議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 天童市

平成22年 12月 定例会(第6回) 12月15日−05号




平成22年 12月 定例会(第6回) − 12月15日−05号







平成22年 12月 定例会(第6回)



     平成22年12月15日(水曜日) 午前10時00分開議

        伊藤護國議長     小松善雄副議長

 ●出席議員(21名)

 1番 松田耕一議員   2番 村山俊雄議員   4番 狩野佳和議員

 5番 松田光也議員   6番 矢萩武昭議員   7番 山口桂子議員

 8番 木村竹虎議員   9番 赤塚幸一郎議員 10番 結城義巳議員

11番 武田達郎議員  12番 後藤和信議員  13番 山崎 諭議員

14番 石垣昭一議員  15番 小松善雄議員  16番 鈴木照一議員

17番 水戸 保議員  18番 小澤 精議員  19番 淺井健一議員

20番 伊藤和子議員  21番 秋葉 忠議員  22番 伊藤護國議員

 ●欠席議員

   なし

 ●出席要求による出席者職氏名

山本信治   市長         鈴木周宏   副市長

小林政俊   総務部長       土屋 信   市民部長

瀧口 廣   経済部長       飯田 豊   建設部長

柏谷 忍   市民病院事務局長   三瓶幸雄   消防長

       総務部総務課長

後藤秀一   (併)選挙管理    新関清市   水道事業所長

       委員会事務局長

沼澤政辰   教育委員長      水戸部知之  教育長

山口 孝   教育次長       結城助一   農業委員会会長

       農業委員会             選挙管理委員会

松田 実              水戸部秀一

       事務局長              委員長

奥山吉行   監査委員       三瓶昭弘   監査委員事務局長

 ●出席した事務局職員

                         主幹兼局長補佐兼

森川敏雄   事務局長       野口忠司

                         調査係長

原田まき子  副主幹兼庶務係長   武田文敏   副主幹兼議事係長

                         庶務係兼

加藤博之   調査係主査      青柳利恵

                         議事係主査

 ●議事日程

 議事日程第5号

            平成22年12月15日(水曜日)午前10時開議

 第1 議第29号 平成22年度天童市一般会計補正予算(第3号)

 第2 議第30号 平成22年度天童市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

 第3 議第31号 平成22年度天童市都市計画公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 第4 議第32号 平成22年度天童市介護保険特別会計補正予算(第2号)

 第5 議第33号 平成22年度天童市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

 第6 議第34号 平成22年度天童市工業団地整備事業特別会計補正予算(第2号)

 第7 議第35号 平成22年度天童市水道事業会計補正予算(第1号)

 第8 議第36号 平成22年度天童市民病院事業会計補正予算(第1号)

 第9 議第38号 天童市手数料条例の一部改正について

 第10 議第39号 天童市立のぞみ学園設置及び管理に関する条例の一部改正について

 第11 議第40号 天童市森林情報館の設置及び管理に関する条例の一部改正について

 第12 議第41号 天童最上川温泉の温泉等に関する権利の取得について

 第13 議第42号 天童市市民いこいの家、天童市老人保養センター及び天童市公衆浴場の指定管理者の指定について

 第14 議第43号 天童市市民保養施設の指定管理者の指定について

 第15 議第44号 天童市総合福祉センターの指定管理者の指定について

 第16 議第45号 天童市美術館の指定管理者の指定について

 第17 議第46号 天童市立旧東村山郡役所資料館の指定管理者の指定について

 第18 議第47号 天童市スポーツセンター及び天童市農業者トレーニングセンターの指定管理者の指定について

 第19 議第49号 天童市観光情報センターの指定管理者の指定について

 第20 議第50号 天童市駐車場の指定管理者の指定について

 第21 議第51号 天童市天童高原青少年旅行村及び天童市天童高原ウォーキングセンターの指定管理者の指定期間の変更について

 第22 議第52号 市道の認定及び廃止について

 第23 議第53号 天童市市民プラザの指定管理者の指定について

 第24 請陳第5号 TPP交渉参加反対に関する緊急請願

 第25 請陳第6号 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加反対を求める請願

 (閉会中の継続審査申出事件)

