議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 天童市

平成22年  9月 決算特別委員会 09月13日−03号




平成22年  9月 決算特別委員会 − 09月13日−03号







平成22年  9月 決算特別委員会



     平成22年9月13日(月曜日) 午前10時00分開議

    後藤和信決算特別委員長     松田耕一副委員長

 ●出席委員(20名)

 1番 松田耕一委員   2番 村山俊雄委員   3番 矢吹栄修委員

 4番 狩野佳和委員   5番 松田光也委員   6番 矢萩武昭委員

 7番 山口桂子委員   8番 木村竹虎委員   9番 赤塚幸一郎委員

10番 結城義巳委員  11番 武田達郎委員  12番 後藤和信委員

13番 山崎 諭委員  14番 石垣昭一委員  15番 小松善雄委員

17番 水戸 保委員  18番 小澤 精委員  19番 淺井健一委員

20番 伊藤和子委員  21番 秋葉 忠委員

 ●欠席委員

   なし

 ●出席要求による出席者職氏名



日程
所属
職・氏名


9月13日(月)
経済部
部長 瀧口 廣


商工観光課
課長 加藤正美、主幹(商業労政係)赤塚嘉知、課長補佐(物産係)矢萩昌明、
副主幹(観光係)長瀬吉徳、副主幹(企業誘致係)今野 芳、
副主幹(工業振興係)大内淳一


工業団地整備室
室長 原田利三、室長補佐 今野良夫



教育委員会
教育次長(兼)教育総務課長 山口 孝


教育総務課
主幹(庶務係)松田和雄、技術補佐(管理係)秋保 栄


学校給食センター
所長 五十嵐慶一、副所長(業務係)須藤俊雄、副主幹(庶務係)安喰孝雄


学校教育課
課長 吉田勝彦、課長補佐(教職員係)阿部雄宏、指導係長 佐藤俊徳


生涯学習課
課長 酒井孝二、課長補佐(学習推進係)今野孝一、
副主幹(文化財係)阿部和美



 ●出席した事務局職員

                         主幹兼局長補佐兼

森川敏雄   事務局長       野口忠司

                         調査係長

原田まき子  副主幹兼庶務係長   武田文敏   副主幹兼議事係長

                         庶務係兼

加藤博之   調査係主査      青柳利恵

                         議事係主査



△開議



○後藤和信決算特別委員長 ただいまから本日の会議を開きます。

 本日の会議は全員出席でありますので、直ちに会議を開きます。



△認第1号 平成21年度天童市一般会計決算外1件



○後藤和信決算特別委員長 日程第1、認第1号平成21年度天童市一般会計決算及び日程第2、認第12号平成21年度天童市工業団地整備事業特別会計決算の議案2件を一括して議題とします。



△認第1号 平成21年度天童市一般会計決算のうち商工観光課、工業団地整備室所管に属する事項外1件



○後藤和信決算特別委員長 初めに、認第1号平成21年度天童市一般会計決算のうち、商工観光課、工業団地整備室の所管に属する事項及び認第12号平成21年度天童市工業団地整備事業特別会計決算についての質疑を行います。



△質疑



○後藤和信決算特別委員長 最初に、日本共産党天童市議団から質疑をお願いいたします。

 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) 成果説明書の77ページ、78ページで伺います。

 天童市雇用維持緊急助成金交付事業ということで、国の雇用助成金を受けたところに対して、市の単独ということで助成をしているわけですが、中小企業と大企業で限度額が30万円と100万円ということで違っていたわけなんですが、この中小企業と大企業の数をお聞きしたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 おはようございます。

 お答えを申し上げます。

 今ありましたように、従業員の休業手当の一部を国で助成するというふうなことで、さらに、それに天童市独自で5%を上乗せ助成したというものであります。

 今回につきましては、市内の事業所から23件の申請がありました。その内訳については、大企業は1社で、残りの22件が中小企業というふうな状況になっております。

 以上であります。



○後藤和信決算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) その次の78ページになりますが、5款1項1目ふるさと雇用再生特別基金、それから、緊急雇用創出事業臨時特例基金ということで、失業者に対して雇用の場を与えるということで、仕事を出したわけですが、6カ月とか1年未満の雇用ということになっておりますが、失業して職がなくて困っている方にとっては、一時しのぎの場にはなったのかなと思うんですが、4の成果等のところに「安定的な就業につながる雇用の場の創出」というふうになっているわけなんですが、実際6カ月なり1年なりの雇用で、それが安定的な収入につながった例があるのかどうか伺いたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 これにつきましては、平成20年秋の世界的な不況、リーマンショックというようなことで、国のほうでも臨時的にこの事業を立ち上げたものであります。

 最初のほうのふるさと雇用につきましては、基本的には1年間の雇用で、継続して3年までというふうな内容になっております。それから、緊急雇用については基本的には6カ月間で、若干制度が変わりまして、もう一度6カ月間延長することができましたけれども、基本的にはこの緊急雇用につきましては、つなぎ就労の場ということで、この就労の期間に新しい職場を探すまでの対策だというような考え方であります。

 したがいまして、正直その後の追跡はしておりませんけれども、この緊急的な雇用の事業を立ち上げたことによって、相当雇用の創出につながったというふうに私どもは考えております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) 一応、雇用人数は、あわせて66名ということだったわけなんですが、それに対する応募数というのはどういう状態だったのでしょうか。ほかのところを聞きますと、短期だからやはり応募が少なかったというふうな事例があったようなんですが、天童市の場合はどうだったのか。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 うちのほうで、平成21年度庁内的に取り組んだ事業につきましては、緊急雇用関係については、ごらんの表のとおり、19の事業に取り組んだわけでありますけれども、このうちの個々の応募状況については、今ちょっと資料を持っておりませんけれども、全体的には採用予定人数の平均すれば2倍の応募があったというふうに、途中の集計ではうちのほうで把握しております。

 ただ、事業によっては残念ながらなかったという例もありましたし、例えば天童公園の花いっぱい関係はというと、相当な倍数、4倍、5倍の応募人数があったというふうにも聞いているところであります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) このうち資格が必要なといいますか、かなり専門的なものというのもあったのかなと思っていたんですが、その辺は有資格者でなければだめだという仕事は、今回なかったんでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 基本的にはそういった特殊の業務を要するということについては、今回はありません。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) もう一点ですが、6カ月雇用ということなので、例えばこの雇用が切れた場合に、失業保険の対象にはなったということでよろしいんでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 ちょっとその件についてはうちの担当の大内副主幹のほうに答弁をさせます。



○後藤和信決算特別委員長 大内副主幹。



◎大内淳一商工観光課副主幹 短期であっても今回の場合は雇用保険にすべて加入させていただきましたので、雇用保険については該当しているということです。



○後藤和信決算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) 先ほども答弁あったわけなんですが、その後の雇用関係については別に調査しているわけではないということだったのですが、やはりこの国の政策でやっている事業なわけなんですが、その後も景気は回復していないわけなので、そういったその方たちがその後一体職につけたのかどうだかというのは、全体的なものとしてはどうとらえているのでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 詳しく追跡というのはやっておりませんけれども、今回、こうやって緊急雇用関係で採用された方が、再度というふうな声を聞いておりませんので、何らかの形で新しい常用的な職場を求めているというふうにうちのほうでは判断をしております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 石垣委員。



◆14番(石垣昭一委員) 事項別明細書の157ページ、7款1項4目少年少女将棋教室実施委託料でありますけれども、45万円の決算額でありますけれども、これは初めてだというふうに思っております。その点で、具体的な内容と成果についてお示しをいただきたいと思います。

 成果説明書の中には、将棋人口の拡大がなされたというふうなことで載せてありますけれども、具体的な拡大の普及の状況についてお示しをいただきたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 この事業については以前からやっておりまして、平成21年度が新規の事業というふうなものではありません。この内容につきましては、主には市内の小学校、中学校、あるいは高校生を対象にしまして、将棋人口の普及、あるいは棋力の向上のために、日本将棋連盟の天童支部のほうに教室の開設をしているというふうな内容であります。

 昨年度の実績関係につきましては、年間で124日、1,550人の受講生があったところであります。

 今の数字については教室そのものでありますけれども、将棋交流室、自由に使えますので、そういった年間の交流室の将棋関係者の利用については5,533人の利用があったというふうに、うちのほうでは把握をしております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 以上で日本共産党天童市議団の質疑を終了いたします。

 次に、民主天童クラブから質疑をお願いいたします。

 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) 成果説明書72ページの一番上、観光客数ということで、前年対比で9.2%伸びがあったとここに書いてあるんですが、各施設ごとにいろいろ書いてありますが、この9.2%ふえたものというか、減ったものということで、ここに書いてあるもので結構ですから、わかる範囲でお答えください。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 昨年度の県内を取り巻く観光関係の状況につきましては、NHKの「天地人」のほうへ、さらには庄内、内陸を中心とした映画「おくりびと」というふうなことについては、県内全般の影響があったであろうというふうに考えております。

 さらに、村山地域では、何と言ってもJ1モンテディオが初めて昇格をしたというふうなことで、それらの効果がいろいろあったというふうにうちのほうではとらえております。

 ここに示してある各施設別の関係では、もり〜な天童が前年度から見ますと、相当伸びております。その理由としましては、新しく足湯が開設したことと、これまで農協さんのほうで、もり〜な森林情報館のほうにあったものが新しく八文字屋のほうに移転拡充したというようなことがありまして、その部分で相当伸びております。

 それから、プラスになっている部分については、天童市美術館が10%ほどの伸びであります。

 一方で、減少になったものにつきましては、天童温泉関係の日帰り、あるいは宿泊関係の利用が3.1%の減少、それから、若松寺が前年度に比べまして2.4%の減少、これについては、前年度1300年祭なんかもあったわけでありますけれども、それらがなくなったというようなことで、若松寺あたりはそういった減少になっております。

 以上が主な各施設ごとの増減であります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) もり〜な天童におきましては、どれぐらいのプラスになったんでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 平成20年度が20万9,382名でありましたので、40万人ほどふえたというような内容になっております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) 20万人から60万人になるというのはすごい数字なんですが、恐らくこの統計のとり方がどうなのかなと思うんですが、びっくりするんですが、しかし、昨年度におきましては、やはり「天地人」と「おくりびと」、そして、J1のサッカーモンテディオの件があったなと思います。

 残念ながら、山形県知事の報告にはJ1のことが言っていなかったんです。「天地人」効果があったとか、「おくりびと」効果があったと言っていたんだけれども、J1効果が、モンテディオが頑張ったと言っていなかったので、その辺やはり市としては、そういうJ1効果があったということで理解しているので、これもことしですけれども、J1は続いているわけです。この辺を巻き込んで、天童市としてこれを全県に発信するいいチャンスだと思いますので、ぜひこういったことも絡めて、今年度もプラスになるようにぜひ努力していただければなと考えていますので。

 その辺、もり〜なの統計のとり方を、本当にこれで正しいのかどうかもう一回精査してみてください。本当にこんなにふえるのかなと思いますので、よろしくお願いします。

 かわりまして、次は、同じ成果説明書75ページで、観光情報センターにつきまして、お尋ねします。

 下のほうで2,900万円ほど委託料として委託しておりますが、これは観光物産協会のほうに委託しているのか、それともどんなものなのか。そして、何名ぐらいでやっているものなのか説明してください。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 今の観光情報センター関係については、平成18年度から施設関係を指定管理委託するということで、天童市観光物産協会のほうに、平成18年度から同じ金額で委託をしているところであります。

 具体的には、ここに載っておりますけれども、2階のほうの階段を上っていきますと、右手のほうの観光センター関係と、今度は左手のほうの物産センター関係、それから1階のほうの将棋資料館、それから将棋教室関係を委託をしているというふうな内容でございます。

 職員何名でということでありますけれども、観光物産協会そのものの人数につきましては、パートなんかも含めてでありますけれども、11名体制で今運営をしているところであります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) これについては、プラスとかマイナスかという説明が出ていないんですが、平成20年度に比べてどういう伸びだったのか、落ちだったのか説明をお願いします。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 この資料にあります(2)の観光センターの案内関係については、平成20年度が6,350件でありましたので、1,000件弱ぐらい伸びております。

 それから、(3)の物産センターの入館者数については、前の年が3万2,484名でありましたので、1万8,000人ぐらい伸びているところであります。

 それから、(4)の将棋資料館については、ほぼ同じ人数でありますけれども、前の年から見ますと、400名ほど伸びているというふうな状況になっております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) 恐らくこれはJR天童駅にある施設ですので、モンテディオ効果で天童に来てくれた人もふえたのかなという感じで、結構伸びていますので、これもうれしい限りですので、ぜひこの辺、落ちないように観光PRという点で、観光物産協会と協力しながらやっていただきたいと思っております。

 それでは次に、商工振興のほうで、79ページ、商工業振興事業ということで、説明で1番、2番ということで、「利子の半分を補給し」、その2番も「利子の半分を補給し」ということで、この金額が出ておりますが、この利子半分にして補給ということは、もうこれは返さなくていいようなことになっているんでしょうか。それとも何かしたら返していただくような方法なんでしょうか。どうなんでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 今の2つにつきましては、いずれも補給でありますので、該当になればそのままうちのほうで補給をするというふうな内容であります。

 したがって、後ほど返却とか、そういったことはありません。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) わかりました。

 それではもう一点、どこだか忘れたな。ないかどこかわかったら。

 ちょっとかわります。



○後藤和信決算特別委員長 木村委員。



◆8番(木村竹虎委員) では、成果説明書の81ページで、企業誘致推進事業ということで、いろいろなPR活動をして、成果のほうも書いてあるんですけれども、成果等で「誘致活動を行った」とありますけれども、その誘致活動を行った手ごたえとか何かありましたら、現況をお話しいただきたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 昨年度につきましては、工業団地整備室の中にこの係がありまして、いろいろ活動をやってきたというようなことでありますけれども、昨年度1年間につきましては、東長岡とか、現在工事を進めております荒谷西関係の農地法上関係の許認可の申請とか、あるいはそれを踏まえた上での用地買収に最重点項目というふうなことで取り組んでいたところであります。

 したがいまして、ここに記載になっておりますけれども、具体的な企業誘致活動につきましては、これまで要望のありました企業について定期的に訪問をさせていただいて、うちのほうの進捗状況なんかをお話をしたというふうなことであります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 木村委員。



◆8番(木村竹虎委員) はい、わかりました。

 やはり天童市としても雇用の場の確保と地域の活力という面では、その働く場、就労の場がふえなければなかなかそういった機運も起こりづらいのかなと思いますので、今後とも力を入れて進めていただきたいと思います。

 それから続いて、事項別明細書の155ページの下段のほうから6つ目なんですが、倉津川のしだれ桜ライトアップ事業補助金ということで、事業の補助をしていますけれども、昨年度、今年度も見てみたらだんだん歩いている人がふえているような感じがして、ことしなんかは特に去年よりも大分人がふえていたようなんですが、この倉津川のしだれ桜のライトアップの期間中に、何か他団体等とイベントを企画したりする計画なんかはあるのかどうかお聞きしたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 このライトアップ事業につきましては、平成17年から温泉組合のほうで取り組んでおります。特にことしにつきましては、開花がおくれたというようなことなんかもありまして、一つの観光スポットとして定着しているというふうな実態にはなっております。

 この事業関係でタイアップというようなことでありますけれども、今のところは具体的にはありませんけれども、もっと西側がいいとか、あるいは子供たちがもっと積極的に来るような形で、例えば商店の立地とか、そういうようなことを考えられないのかということは、一部声がありますけれども、まだちょっと具体化がなっていないというような状況です。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) 思い出しました。

 成果説明書81ページです。

 同じようにここで商工業の金融対策事業ということであります。81ページの上のほうに、これも保証料、補てん、補給と書いていますので、補給ということは、3,000万円ほどになっているのですが、それは同じようにもう返済しなくていいというものなのか。そして、その財源の内訳ですが、予算書がないのでわからないんですが、1,200万円、2,290万円というのはどこから入ってくるお金だったんでしょうかお願いします。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 (2)のほうの保証料補給につきましては、先ほどの利子の補給と同じようなことで、合致したものについては保証料の20%をうちのほうで補給すると。そういった支援をしまして、各企業の安定化を図るという趣旨で、返還というのは特にはありません。

 それから、1,290万円につきましては、うちのほうで、特に(1)の産業立地資金というのは貸付金でありますけれども、いろいろ該当になった場合に、4月1日にうちのほうで貸し付けをして、同じ金額が同じ年度に返ってくるというような趣旨の1,290万円であります。

