議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 天童市

平成21年 12月 予算特別委員会 12月09日−02号




平成21年 12月 予算特別委員会 − 12月09日−02号







平成21年 12月 予算特別委員会



     平成21年12月9日(水曜日) 午前10時00分開議

      山崎 諭予算特別委員長     村山俊雄副委員長

 ●出席委員(21名)

 1番 松田耕一委員   2番 村山俊雄委員   3番 矢吹栄修委員

 4番 狩野佳和委員   5番 松田光也委員   6番 矢萩武昭委員

 7番 山口桂子委員   8番 木村竹虎委員   9番 赤塚幸一郎委員

10番 結城義巳委員  11番 武田達郎委員  12番 後藤和信委員

13番 山崎 諭委員  14番 石垣昭一委員  15番 小松善雄委員

16番 鈴木照一委員  17番 水戸 保委員  18番 小澤 精委員

19番 淺井健一委員  20番 伊藤和子委員  21番 秋葉 忠委員

 ●欠席委員

    なし

 ●出席要求による出席者職氏名



日程
所属
職・氏名


12月9日(水)
総務部
部長 國井研一


総務課
課長 後藤秀一、課長補佐(職員係)遠藤 浩、副主幹(統計調査係)土屋文昭、
副主幹(行政係)齋藤忠浩


財政課
課長 小林政俊、副主幹(管財車両係)黒田 強、副主幹(契約係)工藤豊和


市長公室
室長 新関 茂、室長補佐(秘書係)大木 真、副主幹(危機管理係)小川順一、
副主幹(政策企画係)松浦和人


税務課
課長 飯田 豊、課長補佐(管理諸税係)押野末治、
副主幹(市民税係)原田誠一、副主幹(固定資産税係)村山裕二




消防本部
消防長 伊藤正雄、消防署長 三瓶幸雄、消防課長 荒澤三滋、
課長補佐(庶務係)工藤 仁




教育委員会
教育次長(兼)教育総務課長 山口 孝


教育総務課
主幹(庶務係)松田和雄、技術補佐(管理係)秋保 栄


給食センター
所長 五十嵐慶一、副所長(業務係)須藤俊雄、副主幹(庶務係)安喰孝雄


学校教育課
課長 酒井智子、課長補佐(教職員係)阿部雄宏、指導係長 江川久美子


生涯学習課
課長(学習推進係)酒井孝二、副主幹(調整係、文化財係)國井重則




市民部
部長 武田正明


社会福祉課
課長 柏谷 忍、主幹(調整係)元木美智子、副主幹(介護係)萩原 晃、
副主幹(国保年金係)萩生田伸悟


健康課
課長 武田 忍、課長補佐(市民健康係)松田光子、
副主幹(障がい支援係)瀬野恒二


子育て支援課
課長 西澤 仁、主幹(児童育成係)小川博史、課長補佐(家庭支援係)結城義彦


市民課
課長 青柳 孝、課長補佐(市民係)渡辺俊也、副主幹(住民記録係)早坂康雄


生活環境課
課長 佐野啓子、課長補佐(環境係)細谷康夫、
副主幹(市民生活係)矢萩啓三、副主幹(防犯安全係)結城芳典


文化スポーツ課
課長 高橋秀司




市民病院
事務局長 阿部邦敏、主幹(医事係)高橋秀一、副主幹(総務係)村形邦彦


経済部
部長 安喰邦男


農林課
課長 村山利男、課長補佐(調整係)村山忠彦、副主幹(生産流通係)佐藤正義、
副主幹(農政係)佐藤 雅


商工振興課
課長 加藤正美、主幹(商業労政係)赤塚嘉知、副主幹(工業振興係)大内淳一




農業委員会
事務局長 松田 実、主査 赤塚智幸




建設部
部長 瀧口 廣


建設課
課長 阿部英弥、課長補佐(庶務係)東海林宏行、技術補佐(維持係)後藤茂夫、
副主幹(建築指導係)秋保 肇


都市計画課
課長 五十嵐秀雄、主幹(都市整備係)加藤俊明、課長補佐(計画係)森谷倫祥、
技術補佐(区画整理係)花輪敏秀


下水道課
課長 早川祐司、課長補佐(業務係)今野孝一、副主幹(工務係)大石章夫、
副主幹(維持係)田中広也




水道事業所
所長 茂木健一、所長補佐(業務係)日野耕一、
所長補佐(工務係)横山伸一、副主幹(給水係)早坂隆行



 ●出席した事務局職員

                         主幹兼局長補佐兼

森川敏雄   事務局長       野口忠司

                         調査係長

原田まき子  副主幹兼庶務係長   武田文敏   副主幹兼議事係長

                         庶務係兼

加藤博之   調査係主査      結城篤彦

                         議事係主査



△開議



○山崎諭予算特別委員長 ただいまから本日の会議を開きます。

 本日の会議は全員出席でありますので、直ちに会議を開きます。



△議第30号 平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)外6件



○山崎諭予算特別委員長 日程第1、議第30号平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)から日程第7、議第36号平成21年度天童市民病院事業会計補正予算(第1号)までの議案7件を一括して議題といたします。



△議第30号 平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち総務部、消防本部、議会所管に属する事項外1件



○山崎諭予算特別委員長 初めに、議第30号平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち総務部、消防本部、議会の所管に属する事項及び各会計の職員給与についての質疑を行います。



△質疑



○山崎諭予算特別委員長 最初に、かがやきからお願いいたします。

 松田委員。



◆1番(松田耕一委員) 29ページなんですけれども、危機行革管理事業費、先日御説明いただいたのですけれども、もう一度内容についてお伺いいたします。



○山崎諭予算特別委員長 新関市長公室長。



◎新関茂市長公室長 おはようございます。

 今の御質問にお答えさせていただきたいと思います。

 事項別明細書の28、29ページの一番下段の危機行革管理事業費の73万7,000円の内訳ですが、まず1つは、18節備品購入費61万円ですが、これにつきましては、全国瞬時警報システムというものを今回導入するわけなんですけれども、これは国の施策として、国が今回追加補正しまして、全国一斉に全国の市町村に整備するものでございます。

 これは、従来の警報システムと異なり衛星通信を利用した警報システムでありまして、従来インターネットを利用しましたEMネットという警報システムが本市でも整備になっておったんですが、これですと大体1分程度かかったわけなんですけれども、今回の全国瞬時警報システムを導入することによって、国の説明では1秒で全国の市町村に警報が発せられるというようなことでございます。内容につきましては、気象災害情報のほかに、弾道ミサイル等の有事の情報につきましても瞬時に全国の市町村に配信になるというようなものでございます。

 もう一つが19節負担金補助及び交付金ですが、これにつきましては、山形県防災行政ネットワークのバッテリー整備事業負担金でございまして、県の防災行政ネットワークにつきましては平成14年度から運用を開始しておりますが、停電時のバッテリーなんですけれども、これにつきまして、いまだに交換になっていなかったんですが、県では平成23年度更新を予定しておったんですが、国の追加経済対策によりまして、本年度前倒してバッテリーを交換するというようなことで、その経費につきまして、県との契約によりまして2分の1負担するということになっておりますので、それで2分の1の負担金でございます。

 以上でございます。



○山崎諭予算特別委員長 松田委員。



◆1番(松田耕一委員) よくわかりましたけれども、この情報というのは国から発せられる。どこが発してくれるんでしょうか。災害や気候とか、あと弾道ミサイルとかの情報はどこから出るのか。

 あと、そのバッテリーなんですけれども、これは庁内の停電時のバッテリーのようなものでしょうか。内容についてお聞きします。



○山崎諭予算特別委員長 新関市長公室長。



◎新関茂市長公室長 お答え申し上げます。

 最初の御質問ですが、瞬時警報システムにつきましては、気象災害、例えば地震、津波、気象警報等につきましては気象庁、武力攻撃等に関しましては内閣府官房、それが消防庁に行きまして、消防庁から衛星回線を通じて全国の市町村に発信になるというようなものでございます。

 あともう1点のバッテリーにつきましては、停電時に県の防災行政ネットワークシステムを動かすためのバッテリーでございまして、2種類ございまして、1つは無停電電源装置ということで、5階の電話交換室にあるんですが、これに4個バッテリーが備えつけてあります。あともう一つですが、1階の守衛室の外のほうにあるんですが、発電機を発動するためのバッテリーが1個あります。全部で5個ございます。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 よろしいですか。

 ほかにありませんか。

 鈴木委員。



◆16番(鈴木照一委員) それでは、22ページ、23ページでございます。

 17款寄附金の1目一般寄附金でございますが、500万円というふうになってございます。昨年度だけでも現金の寄附の総額が233万円ほどで、一般寄附に関しては5万円ほどになっておりますが、この500万円という寄附の内容についてお伺いしたいと思います。



○山崎諭予算特別委員長 小林財政課長。



◎小林政俊財政課長 お答え申し上げます。

 これは財団法人山形県都市整備協会の清算に伴う出捐金の清算金でございます。ことしの3月31日でこの組織が解散になりまして、清算事務をしておりまして、9月4日で清算が終わりました。そこで、清算金を出捐金に応じて返還をしていただくというふうな内容でございます。山形県と13市にそれぞれ清算金を寄附金としていただいております。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 鈴木委員。



◆16番(鈴木照一委員) わかりました。

 続きまして、26ページ、27ページでございます。

 職員の退職手当が大分膨らんでございますので、こちら、勧奨の退職者、それと定年を迎えた方の退職者数、それと、職種において、一般、技術等に分けて、それぞれどのようになっているかお伺いしたいと思います。



○山崎諭予算特別委員長 後藤総務課長。



◎後藤秀一総務課長 それでは、鈴木委員の御質問にお答えを申し上げます。

 まず、平成21年度の退職予定者の関係でありますけれども、総数23名というふうになってございます。職種といたしましては、行政職が20名、病院のプロパーの職員の方が3名というふうなことになってございます。

 勧奨、定年の関係ですけれども、定年退職者が14名、勧奨退職予定者が8名でございます。あと、都合による退職が1名ということになってございます。

 技能職と行政職の関係ということでありますけれども、全員行政職でございます。



○山崎諭予算特別委員長 ほかにございませんか。

 鈴木委員。



◆16番(鈴木照一委員) ありがとうございました。

 それでは、28ページ、29ページでございます。

 もしかしたら説明を聞き逃してしまったのかもしれませんが、歳出、2款1項5目の基金積立金のうち市有施設整備基金元金積立金2億円の内容について、目的がもし具体的なものがあるのであれば、御説明を願います。



○山崎諭予算特別委員長 小林財政課長。



◎小林政俊財政課長 お答え申し上げます。

 この2億円につきましては、公共施設が経年劣化をしているということで、後年度負担の軽減を図るという意味で、今回交付税の増額があったものですから、これを2億円充てようとするものであります。具体的には、耐震補強工事や、あるいは、近い将来に一中の改築等を含めて検討しておりますので、このあたりに充てていきたいというように考えているところであります。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 ほかにございませんか。

 以上でかがやきの質疑を終了いたします。

 次に、政和会から質疑をお願いいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上で政和会の質疑を終了いたします。

 次に、つばさ21から質疑をお願いいたします。

 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) 13ページの市民税の関係ですが、3月の当初予算のときにも、前年度並みは無理なんではないかというふうな質疑を申し上げたこともあるわけですけれども、特に、法人市民税が26%というふうに大幅に減額になると。多分に見通しが甘かったのかなというふうな気もするわけですが、今、国のほうもこれで困っているようですが、この額は、5月か6月に納付書を作成した後の確定した金額で、個人市民税も法人市民税もこのくらい減額になるというふうに算出されているものなのかどうかをお伺いします。



○山崎諭予算特別委員長 飯田税務課長。



◎飯田豊税務課長 赤塚委員の質問にお答えいたします。

 委員御指摘のとおり、3月の定例会のときにもいろいろ御指摘ありました。当初、特に法人市民税につきましては、環境関連の事業所分の伸びがあったというようなこともありまして、当初予算では現年課税分で85.8%の予算ということで、14.2%ほどの計上であったわけですけれども、10月末までの調定を見てまいりまして、7月までの対前年比の割合を見ますと、4月、5月、6月、7月というようなことで、30%から40%ほどの減少が出ております。特に、法人税割につきましては、そのような非常に大きな減少があったと。

 8月、9月に入りまして15%から20%ほど増加というようなことで、やや持ち直した感じもあるわけですけれども、10月から3月までの予定申告につきましては、ことしの4月から9月までの確定申告分の2分の1の額が法人税割として申告されるというような税の制度がございますので、年度末の調定額につきましては、これまでの状況を踏まえて、今回予算のような額で減額をせざるを得ないというような状況でございます。

 あと、個人市民税につきましても、今現在の状況を踏まえまして減額をお願いするというような状況でございますので、よろしくお願いいたします。



○山崎諭予算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) 市民税は、市の財政の中でも大きな柱の金額になりますので、その辺の見通しについては、来年度以降も含めて、よく精査をした上で予算化をしていただきたいというふうに思います。

 次の14、15ページの地方交付税が5億円強、16%もプラスになる。初日の説明では、確定に伴ってプラスになるというふうな説明だったんですが、多く入ってくることは地方自治体としては喜ばしいことではあるんですが、16%も余計に来る、その主な要因がわかったらお願いしたいと思います。



○山崎諭予算特別委員長 小林財政課長。



◎小林政俊財政課長 お答え申し上げます。

 主な要因といたしましては、景気の低迷による市税の落ち込みがまず第1点で、これが基準財政収入額を下回るということになります。もう一方は、国の制度の中に地域雇用創出推進費というのが、今年度と来年度、新たに創設されました。これが基準財政需要額を伸ばした原因であります。その両方の要因によりまして、当初見込みよりも額の確定の中で大幅に増加をしたというような状況でございます。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) それでは、もう1点、27ページの退職手当、先ほど質疑があって、今年度の全体の退職の説明はあったのですが、この補正として出てきた9,900万円の部分に関して、当初予算では想定していなかった分だと思いますが、何名分に相当するのかをお願いいたします。



○山崎諭予算特別委員長 後藤総務課長。



◎後藤秀一総務課長 一般会計の何名分相当かという話でございますけれども、先ほど全体で23名というふうな御説明を申し上げたところであります。そのうち病院関係が5名でございます。あと水道企業会計の関係が2名というふうなことになってございます。ですから、当初予算、定年退職者の部分で予算措置をしておりましたけれども、いわゆる勧奨退職者がその後出てきており、8名いらっしゃるわけですが、勧奨退職プラス1名自己都合の方が出てきておられますけれども、そういった総体の中で積み上げた額というふうなことになってございます。

 あと、先ほど鈴木委員の御質問の中で行政職と技能職の関係の質問があったわけですが、訂正をさせていただきたいのでありますけれども、総勢23名のうち技能労務職の方が1名ございます。その部分につきまして、先ほどの答弁の部分について訂正をさせていただきたいと思います。



○山崎諭予算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) 私の質問は、今回の補正予算に計上された9,900万円、これは当初予算に見込んでいなかった部分なんですね。だから、この9,900万円に関してどのような職種の人が何名分なんですかというふうな質問です。