 第26 請陳第7号 「所得税法56条の廃止を求める」意見書提出について

 (議会案上程)

 第27 議会案第5号 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加に反対する意見書の提出について

 第28 議会案第6号 子ども手当財源の地方負担に反対する意見書の提出について

 第29 議会案第7号 ロシア大統領の北方領土訪問に対し、毅然とした外交姿勢を求める意見書の提出について

          委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件について、審査の結果、別紙のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。

 なお、各事件に対する議決の理由は、「委員長報告」(会議規則第39条)によって承知願います。

   平成22年12月10日

                   総務教育常任委員長  結城義巳

                   環境福祉常任委員長  武田達郎

                   経済建設常任委員長  赤塚幸一郎

                   予算特別委員長    山崎 諭

  天童市議会議長 伊藤護國様

          議案審査結果表

                       (平成22年12月8日)



付託委員会
議案番号
件名
審査結果


総務教育常任委員会
議第38号
天童市手数料条例の一部改正について
原案可決


議第53号
天童市市民プラザの指定管理者の指定について
原案可決


環境福祉常任委員会
議第39号
天童市立のぞみ学園設置及び管理に関する条例の一部改正について
原案可決


議第41号
天童最上川温泉の温泉等に関する権利の取得について
原案可決


議第42号
天童市市民いこいの家、天童市老人保養センター及び天童市公衆浴場の指定管理者の指定について
原案可決


議第43号
天童市市民保養施設の指定管理者の指定について
原案可決


議第44号
天童市総合福祉センターの指定管理者の指定について
原案可決


議第45号
天童市美術館の指定管理者の指定について
原案可決


議第46号
天童市立旧東村山郡役所資料館の指定管理者の指定について
原案可決


議第47号
天童市スポーツセンター及び天童市農業者トレーニングセンターの指定管理者の指定について
原案可決


経済建設常任委員会
議第40号
天童市森林情報館の設置及び管理に関する条例の一部改正について
原案可決


議第49号
天童市観光情報センターの指定管理者の指定について
原案可決


議第50号
天童市駐車場の指定管理者の指定について
原案可決


議第51号
天童市天童高原青少年旅行村及び天童市天童高原ウォーキングセンターの指定管理者の指定期間の変更について
原案可決


議第52号
市道の認定及び廃止について
原案可決



          予算特別委員会審査結果表

                      (平成22年12月10日)



議案番号
件名
審査結果


議第29号
平成22年度天童市一般会計補正予算(第3号)
原案可決


議第30号
平成22年度天童市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議第31号
平成22年度天童市都市計画公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議第32号
平成22年度天童市介護保険特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議第33号
平成22年度天童市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議第34号
平成22年度天童市工業団地整備事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議第35号
平成22年度天童市水道事業会計補正予算(第1号)
原案可決


議第36号
平成22年度天童市民病院事業会計補正予算(第1号)
原案可決



               請願陳情審査結果表



番号
受理年月日
件名
提出者
紹介議員
付託委員会
審査結果



22.11.12
TPP交渉参加反対に関する緊急請願
天童市農業協同組合
代表理事組合長 結城 齊
        ほか
水戸 保
経済建設
採択



22.11.19
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加反対を求める請願
天童市農民組合
組合長
 太田正良
武田達郎
経済建設
採択



22.11.19
「所得税法56条の廃止を求める」意見書提出について
山形民主商工会婦人部
天童支部
 五十風章江
伊藤和子
総務教育
継続審査



          閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、下記事件についてさらに慎重に審査するため、閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定により申し出ます。

