議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 天童市

平成13年 12月 予算特別委員会 12月21日−03号




平成13年 12月 予算特別委員会 − 12月21日−03号







平成13年 12月 予算特別委員会



        平成13年12月21日(金曜日) 午前10時26分開議

     淺井健一予算特別委員長     後藤和信副委員長

●出席委員 (26名)

 1番 佐藤正男委員   2番 後藤和信委員   3番 山崎 諭委員

 4番 石垣昭一委員   5番 小松善雄委員   6番 東海林 仁委員

 7番 長谷川春雄委員  8番 鈴木照一委員   9番 水戸 保委員

10番 海鋒孝志委員  11番 伊藤護國委員  12番 小澤 精委員

13番 長岡 繁委員  14番 淺井健一委員  15番 片桐郁弥委員

16番 赤塚利六委員  17番 伊藤和子委員  18番 秋葉 忠委員

19番 水戸 諭委員  20番 高麗辺市郎委員 21番 伊藤三雄委員

22番 井上玄市委員  23番 高橋 博委員  24番 結城 啓委員

25番 奥山成也委員  26番 青柳仁士委員

●欠席委員

   なし

●出席要求による出席者職氏名

遠藤 登  市長              武田貞夫  助役

仲島規昌  収入役             岸 政寛  総務部長

結城義巳  市民部長            那須利夫  経済部長

水戸秀一  建設部長            三澤将良  天童病院事務局長

矢野建史  消防長             矢萩武昭  総務課長

山口勝雄  水道課長            武田良一  教育委員長

酒井順一  教育長             高橋 誠  教育次長

                            農業委員会

赤塚新吉  農業委員会会長         林  昇

                            事務局長

      選挙管理委員会               選挙管理委員会

石川浩一郎                 藤山 潤

      委員長                   事務局長

今野一成  監査委員            松田忠男  監査委員事務局長

●出席した事務局職員

伊藤博明  事務局長            星野 治  主幹兼局長補佐

佐野啓子  庶務係長            野口忠司  調査係長

瀬野恒二  庶務係主査           秋葉亮一  調査係主査

 予算特別委員会

      平成13年12月21日(金曜日)決算特別委員会閉会後開議

第1 付託案件審査報告

  1 総務分科会委員長報告

  2 厚生分科会委員長報告

  3 文教経済分科会委員長報告

  4 建設分科会委員長報告



△開議



○淺井健一予算特別委員長 ただいまより予算特別委員会の会議を開きます。

 本日の会議は全員出席であります。したがいまして、直ちに本日の会議を開きます。



△付託案件審査報告



○淺井健一予算特別委員長 12月5日の本会議におきまして、当予算特別委員会に付託になりました議第26号平成13年度天童市一般会計補正予算(第3号)から議第33号平成13年度天童市立天童病院事業会計補正予算(第1号)までの予算議案8件につきましては、それぞれ所管の分科会を設置いたしまして慎重に審査をお願い申し上げておりましたので、これよりその審査の経過と結果について各分科会委員長の報告を求めます。

 なお、報告に入る前にお諮りいたします。各分科会委員長の報告を本会議における予算特別委員長の報告にかえさせていただきたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○淺井健一予算特別委員長 御異議なしと認め、よって、各分科会委員長の報告を本会議における予算特別委員長の報告にかえることに決定しました。



△総務分科会委員長報告



○淺井健一予算特別委員長 最初に、総務分科会委員長の報告を求めます。小澤総務分科会委員長。

  〔小澤 精総務分科会委員長 登壇〕



◆小澤精総務分科会委員長 去る12月13日の予算特別委員会において当総務分科会に付託になりました予算案件につきまして審査いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。なお、報告の内容については、特に話題になったことのみを申し上げます。

 最初に、議第26号平成13年度天童市一般会計補正予算(第3号)のうち、所管に属する事項について申し上げます。

 歳入、17款市有施設整備基金繰入金について、委員からは南部多目的センターを建設するのに、市有施設整備基金から5,000万円を繰り入れているが、今までも述べているが、市有施設整備基金は、施設を特定していない市全体の施設整備であれば、財政調整基金で間に合うのではないか。基金のあり方として目的をはっきりさせるべきではないかとの意見がありました。

 これについては、財政調整基金の趣旨は、年度間の財源の不均衡を調整するためであり、年度内によって減ったりふえたりする。これまで10億円ぐらいで推移いたしてきたが、昨今の不景気で税収も伸びず底をついている状況で、大規模な施設の整備に財政調整基金を充てることは困難である。施設整備基金で対応し整備を図っていきたいとの説明がありました。

 また歳出、2款総務費の企画費について委員からは、市民アンケートについては総括質疑もありましたが、アンケート調査の件は当初から予定されていたのか。急にアンケートの話が出たけれどもどういうことなのか。また、合併する、しないにアンケートの数字が使用される危険もあり設問は大事である。具体的な設問をどのように考えているのか。さらに、無作為抽出でやるということだが、抽出の方法についても質疑がありました。