○山崎諭予算特別委員長 後藤総務課長。



◎後藤秀一総務課長 当初予算で計上しておりましたのは12名分でございました。今回の補正で4名分補正をさせていただいているところでございます。



○山崎諭予算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) 続けて、今のところで、それは普通の事務職、一般職なのでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 後藤総務課長。



◎後藤秀一総務課長 一般職でございます。



○山崎諭予算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) そこのところは理解しました。

 それでは、13ページ、市税の分ですが、固定資産税と都市計画税がアップになるということです。説明では新築・増築がふえたということでありましたが、何件くらいふえたのか、前年比でどれぐらいのプラスがあったのかということを説明してください。



○山崎諭予算特別委員長 飯田税務課長。



◎飯田豊税務課長 御質問にお答えいたします。

 固定資産税の現年課税分で当初の予定よりもふえたというようなことでございますけれども、その中身につきましては、いわゆる評価がえによります在来家屋の評価額の下落が見込額を下回ったというようなことでございまして、毎年件数は減っておりますけれども、予測したよりもふえたというようなことの状況でございます。

 平成18年の1年間で456棟ほど新増築があったわけですけれども、平成19年には383棟ということで、前年対比で84%ぐらいになっております。平成20年1月から12月につきましては357棟ということで、対前年比で93.2%ということで、今年度は平成20年度の分につきましてことしの1月1日現在の分で課税になるというようなことでございますので、当初予測したよりもふえたというような状況でございます。

 都市計画税も同じ状況でございます。



○山崎諭予算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) その件は理解しました。

 それでは、15ページ、先ほどもありましたが、地方交付税が5億円ぐらい入ってくるということになって、見込みよりたくさん入ってくるんであって、結局29ページ、積立基金のほうに2億円回すということであります。

 これは、話をしますと庁舎の建築とか一中のほうに回したいという希望はあるんですが、これというのは財政調整基金とかに回すのではなくて、この建物のほうに回すと決めた理由をお願いします。



○山崎諭予算特別委員長 小林財政課長。



◎小林政俊財政課長 お答え申し上げます。

 確かに、市有施設整備基金に2億円を積み立てる考えでありますが、全体で5億700万円ほどの増が見込まれておりますので、1つは財政調整基金の繰入金の減額という形で財政調整基金のほうにも結果として回るというようなことになると思いますが、そのほか1億2,070万円ほど市債の方の減額をしまして、そんな形で大体4億7,000万円ぐらい活用させていただいて、その他は財源調整というようなことになりますので、お願いします。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) ですから、財政調整基金には戻せないということなんでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 小林財政課長。



◎小林政俊財政課長 お答えします。

 財政調整基金に戻すことは可能でございますが、結果的に、財政調整基金に戻したような形で、年度当初に繰り出す予定をしている基金から繰り出す部分を減額するというようなことで、効果の上では繰り入れたと言ったら語弊があるのですが、活用したというふうには言えると思います。

 以上です。



◆4番(狩野佳和委員) 終わります。



○山崎諭予算特別委員長 以上でつばさ21の質疑を終了いたします。

 次に、日本共産党天童市議団から質疑をお願いします。

 伊藤和子委員。



◆20番(伊藤和子委員) まず最初に、26、27ページの、先ほどの退職者の数でありますが、後藤課長の説明で、後で病院が5名だということなんかもあったので、もう一度お聞きしたいのですが、27ページにあります当初12名、今回の補正で4名ということで、一般職16名、それに病院の5名と水道の2名というのを足すと23名になるんですが、そのように理解してよろしいのでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 後藤総務課長。



◎後藤秀一総務課長 先ほど申し上げましたように、水道が2名、病院が5名、一般会計分が16名、計23名ということでございます。



○山崎諭予算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) わかりました。

 それでは、財政課所管でお伺いしたいんですが、予算のほうは後で出てくるので、今、財政課さんがいらしていますから、財産管理のあり方についてお伺いしておきたいんです。

 今回保健センターを改修して学童に使用させるということで、保健センター費の中で改修費が盛られているわけです。保健センターが保健センターとしての役割を終えて、健康センターとして向こうに移ったわけなんですが、そうした場合に、保健センターはあくまでもずっと保健センター費の中で財政を考えていくのか。利用目的が今度子育て支援課のほうに係るわけなんですが、保健センターとしてずっと残っていくのかどうか。財産のあり方について。



○山崎諭予算特別委員長 小林財政課長。



◎小林政俊財政課長 お答え申し上げます。

 保健センターにつきましては、今委員おっしゃるように、保健センターを活用した形で学童保育所というような形での整備を考えているんですが、今のところは、設置条例の中ではまだ保健センターという位置づけになっておりますので、私から申し上げるのもちょっと筋違いかと思うんですが、いずれにしましても、保健センターという公の施設をきちんと廃止をした形で、そして、改めて学童保育所として利用していくというふうに考えられるのではなかろうかと今の段階では思っているところです。



○山崎諭予算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) 学童保育所にすることの改修費のわけなので、それが、例えば決算審査をした場合に、学童に使ってはいるんだけれども、保健センター費に入っているというふうになるわけですから、そういうふうな性質上といいますか、そういうことで予算を見るわけですよね。児童福祉費ではなくて保健センター費に入っているということになるわけですから、予算がどのくらいになったのかなと前年と比較する場合も、学童の分が保健センター費に入っているということだと比べようがないかなということで。

 そういった問題は、今まで給食センター跡地とかそういういろいろな、今まで使っていたけれども使わなくなった場合に、即その時点で財政課に移すのではなくて、今まで使っていた分をそのまま引き継いで、一定の時期が来た場合に廃止の条例で決めないと移さないということになるわけですか。



○山崎諭予算特別委員長 小林財政課長。



◎小林政俊財政課長 お答え申し上げます。

 今おっしゃるとおり、公の施設の設置管理条例がございまして、今現在は保健センターという位置づけにはなっているんですが、現実問題としまして、速やかな事業対応、もっと簡単に言えば、それを全部廃止をして、そしてし直すというのも1つの方法なんですが、時期的に、年度内に事業を進めることが困難な状況の中では、現実的対応をしてきたわけですが、基本的には、設置管理条例で廃止をして、すべからく、そこで初めて保健センターの機能・役割は終わるのかというふうには思っておりますが、現実問題としては、今申し上げたような形で当面対応せざるを得ないのかなと思っているところであります。



○山崎諭予算特別委員長 以上で日本共産党天童市議団の質疑を終了いたします。

 次に、小澤委員から質疑をお願いいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上で小澤委員の質疑を終了いたします。



○山崎諭予算特別委員長 次に、木村委員から質疑をお願いいたします。

  (「ありません」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上で木村委員の質疑を終了いたします。

 最後に、矢吹委員から質疑をお願いいたします。

 矢吹委員。



◆3番(矢吹栄修委員) 29ページの一番上、退職手当基金元金積立金、これは勧奨退職者がある程度ふえたからこちらは必要ないということで理解してよろしいのでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 後藤総務課長。



◎後藤秀一総務課長 お答え申し上げます。

 当初定年退職者で予算措置を行っておったわけですけれども、勧奨退職者があったというふうなことで、そのために積み立てを行わないというふうにしたものであります。この考え方につきましては、退職金の合計額が取り崩しの基準額として4億5,500万円という基準額を設けてございます。今回結果的にその4億5,500万円を超えるというふうな形の中で、積み立ては行わないというふうにさせていただくものでございます。



○山崎諭予算特別委員長 よろしいですか。

 これで矢吹委員の質疑を終了いたします。

 以上で議第30号平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち総務部、消防本部、議会の所管に属する事項及び各会計の職員給与についての質疑を終了いたします。

 ここで休憩をいたします。

   午前10時31分 休憩

   午前10時41分 再開



○山崎諭予算特別委員長 休憩前に引き続きまして会議を再開いたします。



△議第30号 平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち教育委員会所管に属する事項



○山崎諭予算特別委員長 議第30号平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち教育委員会所管に属する事項についての質疑を行います。



△質疑



○山崎諭予算特別委員長 最初に、政和会から質疑をお願いいたします。

 松田委員。



◆5番(松田光也委員) それでは、43ページの5款1項労働諸費の中で、これにつきましては、13万4,000円、日々雇用職員等の賃金ということで、この間の説明では学校給食センターの食材検収強化員の賃金というようなことでお聞きしたわけであります。これはどういうことをするのか、内容についてお示しください。



○山崎諭予算特別委員長 五十嵐学校給食センター所長。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 お答えいたします。

 食材の受け入れ検収の補助員の賃金というようなことです。毎日、野菜とか肉、魚など食材を仕入れるわけですが、それの数量のチェック、それから、こちらで発注したものに適したものかという品質のチェック、そういうものを通常栄養士とうちの技能職員がやっているわけですが、日によって量が大変多くなったり、また時間帯によってすごく多くなったり、2人だけでは対応できないので、それを補充するという意味での検収の補助員でございます。材料を入れるときにチェックするための補助員の賃金でございます。



○山崎諭予算特別委員長 松田委員。



◆5番(松田光也委員) この補助員の方は、ほとんど給食時には出勤できるような体制になっているのでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 五十嵐学校給食センター所長。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 給食時にはというと……



◆5番(松田光也委員) 搬入するときには必ずできるのでしょうか。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 そうです。朝8時半ちょうどぐらいから業者さんが食材の搬入が始まりますので、ちょっと前に来ていただいて、職員と一緒にずっと。基本的には午前中なんですが、物によっては翌日のものが午後から入るということもありますので、ずっとそこにつきっきりで、専門にその業務を行ってもらっています。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 松田委員。



◆5番(松田光也委員) わかりました。

 次に、57ページ、10款2項1目の小学校の施設営繕費ということで、こちらのほう、高擶小学校、それから南部小学校、蔵増小学校というふうなことで整備工事費が1億5,142万3,000円ございます。これについての、それぞれの内訳をお示しください。



○山崎諭予算特別委員長 山口教育総務課長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 昨年度耐震診断をした結果、耐震構造指標でありますIs値の低い危険度の高い校舎から、今補強工事を行っておりますけれども、ことしは、現在二中の武道館、三中の武道館・体育館で補強工事を実施中でございます。

 その次にIs値の低かった高擶小学校、南部小学校については、当初計画では平成22年度に補強工事に入るという計画をいたしておりましたけれども、今般国の経済対策の一環として、耐震補強工事の推進のために臨時交付金を充当できるという、そういった通知がなされまして、取り組んだ事業については次年度へ繰越明許をすることも可能だということがございまして、次年度で計画いたしておりました高擶小学校、南部小学校について、まずは前倒しで取り組むという、そういった補正予算を計上させていただいたところでございます。

 具体的に申し上げますと、高擶小学校の北校舎でございまして、Is値が0.25でございます。金額が9,750万円でございます。

 それから、2点目が南部小学校の南校舎、Is値が0.32でございます。これは、工事費が4,500万円でございます。

 3点目が蔵増小学校の北校舎の耐震関連の改修工事でございまして、蔵増小学校の北校舎は、図書室と図工室、それから民具の保管倉庫として利用をしております特別教室棟なわけですけれども、耐震診断をした結果、地盤に地耐力不足が診断されまして、そのまま耐震補強をすることができないという診断結果になりまして、学校側と協議をした結果、幸い蔵増小学校は空き教室が大分ございますので、図書室と図工室については本校舎の空き教室に移すということで、そのための改修工事でございます。544万6,000円でございます。民具の保管倉庫もございますので、民具の保管倉庫につきましては、日常的に児童・生徒が出入りいたしませんので、学校側の希望としては、民具の保管倉庫は残してほしいという、そういった話になっておりまして、そこの部分については残す予定でおります。

 それから、4点目が、これは直接耐震補強と関係しないわけですけれども、北部小学校区の学童保育所が現在2つ設置されているわけですけれども、人数が多くなって過密化になってきたということで、過密化を解消するため学校施設の一部を開放していただけないかというお話が子育て支援課のほうからございまして、学校側と相談した結果、体育館の2階のギャラリーを開放したいという話になりまして、2階のギャラリーを一部改造する、間仕切りをする工事でございます。これが347万7,000円でございます。

 以上の工事4件、合計いたしまして1億5,142万3,000円の計上になった次第でございます。

 以上でございます。



○山崎諭予算特別委員長 松田委員。



◆5番(松田光也委員) わかりました。

 63ページ、保健体育費、学校給食費、日々雇用のパート合計で11万8,000円というようなことになりますけれども、これはどういったものに何人使われているのかお示しください。



○山崎諭予算特別委員長 五十嵐学校給食センター所長。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 お答え申し上げます。

 これは、給食センターの中で調理部門の仕事をしてもらっているパート職員の賃金でございます。年度当初は、これは人事異動の関係、正職員の数の話もあるんですが、昨年の今ごろの予算要求段階では、パート職員として22名の賃金を認めていただいております。ところが、実質業務をする段階では23名が必要だったものですから、1名分を毎年というか、補正でお願いしているというような経過になっております。

 1名分をそっくり補正でお願いしますと、多分120万円とかそれぐらいの金額にはなるんですが、今年度は途中でちょっとしたけがで休んだり、間が抜けた部分もありますので、そういうのを精査しましたところ、結果的には11万8,000円ほど足りなくなるというようなことでございます。一応考え方としては、今時給760円でお願いしていまして、それの154時間分というようなことで試算いたしまして11万7,040円、切り上げて11万8,000円お願いしたいということでございます。

 以上です。



◆5番(松田光也委員) はい、わかりました。



○山崎諭予算特別委員長 ほかにありませんか。

  (発言する者なし)



○山崎諭予算特別委員長 以上で政和会の質疑を終了いたします。

 次に、つばさ21から質疑をお願いいたします。

 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) 先ほども質疑があった耐震化関連の部分なんですが、まず、歳入の17ページで、国庫補助金として安全・安心な学校づくり交付金8,300万円が、申請しておったら前倒しでくるようになったというふうなことだと理解をしております。歳出のほうの57ページに、どのように使われるかということは、先ほどるる説明がありましたのでわかりました。

 私の質問としましては、8,300万円の補助金と一般財源と起債と3つの組み合わせでこの4つの事業をやるということなんですが、補助金はわかりますが、その残った部分を何で起債も、借金までするのかという理由です。組み合わせた基準とか理由とかがちょっとわからないので、お示しいただきたい。

 それと、今の補正予算で、年度内といいますとあと3カ月しかないわけですが、年度内に完了できるのか。先ほど明許繰越も可能だというふうな話もあったんですが、いつ工事を、事業をやろうとしておるのか。今年度予算だったら今年度にやってしまうのがごく自然だというふうに思いますので、年度内に完了できるのか、あるいは、学校ですと、やはり子供たちがいないときに工事というのがよいわけなので、冬休みあたりに工事を予定するのか、その辺のところについてお伺いをいたします。



○山崎諭予算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 国庫補助金以外の部分については、全部一般財源で対応するということもあるわけですけれども、今回この耐震補強事業については、国でも、いわゆる優良起債と申しましょうか、後年度元利償還に対して地方交付税措置のある結構有利な起債が活用できるというようなこともございまして、財政課のほうと協議をした結果、そういった有利な起債であれば一部投入しようということで、一部起債の充当もいたしているところでございます。