               記

請陳第7号 「所得税法56条の廃止を求める」意見書提出について

 理由 白色申告と青色申告について、それぞれの内容と違いをさらに調査検討し、また、所得税法第56条を廃止した場合の影響についても十分検討したうえで結論を出したい。

 平成22年12月7日

                    総務教育常任委員長  結城義巳

 天童市議会議長 伊藤護國様

 ●本日の会議に付した事件

  議事日程のとおり



△開議



○伊藤護國議長 ただいまから本日の会議を開きます。

 本日の会議は全員出席でありますので、直ちに会議を開きます。

 最初に、議会案が提出されましたので、その取り扱いについて議会運営委員会が開催されておりますので、その結果について議会運営委員長の報告を求めます。

 秋葉 忠議会運営委員長。

  〔秋葉 忠議会運営委員長 登壇〕



◆秋葉忠議会運営委員長 御報告申し上げます。

 議会案などの取り扱いにつきましては、昨日議会運営委員会を開催し、協議いたしました結果、本日の日程に追加し審議することに決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○伊藤護國議長 お諮りいたします。

 ただいまの議会運営委員長の報告のとおり決定することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 御異議なしと認めます。

 よって、本日の日程に追加して審議することに決定いたしました。

 本日の会議は、議事日程第5号によって進めます。



△付託案件審査報告



○伊藤護國議長 次に、11月30日及び12月7日の本会議において、予算特別委員会及び各常任委員会に付託いたしました日程第1、議第29号平成22年度天童市一般会計補正予算(第3号)から日程第25、請陳第6号環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加反対を求める請願までの議案23件及び請願2件を一括上程し、議題といたします。



△予算特別委員長報告



○伊藤護國議長 最初に、予算特別委員会に付託いたしました予算議案8件の審査の結果について、委員長の報告を求めます。

 山崎 諭予算特別委員長。

  〔山崎 諭予算特別委員長 登壇〕



◆山崎諭予算特別委員長 御報告申し上げます。

 11月30日の本会議におきまして当予算特別委員会に付託なりました議第29号平成22年度天童市一般会計補正予算(第3号)から議第36号平成22年度天童市民病院事業会計補正予算(第1号)までの予算議案8件の審査について御報告を申し上げます。

 審査に当たりましては、12月9日及び10日の2日間にわたり慎重に審査を行った結果、予算議案8件については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 予算特別委員会の決定どおり御賛同賜りますようお願いを申し上げまして、報告を終わります。



○伊藤護國議長 ただいまの報告に対する質疑を行います。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 質疑なしと認め、終結いたします。



△総務教育常任委員長報告



○伊藤護國議長 次に、各常任委員会における審査の経過と結果について、各委員長の報告を求めます。

 最初に、総務教育常任委員会における審査の経過と結果について、委員長の報告を求めます。

 結城義巳総務教育常任委員長。

  〔結城義巳総務教育常任委員長 登壇〕



◆結城義巳総務教育常任委員長 去る12月7日の本会議におきまして当総務教育常任委員会に付託されました議案について審査をしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 なお、報告の内容につきましては、特に話題となったことのみ申し上げます。

 初めに、議第38号天童市手数料条例の一部改正について申し上げます。

 執行部より、地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部が改正され、特定屋外タンク貯蔵所等の設置許可等に係る手数料の額が改められたことに伴い、所要の改正をするものである旨の説明が次のようにありました。

 指定数量以上の危険物を貯蔵し、または取り扱う場合には、市長の許可を受けることが必要であり、条例で定められている手数料を納付することになっております。今回は、特定屋外タンク貯蔵所及び準特定屋外タンク貯蔵所の設置許可等に係る審査事務内容の適正化、効率化等により審査実費等に変動が生じていることから、当該タンクの設置許可等に係る手数料が改正されたので、手数料条例別表の額を改めるものであること。なお、天童市には該当する貯蔵所はなく、県内では酒田市に30基以上設置されているとのことでありました。

 委員からは、本市においても2カ所タンクが見受けられるが該当しないのかという質疑がありましたが、ガスの貯蔵タンクであり、今回の改正に該当する物件ではない旨の説明がありました。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第53号天童市市民プラザの指定管理者の指定について申し上げます。

 執行部から、市民プラザの指定管理の指定期間が終了するのに伴い公募を行なったが、株式会社スポーツクラブ天童1社の応募があり、審査をした結果、候補者と選定した旨の説明がありました。

