議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 天童市

平成22年  6月 定例会(第2回) 06月11日−03号




平成22年  6月 定例会(第2回) − 06月11日−03号







平成22年  6月 定例会(第2回)



     平成22年6月11日(金曜日) 午前10時00分開議

        伊藤護國議長     小松善雄副議長

 ●出席議員(22名)

 1番 松田耕一議員   2番 村山俊雄議員   3番 矢吹栄修議員

 4番 狩野佳和議員   5番 松田光也議員   6番 矢萩武昭議員

 7番 山口桂子議員   8番 木村竹虎議員   9番 赤塚幸一郎議員

10番 結城義巳議員  11番 武田達郎議員  12番 後藤和信議員

13番 山崎 諭議員  14番 石垣昭一議員  15番 小松善雄議員

16番 鈴木照一議員  17番 水戸 保議員  18番 小澤 精議員

19番 淺井健一議員  20番 伊藤和子議員  21番 秋葉 忠議員

22番 伊藤護國議員

 ●欠席議員

   なし

 ●出席要求による出席者職氏名

山本信治   市長         鈴木周宏   副市長

小林政俊   総務部長       土屋 信   市民部長

瀧口 廣   経済部長       飯田 豊   建設部長

柏谷 忍   市民病院事務局長   三瓶幸雄   消防長

       総務部総務課長

後藤秀一   (併)選挙管理    新関清市   水道事業所長

       委員会事務局長

沼澤政辰   教育委員長      山口 孝   教育次長

                         農業委員会

結城助一   農業委員会会長    松田 実

                         事務局長

       選挙管理委員会

水戸部秀一             三瓶昭弘   監査委員事務局長

       委員長

 ●出席した事務局職員

                         主幹兼局長補佐兼

森川敏雄   事務局長       野口忠司

                         調査係長

原田まき子  副主幹兼庶務係長   武田文敏   副主幹兼議事係長

                         庶務係兼

加藤博之   調査係主査      青柳利恵

                         議事係主査

 ●議事日程

 議事日程第3号

             平成22年6月11日(金曜日)午前10時開議

第1 市政に対する一般質問

 (1)  7番  山口桂子

 (2)  5番  松田光也

 (3) 10番  結城義巳

 (4) 12番  後藤和信

 (5)  3番  矢吹栄修

 ●本日の会議に付した事件

  議事日程のとおり



△開議



○伊藤護國議長 ただいまから本日の会議を開きます。

 本日の会議は全員出席でありますので、直ちに会議を開きます。

 本日の会議は、議事日程第3号によって進めます。

 なお、出席要求による説明員のうち、水戸部知之教育長及び奥山吉行監査委員が欠席でありますので、御了承をお願い申し上げます。



△市政に対する一般質問



○伊藤護國議長 日程第1、市政に対する一般質問であります。

 通告に従いまして、順次質問を許可いたします。



△山口桂子議員質問



○伊藤護國議長 最初に、7番山口桂子議員。

  〔7番 山口桂子議員 登壇〕



◆7番(山口桂子議員) おはようございます。

 会派かがやきの山口桂子です。

 通告に従いまして順次質問してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 初めに、魅力と活力ある産業のまちづくりについて。

 観光テーマ「織田の里」づくりについて。

 天童市には生産高日本一の将棋駒、豊富な果物、そして名湯天童温泉は観光の拠点となっていますが、もっと魅力を高め、交流人口を増すべきと考えます。市として、織田の里づくりをどのように推進していくのか、市長のお考えをお聞きします。

 天童市の豊かな観光資源を十分に生かし、天童に訪れて本当に楽しかった、よかった、また来てみたい、そういうリピーターの人々をつくることが交流人口をふやす最善の方策ではないかと考えます。また来てみたいと思うのはどんな気持ちのときかというと、満足感、幸福感、その気持ちでいっぱいになったときです。これから村山地域7市7町で繰り広げられる広域観光圏で行う事業を通し、広く多くの方から天童のリピーターになってもらうためには、観光案内や観光情報の充実、宿泊施設の魅力の向上も大切な要素です。

 天童には、6月から12月まで、サクランボを筆頭に、桃、ブドウ、リンゴ、ラ・フランスなど、旬の果物が豊富につくられます。地産地消の食材で健康食を提供したり、果物のもぎ取りや食べ放題など、家族で楽しめる体験ツアーも魅力の要素です。これからは心と体が健康になれる旅、そんな旅が一番求められていると思います。

 全国の95%の生産高を誇る天童市の伝統産業である将棋の駒が、平成8年(1996年)4月8日付で経済産業省大臣の告示により、国の伝統的工芸品に指定されました。

 その当時、家老吉田大八は、武士が内職をするなど考えられなかった時代に、「将棋は戦闘を練る競技であるから、武士の面目に傷をつける内職ではない」と、戒めるどころか、かえって奨励し、当時、将棋の駒の製造を知っていた米沢藩の方を招いて、そして将棋の生産の基礎ができ上がったとなっています。

 天童駅から温泉まで1.5キロです。歩いてみると、至るところで歩道詰め将棋や将棋のオブジェの看板、もみじを散りばめた王将と左馬のマンホールのふたなど、将棋を体いっぱい感じることができます。

 先日、久しぶりに会った方から、天童に行ったら町並みがとてもきれいで活気があったね。でも、一つ残念なのは、湯煙が出ているともっと風情があるのにと言われました。天童温泉には駒の湯、天の湯、童の湯の3つの足湯があり、遠方から来た方にも大変好評です。また、倉津川のしだれ桜のライトアップは全国に誇れる美しさです。

 まち行く人からよく目的地の場所を尋ねられます。東本町にある将棋のオブジェの案内板の標識の文字のほとんどが薄く見えないから道を聞かれるのだなと、このごろ改めて看板の維持の管理も十分に気をつけていかなければならないと思いました。

 天童温泉は、明治44年(1911年)に開湯しましたので、来年2011年は天童温泉開湯100周年に当たります。「織田の里」を観光テーマとして掲げているので、ぜひ織田の里のサミットを開催し、まちづくりフォーラムや記念講演、またシンポジウム等をしてみるのもよいのではないかと考えます。

 今、歴女ブームです。ブームに乗って歴女たちが好む縁起のよい駒、例えば武将シリーズなどや織田の里をイメージしたゆるキャラグッズ、また織田の里のブランド化を目指し、ここでしか買えないものを制作してみてはいかがでしょうか。来年2011年のNHK大河ドラマは「江〜姫たちの戦国〜」ということで、織田にゆかりのある江姫を天童の観光につなげていけたら交流人口もふえるのではないでしょうか。

 天童駅周辺の整備は、都市景観の形成に配慮したことにより、建設省の手づくり郷土賞と都市景観大賞を受賞したすばらしい景観ですが、織田の里の顔としての景観づくりはどのように考えていらっしゃるでしょうか。

 次に、メッセ(見本市)の開催についてです。

 天童市には、全国的にも有名な地酒、ワイン、乾めん、木工製品、置駒、地元の作物がたくさんあります。市を中心に、工業、商業、農業の振興を図るために、メッセを開催し、にぎわいのもとをつくるべきだと考えますが、天童市で開催する計画はないでしょうか。

 次に、天童市環境基本計画について。

 市で取り組む省エネ対策と環境教育の推進について、市長のお考えをお聞きします。

 6月は環境月間です。6月4日に県地球温暖化防止県民運動推進大会が山形市で開催されました。そこで、県民、企業、行政などが連携し、地球温暖化防止の県民運動に取り組んでいくことを確信しました。

 県民運動では、家庭を対象に1人1日1キロCO2削減、事業所には2010年までに12%削減を目指し、CO2自主削減計画の策定を働きかけています。家庭のアクション、電化のアクション、エコドライブアクション、そして地産地消アクションなど、県民一人ひとりが積極的に参加できるように登録制度が設けてあります。天童市でも、市民一人ひとりがこれに積極的に参加できるように促していかなければなりません。

 天童市では、地球温暖化が社会問題になる中、平成12年3月、天童市環境基本条例が制定されました。その前文で、「天童市民は、緑豊かな恵まれた自然と、先人が築き上げてきた歴史と伝統を継承し、快適な都市環境の形成を目指して、まちづくりを進めてきた。私たちは、良好な環境を享受し、健康で文化的な生活を営む権利を有するとともに、次の世代により良い環境を引き継ぐ責務を負っている。身近な環境を守るためには、本市にかかわるあらゆる人々が協力し合い、地球的視野に立って自然と共生する環境にやさしい生活文化を創造していかなければならない」とあります。

 最近、エコポイント、エコカー、エコリフォーム、エコライフなど、エコという言葉が頻繁に使われるようになりました。地球温暖化を防止するには、私たちの生活を見直し、CO2排出を減らすことが大切です。

 身近な地球温暖化対策として、家庭では、マイバッグを持ち歩くことは常識となりました。冷暖房温度の設定など、例えば冷房温度は1度高くして28度、暖房温度は1度低くして20度、温度調節の工夫をしたりしています。また、お風呂の残り湯を洗濯に使い回すことも多いと思います。簡単な環境家計簿をつけて、地球にも家計にも優しい生活を実行している市民が少しずつふえつつあります。それだけ一人ひとりの地球温暖化対策の意識が高まっているということです。

 そこで、まず、市役所、公民館、学校等で公共施設の照明器具をLEDにするなど、省エネ対策をどのように進めていくかです。

 近年、社会ニーズの影響もあり、LEDの用途はますます広がっており、家庭や企業でも、蛍光灯タイプや電球タイプが製品化され、導入が進んでいます。LEDは、省エネ性に優れているため、温室効果ガスの抑制に特に効果があります。また、単にコスト削減という面だけでなく、環境に熱心な企業というイメージアップにもなり、実施している企業もふえつつあるようです。

 公共施設における照明器具を徐々にLEDにかえることにより、市役所に訪れる市民の省エネ意識が高まるのではないでしょうか。

 次に、学童保育所での太陽光発電の実績を踏まえ、今後そのほかの施設にも拡大する考えはあるのかをお聞きします。

 最近、太陽光発電システムの広告をよく見かけるようになりました。CO2を全く排出せず、環境に優しい太陽光発電、山形県では、天童市を始め、10の市町村で助成制度を導入しています。太陽光で発電し、家庭で使用して余った電気の買い取り価格が2倍になったこともあり、マイホームの設備を導入するケースがふえています。

 今回、天童中央第三、天童南部第二、長岡よつば第二の3カ所の放課後児童クラブの建物に太陽光発電システムを整備しましたが、電気消費量の効果、実績はどうなっているでしょうか。

 先日、夢をかなえて宇宙に行った山崎直子さんのインタビューに大変感動しました。その内容は、「私は、小学校の理科の授業で、私たち人間をつくっているのは酸素、水素、窒素といった元素で、それが星をつくっている成分とほぼ同じであることを知ったときに、すごくびっくりしました。夜空の遠くに見える星と私たちが同じものでできているということは、人間は星の兄弟であり、宇宙の一部なんだなと気づいてとても感動し、宇宙に親近感がわいてきました」というインタビューです。青い地球がいつまでも輝く星でありますように、環境の大切さを子供たちに伝えていかなければならない。今、私たちができること、一人ひとりが真剣に考え実行していくことです。

 これからの地球環境保全のためには、環境に対する意識を高めなければなりません。学校教育の中で、親子環境教室や新エネルギー教室の開催への取り組みが重要と考えますが、どのように推進していくのでしょうか。

 また、天童商工会議所女性会では、マイはし運動、小学校環境・ごみ問題作文絵画コンクール、また連合婦人会の環境部を中心には、ペットボトルのキャップ集め、キャップ800個でポリオワクチン1人分です。書き損じはがきや使用済みのインクカートリッジを回収する国際協力、このようにどんどんとエコの輪が広がっています。

 みずから取り組むエコの活動が重要と考えます。小・中学生によるエコクラブ活動はどのようになっているでしょうか。

 こどもエコクラブでは、幼児から高校生までだれでも参加できるクラブです。2人以上の仲間と活動を支える大人を集めてクラブを結成し、登録します。全国の登録クラブ数は884クラブ、メンバー数は3万3,852人です。自然観察、調査やリサイクル活動など地域の中で身近にできる地球に優しい活動を自分たちで考え、できる環境活動に自由に取り組む。活動したら報告書を市町村のこどもエコクラブに報告する仕組みになっています。

 以上、1回目の質問といたします。よろしくお願いします。



○伊藤護國議長 山本市長。

  〔山本信治市長 登壇〕



◎山本信治市長 おはようございます。

 山口桂子議員の御質問にお答え申し上げます。

 初めに、魅力と活力のある産業のまちづくりについての観光テーマ「織田の里」づくりについて申し上げます。

 本市では、天童織田藩や織田の里をテーマとした観光振興に取り組んでおります。具体的には、1月の将軍家献上寒中挽き抜きそばの賞味会の開催、人間将棋の開催にあわせ、駅前から会場まで「織田の里」ののぼり旗の設置などにより、市内外に対して積極的にアピールしてまいりました。

 今後は、本市の市街地に点在する天童織田藩ゆかりの歴史・文化施設をめぐる織田の里に視点を置いた散策マップを積極的に活用することや、舞鶴山山頂広場について、人間将棋の臨場感が感じられるような施設等の整備を行いながら、観光客や市民が散策を通して、織田の里の歴史を感じることのできるような魅力をつくり出していきたいと考えております。

 さらに、天童織田藩や織田の里をモチーフとした食を始め、名産品などの開発について、関係団体へ働きかけを行い、本市の観光テーマである「織田の里」づくりを進めていきたいと考えております。

 次に、メッセ(見本市)の開催について申し上げます。

 過去におきまして、平成12年10月に、天童商工会議所工業部会と山形県将棋駒協同組合の主催で、天童市産業展を市スポーツセンターにおいて開催し、同時開催の将棋駒まつりのイベントとあわせ、市内企業の製品と技術を広く発表する場を設けました。しかし、市内企業が製造しているものがそのまま完成品として店頭に並ぶことは少なく、市民を対象とした産業展では効果が薄いとの反省意見が多かったこと。また、製品の展示が体育館であったため、製品によっては重量の関係で出展をお断りしなければならなかったこともあり、それ以降は開催しておりません。

 企業を対象とした産業展や技術展は東京都で毎年定期的に開催されておりますが、出展等は各企業の判断にゆだねているのが現状であります。そのような経過から、現時点においては、本市1市のみの産業展の開催は、場所、効果等の面からも困難な状況であると考えております。

 次に、天童市環境基本計画についての市の取り組む省エネについて申し上げます。

 公共施設における次世代照明器具の導入については、環境への負荷低減効果が見込まれるものの、設置等の初期費用が高額となるため、費用対効果を考慮しながら、修繕時に合わせて試行的に切りかえてまいりたいと考えております。

 現在は、クールビズ等による室内温度の適正化や不要な照明の消灯、低公害車の導入や燃料費の削減等に取り組み、市としてもより一層省エネルギー対策を推進しているところであります。

 また、太陽光発電システムについては、平成21年度に学童保育3施設に導入をしており、平成22年度には市立保育園4施設に設置を予定をしております。消費電力の削減効果については、本年度4月分から類似施設との比較が可能となりますので、今後その実績を分析し、冬期間を含めた年間の導入効果について検証する考えであります。

 このため、今後の導入については、今回の学童保育所での効果を見きわめ、費用対効果を考慮しながら判断をしてまいりたいと考えております。



○伊藤護國議長 沼澤教育委員長。

  〔沼澤政辰教育委員長 登壇〕



◎沼澤政辰教育委員長 山口桂子議員の御質問にお答え申し上げます。

 天童市環境基本計画についての環境教育の推進について申し上げます。

 地球環境を守っていくためには、人々の環境に対する意識を高めていかなければなりません。特に、環境を大切にする心を子供のころから育てるために、学校教育が果たす役割は極めて大きいと考えております。

 教育委員会では、天童市環境基本計画に基づきまして、「きらり天童・学校エコプラン」を策定し、各小・中学校の環境教育を推進しております。また、各学校の環境教育担当者会を開催して、環境学習の実践発表会を行っておりますが、総合的な学習の時間での取り組みや地域と一体化した活動などが発表されております。

 そのほかに、児童会や生徒会の活動として、アルミ缶リサイクル、ごみ減量運動、地域の清掃活動などに取り組んでいる学校もあります。こうした活動を家族とともに行うことが、家庭で環境について考えるきっかけにもなっているようであります。今後も、親子環境教室や新エネルギー教室など、各学校が必要に応じて活用できるように支援してまいりたいと考えております。

 こどもエコクラブについてでございますが、幼児から高校生までならだれでも参加できる環境活動クラブであり、身近にできる地域環境や地球環境などの学習や実践活動に自主的に取り組んでもらおうというものであります。

 市といたしましては、これまで国・県の関係機関との窓口となって、活動に必要な情報などの提供を行ってきたほか、市独自の取り組みとして、活動で使用する環境学習器材の現物支給を行ってきたところでありますが、関係団体への周知がまだまだ十分でないととらえております。

 今後、子供たちの環境に対する高い意識をはぐくむためにも、市内各小・中学校や市立公民館などに対して、こどもエコクラブに対する理解を深めていただきながら、登録の働きかけを積極的に行ってまいりたいと考えております。