 それから、2点目の明許繰越の件でございますけれども、当然12月に補正させていただけば1月以降の着工ということになりますので、1月ないし2月ごろに発注をいたしまして、国でも明許繰越が今回の場合については認めるということでございますので、明許繰越によりまして、音の出る工事、そういった部分については、できれば5月の連休と夏休みを利用して行いたいということで、完成時期については秋ごろになる予定でございます。

 以上でございます。



○山崎諭予算特別委員長 よろしいですか。



◆9番(赤塚幸一郎委員) はい。



○山崎諭予算特別委員長 ほかにありませんか。

 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) 今の件に関しまして、完成時期ですが、いわゆる耐震の工事が来年の秋ごろということで、北部小と蔵増小は早目にやってしまうということで、3月までに終わってしまうという考え方でよろしいでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 御指摘のとおり、蔵増小学校と北部小学校については、金額も小さいわけでございますので年度内の完成を目指したいと。特に、北部小学校については、新年度学童のスタートもございますので、新学期までには完成させたいという計画でございます。



○山崎諭予算特別委員長 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) では、今回高擶小と南部小が終わったと仮定して、あとどれぐらい耐震化が残っている、耐震化率が何%になりましたというのは把握しているのでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 ただいまの件については秋保補佐のほうからお答え申し上げます。



○山崎諭予算特別委員長 秋保補佐。



◎秋保栄教育総務課技術補佐 お答えさせていただきます。

 平成21年度当初予算で3棟耐震化を進めておりまして、今回の補正予算で高擶小学校、南部小学校、それから蔵増小学校の校舎ということで3棟、あわせて6棟、ことし事業化をしたいということでございます。それで、平成21年4月1日の時点で33棟が耐震性ありというふうな結果が出ておりますので、あわせて39棟が平成21年度末で耐震化が図られるというような見込みでございます。その結果、平成21年度末の耐震化につきましては、全体で59棟ございますので、66.1%というふうな耐震化率になります。天童市では、4月の時点では55.9%ということでございましたので、10.2%ほど進捗が図られるというようなことでございます。

 以上でございます。

  (「以上」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上でつばさ21の質疑を終了いたします。

 次に、日本共産党天童市議団から質疑をお願いいたします。

 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) 先ほども出ました42ページの5款1項1目労働費で給食センターの食材検収についての予算をとったわけですが、これまでもずっとそういった国の緊急雇用対策を利用いたしまして、食材検収のためにということでこの予算でずっと来ていると思うんですが、このくらい必要な部署であれば、やはり増員を考えなければならないのではないかなというふうに思うんですが、センターのほうではどう考えているのか伺います。



○山崎諭予算特別委員長 五十嵐学校給食センター所長。



◎五十嵐慶一学校給食センター所長 お答え申し上げます。

 今回お願いした数字というのは、実は、きょうの時点ではことしの5月から来年の2月までの10カ月間の予算しかとっていなかったんで、3月分だけ抜けてしまうので、ちょうど1カ月分をプラスして、来年度に空間がなくつながるようにお願いしたのが今回の補正です。そして、今委員おっしゃるように、常時必要なのであればということなんですが、現場としては、全くそのとおりで、その旨を人事当局のほうに要求して、理解していただくように努力したいと思います。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 伊藤和子委員。



◆20番(伊藤和子委員) わかりました。毎回労働費で出ていますので、ぜひお考えいただきたいと思います。

 それから、今の57ページの耐震化工事でありますが、完成は秋になるというふうなことでありますが、着々と前に向かって耐震化に頑張っていらっしゃるなというふうには思います。

 その中で1つ、蔵増の北校舎の部分ですが、図書室と図工室は本校舎に移すということで、北校舎そのものは耐震補強をどのようにして残すのか、民具の保管庫はそのまま残したいということなんですが、その辺はどういった工事になるのか伺います。



○山崎諭予算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 今おっしゃったように、蔵増小学校、児童数が減少しておりますので、各学年2教室ずつあったのが現在は各学年1教室ということで、大分余裕的にはあるということで、そのあいた教室に図書室と図工室を持ってくるということでございます。

 あと、地元の方から寄贈を受けた農機具でありますとか民具が、建物の東側のほうに保管になっているわけなんです。これは学校側としてもぜひ残したいと、そういった要望がございまして、日常的に児童が立ち入らない倉庫的なものであれば耐震補強工事は必要としないものですから、いわゆる倉庫として利用していくということで、その部分については残すという考えでおります。したがって、その部分については耐震補強工事は行いません。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) そうすると、図書室、図工室の部分があいてくるわけですが、それもそのままにして残すということでよいのでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 この件については、今学校側と話を進めておりますけれども、教育委員会としては、民具の保管倉庫必要スペースについては残すけれども、それ以外の部分については除却したいというふうに考えております。今、学校側と協議をいたしております。

 以上です。



◆20番(伊藤和子委員) もう一つ、交付金との兼ね合いでお伺いしたいのですが、8,300万円というのは、その算出基準というのはどうなっていますか。



○山崎諭予算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 Is値が0.3未満かどうかで取り扱いが違うんですけれども、先ほど申し上げましたIs値が0.3未満の高擶小学校については、3分の2が国庫補助金でございます。残りの18.3%に、経済対策臨時交付金がこのたび充当されるということでございます。それから、南部小学校については0.32ということで、0.3を若干上回っておりますので、国庫補助金が2分の1でございます。そのかわり臨時交付金が27.5%充当されるということで、いずれにしても、大変ありがたい有利な制度であるということでございます。

 以上でございます。



○山崎諭予算特別委員長 伊藤委員。



◆20番(伊藤和子委員) もう1点ですが、北部の体育館のギャラリーを学童に開放するという改修費がのっていますが、学校施設等を学童にした場合に、改修費については国のほうから補助が出る制度があるんですが、それを使わなかった理由というのはありますか。



○山崎諭予算特別委員長 山口教育次長。



◎山口孝教育次長[兼]教育総務課長 学校以外の場所に放課後児童クラブ、学童施設を建設する、あるいは改修するという場合は厚生労働省のほうの補助制度があるわけでございますけれども、学校施設に関しては、その補助制度は充当されないということでございます。したがって、今回いろいろ県に問い合わせをしたり、確認を行ったわけでございますけれども、基本的には教育財産で、学校施設でございますので、そこに厚生労働省の補助は充当できないということでございましたので、やむを得ず教育費で、一般財源で取り組ませていただきたいという、そういった検討結果になったところでございます。

 以上です。



◆20番(伊藤和子委員) 終わります。



○山崎諭予算特別委員長 以上で日本共産党天童市議団の質疑を終了いたします。

 次に、かがやきから質疑をお願いいたします。

 ほかにございませんか。

  (「ありません」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上でかがやきの質疑を終了いたします。

 次に、木村委員から質疑をお願いいたします。

  (「ありません」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上で木村委員の質疑を終了いたします。

 次に、矢吹委員から質疑をお願いいたします。

  (発言する者なし)



○山崎諭予算特別委員長 以上で矢吹委員の質疑を終了いたします。

 最後に小澤委員から質疑をお願いいたします。

  (発言する者なし)



○山崎諭予算特別委員長 これで小澤委員の質疑を終了いたします。

 以上で議第30号平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち教育委員会所管に属する事項についての質疑を終結いたします。

 ここで休憩をいたします。

   午前11時08分 休憩

   午後1時00分 再開



○山崎諭予算特別委員長 休憩前に引き続きまして会議を再開いたします。



△議第30号 平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち市民部所管に属する事項外3件



○山崎諭予算特別委員長 議第30号平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち市民部所管に属する事項について、議第31号平成21年度天童市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、議第33号平成21年度天童市介護保険特別会計補正予算(第2号)及び議第36号平成21年度天童市民病院事業会計補正予算(第1号)についての質疑を行います。



△質疑



○山崎諭予算特別委員長 最初に、つばさ21から質疑をお願いいたします。

 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) 病院関係で質疑をいたします。

 退職金が1,000万円という当初予算に対して、実際には1億3,400万円ほどの退職金が必要で、5名程度だというようなことは、午前中の総務部のほうの答弁からもわかりました。この5名の退職時期がまず1つです。

 それから、退職金も関連した給与関係なんですが、ここの給与関係で見ますと、6,800万円ほどが減になって、報償費として2,393万1,000円が増になると。上のほうで減になった分が下の派遣医師等々で増になるんだと思いますが、1億3,400万円の退職者の退職時期をまずお願いします。



○山崎諭予算特別委員長 阿部市民病院事務局長。



◎阿部邦敏市民病院事務局長 お答え申し上げます。

 赤塚委員御指摘のように、当初予算におきましては、退職引当金として1,000万円を計上させていただきました。年度に入りまして退職者がおおむね確定したということで、5名の退職者を予定しております。もう少し具体的に申し上げますと、行政職が2名、医療職関係が3名、あわせて5名です。退職時期につきましては、いずれも平成22年3月31日を予定しているところであります。



○山崎諭予算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) そうしますと、給与関係で6,800万円ほど減になるんです。ですから、私は最初これを見たときは、もう退職されたので、支払わなくてよくなった給与が出てきたので6,800万円減になって、それで人手が足らないので派遣していただいて、2,300万円ほど報償費でかかったというふうに理解しておったんですが、まだ退職されていないのであれば、給与が6,800万円減になって報償費が2,400万円ほど増になった主な理由は何でしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 阿部市民病院事務局長。



◎阿部邦敏市民病院事務局長 お答え申し上げます。

 給与関係で6,800万円減になった理由についてでございますが、当初の予算におきましては、職員数、医師、看護師、事務職員あわせて74名を予定しておりました。ところが、人事異動、退職等によりまして71名になったというふうなことが、この原因になった主な理由でございます。また、給与関係の手当の引き下げもございましたので、それらが主な要因でございます。



○山崎諭予算特別委員長 ほかにありませんか。

 狩野委員。



◆4番(狩野佳和委員) 15ページです。障害者自立支援給付金ということでお聞きします。

 国庫支出金から4,400万円ほど入るということになって、支出のほうになるわけですが、37ページ、3款1項3目、身体障がい者の手当てとしていろいろなるようです。単価増によるものだという説明がありましたが、なぜ今の時期に単価が見直しになったということが第1点と、そして、単価がどれぐらいからどれぐらいまで上がったのかということで、随分と大幅な金額なので説明をお願いします。



○山崎諭予算特別委員長 武田健康課長。



◎武田忍健康課長 15ページの障害者自立支援給付金負担金については、国庫負担金が2分の1で、県が4分の1、市が4分の1の自己負担となります。それで、この充当先ですけれども、身体障害者福祉事業費の扶助費並びに37ページの4目の知的障害者福祉費のほうに2つということで分けられます。

 その理由ですが、身体障がい者の部分につきましては、当初51人でサービスを見ていたものが、身体障がい者のほうで32名対象者が増加しておる、あと知的障がい者のほうで27人が増加になっております。平成18年の障害者自立支援法に基づいて、それまでは措置費で賄っていたものが、新法ということで、例えば、入所していればサービスは1本で終わっていたんですが、今の法律の中では、例えば、日中は通所、介護、夜は、入浴は入浴サービスということで分けられるようになりました。それで、今回そういう新しい法律のほうに移行した人のサービス料が1人で10万円以上上がった方もおりますので、今回、当初に比べて70%ぐらいの扶助費使用額ですので、今回の補正に上げさせていただいた次第であります。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 狩野委員、よろしいですか。



◆4番(狩野佳和委員) 終わります。



○山崎諭予算特別委員長 以上でつばさ21の質疑を終了いたします。

 次に、日本共産党天童市議団から質疑をお願いいたします。

  (発言する者なし)



○山崎諭予算特別委員長 以上で日本共産党天童市議団の質疑を終了いたします。

 次に、かがやきから質疑をお願いいたします。

 松田委員。



◆1番(松田耕一委員) 57ページの10款1項幼稚園費ということで国の補助金が入って310万円増額になっていますけれども、これの内容を教えてください。



○山崎諭予算特別委員長 西澤子育て支援課長。



◎西澤仁子育て支援課長 幼稚園就園奨励費補助金310万円の内容でございますが、2つございまして、1つには、補助金額の改定ということで、約5%補助金額のアップによるものです。あと2つには、所得制限があるわけですけれども、所得調査の結果によるものでございます。



○山崎諭予算特別委員長 よろしいですか。

 松田委員。



◆1番(松田耕一委員) これは国庫補助が何%になっているんでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 西澤子育て支援課長。



◎西澤仁子育て支援課長 国庫補助が4分の1でございます。



○山崎諭予算特別委員長 ほかに質疑ございませんか。

 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) 35ページの中段、社会福祉総務費の中の修繕費が出ていますけれども、これはふれあい荘だというふうに思いますが、どのような修繕をされたのか、内容的にお願いしたいというふうに思います。



○山崎諭予算特別委員長 柏谷社会福祉課長。



◎柏谷忍社会福祉課長 それでは、修繕料の内訳について申し上げたいと思います。

 御指摘のとおりふれあい荘の修繕費ということで、築33年を経過した施設ということで毎年修繕等を行っておりますけれども、今回計上しました60万円の内訳につきましては、1つがシャワーの器具交換ということで、男女それぞれの浴室のほうのシャワーについての交換を予定しております。あと2つ目が、水道の減圧弁の修繕ということで、ボイラーのお湯と水道水の調整を行う機能を持っているものなんですけれども、それの修繕。あとはろ過器の修繕ということで、部品が劣化しているものですから、その部分についての交換ということで、3点についての修繕を予定しているところです。

 以上でございます。



○山崎諭予算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) この保守・修繕等については、市民からも平成19年あたりからいろいろ私のほうにも苦情があって、早くできないものかと。やはり、1日200人ぐらいの入湯者がおるんですよね。そういう中における、いろいろそういう苦情・相談がありまして、なかなかできなかったということなんですが、今回補正をとられておりますけれども、その辺等についてはどのようにとらえているのか、お伺いしたいというふうに思います。



○山崎諭予算特別委員長 柏谷社会福祉課長。



◎柏谷忍社会福祉課長 ふれあい荘につきましては、老朽化しているという施設の中で、基本的には、いろいろ手直し等をしながら進めている状況でございます。

 その中で、今年度もそうなんですけれども、年間80万円ほどの修繕費ということで計上させていただいているのですけれども、通常は前年度に予定している部分での見込みの部分で算出はさせていただいているんですけれども、ただ、やはり、市民の皆さんからの苦情等もあるように、部品の劣化等ということで、なかなか修繕する品目等もふえているような状況ですので、今後はそういう支障を来さないような内容で、状況を確認をしながら適宜修繕をしていきたいというふうに考えているところですので、よろしくお願いいたします。



○山崎諭予算特別委員長 小松委員。



◆15番(小松善雄委員) やはり、かまた荘なんかも47年の建物であります。ふれあい荘なんかはまだ52年かな、古くないほうですけれども、老朽化には違いないわけですけれども、かまた荘なんかも含めて万全な対応をいただきたいものだと。そしてまた、市民の浴場でもありますし、保養所でもあります。特にこれから、かまた荘については今回修繕費計上されておりませんけれども、その辺なども含めて、今後そのようなことのないようにひとつお願いしたいというように思います。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 ほかに質疑ございませんか。