 委員からは、応募が1社のみの場合、評価点が基準を満たしていないときはどうなるのかという質疑がありました。執行部からは、基準項目が配分された点の2分の1に満たない項目が一つでもあれば選定しないので、指定されない場合もあるという説明がありました。

 また、今まで指定管理者であった1社しか応募がないのは、新規参入しにくい環境にあるのではないかという質疑がありました。執行部からは、実績ということについては新規参入者に少々不利な状況もあるかもしれないが、これまでの実績だけではなく、市民の平等な利用の確保と利用者の増加計画に無理がなく5年間任せられる計画書を提出してもらい、今後の見込みも踏まえた中で審査をすることになっているので、新規参入しにくい状況ではないという説明がありました。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 当委員会の審査のとおり御可決賜りますようお願いいたしまして、報告とさせていただきます。



○伊藤護國議長 ただいまの報告に対する質疑を行います。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 質疑なしと認め、終結いたします。



△環境福祉常任委員長報告



○伊藤護國議長 次に、環境福祉常任委員会における審査の経過と結果について、委員長の報告を求めます。

 武田達郎環境福祉常任委員長。

  〔武田達郎環境福祉常任委員長 登壇〕



◆武田達郎環境福祉常任委員長 去る12月7日の本会議におきまして、当環境福祉常任委員会に付託されました議第39号天童市立のぞみ学園設置及び管理に関する条例の一部改正について、ほか議案7件を審査いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 初めに、議第39号天童市立のぞみ学園設置及び管理に関する条例の一部改正について申し上げます。

 委員からは、来年度以降ののぞみ学園の通園者数の推移について質疑がありました。これに対し、市で行っている発達支援の相談者数が減っていますが、市外の施設等に相談に行っている子供もいるため把握が難しいが、他の児童施設と併用している園児が多くなっており、通園者数はふえないと予測されるという説明がありました。

 委員からは、今回市が直接管理することになるようだが、これまでの管理運営の経過と市に移すことによる効果について質疑がありました。これに対し、平成18年度から指定管理者制度を取り入れてきたが、小さい子供は障がいを持っているという判断が難しい発達年齢なので、様子を見ながら日常生活訓練や療育指導を行っている。あいさつなどができるようになった子供もおり、ある程度の成果はあったと思う。今後の管理は市のほうで行うが、運営についてはこれまでと同様、社会福祉協議会を考えている。今までの経験とノウハウを生かしてもらうとともに、サービス低下にならないように市でもしっかり見守りながら手助けをしていきたいと考えているという説明がありました。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第41号天童最上川温泉の温泉等に関する権利の取得について申し上げます。

 委員からは、新源泉の泉質や効能について、また現在の新源泉の状況や今後の予定についての質疑がありました。これに対し、執行部からは、既存の長沼源泉とほとんど同じような成分のナトリウム塩化物泉であり、慢性皮膚病、切り傷、関節痛等に効能があるという説明がありました。

 また、新源泉は自噴していないため、くみ上げる場合は温泉ポンプの設置許可が必要になる。来年の秋ごろ温泉ポンプの設置にあわせ源泉槽の工事やリニューアル工事を考えているという説明がありました。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第42号天童市市民いこいの家、天童市老人保養センター及び天童市公衆浴場の指定管理者の指定について申し上げます。

 委員からは、申請団体が2団体ということで、どのような違いがあってこのような選定になったのかという質疑がありました。これに対し、これまでの5カ年の実績と、新たな提案として、これまで休館日だった第2日曜日と年始の1月1日から3日までを開館するという提案がありました。また、指定管理者に指定された会社自体が上下水道の施設管理のメンテナンスが主な業務ということで、老朽化しているそれぞれの施設にとっては、故障が起きた場合の早急な対応が可能であるという説明がありました。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第43号天童市市民保養施設の指定管理者の指定について申し上げます。