 (1)の790万円と81ページの(2)の一番上の500万円を足してもらえば1,290万円になるというふうな意味合いです。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) わかりました。

 ということは、この保証協会と中央金庫に同じ額を出して同じ額を回せるということになっているわけですね。理解しました。

 以上で終わります。



○後藤和信決算特別委員長 以上で民主天童クラブの質疑を終了いたします。

 次に、かがやきから質疑をお願いいたします。

 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) 事項別明細書135ページで、先ほどもちょっと質疑があったわけですが、雇用確保対策事業補助760万円、これも一般財源から全部出ておって、成果説明書を見ますと、27事業所の37名に20万円相当を補助したということであります。

 37名の雇用があったことは間違いないと思うんですが、正社員として雇用するというふうな条件のようですが、雇用してすぐ正社員にするという企業は少ないと思うんです。3カ月間見てとか、半年間見てとかというふうな部分が正社員になった時点を指しているのか、それとも雇用した日を指しているのかということと、非常に定着率が余りよくないというふうにも聞いております。この補助金をもらうために採用したんだなんていうふうな話も聞いたりもするんですが、その辺の定着率なんかはどのようにとらえておるのでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 今回の雇用確保対策事業での一つの正社員の定義というふうなことだと思いますけれども、うちのほうで今回定めてきたものについては、正社員というのは、雇用期限のないものというふうにとらえて、この事業を実施をさせていただいたというふうなことなんですが、今、赤塚委員がおっしゃったように、採用してすぐやめるのではないかというふうなことも懸念されるものですから、終期がないという契約なんですけれども、うちのほうのこの補助事業の場合は、3カ月連続して雇用するというふうなことで、その後の確認作業なんかも経ているところであります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) それはわかりました。

 153ページの7款1項2目プレミアム商品券補助について、2,700万円ほどの第二弾が実施されたわけですが、第一弾目ほどに盛り上がらなかったのかなというふうに感じておるんですが、この執行状況、どのくらいの期間で完売されたのかということとか、成果とか取りまとめていらっしゃると思うので、その辺のところを説明してください。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 平成21年度は、商店街のほうで初めて取り組んだ事業で、平成22年度が第二弾というか、発売につきましては、平成21年4月2日に各地域の公民館なんかをお借りしまして、発売をしたところでありますけれども、販売を完了しましたのが4月22日というふうなことで、全部完売をしているところであります。

 そういった完売でありますけれども、一方で、使用期限としては7月いっぱいで、いろいろ消費者のほうからこの券を購入をいただいたわけでありますけれども、完売はしたわけでありますけれども、結果としては53万8,000円ほど未換金がありました。というのは、恐らく余りにも大事にしまい過ぎて使われなかった方がいたのかなというふうにうちのほうではとらえておりますけれども、そういった結果でありました。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) では次に、同じページで商工会議所中小企業経営支援事業費補助468万円というふうな費目について、事業所数がどのくらいの事業所数なのかということと、この事業の総額幾らに対して何%補助して468万円になったのかを説明してください。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 この部分につきましては、いわゆる天童商工会議所の中小企業事業所がいろいろ会員のほうの支出の向上関係を図る、あるいは市内企業の安定的な振興を図るために補助をしているところであります。

 最初のほうの数でありますけれども、現在の会員数は1,772会員というふうにうちのほうでは把握をしております。

 それから、全体的な事業については、およそ3割というふうなことで支援をしているということであります。

 具体的な資料をきょうは持ってきておりませんので、その部分については後ほど報告をさせていただきたいというふうに考えております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) わかりました。

 次に、先ほど話に出たしだれ桜、ライトアップに105万円のお金を出しているということですが、所管が違うのかどうかわかりませんが、あのしだれ桜を真夏に業者の方が一生懸命剪定をしておりました。この費用というのはどこから出ているのか、この105万円の中ではないと思うんですけれども、都市計画課のいろいろな話の中で、真夏に剪定するのは木を弱らせてしまうし、要するに、落ち葉がどんどん落ちて、落ちる前に切ってくれと言われて切ったことがあるんだけれども、それがそういうことでやめたと。このしだれ桜も観光の一つのポイントになっているということなので、真夏に切るというのは、いずれどこかで切らなければいけないと思うんですが、休眠期に切るのと比べて、樹勢を……



○後藤和信決算特別委員長 赤塚委員、これは都市計画のほうだと思います。



◆9番(赤塚幸一郎委員) 観光と関係ないんですか。



○後藤和信決算特別委員長 はい。ライトアップの事項ではありませんので。



◆9番(赤塚幸一郎委員) そうすると、あそこの枝を切るのかなんかというのは都市計画課でやっていらっしゃる。



○後藤和信決算特別委員長 はい。



◆9番(赤塚幸一郎委員) わかりました。

 私のほうは終わります。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) まず、観光物産課、成果説明書72ページの中段、観光物産等相互交流事業、これについて決算が出ておりますけれども、大事なことであります。力を入れなければならないことかなというふうなことから申し上げるところでありますが、特に、土浦市、館林市、網走市、これについては観光物産キャンペーン、物産展なども開いた中で取り組んでおられます。成果説明については出ておりますけれども、ただ、多賀城市については文化振興等の相互交流都市ですよね。そういう中における成果は目的が違うのかなということからして、どのような成果を得ているのか。まず、お尋ねをしたいというふうに思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 今、委員からありましたように、国内で4つの市と相互交流協定を結んでおりますけれども、そのうちの多賀城市だけは文化的な視点というようなことで協定を結んでおります。

 しかしながら、いろいろ物、人の交流を深めながらお互いにやっていこうというようなことで、現在、うちのほうでは多賀城市も同じように、例えば春ですとサクランボだとか、秋にはラ・フランス、リンゴというようなことで、いろいろ物産関係の交流を結んでいるところであります。

 文化的なことについては、ちょっとその辺はあれですけれども、そういった人と物が交流することによって本来の目的であります文化的な側面も交流になるではないかなというふうにはうちのほうではとらえているところであります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) それはわからないわけではないわけですけれども、私が申し上げているのは、目的に到達しているのかどうか。その辺をお尋ねしているわけでございます。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 いろいろ目的の到達度というようなことでありますけれども、逆に言うと、一つの定めを設けて我々が邁進するというのは非常に大事でありますけれども、ここに来ればこれで終わりだということでもないのではないかなというふうに私は思っております。したがいまして、お互いの市がさらにいろいろな手だてを含めながら、さらに交流を深めていくというのが大事かなというふうにうちのほうは考えております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) 趣旨というものは、私は天童古城から端を発しているわけですから、この辺等についても職員、市ぐるみで対応すべきではないのかなと、そのような考え方はどうですか。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 大変、御指摘をいただきましたので、市長公室、あるいは所管の文化スポーツ課あたりともいろいろただいまの意見を踏まえまして、庁内的にも検討してまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) 了解。

 それから、行政のかかわり、行政として派遣されているのかどうか。いろいろ物産展、キャンペーンについてはやはり観光物産協会のほうに委託されているわけですよね。その辺、どのようなかかわり、そしてまた、イベントのときにはどのような派遣をされているのか。その辺もこれまでの経過としておつなぎいただきたいというふうに思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 これまでは、この事業そのものについては、天童市の観光物産協会のほうに委託をやっておりまして、当然協会のほうの職員も行きますけれども、うちのほうでも締結市というふうな立場で、同じ行動をしていると。それで、向こうのほうにいろいろ担当部長等とお会いしまして、今後の課題等についての懇談会などもやっているというふうな状況であります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) では、その背景として、それぞれ天童市としてのイベントがあるわけですよね。その辺の対応など、受け入れなんかもちゃんとできているのかどうか。その辺もお伺いします。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 具体的にはうちのほうで行くばかりでなくて、主には11月に開催されます農業まつりのほうで、各市のほうで逆に物産展なんかを開いてもらっているというふうな状況になっております。その間につきましても、時間をとっていただいて、向こうのほうの担当部署のほうと今後のありよう等についてもいろいろ懇談をしているというふうな状況です。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) わかりましたけれども、ただ、最大のイベントは、何と言いましても、人間将棋でしょうね。それに誘客、入り込みがなっているのかどうか。いろいろ課題があるのではないかというふうに思います。その辺等についてお示しをいただきたい、このように思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 今言ったように、人間将棋関係につきましては、いろいろ御招待をしたり、あるいは職員のほうのお知らせなんかもしているところであります。

 なお、具体的には、館林市のほうとは、向こうのほうの職員厚生会のほうの取り組み関係で、毎年、天童市のサクランボ狩りのほうに、ことしは120名ほど自主的に来ていただいたというようなことがあったり、あるいは逆に、館林市のほうには、うちのほうの市役所職員を中心にした釣りクラブがありますけれども、釣りクラブ同士のほうでもそういった人的な交流を深めているというふうな事実にあります。

 さまざまな課題はあるわけでありますけれども、そういったものを含めながらさらに拡大をしていきたいというふうには考えているところです。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) わかりましたけれども、前はやはり物産館というような館の中でいろいろ対応した経過があるわけですけれども、何かしら決算のときにも、予算のときにも削減されているような状況にあります。大事な部門かなというふうに思いますので、なお一層力を入れていただきたいものだなというふうに思います。

 前に市民部なんかも出した経過はありますけれども、大勢で誘客、入り込みがあるというふうなことでありますけれども、こちらでもやはり出かけていって、いろいろ相互交流を深めると。市民的にも交流を深める。これが相互交流の基本だろうというふうに思いますので、その辺も含めて、要望的なことでありますけれども、よろしくお願いしたいというふうに思います。

 次に入ります。

 成果説明書の73ページをお開きいただきたい。上段でありますけれども、これは観光ボランティア育成事業でありますけれども、これも大分大幅な減額をされております。110万円ほどあったわけで、半分までいきませんけれども、大幅減額のようであります。この辺等について経過、何年かになりますけれども、平成21年度の詳細な内容等についても含めて御説明いただきたいというふうに思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 ボランティア育成事業につきましては、会員の拡大とか、ボランティアガイドの技術のレベルアップを図るというようなことで、これも観光物産協会のほうに事業を委託しているというふうな内容であります。

 現在は、会員22名で精力的に活動を行っているということについては、大変敬意を表したいというふうに考えているところであります。

 今の御質問の予算関係、決算関係が前年度から比べると減ったのではないかということでありますけれども、平成20年度につきましては、会員関係のジャンパーとか、帽子、それから、新しくチラシの作成をした経過があります。そういったものが平成21年度についてはある程度整備になったというふうなことで、ほとんどはその部分で減額になったという意味合いであります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) それで、文言は育成事業というふうなことをうたっているわけですけれども、いろいろ受け入れするための事前勉強というふうなこともあろうかと思いますが、どういうことを組織の中で取り組まれているのか。その辺等についてもお伺いしたいというふうに思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 いわゆる研修会関係については、自主的に月1回の定例会を設けているところです。それから、いろいろ観光団体からの案内関係で、県とか、あるいは民間団体のほうからのボランティア会員等の研修会の案内が来ておりますので、その辺についても積極的に参加をしているというふうな状況になっております。

 それから、さらに会員が一つのモデルケースをそれぞれ自主的に設定をしまして、会員同士で行って研さんを重ねているというふうな状況になっております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) 了解。

 次に、成果説明書の74ページから75ページ上段のほう、これはまたがるんですが、観光振興事業費負担金、これも事業費として昨年より大幅に削減されております。1,000万円近い減額だというふうに思いますが、どの部分で減額になっているのか。ただ、その補助金6件、それから負担金30件とありますけれども、昨年負担金については26件、ことしは項目が多いですよね。それにもかかわらず1,000万円近いダウンをしているというふうな趣旨はどこにあるのか。その辺お願いしたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 これまでですと、個々の項目の中に、いわゆる将棋振興事業なんかもあわせて掲載をしておったわけでありますけれども、今年度から将棋関係1項目ということで、76ページのほうに新しく設けたというふうなことで、具体的には別項目にしたことによって表面的には減額になったような形になっております。

 ただ、その中でも平成20年度は国際将棋フェスティバルということで、約800万円ほどの事業費がありましたので、その部分が相当の金額で減少になっているというふうな事実であります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

 矢萩委員。



◆6番(矢萩武昭委員) 成果説明書の78ページ、79ページ、2番目の緊急雇用創出事業臨時特例基金事業についてお伺いをいたします。

 この中で、10番目の学区表示システム化事業、それから、叙位叙勲上申書類の整理事業、そして、79ページ、12番目右の特別支援を必要とする児童サポート事業、この3つについて、その内容と効果についてお示しをいただきたい。



○後藤和信決算特別委員長 教育委員会ではないかと思います。

 山口委員。



◆7番(山口桂子委員) 成果説明書の74ページで、観光振興事業負担金の中の観光駅馬車運行補助金ということで137万5,000円出ていますけれども、このバスの運行での成果ということで、乗る観光の方とか、減っているとか、ふえているとか、求められているとか、どうなっているでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 これについては、駅前からの二次交通を確保するということで、以前から温泉組合のほうにお願いをして、運行しているというふうなことであります。

 昨年度の運行回数関係の実績については、1日6回ほど発着をしておりますので、年間では696回の3,583名を運行したというふうな実績であります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 山口委員。



◆7番(山口桂子委員) わかりました。

 何か音楽もちょっと変わっていて、特徴あるバスなので、ぜひ続けていただきたいなと思っています。

 続きまして、成果説明書の133ページ、工業団地整備事業特別会計の中の荒谷西工業団地整備事業の中で、立木移転料、これは2億5,951万2,000円だと思うんですけれども、ちょっと額が大きい立木移動でしたので、この内容をお願いいたします。



○後藤和信決算特別委員長 原田工業団地整備室長。



◎原田利三工業団地整備室長 お答え申し上げます。

 立木移転料の内容でございますけれども、収穫樹の補償でございまして、内容的には工業団地整備事業区域にあります収穫樹で、サクランボ、それからリンゴ、ラ・フランス、ブドウ、桃等に対する補償でございます。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 山口委員。



◆7番(山口桂子委員) あと、査定する場合には、そのサクランボの木がどのくらい生産性があるかとか、何年間分ぐらい、多分この方はサクランボをつくるだろうとか、そういうのが何か計算するものがあって計算しているという判断でいいですか。



○後藤和信決算特別委員長 原田工業団地整備室長。



◎原田利三工業団地整備室長 公共事業に伴う移転補償につきましては、損失補償基準というものがございます。その中で立木移転についても樹種ごとに明確にあらわれておりますが、算出の基本でございますけれども、まずは樹種でございます。それから品種、例えばサクランボですと、佐藤錦、ナポレオンでも違います。それから樹齢、それから樹木の根回りとか樹高、それから1反歩当たりの植栽の本数、それから樹園地の管理状況等々を調査いたしまして、補償基準に基づいて算定するという内容になってございます。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 山口委員。



◆7番(山口桂子委員) よくわかりました。

 それでは、成果の下に東長岡工業団地は企業5社が全部決まったということで、この5社はどこだったのかお願いします。



○後藤和信決算特別委員長 原田工業団地整備室長。



◎原田利三工業団地整備室長 東長岡工業団地の分譲先の企業でございますけれども、これにつきましては、昨年9月議会で財産処分の議決をいただきました。企業名でございますが、芦野工業株式会社、それから東北パイオニア株式会社、それから株式会社三瓶工業、それから株式会社山本産業、それから株式会社サン技研の5社でございます。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) 成果説明書72ページ、先ほど御質問ありましたけれども、もり〜な天童さんのほうに62万8,000人ぐらい来客しているということで、私も大変びっくりしているところですけれども、先ほど説明の中では、ふえた要因につきましていろいろ御説明がありましたけれども、カウントの仕方についてはどういうふうにカウントしているのか説明がなかったので、どのような形でカウントをしているのか、まず教えてください。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 新しくJAフーズが移転したというふうなこともありましたので、JAフーズからの報告と、それから森林情報館からの報告、さらには屋外の多目的広場なんかもありますので、それについてはうちのほうに申込み申請が必要になってきますので、その辺を加味をして人数を把握したというふうなことであります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) それだと、もり〜な天童に入館した人ではなくて、あの辺一帯、わくわくランドに来客した数というふうな形でよろしいわけですね。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 はい。その辺についてはある程度目視というふうな形になるかと思いますけれども、そういった市民の方々も入っております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) やはりせっかく60万人ぐらいの人が来客するという大変いい施設になっているわけですから、ここでもり〜な天童さんのほうで販売もできないとか、そういうふうなせっかくそのようなたくさんの方がいらっしゃる施設をもっと有効に利用していただきたいなというふうに思っているところですので、ぜひ今後も、また、あの辺には公園もできますので、よろしくお願いしたいと思っているところです。