 松田委員。



◆1番(松田耕一委員) 61ページですけれども、10款4項文化振興費の中の芸術文化振興事業費30万円増額となっていますけれども、これの内容と、あと美術館管理費の施設備品購入費の99万3,000円の内容をお知らせください。



○山崎諭予算特別委員長 高橋文化スポーツ課長。



◎高橋秀司文化スポーツ課長 お答え申し上げます。

 61ページの芸術文化振興事業費の中の伝承文化伝承事業費補助金30万円でございますが、これは県の市町村総合交付金対象の事業でございまして、県のほうでは山形ふるさと塾形成事業という、そういう事業名になっているものでございます。毎年30万円ほど予定をされておりまして、今年度は老野森囃子座というのがございますが、これは大正4年から始まっている事業でございますけれども、今は子供会主体で運営をされているものでございます。こちらのほうで、はっぴとか衣装などが大分古びてきたということがございますので、そのあたりを修繕をしたり更新をしたりする事業に充てるというふうなことです。県のほうから30万円参りますので、市のほうで受けまして、これをそっくり老野森囃子座保存会のほうに流すというふうな事業でございます。なお、ちなみに、これまでは高擶の獅子踊り、それから南部小学校の維新軍楽隊、そして昨年度は山口の妙見太鼓、このあたりに適用させていただいた事業でございます。

 それから、美術館のほうでございますが、施設用備品購入費でございますが、今回の補正で、現在の保健センター、こちらのほうを修繕をすると。中心は学童保育所でございましょうが、保健センターの2階のほうに、美術館のいわゆる作品の収蔵庫ではなくて、資料が美術館のほうにあるんですが、これがもうあふれております。美術館の図録とかそういったものになっておりますが、こういった資料を収蔵するためのスペースが保健センターの2階にできますので、そのための書籍棚でございます。

 以上でございます。



○山崎諭予算特別委員長 松田委員。



◆1番(松田耕一委員) ありがとうございます。

 今お話しいただきました伝承文化補助金でございますけれども、毎年出ているということですけれども、補正で上げるというのはどういう意味なのでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 高橋文化スポーツ課長。



◎高橋秀司文化スポーツ課長 これにつきましては、本来3年間の時限の制度でございまして、本当は山口の妙見太鼓で終わりというふうなことでございました。ただ、今年度につきましても、この事業は県のほうで継続するというふうなことにはなったわけですが、まず、年度当初35市町村に全部網をかけますので、そのときに手を挙げます。そして、採択されますと通知が来ますので、その上で補正対応するということです。市の財源の持ち出しは実質的にはありませんので、そのような形で対応させていただいているところでございます。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 ほかに。

 山口委員。



◆7番(山口桂子委員) 39ページで保育園管理運営費、保育事務委託料300万円の内訳をお願いします。



○山崎諭予算特別委員長 西澤子育て支援課長。



◎西澤仁子育て支援課長 お答え申し上げます。

 今回の補正は、いわゆる私立保育園の保育事務委託料の補正300万円でございます。内容的には、あけぼの保育園、小百合保育園、小百合第二保育園、3つの保育園に対する委託料でございますけれども、1つは、このたび保育単価の改正がございました。

 あと、今回保育単価の設定区分が、これまでですと、60人規模、90人規模、120人規模、150人規模というように30人単位の保育料の単価の設定でございましたけれども、今年度は10人単位の設定に大きく変わりまして、小百合保育園が100人定員なわけですけれども、これまでですと90から120人定員の単価でございましたけれども、100人程度の規模の単価が、月1人当たりおおむね3,000円前後上がったということが主な要因でございます。内訳を申し上げますと、小百合保育園が530万円の増加でございます。あけぼの保育園が200万円の減、そのほか小百合第二保育園が残額ということで、プラスマイナスで300万円ということでございます。



○山崎諭予算特別委員長 山口委員。



◆7番(山口桂子委員) 3つの私立保育園を運営するときに精査した額ということで、保護者がする保育料は変わらなかったんだけれども、園のほうでその分が足らなかったという判断でいいんでしょうか。それとも個人個人の預けるお母さん方の保育料も一律変わっていったのか教えていただきたいんですが。



○山崎諭予算特別委員長 西澤子育て支援課長。



◎西澤仁子育て支援課長 保育所の運営費につきましては、民間立の保育所につきましては、それぞれ年齢ごとの保育単価に入所している児童数、それを委託料として支払うような形になっていまして、一方、保護者負担の保育料につきましては、天童市の保育料規則ということでそれぞれ決めておりますので、保護者の負担がアップになるということではございません。



○山崎諭予算特別委員長 ほかに。

 鈴木委員。



◆16番(鈴木照一委員) 56、57ページの10款教育費の中の小学校施設営繕費の中で、さきに御説明いただきました北部小学校の学童第三クラブのほうに347万円というふうなことで数字が出ているようでございます。第三のほうでお預かりいただくお子さんの対象数、定数についてまずお伺いします。



○山崎諭予算特別委員長 西澤子育て支援課長。



◎西澤仁子育て支援課長 今回予定しておりますのは、おおむねギャラリーのほう、48平米という予定でございまして、国のガイドラインによります1人当たり1.65平米に換算しますと29人になります。今のところ25人程度を想定してございます。



○山崎諭予算特別委員長 鈴木委員。



◆16番(鈴木照一委員) それでは、42、43ページの4款衛生費の中の保健センター費の改修工事でございますが、2,220万5,000円というふうなことでございます。こちらの学童保育所のための改修というようなことでございますけれども、対象となるお子さんの定数、それとこの2,220万円でどのような工事をされるのか、その工事の内訳もあわせて御説明ください。



○山崎諭予算特別委員長 西澤子育て支援課長。



◎西澤仁子育て支援課長 1点目の児童数の件でございますけれども、今回学童分として利用する部分については、事務室その他を入れて約300平米でございます。そのうち子供たちの生活スペースとしては約206平米、かなり大人数も受け入れ可能なわけですけれども、71人以上という縛りがございますので、おおむね60人ぐらいでも受け入れ可能ということで予定しております。

 あと工事費の内訳でございますが、保健センターの改修工事費として2,000万円、あとは民生費からの組み替えによります太陽光発電、これが220万5,000円ということで、2つの工事を予定してございます。



◆16番(鈴木照一委員) 関連しまして、保健センターの施設そのものの改修費におよそ2,000万円ほどというふうなことでございますが、どのような工事をされる予定でいらっしゃるのか、その辺について詳細の御説明をお願いします。



○山崎諭予算特別委員長 西澤子育て支援課長。



◎西澤仁子育て支援課長 大きくは6つございまして、1つには、学童の改修の部分でございますけれども、これについては、子供たちが生活する、いわゆる床の部分とか、あるいは畳、調理関係、その他、天井の部分、カバーをつけたりとか、そういった学童に係る部分が1つでございます。2つ目には、トイレの改修工事でございまして、これについては、現在和式中心でございますけれども、洋式化をしてバリアフリー化をすると、そういったのが2つ目でございます。3つ目には、2階の部分でございますけれども、先ほどございましたけれども、美術館の蔵書の収蔵庫、あるいは文書書庫、あるいはレセプトの点検ということで、既存の流し台、その他調理台等の撤去、それが3つ目でございます。あとは全体としまして、現在の冷暖房設備が老朽化しておりますので、そういった空調設備の改修工事、あとは、外部の工事としまして、安全面その他を考慮しましてフェンスを設置したり、そういった、あと外壁の部分の補修が5つで、あと、先ほど申し上げた太陽光発電、これらの主な6つの工事内容を予定してございます。



○山崎諭予算特別委員長 ほかにございませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上でかがやきの質疑を終了いたします。

 次に、政和会から質疑をお願いいたします。

 松田委員。



◆5番(松田光也委員) それでは、39ページ、3款2項2目児童措置費の中の障がい児給付事業費ということで、これにつきましては、デイサービスの扶助費の増額というふうなことを聞いております。利用者の増というようなことを聞いておりますけれども、現状どういうふうになっているのか、その内容の詳細についてお伺いします。



○山崎諭予算特別委員長 西澤子育て支援課長。



◎西澤仁子育て支援課長 児童福祉扶助費の増額の理由は主に2つございまして、1つには補装具等、今委員からございました児童デイサービス、この2つが大きく増加している要因でございます。

 詳細については、結城補佐のほうからお答えさせます。



○山崎諭予算特別委員長 結城課長補佐。



◎結城義彦子育て支援課課長補佐 お答え申し上げます。

 先ほど課長からありましたように、今回の補正は補装具と児童デイサービス関係ですけれども、現在の状況は、補装具につきましては9月請求分までで24件ほどあります。平成20年度は26件ですので、ほぼそれに達したような状況でございます。あとデイサービスにつきましては、昨年の9月までですと約60件ほどありましたけれども、21年9月までは58件ということで、昨年と同じようなことになっております。ただ、単価につきましては、昨年度は3万1,500円ほどだったんですけれども、今回は1人当たり3万7,800円ほどになっております。

 以上でございます。



○山崎諭予算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) 79ページと81ページになりますが、国民健康保険特別会計についてであります。

 今回一般被保険者療養給付費として2億1,851万4,000円増額補正になっております。そして、その対応ということで、基金から1億3,123万2,000円繰り入れしているというような補正の内容になっているわけですが、いわゆる医療費が多くなってきたということになるわけですけれども、病例的に、特定の病気が少し出てきたとか、そういうことがあるのか。それとも、病例的には変わりはないんだけれども患者数が多くなってきたからとか、あるいは、患者1人当たりの医療費が多くなってきたとか、そういうことなのか。新たな病気が出てきてこうなったんだかということはあるのかどうか、その辺をお聞きしたい。

 それから、基金を今回1億3,100万円ほど繰り入れるわけですが、もう基金もほとんどなくなるのではないかと思いますが、税率の改正とか近々予想されるのかどうか、その辺もお聞きいたします。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 柏谷社会福祉課長。



◎柏谷忍社会福祉課長 国民健康保険の会計等についてお答えさせていただきます。

 今委員御指摘のとおり、今回の給付費の増額補正につきましては、平成21年度の上半期ということで、ことしの3月から9月までの医療費等の状況について精査をさせていただきまして、それが今年度末までの状況に拡大した中で、不足額等について補正をさせていただいたところでございます。上半期の状況だけ見てみますと、前年度比較で約6%弱ほどの医療費の増になっているところでございます。

 医療費の内訳を精査してみますと、特に薬剤関係の部分が調剤費ということで122.8%ということで、前年度比較で大きな伸びを示しているような状況でございます。外来については昨年同様のほぼ横ばい状態なんですけれども、入院関係も101.5%、歯科の部分も103.7%、訪問看護についても117.6%ということで、昨年度の医療費と比較しまして6%弱ぐらいの伸びを示しているような状況でございますので、今後冬場の医療費等に対応するため、今回増額補正をさせていただいたということでございます。

 さらに、基金のほうでございますけれども、9月の決算の段階で1億6,000万円ほど積み立てをしてきた経過がございますけれども、今回1億3,100万円ほどの基金取り崩しということで、基金残金が現段階で2,640万円ほどになっているところでございます。当然心もとない基金の残高になっているわけなんですけれども、今後も医療費の自然増なども見込まれる状況でございます。

 上半期の中で県平均との比較等を見ましても、1人当たりの医療費、あるいは受診回数につきましても、天童市の場合、県平均よりも伸びているような状況がございます。これが、今後も若干程度は当然自然増になるということで、それに対応するためにも、保険税等の負担の増について今後対応せざるを得ないということで、今検討させていただいているところでございます。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) 伸びの原因として薬剤関係が大分伸びているというようなことを今お聞きしましたけれども、その背景といいますか、理由といいますか、その辺がわかればお聞きしたいのですが。よろしく。



○山崎諭予算特別委員長 柏谷社会福祉課長。



◎柏谷忍社会福祉課長 調剤費の伸びについて、天童市だけでの理由もなかなか見出せないということで、県の状況なんかも見たんですけれども、県のほうの平均値を見ましても、上半期の部分でかなりの伸びを示していると。

 その要因としましては、基本的には医薬分業という制度になっているんですけれども、医薬分業になっていないところは、外来という形で見られるんですけれども、県全体の中では、その部分が徐々に整備になっているということでの調剤費の伸びがあるのかなと。ただ、天童市におきましては、医薬分業がもうかなり進んでいる状況なものですから、そういう状況の中で調剤費だけが伸びを示しているという状況については、なかなかまだ分析までし切れていない状況でございます。

 以上です。



◆10番(結城義巳委員) 終わります。



○山崎諭予算特別委員長 ほかにはございますか。ないですか。

 以上で政和会の質疑を終了いたします。

 次に、矢吹委員から質疑をお願いいたします。

 矢吹委員。



◆3番(矢吹栄修委員) 41ページ、43ページにかかわると思うんですが、先ほどから出ています中央学童さんの改修、こちら、当初見込んでいたよりも大分金額が減っていると思うんですけれども、そちらに対しての国の交付金の比率なんかは変わらないのか、どのくらい交付金等々は減っているのか、その辺お知らせいただきたいと思います。



○山崎諭予算特別委員長 西澤子育て支援課長。



◎西澤仁子育て支援課長 今回、南部、長岡、中央の3つの分離開設ということで、当初織り込んでおりますけれども、国庫補助金、実質的には県補助金という形になるわけですけれども、中央については補助事業から単独事業ということで、福祉振興基金を充当した事業ということでございます。あと長岡、南部については、当初の予定どおり、いよいよ主体工事のほうに着手したところでございます。



○山崎諭予算特別委員長 以上で矢吹委員の質疑を終了いたします。

 次に、小澤委員から質疑をお願いいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上で小澤委員の質疑を終了いたします。

 最後に、木村委員から質疑をお願いいたします。

  (「ありません」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 これで木村委員の質疑を終了いたします。

 議第30号平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち市民部所管に属する事項について、議第31号平成21年度天童市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、議第33号平成21年度天童市介護保険特別会計補正予算(第2号)及び議第36号平成21年度天童市民病院事業会計補正予算(第1号)についての質疑を終結いたします。

 ここで休憩をいたします。

   午後1時39分 休憩

   午後1時50分 再開



○山崎諭予算特別委員長 休憩前に引き続きまして会議を再開いたします。



△議第30号 平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち経済部及び農業委員会の所管に属する事項外1件



○山崎諭予算特別委員長 議第30号平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち経済部及び農業委員会の所管に属する事項、並びに議第34号平成21年度天童市工業団地整備事業特別会計補正予算(第2号)についての質疑を行います。



△質疑



○山崎諭予算特別委員長 最初に、日本共産党天童市議団から質疑をお願いいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上で日本共産党天童市議団の質疑を終了いたします。

 次に、かがやきから質疑をお願いいたします。

 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 44、45ページです。

 6款1項3目農業振興対策事業費、先般も御説明ありましたが、県の追加の関係で募集したところの事業でというふうに聞いております。まず、乾燥調整施設等リニューアル対策支援事業費補助金、これは2分の1でもらっていますけれども、この具体的な事業をお願いします。



○山崎諭予算特別委員長 村山農林課長。



◎村山利男農林課長 ただいまの乾燥調整施設等リニューアル対策支援事業費補助金の内容でございますけれども、この事業につきましては、追加募集ということで、組合ですけれども、3事業所が手を挙げたということで、追加募集を受けて、今回補正をお願いするものでございます。