 委員からは、選定の理由の中で利用者増加に向けたさまざまな提案を評価したとあるが、具体的にどういうものかという質疑がありました。これに対し、県外客が多いことから天童のさまざまな菓子を売店で販売することや、自主事業としてカラオケ大会、将棋大会の開催等、利用者への利益還元サービスとして風呂の日の設定やスタンプポイントの実施、レストランの割引メニューの設定等の提案があったという説明がありました。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第44号天童市総合福祉センターの指定管理者の指定について申し上げます。

 委員からは、評価が他の施設と比べて低いようだが、市のほうから改善の要望等はあるのかという質疑がありました。これに対して執行部からは、社会福祉協議会という組織が社会福祉事業を進める重要な組織であり、その活動も総合福祉センターの管理運営等だけでなく、利用する団体やボランティアの育成にも、もっと参画してもらうよう支援していきたい。また、施設が利用者から使いやすくなるように、施設の管理運営について協議を進めていきたいという説明がありました。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第45号天童市美術館の指定管理者の指定について、議第46号天童市立旧東村山郡役所資料館の指定管理者の指定について、この2件については執行部の説明を了とし、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 最後に、議第47号天童市スポーツセンター及び天童市農業者トレーニングセンターの指定管理者の指定について申し上げます。

 委員からは、新たな提案内容としてどんなものがあったのかという質疑がありました。執行部からは、新しい事業として毎週土曜日の早朝にウォーキングやランニング教室を開催し、市民の健康維持・増進を行っていくという提案があったという説明がありました。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 以上、当委員会の決定どおり御賛同賜りますようお願い申し上げまして、報告を終わります。



○伊藤護國議長 ただいまの報告に対する質疑を行います。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 質疑なしと認め、終結いたします。



△経済建設常任委員長報告



○伊藤護國議長 次に、経済建設常任委員会における審査の経過と結果について、委員長の報告を求めます。

 赤塚幸一郎経済建設常任委員長。

  〔赤塚幸一郎経済建設常任委員長 登壇〕



◆赤塚幸一郎経済建設常任委員長 去る12月7日の本会議において経済建設常任委員会に付託になりました一般議案5件及び請願2件を審査いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 なお、報告の内容については、特に話題になったことを中心に申し上げます。

 最初に、議第40号天童市森林情報館の設置及び管理に関する条例の一部改正について申し上げます。

 委員からは、森林情報館を市が管理することに伴い、今後はどのような事業を行っていくのかという質疑がありました。これに対して、今後は森林の持つ多面的な機能について、広く周知するための事業を展開していく考えであり、具体的には木材の有効利用につながるペレットストーブの展示や、森林情報や環境問題を考えるパネルの展示を考えているとの説明を受けたものであります。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第49号天童市観光情報センターの指定管理者の指定について申し上げます。

 委員からは、当該施設の管理を行う観光物産協会の職員体制についての質疑がありました。これに対して、観光物産協会の職員は11名であるが、施設の管理については6名で行うと申請されており、協会内でローテーションを行いながら指定管理業務を行うとの説明を受けたところであります。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第50号天童市駐車場の指定管理者の指定について申し上げます。

 委員からは、指定管理料が前回より上がった理由について質疑がありました。これに対して、ことし駐車券の精算機を修繕し高磁気対応に変更したため、駐車券そのものの単価が上がったことによるものであるとの説明を受けたものであります。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第51号天童市天童高原青少年旅行村及び天童市天童高原ウォーキングセンターの指定管理者の指定期間の変更について申し上げます。

 委員からは、指定管理者である財団法人天童市牧野公社が平成24年3月をもって解散する予定であるが、今後の指定管理をどのように考えているのかという質疑がありました。これに対して、スキー場の運営は継続していく考えであるが、他の事業については現在検討している状況であること、また、牧野公社の清算業務も発生してくるので、県や運輸局とも相談しているところであるとの説明を受けたものであります。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第52号市道の認定及び廃止について申し上げます。