 続いて、成果説明書73ページ、いろいろイベントの観光事業をやっているわけですけれども、一番最初の桜まつり、これに参加人数が載っていないのですが、大体把握していらっしゃればそこをお願いいたします。ほかのは大体参加者ということで載っているんですが、ここだけお願いします。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 昨年度は2日間で、桜まつり関係については8万5,000人というふうにとっているところです。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) これも大変たくさんの人数が参加していただいている事業で、天童を代表するお祭りではございますが、ことしの話になって申しわけないんですが、時期的な天候とかの問題もありまして、ことしは大変少なかったのではないかなというふうに思います。多分去年と比べると、去年は満開に当たっておりますので、8万人ぐらいたくさん来ていただいていますが、その辺、やはりこの桜まつりの人間将棋というのは全国的にPRできる天童市のイベントのわけですけれども、時期とか、桜の状況とか、天候に左右される大変あやふやなお祭りになっていると思うんですが、その辺、今後も含めまして、その時期とか、桜に合わせるというのは大変難しいと思うんですが、代表的な人間将棋をもう少し効果的な時期にずらそうとかというふうな考えはないのでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 実行委員会のほうで主催する側になれば、雨なのか晴れなのかというふうなことで、毎年悩んでいることは事実であります。

 ただ、一般論としましては、地球の温暖化関係なんかもありまして、桜の開花が早まっているというふうなこともありまして、ここ数年は4月の第三土曜、日曜というふうなことで定着をしているところであります。

 今の時期関係についての御意見等につきましては、今後実行委員会のほうで、今の形でいいのかどうなのかについては、今後の検討課題というふうにさせていただきますけれども、一つには、人間将棋については、桜満開のもとでやる。それから、ある一定の観客席があるというふうな条件の中でやるのが人間将棋かなというふうに私は思っておりますので、今のところは、舞鶴山山頂かなというふうには考えているところであります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) いろいろな問題もあると思いますが、ぜひまた御検討いただければと思います。

 観光事業の負担金ですけれども、事項別明細書155ページの観光負担金の中の花笠協議会負担金66万円ということで、毎年出していると思うんですが、前に聞いたかとは思うんですが、この内容をお知らせください。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 これについては、山形市関係を含めまして、行政関係では6市、それから山形新聞とか、東北電力関係とか、民間33団体で構成をしているもので、8月初めに行われます花笠協議関係での普及拡大を図るというふうな意味合いであります。

 昨年度につきましては、124団体で1万1,223名の参加者があったというふうに把握をしているところであります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) 今の124団体というのは、天童の夏まつりということでよろしいでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 今の主要成果の75ページの負担金の一番下段のほうの山形県花笠協議会負担金の内容であります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

  (発言する者なし)



○後藤和信決算特別委員長 以上でかがやきの質疑を終了いたします。

 次に、政和会から質疑をお願いいたします。

 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) 成果説明書の78ページ、79ページです。

 先ほども質疑があったんですが、緊急雇用創出事業臨時特例基金事業、これに対して66名を採用しているわけですけれども、応募者が2倍ぐらいあったと。この応募者の年齢層、何十代が何人とか、そういったことを把握していればその辺のところを教えてください。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 大変申しわけないんですけれども、今の数字についてはうちのほうで持ってきませんでしたので、後ほど回答したいというふうに考えております。



○後藤和信決算特別委員長 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) 数字が出てこないというのは残念ですけれども、実は60歳以上の方は採用はしていないと思うんですが、こういった緊急雇用ということですから、失業してどうしても仕事につけない、こういった方を優先するわけですから、とにかく本当に困っている年代、そういった年齢層を雇用するべきだと思うんですが、そういった雇用すべき一つの人選するための基準といいますか、それは何を一番重要として、基準として採用を考えているのか。その辺のところを教えてください。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 これにつきましては、各課のほうで事業を編み出してもらいまして、最終的には求人については、ハローワークのほうに求人をすると。その後の人選関係については、各所管課のほうで行っておりますけれども、いわゆるこの事業の目的遂行に一番ふさわしい方をそれぞれの課で選任しているのではないかというふうにうちのほうでは思っております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) 次に、成果説明書81ページの企業誘致推進事業、これも先ほど質疑がありましたけれども、平成21年度の段階で入植希望の企業は何社で、トータル面積からすればどれぐらいの面積を占めているのか。その辺のところの数字を示してください。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 荒谷西関係についての状況ということでありますけれども、現在については、以前と変わらないんですけれども、要望があった企業については8社というふうなことであります。

 総体的な面積割合からしますと、分譲面積に対しましては、約6割というふうな状況になっております。

 ただ、ことしに入りましていろいろ企業訪問させていただきますと、以前、積極的にすぐにでもあそこをほしいという企業についても、なかなか経済状況が好転しないということで、例えば当初の希望する面積の8割だとか、7割でいいやというような企業もありまして、なかなか厳しい状況にはあります。

 ただ、いろいろうちのほうでも説得とか、立地のよさをPRをしまして、積極的に企業誘致について邁進してまいりたいというふうに考えているところです。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) 入植希望者が8社ということでありまして、6割の面積ということで、それから、経済状況も今変わってきています。だから、ちなみに、今現在それが変更になっているものかどうか。その辺のところを教えてください。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 訪問しますと、企業のほうからそういうふうなお話はありますけれども、最終的な決定ではなくて、もう少し様子を見たいというふうな企業が多いようです。ただ、逆に、先ほど要望が具体的にあったのは8社と申し上げましたけれども、いろいろ県のほうからの情報提供とか、あとうちの職員も銀行なんかを回りますと、新しい紹介先などもありますので、今の8社以外でも若干の動きはあるというふうなことで、今後とも小まめに活動してまいりたいというふうには考えているところです。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) よそから誘致というだけではなくて、やはり市内の市街地にある企業とか、そういった企業に対しての誘致というのはどれぐらい声をかけているものですか。その辺のところを教えてください。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 具体的な状況等については、担当であります今野副主幹のほうから回答をさせたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 今野副主幹。



◎今野芳商工観光課副主幹 それでは、企業誘致を担当しております今野です。私のほうから御質問にお答えさせていただきます。

 市内企業へのアプローチということなんですが、先ほども課長のほうからもありましたように、主に市内の金融機関、信用金庫さんも含めて回らせていただいて、できるだけ市内企業で工業適地に工業団地のほうに移転操業して、また規模拡大というふうなところをぜひこの機会にお願いしたいというようなことで、金融機関のほうにも回らせていただいています。

 あと商工会議所工業部会のほうにもお話しさせていただいていますので、そちらのほうからのアプローチなどもあるかと思いますので、そんな動きをさせていただいています。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

 山崎委員。



◆13番(山崎諭委員) 今の水戸委員の質問に関連しますけれども、昨年も文書で要望書が出されたのが8社というふうな御説明でありましたけれども、そのうち県外からの要望が2社あるというふうな説明だったわけです。この成果説明書を見ますと、県外に出ても東京のビッグサイトや11月24日のインダストリアルセミナーですか、東京においてもいろいろ誘致の活動を行っているのでありますけれども、県外に出て接触をした企業は一体どのぐらいの数に上るのか。その辺をまずお示しいただきたい。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 主要成果でありますインダストリアルセミナー、名古屋市と東京でありますけれども、これについては、県と市町村が一体的になって企業PRをしようというふうなことであります。

 7月に名古屋のほうで行われました誘致事業関係については、県内のほうでは11の市と町、企業については95社が参加したというふうなことです。

 11月に行われました東京での開催については、19の市と町、これについては129社が参加したというふうなことであります。

 当日どういうふうな活動をということでありますけれども、それぞれ各市町村のPRとか、あるいは各企業のほうでの情報交換が主ということで、その日のうちに即断で成立するというふうなことの状況にはなっていないような状況であります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 山崎委員。



◆13番(山崎諭委員) 情報交換が主なことというふうなことでありますけれども、何とかせっかくつくった工業団地でありますので、なるべくは県外のほうからの誘致にまず頑張っていただきたいというふうに思います。

 あとそれと、大事なことは、かつてのように市内の優良企業が市外とかほかに出ていかないようにすることもまず大事でありますので、その辺のところの活動もよろしくお願いしたいと。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

 松田光也委員。



◆5番(松田光也委員) それでは、事項別明細書の153ページ、こちらのほうは商工業振興費の負担金のほうになりますけれども、山形県信用保証協会の保証料の金額なんですけれども、補給金、こちらのほうが昨年よりも500万円ほど多くなっている状況であります。この利用状況、そしてまた、こういうふうな利用に当たって制約とかそういうふうなものがあるのかどうか。その辺も教えていただきたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 これにつきましては、企業が県の商工業振興資金の融資を受ける際に、保証協会の保証制度を利用した場合に、市のほうでその保証料の20%を補給するというふうな内容であります。

 昨年度につきましては、補給対象件数が752件で、3,100万円ほどの保証料でありますけれども、その融資残につきましては、前年度末で97億4,959万円というふうなことでありまして、融資が多くなってくればこの一部補給する補給金も増額になってくるというふうな仕組みであります。

 以上であります。



◆5番(松田光也委員) 制約とか問わないのか。



◎加藤正美商工観光課長 これは借りるときにお互い銀行のほうだとか、保証協会のほうと契約をするというふうな流れであります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田光也委員。



◆5番(松田光也委員) わかりました。

 それでは、そこの中段のところの地域活性化プレミアム商品券の発行につきまして、非常に成果説明の中では99%の換金もあり、未換金が53万8,000円だけというふうなことで、非常によかったわけなんですけれども、ただ、これの参加店の年間の売り上げの状況、それから、活性化などその辺のデータとか、把握があれば教えていただきたいと思いますけれども、お願いします。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 昨年度のこの事業に参加した商店数につきましては、市内の商店300店が参加をしたところであります。実際この商品券を取り扱った商店については286件で、14の商店関係はこの取り扱いがなかったというふうな状況になっております。

 それから、換金額の多いというふうな御質問かと思いますけれども、上位の20社、20商店を調べてみますと、ホテル、旅館、料理飲食関係が5件、それから衣料品販売が3件、酒、たばこの販売が2件が複数の商店でありまして、以下については1件ずつということで、例えば電気小売店、菓子小売、化粧品販売、農機具販売とか、靴屋さんとか、そういった関係がそれぞれ1店ずつ、上位20社を見ますとそんな状況になっているところであります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田光也委員。



◆5番(松田光也委員) それで、今お聞きしたのは、プレミアム商品券の発行に際しまして、こういった参加した中で、天童市の参加店300件、これを見ますと284件でありましたけれども、その中の年間の売り上げは伸びているのかどうか、よかったのかどうか、その辺も教えていただきたいと思います。

 全体でいいです。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 昨年度初めて実施したわけでありますけれども、一般的には国の定額給付金に合わせたこの事業というふうなことで、非常にタイムリーであったし、国の定額給付金が別なものに使われないで市内の消費活動、購買につながったということで、大変よかったというふうなことであります。

 一般的にはそういったことでありますけれども、消費者のほうの声を、代表的なこの事業に関して申し上げますと、例えば一つの反省点だと思いますけれども、同じ店でもこの商品券で買えるものと買えないものがあったというふうなことがありました。

 それから、同じ消費者からは、ぜひ大型店の加入なんかも今後検討してほしいとか、あるいは釣銭は出なかったわけでありますけれども、その釣銭が出なかったことについては、特に不便は感じなかったと。そういったことが消費者関係の大きな意見かなというふうに考えております。

 一方で、各商店のほうの声でありますけれども、前回は7%の手数料をいただいたわけでありますけれども、商店さんから見ると、7%の手数料については、非常に大きな負担を感じたというふうなことでありました。

 それから、先ほど申し上げましたけれども、定額給付金の支給に合わせてこの取り組んだ事業については、大変タイムリーであったというふうなことでありました。

 それから、連合会で当然取り組んだわけでありますけれども、その末端といいますか、各地区の商店会のほうの結束にもつながったということで、具体的には東部のほうでしたか、そういった連合会組織がなかったわけでありますけれども、この事業をきっかけに地区内の商店街の結成にもつながったというふうなことでありました。

 さらに大事なことについては、商店街のほうからは、この事業だけに頼ることでなくて、継続して新しい企画を商店みずからが発していく必要があるのではないかというようなことのいろいろな反省、検討なんかも出ているところであります。

 いずれにしても、昨年は初めての事業で、いろいろありましたけれども、結果的には市内の消費、購買活動に大変な寄与をしたというふうにうちのほうでは考えているところであります。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田光也委員。



◆5番(松田光也委員) いろいろな商店街の関係、以前にお聞きしましたので、その辺非常によかったとは思っているんですけれども、売り上げが年間としてどのぐらい変わったのかなというふうなことで、その辺、実はわかれば、調査なんかをしていれば教えていただきたかったというようなことなんですけれども、その辺の回答がなかったんですけれども、今わかりますか。もしわかれば……

  (発言する者あり)



◆5番(松田光也委員) わかりました。

 全体としては非常に雰囲気としては定額給付金に合わせた企画というようなことで、その期間のほうは非常に売り上げのほうは、その期間があったんですけれども、やはり定額給付金の分、現金でそれで買えるというふうなことで、そのほかのプラスマイナスあわせて非常にその辺も微妙なところではないのかなと思っております。

 それでは次に移ります。

 成果説明書75ページの上から2番目、これは天童冬の陣の平成鍋合戦なんですけれども、これは直接行政でやっているわけではないんですけれども、非常に毎年盛り上がりがありまして、観光客、それから、これに期待する近隣の方が来ているわけなんですけれども、いつも言われるのが、運動公園でなくてもっと近場の町に近いところでできないかと。例えばですけれども、わくわくランドなんかでできないかというふうな話がありましたけれども、主催者側のほうでは、4万人以上になるとなかなか難しいということで、なかなかそういうふうな近くではないという話であったわけなんですけれども、最初はこの鍋合戦も中部小の駐車場でやったり、または初売りの企画に合わせてやっていたわけなんですけれども、そのレベルから地元に密着した鍋合戦だったんですけれども、こういう中で、余り巨大化し過ぎてそういうふうな話も出てきているということで、結局鍋合戦が終わったらそのまま市内のほうではなくてまっすぐ帰られるのではないかと。なるべくだったら市内を回遊していただきたいというふうな話も非常に出ているわけなんです。その辺のところを市としてはどういうふうにとらえているのか。この平成鍋合戦の企画において、お願いしたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 この平成鍋合戦につきましては、商工会議所の青年部会が主管となりまして、行っていただいております。

 会場の変更につきましては、平成19年から現在の県の総合運動公園でやっているというようなことであります。

 いろいろ主催者のほうで大変頑張っていただいたことによって、毎年毎年参加する鍋の数とか、参加人数なんかも肥大化をしまして、特に安全面から、これまでのわくわくランドのほうではなかなか対応し切れないというようなことなんかもありまして、移したというような経過があります。

 委員のほうからは、それはそれとしてぜひ回遊というふうなことでありますけれども、この辺については、今後どういった仕掛けをしていけばいいのかについては、うちのほうでも、商工会議所の青年部会のほうでも働きかけをしたいというふうに考えているところです。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田光也委員。



◆5番(松田光也委員) こういった企画の最初の発端は地元の活性化というようなことで、もちろん楽しみながらするのもあるんですけれども、それと同時に地元の活性化というようなことがあったわけなんですけれども、今は巨大化のほうで何万人を入れようというふうなそれだけが強くなったような感じもしますけれども、それが決して悪いというわけではないんですけれども、その辺いかにして地元のほうに来ていただけるような方策をするかというようなことも必要ではないかと思います。

 それで、次に74ページ、観光駅馬車運行事業についてなんですけれども、これは温泉組合のほうでやっているわけなんですけれども、実は駅馬車運行というふうな名称なんですけれども、駅馬車運行は、実は昔からうちのほうでやっているんだというふうな会社がありまして、その名前を黙って使っているのではないかなんていうふうな話もあるんです。

 柏木の運送会社なんですけれども、話は恐らく聞いていると思います。その辺はどういうふうに理解してよろしいのかなと思っていますけれども。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 補助事業関係での事業名ということでありますけれども、私は4月から参ったところでありますけれども、直接的にはそういった名称の云々、苦情というのは受けておりません。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) まず一つ、工業団地のことでお聞きします。

