議事ロックス -地方議会議事録検索-


山形県 鶴岡市

平成 22年  9月 予算特別委員会 09月28日−02号




平成 22年  9月 予算特別委員会 − 09月28日−02号







平成 22年  9月 予算特別委員会





平成22年9月28日(火曜日) 第2日

             出欠席委員氏名

  出 席 委 員 (33名)
  1番   田  中     宏         2番   石  井  清  則
  3番   渡  辺  洋  井         4番   佐  藤  峯  男
  5番   加 賀 山     茂         6番   小  野  由  夫
  7番   加  藤  鑛  一         8番   関        徹
  9番   三  浦  幸  雄        10番   加  藤  太  一
 11番   中  沢     洋        12番   秋  葉     雄
 13番   富  樫  正  毅        15番   齋  藤     久
 16番   今  野  良  和        17番   神  尾     幸
 18番   五 十 嵐  庄  一        19番   山  中  昭  男
 20番   安  野  良  明        21番   佐  藤  博  幸
 22番   小 野 寺  佳  克        23番   佐  藤     聡
 24番   本  間  新 兵 衛        25番   寒 河 江  俊  一
 26番   岡  村  正  博        27番   佐  藤  文  一
 28番   上  野  多 一 郎        29番   野  村  廣  登
 30番   佐  藤  信  雄        31番   佐  藤  征  勝
 32番   加  藤  義  勝        33番   渋  谷  耕  一
 34番   川  村  正  志        


  欠 席 委 員 (1名)
 14番   吉  田  義  彦

             出席議事説明員職氏名

 市     長  榎 本 政 規         副  市  長  山 本 益 生
 総 務 部 長  加 藤 淳 一         総 務 部 次 長  秋 庭 一 生
 職 員 課 長  川 畑   仁         企 画 部 長  小 林   貢

 市 民 部 長  秋 野 友 樹         市  民  部  工 藤 照 治
                          危 機 管 理 監

 健 康 福祉部長  山 木 知 也         農 林 水産部長  菅 原 一 司
 環 境 部 長  大 滝 匡 生         商 工 観光部長  石 塚 治 人
 建 設 部 長  志 田   忠         病院事業管理者  黒 井 秀 治

 荘 内 病 院  堀     誠         水 道 部 長  三 浦 義 廣
 事 務 部 長

 消  防  長  板 垣   博         会 計 管 理 者  大 川 慶 輝
 教  育  長  難 波 信 昭         教 育 次 長  森   博 子
 監 査 委 員  板 垣 隆 一         監 査 委 員  神 尾   幸

 監 査 委 員  柴 田 昌 明
 事 務 局 長

            出席事務局職員職氏名

 事 務 局 長  齋 藤 和 也         事 務 局 次 長  佐 藤 秀 雄
 議 事 主 査  渋 谷   清         調 査 主 査  佐 藤 正 哉
 調 査 係 長  木 村 健 夫         議事係調整主任  大 宮 将 義

             付議事件名

議第73号 平成22年度鶴岡市一般会計補正予算(第3号)                  
議第74号 平成22年度鶴岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)              
議第75号 平成22年度鶴岡市休日夜間診療所特別会計補正予算(第1号)           
議第76号 平成22年度鶴岡市老人保健医療特別会計補正予算(第1号)            
議第77号 平成22年度鶴岡市集落排水事業特別会計補正予算(第1号)            
議第78号 平成22年度鶴岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)           







△開議 (午後 1時00分)





○委員長(安野良明委員) ただいまから予算特別委員会を開会します。

  直ちに本日の会議を開きます。本日の欠席届出者は14番吉田義彦委員であります。出席委員は定足数に達しております。





△議第73号 平成22年度鶴岡市一般会計補正予算(第3号) 外5件





○委員長(安野良明委員) 本予算特別委員会に付託されました議第73号 平成22年度鶴岡市一般会計補正予算(第3号)から議第78号 平成22年度鶴岡市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)までの議案6件を一括議題とします。

  この際、各分科会における審査の経過と結果について各委員長の報告を求めます。

  最初に、総務分科会委員長の報告を求めます。16番今野良和総務分科会委員長。

   (総務分科会委員長 今野良和委員 登壇)