 委員からは、市道の認定基準についての質疑がありました。これに対して、現在天童市においては国道、県道に通ずる幹線、集落間の連絡幹線道路など独自の認定基準があるとの説明を受けました。また、農道から市道への認定に当たっては地域からの要望だけでなく、農林課との調整を図りながら認定を行うものと説明を受けたものであります。

 採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、請陳第5号TPP交渉参加反対に関する緊急請願及び請陳第6号環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加反対を求める請願について申し上げます。

 委員からは、現在農業を取り巻く環境は大変厳しく、農産物を生産しても経営が成り立たない状況であり、TPPに参加することよりも農業問題をもっと考慮すべきであり、TPPに参加することに反対の意見書を提出すべきであるとの意見がありました。

 また、天童市の農業の生産額は工業から見れば額は少ないものの、影響は経済面だけでなく文化、社会すべてに及ぼすものと考えられ、そんな中、農業を脅かすようなTPPに十分な議論もなく参加することには反対であるとの意見書を提出すべきという意見もありました。

 採決の結果、2件とも全員異議なく採択すべきものと決定した次第であります。

 以上、当委員会の決定どおり御賛同賜りますようにお願いを申し上げます。



○伊藤護國議長 ただいまの報告に対する質疑を行います。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 質疑なしと認め、終結いたします。

 以上で、予算特別委員会及び各常任委員会の委員長の報告を終わります。



△討論



○伊藤護國議長 これより討論を行います。

 討論の通告がありませんので、終結いたします。



△採決



○伊藤護國議長 これより順次採決いたします。

 最初に、議第29号平成22年度天童市一般会計補正予算(第3号)から議第36号平成22年度天童市民病院事業会計補正予算(第1号)までの予算議案8件を一括して採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいまの議案8件については、予算特別委員長の報告は原案可決であります。

 予算特別委員長報告のとおり決定することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 御異議なしと認めます。

 よって、議第29号から議第36号までの議案8件については原案のとおり可決されました。

 次に、議第38号天童市手数料条例の一部改正についてから議第53号天童市市民プラザの指定管理者の指定についてまでの議案15件を一括して採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいまの議案15件については、各常任委員長の報告は原案可決であります。

 各常任委員長報告のとおり決定することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 御異議なしと認めます。

 よって、議第38号から議第53号までの議案15件については原案のとおり可決されました。

 次に、請陳第5号TPP交渉参加反対に関する緊急請願及び請陳第6号環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加反対を求める請願の請願2件を一括して採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいまの請願2件については、経済建設常任委員長の報告は採択であります。

 経済建設常任委員長報告のとおり決定することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 御異議がございますので、起立によって採決いたします。

 ただいまの請願につきまして、採択することに賛成の議員の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○伊藤護國議長 起立多数であります。

 よって、請陳第5号及び請陳第6号については採択することに決定いたしました。



△閉会中の継続審査申し出事件



○伊藤護國議長 次に、日程第26、請陳第7号所得税法第56条の廃止を求める意見書提出についてを議題といたします。

 ただいまの請陳第7号については、総務教育常任委員長からお手元に配付してあります申出書のとおり、会議規則第104条の規定により閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 総務教育常任委員長の申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 御異議なしと認めます。

 よって、請陳第7号については、継続審査とすることに決定いたしました。



△議会案上程



○伊藤護國議長 次に、日程第27、議会案第5号TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加に反対する意見書の提出についてを議題といたします。



△提案理由の説明



○伊藤護國議長 これより提案理由の説明を求めます。

 議会案第5号の提出者、赤塚幸一郎経済建設常任委員長。

  〔赤塚幸一郎経済建設常任委員長 登壇〕



◆赤塚幸一郎経済建設常任委員長 議会案第5号TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加に反対する意見書の提出について提案理由を申し上げます。

 我が国の農業は、安全な食料供給のほか、地域経済の振興、国土の保全などさまざまな役割を果たしておりますが、担い手の減少、高齢化や農産物の価格低迷などにより非常に厳しい状況にあります。

