議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 天童市

平成22年  6月 定例会(第2回) 06月14日−04号




平成22年  6月 定例会(第2回) − 06月14日−04号







平成22年  6月 定例会(第2回)



     平成22年6月14日(月曜日) 午前10時00分開議

        伊藤護國議長     小松善雄副議長

 ●出席議員(22名)

 1番 松田耕一議員   2番 村山俊雄議員   3番 矢吹栄修議員

 4番 狩野佳和議員   5番 松田光也議員   6番 矢萩武昭議員

 7番 山口桂子議員   8番 木村竹虎議員   9番 赤塚幸一郎議員

10番 結城義巳議員  11番 武田達郎議員  12番 後藤和信議員

13番 山崎 諭議員  14番 石垣昭一議員  15番 小松善雄議員

16番 鈴木照一議員  17番 水戸 保議員  18番 小澤 精議員

19番 淺井健一議員  20番 伊藤和子議員  21番 秋葉 忠議員

22番 伊藤護國議員

 ●欠席議員

   なし

 ●出席要求による出席者職氏名

山本信治   市長         鈴木周宏   副市長

小林政俊   総務部長       土屋 信   市民部長

瀧口 廣   経済部長       飯田 豊   建設部長

柏谷 忍   市民病院事務局長   三瓶幸雄   消防長

       総務部総務課長

後藤秀一   (併)選挙管理    新関清市   水道事業所長

       委員会事務局長

沼澤政辰   教育委員長      水戸部知之  教育長

山口 孝   教育次長       結城助一   農業委員会会長

       農業委員会             選挙管理委員会

松田 実              水戸部秀一

       事務局長              委員長

奥山吉行   監査委員       三瓶昭弘   監査委員事務局長

 ●出席した事務局職員

                         主幹兼局長補佐兼

森川敏雄   事務局長       野口忠司

                         調査係長

原田まき子  副主幹兼庶務係長   武田文敏   副主幹兼議事係長

                         庶務係兼

加藤博之   調査係主査      青柳利恵

                         議事係主査

 ●議事日程

 議事日程第4号

             平成22年6月14日(月曜日)午前10時開議

第1 議第7号 天童市職員の勤務時間及び休暇等に関する条例及び天童市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について

第2 議第8号 天童市一般職の職員に対する退職手当の支給に関する条例の一部改正について

第3 議第9号 天童市市営バス設置及び管理に関する条例の一部改正について

第4 議第10号 本市の公の施設の東根市区域内への設置等に関する協議について

第5 請陳第1号 30人以下学級実現、教員賃金改善、義務教育費国庫負担制度拡充を求める意見書の提出に関する件

第6 請陳第2号 選択的夫婦別姓制度の法制化に反対することに関する請願書

第7 議案及び請願陳情の付託

総括質疑通告者

(1) 松田耕一(かがやき)

               議案付託表

                         (平成22年度第2回定例会)



付託委員会
議案番号
件名


総務教育常任委員会
議第7号
天童市職員の勤務時間及び休暇等に関する条例及び天童市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について


議第8号
天童市一般職の職員に対する退職手当の支給に関する条例の一部改正について


環境福祉常任委員会
議第9号
天童市市営バス設置及び管理に関する条例の一部改正について


経済建設常任委員会
議第10号
本市の公の施設の東根市区域内への設置等に関する協議について



               請願陳情文書表(付託表)

                         (平成22年度第2回定例会)



番号
受理年月日
件名
提出者
紹介議員
付託委員会
要旨



22.5.28
30人以下学級実現、教員賃金改善、義務教育費国庫負担制度拡充を求める意見書の提出に関する件
山形県教職員組合山形地区支部
支部長
 設楽隆雄
武田達郎
総務教育
 子供たちに豊かな教育を保障するため、教育予算を国全体として、しっかりと確保・充実させる必要があることから、政府並びに関係機関に対し意見書の提出を求めるもの。



22.5.28
選択的夫婦別姓制度の法制化に反対することに関する請願書
日本会議山形
会長
梅津伊兵衛
秋葉 忠
環境福祉
 選択的夫婦別姓制度の導入に反対するとともに、政府関係機関に対し、選択的夫婦別姓制度を導入する民法改正案に慎重な対応を求める意見書の提出を求めるもの。



 ●本日の会議に付した事件

  議事日程のとおり



△開議



○伊藤護國議長 ただいまから本日の会議を開きます。

 本日の会議は全員出席でありますので、直ちに会議を開きます。

 本日の会議は、議事日程第4号によって進めます。



△議第7号 天童市職員の勤務時間及び休暇等に関する条例及び天童市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について外3件及び請願陳情2件



○伊藤護國議長 日程第1、議第7号天童市職員の勤務時間及び休暇等に関する条例及び天童市職員の育児休業等に関する条例の一部改正についてから、日程第4、議第10号本市の公の施設の東根市区域内への設置に関する協議についてまでの4議案並びに日程第5、請陳第1号及び日程第6、請陳第2号の請願2件を一括上程し議題といたします。



△議案に対する総括質疑



○伊藤護國議長 ただいまから議案に対する質疑を行います。

 通告がありますので、発言を許可いたします。なお、質疑に際しましては、所管事項以外とし、概括的な質疑にとどめてくださるようにお願いをいたします。



△松田耕一議員質疑



○伊藤護國議長 1番松田耕一議員。

  〔1番 松田耕一議員 登壇〕



◆1番(松田耕一議員) おはようございます。

 議第10号本市の公の施設の東根市区域内への設置に関する協議について総括質疑を行います。

 天童市北部工業団地内の下水を処理する施設を、本市が東根市区域内に設置するものでございますが、どのような理由により東根市に設置することになったのかをお聞きいたします。