○伊藤護國議長 山口桂子議員。



◆7番(山口桂子議員) 答弁ありがとうございました。

 それでは、一つずつ再質問させていただきます。

 いろいろ調べてみますと、天童織田藩の陣屋跡が田鶴町にありまして、田鶴町の公民館のところに確かにあります。ただ、民家と混在していまして、何かとてももったいないぐらいの歴史のあるものと、公民館の何か自主防災会のそのもの等いろいろ置いてありまして、何か見たときに、もっともっと前から織田のこの陣屋跡を確保して、例えば京都の町屋のようにしていたら、まだまだすごいものだったんじゃないかなと思いながら質問させていただきます。

 先ほど、織田を中心にしたマップをつくるということで、天童市で一番新しくつくったこのマップを私も見まして、散策してきたわけですけれども、この天童織田藩陣屋跡とか、そこに連なる織田の三宝寺も御霊屋になっていますし、そこからずっとカヤぶき屋根がありまして、珍しくすごい幅の広い道路になっていて、そして陣屋跡がある。

 ただ、ほとんど何か寂しい感じで、確かに教育委員会の看板はあったんですけれども、織田の里づくりと掲げた以上は、歴史に興味ある方は多分こういうところに足を運ぶと思いますので、先ほどあったマップだけではなくて、天童の桜まつりのときの人間将棋のところにつくるものではなくて、本当にこの織田の陣屋跡をもっと整備をしていく考えがあるのかどうかお尋ねします。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 今の田鶴町近辺の織田の陣屋跡の件の整備ということですけれども、これは民家と混在しているというようなお話がありました。

 そういうようなことですので、整備するということになりますと、いろいろとそういう部分での問題もあろうかと思うんですけれども、まずは、先ほど申し上げましたように、織田の里というようなことの散策マップをつくるということなんですけれども、天童の織田藩と考えた場合、やはり私どもの将棋の駒というものとの関連が非常に大きいということですので、この辺のものと一体とした部分というのが大事なんだろうと思っています。

 実は昨年、私、小牧の織田サミットに行ってまいりましたけれども、他の市町においては信長つながりが非常に強いんですね。私どもは織田藩の流れの中で、信雄ですか、その流れの中で天童織田藩というのがあるわけでありますけれども、そういうようなことを考えますと、いろいろと他の織田藩とサミットの中での部分が違うところがありますけれども、我々のところは、先ほど議員が言ったように、将棋駒の由来のとおり、兵法に優れた戦術のゲームであるというようなことで、家老の吉田大八が奨励したということになっております。そういうことでありますから、将棋駒との一体化したつくり方、また陣屋の整備ということですけれども、その辺のことはなかなかちょっとこの場で御返事するということは難しいんですけれども、とりあえず、将棋駒と織田藩という部分での新たな観光の発信の仕方というものをまだまだ研究していく必要はある、こういうことは十分認識をいたしております。



○伊藤護國議長 山口桂子議員。



◆7番(山口桂子議員) 引き続きまして、もう少し織田の里づくりについてお聞きします。

 先ほど市長のほうから信長サミットの件が出ました。参加している市町村は愛知県、岐阜県、福井県、滋賀県、群馬県ということで、本当に日本地図を見て矢印を書いた場合、ぽんと山形の天童市にゆかりがあるということで、すごいことだなと思います。

 平成14年10月に天童市でもこの織田サミットが開かれているんですけれども、来年は多分、名古屋も加わりましたので、違うところでだと思うんですが、順番が決まっているのかどうかわからないんですけれども、2年に1回のこの織田サミットを、向こうの地域の人をぜひ連れてきて、交流人口をふやすということで、サミットを開いていただきたいななんて思っているところです。

 それから、天童の将棋の駒は、伝統的工芸品ということで、伝統工芸品と違いまして、伝統的工芸品は山形でも5つのものしかありません。置賜のつむぎと,山形鋳物と,山形仏壇という感じで、これは大変将棋関係の方が苦労されて伝統的工芸品にされたことも書いてありました。

 そこで、山形県の物産展が東京の池袋でちょうど7月23日から8月4日、山形県展がちょうど開かれることになっており、市長がトップセールスマンというのであれば、ぜひこういう機会をとらえて、来てもらうだけでなく、東京のそういう伝統工芸品展とかにはぜひ行っていただいて、天童の将棋を広げていただきたいなと思っているところです。

 それから、この伝統的工芸品になったことで国からの予算も出て、先日、商工会議所の会報にも出ていましたけれども、書き駒講座ということで、ちょうど6人の方が5年間、書き駒の書き師になるために勉強されるということなんですけれども、昔であれば、当時は、小学校3年生から4年生の子供さんが、放課後夜9時まで、手習いとして書き師のお手伝いをしたという歴史もあります。この本物の書き師になるには、まず5年、そして本当に名手と言われるには10年以上かかると言われているこの講座です。これを教える方はやはり年々年をとっていくわけで、そういうものをきちんと把握して伝統を受け継いでいかないと、大事な駒の書き師もいなくなるので、その辺もきちんと講座をやっていただきたいなと思っているところです。この件について何かございましたらよろしくお願いします。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 最初の物産展等々のPRの参加でありますけれども、もちろん一緒になってトップセールスをやってまいりたいと思っております。来週、サクランボのセールスをやってまいります。それと同様に、将棋駒と同時に、織田の里というつながりも含めて頑張っていきたい、こういうふうに思っております。

 それから、書き駒の今後のこの技術の伝承という部分だと思いますけれども、大変危惧をしております。やはりそれなりのものになるには相当の年月も必要ですし、また、指導なさっていただいている方たちも年々高齢化していくということも承知しております。この辺は皆さんといろいろ御相談しながら、本市の大事な発信である将棋駒でありますので、何としても絶えるというようなことがないように、営々と続くような組織づくりというのは大事だと思っておりますので、十分配慮させていただきたいと思います。



○伊藤護國議長 山口桂子議員。



◆7番(山口桂子議員) ありがとうございました。

 続きまして、メッセについてもう少しお聞きしたいと思います。

 メッセのほうは、部分のものをつくっているということで、完成品でないので、なかなか人を見つけられなかったということでした。

 実際にメッセという形で商品を並べたり見てもらったりするのではなくて、先日、大和郡山市に経済のほうで視察に行ったわけですけれども、大和郡山市、ここであれば、天童市を元気にしたい人、それは温泉で元気にしたい、食事で元気にしたい、農業で元気にしたい、いろんなもののアイテムで元気にしたい人がいると思うんです。そういう人を集めて、住民とか企業とか、市役所はもちろん、あと学校、教育関係、工業高校なんかもありますので、そういうものを一堂にして、そういう元気にする人たちが集まる場の提供とか、そういうものは考えていないでしょうか。物を展示するとかではなくて、人がメッセみたいになると思うんですけれども、その辺の方向性とか考えとかはございませんか。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 メッセの件でありましたけれども、そうでなくて、そういう元気な方たちを一堂に会して何かできないものかというような趣旨の御質問だと思いますけれども、もちろん市内にはそれぞれ天童に思いを込めてそう思っている方はたくさんいらっしゃいます。私も、個々には多くの方々からいろいろ御意見、後提言をいただいております。そういう機会があれば、会をわざわざということでなくても、ぜひそんなことができるような機会があれば、もちろんそういう方向でいろんな方々からお話を聞く機会というのは設けられれば幸いだと思っております。



○伊藤護國議長 山口桂子議員。



◆7番(山口桂子議員) ありがとうございます。

 それでは、LEDについて確認なんですけれども、確かに器具のほうを交換しなければいけないので、どうしてもなかなか踏み切れないところはあると思うんですけれども、電気代のこととかを考えると、かなり安いことは皆さん御存じですので、やはり新しく建てる一中とか、そういうところでの取り組みの方向性なんかを聞いておきたいと思います。お願いします。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 今、LEDのほかに、省エネ型照明、こういうものも非常に効果的だという、机上での計算なんですけれども、実は私の手元に今回つくっていただいたのを持ってきております。そうした場合、もちろんLEDは今非常に話題になっておりますけれども、ただ、皆さん御承知のとおり、初期投資という部分が大きくかかります。そういうようなことですので、ある程度やはりこれは考えていかなきゃいけない、こういうことですから、先ほど第1回目の御答弁で申し上げましたように、基本的な考え方はそういうようなことだと思います。

 今、具体的に一中ではどうするんですかというような質問ですけれども、この辺もまだ具体的にそういう部分でどうするということを検討している段階ではないと思いますけれども、一つのテーブルに上げる材料にはなるんだろうとは思いますけれども、今後、LEDに限らず、省エネ型のこういうものに関しては、やはり積極的に取り組んでいく必要があると思います。その中で初期投資との比較対照という部分が必ずついて回りますので、その辺も十分に検証しながら、精査しながら進めていくと、こういうことだと思っております。



○伊藤護國議長 山口桂子議員。



◆7番(山口桂子議員) ありがとうございます。

 1つお聞きしたいんですけれども、よく自分の家の東北電力の伝票なんかは毎月確認しまして、それだと昨年の電気量とかも出ていて、去年より使ったとか、みんなでこういうふうにしたから少し安くなったねとかというのが普通の家庭だと思うんですけれども、市役所のほうの電気代は、多分いろいろ分かれているので、一月幾らだとかというのはなかなかつかめないとは思うんですけれども、つかめないと、本当に削減したのかとか、努力したことが結果に出たのかとかわからないので、一応そういう意味でつかんでいるのかということを教えていただきたいです。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 その辺のつかんでいるかどうかについては係のほうから答えさせますが、実は、ここに議会事務局、先ほど言ったような照明器具にした場合のコスト計算が出ているんです。そうしたら、議会には6台があるんだそうです。これは議会事務局です。これでは年間の電気料が2万8,135円ということが出ておりますので、恐らくそれぞれわかっているんじゃないかと思いますが、それはちょっと定かではないので後で答えさせますけれども。

 そうした場合、仮に省エネ型照明をしますと1万7,543円、それからLEDですと1万8,536円と、こういうことなんですね。それから、寿命がLEDは4万時間、それから省エネが1万8,000時間とか、既存のあれが1万2,000時間と、それぞれ出ているんですが、間違いなく、例えば環境対策にいいものはやはりLEDですし、あるいは省エネ型ですし、そういうようなことを個々に精査をしていくということであります。

 直接お尋ねのそれぞれの場所の電気料金はどうかということは、係のほうから答えます。



○伊藤護國議長 小林総務部長。



◎小林政俊総務部長 お答え申し上げます。

 電気料につきましては、各施設ごとに毎月請求いただいてお支払いをさせていただきますので、したがいまして、1年間を見ますと、全体の電気料等についての数字は把握することはできます。

 以上です。



○伊藤護國議長 山口桂子議員。



◆7番(山口桂子議員) ありがとうございました。

 それでは、教育委員会のほうで質問させていただきます。

 先ほどエコクラブのことで、大変進めていただけるということで、ありがたいお言葉をいただきましたので、ぜひいろいろな場面で取り入れていただきたいと思うんですけれども、わざわざの事業とかそういうことではなくて、日々の生活の中で取り入れていけば、結構子供たちは純粋ですので、意外と興味を持って、発明家につながったりとか、そういう楽しみもあるのかなと思っているところです。

 それで、子供を持つお母さんの声としましては、毎年、夏休みに自由研究とか、理科の研究とか、工作とかは行われているんですけれども、そういうところのテーマをエコを取り入れたそういうテーマに、強制はできないんですけれども、そういうのをして、どうしてもグランプリとか1等とかあるとは思うんですけれども、そういうものを市報とかに載せて、子供が考えるエコはこういう自由研究があるなというのを広く市民の方に見せていただけるなんていうこともあるのかなと思いますけれども、その辺が1つと、あと、少人数でも興味があれば子供たちはできるんですけれども、それをサポートする大人の方がいるかということだと思うんです。

 そこで、PTAの方とか、そういう方でも深く環境のことが詳しい方もいますので、すべてが学校の先生というわけではないですので、そういうことで、どのようにお考えか。お願いいたします。



○伊藤護國議長 沼澤教育委員長。



◎沼澤政辰教育委員長 ただいまいろいろ御指摘いただきまして、大変ありがとうございました。

 と申しますのは、それぞれの地区で、例えば公民館主体で川の水質検査をしているとか、そういういろんな活動をやっているわけですね。あるいは今御指摘ありましたように、夏休みで環境にかかわるような研究を何人かでやるというようなこともありますよね。

 このエコクラブの場合ですと、非常に自由と言うとちょっと語弊があるかもしれませんが、そういうふうに、やろうよ、しているの、じゃ、エコクラブとして指導者を置いてちょっとやろうか、そういう言ってみれば気軽にというんでしょうか、考えてやっていくというところに大きな意味があるんだろうなと思います。

 そういう素地は学校なりあるいは公民館の活動の中にたくさんありますので、ただ、先ほどお答え申し上げましたように、これはまだまだ周知徹底していない部分がありますので、市の環境関係の方々とも連絡をとりながら、その辺を大いにアピールしていきたい。そうしますと、素地があるだけに、推進できるのではないかと、このように考えておるところでございます。



○伊藤護國議長 以上で、山口桂子議員の質問を終了します。



△松田光也議員質問



○伊藤護國議長 次に、5番松田光也議員。

  〔5番 松田光也議員 登壇〕



◆5番(松田光也議員) 政和会、松田光也でございます。

 通告に従いまして質問をさせていただきます。

 昨年9月、国民の期待を背負った歴史的な政権交代でありました。その後、鳩山政権の支持率も当初の71%から20%を切ってしまい、6月2日、ついに鳩山首相は、普天間飛行場の移設問題、また政治と金の問題の責任をとり、潔く辞意を表明いたしました。そして菅 直人新首相が誕生しました。

 しかしながら、政治資金問題、高速道路の無料化、沖縄の米軍基地問題、ガソリン税、国防、経済、消費税、福祉、子育て支援、その他選挙公約に掲げたマニフェストの実行など、どれをとりましても問題山積であります。選挙のたびに政策内容が、耳ざわりのよい言葉を述べていては信用されなくなってしまいます。国民も何を信じてよいのかわからない状況ではないでしょうか。また、自民党も相変わらず国民の支持率がふえず、今後の国の行方が心配であります。

 資源の少ない我が国がこれまで発展してきたのは、教育だと思います。子供たちに夢のある、希望の持てる豊かな教育環境と正しい方針を示すことは、政権がかわっても変わらないでいただきたいと思うところであります。

 今後、ますます国際化が進んでいく中で、若い方にはどんどん世界で活躍をしていただきたい。しかし、日本古来のものを知らずにいては、真の国際人にはなり得ないと思っております。

 中学校で武道の学習を通じ、我が国固有の伝統と文化に触れ、これを尊重する態度を養うことはとても大切なことと思っております。中学校保健体育で武道必修化が男女とも平成24年度より完全実施になりますが、本市の武道教育体制につきましてお伺いいたします。

 私も、剣道そして居合いなどを現在もやっております。近ごろは以前と比べまして、子供たちの剣道人口が大変少なくなっております。

 この間、6月6日に天童市総合体育大会剣道競技を見てきました。驚いたのは、小学校の参加者は男女合わせて天童市内30名、20年前の7分の1であります。中学校の参加も男女合わせて48名、以前の4分の1ほどと少なくなっておりました。

 そんな折に、教育基本法の改正で学習指導要領が改訂され、中学校の武道が平成24年から必修になれば、武道振興にとって追い風になり、広く武道に対する理解が浸透していくのではないかと期待しております。

 武道教育は、昭和20年の敗戦の後、占領軍から武道に対する激烈な取り締まりと弾圧を受けました。武道関係者の熱心な武道の教育活動によって、その後、昭和33年に学校教育に復活しました。しかし、その後も武道の名称が使われませんでした。格技という名称でありました。平成元年に指導要領の改訂でようやく武道の名称が復活し、今回の改訂で武道教育の必修化となりました。

 近年、数々の無差別殺人、利己主義的な事件など他人の存在を踏みにじる事件が続発しております。武道教育を通じて他者を重んじる精神やみずからの心を律する態度を養うことで、戦後日本を席巻している個人主義を正す一つの大きなきっかけになると期待しております。

 教育の目的は、人格の完成、また個人の尊厳などの理念は変わっておりません。そして、新たに盛り込まれたものは、公共の精神の尊重、我が国の伝統と文化の継承であります。

 目標としては、伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛すとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うことという項目が、今回の武道教育の必修化が生じた源であると聞いております。

 学習指導要領は、子供が身につけなければならない最低基準ではなく、すべての学校の教師がすべての子供を指導すべき基準として、誤解のないようにしなければならないとされております。

 そこで、本市中学校の武道教育の完全実施に向けた取り組みについてでありますが、24年度より武道教育必修化をするに当たって、まずは新学習指導要領に対応した計画の策定と中学校武道教育に基づく指導教員の確保について検討を急ぐべきと思いますが、どのように考えておられるのか。

 また、そのために、武道科目の選定につきましても早々に検討・協議すべきことではないかと思います。24年度から実施に向けて、具体的な策定はいつごろまでにできるのかお伺いしたいと思います。

 次に、限られた授業時間の中で、学習指導要領の初期段階の目標を達成するためには、専門的な部分の教育や基本的な部分を実際に見たほうが早く子供たちには理解できるのではないでしょうか。そのため、地域の武道指導者と体育担当教員が連携した指導のもと、武道教育の充実した授業が必要と思います。地域連携推進協力者会議の設定についてはどのように考えておられるのかお伺いしたいと思います。