◎総務分科会委員長(今野良和委員) 総務分科会に付託されました予算議案について、去る15日に分科会を開催し、審査の上、結論を得ましたので、その経過と結果について御報告いたします。

  本分科会に付託されました議案は、予算特別委員会分科会議案付託表記載の1件でありますが、分科会では説明を省略して直ちに質疑に入りました。以下、順次その主なものを申し上げます。

  初めに、一般会計歳出では、無線システム普及支援事業について、今回は温海地域で事業に取り組む計画であるが、今後他の地域からの要望についてはどのような対応になるのかとの質疑があり、無線システム普及支援事業はテレビ難視聴地域の共聴組合が設備をデジタル化する際に支援を行うもので、今回は温海地域の3つの共聴組合に対して、国の支援を受けながら補助するものであり、地デジ対策設備の設計が完了したものを予算計上している。他の難視聴地域においても、電波の調査や地域への説明を行い、設備の設計などの準備が整ったところから予算化することになる旨の答弁がありました。

  次に、加茂水族館改築調査事業について、具体的な内容と求める成果物はどのようなものかとの質疑があり、平成20年度に基本構想、21年度に基本計画、今年度においては運営基本計画を策定中である。今回の補正予算は基本設計委託業務で、基本設計、測量業務及び地質調査を実施するものであり、基本設計書、地質調査、測量業務について成果品の提出を求めるものである旨の答弁がありました。

  次に、歴史文化遺産・森林資源活用調査事業について、具体的な内容と求める成果物はどのようなものかとの質疑があり、総務省では地域の資源を最大現に活用して地域の活性化、きずなの再生を図り、地域から人材、資金が流出する中央主権型の社会構造を地域主権型へと転換し、分散、自立、地産地消を進めて自給力と富を生み出す力、創富力を高めようとする、いわゆる緑の分権改革に力を入れているところである。総務省では、緑の分権改革調査事業の提案募集を行っており、本市においては歴史や文化遺産、森林資源を活用した地域内組織、団体の協働、連携による観光産業、農林業の振興と森林文化都市の創造をテーマとして応募し、採択をいただいたところである。具体的には、月山あさひ博物村を拠点とする六十里越街道活用事業の展開、森林文化都市構想の推進、森の恵み直売機会の創出について、市と民間が協議会を組織し、協議、研修、協働によって調査研究を深めるための経費である旨の答弁がありました。

  次に、歳入に入りましたが、質疑なく、次に第2条、債務負担行為でも質疑はありませんでした。

  最後に、第3条、地方債でも質疑なく、質疑を終結して討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結して採決の結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

  以上、御報告申し上げます。



○委員長(安野良明委員) 次に、市民生活分科会委員長の報告を求めます。21番佐藤博幸市民生活分科会委員長。

   (市民生活分科会委員長 佐藤博幸委員     登壇)



◎市民生活分科会委員長(佐藤博幸委員) 市民生活分科会に付託されました予算議案について、去る16日に分科会を開催し、審査の上、結論を得ましたので、その経過と結果について御報告いたします。

  本分科会に付託されました議案は、予算特別委員会分科会議案付託表記載の2件でありますが、分科会では当該2議案を一括議題とし、説明を省略して、直ちに質疑に入りました。以下、その主なものを申し上げます。

  初めに、一般会計補正予算について、歳出、9款消防費では、住民が危険箇所を予知し、そして回避していくことが重要と考えるが、このハザードマップ作成後の活用についてどのように考えているかとの質疑に対し、このたびの補正は、国の交付金事業を活用し、平成13年度に施行された土砂災害防止法に基づき、県が実施した現地調査の中から解析作業が終わったところを対象に、避難場所や土砂災害情報などを盛り込み、土砂災害ハザードマップを作成するものである。マップ作成後は自主、自助、そして共助をベースに、行政としては住民に危険箇所を注意し、認識していただくとともに、災害を想定した自主防災組織の訓練に役立ててもらうなど、活用していただきたい旨の答弁がありました。

  最後に、老人保健医療特別会計に移りましたが、質疑なく、質疑を終結して討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結して2件を一括して採決した結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○委員長(安野良明委員) 次に、厚生文教分科会委員長の報告を求めます。28番上野多一郎厚生文教分科会委員長。