 続いて、天童市が東根市区域内に設置する施設はどのようなもので、設置経費はどのくらいかかるのか、また設置後の維持管理に要する経費はどれくらいかかる予定なのかお聞きいたします。

 本市の住民等が利用する東根市の公共下水道設備の維持管理に要する経費は、協議することになっていますが、どのようなときにどれくらい負担することになるのかお伺いいたします。



○伊藤護國議長 飯田建設部長。



◎飯田豊建設部長 それでは、松田耕一議員の御質疑にお答えいたします。

 最初に、東根市に設置する理由について申し上げます。天童北部工業団地につきましては、これまでも工業団地組合の総会などにおきまして、下水道整備の要望が毎回出されてきたところでございます。天童北部工業団地の下水道を整備するために要する経済比較につきまして、いろいろ実施してございます。

 工業団地内の下水道施設を整備するには、約1億円程度の経費が予定されているわけですけれども、このほかに接続に要する費用としまして、乱川に水管渠を架設して、本市の下水道施設に接続する場合につきましては、さらに約7億円ほど事業費が必要となってまいります。その一方、東根市の下水道施設に接続する場合には、約200万円の事業費で済むというような試算をしてございます。したがいまして、東根市の下水道施設に接続しまして、応分の維持管理費用を負担したほうが、天童市にとっては費用対効果の面からも一番適切な方法であるというふうに判断させていただいたものでございます。

 次に、2番目の施設の内容と経費についてでございますけれども、天童市が天童北部工業団地の汚水を処理するために地形の関係上、ポンプによる圧送により東根市の公共下水道施設に接続する必要がございます。行政界から約25メートルの区間につきましては、東根市の区域に内径75ミリメートルの圧送管、さらにマンホール及び内径200ミリメートルの塩化ビニール管を設置する必要がございます。

 必要経費につきましては、先ほど説明いたしました約200万円程度というふうに見込んでございます。

 維持管理に要する経費でございますけれども、下水道管渠の耐用年数が約50年というふうにされておりますことから、特殊な環境によりまして劣化等がない限り、約50年後に設置と同様の経費がかかるというようなことで考えてございます。

 次に、維持管理の協議をする時期と内容というようなことでありますけれども、東根市の公共下水道施設を天童市が相互利用する区間としまして、天童北部工業団地の汚水が流入する東根市公共下水道の接続マンホールがございますけれども、こちらから流域下水道の村山処理区の幹線の接続点まで約6,500メートルほどの区間が相互利用する延長というようなことになります。この区間のうち、天童北部工業団地の汚水が流入する地点から約730メートル、この部分を協定対象区間というふうに設定することで、東根市のほうからも理解をいただいているというようなことでございます。

 協定区間につきましては、東根市において昭和63年から平成2年にかけまして整備をしました公共下水道施設でございます。下水道管渠の耐用年数につきましては、先ほどと同様に約50年とされておりますので、今後10年、あるいは30年の間に長寿命化対策等の調査、あるいは更正工事等を行う時点で、こちらに係る経費を流入水量による負担割合で負担するというようなことで考えているところでございます。

 以上でございます。



○伊藤護國議長 松田耕一議員。



◆1番(松田耕一議員) はい、わかりました。

 ほかに今までこのようなほかの市に天童市の下水道とかそういう設備を設置して、そういう設備を利用させていただいているというのがあるのかどうか、また、あればそれに対して何か問題点とかはあったのかどうか。また、なければ、これからそういうようなところを同じように、ほかの市の下水道とかを利用させていただいたほうがいいと思われているところがあるのかどうかをお聞きいたします。



○伊藤護國議長 飯田建設部長。



◎飯田豊建設部長 これまで、今回と同様に他市等の区域に市の下水道施設を設置したというような経過はございません。これからも、こういった特殊な地形によりまして費用対効果を考えた場合に、他市の区域に設置したほうがよいというようなことがあれば、その旨で協議したいというふうに考えてございますけれども、これ以外のところというようなことにつきましては、今のところまだないようでございます。

 以上でございます。



○伊藤護國議長 松田耕一議員。



◆1番(松田耕一議員) 東根市に設置するから東根市のほうに下水道料を払うのかなとかと思っていたものですから、今回お聞きしまして、設置費用200万円だけと。あと維持管理費につきましては、今後、補修、撤去があった場合にお支払いするというふうに理解させていただきました。

 以上で、質問を終わります。



○伊藤護國議長 以上で、松田耕一議員の質疑を終了いたします。

 これで議案に対する質疑を終結いたします。



△議案及び請願陳情の付託



○伊藤護國議長 次に、日程第7、議案及び請願陳情の付託を行います。

 ただいまの議第7号から議第10号までの4議案並びに請陳第1号及び請陳第2号の請願2件については、お手元に配付しております付託表のとおり各常任委員会に付託いたします。

 各常任委員会の審査の経過と結果につきましては、来る6月22日の本会議において、各常任委員長の報告を求めることにいたします。



△散会



○伊藤護國議長 これで本日の議事日程は全部終了いたしました。

 したがいまして、本日はこれで散会いたします。

   午前10時10分 散会