 次は、プロスポーツのまち天童のPRについてお尋ねいたします。

 第六次天童市総合計画では、生き生きとした人をはぐくむまちづくりを目指し、市民みんなで親しむスポーツの振興の基本構想が掲げられました。

 本市は、県内でも断トツ、スポーツ環境に恵まれているまちであります。充実した施設、環境が整備され、さらに、サッカー「モンテディオ山形」、プロ野球「東北楽天2軍」、バレーボール実業団「レッドウィングス」の本拠地であり、さらに本市出身のプロ野球、栗原健太選手、またオリンピック選手なども活躍しております。本当に自慢のできるまちであるなと思っております。

 商店街では、スポーツの応援のために、商店みずから出資してPRをしております。しかしながら、本市ではこれだけプロスポーツがありながら、本市独自のPRが足りないのではないでしょうか。県外から来た方も、プロスポーツ関係がこんなにあることを気づいておりません。駅前や国道など目立つ場所に、文字だけではなくて、写真入りの大型看板を設置してはいかがでしょうか。PRにつきまして市長の考えをお伺いしたいと思います。

 次に、市民のスポーツ振興につきましてお伺いいたします。

 文科省のスポーツ振興基本計画では、国民のだれもがそれぞれの体力、年齢、技術、興味、目的に応じて、いつでも、どこでも、いつまでもスポーツに親しむことができる生涯スポーツ社会の実現を目指しております。その目標として、できる限り早期に成人の週1回以上のスポーツ実施率が50%となることを目指しております。

 本市の基本方針では、市民1スポーツを目指し、生涯スポーツの振興に努めております。本市が、17年度、成人スポーツ、成人の週1回以上のスポーツ実施率は28.1%であります。県平均27.7%より0.4%上回っております。しかし、16年度調べによる全国平均38.5%からははるかに少ない結果が出ております。

 高齢化が進んでいく現状の中で、健康を保ちながら生活できることは、本人はもとより、御家族の幸せはもちろん、本市にとっても医療費負担軽減に大きく寄与するものであります。市民の健康・スポーツ参加は大変重要な取り組みであると思っております。

 本市は、成人の週1回以上のスポーツ実施率が全国平均より低い数値が出ているのを見て、健康・スポーツ日本一を目指している天童にとって、どこよりも積極的にスポーツ実施率の向上に努めなければならないのではないでしょうか。生涯スポーツ社会の実施に向けた取り組みを急ぐべきと思います。市長のお考えをお伺いいたします。

 また、本市は、今後すべての中学校学区単位で総合型地域スポーツクラブ設立を推進しております。市民のクラブについての認知度が多少低いのではないかと危惧しております。

 総合型地域スポーツクラブ設立計画では、21年度、三中学区のあかねエンジョイクラブを立ち上げ、その後、中学校学区単位で毎年1クラブをふやして、24年度まで4つの総合型地域スポーツクラブができる計画になっております。

 昨年、教育委員会から天童市のほうに文化スポーツ課を移行して、総合型地域スポーツクラブを積極的に推進するために行いましたが、しかしながら、22年度は新しい総合型クラブができておりません。このままではなかなか前に進んでいかないのではないかと危惧をしております。

 中心になる各地域の体育指導者の育成は大切であります。しかし、縦割り体制だけなくて、横断的な協力体制がないとなかなか難しいのではないでしょうか。学校、公民館、そして地域の方々の理解と協力をいただくことが大変重要なことと思っております。地域に根差した総合型地域スポーツクラブの推進と市民への理解、周知を今後どのように図っていくのか、市長の考えをお伺いして、1回目の質問とさせていただきます。



○伊藤護國議長 山本市長。

  〔山本信治市長 登壇〕



◎山本信治市長 松田光也議員の御質問にお答え申し上げます。

 初めに、プロスポーツのまち天童のPRについての本市出身のプロ選手や地元のプロチーム等の大型写真入り看板を設置すべきではないかについて申し上げます。

 本市は、ホームタウンスポーツの推進を目指し、平成17年11月にホームタウン天童推進協議会を組織しております。この協議会は、市内約90団体で構成し、市内のプロ・実業団チームを支援するとともに、市民や各種団体、企業などとの交流を進め、試合に際しては、市民応援デーを設定して、市民挙げて応援を行うとともに、本市の物産や観光をPRするなどの活動も行っております。

 また、地域で自発的に組織されるモンテディオ山形応援隊や、商店街が取り組むアウェーサポーターへのおもてなし事業など、市民の手づくりの応援やおもてなしが本市から全国に発信され、天童ブランドのPRに大きな波及効果を生んでいくものと期待しております。

 御提案の国道や駅前に大型看板を設置することについては、県屋外広告物条例の規制に加えまして、肖像権の問題等の課題が多く、市が大型看板を設置する考えは現在のところありません。

 現時点では、地域や市内に大きな広がりを見せるホームタウン天童推進協議会の活動や市民の手づくりの応援、おもてなしの取り組みを育てながら、本市のプロスポーツを全国にPRしていきたいと考えております。

 次に、市民のスポーツ振興についての成人のスポーツ実施率の向上について申し上げます。

 成人の週1回以上のスポーツの実施率については、本市が天童市スポーツ振興基本計画の策定のため平成17年に実施したアンケート調査と、国が毎年実施している体力・運動能力調査の平成16年度版によれば、全国平均は38.5%であったのに対しまして、本市の場合は28.1%と、全国平均と比較して低い数値であったことを謙虚に受けとめ、今後とも生涯スポーツのさらなる推進を図っていくことが必要であると考えております。

 具体的な施策としては、まず1つ目には、幼少期におけるスポーツの経験が成人になってからもスポーツを続けていく大きな動機づけとなっていることから、幼児・少年層に対するスポーツの普及強化を図ってまいりたいと考えております。

 2つ目は、だれでも、いつでも、どこでもスポーツができる環境づくりを進めるために、地域の盛り上がりと連携しながら、総合型地域スポーツクラブの設立を推進してまいります。

 3つ目は、見る、支えるスポーツの推進であります。本市には3つのプロ・実業団チームの本拠地があり、他市に例を見ない恵まれた環境にあります。そうした地の利を生かし、チームの情報を市民に提供することで試合会場に足を運んでもらい、一流のプレーを楽しむことでスポーツに対する意識の高揚、ひいては成人のスポーツ実施率の向上につながることを期待をいたしております。

 次に、総合型地域スポーツクラブ推進について申し上げます。

 現在、昨年3月に設立されましたあかねエンジョイクラブが三中学区で活動しております。会員数は約80名で、徐々に拡大しつつありますが、自立した運営ができるまでには至っておりません。市では育成補助金として1年で80万円の補助を行っており、設立から3年間にわたって支援を行っていく予定であります。

 他の3つの中学校学区については、市体育指導委員や各地区の体育指導員と連携を密にし、スポーツの体験教室の開催などを通し、総合型地域スポーツクラブへの関心を高め、理解を深めていただきながら、地域の盛り上がりにあわせて設立を図ってまいる考えであります。



○伊藤護國議長 沼澤教育委員長。

  〔沼澤政辰教育委員長 登壇〕



◎沼澤政辰教育委員長 松田光也議員の御質問にお答え申し上げます。

 初めに、中学校の武道教育の完全実施に向けた取り組みについての武道教育の計画策定と指導教員の確保について申し上げます。

 平成24年度から中学校1・2年の保健体育の授業において必修となる武道教育は、松田議員御指摘のとおり、日本の伝統や文化を尊重する態度を養うとともに、みずからを律し、相手を尊重する豊かな人間性を培うことをねらいとしております。

 各中学校においては、このような武道教育のねらいのもとに、学校や生徒の実態を踏まえて、剣道、柔道、相撲のいずれか1種目を選択し教育課程を編成するよう準備が進められております。各学校の教育課程は校長が編成することから、新学習指導要領のねらいが各学校において十分に理解され、適切に教育課程が編成されるよう今後とも指導してまいります。

 次に、地域の指導者との連携について申し上げます。

 現在のところ、各中学校においては、地域の実態や武道教育の必修化のねらいを踏まえて、履修する種目を検討している状況であります。これまでの武道教育の成果と課題に基づき、他の種目や教科と同様に、地域指導者をゲストティーチャーとして招くなど、適切な武道教育の指導体制が確保できるように、各中学校の教育課程の編成状況を把握しながら支援してまいりたいと考えております。



○伊藤護國議長 松田光也議員。



◆5番(松田光也議員) ありがとうございました。

 それでは、再質問をさせていただきます。

 初めに、武道教育のほうから質問させていただきます。

 ただいまの答弁ありました24年度と申しますと、来年度にはほとんどきちんとした形の目標、それから、武道に対してどういうふうに進めて教育をするのかというものが完全にできていないと、24年度からはできないのではないかというようなことを思っております。

 武道の中で、先ほど答弁の中には、各学校の校長先生のほうに考えがあれば、それによって方針が決まるというふうなお話も聞いておりました。ただし、その学校学校でのいろんな特徴があると思います。その地域では相撲が盛んであったり、または剣道が盛んであったり、柔道が盛んであったりというふうなことで、地域性も非常に大事ではないのかなというふうに思っております。

 そういうふうな中で、それぞれの中学校において、武道科目、これを決める一つの考えとしては、どういうふうなもので決めていく方針なのか。また、本当に教育の中ではこの武道教育は、よそから来て、ゲストティーチャーも確かにこれは大事なことなんです。しかし、保健体育の先生が武道を理解していないと、なかなかいろんな意味で大変なことになってくるのではないかというふうなことで危惧しております。

 そういうふうな問題が今後出てくる中で、実際に教員の指導体制、こういったものはどのように考えているのか。まずはその2つについて再度質問させていただきます。



○伊藤護國議長 沼澤教育委員長。



◎沼澤政辰教育委員長 最初に、学校でどういう方針で、どういう考えに基づいて選択するのかという御質問かと思います。

 今、松田議員が御指摘のように、もちろん地域性ということも考えに入れると思います。あるいは生徒の希望なんかもあるでしょうし、あと、問題になっております指導体制がどうかということも問題になろうかなと思います。さらには、用具関係もございますので、用具にかかわっての予算経費、あるいはその種目をするための環境、場所がどうか、そのようなことを考えて、各学校で種目を決定するのではないかと、このように考えております。

 次に、指導体制のことでございますが、先ほど申し上げましたように、例えば前は中学校の男子の場合は柔道をやっている学校が多かったわけでございますが、この場合ですと、体育教員に柔道について研修会を改めて持ちまして、わざはもちろんですが、柔道に対する歴史、そういうことも含めて、研修会で指導力を向上させるということをやっておりました、柔道の場合ですね。

 そんなふうにして、何を選択するかにもよるわけですが、体育の先生のさらなる研修が必要になれば、その研修も仕組んでいかなければならないんじゃないかと、このように考えておりますし、また、現在のところでは一応ゲストティーチャー的なものと考えておりますが、いろいろやる段になって、それではとてもだめだとなれば、御指摘ありましたような協議会ですか、そういうものも設定するということも一応視野には入れて今後進めてまいりたいと、このように考えております。



○伊藤護國議長 松田光也議員。



◆5番(松田光也議員) 先ほど私の1回目の質問の中にもありましたが、子供が身につけなければならない最低基準ではなくて、すべての学校の教師がすべての子供を指導すべき基準というふうなことで定めていられるというようなことで、そのためにはどうしたらいいかというふうなことを考えていただきたいなというふうなことです。

 また、予算につきましては、これは御存じだと思いますけれども、21年度から国のほうでもこの準備段階というふうなことで、武道用具等の整備に1中学校に年間60万円ということで、地方交付税により措置になっているというふうなことをお伺いしております。こういったことも本市では当然わかっていらっしゃることだろうと思いますけれども、既に22年度も同じようにこういったことで、地方交付税に武道用具の補助というふうなことが出ていると思います。それにつきましても、けいこ着、それから武道の備品、こういったもの、これでできるわけがございません。そういうふうなためにも、やはり計画的な考えで子供たちの武道に対する教育をしていただきたいというふうなことを思っております。

 本日、傍聴に来ている剣道連盟の会長さんもいますけれども、武道の精神は、試合というようなことで、ただ戦うだけでなくて、試し合うというふうなことで、自分がどれだけできたかということをお互いに試し合ったり、そして、試合は当然勝ちたいという心があるわけなんですけれども、そういうふうに相手を重んずる、試合をさせていただいたという感謝を込めてやっているんだというようなことを常におっしゃられています。そういうようなことで、試合というのは、戦うだけでなくて、相手の心、それから相手を尊重するというふうな武道の精神を持った上でやると、非常に日本独特な、大切なことではないかなと私も思っております。

 剣道連盟では、剣道を学ぶ子供たちにいつも出ている言葉は、剣道の厳しいけいこを通じ、剣のわざを学ぶだけではなく、武士の生活態度や、そして武士の精神、心構えも学んでいただきたいということを言っております。つまり、武道として剣道を理解して、その修練をしていただきたいということの中に、竹刀はただ竹刀ではなく武士の刀、そして、けいこ着はけいこ着、また、はかまは武士の正装であり、単なる運動着ではないというふうなことであります。おのずとその道具を大切にする心というふうなものを養うというようなものが言われているようです。

 そういうふうなところで、教員の教育というようなものはなかなか大変だと思います。しかも、武道時間は年間にどのぐらい考えておられるのかちょっと今わかりませんけれども、やはり限られた時間内の中でこれだけのことを教えられるというのはなかなか難しいことだと思います。

 そういうふうな中だからこそ、やはり専門的な知識を持っている方々のお力をおかりするというふうな意味でも、よその市町村ではこの武道教育につきまして、地域連携の推進協力者会議などを開きながら、そして武道の教育についていろいろと検討をなされていると聞いております。この辺のところを教育委員長はどのように考えているのか、もう一度お願いしたいと思います。



○伊藤護國議長 沼澤教育委員長。



◎沼澤政辰教育委員長 当然のこととして、各学校においては、今松田議員御指摘のとおり、なぜ武道、剣道、柔道、相撲が必修になったのかというそのねらいというんでしょうか、このことについてはやはり十分お互いに理解して、その目標を達成するためなんだということをきちんと踏まえてやっていくということは、今後ともお互いにしっかり勉強する必要があるだろうなと、このように思います。

 指導者の地域連携推進協力者会議ですか、このことについてでございますが、繰り返しになりますが、先ほど申し上げましたとおり、現在のところ各学校でまだ何を選択するということがはっきり決まっておりません。今検討中なわけです。その辺の様子も見ながら、学校のほうともいろいろ相談しながら、その指導体制をどう仕組んでいくのか、やはり専門的な先生方を頼まなければちょっとこれはだめだなとなれば、それはそのときにいろいろと相談しながら進めてまいりたい、指導体制の確立を図っていきたい、このように考えておりますので、ひとつよろしく御理解いただきたいと思います。



○伊藤護國議長 松田光也議員。



◆5番(松田光也議員) それから、これはやはり学校だけでなくて、もちろん地域というようなこともありますけれども、保護者との関係というようなことで、関係というよりは、理解と、そして協力というふうなことが必要かと思います。

 私も、武道教育が24年度からこういったことで中学校では男女とも必修科目になるんですよと話しても、ほとんどの父兄の人は知りませんでした。男は今柔道やっていますというふうな形ですね。女の人はダンスをやっていますと。えっ、女の人もですかというふうなことで、本当に24年度からするにしては余りにも周知がなされていないのかなというふうなことで驚いております。この辺どのように思われるかお聞きしたいと思います。



○伊藤護國議長 沼澤教育委員長。



◎沼澤政辰教育委員長 どうも御指摘ありがとうございます。

 やはり、24年度からこう変わっていきますよということは、保護者の方々あるいは地域の方々にも知っていただき、御協力を得るということは当然必要なことかなと思います。各学校のほうにいろいろ今後問い合わせしまして、この辺どうなっているんだと、一応事情を聞いて、もしそういう点が徹底していなかったら、ひとつよろしく頼むよとお願いしてまいりたいと思います。



○伊藤護國議長 松田光也議員。



◆5番(松田光也議員) 日本の伝統を教えるのは、武道だけでなくて、書道やいろんなものがあると思います。その中で、せっかく武道が必修というふうなことであるんであれば、やはり市としても全力を挙げて、その必要性、理解というふうなものを周知徹底するような方策をお願いしたいなというふうなことをお願いしたいと思います。

 今回の市総体の中でも、柔道の市総体もありました。その中で、天童市内の中学校の参加者、男性が一中、二中、三中合わせて23人だった。そして女子のほうが7人、剣道のほうも、先ほど申しましたけれども、中学校で47人のうち、一中、二中、三中、四中、男が32人、女子が15人というふうなことで、やはり武道をなさる方が非常に少なくなっているんです。

 武道は、イメージ的につらいとか、厳しいとか、鍛錬、忍耐、子供が嫌がるような、そういうふうな苦手な言葉、それからムードが先行しているわけなんです。これを機会に、武道経験のない生徒にも武道の楽しさなども教えていただきながら、中学校の一番大切な年代、受験勉強も大切なんですけれども、こういった勉強もぜひ推進していただけるようにお願いして、次の質問をさせていただきたいと思います。

 次は、プロスポーツのまち天童のPRについてお伺いします。

 先ほどの答弁ありました。なかなか看板は難しいと、名前を入れての看板はいろんなものが難しい。それはお金もかかるし、名前を使えばお金もかかる。商店街でもそんな感じでお金を出して、あのてんてんの看板をつくっているわけなんです。これ、お金がかかるからできないと言われれば、そういうような方針であれば仕方がないんですけれども、私は本当にもったいないと、これだけのプロスポーツ、そして優秀な実業団が天童にありながら、やはり駅前にもそんなPRができない、そして国道にもバイパスにもそんなPRができない、非常に残念です。

