、国民健康保険の関係は財政的に厳しいんだというような認識でいたわけですけれども、この21年度の決算を見れば少し余裕あったのかなという感じもあるわけですけれども、これはどういうことなんでしょうかね、お聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 管野国保介護課長。

--------------------------------------------------------------------------

国保介護課長(管野 明) 国庫補助金、負担金、それから県支出金、この補助金の内容につきましては、基本的には医療給付に対する国の負担割合とか、いろいろございます。それから、保険者間による財政調整のための調整交付金とかありますが、今ご指摘のように、補助金が減っていてなぜ黒字になるんだというご質問でございますけれども、20年度から後期高齢者医療制度が始まりまして、同時に制度改正がございました。退職被保険者制度の65歳から74歳までの方が前期高齢者ということで位置づけられました。一般被保険者になったわけですが、この方たちの年齢から言うと医療費が結構かかってくるということで、同時に前期高齢者交付金というものが、このページ数で言いますと第5款になります、318ページの第5款の前期高齢者交付金、これが前期高齢者の多い保険者の方には多く入るようになったということでございます。これが21年度の決算ではこの金額が合計5億1,800万円となってございますが、納める方もございます、納付金ということで。これは100万円にもなっておりません、もらう方が多いと。これが20年度から始まりまして、医療費が余り伸びなかったということがありまして、その結果、老人保健拠出金も納める必要がなくなったと。いろいろな要因がございますが、その結果、第10款でありますけれども、繰越金として、これは多くもらっているので、ここから返す部分もございますけれども、繰越金で2億2,000万円ほど入っております。このような内容で黒字になったという状況でございます。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第6号 平成21年度高畠町国民健康保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第7号 平成21年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方は挙手願います。16番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

16番(二宮隆一) 362、363ページの中で、下段の方ですが、介護従事者処遇改善臨時特例基金繰入金ということで、収入済額として787万7,031円ということであります。これは平成20年に臨時的にといいますか、介護従事者の処遇を改善しよう、文字どおりそういう意味で1,200万円の交付金ということで、積立金、その額をそのまま積み立てをして、それを取り崩しながら使うという、麻生内閣時代だったかと思いますけれども、1次保険者の負担軽減を図るという意味だと思いますが、3カ年で取り崩すというような記憶が私はあるんですけれども、1,200万円で、21年度だけで約800万円近い取り崩しをしますと、繰り入れをしますと残りは400万円ぐらいしかないわけなんですけれども、そういったもともとの趣旨からいって繰り入れの額の意味するところはどうなのか、まずお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 管野国保介護課長。

--------------------------------------------------------------------------

国保介護課長(管野 明) ただいまのご質問についてでございますが、委員ご指摘のとおりであります。介護保険の事業運営期間は3年ということになっております。今回は第4期の計画期間でありますけれども、介護従事者処遇改善につきましては国の交付金を受けてやるということで、3年間なんですが、1年半、その半分を国の交付金が持つと。あとの半分、1年半については市町村が持ちなさいということで、3%のアップ分を抑制するということで、合計では約1,200万円、ご指摘のとおり残りは400万円程度残っております。このようなことで、町でも1億幾らか取り崩しまして、自然増に対する保険料の上昇抑制を図るということで、あわせてやっております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

16番(二宮隆一) 市町村の負担といいますか、それも伴うということだったんですか、もともと。わかりました。全く国からだけのものだと理解していましたので。
 それと関連しますが、385ページ、逆に今度は歳出の方の今と同じ項目の積立金がわずか5万4,027円ということですが、この中途半端な金額はどういうことなんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 管野国保介護課長。

--------------------------------------------------------------------------

国保介護課長(管野 明) 最初の362ページの方なんですが、繰入金の方で町の方については2款1項の介護給付費準備基金繰入金の方が町の分でございます、町の基金を取り崩して入れると。
 それから、2款2項の介護従事者処遇改善臨時特例基金繰入金、これが国の交付金を受けて基金として活用しているものの取り崩したものです。
 それから、384ページになりますが、今ご質問がございました2目の介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金については、国の基金の利子分であります。利子を積み立てたものでございます。上の方が町の基金の利子分ということになります。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) なかったら質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第7号 平成21年度高畠町介護保険特別会計事業勘定歳入歳出決算の認定について原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第8号 平成21年度高畠町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方は挙手願います。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ないようですので質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第8号 平成21年度高畠町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第9号 平成21年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方は挙手願います。16番 二宮隆一委員。

