議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 天童市

平成22年 12月 定例会(第6回) 12月07日−04号




平成22年 12月 定例会(第6回) − 12月07日−04号







平成22年 12月 定例会(第6回)



     平成22年12月7日(火曜日) 午前10時00分開議

        伊藤護國議長     小松善雄副議長

 ●出席議員(21名)

 1番 松田耕一議員   2番 村山俊雄議員   4番 狩野佳和議員

 5番 松田光也議員   6番 矢萩武昭議員   7番 山口桂子議員

 8番 木村竹虎議員   9番 赤塚幸一郎議員 10番 結城義巳議員

11番 武田達郎議員  12番 後藤和信議員  13番 山崎 諭議員

14番 石垣昭一議員  15番 小松善雄議員  16番 鈴木照一議員

17番 水戸 保議員  18番 小澤 精議員  19番 淺井健一議員

20番 伊藤和子議員  21番 秋葉 忠議員  22番 伊藤護國議員

 ●欠席議員

   なし

 ●出席要求による出席者職氏名

山本信治   市長         鈴木周宏   副市長

小林政俊   総務部長       土屋 信   市民部長

瀧口 廣   経済部長       飯田 豊   建設部長

柏谷 忍   市民病院事務局長   三瓶幸雄   消防長

       総務部総務課長

後藤秀一   (併)選挙管理    新関清市   水道事業所長

       委員会事務局長

沼澤政辰   教育委員長      水戸部知之  教育長

山口 孝   教育次長       結城助一   農業委員会会長

       農業委員会             選挙管理委員会

松田 実              水戸部秀一

       事務局長              委員長

奥山吉行   監査委員       三瓶昭弘   監査委員事務局長

 ●出席した事務局職員

                         主幹兼局長補佐兼

森川敏雄   事務局長       野口忠司

                         調査係長

原田まき子  副主幹兼庶務係長   武田文敏   副主幹兼議事係長

                         庶務係兼

加藤博之   調査係主査      青柳利恵

                         議事係主査

 ●議事日程

 議事日程第4号

             平成22年12月7日(火曜日)午前10時開議

 第1 議第38号 天童市手数料条例の一部改正について

 第2 議第39号 天童市立のぞみ学園設置及び管理に関する条例の一部改正について

 第3 議第40号 天童市森林情報館の設置及び管理に関する条例の一部改正について

 第4 議第41号 天童最上川温泉の温泉等に関する権利の取得について

 第5 議第42号 天童市市民いこいの家、天童市老人保養センター及び天童市公衆浴場の第指定管理者の指定について

 第6 議第43号 天童市市民保養施設の指定管理者の指定について

 第7 議第44号 天童市総合福祉センターの指定管理者の指定について

 第8 議第45号 天童市美術館の指定管理者の指定について

 第9 議第46号 天童市立旧東村山郡役所資料館の指定管理者の指定について

 第10 議第47号 天童市スポーツセンター及び天童市農業者トレーニングセンターの指定管理者の指定について

 第11 議第49号 天童市観光情報センターの指定管理者の指定について

 第12 議第50号 天童市駐車場の指定管理者の指定について

 第13 議第51号 天童市天童高原青少年旅行村及び天童市天童高原ウォーキングセン第ターの指定管理者の指定期間の変更について

 第14 議第52号 市道の認定及び廃止について

 第15 議第53号 天童市市民プラザの指定管理者の指定について

 第16 請陳第5号 TPP交渉参加反対に関する緊急請願

 第17 請陳第6号 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加反対を求める請願

 第18 請陳第7号 「所得税法56条の廃止を求める」意見書提出について

 第19 議案の訂正について

 第20 議案及び請願陳情の付託

 総括質疑通告者

  (1)石垣昭一(日本共産党)

  (2)伊藤和子(日本共産党)

          議案付託表

                     (平成22年度第6回定例会)