 428ページ以降、事項別明細書があるわけですが、この東長岡工業団地については、もう事業が終わったというふうに理解していいと思います。この東長岡工業団地の事業費は幾らになったのか。2カ年にわたっていると思いますが、幾らなのか。そして、面積が4.5ヘクタールということでありますので、それが坪単価にするとどれくらいになるのか。それをお伺いします。



○後藤和信決算特別委員長 原田工業団地整備室長。



◎原田利三工業団地整備室長 東長岡工業団地の事業費でございますけれども、いろいろとらえ方もあろうと思うんですが、人件費等の事務経費を除きますと、5億3,800万円ほどの事業になります。人件費等の事務費等を含めますと、5億7,700万円ほどの事業費になります。

 それから、単価ということでございますけれども、区域面積は4.5ヘクタールということで、そのうち事業用地を買収しました面積が4万4,262平方メートルでございます。この用地買収費の平均単価でございますが、1平米7,010円となっております。

 以上でございます。



◆10番(結城義巳委員) 坪当たりは。



◎原田利三工業団地整備室長 坪当たり2万3,173円になります。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) 事業費のとらえ方、人件費を除き5億3,800万円、人件費を入れて5億7,700万円とおっしゃっておりますが、決算を見ますと、平成20年の決算が4億8,000万円ちょっとです。それから、平成21年度の決算が19億7,300万円、それから、人件費を引いたとしても、そんなに安くならないのではないですか。その辺どういう計算をされているのか、ちょっとわかりません。もう少し詳しくお願いします。

 人件費は幾らカウントしているんですか。



○後藤和信決算特別委員長 原田工業団地整備室長。



◎原田利三工業団地整備室長 事業費の内訳でございますけれども、まず、用地補償費関係でございますが、用地費が3億1,027万9,000円でございます。



◆10番(結城義巳委員) いや、全体の中に人件費がどれくらいあるか教えてもらえるとわかるので。



◎原田利三工業団地整備室長 人件費につきましては、当然荒谷西工業団地と並行して事業を進めておりますので、それにつきましては、なかなか明確に区分は難しいんですが、双方の事業区域の面積で案分いたしますと、大体東長岡工業団地分といたしましては、人件費と事務費を含めましておよそ4,000万円というふうに見込んでいるところでございます。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) ちょっと私も調べてみたんですが、数字が余りにも違うので、やはり2カ年にわたっても、荒谷西の分も含まれているというふうな話ですね。ですから、その費用が約13億円ほどあるということで、その2カ年の全体の事業費は24億5,300万円ほどですから、それから荒谷西工業団地の分も並行して進めたということでありますから、その分13億3,000万円引いたとしても11億2,200万円、それから、今人件費4,000万円と言いましたから、まだ10億円ちょっとぐらいあるわけです。それを坪当たりで割ったら違う単価になると思いますが、それは間違っているんですか。



○後藤和信決算特別委員長 原田工業団地整備室長。



◎原田利三工業団地整備室長 今申し上げました東長岡団地の事業内容につきましては、実績で押さえておりますので、私が申し上げたとおりの決算額になっていると思います。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) なぜ私、この坪単価と事業費をお聞きしたかと申しますと、この売却する単価が事業費ベースで考えたんです。そして、事業費ベースで考えて、大体あそこは高いところは坪当たり4万9,000円から5万円弱です。どうしてそういう単価を出したのかといったら、事業費ベースで考えた。従来はちょっとやらなかったような方法でやったなということで、結果的にどうなるのかということを非常に関心を持っておりました。それで、今どうなっているのかと聞いたわけですけれども、ちょっと理解できません。単価が余りにも違い過ぎるわけです。

 あのとき説明があったのが、事業費ベースで考えて5万円弱ですか、場所によっても若干違うようですけれども、大きいところで5万円弱でした。それでちょっと余りにも違いがある。その単価で売っても事業費ベースで考えて600万円ほどの利益があるんだと、前はそういうふうな説明があったんです。それで、私もう少し詳しく調べてみますけれども、ちょっと違いがあることだけ今申し上げて終わります。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

  (発言する者なし)



○後藤和信決算特別委員長 以上で政和会の質疑を終了いたします。

 次に、小澤委員から質疑をお願いいたします。

  (発言する者なし)



○後藤和信決算特別委員長 以上で小澤委員の質疑を終了いたします。

 最後に、矢吹委員から質疑をお願いします。

 矢吹委員。



◆3番(矢吹栄修委員) 成果説明書73ページの先ほどから少し質問が出ていますが、天童桜まつり1,218万円のうち、人間将棋のときにイベントというか、一切引き受けてもらっている会社にどの程度払っていらっしゃるのか。どんな内容で頼んでいるのか。その辺を教えてください。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 人間将棋関係の事業費の内訳ということでありますので、具体的には担当の長瀬副主幹のほうからお答えをさせます。



○後藤和信決算特別委員長 加藤商工観光課長。



◎加藤正美商工観光課長 支出関係で全体的には昨年度の場合は1,712万円の決算額になっております。そのうち市のほうで1,218万円を支援したというふうなことでありますけれども、その中で一番大きな支出関係については、イベント開催費ということで、人間将棋関係の装飾だとか、甲冑の借り上げだとか、そういった関係が670万円ほどかかっております。

 それから、次に多いのが施設整備ということで、音響関係とか、電気の配線関係、いろいろ山頂まで必要になるということで、それらが約480万円といったものであります。それから、それ以外に駐車場関係のガードマンなんか委託しておりますので、それらの管理費ということで約390万円ほど、以上が主な内訳になっております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 矢吹委員。



◆3番(矢吹栄修委員) ありがとうございます。

 音響とか、電気関係とか、かかるものはもちろんしようがないわけですけれども、イベント関係、桜まつりは少しマンネリ化になっていないかというような声をよく市民から聞きます。協議会がやっていることなのでということで、市では意見を言うしかできませんとは言うんですが、各種団体の有識者なんかを集めて会議をやっても、もう大体毎年やっていることがすなわちになってしまって、意見を言う、どんなふうに、大幅に変更するとか、抜本的な改革をしようにも、もうほとんど形が決まっていて、そこに大きな手を加えるというのは今の感じだと不可能な印象があります。

 イベント等々のお金で670万円という結構な額がかかっているわけですから、毎年同じようにというのも、それはそれで一つの考え方なのかもしれませんが、例えばこのお金を使って、プロポーザル方式でどこかのNPO団体とか、青年会議者とか、YEGさんとか、そういうところで企画の案を出してもらえませんかというふうな募集をすることだって、一つの方法なのではないかなと。その受けたところがどの業者に頼むかはまた別でしょうけれども、そういうようなことだってやれると。

 実際にやるかやらないかは別としますと、どんなアイデアを持っているのかやるということだってできると思うんです。こんな感じのイベントにしたらどうですかというような協議会ではないですけれども、そういうプロポーザルの場を持つというのも一つの提案ではないかなと思いますので、その辺等々も含めて、今後大きな見直しというのをよく市民から声も上がるわけですから、その辺も視野に入れていただきたいと思います。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 これで矢吹委員の質疑を終了いたします。

 以上で、認第1号平成21年度天童市一般会計決算のうち、商工観光課、工業団地整備室の所管に属する事項及び認第12号平成21年度天童市工業団地整備事業特別会計決算についての質疑を終結いたします。

 ここで休憩をいたします。

   午前11時36分 休憩

   午後1時00分 再開



○後藤和信決算特別委員長 休憩前に引き続きまして会議を再開いたします。



△認第1号 平成21年度天童市一般会計決算のうち教育委員会所管に属する事項



○後藤和信決算特別委員長 認第1号平成21年度天童市一般会計決算のうち、教育委員会の所管に属する事項についての質疑を行います。



△質疑



○後藤和信決算特別委員長 最初に、民主天童クラブから質疑をお願いいたします。

 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) それでは、成果説明書97ページ、小学校の施設営繕事業ということで、3番の学校の耐震化設計、4番耐震化工事ということで、耐震化の問題は、私が一般質問等々でいろいろと前倒ししてでも早くやってほしいということでずっと言っていることなんですが、実際、今回の昨年度の予算では、南部小学校、そして高擶小学校、そして蔵増小学校は工事をしたということであります。南部小学校においては、目の前だからすぐわかるんですが、耐震補強、なぜかブルーというか、ペパーミントグリーン、グリーンぽい色で、鉄筋でなっているようですが、あれはほとんど終わるころだと思っておりますが、あと南部小、高擶小で、ここは設計委託料だけなんですが、実際工事状況はどれぐらい進捗があって、まだどれぐらいの補強工事をしなければならないところが残っているのかという説明をお願いします。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 失礼しました。

 小学校の耐震化工事でございますけれども、ここに載っておりますのは、南部小学校、それから高擶小学校の実施設計でございますけれども、昨年度は、これに繰越明許によります工事費も途中で追加補正させていただきまして、昨年度、今年度またいで、南部小学校、高擶小学校の耐震補強工事に取り組んでいるところでございます。

 南部小学校につきましては、工事は9月いっぱいで終了するということでございまして、高擶小学校には、11月ごろを目標に今工事を進めているということでございます。

 それから、蔵増小学校につきましては、北側にあります北校舎の特別教室棟を本校舎の中に取り込むということで、北校舎を解体するという計画で進めてまいりまして、完了をしている状況でございます。

 現在、進めております耐震化、天童市の耐震工事の全体的な状況でございますけれども、今年度末、南部小学校、それから高擶小学校が完了いたしますと、市全体の耐震化率としては約71%まで達するという見通しでございまして、平成23年度、平成24年度のあと2カ年で耐震補強工事が必要なすべての校舎について、耐震補強工事を完了したいという計画で進めているところでございます。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) ぜひ前倒ししてでも頑張っていただきたいと思っております。とにかく子供の安全・安心は第一だと思いますので、ぜひ早く進めていただきたいと考えております。

 そして、かわりまして103ページ、学校教育課、これは昨年度新たな事業として天のわらべのすこやかスクールプロジェクトということでやった事業であります。課長がかわってしまって、理解しているかどうかなんですが、当然勉強していると思いますので、質問させていただきます。

 昨年度私、総務教育だったので、これの担当だったんですが、昨年度の酒井課長とも、行政視察で京都宇治市で勉強してきたところで、それを天童にも大いに生かしてほしいということで、課長にもお願いしていたところです。

 ここに成果が一番下に書いておりますが、その3番と4番あたりで、すこやかスクール指導員の配置、そして、支援員の配置ということで、もう少し具体的にどういった成果が上がったのかということで説明をお願いします。



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 昨年度から始めましたすこやかスクールプロジェクトについてですが、成果等にも記載しましたとおり、不登校の児童・生徒の減少というところが一つ大きな成果かなというふうに思っているところでございます。

 小学校については、残念ながら減少にはなりませんでした。プラス4名で、小学校は13名、中学校については21名の減少で46名、合計、不登校児童・生徒が59名で、前年度より17名減少したところでございます。

 それと、ここにも記載しておりますが、コーディネーター研修というものも大分進めさせていただきましたので、教職員のほうの特別支援教育に対する理解度が非常に高まりまして、子供たちにきめ細かな指導が大分できるようになってきたなというふうに感じているところでございます。

 なお、支援員の配置については、昨年度は小学校8校のうち兼務が6校ということで、なかなか十分でないなということもありまして、今年度小学校に9校ですが、そのうちの7校は単独配置をさせていただきました。1名の支援員が2校を1人で兼務をしているということでございますが、それ以外の7校については単独配置をしております。

 ただし、中学校については、加配の教員と県のほうからも少しいただいたところもありまして、中学校は1校のみということで、中学校の校長からはいや、とられて困ったんだという御指摘をいただいて、少し頭の痛い思いをしておりますが、大変先生方も頑張っていただいていると、そういう状況でございます。

 あとアウタースクール、適応指導教室にも今年度1名継続して配置をさせていただいているところでございます。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) やはり教育というのは国の根幹、もともとの一番下で支える部分だとありますので、天の童を健やかに育てるそういうねらいがありますので、ぜひ一人ひとりきめ細やかな教育をしていただければなと考えておりますので、ぜひ力を入れて頑張ってください。お願いします。

 それでは、かわりまして、成果説明書105ページから106ページ、青少年の育成事業というところで、一番最後11番で、備品の購入、テント50張りということで、国からお金が来るからということで、対策で少しふやすという計画でした。

 残念ながら、昨年度聞いたら、昨年夏には間に合わないと、何か聞いたような記憶でした。実際、夏休み以降貸し出しがどのようにあったのか、そしてまた、今年度においてその50張りがどういう活用状況にあったのか説明をお願いします。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 お答え申し上げます。

 狩野委員御指摘のとおり、昨年度の夏休みにはテント購入については間に合いませんでした。こちらのほうは、国の1次補正、地域活性化・経済対策臨時交付金事業を受けまして、8人用のテントを50張り購入したわけなんですが、天童市教育委員会等の名前を入れるというのと、50張り同じ物を購入するということで、メーカー側でもお時間をいただきたいということで、納期がテント使用後になってしまいました。

 このテントにつきましては、今年度、各子供会のキャンプ、あとジュニアリーダー研修等で今年度から活用になっているということでございます。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) どうなんですか、50張り追加になったわけですから、前回のものが何張り残っていて、その50張りで、ことし夏の利用状況なんですが、全部出てしまうぐらいに人気があったのかどうかという説明をお願いします。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 例年ですと、この50張りを購入する前ですと、ちょっと古いテントも全部貸し出しするような状況でございましたが、こちらのほうの50張りを購入したことによりまして、ほとんど希望どおりの貸し出しができたというふうな状況にございます。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) 夏休みの事業で子ども会なり、いろいろなグループで、夏、屋外でキャンプをするというのは、子供の教育上も野外活動として必要なことだと思います。これからもぜひそういったことに対応できるように継続していただきたいと思います。

 続きまして、107ページ、公民館事業ですが、真ん中の公民館管理事業で、1から6番まであったんですが、これはトータルして計算すると、2,000万円ぐらいしかならないんです。公民館の維持管理業務というところが抜けているのかどうかなんですが、その辺どうなのかということで説明をお願いします。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 こちらのいろいろな事業等の集合予算等もございまして、こちらの事業費の5,462万5,000円から差し引きますと、公民館維持管理業務等につきましては3,400万円ほどの事業費ということになっております。



○後藤和信決算特別委員長 木村委員。



◆8番(木村竹虎委員) 成果説明書の98ページ、99ページで、小学校、中学校のそれぞれ教育振興扶助事業ということで記載になっておりますけれども、その辺改めまして、この対象の基準をお願いいたします。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 扶助事業のほうでよろしいんでしょうか。



◆8番(木村竹虎委員) はい。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 教育振興扶助事業、小学校のところにも、それから中学校のところにも成果として掲載しておりますが、これは所得が低い世帯、具体的に申し上げますと、いわゆる要保護、準要保護世帯に対して教育的な支援を行うという扶助事業でございます。

 要保護につきましては、生活保護世帯が対象になりますけれども、一般的な支援は生活保護の中で行いますけれども、修学旅行費でありますとか、あと医療費は今度拡大になりましたので関係しなくなりましたけれども、主に修学旅行費について、この扶助事業で救済をしていくというものでございます。

 それから、要保護に準じる世帯、準要保護の世帯、これが要保護に比べて所得が1.3倍以内の世帯でございますけれども、その世帯を対象にした扶助事業でございます。

 具体的な人数はここに記載しておりますように、小学校のほうで要保護、準要保護223名、それから、特別支援学級に在籍している児童に対しての学用品等の扶助がございまして、これが31人ということでございます。

 それから、99ページの中学校の扶助事業のほうは、要保護、準要保護で101人、それから、特別支援学級に在籍している生徒に対しての扶助が14人ということになっております。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 木村委員。



◆8番(木村竹虎委員) ありがとうございます。

 大体生活保護対象の方が主だと理解しましたけれども、例えば、学校の先生や地域の民生委員の方とかから、「この御家庭は」みたいな話が挙がった場合の対処はどうなっているのかお伺いします。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 家庭の状況、世帯の状況については、各地区の民生委員の方々にお願いをしまして、調査をしていただいているというのが実態でございまして、そういった状況を判断して、所得状況も確認してその扶助を行っているという状況でございます。