 それで、事業の内容でございますけれども、1つは成生法人組合、それからグリーンファーム、アクティブクラブインザサイト、この3つの組織ですけれども、これは乾燥調整施設ということで、共同で水稲のほうの事業を進めているわけですけれども、この3組織で今回の乾燥調整施設を整備したいというようなことで、今回補正をお願いするものでございます。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 例えば、成生法人組合の乾燥施設、これは乾燥機をそっくり変えるということでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 村山農林課長。



◎村山利男農林課長 成生法人組合のほうでは、乾燥施設を更新したいというふうなことでございます。ただ、何基分というふうなことは、まだこれから詰まっていくという形であるかと思います。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) それでは、その次の園芸拠点施設整備長寿命化、これも先般の予算でもフルーツセンターの塗装関係とかありましたんですが、今回はどういった事業の補助金でしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 村山農林課長。



◎村山利男農林課長 この園芸拠点施設整備長寿命化の支援事業関係ですけれども、これにつきましては、原崎のフルーツセンターの選果場がございますけれども、それのコンテナのエレベーターがあるわけですけれども、そのエレベーターが壊れたというようなことで、これの修繕を今回お願いをしたいというようなことで、補正をお願いするものでございます。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) わかりました。

 では、その次です。創意工夫プロジェクト支援事業費補助金、これは3グループというか、3組ですが、この名称をお願いします。



○山崎諭予算特別委員長 村山農林課長。



◎村山利男農林課長 この農林水産業創意工夫プロジェクト支援事業費補助金につきましては、県のほうで今年度から新たに設置をしたというふうな新規事業でございます。この事業の内容でございますけれども、主に事業のねらいといたしまして、元気推進力をつくり出す。また、現場視点での発想と取り組みを促すというふうなねらい、あるいは、意欲ある地域や農林水産業の創意工夫を生かした取り組みを支援するというようなことで、農林水産業の活性化を目指した事業というような取り組みでございます。そういうような中で、今回3つの事業が採択されましたので、これに基づいての補正をお願いするものでございます。

 この事業の内容につきましては、1つは、水稲栽培における機械整備における産地拡大及び雇用創出プロジェクトというようなことで、主に、この事業の水稲栽培の中でも、乾燥機、あるいは水田の除草機等の整備を図ろうとするものでございます。この事業につきましては、雇用創出を図るというようなことで、雇用といいますと研修生というようなことで受け入れて、事業を進めていくというようなことで計画がされている事業でございます。

 2つ目が、担い手集積及び産地拡大推進プロジェクトということで、この事業につきましても、主に乾燥調整施設等の整備を図るというふうな事業の内容でございます。

 それから、3つ目が中山間農地を活用した花きの施設栽培プロジェクトというようなことで、この事業につきましては、主にパイプハウスを整備して花きの栽培をして販売をしていきたいというふうな計画でございます。

 以上、この3つが今回県のほうから採択された事業というようなことでございます。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) これは、箇所はどこですか。



○山崎諭予算特別委員長 村山農林課長。



◎村山利男農林課長 1つ目は蔵増の森谷さんという方でございます。2つ目が寺津の大石さんという方でございます。それから、3つ目が上山口の横山さんという方で、この方が花きのほうをしていくというようなことでございます。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) これはグループではなくて個人でもいいんですかね。個人の名前だけれども、何人か組んでやっているというようなことを選んだというのではなくて、これは、個人ですと、基準はどうやって選んだわけ。



○山崎諭予算特別委員長 村山農林課長。



◎村山利男農林課長 この事業は、先ほどちょっと申し上げましたけれども、その中で個人、あるいはグループ、あるいは農協等、一応農業を推進していく、事業を進めていこうという方、ほとんどの方が対応になるというふうなことで、その事業を進める人のオーダーメードといいますか、自分でいろいろと計画したやつの事業を進めていくというようなことに対して助成されるというようなことで、オーダーメード型の事業というふうな通称で申し上げているようでございます。

 そして、条件というものはほとんどありませんけれども、ただ、事業費の下限が200万円以上というふうな、条件としてはこれぐらいで、あとは自由にいろいろ計画をしていただきたいというようなことで、これを県のほうでいろいろと審査をして、採択していくというようなやり方の事業でございます。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) これを募集するときに、各農協を通して各支所に行って、各組合員に知らしめたのかな。その辺は。



○山崎諭予算特別委員長 村山農林課長。



◎村山利男農林課長 この事業につきましては、各農協なり、あるいは農政推進員等、各地域のほうにPR用のチラシを配布したというようなことでございます。あとこのほかに、県のほうでもインターネット等で流してPRをしているというふうなことでございます。



○山崎諭予算特別委員長 ほかにありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上でかがやきの質疑を終了いたします。

 次に、政和会から質疑をお願いいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上で政和会の質疑を終了いたします。

 次に、つばさ21から質疑をお願いします。

 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) ただいま、かがやきの武田委員からも質疑があったわけですが、先ほどの45ページの同じ内容で、ほとんどわかりました。

 ですが、1回補助事業を受けて整備されているものを直したりする場合の追加は補助対象にならないというふうな話を前に聞いたことがあるんですが、ここで言っているリニューアル対策とか長寿命化というのは、これは前に補助事業でやったものではなかったのでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 村山農林課長。



◎村山利男農林課長 この事業につきましては、国等、県の事業も含めてですけれども、補助事業を受けた施設、その施設に、普通これに対する国の補助事業というのはありませんけれども、今回新たに景気対策の一つの中での取り組みということで、県のほうで取り組んだ事業というようなことでございます。



○山崎諭予算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) そうすると、この事業費5,400万円は国・県支出金と。歳入のほうはまだ確認してないんですが、すべて県の事業だというふうに理解していいのかどうかということと、補助事業でつくった設備に補助は出ないというふうな考え方をもう捨てて、物によっては出るんだというふうに考えていって、あるいは告知していっていいものなのかどうか。



○山崎諭予算特別委員長 村山農林課長。



◎村山利男農林課長 今回補正をお願いしている数字につきましては、全部市のほうを通して事業主体に行く金額というようなことでございます。一応、この事業につきましては、市を通した中で補助金の流れというようなことでございますので、市でこの事業の補助金を受けて、その事業主体に補助をしてあるというふうな、簡単に言えばトンネルといいますか、そういうふうな事業でございます。

 あともう一つ、この事業につきましては、補助をいただいた中での修繕の費用というようなことは、補助対象にはほとんどならないということは、これまでと同じでございます。それで、今回は、先ほど申しましたように、県のほうでそういうふうに対象にならないものに対して、長寿命化なり、あるいはリニューアルをしていこうというようなことで、今回新たに緊急雇用対策の中での事業ということで取り組んで、今回のみというような形で事業をされるというようなことでございます。



○山崎諭予算特別委員長 赤塚委員。



◆9番(赤塚幸一郎委員) 緊急雇用対策とか、あるいは県としての農業予算の拡充とか、いろいろな要素があると思うんですが、例えば、農業関係でいろいろ、振興策として助成が必要な部分がたくさんあると思うんですけれども、この3つの事業を選ぶ過程です。市のほうでこの3つの事業を選んだのか、それとも生産者のほうから強い要望があったのか、あるいは、県のほうからこういうものだと適用になるというふうに、上のほうからのアプローチでこの事業になったのか、この3つの事業を選定した主な要因について聞かせてください。



○山崎諭予算特別委員長 村山農林課長。



◎村山利男農林課長 この事業につきましては、県でこのように事業を進めていきますので手を挙げてくださいというようなことでの流れというようなことになります。それに対応して、地域の皆さんのほうにいろいろ手を挙げて事業をしていただけるのかどうかということで、要望等の調査をして、手を挙げた方について今回対応をさせていただいているというようなことでございます。



◆9番(赤塚幸一郎委員) 終わります。



○山崎諭予算特別委員長 以上でつばさ21の質疑を終了いたします。

 次に、小澤委員から質疑をお願いします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上で小澤委員の質疑を終了いたします。

 次に、木村委員から質疑をお願いいたします。

  (「ありません」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上で木村委員の質疑を終了いたします。

 最後に、矢吹委員から質疑をお願いいたします。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 これで矢吹委員質疑を終了いたします。

 以上で議第30号平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち経済部及び農業委員会の所管に属する事項、並びに議第34号平成21年度天童市工業団地整備事業特別会計補正予算(第2号)についての質疑を終了いたします。

 ここで休憩をいたします。

   午後2時02分 休憩

   午後2時11分 再開



○山崎諭予算特別委員長 休憩前に引き続きまして会議を再開いたします。



△議第30号 平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち建設部所管に属する事項外2件



○山崎諭予算特別委員長 議第30号平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち建設部所管に属する事項、議第32号平成21年度天童市都市計画公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)及び議第35号平成21年度天童市水道事業会計補正予算(第2号)についての質疑を行います。



△質疑



○山崎諭予算特別委員長 最初に、かがやきから質疑をお願いいたします。

 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) まず、52、53ページをお開き願います。

 8款4項4目公共下水道費、53ページの上のほうに都市計画公共下水道事業特別会計繰出金2,600万円ありますが、この繰り出す目的、内容をお願いします。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 下水道事業は特別会計になっております。下水道事業会計の中で、財源としましては国庫補助金、また起債、あとは一般の費用もあるわけですけれども、不足する分を一般会計のほうから出していただくというようなことで、繰出金ということになっております。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 不足分ですけれども、何をするための不足分ですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 今回の主な内容につきましては、下水道建設費の中の工事補償金とか、大きなものについてはこれに当たるものでございます。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) では、99ページをお願いします。

 下のほうに公共下水道建設事業費の単独分で、一番下のほうに工事関連補償金とございます。この補償金の意味合い、どこに何のために出すのか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 今回の下水道の補償について申し上げます。

 1つには、下水道工事において、水道管及びガス管等の占用物に支障とならないように計画しておったところでございますが、現地において試験掘り等を行い土質確認を行ったところ、れき交じり、また大きい石等も混入していたことから、雨水幹線の工事ですけれども、埋設位置の変更と掘削による影響範囲との調整、施工上の安全性を確保したところ、占用物の移設が必要になったためのものです。

 2つには、土地所有者の同意を得て管理協定を締結し、公共下水道工事として計画しておった石鳥居地内の開発道路の工事でございますが、交渉の結果、公共下水道ではなく下水道法第24条並びに下水道条例19条に基づき、土地の所有者が許可を得て個人で下水道施設を設置することになったためのものでございます。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) もう少しわかりやすくお願いします。どこの場所なのか。工事名、区間名、場所があるわけだよね。その辺を具体的に。



○山崎諭予算特別委員長 課長、もう少し工事の内容とか場所を理解しやすいように説明してください。



◎早川祐司下水道課長 では、2つ目ですけれども、場所につきましては、今王将工業団地という名称になっておりますけれども、住居表示で石鳥居というような地名表示になっております。この地内に開発道路がございます。これへの下水道の個人が、先ほど申し上げましたように、下水道法第24条、これは行為の許可という項目に当たります。あと下水道条例第19条に基づくということで、これは行為の申請の手続を決めております。土地の所有者が、市のほうに対して下水道の本管に接続したいという行為手続を行いまして、許可を得たので工事をしておるものでございます。それに対して補償するというようなことでございます。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 個人が開発したところの道路に個人の了解を得て下水道を布設するというふうに理解してよろしいですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 そのとおりでございます。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) これをするのに、何で補償金というふうな名前なんですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 個人で法令等の許可を得て下水道施設を設置した場合、この下水道施設は申請者の所有ということになってまいります。ただ、今度その周辺の企業がこの下水道を使用したいと言った場合、その申請者の許可を得るようなことになってまいります。そのほかに、水を流すことに関しては問題ないのですけれども、後ほど個別の補償費を請求される場合がございます。そういうことで、市民がひとしく下水道を利用できるというようなことから、補償費を払いまして、その施設を市のほうで管理する下水道施設とするための補償ということで考えております。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 例えば、市の許可でもって、ここにお金を払って埋めると。この後のメンテナンスなんかも、当然、もし何かの場合には、またそこを掘り返して直すとか発生しますよね。こういったことも可能なように契約等を結んでやっているわけですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 はい、そのとおりでございます。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) この3,170万円のメーター数。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 申請の延長は340メートルほどになっております。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) これは、認められれば即着工というふうになるんですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 申請が前にありますので既に許可してありますので、今現在施工中でございます。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 今こうやって予算審議中に、申請があったから許可したなんて、しかも着工したなんていうことは、今まで例があるんですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 開発の場合ですと申請があった段階で許可しますので、それで工事は着工されているということは、これまでの通例でございます。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 例えば、今審議している予算が、もしだめですよとなった場合には、その工事はどうなるんですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 工事は先行しますけれども、補償は後になりますので、完成してからということでしております。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 後払いはわかりますが、でも、相手の個人の人は業者を頼んで工事をやっているわけだよね。もうでき上がるんでしょう。もしここでだめだったら、後払いもできなくなるわけだよね。その辺はどう考えるんですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 この区域は下水道の処理区域になっておりますので、市の工事、または開発者がやったとしても、すぐ使ってもらうというふうなことになっていますので、行為の申請ということになっていますので、完成の届けが出ましたら、市のほうで全部確認しまして、市でやっております竣工検査と同様な検査をやる予定もしておりますけれども、それで確認した上で支払う的な考えをしております。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 今の話でなくて、私の質問は、今予算審議をしているこの中身が、もし今回だめになった場合に、その後払いの補償金が、いつまでの後払いかわからないけれども、工事でき上がってましたって済むんですかということ。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 行為の申請ということですので、相手のほうで完成させるということがありましたので、その後の補償ということになったわけですけれども、市民の皆さんが使っていただく下水道施設ということですので、お願いしたいというふうに思っております。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 私のほうから、いわゆる開発にかかわる下水道の取り扱いについて御説明を申し上げたいというふうに思ってございます。

 1つには、下水道の処理区域に編入されている地域の開発、これにつきましては、これまでどおり都市計画法のいわゆる開発許可に基づく協議の中で、いわゆる道路、下水道等の帰属に関することと、それから機能を満たす条件の中で整備を許可するということになってございますので、その場合については、相手に整備をしていただいて、それを市のほうに帰属させていただくという形になろうかというふうに思ってございます。

 ただ、今議論になっている場所につきましては、いわゆる下水道処理区域に入る前に開発されたという場所でございます。いわゆる、まだ整備になっていない場所といいますか、処理区になっていない場所なものですから、当時開発に当たっては、下水道の整備の必要はないということで、求めることができないような状況でございました。当然、していただいてもつなげないわけですので、そういったことにはならないというわけでございます。

 ただ、現時点におきましては、既に処理区域に編入になっていると。そういった場合の今後の取り扱いということになるわけでございますけれども、これにつきましては、いわゆる下水道法の定めがございまして、排水設備の設置等にかかわる下水道法の10条の規定がございまして、使用を開始された場合においては延滞なく排水設備を設置しなければならないというようなことになってございます。