付託委員会
議案番号
件名


総務教育常任委員会
議第38号
天童市手数料条例の一部改正について


議第53号
天童市市民プラザの指定管理者の指定について


環境福祉常任委員会
議第39号
天童市立のぞみ学園設置及び管理に関する条例の一部改正について


議第41号
天童最上川温泉の温泉等に関する権利の取得について


議第42号
天童市市民いこいの家、天童市老人保養センター及び天童市公衆浴場の指定管理者の指定について


議第43号
天童市市民保養施設の指定管理者の指定について


議第44号
天童市総合福祉センターの指定管理者の指定について


議第45号
天童市美術館の指定管理者の指定について


議第46号
天童市立旧東村山郡役所資料館の指定管理者の指定について


議第47号
天童市スポーツセンター及び天童市農業者トレーニングセンターの指定管理者の指定について


経済建設常任委員会
議第40号
天童市森林情報館の設置及び管理に関する条例の一部改正について


議第49号
天童市観光情報センターの指定管理者の指定について


議第50号
天童市駐車場の指定管理者の指定について


議第51号
天童市天童高原青少年旅行村及び天童市天童高原ウォーキングセンターの指定管理者の指定期間の変更について


議第52号
市道の認定及び廃止について



               請願陳情文書表(付託表)

                     (平成22年度第6回定例会)



番号
受理年月日
件名
提出者
紹介議員
付託委員会
要旨



22.11.12
TPP交渉参加反対に関する緊急請願
天童市農業協同組合
代表理事組合長 結城 齊
        ほか
水戸 保
経済建設
 TPP締結により日本農業は壊滅し、食料自給率の向上は不可能である。日本の食料安全保障と両立できないTPP交渉への参加に反対し、政府・国会に対して強力な働きかけを求めるもの。



22.11.19
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加反対を求める請願
天童市農民組合
組合長
 太田正良
武田達郎
経済建設
 重要な農産品の関税が例外なしに撤廃されれば日本農業等に与える影響はきわめて甚大である。食料自給率の向上とTPP交渉への参加は両立しないことから、政府および関係機関にTPP参加反対を求める意見書の提出を求めるもの。



22.11.19
「所得税法56条の廃止を求める」意見書提出について
山形民主商工会婦人部
天童支部
 五十風章江
伊藤和子
総務教育
 中小業者における家族従業者の事業主の所得から控除される額は、青色申告と白色申告で差がある。同じ労働に対して差をつける制度自体が矛盾している所得税法第56条を廃止するよう、国の関係機関に意見書の提出を求めるもの。



 ●本日の会議に付した事件

  議事日程のとおり



△開議



○伊藤護國議長 ただいまから本日の会議を開きます。

 本日の会議は全員出席でありますので、直ちに会議を開きます。

 本日の会議は、議事日程第4号によって進めます。



△議第38号 天童市手数料条例の一部改正について外17件



○伊藤護國議長 日程第1、議第38号天童市手数料条例の一部改正についてから日程第18、請陳第7号所得税法56条の廃止を求める意見書提出についてまでの議案15件及び請願陳情3件を一括上程し、議題といたします。



△議案に対する総括質疑



○伊藤護國議長 ただいまから議案に対する質疑を行います。

 通告がありますので、発言を許可いたします。

 なお、質疑に際しましては、所管事項以外とし、概括的な質疑にとどめていただきますようにお願いを申し上げます。



△石垣昭一議員質疑



○伊藤護國議長 最初に、石垣昭一議員。

  〔14番 石垣昭一議員 登壇〕



◆14番(石垣昭一議員) 一般議案に対する総括質疑を行います。

 議第39号天童市立のぞみ学園設置及び管理に関する条例の一部改正についてお伺いをいたします。

 天童市立のぞみ学園の管理をこれまでの指定管理から直営に戻すとした理由についてお示しをいただきたいと思います。

 また、これまでの指定管理をどう評価したのか、あわせてお伺いをいたします。



○伊藤護國議長 土屋市民部長。



◎土屋信市民部長 石垣議員の御質疑にお答えいたします。

 市立のぞみ学園の管理運営の直営にした理由につきましては、指定管理を行った平成18年度の登録児童数は9人で、今年度は5人となっております。指定管理者制度では、今後5年間管理委託料を固定した場合、利用実態に応じた適正な経費の算出が困難だと考えたところであります。