 また、今回、残念なことにオルゴール館が閉館というふうなことになりましたけれども、あそこの看板ももったいないんですね。ぜひあれなんかも利用できればなというふうな、私はすごくその辺も感じておりました。

 いろいろお聞きしますと、看板自体そんなにお金がかからないんですけれども、著作権と申しますか、それからその権利のための施行がなかなかできないというふうなことになると思いますけれども、その辺やはり今後とも協議する価値はあるのではないかと思いますけれども、その辺もう一度市長のお考えをお聞きしたいと思います。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 お金がかかるということの前に、やはりそういう法規制が非常にあるというようなことですから、それを超えてやりますということはなかなか言いづらい部分なんですね。

 ただ、私も、せっかくこれだけの恵まれたスポーツ環境にあるわけですので、そういうことができるのであればやはりやっていく必要があるというふうには思っております。そういうような意味で、議員から御指摘されたようなことは、今後の研究課題だろうと認識しております。



○伊藤護國議長 松田光也議員。



◆5番(松田光也議員) 山口地区には栗原健太選手の写真入りのでっかいのが、あれは目立って非常にいいなと思って、あんなものがやはり駅前にもあればすごく活気があっていいんじゃないのかなというふうに思っております。

 それでは、次の質問に移ります。

 市民のスポーツ振興につきましてお伺いいたします。

 総合型地域スポーツクラブ、これの周知徹底と申しますか、あかねエンジョイクラブ、今、78名の会員がおられて一生懸命やっております。このあかねエンジョイクラブはもちろんなんですけれども、天童市としては22年度、23年度、24年度と、1クラブずつふやしていきたいというふうな構想だったわけなんですけれども、そのための話し合いというふうなものは18年度に実は各地域でされているわけなんです。しかしながら、そこに集まって説明を聞いていただいた方もなかなか理解が難しいというふうなことをお聞きしました。

 非常にその辺、説明とかいうふうなもの、縦割りのスポーツ指導員、体育指導委員だけじゃなくて、横断的な地域の町内会から始め、いろんな方々に理解をしてもらわないと、なかなかこの総合型スポーツクラブは難しいものではないかなと。みんなからやはり理解していただいた上でしないと難しいというふうなことで、今まで以上の周知徹底、これをどのように図っていくのか、その辺など市長の考えをお伺いしたいと思います。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 先般、私も、あかねの去年は設立総会、今回は2回目の総会に行ってまいりました。先ほど答弁で申し上げましたように、やはりまだ自立できるような運営団体になっていない、これには一つは大きな会員数の問題だと思います。それから指導員の問題、こういうようなことで、大変厳しい状況にあるなと思っております。

 これらの形の中で、周知徹底でありますけれども、先ほど御指摘ありましたように、文化スポーツが市長部局に移動しているというようなことの中で、しっかりと取り組んでいかなきゃいけない課題だと思っています。周知のやり方等いろんな方法があると思うんですけれども、ぜひひとつこの辺は、御指摘あったように、各関係者横断的にお集まりいただいて、困難な状況の具体的にどういう部分で問題があるのか、先ほど言ったような会員とか、あるいは指導者の問題というのは前々から指摘されていることでありますけれども、その他地域によっていろいろな課題等が違うかと思いますけれども、今後、私も健康・スポーツという部分での訴えをしているわけでありますので、そういうようなことも含めた中では、中学校学区への設置ということでは、十分できるような環境というものをつくっていただけるように努力をしてまいりたいと思います。

 そしてまた、先ほど御指摘されたような横断的な部分での対応等も、ぜひひとつ担当課を通じて指導してまいりたいと思っております。



○伊藤護國議長 松田光也議員。



◆5番(松田光也議員) ありがとうございました。

 総合型地域スポーツクラブ、この設立については、体育指導員の努力というのは、言葉は悪いですけれども、本当にばかになるぐらい一生懸命になってくれると非常にできやすいんですけれども、そういうふうなこともなかなかできないと思います。しかしながら、先ほど申しましたように、それを支える地域の方々の御協力がなければ、本当に体育指導員の方も力を発揮できないというふうなことを思っております。

 そういうふうな中で、天童市が、成人の人が週1回以上スポーツに親しむような、そういうのができるような天童市になることを期待して、私の質問を終わりとさせていただきます。ありがとうございました。



○伊藤護國議長 以上で、松田光也議員の質問を終了します。



△結城義巳議員質問



○伊藤護國議長 次に、10番結城義巳議員。

  〔10番 結城義巳議員 登壇〕



◆10番(結城義巳議員) 結城義巳でございます。

 市政に対する一般質問を申し上げます。

 今議会において、私は、1つはボートピアについて、もう一つは、中心部と周辺部の均衡のとれた発展についてということで通告をいたしております。順次御質問を申し上げます。

 最初のボートピアについてでありますが、いわゆるこれはモーターボート競走法に基づく競艇ということであります。

 初めに、最近の津山地区内の動きについて申し上げたいと思いますが、ただ、この津山地区の最近の動向を話す前に、平成6年、寺津地区におきましてボートピア誘致の動きがあり、市政にとりまして大きな課題になったわけであります。今日に至っても、このボートピアについて考えるとき、大いに参考になると思いますので、その経過について申し述べさせていただきます。

 平成6年3月定例市議会の一般質問において、議員がボートピア問題について、当時の鈴木市長の考えを質問しております。市長は、まちづくりの基本理念になじまず、政治信条からも受け入れられないと明確に否定する答弁をいたしました。

 5月になって、寺津自治会、藤内新田自治会から、本市へのボートピア誘致に関する請願が市長あてに提出されました。地区民の92%が同意する署名簿が添付されておりました。6月になり、今度はボートピア誘致に反対の立場からの請願申し入れが、天童市PTA連合会など3つの団体から市長及び議長に提出されたのであります。

 6月定例市議会の市政に対する一般質問において、賛成の立場から2名、反対の立場から1名の議員の質問がありましたが、3月定例市議会と同様、市長は明確に反対であると答弁いたしました。

 そして、この6月定例市議会において、陳情・請願の審査が行われ、地元自治会からの設置を求める請願を不採択、天童市PTA連合会など3団体から出された設置反対の請願を採択いたしました。これによりまして、本市議会はボートピアの誘致には反対であることを明確に表明したのであります。

 以上が平成6年の寺津地区におけるボートピアに関する経過と結論であります。

 このような経過からいたしますと、私は、本市へ誘致すべき施設ではないと考えるわけでありますが、昨年7月ごろから津山地区内において動きが出ております。東京都の銀座に事務所のあるボートピアに関する、株式会社と申し上げておきますが、某株式会社等の案内でボートピアの現地視察をしております。

 昨年7月には、関の上町内において動きがありました。1泊2日の日程で青森県黒石市にあるミニボートピア黒石を視察しております。7名の参加と聞いております。

 また、今年3月から下貫津町内で動きがあり、宮城県大郷町のボートピアを2回ほど視察していると聞いております。町内会の役員始め、大勢の方々が参加しているようであります。

 本市におきまして歓迎される施設であれば、積極的に盛り上げていかなければなりませんが、好ましい施設ではなく、絶対誘致してはならない施設と私は考えるのであります。

 前宣伝では、町内会に300万円が毎年入るとか、地元から50人程度の雇用があるとか、野菜直売所もつくってもらえる、当然土地も買ってもらえるなど、よいことだらけのように吹聴されているようであります。期待だけが大きく膨らみ、それが不可能になったとき、大きく深い失望を与える結果になります。町内会も二分される心配も出てきます。

 昨年から本年2月にかけて、静岡県小川町において、住民が賛成と反対に分かれ、途中まで進んでから中止したため、損害賠償問題も出ております。早い時点ではっきり誘致しないと言明し、被害が大きくならないように対処しなければならないと思いますが、市長は現状をどうとらえ、どのように考えているかお伺いいたします。

 次に、設置されている全国市町村の状況について申し上げ、どのような問題が出ているかを申し上げてみたいと思います。

 平成6年の議員の質問や市長の答弁において、既に設置されている市町村、すなわち先進地の実態について述べられているので、その会議録の中から引用させていただくことといたします。兵庫県姫路市、香川県丸亀市、宮城県大郷町、愛媛県朝倉村においての状況が示されております。

 ボートピアのセールスポイントとして、地域経済が潤い、まちの活性化に役立つと言われております。しかし、兵庫県のボートピア姫路では、1日平均2,374人、年間47万人もの人が集まっているそうであります。しかし、売り上げには全然影響はなく、活性化になっていないと言われております。

 また、愛媛県ボートピア朝倉では、地元商店街の売り上げは一銭も伸びない。来場者にその理由を聞いてみると、ほとんどの人は、ギャンブルを家庭に知られるとまずい、証拠となるような朝倉村の品物は買って帰れないと言っているそうであります。

 青少年への悪影響も聞いております。大阪府警少年課が平成13年4月1日から5カ月間にわたって、未成年者による場外馬券売場において補導状況と意識調査を実施した結果を発表しております。少年の補導が685人、そのうち高校生が443人と最も多く、中学生が23人も入っているようであります。購入回数は、初めてが39.1%、2回が22.9%、5回以上が19.2%もありました。購入の動機は、お金がもうかると思ってというのが10.9%もいることは注視すべきであります。

 青少年の育成にとって憂うべき事態であるとして、大阪府教育委員会では、このような誤った利殖行為やギャンブルは、最近の社会風潮から、家庭生活、社会生活の中で、生徒がその影響を受けていることは否めない。健全な市民として将来を担うべく成長段階にある高校生が、正常な金銭感覚や労働意欲を失う危険性がある。この種の行為に走ることは看過できないとして、学校長に指導文書を出しているのであります。

 交通渋滞や生活・住環境の問題も起きております。さきの朝倉村では、施設の周辺に警備員が何十人も路上に立ち誘導する様子は、一種異様だと言われております。路上駐車も多く、地域住民を悩ませております。公営といっても、ボートピアはギャンブルに違いなく、一家離散や全財産をなくしたという例も出ております。

 平成6年6月9日の朝日新聞に次のような記事があります。大郷町ボートピアを計画している宮城県内の会社が、地元住民や議会への説明資料として、犯罪や青少年の非行がふえることは全くないなどとする、各地の警察幹部のコメントを載せた調査報告書を配っていたことが明らかになった。警察幹部たちは、こんなコメントはしていない、報告書にするとは聞いていないなどと困惑している。誘致計画は、モーターボート競走会連合会の指導で進められてきたが、報告書が配られた当時は、青少年への悪影響などを懸念する住民が反対の署名活動を展開していたという内容の記事であります。

 なぜこのように警察幹部のコメントを歪曲してまで報告をしたのか。それは、犯罪や非行がふえている実態の裏返しではないのかと私は思うわけであります。

 全国各地で汚職事件が発生しております。少し調べてみましたが、高知県、福岡県、愛媛県、長崎県で発生しております。しかも、ほとんど計画段階で起きております。自治体から誘致してもらいたい一心で、業者は、議員などの公職にある者に対し、強烈に誘惑の手を差し伸べてきます。金品の授受、飲食の接待、接待ゴルフ、現場視察と称して交通費、宿泊費、食事代すべて業者の負担、そして、これらの接待等はどんどんエスカレートし、いつの間にか泥沼の深みに落ちているというのが実態であります。福岡県の勝山町では、町会議長の汚職事件まで発覚しております。

 既に設置されている自治体についての功罪、すなわち、よい面と悪い面を調べてみたわけでありますが、よい面は出てきませんでした。よいと言われていることも、よく考えてみると、過大宣伝でしかないように私は思えるわけであります。

 以上、私が調べた状況や私の考えを述べましたが、これらのことに対して市長はどのように思われるか、お伺いをいたします。

 次に、市長のお考えをお聞きいたしますが、鈴木市長は、平成6年3月と6月の定例議会において次のように答弁しております。長いので、私なりに会議録を要約して述べさせていただきます。

 土地の売買等によって一時的な経済メリットを追求したばかりに、地域住民の精神的な荒廃をもたらして、長年にわたって築き上げた地域の連帯感を失ったという事例も全国的には数多く見られる。まちづくりは、一地区の問題だけではなく、全市民共有の快適な環境づくりであると同時に、地域らしさを失わずに、次の世代に誇れる文化を構築して築いていく必要がある。

 また、第三次天童市総合計画にまちづくりの基本理念の一つとして、豊かな心をはぐくむまちづくりを掲げ、風格のある豊かな文化を築くことの大切さを強調してきた。これらの思想は、市制施行以来、歴代の市長が営々と築き上げてこられた本市市政運営の重要な柱となっているものと認識している。

 まちづくりは、そこに住む人々の教養や人間性によって大きく左右されると言われております。特に、未来を担う子供たちの明るい夢と正義感、ものに対して正しく考える力を養う教育の環境を整備するということは極めて重要な課題であると考えている。

 ボートピア構想については、まちづくりの基本理念になじまず、好ましい施設ではないと考えており、私の政治信条からも受け入れることはできない施設である。このように答弁されております。

 さらに、議員の質問に答えまして、当時の横田光正教育長は次のように答弁されております。これも長いので一部省略させていただきます。

 子供は、大人の言葉どおりには育っていかない。子供は大人のするように育っていくという面がありまして、それだからこそ、教育環境を浄化し、大人がきちっとした姿勢で子供に対することがいかに大切かということを問われるわけであります。

 最近、子供を育てるという面から非常に憂慮すべき傾向が見られます。何かこつこつ努力することがばからしいと、ダサい人間のすることであるというふうに、勤労、労働に対する価値観が非常に低落しているということであります。これはゆゆしい問題だと私は思っております。

 幸せあるいは自分の将来というものは、築くものであって、決して的を矢で射るような、射幸心とはよく言ったもんだと思っております。まだ価値観の確立していない子供たちには、やはり目指すものに向けた誠実な生き方というものが非常に大事だということを、大人は姿で教えなければならないと思っております。

 かつて栄華を誇ったローマ帝国が、パンとサーカスで滅びたと言われます。パンは食べ放題、食べてもまだ余りがあるほどの飽食、サーカスは何か哲学がなく、思考がなく、ただおもしろおかしいという娯楽の追求だけに明け暮れて、ついに大ローマ帝国が滅んだというあの歴史の教訓を思い出すのであります。

 というように当時の横田教育長は述べておられます。当時も教育者としての情熱を感じ、横田教育長のこの御答弁には感動いたしましたが、会議録を読み返してみると、改めて熱いものが込み上げてくるものを禁じ得ません。

 山本市長も選挙公報の中で、生まれてよかった、住んでよかった、そして、これからもずっと住み続けたい、そんな天童をつくりたいと表明しております。3つの日本一を目指し、その第1番目に子育て支援日本一への挑戦を掲げております。

 また、第六次天童市総合計画を策定し、「笑顔 にぎわい しあわせ実感 健康都市」を目指しております。その総合計画の中で、学校教育の基本方針として、家庭や地域との密接な連携を図り、安全で安心な教育環境の整備を進め、子供が健全に成長するよう義務教育の充実に努めます。と定めております。

 家庭教育の基本方針の中では、家庭が互いに信頼関係を深めながら、子供が基本的な生活習慣や規範意識を身につけられるよう、家族の役割について自覚を促す啓発活動や情報提供を行います。と掲げております。

 したがって、山本市長も歴代の市長が掲げてきた、まちづくりの基本方針や政治信条の方向と同じであると私は信じておりますが、市長から確信を持ってボートピアは誘致しないと明言してほしいのであります。

 次は、2番目の中心部と周辺部の均衡のとれた発展についてであります。

 1つは、農振除外要件の緩和についてということであります。

 本市内の土地は、市街化区域と市街化調整区域に線引きされ区分されております。市街化調整区域内の農地を宅地開発することはできません。中心部の価格の高い土地を買って家を建てなければならない。そのため、周辺の人口は減少し、子供がふえるのは中心部の学校だけ、給料の上がる時代ならば買えるとしても、今は高い土地は買えない。地価の安い周辺部に建てようとしても、宅地開発ができない。高度経済成長時代は、線引きも整然とした市街地の開発に重要な役割を果たしてきたと思っております。しかし、もうその役割は終わったのではないのかと思うわけであります。

 優良田園住宅の建設の促進に関する法律に基づき、平成15年7月1日、天童市優良田園住宅の建設の促進に関する基本方針を定めております。その基本理念として、田園集落では人口の停滞、減少、高齢化、小学校の児童数の大幅な減少などにより、地域コミュニティーの衰退に至っていることが課題として挙げられる。このような状況を受けて、豊かな自然環境の中で、ゆとりある生活の確保並びに田園集落における定住促進による人口の回復、コミュニティーの維持及び地域振興を図るため、本市の都市計画や農業政策と調和する優良田園住宅の建設を促進しようとするものであります。一部省略してありますが、以上のように定めております。すばらしい基本理念と思います。

 しかし、実効が上がっていないのではないのか。いわゆる机上プランに終わっていないのか、ということを感じるわけであります。

 それはなぜそうなっているんだろうということを考えるとき、優良田園住宅の建設が基本的に適当と認められるおおよその土地の区域は、次の要件のいずれにも該当するものとするとして、9項目定められております。その内容のうち厳しい要件は、4番目に入っている天童農業振興地域整備計画に定める農用地利用計画との調整が可能な区域という項目があるからであります。この農用地利用計画があり、それとの調整が難しいからであります。いわゆる農振除外ができない。