 民生委員の方からは大変お世話になっている事業でございます。



○後藤和信決算特別委員長 木村委員。



◆8番(木村竹虎委員) ありがとうございます。

 では、今度は中学校のほうに絞りますけれども、例えば今、部活動なんかも大変前に比べると金銭的な負担がかかっているかと思うんですけれども、部活動に対しての補助というのは、例えば今は必ずスポーツ関係だと保護者会とかと、保護者会費とかを毎月払ったり、あとバス移動なんかだとその料金とかも個人負担になるかと思うんですけれども、そういった扶助は実際出ているのか出ていないのか。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 これは要保護、準要保護の制度につきましては、全国一律で運用されている制度でございますので、具体的に申し上げますと、いわゆる扶助の対象となる項目がございます。一つは学用品、それから郊外活動費、宿泊を伴う郊外活動費、それから体育実技の用具、それから新入学の児童等については、新入学対象の児童学用品、それから給食費、そういったものが扶助の対象になっている項目でございまして、特に部活動で必要とする経費の算定というのは特には盛り込まれておりませんけれども、先ほど申し上げた項目の扶助費を支給することによって、何とかそれも含めて学校生活に必要な支出の対応をお願いしているという状況でございます。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 木村委員。



◆8番(木村竹虎委員) おっしゃるとおりで、部活動も義務教育の一環の中だと思いますので、なるべくその家庭のいろいろな事情で部活動を選択しなければいけないような世の中ではないほうがいいなと思いますので、ぜひそういった働きかけ等もお願いしたいと思います。

 続いて、同じく成果説明書の102ページで、学校給食センターのほうなんですが、昨年新型インフルエンザが大変流行しまして、こちらにも記載してあるように、学年、あるいはクラスごとに給食の停止を行ったりしたということで、大変速やかな対応をされて、すごくいいことだなと思っております。ただ、例年、各委員からもたまに出るんですが、こういった停止ができるとすれば、やはり遠足や修学旅行等で1学年すぽっと抜けたときに、その学年だけ給食を停止するというのが可能だということだと思うんですけれども、その点について御見解のほうをお願いいたします。



○後藤和信決算特別委員長 五十嵐学校給食センター所長。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 お答え申し上げます。

 今、木村委員が御指摘のとおり、例えば、その学校、全校生徒ではなくてある一部分の方が旅行とか、何か給食を伴わない行事がある場合、それはそこの学年だけとか、もう少し細かくしますと、今ではクラスまで、こちらで前もって連絡していただければ、そこのクラスだけとめるというふうなことを行っております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 以上で民主天童クラブの質疑を終了いたします。

 次に、かがやきから質疑をお願いいたします。

 矢萩委員。



◆6番(矢萩武昭委員) それでは、成果説明書97ページ、小学校施設営繕事業のうち、2番の(6)天童南部小ほか11校のトイレ洋式化工事、これについては、全体のうちどのくらいの割合で洋式化が進められているのか。

 それから、同様に98ページ、中学校施設営繕事業の2番(3)に、第二中ほか2校トイレ洋式化工事というのがありますが、これも含めてどういう目標を設置してそれに向かってどの程度進んでいるのかお聞かせをいただきたい。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 ただいまありました小・中学校のトイレ洋式化工事につきましては、昨年度の国の経済対策を受けまして、全校実施したところでございます。

 各学校のトイレ、何カ所かあるわけでございますけれども、その一つのトイレブースの中で、例えば和式トイレが3つあるうちの1つは洋式化になるということで、すべてのトイレ箇所の中で1つは必ず洋式トイレが設置されているという状況を昨年度の事業で実施したところでございます。

 具体的な状況について、担当の秋保補佐のほうから御説明を申し上げます。



○後藤和信決算特別委員長 秋保技術補佐。



◎秋保栄教育総務課技術補佐 それでは、小学校のトイレ洋式化工事でございますけれども、洋式化を図った箇所につきましては、小学校で86カ所を整備いたしました。それから、これまで洋式化になっていたんですけれども、便座自体が暖房が入ってなくて冷たい便座だったというところを19カ所洗浄式の暖房便座に交換いたしております。

 それで、ただいまありましたように、トイレの1室に1カ所は洋式化を整備するというふうなことで、小学校のトイレは全部で157室ございまして、その100%このたび洋式化を行ったところでございます。

 それで、中学校につきましては、洋式化が23カ所整備いたしました。小学校と同じように暖房便座が整備されていないところについては16カ所整備しております。中学校につきましても、全体で68室ございまして、そのうち一中を除きましての61室、全部1カ所ずつトイレの洋式化を行ったところでございます。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 矢萩委員。



◆6番(矢萩武昭委員) トイレの洋式化は家庭、住宅で、その他の民間の施設でも格段に進んでいるというような中で、学校に行くと便意、あるいは尿意がとまってしまうというようなことで、いろいろこれまで苦情があった部分があります。なお一層努力をしていただきたいということを要望いたします。

 それから、78ページ下段の緊急経済雇用対策事業のうち、緊急雇用創出事業臨時特例基金事業ということで、小・中学校の関係が出ております。学区表示システム化事業、叙位叙勲上申書類の整理事業、それから、次の79ページ上段、特別支援員を必要とする児童サポート事業、この内容と成果についてお聞かせをいただきたい。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 昨年度の緊急雇用対策事業で取り組ませていただいた内容でございますが、教育総務課といたしましては、この表によりますと、9番と10番と11番が教育総務課所管の雇用対策事業でございます。

 9番目の小・中学校の施設の維持管理修繕事業は、2人雇用いたしまして、前期と後期がございましたので、延べ人数にいたしますと4人という表示になっておりますが、小・中学校の施設で修繕の必要な個所、今、学校技能士も1人の学校などもございますので、なかなかふだん手が届かないと言いますか、そういったところを今回緊急雇用で集中的にやろうという考え方で、そういった方をお願いして、フェンスのペンキを塗ったりとか、フェンスを修理したりとか、それから、比較的低い屋根の塗装とか、校舎内のペンキ塗りとか、そういったさまざま細々した修繕業務をお願いしたものでございます。大変各学校からは喜ばれたところでございます。

 それから、10番目の学区表示システム化事業でございますが、現在の市内の学区は嘱託区で表示をいたしております。コンピューターの中に入っております図面に、嘱託区ごとに図示して、すぐ対比できるように、図面とその嘱託区番号を一体化したものとして問い合わせ等に対してすぐ回答できるようなそんなことを目指しまして、嘱託区番号のシステム化事業に取り組んだところでございます。これも大変よかったなというふうに思っているところでございます。

 それから、11番の叙位叙勲上申書類の整理事業でございますが、矢萩委員も御案内のとおり、天童市内で小・中学校の校長を退職された場合には、亡くなられた場合に叙位叙勲の対象になると。それから、健康で88歳の米寿まで存命された場合には、高齢者叙勲に浴するというそういった国の叙位叙勲制度がございます。なかなか亡くなったという連絡が入ってから履歴書を整理したり、あるいは功績調書を作成したりという実態がこれまで多々あったわけでございますけれども、今回の緊急雇用対策によりまして、まず一つは、履歴書については、整理をさせていただいたということで、すべてパソコンで全部収録いたしましたので、大変今後ありがたい事業になったということでございます。

 それから、特別支援については……



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 それでは、12番の特別支援を要する児童サポート事業について申し上げます。

 4校、5名の子供を対象に、介助員を4名雇用させていただいたところでございます。うち3校につきましては、特別支援学級で非常に重い障がいを持っているお子さん4名について対応させていただきました。もう1校につきましては、心臓病でちょっと心配なお子さんがございまして、そのお子さんについて1校では対応させていただいているところでございます。

 大変4名の方に配慮していただきまして、子供たちがスムーズに学習に参加させていただくことができました。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 矢萩委員。



◆6番(矢萩武昭委員) それでは、97ページ下段の教育振興事業、小学校ですが、項目3番、テレビのデジタル化及び電子黒板の設置を行ったということでございます。

 テレビのデジタル化はわかりますが、電子黒板の効果・効用については、なかなかまだ素人には理解しにくい面もございます。この電子黒板の効果・効用、それから、学校への普及率、今後の計画なんかも含めて御説明をいただければありがたい。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 具体的な活用実態については、後ほど学校教育課長のほうから御説明を申し上げます。

 デジタルテレビ、電子黒板とも、昨年の国の経済対策によりまして、取り組むことができた事業でございます。

 電子黒板につきましては、天童市でも初めての導入でございますし、まだいろいろな多方面のソフトがこれから大いに開発されるのではないかなという現状にもあるわけでございますので、市といたしましては、試験的にといいますか、そういった意味合いも込めまして、各小・中学校1台ずつ導入を図ってみたところでございます。

 具体的な利活用の現状については、学校教育課長のほうから御説明をさせていただきます。



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 電子黒板の活用について申し上げます。

 今、山口次長からもございましたが、ソフトについての導入がまだ十分とは言えない状況でございますが、小学校の英語活動で配布をしていただくというふうなこともございまして、どの小学校でも英語活動のときにはその電子黒板を活用しながら学習を進めているというような状況がございます。

 あとなかなかソフトがない中ではございますが、自作でインターネット等から自分で取り込んだものを授業でそのまま活用する。それから、子供たちがその上に電子ペンで書き込むことができますので、書き込みながら説明をしたり、それから、それを保存して次の時間にまた活用するというふうなこともございます。また、連続したものの写真などを撮って、それを時間を追った経過なども見ながら学習をするというふうなことで、少しずつですが使われるようになってきているところです。

 これからソフトがどんどん出てくるのかなと思いますので、なかなか教員が自作ですべて作成してということは正直厳しいところもございますので、そのようなところをこれから活用してまいりたいというふうに思っています。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 矢萩委員。



◆6番(矢萩武昭委員) 電子黒板についてはちょっと見落としておりましたけれども、中学校にも掲載してありますが、ソフトのことについて、課長さんから御説明がありましたけれども、ソフトの問題、それから、活用する先生方のトレーニングの問題もあるかと思うんですが、その辺については現状でどうなのか。あわせて答えていただきたい。



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 昨年度電子黒板を配置するときに研修会を開きましたが、各学校の代表数名ということでございますので、そこから使い方を広げていったという現状でありますので、もう少しソフトの充実が出てきてから、もう一度情報担当の先生方とか、研究主任とか、そういうふうな複数の方々に来ていただいて、学習での活用の仕方ということを再度研修のほうを実践してまいりたいというふうに思っております。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) 事項別明細書41ページの歳入のほうで、ちょっとお尋ねいたしますが、教育費国庫補助金が2億円のところが1億円ほど未済になっております。これは恐らく歳出の小学校の耐震補強工事の繰越明許費1億4,600万円の部分の1億円だというふうにはわかるんですが、せっかく予算を組んだ耐震工事がなぜできなかったのかというのが第1点と、あと未済額になっている1億円、これは国庫補助金ですから、国から来るわけですが、国のほうでこういったふうなものはどのようにして保留になっているのか。国のほうも繰越明許費みたいな形で保留になって、間違いなく来るようになっているのかどうか。その辺の仕組みなんかも教えてください。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 これは昨年度国において実施されました緊急経済対策の補正予算に伴っての繰越明許事業でございまして、当初から繰り越しを前提として国のほうから募集がかけられた事業でございます。

 年度途中で当然手を挙げますと、経済対策でございますので、メリットが大きいわけでございます。従来ですと、一定率しか起債がきかないものが100%起債がきいて、残りが交付税措置になるとか、さまざまそのメリットがございますので、それからもう一つ、耐震化工事については、市としてもできるだけ早急に完成させたいという思いがありまして、年度途中で国の経済対策繰越明許事業に手を挙げて取り組ませていただいたということで、そういった事情で繰越額が出てきているという状況でございますので、御理解をお願いしたいと思います。

 国においても同じように繰り越しの措置がなされているものと理解をいたしております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) その件はわかりました。今年度間違いなく完成するようにしていただきたい。

 事項別明細書191ページですが、小学校費のいろいろな費用の中に、手数料491万5,000円、同じ手数料で中学校にも212万9,000円ほどあるんですが、手数料というふうに書かれただけではどのような費目かわからないものですから、どんなものが手数料としてここに490万円のっかっているんでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 小学校、中学校のそれぞれ手数料につきまして、具体的な内容につきまして、秋保補佐のほうからお答え申し上げます。



○後藤和信決算特別委員長 秋保技術補佐。



◎秋保栄教育総務課技術補佐 この手数料につきましては、小学校も中学校も同じような項目になっておりますけれども、内容としましては、し尿浄化槽の検査手数料、それから一般ごみの収集手数料、ボイラーばい煙測定手数料、同じくボイラーの性能検査手数料、簡易水道法定検査手数料、飲料水の水質検査手数料、プールの水質検査手数料、空気中化学物質の検査手数料、それからダニアレルゲンの検査手数料等のものでございます。



○後藤和信決算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) わかりました。

 細かい手数料がたくさんあるんだということが理解できました。

 次に203ページで、公民館整備についてでありますが、公民館整備費補助金387万4,000円、恐らく分館の整備とか、修繕とかに使われたと思いますが、この387万4,000円の主な部分、内容について御説明をお願いします。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 お答え申し上げます。

 こちらにつきましては、各分館のほうの整備事業の補助金として支出したものでございます。全部で21館、増改築、修繕、備品購入、あと水洗便所の改造、あとはバリアフリー化等で2館ということで、89館、分館のうち申請のあった21館について補助金として支出したものでございます。



○後藤和信決算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) これの補助率というのは全部一律なんでしょうか、それとも項目によって違うのかどうか。その辺のところを。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 工事の内容でそれぞれ補助率が異なっております。

 例えば新築、土地購入を除く施設の購入等につきましては800万円以内で3分の1、それから改造とか、増築等につきましては4分の1、ただし、事業費が300万円以上の場合は3分の1ということで、事業の内容と補助対象金額の大きさに応じて3分の1、4分の1等の補助率になっております。



○後藤和信決算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) わかりました。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 決算書の186ページ、10款1項3目教育指導費でございます。

 13節委託料、教職員の健康診断委託料ですが、これは人間ドックかと思いますけれども、どこに委託されているのか。委託先。



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 市の職員と同じような形で、5月までの中で健康診断をさせていただいているところでございます。そして、ごく一部、共済組合のほうで行っております人間ドックのほうに申し込みますが、全員が当選するわけではございませんので、大方健康診断を教職員が受けるというふうなことでございます。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) これは、学校にバスか何かが行くのではなくて、個々にばらばらにやられているのか。



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 毎年、中部公民館をお借りさせていただきまして、バス等健診車が参りまして、そこで一斉に大体3日間程度の中で実施をさせていただいております。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) わかりました。

 できれば市民病院のほうも利用できるように願えればというふうに思います。

 続きまして、190ページ、10款1項8目ですが、語学指導費の関係でございます。

 19節負担金、英語指導助手の渡航費用、これは任期が終わられて帰るときの費用と受け取ってよろしいですか。



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 委員さん御指摘のとおり、帰国までの旅費というふうなことでございまして、昨年度1名帰国しなかったために、不用額も当然出ておりますが、1年契約になっておりますので、必ず帰国までの旅費を準備をしておかないと、帰国できなくなるというふうなことでございますので、今年度は何とか更新をしていただいたのでありますが、来年度については、更新になるかどうかについては、2月ぐらいまでにはっきりしなければいけないということで、7月いっぱいの勤務というふうなことになっております。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) わかりました。

 ちなみに今回16万円出ていますが、これは天童からどこまで帰られたんですか。



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 今回のALTはニュージーランドからでございますので、ニュージーランドに帰国いたしました。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 了解しました。

 次に205ページ、10款4項6目文化振興費、19節補助金であります。

 これはいいんだよね。文化の関係は生涯学習ですよね。



○後藤和信決算特別委員長 中身によって文化スポーツ課と分かれますけれども。



◆11番(武田達郎委員) 若松観音堂でございます。

 これは、維持管理費補助金、これは毎年出ていますが、7万1,000円、これは出ている理由として文化財、国定の重要文化財というふうなことの名目で出しているんでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 こちらのほうの若松寺の観音堂につきましては、国指定の文化財になっておりまして、例年維持のための補助金というのが、総事業費の県で2分の1、総事業費から県補助金を控除した2分の1を市で支出するということになっておりまして、昨年度の場合ですと、総事業費が30万円5,000円で維持補修を行いまして、県で14万2,000円、市のほうで7万1,000円支出しているものでございます。



○後藤和信決算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) そうすると、天童市の重文は若松観音だけですか。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 再確認申し上げます。