   (厚生文教分科会委員長 上野多一郎委員    登壇)



◎厚生文教分科会委員長(上野多一郎委員) 厚生文教分科会に付託されました予算議案について、去る17日に分科会を開催して審査を行い、結論を得ましたので、その経過と結果について御報告いたします。

  本分科会に付託されました議案は、予算特別委員会分科会議案付託表記載のとおり3件でありますが、分科会では当該3議案を一括議題とし、説明を省略して直ちに質疑に入りました。以下、主なものを申し上げます。

  初めに、一般会計歳出、3款民生費では、保育所等環境改善事業で感染症対策の備品購入が計上されているが、どんな対策を行うのかとの質疑に対して、県の安心子ども基金特別対策事業の新規事業として追加募集があり、民間、公立問わず、すべての保育所と学童保育所を対象として、施設の規模に応じて50万円または30万円まで、全額基金事業の対象となるものである。具体的には、市内の各施設からの要望に応じ、室内用空気清浄機、ペーパータオルホルダー、玩具殺菌保管庫などを購入するものである旨の答弁がありました。

  次に、10款教育費及び債務負担行為では質疑なく、特別会計に入りました。

  初めに、介護保険特別会計では質疑なく、次に休日夜間診療所特別会計に入り、平日夜間診療所の開設に伴い、県の支援は該当するのかとの質疑に対し、平日夜間診療・救急医療体制の整備は、県の保健医療計画の中に位置づけられており、開設から3年間、県が補助する事業を行っている。補助基準は診療日1日当たり1万円で、1年目は十分の10、2年目は3分の2、3年目は3分の1となっている。本市の場合も該当することから、今回の予算補正に計上したものである旨の答弁がありました。

  質疑を終結して討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結し、3件を一括して採決した結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○委員長(安野良明委員) 最後に、産業建設分科会委員長の報告を求めます。18番五十嵐庄一産業建設分科会委員長。

   (産業建設分科会委員長 五十嵐庄一委員    登壇)



◎産業建設分科会委員長(五十嵐庄一委員) 産業建設分科会に付託されました予算議案について、去る21日に分科会を開催して審査を行い、結論を得ましたので、その経過と結果について御報告します。

  本分科会に付託されました議案は、予算特別委員会分科会議案付託表記載のとおり3件でありますが、分科会では当該3議案を一括議題とし、説明を省略して直ちに質疑に入りました。以下、主なものを申し上げます。

  初めに、一般会計歳出、6款農林水産業費では質疑なく、7款商工費に入り、英語専門員の雇用経費とあるが、どのような形で雇用されるのかとの質疑に対して、ユネスコの食文化都市に向けた申請のための事前調整や手続や連絡業務に英語のわかる人が必要だということで、緊急雇用対策の中で英語専門員1人を雇用する事業である。委託先事業者は決まっていないが、英語の能力にたけ、英語による国際ビジネスの経験を有する人を6カ月間委託してこの事務事業に当たってもらう旨の答弁がありました。

  次に、8款土木費、11款災害復旧費、集落排水事業特別会計及び公共下水道事業特別会計では質疑なく、質疑を終結して討論に入りましたが、討論者なく、討論を終結し、3件を一括して採決した結果、全員賛成で原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、御報告申し上げます。



○委員長(安野良明委員) これから質疑に入ります。ただいまの各分科会委員長の報告に対する質疑を行います。

  これで質疑を終結します。

  これから討論に入ります。

  初めに、反対の討論を許します。

  次に、賛成の討論を許します。

  これで討論を終結します。

  これから議第73号から議第78号までの議案6件について一括して採決します。ただいま議題となっております議案6件についての各分科会委員長の報告は可決であります。各分科会委員長の報告のとおり決することに賛成の委員の起立を求めます。

   (起 立 全 員)



○委員長(安野良明委員) 起立全員であります。

  よって、議第73号から議第78号までの議案6件については原案のとおり可決されました。





△散会





○委員長(安野良明委員) 以上で本予算特別委員会に付託されました議案の審議はすべて議了しました。

  これで予算特別委員会を散会します。



   (午後 1時17分 散 会)