 農振除外は知事の権限となっております。2ヘクタール未満の農地転用は市長に権限が移譲されておりますが、しかし、肝心かなめの農振除外の権限は移譲されておりません。片手落ちであり、本当の権限移譲にはなっていないわけであります。大規模開発で県や他市町村の土地利用計画とかかわりが出てくるようなものであるならば理解できますが、しかし、天童市の土地利用については天童市長になぜ権限移譲ができないのか。県知事に対してその権限移譲を強く要望していただきたいと思う次第であります。今年提出する県への要望書にも載っていないのはなぜなのかということをお伺いいたします。

 最後に、周辺部の狭隘な道路整備について申し上げます。

 各地区に狭隘な道路が多く、救急車や消防自動車も入れず、冬期間は除雪も苦労している道路があります。そのような市道、生活道路について、各地区の状況を調査し、一気に整備するのも不可能であろうと考えておりますが、5年あるいは10年の年次計画を立て整備する考えはないのかどうかお伺いいたします。

 安全・安心なまちづくりのためには欠かせない施策であると思っております。中心部には毎年莫大な財力投下をしているわけであります。反面、周辺部においては、1,000万円程度の小規模な道路や歩道の整備も何年もかかっている実態にあります。この現状をよく認識され、計画的な整備を早期に願いたいわけでありますが、市長の考えをお伺いいたします。

 以上で第1回目の質問とさせていただきます。



○伊藤護國議長 山本市長。

  〔山本信治市長 登壇〕



◎山本信治市長 結城義巳議員の御質問にお答え申し上げます。

 初めに、ボートピアについての津山地区内の動きについて申し上げます。

 ボートピア、すなわち競艇場外舟券売場の設置構想については、昨年7月ごろに津山地区の関の上町内会、そして、ことし3月ごろ、同地区の下貫津町内会に対し開発業者から提案があったと伺っております。そして、関の上町内会への提案については、地元の方々の希望に沿わないことから実現に至らなかったと伺っております。一方、下貫津町内会への提案については、現在のところ開発業者等から市に対して事業内容の説明がありませんので、どのようにとらえ対応していくか判断できない状況であります。

 次に、設置される市町村の状況について申し上げます。

 現在、ボートピアは全国に35カ所ほど設置され、東北では6カ所に開設されております。開設して12年を経過した宮城県の川崎町に運営状況を伺ったところ、開設当初は、設置自治体に対する環境整備交付金として、売上金の1.5%に相当する約1億3,000万円が交付されております。しかし、近年、売り上げが減少したことから交付率も1%に下がり、交付額は3,200万円ほどに減少しており、地元自治会に対する交付金も同様に減少しているようであります。このような状況は宮城県の大郷町でも同様であると伺っております。これは競艇に限らず、他の公営競技を含む全国的な傾向で、最近の10年間は売り上げの減少が続いている状況にあります。

 このように、設置当初の計画とは大きく異なる運営状況になる場合があり、近隣の類似施設では、サテライト朝日がオープンからわずか3年で閉鎖した事例があります。

 また、議員がおっしゃるように青少年への悪影響、さらには交通渋滞等の住環境への影響も懸念されると考えております。

 次に、市長の考えについて申し上げます。

 今年度は、新たに策定した第六次天童市総合計画の初年度に当たり、「笑顔 にぎわい しあわせ実感 健康都市」の実現に向けて、まちづくりに取り組んでおります。さらに、選挙公約として、3つの日本一への挑戦を掲げております。

 こうした中で、市長としては、先人が築き上げた風格あるまち天童を次の世代に引き継いでいく責務があります。

 本市においては、平成6年に、寺津地区へのボートピア施設の設置について、賛成と反対それぞれの請願が議会に提出され、設置についての請願が不採択となり、設置反対についての請願が採択されたという過去の経験がございます。そして、一般質問において、当時の鈴木市長が、まちづくりの基本理念になじまず、自身の政治信条からも受け入れることはできないと答弁しております。

 地域の活性化は大事でありますが、この施設の設置により地域が活性化されるのか、また本市にとってよい方向への活性化なのか、そして賛成、反対ということで地域が、さらには市全体が二分されるような状況になるとすれば、市長という立場で考えますと、これはまことに不幸なことと言わざるを得ません。

 現時点ではどのような形で進んでいるか一切経過を承知しておらず、困惑しておりますが、過去の判断と同様に、私の理念とするまちづくりにはボートピア施設は必要とは考えておりません。

 次に、中心部と周辺部の均衡のとれた発展についての農振除外要件の緩和について申し上げます。

 本市では、農業振興地域の整備に関する法律に基づき、天童農業振興地域整備計画を定め、自然環境の保全や優良農用地の確保に十分配慮した土地利用を進めております。計画に定める農用地区内の農地は計画から除外するために、法律で当該農地のほかに代替地がないことなどの要件を定めており、それらの要件をすべて満たす必要があります。

 また、除外に当たっては、関係する権利者の意向とともに、農業振興上の農地の必要性、除外の基準等を勘案して、市が計画の変更案を作成し、その変更案の公告、縦覧を経て、県知事に協議し同意を得ることとなっております。知事の同意を始め、除外に当たっての諸手続は法律で定められており、本市への権限移譲はなじまないものと考えております。

 御質問の中心部と周辺部の均衡のとれた発展については、都市計画法や農地法などに定める秩序ある土地利用を基本として、中心部と周辺部の調和を図りながら推進してまいりたいと考えております。

 次に、周辺部の狭隘な道路整備について申し上げます。

 道路は、私たちが安心して快適に生活していく上で大切な役割を持っております。人や物の移動の利用だけでなく、地震や火災等の災害時には、救助や避難路として重要な役割を担っております。幅員の狭い道路は、消火活動や救急活動、除雪の妨げになり、いざという場合に生命の安全や財産の保全に支障を来すことも予想されます。

 このようなことから、狭隘道路等の整備については、地元からの要望書に基づき、地区ごとに要望箇所や整備延長、整備費用額の取りまとめを行っております。しかし、御要望いただいている箇所は数多く、整備に要する費用と作業は膨大なものになることから、一度に整備することは難しい状況にあります。

 そのために、整備に当たりましては、要望箇所の中から緊急性や地元の協力体制を考慮した上で、市内各地区の事業量のバランスを図りながら3カ年実施計画や財政計画に位置づけ、計画的に整備を行っております。



○伊藤護國議長 結城義巳議員。



◆10番(結城義巳議員) 時間が余りありませんが、若干再質問をさせていただきます。

 ボートピアにつきましては、市長から、私の期待どおり、明快にお答えいただいたのかなと思います。これまでの寺津の過去の経過、歴史といってもいいかと思いますが、経過から考えてみても、全国の動きから見ても、決して、誘致すべき施設といいますか、まちづくりのためにふさわしい施設ではないと私は思っております。これからも、どんな動きがあっても、揺れることのないようにお願いを申し上げたいと思います。

 それから、土地利用に関する問題でありますが、いわゆる天童市優良田園住宅の建設の促進に関する基本方針を定めてこの制度をスタートさせたわけで、この制度によって住宅を建てられたという実績はどれくらいあるのか。私は余り出ていないように思うんです。それを少しお知らせをいただきたいと思います。よろしくお願いします。



○伊藤護國議長 飯田建設部長。



◎飯田豊建設部長 結城議員の御質問にお答えいたします。

 優良田園住宅の、平成16年から適用になっているわけですけれども、年度ごとにちょっと申し上げさせていただきますと、平成16年に22区画、17年に18区画、18年に8区画と、19年に5区画、20年に13区画と、21年に5区画ということで、優良田園住宅の適用を受けている分は71区画ございます。

 そのほかに、平成17年度から地区計画を導入して、いわゆる3,000平米以上につきましても市街化調整区域内の開発を可能にしているというような状況もございまして、こちらの分が16年度で25区画、17年度で24区画、18年度で19区画、19年度はございませんで、20年度が10区画、21年度が25区画ということで、こちらが、地区計画の分が103区画ございます。両方合わせますと174区画というような実績になってございます。

 以上でございます。



○伊藤護國議長 結城義巳議員。



◆10番(結城義巳議員) 優良田園住宅につきましては、今実績を述べられましたように、私が考えていたよりはかなり実績を上げているのかなというふうな認識に立ったところであります。

 さらにこれからも、いわゆる周辺集落のほうの人口がふえるように、そういった優良田園住宅が促進されるよう頑張っていただくことをお願いしまして、終わらせていただきます。どうもありがとうございました。



○伊藤護國議長 以上で、結城義巳議員の質問を終了します。

 ここで暫時休憩いたします。

   午後零時08分 休憩

   午後1時10分 再開



○伊藤護國議長 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。



△後藤和信議員質問



○伊藤護國議長 次に、12番後藤和信議員。

  〔12番 後藤和信議員 登壇〕



◆12番(後藤和信議員) 政和会3番目として質問させていただきます後藤和信です。よろしくお願いいたします。

 公明党が以前から推進している自然環境を活用しての健康増進運動。森や林の中を歩き、森林を活用しての森林浴は、自然環境が持っているリフレッシュ効果を発揮し、心身の健康増進の効果が発揮されます。また、温泉療法は、温泉を活用した運動療法や入浴療法による心身のリフレッシュが図られ、健康が図られるような取り組みを公明党は積極的に推進してきました。今回の質問であるクアオルトは、それぞれの取り組みを組み合わせた取り組みでもあります。

 少し前までは、経済的に豊かな暮らしを求めて猛烈に働き、物の豊かさが心の豊かさと考えていた時代がありました。そのような団塊の世代が退職を迎え、健康に対する意識の改革やストレスなどに対する対処の仕方に変化が出てきているようであります。高齢化が進む中、健康に関する意識の改革に変化が生まれてきております。どのようにしたらストレスをうまく解消し、リフレッシュしていくかが課題の一つとなる時代が来ております。

 今年度、県では、めでためでた花のやまがた観光圏の認定がされ、村山地域の天童市を含め7市7町が参加した広域観光圏を結成しました。22年度の主な事業の一つに、運動・栄養・休養を提供できる健康温泉保養地づくりがあります。運動は、滞在促進地区で健康ウォーキングプログラムの展開、栄養は、地元の食材や食文化を活用した健康食メニューの提供、休養は、泉質の違いを活用したはしご湯治プログラムの開発が提案されております。今回の質問であるクアオルト事業そのものであります。クアオルトとは、ドイツ語で保養地を意味し、自然と温泉を組み合わせた保養地づくりであります。ドイツでは約100年も前から取り組んでおり、保険も適用されております。

 国内では、大分県由布院での気候性地形療法では、クアージュゆふいん健康温泉館での水中運動プログラムでの温泉療法と、自然環境の中をウォーキングする、それぞれを組み合わせた取り組みが進められております。和歌山県などの世界遺産、紀伊山地の霊場と参詣道、すなわち熊野古道を活用してのウォーキングによる心身への健康効果が、科学的な根拠のもとで検証が行われ、大きな成果が出ております。

 現在、上山市で実施されている上山型温泉クアオルト事業も、気候性地形療法と温泉を組み合わせた健康増進の取り組みが行われております。日常生活とは異なった環境で、空気がきれいで、温泉がわいている。高原で林間を歩いたり、温泉エクササイズをして、心と体を健康にする取り組みであります。今年度で3年目に入り、科学的な根拠での成果も報告され、本格的な導入が始まっております。日本で初めて本場ドイツのミュンヘン大学のシュー教授が認定した専門のコースを活用しての健康づくりが行われております。今後は、気候性地形療法を活用した滞在型の観光を目指していくと言っております。

 天童市には、市内平坦地にある県の運動公園があり、多くの方が健康づくりでウォーキングを実施されております。公園内にはところどころに休憩できる部分が設置されております。また、市内の中心には舞鶴山があり、天童公園内では毎朝、ラジオ体操などをして利用している市民も多くいます。高低差を活用した運動療法が可能であります。また、天童高原がある田麦野地区は、高低差があり、高所でのウォーキングの利用が可能であります。

 このような恵まれた資源を活用した気候性地形療法と温泉を利用した健康増進ができるのではないかと考えますが、どのように考えているのかを伺います。

 また、自然環境に恵まれた天童市、観光資源に恵まれた天童市、農産物に恵まれた天童市、観光施設に恵まれている天童市、今までなぜ、これらの資源を有効に活用し、連携した取り組みがなかなか進まないことが不思議に思っております。

 天童市に長期に滞在していただき、天童温泉に宿泊していただきながら、健康管理と健診を取り入れたプログラムができないものかと考えます。それは、市民病院での脳ドックなどを受診していただき、健診で問題点が出てきた場合に、ホテルとの連携による食事療法、また気候性地形療法を活用した運動療法を実施して、健康増進プログラムなどの新しいメニューをつくり、観光にも貢献でき、病院の活性化にも貢献できる滞在型のプログラムをつくっていくべきであると思いますが、どのように考えているかを伺います。

 次、森林情報館の活用について伺います。

 天童市は、大手の家具メーカーがあり、木製品の将棋駒は世界一の産地でもあります。木製品を利用した産地でもあります。

 森林情報館では今、生け花等各種の講座が開催されおり、市民にも認識が高まっているのではないかと感じられますが、なかなか利用が進まないのではないかと感じられます。

 わくわくランドには、今年度、ニュージーランドのマールボロウ市から寄贈される2つの遊具が設置されます。このことから、私は、わくわくランド周辺の構想を根本的に変えていくべきではないかと考えております。

 わくわくランドができてから10年間、その間、ヤマコーが撤退、その後、八文字屋が出店、一部を農協のサン・ピュアに貸し出したり、携帯電話の販売会社を建設するなど、また今回、天童オルゴール博物館が間もなく閉館することになり、天童市にとっては一番の観光名所の一つがなくなることになります。オルゴール博物館が一日でも早く再開されることを祈る次第であります。

 森林情報館には、森林浴の疑似体験ができるスペースが設置されており、山野草の展示や木製品が一部に展示されております。今後の課題として、森林情報館内に地元の木材を利用した木製品の展示や販売、今はなかなか触れる機会が少なくなってきた木製の遊具の展示や、木製の遊具で遊べる木製のおもちゃ館などの設置を考えるべきであるが、どのように考えているかを伺います。

 次に、高齢者の免許証の返納に対する支援制度について伺います。

 年を追うごとに高齢化が急速に進む中で、高齢者による交通事故も統計上、急激に増加傾向にあります。高齢者の交通事故は、加齢とともに運転に対する判断力が低下してきたり、身体能力が低下して、注意力が散漫になって交通事故につながり、事故増加に歯どめがかからない状態にあります。高速道路の逆走や、アクセルとブレーキペダルの踏み間違いなど、悲惨な事故がたびたび報道されております。

 高齢者の事故防止を図る上で、免許証の返納推進という自治体が増加しているのが現状であります。

 地域の特性から、自動車を手放すと、公共交通が発達していないこともあり、すぐに交通弱者になるとともに、自分を証明する書類がなくなることも考えられます。このようなことから、身分を証明する書類である住基カードを返納者に無料で発行し、身分証明として活用することが必要なのではないかと考えますので、どのように考えているかを伺います。

 また、免許証を返納すると即交通弱者となることが考えられることから、9月から予定されているデマンドタクシーの利用補助券などの対応によって交通弱者への支援も考えるべきであるが、どのように考えているかを伺います。

 以上で第1回目の質問とさせていただきます。



○伊藤護國議長 山本市長。

  〔山本信治市長 登壇〕



◎山本信治市長 後藤和信議員の御質問にお答え申し上げます。

 初めに、クアオルト事業についての気候性地形療法を導入した健康増進について申し上げます。

 クアオルト事業は、気候性地形療法を取り入れ、自然の地形と温泉を連動させた健康づくりとして、大分県の由布院や和歌山県の熊野古道、そして県内では上山市で実施されており、ウォーキングから得られる効果として、免疫力の向上、ストレスの軽減、気分改善効果、適度な脚筋力への刺激効果などが認められるようであります。これらのことから、生活習慣病の予防やストレスの解消による心身の健康づくりに有効であり、定年退職を迎えた団塊世代の健康の増進やメタボリックシンドロームの予防対策としてニーズがあると考えられます。

 本市で導入するためには、産・学・官の連携のほか、温泉療法医には地元の医療機関等との連携が必要であると考えております。

 次に、滞在型観光の取り組み強化について申し上げます。

 本年度から村山地域の7市7町及び観光関係者で組織した広域観光圏事業の中で、温泉と気候性地形療法を取り入れた天童型クアオルト事業について、天童温泉協同組合や観光関係団体と連携をして取り組む考えであります。

 このクアオルト事業は、現在、世界的に注目されているメディカル観光の天童版として、滞在型観光を目指すものであります。その内容は、天童温泉の旅館等に宿泊し、温泉から車でわずか10分の距離にある市民病院の人間ドックを受診し、さらに、気候性地形療法を取り入れた舞鶴山等での健康ウォーキングを体験できるものであります。また、その内容に加えて、広域連携による魅力的な観光オプションも楽しめるものであります。

 今後は、市民病院を始めとする医療機関と宿泊施設との連携、旅館等におけるおいしい健康食の開発などに取り組みながら、滞在型観光の強化を図りたいと考えております。

 次に、森林情報館の活用についての木製品の展示、木製品を活用した遊び場としてについて申し上げます。

 木製品の展示については、現在、館内の林産物展示コーナーにおいて、杉材の各種いす・テーブルを中心に、本棚や植物栽培用プランター、積み木やパズル等の木製玩具、木の実を使ったキーホルダーなどを展示しております。