 国指定の重要文化財につきましては、5カ所ございます。

 内容としましては、若松寺の観音堂、あと板絵に書いてあります神馬図、それから、金銅聖観音像懸仏、こちらのほうが若松寺に3つございます。それから、昌林寺にございます木製十一面観音像懸仏、それから、天童市所有に当たる西沼田遺跡が国指定の重要文化財になっております。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 今ありました上貫津の昌林寺、この十一面観音像懸仏、これには特には出ていないのか。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 昨年度はこちらのほうには補助金としては出ておりません。



○後藤和信決算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) これは申請があって出すんですか。申請がなければ出てこないのですか。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 補助金でございますので、申請になっております。



○後藤和信決算特別委員長 次に村山委員。



◆2番(村山俊雄委員) 成果説明書の111ページ、図書館事業でありますが、この中で1、2、3と分かれておりまして、指定管理委託料と図書購入費とその他とありますが、この中の図書購入費についてお聞きします。

 委託料のほかにこの図書購入費があるということは、いわゆる委託先では図書購入の権限がないと、こういうふうに理解いたしますが、とすると、この図書購入の権利はどこにあって、どういう方々がしているのか。そのシステムについて御説明をいただきたい。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 こちらの図書購入につきましては、一般的な図書の購入でございまして、雑誌類等につきましては消耗品に入っておりますので、そちらのほうは指定管理のほうで予算的には出すようになっております。

 なお、こちらのほうの図書購入につきましては、指定管理といえども、図書の選定というのは図書館の本当に肝になる部分でございますので、こちらのほうには図書選定委員会というものを設けまして、そちらのほうで購入するようになっております。そちらのほうは、教育次長、生涯学習課長、図書館長、それから図書司書等で話し合いをしながら、実際の図書購入を行っております。

 そのほかに各社会教育団体、あと学校長会等の代表の方、あと市民の方等に入っていただいた10名からなります図書運営協議会というのがございまして、そちらのほうから御意見をいただいて、行政の責任で図書を購入するというふうな仕組みになっております。



○後藤和信決算特別委員長 村山委員。



◆2番(村山俊雄委員) そうすると、要するに雑誌類は図書館、いわゆる文化スポーツ事業団のほうで購入すると。そのほかについてはすべて今おっしゃったような2つの団体で協議いただく。まことにここから先は個人的趣味の問題なのかもしれません。いささかそのメンバーはちょっと偏っているなという気がいたしますが、まことに申しわけありませんが、私の趣味から言えば、ここは勘弁してください。私の趣味で申し上げますが、どうも児童図書中心に、しかも定番な図書ばかりふえているような気がいたします。まことに個人的趣味から言えば、私は、安給料とは言いませんが、給料の中で買えない部分を図書館で補おうと思っているんですが、図書館に行ってもないと。いわゆる学術書まではいきませんけれども、大体その中間ぐらいのものはそろえてもらわないと、幾ら文化都市天童をうたったところで何ともならない、こう思います。いささかその選定に疑義ありと、こう申し上げておきます。



○後藤和信決算特別委員長 意見ですからいいんですね。回答は要りません。

 山口委員。



◆7番(山口桂子委員) それでは、成果説明書の108ページ、下のほうで明治大学天童市連携事業ということで、明治大学との連携講座が行われたと思うんですけれども、これは女性が32人参加ということで、最初から女性だけを対象とした講座を設けたということなんでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 昨年度より明治大学の御協力をいただきまして、連携講座を開講しております。

 昨年度は初年度ということもありまして、明治大学の社会連携室のほうの御指導をいただきまして、昨年まで明治大学のほうが鳥取県で文部科学省の委託事業として社会人の学び直しニーズ対応プログラムということで、女性対象のプログラムを実施して大変好評だったというお話をお聞きしまして、天童での第1回目の連携講座につきましては、まず、女性の方を対象にしてはどうかということで、去年は実施しております。去年は30代から70代までの32名の熱心な女性の方に受講いただきまして、好評を得て無事終了しております。

 なお、昨年度は第1回目ということもありましたので、アンケートをとりまして、今年度からは男性も参加しやすい、時間帯も、昨年度は女性限定ということでございましたので、お昼の1時半ごろから行っておりました。ことしは、より青年層等の参加も見込みまして、ことしは土曜日の6時、または6時半からということで、内容もそういったのに合わせまして、去年の反省点等を踏まえて、ことしも実施しております。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 山口委員。



◆7番(山口桂子委員) 大変ためになる講座のようですので、より男女問わず広く多くの方に受講できる時間帯と内容でよろしくお願いいたします。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) 決算書の189ページ、奨学基金繰出金ということで37万7,000円出しておりますが、この内容はどのような奨学金のシステムなのか教えていただければと思います。

 189ページの6目。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 これは天童市で高校生のために奨学基金を設置いたしております。年額12万円の貸し付けを行っております。ですから、3年間貸し付けを受けますと、36万円の貸し付けを受けるということになります。

 基金の現在高といたしましては、613万3,000円でございまして、そのうち実際に貸付金で出ております金額が553万3,000円、現金で現在所有しておりますのが60万円ということでございまして、当然、毎年返済が行われると現金がふえて貸付金が減るというそういう相互作用が出てくる基金でございます。

 現在の貸し付け状況、それから、返済の状況につきまして、担当の松田主幹のほうから御説明をさせていただきます。



○後藤和信決算特別委員長 松田主幹。



◎松田和雄教育総務課主幹 それでは、現在の奨学基金の貸し付け状況でありますけれども、元金につきましては、ただいま次長が申されたとおり613万3,000円ということで、実際貸し付けている人数ですが、合計で25人、その中で貸し付けをもう終わって償還に入っている方が15人、実際貸し付けている方が10人ということで、現在対象者としては25人、そのような状況になっております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) わかりました。

 これは奨学金の希望を出せば借りられるということでよろしいんでしょうか。わかりました。

 続いて、成果説明書の104ページ、社会教育事業の中の新成人を祝う会でございますが、例年お聞きしていますが、今回185万2,000円ということで、天童ホテルで行われて、出席率が80.2%ということでございますが、これは例年と比べて出席率はよかったほうなのか。また、これの成果としてどのようにお考えになっていらっしゃるかどうかお聞きします。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 出席率につきましては、平成21年度は80.76%でございました。例年、天童市のほうは、この成人式の出席率は他市町村に比べますと、非常に高い出席率になっているかというふうに思います。

 あと予算的に185万2,000円ですが、こちらのほうは食糧費100万円、会場費50万円、あと印刷製本費9万7,000円、あと郵送代等25万5,000円ということで、例年並みの執行関係になっております。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) これはおととしの成人式のときにいろいろ予算がかかったのではないかというような御意見もさせていただきまして、今回、式典と懇親の場を分けてなさっていたと記憶しておりますが、やはり式典のほうは静かだったのかなというふうに思っておりますが、懇親の場はあのような形でざわざわというのはしようがないのかなというふうなことは感じておりましたけれども、私が前回のときにも申し上げたように、委員会などを立ち上げてどのような形で運営に当たったのかをお聞きしたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 現在のホテルでの成人式は、平成6年からやっておりまして、私も昨年、生涯学習課に移ってまいりまして、まず、成人式をいかに厳かな雰囲気でやるかということは大きな課題だというふうに考えておりました。

 去年は天童ホテルさんが当番のホテルでございましたが、ホテルの方のほうから会場を2つ使うことも可能ですよというふうな御提案をいただきまして、あのような形で行いまして、教育委員等からは、十五、六回目で初めて静かな成人式になったねということで、おっしゃっていただきました。

 今後も、これまでですと、天童ホテル、滝の湯ホテル、舞鶴荘、この3カ所で交互にやっておりますので、それぞれの……

  (発言する者あり)



◎酒井孝二生涯学習課長 次回の成人式は滝の湯ホテルでございます。滝の湯ホテルのほうでも同様の式典とパーティーのほうを分けても可能であるということで、現在そのように進めております。

 なお、平成14年度から実行委員会組織でいろいろなアイデアを出していただいてやるという方向にしております。昨年から早目の実行委員会組織ということで、9月15日号の市報に実行委員を募集いたしまして、早目にいろいろな御意見を集約しながら、出席される成人の方が本当に思い出多い喜ばれる成人式になればなということで、ことしも9月15日の市報から、成人式の実行委員会を募りまして、ことしも準備に入っているというふうな状況でございます。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) 私も前にも申し上げましたけれども、隣の山形市などは、ことしも全国の成人式の評価を受ける団体から準大賞ということで評価を受けているようです。天童市のほうもしっかりとした実行委員会組織をつくっていただいて、実りのある成人式にしていただければなというふうに感じているところです。

 昨年は大分静かでよかったというところの評価も受けていると思いますが、まだまだ改善もしなければいけないところもあると思いますので、ぜひよろしくお願いしたいと思っているところです。

 続いて、決算書の201ページ、都会っ子との交流事業というのが14万5,000円ということでやられていると思いますが、これの内容と、あともう一つ、これは委託事業で成果説明書にも載っていますけれども、その3段上の放課後子ども教室推進事業委託料ということで254万4,000円、この2つの事業の内容を教えていただければと思います。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 初めに、都会っ子との相互交流事業費補助金14万5,000円につきましては、昭和48年から続いております干布小と四谷第三小学校、今は四谷小学校に統廃合になりましたが、そちらとの交流事業への補助金でございます。

 内容的には、夏に四谷小のほうが天童に来られまして、春休みに干布小学校の子供たちが東京のほうに行くというふうな事業への補助金でございます。

 それから、放課後子ども教室推進事業委託料でございますが、こちらにつきましては、平成16年4月から開始されました文部科学省の委託事業、地域子ども教室をもとに、そのほか放課後児童の安全・安心な居場所づくりと健全育成のために放課後子どもプラン方策として平成19年度から休日を中心に実施しているものです。

 こちらのほうは県のほうから3分の2の補助をいただきまして、12の小学校区単位で実施しております。平成20年度からは12全地域で実施しているものでございます。

 なお、同様の事業としまして、学童保育事業がございますが、こちらのほうは厚生労働省が所管して、昼間等保護者のいない児童に対してやっているのが学童ということで、放課後子ども事業につきましては、文科省が所管で、地域のだれもが参加できる、そして、地域の教育力を活用した安全な居場所づくり事業というふうな位置づけになっております。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) わかりました。ありがとうございます。

 あともう一つ、成果説明書101ページ、地産地消の推進ということで、地産地消のほうの給食をやっていただいているということで、これは、米は100%天童市のものを使っている、果物も100%、野菜についてはここに書いてある(2)のとおりに100%できない部分については、天候などのためというふうに理解してよろしいでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 五十嵐学校給食センター所長。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 お答え申し上げます。

 ここに書いてあるように、主食部分の米とパンとそば、うどん、それから牛乳につきましては、山形県の給食会というところを通してセンターのほうで供給を受けています。給食会のほうの話によると、ここに書いてあるとおり、米についてはできるだけ地元産ということで、天童産の「はえぬき」を使っていますよというふうなことで連絡を受けていまして、そのとおりだということで確認をしております。

 それから、ここに書いてあります果物、サクランボ、リンゴ、ラ・フランスにつきましては、JA天童のほうと随意契約をしていまして、これは完全に市内の果物でございます。

 それから、野菜につきましては、ここに出ています大根からカブまで8品目につきまして、野菜研究会と契約を結んでいまして、給食で使用する予定の数量がここに使用数量ということで、例えば大根ですと、2,593キロ給食で使うんだということで、それに対して野菜研究会のほうから、全量2,593キロ納品になったというような見方をしていただきたいと思います。

 ここにちょっと数字は書いていないんですが、合計が出ていなくて大変申しわけありません。合計ですが、使用数量が1万3,596.8キロでした。それに対して納入数量が1万2,132.8キロ、供給率にしますと89.2%ということで、おかげさまで前年度は56%台だったんですが、平成21年度は89%まで供給率が伸びたということになっております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) わかりました。

 この給食費ですけれども、これは各自児童・生徒負担ということでなっていると思いますが、この辺、納入のほうの回収率は100%で各学校やっていらっしゃるんでしょうか。いろいろ問題もあるのではないかというふうにお聞きしていますが、これはわかりましたらお願いいたします。



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 給食費だけでなく学校集金の未納が年々ふえております。そのようなことで、校長会とも相談をしながら、回収の方法について検討しながら、少しずつ実践を進めているところでございます。

 教育委員会からも先月末、督促状を出させていただいております。現在集計をさせていただいているところでは、94名の児童・生徒分に対して406万円の未納がございます。それについて何とか回収できるべく、学校からの督促状を出させていただいて、そして、先日は教育委員会からの督促状も出させていただきました。

 大きな趣旨としては、10月に支給されます子ども手当で納入をいただくこと、それをお願いをしているところでございます。納入計画を各学校のほうにぜひ出していただきたいということも委員会からお願いいたしました。

 また、不足分については、2月に支給されます子ども手当をそれに充てていただきたいというふうなことでお願いをしているところでございます。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) 関連、どうぞ。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) 関連ですので、101ページ、地産地消の推進についてをお願いしたいと思います。

 それぞれ先ほど松田委員からもございましたけれども、この地産地消の推進について、年に3回行っているということでありますけれども、これに縛りがあるのかどうか。

 前に私申し上げたことがあるわけですけれども、できるだけ野菜研究会の面々の地場産の地産地消の取り組みについては、強化をしなさいというふうなことを申し上げたところでありますが、その辺をお願いしたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 五十嵐学校給食センター所長。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 お答え申し上げます。

 ここに表示してありますのは、特に天童産の野菜だけを使った給食をやろうではないかというようなことで銘打っているのが、この天童デー給食ということです。

 一応、学期ごとに1回、だから年3回、そのうちの1回を交流給食ということで、ここで言いますと、総務教育の委員長さん、それからうちの市長とか、商工会議所会頭とか、そういう方々をお招きして、児童・生徒と一緒の教室で給食を食べていろいろ食の大切さを話し合ってもらうというふうなことで、大きく大々的にやっているのがこの3回というようなことで、それだけに限らず、毎回献立に地産地消の重要なところは毎回PRしているところでございます。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) この野菜8品目の取り組み実績ということで、100%に満たない供給率もあるわけですよね。これについて代替品種を採用するのかどうか。その辺。

 ただ、詳細に見ますと、ナスなんか63.6%のものもあります。その辺の品目の別品種というようなことも考えてやっているのかどうか。

 カロリー計算なんかもあろうかと思いますし、それぞれの考え方はあると思いますけれども、栄養士も抱えておりますので、その辺についてはどのような対応をしているのかお伺いします。



○後藤和信決算特別委員長 五十嵐学校給食センター所長。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 お答え申し上げます。

 まず、これの計画、使用数量を算出するときには野菜研究会の代表の方等を集めて、それでなるべく供給不能にならないように、一段と出しやすい月、月のうちでも中旬からでないとだめだとか、そのくらいまで細かく計画を立てて、農家の人が安定的に出せるような月を選んで、こういう供給計画を立てています。

 それでもやはり天候相手ですので、なかなか予定どおりの数量が供給できなかったということがあります。それがここでいうとナスが全体で63%しか出せなかった。

 こういう場合の具体的な対応ですが、そのほかの八百屋さんのほうと協力体制をとっていまして、足りない部分は八百屋さんのほうに連絡して、ナスであればナス、同じ種類、例えばこんなことはないでしょうけれども、ナスをキュウリにかえるとか、そういうふうな変更は行っておりません。やはりナスが出せなかったら八百屋さんからナスを出していただく。そういうふうな体制で、八百屋さんのほうと野菜研究会のほうと、あとセンターと密接な関係を保ちながら、何とかうまくやっているというふうなことでございます。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) やはりその辺の供給の入荷、その辺のタイミングがあると思いますよね。それは前の日でなければならないわけですし、生産者側の収穫量によっても違うわけですから、その辺のこともあるのではないかというふうに思いますけれども、その辺はどうですか。



○後藤和信決算特別委員長 五十嵐学校給食センター所長。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 お答えします。

 センターとしては、できるだけ早い時期にというか、例えば、きょうのメニューに出す食材であれば、1週間ぐらい前にちょっと今回出せそうにもないということで、早目に連絡くださいということで、お願いしているんですが、やはりそのときは出せないということで連絡したんですけれども、直前になったら出せるようになったとか、そういうのも逆のパターンもありまして、なかなか難しいんですけれども、やはり早目に連絡をいただかないと、こちらでも八百屋さんのほうへ急遽補充の対応をしていただくというのも間に合わない場合もありますので、特にことしは、皆さん御存じのように、非常に野菜が不足していまして、さらに高騰していまして、ことしだけは残念ながらちょっとメニューを変えさせていただいたという部分が何日かありますけれども、去年までですと、とにかくメニューは変えないで納まらなかった数量分は八百屋のほうから供給してもらったというふうなことになっています。