 だれが設置するかということになるわけでございますけれども、本来ですと一般の方、いわゆるほかの下水道の方と同じようにすぐつないでいただけるようにするためには、所有者の同意を得て市が施工するというのが一番よいわけでございますけれども、ただ、今回は協議をさせていただいた中では同意を得られないと、本人がやりたいということなものですから、本人にしていただいて、市の管理にさせていただくような協議をさせていただいたということでございます。

 その場合、市に移さないと市の許可の権限が及ばなくなりまして、今後の管理にも非常に支障を及ぼすということもございますし、今課長からありましたように、周辺のいわゆる張りついた方が自由に使えない、つなぐことができないと。当然、これも下水道法の1つの規定がございまして、いわゆる施設に、個人がしたものにつなごうとするときについては、その施設の整備に当たった者についての設置、あるいは改築、維持等に関する費用を負担しなければならないということになってしまうということで、一般の下水道のようなわけにはいかなくなるというようなことから、いわゆる公共の利益という部分を考えますと、市民平等、等しく同じような形での取り扱いということを追っていくためには、何らかの方策を講じなければならないと。

 その1つの方法として、その部分について損失補償をして、それを市の権限に移すという方法がございますので、今回はそれを適用させようということで、先様と協議をさせていただいたという経過がございます。

 以上であります。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) こういったところは、やはり、市のほうに道路を編入して、そして正式な手続を踏んで入札をするとか、そして業者を選定するならわかるんですが、普通ならこれ工事関連工事費用でいいんだけれども、補償金が、もう一度説明願わないと理解できないんですよ。補償金にした意味合いを部長から。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 いわゆる損失補償という考え方でございます。いわゆる物に対する補償というよりも、市民が等しく供用を得るための損失補償という形で、いわゆる工事にかかわった部分の金額を補償するということで、ただ、それが多いか少ないかということ、そのための、いわゆる下水道の設置にかかわる基準もございますので、その基準にもとづいて積算した額を損失補償として相手方に支払うという形になろうかと思います。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) すると、これは相手方は個人で工事をやっているということですが、相手の個人の方が業者を選んでやっているわけだよね。恐らく下請けさせて。すると、この単価というのは市と協定してやったんでしょうね。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 補償という形をとりましたので、土地の所有者のほうが業者を選定して発注しているというような形になっております。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) この340メーター、カーブもあれば人工枡もふえていくんだけれども、この辺の見積もりもとられて許可したと、契約を結んだというふうに考えてよろしいですか。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 下水道のいわゆる設置基準というものがございまして、設計上の基準もございます。示された基準がございますので、それに基づいて相手に協議をしていただいて、それに基づいた単価の計算ということになりますので、それが民間発注なので高くなるか安くなるかは、これはこちらとしては何とも言えませんけれども、ただ、その基準の中でやっていただくという形になります。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 個人の道路とは知らないんだろうけれども、市内業者からも、何であの大きい工事を入札の経過もなくてやっているんだという声もあるわけよね。だから、そういった誤解を招くようではうまくないよね。その特定の個人名、私もはっきりわかったようなわからないようななので言いませんが、あそこの通りの歩道には本管が埋まっているんだよね。ここの私道になるものにはその本管から一応そっちさ入るところの管が埋まっているわけかな。本管から支線のほうにつなぎ口を埋めたわけでしょう。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 歩道の工事の段階で、将来受けるであろう箇所につきましては、取り出し管という表現をさせていただきますけれども、そういう箇所は何カ所か設けておりました。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) そのときにその方とうまく協議しておけば、そのときにもう供用できたんではないですか。早目に仕事をしておけば、今ごろ補償金なんていうのではなくて。ではないの。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 事業説明会等はいろいろこれまでもやってきておりましたけれども、その方とも、前もお会いして話は進めてきておりましたけれども、なかなか理解が得られなかったというのが1つございました。

 以上でございます。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) 同じことを何回もであれですけれども、さっきからも言っているように、これが万が一うまく通らなかったときに、また相手に支払いがおくれる、相手のほうは個人で相当金を負担しているというふうになりますよね。そうであれば、また関係者が供用使用できないことがあるんではないですか。この辺をお聞かせ願います。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 支払いできなくなりますと、やはり、相手のほうで市のほうへの帰属は拒否されるようになるかと思います。そうなると周辺の近隣の方が下水道を使えなくなるというようなことになるかと思います。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) そんなこと、使えなくなるんではなくて、その前に、逆にこの方から「何だ」と言われませんか。「あのとき約束したのにお金をもらえないんですか」とか、そういうふうなことの心配はないんですか。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 本来ですと、市道という形で開発道路になっておれば、市の管理の土地でございますので、市で整備できるということでございますけれども、個人の土地については、先ほど申し上げましたように本人の同意を得て管理協定を結んでいないと、市としては工事はできないということで、そこに市で埋設しようとしたときに整備する方法としては、今言ったように管理協定を結んで市でする方法と、もう一つが、いわゆる土地の所有者が市の基準に基づいた設計に基づいたもので許可を得てする、この2つの方法があるわけです。その中の許可をもらう方法で今進めようとしているということでございます。

 しかも、その場所については、武田委員おっしゃいますように、本来ですと、やはり、開発道路がもう市のものになっていればよかったわけですけれども、当時の状況ではそういった開発の権限も市にもなかったということもありますし、また、当時は下水道の処理区域にも入っていなかったということで、そこに無理やり下水道施設を入れさせてもつなぐ保証がなかったということで、そういった条件も当時としては付することができなかったという経過がございまして、こういった形になってきていると。

 ただ、下水道の供用開始された場所については、速やかに設置しなければならないというふうになってございますので、これをどういった手法で整備すればよいのかというと、その2つの方法しかないわけでございますので、相手がどうしても市のほうに同意できないと、自分からやって、その後についての協議をするということであれば、民間の方にやっていただくという方法しか、今の時点ではないということでございます。



○山崎諭予算特別委員長 鈴木委員。



◆16番(鈴木照一委員) 関連してお伺いしたいと思います。

 口頭でのやりとりなので具体的に王将工業団地の中でこの開発道路がどのように近隣の所有者、今後工業団地の事業者がこの開発道路が私有地であることによって影響が出るのかというのが正直わからないんです。使えなくなりますなんていうのは、本当に使えなくなるとかわかりませんし、ほかのルートがあるんではないかとか考えられますし、きちんとそういったところを見せた上で説明してもらわないとちょっとわからないなというのがあります。

 それと、今回3,170万円で、今の部長の説明ですと、今後利用させてもらえるようにするためのというふうな話でした。ということは、この3,170万円を払っても使わせていただける保証はないんですね。使わせてもらえるかもしれないけれども、もっと出さなければ使わせないよと言い出すかもしれないわけですね。そこなんです。

 それと、この3,170万円のうち損失補償だと言っていましたので、では、実際かかっている埋設する工事費と、そのほかにそういった補償費と言われる損失補てん的な意味合いの部分が一体どのぐらい出ているのかという細かいところが見えませんので、一体工事費は何ぼかかっているのか。もしかしたら使わせてもらえるかもしれない程度の約束のために一体何ぼ払うのかというところをお示しいただきたいと思います。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 今回の補償費の金額ですけれども、補償を積算した金額でございます。全額補償費として算出した金額でございます。工事費として算出した金額でございます。



○山崎諭予算特別委員長 すみません、ちょっと答弁がわからなかったようですけれども、工事費なのか補償費なのかというようなことをもう1回はっきりおっしゃってください。



◎早川祐司下水道課長 実際にかかる工事費を算出したわけですけれども、その費用を補償費として計上したものでございます。



○山崎諭予算特別委員長 鈴木委員。



◆16番(鈴木照一委員) そうしますと、よく工事を発注する際に、役所のほうで積算するソフトを使って大体数字をつくっていくわけでしょうけれども、そういった積算の過程を経た数字がこの数字というふうなことで、さらには、一般的には、随意であろうとも、入札の場合はそこから何%かの数字に、当然予定価格よりも下回る数字での契約になるわけですが、満額というふうな状況でございますが、この数字が適当な数字なのか、工事として適当なのかどうかというのは、そうなってくると、いささかお高い契約をされたのかな。

 実際のところ、工事に支払おうとされているお金が一体お幾らになるかというのは、民間が勝手にやっているからわからないというふうなことなんでしょうか。それともお幾らで事業をされているかというのがもしおわかりならば、その数字を教えていただければと思います。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 まず、損失補償ということで対応しておりますので、道路事業の建物等の移転補償費の場合と同じように、かかる費用を算出したと。その持ち主のほうで業者を選定して工事を発注されるということですので、その金額については、その方のほうで把握していますので、私どもでは把握しておりません。



○山崎諭予算特別委員長 鈴木委員。



◆16番(鈴木照一委員) では、そこはいいです。

 それと、話題として最初のほうに戻りますけれども、さきの市長の回答の中には、こういった重要な土地は市道に認定すべきではないかというふうな意味合いの発言があったように記憶しておりますが、将来的にこれを市道に認定していくというふうな考えなのか。

 とした場合、よく民間開発の築造道路を市道に認定していただきたいという場合は、基本的には無償譲渡、寄附というような条件が一般的なのかなというふうに思いますが、そういうふうなことと同じテーブルで話せない特殊な状況があるのかもしれませんけれども、そうした場合、一般の住宅に住む住民はただで提供するけれども、こういうところは買ってもらえるんだねというふうな、逆に不公平感を市民に知らせることにはならないのかと。

 さらには、市道に認定するということであれば、初めから認定すべきことに協力する地主なのであれば、この補償費は必要でなかった支出になってしまうのではないかというふうにも感じられます。それほど協力していただけるのであれば、この補償費は発生しなくてもよかったのではないか。むしろ、工事費だけを市がやるべきだったのではないかと。一体何が目的なのかがわからない。その点について、今後この開発道路、私道路を市はどのように取り扱おうとされているのか。

 それと、間違いなく、今後この補償費だけでいろいろな方があまねく使えるようになるという保証を確約しているのかどうか、その辺をお伺いしたいと思います。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 市道の認定につきましては、本来開発の場合ですと、開発業者と協定を結んだ中で、将来は市に帰属するという形で現在やってございます。ただ、ここの場所につきましては、市長の答弁の中でもございましたけれども、市のほうに認定になる前に開発になったという場所でございますので、当然そういった条件はついていなかったということで、個人の所有になっているという経過がございます。

 ただ、いろいろな開発の場所を見ますと、例えば、現在町の中でも行きどまりの何件かの分譲なんかもあるわけです。そういったところは、業者が個人で持っている場合、あるいは各宅が持ち分になっている場合、あとはいわゆる業者がいなくなって個人所有になっている場合、さまざまございます。ただ、市道として基準を満たすようなものであれば、当然、これは市として受けて市道としていくということでございますけれども、やはり、こういった雪国でございますので、除雪とかいろいろな条件がございますので、そういったものが入れるような条件等いろいろございますので、そういったものを見ながら、1つの基準になったものは市道として認定をしていくというのが考え方であります。

 ただ、以前開発されたこういった場所につきましては、あくまでもみな個人所有になってございます。ですから、個人から、いわゆる市への寄贈の申し入れとかそういったことがなければ、なかなか市道認定はできないというのが現状ではないかというふうに思ってございます。

 また、ここは今のところ行きどまりという形にもなってございますので、そういった意味では、市道に認定するにはちょっと無理があるという部分もございます。ただ、ほかの、いわゆる一般の住宅と条件として非常に違うのは、道路が非常に広くなっている、やはり工業団地の中なものですから、いわゆる大型車がすれ違えるような、そういった構造になっているということもございますので、周辺の人の利活用という部分を踏まえますと、少なくても、除雪なんかはやはりやってやる必要なんかもあるのではないかというふうには思っているところです。

 ただ、今の時点でここ市道にできるかどうかというのは、相手方の意向もありますし、条件もありますので、何とも言えないというのが状況かなというふうに思ってございます。あとは、当然その場所を買収するとなると、いわゆる寄贈した方との不公平があるということは今御指摘あったとおりでございますので、その辺は相手方の意向も含めながら協議せざるを得ないのかなというふうに思ってございます。今の時点では、まだ市道にしてほしいとか、そういったこともありませんので、何とも申し上げられませんので。

 あとは、市道に編入してから下水道を整備をしたほうが補償費も要らなかったのではないかということでございますけれども、今回の補償費につきましては、あくまでも下水道の整備にかかわる部分ということでございますので、どちらにしてもその部分はかかるということでございます。ただ、民間のいわゆる土地所有者がした場合については、周辺の張りついている方が持っている方の同意を得て、それなりの負担等をしないと使えないということで、一般の方ですと、市の方に直接つなげば使えるという状況ですけれども、そういった状況にはならないというのがございますので、その辺を解消するということも必要なので、今回は、工事にかかわる部分については、いわゆる損失補償という形で積算をした中で支払わせていただくという形で協議をさせていただいているということでございます。



◆16番(鈴木照一委員) それで使わせてもらえるということですね。わかりました。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 一応、きちんと協定を結んでやるということでございますので、当然損失補償をするからには周辺の人にもきちんと使えるような、一般の例と同じような条件を付すということになりますし、当然市のつなぐ場所も決まってございますので、それにつなぐにも、そういった条件を付してやっていただくということでございますので、普通に一般の家庭と同じように使えるという形になります。



○山崎諭予算特別委員長 鈴木委員。



◆16番(鈴木照一委員) 今説明いただいた内容に関して、最後の部分です、今後に係る部分ですけれども、これでもう一切請求はしないし市も支払うものもないと、それで、これによって今後は自由に使えるんだというふうな契約書なり交わしていらっしゃるというふうに考えてよろしいのでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 そういう約束をしております。



○山崎諭予算特別委員長 契約をしているということですか。

 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 契約というよりも、いわゆる工事の許可を出す時点で、そういった部分が条件となって許可を出しているということでございます。



○山崎諭予算特別委員長 よろしいですか。

 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) ここの箇所は、これだけではなくてこの上にもあるんだよね。もっと道路が広いやつね。この人の私の道路はもっと上のほうにもあると思うんですよ。だから、ここを今回こういった形でやってもらってよくなった。今度は上のほうもこういったことで、補償金でもってやってくれというふうなことになりませんか。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 上の部分につきましては、もう既に市道認定になってございますので、そういったことはないというふうに考えてございます。



○山崎諭予算特別委員長 武田委員。



◆11番(武田達郎委員) いろいろ御説明もらって、了としてもいいんですが、ただ問題は、今この予算審議をやっているわけだよね。その前に、あそこの工事あしたで工期が終わるのかな。そういうふうな、工事がもう終わるんだというふうな逆さまなことがあっていいんだかと、これは問題だと思うんです。これが通ってから発注してもよかったんではないですか。発注というか、その方と協議しても。予算を今しているときに、あしたで終わりましたというようなことでは、こんなことはあってはならないと思うんです。私は、これが問題だと思うんです。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 基本的には武田委員がおっしゃるとおりだというふうに思ってございます。そういった意味では、大変不適切な対応かなというふうな部分もあるかと思ってございます。ただ、例年補償費につきましては多くの精算というふうなものがございます。昨年ですと三千数百万円の減額補正なんかもやっているということもございますので、やはり、場所を掘り返してみなければなかなか見えないという部分もございますので、今回はそういった部分では、ちょっとこちらとしての配慮を欠いたという部分では、大変申しわけなく思ってございます。