 また、展示品については、新たに考案された製品の展示替えを随時行っており、今後も展示品の充実に努めてまいりたいと考えております。

 なお、物品の販売については、林野庁の補助事業により設置した施設であることから、現在は販売を取りやめ、森林についての情報発信施設として、建設当初の目的に沿った運営を行っているところです。

 次に、木製品を活用した遊び場の設置についてでありますが、館内の利用状況を申し上げますと、中央部の多目的ホールは、野草やキノコ、盆栽や生け花などの展示会や木工クラフト教室、それらに併設する写真展などに、年間を通して利活用されております。さらには、道の駅の駅舎として、観光客やドライバーの休憩施設としての役割もあることから、遊び場を確保することは難しい状況にあります。今後とも、市民の皆様に、森林からの恵みの大切さや自然環境の保存活動を理解していただくため、さらに各種展示会や教室の充実を図ってまいりたいと考えております。

 次に、高齢者の運転免許証返納者への支援について、住基カードの発行について申し上げます。

 住基カードは、住民票の広域交付、自動交付機での諸証明の交付、インターネットを利用しての電子申請にも必要であり、公的身分証明書としても利用されております。しかし、住基カードの交付の申請は、電子申請で使用するためのものが大多数であり、住基カードよりも身近な健康保険証や介護保険証で身分を証明できることから、身分証明書としての交付の申請は少数であります。さらに、運転免許証を持たない高齢者や一般市民に有料で交付することとの均衡がとれないこともあり、運転免許証を返納した高齢者の住基カードは、現状では有料と考えております。

 次に、デマンドタクシー利用料の助成について申し上げます。

 この度、導入を予定しているデマンド型乗合タクシーでは、利用料の助成にかかわるものとして、70歳以上の高齢者を始め、小・中学生や身体障がい者及び知的障がい者の利用についての割引料金を設定して配慮したいと考えております。



○伊藤護國議長 後藤和信議員。



◆12番(後藤和信議員) 再質問させていただきます。

 クアオルト事業に対しては、市長の前向きな答弁、本当にありがとうございます。ぜひ積極的な推進をよろしくお願いしたいと思います。

 今回の総合計画の中でも、笑顔、にぎわい、健康都市とうたわれております。また、市長の公約である観光日本一を目指す天童市であることから、この取り組みは非常に効果的な取り組みじゃないかなと考える次第であります。

 その中でも、市民運動としても、私たちがやっている観光ボランティアガイドがやっているいろんなコースにも、ウォーキングをしながらのコースも含まれており、各地域づくりの委員会での各地域におけるウォーキングコースを組みながら健康づくりに取り組んでいるところもありますので、その点もよろしくお願いしたいと思います。

 先日、上山に行って実情を聞いてみました。やっぱり聞かなきゃわからないところで、私も聞いてみました。上山市では、平成20年度、国の補助金である地方の元気再生事業の採択を受けて実施しました。先ほども申し上げましたが、日本で唯一の、ドイツのミュンヘン大学シュー教授の鑑定を受けたウォーキングコース、4コースほど設定されており、今年度から土日のウォーキングを実施し、交流人口の拡大と市民の健康増進に努められております。

 その波及効果としまして、地元の食材を利用したクアオルト弁当、地域の果物を含んだあめの製作など、これはウォーキング時の中食と補助食として使われており、新しいビジネスができていると言っておりました。

 その中で、特に担当者から言われたのは、実際に取り組んでいる方は、上山温泉よりも天童市のほうが環境的に恵まれております。なぜ天童市は気づかないんですかと、かえってしかられてきました。そのことで、今度、天童市ではと私も考えておりますので、よろしくお願いします。

 天童市内でもいろいろ活用する場所があります。余りにも多いもんですから、焦点を1つか2つに絞って話させていただきます。

 きょうの山形新聞には、朝どり活き活き湯けむり横丁の生産者が舞鶴山でウォーキングをやって健康づくりをやっていると、記事が掲載されております。そこに参加されている方は、温泉街からこんなに近いところに緑豊かな空間、それがあるとは知らなかった。朝御飯をおいしく食べられる、早起きしてよかったなどの声が寄せられております。この朝どり活き活き湯けむり横丁のメンバーは約40人で、ウォーキングに参加したのは20人ほどだと聞いております。

 我々の一番身近にある、市の中心部にある舞鶴山は、ちょうど天童温泉のそばにあり、非常に恵まれている環境にあります。市民や観光客が安心してウォーキングができる環境には整備が少し必要なのではないかと考える次第であります。安全に不安な面も若干あります。例えば沼周辺は、まだまだ暗いところもあり、安全面で不安なところがあります。深い森のような場所などがありますので、例えばここに一つの拠点をつくった場合、いろいろな改善が必要であると思いますけれども、できればその辺の考えがありましたらひとつお答えよろしくお願いしたいと思います。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 議員からお話が出ておりますこのクアオルト事業でありますけれども、今回のめでためでた花のやまがた観光圏、7市7町によるところでの天童市の天童型のクアオルト事業というようなことで計画しているわけですけれども、おっしゃられますとおり、非常に私どものまちにはそういう資源がたくさんございますので、それらをいかに組み合わせて、そして広域圏の中でどのようにそれらを、相手さんのあることでありますから、活用していくかということは、それぞれの分野で知恵を出していく必要があると思っています。

 そしてまた、この間、清水さんという方の講演を聞いてまいりましたけれども、これらの事業というのは、やはり民間主導でないとなかなか難しいと。事実、お互いに利害関係が発生しますもんですから、失敗もしている県もあったようであります。今後そういうところでは消滅していくというような話もあったわけですので、その辺のところの中で、今現在、天童市の場合は非常に皆さん、一生懸命にそれぞれの知恵を出してそれぞれがやっているわけですけれども、今後はひとつ体系的にやはりこれをやっていっていただきたいなと思っています。それについて、我々行政としていろいろな形の中で協力、支援をしていくと、こういう形で進めて、なおかつ、そして最終的に天童に滞在していただくという形ができれば非常に結構だなと思っておりますけれども、今からまたスタートであります。

 上山の件については、それぞれに時間をかけて検証をしております。そういうようなことでありますから、上山に負けないようにやるということよりも、まず我々は天童型のクアオルト事業というものを、他市をまねることなく、独自の形をつくっていくんだというような形の中で私自身は進めていただきたいなと思っております。



○伊藤護國議長 後藤和信議員。



◆12番(後藤和信議員) ありがとうございます。

 市長が言われたように、よその施設、策を参考にしながら、天童独自のプランをつくっていくのが一番であると私も考えている次第であります。

 例えば、先ほど言った舞鶴山を中心にした基本的な構想、まず一例をつくって、そのウォーキングに対してどういう効果があり、医学的効果があり、また健康増進にどのくらい貢献できるんだかというものを検証してやるべきであると私は考えております。それが舞鶴山のウォーキングが一番適切じゃないかなと考えている次第であります。

 そのほか市内には、例えば県の運動公園、これは平坦地であります。足腰の弱い人なんかはこういう平坦地の中での健康増進を図られるんじゃないかなと考えている次第であります。先日の報道で高山性の植物が生息していると、すばらしい運動公園でありますので、各種の運動施設もあることであります。また、かけ流しの源泉100%の温泉施設も併設されておりますので、その辺の考えも十分に取り入れるべきじゃないかなと考えております。

 また、古刹である若松寺の古参道の道、これも観光施設でもあり、縁結びの神としても現在脚光を浴びております。毎月初めの土曜日を中心にした縁結びの祈願祭を現在開催しております。それによってよりよいカップルが生まれれば最高だと思っております。

 先輩の話をこのことを聞いたときに、先輩の方はこういうことを話しておりました。本来であれば、古参道を二人で歩き、そして友情を深め、そうやっていくとますます結びつきがよくなるんだ。今まで古参道というのはなかなか通る、我々車社会ですから真っ直ぐ車で行きますけれども、そういうのを利用した健康増進にもなるし、縁結びにもなると、すばらしい資源でありますので、この辺も検討していただければと思います。

 また、そのほかには芭蕉が歩いた山寺の道、これをゆっくりした傾斜で登りながら、また、ゆっくりした坂道でおりてきます。先日、あるホテルの観光客が歩いて行ってきたそうです。3時間か4時間ぐらいで帰ってこられますねと、いい散歩コースですよと、逆に言われたそうです。

 あと、高低差の厳しい水晶山の山岳信仰道、これは急勾配の山岳信仰の山です。これを上り下りすることによっての健康増進、足腰が丈夫になってくる。そういう取り組みを考えるべきであると思っております。

 今後、また、天童高原のある田麦野地区でありますけれども、牧野公社が間もなく閉鎖される予定でありますけれども、ここは勾配が急な山間地のトレーニング、地形療法では一番最適なコースじゃないかなと思います。例えばクロスカントリーの練習会場とか、陸上の高地トレーニング、また駅伝の強化合宿などの誘致を考えれば、一つの道が開けてくるんじゃないかと考える次第であります。

 もう一つは、最上川温泉ゆぴあの周辺を活用したウォーキングであります。今回新しい源泉を掘り、また、新しい再計画が今検討されておりますけれども、このお湯を活用した、また川辺をゆったりと歩き、温泉に入って、ゆったりして歩く道、こういう観光資源がいっぱいあります。数えればまだまだあると思います。私の頭ではこのぐらいしか考えられなかったものですから、取り上げさせていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。

 市内には4つの泉質が違う温泉がありまして、県の運動公園、天童温泉、ゆぴあ、のぞみの里、そういった温泉のはしご湯、これもめでためでた観光圏の中の一つのテーマとしてありますけれども、天童はそういう部分もちゃんと備えております。民間施設でありますけれども、温泉エクササイズもできる施設であることから、この点の連携を密にすれば、もっともっとすばらしいクアオルト事業が推進していくんじゃないかと考えますので、ぜひ参考にしていただければと思っております。

 次に、温泉と観光施設の連携による健康増進でありますけれども、例えば女性にはエステコースを入れるなど、天童に来ると心身ともに若返ったと言えるような取り組みが重要なのではないかと思います。天童の病院にはすばらしい検査機器もあります。すばらしい先生もいらっしゃいます。そういう施設を利用し、また、観光施設ではすばらしい食事といやしの空間を提供してくれます。その連携があれば、ますますの健康増進が図られることだと思われます。

 先ほど市長も言われましたけれども、天童版のクアオルト事業をぜひ展開してもらえればと思っております。これは私の一つの提案でありますけれども、スローな天童、例えばそういうキャッチフレーズをつくって取り組んだらどうかなと、もてなしの心にあふれた地域色豊かな、個性に合った、心身ともに健康的ないやしの天童をキャッチフレーズにうたっていったらどうかと考えますが、この考えに対して市長の考えをいただければよろしくお願いいたします。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 議員のほうからいろいろ御提案ありました。これらのことも先ほど言った天童型クアオルト事業、メディカルを利用した、診療を利用したところのものとか、そういうものをそれぞれの担当する皆さんに、いろいろ今後アイデアが出てくると思います。それらが今議員の言ったようなことも含めて検討されると思います。

 そして、この広域観光という部分の中で、我々の天童市としての天童温泉を中心とした各観光団体あるいは関係団体の連携の中で、大変大きないろんな部分でのアイデアがたくさん出てくると思いますので、それらの中でしっかりとしていただきたいと、こういうふうに私は思っております。



○伊藤護國議長 後藤和信議員。



◆12番(後藤和信議員) ありがとうございます。

 では、続きまして、森林情報館について伺います。

 森林情報館周辺は、今年度、わくわくランドの中に、ニュージーランドからの寄贈される遊具が2つ設置される予定であります。わくわくランド内の噴水の広場は、小さな子供たちが、夏場、噴水の水を浴びながら喜んでいる姿が本当にうれしく、私は見ているとほほえましい感じに受け取ることができます。また、雨の日や冬期間でも遊び場としてできる、室内での遊びができる施設がここにあれば一番じゃないかと思うのであります。夏場、晴れているときは外の遊具、噴水なんかで遊べるけれども、逆に雨の日や冬の期間はなかなか中で遊ぶというのは天童市内に少ないことであります。この森林情報館を利用した子供の遊び場の提供が一つの私は大事な視点じゃないかと考えますので、再度、市長の答弁よろしくお願いします。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 この森林情報館、いろいろ変遷をたどってきました。そして、今現在、目的に沿った利用の仕方という御指導の中で、今そういう形をとっています。そういうようなことで、ある程度の縛りが出ておりますので、その中でそういうものが可能なのかどうかということでありますけれども、今現在、これを調べている段階では大変厳しいと、こういうことだと思っています、スペースの件も含めましてですね。

 そんなことでありますので、この森林情報館については、今後いろいろと皆さんから知恵を拝借して、そしていいアイデアをいただいて、もっともっと皆さんに喜んでいただけるような施設、そしてまた、先ほど言ったように、あそこに今後、ちびっこゾーンとわんぱくゾーンですか、こういうものがでるわけでありますので、それらの管理等の問題もあります。こういうものをどうやっていくのかと、いろいろ課題がたくさんございますので、これらのことを整理しながら今後進めてまいりたいと、こういうふうに思います。



○伊藤護國議長 後藤和信議員。



◆12番(後藤和信議員) 先ほど市長の答弁にもありますけれども、森林情報館の中での例えば展示はまだいいとしても、販売は非常に難しいといろいろな規制がある。例えば森林情報館の今後の課題として、来年度には指定管理がまた別な形になる予定かなと思われるのであります。そして、そのほかにも、あそこの道の駅としての機能もありますので、その辺のクリアをしていただいて、ぜひ地元の製品が販売できるような、展示できるようなシステムづくりをしていただければなと考えている次第であります。

 もし販売ができないのであれば、その場所に連絡者なんかを書いていただいて、個人が連絡して買うんであれば何の問題もないんじゃないかな、逆に。抜け道かなと思うんですけれども、それができるかどうか私はわかりませんので、そういう工夫も必要じゃないかなと考える次第であります。

 また、もう1点でありますけれども、今、各地の道の駅を訪ねると、地元の農産物を販売している朝市が多く設置されております。地元と生産者と一体になった取り組みを行っている次第であります。天童にはまた足湯があり、地元との交流場でもある、また観光客や市民が利用できる朝市広場の取り組みができないものかと考えている次第でありますけれども、ぜひ市長の考えをお聞きしたいと思います。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 前にも、朝市というんですか、直販所ですか、こういうことで一般質問が出たときにお答えした記憶がありますけれども、やはりこういう要望というのは事実ございます。その中で、農協さんなんかもあそこで直売やっておりまして、大変好評を得ているというようなことであります。

 それはそれとして、また違った形の部分だろうと思うんですけれども、その辺のところの方々ともいろいろ相談をしながらやっていく必要があるのではないかなと私自身は思っています。そして、どういう形になるかということを今申し上げる部分は持っておりませんけれども、そういうようなことの中で活性化ができるということであるのであれば、十分に今後検討していくということになろうかと思います。

 ただ、今、それぞれがいろいろな場所でやっております。不定期なところもあれば、なかなか品物がそろわないで苦戦しているようなところもお聞きしておりますけれども、そういう部分で、それぞれが持ち場を持ってやるのもまたこれも一つの手でありまして、必ずしも1カ所に集めてやるということがすべてのベストだということではないんでなかろうかと思いますけれども、皆さんがどうしてもそういうことの中でいろいろ議論したいということであれば、ぜひひとつ御意見を伺いながら、今後の課題として検討という部分でやってまいりたいと、こういうふうに思います。



○伊藤護國議長 後藤和信議員。



◆12番(後藤和信議員) この森林情報館のそばには農協が経営しているサン・ピュアもあります。実際、9時以降開店しておりますので、サン・ピュアに影響ないような早朝から9時までの開催というところで限定すれば可能じゃないかなと私は考える次第であります。そうやって道の駅に訪れた観光客、地元市民との楽しい交流の場がまた出てくるんじゃないかなと考える次第であります。

 これは私の蛇足の意見でありますけれども、そばに足湯がありますけれども、その足湯でゆっくり将棋ができるようなシステムづくりはできないのかなと、例えば将棋盤を置いてとか、せっかく将棋のまち、将棋の形をした足湯がある場所でありますので、そういう形もひとつ考えていただければと思っております。

 次に、高齢者の免許返納に対する支援でありますけれども、最近、各自治体では、免許証を返納すると、返納カードを提示したり、また住基カードの発行をしてくれたり、そういう支援策が各地で実施されているのが現状であります。山形市であれば、バス会社との連携で格安な民間バス利用券の販売がされております。また、ある自治体では、商店街の連携で、免許証の返納カードを提示すると、割引サービスを実施しているところもあります。

 市と商店街、いろんな取り組みで、私はそういう高齢者が大変な思いで免許証を返納した場合の支援策も必要であると考える次第であります。先ほど市長が言われたように、デマンド交通の利用券も公平さがあるということも当然わかりながらの質問でありますけれども、そういう一つの提示をすることによって、交通事故の削減、また、高齢者の悲惨な事故の削減にもつながると考えますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上で質問を終わります。