 こうした状況を踏まえ、政府では、新たな食料・農業・農村基本計画を策定し、食の安全、食料の安定供給や国内農業・農村の振興等を図るとしております。

 しかしながら、さきに開催されたAPEC首脳会議においては、加盟国間での関税を撤廃するTPP参加について協議を開始することとしております。TPPに参加した場合、関税の課されない安価な農産物が大量に輸入されることによって、我が国の農業が壊滅的な打撃を受けるおそれがあります。また同時に、食料自給率の大幅な低下にもつながります。

 天童市は、田園都市であり、農業は地域の基盤産業です。TPPに参加すれば、地方都市天童市は農業だけでなく、経済、文化等社会全体が多大な影響を受けることが懸念されます。

 しかし、国では、今後の農業への対策を示しておらず、国民の間でも議論はされておりません。

 よって、国においては、農業が維持できる十分な対策を講じることなくTPPに参加することのないよう意見書を提出するものであります。

 以上、皆様の御賛同を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。



○伊藤護國議長 ただいま議題となっております議会案第5号については、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略いたします。



△質疑



○伊藤護國議長 これより質疑を行います。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 質疑なしと認め、終結いたします。



△討論



○伊藤護國議長 これより討論を行います。

 討論の通告がありませんので、終結いたします。



△採決



○伊藤護國議長 これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいまの議会案第5号については、原案のとおり可決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 御異議がございますので、起立によって採決いたします。

 ただいまの議会案第5号については、原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○伊藤護國議長 起立多数と認めます。

 よって、議会案第5号については原案のとおり可決されました。



△議会案上程



○伊藤護國議長 次に、日程第28、議会案第6号子ども手当財源の地方負担に反対する意見書の提出について及び日程第29、議会案第7号ロシア大統領の北方領土訪問に対し、毅然とした外交姿勢を求める意見書の提出についてを一括して議題といたします。



△提案理由の説明



○伊藤護國議長 これより提案理由の説明を求めます。

 議会案第6号及び議会案第7号の提出者、水戸 保議員。

  〔17番 水戸 保議員 登壇〕



◆17番(水戸保議員) 議会案第6号子ども手当財源の地方負担に反対する意見書の提出について提案理由を申し上げます。

 政府が今年度導入した子ども手当について、全額国庫負担で実施すると表明したにもかかわらず、今年度予算では暫定措置として地方負担が盛り込まれました。そして、平成23年度以降も地方負担を求める考えを示していますが、本来、子ども手当のような全国一律の現金給付については国が全額負担すべきものと考えますので、地方負担を廃止するよう意見書を提出するものであります。

 次に、議会案第7号ロシア大統領の北方領土訪問に対し、毅然とした外交姿勢を求める意見書の提案理由を申し上げます。

 これまで旧ソ連時代を含め、ロシアの国家元首が北方領土を訪問したのは初めてであり、今回の大統領訪問はこれまでの日ロ間の合意を無視し、ロシアによる北方四島の不法占拠を既成事実化しようとするものであります。

 このようなロシアに対し、毅然たる外交姿勢で臨み、早急に外交戦略の立て直しを図るよう意見書を提出するものであります。

 議員各位の御賛同をよろしくお願い申し上げます。



○伊藤護國議長 ここでお諮りいたします。

 ただいま議題となっております議会案2件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 御異議なしと認めます。

 よって、ただいまの議会案2件については、委員会付託を省略することに決定しました。



△質疑



○伊藤護國議長 これより一括して質疑を行います。

 質疑ございませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 質疑なしと認め、終結いたします。



△討論



○伊藤護國議長 これより討論を行います。

 討論の通告はございませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 討論の通告がありませんので、終結いたします。



△採決



○伊藤護國議長 これより1件ずつ採決いたします。

 最初に、議会案第6号子ども手当財源の地方負担に反対する意見書の提出についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいまの議会案第6号については、原案のとおり可決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 御異議なしと認めます。

 よって、ただいまの議会案第6号については原案のとおり可決されました。

 次に、議会案第7号ロシア大統領の北方領土訪問に対し、毅然とした外交姿勢を求める意見書の提出についてを採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいまの議会案第7号については、原案のとおり可決することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 御異議なしと認めます。