 これについては、新年度に新たに広域行政制度研究会が発足し、その中で市民に対する情報提供を市報でどのように行うか。また情報提供が終わってから、ある程度時間を置いてからアンケートをしなければならないとの議論になり、6月の議会の一般質問において、市長は情報を提供し、アンケート調査をしたいということを述べており、急に出た話ではないということでございました。

 アンケート調査は、この調査結果で合併する、しないを判断するものではなく、市民が今の時点でどのような認識をしているのか調査するのが大きなウエートである、こういうことの説明でございました。

 また、具体的な設問については、12月25日に開催する広域行政制度研究会で審議を決めていくことにしており、年度明けに発送し、3月定例会前に集計したいと考えている。抽出方法は乱数表を使って電算機で打ち出すことになっているが、母集団の特性や傾向がそのまま反映することになっており、誤差としては0.2%から0.3%ほど出てくるが、地域バランス、男女バランスなどは理想に近いものになるものと説明がありました。

 以上、採決の結果、賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 次に、議第28号平成13年度天童市財産区特別会計補正予算(第2号)について申し上げます。

 この議案については特に問題なく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 以上、当総務分科会の決定どおり御賛同賜りますようにお願い申し上げまして、報告を終わらせていただきます。



○淺井健一予算特別委員長 ただいまの報告に対する質疑を行います。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○淺井健一予算特別委員長 質疑なしと認め、終結いたします。



△厚生分科会委員長報告



○淺井健一予算特別委員長 次に、厚生分科会委員長の報告を求めます。海鋒厚生分科会委員長。

  〔海鋒孝志厚生分科会委員長 登壇〕



◆海鋒孝志厚生分科会委員長 去る12月13日の予算特別委員会におきまして、厚生分科会に付託されました予算案件につきまして審査いたしました、その経過と結果について御報告いたします。なお、報告の内容につきましては、特に話題になったことを中心に申し上げます。

 議第26号平成13年度天童市一般会計補正予算(第3号)のうち、所管に関する事項について申し上げます。

 歳出、3款3項2目生活保護扶助費で、生活保護がふえている実態について質疑がありました。

 理由としては、不況の影響のほか、高齢になったため、あるいは傷病による生活苦などが挙げられるという説明を受けたところでございます。

 また歳出、3款1項2目老人福祉費の中で、緊急雇用創出在宅介護認定者実態調査事業の委託について話題となりました。

 委託先は社会福祉協議会を窓口とするということ。調査員として介護についての専門的な知識を有する10人を新たに雇用するということでございます。

 さらに、歳出3款2項4目児童福祉施設費の中で、保育園の運営についての質疑がありました。

 公立、市立の保育園よりも法人立の認可保育園の入所希望者が多いとの説明を受けました。このことについては、市立保育園の一層の努力を促したところでございます。

 次に、議第27号平成13年度天童市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)及び議第32号平成13年度天童市介護保険特別会計補正予算(第2号)の2つの特別会計については、毎年膨張する両会計に抜本的改革は見出せないものの、補正予算については特に問題なく了とした次第であります。

 最後に、議第33号平成13年度天童市立天童病院事業会計補正予算(第1号)について申し上げます。院外処方についての質疑がありました。

 病院経営の面からは、医薬品のデッドストックがなくなるメリットはあるものの、薬価差益などの収入がなくなるデメリットもあるとのことで、今年度若干の見直しを行ったとの説明を受けたところでございます。

 なお、病院運営については、市民の要望を十分に配慮したものとするよう要望したところでございます。

 以上、議第26号のうち所管に属する事項、議第27号、議第32号及び議第33号について、採決の結果、全員異議なく可決すべきものと決定いたしました。当分科会の決定どおり御賛同賜りますようお願い申し上げまして、報告を終わります。



○淺井健一予算特別委員長 ただいまの報告に対する質疑を行います。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○淺井健一予算特別委員長 質疑なしと認め、終結いたします。



△文教経済分科会委員長報告



○淺井健一予算特別委員長 次に、文教経済分科会委員長の報告を求めます。伊藤文教経済分科会委員長。

  〔伊藤護國文教経済分科会委員長 登壇〕



◆伊藤護國文教経済分科会委員長 当分科会に付託になりました議第26号平成13年度天童市一般会計補正予算(第3号)のうち、所管に属する事項の審査の経過と結果について、特に話題になったことを中心に御報告申し上げます。

 最初に、6款1項3目農業振興費の農業後継者海外研修費補助金について、委員から以前はニュージーランドへの派遣でありましたが、いつからオーストラリアに変更したのかという質疑がありました。

 これについては、平成12年から主に稲作と畜産関係を研修するためにオーストラリアに変更したとの説明がありました。ことしは実施されませんでしたが、研修生に研修の成果を発表する機会をぜひ与えてほしいとの意見が出されました。

 次に、6款1項6目経営構造対策費の中山間地域直接支払推進事業でありますが、委員からは新たに荒井原地区が認定されたということですが、荒井原地区になぜ決定したのか、契約の内容とこれからの拡大の予定について質疑がありました。

 これについては、荒井原地区が田麦野地区に隣接しており、山や田畑が多く、地元からの盛り上がりがあり、スーパー農道沿線にコスモスなどの景観作物などを植えるなど集落協定ができており、契約に至ったとのことでありました。