○伊藤護國議長 以上で、後藤和信議員の質問を終了します。



△矢吹栄修議員質問



○伊藤護國議長 最後に、3番矢吹栄修議員。

  〔3番 矢吹栄修議員 登壇〕



◆3番(矢吹栄修議員) 本定例会最後の一般質問をいたします。無会派の矢吹栄修でございます。

 いつも最後ということで、皆さん、お疲れのところと思いますが、よろしくおつき合いを願いたいと思います。

 通告に従いまして、早速質問させていただきます。

 自治体を超え、さらには県境までも越えて、観光という側面から広域的に連携して、一つの領域を形成する観光圏は、数年前から国の肝いりで認定、補助がなされてきました。文化や食、有名観光地といったキーワードを軸に、数カ所の自治体が連携して観光客を招致するやり方は、これまでにない手法であり、天童においても周辺地域と連携しながら観光圏の認定を受けたいと、行政、観光関係者の方々が研究、模索してきたところであります。

 しかし、政権がかわり、前政権との政策を転換することのみに固執したのかどうなのか、ことし1月末ころの締め切りの申請をもって最後の機会とし、その後の観光圏の指定はしないという方針が打ち出されました。私としては、これで天童は観光圏には食い込めないことになったのかと残念に思いましたし、あきらめていました。

 しかし、昨年12月にはまだ申請書類すらできていなかったにもかかわらず、1月には見事、その構想から詳細な企画書まで完成させて、申請にまでこぎつけたという話が聞こえてきました。聞くところによると、観光圏の認定最後のチャンスと聞いた村山地区7市7町の関係者が一堂に会し、官民問わずに一カ所に集結、缶詰になってわずかの期間ですべてをなし遂げたとか。これは自治体を超え、官民の枠を超え、迅速に仕事が完遂したという点で画期的なことであったと考えます。関係者並びに天童から出向した行政の方に深く敬意を表するものでございます。今後これが自治体の縦割りの打破、民間活力の活用、迅速な行政運営といった目標のモデルケースとなっていただければと思います。

 さて、そうした御努力と業績によって、この春、数十もの申請の中からわずかに5つしか選ばれないとされていた観光圏、実際には15個選ばれたわけですが、見事、村山が4番目の順位で選ばれ、「めでためでた花のやまがた観光圏」という名称で観光圏が形成、スタートすることになりました。大変うれしい限りですが、ただ認定されただけでは実効性がなく、今後、具体的にどのようにこの観光圏を有効活用していくのかが問題になると考えます。

 まず、この観光圏はどのような落とし所と目的を持って行われ、官民の連携はどのように行われ、各自治体や関係諸団体がどうかかわっていくのか、そして、実際に天童市としてどのような取り組みを行っていくのかをお聞きしたいと思います。

 ここで、もっと具体的な質問へと掘り下げますが、観光圏の大きな特徴として、各自治体独自では用意し切れない滞在型の観光メニューを、広域連携することによって提供できるという特徴があるかと思います。例えば、天童市だけならば1日いれば観光できてしまうために、観光客の足をとめることは難しいですが、周辺の山形市、寒河江市、東根市、上山市などが持つ観光資源と連携すれば、十分に2泊3日以上の観光コースを組めるわけであります。

 私もインターネットで、めでためでた花のやまがた観光圏の企画書を読ませていただきましたが、企画書にも記載されているとおり、例えば、山寺、若松寺、慈恩寺をめぐる観光コース、あるいは食やグリーンツーリズムを基軸にしたもの、あるいは温泉、あるいはものづくり工場見学と、考えられる可能性は多岐にわたっております。そう考えると、天童は、そのすべての要素が豊富に備わっており、観光で考えられる多数のメニューに参画できるはずです。ぜひ天童市としては、民間活力のみに任せるのではなく、行政としてしっかりとした支援を行っていくべきだと考えております。

 特に、気候性地形療法、クアオルトという新しい要素は、今後大変可能性を含んでいます。先ほど、直前に後藤議員が詳しくお聞きになったので繰り返しませんが、天童は、立地面においても、温泉保有の面においても、非常にクアオルトに適した場所です。観光圏の企画書の中でも天童はクアオルトを押し進める先ほど市長の答弁にもありました構想のようでございますが、実際、現在では上山市に一歩出おくれている感があります。共存共栄を目指す観光圏の趣旨からいえばそれは当然のこととはいいますが、観光圏内部での切磋琢磨がさらなる滞在型観光を呼び寄せるはずです。天童が力を入れれば、必ずや条件的にも上山市以上のものができるはずですし、そうした切磋琢磨と、クアオルトならば、山形村山地方という地位を確保したとき、クアオルトの認識が深まり、ドイツのように保険の適用といった将来につながっていくはずです。ぜひクアオルト実現に向けた支援を行政としても積極的に行っていただきたい。

 クアオルトのみならず、先ほども述べたように、文化、食、温泉、ものづくりと天童はたくさんの要素を持っています。今回の観光圏の落としどころとして、いい観光メニューが考えられたとき、即座にこれを官民が連携して、観光商品と売り出せる体制づくりがつくり得るといった部分があるかと思います。これまで障害となってきたさまざまなハードルが低くなることで、より柔軟で多様な観光メニューが考えられ、商品として売り出される可能性がこの観光圏によって広がりました。

 ぜひ天童市としてもそういった観光メニューの創出と支援にかかわっていくべきだと考えますが、行政としての今後の具体策をお聞かせください。

 2番目の質問に移ります。

 農業は、天童の基幹産業であると多くの方が言います。農業従事者は天童に多数いらっしゃいますが、もちろん自営の職業で国民健康保険ですから、特定健診は受けられますが、健康診断は自前で受けなければなりません。

 農家の方に伺いますと、我々は農薬を使用している。普通の方々よりも健康に心配があるんだというふうにおっしゃいます。できれば健康診断を定期的に受けるためにも、補助をもらえればということでございます。

 聞けば、スプレーヤーなどを扱うオペレーターの方や農協女性部の家族の方を対象に、農協と連携して、農協ドックというものを企画して、自己負担の部分を市で負担しているそうでございます。これは農薬を扱う頻度を考えたり、女性への支援、女性部会員拡大といったそれぞれの目的があるのでしょうが、農協ドックというのは非常にいい企画だと考えます。

 しかし、どうせこうした支援を行っているのであれば、ぜひ農業従事者の方々全体に枠を広げ、健康診断を受ける場合の補助を実現したらいかがでしょうか。理由もなく農家の方だけを優遇しろと言ってるわけではございません。先ほど私も言いましたが、観光ものづくり日本一を目指す天童にとっては、食やグリーンツーリズムは重要な要素であり、農業従事者はこれを支える方々です。もちろん、スポーツ健康づくり日本一を目指すという意味でも、農薬を扱う方々の健康を守ることは重要なことであるのは言うまでもありません。

 そして、何より担い手農家への支援という重要な側面があります。若者の農業離れが進み、農家を継ぐ人が少なくなっている昨今、担い手農家の方々、特に新規就農者への支援は非常に大切なことだと考えます。新たに農業に携わろうという新規就農者に健康面での補助をしていく。これによってわずかばかりの不安を取り除いていけるのではないでしょうか。

 担い手農家支援にはさまざまな施策をとられていると思いますが、一つ新たな取り組みとして、健康診断を行う際の助成をものづくり日本一、健康づくり日本一の観点から行うべきと考えますが、市長の考えをお聞かせください。

 最後に、3番目の質問に移ります。

 晩婚が進み、少子高齢化の中、婚活という言葉が多く使われるようになりました。市民の方からも多数、天童市でも婚活の動きをすべきだという声を賜っていますし、市長のマニフェストにも婚活がうたわれております。

 しかし、行政やその他の団体が婚活企画をする場合、よくあるのが、たくさんの人を一堂に集めて一発のイベントをやってしまうということが間々あります。何十人もの結婚希望者を集める機会をつくれば、それは話題性はありますし、行政としても婚活支援をしているというアピールにはなります。しかし、現実的に考えれば、短時間の間に何十人もの人と会っても、話ができるのは数分だけ、電話番号やメールアドレスを交換する時間もなく、また、そんな大勢の人の中で積極的に電話番号を聞けるのであれば、そういう場所には来ていないと思います。

 そう考えたとき、私の友人などを見回して、結婚のきっかけで一番多いのは、やはり友人の紹介で飲んだとか、あるいは飲み会の場で知り合ったというのが最も多いケースです。いわゆる合コンというのが男女が知り合う上で一番いい形のようです。一緒に食事をする、一緒にお酒を飲む、しかも、せいぜい最大でも10人くらいの少人数でゆっくりと時間をともにしなければ、なかなかその後も会ってみましょうかという話にはなりません。

 だとすれば、市内を見回したとき、天童には既にそういった婚活パーティーが複数開かれています。特に結婚披露宴などを行うホテルなどでは、積極的にそういった企画を立ち上げているようでございます。天童には言うまでもなくたくさんのホテル、結婚式場があり、飲食店も豊富です。これを有効に活用しない手はありません。何も婚活支援といっても行政がそういったイベントをする必要はなく、むしろ、先ほど述べた理由で、行政は婚活イベントの主体になるべきではないと考えます。こういうときこそ民間活力の活用であります。

 具体的には、温泉協同組合などで、結婚式場として力を入れているホテルなどに協力をもらい、婚活パーティーを定期的に行ってもらう。できれば毎月、今月はあのホテル、今月はあの旅館というように開催し、毎月第何週の第何曜日は婚活の日なんだというふうにしてしまうのです。そんなに多くの参加者は要らず、少人数のパーティーが毎月開かれることで、参加者は気軽に参加できます。1年に1回では機会が少な過ぎますし、男女が知り合う可能性も少ない。毎月開かれていれば、今月は暇だから行ってみようかというふうにして、婚活に真剣な人がリピーターとして参加してくるようになるはずです。そうした機会の中で、あの人とは先月も会ったなといったぐらいに知り合う機会ができていき、結婚へとつながる可能性は格段に大きくなるのです。もちろん飲み会の費用は受益者負担ですし、開催するホテル側は一応の収入になります。さらには、将来的に結婚式場として使ってもらえる可能性があるわけですから、安価に飲み会の場を提供するはずです。

 行政が何をするのかといえば、それに対する支援あるいは市報などによる広報ということになるかと思います。天童市肝いりの婚活パーティーということになれば、参加する側も安心して参加できるというものです。この方式は、何より結婚までの可能性が大きいという実効性と、行政でそれほど予算がかからないという有益さがあります。要は、どうしても独自の利に走ってしまう民間の協力をいかに得て、定期的な開催を軌道に乗せるかということに尽きます。

 ぜひこういった婚活のアイデアを実現させ、子育て支援の一歩手前、結婚支援にも力を入れるべきだと考えますが、市長のお考えをお聞かせください。

 以上、3項目をもって、1回目の質問といたします。



○伊藤護國議長 山本市長。

  〔山本信治市長 登壇〕



◎山本信治市長 矢吹栄修議員の御質問にお答え申し上げます。

 初めに、めでためでた花のやまがた観光圏についての官民の関わり方と今後の具体的な取り組みについて申し上げます。

 今回の広域観光圏は、村山地域の7市7町と観光関係団体等が連携し、圏域内でのそれぞれの観光地や市、町が保有する魅力ある観光資源を互いに有効活用し、2泊3日以上の長期滞在型観光を目指すものであり、具体的な事業展開は民間が行うことを基本に取り組むものであります。市内から広域観光圏に参画する民間団体は、天童温泉協同組合、天童商工会議所、天童市観光物産協会、天童市農業協同組合の4団体となっており、本市は、それぞれの事業展開が円滑に実施されるよう密接な連携を保ちながら支援に努めたいと考えております。

 なお、この観光圏として取り組む事業は、第1に、宿泊魅力の向上としてのクアオルトなどの健康温泉保養地ネットワークづくりを進めることであります。第2に、観光資源を活用したサービスの開発・提供として、山寺、若松寺、慈恩寺、湯殿山などの東日本を代表する精神文化や、果物、野菜、そば、地酒などの豊富な食材を有効活用した連泊・転泊の促進を図ることであります。第3に、圏域内の移動の利便性の向上として、バス、車、自転車などの二次交通の充実を図ることであります。第4に、情報提供の充実として、インターネットによる観光情報の発信及び外国人観光客の誘客を意識した情報発信を進めることであります。第5に、観光客のニーズの把握とその他戦略的事業として、観光情報の収集・発信、旅行商品の企画を行う組織としてのエリア・ツーリズム・エージェンシーを設置することなどに取り組むものであります。

 次に、クアオルトや食・温泉の有効的な活用と発信について申し上げます。

 本市は、広域観光圏事業の中で、天童型クアオルト事業を天童温泉協同組合及び観光関係団体と連携して取り組んでいきたいと考えております。具体的な取り組みについては、後藤和信議員の御質問にお答えしたとおりでありますが、特に食については、これぞ天童の味と胸を張って全国に発信できる食材の発掘や価値づけ、そして新たな名物料理など市内の関係団体と連携して開発したいと考えております。

 次に、農業従事者の健康を守る方策について申し上げます。

 本市では、健康を守る方策の一つとして、農業従事者を含む国民健康保険加入者に対する特定健診及びがん検診の費用について助成をしております。さらに、天童市農業協同組合女性部と連携し、女性部加入家族が健康診断を受けやすいように、農閑期である11月から1月に人間ドックの日程を設定した農協ドックを実施しており、天童市農協において自己負担金の一部を助成しております。平成21年度の実績では630人が受診しており、今後とも天童市農協と連携しながら継続してまいります。

 また、市内13の農業生産団体で組織している天童市農業経営近代化協議会の活動において、各生産団体のスピードスプレーヤーなどの機械操作員が受診する健康診断費用についても助成を行っており、平成21年度の実績では、32人に対し自己負担金の一部を助成しております。今後とも、農業従事者の健康の維持と疾病の早期発見のために、健康診断の助成を継続していく考えであります。

 次に、婚活についての温泉や飲食店と協力した婚活の具体策について申し上げます。

 近年、結婚活動を行う団体等がふえており、県においては、NPO法人元気netかほくに婚活コーディネーター設置業務を委託して、ホームページ「やまがた出会いセンター」を管理運営することにより、活動団体の情報の収集と提供を行っております。また、県や本市のほか、NPO法人、商工・農業団体など71の団体、個人が会員となり、結婚活動を連携してサポートするやまがた婚活応援団プラスが平成22年1月に設立され、ネットワーク化が進められているところであります。

 本市におきましても、昨年度から、ボランティア団体のブローディア・ブライダル・サポーティングが無償で男女の出会いをお手伝いする活動を始めております。NPO法人ドリームオブ天童でも、男女の出会いの機会を創出する活動を展開しております。

 今後も、こうした結婚活動を行う団体等については、市報や市ホームページにイベント情報の掲載を行い、事業のPRを行うとともに、元気netかほくが運営するやまがた出会いセンターと連携し、市内だけでなく、市外、県外への情報の発信を進めていきたいと考えております。



○伊藤護國議長 矢吹栄修議員。



◆3番(矢吹栄修議員) お答えありがとうございました。

 先ほどの後藤議員の質問と大分かぶる部分があるもので、その辺は私もなるべく省きたいと思いますが、まずはこの観光圏、やはり民間主導が基本だと、これは市長のお答えのとおりだと思います。

 じゃ、現実、どういうふうに行政から動いてもらいたいのかというふうに温泉の方々などにお聞きすると、とにかくこの観光圏というのが空中分解しないでほしいという、まずは市長の肝いり、市長がこれに対してやるんだと、7市7町のトップがみんな連携して頑張ってやるんだという、まずその意気込みが何より大事だろうというようなことをおっしゃっておりました。

 もう一つ、出向してこの形成にかかわってくれた職員の方がいらっしゃると思うんですが、それに通じた職員というのは簡単に動かさないでもらいたいということもいただきました。確かに、状況がわかっていてこれまでの流れがわかっている人が、この企画が軌道に乗るまではぜひ担当をかえないでいただきたいというような、もちろんこれは人事の件ですから、市長にそんなことをお願いするわけにもいかないかもしれませんが、お願いしたいというようなことをお聞きしております。

 まず、先ほども言いましたけれどもメニューづくりだと思うんですね。まずは最初に立ち上げて、この協議会の中に、うちはこんなにいいものがあるよ、こんなことをしたらどうですかというようなメニューのラインナップがばあっとそろって、それをどう組み合わせると魅力的な商品になるかというような研究が出ていくと思うんですね。ですから、協議会のほうにどんどんそういったものをアピールしていくということが必要かと思います。

 例えば、うちの議会でも一般質問で結構出るんですね。観光でこういうことをしたらいいんじゃないか、ああいうことをしたらいいんじゃないか。けれども、今までは行政としてそれを聞いても、行政がそれを旗振ってやるかというと、なかなかそれはハードルとして高かった。だけれども、議会で出たことを担当者の方が協議会に行って、こんなアイデアが出ましたよ、取り入れられませんかということが今後可能になるわけですね。そうしますと、我々議員も自分の考えたこと、あるいは市民からもらったアイデアというのを議会でしゃべれば、もしかしたらそれが商品化される可能性がある。これは今までになかったことだと思います。

 この前、水戸議員が、桃の花見の桃源郷なんてすごくいいんじゃないかとか、私もおもしろいなと思いましたし、例えば天童の舞鶴山の夜景をツアーに入れるとか、いろんな可能性が考えられると思うんです。

 私も一つアイデアを提供させていただきますと、ある農家さんで、岩手の建設業者の方だそうですが、6月に必ずサクランボ狩りにバス1台、四十何人で来るそうです。木を1本その会社のためにとっておいているそうなんですね。その木の下で、シートを敷いて、から揚げとか弁当を食べながらお酒飲みを一日やって、天童温泉に泊まって帰るというのを毎年、社員旅行としてやっているそうです。リピーターなんだそうです。これは我々地元の人たちがやるサクランボ狩りです。非常にこれは地元の人たちが喜ぶサクランボ狩り。