 今後は、市直営の管理として、その年に応じた指導訓練が可能というふうに考えておりますので、平成23年4月から指定管理による運営を行わないものとしたものであります。

 これまでの5年間の評価といたしましては、週3日間の開設から、月曜日から金曜日までの週5日間の開設とし、障がい児の日常生活訓練の機会をふやしたことにより本人の持つ生活能力を高めることができたものと考えております。

 以上であります。



○伊藤護國議長 石垣昭一議員。



◆14番(石垣昭一議員) 再質疑を行います。

 ただいまの答弁でありますけれども、平成18年が9人、そして22年度が5人というふうなことで、人数が減ったというふうなことの中から指定管理にはそぐわないというふうな形で直営に戻したというふうな説明でありますけれども、今後この子供さんのいわゆる障がい者の方ののぞみ学園に対する入校される人数によって指定管理は再び行われる、こういう可能性というふうなものを考えていらっしゃるのか、そしてまた、これまでの週3日から、評価の中では5日間にしたというふうなことが評価と挙げられておりますけれども、こういうふうな点でいわゆる子供さんの学園としての対応が変わることがあるのかどうか、この辺についてお示しをいただきたいと思います。



○伊藤護國議長 土屋市民部長。



◎土屋信市民部長 お答えいたします。

 将来の障がい児の数ということでございますけれども、私どもで今把握している来年度の入校される方の数としては一応4名程度になるのではないのかなというふうに考えております。

 そういったこともありますので、将来的についても今回お願いしたような形の直営を続けていきたいというふうに考えております。

 それから、学園として対応が変わるのかというふうなことでございますが、お話ししたように毎日の形にしておりますけれども、同じことを続けていきたいというふうに考えております。



○伊藤護國議長 石垣昭一議員。



◆14番(石垣昭一議員) 指定管理のあり方ですけれども、第六次の行政改革大綱、こういった形の中から指定管理に変えてきた経緯があるわけであります。これは経費削減というふうなことの中から指定管理を進めてきたわけでありますけれども、こういったことでこのたびは直営に戻すというふうなことになったわけであります。

 総じて言えば、その指定管理というふうのあり方そのものが経費削減というふうなことにあるわけで、市民の立場に立ったその経営が行われるのかといいますと非常に疑問があるところであります。

 そういう点では直営に戻されたというようなことについては評価をするものでありますけれども、今後その管理のあり方について、より住民の立場に立った管理を進められる、こういう立場から、指定管理に再び戻すことがないように、できたら直営をずっと進める、こういうふうな立場で今後検討をしていただきたいと、このことを申し上げまして私の質疑といたします。

 終わります。



○伊藤護國議長 以上で、石垣昭一議員の質疑を終結いたします。



△伊藤和子議員質疑



○伊藤護國議長 次に、伊藤和子議員。

  〔20番 伊藤和子議員 登壇〕



◆20番(伊藤和子議員) 最初に、議第38号天童市手数料条例の一部改正についてお伺いいたします。

 別表33の項中にオとして「浮き屋根式特定屋外タンク貯蔵所」が新設されましたが、その新設された理由と、この浮き屋根式特定屋外タンク貯蔵所とはどういう性質のものなのか伺います。

 また、この手数料条例では、33項、37項、38項、この項の手数料が引き下げられていますが、手数料が引き下げられた主な要因は何なのか。また、この手数料収入の減による市への影響額は幾らなのか。

