議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 天童市

平成21年 12月 予算特別委員会 11月30日−01号




平成21年 12月 予算特別委員会 − 11月30日−01号







平成21年 12月 予算特別委員会



             予算特別委員会会議録

     平成21年11月30日(月曜日) 午前11時32分開会

      山崎 諭予算特別委員長     村山俊雄副委員長

 ●出席委員(21名)

 1番 松田耕一委員   2番 村山俊雄委員   3番 矢吹栄修委員

 4番 狩野佳和委員   5番 松田光也委員   6番 矢萩武昭委員

 7番 山口桂子委員   8番 木村竹虎委員   9番 赤塚幸一郎委員

10番 結城義巳委員  11番 武田達郎委員  12番 後藤和信委員

13番 山崎 諭委員  14番 石垣昭一委員  15番 小松善雄委員

16番 鈴木照一委員  17番 水戸 保委員  18番 小澤 精委員

19番 淺井健一委員  20番 伊藤和子委員  21番 秋葉 忠委員

 ●欠席委員

    なし

 ●出席した事務局職員

                         主幹兼局長補佐兼

森川敏雄   事務局長       野口忠司

                         調査係長

原田まき子  副主幹兼庶務係長   武田文敏   副主幹兼議事係長

                         庶務係兼

加藤博之   調査係主査      結城篤彦

                         議事係主査



△開会



○水戸保予算特別委員長 ただいまから予算特別委員会を開会いたします。



△開議



○水戸保予算特別委員長 本日の会議は全員出席であります。したがいまして、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の委員会はお手元の議事日程によって進めます。

 ここで委員長職を交代いたします。

  〔委員長退席、副委員長着席〕



△委員長辞任の許可



○赤塚幸一郎予算特別副委員長 委員長職を交代しまして、会議を続行します。

 日程第1、委員長辞任の許可についてを議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、水戸 保委員の退場を求めます。

  〔17番 水戸 保委員 退場〕



○赤塚幸一郎予算特別副委員長 委員長の辞任願を事務局長に朗読させます。

 森川事務局長。



◎森川敏雄事務局長 辞任願。

 今般、都合により予算特別委員会委員長を辞任したいから、委員会条例第13条の規定により許可されるよう願い出ます。

 予算特別委員会副委員長様。

 予算特別委員会委員長 水戸 保。

 以上でございます。



○赤塚幸一郎予算特別副委員長 お諮りいたします。

 水戸 保委員の委員長辞任を許可することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○赤塚幸一郎予算特別副委員長 異議なしと認めます。

 よって、水戸 保委員の委員長辞任を許可することに決定いたしました。

 水戸 保委員、入場してください。

  〔17番 水戸 保委員 入場〕



△予算特別委員長の互選



○赤塚幸一郎予算特別副委員長 次に、日程第2、委員長の互選を行います。

 お諮りいたします。

 互選の方法については指名推選とすることとし、副委員長が指名したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○赤塚幸一郎予算特別副委員長 御異議なしと認めます。

 よって、互選の方法については指名推選とすることとし、副委員長が指名することに決定いたしました。

 委員長に、山崎 諭委員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました山崎 諭委員を予算特別委員会委員長の当選人と決めることに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○赤塚幸一郎予算特別副委員長 御異議なしと認めます。

 よって、山崎 諭委員が予算特別委員会委員長に当選されました。

 この際、お諮りいたします。

 今後、予算特別委員会が設置される際は、山崎 諭委員を委員長とすることに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○赤塚幸一郎予算特別副委員長 御異議なしと認め、以上のように決定いたしました。

 ここで委員長職を交代いたします。

  〔副委員長退席、委員長着席〕



△予算特別委員長当選承諾及びあいさつ



○山崎諭予算特別委員長 ただいま予算特別委員長に指名されました山崎 諭でございます。

 委員皆様の御協力をいただきながら職務を遂行してまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。



△副委員長辞任の許可



○山崎諭予算特別委員長 次に、日程第3、副委員長辞任の許可についてを議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、赤塚幸一郎委員の退場を求めます。

  〔9番 赤塚幸一郎委員 退場〕



○山崎諭予算特別委員長 副委員長の辞任願を事務局長に朗読させます。

 森川事務局長。



◎森川敏雄事務局長 辞任願。

 今般、都合により予算特別委員会副委員長を辞任したいから、委員会条例第13条の規定により許可されるよう願い出ます。

 予算特別委員会委員長様。

 予算特別委員会副委員長 赤塚幸一郎。

 以上でございます。



○山崎諭予算特別委員長 お諮りいたします。

 赤塚幸一郎委員の副委員長辞任を許可することに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 御異議なしと認めます。

 よって、赤塚幸一郎委員の副委員長辞任を許可することに決定いたしました。

 ここで赤塚幸一郎委員の入場を許可します。

  〔9番 赤塚幸一郎委員 入場〕



△予算特別副委員長の互選



○山崎諭予算特別委員長 次に、日程第4、副委員長の互選を行います。

 お諮りいたします。

 互選の方法については指名推選によることとし、委員長が指名したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 御異議なしと認めます。

 よって、互選の方法については指名推選によることとし、委員長が指名することに決定いたしました。

 副委員長に、村山俊雄委員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました村山俊雄委員を予算特別委員会副委員長の当選人と定めることに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 御異議なしと認めます。

 よって、村山俊雄委員が予算特別委員会副委員長に当選されました。

 この際、お諮りいたします。

 今後、予算特別委員会が設置される際は、村山俊雄委員を副委員長とすることに御異議ございませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○山崎諭予算特別委員長 御異議なしと認め、以上のように決定いたしました。



△予算特別副委員長当選承諾及びあいさつ



○山崎諭予算特別委員長 ただいま当選されました村山俊雄予算特別副委員長からごあいさつをお願いいたします。



◆村山俊雄予算特別副委員長 委員長同様、ひとつよろしくお願いいたします。



△委員席の指定



○山崎諭予算特別委員長 次に、日程第5、委員席の指定を行います。

 各委員の席は、ただいま着席しているとおりといたします。



△散会



○山崎諭予算特別委員長 以上で本日の議事日程は終了いたしました。

 したがいまして、本日はこれで散会いたします。

   午前11時40分 散会