 実際にサクランボ狩りというと、時間が決められていて、とって終わりですが、地元の人間が喜ぶものを外部の人にPRしていくと、提供していくということによって、リピーターもふえてくると思うんですね。そこには新たな産業も生まれますし、観光果樹園としてやっていない農家の方でもそれには参画していけるというような企画があるかと思います。

 これはグリーンツーリズムあるいは食ツーリズムということになるかと思うんですが、こういったアイデアがいろんな観光メニューとして意見が寄せられて、提案されて、民間がそれを利用していくというようなことが今回の観光圏によって大分可能性が広がったんじゃないかなと、私は非常に期待しているところでございます。

 先ほど、エリア・ツーリズム・エージェンシー、ATAという言葉が市長の答弁の中にも出てきましたが、名前がちょっと今度変わるという話も聞きましたが。商品メニューを提案したときに、そういったメニューは勝手に商品として売れないから、それをつくるエージェンシーがあって、それを特例として、今度はホテルのフロントでも売れると。例えばハワイなんかに行くと、スキューバダイビングツアーはホテルで直接頼んで、お金を払って行けるということが今度天童でも可能になるとすれば、周辺のホテルに泊まったときに、そういった簡単な1時間ぐらいで見て回れる観光商品なんか、ホテルで販売できることになるわけです。そういった可能性というものが非常に広がるはずです。

 だとすれば、行政でできることは何かと考えれば、先ほど市長の答弁にもあった二次交通の整備、利便性の向上ということですね。そこに、この定例会で何度も議題になっていますデマンドタクシーとか、あとは、先ほど言ったサイクリングの自転車の充実を図るとか、そういったことがどんどんかかわってくる。あるいは今回の目的として、外国人の受け入れなんかも非常にうたっておりますが、そういった部分での看板の設置とかチラシの作成なんかでもサポートできるでしょうし、例えば観光ボランティアの育成という部分でも行政としてはかかわっていけるのではないかなと思います。

 ですので、行政ができることは限られているから民間なんだよということ、もちろんそうなんですが、やはり行政ができることというのが非常にあるはずですね。これを温泉協同組合あるいは観光物産協会等々からの要望、現場の声を聞きながら、じゃ、市でできることは何ですかといって、積極的に官民が連携して進めるというのが今回の肝だと思いますので、ぜひそういうふうに進めていっていただきたいと思うわけですが、今るる述べたことに対して市長のお考えをお聞きしたいと思います。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 今いろいろ御質問出たわけですけれども、まず7市7町がしっかりまとまるというようなことですけれども、私の感じといたしましては、かなり温度差があるという実態は受けております。当初は上山、山形、天童ぐらいだったのが、どんどん枠組みを広げて、いろいろな事情があった中で7市7町ができたということですけれども、私自身は少し温度差があるという感じがしておりますけれども、せっかくこれだけ期待をされておるわけですから、そういう集まりがあった場合には、恐らく皆さんそういう態度はなさらないだろうと思いますし、各自治体はそれぞれ一生懸命やっていただけると、こういうようなことをまず前提として進めていかなければいけない、こういうふうに思います。

 それから、職員の異動については、コメントできるわけはありませんので、お答え申し上げることはできませんけれども、やはり知っている方がおるということは、これにかかわっている人たちが行政の中で、いつもわかっていただけるという部分で強みだと思いますので、そういうことは配慮すべきだろうと思いますので、頭の中にだけは入れさせていただきたいなと思います。

 それから、今いろいろ御質問出たんですけれども、メニューづくりからあるいはいろいろなアイデアを出していただきました。その中で、私は、民間が主体性を持ってやるということを申し上げました。これは行政が何もわきから見ているということでは決してございませんで、今議員のほうからいろいろ御提案があったようなこと、こういうものを我々だけでやるのではなくて、民間の方も行政の方も余り区分けをせず、お互いに共同作業の中で進めていく。その中の主体性はやはりあくまでも民間の方に持っていただいて、その中で行政がまじめに、真剣にこの広域観光圏というものの将来の天童温泉を含めた天童市の観光という部分を大きく左右するものだというような認識の中でお互いに作業を進めていく、そういうことが最も大事だろうと思います。

 ですから、私たちも民間の皆さんと一緒になって、担当者が先頭になると思いますけれども、しっかりとサポートするし、また、もしこういうところは行政としてどう考えているのかというようなことがあれば、いつでもそれに対する対応というんでしょうか、反応というものは、お互いに反応し合いながらこれを進めていく。そして最終的には、これは少し長く時間はかかるんだろうと思いますけれども、天童市だけがよくなろうとして成功する事業ではないということですね。そういうようなことですから、その辺のことを一つベースとしてこの事業を取り組んでいくと。それは恐らく民間の方も承知していると思いますので、一部崩壊してしまった観光圏もあるそうでありますけれども、そんなことにならないように、お互いに連携を深めて進めさせていただきたいと思います。



○伊藤護國議長 矢吹栄修議員。



◆3番(矢吹栄修議員) 力強い御答弁で大変うれしいわけでございます。

 もちろん私も民間主導でなければこれはうまくいかないと思っております。ですから、行政が旗振ってもなかなか動かないというのが現実でございましょうし、その辺はしっかり行政が下支えをするという、これが急務だと思っております。

 また、天童だけよくなろうというのではもちろんだめなわけですから、転泊というのがキーワードになっていくかと思いますので、ぜひいいメニューをどんどん出していくと。その中で、いいメニューを出した市町村に人が流れていくという形になっていくと思いますが、共存共栄と同時に切磋琢磨というのもこれは必要になってくるわけですから、ぜひその辺のサポート、下支えをお願いしたいと思います。

 同時に、先ほど後藤議員からもクアオルトのお話が出ました。何度も出ましたけれども、由布院とか熊野では市を挙げてやっているわけです。上山市もそうやって一歩先んじていると。切磋琢磨という意味で、今言ったように、天童が後塵を拝しているわけですから、追いつけ追い越せで努力しないと切磋琢磨にならないわけです。時間がかかる部分もあるでしょうけれども、こういうのはもう本当に10年後に実現しましたでは遅いわけですから、市長の民間の経営感覚でこういうものに対しては即座に対応して、実現に向かって走り出していただきたい。全部そろって、こんなにいい遊歩道ができました、こんなにいい医療機関とも連携できました、全部がそろって、はい、どうぞでは、多分これは無理なので、一歩でもとにかく進んでしまうというのが、走り出してしまうというのがまず必要なことだと思うんですね。

 先ほど後藤議員の紹介にもありましたけれども、きょうの新聞の記事なんかでも、ああいうのは民間で既にそういうクアオルトに向けた動きをし出したというふうに判断したほうがいいと思うんです。実際に歩いてみていらっしゃる方なんかもいるわけですから、そういった動きをどんどん助長していくというのが我々には必要なことなんじゃないかなと思うわけです。例えばロータリークラブ、ライオンズクラブ、青年会議所、YEGとかいろいろありますが、そういった部分でそういった企画をやってもらうというようなことですが、市民のクアオルトに対する認識を向上することになるでしょうし、ぜひそういった認定のサポートですね。

 秋には温泉のほうでドイツのほうに視察に行くというような話も伺っておりますが、市を挙げてこのクアオルトに力を入れていくんだというのを示すためにも、例えば協議会を立ち上げていくとか、民間での認識を深めるための運動を、活動を即座に始めていただきたいなと思う次第です。

 やみくもにクアオルト、クアオルトと言っているわけじゃないんですが、私も何度も質問しております例えば舞鶴山の花いっぱい計画、遊歩道の整備というのとリンクしてくる話なんですね。新しいものが出たから、じゃ、いいから取り入れようじゃなくて、天童の観光というのを考えたときに、例えば舞鶴山は周遊できるコースにするんだということで計画しているわけです。それにクアオルトというのは非常にうまくかかわれるから取り入れましょうという話になるんであって、じゃ、遊歩道の整備に力を入れましょうと、そこにまたなっていくわけでして、そういったグランドビジョンというか、天童の観光はこういうものを提案するんだよというのがあっての一つの流れだと思うんですね。

 この前、舞鶴山の頂上のバーベキューのところを整備していただいて、きれいになっていいんですけれども、何であんなものつくるんだという市民の声も実際あるのはあります。どうせだったら和風の建物にしたらいいっけとか、でも、それは、悪い、つくっちゃだめだと言っているわけじゃないんですけれども、天童の舞鶴山をこういうふうなところに持っていきたいからあれをつくったんだというのが理解できるものじゃないと、やはり市民としては納得いかないという部分があるかと思うんです。

 ですから、遊歩道の整備、クアオルトの精神というのは、そういったグランドビジョンに一つ合うものだと思っていますので、まずはそういう遊歩道の中でもおどろおどろしい場所とか、木の伐採とか、そういったものを積極的に推進していっていただきたいなと思うわけですけれども、市長のお考えをお聞かせください。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 このクアオルト事業、舞鶴山の整備との一体的、まさにそのとおりであります。先ほど後藤議員からも出たような御質問になったんですけれども、整備することによって遊歩道等の魅力なんかも増してくるわけですから、そうすることによって、県外の方たちに対するアピールもできるわけですので、まさに一体感だと思います。

 ただ、舞鶴山の整備に関しましては今回まずこちらのほうに置いておいて、このクアオルトの事業が10年後に成功したということでは遅い、まさにそのとおりなんです。そういうようなことでありますから、これもそう長い認定事業ではありませんので、その期間内にしっかりと成果を出していくということが大事だと思います。そして、我々がこの観光圏事業に加わった天童市としての最終到達地点はどの辺にあるのかということも、行政あるいは関係者の皆さんも、お互いにまずその辺のイメージをつくり上げてスタートしていく必要がある。その中で先ほど言ったような舞鶴山との一体感とかいろいろ出てきます。天童市として整備をしていかなきゃいけないとか、整理をしていかなければならないところとか、こういうところが出てきますので、こういうことを十分に認識して、そしてまた、先ほど言われましたように、スピード感をもって対応してほしいということでありますから、十分にそういうことを心がけてやらせていただきたいと思います。



○伊藤護國議長 矢吹栄修議員。



◆3番(矢吹栄修議員) ありがとうございます。

 市長のおっしゃるとおりだと思いますので、今までは官は官、民は民というような、観光に関しては特にそういう部分が多かったのかなと思いますので、ぜひ5年後の天童の観光というのをイメージしていただいて、それを市長なり、担当者なり、民間の方々なりが共有して、それに対して予算をかけるところはかけていくというような流れがぜひ必要になってくると思いますので、この辺を充実させていっていただきたいなと思う次第です。

 2番目の質問ですけれども、農家の方々というよりは、新規就農者支援という部分も非常に大きいのかなと思うわけです。先ほど私も言いましたけれども、女性部の農協ドックとか、スプレーヤーオペレーターの方々への支援はもう行っているんだということでございますが、せっかくやっているんですから、そういったものを広げるというのも非常に有効なのかなと思うわけです。

 現実的には、女性部に入る人が少なくなってきているから、そういう特典を与えてあげて女性部に入ってもらうというような部分もあるのかもしれませんけれども、せっかくですから農業従事者の方にはそういったものがあるんだと、サポート事業としてあるんだというのは非常に有効なことなんじゃないかなと思います。参加されている方が女性の家族で六百何人というのは、それだけ需要があるということですね。ですから、ぜひそれは進めていっていただきたいなと思うわけでございます。

 この前、ちょっと農協の方に問い合わせしたら、知らないという方もいらしたので、ちょっと悲しいなという気もするんですが、ぜひ、新規就農者、今後、若い人たちだけじゃなくて、団塊の世代の方が退職した後に新規就農者になった、だけど健康には不安だという人が今度、高齢者の方でもふえるはずですから、そういった部分も非常に重要なんじゃないかなと思います。

 ただ、農業関係者というのをどこまでを関係者として助成するかという、このライン引きというのももちろんあると思いますけれども、ぜひ、ものづくり、健康づくり、日本一の観点からこういった部分を推し進めるべきだと考えるんですが、市長の思いをお聞かせください。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 農業従事者のみならず、この健康という部分は、やはり将来の天童市の大きな少子高齢化の時代に対しての大変重要な部分だと思います。そういうようなことですから、農業関係者はもちろん、全市民を対象にして、健康で、丈夫で、元気で過ごせるような体制というのは大事でありますので、この辺をいつも頭に置きながら、健康・スポーツ日本一を目指していろいろな施策を考えてまいりたい、こういうふうに思います。



○伊藤護國議長 矢吹栄修議員。



◆3番(矢吹栄修議員) ありがとうございます。

 市長がそんな簡単にやりますと言えないようなものを質問して申し訳ございませんが、全体的にやるといっても、なかなかそこはハードルが高いと。いろいろ理由先ほど申し上げましたけれども、そういった理由で農業関係者の方にまずは補助しましょうかといった次に、農業関係者の方だけずるいということになるかもしれません。そうしたら、じゃ、広げましょうかと。一つの先鞭として、そういった健康診断への補助というのはひとつ頭にぜひ置いていただきたいなと思う次第です。

 最後の3番目の質問ですが、行政が婚活というと、さっき言ったような婚活応援センターとか、何かそういう話になるんですね。ネットワークのボランティアの方々に紹介します。昔だったらお見合いというのもすごくあったので、そういうのも有効だったのかもしれませんが、今の若い人の感覚からいえば、そういうところに登録して結婚しますと、何か格好悪いというような意識があるんですね。ですから、行政がやっていることというよりは、民間でやっているそういうパーティーなんかに気軽に参加して、だめならだめでもいいやと、もう一回行ってみたときに、いい子と会えたらそれでいいやというようなぐらいの簡単な感じじゃないと、なかなか浸透していかないと。行政が旗を振ると、どうも重くなるという傾向にありますので、ぜひ気軽な婚活支援というか、イベントというのが必要になってくるかと思います。これこそ行政主導じゃなくて、民間活力の活用じゃないかなと思うわけです。先ほども指摘しましたけれども、既にやっていらっしゃるホテルさんがたくさんあります。

 ですので、現状あるものを、じゃ、天童市は何をするかというと、そういうものを体系的に取り仕切って、定期的にしていくとか、広報していくというのが役割になるんじゃないかなと思うんですね。ですから、有効性という意味で非常に高いと思われますので、実現に向けて動いていただきたいんですが、これを民間の人が、組合が旗を振ってもなかなかうまくいかないと思うんです。これはやはり市長の肝いりで、こういう事業をしたいんだけどというような、民間の方々の調整役に回ってもらうというのが必要なことなんじゃないかなと思うわけですけれども、私のこのアイデアに対しての市長の考え方をお聞かせいただきたいと思います。



○伊藤護國議長 山本市長。



◎山本信治市長 今まで行政のほうで答える場合は、具体的なこういう個人に関するものに関しては行政になじまないと、民間の人たちがやってほしいと、こういうような答えで一方的だったんですね。今もそういう部分あります。

 ただ、今言われましたように、天童でこうやってそれぞれが一生懸命、婚活に力を注いでいる方がいらっしゃるということであります。また、ホテルなんかも含めて、そういうことの将来の需要も含めて活動しているところもあるということですから、今の議員からの御提案の中で、そうやって考えていたんですけれども、そういう方たちを一堂に会するということはなかなか難しいかもしれませんけれども、そういう方たちに集まっていただいて、現状のことを聞いてみたり、あるいはどの辺が大きな課題になっているのかとか、そういうようなことを一遍聞いて、課題整理する必要があるんじゃないかなと今思っておりました。

 ここの場ではどうのこうのという御返答でなくて、これ終わりましてから、市長公室あたりに相談してみて、そういうことが可能なのかどうかも含めて、一遍少し前向きに、従来のものとは違った形といいますのは、私もこの婚活については選挙中に言ってまいりました。なかなか進んでいないのが現状であります。それは先ほど言ったようなことからだと思っていますけれども。そういうことを含めて、それぞれの方々に来ていただいて一堂に会して励ましていただくということなんかも一つの取っかかりになるかもしれませんので、そんなことを一遍検討させていただきたいと、こういうふうに思います。



○伊藤護國議長 矢吹栄修議員。



◆3番(矢吹栄修議員) ありがとうございます。

 行政で婚活の問題点を話す会議があるから来てくれといっても、集まるかどうかという部分もあるかと思いますが、それで知り合って結婚してくれればそれが一番いいわけですが。

 さて、婚活パーティーも実際ホテルでやられておりますので、そういう方々の参加者にアンケートとるとか、そういうことも今後有効になってくるのかなと思います。それぞれの事情があって、これだから晩婚なんだという理由は一つに絞ってどうのこうのということではないと思うんですが、私の同世代の人間の話を聞いていますと、そういう機会の創出というのが何よりだと思います。その機会というのも、先ほど言ったように、余りかたかったり、あんまり短時間であったりするとなかなか難しいと。だから、友達の紹介あるいは合コンとかで知り合っていくというのがスタンダードな形になっているようですので、ぜひその辺は民間活力を利用した婚活に力を入れていっていただきたいと思います。

 以上申し上げまして、私の質問を終わらせていただきます。



○伊藤護國議長 以上で、矢吹栄修議員の質問を終了します。



△散会



○伊藤護國議長 これで本日の議事日程は全部終了しました。

 したがいまして、本日はこれで散会いたします。

   午後2時33分 散会