 また、この33項、37項、38項の年間件数はどのくらいあるのかお伺いいたします。



○伊藤護國議長 三瓶消防長。



◎三瓶幸雄消防長 伊藤和子議員の質疑にお答えいたします。

 初めに、浮き屋根式特定屋外タンク貯蔵所が新設された理由ですが、平成15年に十勝沖地震に伴って発生した浮き屋根式屋外タンク貯蔵所火災を受けて、危険物の規制に関する規則等が改正されたことにより、該当する浮き屋根式特定屋外タンク貯蔵所の設置許可申請に関する審査事務が増加することから、従来の特定屋外タンク貯蔵所の設置許可申請に対する審査手数料に増加する事務量に相当する手数料額を加算して新たに規定するものです。

 次に、手数料が引き下げられた理由ですが、これまでの手数料につきましては平成12年1月に規定されておりますが、10年が経過し、設置許可等に係る審査業務の効率化が図られたことにより実費に変動が生じていることが判明したことから、手数料の額をおおむね9%引き下げるものです。

 なお、手数料収入につきましては、天童市には該当する屋外タンク貯蔵所はないことから、収入に影響することはありません。

 次に、別表33項、37項及び38項の年間件数ですが、今回の改正に該当する件数はございません。

 以上です。



○伊藤護國議長 伊藤和子議員。



◆20番(伊藤和子議員) 天童市には該当する施設がないということで、今回は言うなれば条例の全国的な改正と理解していいわけですね。

 それから、議第40号でありますが、天童市森林情報館の設置及び管理に関する条例の一部改正についてであります。

 直営とするということになったわけですが、その理由と、これまでの指定管理者による運営をどう評価するのか、これについて伺います。



○伊藤護國議長 瀧口経済部長。



◎瀧口廣経済部長 お答え申し上げます。

 初めに、直営とした理由でございますけれども、森林情報館につきましては、御案内のように平成18年4月から、指定管理者が市からの管理委託料とあわせまして物販による収益の一部を還元する形で管理運営を行ってまいりました。

 その後、県からの講座の開催ができないなどの森林情報館本来の機能が半減しているのではないかというような改善指導などがございまして、そういったことから、協議の結果、平成21年度より物販を隣接する施設に移転しまして森林情報館は本来の機能を強化することとしたところでございます。

 その結果、物販によります収益が望めなくなったことなどから、委託者、受託者双方にとりまして指定管理者制度を活用することによる経費削減等のメリットがなくなったと判断をさせていただいたものでございます。

 次に、これまでの指定管理者による運営をどう評価しているかということでございますけれども、森林情報館もり〜なにつきましては、開館時の平成16年度の年間利用者が4万5,492人でございました。その後、指定管理者による運営となった平成18年度には、物販施設が入ったことに加えまして民間のノウハウ等によりまして道の駅としての魅力がアップし、入館者も20万人を超すというようなことで推移をしてまいりました。そういったことで非常に努力をしていただいたと、魅力をアップしていただいたというふうに評価をしてございます。

 物販につきましては、移転されました昨年度におきまして、今後の指定管理者の努力によりまして知名度がアップしているということがございましたので、21年度も13万人を超える利用がございました。今年度も引き続き工夫を凝らして森林情報館のさらなる魅力アップに努めていただいているところでございます。

 したがいまして、これまでの実績あるいは評価というものにつきまして、十分今後の運営の中に引き継ぎ、活用していきたいというふうに思っているところでございます。

 以上であります。



○伊藤護國議長 伊藤和子議員。



◆20番(伊藤和子議員) それでは、今度直営になるということで、その職員体制等についてどうなされるのか、これからの運営を市が直営ですからかかわっていくわけですけれども、その辺のいままでのその実績や評価を生かしながらどのようにされるつもりなのか伺いたいと思います。



○伊藤護國議長 瀧口経済部長。



◎瀧口廣経済部長 お答え申し上げます。

 平成18年度の指定管理者以前の体制ということが基本になるということでございます。したがいまして、いわゆる館長的な嘱託員の方に、あわせましてこれまでどおり臨時あるいはパートの方を活用させていただきまして、少なくとも2人ぐらいは常駐できるようなローテーションを組んだ中で管理をさせていただきたいというふうに考えているところでございます。