○山崎諭予算特別委員長 ほかに。

 松田委員。



◆1番(松田耕一委員) ただいまの確認を1つだけさせていただきたいと思います。補償費の算出基準は、市のほうで出されたメーター当たりの単価をメーターで掛けた単価で補償しているというふうに考えてよろしいのでしょうか。実際かかった金額ではなくて、市で算出した金額というふうに考えてよろしいでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 下水道工事を発注すると同じように、国、また県の単価基準というものを使って算出したものでございます。



○山崎諭予算特別委員長 松田委員。



◆1番(松田耕一委員) もし安く発注していれば、安い分は補償費になるという感じでよろしいでしょうか。

 あともう一つ、49ページの8款2項2目ですけれども、土地購入費というふうにありますけれども、これの場所とどういう目的で購入しているのかをお願いします。

  (「関連」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 鈴木委員。



◆16番(鈴木照一委員) 39ページの道路維持事業費ということなんですが、この内訳で維持改良工事費は1,000万円ほどの減額になって、そのほかいろいろ委託料やら購入費や補償費が出ているんですけれども、この辺の組み替えといいますか、その内容についてあわせて御説明をお願いできればと思います。



○山崎諭予算特別委員長 阿部建設課長。



◎阿部英弥建設課長 こちらにつきましては、市道の維持改良工事にかかわるものでございますけれども、今年度約30路線ほどの道路改良工事をやっているわけなんですが、これまでの進捗状況をとらえまして、よりよく進捗させるために、維持改良工事費を1,019万円減額いたしまして、その他の委託料、土地購入費、次のページでございます工事関連補償金のほうに組み替え補正をいただいて、工事の進捗を図ろうとするものでございます。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 松田委員。



◆1番(松田耕一委員) 土地購入費とありますけれども、場所とか目的とかはいかがでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 阿部建設課長。



◎阿部英弥建設課長 全路線を申し上げたほうがよろしいでしょうか。



○山崎諭予算特別委員長 何カ所ぐらいあるんですか。いっぱいあったら主なところだけでも。



◎阿部英弥建設課長 主なところといたしましては、今回柏木地内でやろうとしている小関中央線というところがございますけれども、その辺のところが多くなってございます。用地費については、そのようなところになってございます。

 この件につきましては、後藤技術補佐のほうから回答するようにいたします。



○山崎諭予算特別委員長 後藤技術補佐。



◎後藤茂夫建設課技術補佐 先ほどの用地買収費でございますけれども、うちの課長は小関中央線と申し上げましたけれども、小関中線でございまして、金額としては、今のところ580万円を見込んでいるところでございます。そのほかの箇所数ですと、補正対象だけではございませんけれども、すべての本年度の工事箇所の中では、用地買収する路線といたしまして4路線を計画して、今進めているところでございます。

 以上でございます。



○山崎諭予算特別委員長 松田委員。



◆1番(松田耕一委員) 私、全然わからないものですから、そういう細かいいろいろな部分の土地を購入しているということでしょうけれども、どういうところなんでしょうかね。例えば、角を少し見通しをよくするために購入するとか、そういうことなんでしょうか。どういうふうな。具体的に教えていただければ。どういう部分をこういうふうに細かくいろいろなところを整備するのかというところです。



○山崎諭予算特別委員長 阿部建設課長。



◎阿部英弥建設課長 この件につきましては、東海林課長補佐のほうから答えさせるようにいたします。



○山崎諭予算特別委員長 東海林補佐。



◎東海林宏行建設課課長補佐 ただいま土地購入費と補償費の路線等についての御質疑になりましたけれども、土地購入費につきましては、先ほど後藤が申したとおり小関中線ということで、大体120メーターぐらいの延長の道路です。その中に家屋等も1件入りまして、全線をことし買うことはできないのですけれども、その家屋の部分ということで、土地購入費は70平米ほどを予定しております。

 あと補償費等につきましては、緊急性を要する路線ということで、薬師原線なんですけれども、その中の土地の補償の一部、こちらのほうが緊急に出てきましたので、そちらのほうを対応するための補正でございます。



○山崎諭予算特別委員長 ほかにありませんか。

 鈴木委員。



◆16番(鈴木照一委員) 52、53ページの8款4項6目の都市施設整備費の2点でございますけれども、天童北部地区並びに天童古城地区の組み替えの理由、目的を教えてください。



○山崎諭予算特別委員長 五十嵐都市計画課長。



◎五十嵐秀雄都市計画課長 天童北部地区の整備費の組み替えにつきましては、次年度に予定をしております工事箇所の建物調査、さらには道路設計に要する業務の委託をしようとするものでございます。工事費につきまして、請負差額金が大分出ておりますので、それを来年度の調査設計に先取りをいたしまして、事業の進捗を図ろうとするものでございます。



○山崎諭予算特別委員長 鈴木委員。



◆16番(鈴木照一委員) いろいろと国の動きも見据えてということなのかなと推測いたしますが、それによりまして工事費がなくなるわけでございますけれども、それによって及ぼす影響についてお伺いします。



○山崎諭予算特別委員長 五十嵐都市計画課長。



◎五十嵐秀雄都市計画課長 今年度予定をしております工事箇所については、ほぼ完了をいたします。請負差額金が出たものですから、用地調査等をやらないと次の工事に移ることができない。それを先取りしようとするものでございます。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 ほかにありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上でかがやきの質疑を終了いたします。

 次に、政和会から質疑をお願いいたします。

 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) 先ほども質疑があったんですが、99ページ、下水道に関しましては、一般的に市道に対して掘るというのが普通であります。しかしながら、民間の開発業者であれば、ミニ団地とかであれば、上下水道、そして道路築造を全部自社でやって、それで最終的に完成した段階で市に寄贈して市道認定してもらうと、こういったのが一般的な常識であるわけです。

 ところが、今回は下水道を引こうとしたところが、外見上は天童市の市道というような形に見えるけれども、実際は私道だったと。そこに対して今度下水道を布設するという場合は、やはり、民地に市のほうで下水道の工事をやるわけにはいかないと、こういった規定になっていると思っております。そういった面で、今回は民間の業者が民地に対して下水道を布設するのは別に問題ないと、そういったところで始めたと思うんですが、聞いてみると、以前からの状況を見るとやはり昔からそういう状況だったということで、非常に難しい箇所ではなかったのかなと思っております。

 だから、そういう形で、本来ならば民間業者が工事をやった段階でそっくり市に寄贈すると、それが普通だと思うんです。ところが、今回は自分のところで工事をやって、それに対する工事費をもらわなければならないと、本当に厚かましいような感じです。普通であれば、やはり、道路と一緒に寄贈するわけです。それを自分でやって工事費をもらうと。それでは、これまでやっているほかの業者にとっての公平公正さが欠けるんではないかと。

 こういった前例をつくれば、何か話に聞くと近くにもう1本ぐらいあるとか、そういった話があれば、またまたそういうことができかねないと。そういった面で、今回のやり方というのは余りにも無茶過ぎるのではないかと。こういった前例をつくれば本当に今後困ると思うんですが、その辺の御検討はどうしたのか、その辺の説明をお願いします。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 開発許可の権限が市に移ったのが平成12年からでございます。それから以後の開発については、今委員がおっしゃったとおりの指導をしているということで、基準に合ったものをつくっていただいて市に寄贈をしていただくと、そのかわり、市が将来とも管理をしていくという形での協定を結んでやらせていただいているということでございますけれども、何せこの場所につきましては、先ほど申し上げましたように平成12年以前、しかも下水道の処理区域にも入っていなかったという時点でございますので、県のほうで、いわゆる基準に見合った中での許可を与えた場所ということで来たところでございます。

 したがいまして、いわゆる市への帰属とか、そういった条件が何もついていなかったということで、こういった状況になってきているということでございます。たまたまこういったところが少し残っておったということだと思うんですけれども、それ以外についてはできるだけ市のほうにきちんと帰属になるような形で今後とも指導してまいりたいというふうに思っております。



○山崎諭予算特別委員長 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) 言い分はわかるんですけれども、やはり、下水道の布設の工事費はもらう、地べたのほうはそのままだというようであれば、要するに、一般的にいえば、市で民地に工事したのと変わりがないのではないですか。工事費は市で出している。ただ業者は民間の業者が自分でやったというんだけれども、それを出したということは、市で民地の中に布設したと、こういうことではないかと思うんですけれども、その辺の考えは。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 本来ですと、民地につきましては、いわゆる所有者の同意を得て市で工事をするということなんですけれども、ここはたまたま同意が得られないという形なものですからこういった形になっているということで、結果的には同意を得て工事をやったのと同じような形にはなりますけれども、ただ、形としては、あくまでも所有者がやるという形になってしまったという形でございます。



○山崎諭予算特別委員長 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) とにかく、市で入札も何もしないで、ただ予定価格的なものを設定して、それに合わせたと言いますけれども、やはり、民間でやっているのであれば、当然検査だ何だもできないわけでしょうから、そういった面で基準に本当に合っているかどうか、そこら辺の確認なんかも難しいのではないかと思いますけれども、それはどうですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 これの申請が出た時点で、設計内容、平面・縦断図、構造図等も全部出してもらっています。これについて全部チェックをしまして、基準どおりということと、あと現場において、施工の途中において、現場の確認をしてほしいという依頼がありましたので、途中において現場の確認もしているところでございます。

 以上です。



○山崎諭予算特別委員長 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) 工事途中においても検査はやっていると言いますけれども、実際、普通の市で施行をしているのと違って、いろいろなこまいところまで目が届かないと思うんです。そういった面で、本当に基準に満ちたものでやっているかどうかなんていうのは、ちょっとそこら辺も、我々も本当にやっているのかなと。だから、そういう本来やるべきところを拒否されて、向こうの言いなりになったような工事でやっているように見受けられれば、当然、何か向こうが、要するに補償費を請求しているような、そういった状況に我々はとらえているわけです。

 だから、その辺のところで、やはり、ちょっと今回の許可というのは、ましてや工事が始まっているなんていうのは、やはり、我々もいろいろなことを話を進めている中では、早目に進めてはできませんよと、そう言われてきていますよね。そういった面の整合性はどうなのか、その辺のところをもう1回お知らせください。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 下水道法の中では、いわゆる供用開始された区域については速やかに排水設備を設置しなければならないという法規定がございますので、その部分をどうやって実現するかというのが非常に難しい部分が今回あったということで、その方法として2つあるわけですけれども、1つが、市が相手の同意を得て直接する方法、それから、同意が得られない場合は相手のほうから申請をして、その基準に見合ったものをつくる方法と、この2つがあるわけです。

 そういった中で、市で相手方の同意を得ようという努力はやったわけですけれども、なかなか同意をしてもらえなかったと。また、将来的開発という部分もあるのかどうかわかりませんけれども、そういった中では、今のところ同意をしてもらえなかったという中では、方法の一つということで、民間の施工もやむを得ないだろうという判断に立ったところであります。

 ただ、今おっしゃいますように、それを前提に工事が進んでいるのではないかと言われると非常に苦しい部分はあるわけですけれども、ただ、払うのはやはりでき上がってからということでございますので、供用開始した中で整備しなければならない部分で整備をしていただいているということでございますので、今回予算を通していただければ、でき上がった時点で支払いをさせていただくというふうに考えているところでございます。

 ちょっとわかりにくい説明かと思いますけれども、そのようなことで、本来の予算が先にあってという部分からするとちょっとどうなのかなと個人的に思うところもありますけれども、その辺は御理解をいただければというふうに思ってございます。



○山崎諭予算特別委員長 水戸委員。



◆17番(水戸保委員) 平行線をたどるみたいで、なかなか理解を得られるような答弁はなかったんですが、やはり、書面で今後の条件を交わすとか、そういったことをやっていればいいんですけれども、上が民地であれば、気が変われば、もう通すな、通るなと、そういうことでやられかねませんから。実際、私らも私道の場合はそういうところを見ています。だから、書面とかを交わしていなければ、口約束とか、そういう工事の許可条件だけで認めたとしても、要するに、法的には何も拘束力がなければそれで終わりですから。

 だから、我々が言っているのは、本当に下水道法、それから、いろいろ法的に抵触しないか、それが心配なんです。何かに抵触していれば、やはり、後でそれはおかしいんではないかと、そういうふうに言われます。そうすれば、今度は別な方向からの補償だ何だ、そういったものが出てきますから、だから、そこら辺が法的に抵触しないのか、それを全部調べているのか、その辺のところをお聞きしたいと思います。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 申し出がありましてから、どういった手法で整備できるのかも含めていろいろ検討させていただきました。そういった中では、下水道法なり関連法については十分調査をさせていただいてございます。そういった中では、こういった方法が一番いいという形で判断をさせていただいたところでございます。

 なお、相手方が、せっかくできても使えるような保障がないのではないかということですけれども、それについては、工事の着手の許可を与える時点で十分指導もさせていただいていますし、また、その場所の両側に張りついている会社等につきましても、当時開発した方が周知をしたということもございますので、それについては心配ないというふうに考えているところでございます。



○山崎諭予算特別委員長 ほかにありませんか。



◆17番(水戸保委員) 平行線だからいいです。



○山崎諭予算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) 大分質疑を聞いているんですが、話が理解できない面もあります。そして、これはお願いできませんか。地図がないので、どこなのか、はっきり道路の形態もわからないし、それから、周囲に類似の形態の道路がないのかどうか。

 なぜそれを申し上げますかというと、私が一番心配なのが、これが先例、いろいろ皆さんの意見をお聞きしていますと、悪い例になって、これからいろいろこういった工事をする場合に困ったことにならないのかということです。私が考えるには、これは補償金ということではなくて、民間の土地に公共投資をするわけですから、あなたは土地を譲渡しないのであれば管の使用料を出してくださいと。市で公共工事をやるんだから、民間の土地に公共投資すると、それを今度は下水道として使っていくんですから、土地を譲渡しないのであればあなたは月々使用料を出してくださいと、それぐらい言えないんですか。そこをお願いします。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 土地の所有者が直接下水道につなぐということがございませんので、あくまでもそこに張りついた企業等が使うということでございますので、本人から使用料を取るというのはなかなか難しいのかなというふうに思ってございます。

 また、整備するに当たっても、あくまでも個人の土地ですので、強制的に市でするというわけにはなかなかいかないと。やはり、これまでと同じように粘り強く交渉した中で、同意を得てというのが基本でありますけれども、今回はなかなか同意をしてもらえないということでこういった形になってございます。



○山崎諭予算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) 今御説明はいただいたわけですが、やはり、次にこういった形態が道路に出てきた場合に、また同じようなことをせざるを得ないとなるのが一番心配なわけです。ですから、そういうふうな先例にはしないという何か確証がとれるんですか。それはあるんですか、ないんですか。それだけお聞きします。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 先例にしないという確証と言われましても、そういった場所がほかにあるのかどうかというのはわかりませんので何とも言えませんけれども、ただ、現時点では、そういった場所はほかには多分ないのではないかなというふうに考えております。



◆10番(結城義巳委員) あるっていう話もあるし。



◎瀧口廣建設部長 先ほどの話の中では質問があったわけですけれども、そちらについては既に登記承諾書もいただいて、既に市道に認定になってございますので、そういったことはないというふうに考えてございます。