 そして、何日前まで、どうしてもというふうなときには、連絡してもらうように取り決めしてありますので、そういうことでやっているということでございます。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) 学校側ですけれども、子供へのアピール、地産地消をきょうやるんだというふうな一つのアピールもあろうかと思いますけれども、その辺の対応はどのようになっておるのかお願いしたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 各学校でも食育についても進めておりますが、現在おります栄養教諭が配置になりましたので、これまでも栄養士としては配置をいただいておりますので、学校に行って食育等についても指導をしていただいていますが、そのときなどに特に地産地消について大いにふれていただいているというところでございます。



○後藤和信決算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) 地産地消については新鮮度が高いものでありますので、やはり先ほど五十嵐センター所長からもありましたけれども、回数をふやしていただきたいものだなと。特にそういう中における食の安全・安心が最も大事なことだなというふうに思いますし、その辺も含めて回数をふやしていただきたいものだなというようなことをお願いして終わります。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) 先ほどの学校関係費の未納という問題ですけれども、現場の先生方も大変いろいろ困っていらっしゃるというのも耳にしておりますので、ぜひ市のほうでも各学校だけでなく対応を密にして取り組んでいただきたいと思います。

 最後ですけれども、成果説明書の96ページ、教育委員会の実施内容の中の5番目ですけれども、文化スポーツ等で優秀な活動をした児童・生徒に対しての表彰状とメダルということで、贈呈をしていただいているということでございます。大変この事業を見ると、評価するということでは大変いいことだなと思っているわけですけれども、スポーツに関してですけれども、成果説明書56ページ、これは文化スポーツ課なんですが、同じような表彰を天童市の総合体育大会のときに全国大会、東北大会で優秀な成績をおさめた。これは一般も含めた個人、団体に表彰して、ダブって受けられる方も、子供などはいらっしゃるということなんですが、その辺2回も市のほうからする必要はないのではないかなと私は考えているわけです。

 評価していただくのは大変ありがたいんですがと思うところなんですが、この辺は課が違って趣旨が違うということでやっていらっしゃるのかどうかお聞きします。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 今の松田委員御指摘のとおり、同じような問題意識を教育委員会のほうも持っておりまして、今年度一部見直しをさせていただいたところでございます。

 当該年度で、例えば県大会で優勝したといった場合に、教育委員会褒賞、1月か2月ごろ各学校に出向いて、体育館で授与を行うということになっているわけでございますけれども、翌年度、体育協会のほうでも同じように表彰すると。市総体の総合開会式を終わってから、こちらのほうは市の体育協会の表彰でございますけれども、そんなことで同じような表彰が繰り返されているのではないかというふうなことがございましたので、教育委員会のほうでも、一部同じ子供さんが何回も何回も賞を受けるということが、似たような種目でそういうことのないようにということで、今年度から教育委員会の褒賞としては、県大会については1回だけということで、翌年度、例えば東北大会で入賞したなんていう場合は、改めて褒賞を行いますけれども、県大会につきましては、何回も何回もというふうにならないように、少しその辺は整理をさせていただいたところがございました。

 受賞される子供さんの場合ですと、毎年賞を受けられる子供さんがいらっしゃって、毎年教育委員会からもメダルをもらって、体協からもトロフィーをもらうというような子が毎年繰り返されるというふうなことがございましたので、教育委員会褒賞についてはそんなことで、県大会については、初年度に優勝したときに褒賞を行って、あとは東北大会、全国大会ということで、ステージが変わったときにまた褒賞をするというふうなことに一部見直しをさせていただいたところでございます。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田耕一委員。



◆1番(松田耕一委員) わかりました。

 スポーツが優秀な子は、いろいろな大会で優勝とかしているわけですから、それはいいんですけれども、同じ大会の、例えば東北大会を優勝したからということで、この学校教育課のほうの表彰を受けて、同じ東北大会で優勝という成績で、同じ大会なのに2回目をもう一回、今度は体育協会の表彰を受けるというのはなくていいのかなというふうに思っておりますので、その辺うまく調整をしていただいて、優秀な子供には表彰していただいて構わないんですが、何度もということではないようにしていただければと思ったところです。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○後藤和信決算特別委員長 以上でかがやきの質疑を終了いたします。

 次に、政和会から質疑をお願いいたします。

 松田光也委員。



◆5番(松田光也委員) それでは、私のほうは、実はここのどこにあるかわからないんですけれども、武道教育について、国のほうからは、本年の一般質問のときに大丈夫だというようなことで武道に関する備品の補助を考えているというふうな話だったんですけれども、平成21年度も各都市に武道教育に関する備品ということで、国のほうからの補助が入っているというふうな話を伺ったんですけれども、平成21年度は、この予算書のほうにはどこにそれが入っているのか。

  (「予算書にはない」と呼ぶ者あり)



◆5番(松田光也委員) 予算書にはないんですか。というのは、要するに、この事項別明細書の決算書のほうなんですけれども、それに平成21年度の分が入っていなくてはいけないというふうな感じなんです。それらもないと。そしてまた、その武道教育にかかわるこの金額はどこになっているのかというふうなことで、その辺をお聞きしたいと思っています。



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 国からの指定地域というのがございまして、天童市は指定地域には当たらないということで、県の中で1地域が該当するというふうな程度の措置だというふうに理解をしております。



○後藤和信決算特別委員長 松田光也委員。



◆5番(松田光也委員) わかりました。

 そうしますと、この間話になった教育委員長のお話の場合は、それを理解していただいたんですけれども、それは天童市内には今年度も入っていないというふうに結果的にはなるわけですか。わかりました。

 では次に、質問をかえます。

 成果説明書の中の96ページ、こちらのほうは私立高校の生徒学費補助の事業等に関するものですけれども、これについて、私立高校の補助事業ということで、108万円が入っています。これは生徒につき年額3万円というふうなことになっておりますけれども、対象者が36人、これは対象の条件、またはこれを希望するとかというふうなものがどういうふうな状況であったのか。この辺をお知らせください。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 毎年行っております私立高等学校生徒学費補助でございますけれども、これは低所得者といいますか、市民税非課税世帯、あるいは市民税が均等割のみの世帯が対象になっております補助制度でございます。

 市報で募集を行いまして、審査をして、この市民税の課税状況を確認して、交付を行っているという内容でございます。

 昨年度は36人が対象になりましたけれども、毎年少しずつふえている状況でございます。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田光也委員。



◆5番(松田光也委員) わかりました。

 続きまして、同じく98ページ、扶助事業、こちらのほうの上の段ですけれども、これは小学校も中学校も、先ほどのほうにも質問がありましたけれども、要保護、それから準要保護、これについて、例えば学費、修学旅行費、給食費、それぞれ同じ率ですべてが補助になるのかどうか。要保護と準要保護では違いがあるのか。その辺をお知らせください。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 小学校の教育振興扶助事業の要保護、準要保護世帯に対する扶助でございますけれども、先ほどもお話し申し上げましたように、それぞれ算定基礎がございまして、学用品費、大体小学校1年生であればこれぐらいの学用品がかかるのであろうという推定の計算値がございまして、それに基づいて扶助額を決定しているわけでございますけれども、学用品費、それから郊外活動費、それから新入学児童の学用品、それから給食費等々について、それぞれの積算根拠に基づいてはじいた金額で補助を行っているという状況でございます。



○後藤和信決算特別委員長 松田光也委員。



◆5番(松田光也委員) それで、この状況が非常に毎年増加しているというふうなことなんですけれども、増加率は要保護、準要保護ともどのようにふえているのかお知らせください。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 ここ数年、毎年少しずつふえているという状況がございまして、前年度と比べると、特に激増したという状況ではございません。

 ちなみに、要保護、準要保護のほうは、平成20年度は215人でございます。それから、特別支援のほうは同じ31人でございまして、要保護、準要保護児童世帯については若干ふえているという状況でございます。

 それから、同じように中学校につきましても、前年度は要保護、準要保護は90人、去年の方が逆に少なかったということでございます。

 それから、特別支援のほうが12人ということで、2人平成21年度はふえたということでございまして、ここ5カ年間くらいの全般的な流れで申し上げますと、確かにふえていることは事実でございますけれども、昨年度と比べるとほぼ横ばいという状況なのではないかなというふうに理解をしております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 松田光也委員。



◆5番(松田光也委員) それでは、108ページ、視聴覚教育事業についてですが、その1番に東南村山地区、これは3市2町の教育協議会の負担金103万5,000円ですけれども、これの負担金の割合というのは本市はどういうふうになっているのかお示しください。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 お答え申し上げます。

 こちらのほうの協議会の総予算は475万4,000円になっております。そのうち天童市が103万5,000円、全体の21%でございます。山形市が222万4,000円、上山市が72万8,000円、山辺町が40万6,000円、中山町が36万1,000円、人口等によりまして、負担割合がこのようになっております。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 次に、結城委員。



◆10番(結城義巳委員) 事項別明細書の199ページ、地域づくり委員会の活動交付金300万円ということでありますが、この交付先はやはり地域づくり委員会に対して直接交付するというふうに理解していいんですか。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 こちらの受け皿は、全地域づくり委員会が会員になっております地域づくり推進委員会というところに一括で交付しております。



○後藤和信決算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) そういうことであれば、地域づくり委員会の活動というのは、公民館活動そのものではないというふうに理解しているということなんですか。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 こちらの交付金総額が300万円ということでございますので、各地区に均等割で事務費相当分5万円を配当いたしまして、あとは各地域づくり委員会のほうから要望を出しまして、その地域づくり推進委員会の中でそれぞれ当年度の事業等を勘案しまして、やりくりしながら配当しているということでございます。

 それで、各単位の地域づくりでの活動だけではなくて、そういった全体での活動等にもこの交付金を活用している交付金になっております。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) どうも以前からどうなのかということで疑問を持ってきたんですが、この地域づくり委員会の活動というのはそもそもそれぞれ地区の公民館の活動事業そのものではないかというふうに思っているわけなんです。ですから、今聞いた内容ですと、何か公民館からちょっと離れた地域づくり委員会みたいな形、そういうふうな考えでいいのかどうか。これかもそういった考えていくのか。その辺考え方だけお聞きしておきます。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 地域づくり委員会活動も13年目を迎えまして、毎年、地域づくり推進委員会ということで、全地区の委員長、事務局長、あと公民館の事務長等が集まりまして、年に何回か推進協議会ということで、情報交換会を行っております。

 その中で昨年度でございますが、今後地区の垣根を越えて共同でできる事業なんかもやるべきではないかということで、特に山口・北部なんかも、昨年度あたりも合同で活動している事例等がございまして、今後各地域でやっている公民館事業のほかに、垣根を越えた活動なんかの要望等もございまして、地域づくり委員会活動と公民館活動一体的な活動をしている場合もありますが、それプラスのそういった事業等も行っているということでございます。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) やはり考え方が大分違うようですので、私個別にまたいろいろお話し合いをしたいと思います。

 それから、成果説明書の107ページになります。

 各市立公民館における事業といたしまして、(1)から(7)まで掲げられております。平成21年度からだったと思います。平成21年度から文化スポーツについては、教育委員会ではなく市民部、市長部局に持ってきたわけです。それで、この事業そのものは教育委員会のほうに上がる。おかしくないんですか。

  (「具体的には」と呼ぶ者あり)



◆10番(結城義巳委員) (4)、(5)です。レクリエーション大会と文化祭。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 こちらのレクリエーション大会等につきましては、文化スポーツ課等のスポーツ事業というよりは、どちらかというとレクリエーション、親睦事業ということで、現在も公民館事業のほうに計上して行っているような状況でございます。



◆10番(結城義巳委員) 文化祭は。



◎酒井孝二生涯学習課長 文化祭につきましても、同じように地区民の発表の場ということで、文化スポーツ課のほうの文化事業とは区別というか、そういう取り扱いではなく、地域住民の発表の場ということで、公民館事業ということで、現在実施している事業となっております。



○後藤和信決算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) いろいろ考え方はあるんだと思いますが、ただ、私はいろいろ文化スポーツ課のほうの決算も見ているんですが、もうほとんど文化会館の管理費用が中心で、あと市長部局に文化スポーツを持ってきたそのための特にこういったことをやったというものは何も見えていないということでありますので、あとはこれは文化スポーツ課の時に聞きます。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) まず、学校給食センター、成果説明書101ページ、先ほどから質疑がありましたけれども、地産地消の推進、これで供給率が昨年は50何%だけれども、今回は89%と伸びてきたと、こういうことで、100%供給にならなかったものは、八百屋さんから供給すると。この供給するに関しては、地場産、特に天童産とか、県内産とか、そういったものを限定しているのか、それとも大きな他県の産地から供給するのか。その辺のところをお示しください。



○後藤和信決算特別委員長 五十嵐学校給食センター所長。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 お答えします。

 野菜研究会のほうで供給できない部分に関しては、先ほどもお話ししましたように、1週間前とか、3日前にようやくわかるので、緊急にそろえなければならないということで、そういう場合は、地場産、山形県産ということにこだわらずに補充してもらっています。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) その場合、やはり地元産が不作だということで、天候不順で全国的に不作と。そうすれば、ことしみたいに野菜が高騰する、こういった状況にありますので、その単価の面で影響はしないものかどうか。その辺のところをお示しください。



○後藤和信決算特別委員長 五十嵐学校給食センター所長。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 まず、ここに載せてあります野菜8品目については、もう前もって単価を契約単価ということで定めてあります。したがって、この野菜研究会のほうでおさめたものについては、決めた価格でセンターのほうで受け取ります。それで、足りなくて八百屋のほうに頼んで八百屋のほうからおさめてもらった場合は、毎週見積もり合わせをしていますので、その価格で取引をします。だから、野菜研究会で決めた価格とは別の見積もり合わせの価格を採用します。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) ということは、安くなるときもあるし、高上がりになるというときもあるということですね。わかりました。

 次に、成果説明書の98ページ、今、耐震関係の工事を実施しているということであります。各学校でやっているわけですけれども、耐震だけではなくてある程度老朽化しておりますから、壁とかいろいろなところがかなり傷んでいるといった場合もありますので、あわせてリニューアルなんかも含めた工事をやっているのかどうか。その辺のところをお示しください。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 おっしゃるとおり、耐震補強工事に合わせまして、必要なリニューアルといいますか、附帯工事もあわせて実施しております。

 あと今後、二中、三中の本校舎の耐震補強工事も進めていく状況にあるわけでございますけれども、特に二中、三中については、給排水設備なども大分老朽化しているということがございますので、今回の耐震補強工事に合わせて、それらのリニューアル工事も一緒に進めていきたいというふうに計画いたしているところでございます。



○後藤和信決算特別委員長 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) 耐震補強すれば、当然また10年、20年と長期にわたって利用せざるを得ませんから、やはり目に見えるように、本当にリニューアルなったんだと見えるような、リニューアルすることによって、まるっきり古さというものを感じなくて、少しは新しいという希望的な感想で見られるような工事をやってもらって、長く利用するようなそういう方向で今後とも進めてもらいたいと思っています。

 今回はいろいろ運動場とか、武道場とか、そんなにあれですけれども、本校舎が今度はきちっとするのであれば、やはりそういった面もあわせて、もうちょっと経費をかけてでもリニューアルすると。なかなか一中みたいな改築というのは今後できないと思いますので、こういうふうな決算を踏まえて、二中、三中、今後そういった場合、本校舎がなるのであればそういうところも検討していただきたいと思っています。

 それと、先ほど結城委員からもありましたように、事項別明細書199ページ、地域づくり委員会の活動交付金です。

 地域づくり委員会も13年を経過して、最初は足並みがそろわなかったんですが、ある程度は各地域も活性化があって、大分活性化になってきたと思っておりましたが、ここへ来てまたちょっと温度差が出てくるような感じも見受けられております。

 この交付金300万円、これは均等割として、事務経費として5万円ずつ、そのほかは各地域づくり委員会がいろいろな事業をやるに当たって、その諸経費が足りない分を要求していただくと、こういったことでありますが、例えば冊子とか、あといろいろな書籍関係とか、そういうものをつくるに関してはスムーズに出しているようなんですけれども、本当に地域づくり独自のいろいろな事業をやるに当たって、ソフト事業に関してのいろいろな諸経費を書き入れ、そういうことに関してはなかなか要求してももらえないというようなことが前から言われてきております。また、そういったカタログとか、そういう冊子づくりは優先するけれども、結局それは、そのときただつくってこういった実績を出したということで、後はごみ箱に入るかどうかわかりませんね。