 以上です。



○伊藤護國議長 以上で、伊藤和子議員の質疑を終結いたします。

 これをもちまして、議案に対する質疑を終結いたします。

 ここで暫時休憩いたします。

   午前10時15分 休憩

   午前11時00分 再開



○伊藤護國議長 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 市長から、議第52号市道の認定及び廃止についての議案の訂正について申し出がありましたので、その取り扱いについて議会運営委員会が開催されておりますので、その結果について議会運営委員長の報告を求めます。

 秋葉 忠議会運営委員長。

  〔秋葉 忠議会運営委員長 登壇〕



◆秋葉忠議会運営委員長 御報告申し上げます。

 市長より議案訂正の申し出がありましたので、その取り扱いなどについて議会運営委員会を開催し協議いたしました結果、本日の議事日程に追加し、皆様のお手元に配付しております日程表に従いまして運営することに決定いたしましたので、皆様の御賛同を賜りますようお願いを申し上げまして、御報告を終わります。



△日程の追加



○伊藤護國議長 お諮りいたします。

 ただいまの議会運営委員長の報告のとおり決定することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 御異議なしと認めます。

 よって、本日の日程に追加して審議することに決定いたしました。



△議案の訂正について



○伊藤護國議長 日程第19、議案の訂正についてを議題といたします。



△提案理由の説明



○伊藤護國議長 これより提案理由の説明を求めます。

 山本市長。

  〔山本信治市長 登壇〕



◎山本信治市長 議第52号市道の認定及び廃止についての議案の訂正について申し上げます。

 平成22年11月30日に提案しました議案に過誤がありましたので、議第52号市道の認定及び廃止についての別紙調書認定路線中、認定路線番号3103塚野目芳賀線の延長を1,603.4メートルから1,178.6メートルに訂正してくださるようお願い申し上げます。

 今後このようなことのないよう十分に注意いたしますので、よろしく御了承くださるようお願い申し上げます。



△質疑



○伊藤護國議長 これより質疑を行います。

 狩野佳和議員。



◆4番(狩野佳和議員) 先ほど議会運営委員会して説明あったわけですが、訂正があるということなんですが、私は一たん議案を取り下げて再度提案と考えていたんですが、いわゆる議案書についている調書ですから議案の一部と考えていました。ですので、一たん取り下げて、そして再度上程と考えていたんですが、このような訂正方法でよろしいんでしょうか。



○伊藤護國議長 議会運営委員会のほうで了承いただいておりますので、そのようにさせていただきたいと思います。

 ほかに質疑ございませんか。

 狩野佳和議員。



◆4番(狩野佳和議員) 確かにそれは議会運営委員会で決めたことなんですが、やり方として本当に問題ないのかということで確認しているところです。



○伊藤護國議長 問題ありません。

 ほかに質疑ございませんか。

  (発言する者なし)



○伊藤護國議長 質疑なしと認め、終結いたします。



△採決



○伊藤護國議長 これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 議第52号市道の認定及び廃止についての議案の訂正については、これを承認することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○伊藤護國議長 御異議なしと認めます。

 よって、議第52号市道の認定及び廃止についての議案の訂正については、これを承認することに決定いたしました。



△議案及び請願陳情の付託



○伊藤護國議長 次に、日程第20、議案及び請願陳情の付託を行います。

 ただいまの議第38号から議第53号までの議案15件及び請願陳情3件については、お手元に配付しております付託表のとおり各常任委員会に付託いたします。

 各常任委員会の審査の経過と結果については、来る12月15日の本会議において各常任委員長の報告を求めることにいたします。



△散会



○伊藤護國議長 これで本日の議事日程は全部終了いたしました。

 したがいまして、本日はこれで散会いたします。

   午前11時05分 散会