--------------------------------------------------------------------------

16番(二宮隆一) 410ページ、411ページ、最後の後期高齢者の部分の雑入でありますけれども、229万6,841円の雑入ということで処理されております。一つは中身についてお聞きしたいわけですし、それからこれに含まれているかどうかですが、後期高齢者の制度変更があるわけですけれども、これは県一本で広域でやっているわけですけれども、市町村に対する国庫補助のようなものは一切ないんでしょうか、この中に含まれているのかどうか、雑入に入っているのかどうか、その辺も含めてお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 管野国保介護課長。

--------------------------------------------------------------------------

国保介護課長(管野 明) まず、雑入についてお答え申し上げます。
 雑入の229万6,841円の内訳でございますが、二つございまして、後期高齢者医療特別対策補助金ということで、広域連合より補助金という扱いで、例えば広報代とか郵送料、そういったものに対して10万6,000円の補助金が出ております。あと残りの219万841円につきましては、広域連合の方に市町村の負担金として納付しておりますけれども、そのうち事務費負担金、それは精算によって多かったということで戻ってきた分でございます。これが雑入の内訳であります。
 それから、国庫の補助金があるかないかということにつきましては、市町村に対しての国庫の補助金はございませんで、最初の20年度のスタートの時点でシステム改修費といいますか、その関係の国庫の事業補助金ということで147万円をちょうだいしております。その後はございません。広域連合の方に国庫の補助金としては保険基盤安定負担金、そういった内容で入っております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ほかにありませんか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ないようですので質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第9号 平成21年度高畠町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第10号 平成21年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について質疑に入ります。質疑の方は挙手願います。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ないようですので質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第10号 平成21年度高畠町訪問看護事業特別会計歳入歳出決算の認定について原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第11号から認定第14号までの各財産区特別会計歳入歳出決算の認定について一括して質疑を受けます。質疑の方は挙手願います。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ないようですので質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第11号 平成21年度高畠財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてより認定第14号 平成21年度和田財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてまでの4件について原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ご異議ないものと認めます。よって、認定第11号より認定第14号までの各財産区特別会計歳入歳出決算の認定についての4件は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第15号 平成21年度公立高畠病院事業特別会計決算の認定について質疑に入ります。質疑の方は挙手願います。15番 大木委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(大木 寛) 毎年、決算時期になりますとこの質疑が出るわけでありますけれども、未収金についてお伺いいたしますが、この数字からいって、9ページでございますが、実質の未収となりますと720万円ぐらいかなと思うわけでありますけれども、私がお聞きしたいのは、要するに一般会計で言う不納欠損だとか不良債権だとかという金額がこの720万円のうちどのくらいあるのかなということと、また病院としてそれに対してどういう処理をなさっておるのか、その辺をお聞きいたしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 斉藤病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(斉藤利明) ただいまのご質問にお答えいたします。
 ここにある未収金の中で、いわゆる窓口未収金と言われるものにつきましては、具体的に現年度の窓口未収金については決算で330万円ほど、過年度の未収金が1,260万円ほどございますので、窓口での過年度、現年度を合わせた未収金というものは1,600万円ほど現在ございます。未収金につきましては、当然電話による催促、なかなか一括で納めていただけない方については分割納付をお願いする、あるいは今度クレジットでお支払いもできますので、そういったご案内をする等々やっております。あと班編成をして具体的に家庭訪問をしながらいただいているということもやっておりますけれども、これまでいわゆる一般会計で言う不納欠損処分というものは病院の企業会計ではやっておりませんでした。このたび全適にもなったことでありますし、不納欠損できるような法令等の整備もいたしましたので、中にはいろいろ家庭訪問してみても、一切住所不定とか、あるいはお亡くなりになったとか、実際いただくのが非常に困難な案件もございますので、今年度はそこら辺をきちっと精査をさせていただいて、年度内で不納欠損するものはするということで方針を立てて取り組みたいと思っております。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 大木委員。

--------------------------------------------------------------------------

15番(大木 寛) わかりました。もう1点ですけれども、病院の未払金、10ページでございますけれども、病院の場合の未払金というのは主にどういうものがございますか、ついでにお聞きしておきます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 斉藤病院事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(斉藤利明) 貸借対照表の負債の部の2番、流動負債の未払金のところでしょうか。具体的な内容につきましては、佐藤総務係長からお答えを申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 佐藤総務係長。