 だから、そういう面で、それよりはやはり地域独自のいろいろな短期ではなく長期でやらなければならない事業もあるわけですから、そういったところをうまく引き出して長続きするような形でやってもらえないかと思っているわけです。

 やはりそういう一時的なものよりは、1年、2年、3年かかって、そうやって本当にそこの地域が活性化すればいいわけでありますから、そういった点を今後は踏まえてやってもらえばいいと思いますけれども、その辺何かありませんか。



○後藤和信決算特別委員長 酒井生涯学習課長。



◎酒井孝二生涯学習課長 今、委員御指摘のとおり、各地区で最近立派な冊子をつくるのがございます。それも単年度ではなくて、何年度もかけて、昨年度ですと蔵増のほうで、「くらぞう寺まち九か寺めぐり」、本当に本屋さんの店先に出しても遜色ない立派な本でございました。

 あと、ことしは「山口のお宝のパート2」ということで、地域内のお宝を集めた本なんかもできておりまして、毎年全地区がそういうふうになりますと、地域づくり委員会等の配当も大分偏ってしまいますので、そういったところは年度をずらしていただいたり、あとは各地域でそれを販売することによりまして、地域づくりのほうの配当予算等にはなるべく係らないような形で、各地区で努力していただいているようでございます。

 なお、地域づくり委員会等につきましては、当初の目的が、まず今から10年後をめどにいろいろな地域づくり活動をやりましょうというのが発端でございましたので、ことし、来年のことはもとより、向こう10年等を見据えた形での地域づくり委員会活動ができるような形で、指導してまいりたいというふうに考えております。



○後藤和信決算特別委員長 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) やはり行政側がレールを敷いて、こうやりなさいといったことをつくってしまうと長続きしないんです。それよりは、その地域が本当に自分たちで一生懸命頑張っていろいろな計画を出してきたと。行政側から見れば、何だこんなばかくさいことと思うかもしれませんけれども、やはり地域づくりというのは、だれかがばかにならないとうまく活動ができないというか、そうやってばかがいるからこそ、それだけ地域が活性化してみんな一生懸命頑張ると。こういったことでありますから、今後ともそういった地域の本当のやりたいことを温かく見守って、そして、そういうふうな地域に対しては行政側も温かい手を差し伸べて、それを育ててくれるというようなことまでやっていただきたいと思っております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 そのほか。

  (発言する者なし)



○後藤和信決算特別委員長 以上で政和会の質疑を終了いたします。

 次に、日本共産党天童市議団から質疑をお願いいたします。

 石垣委員。



◆14番(石垣昭一委員) 最初に質疑をいたします。

 事項別明細書193ページになります。

 10款2項2目、成果説明では98ページでありますけれども、これまでも小学校の教育振興扶助事業についての質疑があったところでありますけれども、減額の理由をお示しをいただきたいというふうに思っております。

 成果説明では、対象人員がふえているにもかかわらず、援助金額が減っているというふうな内容であります。この要因をお示しをいただきたいというふうに思います。

 それから、あわせてお伺いしますけれども、要保護、準要保護の人数、児童数、これをお示しください。この中でこれまでも準要保護に対する支給内容、基準等が示されましたけれども、生活保護の1.3倍以内というふうなことの中で支給するというふうなことでありますけれども、これも全国一律だというふうな話でありますけれども、要保護と準要保護の同じような支給内容なのか、基準、こういった点は変わりはないのか、それを確認してよろしいのかどうかお示しをいただきたいと思います。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 要保護、準要保護の人数につきましては、98ページ上段のほうに小学校の分、対象人員223名、それから特別支援学級に在籍している児童・生徒に対してが31人、それから、中学校については99ページ下段の表の中に対象人員が101人、特別支援学級が14人ということで記載をいたしておるところでございます。

  (「要保護と準要保護の……」と呼ぶ者あり)



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 小学校の要保護につきましては、1名でございます。したがいまして、準要保護が222名でございます。特別支援は31人というくくりでございます。

 それから、中学校の要保護生徒につきましては2名でございます。したがいまして、中学校の準要保護は99名ということでございます。特別支援が14人ということでございます。

 基本的な基準は、一昨年度、昨年度大きくは変更になっておりませんが、金額が多少前後しております。というのは、いつの時点で認定を受けたかというそれがポイントになってまいりまして、例えば、年度当初から認定を受ければ、その子供さんの年間の扶助費は大きな金額になるということでございますけれども、例えば3学期ごろに引っ越してきて認定を受けたと。そういった場合には当然カウントとしては1名というふうにカウントはなりますけれども、実際扶助を受けるのは3カ月だけということになりますので、そのあたり、生徒の移動が伴いますので、そのあたりで数字が動くというそんな事情がございます。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 石垣委員。



◆14番(石垣昭一委員) その件については了解いたしました。

 要保護、準要保護の支給内容、単価の問題でありますけれども、答弁では全国一律だというふうなことの中で答弁がありました。今回の決算の中でも、要保護、準要保護の人数については、要保護が極めて少ないと。大多数が準要保護の支給内容だと、こういうふうになっているわけでありますけれども、国の補助でありますけれども、2005年から準要保護については、国のほうで扶助費を出さないと、交付金のほうで回すということになっております。これは市町村にその裁量が任せられたというふうに思っておりますけれども、この点でその要保護と準要保護の支給内容に変わりはないのか。その点をもう一度確かめたいというふうに思います。よろしくお願いします。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 今お話しされましたように、確かに要保護は現在も国庫補助事業になっておりますが、準要保護につきましては、現在は市単独の扶助事業になってしまったと。ただし、地方交付税算定の段階で、これらについては国でも見るということで、交付税算定の基礎数値の中には入ってきているわけでございますけれども、ただ、なかなかそれが全体的には見えにくくなっているというのは確かなことなのではないかなというふうには思っております。

 ただ、これまで続けてきましたこういった要保護、準要保護の制度を、どこの自治体もそうですけれども、国の支援のあり方が直接補助金から地方交付税算定の一般財源化になったということで、一気に廃止するというのはなかなかどこの自治体も難しい。現実的な課題を抱えておりますので、苦しい財政事情の中でも存続せざるを得ないということで、この扶助制度については天童市も維持しているところでございます。

 一応、国の言い分としては、交付税の中で、一般財源化の中できちっと見ているよと、そういう説明は受けるわけでございますけれども、現実的にはなかなか見えにくくなっているというのは事実でございます。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 石垣委員。



◆14番(石垣昭一委員) ただいまの答弁で理解いたしましたけれども、今本当に子供たちは経済危機の中で極めて厳しい状況に置かされているということであります。そういう点で、先ほど答弁あったように、天童市としてもこれからもぜひ援助に御尽力いただきたいというふうに思います。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) 今の要保護、準要保護の件ですが、生活保護のほうを見ますと、教育扶助はもう少し人数的にはいるんですが、どういう形でこの学校教育の中に該当しないのかなと。要保護が小学校1名、中学校2名ということだったので、その関連がちょっとわからないんですが、いずれにしても、要保護については国庫補助で見ていて、準要保護はもう一般財源化してしまったという中で、ほかの市町村ではやはり認定基準を先ほどの天童は1.3倍で要保護を認定しているようですが、その倍率を1.2とか、1.1に引き下げているとかというのもあるんですが、そこは天童の場合は今までどおり1.3でやっているということで理解してよろしいですね。

 それで、こういう経済情勢の中で、いろいろ生活保護関連、それから、そういう必要な方もふえている中で、なかなか認定が伸びないなと。もう少し伸びてもいいのかなと私は思っていたんですが、これはあくまでも準要保護については、申請で手を挙げないと認定にならないということもあるのかなと思うんですが、その辺、どのくらいきめ細かに、担任のほうでそれを掌握するということになっているのかどうか。その要保護に対する該当するかしないかという判定はどのような手だてで行われていますか。



○後藤和信決算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 新入生であれば入学前の学校説明会、あるいは入学後は4月のPTA総会でありますとか、学級懇談会とか、そういったさまざまな機会をとらえて、こういった制度がありますということは保護者の方にはお知らせをして、現在小学校で200名程度、それから、中学校で100名程度の申請をいただいて、審査をして決定をしているという状況でございます。

 やはり要保護について、人数が少ないということで御指摘がございましたけれども、要保護世帯は基本的に生活保護世帯でございますので、基本的な扶助は生活保護で受けていらっしゃるということで、そこから漏れてきますのは、修学旅行費だけでございますので、修学旅行のある該当学年、そういった方について申請が出てくるのかなというふうに理解をしておるところでございます。

 年間、途中の申請も受け付けておりますので、なお申請漏れのないように、委員会としてはさらに周知に努めてまいりたいというふうには考えております。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) 以前に修学旅行に行けなかったというふうな子供がいたということを聞いたんです。この年度ではないんですが、やはり準要保護の修学旅行費が外れたということもあって、それが申請しなくて行けなかったのか、その他の理由があったのかは定かではないですが、行けなかった人がいるというふうな話を聞いていましたので、やはりこういう制度がありますよといっても、保護者のほうが認識しないとなかなかならないというのもあるので、学童の指導員なんかと話をしますと、受けられるのではないかというふうなことで相談されることもあるので、そういった場合は、速やかに担任の先生にお話しして聞いてみたらどうですかということを早くしたらいいのではないですかということを言っているんですが、機会あるごとに気がついた時点で話をしていただければなというふうに思います。

 それから、学校給食のほうで、先ほどの成果説明書の102ページですが、インフルエンザによる給食停止というのがありました。かなり広がったわけなので、朝学校に行ったら人数がいるのでというので、学級閉鎖になって帰されてきたというふうなこともありまして、そういった場合は事前の通告というのはないわけですので、突然給食が要らなくなるということがあったと思うんですが、そういったことでは、準備はしていると思うので、当日になってから何学級分とかというので余ると思うんです。そういった場合なんかは、処分せざるを得なかっただろうと思うんですが、そういった事例なんかはどのくらい突然要らなくなったのかというのとかがわかればと思います。

 それで、親の方から相談があったのは、やはり突然の学級閉鎖になって何日か学校を休んで、給食費はどうなるんでしょうかというふうな相談が大分あったんですが、その辺の給食費の計算ついては、学校側の対応になるかと思いますけれども、どうなさったのかお聞きしておきたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 五十嵐学校給食センター所長。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 お答えします。

 インフルエンザでその当日学校に行ってみたら休んでいる人がいっぱいいて、これは閉鎖せざるを得ないというふうなことで、その場合、すぐセンターのほうに連絡が来るわけですが、そのときの食材というか、それはもう当然前の日から最低準備していますので、それはやはり処分します。捨てます。

 それから、給食費につきましては、実は学校のほうにもインフルエンザが流行しそうだという前もって給食主任とか、あとは校長先生あたりに文書でお願いしているんですが、その閉鎖をした日も含めて3日間分はいただかなければならないというようなことで通知申し上げております。

 物によっては返せるものもあるんですが、返せないものがほとんどなので、そのように対応しています。

 以上です。



○後藤和信決算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) 1週間程度ですから、半分くらいは仕方がないなというふうに見たということなんでしょう。この給食停止状況を見ますと、4カ月で6,000食近くが停止になっているようですから、前の100ページの年間平均回数、給食数を見ますと、やはり年間で1万食ぐらい減っているということですので、その辺の給食費の計算の仕方というのは親のほうがシビアに受けとめていたなということで、当然食材は買っているわけですから、その分はいたし方ないのかなとは思います。

 こういったインフルエンザの流行がもうできるだけないように予防接種なんかを徹底していただきたいなというふうに思います。

 それから、事項別明細書の187ページ、先ほど天のわらべすこやかスクールプロジェクトというので大分成果が出ているというふうな話がありました。これが保育園からとか、いろいろ臨床心理士が見ながら、指導しながら小さいうちから手をかけたほうがいいんだということで、こちらのほうも発達相談も含めて、学校教育の中でもやられているということで、大分すばらしいプランだなというふうに思っていたところですが、1年間の実施、今は2年目に入っていますけれども、これからの課題となるようなものは、ここの中でどう見出せたのか。その辺ありましたら教えていただきたいと思います。



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 やはり発達障害的なものについては、小さいうちからいかに対応するか、それから、保護者がその子供の状況をいかに理解をするかということで、大きくその子供さんの育ちが変わってくるという実態がございますので、幼少期からの対応というものがさらに充実をしていく必要があるのかなというふうに思っております。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) そういう意味で、保育園、幼稚園、児童館のほうでも天童の場合はやっていますので、そこら辺は連携をうまくしてつなげていただければなというふうに思います。

 それから最後ですが、同じ187ページですが、マーチングバンド等指導委託料、前年度30万9,000円、金額は少ないんですけれども、今年度は10万9,000円というふうな予算になっております。

 こちらのほうはマーチングバンドということで、国体のときに大分楽器を入れて各学校で取り組んだわけなんですが、年々なくなったところも多くて、今7校ぐらいがやっているようですけれども、これらの指導についても、なかなか予算がとれないという話は各学校からお聞きしておりました。

 ことしの夏休みに管楽器研究会という学校の先生方が中心になって、子供たちを指導したところを見せていただいたんですが、本当に専門の先生がパートごとに分かれて基本的な楽器の使い方とかを教えた様子を見せていただきましたが、本当に基本的なところをきちっと習得すればもっと伸びるんだろうなというふうに見ていたんですが、年々この委託料が少なくなっているようなんですけれども、これは予算的に復活することはないんでしょうか。



○後藤和信決算特別委員長 吉田学校教育課長。



◎吉田勝彦学校教育課長 委員御指摘のとおり、やはり専門家の指導を通さないと、なかなかマーチングの場合はうまくいかないと。しかもカラーガード等についての指導もございますので、やはり楽器の分担だけでなく、そういうところも必要だということで、さまざまなところで今まで行われていたわけですけれども、やはり中部小学校に集まっていただいて、一斉にマーチングをしているところの児童、そして、教員のほうが集まって講習会をするということで、別にバスでの移動の予算をとってありますので、委託している分についてはそういうふうなところということで、同じような形で一斉にして、質をなるべく落とさないように考えて、ない予算を何とか回しているところでございます。

 以上でございます。



○後藤和信決算特別委員長 以上で日本共産党天童市議団の質疑を終了いたしました。

 次に、矢吹委員から質疑をお願いいたします。

  (発言する者なし)



○後藤和信決算特別委員長 以上で矢吹委員の質疑を終了いたします。

 最後に、小澤委員から質疑をお願いいたします。

  (発言する者なし)



○後藤和信決算特別委員長 これで小澤委員の質疑を終了いたします。

 以上で認第1号平成21年度天童市一般会計決算のうち教育委員会の所管に属する事項についての質疑を終結いたします。

 なお、委員の方にですけれども、午前中の工業団地整備室長の説明がこの後ありますので、若干お残りください。

   午後3時16分 休憩

   午後3時18分 再開



○後藤和信決算特別委員長 工業団地整備室長の説明の中で、訂正箇所がありますので、改めて説明の申し出がありましたので、説明を許可いたします。

 原田工業団地整備室長。



◎原田利三工業団地整備室長 説明の時間をいただきまして、大変ありがとうございます。

 午前中の結城委員から質問がございました東長岡工業団地整備事業についてでございますけれども、委員の質問に対して、私のほうで平均単価は幾らかということでございましたけれども、私が説明してしまったのは、東長岡工業団地整備事業の用地買収費の平均買収単価を説明させていただきましたけれども、委員の質問につきましては、東長岡工業団地整備事業の総事業費を分譲面積で除した場合の平均単価という質問だったと思いますので、改めて説明をさせていただきます。

 先ほども御説明申し上げましたけれども、東長岡工業団地整備事業の人件費等の事務経費を含めた総事業費が5億7,748万6,000円でございまして、分譲面積が3万9,011平米でございます。これを割り戻しますと、1平米当たり1万4,800円ほどになります。これを坪単価に換算しますと、4万8,900円くらいの額になります。

 実際、分譲した収入でございますけれども、決算書に載ってございますが、総額で5億8,494万5,637円でございまして、分譲収入から先ほどの総事業費を差し引きますと、745万8,000円ほどの分譲益が出ているという内容になってございます。

 以上でございます。よろしくお願いします。



△散会



○後藤和信決算特別委員長 これで本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 したがいまして、本日はこれで散会いたします。

   午後3時20分 散会