○山崎諭予算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) それから、この価格も、いわばこれは設計価格みたいなものではないんですか。それも予定価格で落としたり、その後、競争入札前ですと落札率で大分下がってきますから、もっと安くなると思うんですけれども、これは設計金額そのものみたいな見方しかできないのですが、もう少し安くできたんではないかと思うんですが、どうなんですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 該当する数量等、基準につきましては、先ほど申し上げましたように、国・県の基準、あと単価につきましても県の単価、一般の公共工事というものと同じような形で算出した金額で、それを補償ということで計上したものでございます。



○山崎諭予算特別委員長 結城委員。



◆10番(結城義巳委員) ですから、工事でいうならば設計金額そのものではないですかということを言っているんです。ですから、もう少し競争率をはたらかせれば80%とか85%とかの、落札になる段階で落ちるわけですから、やはり、設計金額はこうだけれども、この辺までは落としてもらわないとというふうなことも当然出てくるはずなんで、それがないんですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 補償という考え方について、その金額を工事の算出のやり方で算出したというようなことでございます。委員の御指摘になりますように、公共工事という形で発注すれば、当然比率によって請け差の分が出てくるかと思いますけれども、補償の場合ですと、そのものの金額、損失補償費を算出しておりますので、これは個人のほうに払うというようなことでの算出をしております。そんなことで、それをまけるという表現はちょっとできないというふうに思っております。

  (「終わります」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上で政和会の質疑を終了いたします。

 次に、つばさ21から質疑をお願いいたします。

  (「ありません」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 以上でつばさ21の質疑を終了いたします。

 次に、日本共産党天童市議団から質疑をお願いいたします。

 伊藤和子委員。



◆20番(伊藤和子委員) 同じ99ページの下水道特別会計の工事費について伺いますが、先ほど冒頭で、工事関連補償金についての質疑に対しまして課長から、1つ目はということで、占用物の移動にかかわるものだとか、2番目にこの石鳥居地内の下水道ということの話があったんですが、先ほどの質疑の中では、その補償費が3,170万円とそのものの答弁でありましたが、最初に言った占用物の移設にかかわる費用というのはこの中に入っていないということですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 今回補正している内容につきましては、当初予算で計上しておりました金額というのは、一応水道ということで補償を考えておったわけでしたけれども、先ほど1つ目ということでお答え申し上げましたけれども、その中でガス管のほうも出てまいりました。ただ、水道のほうがほぼ決まったというようなことで、その辺の精算が一部あったということで説明申し上げたところでございます。



○山崎諭予算特別委員長 伊藤和子委員。



◆20番(伊藤和子委員) 今回は2番目の石鳥居地内の下水道工事関連分だけで上がっているということでよろしいのですね。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 はい、そのとおりでございます。詳しい点は、田中係長のほうから答えさせていただきます。



○山崎諭予算特別委員長 田中副主幹。



◎田中広也下水道課副主幹 お答えをさせていただきます。

 当初、既決予算の中で、工事関連補償金ということで予算額として4,570万円、当初予算で計上させていただいておりますので、今回は変更になる部分の追加というふうなことでの補正予算となります。よろしくお願いいたします。



○山崎諭予算特別委員長 伊藤和子委員。



◆20番(伊藤和子委員) 何か精算に伴うということなので、もう1回後でお聞きいたします。

 それで、今回は工事関連補償金という名前で上がってきていますが、この補償金については、地方公共団体の適法な公務の執行により特定の者に財政上の損害を与えまたは精神上の損害を与えた場合、その損害を補うものに要する費用ということで補償金はあるわけなんですが、先ほど部長の答弁の中で、損失補償のようなものですというふうな答弁もいただいてありますが、損失補償となりますと、適法な公権力の行使によって加えられた財産上の特別の犠牲に対して、全体的な公平負担の見地からこれを調整するための財産的補償をいうというふうなことになります。何らかの公権力が、落ち度があったような形で損失補償というのが使われていますが、今回のこの部分についてそういった点があるのかどうか伺います。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 この部分につきましては、いろいろと調べました田中副主幹のほうから説明させていただきます。



○山崎諭予算特別委員長 田中副主幹。



◎田中広也下水道課副主幹 今回のケースにつきましては、公共下水道の事業認可区域ということで、今回施行しようとしているエリアを含めた周辺全体の受益の平等性を考えた場合、損失補償というふうな形で行わないと社会全体に公平性が保てなくなるというふうな考え方から、補償ということで行っているものであります。



○山崎諭予算特別委員長 伊藤和子委員。



◆20番(伊藤和子委員) 先だっての石垣議員の一般質問でも公共工事のあり方等を質問させていただいて、それの答弁としましても、やはり、公の道路としてきちんとしてから工事は行うべきだというふうな見解であるというふうな答弁はいただいているわけですが、今回こういった問題が出てきているのは、予算の上げ方、予算の使い方というふうな形で出ていると思うんです。

 それで伺いたいのですが、行為の申請が出されて、行為の許可を出して、契約書を取り交わして工事にかかっているというふうな答弁もありました。それから見ると、この間お尋ねしたところ、行為の申請が9月1日にあって、9月3日に許可をして、11日に契約書を交わして、9月15日から12月25日までの工期で工事が進んでいるというふうな状況にあります。かなり早いなというふうに感じるんですが、その前の段階で、同意を得られなかったと至るまでのいろいろな経過があるかと思うんですが、いつからこの話を出しているのか。下水道の処理区域に指定されて、補助事業として認定されたのがいつなのか、そこから入っていると思うんですが、その交渉経過の最初のほうから御説明いただきたいと思います。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 今回の王将工業団地、また清池工業団地があるわけですけれども、この事業計画に入りまして、今後工事をするというようなことで関係者のほうに案内を差し上げて、2日ほどに分けて説明会をさせていただいております。説明会を開催しながら、順次また工事の段階の説明会を開くというようなことで、これまでも実施してきております。

 今回のことにつきましては、二、三年ほど前から関係者のほうに一応説明はさせてもらったところでございます。今後こういうことで手続を進めますということで協定をお願いしたいというようなことで、これまでもお願いしてきたところでございます。今年度、実際に動くということで、4月にもお邪魔して、説明して理解を得て、その段階で協定書にも判こまでいただいた経過があったわけですけれども、その後、相手方のほうから自分でやりたいということがありまして、それでは行為の申請と、こういう手続しかないというようなことで申し上げて、今に至っているところでございます。



○山崎諭予算特別委員長 伊藤和子委員。



◆20番(伊藤和子委員) 4月の段階で、処理区になるのでこういった整備をしますという協定書には判こをもらったということで、そこからいろいろ話し合いが続いたと思うんですが、私有地の道路といっても、いろいろな事業所が張りついていて、法務局の資料によれば、公衆用道路というふうな形で位置づけられているところなんです。そうした場合に、やはり、水道や下水管という市のほうで責任を持って布設しなければならないものについては、やはり、公共事業として市が責任を持ってやるというのが当然の仕事だろうし、これから先、安全管理をしていく上でも欠かすことができないというふうなものであります。

 そういった道路に対して、やはり、本人の同意が得られなかったからということでそういった手続をとられたと思うんですが、それならば、申請、許可が9月1日、9月3日、そして工事が9月15日に始まるようなやり方というのは、やはり私たちとしては、段取り上、もうちょっと考えるべきであったのではないかというふうに思うんです。春からずっと工事のやり方を考えられてきたとすれば、やはり、そうならざるを得ない状況の中で予算の計上をして、まずもって議会の同意を得てからそういった工事をすべきであったろうと思うし、その同意も得ずに工事しているものですから、いろいろな市民の方、業者の方から、なぜ個人の人が下水道工事をしているんだという電話が来るわけです。やはり、そういう工事のあり方としては、早まったのではないかなというふうに思います。

 関係者の方にも、これまで調査しながらいろいろお話を伺ってきたわけですが、時間がかかるし、なかなか進まなかったからやむを得ず発注したと、やり方としては、やはり、こんなに急がなくてもよかったかなと言われた方もいらっしゃるわけなんですけれども、やはり、そういう進め方として、きちんと予算をとった上で発注すべきではなかったかなと思うんです。その辺について、部長のお考えをもう1回お聞きしておきたいと思います。



○山崎諭予算特別委員長 瀧口建設部長。



◎瀧口廣建設部長 市が直接工事するようなものについては、当然そういった形もございますけれども、今回の中におきましては、補償という中で、全体の補償費の見直しなんかも必要になってくると。先ほどありましたように、実際はガス管なんかの工事もかなりかかっているということで、減った部分との相殺で、最終的には3,100万円ぐらいの増額になったわけでございます。

 厳密に言えば、確かに今伊藤委員が御指摘されたとおりかというふうに理解してございますけれども、今回は一つの緊急的な措置ということもございまして、相手がしていただけるということでなければ、こちらとしては手の打ちようがない状況でございますので、このままもしだめになって、相手が自分でもやらないし市にもさせないとなった場合は、何ともしようがなくなるということもございますので、そういった部分も踏まえて、緊急的に下水道課としての考えも整理したのかなというふうに思ってございます。



○山崎諭予算特別委員長 伊藤和子委員。



◆20番(伊藤和子委員) もう1点お聞きしておきます。

 9月に損失補償に係る契約書というのを市と所有者の間で取り決めているわけですが、その契約書というのはどういう内容で契約しているのか。それから、そこにそういった金額等の明示があるのかどうか伺います。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 内容につきましては、田中副主幹のほうから回答させていただきます。



○山崎諭予算特別委員長 田中副主幹。



◎田中広也下水道課副主幹 お答え申し上げます。

 契約書の内容につきましては、今回の下水道の施設の引き渡しに関する条項、あとは物件の譲渡の禁止、あと維持管理上必要な行為を行う場合については所有権その他の権利にかかわらず相手方は異議を申し立てないこと、あと補償金の支払い、あと契約に関しては、今後これ以外の一切の件について請求したりしないというふうな内容になっております。



○山崎諭予算特別委員長 伊藤和子委員。



◆20番(伊藤和子委員) その金額ですが、補償金額については幾らになっているんですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 お答え申し上げます。

 3,167万8,500円です。



○山崎諭予算特別委員長 伊藤和子委員。



◆20番(伊藤和子委員) 今回の補正に上がっている金額内ということでありますが、先ほども水戸委員も質問しましたが、やはり、個人から工事を出していますが、その契約が幾らなのか、そういったところなんかもそのままの価格で行くのかという点もあります。それは大いな疑問でありますが、やはり、公共工事として予定価格を提示しながら入札にかけた場合は、幾らかでもそれよりは安く上がるわけですが、積算単価そのものでいった場合は必要以上の経費がかかるということにもなりますので、やはり、こうした工事のあり方についてはもう少し慎重に、そして、前もって提示していただきたいと思います。

 これで終わります。



○山崎諭予算特別委員長 以上で日本共産党天童市議団の質疑を終了いたします。

 次に、木村委員から質疑をお願いいたします。

 木村委員。



◆8番(木村竹虎委員) 99ページの工事関連補償金の件について、答弁をお聞きしていてわからなった点があるのでお聞きしたいのですけれども、私もその土地の状況と絵が頭に浮かばないものですからお聞きしたいのですけれども、鈴木委員からちらっとあったと思いますけれども、近隣の業者が下水道を通すのに、必ずそこを通さないと下水道がつなげないのか、それとも、そこを迂回してつなぐようなことになるともっと莫大な費用がかかるのか。莫大な費用がかかるのであれば、どのくらいの差があるのか。



○山崎諭予算特別委員長 ここで休憩いたします。

   午後3時34分 休憩

   午後3時42分 再開



○山崎諭予算特別委員長 会議を再開いたします。

 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 まず、位置のほうを説明させていただきます。

 お手元の資料ですけれども、上のほうが北になります。ちょうど右手のほうにありますけれども、元の免許センターに入っていく道路でございます。ちょうど真ん中ごろにコピーですので黒く太く載っているかと思いますけれども、ここが今回の私道の位置になります。したがいまして、県道のほうに本管が埋設されておりますので、これで西のほうに流すというふうなことになります。この道路が行きどまり道路になっておりますので、県道のほうに勾配をとって流すと、こういうことになっております。したがって、迂回というような場所につきましては、とれない状況でございます。



○山崎諭予算特別委員長 木村委員。



◆8番(木村竹虎委員) わかりました。



○山崎諭予算特別委員長 以上で木村委員の質疑を終了いたします。

 次に、矢吹委員から質疑をお願いいたします。

 矢吹委員。



◆3番(矢吹栄修委員) ほとんど出尽くしたと思うんですけれども、1点だけ確認させてください。

 武田委員からもありましたけれども、これがもし議会でだめだという議決が出た場合、逆に契約不履行になるんではないですか。その辺はどうなんですか。



○山崎諭予算特別委員長 早川下水道課長。



◎早川祐司下水道課長 逆のほう、相手方と市長との契約を取り交わしておりますので、もしならなければ契約不履行ということになると思います。



○山崎諭予算特別委員長 矢吹委員。



◆3番(矢吹栄修委員) これは議員全員の判断になるかと思いますけれども、予算が伴うもので、契約して、それが議会で通らなかったら契約不履行になるなんていうのは、これは議会にまずかけてやるというのは当然だと思うんですけれども、前例としてこんなことがあっていいでしょうかね。これは完全な議会軽視でしょうし、今回は特殊なケースだから何とか了ということになったとしても、かなりこれは問題だと思うんですけれども、その点だけ指摘させていただいて終わります。



○山崎諭予算特別委員長 以上で矢吹委員の質疑を終了いたします。

 最後に、小澤委員から質疑をお願いいたします。

 小澤委員。



◆18番(小澤精委員) 99ページの1款2項の工事関連補償金について、いろいろ委員の皆さんから御質疑があったようでございますけれども、先ほど伊藤委員のほうからは、9月の何日にもう契約をしたと。振り返ってみますと、こういう議案につきましては、9月議会、10月の臨時議会、あるいは12月議会終わってからでも工事はよかったのではないかなと。

 どんな理由があろうとも、1円だって議会が承認なしで勝手に工事するなんて、これは甚だ、あなた方は行政マンのプロとしてやることではないですよ。我々議員は、予算議案というのは一番審査しなければならない議案ですよ。それをここさ持ってきて、特殊な事例だから認めろ、それを認めたら、天童市議会は全国の笑い物になりますよ、これは。こんな簡単なことをもっと真剣に考えないで上程するなんて、私は執行部の良識を疑いますよ。部長会議って何しているんですか。部長会議で合意形成できたんですか。これは。私から言わせれば、あなた方がこんなことを出すこと自体が恥ずかしいんですよ。あとは申しませんけれども、私はこれについては反対を申し上げます。

 終わりです。



○山崎諭予算特別委員長 これで小澤委員の質疑を終了いたします。

 以上で議第30号平成21年度天童市一般会計補正予算(第5号)のうち建設部所管に属する事項、議第32号平成21年度天童市都市計画公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)及び議第35号平成21年度天童市水道事業会計補正予算(第2号)についての質疑を終結いたします。



△散会



○山崎諭予算特別委員長 これで本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 したがいまして、本日はこれで散会いたします。

   午後3時47分 散会