 今後の拡大予定については、東部地区しか該当しないので、干布地区なども考えられるが当分難しいだろうとのことでありました。

 次に、6款2項2目林業振興費の木材産業経営革新公共施設等整備事業に関し、事業内容については説明を受けましたが、委員からは議会で可決する前に(仮称)天童南部多目的交流センターについて新聞等で報道されてしまったので、報道される前に事業概要の説明については事前に議会に報告するように、分科会として強くお願いしたところであります。

 次に、7款1項5目開発推進費の中心市街地活性化事業について、駅前駐車場の料金精算機を500円硬貨も対応できるように交換するという説明でありましたが、委員からは、駅の西側にある第3駐車場の機械は、余り駐車する車もないようなので不要ではないかとの質疑がありました。

 これに対して、東側の駐車場は常時満車状態なので、新幹線の乗客がふえている中、第3駐車場はなくてはならないものであり、さらに利用についてPRに努めるとのことでありました。

 次に、10款3項1目学校管理費の中学校管理諸経費の遠距離通学者補助金の内容について質疑がされました。

 これに対して、この補助金は天童二中に通う田麦野の生徒が該当し、往復200円に日数を掛け、保護者負担額を差し引いた残りの額を補助金として交付するものであり、子供たちの乗車に当たっては、回数券での利用を考えているとのことでありました。

 以上、議第26号平成13年度天童市一般会計補正予算(第3号)のうち、所管に属する事項について、採決の結果、全員異議なく可決すべきものと決定した次第であります。以上、当分科会の決定どおり御賛同賜りますようにお願いを申し上げまして、報告を終わらせていただきます。



○淺井健一予算特別委員長 ただいまの報告に対する質疑を行います。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○淺井健一予算特別委員長 質疑なしと認め、終結いたします。



△建設分科会委員長報告



○淺井健一予算特別委員長 最後に、建設分科会委員長の報告を求めます。水戸建設分科会委員長。

  〔水戸 保建設分科会委員長 登壇〕



◆水戸保建設分科会委員長 去る12月13日の予算特別委員会におきまして、当建設分科会に付託になりました補正予算案件につきまして審査いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。なお、内容につきましては、特に話題になったことについて御報告申し上げます。

 初めに、議第26号平成13年度天童市一般会計補正予算(第3号)のうち、所管に属する事項について申し上げます。

 建設課所管の事項につきましては、緊急雇用創出河川敷支障木材伐採事業委託料の内容と方法についてお聞きしたところであります。

 乱川の環境保全のためのニセアカシアの伐採ということで、およそ100人分を計上したもので、緊急雇用創出の趣旨に沿って実質的な雇用に結びつく方法で対応していきたいとのことであります。

 ほかの所管課につきましては、説明を受け了とした次第であります。

 議第26号平成13年度天童市一般会計補正予算(第3号)のうち、所管に属する事項につきましては、採決の結果、全員異議なく可決すべきものと決定した次第でございます。

 次に、議第29号平成13年度天童市都市計画公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)、議第30号平成13年度天童市老野森土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)及び議第31号平成13年度天童市鍬ノ町土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について御報告申し上げます。

 内容は、それぞれ人件費の精査による減額、工事費の精査に伴う増減、補償費などへの振りかえでございまして、説明を受け了とした次第であります。

 以上、それぞれの特別会計につきましては、採決した結果、全員異議なく可決すべきものと決定した次第であります。

 以上、当分科会の決定どおり御可決賜りますようお願い申し上げて報告を終わらせていただきます。



○淺井健一予算特別委員長 ただいまの報告に対する質疑を行います。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○淺井健一予算特別委員長 質疑なしと認め、終結いたします。

 以上をもって各分科会委員長の報告は終了いたしました。



△採決



○淺井健一予算特別委員長 これより採決いたします。

 最初に、議第26号平成13年度天童市一般会計補正予算(第3号)について採決いたします。

 お諮りいたします。議第26号については、各分科会委員長報告のとおり可決すべきものと決定することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○淺井健一予算特別委員長 御異議なしと認めます。よって議第26号については、原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 次に、議第27号平成13年度天童市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)から議第33号平成13年度天童市立天童病院事業会計補正予算(第1号)までの7議案を一括して採決いたします。

 お諮りいたします。ただいまの7議案については、各分科会委員長報告のとおり可決すべきものと決定することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○淺井健一予算特別委員長 異議なしと認めます。よって議第27号から議第33号までの予算議案7件については、各分科会委員長報告のとおり可決すべきものと決定しました。

 ここでお諮りいたします。先ほどの各分科会委員長報告の中で、数字、字句、その他の整理を要するものについては予算特別委員長に委任願いたいと思います。これに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○淺井健一予算特別委員長 御異議なしと認めます。よって、数字、字句、その他の整理については、予算特別委員長に委任することに決定しました。



△閉会



○淺井健一予算特別委員長 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 これで予算特別委員会を閉会いたします。

   午前10時54分 閉会

   予算特別委員長   淺井健一