--------------------------------------------------------------------------

総務係長(佐藤英樹) 高畠病院総務係長の佐藤でございます。よろしくお願いします。
 ただいまのご質問についてお答え申し上げます。
 未払金につきましては、3月末現在で、本来であれば3月末で締めて、一般会計の場合ですと出納整理期間の間でお支払いすることになるわけですけれども、企業会計の場合は3月末日で締めるということがございますので、3月にいろいろ購入させていただいたものを一たん未払い計上させていただいて、支払いが4月になるということでございますので、通常の委託料とか診療材料とか、そういったものの購入費というふうにご理解いただければと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ほかにございますか。16番 二宮委員。

--------------------------------------------------------------------------

16番(二宮隆一) 16ページ、1点だけ簡単にお聞きします。病院事業収益の中の特別利益で、これは説明のときに説明があったか知りませんけれども、聞き漏らしましたのでお聞きしますが、その他特別利益の7,200万幾らというのは、内容はどういうものなんでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 斉藤事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(斉藤利明) ただいまのご質問ですが、その他特別利益につきましては、改革プランを策定して特例債をお借りしております。それを7年間かけて返済するんですけれども、それの1年間の元金返済部分については特別利益という形で、一般会計からいただいておりますので、ここに計上するというルールにのっとってやっておるものでございます。その改革プラン、特例債の返済金の元金の部分になります。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ほかにございますか。11番 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(直島義友) この報告書を見ますと、患者さんについては外来患者も入院患者も、入院患者の場合は2.5%、1,075人、外来患者については1日平均ということで前年と比較して6.3%の増加となっているわけでありますので、順調に経営が進んでいるんだというふうに感じ取っているわけでございます。それで、この中で、医業外収入というのが、その他の医業収益というのがあるんですが、6ページでございます。その中に、先ほど介護関係で認定調査等の経費ということで主治医意見書作成手数料というのが600万円ほど介護の方で上がっていたわけですが、それがこの高畠病院のその他の医業収益の中に含まれているんだと解釈していますが、その辺どうなのかお聞きしたいと思います。
 それから、職員に関する事項というのが12ページに上がっているわけでございますけれども、平成21年度と20年度を比較した場合に、技師が比較増減ゼロとなっていますが、リハビリテーションの技師が何かふえるような感じがあったわけでございますけれども、余り技師がふえていないというふうになっていますので、この辺どうなのかなと。それから、その他が4人ほどふえているわけですけれども、この辺のことについてお聞きしたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 斉藤事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(斉藤利明) 初めに、後段の部分からお答え申し上げますが、リハビリテーション科の技師につきましては、昨年度、決算ですので、理学療法士3名のみでした。リハビリテーションに力を入れたいということで、22年度から順次採用しているという状況でございまして、現在8名おります。また新たに来年度募集ということで、リハビリテーションについては23年4月からは11名体制ということで考えておるところです。
 それから、その他若干ふえている部分については看護助手、そこの部分が不足しておりますので、そこを採用いたしましたので、その分がふえたという理由でございます。
 それから、最初のご質問ですが、これは医業外じゃなくて、その他医業収益のことでよろしいんですね。その他医業収益については、そういったことで文書作成料とか、その他という部分でここに入ってくるということになります。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 介護の方の認定の業務は入っているのかどうかということですが。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(斉藤利明) その認定業務の手数料等もここに入ってまいります。以上です。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 直島委員。

--------------------------------------------------------------------------

11番(直島義友) 600万円ほど、ここの介護の方にあったわけですが、その金額でよろしいかどうかお聞きします。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 斉藤事務長。

--------------------------------------------------------------------------

病院事務長(斉藤利明) すべてではございません。ここにあるその他医業収益については、その文書作成料でありますとか、さまざまなその他の医業収益が入ってきますので、先ほどの介護認定の部分は一部がここに入ってきているという状況でございます。

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ほかにございますか。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) なかったら質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第15号 平成21年度公立高畠病院事業特別会計決算の認定について原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。
 次に、認定第16号 平成21年度高畠町水道事業会計決算の認定について質疑に入ります。質疑の方は挙手願います。
 (「なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) なかったら質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第16号 平成21年度高畠町水道事業会計決算の認定について原案のとおり認定すべきものと決するにご異議ございませんか。
 (「異議なし」との声あり)

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) ご異議ないものと認めます。よって、本案は全会一致をもって認定すべきものと決しました。

             閉            会

--------------------------------------------------------------------------

委員長(安部喜一) 以上をもちまして決算特別委員会の審査はすべて終了いたしました。
 決算特別委員会で決定を見ました付議事件の報告につきましては、正副委員長に一任してくださるようお願いいたします。
 以上をもちまして決算特別委員会を閉会いたします。
 ご協力、ありがとうございました。
 (時に午前10時57分)

--------------------------------------------------------------------------