 よって、ただいまの議会案第7号については、原案のとおり可決されました。

 最後にお諮りいたします。

 今定例会におきまして議決されました案件の中で、条項、字句、数字、その他の整理を要するものについては、その整理を議長に委任願いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 御異議なしと認めます。

 よって、条項、字句、数字、その他の整理については議長に委任することに決定しました。



△市長あいさつ



○伊藤護國議長 この際、市長から発言の申し出がありますので、許可することにいたします。

 山本市長。

  〔山本信治市長 登壇〕



◎山本信治市長 おはようございます。

 第6回市議会定例会の閉会に当たり、特に発言の機会をいただき、一言ごあいさつを申し上げます。

 本定例会は、去る11月30日に開会いたしましたが、提出いたしました諸議案につきまして慎重な御審議をいただきまして、いずれも提案のとおり御可決いただきましたことに厚く御礼を申し上げます。

 会期中に賜りました市政に対する御意見や御提言、御要望につきましては、できるだけ迅速に対応、検討し、今後の市政運営に反映させてまいりたいと考えております。

 さて、ことしは春先の低温に始まり、6月以降は記録的な猛暑が続き、天候の変動が大きな年となり、サクランボや稲作などの農作物が影響を受けました。

 市政におきましては、私の目標とする三つの日本一の挑戦を具現化した本市におけるまちづくりの指針となる第六次天童市総合計画を策定し、その取り組みをスタートいたしました。将来の都市像「笑顔 にぎわい しあわせ実感 健康都市」と定め、市民の皆様との協働によるまちづくりを進めております。

 具体的には、新たな学童保育所の開設、中学3年生までの医療費の無料化、「なでしこの里」天童山口の分譲、ひかり交流広場の開園、荒谷西工業団地整備工事の着手など、新たなまちづくりを進めることができました。これもひとえに市民の皆様や議会の皆様の御理解とお力添えのたまものであり、改めて感謝を申し上げる次第であります。

 年の瀬も押し迫り、平成22年も間もなく終わろうとしております。地域主権改革など地方行政を取り巻く環境は予断を許さない状況が続いておりますが、来る新年が市民の皆様や議会の皆様にとりまして健康で幸多い年でありますよう御祈念申し上げます。

 今年一年の御指導とお力添えに改めて深く感謝を申し上げまして、一言ごあいさつとさせていただきます。



△議長あいさつ



○伊藤護國議長 ここで、第6回定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 今定例会におきましては、16日間の会期で、補正予算や条例の改正を始めとする重要議案について、終始熱心に審議され、全議案の審議を終了して閉会の運びとなりました。

 執行部におかれましては、今定例会において成立した諸議案の執行に当たり、市政各般において速やかに対応していただき、市民皆様の福祉の向上や安全・安心な市民生活の一層の向上が図られますようにお願いを申し上げます。

 また、議員各位におかれましては、この1年間、市民の代表として本市の発展と市民生活の向上のために御尽力を賜りましたことに対し、心から御礼を申し上げる次第でございます。

 今後とも市民の皆様から信頼される開かれた議会を推進するため、議会の改革や活性化に一層取り組んでまいりたいと考えておりますので、皆様方の御理解と御協力をお願い申し上げる次第であります。

 最後になりましたが、この1年間、議会運営に御協力くださいました執行部を始めとする関係各位に対しまして厚く感謝と御礼を申し上げる次第であります。

 本年もいよいよ押し迫ってまいりました。厳寒に向かう折、皆様方にはくれぐれも健康に御留意いただきまして、幸多い新年を迎えられますように御祈念を申し上げます。



△閉会



○伊藤護國議長 以上で、今定例会の日程は全部終了いたしました。

 これをもちまして、平成22年度第6回天童市議会定例会を閉会いたします。

   午前10時42分 閉会

   議長        伊藤護國

   会議録署名議員   秋葉 忠

      同      松田耕一

      同      村山俊雄